FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

律「澪、話って何?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 12:38:07.18 ID:r3nG6Lmg0

律「澪、話って何?」

澪「あ、あのな……」

律「んー?どうした?深刻な顔して?」

澪「ま、真面目な相談なんだ…」

律「…そうか…乗るよ、相談っ」

澪「…」

律「…」

澪「…じ、実は、、、わたし、ゆ、唯のことが、、、、好きなんだ……」


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 12:42:34.28 ID:r3nG6Lmg0

__________



最近、律が冷たい気がする…

この前だって、、、

__________


唯「りっちゃん!そのカチューシャ貸して!」

律「ダメだ!」

唯「え~、なんで~?」

律「これはわたしの魂だからだ!」

梓「魂って…」

紬「まあ、それはびっくりね」

澪「…」(あの2人、またいちゃついちゃってさ…)


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 12:47:12.82 ID:r3nG6Lmg0

唯「その魂、いただく!」ガシッ

律「ぅおい!取るな!」ガシッ

唯「い~じゃ~ん~」モミクチャ

律「ダ~メ~だ~」モミクチャ

澪「…」(何だよ、もっとわたしを、か、構ってくれてもいいじゃないかッ!)

律「おい、澪!唯にわたしとこのカチューシャが共に歩んだ半生を教えてやってくれ!」

澪「…知らないッ」プイッ

律「みおー、どうしたんだよー」

澪「…フンッ」

______________
________
______


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 12:54:58.89 ID:r3nG6Lmg0
______


唯とばっかりペタペタしちゃってさ、全く律は

それに、この前だって、、、


______________


プルルルル ピッ

澪「もしもし、律?新しい詞ができたんだ。今から律んち持ってっていい?」

律「きょ、今日かッ、、え、えっと、そ、そんなに急がなくてもいいんじゃないかッ!?」

澪「ん?律、今日は忙しいのか?」

律「そ、そそそんなことないよッ!  (オーイ、リッ) 」

澪「ん?誰かいるのか?」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 13:02:14.93 ID:r3nG6Lmg0

律「えっ! い、今のは、母ちゃんだって!」

澪「……なんか怪しいな…」

律「べ、べつに、怪しいことなんてないぞ!」

澪「…で、今から遊びに行ってもいいのか?」

律「ちょ、ちょっと今は、その、ダメ、かな…」

澪「そうか…」

律「ご、ごめんな、澪、詞はまた学校で、な?」

澪「…うん、わかったよ」(詞なんて、ただの口実なのに…)

律「じゃ、じゃーなーー!」

ガチャンッ ツーツー

_____________
_________
______


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 13:10:20.67 ID:r3nG6Lmg0


もちろん、突然電話したのはわたしだから、律が断ったのは仕方ない

でも、なんだか、よそよそしい気がする…

わたしは、ただ、会いたかっただけなのに…


______________


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 13:15:36.68 ID:r3nG6Lmg0


ほうかご!
音楽室!

唯「りっちゃんは、部長会議だか何だかで、お休みだって~」

澪「そうか、律の奴、ちゃんとやってればいいけど…」

紬「梓ちゃんもまだ来てないわね?」

澪「ちょっと遅れてるだけじゃないか?」

唯「あずにゃ~ん、はやく~~」

紬「ウフフ」

唯「ねえねえ」

澪紬「何?」

唯「あずにゃんは、わたしがべたべたするの嫌なのかな~?」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 13:22:44.63 ID:r3nG6Lmg0

澪「ん?唯は嫌がられてると思うのか?」

唯「だって、『離れてください』とか『やめてください』って…」

澪(唯なりに気にしてたんだな)クスッ

紬「唯ちゃん、それはね、ただ照れてるだけよ」クスッ

唯「えっ!?ほんとに!?」

澪「ああ、間違いないよ。 少なくとも嫌がってはないと思うぞ」

唯「エヘヘ、あずにゃんは照れ屋さんなんだね!?」

紬「ええ、だからどんどん抱きついちゃっていいと思うわよ!」キラキラッ

唯「う~ん… でも、、、」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 13:24:40.53 ID:r3nG6Lmg0

澪「どうした?」

唯「もっとあずにゃんに素直になってほしいよ~」

澪「素直?」

唯「うん!好きなら好き!抱きついて欲しいなら抱きついて!って言うべきだよ!」

澪「そ、そんな恥ずかしいこと、簡単に言えるかッ//!!」

唯「言えるよ! 澪ちゃん、大好き!」

ダキッ

澪「ゆ、唯っ//!、きゅ、急に抱きつくな//!!」

紬「あらあら」ウフフッ

唯「えへへ~、ほら、簡単でしょ!」

澪「…まったく唯は//」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 13:26:35.15 ID:r3nG6Lmg0

紬「でも、唯ちゃん、澪ちゃんも梓ちゃんもそう簡単に唯ちゃんみたいになれないわ」

唯「う~、そうかな」

紬「そうよ、だからね、こういうときは…」

唯「こういうときは?」

紬「駆け引きよ!!!」


ガチャッ

梓「遅くなりました」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 13:36:47.56 ID:r3nG6Lmg0

紬(ほら、唯ちゃん、さっそく!)

唯(わかった!駆け引きだね!)

澪(おいおい…)

唯「あずにゃ~~~ん!!待ってたよ~~~!!」

ダキッ

梓「! ゆ、唯先輩//!は、離れてくださいッ//!」

澪紬(あれっ?駆け引きは?)

唯「あずにゃ~~~ん!かわいい~~~!」

梓「や、やめてください//!」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 13:59:27.03 ID:r3nG6Lmg0

唯「…わ、わかったよ、、、やめるよ………」シュンッ

梓(えっ!?)

唯「い、嫌なんだよね、、、」ウルウル

梓「ゆ、唯先輩、、と、突然どうしたんですか!?」

唯「あずにゃんは、わたしに抱きつかれるの、ずっと嫌だったんだよね…」ウルウル

梓「そ、それは、、べ、別に、嫌とか、、嫌じゃないとか、、」アワアワ

唯「嫌なんだよね、あずにゃん…」ウルウル

梓(そ、そんな上目遣いで見られたらッ//!)

梓「べ、別に、嫌とkj…//」カアァ

唯「聞こえないよ、あずにゃん…」ウルウル

梓「い、いい、嫌じゃありませんッ!!!」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 14:01:57.50 ID:r3nG6Lmg0

唯「…ほ、ほんとに?」ウルウル

梓「えっ//、あ、その、なんていうか、、、その、、//」

唯「あずにゃん、はっきり、言ってよ、、、嫌なのか、好きなのか…」ウルウル

澪紬(ん?好き?)

梓「そ、そr、それは、////」

唯「…」ウルウル

梓「す、好きです////!!!!!」

唯「あずにゃ~~~~ん!!!!わたしも大好き~~~~!!!!」

ダキッ

梓「ううぅぅぅっぅぅぅ//////」カアァ



澪「…陥落したな」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 14:09:29.50 ID:r3nG6Lmg0

紬「ええ、陥落ね♪」キラキラ

澪(というか、あれは駆け引きなのか? ほとんど強要に近いような…)

紬(それを、自然と天然でやっちゃう唯ちゃん、、、おそろしい娘ッ!!)

澪「…」

澪「…」

澪「…駆け引き、か………」

澪(でも、駆け引きってどうやったらいいのかな?)

______________


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 14:15:35.67 ID:r3nG6Lmg0

帰り道!

澪「じゃあ、また明日ね!」

一同「バイバーイ!」

澪(顔真っ赤にしてちっちゃくなってる梓、かわいかったな)クスッ
澪(…駆け引き、ね……)
澪(う、うまくやれば、律もあんな風になっちゃったりして//)

澪「えへへ//」

律「…何にやにやしてるんだよ」

澪「うわあああああああーーーッ!? り、り、りつうううううううううッ!!??」ビクッ

律「お、おい、驚きすぎだって…」

澪「り、律、びっくりさせるなよ!」

律「そんなつもりないわ! …で、何でニヤけてたんだよ?」ニヤニヤ

澪「べ、別に、、にやついてなんかないぞっ!」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 14:22:37.69 ID:r3nG6Lmg0

律「ほらほら、そういわずに律お姉さんに話してみなさい♪」

澪「そ、そんなことより、どうしてここにいるんだッ!」

律「どうしてって、会議が終わって音楽室行ったら、みんないなくてさ、
  急いで追いかけてきたんだよ」

澪「そ、そうか」

律「あー、そういや澪! 詞、できたんだろ? 見せてくれよ!」

澪「えっ、今持ってないぞ」

律「なんだよ、持って来てるんじゃなかったのかよ」

澪「あー、忘れてたよ」

律「じゃあ、明日の昼休みに見せてくれよ!」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 14:24:17.09 ID:r3nG6Lmg0

澪「別にいいけど、、、なんで昼休みなんだ?」

律「それがさー、部長会議、明日もあるんだってよー、めんどくせー」

澪「意外と大変なんだな」

律「おおよ!部長はつらいんだぞー!」

澪「はいはい。 じゃあ、お弁当食べ終わったら音楽室に集合な」

律「うけたまわった!」

______________


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 14:32:12.44 ID:r3nG6Lmg0

つぎのひ!

昼休み
音楽室

ガチャッ

澪「律ー、いるかー?」

律「遅いぞ!澪!そんなことじゃあこの不景気を乗り切れないぞッ!」

澪「なんだよそれ…」

律「それでッ!詞は!?」

澪「あれっ?唯とムギはいないのか?」

律「あー、なんか唯がしゃっくりが止まんない~って大騒ぎしててさ、
  教室でムギが介抱してるよ」アハハッ

澪「そうか… (じゃあ音楽室で律と2人っきりか、、なんか久しぶりだな//)」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 14:40:38.40 ID:r3nG6Lmg0

律「だから、2人っきりだぜッ、澪!」クイックイッ

澪「!  だ、だったら、なんだって言うんだ//」

律「なに照れてるんだよー」ニヤニヤ

澪「照れれない//!」プイッ

律「アハハッ」

澪(で、でも、これってチャンスなんじゃ…//)
澪(か、駆け引き…  律の気を引けるような駆け引き…… )
澪(……わかりません…)
澪(…で、でも、ちょっとがんばってみようかな……//)


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 15:06:26.37 ID:r3nG6Lmg0
すいません、ちょっと離れてました
支援ありがとう、めっちゃありがたい
過疎ってて心折れそうですが、がんばります
あと、
「照れれない」→「照れてない」でw
まあかわいいからこのままでもいい気がするけど

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 15:14:19.58 ID:r3nG6Lmg0

澪「と、とりあえず、これ、詞なッ!」(ど、どうしよう…)

律「えーと、なになに、『はじm』」

澪「朗読するな//!恥ずかしいだろ//!」(駆け引き、なにか、なにか…)

律「へいへーい」

澪「…」(えーっと…)

律「…」



澪「…」(…沈黙が、、気まずい、、、せっかくのチャンスなのに…)

律「…」

澪「…そ、それでな、」(な、何かしゃべらないと!)


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 15:19:06.67 ID:r3nG6Lmg0

律「ん?」

澪「え、えーーと、読み終わったら、
  その、は、話があるんです、けど、、、」(な、ないよ、律ッ!ないよ!)

律「ん?わかった、とりあえず、読んじゃうな」

澪(………ど、どうしよう!!)ウルウル
澪(なに勝手に追い詰められてるの! わ、わたしのバカっ!)ウルウル
澪(で、でも、せっかくのチャンスだし…)ウルウル

律「うん、まあ、澪らしくて、いいんじゃないか?」

澪「…あ、ありがとッ」ウルウル

律「…それで、」



律「澪、話って何?」


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 15:23:45.52 ID:r3nG6Lmg0

澪「あ、あのな……」(いっそこの流れのまま告白を…)ウルウル

律「んー?どうした?深刻な顔して?」

澪「ま、真面目な相談なんだ…」(だ、ダメだッ!そんなのムリだよ~ッ!)ウルウル

律「…そうか…乗るよ、相談っ」

澪(だ、大体それじゃ駆け引きにならないし…ど、どうしよう!でも何か言わなきゃッ!!)

律「…」

澪「…じ、実は、、、わたし、ゆ、唯のことが、、、、す、好きなんだ……」


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 15:25:10.95 ID:r3nG6Lmg0



澪(な、なな、な、何を言ってるんだわたしはああああああああああああ!!!!)

澪(なんでッ!なんでなのッ!)

澪(ご、ごめん、律!!!唯も!! こういうのよくないよね!)

澪(あ、謝らなきゃ!)



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 15:33:11.13 ID:r3nG6Lmg0

澪「り、律ッ! い、今のh」

律「い、いいんじゃないのか!」

澪(!)

律「そ、そりゃ、びっくりだけどさ、」
律「な、なんていうか、なあ?」
律「そ、その、唯も、よ、喜ぶと思うし!」
律「み、澪は、こんなに、か、かわいいんだし、」
律「な、なんていうか、が、がんばれよッ!」
律「うおッ!もう、こんな時間じゃないか!じゃ、じゃあな、先行ってるよ!」ダッ

バタンッ


澪「り、律…」



____________

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 15:36:14.72 ID:r3nG6Lmg0

____________



最近、澪が冷たい気がする…

この前だって、、、

__________


唯「りっちゃん!そのカチューシャ貸して!」

律「ダメだ!」

唯「え~、なんで~?」

律「これはわたしの魂だからだ!」

梓「魂って…」

紬「まあ、それはびっくりね」

澪「…」


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 15:37:14.41 ID:r3nG6Lmg0

唯「その魂、いただく!」ガシッ

律「ぅおい!取るな!」ガシッ

唯「い~じゃ~ん~」モミクチャ

律「ダ~メ~だ~」モミクチャ

紬(ジー)キラキラ

梓(く、くっつきすぎです!)

澪「…」

律「おい、澪!唯にわたしとこのカチューシャが共に歩んだ半生を教えてやってくれ!」

澪「…知らないッ」プイッ

紬(あらあら、拗ねちゃって)

律「みおー、どうしたんだよー」

澪「…フンッ」


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 15:39:45.60 ID:r3nG6Lmg0

______________


なんか、また怒らせちゃったのかな? わかんないけど… 

まあ!、そのお詫びというわけではないけど、

わたしは澪のサプライズ誕生日パーティーを企画している!

この前みんなで計画たててるとき、電話でばれそうになったけどな!


_______________


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 15:42:45.58 ID:r3nG6Lmg0

プルルルル

律「あ、澪から電話だ」

唯「おお!ばれないようにね!」

梓「いつも通りな感じで」

紬(内容が気になるわ)キラキラ

律「ははっ、おまえら心配しすぎだって、 わたしを誰だと思ってるんだ?」

ピッ

澪「もしもし、律?新しい詞ができたんだ。今から律んち持ってっていい?」

律「きょ、今日かッ、、え、えっと、
  そ、そんなに急がなくてもいいんじゃないかッ!?」(い、いきなりかよッ!)

澪「ん?律、今日は忙しいのか?」

律「そ、そそそんなことないよッ!  (オーイ、リッ) 」(ばッ、唯、黙れ!!)


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 15:44:10.28 ID:r3nG6Lmg0

澪「ん?誰かいるのか?」

律「えっ! い、今のは、母ちゃんだって!」(ごまかせ!)

澪「……なんか怪しいな…」

律「べ、べつに、怪しいことなんてないぞ!」(やばい、なんか怪しまれてる!!)

澪「…で、今から遊びに行ってもいいのか?」

律「ちょ、ちょっと今は、その、ダメ、かな…」(ごめんな…)

澪「そうか…」

律「ご、ごめんな、澪、詞はまた学校で、な?」(でも、最高の誕生日にするからッ!)

澪「…うん、わかったよ」

律「じゃ、じゃーなーー!」(ふーー、危ない危ない!)


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 15:46:33.09 ID:r3nG6Lmg0

ピッ

唯「りっちゃ~ん、慌てすぎだよ~~」

律「そ、そうだったか?」

梓「アワアワしすぎです!ばれませんでしたか?」

律「大丈夫だって!  っていうか唯!しゃべりかけんな!」

唯「えへへ~、ごめんね~~」


_____________
_________
______


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 15:47:54.78 ID:r3nG6Lmg0

______



そしたら、突然、、、唯のことが好き、、、、だもんな………



______________


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 15:55:35.30 ID:r3nG6Lmg0

______________




律「だから、2人っきりだぜッ、澪!」クイックイッ

澪「だ、だったら、なんだって言うんだ//」

律「なに照れてるんだよー」ニヤニヤ

澪「照れれない//!」プイッ

律「アハハッ」

律(澪の奴、照れちゃって、かわいいな//)

澪「と、とりあえず、これ、詞なッ!」

律「えーと、なになに、『はじm』」

澪「朗読するな//!恥ずかしいだろ//!」

律「へいへーい」(ハハッ、ホントかわいい生き物だな、澪は)

澪「…」


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 15:57:39.42 ID:r3nG6Lmg0

律「…」(相変わらず、あっまあまな詞ですなー)



澪「…」

律「…」(うぅ、むずがゆい゛~~~!うは~~~!)

澪「…そ、それでな、」

律「ん?」

澪「え、えと、読み終わったら、
  その、は、話があるんです、けど、、、」

律「ん?わかった、とりあえず、読んじゃうな」

律(どうしたんだろ…)

律「うん、まあ、澪らしくて、いいんじゃないか?」(私には恥ずかしいけど、唯は喜びそうだ)

澪「…あ、ありがとッ」ウルウル

律「…それで、」



律「澪、話って何?」


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 15:59:35.15 ID:r3nG6Lmg0

澪「あ、あのな……」ウルウル

律「んー?どうした?深刻な顔して?」

澪「ま、真面目な相談なんだ…」ウルウル

律「…そうか…乗るよ、相談っ」(なんか涙目だし…)

澪「…」ウルウル

律「…」

澪「…じ、実は、、、わたし、ゆ、唯のことが、、、、す、好きなんだ……」




律(…)

律(…はっ?)


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 16:02:25.24 ID:r3nG6Lmg0

律(…今、なんて言った?)

律(…唯が、好き?)

律(嘘だろ、おい、、、、、なあ、澪)

律(…涙目でうつむいて、、、、本気なんだな、、、澪?)

澪「り、律ッ! い、今のh」

律「い、いいんじゃないのか!」
律「そ、そりゃ、びっくりだけどさ、」
律「な、なんていうか、なあ?」
律「そ、その、唯も、よ、喜ぶと思うし!」
律「み、澪は、こんなに、か、かわいいんだし、」
律「な、なんていうか、が、がんばれよッ!」
律「うおッ!もう、こんな時間じゃないか!じゃ、じゃあな、先行ってるよ!」ダッ

ガチャンッ

_______________
__________
______


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 16:08:01.61 ID:r3nG6Lmg0
______



ひどいよな、、、、わたし、ずっと、、澪のこと、、、好きだったんだぜ、、、、、

なのに………

__________


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 16:08:46.52 ID:r3nG6Lmg0
__________


次の日、わたしは学校を休んだ

一応、学校には、カゼってことにして連絡をいれた

正直、自分が1番びっくりしてる

こんなのキャラじゃない…

自分で言うのも変だけど、わたしは、元気が取り柄の明るくて活発なりっちゃんなんだ

そのりっちゃんが、えらく落ち込んでいる

昨日の親友の告白で、精神的に負ったダメージはどうやら大きかったようだ

律(………親友、、、、なんだよな、、結局)
律(親友なんだから、応援してやらないとな…)
律(親友なんだから…)


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 16:12:41.94 ID:r3nG6Lmg0

なんとなく、棚にしまってあるアルバムを引っ張り出してくる

なんだか開いちゃいけないような気がする
でも同時に、開かなきゃいけないような気もして、もうわけがわからない
わからないのが苦しい、だから、思い切って開いた

小学生の自分がピースをしながら笑いかけている

その隣には、恥ずかしそうにしているかわいい女の子がいる
 
… あー、痛い、、、、なんだかズキッっとした

ページを捲る

次のページにも、そのかわいい女の子がいた

次のページも、その次も…
ページを捲るたびに、ズキッと痛い


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 16:13:25.71 ID:r3nG6Lmg0

笑ってる澪、泣いてる澪、困ってる澪、、、

1枚1枚の

思い出がよみがえる

一気になだれ込んでくる

受け止めきれない

受け止め切れなくてあふれてしまう



気付いたら涙が頬をつたっていた



ピンポーンッ

律(ん!?)



________________


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 16:15:06.86 ID:r3nG6Lmg0

________________


わたしは何をしているんだろう…

こんなことをして、 何になるというんだ…

後悔と罪悪感で胸がいっぱいになる

律は、あの嘘を聞いてどう思ったんだろう?

それにどうして突然唯の名前を出してしまったんだろう?



後者の問いの答えはわかっている…

わたしは、心の奥深いところで、、、唯に嫉妬してたんだ…


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 16:16:02.17 ID:r3nG6Lmg0

わたしにとって、律の存在は何者にも代えがたいものだ

唯はかわいくて、魅力的だ

わたしは、そんな律をそんな唯に奪われてしまうことが怖かった

その潜在意識があったから、あんなことを言ってしまったんだろう

 澪「最低だ、わたし…」

澪(とにかく、明日、朝一で律に謝ろう…)

深夜、ベッドにうつ伏せになりながら、そう誓う

その日は結局眠れなかった

______________


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 16:17:14.96 ID:r3nG6Lmg0

つぎのひ!

律の教室

澪 チラッ

澪(あれっ、まだ律来てないのかな? いつもならこの時間には来てるはずなんだけど…)

澪(ぎりぎりまで、待ってよ…)



紬「あらっ、澪ちゃん…?」

澪「お、おう、ムギ、おはよう」

紬「おはよう…」

澪「律、まだ来てないかな?」

紬「…わたしは見てないわ」

澪「そ、そうか…  じゃ、じゃあ、また昼休みにでも来るよ!」

紬「…そう」


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 16:31:12.49 ID:r3nG6Lmg0

_________________

昼休み!

澪(謝らなきゃ、謝らなきゃ!)

澪 ソロー

唯「あっ!澪ちゃん!」

澪「ゆ、唯ッ!ご、ごめんなさい!」

唯「ほえ?どうしたの澪ちゃん?」

澪「えっ、あ、いや、、なんでもない…」

紬「…」

澪「…それで、律は?」

唯「りっちゃん、今日お休みなんだって~、カゼで」

澪(!)


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 16:32:52.07 ID:r3nG6Lmg0

唯「全く!りっちゃんはだらしないな!」

澪「は、はは、そうだな…」(もしかして、、)

紬「…」

澪(昨日のが原因…?)

澪(考えすぎかな、うぬぼれすぎかな、、、)

紬「…澪ちゃん、お話ししたいことがあるの」

澪「へっ!? あ、ああ、なに?」

紬「ここじゃちょっと…  音楽室行こう?」


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 16:34:37.42 ID:r3nG6Lmg0

唯「なになに!?わたしも行く!」

紬「唯ちゃん、次の授業、数学よ?」

唯「………はっ!!課題やってないッ!!ムギちゃん助けて~~!」アワアワ

紬「はい、ノート貸してあげるわ」

唯「ありがとうごぜぇます~ッ!  うおッ!じ、時間がないッ!!!」

紬「じゃあ、唯ちゃん、急いで写しちゃってね」(ごめんね、唯ちゃん)

唯「うんッ!」


________________


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 16:36:57.44 ID:r3nG6Lmg0
________________

音楽室

澪「そ、それで…?」

紬「…ごめんなさい」

澪「?」

紬「わたし、聞いちゃったの!」

澪「え?」

_________________


77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 16:39:05.33 ID:r3nG6Lmg0

【昨日の昼休み】

紬「唯ちゃん、しゃっくり止まった?」

唯「うんッ!だから、はやく澪ちゃんの詞を見に行こッ!」

紬「…」

唯「…ヒック」

紬「あら」クスッ

唯「ううううう、、、まあ、いいじゃん、行こう!」ヒック

紬「そうね、やっぱり行きましょう」


音楽室に唯ちゃんとおしゃべりしながら歩いているとき、
わたしは違うことをかんがえていた

紬(りっちゃんは、わたしたちが来ないと思ってるから、2人きりなことをいいことに、
  愛の告白とかしちゃってたりして♪)


78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 16:40:52.33 ID:r3nG6Lmg0

そんなこんなで音楽室に着く
なにか声が聞こえる…

澪「ジ、ジツハ、ワタシ、ユ、ユイノコトガ、、ス、スキナンダ」

紬「!!!」

唯「ヒック」

紬「…ゆ、唯ちゃん、、、、今の聞こえた?」

唯「ほえ?今のって何?」

紬(よかった、、、しゃっくりが役に立つなんて…)

紬「と、とりあえず、教室に戻りましょ!」

唯「へっ?なんで?音楽室は目の前だよ?」

紬「わ、忘れ物よ、ほら、唯ちゃん!戻ろう!」

唯「え~、よくわからないけど、、じゃあ戻ろっか~」


_________________

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 16:43:46.48 ID:r3nG6Lmg0
_________________


澪「そ、そう、だったんだ…」

紬「ええ、ごめんなさい…」

澪「いや、いいんだ…」

紬「それでね、、澪ちゃん、、、
  わたしはずっと、澪ちゃんはりっちゃんのことが好きなんだと思ってたんだけど…」

澪「へっ//!!??」

紬「見てればわかるわ」

澪「ううう//」

紬「やっぱりそうよね、、じゃあ、昨日のは…?」

澪「…き、昨日のは、、、嘘なんだ…」


84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 16:45:24.42 ID:r3nG6Lmg0

紬「…なんで、そんな…?」

澪「…か、駆け引きしようと思ったんだ」

紬「駆け引き?」(下手な入れ知恵したのはわたし、だったのね…)

澪「…最低だよね、、、律だけじゃなくて唯まで巻き込んで…」

紬「…今日りっちゃんが休んだ理由、わかるわよね?」

澪「…」

紬「カゼなわけないじゃない…ね?」

澪「わ、わたし、律を傷つけちゃったかな…?」

紬「………そう思うわ…」

澪「わ、わたし、、、」


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 16:46:34.54 ID:r3nG6Lmg0

澪「わたし、今すぐ、謝りに行ってくるッ!!!!!」 ダッ

紬「い、今すぐって、澪ちゃんッ!授業はッ!?」

澪「そ、そんなの知らないッ!!!」 

ダッダッダッダッ
バタンッ

紬「…りっちゃんなら、許してくれるわよ、澪ちゃん……」


________________


132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 21:14:04.84 ID:5ItCLhf+0

________________


澪「ハアッ、ハアッ、ハアッ、ハアッ、」

律ん家の目の前に来ていた
見慣れた家、何度も遊びに来た家、、、
そのはずなのに、扉が遠い

だけど…

ピンポーンッ



澪(わかってはいたけど、、返事はないか)

ガチャッ

澪「し、失礼します」(勝手に入るのはさすがに気が引けるけど…)

ドタガタドタンッ

澪(律の部屋から物音が…)


134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 21:16:09.52 ID:5ItCLhf+0

澪「り、律…  いるんだよな?  お、お邪魔するぞ…」

律の部屋のある2階に上がる
一歩一歩が重い

澪「わたしだ、澪だ、、、、は、入るぞ、」

ガチャッ

澪「きゅ、急に押しかけてごめん…」

律「…」

律はベッドの上で布団にくるまって寝ていた
わたしには背を向けてるから、顔が見えない

澪「り、律?  起きてる…?」

起きてるに決まってる、そんなことわかってるのにこんなことしか言えない自分にイラ立つ


135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 21:18:22.17 ID:5ItCLhf+0

なんとなく、テーブルに視線を向ける

澪(ん?なんだ?)

澪(…図鑑、かな?  いや、違う、、、アルバムだ…)

澪(…)

澪(…ん? 何かアルバムの下から、はみでてる、、、手紙…?)

澪(  『誕生日おめでとう!!!』  )

澪(こ、これって、、  わたし、、もうすぐ誕生日だ、、、、)

澪「り、律… 」ジワッ


136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 21:23:50.55 ID:5ItCLhf+0

澪「り、り、、、、」

澪「り゛つ゛うううううううぅうう~、ごめ゛んね゛え゛ええぇええぇ~~ッ」 ブワッ

律「えっ!? み、澪ッ!? と、突然どうしたんだよッ!!」バサッ

澪「ごめんねえええええええ~~~ッッッ」 ウェーン

律「わ、分かった!わかったから!」アワアワ

澪「うわーーーん」ヒック

律「よ、よしよし、(なんで澪が泣いてるんだよ??)」

澪「うわーーーん」ヒック


_______________


137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 21:25:18.25 ID:5ItCLhf+0
_______________



律「…落ち着いたか?」

澪「…うん」ヒック

律「…それでっ? 今は授業中だと思うんだけど?」

澪「…り、律に謝らなくちゃいけないんだ、すぐに、、だから、、、、来ちゃった…」ウルウル

律(こいつかわいすぎだろ)

澪「…嘘なんだ」ウルウル

律「えっ?なに?」

澪「…嘘なんだ、昨日の、、嘘なの…」ウルウル

律「…昨日の?   って、、、、、  えっ!!!!!!!」

澪「ホントにごめんなさい!」

律「」


139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 21:28:37.80 ID:5ItCLhf+0

澪「…」ウルウル

律「、、フッ」

澪「り、りつぅ?」ウルウル

律「フッ、ふッ、、、、ふざけんなあああああああああああ!!!!!!!!!」

澪「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなs」

律「なんでだッ!!なんでッ!?」

澪「…じ、実は、、、その、、、、」

律「はっきり!!!」

澪「駆け引きですッ!!!」

律「…は?」


140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 21:29:41.96 ID:5ItCLhf+0

律「…駆け引きってなんだよー?」(駆け引きって…)

澪「え、えと…」(誠実に話さなきゃ… でも、な、なんて言えばいいのかな?)

澪「そ、その、、」(言えないよ、、、駆け引きしようとした理由だけは、、)

律「…」(駆け引きをしかけるってことは、、、)

澪「と、とにかくごめんなさいッ!」

律「…許さない、、」(ごめん澪、、ちょっと、強引だけど…)

澪「…り、りt」

律「絶対に許さない、、もし許して欲しければ、、その理由をちゃんと言えッ!」ドキドキ


143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 21:37:39.48 ID:5ItCLhf+0

___________________


さわこ「チョリース」

唯「あっ、さわちゃん!」

梓「あの~、さわこ先生… なんだか最悪のタイミングで出てきたと思います…」

紬「は、はやく続きをッ!続きを!!」

梓「お、落ち着いてください!ムギ先輩!」

___________________


148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 22:00:50.13 ID:5ItCLhf+0
すまん、電話きたり、さるさんくらったりしてんだ
レスつくのまってたりしてるわけじゃない
書き溜めも「最後まで」終わっています
マジで申し訳なく思ってる
早く投下を終えたいのはおれも同じです!

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 22:01:35.55 ID:5ItCLhf+0
___________________


澪「、、り、理由、を、言うのか…?」ドキッ!

律「そうだ! 理由を、澪の口から、聞きたいんだ」ドキドキ

澪「…………わかった…」ドキドキ

律「…」ドキドキ

澪「こ、こんな嘘をついたのは、な、、」ドキドキ

律「…」ドキドキ

澪「…り、律に、、、、、その、、なんていうか、、、」ドキドキ

律「…」ドキドキ

澪「、ふ、、振り向いて欲しかった、、んだ ////」カアァッ

律「!!!」ドキッ


150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 22:03:53.77 ID:5ItCLhf+0

澪「さ、最近、、律が冷たいような気がして… その、、さ、さびしかった…//」

澪「だ、だからどうにかして、、ふ、振り向かせようと、、あんなことを…」

澪「ごめん!ホントにごめんッ!
 わたし不器用なくせにそんなこと考えたから、律を傷つけた!」

澪「ごめん…」ウルウル

律「…そ、そうか//」(ごめん澪、)

律「ハ、ハハッ、う、うれしいな//」(もうちょっとだけ、)

律「ま、まさか澪が、そんなこと…//」(いじめさせてくれ)

澪「ぅぅぅぅ」ウルウル

律「で、でも、振り向いて欲しいってのは、、、、その、どういうことなんだ?//」


152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 22:05:15.22 ID:5ItCLhf+0

澪「そ、それは…///」

律(ちょっと追い込みすぎかな…?なんか性格わるいかなわたし…)

律(で、でも、どうしても澪の口から聞きたい2文字があるんだ//)

澪「…り、r…のk…、、、、kら…//」

律「聞こえないぞ! もう一回!」

澪「…り、律のことが、、、、好きだからだッ////!!!!」

律「み、澪…////」(今なら死ねる…)

澪「////」ウルウル

律「わたしも好きだよ、澪//」

ダキッ


___________________


156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 22:10:36.95 ID:5ItCLhf+0

【数日後】

唯の家!

一同「澪(ちゃん)(さん)!お誕生日おめでとうッ!!!」パンッパンッ

澪「あ、ありがと//」

唯「りっちゃんがへまするから、サプライズじゃなくなっちゃたね~~」

梓「あれほど、気をつけるように言ったのに、何やってるですか!」

律「ウッ、め、めんぼくない!」

紬「まあまあ」ニコニコ

澪「い、いいんだ、、わたしは、今、とってもうれしいぞ//」

憂「さあ、みなさん、たくさん食べてくださいね!」


158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 22:12:43.33 ID:5ItCLhf+0

律「うはー、すげーー!」

唯(さすがわたしの憂!)

和「…唯は胸張らなくていいのよ」

さわこ「憂ちゃん、ビールある?」

憂「な、ないです…」

ワイワイガヤガヤ

律「えー、宴もたけなわですが、みなさんにご報告がありますッ!」

澪(!) ガタッ



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 22:13:49.37 ID:5ItCLhf+0

唯「りっちゃん、たけなわって何?」

律「えっ?そういえば、、なんだろ?」

澪「り、律!! ダメだって言っただろ~ッ!」ウルウル

律「べつにいいじゃんよー」

澪「よくないッ!!!」ウルウル

律「えー、 …ほら、ムギが目を輝かしてるぞ」

紬(キラキラキラキラッ!)

澪「だめッ!」

律「わ、わかったよ、、ったく…」

梓「すごく気になるんですけど…」

唯「ねぇ、たけなわってなに~?」


_________________


160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 22:15:02.16 ID:5ItCLhf+0
_________________



別にみんなに知られて何か問題があるわけではない

でも、、、は、恥ずかしいじゃないか//

そんなこんなで、今日は、、デート、です、、//

律「わるい、待たせたか!?」
澪「いや、今来たとこだよ」
律「そんじゃ、さっそく行きますかッ!」


161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 22:16:25.55 ID:5ItCLhf+0

そうそう、恥ずかしいだけが理由じゃないんだ

わたしと律が恋人同士になったとしても、今までと何も変わらないから…

今までも、

これからも、

お互いを思いあっていくんだから…






おわり

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。