FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青髪ピアス「僕がレベル5やって?」上条「うん」

644 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/01(水) 20:14:13.46 ID:XZLzfOEo [1/4]
唐突に思いついた一発ネタ投下します
そのままなんか膨らめば続き考えようと思ってたけど
これ以上何も浮かばなかったので書き捨て気味に
2レスほどお借りします

645 名前:青髪ピアス「僕がレベル5やって?」上条「うん」(1/2)[saga sage] 投稿日:2010/09/01(水) 20:15:29.99 ID:XZLzfOEo [2/4]
☆青髪ピアス「僕がレベル5やって?」上条「うん」


青ピ「それ、どこ情報や?」

上条「主にVIPで」

青ピ「は?」

上条「主にVIPで」

青ピ「……殴ってええ?」

上条「なんでだよ! 俺のせいじゃねぇよ!」

青ピ「はぁ……なんだってよりにもよって僕がレベル5だと思ったんやろ」

土御門「それは多分、第六位もお前も情報がなさ過ぎるからだぜよ」

青ピ「それだけで一介の平凡な高校生をレベル5呼ばわり!? 冗談にも程があるで!」

上条「そういや、レベル5設定の青ピって誰かしら可愛い女の子とくっつく事が多いよな」

青ピ「初めまして、レベル5第六位の青髪ピアスです」キリッ

上条「」

土御門「歪みないにゃー」

上条「で、結局お前レベルいくつなんだよ」

青ピ「……レベル2」

上条「レベル2wwwwwwww」

土御門「微妙wwwwwwwwwww」

上条「原作でも見た事ないwwwwwww」

土御門「いや、一応何人か見た事あるぞ」

上条「え、マジ? どこで?」

土御門「超電磁砲第1巻とかwwwwwww」

上条「ほんとだwwwwwwただのチンピラwwwwwwww」

青ピ「だから言いた無かったんや」


646 名前:青髪ピアス「僕がレベル5やって?」上条「うん」(2/2)[saga sage] 投稿日:2010/09/01(水) 20:16:15.76 ID:XZLzfOEo [3/4]
上条「で?」

青ピ「で? て言われても何よ」

上条「能力は何なんだよ。異能力者(レベル2)の青髪ピアスさん?」

土御門「異能力者wwwww多分8割以上漢字覚えてる奴いねぇwwwwwww」

青ピ「だから殴ってええ?」

上条「とにかく、能力はなんだよ。この際教えてくれてもいいじゃない」

青ピ「……電磁使い」

土御門「ん?」

青ピ「だから電磁使いや!」

上条「ぶほwwwww電磁使いwwwwwww」

土御門「エwレwクwトwロwマwスwターwwwwww」

青ピ「なにこいつらうざい」

土御門「そういやカミやんの彼女も電磁使いだにゃー?」

上条「おう、美琴な。まあアイツはレベル5だけど」

土御門「ついこないだまでカミやんに毎日電撃浴びせてたのににゃー?」

上条「そうなんだよ、実はアレが照れ隠しだったみたいでよー。今思えばそれも可愛く思えてくるから不思議だよなー」

土御門「ツンデレ乙w」

上条「どっちかっつーとツンビリ? ビリデレ?」

土御門「待てよ、って事は青髪ピアスもいずれカミやん病にかかるのかにゃー?」

上条「マジかよwwwwwお前こっちくんなwwwwwwww」

青ピ「お前らマジぶっ殺すよ?」

土御門「キャーwwwwレベル2様が怒ったにゃーwwwwwwww」

上条「お許し下さいwwwwwwお許し下さいwwwwwwww」

青ピ「僕、なんでこいつらの友人やってるんやろ……」


○おわり

647 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/01(水) 20:17:14.73 ID:XZLzfOEo [4/4]
以上です
つか、今思うに既出かもって思った
過去ログとか読んでないのでもしそうならすいません

Tag : とあるSS総合スレ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。