FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼女「このいえはのっとった」 男「こまります」

未完
4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 20:31:19.42 ID:5Rn46vWV0 [1/20]
幼女「あついな、じゅーすとかないか」
男「カルピスでいいですか」
幼女「あじがうすいのはダメだぞ」
男「りょうかいしました」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 20:44:43.67 ID:5Rn46vWV0 [2/20]
幼女「このいえはのっとった」

男「こまります」

幼女「このいえでいちばんえらいのはあたしなの」

男「かしこまりました」 脱ぎ脱ぎ

幼女「な、なんでぬぐのだ・・・?」

男「それはわたくしめがあなたさまのペットになったからです」

男「ペットはふくなどきません。そしてかいぬしさまにちゅうせいをちかうのです」ぺろぺろ

幼女「や、やめろ!かおをなめるな!いぬにでもなったつもりかぁ!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 20:51:56.31 ID:5Rn46vWV0
男「ごしゅじんさまさんぽにつれていってください」ハアハア

幼女「ふ、ふくをきたらつれていってやる」

男「わかりました」しゅばっ

幼女(あ、そこはちゃんとしたがうんだ・・・)

男「くびわをわたしにつけて・・・このロープもってください」

幼女「ええっ・・・!?こ、このままいくのか・・・」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 20:59:44.52 ID:5Rn46vWV0
さんぽみち

近所の人「ひそひそ・・・なにかしらアレ」
「やーねえ怖いわあ」

幼女「・・・へんなめでみられてるよぅ」

男「ごしゅじんさま」

幼女「こんどはなんだ・・・ていうかおまえ、ほはばがおおきくてついていけないよぅ」

男「すみませんごしゅじんさま。これでもゆっくりあるいてるんです」

男「それよりわたしはトイレがしたいです」

幼女「そ、そういうのはわたしがいないところでやってくれ!」

男「あなたはじぶんのいぬのさんぽをするときほうにょうシーンやだっぷんシーンをもくげきしないのですか」

幼女「もうやだ!かえる!はやくいえにいくぞ!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 21:06:58.60 ID:5Rn46vWV0
おとこのいえ

幼女「ふう・・・いえをのっとるのはなんだかつかれるなあ」

男「ごしゅじんさまおのみもののよういができました」ふぅ・・・ふぅ・・・

幼女「わーいカルピスだ!・・・あれ、なんかおまえうんどうでもしてたのか?いきがあらいぞ」

男「しんせんなカルピスをつくっていたんです」

幼女「そ、そうか・・・?よくわからないな」(なんだこれ・・・へんなあじがする)

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 21:15:10.15 ID:5Rn46vWV0
男「ごしゅじんさま!そとはあつくてあせをかいたでしょう!ビニールプールにはいりましょう!」

幼女「プールか・・・いいな。あ、でもあたしみずぎもってきてない」

男「むかしつうはんでかいました!スクミズです!」

幼女「なんでおまえおんなのこようのみずぎもってんだよ・・・」(なにこれ・・・まっしろ)

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 21:22:53.33 ID:5Rn46vWV0
男「さあふくをぬぎぬぎしましょうごしゅじんさま」ガシッ

幼女「やっ・・・ひ、ひとりでできるもん」

男「ごしゅじんさまのためにざつようをすることがわたくしのつとめでございます!おお、くまさんのぱんつですね」サワサワ

幼女「やっ・・・ええい!めいれいだ!、わたしがいいというまであっちをむいていろ!」

男「はっ!しょうちしました!」サワサワ

幼女「さわるのもやめるんだよぉ!」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 21:33:36.01 ID:5Rn46vWV0
幼女「からだのサイズぴったり・・・なぜこんなみずぎをもっていたんだろう」

幼女「おーい!おとこ!きがえおわったからみていいぞー!」

男「ハアハア・・・ック・・・ぅじょちゃんの・・・・ぱんつをぬぐときのサウンド・・・ウッ!!」びくんっ

幼女「ひゃっ!?お、おとこ・・・」(なにをしているんだ?)

男「ふぅ・・・・おや、やはりおにあいですね。このティッシュをすててきますのでしょうしょうおまちを。」

幼女「あ、ああ・・・・」(ティッシュ・・・?)



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 21:38:30.59 ID:5Rn46vWV0
男「きがえはすんだんですね。うらにわにプールのよういができています」

幼女「う、うん」(そういえば、ママが言ってた)

幼女(おとこはへんたいすぎる、って)

~回想へ~

幼女ママ「幼女!あのお兄ちゃんに近づくのはもうやめなさい」

幼女「なんでー?」

幼女ママ「あのお兄ちゃんはヘンタイだからよ!」

幼女「へんたい?なーに?それ」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 21:43:30.77 ID:5Rn46vWV0

幼女ママ「あんたにやたらとべたべた触ってくるでしょ!やらしいことばかり考えてるの!ヘンタイすぎるのよ!」

幼女「でもおもしろいよ。おにいちゃんといると」

幼女ママ「いいから!いうことを聞きなさい!!」

幼女「・・・」(いつもおこってばかり・・・)

幼女ママ「いい!?男の人にべたべた触られたら大声で叫びなさい」

幼女「・・・ママは?」

幼女ママ「なに?」

幼女「パパじゃないひとと、よるにママのへやで」

幼女ママ「!?・・・あ、あんた・・・あ、あれは・・・・そう!仕事の関係で!」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 21:46:23.16 ID:5Rn46vWV0


幼女「・・・」

幼女ママ「と、とにかくお兄ちゃんに変なことされないようにするのよ!」

幼女ママ「そんなことより、パ、パパには言ったらだめだからね!絶対よ!」ドタドタ ガチャ バタン!

幼女「・・・」

~回想終了~

幼女「・・・このいえのほうがすきだなぁ」

男「ごしゅじんさま!ぬるすぎずつめたすぎずいいカンジです!」

幼女「うん!いまいくー」タタタ

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 21:54:13.41 ID:5Rn46vWV0
男「・・・ちょっとまって、ピントはこれで」

幼女「・・・」

男「わすれちゃいけないのがぎゃっこうチェック」

幼女「・・・」

男「アングルよし・・・これでオカズにはとうぶんこまらないな」

幼女「・・・なに、それ」(おかず・・・?)

男「うん?カメラですよ。ごしゅじんさまがかわいいからとってあげましょう」

幼女「う、うん」(なんだろう。ウソはいってないみたいだけどさむけがした)

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 22:03:06.92 ID:5Rn46vWV0
幼女「・・・おとこ」rec

男「なんでしょう?プールのみずがつめたいのですか」ジー

幼女「みずはいいよ!で、でもなんか」rec

男「そういうときはからだをくっつけるとあたためられますよね」ジー

幼女「ちがうのっ!このみずぎが、すけてる・・・からだみえてるの、なんで?」rec

男「うん、うーんそうですか」ジー

幼女「・・・」rec

男「そういうファッションなんだとおもいますよ」ジー

幼女「さっきから、カ、カメラとめてよぉ・・・!」rec

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 22:14:09.57 ID:5Rn46vWV0
男「そうですねやっぱりさむいですよねみずのなかは!オカズはかくほしたのでわたくしもはいりましょう!」

幼女「な、なんでそうなるのぉ!?」(オカズってなに・・・?)

男「ごしゅじんさましつれいいたします!」 ヌギヌギ ボロンッ 

幼女「!?」

男  じゃぷっ ざばーっ

幼女「・・・!」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 22:25:01.36 ID:5Rn46vWV0
幼女「お、おとこ・・・はずかしくないのか?」

男「むしろしあわせです!ごしゅじんさまにすべてをさらけだしているこのしゅんかんが」

幼女「は、はだかはやめろ!なんかきろ!ふくを!」チラチラ

男「ごしゅじんさまのからだがすけてみえているのなら!わたしもからだをみせるぎむが」

幼女「おまえのみずぎのせいだ!」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 22:37:57.53 ID:5Rn46vWV0
男「あーやっぱりプールはつめたいですねえ!からだをくっつけましょうそうしましょう!」ざぱっ

幼女「へ、へんなところをさわるな!」

男「ごしゅじんさましってますか?むねはもまれるとおおきくなるということを」

幼女「え!?そ・・・そうなのか?」

男「おとこのひとにもまれることがだいじなのです」サワサワ

幼女「う、うぅ・・・」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 22:54:32.74 ID:5Rn46vWV0
男「むねをおおきくするほうほうはほかにもあるんです」

幼女「え?ちょっと・・・やめ」(なにこれかたい・・・!)

男「わたしのちんちんがおおきくなったのでおしりではさんでください」

幼女「や、やだ!なんかきもちわるいからやめろぉ!」


ネタが思い浮かばないからちょっと抜いてくる

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 23:22:48.34 ID:5Rn46vWV0
男「おしりではさまなくてもいいです!ふとももではさんでもいけますから!」

幼女「いけるってなんだよ!きもちわるいことはぜんぶやめろ!」

男「そんなにあばれたらこすれて・・・ウッ!!!」

幼女「」ビクッ

男「ッッ」

幼女「おとこ?どこかいたいの?」

男「・・・大丈夫ですっ」ニコッ

幼女「そ、そう・・・」(なにかをやりとげたようなかおをしている)


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 23:37:00.35 ID:5Rn46vWV0
男「プールからあがったらからだをふかないといけませんね」

幼女「・・・どうせおまえがやるっていうんだろ」

男「わたしはいまぬいたばかりなのでどうでもいいです」

幼女「ぬい・・・?な、なんだかくやしいな。めいれいだ!ふけ!」

男「マジですか!!」

幼女「うわ・・・しまった」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 23:51:47.26 ID:5Rn46vWV0 [20/20]
男「すみずみまでふかないとカゼひきますよごしゅじんさま!」

幼女「いいから!ここはじぶんでやるよ!」

男「しあげはおかあさん~♪ってあるでしょ!さいごはわたしがやりますから!ふきのこしがあるとパンツがぬれてしまいますから!」

幼女「なんでおとこがわたしのぱんつのしんぱいをするんだよぉ!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 00:06:32.55 ID:cwQDCHl90 [1/42]
男「ごしゅじんさま!あたらしいパンツをおもちしました!」

幼女「なんでおとこがおんなのこようのパンツもってるんだよ!・・・あれ?じゃわたしがはいてきたのは」

男「くまさんぱんつならジップロックにいれてほかんしてありますが」

幼女「かえせ」

ネタよ 舞い降りろ

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 00:19:11.47 ID:cwQDCHl90 [2/42]
幼女「・・・きがえおわったぞ」

男「そのバスタオルはわたしがあらっておきましょう」クンカクンカ

幼女「もうどうでもいい・・・」

男「そろそろゆうがたですね。おかあさんがしんぱいしてますよ」

幼女「・・・あたしはこのいえをのっとったの」

男「・・・」

幼女「このいえがあたしのうち」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 00:28:38.02 ID:cwQDCHl90 [3/42]
夕方、帰り道

男「またのっとってくださいね、うち。」

幼女「やだーかえりたくなーいー」ズルズル

男「いえのひとがしんぱいするでしょう?」

幼女「・・・かえってもだれもいないもん」

男「・・・」

幼女「パパはいつもいないし・・・ママもあたしのこときらいだし」

男(こまったなー)

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 00:35:21.40 ID:cwQDCHl90 [4/42]
ピポパ・・・・プルルルル

男「あ、姉ちゃん?俺。」

姉「なに?さーて今なんかあんたに借りてたっけ」

男「いや、今ね幼女が遊びにいてたんだけどさ、ホラ」

姉「あーなるほどわかった。じゃあ電話しとくわ。」

男「サンキュ。来てもいいけど?」

姉「今日は大丈夫。行くよ」

男「はーい。よろしくー」


ピッ

男「ふう・・・」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 00:52:11.33 ID:cwQDCHl90 [5/42]
幼女「おとこのいえにおとまり?やったー!」

来た道を戻る。
姉は幼女の母からは好かれているようで(変態の俺と違って)家に泊めたりもできる仲だ。
そんなわけで姉が向こうに電話してくれた。姉の住んでるアパートが狭いので大抵うちになることは内緒。


姉「来たよー!幼女ちゃーん!」がばっ

幼女「むぐー!くるしいよおねーちゃーん」

姉「ぎゃははカワイイな幼女ちゃんはッ」

男(幼女いるとテンション高いな相変わらず)

幼女「こ、このいえはのっとった」

姉「えーなにそれー」

男「あねさん。のっとられたからいうことをきくのです」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 00:59:20.01 ID:cwQDCHl90 [6/42]
幼女「よはくうふくじゃ」

男「ちそうをよういせい」

姉「かしこまりました・・・・幼女ちゃんいっしょにハンバーグつくろっか」

幼女「つくる!」

男(正直俺もひらがなでしゃべるのめんどい)

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 01:06:59.07 ID:cwQDCHl90 [7/42]
夜1時すぎ 男の部屋

ガラッ

姉「おす」

男「おう。遅かったな」

姉「幼女ちゃんね、寝たと思って私が布団から抜けたら、しがみついてくるのよ」

男「大変だな」

姉「あの子の両親は共働きだから仕方ないけど・・・さみしいのよ」

男「ここにいた方が楽しい・・・か。あんまりいいことじゃないだけどな」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 01:21:20.32 ID:cwQDCHl90 [8/42]
姉「幼女ちゃんから聞いたけど・・・やっぱり浮気って」

男「あのうるさそうな母親がか。やっぱ一番大切なものが見えてないな」

姉「うん・・・なんとかできないかな」

男「違う家庭の話だからな。俺たちが出しゃばるのは変だろ」

姉「変とかじゃなくて・・・幼女ちゃん可哀想だよ」

男「そうか?」

姉「え?」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 01:37:17.27 ID:cwQDCHl90 [9/42]
男「今日はめちゃくちゃ楽しそうだったぞ」

姉「それはあんたが・・・変な遊び教えるからでしょ」

男「幼女は自分が愛されてないってことに気付いた時から、自立してんだ。楽しいこと探して生きてる。」

姉「でも大体の子は、もっと大切にされて・・・」

男「そりゃ確かにいいことだよ。だけどな。」

男「最初から幸せに包まれて生きてるやつと、自分で楽しいこと見つけて、笑ってるやつ」

男「どっちがすごいかって話だ。幼女のことを可哀想とかいうのはやめろよ」

姉「・・・」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 02:12:28.17 ID:cwQDCHl90 [10/42]
男「愛されてないって言ったけど、それもわからないな」

ガタッ・・・

男「ホントに我が子が憎いなら虐待するなりなんなりするさ」

姉「・・・ホントに何もなければいいけど」

男「ちょっと他の男に走って罪悪感いっぱい、とかだったら可愛いんだが」(・・・?今なんか物音が)

姉「な、なんか真面目な話ばっかになったね。やだなー今日はただ幼女ちゃんに会いに来ただけなのに」

男「おい、姉!ちょっとどけ」ガチャッ 

姉「え?何?おーい・・・男ー」

男「・・・靴がない!さっきの音・・・起きてたのか幼女!」

姉「!?」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 02:32:35.10 ID:cwQDCHl90 [11/42]
幼女「はあ・・・はあ・・・」たったったっ

幼女(おにいちゃんもおねえちゃんもこまらせてた・・・)

幼女「じぶんでなんとかしないと・・・)

幼女「あ、あれ?」(いえのまえに・・・ママとおとこのひとがはなしてる・・・



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 02:38:11.00 ID:cwQDCHl90 [12/42]
「もうおわり」「わかってたけど、間違ってた」「これ以上は幼女に・・・」

幼女(・・・)

ブロロロ・・・

幼女「・・・・いっちゃった。」

幼女ママ「!・・・幼女、あなたなんでここに」

幼女「ママ・・・」


61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 02:43:18.49 ID:cwQDCHl90 [13/42]

幼女ママ「大丈夫。あの人とはもう会わない。」

幼女「!!」

幼女ママ「すぐには許してくれないよね。でも・・・今までごめんね」

幼女「ママ・・!」だきっ

男&姉「イイハナシダナー」


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 02:59:28.93 ID:cwQDCHl90 [14/42]
―数日後―

今日も幼女が遊びに来た。
幼女が世話になったからという理由で俺の評価もいくらか良くなり
幼女ママが送り迎えに来ることもある。

幼女ママ「幼女がいつも楽しそうに男君や姉さんのことを話すんです」

幼女ママ「どんな遊びしてるのって聞いたらおままごとがたのしいって」

よしよし。
上手いことごまかしてくれてるようだ。これからもその調子でたのむぞ。

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 03:10:07.36 ID:cwQDCHl90 [15/42]

幼女「きょうからわたしはこのいえでいちばんえらいんだ」

男「うわーのっとられたー」

幼女「わたしのめいれいをきくんだ。けらいたちよ」

男「はぁい!わたくしけらいのおいしゃさんです!ごしゅじんさまのからだをチェックさせていただきます!」がばっ

幼女「うわっ!?わ、わたしはけんこうだ!からだをさわるなあ!」

男「いえいえビョーキはいつのまにかなっているからこわいんです!でもあんしん!このたいおんけいをおしりのあなか、まえのあなにさしこむことで」

幼女「やめんか!」がっす

男「ぐえ」


きょうも幼女はこのいえをのっとっている




69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 03:44:35.92 ID:cwQDCHl90 [17/42]
寝るまで書くね


幼女「おとこよ。けっきょく『オカズ』とはなんなのだ?」

男「オカズ・・・ですか。はて、今日のご飯は何にしましょうか」

幼女「それではない!たぶん・・・プールでカメラをもってたときにいってたじゃないか!」

男「そうだ!今日はフランクフルトにしましょう!長さは13センチで直径が3センチほどの少し皮が余ったフランクフルトです!」

幼女「な、なぜそんなにこまかいところまできまっているんだ・・・」


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 03:51:12.57 ID:cwQDCHl90 [18/42]
男「はい!これです買ってきましたフランクフルトォ!!!」

幼女「お、おう・・・ごくろうであった」(さきっぽだけピンクいろなのはなぜだ・・・?)

男「ごしゅじんさま!フランクフルトの正しい食べ方をご存知ですか?」

幼女「え・・・?た、たべかた・・・こ、こうか?」カリッ

男「歯をたてないでぇぇええ!!!!!」

幼女「」ビクッ

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 03:58:03.53 ID:cwQDCHl90 [19/42]
男「野蛮です!それは男の食べ方!可愛らしい女性は最低10分間は歯を使わないのです!」

幼女「はをつかわない・・・?しかしそれではたべられないではないか」はむっrec

男「料理はまず香りから!フランクフルトはまず大きさから味わうのです!目を閉じて、ちゃんと舐め回してください!」ジー

幼女(なぜコイツはカメラでわたしをとってるんだ・・・?)rec



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 04:05:27.69 ID:cwQDCHl90 [20/42]
幼女「おとこよ、きになることがあるのだが」

男「何でしょうかご主人様」

幼女「うむ・・・あかちゃんはどうやったらできるのじゃ?」

男「北アああああああああああああ!」

幼女「」びくっ

男「あ、赤ちゃんのつくふうううhりかたでしゅね!ぜ、ぜんぶおしえてあげましゅふ!!」

幼女「い、いい!やっぱりやめだ!」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 04:17:50.88 ID:cwQDCHl90 [21/42]
男「ご主人様、おやつの練乳でございます」

幼女「おお、あまいのはだいすきである。はやくちょーらい」あーん

男「!?ご主人様、舌を出してください」(これは・・・)

幼女「ほーふぁ?」れろ

男「ッ出します・・・!」びゅるっ

幼女「んあっ・・・」(おとこはときどきいきがはげしくなるな・・・)

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 04:25:00.31 ID:cwQDCHl90 [22/42]

男「ご主人様、お昼寝の時間です」

幼女「うむ、ねるこはそだつのだ、しかしおとこよ、なぜわたしのふとんにはいっている?」

男「ご主人様がおねしょしたときにおしっこの温かさを感じるためです」

幼女「さっさとでていけ」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 10:42:37.61 ID:cwQDCHl90 [23/42]
幼女「おきろおとこ!」ぼすっ

男「ふぐっ」

幼女「なぜおまえがわたしのふとんにはいっているのだ」

男「おねしょしませんでしたね」

幼女「あたりまえだ!」





83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 11:03:06.15 ID:cwQDCHl90 [24/42]
男「ご主人様が本当におねしょしていないか調べさせていただきます」ガシッ

幼女「ふくをぬがそうとするな」

男「ぺロリ・・・やはり夏の朝は汗をかきますねえ。少ししょっぱいです」くんかくんか

幼女「なめるな」

男「ぱんつの中はもう少し湿っているような気がするので脱いでください」

幼女「まずあたしにくっつくのをやめろ!あつくるしい」



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 11:26:41.80 ID:cwQDCHl90 [25/42]
男「ご主人様。私は毎朝ちんちんが固くなります。」

幼女「な、なにをいってるんだ!ふくをきろ!・・・い、いたくないのかそれは?」

男「ご主人様がなでなでしてくださったら、ちんちんも痛みが引くでしょう」

幼女「い、いやだよ。きたないじゃないかぁ」

男「じゃあいっしょにシャワーを浴びましょう!おちんちんが綺麗になったら触ってくれますね?」

幼女「どっちにしろきもちわるいからやだ!」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 18:59:08.34 ID:cwQDCHl90 [26/42]
男「ご主人様。知っていますか」

幼女「なにをだ」

男「飼い犬の毛づくろいをしたり時々シャンプーで洗ってあげるのは主人の役目なのです」

幼女「や、やだよぉ・・・ていうかおとこはいぬじゃなくてにんげんだし」

男「ちんちんだけ洗っていただければ十分です」

幼女「それがいちばんいやだよ・・・」


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 19:15:26.63 ID:cwQDCHl90 [27/42]
男「主人、犬、家来、ペット・・・」ブツブツ

幼女「なにをブツブツいっておるのだ」

男「あ、ご主人様、私は今次にどんなプレイをしてもらおうか考えているのです」

幼女「ぷれい・・・?わかんないけどきもちわるいからやめてよ・・・」

男「バター犬とかどうでしょう」

幼女「しらないけどおとこのめがキラキラしてるからやだ」


97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 19:31:56.99 ID:cwQDCHl90 [28/42]
男「ご主人様。最近私に命令しないですね」

幼女「う、うん・・・なにやってもおまえがきもちわるいわらいかたをするし」

男「そんなことありません!命令は何でも従いますっ」

幼女「そ、そうだな・・・りょうてをゆかにつけて、わたしをせなかにのせるんだ」

男「デュフフ!ごほ、ご主人様、お馬さんごっこでしゅね!お股を開いてください私が下に入りますからっ」

幼女「このいえのっとるんじゃなかった・・・」


98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 19:45:11.72 ID:cwQDCHl90 [29/42]
男「ふむ、今日ののぱんつは薄い黄色にネコさんの組み合わせ。おしっこのしみが目立たないぱんつであるが故に逆に漏らしている可能性もげぶぉ!」

幼女「なんであたしのぱんつをジロジロみてるんだよ!おうまさんはあおむけになってニヤニヤしたりしないよ!」

男「ご、ご主人様・・・鼻を踏まないでください。においを嗅ぐことができません」

幼女「においかがなくていいよ!いちいちきもちわるいよおまえは!」



99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 20:14:21.79 ID:cwQDCHl90 [30/42]


男「ご主人様、どっちにすすみましょうか」

幼女「ようし、うーん・・・かんがえてない!」

男「じゃあお風呂場に行きまげぅあ!!」

幼女「なんでいきなりおふろばなんだよ!かんがえてることだいたいわかるんだよおまえはっ」

男「さ、さすがですご主人様。あわよくばシャワーから水が出てきて服が透けるという展開とか痛い!耳はやめてえ!」

幼女「わるいうまだ!わるいうまだ!」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 20:31:41.96 ID:cwQDCHl90 [31/42]

男「ご主人様、この体制でテレビを見るのは腰が痛いです」

幼女「そうか・・・いいよ、うまにのってあるくのあきたしやめよー。」

男「ご主人様。『騎乗位』ならば私もつらくありません」

幼女「き、きじょぅ・・・?なんだそれは」

男「私が仰向けになって寝ますから、ちんちんの上に乗ってくべぇあああ」

幼女「わるいうまだ!わるいうまだ!」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 20:59:04.59 ID:cwQDCHl90 [32/42]
男「ご主人様、大変です!私は病気になってしまいました」

幼女「いつもあたまのなかがびょうきだろおまえは」

男「ちんちんから白いものが出てくる病気です!見ててください!今搾り出しますからっ」ごしごし

幼女「いいかげんにしないとおこるぞ」


103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 21:03:02.75 ID:cwQDCHl90 [33/42]
男「ご主人様、お飲み物をお持ちしました」

幼女「おお、ごくろうであった。またカルピスか」

男「同じものばかりだと飽きますよね。次からは飲むヨーグルトでも買ってきましょう」

幼女「なぜしろいものばかりなのだ・・・」ゴクゴク(なんかのどにひっかかるなこれ・・・)


104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 21:16:49.49 ID:cwQDCHl90 [34/42]
男「ご主人様、今日のおやつはアイスキャンディーです」

幼女「おお、だいすきじゃ」

男「正しい食べ方はフランクフルトと同じです。歯を使わずに食べてください」(ジー)

幼女「なぜカメラをかまえてるんだおまえは・・・」rec




105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 21:37:27.23 ID:cwQDCHl90 [35/42]
「ニュースです。幼児誘拐殺人事件で起訴された・・・・」

幼女「おとこよ。あんなふうになってはいけないぞ」

男「ご安心ください。私は小さな女の子を愛でることに喜びを感じるのです。傷つけてしまっては末代までの恥でございます」

幼女「いいからふくをきろ」




106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 21:55:00.82 ID:cwQDCHl90 [36/42]

男「ご主人様、クーラーをつけてばかりでは地球に優しくありません」

幼女「あたしにはやさしくなくてもいいのか」

男「ご主人様には隠し事をしたくありません。」

幼女「わかったけどわたしのまえではだかになるのはやめろ」

男「ご主人様への思いがどれだけ大きいかを見てもらいたいのです」

幼女「へんなものをおおきくさせるな。せめてなにかはけ。」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 22:31:45.80 ID:cwQDCHl90 [37/42]

男「ご主人様、録画しておいたハリーポッターでも見ましょうか」

幼女「おお、どようびのよるにやるやつだな」

男「ポップコーンもよういしてあります」

幼女「えいがかんみたいだな」

男「わたしの足の間に座ってください」

幼女「こわいからいやだ」


111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 22:48:04.69 ID:cwQDCHl90 [38/42]
テレビ「男の子の中には雄々しきライオンが・・・」

男「ご主人様・・・私の雄々しきライオンもなんとかしてください」

男「・・・ご主人様?」

幼女「スー・・・スー・・・」

男「おやおや。」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 23:09:43.49 ID:cwQDCHl90 [39/42]
幼女「・・・・うん」ムク・・・

幼女「おとこ・・・?」

テレビ「ありがとう・・・あなたのいとじちではなかったのに」ちゅっちゅ

男「スー・・・スー・・・」

幼女「・・・ねてるのか」

男「グー・・・グー・・・」

幼女「・・・」ちゅっ

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 23:40:31.85 ID:cwQDCHl90 [40/42]

男「ぐがー」

幼女「おきないな・・・」

テレビ「破滅させてやる・・・」

幼女「・・・」(こわいはなしきらい・・・)

幼女「おとこのへやにはなにがあるのかな」キョロキョロ

幼女「あ、マンガだ」

幼女「知らないマンガだな・・・『こいするぱんつ』・・・」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 23:56:26.94 ID:cwQDCHl90 [41/42]
幼女「いいかさきっぽだっけだぞ・・・」

テレビ「あんまりこえだすなよ」

幼女「・・・よくわかんない」

幼女「・・・」ぱたん。

幼女「ほかにはないかな」がさごそ

幼女「・・・『しちゃヤダよ』」ぺら

幼女「これもよくわかんない」


121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 00:06:14.92 ID:cwQDCHl90 [42/42]
幼女「ときめきエッチ」

幼女「・・・おんなのこばっかり」

幼女「プリキュアないかな」

幼女「つまんない」

幼女「おとこー。おきろー。」

幼女「ごしゅじんさまのめいれいだぞー」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 00:12:52.94 ID:H+5ZZQ960 [1/21]
幼女「おとこー」ゆっさゆっさ

男「・・・う・・・ん」

幼女「えいがおわったよ」

男「・・しゅじ・・んさ・・ま」むにゃむにゃ

幼女「おきろ。ていっ」ぼすん

男「うむぅ・・」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 00:24:17.64 ID:H+5ZZQ960 [2/21]
幼女「あさだぞー」

男「うう・・・おなかいたい」

幼女「えっ・・・だいじょうぶか」さすさす

男「ああ、もう少し下ですむにゃむにゃ」

幼女「このへん?」なでなで

男「もっとしたです。ズボンの・・・膨らんでいるところがあるでしょう?むにゃむにゃ」

幼女「・・・」

男「その膨らんでいるところを上下に撫でてあげてくださグボェ!!」

幼女「さっさとおきろ」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 00:57:10.09 ID:H+5ZZQ960 [3/21]

男「朝はちんちんが硬くなるんです」

幼女「それをあたしにいってどうするのだ」

男「もちろん、触ってくれなどという贅沢は言いません」

男「ご主人様の脱ぎたておぱんつ等で十分です。ちんちんの怒りも静まるでしょう」

幼女「ずっとねむっていろ」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 01:10:31.16 ID:H+5ZZQ960 [4/21]
男「ゲームでもしましょうか」

幼女「でもおとこんちのゲームあきたなー」

男「パソコンでゲームやりましょうか」

幼女「どんなのがあるの?」

男「私のオススメはこれです。『いたずラブ ひと気のない公園で少女と愛を育もう』」

幼女「よくわかんないけどおまえがニヤニヤしてるからやだ」


128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 01:31:39.26 ID:H+5ZZQ960 [5/21]
男「プリキュアでも見ましょうか」カタカタ

幼女「みれるの?」

男「パソコンは何でもできるのです」

幼女「おとこはプリキュアをみてるのか」

男「おじゃ魔女どれみの方が好きですね。あ、イスが一つしかないので私の上に座ってください」

幼女「あ、ああ・・・ってさりげなくなにをさせるんだ」ごすっ

男「ごふぅ」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 01:45:05.88 ID:H+5ZZQ960 [6/21]
幼女(とはいえおとこのいえなので、おとこのいうことをすこしはきいてやるか)

幼女「おとこよ、へんなことをしたらしけいだからな」もぞもぞ

男「もちろんそんなことはしませんよ。手で触ったりはしません」

幼女(さっそくおしりにあたってるんだが・・・)


131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 02:15:06.68 ID:H+5ZZQ960 [7/21]
「はーときゃーっちぷりーきゅあー」

幼女「」じー

男「オープニングけっこういいな」

幼女「このうた?」

男「青い髪の子俺の嫁な」ハアハア

幼女(あたしとぜんぜんちがうたのしみかたをしいてるきがする)


132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 02:28:26.41 ID:H+5ZZQ960 [8/21]
男「ふむふむ、こっちはなんていうの?」

幼女「コフレ!このこもようせいなの」

男「ほほう。プリキュアマリンのパートナーか」

幼女「キュアマリンだよ。」

男「するとコイツは14歳の女子中学生と一緒にお風呂に入ったりしているのか」

幼女「さ、さあ・・・?」(なんでふつうのたのしみかたができないんだ・・・)



133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 02:46:10.14 ID:H+5ZZQ960 [9/21]
男「金朋めちゃくちゃ楽しんでるなコレwww」

幼女(あたしよりハマってる・・・)

男「イイハナシダナー」

幼女(でもたのしそう)

男「・・・ん?なんか私の顔についてますか?」

幼女「え?い、いやなんでもない」ドキドキ

男「何かついてるんですね。ご主人様、やさしく舌で舐め取ってください」

幼女「ちょうしにのるな」ゴスッ

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 03:29:33.68 ID:H+5ZZQ960 [10/21]
幼女(おとこがまじめなかおをしてる・・・)

男(ネタが思い浮かばない)

幼女(だまってたらかっこいいのに)

男(幼女のワレメを綿棒で掃除してあげたい)

幼女(きっとまじめなことをかんがえているんだろうな・・・)

男(時々手が滑って先っぽを挿入してしまうという設定で)

幼女(あ、ちがう!ちんちんかたくしてる!これゼッタイきもちわるいことかんがえてる)


138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 03:45:15.15 ID:H+5ZZQ960 [11/21]
幼女(おしりにちんちんがあたってる・・・)

男(綿棒か・・・耳掃除をしてあげてそれからついでにワレメ掃除もしてあげると)

幼女(ひょうじょうはしんけんなのに)

男(自然な流れだな・・・これでいける、いやまてよ)

幼女「お、おとこ・・・」

男(綿棒・・・麺棒か。いやさすがに麺棒は無理だろ俺。)

幼女(な、なんていえばいいんだろう。ちんちんあてないでとかいえないし)


139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 03:54:24.08 ID:H+5ZZQ960 [12/21]
男(お風呂に入って耳に水が入る。俺が綿棒で掃除してあげる)

幼女(はずかしくていえない・・・)

男(ここからどうやってワレメに持っていくかだ。何らかのカモフラージュが必要・・・)

幼女(あたしのかんちがいかもしれないし・・・)

男(対象を増やすか。体の全部の穴を掃除してあげよう。優しいな俺。)

幼女(そ、そうだ。きもちわるいことかんがえてるのはわたしだけかもしれない)


141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 04:18:55.09 ID:H+5ZZQ960 [13/21]
男(おへそを掃除してあげた後、『こっちも掃除しないとね?』と優しくピンク色の穴をなぞる俺優しい)

幼女(へんなことかんがえてたなって、からかわれるのヤダし)

男(おしっこの穴はデリケートだから舌で舐めてあげよう。その時びっくりしてすこしだけおしっこが出ちゃう幼女ちゃん可愛い)

幼女(なんかニコニコしてる)

男(ジュース飲みすぎちゃったねと言っておしっこを拭いてあげる俺マジで優しい)

幼女(こんどはまんぞくそうなかお)

男(そうだ。最初にジュースを飲ませよう。おしっこが出そうだけど我慢する風呂上がりの幼女ちゃんマジで可愛い)

幼女(なにかひらめいたのかな)

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 04:34:57.08 ID:H+5ZZQ960 [14/21]
男(いや待てよ?おしっこが出そうだと『トイレに行きたい』という理由で逃げられてしまうかもしれない)

幼女(さいあくのじょうきょうをそうていしたかお)

男(安全、確実に・・・ワレメを綿棒で、なぞりたい)

幼女(けついをあらたにしたかお)

男(いや待てよ?綿棒である必要はあるのだろうか)

幼女(なにかにきづいたかお)

男(ワレメが目の前にあるのなら、正々堂々と指で触ってあげないと失礼ではないか)

幼女(なんかいろいろまちがってることかんがえてそうなかお)

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 05:00:25.94 ID:H+5ZZQ960 [15/21]
男(ああそうか、綿棒で掃除することが目的だった)

幼女(なにかにきづいた)

男(ならば一番きたないおしりの穴を重点的にほじってあげるべきである)

幼女(もくひょうがさだまったな)

男(きたないというのは誤解を招く恐れがあるので訂正しよう。レディーに対して失礼だ)

幼女(まともなことをかんがえてるようできもちわるい)

男(幼女ちゃんのおしりの穴はきたなくないはずだ。私が本気になれば24時間でもなめ続けてあげる自信がある)

幼女(なんだろういますごくさむけがした)

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 05:19:52.22 ID:H+5ZZQ960 [16/21]
男(そうだ。私は今幼女ちゃんのペットだったんだ。ならば飼い主をぺロぺロするのは義務・・・)

幼女(ずっとまじめなことかんがえてるのかな)

男(私は犬だ。ならば『あはは、くすぐったいよー』くらいで許されるはずだ。ならば!)

幼女(いままでのないようでレポートでもかけそうだな)

男「ご主人さま!!」

幼女「うわっ!?しゃべった!」

男「おしりの穴を舐めてあげますからパンツ脱いでください!!」

幼女「やっぱりきもちわるいことかんがえてたのかよ!」ドスッ

男「げふぅ!?」(馬鹿な・・・理詰めで考えたのに)


148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 05:45:59.51 ID:H+5ZZQ960 [17/21]
幼女「まじめなかおしてるからなにかんがえてるのかとおもったらこれだよ!」

男「あれ?でもちんちんおっきしてましたよね私」

幼女「わかっててやってたのかきもちわるい!さっさとあたしをおろせ!」

男「気づいていたんですか。今降ろしますよ。よいしょ」

幼女「・・・」

男「私のズボンも降ろしていいですか」

幼女「やめろ」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 06:06:33.79 ID:H+5ZZQ960 [18/21]
男「飲み物を持ってきました。カルピスです」

幼女「いきなりだな・・・いいけど。ありがとう」ゴクゴク

男「さっきまでずっと妄想してたので、たくさん出ましたよ」

幼女「・・・?」(きょうのはいちだんとにがいな・・・)

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 09:06:24.89 ID:H+5ZZQ960 [19/21]
幼女「あついな」

男「クーラー入れましょうか」ピッ

幼女「おまえがべたべたくっついてくるのもげんいんだ」

男「風邪をひいたのかもしれませんね。体温計をおしりの穴に挿してもいいですか?」

幼女「・・・」

男「ごめんなさい」




164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 10:55:43.64 ID:H+5ZZQ960 [20/21]
男(幼女ちゃんのクリトリスってどれくらいの大きさなんだろう・・・)

男(未発達だから小さいのかな・・・指でつまめる大きさぐらいあれば助かるんだけどな・・・)

幼女(またきもちわるいことかんがえてるな)

男(女性は性の目覚めが男性より早いと聞く・・・)

男(ならば『きもちいいからもっとやって・・・』とか言われる可能性は高い)

幼女(またズボンがふくらんできた・・・はやくしねばいいのに)

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 11:13:34.72 ID:H+5ZZQ960 [21/21]
久しぶりに用事ができたので出かけてきます。
夜にまた書ければいいなあと、僕は思いました。

コメント

幼女SSいいね!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。