FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「修造先生!」松岡修造「ん?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 10:10:04.83 ID:JnK+8sLi0 [1/62]
律「顧問、どうする?」

澪「山中先生はどうしてもやってくれないみたいだからな」

唯「ねえねえ!あそこで素振りしてる人に頼んでみない!?」

修造「55!56!57!」

律「うわぁ~…熱そうな人」

紬「あの人……先生なのかしら?」

澪「でも、もうあの人しか残ってないな」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 10:16:08.26 ID:JnK+8sLi0 [2/62]
唯「あのー」

修造「ん?」

唯「軽音部の顧問になって下さいっ!」

律(いきなり…)

修造「はははっ、俺はテニス部の顧問なんだよ」

澪「やっぱり…」

律「どうしようか」

唯「お願いします!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 10:19:27.23 ID:JnK+8sLi0
修造「元気がいいな!!はははっ!!」

唯「はいっ!お願いします!!」

律「お願いします!!」

紬「お願いします♪」

澪「おねがい……します」

修造「声が小さい!!」

澪「ひっ」

修造「なーんちゃって。よし、今日から俺が君たちの顧問だ!」

唯「やったー!!」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 10:23:20.71 ID:JnK+8sLi0
律「ところで修造先生、なんで職員室で素振りしてるんですか?」

修造「よく気付いた!!」

律「見りゃ分かるがな…」

修造「君たちさ、職員室じゃ練習しちゃいけないって思ってんだろ?」

紬「危ないですし…」

修造「ノープロブレム!!周りに人がいなければ、練習していいんですねこれが」

唯「確かに!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 10:26:38.86 ID:JnK+8sLi0
修造「はははっ!!元気がいいぞ!君の名前は?」

唯「平沢唯ですっ!」

修造「唯ちゃん!よろしく!!」

唯「よろしくお願いしますっ!」

修造「君の名前は?」

律「田井中律でーす」

修造「ボーイッシュでかっこいいぞ!!よろしく!」

律「…」

修造「そして君の名前は?」

紬「琴吹紬といいます♪」

修造「紬ちゃん!よろしく!!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 10:28:50.04 ID:JnK+8sLi0
修造「そして最後!!君の名前は?」

澪「あ、秋山、澪…」

修造「澪ちゃんか!もっと自信を持つ!!」

澪「ひっ……は、はい」

修造「ははは、みんなで頑張ろう!!」

唯紬「おー!!」

律「おー…」

澪「…おー……」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 10:32:15.28 ID:JnK+8sLi0
─音楽準備室

修造「ここが軽音部の部室なわけですね」

唯「そうですっ!」

紬「今お茶とお菓子出しますね~♪」

修造「ははは、ありがとう!」

律「…」

澪(大変なことになったな…)

修造「いやー!なかなかいい部屋だね」

唯「だよねー!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 10:35:20.22 ID:JnK+8sLi0
─30分後

修造「おいっ!」

唯「なぁに?」

修造「君たちさ、大切なことを忘れてるんじゃない?」

紬「大切なこと?」

修造「そうだよ!」

唯「え~?なんだろ」

律「練習、だろ?」

修造「そうだ!!りっちゃん!みんな!練習だ!!」

唯「おぉ!」

澪(辞めたい…)

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 10:39:06.07 ID:JnK+8sLi0
修造「なんかさ、俺に演奏してみせてよ」

唯「え~、まだあんまりできないよ」

修造「初めは、誰もが初心者!!怖気ずにぶつかっていけ!!」

唯「おぉ!!」

紬「ええ♪」

澪「ふ~…」

律「よし!じゃあいくぞ~……」

修造「いけ!!」

律「……わん、つー、すりー、ふぉー!」


ジャカジャカ…

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 10:41:55.73 ID:JnK+8sLi0
唯「じゃ~ん、と」

澪「…ふ~…」

紬「うん♪」

修造「おおお~~」パチパチ

律「ははは…褒めてもらえるとは思ってなかったな」

修造「君たちね、まだまだ伸びるぞ!!」

唯「んお?」

修造「これから練習すれば、もっともっと上手くなれる!!」

紬「ふふ♪」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 10:43:45.21 ID:JnK+8sLi0
修造「まずは唯ちゃん!」

唯「はいっ!」

修造「元気がいいぞ!!その調子だ!!」

唯「はいっ!先生!!」

修造「次にりっちゃん!!」

律「はい?」

修造「りっちゃんも、元気がいいな!!気持ちよかった!!」

律「そ、そうですか……ありがとございます」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 10:45:53.00 ID:JnK+8sLi0
修造「ムギちゃん!」

紬「はい♪」

修造「うまいな~!!昔からやってたんだ?」

紬「はい、ピアノはやってました~」

修造「心強いな!練習したらもっともっと上手になれるぞ!!」

紬「ありがとうございます♪」

修造「そして!最後!!澪ちゃん!」

澪「ひ、ひゃい!」

修造「どうしたどうした~」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 10:47:51.06 ID:JnK+8sLi0
澪「え…?」

修造「澪ちゃん!上手!!」

澪「ど、どうも…」

修造「上手なんだから堂々してていいぞ!」

澪「で、でも……」

修造「ん?」

澪「ちょっと失敗しちゃったかなって…」

修造「失敗、ね」

澪「?」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 10:53:16.65 ID:JnK+8sLi0
修造「澪ちゃんさ、失敗したらどうしよ~とか、失敗を怖がってんじゃないのか?」

澪「う…」

修造「失敗やだとか思ってんじゃないのか!?」

澪「は、はい…」

修造「おいちょっと待てよ!!」

澪「ひっ」

修造「…俺は、failure、失敗、だーいすきなの!」

澪「!?」

修造「失敗は、自分をどーんどんどーんどん成長させていくんだよ!」

澪「はっ……」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 10:55:16.62 ID:JnK+8sLi0
修造「さぁ、怖がらずにどんどん失敗してこう!!」

澪「はい……」

修造「そうだよ!今日から失敗したら、ガッツポーズだ!!」

唯「おぉーー!!!」

紬「おー!!」

律「…」

澪「うぅ…うっ」うるうる

修造「どうした!!なにがあった!?」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 11:00:02.87 ID:JnK+8sLi0
律「松岡先生~あんまり澪を怖がらせるなよ…」

修造「俺のせい?」

唯「澪ちゃん!!失敗したらガッツポーズだよ!!」

澪「う、うん……」

紬「ふふ♪楽しくなりそうね」

修造「…と、こんな感じで、明日からもここに来るからな!覚悟しとけ!」

唯「はいっ!!」

澪(はぁ……)

修造「よし!俺は、テニス部に行くから。でも大丈夫!!」

律「?」

修造「君たちのこともちゃんと見てるぞ!!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 11:04:21.95 ID:JnK+8sLi0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

律「ふ~……なんだか嵐の後の静けさって感じだな」

唯「でも良い先生だったね~!!」

紬「ええ♪熱血って感じね♪」

澪「もう辞めたい……」

律「なんだよ澪、松岡先生澪のことも褒めてたぞ」

唯「そうだよ澪ちゃん!失敗大好きになろうよ!!」

律「失敗しても学ばないとだめだぞー」

唯「今日から失敗したら、ガッツポーズだよ!!」

紬「唯ちゃんかっこいい~」

唯「えへへ~」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 11:10:23.47 ID:JnK+8sLi0
─平沢家

憂「お姉ちゃんは座ってて~」

唯「大丈夫!おかずは私が運ぶ!!」

憂「そ、そう?」

唯「うん!任せて!!……わぁ!」どんっ

憂「お姉ちゃん!」

唯「おぉ!」ガッツポーズ

憂「…な、なにやってんのお姉ちゃん」

唯「今日から失敗したら、ガッツポーズすることにしたんだ!」

憂「そ、そうなんだぁ…」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 11:17:27.72 ID:JnK+8sLi0
─次の日、部室

修造「みんな!一日ぶりだね!」

唯「先生!!」

修造「お?みんな何を食べてるんだ?」

紬「今日はマドレーヌです♪」

修造「マドレーヌ!」

律「それよりなんでラケット持ってるんですか…」

修造「ノー、リーズン!!持ってるから持ってるんですねー!!はははっ!!」

澪「…」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 11:22:15.57 ID:JnK+8sLi0
律「意味わからねえし…」

修造「りっちゃん!!それは聞き捨てならないぞー!はははっ!!」

律「はぁ?」

修造「りっちゃんはさ、理由ばっかり考えてるんじゃないの!?」

律「そんなことは」

修造「理由理由理由って!考えてるだけじゃ何も変わらないんだよ!?」

律「はいはい…」

修造「修造先生、なんでそんなに熱いんですか~って、熱いから熱いんだよ!!」

唯「おぉ!」

修造「No reason!! I am Shuzo!!!」

唯「ノーリーズン!アイアムユイ!」

修造「そうだよ!!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 11:26:16.01 ID:JnK+8sLi0
─30分後

修造「さぁみんな!練習の時間だ!!」

律「うーし、やるか~」

修造「おい、りっちゃん!ちょっと待て!!」

律「今度はなんだぁ?」

修造「Passion!情熱を持って、練習に向かうんだ!」

律「……よーし!練習するぞー!!」

唯「おー!!!」

紬「おー♪」

修造「いいぞ!スイッチ入ったよ今!!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 11:31:05.17 ID:JnK+8sLi0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

修造「よし!みんな、よく頑張ったぞ!!」

律「ふぇ~…」

澪「なんだか、充実してたな!」

紬「ええ♪」

修造「澪ちゃんもムギちゃんもりっちゃんも唯ちゃんも、皆よく頑張った!」パチパチ

唯「でも疲れたぁ~…」

修造「唯ちゃん、そういう状態を四字熟語でなんていうか知ってるか?」

唯「疲れてること?」

修造「そう!疲れて疲れて、もうどうしようもない状態」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 11:36:08.53 ID:JnK+8sLi0
唯「ふぇ?」

修造「疲労困憊ですよ」

唯「ひろうこんぱい?」

修造「そう。でも、疲れは敵だぞ!」

唯「敵!?」

修造「そうだ!だから、疲れたら笑うんだよ!!」

澪「笑う…」

修造「そう!!わははははっ!!あはははははっ!!」

唯「あはははは!!」澪「ははは…」

修造「どう!?笑うと元気出てくるでしょ!?wうはははははっ!!」

律「ははははっ!」

修造「そうだよ!疲れを、追い越していこー!!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 11:40:36.06 ID:JnK+8sLi0
─平沢家

憂「…お、お姉ちゃん?」

唯「あははははは!!うひひひ!!!はははははっ!!」

憂「何かあったの…?」

唯「憂!!あはははは!!疲れたら、笑ってごらん!!あははは!!」

憂「う、うん……あははは」

唯「何か楽しくなってこない!?wあははははは!!」

憂「えへへ…」

憂(お姉ちゃん楽しそうだなぁ。軽音部入ってよかったね、お姉ちゃん)

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 11:44:46.74 ID:JnK+8sLi0
─部室

修造「みんなこんにちは!!」

唯「修造先生!!こんにちは!」

律「こんちわ~」

修造「うん!君たちとはいい出会いだね!」

澪「…?」

修造「実はね、君たちに知っておいて欲しい四字熟語があるの」

紬「?」

修造「一期一会」

唯「いちごいちえ…」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 11:49:53.60 ID:JnK+8sLi0
澪「一生に一度しか会えないという気持ちで、人に接する…」

修造「そう!澪ちゃんさすがだね!」

唯「おぉ~…」

修造「澪ちゃんが言ってくれた通り、人との出会いを大切にするという言葉が、一期一会なんだよ。」

紬「綺麗な言葉ね~…」

修造「そう。だから君たちも、今この瞬間を大切に生きて欲しい。それだけだ!」

唯「今この瞬間を大切に生きる…」

修造「そうだよ!……よし!じゃあ乾杯!!」

ごくごくごく

律「なんで牛乳飲んでるんですか…」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 11:53:23.52 ID:JnK+8sLi0
─30分後

修造「よし!!みんな!始めるか!」

唯「お茶~」

紬「はいはい♪」

唯「ありがと、ムギちゃん」

律「澪、ごめん、それとって」

澪「うん」

律「さんきゅ」


修造「…」

修造「こらぁ!!」

澪「ひっ」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 11:58:42.07 ID:JnK+8sLi0
修造「たるんでるぞ!!お前たち!」

律「え~…」修造「こらぁ!!」律「ひぃ」

修造「いいか?君たちにこの言葉を送るよ」

紬「?」

修造「自問自答」

唯「じもんじとう?」

修造「自分の中で、迷い、葛藤するさまのことを言うんだ。例えばね……


悪修造『ホラ 今日は練習サボっちゃえよぉ~』

善修造『ダメだよ!一日でもサボったらそこで差がついちゃうよ… 』

悪修造『でもいいじゃん!ねぇ~!? 』

善修造『うん…そう!?…ダメ!ダメ! 』


こういう感じ。わかる?」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 12:03:45.24 ID:JnK+8sLi0
唯「ふんふん…」

修造「弱い自分に負けんなよ!自問自答してけっ!!」

唯「おー!」

澪「はいっ!」

修造「お!?そうだ澪ちゃん!その調子だ!」

澪(みんなでバイトする前も私自問自答したからな……)

澪「よし!みんな!頑張ろう!!」

唯「頑張ろー!!」

紬「おー!!」

律「おー…」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 12:08:20.46 ID:JnK+8sLi0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

修造「よし!みんな、今日もよく頑張ったぞ!!」

唯「あはははは!!」

律「ははははは!!!」

澪「ははは!」

紬「ふふふふ♪」

修造「みんな疲れたんだな!はははっ!!」

澪「今日もありがとございました!」

修造「おお、澪ちゃん!一期一会、よく分かってるな!」

唯「私も!みんなありがとう!修造先生ありがとう!!」

修造「はははは!ありがとう!!」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 12:12:20.38 ID:JnK+8sLi0
─平沢家

唯「憂、なんかお手伝いすることある?」

憂「ん?大丈夫だよ、お姉ちゃん」

唯「そう?なんかあったら言ってね」

憂「う、うん……なにかあったの?」

唯「一期一会。憂との時間を、私は大切にするよ」

憂「お姉ちゃん…」

唯「そして自問自答だよ!憂!」

憂「うん!お姉ちゃん!」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 12:16:39.89 ID:JnK+8sLi0
─部室

修造「みんな!こんにちは!!」

唯「あっ!修造先生!」

澪「こんにちは」

律「こんちわ~」

紬「こんにちは♪」

唯「修造先生?そのお盆に乗ったご飯とお肉は?」

修造「ああ。今日はね、君たちに大切なことを伝えようと思ってね」

律「だからって飯持って部室入ってくんなよ…」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 12:20:03.98 ID:JnK+8sLi0
修造「君たちさ、弱肉強食って言葉知ってる?」

唯「じゃくにくきょうしょく。知ってる!」

修造「そう。強い動物が弱い動物を食べるという自然の摂理のことだ」

律「うん」

澪「それで…」

紬「そのお料理は一体…」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 12:22:32.14 ID:JnK+8sLi0
唯「分かった!それ焼肉定食だ!!」

修造「と思っただろ!?思ったよな!?」

律「!?」

修造「これは、生姜焼き定食なんだよ!!」

唯「えぇ!?」

修造「唯!!お前、食われちゃったんだぞ!?」

唯「うぅ…」

修造「修造は厳しい!!」むしゃむしゃ

律「…」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 12:27:37.47 ID:JnK+8sLi0
─30分後

修造「よし!お腹をみたしたところで、さぁ、練習だ!」

律「満たしたのは修造先生だけだろ」

修造「今日も皆で切磋琢磨!!練習してけ!」

澪「よく分からない…」

修造「よく分からない?感じるんだよ。feel。さぁ、レッツtry!」

唯「おー!」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 13:26:33.82 ID:JnK+8sLi0
─平沢家

唯「うい~、ただいま~」

憂「おかえりお姉ちゃん……って誰!?」

修造「はっはっはぁ~!軽音部顧問の、松岡修造でございます」

憂「は、はじめまして……」(なんでラケット持ってるんだろ)

唯「修造先生がね、おいしいお米持ってきてくれたんだ~!」

修造「これ見て下さい」

憂「?」

修造「根っこですよこれ全部!」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 13:33:21.04 ID:JnK+8sLi0
憂「す、すごいなぁ……」

修造「お米の苗。これで僕がなにを言いたいか、分かる?」

唯「この根っこ?」

修造「そうだよ!」

唯「ん~…」

修造「いい?強い心を持つ。そのためには、しっかりとした根っこを作り上げることだ!」

唯「根っこ……」

修造「見てよこれ!力強いよね~!」

憂「確かに…」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 13:37:07.92 ID:JnK+8sLi0
修造「台風が来たり、大雨が来たりしても、この根っこがあれば、絶対に曲げないよね!」

唯「ふおお…」

修造「そうだよ!唯ちゃん!君もこの根っこのように、強い根っこを持て!!」

唯「私が根っこを」

修造「できるよ!?お米食べろ!!」

憂「わぁ…」

修造「……と、いうわけでして、このお米、私が収穫したものなので食べて下さい是非」

憂「ありがとうございます」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 13:41:43.48 ID:JnK+8sLi0
唯「修造先生、じゃあご飯たべていってよ~!ね、憂」

憂「う、うん、是非、修造先生」

修造「ありがとう。だけど俺はこれから、みんなの家にお米届けにいくから」

唯「そうなの?」

修造「そうだ!本番に向けて、そのお米を食べて、強い心を作るんだ!」

唯「はいっ!」

修造「…じゃ、失礼します」

憂「はい、ありがとうございました」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 14:25:36.20 ID:JnK+8sLi0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

憂「なんか私お母さんだと思われてたのかな」

唯「憂~修造先生のご飯炊いて~」

憂「うん!」

唯「ごはんは基本だよね」

憂「え?」

唯「ごはんは何にでもあうし~」

憂「そうだね~」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 14:30:43.85 ID:JnK+8sLi0
─部室

唯「修造先生遅いね~」

律「なんか今日は来ないみたいだぞ」

澪「えっ…」

紬「何かあったのかしら?」

律「澪ー…修造先生いないと寂しいか?」

澪「そ、そんなことないっ!!」

紬「ふふ♪」

修造「はっはっはー!!皆!元気!?」

澪「先生!?」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 14:38:50.44 ID:JnK+8sLi0
律「いつの間に部室に」

修造「そんなことより!!みんな、これを聞こう」ぽち

『コートでは~♪誰でも~独りきり~♪』

澪「これは…」

修造「そうだ!!昔の軽音部!」

律「なかなか上手いな」

修造「そこで!!修造式ブートキャンプを開催します!!」

唯「ぶーときゃんぷ?」

修造「そう!音楽に合わせて楽しくシェイプアップできるんですね~」

澪紬「やりたい!」

律「おい」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 14:43:07.01 ID:JnK+8sLi0
修造「それはまた後の話。みんな、このカセットを聞いてどう思った?」

澪「上手い…」

律「ああ、私たちより」

唯「でも明るい歌だね~」

紬「ええ♪」

修造「そうだよ!エースを狙え!!」

澪「!?」

修造「君たちは、学園祭のエースを狙っていけ!」

律「なるほど」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 14:49:47.91 ID:JnK+8sLi0
澪「よし!みんなで合宿をしよう!」

唯「合宿!?いいね~!!」

律「おお!」

紬「ふふ♪」

修造「はははっ!ちなみに合宿所は既に決まっているんですね~」

律「なんで!?」

澪「さすが修造先生……」

唯「どこなんですか!?」

修造「それは、富士山」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 14:53:49.07 ID:JnK+8sLi0
─富士山

修造「一番になるって行ったよな!?」

律「…」

澪「えっと」

修造「富士山のように、日本一になるって、言ったよな!?」

唯「そうだっけ~?」

修造「お前昔を思い出せよ!!」

紬「う~ん…」

修造「今日からお前たちは……」

修造「富士山だ!!」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 14:58:12.25 ID:JnK+8sLi0
修造「……というわけで、日本一、富士の山が見えるここで今日から合宿です」

律「どうしてここなんですか?」

修造「この辺はテニスコートが多い。だからテニス部も来てるんですね~」

テニス部「こんにちは~!!」

唯「おぉ…」

修造「よし!今日からみっちり練習だ!!頑張れ!!」

唯「はいっ!!」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 15:00:53.89 ID:JnK+8sLi0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

澪「でも、なかなかいい所だな~」

律「おう!せっかくだから遊ぼうぜー!!唯!」

唯「うんっ!りっちゃん!!」

澪「お、おい」

紬「ふふ♪澪ちゃんも少しぐらい、ね?」

澪「で、でも、あれを見てよムギ…」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 15:05:43.98 ID:JnK+8sLi0
・・・・・・・・・・

修造「あぁ!諦めたー今ー!!」

テニス部A「おおおお!」

修造「そうだ!!その意気!」

パコン パコン

テニス部B「っしゃぁ!!」

修造「よし!!みんな集合!!」

テニス部「はい!!」タタッ

・・・・・・・・・・

紬「テニスコートが見えるのね」

澪「あんなに頑張ってるのをみて、私達が遊んでるわけにはさ……」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 15:13:31.15 ID:JnK+8sLi0
─河口湖畔

澪「結局遊んじゃってるし」

律「澪が一番楽しそうじゃん!」

澪「な……」

唯「りっちゃん!!きてきてー!」

律「おお!」

紬「ふふ♪」

修造「軽音部!!集合!!!」

律「げ」

唯「あ、修造先生来てた」

澪「ほ、ほらぁ…」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 15:20:10.87 ID:JnK+8sLi0
修造「おい!!」

澪「ひっ」

修造「君たちさ、何をしに来たの!?」

律「…」

唯「練習…」

修造「だったらなんで練習しないんだ!!やる気無いならこっから帰れ!!」

澪「ぁ…ご、ごめんなさい」

修造「俺に謝ってどうするんだよそんなこと!!」

唯澪「ぅぅ…」ぐす


律「…練習、しよう」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 15:25:16.54 ID:JnK+8sLi0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

♪……

唯「今の良かったよね!?」

律「ああ!最後ばっちしだったな!」

澪「…」

紬「澪ちゃん…」


「おおお~~」パチパチ

澪「…?」

唯「修造先生!?」

修造「うんうん!!」

澪「先生…」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 15:30:00.49 ID:JnK+8sLi0
修造「上手くなった!唯ちゃん!りっちゃん!ムギちゃん!そして澪ちゃん!」

唯「えへへ~…ありがと~!」

修造「君たちのその姿勢!それが何よりも大事!!」

律「姿勢…」

修造「この一球は、絶対無二の一球なり!!一つの事に手を抜かずに全力を出し切る!」

澪「…」

修造「今の君たちは素晴らしかった!!今日だけでも、君たちは確かに前進した!」

紬「ふふ…♪」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 15:38:08.49 ID:JnK+8sLi0
修造「いい?一所懸命。分かる?」

唯「一生懸命?」

修造「そう、生まれるって字を書く人もいるけど、俺はこっちで教えられたの」

澪「一所懸命…」

修造「一つの所に命を懸ける。俺も、君たちに一所懸命伝えてます」

唯「修造先生……」

修造「一所懸命って気持ちがいいぞ!」

唯「うんっ!」

修造「明日からも一所懸命に練習しよう!!」

律「おぉー!!」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 15:59:25.12 ID:JnK+8sLi0
─合宿最終日

修造「みんな!今日までよく頑張った!!」

唯「なんか上手くなった感じ~!」

律「調子に乗るなよ~」

澪「へへ…」

紬「ふふ♪」

修造「でも、ここまで頑張れたことは自信を持っていいぞ!」

唯「うんっ!」

修造「最大の敵は自分!最後まで諦めるな!!頑張れよ!!」

律澪紬唯「はいっ!!」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 16:06:02.71 ID:JnK+8sLi0
─平沢家

唯「一所懸命!」

憂「お姉ちゃん?」

唯「一所懸命!だよ、憂」

憂「う、うん……どうしたの?」

唯「何事にも一所懸命!この一球はゆいにむにの一球?」

憂「?」

唯「と、とりあえず学祭のライブ見に来てね!」

憂「もちろんだよ!」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 16:15:19.87 ID:JnK+8sLi0
─部室

唯「ねえねえ、衣装どうするの?」

澪「衣装?制服でいいだろ」

律「つまんなーい!!」

紬「う~ん…」

がちゃ

修造「みんな元気!?はははっ!!」

唯「あ、修造先生~」

修造「何の会議?」

律「学祭の時の衣装どうしようかって」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 16:21:52.57 ID:JnK+8sLi0
修造「そんな君たちに!!」カキカキ

澪「質実剛健…」

修造「修造的にぃ~もじもじちゅうかぁ~」

律「は、はぁ?」

修造「ゲキヤバピ~、すっげぇいい感じでぇ~」

澪「先生…?」

修造「ってこらぁ!!!」

澪「ひっ」

修造「最近浮かれてんじゃねーか!?チャラチャラしてんじゃねーか!?」

唯「ううん、私たちはいつも通りだよ」

修造「人間、外見より中身で勝負だ!」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 16:29:38.15 ID:JnK+8sLi0
修造「……というわけで、衣装なんか二の次三の次だと僕は思います」

律「その一人芝居はやる意味あったのか」

澪「と、とりあえず修造先生の言うとおり、私は中身で勝負するからな!」

律「え~…なんか話が違うだろ~」

修造「君たちのしたいようにすればいい」

律「結局それかい」

修造「じゃあ明日!頑張れよ!!」すたすた

がちゃ

澪「あ、先生……」

律「お?どうした澪」

澪「いや……」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 16:34:21.70 ID:JnK+8sLi0
─学祭当日、舞台裏

澪「……」ガタガタ

律「みぃお、緊張すんなって」

唯「そうだよ澪ちゃん!大丈夫だよ!」

紬「ちゃんと練習してきたし、大丈夫よ、澪ちゃん」

澪「う、うん……」ブルブル

修造「お、みんな揃ってるな!準備はいい?」

澪「ま、まって…」

修造「…」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 16:46:07.76 ID:JnK+8sLi0
修造「澪、いい?人前に立てば誰だって緊張する」

澪「……」

修造「俺だってそうよ。人前に立てば緊張する」

唯「みてみて!100円拾った!」

律「お前はもっと緊張しろ!」

修造「唯みたいに緊張に強い人もいるけど、大体の人は緊張するんだよ」

澪「うん……」

修造「でもいい?みんなも聞いて。緊張しても怖気づくことはないの」

律「…」

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 16:57:13.79 ID:JnK+8sLi0
修造「君たちの本気!本気を見せつける!」

澪「私たちの本気…」

修造「そう!君たちは今日まで一所懸命に練習してきたよ!?」

紬「うん……!」

修造「その本気を思いっ切り観客ぶつける!!ただそれだけだ!!」

唯「うん!」

修造「本気でやってる人のね、失敗を見て笑うやつはなんていないんだから!」

澪「そっか…!」

修造「そうだよ!!!できる!できる!!絶対に、できるんだから!!!」

澪「ありがとう、修造先生…」

律「おぉ……いくぞ!」

唯澪紬「おーー!!!」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/05(日) 17:02:58.66 ID:JnK+8sLi0
和「ちょっと!外に聞こえてるわよ!?」

律「はは、ごめんな~」

修造「もっと、熱くなれよおおおおお!!!」

唯「おぉーー!!!」

観客「クスクス……」

澪「ぷっ……」

紬「ふふ♪澪ちゃん、頑張ろう♪」

澪「…うんっ!!」


『次は、軽音部の演奏です』

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/06(月) 16:42:54.45 ID:W9+R5ZAH0 [1/8]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

パチパチパチパチ!

唯(んー♪)

律(ふふ…♪)

紬(うん♪)

澪(あ……)

澪「みんな、ありがとーーっ!!」

パチパチパチパチ

律(これで澪も、恥ずかしがり屋克服できそうだな)

澪(ふ~…)

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/06(月) 16:47:34.54 ID:W9+R5ZAH0 [2/8]
澪(終わった……)テクテク

スポッ!

澪「わぁ!」こけっ

修造「澪!?」

すってーん!!

澪「いた…」

ザワザワザワ…

ザワザワザワ…


憂(み、澪さん…ま、丸見え……)

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/06(月) 16:51:35.22 ID:W9+R5ZAH0 [3/8]
澪「い、いやああ」修造「こらぁあああああ!!!」

律「!?」

ザワザワザワ……

修造「」ささっ

澪「きゃ!?」

修造「動かないで」ささっ

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/06(月) 16:58:16.66 ID:W9+R5ZAH0 [4/8]
─翌日、部室

律「みんな、昨日はお疲れさん!」

紬唯「お疲れ様~♪」

修造「よく頑張った!」

律「唯は、初ライブにしてはなかなかのものだったよ~!」

唯「いやぁ~へへへ…///」

律「そして澪は!ファンクラブまで出来たらしいぜ~!」

紬「うわぁ~すごい!!」

澪「はは……」

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/06(月) 17:01:44.48 ID:W9+R5ZAH0 [5/8]
律「みぃお~!どうしたんだよ~」

澪「その……//先生が」

唯「修造先生?」

修造「あ?」

澪「いや……昨日はありがとうございましたっ」ペコ

修造「はははっ!澪もよく頑張った!!うんうん!」

律「そうだったな」

唯「ふぇ?」

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/06(月) 17:09:53.91 ID:W9+R5ZAH0 [6/8]
律「澪がコードに足引っ掛けて転んでパンツ丸見えになった瞬間」

紬「修造先生が物凄い速さで澪ちゃんを抱えてステージから退避させたの」

唯「あ、あれ修造先生だったんだ!見えなかった~」

修造「待った!!昨日のその俺の動き。なんて言うか分かる?」

澪「目に見えないほど速い動き……」

修造「そう!!電光石火、っていうんですね~」

唯「でんこうせっか……」

修造「そうだよ!!ほら、この動き」

シュンシュンシュンシュン……

律「な、なんて速い反復横飛び」

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/06(月) 17:13:42.47 ID:W9+R5ZAH0 [7/8]
唯「すご~い!!」

シュンシュンシュンシュンシュンシュンシュンシュン……

律「もういいよ、先生」

スゥ…

紬「!?」

澪「修造先生!?」

唯「えっ!?修造先生が」

律「消えた!?」

「みんな!ありがとう!!」

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/07(火) 16:41:04.73 ID:50T6G+OCP [1/2]
─数週間後、部室

唯「ねえりっちゃん、最近修造先生こないね」

律「どうしたんだろうな~」

澪「修造先生……」

唯「職員室で聞いたんだけどね、修造先生知ってる人いないんだ~…」

律「ええ!?」

澪「…」

律「…」

唯「修造先生いないとなんか寂しいね……」

「こらぁ!」

256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/07(火) 16:44:18.08 ID:5NhOJIXD0 [1/15]
澪「ムギ!?」

紬「みんなっ!練習しよう!」

律「…そうだな!」

唯「うん!!」

澪「今私たちができることを、一所懸命にやろう!」

紬「うん♪」

唯「おおー!!」

258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/07(火) 16:52:40.89 ID:5NhOJIXD0 [2/15]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

律「よし!!」

唯「よかったよね!?ね!?」

澪「ああ、律のドラムも唯のギターもタイミングばっちりだったよ」

紬「うんうん♪」

澪「修造先生がいたら何ていってくれただろう……」

唯「修造先生……」

律「こらぁ!くよくよすんな!」

唯「りっちゃん」

紬「澪ちゃんも唯ちゃんも元気だして」

259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/07(火) 17:00:57.96 ID:5NhOJIXD0 [3/15]
─ある日の平沢家

憂「クリスマス会?」

唯「うん。だから憂も手伝ってくれないかなぁ~…」

憂「うんっ!任せて!!」

唯「ありがとぉ~。でもね、私もやるよ」

憂「う~ん……」

唯「一所懸命!私ができることは一所懸命やるよ!」

憂「お姉ちゃん……」

唯「だから、ね?」

憂「…うんっ!じゃあ一緒に用意しよう!」

唯「おー!」

262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/07(火) 17:06:54.30 ID:5NhOJIXD0 [4/15]
─数日後、平沢家

律「こんにちはー!」

紬澪「お邪魔しまーす」

憂「こんにちは~」

唯「いらっしゃ~い」

修造「はははー!!みんな、元気っ!?」

律「えぇ!?」

澪「修造先生!!」

唯「サプライズゲストです!」

修造「はははっ!奇想天外」

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/07(火) 17:12:40.26 ID:5NhOJIXD0 [5/15]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

修造「お米、かに、いわな、しじみ」

律「す、すげー……」

憂「先生がこの日のために収穫して来て下さったみたいで」

修造「全部、食べろ!!」

唯「ケーキもあるよ~」

澪「豪華だな、でも修造先生……」

修造「あ?」

澪「Tシャツ一枚で寒く無いんですか?」

修造「おいちょっと待て!!」

澪「ひっ!?」

265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/07(火) 17:16:55.05 ID:5NhOJIXD0 [6/15]
修造「心も身体も寒い……と思ってる澪」

澪「いや心が寒いとは」

修造「すぐ熱くできる方法があるんだよ!」

律「すでに熱い…」

修造「言葉さ!」

唯「言葉?」

修造「そう!!寒いっていうから寒いんですよ!?暑いっていうんだよ」

唯「あつい……」

修造「暑くなってきたね!?あれ!?あっつあっつあっつあつ… 」ぬぎぬぎ

律「お、おい先生」

266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/07(火) 17:21:30.56 ID:5NhOJIXD0 [7/15]
修造「ってこらぁ!!」

唯「うおっ!脱いだフリだったとは!」

紬「ふふ♪」

律「はは、熱いけどなんか落ち着くなー」

澪「やっぱり修造先生がいないとな!」

修造「おい!!!」

澪「ひ、ひい!?」

修造「いいか!?騙されるな!?」

澪「な、なんなんだ」

修造「君たちにね、言っておきたいことがあるのよ」

唯「ふぇ?」

267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/07(火) 17:26:07.36 ID:5NhOJIXD0 [8/15]
修造「社交辞令、ってあるでしょ?」

唯「しゃこうじれい…」

修造「そうだよ!いくよ!?」

修造「『修造さんステキ~!』『修造さんかっこいいねぇ~!』てね」

修造「いいか!?鵜呑みにすんじゃねーぞ!?」

修造「みんなそんなこと本気で思ってるわけねんだからよ!!」

澪「え、わ、わたしは本当に」

修造「はははっ!!澪に言ってるわけじゃない」

澪「ほっ」

修造「いいか!?騙されるな!?」

270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/07(火) 17:36:36.60 ID:5NhOJIXD0 [9/15]
律「つまりなんだよ?」

修造「周りに振り回されず、自分で思った通りのことをする。それだけです」

唯「ふんふん…」

憂「あの……」

修造「あ!?」

憂「あ、すみません……用意できてるのでどうぞ食べてください……」

修造「あーあー、こちらこそすみません」

憂「いえいえ」

唯「ねえねえ、イワナどけていい?臭いよぉ」

修造「あ!?ちょっと待て」

唯「もういいよぉ……早く食べよ~」

271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/07(火) 17:41:37.67 ID:5NhOJIXD0 [10/15]
修造「唯なぁ……味のある人間って言われてますか?」

唯「味!?私食べられるの!?」

憂「そういう意味じゃないよお姉ちゃん」

修造「中身のある人間って言われてますか!?」

澪「中身のある、か……」

修造「イワナ見てみろよ!!」

唯「うんうん」

修造「イワナはなぁ、余計な味付けいらねんだよ!!」

律「確かになー」

修造「自分に中身がある……ダシが凄いついてんだよ!」

272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/07(火) 17:46:06.56 ID:5NhOJIXD0 [11/15]
修造「イワナ見習っていけよ!!」

唯「イワナって凄いんだね~」

修造「そうだよ!これから、ダシのある人間になれ!!」

紬「ええ♪」

律「ダシのある人間かー」

澪「なるほど」

憂「もっともっとダシのある人になれるよ、お姉ちゃん」

唯「えへへ~そうかなぁ」

修造「と、いうわけでこのおいしそうな蟹。石川から持ってきました」

273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/07(火) 17:49:31.19 ID:5NhOJIXD0 [12/15]
澪「大きいな~」

修造「おいしそうな蟹があっても食べれない。我慢しなくちゃいけないときがあるんだよ!」

律「なんで食べられないの?」

修造「凍ってるからです」

紬「じゃあまた後で~」

憂「ケーキもあるんですが……」

修造「お米食べろ!!」

憂「というわけで最後で……」

唯「ぶーぶー!」

276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/07(火) 17:54:48.92 ID:5NhOJIXD0 [13/15]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

律「クリスマス会で白飯としじみ料理食べることになるとはな…」

澪「ああ……」

紬「面白いね~♪」

律「いやこれはかなりのレアケースだからなームギ」

修造「そうだ!唯、Carbohydrateって分かる?」

唯「かーぼんはいどれーと?」

修造「そう!」

律「知らねー」

277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/07(火) 18:00:44.83 ID:5NhOJIXD0 [14/15]
修造「Carbohydrate。炭水化物ってことなんですね」

唯「たんすいかぶつ?」

修造「これを燃やすことで!人間熱くなってくんだよ!頑張ってけるんだよ! 」

憂「ご飯も炭水化物だよ、お姉ちゃん」

修造「そうだ!エネルギーの源だよ!? 」

澪「それは知ってる…」

修造「お前まさかさ? 朝食抜いてってんじゃねーだろーな!? 」

澪「ひっ!?」

修造「おま朝飯食わなきゃおまどこにエネルギーが出てくるってんだよ!? 」

澪「ご、ごめんなさい…」

279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/07(火) 18:05:59.87 ID:5NhOJIXD0 [15/15]
修造「このエネルギーが必要だよ!Carbohydrate! 食わしていただくぜい!」むしゃむしゃ

唯「わぁ…先生すごい勢い~!」

律「澪、なんで朝食べないんだよ?」

澪「いや、今日だけ…。ほら、クリスマス会で食べるし、体重がさ……」

紬「でも澪ちゃん、朝はちゃんと食べたほうが良いみたいだよ」

澪「うん…」

修造「おかわり!!」

憂「はーい♪」

唯「私もおかわりっ!!」

憂「はーい♥」

澪「いいよなぁ……気にならなくて」

344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/09(木) 19:15:54.21 ID:mXweq0Nk0 [1/13]
修造「こらぁ!!!」

澪「?」

律「慣れたな澪」

澪「まぁな」

修造「気にすんなよ、くよくよすんなよ」

澪「はい…」

修造「澪は、もっと自分に自信を持つことです」

澪「自信……」

修造「そうだよ!」

346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/09(木) 19:26:05.55 ID:mXweq0Nk0 [2/13]
修造「例えね、ステージの上で転んでパンツを見られた」

澪「ひぃ」

修造「だめだめだめ。過去のことを思っちゃだめだよ」

澪「でも……」

修造「未来のことも思っちゃだめ。『大丈夫かな?』不安になってくるでしょ?」

澪「はい…」

修造「ならば、一つのところに命を懸ける。そう!今ここを生きていけば、みんなイキイキするぞ!!」

澪「今ここを生きる……」

修造「そうだ!!いい?これは今のことしか考えない、そういうことでは無いんですね」

律「過去のことも未来のことも考えるなって先生言ったじゃん」

347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/09(木) 19:34:23.23 ID:mXweq0Nk0 [3/13]
修造「今の楽しか考えない。そう考える人がいたとしたら、それは残念なことです」

律「じゃあどういうこと?」

修造「『失敗したらどうしよう…』これがいけないんですね」

唯「ふむふむ」

修造「俺は、毎日が新しい人生なの。毎日が新鮮で気持ちがいいぞ!!唯!!」

唯「ふぇ?」

修造「今日できることは今日やる!弱い自分に負けんなよ!!?」

唯「うんっ」

憂「お姉ちゃんはやればできる人ですっ」

修造「お姉ちゃん!?」

350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/09(木) 19:39:43.65 ID:mXweq0Nk0 [4/13]
憂「へ?」

修造「君は妹さん?」

唯「妹の憂だよ~」

憂「えへへ、改めまして~」

律「って、見りゃ分かんだろ」

修造「み、見た目で判断すんじゃねえよ!」

澪(修造先生…)

律「意味が分からない」

修造「いやぁはっはっはー!」

唯「修造先生分からなかったんだぁ?」

修造「はははっ!それにしても素晴らしいですね~」

351 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/09(木) 19:44:33.65 ID:mXweq0Nk0 [5/13]
憂「えへへ~…」

修造「見てよこの料理。何歳なの?」

憂「えっと、14歳です」

修造「中学二年生!?」

憂「いえ、中3です」

修造「これはこれは」

唯「自慢の妹ですっ」

憂「お姉ちゃ~ん///」

修造「親御さんにお会いしたいですねこれは」

律「唯の両親もラブラブだよな~」

353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/09(木) 19:49:30.70 ID:mXweq0Nk0 [6/13]
修造「高校はどうするの?」

憂「お姉ちゃんと同じ桜が丘に行ければいいんですが」

唯「おいでおいで~」

憂「でも私の学力じゃしんぱ…」

修造「!」くわっ

憂「…えっと、一生懸命頑張りますっ!」

修造「うんうん!」ニッコリ

律「さすが憂ちゃんだな」

澪「はは…」

354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/09(木) 19:53:34.95 ID:mXweq0Nk0 [7/13]
紬「プレゼント交換しましょう?」

律「おーっ、そうだった!」

澪「修造先生は」

修造「俺は、みんなに配るものがあります」

唯「おー!?なになに!?」

修造「uniのαゲル」

律「なんで!?」

修造「そしてクルトガです」

355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/09(木) 19:58:57.81 ID:mXweq0Nk0 [8/13]
唯「わぁ!」

修造「これ見てください、αゲル」

澪「おお、これ知ってる」

唯「ぷにぷに~♥」

修造「そして憂!受験生の君には、特別にαゲルを10本」

憂「そ、そんなに貰っても」

唯「憂ずるい~」

憂「お姉ちゃんにもあげるよ」

唯「えへ~」

356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/09(木) 20:02:47.29 ID:mXweq0Nk0 [9/13]
律「よし、じゃあプレゼント回すか~」

紬「うん♪」

どんどんどんどんどんどん

澪「な、なんの音だ?」

憂「外からかな?ちょっと見てきます」

唯「私も~」たたっ

律「お、おいっ」

どんどんどんどんどんどん

紬「私たちも見てこよっか?」

澪「なんなんだよ」

357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/09(木) 20:07:20.70 ID:mXweq0Nk0 [10/13]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

平沢家前

どんどんどんどんどんどん

修造「本気!本気!」どんどん

唯「ほんき!」どんかっどん

憂「お姉ちゃんかわい~!」ぱしゃぱしゃ

律「なにやってんだこれ」

唯「りっちゃんもやる!?」

澪「な、なんで家の前で和太鼓叩いてるんだよ」

修造「BGMなんですね~」

どんどんどんどんどんどん

和「あら?お祭り?」

唯「あ!和ちゃん!!」

358 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/09(木) 20:10:23.81 ID:mXweq0Nk0 [11/13]
和「これは何?」

唯「和太鼓だよ!」

とみ「唯ちゃん、とそこのお兄さん」

唯「おばあちゃん!」

とみ「ちょっと煩いからやめてもらえるかい」

修造「すみません…」

唯「ごめんなさい…」

澪「…」

和「…とりあえず遅れてごめん。プレゼント交換終わっちゃった?」

律「いーや、これから」

和「よかった」

359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/09(木) 20:19:18.64 ID:mXweq0Nk0 [12/13]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

唯「あ!手袋!」憂「マフラー!」

唯「憂がマフラー付けてなかったから」
憂「お姉ちゃんが手袋片方なくしちゃってたから」

唯憂「えへへ~」

唯「ありがと、憂」
憂「ありがと、お姉ちゃん♪」

澪「2人とも回ってこなかったらどうするつもりだったんだ?」

修造「素晴らしいですね」ニッコリ

紬「ええ♪」ニコ

律「先生もムギと同じか?」

修造「兄弟姉妹。仲の良いことは素晴らしいことなんですね」

360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/09(木) 20:25:11.00 ID:mXweq0Nk0 [13/13]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

唯「じゃーね~!」

律「またな~!」


唯「ふ~…寒いね」

憂「ね~」

唯「早くお風呂入ろっかなぁ」

がちゃ

憂「…」

唯「憂?」

憂「お姉ちゃん、見て」

さらさらさら

唯「雪!?」

ここでスレ落ち

コメント

作者は修造の事を
よく解ってらっしゃる。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。