FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こなた「おおっ、かがみ来てくれたの?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 11:40:58.02 ID:w8a8o2xg0 [1/13]
かがみ「ええ、ちょっと外回りで近くに来たから」

こなた「そっか……かがみももう立派な社会人なんだね」

かがみ「うん……」

こなた「どうせだからサ、なんか対戦でもしようか?」

かがみ「いや、いいわ」

こなた「え……」

かがみ「私、もうやめたの。そういうの」

こなた「そっか……」

かがみ「こなた……アンタ、全然、変わってないのね……」

こなた「……」

かがみ「好きな事ばかりやれて、羨ましいわ……」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 11:45:44.38 ID:w8a8o2xg0
数年前

こなた「でさ~、その時のアレがまた臭くってさぁ~」

かがみ「あはは、アレって生物的に臭いものなのかしらね?」

こなた「そうなのかもしれないねぇ」

♪~

かがみ「っと、ちょっと電話」

こなた「うい~」



かがみ「もしもし」

こなた(誰だろうなぁ~?もしかして男?なんちて)

かがみ「え……!?わ、わかった、すぐ帰る」



こなた「どったの?」

かがみ「お父さん……倒れたって」

こなた「えっ!?」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 11:51:42.24 ID:w8a8o2xg0
タタタ

かがみ「お父さん!」ガチャ

みき「……かがみ……」

まつり「くっ、う……アンタ……どこで何やってたのよ……」ポロポロ

いのり「……」

つかさ「ぅ……ひっぐ……」ポロポロ

かがみ「……え……?嘘……嘘でしょ……」

みき「……つい、さっき……」

かがみ「そんな……お父さん!お父さん!」ユサユサ

いのり「やめな、かがみ……ゆっくり眠らせてあげな……」

かがみ「う……う……うわぁぁっ!」ボロボロ

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 11:57:28.75 ID:w8a8o2xg0
葬式

かがみ「ありがとうございます……」ペコ

みゆき「かがみさん」

かがみ「あ、みゆき……来てくれたんだ」

みゆき「この度はお悔やみ申し上げます……あ、泉さんもいらっしゃってますよ」

こなた「……」

かがみ「こなた……来てくれてありがとね」

こなた「え、と……なんて言ったらいいのかわかんないけど……その、元気出してね」

かがみ「うん……だ、大丈夫よ!お父さんいなくなったって神社もあるし……」

ドカン!

かがみ「な、何?」

みゆき「玄関の方でしょうか」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 12:04:23.47 ID:w8a8o2xg0
みき「ちょ、ちょっと、今日は……困ります」

スーツA「困りますじゃねぇんだよ!困ってんのはこっちだってんだよ、あぁ!?」

スーツB「そうなんだよ、奥さん……返済期限が昨日だって知ってんだろ、な?」

みき「すいません、すいません、まだお金が……」

バタバタ

かがみ「ちょ、ちょっと母さん、何の騒ぎ?」

みき「か、かがみ、奥に引っ込んでなさい」

スーツA「お?なかなか可愛いお嬢さんじゃないか……アンタ、うちのとこで働いてみる気ない?」

みき「娘はやめてください!」ガバ

スーツA「おっ、何すんだこらぁ!!!」バキ

みき「あぅっ」

かがみ「な、なになに、なんなのよ……!!!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 12:12:14.24 ID:w8a8o2xg0
スーツB「なんだ、娘にも言ってねぇのか?あのな、お嬢さん……アンタのとこの母さん、うちに5000万の借金があんのよ」

かがみ「ごせ……!?」

みき「ごめんなさい、ごめんなさい……」

スーツA「ったく、何に使ったのか知らねぇが家族に内緒で5000万たぁな……いい母親だよなぁ、あ?」

スーツB「ま、今日のとこはとりあえず香典だけもらっとくぜ」ガサガサ

かがみ「あぁ……」

スーツA「今度は耳揃えて返してもらうからな!なんとかして工面しとけよ」ペッ

ピシャン

みき「うぅ……」

かがみ「……どういう事……?」

パタパタ

こなた「か、かがみ、大丈夫だった?怪我とかしてない?」

みゆき「さっきの方は……いえ、大丈夫でしたか?」

かがみ「うん……ごめんふたりとも、せっかく来てくれたのにね」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 12:18:26.95 ID:w8a8o2xg0
その夜

かがみ「て事があってね……」

まつり「騒がしいと思ったら……」

いのり「ごめん、駆けつけられなくて」

かがみ「いや、二人は葬式に出てたんだし……そういえばつかさは?」

まつり「もう寝ちゃったよ。ずっと泣いてたし、疲れたんだろうね……」

かがみ「そっか……都合がいいかもしれないわね。これからする話、つかさには重いかもしれないから」

みき「……」

いのり「お母さん……話してくれるよね」

みき「……ごめんなさい」

かがみ「一体何で5000万も……?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 12:28:13.45 ID:w8a8o2xg0
お母さんが話した内容は、ドラマの中の物のように感じられた。
神社はずっと赤字だったこと。その穴を埋めようと株をしていたこと。
大暴落にあったこと。追証をいれた事。しかし暴落は止まらなかったこと。

みき「本当に、ごめんなさい……」

いのり「……過ぎたことはしょうがないよ。これからどうするか考えないと」

まつり「私……働こうか?」

いのり「……それはともかくとして、とりあえず神社は処分しないとダメかもね……」

みき「……」

まつり「そしたら生活、苦しくなるんじゃないかな?私大学やめて働くよ。かがみとつかさも進学させてあげたいし」

かがみ「……いいわよ」

まつり「え?」

かがみ「まつり姉さんは大学やめないほうがいいって。私、高校卒業したら働くから」

まつり「でも……かがみ成績いいじゃないの。私なんかより全然」

かがみ「高卒よりも大学中退の方が印象悪いでしょ?」

まつり「そりゃあそうかもしれないけど……」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 12:38:24.63 ID:w8a8o2xg0
みき「ごめんなさい、私のせいで……私も働くから、かがみは……」

かがみ「いくら働いたって大学進学はお金かかるでしょ?」

みき「……」

まつり「だから私も……」

かがみ「いいってば!……私じゃなくて、つかさを進学させてあげて。料理の専門学校、行きたいって言ってた」

いのり「かがみ……」

かがみ「私が目的もなく大学に行くより、つかさが専門学校行った方が絶対にいいわよ。才能もあるしね」

みき「ごめんなさい……」

かがみ「お母さんのせいじゃないわよ。運が悪かっただけ」

まつり「……ありがとね、かがみ。私もできるだけ家にお金入れるから」

いのり「……ささ、明日も平日なんだしもう寝ましょう。この話は一旦おしまい」

かがみ「うん……」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 12:42:05.34 ID:w8a8o2xg0
かがみ「あ、それとね……この話はつかさには内緒」

いのり「……ん」

まつり「わかった」

みき「……わかったわ」

翌日

かがみ「おっすこなた」

つかさ「おはよ、こなちゃん」

こなた「あ、かがみにつかさ、おはよ……つかさ、大丈夫?」

つかさ「うん……ちょっと目元がヒリヒリするけどね、えへへ」

かがみ「一番泣いてたからね、この子は……」

こなた「だろね……つかさ、あんまり無茶しちゃダメだよ」

つかさ「うん。ありがと、こなちゃん」

こなた(でも、一番心配なのはかがみなんだけど……溜め込みそうだし)ジー

かがみ「どうかした?」

こなた「あ、いや。んじゃいこっか」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 12:50:50.73 ID:w8a8o2xg0
昼休み

かがみ「おーっす、きたぞー」

つかさ「あ、お姉ちゃん」

みゆき「こんにちは、かがみさん」

こなた「う~~~ん……」

かがみ「あれ?こなたが休み時間まで食い込んで勉強してるなんて……珍しい事もあるものねー」

こなた「む、失礼な。私だって受験生の自覚くらいあるんだよ」

かがみ「……そっか。そうだったわね……えっとね、ここはχでくくってやればいいのよ」

こなた「え?あ、ほんとだ。さっすがかがみんだねー。私の狙う大学とはレベルが違うから当然かぁ」

かがみ「……今度、週末にでもみっちり教えてあげようか」

こなた「いいの?」

かがみ「ええ」

こなた「わーい!ありがとかがみん♪」ギュ

かがみ「わ、こ、こら!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 13:02:02.23 ID:w8a8o2xg0
週末

ピンポーン

パタパタ

こなた「いらっしゃーい」ガチャ

かがみ「おう。今日はみっちり行くわよー」

こなた「お、お手柔らかに」

☆☆☆

カリカリカリ

こなた「……ね、かがみ」

かがみ「ん~?」モグモグ

こなた「教えてもらっといてなんだけどさ……かがみ、自分の勉強大丈夫?」

かがみ「ん……」

こなた「レベルも違うんだし、私に教えてたら勉強できないんじゃないかなと思って……邪魔だったら……」

かがみ「いいのよ」

こなた「え?」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/28(土) 13:05:55.89 ID:w8a8o2xg0
かがみ「私ね……就職することにしたから」

こなた「な、なんで?成績いいのに」

かがみ「うーん……ま、いろいろあってね」

こなた「……もしかしてさ、葬式の日に来てた人と関係ある?」

かがみ「……ないわよ」

こなた「あるんだ……」

かがみ「……あんたって変なとこで鋭いわね」

こなた「いや……かがみが就職するとか言ったら誰でも何か事情があると思うよ」

かがみ「アンタには喋ってもいいかな……」

こなた「うん」

かがみ「つかさには内緒よ?みゆきにもね」

こなた「……うん」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/28(土) 13:24:10.18 ID:w8a8o2xg0
☆☆☆

こなた「……そんな事が……」

かがみ「うん。つかさには進学させてあげたいしね」

こなた「……かがみはえらい子だぁ~」ポロポロ

かがみ「ちょ!泣くな!」

こなた「普通はそんな決断できないよ……偉いぃぃ~」ナデナデ

かがみ「ちょ……」カァ

こなた「でも、無理しちゃダメだよ?」

かがみ「ん」

こなた「辛かったらすぐ私に言っていいんだよ~」ナデナデ

かがみ「アンタに泣きつく事なんてないと思うけどね」

こなた「えぇ~、もうちょっと頼りにしてくれてもいいじゃん」

かがみ「ふふふ」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/28(土) 13:30:00.84 ID:w8a8o2xg0
AVAやってくる

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。