FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上条「天下三分の計だぁ?」

427 名前:上条「天下三分の計だぁ?」[saga] 投稿日:2010/08/30(月) 06:53:03.65 ID:FKRXpP60 [1/15]
すいてるうちに投下。既出ネタだろうがせっかくなので。

428 名前:上条「天下三分の計だぁ?」[saga] 投稿日:2010/08/30(月) 06:53:45.74 ID:FKRXpP60 [2/15]
禁書「うん。最終的にはこの国を統一するんだよ。その前にまず貴方は、都を討つべし、かも」

上条「お、おいインデックス。話が見えてこないんだが……だいたいここはどこだ? 目が覚めたらいきなり……」

禁書「……やれやれ、何を言ってるの? この戦乱の世で……。とうまは劉備なんだよ。しってる?劉備げんとく」

上条「お前なあ、説明口調になっちまうのはいいとしても、いくらなんでもこの設定は無理ないか?」

禁書「メタ発言されてもこまるんだよ」

上条「うるせぇっ! ……くそ、不幸だ……。ちなみにお前は誰の役なんだよ?」

禁書「諸葛孔明なんだよ。ふふん、私の頭の中には10万3000冊の兵法が記憶されてるんだから!」

上条(この時代にそんな数の本ねえだろ……)


上条(ん? まてよ)

上条「やい孔明」

禁書「普通にインデックスでいいんだよ」

上条「じゃあインデックス。この話、色々と設定がおかしいぞ」

禁書「? どこが?」

429 名前:上条「天下三分の計だぁ?」[saga] 投稿日:2010/08/30(月) 06:54:37.16 ID:FKRXpP60 [3/15]
上条「三国志なんてよく覚えてないけど、俺は劉備の役でいいんだよな?」

禁書「そうなんだよ。ありがたく演じるんだよ。蜀の国の王様なんだから。人望だけが取り得なんだよ」

上条「グサッとくることを平然と言うな!」

禁書「てへ」


上条「……だけど、それなら尚更おかしいぞ。劉備が孔明に会うのは……ええと、確か桃園のなんちゃらってので酒飲んで……」

禁書「桃園の誓い」

上条「そうだそれだ。なんだっけあいつら。……関羽、と張飛だ。
   あの義兄弟と酒飲んでねえぞ俺は。お前の方が先に出てきてどうすんだよ」

禁書「うーん、仕方がないんだよ。じゃあ今から二人に会いに行くんだよ」

上条「は? じゃ、じゃあって……」

禁書「こうめいわーぷ!」

上条「おわぁッ!? 都合よすぎるだろその能力……あーれー」


上条(まったくなんだってんだいきなり……しかし、関羽と張飛……だって?)

上条(………きょうだい…………………?)

430 名前:上条「天下三分の計だぁ?」[saga] 投稿日:2010/08/30(月) 06:55:56.38 ID:FKRXpP60 [4/15]
___________________________
都にて。


美琴「黒子ッ! そっちはどう!?」

黒子「お姉様ッ! 囲まれてますの!!」

美琴「くっ……。一旦引くしかないわね……。何なのよあの化け物は……」

美琴(こんなことなら早まらないで、やっぱりちゃんと兵を連れてくるんだった……)

黒子「お姉様、後ろですのッ!」

美琴「ッ!?」



垣根「この都に殴りこんできた勇気は買うぜ、お二人さん。
   よほど実力に自信があると見える。は、うちの兵たちをだいぶ可愛がってくれたみてえだな。
   ……だが残念だ、この俺の未元物質にその常識は通用しねえ」


美琴「上等じゃないの、それならタイマンで勝負よ!!」


垣根「そいつはもっと無理な話だ。二人だろうが三人だろうが、この俺の能力でねじ伏せてやるよ」

美琴「ムカつく~~!! 何なのよそのチート能力は~!!アンタなんか部下に裏切られて殺されちゃえ!!」


431 名前:上条「天下三分の計だぁ?」[saga] 投稿日:2010/08/30(月) 06:56:55.73 ID:FKRXpP60 [5/15]
黒子「お姉様っ! そいつの能力はやばすぎるんですの!ここは二人がかりで…………はッ!?」


垣根「――――――逆算、終わるぞ」

美琴・黒子(~~ッ!!)


ピュイーン!


垣根「……?」

上条「何してんだ、てめえ……」

美琴(……!? な、何者……?)


上条(う、関羽と張飛はやっぱりこの二人か……はぁ。先が思いやられる……。まぁ出ちまったもんは仕方ないよな)

上条(……相手は都の武将。ってことは呂布か。……こいつは見たことない面だな)


432 名前:上条「天下三分の計だぁ?」[saga] 投稿日:2010/08/30(月) 06:57:49.25 ID:FKRXpP60 [6/15]

上条「おいお前! 御坂と白井に何をした!!」

美琴(へ? なんで私の名前知って……っていうか……)

白井(能力を打ち消したんですの!?)


垣根「……誰だお前?」

上条「誰だろうが関係ねえだろ!! ……いいぜ、お前がこれ以上、こいつらに手を出すってんなら……」


上条「まずはその幻想をぶち殺す! いくぞおりゃぁっ!」


垣根「……ふん」


バキィッ!



上条「いでえっ!?」


433 名前:上条「天下三分の計だぁ?」[saga] 投稿日:2010/08/30(月) 06:58:41.32 ID:FKRXpP60 [7/15]

垣根「………小物だな、お前」

上条「い、いてて……な、何だと?」

垣根「俺が能力だけに頼るような相手だと思ったか?
   肉弾戦でもお前程度の使い手なら軽くひねりつぶせるぜ。愉快な死体になりてえかよ?」

上条「……ぐ、ぐぐ……」

上条(第一位のときみたいにはいかないか……くそ)

美琴(なんなのよあいつ、戦闘の方ははてんで素人じゃない……。もお……弱いくせに私のことかばったりして……馬鹿……)ドキドキ

黒子(お姉様から不穏な空気を感じますの………)


垣根「………」

上条(くそ……やられる……!)

垣根「興が冷めた」

上条「……!?」


434 名前:上条「天下三分の計だぁ?」[saga] 投稿日:2010/08/30(月) 06:59:45.17 ID:FKRXpP60 [8/15]

垣根「そこの二人を連れて出直してこいよ。いつでも相手になってやるぜ。……なんなら次は、三対一でもいい」

上条「……ふ、ふざけやがって………あぐっ」

垣根「気絶したか。脆いヤツめ。これじゃあ何回やっても俺が勝つな」

黒子「な、なめてますのよこの男ッ!! お姉様っ!」

美琴(……今なら黒子の能力で引き下がれる……。くやしいけど、このままじゃ全滅だわ)

黒子「お姉様ッ! 二人がかりならなんとかなりますの!!」

美琴「ダメよ。……あいつの言うとおり、ここは一旦引くのが得策」

黒子「ええっ!?」

垣根「頭は冴えてるようだな、超電磁砲。この都を落とすには力だけじゃダメだぜ。……ここ、使えないとな」トントン

美琴「ええ、覚えておく。次に会ったときがアンタの最期よ」

垣根「……ああ、楽しみにしてる」

美琴「……黒子」

黒子「……くっ! 覚えてろですの!」ヒュン



垣根(………)

垣根「能力を打ち消す……か」

435 名前:上条「天下三分の計だぁ?」[saga] 投稿日:2010/08/30(月) 07:00:59.35 ID:FKRXpP60 [9/15]
――――――――――――――――――――――――

禁書(……ふう。隠れててよかったんだよ。とうまには悪いんだけど諸葛孔明は知将。危ない橋は渡らないんだよ。うふふ)

禁書(……ってあれ!? あああ、しまったかも! とうま達に置いてかれちゃったんだよ!)

禁書(うう……あんまりこの無茶な技は使いたくないのに……)

禁書(仕方がないんだよ……)

禁書「こうめいわーぷ!!」

__________________

荒野にて。

ヒュン

美琴「……ふう。ありがと、助かったわ黒子」

黒子「……お姉様」ジロジロ

美琴「な、何よ……」ビクッ

黒子「どうしてこの殿方まで連れてきたんですの?」

美琴「へ? そ、そりゃ……。いくらなんでもあのまま放っておくわけにはいかないでしょ、空気的に!」

黒子「ふうん……」

美琴「な、何なのよ!? 本当にそれだけだってば! だいたいこいつ、戦闘能力は皆無じゃない。使い物にならないわよ、こんな馬鹿」

黒子「ふーん??」

美琴「……しつこいっつの!」


436 名前:上条「天下三分の計だぁ?」[saga] 投稿日:2010/08/30(月) 07:02:21.45 ID:FKRXpP60 [10/15]

上条「う、ううん………」

美琴・黒子「!」

上条「あ、あれ……ここはどこだ……? はっ、あのメルヘン男は……!?」

黒子「おはようですの」

上条「し、白井? ……あ、そうか、お前の能力で……。あ、御坂も」

美琴「………お、おはよう」

上条「あはは。お前は変わらないなぁ」

黒子「あなた、名前は何と仰りますの? というか、色々と伺いたいことが……」

美琴「く、黒子! もういいでしょ! 私たちにはなすべきことがあるのよ! こんな馬鹿放っておいて、ほら作戦会議!」

黒子「ですがお姉様。不思議に思いませんの? わたくしたちの名前を、この殿方」

美琴「……別にそんなに不思議なことじゃないでしょ。私たちの名も、それなりに売れたってことよ。山賊狩りをしてた成果ね」


437 名前:上条「天下三分の計だぁ?」[saga] 投稿日:2010/08/30(月) 07:03:52.62 ID:FKRXpP60 [11/15]

上条「……あの……」

美琴「な、何よ? いっとくけど、私はアンタに助けられたなんて思ってないんだから!
   あのままやりあってたら私たちの手柄にできたかもしれないのに、まったく、余計なことをしてくれたっていうか! この馬鹿!」

黒子「まあまあお姉様……」

美琴「なによ!?」

上条「……あ、あはは……」

上条(なんだか関羽と張飛の性格が逆転してるような気がするな……)


438 名前:上条「天下三分の計だぁ?」[saga] 投稿日:2010/08/30(月) 07:04:54.84 ID:FKRXpP60 [12/15]

上条「あの、お前らってあれだよな……。都を落としたいんだよな?」

上条(こいつらは完全に当人になりきってる雰囲気だな……)

美琴「そうだけど? だから何? 何よ? 夢見る戦士を笑いにきたの?!」

上条「そんなんじゃねえって……」

美琴「ふん、別に笑いたければ笑えばいいじゃない。何よ、アンタなんてあの化け物に手も足も出てなかったくせに!」

黒子「お姉様、それはわたくしたちも同じですの……」

美琴「ぐっ……。と、とにかく、どこの馬の骨かもわからない輩と話すことはこれ以上ないわね。いきましょ黒子」

黒子「……そういうことですので……。さよなら、見知らぬ人」

上条(はぁ……。やっぱり無理だよインデックス。この話進めるには限界があるって)


439 名前:上条「天下三分の計だぁ?」[saga] 投稿日:2010/08/30(月) 07:05:50.27 ID:FKRXpP60 [13/15]

禁書「すとーーーーっぷ!! この男がどこの馬の骨かは、この私が説明するんだよ!!」


美琴・黒子・上条「!?」

黒子「何者?! まさか都の追っ手ですの!?」

禁書「ちがうちがう、間違いなんだよ! ……こほん。申し遅れたけど、私の名前はインデックスっていうんだよ!」

美琴「インデックス!? 10万3000冊の兵法を記憶してるっていう……あの!? こんなチビが!?」

禁書「かっちーん! こっちこそ貴方みたいな短髪があの関羽だなんて、聞いただけで寒気がするんだよ!!」

美琴「はぁ!? なんだかわかんないけどムカつくわね! 炭にするわよ?!」

禁書・美琴「ぐぐぐぐぐぐぐ………」バチバチ

上条(あぁぁ……。なんだかめんどくさいことに……)


440 名前:上条「天下三分の計だぁ?」[saga] 投稿日:2010/08/30(月) 07:07:23.38 ID:FKRXpP60 [14/15]
_________________________

とある城。

一方「なァ」

土御門「どうかしたのかにゃー?」

一方「………何なンですか? この茶番はァ」

土御門「何を言ってる? これから楽しい楽しい三つ巴戦の始まりだぜい、魏の大将」

一方「……くっだらねェ」

土御門「ちなみに呉の国は元スキルアウトのリーダーが仕切ってるんだぜよ」

一方「きいてねェよ」

土御門「周瑜役はもちろん麦野沈利なんだにゃー」

一方「聞いてねェっつンだよォ、このシスコン!!!」

打止「あなたは1万人の兵力を抱えた、まさに乱世の英雄なんだよって、ミサカはミサカh」

一方「ガキは寝てろォオオオオオオオオオオ」
_______________________________

眠れないので書いた。そのほかの配役は

神裂:趙雲 五和:馬超 風斬:黄忠

まで考えた。後はわからん。失礼しました。

442 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/08/30(月) 07:15:23.39 ID:FKRXpP60 [15/15]
設定無視しすぎですねすんませんすんません
なんか違和感あると思ったら漢字間違えてた……しにたい


コメント

No title

凄く…ハーレムです…

No title

ショッキングピンクを思い出した。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。