FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麦野「しずにっき、でどうかしら」2

麦野「しずにっき、でどうかしら」

276 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/16(月) 16:38:42.66 ID:LbRB9vA0 [4/11]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Hey Lover] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 5:32]

今日、仕事の連絡がひさびさに入ってきた。
偵察任務。H面にやらせれば楽なんだろうけど、そういうわけにもいかない。

……こっちも抜けてしまおうか、なんて考えはよくよぎった。

もちろん、そんな簡単に出入りできるような組織ではないことは分かっている。
そういう奴らを処理する仕事はいくつか経験しているから。

とはいっても平和なここ最近のことだ。
私が残ってさえいれば、下々の奴らの件はうやむやにできそう。
万が一の場合は社会的に死んでもらうけど。

問題はTだ。

あの子の能力はかなり特別で貴重だから。
こっちは真剣に対策を練らないと、上からどんな指令が出るかわかったもんじゃない。
ここ最近はその計画を考えている。

舞台公演の件はKがなんとかするって連絡をしてきた。
ついでにその留守電で、

『一言でいいから超連絡ください』

相変わらず変な日本語。

話してどうするってのよ。
あんたたちはそっちでヨロシクやってなさいな。
私はもう、エンジンが爆発しちゃったの。遺書書く時間はあるけどね。

着信拒否して携帯を閉じた。

まぁ向こうも向こうで、記事を見る限りじゃろくなことになってなさそうだけど。


@melt down


277 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/16(月) 17:05:45.25 ID:LbRB9vA0 [5/11]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Sugarless Girl] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 11:51]

相変わらずあいつは『組織』の話をしない。
いい加減気になったから、さっき問いただしてやった。
するとあの男、

「本当に必要なときが来たら話す。
 わからねえのか。情報リスクを分散させるのは基本だろ?」

そういうことを言ってるんじゃない。私はあんたの何なの。

性欲処理の道具? 都合がよくて結構ね。

計画くらい話してよ。
だいたい電話してくるときもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつも非通知、
未だに私はあんたの番号を知らない。

それが信用できないっていってるの、そういうこと。
どうせあんたも信用してないんでしょ、私のこと。ただの道具なんでしょ。
うまくいってる? 道具の使い方はあってますかあ?

「………じゃあお前は俺のこと信用してるのか?」

本当はしてると言いたかった。
でも私はこういう性格だから、自分に嘘はつけない。

正直、あいつがしてきたことは全部計算だったと今でも思っている。
それでもいいと思ってしまっている自分がいる。恋愛感情なのかなんなのかもわからない。

とたんにぶつけた言葉ひとつひとつが、
そのまま自分に返ってきてるような気がした。

「何だ? それだけ言っておいて自己矛盾か?
これだからメンヘラ女は始末がわりいな。
 反吐が出そうだ。一人で狂ってろ」

何も言い返せなかった。
だって言い返したら嫌われちゃうから。
一人になりたくない、ごめんね行かないでと言ってすがりついた。

「あんまり困らせないでくれ」

そういって頬をなでられた。よかったと思った。

@melt down


279 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/16(月) 17:28:30.35 ID:LbRB9vA0 [6/11]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Sugarless Girl①] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午前 3:04]

油断していた。
ひさしぶりの仕事はしっかりこなしたけど、
帰り道で少し気が緩んでいたのかもしれない。

「……みーつけた」

なじみの声が後ろからして、振り向いたら、

「やっほー麦野、元気?」

おどけた調子で話しかけてくる金髪帽子の『元』同僚。
一瞬心臓が破裂しそうになったけど、
無視してそのまま歩いた。

Fは構わず私の後についてきて、続ける。

「あ、ま、まってよ!
 ……えへへ、本当は結構前から場所知ってたんだよ。
 でも結局、押しかけても追い返されると思った訳。
 そ、そんで今日はたまたま見かけたからさ、その……。
 ……あ、こ、これはシャケ弁な訳」

たまたまこんな真夜中に外を歩いていて、
たまたま私を見つけて、
さらにたまたまシャケ弁を買ってるって?

どうせ前々からホテルの前で張ってたに違いない。場所かえないとな。

「ええとね、Kは今Tの面倒みてるの。ちょっといろいろあって……。
 結局あの後、Hはなんとか助かったんだけど、
 しばらくは安静にって先生に言われてさ……。
 た、Tはなんだかんだで、麦野のこと心配してると思うよ?
 ………たぶんだけど。だから、なんていうか………あ、そ、そうだこれ」

シカトを決め込んでやってるのにあいつはよくしゃべった。


280 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/16(月) 17:31:14.43 ID:LbRB9vA0 [7/11]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Sugarless Girl②] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午前 3:13]

「さ、さっきたまたま買った訳よ……。本当だよ? 本当にたまたま……。
 食べない? おいしいよ、麦野好きでしょ? ほら、あっためてきた訳……」

手を差し出してきたからはじいたら、袋が吹っ飛んでしまった。
思わずあっ、と声をあげそうになる。

「そ、そうだよね。自分で買うもんね、これくらい。……ごめんね」

ひきつった顔で散らばったシャケ弁を拾っていた。

私は振り返らないでそのまま歩いた。

もうすぐFと住む世界が変わる。もう変わってるのかな?
いや、これからはもっと遠くなる。

今情が移ってしまったら、踏み出せなくなる。

……シャケ弁はちょっとほしかったけど。

@melt down

281 名前:SAKU ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/16(月) 17:31:51.65 ID:LbRB9vA0 [8/11]
やっべタイトル間違えてた
きにせんといてください

282 名前:SAKU ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/16(月) 17:57:01.89 ID:LbRB9vA0 [9/11]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[STAYIN' ALIVE] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 8:23]

最近化粧のノリが悪い。悪すぎる。
ストレスたまってるな私。

そう思って今日は街に出た。気分転換。
Fたちに見つかったらたまったもんじゃないから、一応変装した。

……っていっても、Tがその気になればすぐにでも私の前に現れるんだけどね。
そうしてこないってことは、まあそういうことなんだろう。

いろんな意味で。一向に構わない。

「あ、あのー、お姉さん?」

暇だったからスーパーに入ってぶらぶらしてたら、
見たことがある顔に話しかけられた。

確か………超電磁砲の旦那。いつぞやの旅行で見た。
話したことはなかったか。あったっけ。

「そ、その特売品の卵はやっぱり、あれでせう?
 主婦の嗜みで絶対逃せないんでせう?」



カッチーーーーーン。

主婦、だぁ?

私のどこをどう見たら主婦に見えるっていうのだ。
そりゃ多少は年より老けてるかもしれないけど、それにしたって限度がある。
だいたい老けてるって言い方はおかしい。大人っぽい、とかいうでしょ普通は。
それを言うにことかいて主婦? 主婦ってあんた、どういう了見よ。あんたの主婦の定義は何よ。
いってごらんなさい、論理的科学的物理的進化論的に、ほら、早く。いえないでしょ。いえないんでしょ?
その程度の知識で偉そうに人のこと語ってるんじゃないわよ。人に説教してる場合なの?
そもそもね、中学生に手出してる男なんてろくでもないゴミ。ロリコンよロリコン。
加えてそのデリカシーのなさ、そんなんだからあんたの彼女があんな恥ずかしいブログ書いちゃうの。
わかる?そういえばあんたも書いてるんだっけ? もう少しマトモな(中略)

「………すいませんでした……………さようなら…………」

ブチコロシ完了。

@melt down

286 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/16(月) 18:21:12.74 ID:LbRB9vA0 [10/11]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[The strong&the fragile①] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 4:21]

「やっほー!またまた奇遇な訳!」

Fがまた絡んできた。

懲りないやつだ。こっちはもう相手にしないと決めた。
そういうところは私頑固だから心配ない。

「あー、無視ですか!無視する訳ですかぁ~!」

キャラを定めろ。
つっこみたくてウズウズさせる作戦か。

「麦野って、一度決めたら頑固だもんね。
 結局私はそういうところも好きだった訳」

今度は泣き落とし? まったく芸がないわね。

「でも、ちゃんと決めたことはやってのけるし、
 実力もあるし、綺麗だし、完璧主義な上で完璧にやるし」

「リーダー素質あるし、頭はいいし、一人ひとりのこと見てるし」

「ううん、あとは………プライド、大事にしてると思う訳」

そこまではよかったのだが、次には前言撤回していた。

ああ、そうだ私、頑固だけどそれ以上に短気なんだった。



「………あと、本当は、その……誰よりも、……

 ……傷つきやすいと思う訳……」





振り返って胸倉をつかんだ。
誰が弱いって?


288 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/16(月) 18:25:11.37 ID:LbRB9vA0 [11/11]
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[The strong&the fragile②] Comment [非公開] Trackback [0]
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 4:45]

どっちが精神的に弱いかなんてすぐわかる。
この前私の一言にびびってたのはどこの誰?
ほら、私がちょっと気をまわしただけでアンタの体は下半身とお別れよ。
これからはフレ/ンダ、でいい?あはは。

H面よりももっとひどいことしてあげようか。
それでその死体をH面のとこに送りつけるの。
私は弱くなんかない。強い生き物だ。少なくともお前らよりずっと。

わかったならもう私に構わないで。今度は本当に殺すから。




「やればいいじゃない!」


あぁ? と顔を引き寄せたが、Fは譲らなかった。


「こ、こわくなんかないもん! 私悪いことしてない!
 そりゃ私、間違ったことしたときは麦野にオシオキされるの怖いよ!
 ……い、いまだって正直、ちょっとだけ心臓がドキドキしてるけど、
 でもこれは間違ってない訳!
 麦野は私の大切な人だもん! 心配して何が悪いのよ!!」


それ以上脅しても何もなさそうだったから、放っておいて帰った。

最後に聞いたのは、


「……また、みんなでファミレス行こうよ………」


…………。


@melt down

309 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/17(火) 12:51:04.63 ID:uvEE15U0 [2/24]
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Long Distance] Comment [非公開] Trackback [0]
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 8:12]

今日もいつものように変装して外に出たら、

失礼なあのツンツン頭と超電磁砲が歩いているのを見た。
体いっぱいに光を浴びて、悠々と。

ひぐらしの鳴声がどうにもイライラさせる。

気づいたら立ち止まっていたみたいで、
超電磁砲に感づかれた。やばい。

とっさに逃げようとしたら、

「ねえ! 何があったの? ちゃんと説明しなさいよ!」

呼吸を整えて返した。

あら、別に何もないわよ、
茶番に飽きたからバックレただけ、文句ある?
主役張りたいならあんたがやれば? そこのそいつと。
体いっぱいのライト浴びて、今みたいにね、と。

「……無責任すぎるわよ。あんたそういう人だったの?
 みんながどれだけ心配してたか……。
 卑怯よ、あんたは」

「お、おい御坂、年上のしゅ………お姉さんに向かってそういう言い方は……」

一瞬ツンツン頭をにらんでから、接近して脅してやろうと思った。
するとそのツンツン頭、私と超電磁砲の間にいそいそと入りこんでくる。


「あはは……。ごめんなさいこいつ、口の利き方がなってなくて……」

台詞とは裏腹に、目は笑っていない。
こいつを守るためならいつでもやってやるって顔だ。


お前もH面と一緒か。
目眩がする。

いいわね、あんたたちはといってその場を去った。


@melt down

310 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/17(火) 13:10:07.65 ID:uvEE15U0 [3/24]
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Rainy Morning] Comment [非公開] Trackback [0]
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午前 10:24]

私用メモ。

近親憎悪
ロミオとジュリエット効果
吊り橋理論
最小関心の原理
自己開示


@melt down


311 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/17(火) 13:25:57.39 ID:uvEE15U0 [4/24]
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Boogie back tonight] Comment [非公開] Trackback [0]
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 11:57]

最近あいつは部屋に帰ってこない。
たまに連絡がきて(相変わらず非通知)、

「今日こそは帰る。疲れた」

そう言われて戻ってきた試しがない。
ワイン買ってきたのに。


仕方ないので一人で飲むことにした。
ワインといったらしっとりするような名盤JAZZかクラシックだけど、
ここは敢えてアップテンポな音にした。


音楽だけでも明るくしないと、やってられない。

飲んでいたら、昔のことをいろいろ思い出した。

初任務のときのこと。
失敗したこと。
怒ったこと。

笑ったこと……は、あんまりないか。

私ってあんまり笑わない。
あ、下品な笑いなら得意だけど。


ファミレス行くと、
たいていはHーまーづらぁを使って遊んでたっけ。
ふふ、あいつって本当に馬鹿。
いじられる輩がいないと、会話って弾まないんだけどね。

たったーらたったらー。

@boogie back,shake it up

313 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/17(火) 13:40:00.99 ID:uvEE15U0 [5/24]
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Stuck in your love] Comment [非公開] Trackback [0]
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 9:43]

妙だ。

こんなに部屋を空けたことはない。
いくらなんでも長すぎる。

連絡先、なんとしてでも聞いておくべきだった。
背中の傷がズキズキする。

不安が不安を呼んでしまう。

何かよくないことが起きたんじゃないか。
身動きが取れなくなってるんじゃないか。
第2位のあいつのことだ、相当な戦力を持ってして捕らえられるはず。

あいつは組織、を、来る淘汰の時代のために作ると言っていた。
逆に淘汰されたんじゃないか。道半ばで。

もしくは、重大な秘密に触れたことがバレた。
知ってはいけないことを知ってしまった。
持ってはいけないものを手に入れた。
裏切った? 誰か上の連中を。


経験が次々と悲惨な光景を映し出してくる。

どうしよう。どうしたらいい。
何かしていないと落ち着かない。


@melt down


314 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/17(火) 13:56:15.32 ID:uvEE15U0 [6/24]
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[dagkhn] Comment [非公開] Trackback [0]
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午前 4:11]

だだdっだめだししいsっしずかにしていられなg
あいつとsえいかつするんほあつつだったから
一人dいるかんんかうわすれてdt

たすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけて

315 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/17(火) 13:58:44.75 ID:uvEE15U0 [7/24]
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Paint It Black] Comment [非公開] Trackback [0]
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午前 7:21]

Tだ
Tならあいつの居場所が分かるはず

今更プライドはどうでもいい
なんとかしてなんとかして見つけないと

土下座しよう
腕一本切ったら助けてくれるだろうか
なんなら右目も

Fに連絡して探してもらおうそうしよう

@melt down


320 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/17(火) 14:24:12.43 ID:uvEE15U0 [8/24]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[20000 Leagues under the Sea] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 9:05]

目を開けたら病院にいた。

最初は訳がわからなかったけど、すぐに理解する。

腕はしっかりとくっついているみたいだけど、
ギブスみたいなものがはめられていて動かない。

昼間、Fが病室に入ってきた。
手に持っているのはシャケ弁。
まったく。

「やっほー、麦野」

やっほー、F。


@melt down

322 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/17(火) 15:01:37.29 ID:uvEE15U0 [9/24]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Toxic①] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 11:23]

Fはしばらく部屋にいた。
全く関係のない話をして、私の気をそらそうとしているのがバレバレだった。

途中、立ち上がろうとして気づく。

腕。

ギブス?

誰にやられたの。私。

「だ、だめだよ麦野……。まだくっついてない訳……」

あ?

くっついてない?

そこでようやく思い出した。

あいつらの前でぶった切ったんだった。
花火みてぇに吹っ飛ばしたほうが効果的だったか。

「で、でもね麦野、刃物とかで切るのとは訳が違う訳。
 H面のときもそうだけど、先生が言ってたよ、
『患者の神経組織をつなぐのに、こっちの神経が切れそうだね?』って」

なら尚更、木端微塵にしてしまったほうがよかったのかもしれない。

「………どうするの、これから」

わからないと答えた。

「わ、私たちといたほうがいいよ。……結局、どこにいるかわからないんでしょ?」

ああそうよ。
Tのくそったれが言うことを聞かなかったせい。

散々走り回った挙句、堕ちるとこまで堕ちてこの様。
これが暗部の終着点ね。あんまり景色は変わってないけど。

笑えば?と茶化した。

「笑ったりしないよ……」


323 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/17(火) 15:11:45.79 ID:uvEE15U0 [10/24]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Toxic②] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 11:47]

「ねえ、またみんなで何かやろうよ。
 舞台、ちゃんと謝って、最後まで作ろ。
 それで昔みたいに仕事して、たまにファミレスでH面馬鹿にして毎日過ごす訳よ。
 ヤバい依頼は最近回ってきてないんでしょ? 平和な訳だし」

そんなもん、回ってきてるに決まってる。
そりゃあ昔に比べたら数は減ったけど、そういうのは全部私がやってるだけだ。

「Kがすごくがっかりしてた訳よ。
 舞台、急に中止することになっちゃったから、私とKでみんなに謝って………。
 本当は別のひとを捕まえてきて作ろうとしたんだけど、
 Kが、『麦野じゃないと超いやです』って……それでね、」


ねえF、と声をかけた。


あいつはちょっとびくっとして、
「な、なあに、オシオキ?」って返してきたけど、私の表情を見るなり抱きついてきた。



どうして、こんなことになっちゃったんだろうね。




「やり直せるよ、麦野。結局は、私たちがいるから」


頼りにならないなあ、とつぶやいた。

@melt down

325 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/17(火) 15:58:54.18 ID:uvEE15U0 [11/24]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[SADNESS,JOHNNY①] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 7:21]

今日はあの日のことを書く。

Fに電話してすぐ、私はH面の部屋に向かった。
話によると、KはTが妙なことをしないか見張っていたらしい。

止められたけど、いいから会わせろと怒鳴ったら、すぐに吐いた。
ドアを開けたらKがいて、私を見るなり開口一番、

「むっ、麦野?! どうしたんですか急に」

無視して奥に入ったら、部屋で寝ているH面の手を握るTがいた。
腕はくっついてるようだったけど。
単なる体調不良か?


そうして、息が詰まるような無言。

Fが事情を説明していたけど、途中で私は頭を下げた。
でも、Tは何も言わずに黙って私を見ているだけ。
これでもかってくらい、床に頭をこすりつけた。

ようやくあいつから出てきた台詞は、


「私の気持ち、わかった?」


声で直観した。


こいつは私を許すつもりはない。


326 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/17(火) 16:08:45.71 ID:uvEE15U0 [12/24]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[SADNESS,JOHNNY②] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 7:37]

「自分が傷つけられるより、大切なひとを傷つけられた方がいたいんだよ。
 むぎのはそれがわかってない。
 ……ちがう。言葉で理解した気でいるだけ。自覚してない。
 むぎのには創造力が欠けてるよ。私はそういう人間を許せない」

景色が歪んだ。

それでも私は、どうかどうかどうかおねがい、おねがいだからおねがい、
なかまじゃないの、たすけてくれないのと言い続けた。

「うん、なかまだよ?」

はっとしてあいつの顔をみる。
そのあと、静かに、重くて、響く声、そのくせ棒読みで、あいつは私に、はっきりとこう言った。






「『仲間だから殺されないってタカくくってんのか?
  殺さなくても苦しめる方法なんていくらでも知ってんだよ。
  あんたで試してやろうか?』」





ぞくりと背筋が凍って、信じられないくらいの量の汗が吹き出す。
以前こいつらにぶつけた台詞。あのときのTの台詞が頭をよぎる。

Tは基本的に無表情だ。そのときも顔に感情は出さず、ゆっくりと私の前に来て、しゃがみこんだ。

「大丈夫だよ。私はむぎのを殺さないよ? ううん、殺せない。
 そんな能力ないし。けど、いいよね、別に。その方が。




 だって私たち、『なかま』、だし」



地面が揺れた。
地震かと思ったけど、よくみたら私の体が震えているだけだった。

329 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/17(火) 16:32:24.76 ID:uvEE15U0 [13/24]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[SADNESS,JOHNNY③] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 7:54]

「やめろ、滝壺……」

男の声がした。
あの部屋に男は一人しかいない。
私のかつての仲間でも、男は一人だけ。
無能力者で馬鹿の、あいつだ。

「……ったく、まだお前ら喧嘩すんのか……。
 腕一本じゃ足りないってのかよォ、損な役割だぜ畜生……」

寝癖が印象的だった。
何か、あったのかもしれない。明らかに体調が悪そうだった。

「麦野はちょっとだけ……不器用なんだよ………そォだ……ほんのちょっとだけさ…。
 
 ……上手い喩がねえけどよ……、そうだな……。
 
 ……飼ってた犬が死にそうでよ………小便がしてえのか糞がしてえのかわからねえ……
 でも苦しそうだ……、そんなときあるだろ……。
 どうしたらいいんだ、いっそのこと、殺してやったほうがって、あるだろ……。
 
 ……麦野はそういうときの判断が、人より少しだけ、せっかちなだけだ……。
 ………ああくそ、全然うまいこといえてねえな………。
 俺たちはみんな一緒だよ……得意なもんが違うだけだ………わかってやれ………」


腕を抑えたまま、あいつは続けた。


「……だからよ滝壺、……俺の腕一本で、なんとか押さえてくれよ……。
 足りねえってんなら……おぅ、腕は二つしかねえから……今度はこっちの手だな……。
 無能力者(レベル0)の腕二つで、…能力者(お前ら)の仲一つ……安い買い物だろ?
 今なら絶賛特売中……なんてな…」

一通り言うと、あいつは黙って、それ以上しゃべらなかった。

330 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/17(火) 16:43:53.23 ID:uvEE15U0 [14/24]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[SADNESS,JOHNNY④] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 8:11]

頭の中で何かが吹っ切れて、もういいわといった。
お前ごときに説教される筋合いはないと言った。

腕なら私のをあげる。
別にこれはお願いじゃないと。

だから受け取らなくてもいい。
仲間をつぶした私のケジメよ、と。


よく見ておけと叫んで、肩のところからやった。

Fが何か叫んで、Kは倒れて、Tは立ち尽くして。



倒れる前に誰かが私を抱いた気がする。
忘れたけど。


記憶はそこで終わった。


ここに腕があるってことは、受け取ってくれなかったのねあいつ。
ぶろーくんはーと。

もう寝よう


@melt down


338 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/17(火) 18:00:37.05 ID:uvEE15U0 [17/24]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[My Happy Ending] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 4:32]

今日の朝、病院から出た。
もう少し安静に、とか言われてたけど、大丈夫でしょ。


ひさしぶりに家に戻る前に、あいつのホテルに寄った。
部屋はそのままになってた。
一体あの部屋はどれくらいの期間で貸し出されてるの。


もちろん、今もあいつから連絡は来ない。

荷物をまとめながら、あいつ曰く、自称テーマソング、とやらを聞いてみた。
相変わらず歌詞は馬鹿っぽくて、イカれてた。


作業をしていたら、ふと閃いてしまった。

そうか。今まで何を余計な詮索してたんだろう。


私、捨てられたんだ。

ふーんそうかそうか。なるほどなるほど。それなら色々と納得がいく。

私にぴったりの終わり方だ。


自分で終着点って、言ったじゃない私。
今は不思議と気持ちは落ち着いている。

堕落論ってやつかな。

【堕ちるところまで落ちたら、あとは這い上がるだけ】


@melt down

339 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/17(火) 18:09:19.57 ID:uvEE15U0 [18/24]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[DEPARTURES] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 10:43]


今日は三人の人間が、家にきた。

で、渡されたのは台本。

「やっぱり続き、やりましょう」

「結局麦野は、私たちといるのが一番な訳よ」

百歩譲ってそれはいいんだけど、隣にいる男を見てびっくりした。


「代役な訳」

ええ。だってこいつは人の男でしょうが。

「だって他に代わりが超いないんですよ。
 ほら、この男、超主役顔っちゃ主役顔だし。2期はイケメンになってるっていうし」

「あ、あのう………なんで俺はここにいるんでせう?」

拉致ってきたのかよ。


@melt down

341 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/17(火) 19:47:28.88 ID:uvEE15U0 [19/24]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[再開] Comment [4←NEW!!] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 6:22]

こんにちは。

管理人です。

公表するかすごく迷ったんですが、
例の舞台公演、また作り直すことにしました。

非難されて尤もなことなので、コメント欄にて言いたいことは言っちゃってください。
その前にもう一度、この場を借りて謝罪します。
申し訳ありませんでした。

代役の方はこれから台詞と演技を入れていくので、
公開はだいぶ遅れそうですが………。



出演者の方々には、近々直接謝罪しにいきます。

__________________________________________

NAME:IB
大丈夫ですよー!
管理人さんみたいな人と共演できるなんてホント、俺は幸せ者です!!
台本読んでたら、いろいろと、そのあの、あははははあ!
がんばりませう!

NAME:M&M
がんばりませう、と。

NAME:ふれふれ
大円団ってわけよ!!よかった。。。。

NAME:とおりすがり
はてさて………


342 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/17(火) 20:02:00.41 ID:uvEE15U0 [20/24]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Cause] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 10:32]

つまるところ私は、これから階段を上らなければいけないらしい。
舞台公演に出ると言ったのは、軽い気持ちだった。以前よりも。

次の練習のときに全員の前で頭を下げるとか。
まあそれくらいはやってやる。腕一本に比べたら安い。


相変わらず一人でいるのは怖い。
震えそうになる。というか今も震えている。

Tとはあれから会っていない。
連絡もしてこないし、どうやら許してはいないようだ。

頭のスイッチをオフにしているから、
メルヘン馬鹿のことを考えそうになったときは台本を読むことにした。

それでもどうしようもなく寂しいときは、
以前あいつの部屋で聞いた曲を聞きなおした。

って。

忘れなさい、私。
あんたは捨てられたの。ここはどん底よ。



這い上がらなければ。

@melt down

344 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/17(火) 20:10:51.92 ID:uvEE15U0 [21/24]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Moon garden] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 7:03]

あっさりしていた。

もっと罵倒されると思っていたから、拍子抜けだ。
ちょっとだけ気になったのは、TとH面が欠席してたこと。

Kに聞いたら、

「舞台には出るって言ってましたよ。今日は超用事って」

何が用事だ。
ま、あいつらには散々頭を下げたから、もう十分よね。

帰り際、珍しい人物に呼び止められる。

「復帰してくれてよかったにゃー」

金髪サングラス。
……食えない男。

「でも注意するにゃー。…………色々と」

何の話よ、と聞いても答えなかった。

「そのうちわかるぜよ」

私、ああいう男が一番嫌い。

@melt down

346 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/17(火) 20:49:25.41 ID:uvEE15U0 [22/24]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[REQUIEM] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午前 0:12]


三回吐いた。


私は大きな勘違いをしていた。

終着点?
堕ちるところまで堕ちた?
這い上がる?
この街の闇?

あいつも私もこの街の闇について、理解が足りていない。

なぜならここは、沼だからだ。底なし沼。出口も底もない。
一度堕ちたらどこまでも限りなく堕ちていく。
掴む手すりなどない。エンディングもない。
エンドロールもスタッフロールも流れない。



夕方、私に電話をしてきたのは上司の女。
あの会話は一生忘れない。



垣根帝督、わかる? 第2位。

ああ、以前やりあったことあるのよね。

それで、最近もヤりあってるんだっけー? なーんて。

どう彼? 上手? あはは。別に見てないわよ、安心して。

それにしてもずいぶん仲がいいのね、さすがうちの原子崩しは優秀。

本題に入っていい? ちょっと困ったことになってね…

あ、もうわかった? わかっちゃった?



それじゃあ………………がんばってね。


@melt down

349 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/17(火) 21:12:43.49 ID:uvEE15U0 [23/24]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Intro.] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午前 3:32]

私を捨てたんじゃなかったのか。
逃げてただけだったのか。
だから連絡しなかった?

いや、これも計算?
私の上司から私に指示が出ることを予測していた?
私の刃を削ぐために?だから私を……。


あいつは私に愛していると言った。
あいつは私を何回も抱いた。
あいつは私の心に侵入した。

いくら考えても、わからない。
どこまで私には光があたらないんだ。
どう考えても神様は私のことを嫌っているとしか思えない。
そのくせ切ない。切ない。だって気持ちが切れないから。





そうか。

そういうことか。

これは悲劇。

余興はこれでおしまいってこと?
終着点じゃなくて、出発点に立ったんだ、私。

シェイクスピアだって呆れるわ。まったく。
だってそうじゃない、あまりにもバカバカしすぎる。
脚本書いたやつはブチコロシ確定ね。


そっちがその気ならそれでいいわ。
この舞台に最後まで付き合ってあげる。
私は自分の手であいつを殺す。殺してやる。
幕は私が自分で下ろす。

そうして私がどこまで堕ちていけるか、その目に焼き付けてやる。

@melt down

390 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/18(水) 20:16:22.38 ID:bjpEjbI0 [3/10]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Ticket to Ride] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 9:23]

この件に関して組織の奴らに情報を流すべきか考えた。
結果、私が取った選択は一人であいつを始末すること。

こればっかりは譲れない。もうあいつらに迷惑はかけたくない。
馬鹿げたプライドだと笑われるかもしれないけど。

まずは情報を集めなければ、と今日は一日頭をひねっていた。

Tの能力があればすぐにでも見つけられるのだが、
今回は一人であいつを見つけないといけない。

ブログで目撃情報を探すか………?
いや、あいつらにバレる。



……完全に一人で動くのは無理があるのかもしれない。
誰かうまく利用できる人間はいないだろうか。


@melt down

392 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/18(水) 20:22:03.64 ID:bjpEjbI0 [4/10]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[SEVEN SEAS VOYAGE①] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 11:21]


金髪サングラスと第1位から連絡があって、
先ほど軽く会話してきた。

もしやと思って場所に向かったけど、
やっぱりあいつに関する話だった。かまかけやがって。片付いたらあいつも殺してやる。

「決心はついたのかにゃー?」

どこまでバレているんだ。
こいつストーカー気質あるんじゃないの。

顔には出さず、侮辱するつもりなら消すわよと言った。

「奴が何を手に入れたのかまでは聞いてないにゃー。
 もしかしたら何も手に入れていないかもしれないぜよ。
 上はバランスを大事にするからにゃー。
 俺たちが言えた義理じゃないが、平和を乱すワルイヤツ、ってことでいいかにゃ?」

どうやらあっち側の組織にも通達が来たらしい。
……あいつらも統括理事会直下の組織。
よかったわねメルヘン馬鹿、あんた一流のお尋ね者よ。

「俺たちだけじゃない。調べたところ、学園都市の暗部組織に一斉に指示が出たみたいだ。
 懸賞金の話、聞かなかったか? 出血大ボーナス、久々の大仕事だにゃ。
 第2位の実力と性格からしたら、まぁ妥当な額だぜよ。
 出る杭は打たれる、ってな」

それであんたたちは私に接近したわけね。協力なんてしないわよ、と返すと、

「こっちもお前を求めてない。どうせ一人で動くつもりだろうが。単純な女だな。
 共演者のよしみで、一応忠告しておこうと思っただけだ」

とことん人を馬鹿にした言い方に腹が立った。

393 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/18(水) 20:23:23.33 ID:bjpEjbI0 [5/10]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[SEVEN SEAS VOYAGE②] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 11:37]


「俺たちはあいつを見つけ出したら迷うことなく始末する。
 ま、さすがに無傷じゃ無理かもしれないが。
 悪いにゃー、俺たちの事情、知ってるぜよ?」

何が悪いにゃーだ。こっちだって見つけ出したら真っ先に殺してやる。
誰にも邪魔はさせない。

「できンならな」

第1位は笑っていた。

「キカカ、てめェも女だからなァ。垣根のヤローとはケリつけたかったンだ、前々からよォ。
 オマエの事情は知ったこっちゃねェ、先に見つけたもン勝ちだ。
 金なンざ興味ねェが、邪魔すンならオマエも」

黙れと言った。私にもう迷いはない。

「今のところ場所はわからない。学園都市にはもういないかもな。
 ま、利害が一致している間は情報提供くらいするぜよ。
 
 目標のコードネームは『鴉』。これは暗部共通だぜい。
 覚えておくにゃー」


カラス? その割にはメルヘンな羽根もってるみたいだけど。


あいつらは味方ではない。が、敵でもない。
利用価値の高い道具だ。

「勘違いするなよ、麦野沈利。あいつは俺たち共通の敵、『ワルイヤツ』だ。
 殺れる自信は?」

100%だと答えた。


あいつも私を道具だと考えていたんだろうか。

胃が、痛い。

@melt down

394 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/18(水) 20:26:13.16 ID:bjpEjbI0 [6/10]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Union]Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 11:57]


私がクリアしなくてはならない条件は三つ。

①あいつの居場所をつきとめること
②他の組織より先にあいつに接触すること
③最終的に自分の手であいつを抹殺すること


以上を自分一人の手で行う。


①については手さぐりで目撃情報を探すしかない。
さすがに国外に出てるということはないだろうが、一応そちらも警戒しておく。
コードネームさえ分かればネットで聞くこともできる。
利用できるものはすべて利用してやる。

②については、情報戦だ。得た情報を売り買いして、なんとかこぎつけるしかない。

③については、油断させたところをやってしまうのが適切だろう。
あいつに計画がバレてなければ、の話だが。

問題はこれを一人で行うという点だ。

他の組織と比べて、一人で動くにはやはり限界がある。
反面、あいつには私個人で引導を渡したい。そこは譲れない。

やはりいざというときに切り捨てる駒としても人材は必要だ。
それなりに戦れる奴じゃないと。

暗部に所属してないやつを引っ張って利用できれば。

誰か引っ張るか。こちら側に。この沼の中に。



@melt down

395 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/18(水) 20:30:42.60 ID:bjpEjbI0 [7/10]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Control Myself] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 8:05]

超電磁砲とツンツン頭にはすぐに連絡が取れた。
かいつまんで記す。

話をする場所は以前私たちが利用していたファミレスを選んだ。

「それじゃあ、その、む、むぎのさんの彼氏さんが……失踪しちゃったわけですか………」

胸をチラチラ見てるのがすぐわかる。その方がやりやすいからいいけど。
だめ男ね、こいつ。

そうなの。探そうと思って必死なんだけど、頼れる相手がいなくて、と伝えた。

「そういうことなら、なあ御坂、放っておけないだろ?」

「ちょっと。なんでアンタはそんな乗り気なの? ホントに年上に弱いんだから……」

こいつら二人がどういう関係か、どういう人物かはブログを読んでたから知っている。

ツンツン頭は信じられないくらいのお人よし。
超電磁砲はそんな相手にベタ惚れ。そんなところだろう。

餌を投げたらすぐに釣れた。

ねえ、第3位。
協力、してくれないかな。

「……まぁ、なんていうか……。私も相談してたし、ちょっとだけなら……」

「おい御坂、こんな綺麗な人が困ってるんだぞ!! 放っておいていいのかよ!!
 だいたいお前は思いやりってもんが、指輪の件だって……。
 と、とにかくできることなら協力しますよ、俺ら共演者だし!」

ほんとデリカシーないわねこいつ。
私が彼女だったら三日で殺してそう。
ありがとうと言って手を握ったら、なんか顔を赤くしてた。
あれ、そういうのは慣れてないのか。

隣で超電磁砲がイライラしてるのが分かる。
典型的なバカップルだ。

悪いわね二人とも。一緒に地獄に堕ちて頂戴。


@melt down

396 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/18(水) 20:33:38.97 ID:bjpEjbI0 [8/10]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[黒い鳥] Comment [6←NEW!!] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午前 10:55]

どうも、管理人です。

最近、鴉って見ないですよねえ?
学園都市の整備のせいでしょうか。

私あの生き物あんまり好きじゃないんです。
ゴミはあさるし石投げると追いかけてくるし。

いなくなって清々しますよね?

みなさんの周りでも最近、見かけませんかー?


________________________________________

NAME:ふれふれ
えー、見ないよー!私もあの生き物嫌いな訳!

NAME:N2
それより、稽古キャンセルって超どういうことですか!?
なんだか共演者のひとたち一斉に……。

NAME:→
鴉は駆除しねェとなァカカカ

NAME:M&M
今日もファミレスでいいんだっけ?
収穫ないけどー笑。

NAME:サードマン
連絡くれ。すぐに。

NAME:とおりすがり
北の方に逃げたって、今日聞いたにゃー^^

398 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/18(水) 20:59:54.06 ID:bjpEjbI0 [9/10]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Triple Trouble] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午前 0:35]

コメントを見る限り、居場所は先に嗅ぎつけられたようだが、問題ない。

昼にあいつから連絡があったから。

相変わらずの非通知。第一声は、『しばらく会えねえ、わりいな』。

もうとっくにしばらくたってる。
超電磁砲に逆探知をかけてもらった。
というかよくそんなもの持ってきたわね。誰に使ってんのよ。
そっちも詳しいのかこいつ。

ツンツン頭が「だ、だから俺の居場所が」とかなんとかいってたのは何なの。

あいつの潜伏先はやはり北。ここからだとだいぶ遠い。

「ね、ねえ、本当に彼氏なの?」

無視して会話を続けた。
いまどこにいるの、会えなくてさみしい。

『ちょっとヘマしちまってな。計画はパァだ。
 お前、上から何か言われてねえか』

何も聴いてないと言った。
なら私、会いに行くから。絶対、絶対会いに行くから。

『やめとけ、ろくなことにならねえよ。……また連絡する』

電話はそこで切れた。


もうひとつ。H面のコメントが気になって電話したところ、
Tも失踪したらしい。

まさか、バレた? あいつのところに一人で会いにいった? 何のために。
それに誰がどうやって情報を伝えたというのだ。
それとも単純に私のことを話しにいった? それもおかしい。

H面は心配してたらしく相当戸惑っていた。
探してみるわ、とだけ伝えて電話は切った。

色々なことが一度に起こって整理できない。
明日まとめよう。

@melt down

401 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/18(水) 21:15:22.41 ID:bjpEjbI0 [10/10]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Take A Look Around] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 8:13]

金髪サングラスは相当頭が切れる様子だった。物腰からして黒幕役。
加えて第1位と組んでいる。間違いなく一番警戒するべき相手。

加えてTも失踪している。
あいつの能力は問答無用で居場所を突き止める。
機動力はなさそうだけれど、やはり警戒するべき。
まさか鴉を殺したりはできないと思うけど、
Tは個人的に私に恨みを持っているはずだから、放置しておいてろくなことにはならない。

他にもおそらく動いているやつらは大勢いるはずだ。

今が潮時なのは間違いない。今日の夜中に出発しよう。

……。

ひさしぶりにあいつの声を聞いた。

………。

背中の傷はまだ治っていないようだ。


@melt down

423 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/20(金) 16:39:51.37 ID:XPktdbE0 [1/15]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Single Ladies] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午前 6:21]

深夜に街を出た。

今は電車の中で日記を書いている。
そこまではいい。


問題は今現在、私の目の前にいる二人組。

「ねえ、綺麗に食べなさいよ! ほら、またご飯つぶついてる」

「いいよ自分でやるから……。あはははは、すいませんこいつ普段からうるさくて」

次には感電させられていた。
さっきから何これ、夫婦漫才? 私に恨みでもあるのかしら。見せつけやがって。



ファミレスのとき、私の携帯を使ってあいつを逆探知したのが仇になった。
家を出るときに超電磁砲から電話があり、

『ねえ、あの人本当に恋人なの? 計画ってなに?
 ……なんかまた悪いこと考えてるんじゃないでしょうね。
 勝手なことさせないから』

関係ねえんだよと言って切ったのだが、
学園都市から出発してすぐに電車の中で居場所を突き止められた。

話しかけてきたのはツンツン頭。

「どういう事情かは知らないですけど、女の子ひとり放ったままの男なんて、
 ろくなヤツじゃないですよ。会って俺が説教します」

こいつはそんなに説教するのに自信があるの?
なんなの?


@melt down

429 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/20(金) 16:59:32.41 ID:XPktdbE0 [2/15]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[If You Come Back] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午前 8:57]

………。
こいつら旅行かなんかと勘違いしてる。絶対してる。

のんきにトランプなんかしやがって。
この私の前で! 二人で!!!! 仲良く!!!!!!

ぎりぎりぎりぎりぎりぎりぎり。
事情を知らないから仕方ないとはいえ、腹が立つ。
もしかして復縁できると思ってんのか?

私は捨てられましたよ、どうせ。
……たぶん。

私は何を書いてるんだろう。これからあいつを殺しにいくんだ。
どうもこいつらを見てるとふらつく。

「む、麦野さんもどうですか、楽しいっすよ」

またツンツン頭。死ね。

だいたい二人で大貧民して何が面白いの。大富豪と大貧民しかいないじゃない。
格差社会もいいところだわ、
よくても政権は安定しないわね、革命の嵐。くだらない。

まあ、私たちも傍から見たらこんな感じだったのかな。

私が携帯ばっかりいじってるから超電磁砲が、

「ねね、さっきから何見てるの?」

って覗き込んできた。なんでもないわよと言って寝たふりをして、今に至る。


御坂美琴によれば、あいつの居場所は東北地方の山岳地帯から得られた電波、
おそらく何かしらの公共の回線を使って発信していたとのこと。


どうせろくな場所には行ってないとは思っていたが、
追い詰められた末に行きついたのが山?

もしかしたらゲリラ戦になるかもしれない。
荷物まとめてきてよかった。


@melt down

431 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/20(金) 17:35:32.61 ID:XPktdbE0 [3/15]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Cuz You're Beautiful] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午前 9:11]

暇だったから今までの記事を読み返していた。
なんというか、私って情緒不安定。びっくりした。
書いてることが矛盾しすぎてて笑えてくる。

何これ、上がったり下がったり、ちょっとおかしい子みたいじゃないの。
書くにことかいて、抱いて、って。あばばばばばばばば


馬鹿みたいだったのでいくつかの記事は消去しといた。

最初は日報から始めたのに。
まあこれからは過去の情報を整理する意味でも必要だけど。

バカップルは寝たみたいだ。
置いていこうか。

……どうせまたすぐに追いつかれそうだけど。



FやKは元気だろうか。
舞台はどうなったんだろう。連絡がこない。

Tは……

急に失踪って。


そもそもH面が使えないのが悪い。
大切なものくらい捕まえておきなさいよ、あの馬鹿。

眠いので寝る


@melt down

432 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/20(金) 17:49:54.58 ID:XPktdbE0 [4/15]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Dead end] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 13:53]

予想していた展開ではあった。
東北地方に入る寸前、電車が止まってアナウンス。
運行停止。

落盤やら山崩れやら、何だか慌てた様子の事情説明が続いている。


都合良くこんなことが起きるわけがない。
となると思い当たるのは一人。

いくとこまでいったわねあいつ。

『……交通機関を狙って行われたテロと思われ……』


ついにテロリストに昇格?
逃げるためとはいえそこまでやるか。

ヤケになったのか。
いや、あいつに限ってなさそうだ。すると私たちの追跡に気付いて……。
でも時間稼ぎなんか何の役に立つ?

考えていたらメールが鳴った。

『カラスは頭がいいからにゃー』

無視。


@melt down

433 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/20(金) 18:04:38.57 ID:XPktdbE0 [5/15]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[一日目] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 6:42]


もう夜になると肌寒い。
今はこんな田舎の山にも電波があるのね。

夏じゃなくて本当によかった。



後ろを歩いていたのはツンツン頭とツンデレ女。
ついてきてくれたのは僥倖だった。

まあこいつらの性格ならそうなると思ったんだけど。
場合によっては私は他の組織とやり合うことになる。
金髪サングラスのメールからしてもおそらくすでに何組かは山に入っている。

前にも言った通り捨て駒は必要だ。

超電磁砲は一人で山に入るなんて自殺行為よ、どれくらいの距離があるかわかってるの、
とうるさかったが、私が意地を張っていればおそらくついてくるだろうと感じていた。

それにもしこの女が止めたとしても、連れのツンツン頭はそうはいかない。
すると自動的に二人はセットでついてくる。

こういうのって、付き合ってる相手が一番苦労すんのよね。
私からしたら都合がいいけど。

クソみたいなおせっかいも、その性格を理解していれば扱いやすいことこの上ない。

……どのみち最後の一手は私が取る。誰にも邪魔はさせない。

今夜はここで野宿しよう。



@melt down

434 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/20(金) 18:18:46.91 ID:XPktdbE0 [6/15]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[二日目①] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 11:23]

朝からだいぶ歩いた。
気づいたのは、ツンツン頭は体力がない。なさすぎる。

彼女のほうがよっぽど立派に私の後をついてきていた。どこがいいのよあんな男と聞いたら、

「そうなのよね……」

と小言を言っていた。理由はいらないってか? ガキっぽくて素敵。
それでちょっと気になって、さっき超電磁砲が寝た後に、たき火を囲んでツンツン頭と話をした。
おもしろかったので書く。


435 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/20(金) 18:31:56.05 ID:XPktdbE0 [7/15]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[二日目②] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 11:44]

まずあんたら何で付き合ったの?と聞いたら、

「いやぁ、ちょっとした勘違いから始まったっていうか……。
 最初はよくわかんなくて、俺がスベっちゃったんすけど……」

頭をかきながら話していた。

「……観覧車の中でたまたま偶然、キ、キキキスをしてですね、それから始まったっていうか……」

ふうん、偶然、とかそういうのに弱いんだ? と返した後、こんなかんじ? と言って顔を近づけたら、

「そそそそっそそうれす」

って顔をそらしてた。うける。
相手のこと信じられるの? 私の相手みたいに、いついなくなっちゃうかわかんないわよ。

「………そりゃあわかんないっすけど、少なくとも人と関わるっつーのは、
 なんていうか、覚悟が必要だと思います」

おもしろいことを言うなと思った。

「俺は神様じゃないんで、みんなにどういう事情があって人と離れることになるかはわかんないし、
 俺もどっちかっていうと足掻いたりする方っすけど……、あはは……。
 す、好きになるんだったら、この人になら裏切られてもいいっていう、覚悟? えーと……」

まだ顔を赤くしている。ちょっとからかってやろうと思って、身を寄せて言ってみた。



ねえ、それより、なんだか私いま……………欲しいの。



上目遣いで相手を見たら目を白黒させていた。

「なななななな何がほしいんでせう」

そこのコップ、と返したら、あわてて立ち上がってこけてた。あーんこいつかわいいよう。
第3位はこういうところがいいのかしら。というかこいつ年下、よね? 思ったよりもしっかり考えてる。

ま、人の男にはさすがに手ださないけど。

彼女、大切にすることね、と言って毛布にくるまった。
あー今日も寒い寒い。

@melt down

445 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/20(金) 21:09:50.24 ID:XPktdbE0 [9/15]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[三日目①] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午前 9:04]

FとKから連絡が入った。

『全部聞いた訳よ! どうして私たちに連絡しなかったの?』

誰がそんなふざけたことをと聞いてみたら、犯人はあの金髪サングラス。


『麦野が危ないから、助けてやってくれって言われた訳!
 垣根を追ってるんでしょう? 一人じゃあぶないよ!
 Kと今そっち向かってる! 私たちが行くまで待ってて!』


なめたマネしやがって。
なめたマネしやがって、
なめたマネしやがってェエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ


魂胆ははっきりしてる。私の動きを鈍らせるためだ。
第一に、やはりあいつらは私の心理を信用していない。

あいつは私が一人で動こうとしてるのを知っていた。
私がFやKを巻き込まなかった理由を逆算して、
あいつらを今に戦場と化すこの土地に引き込んだに違いない。


もしかしたらツンツン頭と超電磁砲を私が引っ張ったことも知っている?

だから私がこの二人を危険にさらせないように、
つまりは私がFやKを巻き込まなかった理由を逆算して。

FやKを実際には拘束せず、実質的な人質を得て私の動きを封じたつもりか。


猿知恵働かせやがって、許さない許さない許さない、
もうあのクソは許さねえええええええええええええ

家族の前で脳漿ぶちまけて死ね。
てめえは思いつく限り最低な殺し方してやるよ糞が。

@melt down

446 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/20(金) 21:18:24.76 ID:XPktdbE0 [10/15]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[三日目②] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 7:22]

今度はH面から連絡が入った。
どんどん私の思い通りにいかなくなってきている。

『お前ら今どこにいるんだ?
FやKも一緒か? 連絡してもバカ面には関係ないの一点張りだしよ』

言う必要はないと答えたら、

『もしかして東北か?』

こいつにも金髪サングラスが何か吹き込みやがったのかと思い、
つい誰から聞きやがったと話してしまった。

『やっぱりか、お前らTを探してるんだろそうだろ!?
 連絡があったんだ、あいつもそっちにいる。俺も今から出るからな!!』

ちょっとまて、あんたが来てもどうしようもないと言ったが、
あいつはガチャ切りして返事をしなかった。

Tはすでにこちらに到達しているのか?
一人で? Tの体力じゃいくらなんでも遭難するにきまってる。
まさかすでにあいつと接触している?
殺されるわよ間違いなく

だめだだめだだめだうまくいかない

吐き気がしてきた

@melt down

447 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/20(金) 21:35:02.94 ID:XPktdbE0 [11/15]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[無題] Comment [11←NEW!!] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 10:53]

鴉は渡さない

一番最初に私が捕まえる

邪魔するなら、誰だろうが撃ち落とします
___________________________________

NAME:本屋さん
はじめまして! 私の名前はイン※※※※っていうんだよ!
ひさしぶりにこういうとこ見たんだよ!
これは謎々? 難しいんだよ……

NAME:本屋さん
イン※※※※

NAME:本屋さん
イン※※※※イン※※※※イン※※※※イン※※※※

NAME:GK
>>イン※※※※さん
NGワード設定されてます。

NAME:本屋さん
泣けてきたんだよ

NAME:とおりすがり
こっちも本気だにゃー、
勝ちたいなら頭を使ってみろよ主演女優

NAME:サードマン
おい、テロってどういうことだ?
駅からどうやって進んだ? お前、今どこにいるんだ?

NAME:N2
いったん超合流しましょう、連絡してください
H面超帰れ!

NAME:ふれふれ
早まっちゃダメな訳よ!!!! チームプレイが大事な訳!

NAME:→
クカカおもしれェ、いつでも相手ンなってやる。

NAME:ツッキィ
ネットゲームか何かですか~?? 動物を捕まえるやつ、ですかぁ~?
先生もゲームはよくやりますよ~^^ 喧嘩しないようにしてくださ~い!

452 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/20(金) 21:55:06.11 ID:XPktdbE0 [12/15]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[四日目①] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午前 1:43]

金髪達はこちらの挑発にのってきた。
実際に優勢なのか、それともタカをくくっているだけか。

Tも書いてくるかと思ったけど、引っかからなかった。
東北にいるならメルヘン馬鹿を追ってきたことは間違いない。
ということは、すでに目的を果たしたか、殺されたかのどちらかだ。
おそらく後者の可能性が高い。目的を果たしたなら真っ先に私かH面に連絡をするはず。

H面にTが連絡をしたのが昨日の夕方。
内容は聞いていないが、心配しないでとかそれ系のことだと推測できる。

メルヘン馬鹿の性格からして、牙を向いてくるとわかったら容赦はしないだろう。
たぶん私が相手でも。

私たちが他の暗部組織より優位にある要素は、
連絡があったことによって捜索範囲がかなり絞られていることと、
おそらくあいつは私とまだ会う気はあるということだ。じゃなかったら連絡はしてこない。

接触して、寝込みを襲うか。
男が一番無防備になるのはあの時しかない。


それに超電磁砲が話す限り、明日にはその場所に着くらしい。
移動してるとは思うが、何かしらの手がかりはあるはず。

この二人はブログを見ていないらしい。
まあ見られたらすべてを話すか。FやKと合流してもらうのもいい。

性格からしてこいつらはメルヘン馬鹿を捕まえる方向に考えが進むだろう。
そうなる頃には私は仕事を終えるのが理想。重要なのは切り捨てるタイミングだ。

@melt down


458 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/20(金) 23:23:14.11 ID:XPktdbE0 [13/15]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[The Message①] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 9:02]

私は今、山の中にある小屋の前に潜伏している。
もう二人の連れはいない。こんな状況でもブログって。私ってやっぱりイカれてる。

金髪サングラスがどうして上から信頼されてるのかが分かった。
思うに今まで私が見てきた中で、一番頭が切れるのは間違いなくあの男だ。

FとKにした連絡。あれは私の動きを封じるためじゃない。私の動きを加速させるため。
要するに全てはあの男が描いた絵。

「ゲームは終わりだぜよ。しかしわっかりやすい場所に潜伏してるにゃー。
 移動しなかったみたいだぜい?」

目的の場所にたどり着いてみてびっくりした。山の中の小さな小屋。
逃げる気がないように見えた、なんとなく。

場所は金髪たちに先周りされていた。
もしかしたら最初から潜伏先に気付いていたのかもしれない。

そこで気付いた。あいつらは最初から、自分たちの手で始末するつもりなどなかったんだ。
私を精神的に追いこむ状況を作り上げて、ここまで私を引っ張りたかっただけ。

さっき上に連絡したら、暗部組織で動いていたのは私とあの金髪たちだけ。
懸賞金なんて嘘だった。綺麗に踊らされたってわけ。

私は負けず嫌いだ。
自覚している。だから奴らは私をわざわざ挑発した。あいつに執着する私の心を利用した。
決心が鈍らないように、追い込んだ。FやKをしむけた。

ゲームのような状況を作り上げて、私が取り得る選択肢を削った。
こうなったらどう足掻いても私が一人であいつを殺すしかない。



「ロミオとジュリエット効果、って知ってるかにゃー?」



目的は? 決まっている。
無傷であいつを殺せるのは私だけだからだ。



あの金髪も、FとKの安全を考えるくらいには善人っぽいところはあったらしい。
そこだけは感謝している。

461 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/20(金) 23:32:46.10 ID:XPktdbE0 [14/15]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[The Message②] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 9:13]

手がやたらと震える。寒いからかな。

続き。

「うちの第1位はそりゃあ強いにゃー、垣根相手でも多分勝てるぜよ。
 けど、傷はないに越したことはない。
 最初からお前の考えくらいお見通しだよ、麦野沈利。こちとら頭脳戦は十八番だにゃー。
 うちのカミやんを巻き込むって発想には驚いたけどな。何せアホみたいなお人よしだぜよ」

超電磁砲とツンツン頭は何やら混乱していた。
だましてたの? とか、あんたは本当にそれでいいのかよ! とか。
でもそれは一瞬で、すぐに金髪と第1位に………。

「カミやんはこーーーんな性格だから、こういうときは黙らせるのが一番だぜい。
 ………なあ原子崩し。こいつは関係ねえだろ。暗部の闇に一般人を巻き込んでんじゃねえ。

 そんなに闇に堕ちたいなら一人で堕ちやがれ、クソヤローが」

どこかでやったことがあるような言い草だった。
わかったからもう一人にして、と言ったら、「他人の情事を盗み聞きする趣味はないぜい」とか。
あの男のサングラスは何か仕掛けがしてあるのだろうか。殺す気力もなくなった。


KとF、それからH面にメールを入れておいた。
Tは手遅れかもしれないけど、もしも見つけたら場所を教えるから、引き取りに来てと。
それと、組織はこれで本当に解散。上には報告しておくと。


長くなった。吐き気もだいぶおさまった。行くわよ麦野沈利。
はぁ。結局私には光が当たらなかったなあ。
正直、ツンツン頭と超電磁砲を見てたら、ちょっとだけ期待してた。アハハ。

ツンツン頭は私に覚悟が必要と言った。なるほど、こういうことね。
それなら私はここに覚悟を書いておく。

もしも次にこれを書くときがあっても、たぶん私は人間をやめているから。
Tのことだけが悔やまれる。人間の心があるうちに仲直りしたかった。

ごめんね、T。すぐそっちに行くから。


@melt down

470 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga] 投稿日:2010/08/21(土) 00:09:39.14 ID:KZdhPfU0
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[無題] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午前 0:08]


できない。




できないよ………。


殺せるわけないじゃない。
だって涙しか出てこない。

どうしたらいいの?
また吐き気がする。

@,elt dwn

507 名前:さくしゃーん ◆le/tHonREI[saga ] 投稿日:2010/08/23(月) 21:03:07.30 ID:fI4FP/20 [2/26]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Everfree] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午前 10:21]

………。


私は、ついに手に入れた。くだらない鎖を断ち切って。

闇の底からこうして……。

ホントにぶっとんでるわ。
天使になった気分。なんちゃって。アハハ。


これでもかってくらい体が軽い。
空の上にいるんだから当たり前か。


最初からこうしていればよかった。

モヤモヤしたりイジけて仕事から目をそらしたり、
そんなんじゃ解決しない。



仕事は確かに、果たした。抹殺命令。


もちろん代償はあったけど。
もうあの場所には戻れない。

とにかくこれで私は、自由の身。
誰にも文句は言わせない。


@melt down


508 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga ] 投稿日:2010/08/23(月) 21:03:39.89 ID:fI4FP/20 [3/26]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Where Is My Mind?] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午前 10:35]


いきさつを語るのは後日談みたいでちょっと癪。
それでも悲劇の結末を知りたいって?

なら、非公開のブログにズケズケと入り込んできた最低なアンタにだけ見せてあげる。

これでもかってくらい、救いようのない話よ? 最低のカタストロフィー。

覚悟はできてる?

オーケー、じゃあ始めるわね。

………。



@melt down

509 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga ] 投稿日:2010/08/23(月) 21:05:10.35 ID:fI4FP/20 [4/26]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Melting point①] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午前 10:46]

私が小屋に入ってからあいつを見つけて、キスして抱きしめて。

隙はいくらでもあった。でもできなかった。

経過はいくらか聞いた。何をしていたの、とか。『計画』、のこととか。
あいつが言ってたのは確か、

「……まわってた。色んな場所を。
 なあ麦野、俺たちは確かに学園都市のレベル5。あの街で敵はいねえ。
 だから世界に出た。育っちまった野心を昇華させたくてな。
 なんのことはねえ、上のやつらは俺らなんて足元にも及ばねえくらいの化け物だ。
 見るのと戦るのじゃ全然ちげえってことだな。
 ………お前、本物の天使を信じるか。神を信じるか。その『右』に居る奴らのことは……」

とかなんとか。
正直頭がおかしくなったのかと思った。

「……ふざけやがって。デタラメな奴らばっかりだ。所詮俺たちは井の中の蛙。
 張りあえたとしても、従えられるほどの器量は今の俺にはねえ、悔しいけどな」

頭の中では殺さなきゃ、殺さなきゃ、と誰かが私に声をかけていたけど、
自分でもわかってた。

私にこいつは殺せない。
できない。どうしてか、その理由は……。

するとあの男、

「もうわかってる。やれよ? 俺を殺しに来たんだろ? 今なら一撃で殺せるぜ」

って。入る前から少し予想してたけど。
移動しなかったのは私が来ることが分かっていたからか。


510 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga ] 投稿日:2010/08/23(月) 21:06:54.63 ID:fI4FP/20 [5/26]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Melting point②] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午前 10:53]

知ってたの?と返したら、諦めたような顔であいつは私にこう言った。

「T壺、だったか。あいつが俺のとこに最初にたどり着いた」

まさか、殺したの。

「最初に見たときはやっちまおうかと思ったんだけどな。お前の話、ずっとしてたぜあいつ」

この話をあいつから聞いたときが一番びっくりした。
Tはてっきりメルヘン馬鹿の方について、私を探しださせるつもりかと思ってた。

で、あいつと私を殺し合わせる。
まぁ、考えてみたらそんな発想するのは私くらいか。

「それから何やら妙なことおっ始めやがってよ、戦る気かと思ったんだが、どうも違う。
 曰くお前がこっちに向かってる。そこまで言われたら、後はちょっと頭を回せばわかることだ。
 お前らにも上から指示が出たってな。
 麦野の気持ちを受け止めてやれだの、一人にするなだの、色々説教されちまった。
 あいつは入れ違いで帰ったみてえだな。逢わなかったか? ……そうか。

 ………とにかく、俺は気付いた」


「俺は野心があるから上を見ていたんじゃねえ。……死に場所を探してたんだよ、麦野。
 この闇から抜け出す方法はたった一つしかない。それは何もかも捨てて死ぬことだ。
 そうすりゃ解放される、そうだろ。単純な思考回路だと思ったか? お前は思わないはずさ。
 なぜなら俺とお前は……」

一緒だからでしょ、といった。



……そういえば、T壺に面と向かってありがとうって言ってないな。


511 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga ] 投稿日:2010/08/23(月) 21:08:08.62 ID:fI4FP/20 [6/26]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Melting point③] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午前 11:06]


次にはまた、抱きしめられた。


「お前になら殺されてもいい」

どうして? ばかじゃないの、冗談はやめてと言った。相変わらず涙しか出てこない。

「ハハ、お前はそうは思ってくれなかったみてえだけどな。
 前に海で聞いただろ? ………どうやら馬鹿なこと考えてたのは俺の方らしい。
 だから………」

私の耳元にあいつの吐息がかかった。
背中の傷が、うずく。

「麦野、俺を殺してくれ」



できない。

できるわけがない。

こんなに頭があんたのことでいっぱいなのに…。まさか自分で脳みそいじれっていうの?
ねえ、神様は本当に私たちのこと嫌いなのね、だから光があたらないのね。
あんたの羽は偽物よ、だって空を飛べるだけで光なんて一向に当たりやしない。
そんなんだからメルヘンヤローとか、メルヘン馬鹿とか言われるのよ。
私たちの世界は虚構、嘘、何もかも作り物。
答えてよ、どうすれば私たちは『イイヤツ』になれた?

そんな感じのことを言った気がする。


512 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga ] 投稿日:2010/08/23(月) 21:09:01.78 ID:fI4FP/20 [7/26]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Melting point④] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午前 11:17]


次には自分の口から、逃げよう、とか信じられない言葉が出てた。
あいつは何も答えなかった。


弱気になっちゃダメ。大丈夫よ、あんたの能力と私の能力を合わせれば。

ほら、あんた空飛べるし、私の能力だって少しは役にたつでしょ。
な、なにが第1位よ、グループよ、二人で戦えば絶対勝てるわ。
それでもダメなら、うちの組織のやつらも呼んで……。

ほら元気だして。

そうだ、落ち着いたらまた海いこ? 楽しかったじゃないあれ。
まず車で世の中の検問を突っ切るの、あんたが。俺の運転に常識は通用しねえ!って。
またやってよ、あの台詞。



ゲームは……ちょっと恥ずかしいから、酔ってないと無理だけど。
最後は海に行って、それで……。

あはは……。




「あらららら、やっぱりそうなっちゃったかにゃー」

私が振り返ると、小屋の前に金髪サングラスと第1位が立っていた。


雪、降ってたな。


513 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga ] 投稿日:2010/08/23(月) 21:10:29.10 ID:fI4FP/20 [8/26]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Melting point⑤] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午前 11:29]

「さっさと殺せばよかったんだぜい。ま、もう腹はくくってるみたいだけどな。
 おっと、情事は盗み聞きしてないから、勘違いしないでほしいんだぜよ」

いやらしい笑いを浮かべている。
第1位も同様だった。

「おィメルヘンヤロー。……クカカッカカ、そンなに死にてェならてめェはこの俺がぶっ殺してやる。
 前みたくよォ、オマエの体、バラッバラにしてよォ!」

「お前に殺されるのだけは御免だ」

すぐに攻撃してこないところからして、逃げ場はないのだろうと直観していた。
それでも、あがいた。金髪サングラスのやり方は、どこまでも狡猾だった。


「無理だな。お前らにとっちゃまず、『ここから出られるかどうか』が最大の障害だ。
 確かに抹殺の指示が出たのは俺らとお前にだけ。
 だが、学園都市の第2位はその存在自体が危険因子、あいまいにはできない。
 
 すでに死体を確認するために他の暗部組織がこの場所に向かっている。……あァ、これは本当の情報だにゃー。
 そいつらがここに到着するまでのわずかな時間に俺達を殺し、
 手傷を負った状態で残りの暗部組織の連中をやり過ごした上、さらにはここから抜け出すって?
 勝算は? 勝てるという根拠は? ……あるわけがない。
 
 断言する。100%不可能だぜよ」


けらけらと笑いながら、胸糞の悪い言い方だった。


「感謝しろよ第2位。お前の死体はこの地に埋めてやるにゃー。
 アレイスターはもうお前には興味がない。死んでくれるだけで十分だと。
 持ち帰られて、また冷蔵庫になりたくねえだろ? ははは、今度は冷凍庫だにゃ。
 
 この吹雪の中で、………凍って死ね」

「てめえは死んでも呪ってやるからな、土御門元春」

二人とも、どうしてこの笑っていられるのか、考えられなかった。
相変わらずの吐き気。



……吐き気。


514 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga ] 投稿日:2010/08/23(月) 21:12:27.50 ID:fI4FP/20 [9/26]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Melting point⑥] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午前 11:35]


「……それとも、もっと悲劇的な終わり方が好みかにゃー?」

どうでもいいんだけど、私あいつのしゃべり方も大嫌い。
聞いててイライラするし、気持ち悪いし。

右手に差し出されたのは二粒の錠剤。

「映画か何かで見たことがあるぜい。雪山で抱き合って心中。
 名前は………何だったかにゃー?」

海でメルヘン馬鹿が言ってた話。

死後硬直でそのまま離れないってやつでしょ。




ああ、なるほど。

あのときのアレはこの伏線だったってわけね。
まったく、何回も言うけど脚本書いたやつは絶対イカれてる。

悪趣味にもほどがあるわよ。

「まあ、どっちを選ぶかは任せるぜい。どのみち時間が経てば結果はついてくる。
 勘違いするなよ、これは善意から差し出したんだにゃー。
 後は好きにしろよ、お二人さん」

ほら吹きヤローは高笑いをしながら消えていった。


「ロミオとジュリエットって、あれなァ、悲劇ッつーか、喜劇だよなァ。
 ぎゃはッ、せいぜい笑わせてくれよォ、オマエ等」


第1位の台詞がいつまでも耳に残った。


515 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga ] 投稿日:2010/08/23(月) 21:15:31.56 ID:fI4FP/20 [10/26]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Melting point⑦] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午前 11:48]

長くなっちゃうわね、やっぱり。


それからしばらく。あいつらがいなくなって、沈黙が続いて。
突然の出来事だった。


床に吐いた。


このタイミング?


………あーーーーーーー。

やっぱ、そうか。


「……お前、まさか」

それ以上言うなって言った。


……はぁ。

おかしいと思ってたのよ。前から。いくらなんでも情緒不安定すぎ。

最初にもしやと思ったのは電車の中で記事を見返したとき。

確信したのはこのとき。気づくのが遅すぎたのね。辛いっていうもんね、アレ。

「すぐに病院に……」

はぁ?
今更何いってんの。

親もいない世の中に生まれてきた子供が、幸せになれるの?
腐敗した世界に絶望するだけよ、私たちみたいに。

それとも保障できるの、あんた。
今から二人ともいなくなるのに。



気付いたその瞬間に私の取るべき行動はたった一つに決定した。


516 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga ] 投稿日:2010/08/23(月) 21:22:30.23 ID:fI4FP/20 [11/26]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Melting point⑧] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午前 11:57]


最期の前に、二人でちょっとだけ踊った。ぎりぎりまだ覚えてたから。

あいつは結構忘れていて、私がリードする形になった。


思えばこれで始まったんだっけ。
ほんと、舞台のライトが懐かしい。


手を取り、

見詰め合って、

まわして、

抱き寄せて。



今度は私の方からキスをした。
馬鹿みたいって思った?


そうよね。そう思うわよね。

517 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga ] 投稿日:2010/08/23(月) 21:25:37.58 ID:fI4FP/20 [12/26]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Melting point⑨] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 12:06]


ねえ。

私、あなたにたぶん恋してた。


本当にたぶん。
名前をつけるとしたら、たぶん、恋。
私の場合のそれは、つまるところ嫉妬や依存、独占欲とか、下心の代物。



今の今まで、こういう状態に堕ちるまでは。


「これからは?」

言わせるなと言ってから、錠剤を口に含んでまたキスをした。
大人のやつ。


たいして変わらない。
下にあったものが真ん中に動いただけよ。

「それって愛の告白か?」

バカ。

「やっとお前の口から聞けたな」

バカ

「……俺は最初から真ん中だったぜ?」

………バカ。

最後に聞いたのはそんな台詞。

私たちは抱き合って、口移しで毒を飲んだ。

目の前が暗転するまで、そう時間は経たなかった。


………………………………………。


518 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga ] 投稿日:2010/08/23(月) 21:27:14.21 ID:fI4FP/20 [13/26]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[Melting point⑩] Comment [非公開] Trackback [0]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午後 12:16]


私の悲劇はこれでおしまい。

どう、立派な悲劇のヒロインだったでしょ。
救いのない話って言ったじゃない。

でもね、私なりに着色はしたつもり。

好みは別れるかもね。
嗚呼、悲劇のヒロインなんてやっぱり、演じるのは二度とごめんだわ。
だって、あまりにも悲しすぎるじゃない。救いがないじゃない。
こんなことなるならハッピーエンドの物語、もっと見ておけばよかった。

ま、これを見た誰かさん。
自分はこうじゃなくてよかったって、せいぜい幸せかみしめてよ。




……そうよね、浜面、フレンダ、滝壺………絹旗、。


@fin

519 名前: ◆le/tHonREI[saga ] 投稿日:2010/08/23(月) 21:36:00.39 ID:fI4FP/20 [14/26]
_______________________________________


そんな訳で私は今空の上にいる。
空を飛ぶのは気分がいい。

そうよ、私は天使になったの。
やっと光が当たるってもんよ。


これからはスポットライトが常に照りつける舞台で踊りまくってやる。



「なあ」

ん、なんだ、蚊が飛んでる。

「おい……」

ん、雄か。うるさい。

「頼むからさ………」

うっさい発言権なし死ねばか。

「……いい加減機嫌なおせ。コドモかお前は」

知らない、誰この人?


520 名前: ◆le/tHonREI[saga ] 投稿日:2010/08/23(月) 21:39:18.45 ID:fI4FP/20 [15/26]
「何? いまさらなんて言い訳するつもりかにゃーん?」


詰め寄ってやったら苦笑いをしている。
そんな顔してもだめだめ、絶対許さないから。


「なんでそこまで悲劇的な結末にこだわるんだ、お前は」

「いいの。これですっきり終わったんだから。綺麗な終わり方じゃない。更新完了ー」

「……お前、ロミオとジュリエットの結末、ちゃんと見てねえだろ」


大口叩きやがる蚊だ。

……ああ、はいはいそうですね。
そういうことにしておいてくださいー。


「知ってるわよ。二人は毒を飲んで死ぬんでしょ。あらやだ悲劇的ー。
 ……実際、あの話の終わり方はそうだと思ってる人多いみたいよ?」


「………はぁ。本当にそっちの方がよかったのか……?」


ぶちぶちぶちと音を立てて頭の中で何かが切れた。

521 名前: ◆le/tHonREI[saga ] 投稿日:2010/08/23(月) 21:41:19.87 ID:fI4FP/20 [16/26]
すーっと息を吸い込んで、ぶちまけてやった。

「うっせええええんだよォォォォ!!!!!!!!!!
 本気でロミオとジュリエットのマネ事させやがって!!!!!
 

 ………。

 仮死状態になるなんて聞いてないわよ!

 何それ、どういうオチよ!!!
 そもそも金髪サングラスと第1位の台詞で気づけばよかったわ。
 
 なーにが『ロミオとジュリエット効果って知ってるかにゃー?』よ!!
 『せいぜい笑わせてくれよォ、オマエ等』よ!!!!!!!!!!!!!!
 まんま私とあんたで演じさせられて!!!
 あの話みたいにあんたが死んだと勘違いしてから上下左右に引き裂いてやりゃよかった!!
 だいたいね、あの後雪の中這いずりまわって出てきたなんて、惨めすぎて書けるわけないでしょ!!!」



「仕方ねぇだろうが、それしか方法がなかったんだからよ。
 暗部連中は俺たちを埋めるとこまでが仕事だったしな。
 あいつらの立場もある。死体を回収されなかったのが僥倖だったが、
 さすがに本気で冷凍庫になるかと思ったぜ。
 いっとくけど最初にあの話を持ちかけてきたのは土御門元春だからな?」


謝らないのを見ていたらますます頭に血が上る。


「あんたが最初から知ってたのにも腹がたったけど、
 何より気に食わないのはあの演技だろおおがああああああああああああ!!!!!
 上手いからって何してもいいわけじゃねえええんだよおお!
 ご丁寧に、だ、だだだだだだだだダンスまで踊って…………。くうううううううう!!
 私だけ馬鹿みたいだったじゃない! ムカついた! ムカついたぁっ!!!!!!!!!」

「叩くな叩くな。ってか一応それ、俺の口癖なんだけどな。
 ……飛行機の中であんま騒ぐなよ……。まだ情緒不安定か?」

知らない。

522 名前: ◆le/tHonREI[saga ] 投稿日:2010/08/23(月) 21:43:57.17 ID:fI4FP/20 [17/26]

「ま、別にお前に説明してもよかったんだけどよ。
 第1位と土御門がノリノリでなあー。
 『せっかく共演したんだから、劇的に終わらせるにゃー^^』だとよ」

さっきから頭の中で、誰かがこいつに言葉を投げかけ続けている。

裏切り者裏切り者裏切り者裏切り者裏切り者裏切り者裏切り者裏切り者裏切り者。

「それに」

……顔が近い。近いっつの。

「ああでもしねえとお前、面と向かって言ってくれなかっただろ」

こいつは何を言いだすのだ。
あわてて口をふさごうとしたら、かわされた。

「俺のこと愛してるって言ってくれたじゃねえか。あれってそういう意味だよな?」



ああああああああああああああああああああああああああああ



523 名前: ◆le/tHonREI[saga ] 投稿日:2010/08/23(月) 21:45:09.26 ID:fI4FP/20 [18/26]

「ガキ、どうなんだ。それだけが心配だった。あの薬、影響したりしてねえのか」

病院に立ち寄るくらいの時間はあったから検査してもらった。

支障はないみたい。まだできたてのホヤホヤだって。

「産むんだろ?」

産むに決まっている。
一回は殺す気だったのよ。
もう二度と、私たちの勝手な事情で処理したりしない。

ちゃんとこの世界に落として、悲劇だろうが喜劇だろうが演じてほしい。
できれば、最後はハッピーエンドで。


「責任、取ってもらうから」

「もうあんなことやこんなことはできねーな、ハハハ」

思わず顔面を殴ってやろうかと思ったけど、なんとなく、そんな気分じゃない。

「……ねえ」

「ん?」

こいつの肩は細い。
目をつぶって、寄り添った。



524 名前: ◆le/tHonREI[saga ] 投稿日:2010/08/23(月) 21:48:56.78 ID:fI4FP/20 [19/26]

「……見られるだろ」

今まで散々あんたことやこんなことをやってきた男が言う台詞か、それが。

「平気よ、みんな寝てるし。……逃亡の身だけど、こーゆうの一応、新婚旅行っていうんじゃないの?
 それにこういう状況の方が、ほら……」

次の瞬間、口元に感触を感じた。
……かたい。

目を開けたら、あいつの指が添えられている。


…………え。


「へー、結局二人でそゆことする訳ね?」



今度は後ろから低くて重い声がした。
椅子の裏から生える四つの頭。



畜生、起きてやがった!


「もお、話しかけちゃだめですよ! あとちょっとで超最高のキスシーンが見られたのに!」

「ねえ麦野どうして? どうしてなの? 私じゃだめな訳ー????」

「はまづら、私もああいうやり方がいい?」

「………いや、俺はいいや………」


……何でこいつらを連れてきちゃったんだろう。

525 名前: ◆le/tHonREI[saga ] 投稿日:2010/08/23(月) 21:58:24.77 ID:fI4FP/20 [20/26]

「あ、麦野今ちょっと後悔したでしょ」

別に。

まあ仕方なかったしね。
山の中で遭難されても困る。あの気に食わない金髪サングラスが情報は伝えてたみたいだったけど。

それにこいつらを置いたままトンズラこいたら、今度は同僚に追われる身になるし。
暗部の上がどう動くかもわかんないし。

面倒だからみんなで逃げるが勝ち、ただそれだけ。

「本当は仲直りしたかっただけじゃねえのかよー、麦野ー」

はーまづらぁー。
そんなに私に可愛がってほしい?

「……結構です」

「大丈夫だよ、はまづら。麦野ははまづらにしたこと忘れてない」

ぐっ……。滝壺がこんなに執着するとは思わなかったわ。
腕一本撃ち落とされたときに抱えてくれたのがこの子だったってのは後で聞いた。

まぁそう考えると…………丸く収まってよかったけど……。

「むぎの」

滝壺は私に手を差し出してくる。
……何を言ってくるかはだいたい読めてる。

「仲間」

……今回はそういうことにしといてあげる。

526 名前: ◆le/tHonREI[saga ] 投稿日:2010/08/23(月) 22:12:21.74 ID:fI4FP/20 [21/26]

「ま、これにて本当に一件落着な訳よ!! えっへん!」

ところがそうでもない。

「どうするんですか、これから」

絹旗が相変わらずの露出度でメルヘン馬鹿に話しかけた。

そう、暗部の組織がそんなに甘いはずがない。
私たちはいつまた狙われるかわからないのだ。

「………わからねえな。
 社会的に俺と麦野は抹殺されたことになってるが、暗部の上がいつ気づくかわからねえ。
 とりあえずはどこか情勢の落ち着いた国に身を隠す。
 ガキのこともあるしな。それからは………いや、もうユメを見るのは終わりだ。
 これからは現実の中で役を演じてやる。そうだろ?

 長いハネムーンになりそうだな、麦野」


横目で言われてびっくりした。
ハネムーンか。


………うん。
悪くない。


私がかつて求めていたのは光だった。
でも多分、それは結構近くに当たり前にあったもの。

……もちろん生まれてくる命もあるけど。

堕ちることばっかり考えてたのが多分間違い。
曲がり角にぶつかる度に病んで悩んでたから。

イイヤツ側。

ツンツン頭や第1位、超電磁砲、バカ面滝壺にあって私にないもの。
やっと見つけた。

たぶん。


たぶんね。

527 名前: ◆le/tHonREI[saga ] 投稿日:2010/08/23(月) 22:19:48.61 ID:fI4FP/20 [22/26]

「はー、まったく柄じゃないわーほんとに。とんだ失態よ。減点2ね」


そう言ってシメたのはいいが、まわりを見るとどうも様子がおかしい。
何。何よ。私変なこと言った?

「違う訳よ。はーい私麦野に減点570」

え?

「私も超減点1230」

何なに、なんなのこれ。

「むぎの減点4000」
「減点13450でいいか?麦野」



何のことかわからず、隣に座ったメルヘン馬鹿を見た。
あの目。初めてキスしたときの……。




「ブ・チ・コ・ロ・シ・か・く・て・い・だ」





まさかと思ったときには手遅れだった。

528 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga ] 投稿日:2010/08/23(月) 22:31:51.84 ID:fI4FP/20 [23/26]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Theme:[There will be love there] Comment [--] Trackback [2]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[20XX ★/★ 午前 0:00]

konnitiwa.

dare? toka kikanaide kudasai

totuzendesuga,korewo mite kudasai

koukai syokei desu

suguni keshimasu......

※画像

sugu kesukarane!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

__________________________________________________________


529 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga ] 投稿日:2010/08/23(月) 22:33:05.37 ID:fI4FP/20 [24/26]
___________________________________________________________________________________

NAME:N2
damedesu tyou damedesu

NAME:furefure
fufufufu korede mugino mo nakamana wakeyo.....

NAME:本屋さん
ちゅーしてる!ちゅーしてるんだよ!
でも誰だかわかんないんだよ!!!!
あ、それで私の名前はイン※※※※っt

NAME:→
そのバカにせいぜい逃げ切ってみやがれって伝えとけ

NAME:とおりすがり
ん? これは誰かにゃー、どっかで見たことがあるような気がするにゃー^^
忘れちったぜい!

NAME:IB
舞台はどうするんだよおおおおおおお台詞覚えたのによおおおおおお
不幸だあああああああああああああああああああああああああ

NAME:M&M
>>IB
わ、わわわた、私とやれば……

NAME:shizu shizu
>>toorisugari
bu chi ko ro shi ka ku te i ne

…………


……




530 名前:SIZURI.M ◆le/tHonREI[saga ] 投稿日:2010/08/23(月) 22:39:14.95 ID:fI4FP/20 [25/26]
_______________________________________

っつーわけで、更新も遅れがちで見切り発車で始まったお話ですが、これで完結でし。
みことにっきから始まったブログ形式も一区切りしたいと思います。

前から思ってたんだけど、自分の中で麦のんは美琴になれなかった人、
ていとくんは一方通行になれなかった人、と勝手に思ってまして。

なんでかなーーーーーって考えてたらこういう話を思いつきました。
これからも暗部の闇と戦うんでしょうが、お互い足りなかったものを見つけたってことで、
区切りは悪いかもしれないですけど、麦のんの恋話はこれでおしまいにさせてください。


設定や話に相変わらず矛盾があると思いますが、
まあそこは麦のんへの愛でカバーしてくれたらこれ最愛です。
幸いです。


みなさんのお話もハッピーエンドでありますように!
では、いずれまたどこかで会いませう。

ばばい!


Trackback:2



http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND10330/index.html


おまけ 背中刺す日記
487 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 14:22:46.31 ID:ZBF3JfEo
さくしゃーんの頭のキレ的に『背中刺す日記』とかもやったりするんだろうか
表向きは皆やってて面白そうだからってやりつつ、よく読むと暗部的メッセージ盛りだくさんとか


492 名前:MOTO.T ◆le/tHonREI[saga ] 投稿日:2010/08/22(日) 22:27:25.83 ID:KcMgNWk0 [1/2]
##########################################
Title =【背中刺す日記】 Comment 【--】 Trackback 【0】 【20XX ◆/◆】
##########################################

へーい!^^ 皆元気してるかにゃー?





しかし今日も暑かったにゃー;; え? 何でお前が出てくるんだ?

さすがにこの俺がブログやるなんて思ってなかったって?にゃははは。

皆がこんなもん楽しそうに始めるから悪いんだぜい。

でもめんどいことは嫌いだからにゃー、そのうちふっといなくなるかも?

こんなのばっかりやってたら頭がどっかのメンヘラ女と同じになっちまうぜい。

え?むぎのんを悪くいうなって?おいおい、勘弁してほしいぜよ。

どうせ女なんざブログに書くことなんて決まってるからにゃー。見てて退屈しない方が不思議なんだぜい。

これからは、あいつの代わりにこの俺が皆をニヤニヤさせるぜよ!!!!

……なんちってー!俺ってば嘘つきなんだぜい^^ 記事はこれっきりにしとくにゃー^^





@Fallere825

542 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/23(月) 23:47:51.14 ID:HOEy5.AO [2/2]
超乙!
これほど張り付いたスレは初めてだ。
感動をありがとう!


ところで、握手してくれるんだよね?
( ゚∀゚)っ


543 名前: ◆le/tHonREI[saga sage] 投稿日:2010/08/23(月) 23:52:53.60 ID:fI4FP/20 [26/26]
>>542
ぎゅ

コメント

No title

おつ!面白かった!

No title

すばらしい!

とっても面白かったってミサカはミサカは感想を述べてみる

No title

他のと違ってコレ面白くないよね?日記形式の意味も大分無くなってるし。
ただの麦野×垣根SSじゃん。しかも質が悪い・・・三流シネマみたい・・・

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。