FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹「…おにぃ、食べたい?」

未完
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/31(火) 11:12:49.20 ID:I/+iPRSy0 [1/97]
兄「…あぁ」

妹「…おかあさんには内緒だよ?」

兄「当り前だろ…」

妹「えへへ…なんか、ドキドキするね」

兄「…そうだな」

妹「…あ、ちょっと…おにぃ…焦らないでよ…」

兄「しょ、しょうがないだろ…」

妹「あは、そうだよね…餓えてるもんねー」

兄「う、うるさいな…」

妹「けど…美味しいね、おかあさんが買っておいたクッキー」モグモグ

兄「あぁ、なんか駅前の有名なトコのらしいぞ」ムグムグ

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/31(火) 11:15:03.04 ID:I/+iPRSy0
兄「あ、妹、ちょっとそれ取ってくれ」

妹「今むりー」

兄「頼むよ、おにいちゃんちょっと手が離せないんだよ」

妹「今むりー」

兄「そこをなんとかお願いしますって!」

妹「今むりー」

兄「なんでだよ!」

妹「おなにーちゅうだからー」

兄「ちょっと待て今すぐそっちに行く」

ダダダダダ

妹「手、離せたね」ポリポリ

兄「…」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/31(火) 11:18:45.22 ID:I/+iPRSy0
兄「あー…今日もあっちぃなぁ」

妹「ちょっとおにぃ、いくら暑いからってだらしないよ」

兄「いいだろ別に家の中でくらい」

妹「家の中だって、限度があるでしょー」

兄「ないない、そもそも誰に見られるわけでもないし」

妹「私がいるでしょー」

兄「別にパンツ一丁の姿を妹に見られてもなんとも思わないぞ」

妹「そんなもんなのか」

兄「あぁ、そんなもんだ」

妹「で、今現在パンツもはいてないおにぃはどんな風に感じるの?」

兄「………」モジモジ

妹「はい、モジモジしない」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[需要無いか…] 投稿日:2010/08/31(火) 11:26:43.97 ID:I/+iPRSy0
兄「おーい、妹ー」

兄「妹ー?」

兄「おーい?」

兄「あれ?」

母「ん?」

兄「妹は?」

母「妹なら、友達と遊びに出掛けてるわよ」

兄「そっか」

母「どうでもいいけど、パンツくらいはきなさいよ」

兄「…」

母「あんたの粗末なものは見るに堪えないのよ」

兄「…」

6 名前:ひっそりやります…[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 11:31:48.66 ID:I/+iPRSy0
兄「おーい、妹ー」

妹「ん?なにー?」

兄「お、帰ってたか」

妹「え?」

兄「え?」

妹「帰ってたかって?」

兄「友達と遊びに出掛けてたんじゃないのか?」

妹「え?今日はずっと部屋にいたけど」

兄「え?だって、オカンが…」

母「可愛い妹ちゃんにアンタが近付かないようにしただけよ」

兄「…」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 11:39:30.75 ID:I/+iPRSy0
妹「おにぃ、テレビ見てる?」

兄「いや、見てないけど」ペラッ

妹「じゃあ見たい番組あるから、チャンネル変えるねー」

兄「あいよ」ペラッ

妹「えーっと…2chだったかな」ピッ

TV「Aさんがふとルームミラーを見てみると…」

兄「…」ペr

TV「そこには青白い顔をしたじょs」プツン

妹「あ、ちょっと、何すんのおにぃ」

兄「いや、心霊特集とかホント無理まじ無理勘弁して下さいお願いします」

妹「部屋に行ってればいいじゃん」

兄「おま、こんな状態で部屋で1人でいるとかそれこそ愚の骨頂だろうふざけんな」

妹「あぁもうめんどくさいなこいつ」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 11:46:18.62 ID:I/+iPRSy0
妹「んー、喉乾いた…」

妹「…ん……ひっ…いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっぁぁぁっぁあっぁぁ!!」

兄「ど、どうした!?」

妹「そ、そこ!!」

兄「ん?…ひっ…いやああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

母「ちょっと!うるさいんだけど!」

妹「ご、ごきぶりが……」

母「ん?あら、ほんと…てい」バシン!

妹「うぅ…気持ち悪いよぉ…」

母「ちょうど手頃な所に枕が落ちてて助かったわ」

兄「それ俺の枕じゃね?手頃なところもなにも、俺の部屋に置いてあった枕じゃね?」

母「さ、寝るわよー」

妹「はーい」

兄「ねぇちょっと今まさに寝るための道具が失われた俺はどうすればいいの?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 11:50:22.51 ID:XxK4d/fd0 [1/3]
寝ている妹の部屋に侵入


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 11:56:55.30 ID:I/+iPRSy0
兄「…」コソコソ

妹「…ん……スー…スー…」

兄「…あった!」

妹「…ん…?…おにぃ?」

兄「あっ…」

妹「…なんで私のぱんつ手に持ってんの?」

兄「え?あー…いや、ちょっと…被りたくなって」

妹「…言い訳はいいから、本当は?」

兄「いや、本当に被りたくなったんだけど」

妹「…良く考えたら言い訳にすらなってなかったね」

兄「おうよ」

お題
>>12

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/31(火) 12:03:31.23 ID:2l5fRa0qP
ケンカ


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 12:12:20.52 ID:I/+iPRSy0
兄「いい加減にしろ!」

妹「…」

兄「お前のそういうところは、昔からダメなんだ!」

妹「…」

兄「もう高校生になるんだから、いい加減ちゃんとしたらどうだ!」

妹「…」

兄「大体近頃の若い者ときたら…うんたら」

母「なに騒いでんの?」

妹「ん、わかんない、なんか独り言みたい」

兄「え?」

母「やぁねぇ、暑いからかしら…」

妹「あはは、かもねー」

兄「…え?」

飯食うのでちょい遠目にお題
>>15

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 12:24:21.35 ID:SOX+maEyO [1/13]
夜中にトイレに起きてきた妹が寝惚けて兄のベッドに潜り込み
兄は夢で未来の嫁とイチャイチャしててそれが寝相に現れ妹の身体をまさぐってると
妹が目を覚ましこれから先は頼んだ


18 名前:ごちそうさま[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 13:10:48.27 ID:I/+iPRSy0
妹「んー…といれ……」



…ジャー…ガチャ…バタン

妹「んー…ふとん……」

妹「…」モゾモゾ

兄「…くかー…くかー…」

妹「…なんかあったかい……まぁ…いっか……」

兄「…くかー…くかー…」

妹「……………………スー…スー…」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 13:14:15.40 ID:I/+iPRSy0
女家『うふふ、捕まえてごらん♪』

兄『まぁぁてぇぇぇ!こ~いつぅぅぅ!』

女家『あん♪まだまだよ♪』

兄『むむ…すばしっこいなぁ…負けないぞぉ~☆』

女家『うふふふふ~♪』

兄『あはははは~☆』

女家『よーし、ちょっと本気出しちゃうぞぉ~』

兄『望むところだぁ~』

ダッ

兄『え、ちょっ、早っ』

兄『ま、待っていやほんと冗談とかじゃなくて本気で待ってっておい』



兄「…うーん…うーん……」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 13:16:22.25 ID:I/+iPRSy0
ガシッ

女家『あんっ♪捕まっちゃったかぁ…』

兄『はぁはぁ…ぜぇぜぇ…』

女家『うふふ、兄くんには勝てないなぁ』

兄『はぁはぁ…ぜぇぜぇ…』

女家『あんまり…手荒なコトしないでね?』

兄『はぁはぁ…ぜぇぜぇ…』

女家『でも、兄くんになら…されてもいいかな…なんてね☆』

兄『はぁはぁ…ぜぇぜぇ…』



兄「はぁはぁ…はぁはぁ…」

妹「…んー……なんか…あつくるし…むにゃ……」

22 名前:>>20 兄に嫁なんて勿体ないと思いまして…[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 13:19:51.29 ID:I/+iPRSy0
兄『と、とりあえず…』

女家『うん?』

兄『お…おっぱい…揉みたいです…はぁ…はぁ…』

女家『もう…兄くんのえっち…けど、いいよ…兄くんになら』

兄『…い、いいんだ!ひゃっほーい!』

女家『くすくす…兄くん、可愛い』

兄『よ、よーし、おにいちゃん揉んじゃうぞぉ!』

女家『ん…優しく…ね?』



兄「…ふひ……」むにゅ

妹「……ん………』

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 13:23:37.37 ID:I/+iPRSy0
兄『あぁぁ…柔らかいよぉ……』

ムニュムニュムニュムニュ

女家『ん……ふ……』

兄『たまらんです』

ムニュムニュムニュムニュ

女家『ん…気持ち…いいかも……』

兄『ぐひひ…そうだろそうだろ?』



兄「…ぐひ…ぐひ…」

むにょん むにょん むにょん

妹「…ん……んん……う…ん?」

むにょんむにょんむにょん

妹「…っ!?ちょっ!?やっ!!なに!?」

24 名前:昼間っから何書いてんの…死にたい…[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 13:28:27.40 ID:I/+iPRSy0
むにょん むにょん むにむにむにょん

妹「んっ…やっ……ここ…おにぃの…部屋?」

兄「はふっ…うひぃぃ…ぐへへ」

妹「あっ…おにぃの…汚らしい笑い…ん…声…」

兄「げひっ……んふふふふ…」

むにょん むにょん むにむにむにょん

妹「あっ…んっ…ふっ……ちょっ…やめっ…」

兄「た…たたた…たまらんですはい…」

むにょん むにょん むにむにむにょん

妹「ん…んん…い…いいかげんに…して!!」

ドガスッ

兄「っっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっ!?!?!?!?!?!?」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 13:32:40.83 ID:I/+iPRSy0


……

兄「ってとこで目が覚めちゃってさ」

妹「夢の中でも寝てたの?器用だね変態さん」

兄「いやぁ、なんだろう、自分自身を見降ろしてるような?幽体離脱的な?視覚だったけどね」

妹「へぇ、そうなんだ、気持ち悪いね変態さん」

兄「で、目が覚めたら当然妹はいるわけなくて」

妹「夢なんだから当り前でしょ、現実見ろよ変態さん」

兄「でも不思議とこう鳩尾辺りに痛みが残ってるんだよなぁ…リアルな夢だよな」

妹「夢と現実がごっちゃになってるんじゃん?良い歳こいて大丈夫ですか変態さん」





妹「夢じゃないっての、ばーか」

28 名前:忘れてた[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 13:33:27.06 ID:I/+iPRSy0
お題
>>30

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 13:35:39.13 ID:SOX+maEyO [2/13]
良かった、thx

安価↓

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 13:39:04.05 ID:SOX+maEyO [3/13]
庭先でビニールプールで遊んでる兄と妹
水鉄砲バトルが白熱して足を滑らせ妹に倒れ込む兄
妹の胸に顔を押し付けこの先は頼んだ


32 名前:ID:SOX+maEyOの細かさときたらもう[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 13:43:16.90 ID:I/+iPRSy0
兄「そりゃあああ」バシャバシャ

妹「きゃっ…つめたぁぁい」

兄「あははは、そりゃそりゃー!」バシャバシャ

妹「もう、おにいちゃんやめてよぅ!」

兄「やめませんよーだ!」バシャバシャ

母「妹ちゃん、これを使うのよ!」

妹「あ、ママぁ…ありがとぉ!」

カシャン…ビュー!!

兄「わぶっ…!?」

妹「あははは、おにいちゃん、変なおかおー」

母「…ふふ…ほほえましいわね…」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 13:45:13.98 ID:I/+iPRSy0
妹「それそれー!」

びゅーっ!びゅー!どびゅ!

兄「あばばばばばば!ちょっ…まっ…」

妹「待ちませーんよーだ」

どぴゅ!どぴゅ!どぴゅ!

兄「あぶぁるあああああああああ!あっ!?」

ツルッ

妹「ふぇ?」

ドシャーン

母「兄くん!?妹ちゃん!?大丈夫!?」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 13:48:26.34 ID:I/+iPRSy0


母「ってな感じで、この虫けらが妹ちゃんの大事な胸に倒れこんだのよね」

妹「なるほど…その時出来た痣が、今も残ってるんだ」

母「そ、病院でも異常はないって言われたし、なんで消えないのか不思議よねぇ」

兄「時に母上」

母「なに?」

兄「もしや私は顔面から突っ込んだのではあるまいか?」

母「そうね、思いっきり顔を胸に埋めてたわよ…まぁ、子供だから胸なんてなかったけど」

兄「なるほど…その時の激しい衝撃が元で、今のこんな顔になったわけだ」

母「いや、それは生まれつきでしょ」

兄「…」

母「安心しなさい、若いころのお父さんにソックリだから」

兄「…」

お題
>>35

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 13:51:13.34 ID:SOX+maEyO [4/13]
良かった、thx


信楽焼きの狸、東京スカイツリー
を使って腹が減るSSを頼む


38 名前:なんという無茶振り[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 13:59:40.26 ID:I/+iPRSy0
TV「本日未明、建設中のスカイツリーより信楽焼きの狸が投身自殺を謀りました」

兄「…」

妹「…」

TV「警察では、信楽焼きの狸がどのようにスカイツリーに侵入したのかとともに」

兄「…」

妹「…」

TV「投身自殺を謀った動機についても調べを進めていくそうです」

兄「…」

妹「…」

TV「続きまして、各地で評判の駅弁を集めたお祭りの模様をお伝えします」

兄「お、美味そう…腹減ったな」

妹「そうだねぇ」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 14:00:41.54 ID:I/+iPRSy0
お題
>>42

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 14:08:01.06 ID:fnibJG8M0 [1/9]
海に行くがクラゲばっかり

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/31(火) 14:12:51.99 ID:SYsC2qgN0 [5/6]


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 14:23:10.32 ID:I/+iPRSy0
兄「妹!海いこうぜ!」

妹「へ?お盆も過ぎたこの時期に?」

兄「だからこそ空いているんじゃないか!」

妹「まぁ、それはそうだろうけど…」

兄「よし!納得したところでれっつごー!」

妹「ちょ、ちょっと!まだ用意もなにもしてないよ!」

兄「大丈夫だ!妹の分はおにいちゃんが用意しといた!」

妹「…へぇ…全部?」

兄「おう!おにいちゃんエライ!」

妹「…水着とか…換えの下着とかも…?」

兄「もちr………いや、あの…」

妹「…ふーん」

兄「待て妹早まるなさすがに文鎮は人が死ねるくらいの威力を備えている」

妹「…ふーん」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 14:27:04.11 ID:I/+iPRSy0
兄「着いたー!」

妹「はぁ…元気だねぇ」

兄「当たり前だろ!海だぞ海!これが元気にならずにいられるか!」

妹「まぁ、気持ちはわかるけど…なんか海に来るとテンション上がっちゃうもんね」

兄「だろだろ!?そうだよね!!」

妹「うん…そうだね、そりゃ骨折してようが元気にもなるよね」

兄「いやぁ、わかってもらえてなに…え?骨折って?」

妹「全力の文鎮を腕で受け止めて、無事だと思ってたの?」

兄「え?折れてんの?これ」プラーン プラーン

妹「いや、見た目的にも完全にアウトじゃん」

兄「え?まじで?…泳げないじゃん」

妹「心配するのがそこだけなおにぃは、ちょっとだけ尊敬するよ」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 14:28:45.30 ID:I/+iPRSy0
妹「じゃ、荷物番よろしくねー」

兄「え、あ、うん…」

妹「あはは、楽しくなってきたよー」

ダダダダダ

兄「…ははは……」

兄「…」

兄「…荷物番とか……」

兄「…病院、行くべきじゃね?」

兄「…」

兄「…あつい……」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 14:31:46.07 ID:I/+iPRSy0


……

妹「おにぃ~!」

ダダダダダ

妹「面白いもの見つけたー!」

妹「って…うわ、こっちも面白いことになってる」

兄「……あ…つ…」

妹「うわぁ…おにぃ、真っ黒……というか、真っ青だね」

兄「…し…ぬ……み…ず……」

妹「え?なに?清水がどうしたって?」

兄「み……ず……」

妹「あー…今手元にないから、これでいっか」

ヒョイッ…びちゃっ

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 14:36:06.38 ID:I/+iPRSy0
兄「…あぁ……なんだかひんやり…」

兄「それでいて…とても湿っていて…生き返るなぁ……」

兄「……キモチイイ……」

妹「喜んでもらえて良かったよー」

兄「…」

…チクッ

兄「っっっ!?!?!?!?!?!??」

兄「いっっっっっでええええええええ!!!!!!!」

妹「んー?どうしたの?」

兄「どうしたもこうしたもなんかチクって眼の上辺りが…」

兄「……あの、妹さん」

妹「うん?」

兄「…これは?」

妹「くらげ、かなぁ」

兄「くらげ、だねぇ」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 14:38:19.58 ID:I/+iPRSy0
兄「あのね妹ちゃん」

妹「なにー?」

兄「クラゲってね、毒持ってて刺されたりしちゃうんだよ?」

妹「えー?そうなのー?知らなかったー!怖いなー」

兄「…」

妹「…」

兄「ねぇ、妹ちゃん」

妹「なーにー?」

兄「なんで両手にゴム手袋してんの?」

妹「なんでって、くらげ持ってくるのに危ないじゃん」

兄「…」

妹「やだなぁ、それくらい常識でしょー」

兄「…どうしよう、確信犯だこの子」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 14:40:53.01 ID:I/+iPRSy0


……

母「あはははははははははは」

兄「…」

妹「あはははははははははは」

兄「あの…」

母「ちょっ…こっち見ないでよあはははははははは!!」

兄「いや…」

妹「おいわさん…ぷっ…みたあははははははははははははは!!」

兄「いやお前のせいじゃ…」

母「ひーーもうだめぇーー!!あはははははははは!!」

妹「ぷっ…ぷぷぷあはははははははははははははは!!!」

兄「…」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 14:44:10.24 ID:I/+iPRSy0
兄「いや、笑い事じゃなくてな」

母「な、なによ真剣な…ぷっ…顔……ぷふっ…」

妹「おかーさん…ぷぷっ…笑ったら…あはは…だめ…ぷっ…」

兄「……いや、あのね、ちょっと事の重大さを考えて欲しいなーと」

母「…ふぅ…、事の重大さ?」

兄「そう…クラゲに刺されるのって、アナフィラキシーショックとかあって危ないらしいじゃん」

母「あら、そうなの?」

妹「へぇ…またネットの情報」

兄「いや、まぁ、そうだけどさ…」

兄「俺が昔クラゲに刺されたことがあったら、大変なことになってたかもしれないんだぞ?」

母「あら、あるわよ?」

兄「…へ?」

母「昔クラゲに刺されたこと」

兄「…へ?」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 14:46:13.91 ID:I/+iPRSy0
妹「…え?」

兄「…まじ?」

母「大マジ…って…あら、妹ちゃんも知らなかったんだっけ」

妹「うん…初耳」

母「まぁ二人ともちっちゃい時だったからねぇ」

兄「えと……じゃあもしかして俺、危なかった?」

妹「…」

母「あぁ、それは問題なし」

兄「へ?」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 14:48:13.13 ID:I/+iPRSy0
母「昔刺された時大騒ぎになって、病院で色々検査までしてもらったのよ」

母「そしたらねぇ…普通は抗体が作られるらしいのね」

兄「あぁ、それがアナフィラキシーの原因だとかどうとか」

母「でもね、あんた抗体作られてなかったみたいよ?」

兄「…へ?」

母「おっかしいわよねぇ、あんた人間じゃないのかしらねあはははは」

兄「いや、それこそ笑い事じゃぁ…」

妹「そっか…じゃあ、悪ふざけで済んだんだね…良かった」

兄「いや、どちらにしろ悪ふざけのレベルは余裕で超えてると思うんだが…」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 14:50:30.99 ID:I/+iPRSy0
母「そんなことよりさー」

兄「そんなことで片付けられちゃうんだぁ」

母「あんた、その腕どうしたの?」

兄「へ?」

妹「…あ」

兄「…」

母「それ、どう見ても折れてんじゃない?」

兄「…」

母「早目に病院行った方が良いと思うわよー?変な形でくっついちゃうかもしれないし」

兄「…忘れてたあああああああああああああああああああああ!!!」

妹「…変な形でくっついちゃえばいいのに…そしたら…」

母「ん?妹ちゃん、どうかした?」

妹「んーん、なんでもないよー」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 14:51:17.95 ID:I/+iPRSy0
お題
>>62

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/31(火) 14:54:40.65 ID:hrc2tI190 [2/16]
夢の中で触手に襲われる妹と母
その触手を操ってるのは男で触手の感覚は男の男性器に伝わる
後は任せた


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 15:04:08.00 ID:I/+iPRSy0
兄「あぁ…いてぇ…」

兄「くっそ、妹め…」

兄「…明日起きたら病院に行こう」

兄「とりあえず今日は忘れるためにもう寝るか…」

兄「…」

兄「…」

兄「…」

兄「…」

兄「…痛くて眠れん」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 15:07:32.36 ID:I/+iPRSy0
兄「あぁもう…眠れねぇよぉ…」

兄「…」

兄「…そうだ、なんか楽しいことでも考えてよう」

兄「そしたらきっと痛みも忘れてそのまま眠れるハズ…」

兄「楽しいこと楽しいこと…」

兄「…」

兄「ぐひっ…」

兄「…」

兄「どぅふふふ…」



妹「うわぁ…なんかおにぃの部屋から聞いちゃいけないような笑い声が聞こえる…」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 15:10:48.94 ID:I/+iPRSy0
ウニウニウニウニ

母『ちょ、ちょっと!なにこれ!?』

妹『いやあっぁぁぁ!なんかヌメヌメしてるよぉ!!』

兄『ふひひ…人のこと散々馬鹿にしやがって…』

妹『ば、バカになんてしてないよっ!』

母『そうよ!それに実際馬鹿じゃない!早く離しなさい!』

兄『オカンは少しは媚びようとか思わないのか』

母『思うわけ無いでしょ!』

妹『おかーさんカッコイイ!』

兄『あははははお前らいい度胸だ』

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 15:14:07.37 ID:I/+iPRSy0
妹『ひっ…やっ…ちょ、ちょっと!どこ触ってんのよ!』

兄『どこって…胸だろ?どう見ても』

母『ちょっと!可愛い妹ちゃんに何すんの!やめなさい!』

兄『あーはいはい、オカンもちゃんと可愛がってやるからちょっと待てって』

母『うわぁ…あんた…実の母親に向かって可愛がるとか…』

兄『いや、急に冷静になられても…』

妹『おにぃ…ちょっとそれはさすがに私もひくよ…』

兄『う、うるさいやーい!!』

ウネウネウネウネウネ

妹『やっ!?にゃあああああぁ!?!?』

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 15:17:36.67 ID:I/+iPRSy0
兄『ふひひ…妹がにゃああだってよ…ぐへへへへ』

妹『わ、私だって言いたくて言ってるんじゃないわよ!』

妹『おにぃの夢だから、おにぃの妄想がそう言わせてるんでしょ!』

兄『あ、ごめん、そういう冷める発言は控えてくれると嬉しいなぁ』

ウネウネウネウネウニョリンコ

妹『んんんっっっ…あっ……やっ…だめ……』

母『こら!虫けら!早くほどきなさい!』

兄『虫だけに無視…なんつってぐへへへへへへへへ』

妹『…』

母『…』

兄『…』

73 名前:だから真昼間から俺は何を…[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 15:21:03.10 ID:I/+iPRSy0
兄『うひひひ…妹ぉ、感じてるんじゃないかぁ?お?濡れてそうだぞ?』

母『あ、こら!何ごともなかったかのように再開すんな!』

妹『やっ…し、下着の中に入ってくんなあぁぁぁぁぁ!!』

ニュルリンパ

妹『ひっ…!?』

ヌチョッ

兄『ふひひひひ…濡れてるじゃんか…』

妹『ぬ、濡れてなんかないわよ!ばかぁ!』

母『…こ、これは…』

兄『ふひひ…体は正直なようだなぁ…どぅふふ』

妹『やっ…!だめ!触らないでぇ!』

母『…えろいわね』(キラーン)

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 15:25:11.31 ID:I/+iPRSy0
兄『おうおう、もうすんなり入りそうなくらい濡れておるのぅ』

ヌチョル ヌチョル

妹『ちょ、ちょっとおかーさん!この変な口調の変態になんとか言ってよ!』

母『…ぱす』

妹『…へ?』

母『ごめんね妹ちゃん、ちょっと母は傍観することにしたわ』

兄『ほぉ…珍しく言い心掛けだなぁ』

妹『な、なんで!?もしかしておにぃに屈したの!?』

母『いや、だって、妹ちゃんエロいし』

妹『…はい?』

母『エロい妹ちゃんが見れるんなら、黙ってるべきでしょ』

兄『あ、俺この人の息子だなぁ』

76 名前:エロは苦手です…[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 15:30:33.35 ID:I/+iPRSy0
妹『ちょ、ちょっと!ふざけないでこっちは本気で嫌なんだから!』

母『ふざけてるのはどっちよ!エロい妹ちゃんを見ないで、母としてやってられるわけないでしょ!』

兄『ごもっともです!お母様!』

妹『あぁもう嫌なにこの親子ぉぉぉぉ』

母『妹ちゃんにもこの血は受け継がれてるから安心して』

妹『心底死にたくなってくるわよ…』

兄『さて、じゃあお母様のご期待に添えるためにも再開、っと』

ウニウニウニ…ウニュルン

妹『ひぐっ!?…っ…んっ……やぁ……』

母『…入った?』(キラーン)

兄『…入りました』(キリッ)

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 15:35:14.97 ID:I/+iPRSy0
妹『ひぅ…ひどいよ…初めてだったのにぃ……』

母『あら、そうなの?』

兄『…まぁ、俺の中の設定ではそうなってるな』

妹『初めては…好きな人にって…』

兄『へぇ…鬼畜な妹でも結構乙女な考え持ってんだなぁ』

母『あんた、妹ちゃんをバカにした発言は許さないわよ?』

兄『はい、すいません』

妹『…初めては、おにぃにって思ってたのに!!こんな触手にやられるなんてっ!!』

兄『…え?なにこの夢のような展開』

母『いや、夢だし』

兄『あ、はい』

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 15:39:30.67 ID:I/+iPRSy0
兄『妹…』

妹『おにぃ…』

母『あれ?なんか私体薄くなってきてるけど』スーッ…

兄『あ、ごめん、ちょっと退場してもらおうかと』

母『あんた目が覚めたら覚えてなさいよ?』スーッ…フッ…

兄『俺の夢なのに脅迫されるとかどうなのよ』

妹『これで…二人きりだね…』

兄『あぁ…邪魔者はいなくなった』

妹『触手も消してくれたんだ…』

兄『あぁ…愛する妹は、俺自身で可愛がってやらないとな…』

妹『…ありがと』ニコッ

兄『なぁに、お安いご用うだz』

ドッガッ!!!!!

兄「っっっふぐぅっ!?!?!?!?」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 15:42:16.22 ID:I/+iPRSy0
兄「なっ…なんだ!?!?何ごとだ!?」

妹「あのね、おにぃ」

兄「お、おう、妹…あれ?なんで俺足蹴にされてんの?」

妹「なんの夢見てたんだか知らないけどね…」

兄「え?夢?あぁ、そうだな、夢だったな」

妹「おっきぃ声で私の名前呼んで…」

兄「え?ぼく寝言口走ってたの?」

妹「しかも窓全開で…」

兄「そりゃだって暑いし」

妹「ご近所に勘違いされるでしょ?いい加減にしてね?」

ギリギリギリギリ

兄「あぁ、これ逆らったら殺されるフラグだねわかりましたごめんなさい二度としません」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 15:45:31.91 ID:I/+iPRSy0
妹「まったく…ほんと変態さんなんだから…」

兄「…あ」

妹「…ん?」

兄「…非常に言いにくいんだけどな」

妹「…なに?」

兄「…パンツがぬちょってる」

妹「…は?」

兄「いや、だからね、俺のパンツがね、なんだかとっても良い感じにヌメってるのよ」

妹「…」

兄「おにいちゃん、この歳になって夢精しちった☆てへっ」

妹「…」

ギリギリギリギリギリギリギリギリ

兄「あ、だめだこれ死ぬわ」

ポキッ

81 名前:ちょいと休憩しつつ[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 15:46:32.13 ID:I/+iPRSy0
お題
>>90

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/31(火) 16:01:21.51 ID:hrc2tI190 [7/16]
妹の友達が男に惚れて妹が焦る
その後妹の友達が男に告白して男が返事しようとしたら妹が乱入
後は任せた


94 名前:男って兄だよね?[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 16:10:37.63 ID:I/+iPRSy0
医者「お大事にー」

妹「はぁ…なんで私がおにぃの付き添いに来なきゃならないのかなぁ」

兄「病院に来る原因を作ったのが妹だからじゃないか?」

妹「大体、その程度で病院にくるのがおかしいのよ」

兄「両腕骨折で病院に来ない方がおかしいと俺は思う」

妹友「お?妹ちゃーん!」

妹「え?あ…友ちゃん」

兄「ん?友達か?」

妹「う、うん…そうだけど…」

妹友「どうしたのー?病院から出て来て…って、えーと」

兄「どーも、初めまして。妹の兄です」

妹友「あ、は、はい…あの、は、初めまして!!」

妹(…あーあ…)

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 16:14:15.02 ID:I/+iPRSy0
妹友「ちょ、ちょっと妹ちゃん!」

妹「んー…なにー…」

グイッ グイッ

妹「ちょっとあんま引っ張らないでよなんなのー?」

妹友「お兄さん…めっちゃカッコイイじゃん!」

妹「…えー?そうかなぁ?」

妹友「そうだよ!妹ちゃんがボロクソに言ってたから、それはそれで興味あったんだけど…」

妹「んー…見た目は知らないけど、ただの変態だよぉ?」

妹友「あれなら変態でもアリでしょ!」

妹「んー…どうだろうねぇ…」



兄「…楽しそうだなぁ…なんの話してんだろ」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 16:17:24.31 ID:I/+iPRSy0
妹友「あのー」

兄「ん?」

妹友「どっか悪いんですか?」

兄「え?」

妹友「妹ちゃんから聞いたんですけど、お兄さんの付き添いだって」

兄「あぁ、まぁ…というか、今の質問本気?」

妹友「え?はい、まぁ、一応…」

兄「この両腕のギプスが本気で目に入ってないなら、大したもんだよ」

妹友「あぁ!ホントだ!どうしたんですかそれ!?」

兄「…いm…いや、まぁ、ちょっとね」

妹(…イ…ウ…ナ……)

兄(…これが…アイコンタクト……ッパネェ…)

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 16:20:53.43 ID:I/+iPRSy0
妹友「けど両腕使えないんじゃ、大変ですよねぇ」

兄「そうだなぁ…考えてなかったけど、色々大変そうだな」

妹友「食事とかお風呂とか…普段の生活もままならないですもんね」

兄「あー…夜のお仕事とかもね」

妹友「?夜のお仕事?お兄さん、夜のお仕事してるんですか?」キョトン

兄「…うわぁ、そんな目で見ないでくれ……」

妹「…ばーか」

妹友「あ、そうだ!お兄さん、お昼食べました?」

兄「いや、まだだけど…」

妹友「じゃあどこかに食べに行きましょうよ!私が食べさせてあげます!」

兄「え…あー…そりゃ嬉しい提案だが…妹、どうするよ?」

妹「…さぁ?好きにしたら?」

100 名前:>>98 すまない…俺もまさか兄がリア充になるなんて…[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 16:23:59.42 ID:I/+iPRSy0
兄「んー…じゃあ、せっかくのお誘いだし、甘えちゃおうかな」

妹友「はい!ぜひ甘えてください!」

兄「妹はどうする?…俺の世話なら気にしないで、帰っても平気だぞ?」

妹「なに言ってるの行くに決まってるじゃない」

妹友「あれ?そうなの?…ふーん」

兄(…あれ…仲悪いのかなこの子たち)

妹「あ、当り前でしょ!それにおに…兄さんの荷物だって私が持ってるんだから!」

兄「あー、そういやサイフもその中だな」

妹友「ふーん…えいっ」ヒョイッ

妹「あっ」

妹友「私が持つから、妹ちゃんは帰っても平気だよー?」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 16:26:45.53 ID:I/+iPRSy0
妹「か、帰らないってば!」

妹友「え?そうなの?なんでそんな必死なのかなぁ」

兄「まぁまぁ、3人で仲良くお昼に行けばいいじゃん」

妹友「そうですよね!そうしましょう!」

妹「…手のひら返し過ぎ」ボソッ

妹友「悪いけど、本気で狙っちゃうからね」ヒソヒソ

妹「…趣味悪」ボソッ

妹友「邪魔はしないでよねー?」ヒソヒソ

妹「…ふん」

兄「おーい?どうしたー?行くぞー?」

妹友「あ、はーい!なんでもないです、いきましょ!」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 16:29:46.36 ID:I/+iPRSy0


……

店員「いらっしゃ………いませー」

兄「なんで今止まったの?ねぇ」

店員「お客さまは…3名でよろしいですかー?」

兄「よろしいですけど、なんで止まったの?って」

店員「野郎1人に、可愛い子2人連れで間違いないでしょうかー?」

兄「言ってることは正しいけど、その質問必要なの?」

店員「お客様方はどういった御関係でしょうかー?」

兄「いいから早く案内しようよ」

店員「…チッ…あちらのお席をどうぞー」

兄「…あれ、俺今あからさまに舌打ちされたのかな」

104 名前:>>102 >>102 >>102[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 16:33:13.88 ID:I/+iPRSy0
兄「ふぅ…あー、聞いてなかったけど、ファミレスなんかで良かったの?」

妹友「はい!全然問題ないですよ!」

妹「女の子2人も連れてファミレスとか、さすがおに…兄さんだよね」

兄「…無理しないでいつも通り呼べばいいのに」

妹「なに?」

兄「なにも」

妹友「…仲良いですねー」

兄「本気でそう見えるなら、妹はすごい奴なんだな」

妹「…どういう意味かなぁ?」

妹友「えー?とっても仲良く見えますよー?」

妹「そんなことないってば」

兄「うん、このうd…いや、うん、そんなことないよ」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 16:37:40.52 ID:I/+iPRSy0
兄「それより何食べようか?」

妹友「あ、そうですね…えーと、メニューはっと…」

兄「ん、そこにあるね…よいしょっと…」グイッ

兄「ん?」

妹「取るからじっとしてなよ」

兄「あー…そうか、すまん」

妹友「…」

兄「あー、これ美味そうだな」

妹友「あ、ホントですね!私これにしようかなぁ…」

妹「あ、兄さん、ドリアあるよ」

兄「まじで!?じゃあ俺ドリア!絶対ドリア!何が何でもドリャー!」

妹「…少し頭冷やそうか?」

妹友「…」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 16:40:33.49 ID:I/+iPRSy0
ポンポロリ~ン

兄「…変な音」

店員「呼んだか?」

兄「え?」

店員「いえ、お呼びですか?」

兄「あ、あぁ、はい、えーと…これとこれと…あと、これください」

店員「はい、かしこまりました…ところで」

兄「はい?」

店員「お客様のご注文なさったメニューはどれでしょうか?」

兄「え?なんで?」

店員「いえ、ちょっといやがr…特別サービスをしようかと思いまして」

兄「うん、普通に怖いからいらない」

店員「…チッ…では、もう少々お待ち下さいませー」

兄「…なんなのあの人怖いんだけど」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 16:43:06.38 ID:I/+iPRSy0
妹友「あ、私ちょっとお手洗いに…」チラッ

妹(…はいはい、私もね)

妹「あ、じゃあ私もちょっと行ってくるよ」

兄「はいはいっと」



妹「なーに?」

妹友「あのさ、妹ちゃんって…お兄さんのこと好きなの?」

妹「は?何言ってんの?そんなわけないじゃん」

妹友「ならさ、私今から告るから」

妹「…え?」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 16:46:57.50 ID:I/+iPRSy0
妹「い、今からって…今日知り合ったばっかりじゃん!」

妹友「ちょ、声おっきいって…うん、そうだけど、なんか問題ある?」

妹「問題もなにも…兄さんのこと全然知らないでしょ!?」

妹友「そんなの付き合ってから知っていけばいいじゃん」

妹「…悪いことは言わないから、やめといたほうがいいよ?」

妹友「私の恋愛なんだから、私の勝手でしょー」

妹「…後悔しかしないと思うけどなぁ…」

妹友「もういいから、とりあえず告るのは確定!」

妹「…はぁ」

妹友「で、今すぐ告るから、妹ちゃんはちょっと時間潰してから来てね!」

妹「…はぁ!?そ、それじゃ私がトイレでふんばってるみたいじゃない!」

妹友「別に兄妹なんだからどう思われてもいいでしょ?嫌なら化粧ってことにしとくよ」

妹「まだ化粧の方がマシだよ…」

妹友「じゃ、そういうことにしとくー」ギィ…バタン

妹「あ、ちょっと!…えー?」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 16:50:16.25 ID:I/+iPRSy0
妹友「お待たせしましたー」

兄「お?おかえりー…あれ?妹は?」

妹友「あ、なんかお腹の調子悪いみたいで…って、食事前にする話じゃありませんでしたね」

兄「あぁ、あいつ便秘気味だからなぁ…って、俺も自重するとこだね、ごめんごめん」

妹友「いえいえ、いいんですよー、あはは」

兄「えーと…友ちゃん、だっけ?」

妹友「あ、は、はい!」

兄「妹とは結構仲良いの?」

妹友「はい!もう親友と呼んでも差し支えないくらいです!」

兄「へぇ、そうなんだ…じゃあ、これからも仲良くしてあげてね?」

妹友「もちろんですよ!任せてください!」

兄(…これくらい言っておけば、後でお仕置きはされないだろう)

妹友(なによ…普通に良いお兄さんじゃない)

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 16:52:06.97 ID:I/+iPRSy0
妹友「あ、あの…お兄さん!」

兄「うん?」

妹友「あの…えと…い、今…お付き合いされてる方とかいらっしゃるんですか!?」

兄「え?お突き合い?」

妹友「はい!お付き合いです!」

兄「うーん、残念ながら…」

妹友「そ、そうなんですか!良かったです!」

兄「え?」

妹友「あ、いえ…」

兄「…」

妹友「…」

兄「…」

妹友「…あの」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 16:53:30.45 ID:I/+iPRSy0
兄「うん?」

妹友「お兄さんが良かったらなんですけど…」

兄「なになに?」

妹友「その……」

兄「ん?」

妹友「わ、私と……つk」

妹「お待たせー」

兄「おう、長かったな…スッキリしたか?」

妹「は?なに?死にたいの?」

兄「いえ、なんでもありませんすいません」

妹友「…」

113 名前:あぁ…男が返事しようとしたらか…間違えたorz[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 16:56:59.23 ID:I/+iPRSy0
妹「で?なんの話してたのー?」

兄「あぁ、そうだ、友ちゃん、なんだったの?」

妹友「い、いえ、別にたいしたことじゃないので」

兄「そう?友ちゃんが良いなら良いんだけど」

妹(…ぎりぎりセーフ、かな)

妹友(…妹ぉ…もうちょっと後にしてよぉ!)

店員「お待たせしやしたー…えーと、こちら、ドリアのお客様は?」

兄「ドリャー!ドリャー!はいはーい!俺!俺!俺様ですよー!」

店員「…やっぱドリアか…予想通り…」ボソッ

兄「…え?」

店員「ごゆっくりどうぞー」

兄「…え?」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 17:03:10.05 ID:I/+iPRSy0


妹友「ごちそうさまでした!すいません…私から誘っておいたのに奢ってもらっちゃって」

兄「いやいや、学生にお金を払わせるわけにはいかないって」

妹「変なとこでカッコつけ」

兄「なんだ?」

妹「別にー」

妹友「…あの、それじゃ私これで失礼しますね!今日は楽しかったです!」

兄「んー、俺も楽しかったよー、気をつけてねー」

妹友(あはは、送ってくれるわけない、か…)

兄「あー…でも、暗いし…送ってこうか?」

妹友「…え?」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 17:04:26.25 ID:I/+iPRSy0
妹「!?…ちょ、ちょっと、兄さん、母さんに買い物頼まれてたでしょ!」

兄「え?そうだっけ?あれ?」

妹友「あ、じゃあ良いですよー…家すぐ近くですし、大丈夫です!」

兄「あれ?でも、俺買い物行っても持てないけど?え?」

妹「じゃ、気をつけてー、また学校でねー」

妹友「…うん、またねー」

妹「ほら、兄さん、行くよー?」

兄「あ、う、うん…あっるぇ?」

妹友「…」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 17:07:03.20 ID:I/+iPRSy0


……

ブルルルルルルル

妹「ん?友からメール」

妹友
『今日は邪魔ばかりしてくれてありがとうございましたーっと!
とりあえず、妹ちゃんから聞いたってことにしとくからさ、お兄
さんのアドレス教えてよ!
まさか協力してくれないわけないよねぇ?』

妹「…はぁ……まぁ、いっか」

妹「…」

妹「…無断でいいや」

ピッ…ピッ…ピッ………………

お題
>>120

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/31(火) 17:10:03.73 ID:hrc2tI190 [11/16]
妹が告白される→断ったけどその男がストーかになって妹をストーキング
→妹が兄を彼氏役に抜擢→ストーカーに伝えると証拠を見せろと言われてキスを強要される
後は任せた


122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 17:20:47.38 ID:I/+iPRSy0
妹友
『はぁ…お兄さんとまったく進展しないんだけど…
なんというか…恋愛の対象にすらなってない感じ…

あ~あ…諦めて他の人狙おうかなぁ…どっかに良い男が転
がってないかなぁ…』


『だから後悔するって言ったでしょー?
諦めるのが正解だと思うよ?妹として忠告するけど。

良い男ねぇ…3組の男くんとかは?結構カッコイイと思うけど。
聞いた話だと、今彼女いないみたいだよー?』

妹友
『うーん…
まぁ…もうちょっとがんばってみるよ…

男くん?ダメダメ、だって男くんって妹ちゃんの事好きじゃん。
って…あれ?もしかして、知らなかったの?』

妹(…へ?)

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 17:23:42.29 ID:I/+iPRSy0


……

キーンコーンカーンコーン

妹(あー…眠い…)

妹友「お?おはよー」

ガチャ バタン

妹「あ、おはよー…」

ガチャ バタン ヒラヒラ

妹「…ん?」

妹友「ん?なになに?もしかして、ラブレターとか?」

妹「はは、まさか……うん、そのまさかみたい」

妹友「へぇへぇ、そうですか、妹様はおモテになることで」

妹「…はぁ、めんどくさい」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 17:26:09.57 ID:I/+iPRSy0
妹友「で?なんて書いてあんの?」

妹「んー……」ガサガサ…ピラ

妹「今日の放課後、屋上で…って…定番だねぇ」

妹友「へぇ…今時って感じだけどね」

妹「そうだね」

妹友「で、誰から?」

妹「あー、そういえば、名前書いてないや」

妹友「えー?大丈夫なの?それ」

妹「うーん…ちょっと怖いから、放課後付き合ってくれる?」

妹友「まぁ…そうだね、一緒に行くのも悪いから、陰で見てるよ」

妹「あはは、助かるよ」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 17:28:53.84 ID:I/+iPRSy0


……

ギィ…

妹「…」キョロキョロ

妹「…なんだ、誰もいないじゃん」

妹「…」

妹「人を呼び出しておいて待たせるなんて…まったく…」

男「ごめん!お待たせ!」

妹「あぁ、いえいえ、今来たばかりですんで…って、男くんじゃん」

男「あれ?俺の事知ってるんだ?」

妹「まぁ、そこそこ有名なもんで」

男「はは、それは微妙だけど、妹ちゃんに知っててもらえたのはうれしいな」

妹(…さわやか過ぎてうざいなぁ)

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 17:36:08.40 ID:I/+iPRSy0
妹「えーと…で、話ってのは…」

男「あぁ、うん…まぁ、大体予想はしてると思うんだけどね」

妹「まぁ、そうだね」

男「うん…俺さ、妹ちゃんのことが好きなんだ」

妹「そうですか…」

男「うん」

妹「はぁ…」

男「え…感想それだけ?」

妹「いや、まぁ、はい、そうです」

男「あ、あはは…えーとね…それで、良かったら俺と付き合って欲しいんだけど…」

妹「えーと…それは無理ですね」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 17:39:04.94 ID:I/+iPRSy0
男「あー…そっかぁ……」

妹「はい、ごめんなさい」

男「あはは、いいよ…妹ちゃんが悪いわけじゃないから、しょうがないよ」

妹「そう言ってもらえると助かります」

男「良かったらさ…ダメな理由も教えてもらえるかな?」

妹「えーと…(うわぁ、めんどくさ)」

男「もし俺にダメな理由があるなら、頑張ればなんとかなるかもしれないじゃん?」

妹「あー…男くんのせいじゃないですよ」

男「ってことは…あ、もしかして…彼氏いる?」

妹「あー…まぁ…そんな感じです」

男「…そっか…最初に聞くべきだったよね…はは」

男「じゃ、ごめんね!今日はわざわざありがと!じゃあね!」

妹「こちらこそ、ごめんなさい…さよなら」

136 名前:さるった…[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 17:57:25.74 ID:I/+iPRSy0


妹「はぁ…疲れた」

妹友「ちょっと」

妹「んー、友ー、疲れたよー」

妹友「ちょっとちょっと」

妹「え?なになに?」

妹友「妹ちゃん彼氏いたの?初耳なんだけど」

妹「え?いないよ?」

妹友「え?だってさっき…」

妹「あぁ…ああ言った方が、後腐れないかなぁって」

妹友「なんだ嘘か…驚かせるんじゃないわよ、まったく」

妹「ありゃ、ごめんごめん」

139 名前:妹の私物スレで時間潰してたりしてないよ[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 17:59:56.69 ID:I/+iPRSy0


……

男(妹ちゃんに彼氏…?)

男(…いるわけないだろ……)

男(ちゃんといないのは調べてから、告ってんだよこっちは…)

男(…嘘つかれたのか俺は)

男(…)

男(…ふざ…けんな…)

男(…俺をバカにするとどうなるか……)

男(…思い知らせてやんよ…ふひひ)

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 18:02:03.78 ID:I/+iPRSy0


……

妹友「んじゃ、私こっちだからー」

妹「んー、じゃーねー」

妹友「また明日ー」

妹「はーい」



妹「…うーん、寄り道してたらちょっと暗くなってきたな」

妹「…早く帰ろっと」

男「…妹ちゃん?」

妹「え?は、はい?」

男「あはは、やっぱり妹ちゃんだ」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 18:04:30.37 ID:I/+iPRSy0
妹「えっと、どうしたんですか?」

男「え?いや、ちょうど俺も帰るとこなだけだよ」

妹「え?だって、屋上で別れてから結構時間経ってますけど…」

男「あはは…恥ずかしいんだけど、やっぱショックでさ」

男「ちょっと友達連れて気分転換してたんだ…」

妹「あー…それは、どうもすいません…」

男「いやいや、ごめん、妹ちゃんを責めるようなつもりはないんだよ」

妹「はぁ…そうですか…あの…それじゃ、私はこれで」

男「あ、待って」

妹「…はい?」

男「もう暗くなるし、送ってくよ?」

妹「…いえ、大丈夫です…家すぐそこですから」

男「…そっか、そうだね…じゃ、またね!」

妹「はい…えーと…また?です」

144 名前:お家帰って良い?[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 18:07:48.72 ID:I/+iPRSy0


……

ガチャ バタン

妹「ただいまー」

父「おう、おかえり、遅かったな」

妹「んー、ちょっと友と遊んd…え?誰?」

父「久しぶりに会った第一声がそれとか父さん泣くよ?」

妹「え?おとーさん…?…あぁ、いたね、そんな人」

父「ごめん、もう耐えられないちょっとトイレ」

母「こらこら、あまり父さんイジメないの?その人本気で自殺しかねないくらい精神弱いんだから」

父「…」ダッ バタン

妹「おかーさんもなかなかのイジメっぷりだよ?」

母「あら、そう?ふふ」

148 名前:そろそろお家に…[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 18:17:58.99 ID:I/+iPRSy0
兄「お?妹、おかえりー」

妹「んー、ただいま」

兄「ん?なんか疲れてんな」

妹「そう?そんなことないよ」

兄「そうか?ならいいけど」

母「妹ちゃんが疲れてる?適当なこと言うなこの虫けらが」

兄「…」

父「兄…耐えるんだ…」

母「あら、もうトイレに籠らなくて平気なの?少しは成長したのかしらねぇ、ふふ」

父「…」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 18:21:42.72 ID:I/+iPRSy0


……

妹「それでさー、なんか帰りに男くんがいたんだよねぇ」

妹友『えー?あの時間にー?』

妹「うん…どう思う?」

妹友『うーん…待ち伏せしてた…とか?』

妹「ちょっと、怖いこと言わないでよ」

妹友『ごめんごめん、そもそも男くん妹ちゃんの家なんて知らないもんね』

妹「そうだよー…あれ?…そうだよね?」

妹友『ん?わかんないけど…特に教えてなければ、そうなんじゃない?』

妹「…」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
妹「…いえ、大丈夫です…家すぐそこですから」

男「…そっか、そうだね…じゃ、またね!」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

妹「…気にし過ぎ、だよね」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 18:26:53.10 ID:I/+iPRSy0
妹友『何を気にしてんの?』

妹「ん、いや、なんでもない」

妹友『そ?ならいいけど…それよりさ、お兄さんのことなんだけどさぁ』

妹「あ、ちょっと待って…なんか暑いからちょっと窓開けてくる」

妹友『んー、あいよー』

スタスタ ガラガラ

妹「…ん?」

ジーッ

妹「…」

ダッ

妹「!?…今…誰か…居た?」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 18:29:22.38 ID:I/+iPRSy0


妹「ねぇ、おとーさん」

父「ん?どうした?」

妹「今さ、外の電柱のトコに誰か居たっぽいんだよね…」

父「は?誰か?」

妹「うん…で、家の中をジーっと眺めてたような…」

父「はは、気のせいだろう、きっと」

母「おいそこのダメ親父、ちょっと外見て来いよ妹ちゃんが不安がってんだろわかんないのか」

父「はい、今すぐ!おい!兄!」

兄「へ?俺関係なくね?」

父「父ちゃん1人じゃ怖いんだから良いからついてこい」

兄「…あぁ、うん、そうだよね、親子だもんね」

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 18:31:38.11 ID:I/+iPRSy0


ガチャ バタン

兄「ふぃー…ただいまっと」

妹「お帰り、おにぃ…どうだった?」

兄「んー…特に誰も…な?」

父「あぁ、いなかったぞ」

妹「そっか…」

母「大丈夫よー、何かあったらうちの男どもを犠牲にしてでも妹ちゃんは守るから」

妹「うん、ありがとおかーさん」

兄「その発言で安心する妹もどうかと思う」

父「そうだな、男どもは恐怖のどん底にたたき落とされたしな」

157 名前:>>154 職場です[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 18:34:10.23 ID:I/+iPRSy0


……

妹「うー…眠い…」

妹友「うん?どうしたの?」

妹「昨日良く眠れなくてさぁ…」

妹友「へぇ…なんかあったん?」

妹「んー、ちょっとね…」

モブA「妹ちゃーん」

妹「あいー?」

モブA「3組の男くんが来てるよー」

妹「…なんで来るのかなぁ」

妹友「…見かけによらず、結構しつこいタイプなんだね」

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 18:38:42.24 ID:I/+iPRSy0


妹「それで…なんの用ですか?わざわざ中庭まで来て…」

男「あ、いや、大したことじゃないんだけどさ…」チラッ

妹友「んー?私お邪魔ですかー?」

男「あ、い、いや、別に良いんだけどね、うん」

妹「…大したことじゃないなら、戻っていいですか?」

男「あ、ちょっと待って…あのさ、これ…」

妹「…?なんです?これ」

男「いや、親戚から貰ったお土産なんだけどね…」

妹「はぁ」

男「良かったら家族で食べてよ、ちょうど4人分あるし」

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 19:10:33.31 ID:I/+iPRSy0
妹「…なんで私が4人家族だって知ってるんですかね」

男「え?あぁ、いや、ちょっと知り合いのつてで家族構成聞いといたんだ…」

男「あー…勝手に調べたりして、迷惑だったかな?」

妹「…いや、まぁ、別に」

妹友「…なーんか、気になるんだけど、ちょっといいかな?」

男「え?なに?」

妹友「男くんさ、そのお土産…あんまり日持ちしないよね?」

男「まぁ、見ての通り…洋菓子だから、日持ちはしないと思うけど

妹友「ねぇねぇ、妹ちゃん」

妹「うん?」

妹友「妹ちゃんのお父さんって、結構な有名人じゃなかったっけ?」

妹「まぁ…有名っちゃ有名かなぁ」

妹友「だよねー…それこそ、この学校の人間なら知らないハズないくらいだよね」

妹「まぁ…そうだね」

男「…なに?どうしたの?」

166 名前:次さるったら帰ります[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 19:13:32.71 ID:I/+iPRSy0
妹友「男くんも、もちろん知ってるよね?」

男「え?そりゃ、まぁ…さすがに俺でも知ってるよ」

妹友「どの辺りまで知ってんの?」

男「え?妹ちゃんのお父さんを?」

妹友「そーそー」

男「えーと…ぶっちゃけ、この学校の理事長だよね」

妹「まぁ…うん、一応」

妹友「でさ、理事長って今代理じゃなかったっけ?」

男「え?そうだね、理事長…妹ちゃんのお父さんは海外出張中で、今は代理の理事長が…」

妹友「で、なんで4人分のお土産渡すの?海外出張中なのに」

男「え?だって、もう帰ってきてるじゃ…」

妹「…なんで知ってるんです?」

167 名前:さるってる間の書き溜め投下中[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 19:14:03.37 ID:I/+iPRSy0
妹友「だよね…私は妹から聞いてるけどさ…私以外に誰かに話した?」

妹「いや、誰にも」

妹友「理事長の復帰は、年明けの予定だよね」

妹「そうだね…もう帰ってるけど、今年いっぱいはダラダラ過ごすんだって死んだ方が良い発言してるから」

男「た、たまたま友達が妹ちゃんの親父さん…理事長を見かけたんだよ」

妹友「へぇ、それっていつのこと?」

男「え?えーと、昨日聞いたから…お、一昨日とかじゃないか?」

妹友「だ、そうだけど?」

妹「…父が帰って来たのは、昨日です」

男「…」

妹友「あーあ、こりゃもうフォローのしようがないねぇ」

168 名前:さるってる間の書き溜め投下中[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 19:14:35.44 ID:I/+iPRSy0
妹「…昨日、家の外にいたの男くんだったんですね」

男「…あぁ、そうだよ」

妹友「え?昨日の夜?」

妹「あぁ、そっか…うん、後で話すね」

妹友「あ、うん、よろしく」

男「友ちゃん、だっけ?以外と鋭いんだねぇ」

妹友「意外とは余計だっての…ちなみにこのお土産、何が入ってんの?」

男「え?あぁ、いやいや、さすがに何も仕込んでないよ…食べ物にはね」

妹「食べ物には…?」

男「ちょっと箱の方に細工を、ね」

169 名前:さるってる間の書き溜め投下中[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 19:15:06.59 ID:I/+iPRSy0
妹友「…あぁ、これかな?」

ペリッ

男「へぇ…ホントに鋭いね」

妹友「まぁ、言われたらさすがに気付くよ…言われなきゃわからないけどさ」

妹「なにそれ…?」

妹友「恐らく、盗聴器…じゃない?」

男「だいせいかーい」

妹「…なにがしたいの?」

妹友「なにがって、ただのストーカーでしょ?妹ちゃんにフラレたから、ストーカーになっちゃったわけだ」

男「は?ふざけんな、そんなんじゃねーよ」

171 名前:さるってる間の書き溜め投下中[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 19:15:39.40 ID:I/+iPRSy0
妹友「…じゃあなんなの?」

男「…妹ちゃんさ、彼氏いるんだよね?」

妹「え?あ、うん…」

男「でもさ、俺が調べたところ…妹ちゃんに彼氏なんていないんだよね」

妹友「調べた…?」

男「まぁ、色々と」

男「だからさ、その確証を得るためと…もし彼氏がいるなら、どんなやつか見てやろうと思ってね」

妹「だから…ストーキングを?」

男「ストーキングって言うか…まぁ、ちょっとした調査だよ」

妹友「いやいや、アンタがしてることは立派なストーキングだから」

男「はぁ…まぁ、そう呼びたいならそれでもいいけどさ」

172 名前:さるってる間の書き溜め投下中[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 19:16:12.94 ID:I/+iPRSy0
妹「…もう、私に近付かないで下さい」

男「あらあら、こっちは嘘つかれて傷ついてんだけどなぁ…」

妹友「嘘?」

男「だから、彼氏がいるって話だっての…鋭いくせに頭の回転遅いなあんた」

妹友「むっかー!」

妹「嘘じゃないですよ」

男「はぁ…まぁ、そう良い張るならそれでいいからさぁ、証拠見せてよ?」

男「彼氏はいます、証拠はありません」

男「それじゃ誰も信用しないでしょ?」

妹友「証拠ったって…なに見せろってのよ」

男「え?まぁ、普通は…そうだな、写真とかプリクラとか…」

妹「私、写真嫌いなので」

男「あぁ、そう…じゃあさ、もう面倒くさいから本人に会わせてよ」

173 名前:帰る時の為の酉 ◆ChairCcEVU [sage] 投稿日:2010/08/31(火) 19:17:11.63 ID:I/+iPRSy0
妹「…え?」

男「それで嘘じゃないってわかるし…俺も騙されたわけじゃないってことじゃん?」

男「そしたらもう二度と付きまとったりしないよ…完全にこっちが悪者になっちゃうし」

妹友「今でも十分悪者だっつーの!妹ちゃん、こんなのに付き合う必要ないよ」

妹「…会わせたら、ほんとに綺麗さっぱり二度と近付かずに死んでくれるんですね」

男「あぁ、やくそk…いや、死にはしないけどさ、近付きはしないよ」

妹「…わかりました」

妹友「ちょ、ちょっと、妹!」

妹「じゃあ今日の放課後…18時くらいに、私の家の近くのコンビニに来てもらえますか?」

男「…あぁ、あそこね」

妹「…わかりますよね、やっぱり」

妹友「…私も、行っていいかな」

妹「ううん、友ちゃんは来なくて平気…大丈夫だから安心して」

男「…じゃ、今日の18時にな」

妹「はい」

174 名前:さるってる間の書き溜め投下中[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 19:17:43.35 ID:I/+iPRSy0


妹友「…ちょっと妹ちゃん」

妹「うん?」

妹友「どうすんの?あんな約束しちゃって」

妹「あぁ…行かなかったら男くん待ちぼうけで面白いよね」

妹友「いやいやいやいや、そりゃたしかに面白いけど、その後が怖いでしょうよ!」

妹「うそうそ、冗談だよ」

妹友「冗談ってあんた…」

妹「しょうがないから、兄さんに頼もうかなーって」

妹友「…へ?」

妹「彼氏のフリ」

妹友「…な…なんだってえぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!?!?!?」

175 名前:さるってる間の書き溜め投下中[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 19:18:14.83 ID:I/+iPRSy0
妹「そ、そんな驚くこと?」

妹友「驚くに決まってんでしょ!あんた私のお兄さんになにさせようとしてんのよ!」

妹「いや、あんたのじゃないし」

妹友「ま、まぁ、正式にはまだだけど…」

妹「まだとかないし」

妹友「と、ともかく!お兄さんにそんな危険な真似させるの!?」

妹「あー…いや、ほら、何気に鍛えられてるから、案外丈夫だと思うよ?兄さんって」

妹友「そ、それに…男にお兄さんだってバレてるんじゃない?」

妹「それは大丈夫じゃないかなぁ…兄さん基本外出ないから、人との接触はないだろうし」

妹友「あぁ…そうね…軽く引きこもってたわね…」

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/01(水) 00:30:57.10 ID:gbqe3LY00 [2/4]
妹「ま、そんな感じで、ちょっとなんとかしてみるよ」

妹友「…はぁ……無茶はすんじゃないわよ?」

妹「大丈夫だって」

妹友「一応…私も男友達とか誘って、近くで待機してるから」

妹「えー?そんなんしなくていいってばぁ」

妹友「私がそうしなきゃ安心できないの!」

妹「う、うん…そっか…じゃあ、お願いしとく」

妹友「はいよ、任せとき」

妹「…後は…おにぃに頼むだけ、か…」

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/01(水) 00:55:52.24 ID:gbqe3LY00 [3/4]


兄「なるほど…」

妹「まぁ、そんなわけで、頼むよおにぃ」

兄「まぁ、別にかまわないぞ?」

妹「ほんと?」

兄「あぁ、フリすればいいだけなんだろ?」

妹「うん、まぁ」

兄「ちなみにその彼は、武器とか持ってたりする?」

妹「いや、普通に持ってないと思うよ」

兄「鈍器ならまだいいが、刃物だと困るな…」

妹「鈍器ならいいんだ…」

218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/01(水) 01:03:55.37 ID:gbqe3LY00 [4/4]


兄「ちょっと妹とコンビニ行ってくるわ」

母「妹ちゃんと?あんたが二人で?」

兄「うん」

父「なんだ?父ちゃんもついていくか?」

兄「子供のおつかいじゃあるまいし、いらんって」

母「変なことすんじゃないよー」

兄「コンビニ行くだけだっての…どんだけ信用ないんだよ」

母「あんたを信じるくらいなら、そこらの新興宗教の教祖を信じる程度、かな」

兄「…」

ここでスレ落ち

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。