FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリカ「さぁ、ポケモンバt……」ブブッ

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 18:07:17.99 ID:xzxKYoA00 [1/60]
レッド「!」
エリカ「……」
レッド「えっ」
エリカ「……」ブブッジョ

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 18:09:55.38 ID:xzxKYoA00 [2/60]
レッド「あぁ……」

エリカ「うぅ……」

レッド「いや、その……」

エリカ「なにも言わないでください」

エリカ「バトルは中止です……」

レッド「えぇ!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 18:15:58.19 ID:xzxKYoA00
エリカ「今日は帰ってください!」

レッド「そんなこと言われても……」

エリカ「お願いします……」

レッド「……」

エリカ「こんな粗相をした女の近くにいたくないでしょ!」

レッド(やっぱり、さっきの音は……気のせいじゃなかったのか)

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 18:20:21.46 ID:xzxKYoA00
エリカ「そっ、そんな目で見ないでください」

レッド「あのっ」

エリカ「はい?」

レッド「気にしませんから」

エリカ「……」

エリカ「このまま、バトルは無理です……」

レッド「あ……」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 18:22:56.09 ID:xzxKYoA00
エリカ「あの、ちょっと……」ささっ

レッド「いってしまった」

レッド(トイレかな)

レッド(粗相って言ってたし、あの水混じりの音は出ちゃってたよな)

レッド(清楚そうなエリカさんがねぇ)

レッド(まぁ、誰しも失敗はあるものだ)

レッド(あんまり、気にしないでおこう)

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 18:29:20.50 ID:xzxKYoA00
レッド(エリカさん、顔真っ赤にしてたな)

レッド(エリカさんもあんな顔するんだなぁ)

レッド(少し、かわいかったかもしれない)

エリカ(なんという粗相をしてしまったのでしょう)

エリカ(レッドさんが、久々に会いに来てくれたのに……)

エリカ(レッドさんの前で漏らすなんて……しかも大を……)

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 18:40:11.87 ID:xzxKYoA00
エリカ(お腹の調子が朝から悪かったんです……)

エリカ(最近、寒いですし)

エリカ(でも、さっきまで、大丈夫でしたし)

エリカ(どうして……)

エリカ(いきなり痛くなって……)

エリカ(でも、レッドさんの前で、トイレは恥ずかしいと思い……結果、さらにひどいことに)

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 18:43:07.18 ID:xzxKYoA00
エリカ(恥ずかしさなんて、無視してればよかった)

エリカ(おもらし女なんて、レッドさん嫌ですよね)

エリカ「はぁ……」

エリカ「夢だったら、どんなにいいか」ぎゅう

エリカ(痛い……現実……)

エリカ(お尻の感触も現実)

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 18:47:27.38 ID:xzxKYoA00
エリカ「!」

エリカ「着物まで染みてる……」

エリカ(高いのに……)

エリカ(レッドさんの目の前で……それが一番最悪です)

エリカ(一番見せたくない相手に……)

エリカ(他の人ならまだ……よりによってレッドさん)

エリカ(神様はなんて残酷)

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 18:52:13.80 ID:xzxKYoA00
エリカ(とりあえず、トイレで後始末を)

エリカ「はぁ……穴があったら入りたい」

エリカ「切実に」カラカラ

エリカ「ふぅ……」

エリカ(まだお腹痛いです)ふきふき

エリカ(着物どうしましょう)

エリカ(もう、使いたくはないです)

エリカ(最悪の思い出になりました)

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 18:55:48.22 ID:xzxKYoA00
エリカ(出来るなら、過去に戻りたい)

エリカ(わたし、清楚で通ってるのに……)ガシャ、ゴポポッ

エリカ(着替えないと)

……

レッド(遅いなぁ)

レッド(帰ってって言われたけど)

レッド(気になるしな)

レッド(エリカさん、体調悪いみたいだし)

レッド(あぁ、でも、ここは帰ったほうがいいのかな?)

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 18:59:22.14 ID:xzxKYoA00
エリカ「ふぅ……」

エリカ「とりあえず、さっぱり」

エリカ「薬も飲みました」

エリカ「!」

エリカ(レッドさんがまだいる!)

エリカ(出れません……)

レッド(どうしよう……)



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 19:02:02.80 ID:xzxKYoA00
エリカ(ひょ、表情が見えません)

エリカ(何を考えてるのでしょう……)

レッド「!」

レッド「エリカさん?」

エリカ(見つかってしまいました!)

レッド「あのっ、大丈夫ですか?」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 19:04:28.73 ID:xzxKYoA00
エリカ「あえっ?」

レッド「体調が悪そうだし」

エリカ「あう、あ、あ」ぱくぱく

レッド「?」

エリカ「なんで、まだいるんですか!」

レッド「!」びくっ

エリカ「あっ」ばたっ

レッド「え、エリカさん?」

レッド「大丈夫ですか!」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 19:10:54.78 ID:xzxKYoA00
……

エリカ「はっ!」

エリカ「ここは?」

レッド「あ、エリカさん!」

エリカ「え?」

レッド「よかった、いきなり倒れたから……」

エリカ「レッドさんが介抱を?」

レッド「まぁ、はい」

エリカ(レッドさんに介抱されるなんて、うれしい……)

レッド(慌てて、電気ショックとかしちゃったけど大丈夫だろうか)

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 19:14:47.64 ID:xzxKYoA00
エリカ「あの」

レッド「はい?」

エリカ「もう大丈夫ですから、手を……」

レッド「あっ、すいません」さっ

エリカ(もうちょっと抱きついていればよかったかもです)

レッド(女の子の匂い……)

レッド(うっとりしてる場合じゃないな!)

レッド「本当に大丈夫ですか?」

エリカ「はい……」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 19:18:13.26 ID:xzxKYoA00
レッド(電気ショックの後遺症とかはないか、よかった)

エリカ(あぁ、レッドさんがこっちを見てる)

レッド「あの!」

エリカ「は、はいっ?」

レッド「やっぱり、どっか悪いんじゃ?」

エリカ「違います!」

レッド「そう……ですか」

エリカ(パニックで意識がとんだなんて言えないです)

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 19:23:24.35 ID:xzxKYoA00
エリカ「!」

エリカ(そういえば、さっき粗相を……)カァ

エリカ「あのっ、さっきの」

レッド「気にしてませんから」

レッド「失敗が誰しもあることです」

エリカ「……」

レッド「みんな出すものですし」

エリカ(恥ずかしくて、死にそうです)

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 19:27:14.14 ID:xzxKYoA00
エリカ「そ、そのくらいで……」

レッド「あ、すいません」

エリカ「こちらこそすいません」

エリカ「いらぬ気遣いをさせてしまって」

レッド「そんなことないです」

レッド「エリカさんは、エリカさんです」

レッド「あんなことがあっても、清楚で可憐ですよ」

エリカ「そんなこと……///」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 19:32:39.16 ID:xzxKYoA00
エリカ(あぁ、うっとり)

レッド「……」にこっ

エリカ「!」

エリカ(なんだか、レッドさんを見てると)

エリカ(お腹が痛くっ!)ぎゅる……

エリカ「くぅ……」

レッド「?」

エリカ「あぅ」ぐるぅう

レッド「!」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 19:40:03.07 ID:xzxKYoA00
エリカ(いまの音は聞こえたかも、うっ)ぎゅる

レッド「あの」

エリカ「すいません」さっ

レッド「あ」

レッド「すごい音だったけど、大丈夫かな」

エリカ(なぜか、レッドさんを見てたら、お腹が……)

エリカ「くぅ……トイレ……」がちゃん

……

レッド(また、一人残されてしまった)

レッド(そんなにエリカさん悪いのかな)

レッド(今日来たのは、失敗だったかな)

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 19:44:11.49 ID:xzxKYoA00
エリカ(はぁ……)

エリカ(もしかして、レッドさんを見るとお腹が?)

エリカ(トラウマみたいなもの?)

エリカ(まさか……)

エリカ「くぅうう!」

エリカ「はぁー……」

エリカ「まさかですよね……」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 19:47:10.18 ID:xzxKYoA00
エリカ「すいません」

レッド「いえいえ」

エリカ「……」

レッド「えーと……」

レッド「何故、こっちを見ないんですか?」

エリカ「それはその……」

レッド「なにか悪いことでも」

エリカ「そうじゃないんです!」

エリカ「わたしの問題ですから!」

レッド「はぁ……」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 19:51:29.87 ID:xzxKYoA00
レッド「ポケモンバトルは無理ですよね」

エリカ「すいません」

エリカ「せっかく着ていただいたのに」

レッド「いえ、エリカさんに会えただけでよかったです」

エリカ「!」

エリカ(そんな甘い言葉言わないでください……)

レッド「でも、身体は、本当に大丈夫ですか?」

エリカ「えぇ……」

エリカ(あんまり近づくとまずいかもです)

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 19:52:14.92 ID:xzxKYoA00
飯食ってきます

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 20:19:30.88 ID:xzxKYoA00
エリカ「……」ちらっ

レッド「?」

エリカ「はぁーすぅ、はぁーすぅ」

エリカ「えいっ」ばっ

レッド「どうしたんですか?」

エリカ「勇気がいりまして」

エリカ(もう見ても大丈夫みたい)

エリカ(よかった)

エリカ(このままだったら、レッドさんと合う度にオムツでした)



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 20:26:29.29 ID:xzxKYoA00
レッド「あ、もうだいぶ遅いですね」

エリカ「あああ、あの!」

レッド「?」

エリカ「今日は、うちに泊まりませんか?」

レッド「いいんですか?」

エリカ「迷惑をかけましたし……ぜひ」

レッド「そうですか。では、お言葉に甘えて……」

エリカ「ええ!」

今更だけど、あんまりポケモンって覚えていない

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 20:30:55.53 ID:xzxKYoA00
エリカ(レッドさんがうちにお泊り!)

エリカ(うふふふ)

エリカ(だめ! 落ち着かないとわたし!)

レッド「うれしそうですね?」

エリカ「そっ、そうですか?」

レッド「とっても」

エリカ「きのせいですよ」

レッド「そうかもしれませんね」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 20:37:27.01 ID:xzxKYoA00
レッド「相変わらず、大きな家ですねぇ」

エリカ「そんな、寂しいだけです」

レッド「お世話の人がいるんじゃ?」

エリカ「お友達はいませんから」

レッド「僕でよければ、暇つぶしでも」

エリカ「まぁ」

エリカ(レッドさん素敵です)



107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 20:42:45.17 ID:xzxKYoA00
世「お帰りなさいませ」

エリカ「レッドさんが泊まります。準備を」

世「承知いたしました」

世「エリカ様、服を着替えなさったのですか?」

エリカ「え? あっ、はい……」

レッド(ちょっと気まずいなぁ)

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 20:47:38.34 ID:xzxKYoA00
世「こちらのお部屋です」

レッド「ありがとございます」

世「用がありましたら、わたくしに」

世「では……」

レッド「はい」

世「エリカ様をよろしくお願いします」ぼそっ

レッド「ん?」

レッド「気のせいかな」

レッド「うわぁ、部屋もでかい」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 20:53:53.64 ID:xzxKYoA00
世1「はぁ」

世2「ねぇ? エリカ様が男を連れてきたって本当?」

世1「本当! 本当!」

世2「あのエリカ様が!」

世3「なかなかの好青年よ」

世1「しかも、エリカ様、服をお着替えになっていた」

世2、3「まさか!」

世「もういくとこまでしちゃったとか!」

世1、2、3「きゃー!」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 20:58:42.00 ID:xzxKYoA00
レッド「……」

レッド(廊下ではなさなくても)

レッド(思いっきり聞こえているんですが、わざとなのか?)

レッド「……」

レッド(そんなこと言われたら、意識しちゃうよ)

レッド「ああ……頭を冷やさないと」

レッド(だめだ、考えれば考えるほどエリカさんのことが……)

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 21:05:04.57 ID:xzxKYoA00
レッド(今日は、エリカさんの意外な一面を見たな)

レッド(いつも物腰がきれいだけど……)

レッド(今日は、すごい慌ててた)

レッド(そんなエリカさんはかわいかったかもしれない)

レッド(いつものエリカさんも素敵だけど、それとは違う魅力かな)

レッド「って、またエリカさんのことを!」

レッド「うーん……どうにかしないと」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 21:10:25.19 ID:xzxKYoA00
風呂

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 21:35:22.49 ID:xzxKYoA00
レッド「なにか飲物でも飲んで落ち着こう」

レッド「……」

レッド「あの人達ってどうやって呼ぶんだ?」

レッド「……」ガチャ

世「はい」

レッド「うわっ!」

レッド(扉のすぐそこにいた)

世「なにか御用でしょうか?」

レッド(つっこんじゃいけないのか?)

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 21:40:18.43 ID:xzxKYoA00
レッド(うーん)

世「?」

レッド「あっ、なにか飲み物を」

世「畏まりました。しばらく、お待ちを」

レッド「はい」

……

世「あぶねぇ……聞き耳立ててたのバレるとこだった」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 21:45:37.52 ID:xzxKYoA00
世1「レッド様が飲み物をご所望です」

世2「飲み物ですか?」

世3「なにか栄養があるものがいいですね」

世1「?」

世2「いやねぇ」

世3「体力使いますからねぇ」

世1「なるほど! 精のつくものを」

世2「燃え盛るようなね」

……

世「おもちしました」

レッド「……」

レッド(なんだこれ)

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 21:53:28.25 ID:xzxKYoA00
レッド「飲み物か?」

レッド「まぁいいか」ごくっ

レッド「まずぅ」

世「では、ごゆっくり」

レッド「ありがとございます」

レッド「はぁー、元気はついた気がする」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 21:59:07.30 ID:xzxKYoA00
レッド「ああ、なんだか気分が……」

レッド「変だ……」

レッド「気持ちが昂揚する感じ……バトル中みたいな」

レッド「余計落ち着かない……」

レッド「うぅ……」

……

世1「効いてるみたいですね」

世2「あとはエリカ様に頑張ってもらいましょう」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 22:07:25.58 ID:xzxKYoA00
レッド「……ああ!」

レッド「お風呂いこう」

レッド「場所聞かなきゃな」

……

エリカ「はぁー」

エリカ「レッド様と一夜を過ごすなんて……」

エリカ「夢にまでみたことです」

エリカ(今日は、最悪で最高かもしれません)

エリカ「レッド様は何しているのでしょう」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 22:10:11.98 ID:xzxKYoA00
エリカ(もうドキドキして落ち着きません!)

エリカ(レッド様とあんなことも……)

エリカ「///」

エリカ(いえいえ、いけません。そんなこと考えては)

エリカ「でも……」

エリカ「きゃー!」

エリカ「もう、心臓が張り裂けそうです!」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 22:22:06.64 ID:xzxKYoA00
エリカ「はぁー」

エリカ「少し、落ち着きましょう」

エリカ「そうですね」

エリカ「お風呂……にいきましょう」

エリカ「汗を流して、心を入れ替えるといいです」

……
お風呂

レッド「お風呂もうちとは大違い」

レッド「外にもあるとかすごいなぁ」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 22:24:52.42 ID:xzxKYoA00
レッド「夜空がきれいだ」

レッド「はぁ~」

レッド「リラックスできるなぁ」

レッド「旅は野宿もあるから、こういうのは貴重だ」

ガラッ

レッド「ん?」

エリカ「え」

レッド「……」

エリカ「……」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 22:31:42.54 ID:xzxKYoA00
レッド「!」

エリカ「あ、あの!」

エリカ「ご一緒しても?」

レッド「えあ?」

エリカ(わたしは何を言って……)

レッド「は、はい」

レッド(どういうことなんだ?)

エリカ「あの、先に身体洗いますから」

レッド「その間に上がりますね」

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 22:36:05.91 ID:xzxKYoA00
エリカ「いいんです!」

レッド「?」

エリカ「そのまま入っててください!」

レッド「は、はい……」

レッド「……」

レッド(どういう状況なんだ?)

レッド(どうしてエリカさんとお風呂を……)

レッド(わけがわからない)

エリカ(びっくりしましたけど、いいチャンスかもしれません)

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 22:45:18.67 ID:xzxKYoA00
休憩

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 23:15:16.93 ID:xzxKYoA00
エリカ「どうですか? お風呂は?」

レッド「いい湯加減です……」

エリカ「入っても?」

レッド「はっ、はい」

レッド(やばいやばい)

エリカ(レッドさんと混浴……)

エリカ(恥ずかしいですけど、ここは押しどころ)

レッド(あばばば)

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 23:20:31.91 ID:xzxKYoA00
レッド「あ、もうあがr」

エリカ「逃げないでください!」

レッド「……」

レッド(もう辛抱が)

レッド(何故かすごいむらむらする)

エリカ「……」

エリカ(引き止めてしまったけど、絶対に変だと思われてますよね……)

レッド(これはもうしてもいいんでしょうか?)

レッド(いろいろ溜まってるんです。さすがに)

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 23:21:57.93 ID:xzxKYoA00
さて、エロだけど、スカ要素も少し入れたいと思うから苦手な人はここまでで

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 23:26:27.14 ID:xzxKYoA00
エリカ「レッドさん!」

レッド「!」

レッド「ここここれはっ!」

レッド「どどどうして、こっちを向くんですか?」

エリカ「ちゃんと見てください!」

レッド「……」

エリカ「どうですか?」

レッド「綺麗です……」

エリカ「……」にこっ


174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 23:30:29.42 ID:xzxKYoA00
エリカ「今度は目を閉じてください」

レッド「は、はい」

エリカ「開けちゃだめですよ」

レッド「……」

エリカ「ちゅ」

レッド「!」

エリカ「んっ、ぴちゃ、んんっ」

レッド「ぴちゃぺちゃ」

レッド「ぷはっ」

エリカ「どんな味です?」

レッド「甘い味、ねむりごなみたいに頭がぼぉっとします」

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 23:32:53.70 ID:xzxKYoA00
エリカ「あ!」

レッド「すいません」

エリカ「かたくなるですか?」

レッド「いえ……」

エリカ「手でこうしたらいいんですよね?」

レッド「くっ」

レッド「いいです……」

エリカ「!」きゅる

エリカ(こんなときにっ……)

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 23:37:03.97 ID:xzxKYoA00
レッド「口でもしてくれると……」

エリカ「はんっ、んんっ」じゅるじゅる

エリカ(お腹が……)きゅるる

レッド「エリカさん、もしかして、お腹……」

エリカ「んん!」じゅるゅる

エリカ「んはっ、ごめんなさい」

レッド「いいんです」

レッド「ここで出しちゃってもいいですよ」

エリカ「ここでですか!」

レッド「あの……続きを」

エリカ「は、はい」

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 23:40:55.50 ID:xzxKYoA00
エリカ「ん……ふぅ、ふむぅ」ぺろじゅる

レッド「すごい気持ちいです」

エリカ「んんっ!」ぎゅるぎゅるる

レッド「エリカさん、出そうです……くぅ」

エリカ「んはっ、レッドさん、わたしもお腹が……」

エリカ「本当にいいんですか?」

レッド「はい、むしろエリカさんの全てが見たいんです」

エリカ「レッドさんがそう言うなら……んっ」

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 23:45:50.52 ID:xzxKYoA00
エリカ「ふぅ、ふぅ……」ぴちゃれろれろ

レッド「そこを……くぅ、出そうです!」

エリカ「んんんん!!!」じゅるるる

レッド「くぅは!」びゅるるるる

エリカ「!!!!」ブブッ!ブジィョオオオ!

レッド「はぁ、はぁ……」

エリカ「くぅ痛っ!」ブリブリッ!ブシャ!

エリカ「はぁ、はぁ」

レッド「すごい……」

エリカ「すいません……///」

193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 23:50:03.04 ID:xzxKYoA00
レッド「すごい匂い」

レッド「エリカさんが持ってるクサイハナより臭いんじゃないんですか?」

エリカ「そんなっ……」

レッド「本当にすごいですよ」

エリカ「レッドさんだってたくさん出しましたよ」

レッド「エリカさんの手コキと舌が気持ちよかったから……」

レッド「エリカさんのもの量も結構……」

エリカ「全部出ちゃいました……」


201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 23:54:54.88 ID:xzxKYoA00
レッド「あのまだ……」

エリカ「えっ?」

エリカ「あれだけだしたのに?」

レッド「旅でだしてないもんで……」

レッド「すいません!」がばっ

エリカ「きやっ!」

レッド「んっ」ぺろぺろ

エリカ「いやっ、そこは、あれがついちゃって汚いんんっ!」

レッド「汚くないです。エリカさんの女の子の部分綺麗ですよ」

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 00:00:59.53 ID:PI0OUDbi0 [1/10]
エリカ「そんなとこ舐めちゃ……あんっ!」

レッド「中もピンク色で綺麗です。クリもビンビンじゃないですか?」ぺろぺろ

エリカ「ん、ふぅ……んふぅ!」

レッド「脱糞見られて、興奮したんですか?」

エリカ「違っんっ!」

レッド「クリがこりこりしますよ」

エリカ「いやっ、だめんんん!!!」

レッド「もう、いろいろとドロドロですよ」

エリカ「ああ! んんっ!」ぷしゃっっああ

レッド「潮まで吹いて……そんなにいいですか?」

エリカ「はぁ、はぁ、はぁ……」

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 00:06:45.24 ID:xzxKYoA00
レッド「もう入れてもいいですよね」

レッド「というかもう我慢無理です」

エリカ「はいっ、はぁ、来てください」

レッド「先だけ」くちゅくちゅ

エリカ「あの、初めてです……」

レッド「あ、僕もなんですが……」

エリカ「一緒ですね」

レッド「ゆっくりいきます」ずにゅう

エリカ「んーーー」

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 00:12:25.52 ID:PI0OUDbi0 [2/10]
エリカ「っ! 痛っ!」

レッド「大丈夫ですか?」

エリカ「はい……んっ!」

レッド「絶対に入りました」


レッド「締め付けでぎゅーっと、してきます」

エリカ「レッドさんのが中に……」

レッド「動きますよ」

エリカ「ん、っ」

レッド「痛いですか?」

エリカ「まだ少し……」

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 00:19:22.69 ID:PI0OUDbi0 [3/10]
エリカ「んんっ、はぁ、はぁ……」

レッド「くぅ、っ……」

エリカ「あっ! んっ、んん」

レッド「よくなってきました? 早くしますよ」

エリカ「はいっんん! あっあっ!」ぱんぱん

エリカ「レッドさんいいです! レッドさんのっ! 硬いのがんあっ! 奥をごりごりってぇ!」

レッド「エリカさんの中、気持ちよすぎて、もうっ!」

エリカ「レッドさん好きですぅうう!」

レッド「エリカっううう!」

224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 00:23:15.45 ID:PI0OUDbi0 [4/10]
レッド「エリカっ! もう我慢できませんっ!」

レッド「10万ボルトよりも刺激がすごすぎてっ……もうっ!」

エリカ「レッドさんのハイドロポンプしちゃって下さい!」

エリカ「わたしの中でハイドロポンプすてくだだいっ!」

レッド「いきますっ! ハイドロポンプっううう!」

エリカ「んんんんんっあああ!」

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 00:29:44.58 ID:PI0OUDbi0 [5/10]
レッド「くぅう!」びゅくびゅるるぅ

エリカ「んっ! 出てるぅ」

レッド「はぁ……」

エリカ「はぁ、奥までレッドさんのが届きましたっ……」

レッド「はぁすごかったです」ずりゅ

エリカ「あっ、垂れてっ」ごぽっ

レッド「なにか恥ずかしいですね」

エリカ「そう……ですね」

エリカ「でもすごくうれしいです」

レッド「ああ……しかし」

レッド「すごく汚れてしまいましたね」

エリカ「えっ、ええ……」



234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 00:35:51.89 ID:PI0OUDbi0 [6/10]
レッド「後片づけが……」

エリカ「ごめんなさい」

レッド「いえいえ」

エリカ「掃除しないといけませんよね」

……

世1「これはひどい」

世2「どうしてこうなった」

世3「一体なにが?」



237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 00:41:12.10 ID:PI0OUDbi0 [7/10]
エリカ「うぅ……腰が……」

レッド「大丈夫ですか?」

レッド「激しくしすぎたでいですか?」

エリカ「いえ、違うかと……」

エリカ「レッドさんはとても優しかったです」

レッド「あの、さん付けはやめませんか?」

レッド「さっきはそうでしたし」

エリカ「さっきは……///」

エリカ「レッド……」

レッド「エリカ……」

世共(見てられねーな)

238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 00:44:17.44 ID:PI0OUDbi0 [8/10]
エリカ「レッド……大好きです」

レッド「エリカ……俺も好きだ」

エリカ「ん」ちゅ

レッド「んっ」ちゅ

世共「ひゅーひゅー」

end

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 00:46:29.13 ID:PI0OUDbi0 [9/10]
明日は夜までかけないので、エロも終わったし、区切りがいいので

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 00:50:28.85 ID:PI0OUDbi0 [10/10]
清楚な女性のおもらしはいいよな
ではこんな糞ssに支援などしてくれてありがとうございました
またいずれ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。