FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒子「御坂先輩、7月17日ですの」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:10:25.67 ID:+JvfmYPI0
先週くらいに立てた「御坂先輩、朝ですの」の続きになります

簡単な説明
レベル5の御坂美琴が朝起きたら、レベル0で落ちこぼれの『御坂美琴』になってました。
この世界では黒子がPC得意なレベル1、佐天がレベル5の超電磁砲、初春がレベル4の空間移動能力者となってます。
簡単に言うと、『御坂美琴』は原作の佐天ポジションです。
そんな並行世界の『御坂美琴』になってしまった美琴(レベル5)が色々と苦労したりする話です。

7月16日のあらすじ
美琴が銀行強盗に軽くひねられて、佐天さんに助けてもらいました。
次の日には元に戻れると思ってたら、現実は甘くなく無能力者生活2日目に突入しました。

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:12:45.11 ID:+JvfmYPI0
・・・・・7月17日朝 柵川中学学生寮 美琴自室・・・・・

黒子「まあ、戻れない事は予想済みと言えば予想済みですの」

美琴「予想済みって……。はぁ、なんだか怒る気力もわかないわ」

黒子「もともと戻れる保証は最初からありませんでしたから」

黒子「昨日のことを思い出してみればわかると思いますが、『戻れる』発言には全くもって根拠がありませんでしたからね」

黒子「高確率でこうなると思っていましたわ」

美琴「そう言われると、グウの音も出ないわ」

美琴「あーあ、どうせ帰れないなら、寝る前に臭い台詞なんて吐かなきゃ良かった」

黒子「なんとまあ。そんなくだらないことを気にしているんですの?」

美琴「別に気にしてるわけじゃないんだけど、今考えるとなんだか気恥かしいというか」

黒子「もっと他に考えることがありますでしょうに、全くもう」

美琴「それはそうなんだけど、ジタバタしたってどうにもならないじゃないの」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:15:03.89 ID:+JvfmYPI0
黒子「あらあら、開き直り気味ですけど、だいぶ現実を受け入れているようですわね」

美琴「ん、まあね。昨日も1日過ごしたわけだし、もう1日くらい我慢してやるわよ」

黒子「もう1日で戻れればいいのですが……」

美琴「黒子、それは言わない御約束よ」

美琴「はぁ~……。本当にどうしようかしら……」

黒子「とりあえず、先の事より目先のこと―――学校の方はいかがなさいますか?」

黒子「きっとあまり良い想いはしないと思うので行かないという選択肢もありますけど」

美琴「学校ねえ……。正直言ってあんまり気分じゃないのよね……」

美琴「嫌な事から逃げるのはちょっと癪なんだけど」

黒子「では、お休みなられますのね?」

美琴「そうね……。昨日蹴られた脇腹も痛むし、休むことにするわ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:18:42.76 ID:+JvfmYPI0
黒子「了解ですの。それは一応正当な理由になりますから」

黒子「脇腹の方は後でシップと包帯の換えをお持ちしますわ」

美琴「ありがとね、黒子」

美琴「んじゃ、私はまた寝ることにするから、適当に置いておいてちょうだい」

黒子「わかりましたわ。それではわたくし学校に行ってきますので」

美琴「はいよ、いってらっしゃい」

黒子「ああ、わたくし今日は風紀委員の方で遅くなると思いますの」

美琴「ああ、爆弾魔の件ね」

黒子「ええ、御坂先輩にもらった情報の裏付けを今日中に取りたいと思いますの」

美琴「早いうちに手を打たないと意味が無くなるもんね」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:21:46.62 ID:+JvfmYPI0
黒子「そういうわけで、夜まで御坂先輩は一人になってしまいますけど……」

美琴「別に子供じゃないんだからさ、一人でだって大丈夫に決まってるでしょ」

美琴「アンタ、私の事馬鹿にしてんの?」

黒子「ふふふ、余計なお世話でしたようですの」

黒子「では、御坂先輩、行って参りますの」

美琴「はいはい、さっさと行きなさい」

ガチャ……パタン

美琴「…………」

美琴「はぁ…………」

美琴「……どうして戻れないのかな」

美琴「私が何したって言うの?」

美琴「何も悪いことしてないじゃない……」

美琴「帰りたいよ………」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:23:16.61 ID:+JvfmYPI0
・・・・・・・・午後になりました・・・・・・・・・・・・

美琴「ん……。そうか、私あのまま寝ちゃったのか」

ムックリ

美琴「何度見てもカレンダーは7月17日……。やっぱり戻れてないか」

美琴「はあ、もうホント嫌になる」

美琴「二日目にしてギブアップ寸前な気分だわ」

美琴「……ん?」クンクン

美琴「なんか汗臭い」

美琴「そういえば、昨日お風呂に入ってなかったわね」

美琴「とりあえず気分転換も兼ねてシャワーでも浴びようかな」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:26:33.38 ID:+JvfmYPI0
・・・・・サービスシーンはありませんの!・・・・・

美琴「ふぅ」サッパリ

美琴「筋肉がほとんどついてないこと以外は、ほとんど『私』と変わらないのか……」

美琴「でも、この分だとその辺の不良の相手をするのもキツいわね」

美琴「昨日はそのせいで酷い目にあったもんね」

美琴「やられた脇腹の方はちょっと痛むだけで、動くのに問題がないのが幸いね」

美琴「確か、黒子が包帯とシップを……あったあった」

美琴「それにしても自分で包帯巻くのって結構難しいのね」マキマキ

美琴「ちょっと、不格好だけど、まあいいわ」

グー

美琴「やだやだ。こんな状況であっても、お腹はすくのねえ」

美琴「私の一部なんだから、もっと配慮してくれればいいのに」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:28:31.83 ID:+JvfmYPI0
美琴「―――って、私ったら何馬鹿な事言ってるんだろうね」

グー

美琴「さっさとこの腹の虫を黙らせないとますます鬱な気分になりそうだわ」

美琴「とりあえず着替えて、何でもいいからお腹に物を詰めにいこう」

美琴「着替えは……制服でいいかな」

キガエキガエ

美琴「着てから言うのもなんだけど、セーラー服ってイマイチなのよねえ。常盤台の制服がやっぱり一番ね」

美琴「あー、この世界じゃ常盤台の制服なんて縁がないのに私ったら何言ってんだろ」

美琴「元の世界に帰ればいくらだって着れるんだから少しだけ我慢しよ……」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:31:24.25 ID:+JvfmYPI0
・・・・・第七学区繁華街・・・・・

美琴「どこの店に入ろうかな……」

美琴「なんかどの店もイマイチな感じがするのよね」

美琴「またケーキで済ませちゃおうかしら……」

────────────────────

佐天「あーあ、初春は風紀委員で相手してくれないし、やることないなあ」

佐天「暇だなー。何か面白事無いかなあ」

佐天「お! あそこにいるのは……、御坂さんじゃあないですか」

佐天「これは昨日のリベンジをするしかないっ!」ピキーン

ダダダダッ

佐天「みっさかさーん!!!」

バサッ

美琴「?!」ビクッ!

美琴(スカートめくり……佐天さんか!)イラッ

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:33:14.47 ID:+JvfmYPI0
佐天「あれえ、また短パン穿いてるんですね」

美琴(こんな奴が私の代わりにレベル5の超電磁砲なのか……)イラッ

佐天「もしかして、また私のスカートめくりを予測してたり?」

美琴(んなわけないでしょうが……)イラッ

佐天「あっ!スカートめくりされたいけど、パンツは見せたくない趣味とか?」

美琴(…………)イライラ

佐天「でも、スカートの中に短パンって絶対おかしいからやめたほういいですよー」

プチンッ

美琴「うっさい!!!」

佐天「おお!?」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:36:55.03 ID:+JvfmYPI0
美琴「アンタ何考えてんのよ!?」

美琴「この往来のど真ん中で人様のスカートめくるなんて!!」

美琴「それに何なの?意味のわかんないことベラベラ喋って人を馬鹿にしてんじゃないわよ!!」

佐天「あのー、御坂さん。ほんの冗談ってやつですよ、ハハハ」

美琴「ハァ? 冗談?」

美琴「冗談で済んだらアンチスキルいらないわよ!!」

佐天(あちゃー おこらせちゃったかな)

佐天「いやあ、アレですよ。距離を縮めるために親睦を深めようとするコミュニケーションってや――――」

パァン!!!

佐天「!」ジーン

美琴「―――っざけんな!!! 誰がアンタみたいなやつと親睦なんか深めるか!!」

美琴「レベル5だからって調子こいてんじゃないわよッ!!」

美琴「何が常盤台のエースよ。何やってもいいって思ってるなら、そこらの能力馬鹿と変わらないじゃない」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:41:38.33 ID:+JvfmYPI0
佐天「……いったいなあ。もうムキにならないで下さいよ」

佐天「しかも、なにそれ?」

佐天「私がレベル5なの僻んでるんですかあ?」

美琴「なんですって……?」

佐天「スカートめくられて怒ってるのかと思いきや、今の台詞って嫉妬ですよね?」

佐天「殴られて損しちゃった」

佐天「たまにいるんですよ。レベルしか頭にない人」

佐天「何でもレベルに関連づけて考えちゃうんですよね」

佐天「それで勝手に嫉妬して、勝手に突っかかってくるんですよ」

佐天「ホント、めんどくさいったらありゃしない」

美琴「んな……」ギリッ

佐天「無い物ねだりするのは勝手ですけど、鬱憤を他人にぶつけるのは勘弁してほしいかなって」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:44:51.37 ID:+JvfmYPI0
美琴「アンタ最悪よ……」

美琴「自分がレベル5だからって鼻にかけて他の人を見下してるだけじゃない」

美琴「私がレベル5だったら絶対にそんなこと言わない!!」

佐天「ははっ、レベル0の御坂さんにそんなことを言われるとは思いませんでしたよ」

佐天「レベル5だったらそんなこと言わない、これってギャグですか?」

佐天「そういう台詞はレベル5になってから吐いてくれません?」

佐天「ま、レベル1にもなれない無能力者にこんなこと言っても無駄でしょうけど」

美琴「アンタなんか……」

美琴「アンタなんかに私の何がわかるっていうのよッ?!」

佐天「わかりませんよ」

美琴「――――」

佐天「無能力者のことなんかわかるわけないじゃないですか」

美琴「なっ……」

佐天「それとも、なんですか、無能力者のナイーブな心を理解して同情の一つでもして欲しいんですかあ?」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:48:27.24 ID:+JvfmYPI0
美琴「この―――ッ!!」

ブンッ!スカッ!

佐天「さっきの1発はわざともらってあげましたけど、2発目はないですよ」

ブチンッ!

美琴「―――っざけんなぁああああああ!!」
ブンッ!!スカッ!!ブンッ!!スカッ!!ブンッ!!スカッ!!

佐天「はあ、もうやめて下さいよ。御坂さん」

佐天「御坂さんは怪我人だし、弱い者イジメって趣味じゃないんですよね」

佐天「御坂さんって、体も全然鍛えてないんでしょ?」

美琴「それがっ!どうしたってのよ!!」
ブンッ!!スカッ!!

佐天「動きを見ればわかりますもん。構えだけはいいんですけど、体の動きがギコちないっていうか」

美琴「うるさいっ!」
ブンブンッ!!スカッ!スカッ!

佐天「体も鍛えてない、能力も使えない」
ブンブンッ!!スカスカッ!!ブンッ!スカッ!

「そんな人相手に私が手を出したら、どっからどう見ても弱い者イジメになっちゃいますもん」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:51:40.12 ID:+JvfmYPI0
美琴「―――のッ!」
ブンッ!スカッ!フラッ

佐天「疲れてません?息が切れてますけど大丈夫ですか?」

美琴「っるさい!うるさいっ!」ハァハァ

美琴「私だって……」

美琴「私だって、好きで能力が使えなかったり、体を鍛えてないわけじゃないのよっ!」

佐天「へえ、そうなんですか」

佐天「じゃあ御坂さんは能力開発を一生懸命やってるんですか?」

佐天「私がこう聞くと、たいてい無能力者の人って才能不足を言い訳にしたりするんですよね」

佐天「どうなんですか、御坂さん?」

佐天「能力を得るために努力を日々欠かさず続けてますか?能力欲しいんでしょ?」

美琴「……」

佐天「やってないんですか?」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:54:46.58 ID:+JvfmYPI0
美琴「『私』には時間が……時間がなかったのよ」

佐天「ふーん、時間ねえ?」

佐天「それって風紀委員が忙しくて能力開発ができないとか―――時間が無いってそういうことですよね?」

佐天「御坂さんって何かに所属してたりするんですか?」

美琴「そ、それは……」

佐天「あ、別に嘘つかなくてもいいんですよ」

佐天「努力してないならしてないでいいんです」

佐天「私は御坂さんの担任の先生じゃないし、御坂さんのレベルがいくつだろうがどうでもいいことですから」

美琴「…………」

佐天「結局のところ、御坂さんは努力はしてないけど、能力が欲しいんですよね?」

佐天「それってタダの我儘じゃないですか」

佐天「違います?」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:57:36.60 ID:+JvfmYPI0
美琴「……係ない」

佐天「は?」

美琴「アンタには関係ないッ!!!」

美琴「こっちには特別な事情ってもんがあんのよ!」

美琴「それなのにベラベラベラベラベラベラ、うっさいのよ!!」

美琴「何も知らないくせに上から目線で説教なんて余計なお世話!!」

佐天「はっ、逆ギレですか」

美琴「そうね!アンタから見たら逆ギレかもね!!」

美琴「でも、これは私にとっては正当な主張ってやつなのよ!」

佐天「そんなこと言われても私にはさっぱりわかりませんよ」

美琴「わからなくて結構よ!!」

美琴「どうせレベル5にはレベル0のことなんてわかりゃしない、アンタはそう考えてるんでしょ!それで結構!!」

美琴「私がブチ切れてるってこと―――アンタにはこれだけ理解してもらえばそれでいいッ!!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 22:00:24.11 ID:+JvfmYPI0
佐天「そういう暑苦しくて面倒臭そうな展開は勘弁なんですけど」

美琴「気が合うわね、私もそう思うわ」

美琴「だから、すぐに一発入れて終わらせてやるわッ!」

佐天「だーかーら、御坂さんのパンチじゃどうしたって当たりませんよ」

美琴「っんなもんは―――やってみなきゃわかんないでしょうが!」
ブンッ!ブンッ!ブンッ!ブンッ!

佐天「無駄ですってば」
スカッ!スカッ!スカッ!スカッ!

美琴「っくっしょぉおおおおおおお」
ブォン!スカッ!フラッ!フラフラッ!

佐天「あー、もうやめませんか?」

美琴「まだよ」ハァハァ

佐天「もう、強情だなあ」

佐天「じゃあ、こうしましょう」

美琴「?」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 22:04:15.95 ID:+JvfmYPI0
佐天「サービスで目をつむってあげます」

佐天「これで当たらなかったら諦めて下さいよ」

佐天「はい、どうぞ」

美琴「ッ!―――どんだけ!!」

美琴「あんたは人を馬鹿にすれば気が済むのよっ!!」
ブンッ!!スカッ!!

美琴「……よけられた?」
ブンッ!!スカッ!!ブンッ!!スカッ!!

美琴「なんで、なんで当たらないの?!」

佐天「ふふっ、わかりますか? これが能力者との差ってやつですよ」

美琴(能力者……、能力……電磁波レーダーか!)

美琴(仮にも超電磁砲、私に出来るってことは佐天さんにも出来るってことか)

佐天「ね、もうやめましょうよ」

佐天「周りの目もありますし、御坂さんもお疲れでしょ?」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 22:06:56.38 ID:+JvfmYPI0
美琴「―――ハッ、無能力者相手に手品を使ってるような奴が格上ぶってるんじゃないわよ」

美琴「あんたのそれ、電磁波使ってるんでしょ?」

佐天「?!」

美琴「無能力者の雑魚相手に能力使って優越感味わうなんて、常盤台のエース様も落ちぶれたもんね」

佐天「へえ、それって私を挑発してるつもりなんですか?」

佐天「電磁波レーダーに気づいたのにはびっくりしましたけど、頭の出来はあんまり良くないですね」

佐天「能力なんて使わなくても御坂さんの攻撃はかすりもしなかったじゃないですか」

美琴「そんなもんわかってるわよ」

佐天「万に一つも勝ち目はないし、パンチだって当たりませんよ」

美琴「そうかもね」

佐天「仮に私が本気出したら一瞬で御坂さんは終了ですよ」

美琴「そんなことは『私』が一番よく知ってるわ」

美琴「でもね、私はここで引くわけにはいかないのよ」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 22:10:05.38 ID:+JvfmYPI0
佐天「もしかして御坂さん、私が電撃を使わないと思ってなめてませんか?」

美琴「はあ?」

佐天「その強気の態度は自分には電撃を使われてないってタカをくくってるんじゃないのかなあって」

美琴「くっだらない妄想ね。そんなもんが怖くてアンタに喧嘩を売れるわけないじゃない」

佐天「へえ、恐くないんですか」

佐天「なら―――それが本当かどうか試してみましょうか」バチバチ

美琴「っ?!」

佐天「ビビってごめんなさいするのなら今のうちですよ」バチバチバチ

美琴「お断りよッ!!」

美琴「こっちはね、レベル5の電撃使いに喧嘩を売った時から電撃の一つや二つくらい覚悟してんのよ」

美琴「やるならやりなさいよッ!」

佐天「じゃあ御望み通りにしてあげますよっ!」バチバチ

ズガッシャアァアア

美琴「―――!」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 22:12:24.19 ID:+JvfmYPI0
みす><
>佐天「その強気の態度は自分には電撃を使われてないってタカをくくってるんじゃないのかなあって」

佐天「その強気の態度は自分には電撃を使われないってタカをくくってるんじゃないのかなあって」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 22:16:59.32 ID:+JvfmYPI0
佐天「なーんちゃって、冗談ですよ、冗談」

佐天「白井さんの先輩に電撃なんて当てたら、後で初春が五月蠅いですからね」

メッセージメッセージコウセイデンジハヲカンチ……

佐天「ちょっとした脅しってやつですよ。ビビりました? もしかして漏らしてたりって……」

美琴「あははははは」

佐天「何それ」

美琴「ははははははは」

佐天「何がおかしいんですか?」

佐天「もしかして、ビビりすぎて頭がおかしくなりました?」

美琴「あははは……、アンタがおかしいから笑ってるに決まってるじゃない」

佐天「!」

美琴「無能力者相手に能力で脅しをかけるような小物が超電磁砲?」

美琴「笑わせんじゃないわよ!」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 22:21:39.73 ID:+JvfmYPI0
美琴「なんでアンタみたいにネジ曲がったやつが超電磁砲を名乗ってんのよ!」

美琴「アンタが学園都市第三位の超能力者で最強の電撃使いってことは事実だから認める」

美琴「でもね、アンタがその名―――超電磁砲を名乗ることは私には許せない」

美琴「私はアンタを絶対に認めないッ!」

佐天「なんだかなあ」

佐天「別に御坂さんに認めてもらわなくても結構ですよ」

佐天「超電磁砲なんてタダの通り名じゃないですか」

美琴(ただの通り名……)

佐天「私には学園都市第三位の肩書だけで十分だったりするんですよね」

佐天「欲しいんだったらあげましょうか?」

佐天「超電磁砲の通り名」

美琴「な―――」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 22:25:59.31 ID:+JvfmYPI0
佐天「なんだかこだわりがあるみたいですし、御坂さんが名乗ってもいいですよ」

佐天「私が特別に許可してあげます」

佐天「私は適当に新しい通り名を考えますから。なーんてね」

美琴「―――めんじゃないわよ!!!!」
ダッ!

美琴「っああああああああ!!」
ブンッ!!

佐天「もうホント、いやになるなあ」
スッ

バチンッ!!

美琴「?!……くぁッ……」カクッ

美琴(電撃……っ)

美琴(この超電磁砲を)

美琴「―――この私をこんなチャチな電撃でどうにかできると思うなぁああ!!」

ガクンッ

美琴「?!」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 22:29:23.48 ID:+JvfmYPI0
美琴「なに、これ……?」

美琴(足に力が……入らない?)

ヨロヨロ……ペタン

美琴「クッ、立たないと……」ブルブル

美琴「あれ……なんで?」カクンッ

佐天「あー、無理無理。無理ですって」

佐天「電気ショックで、一時的に下半身の運動神経が狂ってるんですよ」

佐天「どんなに根性があっても動けませんよ」

美琴「……動いてよ、動けッ!」
ガクガク

佐天「ああ、2,3分もすれば元に戻りますから安心してください」

佐天「警備ロボットも壊しちゃったし、私はこの辺で失礼しますね」

佐天「結構楽しかったですよ、御坂さん」

佐天「それじゃ、また遊びましょ」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 22:33:55.25 ID:+JvfmYPI0
美琴「待ってよ、待ちなさいよ……」

美琴「待てって言ってんでしょッ!!!」

佐天「はあ、まだ何か用があるんですか?」

美琴「終わってない……」

佐天「へ?」

美琴「まだ終わってない!私はまだ戦えるッ!」

佐天「おおっ?!」

美琴「今すぐ立つから、そこで待ってなさい!」

佐天「すごいですね……御坂さん」

美琴「え?」

佐天「この状況でそんな台詞を言えるなんて、私、本気でびっくりしましたよ」

佐天「私、御坂さんの事、結構気に入りました」

美琴「は?」

佐天「昨日は単なる突っ走り屋さんかと思いましたが、私の電撃にもビビってませんでしたし、御坂さんってタダの無能力者にしてはどこかオカシイですよね」

美琴「な?!」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 22:40:29.07 ID:+JvfmYPI0
佐天「開発をサボってたり、才能不足で諦めたりしてるような人間にはとてもじゃないけど見えませんもん」

佐天「きっと御坂さんはすぐに能力を使えるようになります、なんていうか能力が使えて当たり前のような気がするんです」

佐天「というか、本当に無能力者なんですか……?」

佐天「実は普通じゃ計測できない能力を持ってたりしません?」

美琴「フン……残念ながら、正真正銘の無能力者よ」

佐天「そうなんですか……それは残念」

佐天「それなら、今の続きはいつか御坂さんが能力が使えるようになったらやりましょう」

佐天「じゃあ、握手して仲直りってことで」

ギュッ

美琴「えっ、ちょっと待って」

佐天「おーっと、そろそろ風紀委員が来ちゃうんで、それでは!」
ダッ

美琴「行っちゃった……」

美琴「なんなのよ……これってどんな展開なのよ?!」

美琴「人をあんだけボロ糞に言っといて、最後は勝手に感心して仲直りしたつもりで帰るってどういうことよおおおおお!」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 22:45:33.87 ID:+JvfmYPI0
上条「あのー」

美琴「なによ?!」

美琴「今の私って最高にムカついてんのよ!話かけないんでくんない?」

上条「いやあ、警備ロボットが派手にぶっ壊れてるし、ぶっ壊したビリビリは逃げたっぽいし、人が来る前に逃げないと面倒になりますよーって同じビリビリ被害者に親切なアドバイスをしたかったわけなんですが」

美琴「うっさいわ―――って、ビリビリ?」

美琴「もしかして、アンタは?!」

上条「ん? どこかで会ったことあったっけ?」

美琴(いつものツンツン頭……)

美琴「あ……、いや初対面よ、初対面!」

上条「そうだよな。こんな可愛い女の子の事を上条さんが忘れるわけありませんからね」

上条「それはともかく、早く逃げた方がいいぞ」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 22:48:58.92 ID:+JvfmYPI0
美琴「ちょ、ちょっと待って!!まだ足が上手く動かない」

上条「げっ!それはマジでせうか……?」

美琴「うん、マジ……。かろうじて立てるけど走るのはちょっと無理っぽい」

上条「ちっくしょー、やっぱりビリビリは厄介事ばっかり運んできやがる!」

上条「あいつは俺になにか恨みでもあるのかーっ!!!」

美琴「勝手に首を突っ込んできたのはアンタでしょうがっ」

上条「しょうがねえ!」

上条「ここは上条さんの男っぷりを見せる時が来たってことで、それではちょっと失礼しますよっと!」

美琴「きゃっ?!」

美琴「ええっ?ちょっと、待って!」

上条「しっかりつかまっててくれよ!」

美琴(これってお姫様だっこじゃない)カァァァァア

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 22:57:37.99 ID:+JvfmYPI0
いんたーるーど2
・・・・・6月17日 夕方 学園都市繁華街・・・・・

不良A「キミ可愛いねーしかも常盤台じゃん」

不良B「今からオレ達と遊び行かない?」

佐天「んー、××のディナーフルコースを奢ってくれるなら行ってもいいかなあ」

不良A「ハア? おいおい××のフルコースって言ったら一食3万もするって噂のアレか?」

佐天「私と遊びに行きたいんだったら、それなりの待遇ってのを用意してもらいたいんですけどー」

不良A「おいおい、お嬢ちゃんなめてんのかあ?」

佐天「いやあ、そっちのお願いを聞くんだから、こっちのお願いも聞いてくれたら嬉しいかなって」

佐天「ま、ほとんど期待してないですけどね」

不良A「てめえっ」

上条「ああ、すいません。ちょっと失礼しますよー」

上条「こんなトコにいたのか、ちゃんと約束の場所で待っててくれないと困るだろー」

上条「いやあ、連れがお世話になりまして、それじゃ俺たちはこの辺で失礼しますと―――」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 23:01:43.45 ID:+JvfmYPI0
不良C「おいおい」

不良B「ちょっと待てや、そのお嬢さんは俺らを小馬鹿にするような態度取ってたんだぜ」

不良D「それなのに何も無しで行っちまうのか?」

上条「あー、えーと」

佐天「ぷぷっ、知り合いのふりしてこの場所から自然に連れ出す作戦大失敗ですねえ」

上条「失敗したのはオマエのせいなのにまるで他人事っ?」

佐天「べっつにー、お兄さんがどうにかしてくれるつもりなんでしょ?」

上条「いやいや、この状況をどうにかする作戦なんてねーよ」

佐天「はー、考えなしに割って入ってきたってわけですか? 」

上条「見てられなくて、勢いってやつだ」

佐天「ホントに何しに出てきたんですか、それ」

上条「助けに来たのにその言い草かよ?!」

上条「どんな教育を受けてるのか親の顔が見てみたいですよ、まったくもって」

不良A「おいおい、お前ら、俺らを無視していちゃついてんじゃねーぞ」

不良B「そもそも、なんなんだテメエは、何か文句でもあんのか?」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 23:05:49.79 ID:+JvfmYPI0
上条「はあ……不幸だ……不幸すぎる」

上条「文句?文句ならあるに決まってるだろ!」

不良A「なんだと?」

上条「こんな大勢で女の子一人を囲んでんじゃねーよ」

上条「だいたい見てみろ、どう見てもガキじゃねーか!」

上条「それに助けに来た俺を小馬鹿にするような生意気な態度」

佐天「ガキ……?」

上条「どっからどう見ても反抗期まっさかりの碌な育ち方をしてないお子様だろうが」

佐天「お子様……」バチバチ

不良B「こいつ袋にしちまおうぜ」

不良D「ちょっと待って、こいつの様子がおかしいぞっ」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 23:08:02.26 ID:+JvfmYPI0
佐天「ねー、お兄さん」バチバチバチ

佐天「私くらいの年頃ってどっちかっていうと、大人に見られた方が嬉しいんですよね」

佐天「乙女心ってもんがわかってないなあ」

佐天「本当だったら黒コゲにしたいところですけど、行動不能で勘弁してあげます」

上条「な――――」

佐天「じゃ、そういうことで」

バッチィィイイイイイイイ

上条「――――」

不良達「ギャアーッ」

ズシャ

不良A「高位能力者の方でしたか……」

佐天「周りの電気機器に被害は……たぶんないかな。いろいろ壊すと初春がうるさいからね」

上条「っぶねえな、今何やりがった?!」

上条「電気か?ビリビリきたぞ!」

佐天「おおっ?!」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 23:12:19.45 ID:+JvfmYPI0
佐天「お兄さんこそ何やりました?」

佐天「今のって電撃を打ち消したんですよね?」

上条「電撃ぃ?!」

上条「ちょっと待て、何で俺まで攻撃するんだ?」

上条「助けに入っただけじゃねーか」

佐天「それはレディをガキ扱いした報いって奴ですよ。それよりも……」

バチィッ!

上条「のわっ!?」

佐天「やっぱり!その能力すごいですね!レベルはいくつですか?」

上条「いや、なんていうか身体検査じゃ一応無能力者って判定なんだけど」

佐天「またまた御冗談を」

上条(不幸な予感がするぞ、とりあえず逃げよう)ダッ

佐天「そんなわけ……って、あれ?」

佐天「あっ、待って下さいよ」

上条「どいてくれー」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 23:18:23.28 ID:+JvfmYPI0
・・・・河川敷・・・・・

上条「ハアハア、逃げ切ったか?」

上条「ここまでくれば、ゼエゼエ、たぶん大丈夫だと思うけど、なんて不幸な展開なんだ」

上条「走ったせいで喉が渇いた……」

佐天「じゃあ、これどうぞ」

上条「お、サンキュー……って?!オマエは?!」

佐天「ちょっとお兄さんに興味が湧いちゃったみたいなんで着いてきちゃいましたー」

上条「なんだ、なんだよ、なんなんですか?上条さんはそんな面白い人間なんかじゃないんですって」

佐天「上条さんって言うんですか、別に上条さんには興味ありませんよ」

佐天「私は上条さんの能力に興味があるだけなんです」

佐天「電撃を無効化するってどういう仕組みなんですか?」

佐天「レベル0の無能力者って本当なんですか?」

上条「もう勘弁して下さいっ」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 23:21:47.19 ID:+JvfmYPI0
佐天「だーから、教えてくれればいいんですよっ!」バチィ

パシィン

上条「うわっ」

佐天「また無効化された」

佐天「じゃあこれならどうですか」

ズモモモモ

上条「ちょ、なんだよそれ」

上条「エモノを使うのは反則だろ」

佐天「一応、私の能力で砂鉄を集めて造った棒ですから」

佐天「怪我しないようにしてるつもりですけど、ちょっとは痛いかもしれません」

上条「そうか、怪我しないなら大丈夫だな……って、痛いならダメじゃねーか?!」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 23:24:43.71 ID:+JvfmYPI0
佐天「それじゃ行きますよ」

ブンッ

上条「ひっ」スカッ

ブンッ

上条「うわっ」スカッ

佐天「おおっ、運動神経は良いみたいですね」

佐天「まあ逃げても無駄なんですけど」

ギュン

上条「?!」

上条「棒が伸びやが……」

佐天(タイミングばっちり)

パンッ

佐天(砂鉄に戻されてる)

佐天「砂鉄も無効化できるんですか、本当にその能力なんなんですか?磁界を弄ったりしてるんですか?」

上条「このくらいで勘弁してくれっ」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 23:27:53.82 ID:+JvfmYPI0
佐天「ま、砂鉄が残ってる限りは安心できませんよ」

上条「風に乗った砂鉄まで操れるのか?!」

ズズズズズ

上条「こんなこと何回やっても同じ結果じゃねーか!!」

パシィン

佐天「それは囮なんで―――真の狙いはこっちです!」

ガシッ

上条「ちょ、待って」

佐天(このまま直に電流を流させてもらおう)

シーン

佐天(電流が流れない……?)

上条「……」

佐天「……」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 23:31:20.89 ID:+JvfmYPI0
佐天「……」ニコッ

佐天(とりあえず、掴んではいるから倒しとこう)

クイッ

上条「うわっ?!」

ズシャァ

上条「うげっ?!」

佐天「このまま、キメさせてもらいますね」ビキビキ

上条「いててて、ギギギ、ギブアーップ!!」

佐天「却下」ミシミシ

上条「折れるって、マジで折れちゃうから、折れちゃいますって、いててててて」

佐天(うーん、今のも右手……)

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 23:34:15.94 ID:+JvfmYPI0
佐天「さっきから観察してたんですけど、右手しか使ってないですよねえ……?」

佐天「私相手じゃ右手だけで十分ってことですかあ?」ギリギリ

上条「いや、そういうわけじゃ、っててて」

佐天「ですよねえ、たぶん右手で触れることが無効化の条件だったりするんでしょ?」

上条「そ、そうです。その通りでございます」

佐天「へえ、珍しい。で、なんていう能力なんですか?」

上条「この右手は幻想殺しと言いまして、触れるだけで異能なら何でも無効化できるんです、はい」

佐天「右手だけなんですか?」

上条「右手だけだ」

佐天「ホントに?」

上条「ホントだって」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 23:36:30.15 ID:+JvfmYPI0
佐天「もしかして、上条さんが知らないだけで体の他の場所でも無効化できたりするんじゃないですか?」

上条「いや、そんなことはないと思うけど、試したことは無いからなあって、まさか?!」ギクリッ

佐天「じゃあ試してみましょうか?」

上条「な、何ですか、その極上の笑顔は?!」

上条「新しいおもちゃを見つけたーみたいな顔で上条さんを見るはやめて下さい!」

ズズズズズズズ

上条「こ、これは砂鉄?!」

佐天「安心してくださいよ」

佐天「上条さんが実験中に逃げないように抑えとくだけですよ、痛くはしません」


104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 23:38:53.31 ID:+JvfmYPI0
上条「じ、実験って、今明らかに安心できない単語が聞こえたような気がしたんですけど―――」

佐天「大丈夫ですって、かるーく電流を流してチェックするだけですから」

上条「人間の体は電気を流していいようには出来てないんですよーーー!」

佐天「こう見えても私って超電磁砲なんですよ」

佐天「この学園都市で電気の扱いが一番上手い人間だから安心してください!」

上条「今のどこに安心できるフレーズがあるんですか?全くもってなかったですよね?ねえ、ちょっと聞いてます?」

佐天「まあ、死にはしませんから」ビリビリッ

上条「ギャーーーーーーー」

・・・・人体実験ですの!・・・・・

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 23:40:59.19 ID:+JvfmYPI0
上条「…………」ピクピク

佐天「うーん、やっぱり右手だけでしたね」

上条「だ、だから最初から……右手だけって言ってるじゃねーか!!」

佐天「まあ、念のため調べておくのもいいじゃないですか」

上条「念のためで拷問みたいに電気をビリビリされたら、上条さんの体が持ちませんよ!」

上条「ちっくしょー、もう我慢の限界ってやつだ!!

上条「おいビリビリ」

佐天「なんですか?」

上条「今なら、許してあげますから早く解放してください。お願いします」

佐天「あはは、いいですよ」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 23:44:30.32 ID:+JvfmYPI0
上条「はー、やっと解放された、なんで俺がこんな酷い目に……不幸すぎる」

佐天「いやー、実験にご協力ありがとうございました」

上条「はいはいはいはい、どういたしまして!!もう上条さんは帰りますからね!」

佐天「そうですね、日も暮れちゃったし、次の実験はまた今度にしましょう」

上条「次だと……?」

佐天「今度は右手が無効化できるものを調べる実験をするんですよ?」

上条「えっ」

佐天「だって異能を何でもって言われたら試してみたくなるじゃないですか」

上条「いやいや、普通はなりませんよ!」

上条「何なんですか、そのマッドサイエンティストみたいな発想は?!」

佐天「うちの学校って強い能力の子がたくさんいるから、いろいろ試せると思うんですよね」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 23:47:17.43 ID:+JvfmYPI0
上条「おいおい、もうやること前提で話を進めてませんか?それ」

上条「上条さんは絶対協力しませんからね。人体実験は能力開発だけで十分です!!」

佐天「えー、でも常盤台ですよ? お嬢様とお近づきになれるチャンスってやつじゃないですか」

上条「お嬢様……か。いやいや、これは悪魔のささやき。俺にはわかる!絶対にこの誘いには乗ってはいけないんだ!」

佐天「実験の後は一緒にお茶なんかしながら、おしゃべりとかしたら楽しそうですよね」

佐天「お嬢様達とお茶をしながらおしゃべり…だと……ダメだダメだ。これは罠に決まってる。罠に決まってるんだあああ」

上条「こ、これ以上聞いてると上条さんの決意が揺らぎそうなんで―――さよならっ!!」
ダッ

佐天「あちゃー、逃げられちゃった」

佐天「ま、いいけどね」ニヤリ

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 23:49:25.71 ID:+JvfmYPI0
・・・・・・上条さんの不幸日誌1・・・・・・
学校帰りにビリビリに襲われて気絶した。
気がついたら、目の前に発火能力者がいた。
幻想殺しでとっさにガードしなかったら焼け死んでたと思う。
前髪がちょっと焦げた。

・・・・・・上条さんの不幸日誌4・・・・・・
買い出しの帰りに空力使いに襲われた。
幻想殺しでとっさにガードしたけど、セールで買った1パック99円の卵が御臨終になった。
落ち込んでたら、ビリビリが笑いながら声をかけてきたので文句を言った。
スーパーで一番高い1パック500円の卵で弁償してくれた。
これが格差か。

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 23:55:12.31 ID:+JvfmYPI0
・・・・・上条さんの不幸日誌8・・・・・・
なぜか風紀委員の詰所でのお茶会に誘われた。
行ってみると、ビリビリの他に頭に花を生やした子とツインテールの子がいた。
なんでも花の子は空間移動能力者らしい。
「上条さんを空間移動させたら右手だけ残ったりするのかな?」
ビリビリが恐ろしい事を言った。
よく考えたら空間移動は試したことが無かったが、たぶん空間移動自体無効化されるはずだ。
ビリビリの恐ろしいところは、危うい結果を予測しながらも試そうとするところだ。
結局、花の子がビリビリを叱ってくれたので平和なお茶会で終わった。
帰り際に花の子に頭の花の事を聞こうと思ったら、いつの間にか家に帰っていた。
何が起きたのか思い出せなくて恐い。

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 23:58:02.03 ID:+JvfmYPI0
ここらでだいたい半分強くらいです。
風呂に入るので20~30分空きます。

ちなみに俺は佐天>美琴>黒子>初春です。

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 00:23:55.83 ID:7sMpe+5I0
30分から再開します
好きなキャラ
佐天>美琴>黒子>初春

基本的にみんないい子だと思います
この話はウザい佐天さんと美琴いじめを読んだ時に思いついたから、こういう仕様になってるだけです。

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 00:31:47.82 ID:7sMpe+5I0
・・・・・7月17日 とある公園・・・・・

上条「疲れた、重い荷物持ってこんなに走ったのは初めてだから体が……」

美琴「私ってそんなに重かった?」

上条「あ、いや、これは言葉のアヤってだけで」

美琴「ま、ここまで運んでもらったしね、多少の事は気にしないわよ。はい、ジュース」

上条「さ、サンキュー」

美琴「で、何で私の事助けたの?」

上条「いや、誰かが揉めてるから気になって覗いてみたらビリビリがいて」

上条「そうしたら、なんかヤバそうだなって思って見てたら、ビリビリは電撃で警備ロボットぶっ壊すし、その上アンタに電撃を―――」

美琴「はあ? それじゃアンタはずっと見てたわけ?」

美琴「見てないで、さっさと助けに入りなさいよ!」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 00:35:23.13 ID:7sMpe+5I0
上条「いや、助けには入ろう入ろうと思ってたんですけど……」

上条「上条さんのビリビリに対するトラウマが全力で足を動かそうとするのを妨害してまして」

美琴「トラウマぁ?」

美琴「トラウマって何よ?」

上条「ビリビリの電撃を見ると足がガクガク震えて、汗がドワーって出てくるわけですよ」

美琴「なんでよ、電撃くらいアンタは打ち消すことができるでしょ?」

上条「ん、えーっと……」

美琴「御坂美琴よ」

上条「御坂……さんは幻想殺しの事知ってるのか?」

美琴「幻想殺し?」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 00:38:13.85 ID:7sMpe+5I0
上条「あ、俺の能力の名前なんだけど」

美琴「名前は初めて聞いたわ。まあ、それなりに有名よ。能力が効かないって」

上条「ゆ、有名になってるのか……どうせビリビリのせいなんだろうけど、きっとまた面倒なことが起きそうな気がしてきた。不幸だ……。」

美琴「ビリビリって佐天さんよね? その幻想殺しがあれば、佐天さんなんてどうにかできるんじゃないの?」

上条「あのビリビリをどうにか?そんな偉業がこの無能力者の上条さんに出来るわけないじゃないですか」

美琴「え?」

上条「確かに俺の幻想殺しは異能なら何でも―――神の奇跡でさえ―――打ち消すことができる。けど、その効果範囲は右手だけなんだよ」

美琴「右手だけ?」

上条「おう、右手だけだ」

美琴(右手だけの相手に私はあんな簡単にあしらわれてたのかー)ズーン

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 00:42:51.70 ID:7sMpe+5I0
上条「ん、右手だけじゃまずかったのか?」

美琴「ううん、なんでもないわ……」

上条「そ、か」

美琴「もしかして、佐天さんもそのこと知ってたり?」

上条「もちろん知ってる。この右手のせいであんな目にあうなんて上条さんは今思い出しても体がガクガクに震えますよ」

美琴「い、一体に何されたのよ」

上条「簡単に言うと、人体実験という名の拷問」

美琴「拷問って」

上条「右手の謎を解明するんだーって言って、まずは右手以外に能力が無いか、体の色々な部分をビリビリされました」ブルブル

美琴「うわ……」

上条「次に本当に何でも打ち消せるかって、いろいろな能力を相手にさせるんですよ、今生きているのが奇跡かと思えるくらいのすさまじい所業。今思い出しても不幸すぎる。不幸だ。」

美琴「それはちょっと酷いわね……」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 00:47:19.73 ID:7sMpe+5I0
美琴「アンタ抵抗しなかったの?」

上条「いや、そりゃもちろん抵抗しましたよ。でも、幻想殺しのタネが割れてるから歯牙にもかけられず、簡単にビリッとやられてゲームオーバーってやつですよ」

上条「今じゃビリビリを見ると、服従のポーズをとりたくなる衝動に刈られるようになってしまってるんですよ」

上条「爆誕M奴隷上条当麻みたいなって、自分で言ってても不幸すぎて涙が止まらないんですけど―――」

美琴「うわ、かわいそ」

上条「そんな同情するような目で俺を見るな、見ないでください……ますます惨めな気分になってくるんです」

美琴「ごめん」

上条「いやー、だからこそ、御坂さんはすごいなーと思ったわけですよ」

上条「あんな恐ろしいビリビリに無能力者なのに挑んでいくなんて、上条さんは感激のあまり胸が詰まりそうでしたよ」

美琴「別にすごくなんかないわよ。完全に手加減されて散々なめられて最後には適当にあしらわれたの見てたんでしょ?」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 00:50:12.51 ID:7sMpe+5I0
上条「いや、それでも立ち向かえただけで凄いと思うんですが」

美琴「アンタだって一応は立ち向かったわけでしょ?」

上条「そりゃ、俺には一応この右手があるわけだし、逃げる隙を作るだけだからさ」

上条「御坂さんは俺みたいに反則ありの無能者ってわけじゃないんだよな?」

美琴(反則ありの無能力者ね……)

美琴「そもそもよ、何であんたは無能力者って名乗ってるわけ?」

美琴「そんな便利な能力持ってて無能力者名乗ってるって、アンタって他の無能力に申し訳ないと思わないの?」

上条「いや、それはそうなんだけど、システムスキャンの数字上は無能力者と表示されてるわけなんで……」

美琴「そんなもん、ちゃんと自分で申告してしかるべき方法で計測してもらえばいいじゃないのっ」

上条「す、すいません」

美琴「ま、そのことは今はどうでもいいわ」

上条「どうでもいいことで怒られたのか……」ズーン

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 00:52:45.39 ID:7sMpe+5I0
美琴「その幻想殺しって本当に神の奇跡も打ち消せるの?」

上条「一応は」

美琴「じゃあ、神の気まぐれみたいな現象はどうにかできる?」

上条「神の気まぐれ?」

美琴「そ、神の気まぐれ。唐突に起こった原理不明の超常現象よ」

上条「この右手は異能限定だから、その神の気まぐれってやつが異能絡みならなんとかなると思うぞ」

美琴「異能絡みってよくわからないんだけど、試し見てみる価値はありそうね」

美琴「今からするのはちょっと突拍子もない話だけど、ちょっと聞いてもらえるかしら」

美琴「さっきアンタは私に無能力者かどうか聞いたわよね?」

上条「ああ」

美琴「私は一応無能力者なのよ。完全無欠のアンタみたいな反則無しの無能力者」

美琴「でもね、それはハードだけなの」

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 00:59:41.64 ID:7sMpe+5I0
上条「ハード? ハードっていうとその硬いとか柔らかいっていう?」

美琴「そうじゃなくて、ソフトとハードのハードよ。ここでは肉体的な部分のことよ」

上条「ああ、そっちのハードですか、知ってましたよ」

美琴「問題は私のソフト、つまり、精神的な部分のことなんだけど、その部分は超能力者―――レベル 
なの」

上条「つまりは、レベル0だけど頭の中だけはレベル5ってわけか?」

上条「それっておかしくないか? 能力は頭の中が問題なんだぜ?」

上条「頭の中がレベル5なら能力が使えるんじゃないのか?」

美琴「たぶんレベル0の御坂美琴の脳にレベル5である私の記憶や思考、意識、ううん、心っていうのが一番わかりやすいかも、それが上書きされている状態だと思う」

上条「なんだよ、それ?」

上条「じゃあお前は何者なんだ?御坂さんじゃないってことなんだろ?」

美琴「ううん、私もまた御坂美琴なの」

上条「ど、どういうことなんだ?」

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 01:01:34.03 ID:7sMpe+5I0
みす><
>美琴「そうじゃなくて、ソフトとハードのハードよ。ここでは肉体的な部分のことよ」

美琴「そうじゃなくて、パソコンとかのソフトとハードのハードよ。ここでは肉体的な部分のことよ」

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 01:06:24.58 ID:7sMpe+5I0
美琴「アンタは並行世界って知ってる?」

美琴「この世には無数の世界があって、そのどれもが違ってるっていう話」

美琴「アンタが幻想殺しを持ってない世界、それどころか能力というものが存在しない世界もあるかもしれないってこと」

上条「そんなもんが本当に?」

美琴「そう思うわよね」

美琴「でもね、レベル5の御坂美琴が存在する世界、私はその世界から来た御坂美琴なの」

上条「ちょっと待ってくれ」

上条「なんか変な宗教とか電波を受信してるとか、そういう類の話じゃないんだよな?」

美琴「宗教なんてこの学園都市にいたら馬鹿らしくて信じてられないわよ。ま、電波かどうかは否定できないわ」

上条「御坂さんはマジで言ってるのか?」

美琴「大マジよ、その世界の7月25日に目が覚めたと思ったら、こっちの世界の7月16日」

美琴「体ごと移動してれば、まだマシだったんだけどね」

美琴「ねえ、アンタは私の話信じてくれる?」

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 01:09:23.55 ID:7sMpe+5I0
上条「お、俺には信じられない」

美琴「そう」

美琴(黒子みたいにはいかないか)

上条「並行世界だとか意識だけ移動したとか、そんな話を信じるのはちょっと無理だ。すまん。」

美琴「別にいいわ。普通はそうだから」

美琴(やっぱり信じてもらえないか……)

上条「だけど―――信じることはできないけど、御坂さんが困ってるってことだけはわかるぜ」

上条「もし、御坂さんがその並行世界の間を移動してしまった原因が異能なら、この右手で元に戻すことができるはずだ」

美琴「うん」

上条「この右手―――幻想殺しを試してみてもいいか?」

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 01:12:34.90 ID:7sMpe+5I0
美琴「それはこっちから頭下げてお願いしなきゃいけないことよね」

上条「いや、上条さん的にはただ触るだけなんで、頭を下げたりなんかは別にしなくても」

美琴「いいの、これは礼儀ってやつなんだから」

美琴「よろしくお願いするわ」ペコリ

上条「は、はい!」

上条「じゃあ、それでは早速……」

上条「ん? 精神だけって話だから、この場合は頭を触ればいいのか?」

美琴「たぶん、そうじゃない?」

上条(な、なんとなくだけど面と向かって頭触るって恥ずかしいな)

上条「そ、それでは、ちょっと失礼しますがよろしいでしょうか……」ドキドキ

美琴(これってなんだかすごい恥ずかしいかも)

美琴「う、うん」ドキドキ

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 01:14:58.02 ID:7sMpe+5I0
美琴「…………」

上条「…………」

上条「そんなに緊張されると、ちょっとやりにくかったりするんですけども」

美琴「ご、ごめん! だってアンタも緊張してるじゃない」

上条「それは御坂さんみたいな可愛い子と、こう触れ合ったりするのに慣れてなくてですね!」

美琴「そ、そんな私なんて可愛くないわよ……」

上条「い、いやそんなことないって。本当にめちゃくちゃ可愛いと思うぞ」

美琴「あ、アンタ……」カァァァァ

上条「あ、俺は何を言ってるんだ? いや、今のはなんというか、つい口から出てしまった出まかせと言いますか、いや可愛いっていうのは本当なんですけど!」

上条「上条さんの頭の中は美少女と触れ合えるという存外の幸福でちょっとオーバーヒート寸前だったりするわけで」アタフタ

美琴「ちょ、ちょっと落ち着きなさいよ!」

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 01:16:36.96 ID:7sMpe+5I0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上条「ふー、もうすっかり落ち着いたぜ。大丈夫、これを機にお近づきになれたらなんて考えたりはしてませんから安心してくれ!」

美琴「は、はあ……」

美琴(本当に大丈夫なの?)

美琴「あの、そろそろ本題に入ってくれると嬉しいんだけど……」

上条「俺にまかせとけ、御坂さんのために幻想の一つや二つ簡単にぶち殺す」

美琴(やっぱりテンションがおかしい)

美琴「お願いします」

上条「よし、触るぞ……」

ポン

美琴「っ……」

シーン

上条「どうだ……?」

美琴「ううん、どうにもならないみたい……」

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 01:19:14.40 ID:7sMpe+5I0
上条「そうか……ごめんな。コイツで無理となると俺にはちょっと」

美琴「ううん、しょうがないわよ」

美琴「あ、あれ……」ポロポロ

上条「ちょ、ちょっと待て!」

上条「このタイミングで泣くのは反則っていうか、大口を叩いてしまった上条さんの胸が罪悪感で張り裂けそうにっ」

美琴「いいのよ」

美琴「別にアンタは悪くないから、気にしないで」

美琴「アンタに出来ることはやってもらったし、原因が異能じゃないってことだけはわかった。すごく助かったわ」

上条「いや、助かったって―――」

上条(俺は何もしてないじゃねえか)

美琴「もうアンタには用はないから帰ってもいいわ」

193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 01:21:01.73 ID:7sMpe+5I0
上条「いや、さすがにこの状況で女の子を置いていくっていうのは……」

美琴「だからさ、緊張の糸っていうのかな? それが切れちゃっただけ」

美琴「ただ、それだけのことなの」

上条「それだけって……」

美琴「それにまかせろって言ってくれた時は本当に嬉しかったし……」

美琴「そういうわけだから、もう行っていいわ、付き合ってくれてありがとね」

美琴「私は大丈夫だから……ね?」

上条「嘘つくなよ……」

上条「なんで、嘘なんかつくんだ!そんな顔して涙を流してるのに大丈夫なんかのわけないだろ!」

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 01:24:16.49 ID:7sMpe+5I0
美琴「だから、もういいってば!!」

美琴「大丈夫なんかじゃないのは私自身がよくわかってるわよっ!」

美琴「本当に戻れるかなんて全然わからなくて不安で不安でたまらないわよ……」

美琴「けど、どうにもならないの」

上条「アンタに出来ることはもうないし、並行世界のことだって信じてないんでしょ?」

美琴「私もすぐ帰るから、アンタも帰んなさいよ。ほら、日も暮れてきたわけだしさ」

上条「確かに―――」

上条「確かに俺に出来ることは何も無いかもしれない。並行世界のことだって理解できないし、この右手の力も利かなかった」

上条「だけど、そんなもんは関係ないんだ。俺には目の前で泣いてる女の子をほっとくなんてできない!」

美琴「…………」

美琴「それで―――私をほっておけないアンタはどうしてくれるの?」

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 01:26:17.52 ID:7sMpe+5I0
上条「なっ……!」

美琴「ほっておけないんでしょ?」

上条「そ、それは……」

美琴「そういうさ、口先だけの男って嫌われるわよ」

上条「一緒に、御坂さんと一緒にいてやるくらいなら俺にだって出来る!!」

美琴「あははっ」

美琴「じゃあ、私が一生元に戻れなかったらどうするの?」

美琴「一生、私と一緒にいてくれる?」

上条「…………」

美琴「ふふっ、冗談よ。じょーだん」

美琴「さ、もう帰りましょ」

上条「いいぜ―――」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 01:29:59.76 ID:7sMpe+5I0
上条「お前が一生一緒にいてくれって言うならいてやるよ」

上条「俺が一緒にいることでオマエに救いがあるなら一生だって一緒にいてやる」

上条「さっきの並行世界から来たって話も全部信じる。そのことでオマエを泣かせたりは絶対にしないし、させない」

美琴「な―――」

上条「それに上条さんみたいなモテない男にとっちゃ、御坂さんみたいな可愛い女の子と一生一緒にいれるなんて最高の幸運ってやつだからな」

美琴「ふふっ、あはははははははは!!!」

美琴「何よ、結局最後のが本音なんでしょ?」

美琴「一生一緒になんてプロポーズみたいなもんよ、初対面の人間に本気でそんなこと言うと思ってんの?」

美琴「冗談に決まってるじゃない、本気にしないでよね!」

上条「確かにプロポーズ……だよな」

上条「なんだか、めちゃくちゃ恥ずかしくなってきたんですけど、うわあああ」

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 01:33:29.01 ID:7sMpe+5I0
美琴「でもね、嬉しかった」

上条「えっ」

美琴「あんなに真面目な顔でさ、一生一緒にいてやる、なーんて言われたの、初めてだもん」

美琴「嘘でも嬉しかったよ」

上条「嘘なんかじゃない!」

美琴「そ、そんなこと言われたら本気にしちゃうわよ」

上条「俺は本気だった。今は何もできないけど、一緒にいて何か出来ることを探してやりたいと思った。」

上条「何でもいいから助けになってやりたかった。この気持ちは嘘なんかじゃない」

美琴「うあ……」

上条「今だって何かしてやりたいって思ってるんだぜ」

美琴「~~~~っ」カァァァァ

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 01:35:45.50 ID:7sMpe+5I0
上条「…………」

美琴「…………」

美琴「そんなに何かしたいって言うなら……」

美琴「今ね、アンタにお願いしたいことできたんだけど」

美琴「私のお願い―――聞いてくれる?」

美琴「一生一緒にいてなんて無理なお願いはしないから、さ」

上条「ああ、いいぜ」

美琴「触って……右手でもう一回、頭触って」

上条「えっ?」

上条「いや、もう右手の力は効かなかったから―――」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 01:37:26.96 ID:7sMpe+5I0
美琴「いいから」

美琴「お願い、聞いてくれるんでしょ?」

上条「お、おう」

ポスン

美琴「ん……」

美琴「そのまま撫でて」

上条「えっ」

美琴「撫でてって言ったの」

上条「あ、ああ」

ナデナデ

美琴「…んん……」ナデナデ

上条「…………」ナデナデ

美琴「うん、ありがと……。もういいわ」

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 01:39:31.29 ID:7sMpe+5I0
美琴「じゃあ、そのまま後ろ向いて」

上条「ええっ?」

美琴「良いって言うまでこっち向かないでよ」

上条「なんででしょうか?」

美琴「女の子には顔を見られたくない時ってのがあんのよ」

上条「は、はい、すいません」

美琴(ちょっとくらいならいいよね……)

ギュっ

上条「ちょ、御坂さん?! 何をやっていらっしゃる?」

上条「そ、そんな風に抱きつかれると、何か柔らくて自己主張する物が上条さんの背中に当たるんですけど―――」

美琴「さ、ささやかなお礼ってやつだから」

223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 01:43:31.98 ID:7sMpe+5I0
美琴「私ね、こんな状況になって凄い心細かったのよ」

美琴「でもね、アンタのせいで元気が湧いてきちゃった」

美琴「もし、明日になって元に戻れなくても頑張れると思う」

上条「お、お役に立てて光栄なことは光栄なんですけど、そろそろ離れてくれないと上条さんの方がちょっとヤバいことになりそうなんですが」

美琴「アンタはそればっかりね、空気って物を読みなさいよ!このスケベ!」

上条「す、すいません、ですが、そのこういうことには全く慣れてなくてですね」

美琴「本当はもう会えないのが一番なんだけど、機会が有ったらまた会ってくれる?」

上条「そりゃ、もちろんかまわないけど」

美琴「ふふっ、ありがと」ギュー

上条「ちょ……胸が」

美琴「じゃあね!」ダッ

上条「行っちまった」ポカーン
上条(会えないのが一番、か……)

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 01:45:57.01 ID:7sMpe+5I0
・・・・夜 柵川中学学生寮 美琴自室・・・・
美琴「えへへ~~~~」ギュー

ガチャ

黒子「失礼しますの」

美琴「むふふ~~~~~」ムギュー

黒子「…………」

美琴「ふふふ~~~~」ギュー

黒子「…………」

・・・・・10分経ちましたの!・・・・

美琴「へへへ~~~~」ギュギュー

黒子「…………」

黒子(まだやってますの)

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 01:48:27.76 ID:7sMpe+5I0
美琴「~~~~~~~」ギュー

黒子「御坂先輩、なにやってますの?」

美琴「?!」

美琴「く、黒子、いつの間に?」

黒子「さっきからいましたが御坂先輩が気がつかなかっただけですの」

黒子「ずいぶんと丸めた蒲団をお気に召してるようですが、夢中になるほど抱き心地がよろしいんですの?

美琴「べ、べべ、別に夢中になんかなってないわよ!」

黒子「…………」

美琴「あ、アンタこそなんか用なの?」

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 01:51:40.84 ID:7sMpe+5I0
黒子「脇腹の方はいかかでしょう?まだ痛みますの?」

黒子「一応、また換えの包帯とシップを持ってきましたが」

美琴「ん、まあ痛いと言えば痛いけど、たいしたことはないわ」

美琴「あと1日くらいシップしとけば、たぶん治ると思う」

黒子「そうですか、それではここに置いておきますから」

美琴「うん、ありがと」

黒子「それで、何か嬉しいことでもおありになったんですの?」

美琴「えっ?!」

美琴「い、いきなり何言ってんのよ?」

美琴「な、何も無いに決まってるじゃない!」

232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 01:53:04.38 ID:7sMpe+5I0
黒子「ですが顔がにやけっぱなしで、どう見ても何かあったとしか思えないですの」

美琴「え、にやけてる?」

黒子「ええ、どこからどうみてもにやけてますの」

美琴「そんなことないわよっ 黒子の気のせいよ気のせい」

黒子「私が入室した時の奇行の原因かと思っていたのですが」

美琴「奇行って……」

黒子「どう見ても奇行ですの」

黒子「抱きしめ方にもなんだか力が入っていましたし」

美琴「ちょっと、ほんのちょっと良い事があっただけなの」

美琴「別にたいしたことなんかじゃないから気にしなくてもいいのよ」

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 01:55:58.28 ID:7sMpe+5I0
黒子「ふーん」ニヤニヤ

美琴「な、何よ? その何か言いたげな顔やめてちょうだい」

黒子「ズバリ、男……ですわね」

美琴「?!」ギクリッ

黒子「図星ですか、御坂先輩」

美琴「全然、図星なんかじゃないわよ、そもそも、今の私は男とかそういう事にかまけてる場合じゃないでしょ?」

黒子「ま、それは確かにそうですの」

黒子「こんな状況で、いや、こんな状況だからこそ……もしかして、向こうの世界の恋人なんかと会ってたのではないですの?」

美琴「な、何言ってんのよ!アイツは別に恋人なんかじゃないってば!」

黒子「ふーん、アイツってどなたのことですの?」

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 01:59:21.39 ID:7sMpe+5I0
美琴「は?!いや、それはその、だから……」

黒子「御坂先輩が男性とお会いしていたのは確定ですの」

黒子「にもかかわらず、今の私は男とかそういう事にかまけている場合じゃない、なーんてことを言ってらしたのね」

美琴「うう……、黒子がいじめる」

黒子「それで、誰とお会いしていたんですの? 超能力者に想われるような素敵な殿方の事をお聴きしたいですわ」

美琴「ちょ、ちょっと待ってよ、別にあいつは恋人でも想い人でもなんでもないのよ」

黒子「あら、そうでしたの」

黒子(ばればれですの)

黒子「では、そういう設定でいいので是非お話を聞かせて下さいませ」

美琴「設定って……アンタねえ」

美琴「別にたいした話じゃないわよ、ちょっと街で佐天さんにって……佐天……そうだ佐天さんよ!」

黒子「御坂先輩の想い人は佐天さんだったんですの?!」ガーン

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 02:02:37.33 ID:7sMpe+5I0
美琴「馬鹿!!何言ってんのよ!」

美琴「佐天さん、さっき佐天さんにボコボコにやられたのよ!」

黒子「ボコボコ?どこもお怪我はなさってないようですけど?」

美琴「それは言葉のアヤってやつで、佐天さんに戦いを挑んだけど良いようにあしらわれて、握手されて負けたのよ!」

黒子「もう少し、落ち着いて、おっしゃりたいことをまとめてくださいまし」

・・・・・今日の事を説明中ですの!・・・・・

黒子「今日、佐天さんと揉めていたのは御坂先輩でしたのね」

黒子「警備ロボットが破壊されたとの報告がありましたので佐天さんが何かやっているのは知っていましたが、まさかその相手が御坂先輩だとは、さすがのわたくしも驚きですの」

黒子「レベル5に喧嘩を売るなんて正気の沙汰とは思えませんの」

黒子「まあ佐天さんもしっかり手加減して下さったようですし、御坂先輩にお怪我がなくて何よりですわ」

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 02:07:23.99 ID:7sMpe+5I0
美琴「何よりですわ、じゃなーーーい!!」

黒子「大声は迷惑になりますから抑えて下さいませ、御坂先輩」

美琴「私のプライドはズタボロなの!あんなにネチネチ嫌味ったらしく好き勝手言われたのは生まれて初めてよ」

美琴「しかも、そのうち半分は『私』にはどうしようもないことなのよ?」

美琴「でも、結局今の『私』はこっちの私だから言い返そうにも言い返せないし、あーーー、今思い出してもムカついてきたわ」

黒子「はあ、お気持ちはわかりますけど、もう少しトーンを抑えてほしいですの」

美琴「しかも、何、気にいった?すぐに能力がつかえるようになる?どんだけ上から目線なのよ?!」

黒子「一応、学園都市第3位の能力者ですのよ」

美琴「私だって、第3位だっての。しかも、最後は勝手に仲直りまでしてったのよ?もう意味がわかんない」

黒子「その辺は……、まあ佐天さんらしいと言えば佐天さんらしいのですが」

美琴「あんな奴が超電磁砲だなんてこの学園都市も長くないわね、フン」

243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 02:11:12.46 ID:7sMpe+5I0
黒子「それでも常盤台での人気は絶大ですわよ」

美琴「そうなの? あんなのが?」

黒子「なんというか、少々天然が入っている不思議なところが常盤台の上級生のお姉さま方から大人気らしいですの」

黒子「それにあちらでは基本的に初春がついていますから、それほど突拍子もないことはできませんからね」

美琴「初春さんか……確かに初春さんに怒られるーって言ってたわね」

黒子「初春は相当苦労しているようですわ」

美琴「なんだかなあ、あんな性格だから学校じゃハブられて初春さんしか友達がいないような感じかと思ってたわ」

黒子「そこまでおっしゃらなくても……」

美琴「だって、無能力者に対して思いやりとかそういうのが全然ないのよ?」

黒子「一応、努力でレベル1からレベル5まで上り詰めた人間ですからね、努力しないで甘んじている人間はあまり好きではないのでしょう」

黒子「アナタ様も同じようなタイプかと思ったのですが」

美琴「うーん、確かにそう言うわれるとなんだか納得しそうになるわね」

249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 02:17:14.29 ID:7sMpe+5I0
黒子「ま、常盤台には低能力者以下がいないですから、そういう面があまり目立たないってことも考えられますわ」

美琴「それはその通りかもしれないわ」

黒子「まあ、わたくしに言わせてもらえば御坂先輩の方が心配ですのよ」

美琴「それは『私』には関係ないから、基本的にノータッチよ」

美琴「って、そうだった」

美琴「その辺の話で思い出したんだけど、アンタにちょっと聞きたいことあんのよね」

黒子「はい、なんでしょう?」

美琴「アンタってよく私の話を信じる気になったわよね?」

黒子「はい?」

美琴「だーからー、普通だった絶対信じるわけないじゃない、それなのによく信じてくれたわねって」

美琴「よっぽどの信頼関係が築けてないと信じてもらえないと思うのよね」

黒子「そうかもしれませんが、御坂先輩と私は良い関係を築いてますので……」

美琴「そう、そこなの、アンタって何で『御坂美琴』と仲良くしてんの?」

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 02:27:34.37 ID:7sMpe+5I0
黒子「な―――」

黒子「急に何をおっしゃるんですか?」

美琴「ちょっと気になったのよ」

美琴「御坂美琴ってクラスにも友達が一人もいないダメ人間なんでしょ?」

美琴「黒子との接点は部屋が隣同士なだけよね?」

美琴「元の世界の『私』と黒子と同じような関係でちょっと気が付かなかったけど、昨日のアンタの話を聞いてた限りじゃ、とてもじゃないけど、アンタと『御坂美琴』が良い交友関係を結べるとは思えないのよ」

美琴「問題があって孤立するような性格なのに黒子はなんで仲良くしてるのかなって」

黒子「それは部屋が隣ですし、わたくしは後輩なのですから」

美琴「それだけなの?ただそれだけで私の話を信じてくれたりするの?」

美琴「ただの部屋が隣同志の先輩後輩ってだけで、私の様子が違うって心配してくれたり、甲斐甲斐しく世話を焼いたりするわけ?」

美琴「私には黒子がどうしてそこまで尽くしてくれるのか不思議なの」

259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 02:31:24.07 ID:7sMpe+5I0
黒子「それは―――」

黒子「それはアナタ様には関係ないことですの」

美琴「そっか」

美琴「それなら、しょうがないわ」

美琴「悪かったわね。あんま聞かない方がいい事聞いちゃって」

黒子「こちらこそ、申し訳ありませんの」

黒子「では、わたくしはこの辺で失礼しますわ」

美琴「わかったわ」

美琴「じゃあ、黒子、おやすみ」

黒子「おやすみなさいませ」

ガチャッ……パタン

美琴(あっ、別れの挨拶するのを忘れた)

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 02:34:39.64 ID:7sMpe+5I0
・・・・・・・・・・・・・

美琴「ん、朝か……」

ガバッ

美琴「うん、見慣れた部屋ね」

美琴「三日目にして、見慣れてしまった柵川の学生寮だわ」

美琴「やっぱり、戻れてないか……」

美琴「はあ、本当にどうしようかな」

美琴「まあ、どうしようもないんだけどさ」

美琴(昨日は色々あったな……)

美琴(一生に一緒にいてやる、か……えへへ)

美琴「うん、クヨクヨしてても、しょうがないわね!」

美琴「しょうがない、今日も無能力者を頑張りますか!」

7月18日に続く

272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 02:43:39.16 ID:7sMpe+5I0
と、いうことで書き溜めが尽きたので一旦終了します。
書き溜めが出来ましたら、またスレを立てますのでこのスレは落として下さい。
次も一週間後くらいになると思います。
支援ありがとうございました

278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 02:46:41.09 ID:vK4l15jZO
とりあえず何日まで続くんだ?
次また見つけても続くで悶々とするのもなんだし完結するまではログ取得するだけにしときたいんだが

281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 02:57:09.55 ID:7sMpe+5I0
>>278
プロットには無能力者の5日間って書いてあります
恐らく、20日で終わるかと



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。