FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新魔王「私が新しい魔王です!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 02:03:57.78 ID:psmavRbq0
勇者「そうか」

新魔王「ふふふ! それでは覚悟です! 勇者!」

勇者「おうちどこなんだ?」

新魔王「へ?」

勇者「魔王の城に一人でさみしかっただろ?」

新魔王「こ、子供扱いしないでください!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 02:09:23.78 ID:psmavRbq0
ちょっと前、王の城にて

勇者「…え?」

王「…うむ」

勇者「いや、新しい魔王って…」

王「そのままだ。魔王の城には、今、新しい魔王が住み着いているらしい」

勇者「んなアホな。魔王は俺の家にいるんですよ?」

王「だからこそ、新しい魔王が現れたのだろう。今のままでは勇者を倒せないからな」

勇者「…で、また退治に行けと?」

王「うむ」

勇者「わかりました。早速、行ってきます」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 02:14:53.24 ID:psmavRbq0
勇者(新魔王とかいいながら、こいつ、元魔王と全然かわらねぇぞ…)

新魔王「子供扱いには少々むかつきました…覚悟してください!」

勇者(…あいつよりは言葉が綺麗だな)

勇者「まあ待て、話し合いで解決しようぜ」

新魔王「…あなた、バカですか? 私に敵わないからって…」

勇者「違う、できればお前みたいな可愛いやつに傷をつけたくないんだ」

新魔王「か、可愛い…?」カァァ

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 02:17:59.77 ID:psmavRbq0
勇者「とりあえず、ちょっと城から出よう」

新魔王「わ、わかりました」

勇者「…」テクテク

新魔王「…」テコテコ

勇者「…」テクテク

新魔王「ちょ、ちょっと…勇者さん」

勇者「ん?」

新魔王「歩くのが…早すぎです」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 02:21:42.69 ID:psmavRbq0
勇者「そうか?」

勇者(いつもならこれぐらい、あいつなら大丈夫なのに…)

新魔王「! なるほど、すこし速さを上げて、私から逃げようという魂胆ですね!」

勇者「違う違う」

勇者(ああ、そうか、あいつだったらムキになって追いつこうとするから、弱音なんて吐かないんだ)

新魔王「ふん! もうだまされません! ここで死んでもらいます!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 02:25:47.80 ID:psmavRbq0
勇者「ちっ、仕方ない」

新魔王「死んでもらいますからねっ!」

勇者「…それっ」トンッ

新魔王「!」ドサッ

勇者「ふう」

勇者(…あいつもそうだけど、魔王ってこんなに弱いもんなのか?)

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 02:29:28.18 ID:psmavRbq0
勇者「とりあえず…気絶させたのはいいけど」

勇者(これからどうするか…)

勇者「…まあ、こいつもあいつと同じで、悪いことはしないだろ」

勇者(まあ、俺の考えだけど…)

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 02:34:11.88 ID:psmavRbq0
新魔王「…はっ! ここは!?」

勇者「お、目が覚めたか」

新魔王「! 勇者さん! な、なぜ私をおぶっているのですか!?」

勇者「まあ、気にするなよ」

新魔王「気にします! 私とあなたは、敵同士なのですよ?」

勇者「俺はそう思ってないぞ」

新魔王「…私はそう思ってるんです!」バシッ

勇者「いて!」

新魔王「ふん! どうやら、あなたは私をコケにしているようですね…」

勇者「!」

新魔王「私は元魔王のように甘くはありませんよ! くらえっ!」

MPが足りません。

新魔王「」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 02:44:14.59 ID:psmavRbq0
勇者「やっぱりお前もか」

新魔王「あれ? なんで? 魔界では上手くいってたのに…!」

勇者「MP0が何を言う」

新魔王「ち、近寄らないでください!」

勇者「考えてみろよ、お前の力はほぼ無力。抵抗しないほうが身のためだと思うぞ」

新魔王「う…」

勇者「ついてこい」

新魔王「…わかり、ました」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 02:48:11.86 ID:psmavRbq0
新魔王「勘違いしないでくださいね? 私は能力が戻ればいつでもあなたを殺すんですから!」

勇者「了解」

新魔王「…バカにしてますね?」

勇者「してないって」

新魔王「ふん! 嘘です、そんなの!」

勇者「はぁ…」(なんか、やりづらいな)

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 02:54:31.93 ID:psmavRbq0
勇者「ただいま戻りました」

王「うむ、ごくろう。む? 今日は魔王も一緒か」

勇者「ああ、こいつは…」

新魔王「な、なぜ、私が魔王だと知っているんですか!?」

王「? 勇者、一体どうしたのだ?」

勇者「こいつが、新しい魔王です」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 02:59:08.97 ID:psmavRbq0
王「そうかそうか。それはよかった」

新魔王「なぜ知っているんですか!? 怖い、怖いです!」

勇者「とりあえず、こいつも俺が世話します」

新魔王「世話!? なぜあなたに世話をされないといけないんですか!?」

勇者「…」

新魔王「無視しないでください! ちょっと!!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 03:04:04.16 ID:psmavRbq0
勇者「ん? なんだ?」

新魔王「世話をするって…まさか、私を奴隷にするつもりですか!?」

勇者「被害妄想だ、それは」

新魔王「さすが勇者です…恐ろしい!」

勇者「だから、そんなことしないっていってるだろ?」

新魔王「信用できません!」

勇者「じゃあ、どうしたら信用してくれるんだ?」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 03:13:24.46 ID:psmavRbq0
新魔王「私達は敵同士なんです! 信用する意味なんてありません!」

勇者「はぁ…わかったよ」

新魔王「…え?」

勇者「今度また、決心したらお前を倒しにいくから。その時まで、あの城で待っててくれ」

新魔王「そ、そんなのあんまりです!」

勇者「え?」

新魔王「許せません! 私をここまで連れてきておいて!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 03:17:25.29 ID:psmavRbq0
勇者「…」

新魔王「それに、私の城までけっこう遠いです! ま、まあ、ワープできますけど!」

勇者(MP0なんだから無理だろ…)

新魔王「すこし、観光してからでも、あなたを殺すことは安易なことですから」

勇者「そうか…じゃあ、行くか」

新魔王「はい」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 03:23:22.40 ID:psmavRbq0
勇者「ただいまぁー」

魔王「! ゆーしゃ!」

盗賊「…勇者…!」

勇者「おお、魔王、盗賊。ただいま」

魔王「何も言わずに出かけおって! 何処にいっていたのだ?」

盗賊「!」コクコク

勇者「ちょっとな」

新魔王「こ、ここが…勇者さんの家…ですか?」ヒョコ

魔王「!!!」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 03:27:58.09 ID:psmavRbq0
>>29
後々書く。
あの時は本気で忘れてた。すまん。

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 03:32:19.50 ID:psmavRbq0
魔王「あ、ああ…お、お前は…」

勇者「ん? やっぱり知り合いなのか?」

盗賊「…魔王と、そっくり…」

勇者「新しい魔王らしい」

魔王「あ、新しい魔王!?」

新魔王「お久しぶりです」

魔王「ゆ、ゆーしゃ! なぜこいつがここにいるんだ!」

勇者「え? なんでって…」

魔王「こいつは…私の妹だ!!」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 03:44:10.16 ID:psmavRbq0
勇者「妹…か」

新魔王「それより、お姉さま、これはどういうことですか?」

魔王「…む?」

新魔王「勇者の家でのんびりとして…だから私が新しい魔王として派遣されるんです!」

魔王「…」

新魔王「このような姉を持ったことに、私は遺憾です!!」

勇者「おい、いいかげんにしろ」

魔王「…ゆーしゃ」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 03:50:20.26 ID:psmavRbq0
勇者「これ以上魔王のことを悪く言うのは俺が許さん」

新魔王「…皮肉なものですね。まさか、敵にかばわれる始末とは…」

魔王「…」

勇者「…だから、敵じゃねぇって」

盗賊「…みんな、友達…」

新魔王「…ふんっ」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 03:57:23.16 ID:psmavRbq0
勇者「仲良くしないんなら、出てってもらう」

新魔王「…仲良く、できるわけがないですよ」

勇者「…」

勇者(子供の喧嘩に見えるとか言ったら、怒るだろうなぁ)

武闘家「やっほー! 勇者おかえりぃ!」

勇者「おお、武闘家か」

武闘家「うわ! なんや魔王! しけた顔して? って、二人!?」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 04:02:18.32 ID:psmavRbq0
新魔王「なんですか? この小さな女の子は…」

武闘家「ウチのこといえへんやろ! どうなってるん? 勇者」ギュッ

勇者「あ、ああ。実は…」

魔王「おい、ゆーしゃの腕にしがみつくな」

武闘家「えーやん。勇者は別にあんたのもんちゃうんやで?」

魔王「…」イラッ

新魔王(…まさか…)

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 04:06:13.45 ID:psmavRbq0
新魔王「お姉さま…まさか…」

魔王「!」

勇者「?」

新魔王「勇者さんのことす…むがっ!」

魔王「ほらほら、何をわけのわからんことを言っているんだお前は!」

新魔王「んん! ふまふむぅ!!」

武闘家「お姉さまって…姉妹なんか?」

勇者「ああ、そうらしい」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 04:14:13.95 ID:psmavRbq0
勇者「それにしても、二人とも瓜二つだな」

魔王「だ、誰がこんなやつと…!」

新魔王「ふま! ひみっふむぅ!」

勇者「八重歯も二人ともあるんだな…」

盗賊「…八重歯」

武闘家「またにぎやかになるなぁ」

勇者「そういえば、武闘家、お前、どうだったんだ?」

武闘家「ああ、ここの隣の隣のおばさんが住ませてくれるって。お兄ちゃんと一緒におれへんの寂しいわぁ」

勇者「そうか」

武闘家「もしかして、この子も一緒に住むん?」

勇者「まあな」

武闘家「それずるい! あかん! ウチもこっちくる!」

勇者「それはさすがにまずいって!」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 04:15:54.95 ID:psmavRbq0
脇腹が粉砕しそうだ…。

誰も見てないか。

投下時間ミスったなーいや、おもしろくないのかw
すまん、落ちます。では。

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 14:21:02.78 ID:psmavRbq0
武闘家「もしかして、お兄ちゃんはウチのこと嫌いなん?」

勇者「そうじゃない!」

武闘家「やったらいさせてーな! な? ええやろ?」

勇者(…やれやれ)

勇者「わかったよ…そのかわり、あんまり変なことするなよ?」

武闘家「もしかしてお兄ちゃんはウチを問題児やと思ってるん?」

勇者「当たり前だ」

武闘家「お尻触ったのにそんなこと言われるなんて…悲しいわぁ」

魔王「!!」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 14:32:27.89 ID:psmavRbq0
魔王「ゆーしゃ…どういうことだ?」

勇者「ば、バカ! 変なこと言うなって!」

盗賊「…お尻」

武闘家「それに揉まれたしぃ」

魔王「も、ももも!?」

新魔王「な、勇者さんは変態だったんですか!?」

盗賊「…」チャキ

勇者「盗賊!? そのナイフをしまってくれ!」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 14:44:45.79 ID:psmavRbq0
盗賊「…触られたこと、ない」

勇者「え?」

魔王「…私もだ!」

勇者「いや、お前らおかしい! それはおかしいぞ!」

盗賊「…武闘家だけ特別…?」

勇者「そ、そういう意味じゃないって!」

武闘家「お兄ちゃんは私以外にはスキンシップせーへんもんなー!」

盗賊「…」チャキ

勇者「は、早くしまえって!!」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 15:00:44.62 ID:psmavRbq0
新魔王「勇者さん…恐ろしい人ですね…!」

勇者「盗賊! 頼むからナイフをしまえ!」

盗賊「…なんで?」

勇者「怪我したらどうするんだ!? 危ないだろっ」

盗賊「…大丈夫。勇者しか傷つけないから」

勇者「一体どうしちまったんだ!」

魔王「ま、まあ、落ち着け、盗賊」

勇者「ま、魔王…!」

魔王「こいつは私の手で裁きを下す」

勇者「…助かってねぇ!!」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 15:08:13.58 ID:psmavRbq0
新魔王「お姉さまも落ち着きください」

魔王「む?」

新魔王「ここまで否定しているのです。きっと何かの手違いか何かだったのでしょう」

勇者「新魔王!」

新魔王「勘違いしないでくださいね。これは真実を知るためであって、あなたのためではないんですから!」

勇者「そうか。ありがとな」

盗賊「なら…説明して」

勇者「あの時はだな……」


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 15:13:00.96 ID:psmavRbq0
勇者「いきなりこいつがヒップアタックをしてきて、それを防ぐ時に、誤って触っちまったんだ」

魔王「そ、そうか…」

勇者「それと、揉んだのはこいつの捏造だ! 俺は触ってからすぐに手を離したからな」

武闘家「ありゃりゃ、ほんとのこと言われてもーたかぁ」

魔王「ま、まあ、ゆーしゃがこんなことしないと、最初から思っていたがな!」

勇者「うそつけ」

魔王「…ごめんなさい」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 15:17:19.81 ID:psmavRbq0
勇者「新魔王、ありがとな」

新魔王「私は何もしていません」

勇者「それでも、ありがとう」

新魔王「ふ、ふん…」

魔王「…」

勇者「新魔王、腹減ってるだろ? 何か食うか?」

新魔王「遠慮しておきます。あなたが何を企んでいるかわかりませんし…」

新魔王「それに、あまりお腹も空いていませんし」

勇者「腹の虫がなってるぞー」

新魔王「!」カァァ

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 16:34:35.61 ID:psmavRbq0
勇者「な、なんで睨むんだよ…」

新魔王「…いえ、別に」

勇者「大丈夫だって、毒なんか入れねぇよ。盗賊!」

盗賊「…はい」

勇者「俺達専用の料理人だの、盗賊だ」

盗賊「…て、照れる…」カァァ

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 16:41:07.97 ID:psmavRbq0
勇者「こいつの飯は本当に美味い。一度食ったらやめられないぞ!」

新魔王「…ふん、どうだか」

勇者「…まだ、信用してくれないのか?」

新魔王「さっきも言った通りです。あなたを信用する意味がありませんから」

勇者「つめてーなぁ」

新魔王「…」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 16:47:09.92 ID:psmavRbq0
盗賊「…できた」

勇者「おう。ほれ、食え食え」

新魔王「…」

パクリッ

新魔王「…あ、おいしい」

勇者「だろ?」

新魔王「…」パクパク ペロリ

勇者「おお、さすが姉妹…!」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 16:52:00.99 ID:psmavRbq0
新魔王「お、おいしいです! もっといただけますか!」

盗賊「…お、おかわり、いっぱいある」

勇者「おー、魔王とは大違いだなー」

魔王「む、何がだ?」

勇者「素直さが」

魔王「…ふんっ」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 17:00:52.83 ID:psmavRbq0
武闘家「なんか見とったらお腹空いてもうたわ。盗賊、ウチにもちょーだい」

盗賊「う、うん」

勇者「お前はいいのか?」

魔王「私は平気だ。そんなにお腹も空いてないからな!」

勇者「…腹の虫を抑えてから言えって…」

魔王「…」ムスッ

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 17:08:04.38 ID:psmavRbq0
魔王「…ふんっ」パクパク

新魔王「あ、ちょっと! お姉さま! 私の分を…」

魔王「いいだろっちょっとくらいっ」

勇者「おいおい、人の分を食うな。ちゃんとお前の分も…」

魔王「わかった…盗賊、私の分…」

盗賊「…もう、残ってない」

魔王「…」

勇者「そ、そうか」

魔王「…」プイッ

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 17:17:17.55 ID:psmavRbq0
盗賊「ご、ごめんね…す、すぐ新しいの作るから」

魔王「そこまでせんでいい」

盗賊「…」ビクッ

勇者「仕方ない…。魔王、一緒に外で食うぞ」

魔王「! 本当か!?」

勇者「おう」

勇者「そうだ、新魔王」

新魔王「はい?」

勇者「町の案内してやるから、ついてこいよ」

魔王「…」イラッ

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 17:21:16.14 ID:psmavRbq0
魔王「そ、それは後でも行けるだろう」

勇者「でも、早めに済ませられるんだったら、済ませといてもいいだろ?」

魔王「…」

新魔王「…なぜあなたは私に町の案内をするんですか?」

勇者「え、だめか?」

新魔王「ダメも何も! 私はここに長居する気はありません!」

勇者「えーそうなのかー」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 17:38:34.70 ID:psmavRbq0
魔王「おい、ゆーしゃが案内するって言ってるん…」

勇者「いや、いいんだ」

新魔王「ふん、そろそろ出て行きます」

勇者「こんな遠いとこまで連れてきて、悪かったな」

新魔王「まったくです。それじゃあ、」

新魔王「さよならっ!」

MPが足りません。

新魔王「…」

勇者「…やっぱりな」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 17:53:51.27 ID:psmavRbq0
魔王「ふはは! MPが足りません? は、腹が痛いー!!」

新魔王「…うるさい…」ボソッ

魔王「え?」

新魔王「うるさいうるさい!!!」ボウッ

勇者「な!? 炎!?」

新魔王「いつもいつも私を笑って…お姉さま、許さない!」

魔王「お、落ち着け! どうしたんだ!?」

勇者「わりぃ、新魔王」

新魔王「触るなぁ!」

勇者「あっつぅ!?」

盗賊「勇者!」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 18:09:36.31 ID:psmavRbq0
新魔王「お姉さま…あなたを殺して、そのあと、勇者さんも殺します!」

勇者「! やめろっ!」

魔王「…お前、随分と大きなこと言えるようになったな…」

勇者「…魔王?」

魔王「お前なんかが私に勝てるとでも? 笑わせるな!」

MPが足りません。

魔王「ありゃ?」

勇者「あーもう! 思った通り!」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 18:14:20.21 ID:psmavRbq0
新魔王「やはりお姉さまは…おちこぼれですね」

魔王「…」

新魔王「死んでもらいます!」

ドンッ

新魔王「…!」ドサッ

勇者「ふう、これで二回目だな…」

魔王「…すまん」

勇者「なぁに、気にするな」

盗賊「火傷…大丈夫?」

勇者「してないから大丈夫だ。魔王、気を取り直して食いにいこうぜ」

魔王「う、うむ…」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 18:20:03.67 ID:psmavRbq0
勇者(こいつも魔王と同じくらいの重さか…)

魔王「…おい、ゆーしゃ」

勇者「ん? なんだ」

魔王「指、見せてみろ」

勇者「…なんで?」

魔王「さっき火傷してたくせに、嘘をついたな?」

勇者「…まあ、気にするなよ」

魔王「気にする。私の妹がやってしまったことだ。私にも責任がある」

勇者「…じゃあ、ん」スッ

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 18:26:40.10 ID:psmavRbq0
魔王「…」

勇者「これぐらいなら、自然に治ると思ったから。…盗賊に心配かけたくなかったんだよ」

魔王「…ふむ」

勇者「もう、いいか?」

魔王「…」ハムッ

勇者「ぬおっ!?」

魔王「…んもっま(動くな)」

勇者「…お、おう」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 18:30:45.92 ID:psmavRbq0
魔王「…」ペチャッ…

勇者「…」ドキドキ

魔王「…」

勇者「…」ドキドキ

魔王「…」

勇者「…」

勇者(な、なんだこの空気…!?)

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 18:45:20.15 ID:psmavRbq0
魔王「…ふぅ」

勇者「…」

魔王「こ、これで、治りが良くなるはずだ」

勇者「お、おう、ありがとう」

魔王「なんだ? その顔は…?」

勇者「あ、いや、なんでもない」ドキドキ

魔王「…」カァァ

魔王「さ、さっさと行くぞ!」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 18:51:08.04 ID:psmavRbq0
勇者(なんだこの気持ちは…)チラッ

魔王「な、なんだ?」

勇者「あ、い、いや、なんでもない」

勇者(なんで俺、こんなドキドキしてるんだ!?)

魔王「大丈夫か?」

勇者「あ、ああ、だい、大丈夫、大丈夫」

魔王「…? そうか」

勇者(魔王が…可愛すぎる)

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 18:57:01.33 ID:psmavRbq0
勇者(なんだ、なんだ、なんだ!?)

魔王「む、ゆーしゃ! 私はオムライスが食べたいぞ」

勇者「お、オムライスな、わ、わかった!」

魔王「うむっ」ニコッ

勇者(一つ一つの動きが凄く鮮明に映る…)

勇者(こんな気持ち、初めてだ)

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 19:01:46.40 ID:psmavRbq0
「おまたせしましたー半熟オムライスでーす」

魔王「うむ! いただく!」

勇者「…」

魔王「はむっ…」

勇者(やべぇ…直視できないぞ…これは重症だ)

魔王「うむっ! おいしいっ!」

勇者「そ、そうか、よかった」

魔王「…さっきはすまんかったな」

勇者「え? あ? ん?」

魔王「その、私の妹が…本当に、すまんかった」

勇者「そ、そんなこと気にすることないさ」

勇者(シュンとした顔も…たまらんっ)

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 19:12:14.13 ID:psmavRbq0
勇者(って、本当にやばいぞ! 魔王から目を離せない)

魔王「お、おいゆーしゃ」

勇者「な、なんだ?」

魔王「そんなに見られると…は、恥ずかしい」

勇者「!」カァァ

勇者「あ、ああ、すまん!」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 19:25:45.55 ID:psmavRbq0
勇者(あー今絶対俺顔赤くなった…)

魔王「なんか…」

勇者「ん?」

魔王「今日のゆーしゃ…なんか、変だぞ?」

勇者「そうか? いつもの俺だぞ」

魔王「それならいいんだけど…」

勇者「お前の妹にも会えて、ちょっと嬉しいよ」

魔王「そ、そうか? 生意気なやつだけどな」

勇者(お前が言うのか?)

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 19:33:26.24 ID:psmavRbq0
新魔王「んん…」

勇者「お、目ぇ覚めたか?」

新魔王「は! こ、ここは…」

勇者「おい、ここでは暴れるなよ?」

魔王「お前は昔から熱くなる性格だからな」

勇者「そうなのか? はは」

新魔王「? 何がおかしいんですか!」

勇者「別に理由はないから、そんなに喧嘩腰になるなよ」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 20:08:39.32 ID:psmavRbq0
?「誰かと思えば、勇者か」

勇者「あ、賢者さん」

賢者「久方ぶりだのう。…む? 魔王が二人?」

魔王「おう、賢者」

新魔王「…?」


賢者「ふむ、こちらが魔王の妹、か」

勇者「はい、新しい魔王として魔界から来たそうなんです」

新魔王「勇者さん、あまり人に言いふらさないでください」

勇者「いいじゃねえか。減るもんじゃないし」

新魔王「…」プイッ

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 20:27:47.68 ID:psmavRbq0
勇者「…」

賢者「はぁ…」

勇者「どうしたんですか?」

賢者「あ、ああ、気にせんでくれ」

勇者「いや、気にしますよ。どうしたんですか?」

賢者「…実はな、そろそろ婚約相手を決めないといけないんじゃ」

勇者「…へ?」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 20:33:02.39 ID:psmavRbq0
勇者「こ、婚約相手ですか?」

賢者「うむ。私はイヤなのじゃがな…」

勇者「じゃ、じゃあ、しなくてもいいじゃないですか」

賢者「いや、それもだめなのじゃ。父親に今週中にと言われてしまってな」

勇者「…そうですか」

賢者「しかし、私は一度二度あった男と結婚はしたくないのじゃ」

勇者「…」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 20:43:16.17 ID:psmavRbq0
賢者「…あ、あの、じゃな、勇者…」ドギマギ

勇者「は、はい?」

賢者「…よ、よければでいいんだが…」

勇者「…?」

賢者「私の、婿になってくれんか?」

魔王「!?」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 20:50:10.57 ID:psmavRbq0
魔王「な、なに意味のわからないことを、言っているんだ!?」

新魔王「あら、お姉さま、とても驚いていますね」

魔王「お前は黙っていろ!」

勇者「お、俺がですか?」

賢者「…うむ、できれば返事は今日中で頼む、それじゃあ!」

勇者「あっ…ちょっと…」

魔王「…」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 20:56:15.00 ID:psmavRbq0
勇者「…」

新魔王「どうするんです?」

勇者「うぇ? …ああ」

新魔王「あー残念です。私のお婿さんにしようと思っていたのに」

魔王「なにぃ!?」

勇者「え、でも、さっき…」

新魔王「好きな人には素直になれないもんですよ。ね? お姉さま」

魔王「! なぜ私にふる!?」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 20:59:12.45 ID:psmavRbq0
新魔王「さて、なんででしょうねぇ?」

勇者「?」

魔王「…うぅ」

勇者「…とりあえず、魔王、食い終わったか?」

魔王「ん? う、うむ」

勇者「じゃあ帰るぞ」

魔王「…うむ」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:04:35.14 ID:psmavRbq0
盗賊「え、…お婿さん?」

武闘家「えーお兄ちゃん結婚するん?」

勇者「…」

魔王「ゆ、ゆーしゃ! お前はまだ、け、結婚なんて、しないよな?」

勇者「…当たり前だろ」

魔王「な、なんだ! ならなんでそんなに考えているんだ?」

勇者「賢者さんが、結婚するの、イヤだ」

魔王「?」

勇者「俺はあの人と、この関係をずっと保ちたかった! なのにそんな関係も今週で終わり!」

魔王「ゆ、ゆーしゃ落ち着け!」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:06:36.46 ID:psmavRbq0
勇者「…だからといって、結婚はできない」

新魔王「なぜです?」

勇者「それは―――――」

遊び人「おい、勇者!」

勇者「おお、遊び人」

遊び人「帰ってくるなら言ってよ! もうっ」

勇者「すまんすまん」

新魔王(言いかけたこと、なんだったんだろう…)

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:08:41.43 ID:psmavRbq0
※ 新魔王がいることについては省略。

遊び人「それにしても…」

勇者「ん?」

遊び人「勇者以外全員女だな…」

勇者「ん? 魔王、新魔王、盗賊、武闘家、遊び人。5人だな」

遊び人「…お前、いつか死ぬかもな」

勇者「縁起でもないこと言うなよ…」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:12:35.50 ID:psmavRbq0
>>112
どんな期待にだよw

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:14:27.82 ID:psmavRbq0
遊び人「絶対に負けない」

勇者「え?」

遊び人「な、なんでもない!」

勇者「? そうか」

武闘家「お兄ちゃんは誰にもわたさへんからなっ!」ギュッ

盗賊「…」ギュッ

勇者「うお!? お前ら、どうしたんだ!?」

魔王「ずるい! 私もー!」

遊び人「…いきなり負けそう」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:19:02.25 ID:psmavRbq0
勇者「あーもー苦しい! やめろー!」




勇者「…ちわっす」

賢者「…勇者」

勇者「昼の、件ですけど…」

賢者「…うむ」

勇者「俺は…無理です」

賢者「…そ、そうか」

勇者「…はい」



118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:22:46.14 ID:psmavRbq0
勇者「俺には、結婚するって約束したやつがいるんです」

賢者「…そうなのか」

勇者「だから…賢者さんとは、結婚できないです」

勇者「でも、俺、すっごく嬉しかったです。賢者さんのこと、好きだし」

賢者「ゆ、勇者…」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:27:28.43 ID:psmavRbq0
勇者「…それじゃあ、これで」

賢者「待って、くれ」

勇者「? はい?」

賢者「…」ギュッ

勇者「!」

賢者「すこしだけ、このままにしてくれ…」

魔王「!!」

新魔王「のぞきなんて最低ですよ」

魔王「あ、あれ…オーケー…したのか?」

新魔王「…さぁ」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:32:54.20 ID:psmavRbq0
魔王「ゆーしゃ!」

勇者「! 魔王」

魔王「お前…」

賢者「…私は邪魔者だな、ここで失礼する」

魔王「…え?」

勇者「…断ったぞ」

魔王「そ、そうだったのか! なは、なははは!」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:37:02.69 ID:psmavRbq0
勇者「…当たり前だろ」

魔王「え?」

勇者「だって、俺は…」

新魔王「待ってください、勇者さん」

勇者「!」

新魔王「…あなたの意中の方を、教えていただきたいです」

勇者「…」

新魔王「私は返答によって、あなたを殺します」

勇者「…俺は…」

魔王「…」ゴクリ

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:41:25.34 ID:psmavRbq0
勇者「もちろん、お前だ」

魔王「!! 私…か?」

勇者「前に、言った言葉、覚えてるか?」

魔王「え?」

勇者「結婚しようって、言っただろ?」

魔王「そ、そんなこと…わすれたわ!」

勇者「はははっひでぇやつだなぁ」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:49:56.94 ID:psmavRbq0
魔王「…私で、いいのか?」


勇者「…わがままで自己中で、食いしん坊で高飛車で」


勇者「素直じゃなくて、電気を発したり…」


魔王「な、なに!?」


勇者「でも、優しくて、心配性で、甘えん坊で…」


勇者「いつからか、そんなお前から、目を離せなくなってた」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:54:07.55 ID:psmavRbq0
魔王「…」

勇者「…俺はいいんだ。それより、お前がいいかだ」

魔王「…お前は………」

勇者「?」

魔王「…ダメだ、悪いところがあがらない……」

勇者「ははっ」

魔王「お前の悪いところ、いいところ、全部好きだ! 全部全部、大好きだ!」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:59:06.90 ID:psmavRbq0
勇者「…これが、俺の答えだ」

新魔王「…そうですか」

魔王「…なにをするつもりだ?」

新魔王「…」ボォーーー

魔王「!?」

新魔王「それでは、勇者さん…」ボワワワワ

勇者「!」

MPが足りません。

新魔王「…お姉さまを、よろしくお願いします」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 22:02:31.61 ID:psmavRbq0
勇者「…え?」

新魔王「…実はですね、新しい魔王っていうのも、全部嘘です」

魔王「!? なに!」

新魔王「お姉さまのフィアンセがどのような方なのか、見に行きたかったのですよ」

勇者「そ、そうだったのか…!」

新魔王「これからは、お義兄さまと呼ばせていただきます」

魔王「…はずかしっ!」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 22:06:13.20 ID:psmavRbq0
――――――――数年前――――――――

遊び人「おい、勇者」

勇者「ん?」

遊び人「もしも、だぞ?」

勇者「おう」

遊び人「俺達が大きくなって、俺がお前に告白したら…お前はオーケーしてくれるか?」

勇者「え? 俺達って付き合ってるんじゃないのか?」

遊び人「え…」カァァ

勇者「?」

――――――――――――――――

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 22:10:52.08 ID:psmavRbq0
遊び人(そういえばこんなこと話してたな…)

勇者「おう、遊び人」

遊び人「んぁ…勇者」

勇者「今朝は早いな」

遊び人「まぁな…」

勇者「…それにしても、まさかここに世話になるとは思ってなかったぜ」

遊び人「そうなのか?」

勇者「俺、魔王のところまで行く時に、死ぬと思ってたからさ」

遊び人「縁起でもないこというなよ」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 22:14:26.84 ID:psmavRbq0
勇者「それでもま、今日は記念日になるわけだな」

遊び人「…そうだな。」

遊び人「昔さ、お前、私と付き合ってたよな?」

勇者「はぁ?」

遊び人「な、なんでもない!」

勇者「…それにしても、おそいな」


戦士「おまたせ!」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 22:18:46.22 ID:psmavRbq0
勇者「おう、終わったのか?」

戦士「うん! もう、本当に可愛くなっちゃったわよ!」

勇者「楽しみだな」

ギィ…

「…勇者」

勇者「…魔王…か?」

魔王「…」コクッ

勇者「…なんだよ、お前…」

魔王「な、なんだとはなんだ!」

勇者「…すっげえ、似合ってるぞ、ウェディングドレス」



-Fin-


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。