FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「VORE!!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 21:36:06.70 ID:eN1Mocvg0 [1/35] ?2BP(0)
sssp://img.2ch.net/ico/2syobo_2.gif

よみち!!!!


トボ…  トボ…


唯「ひゃぁ… 今日の練習はハードだったなぁ…」トボトボ

唯「おなかすいた…」グウウウ

唯「………。」

唯「うい…うい…まってて…ねぇ…」

唯「ういの作る…おゆうはん!………まっててねぇ♪」

唯「いま…もうすぐ…おなかに入れてあげる…からぁ♪」ハァ ハァ


唯「あうー…ギー太重いよぉ…」ヘナヘナ


ヒュウウウウ… ピラッ

唯「ふがっ」

唯「んー……ん?なんだろこのかみくず。なんかのチラシかなぁ?」

唯「…。なんか書いてある。」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 21:37:41.34 ID:eN1Mocvg0
唯「えーと…
  VORE ぼあ。丸呑みふぇてぃしずむ?
  人間や小動物が、他の巨大な生物に生きたまま丸呑みされてしまう
  そんなシチュエーションを好むフェティシズムの一種である…。。。」

唯「また、いわゆるサイズフェティッシュの一種である、巨人が……
  普通の人間を、もしくは普通の人間が、
  縮小された人間、かっこ しゅりんかー かっことじ、を…え?」

唯「踊り食いする描写も…これに含まれる???」

唯「……んー?」

唯「なんだろこれ。もう。ゴミはちゃんと捨てないとだめなんだよぉ~」


クシャクシャ ポイ


唯「ういいぃ~…  あいすっ……」トボ トボ


………………

…………

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 21:40:26.33 ID:eN1Mocvg0
ガチャ

トトトト…


憂「おかえりおねえちゃ…」

唯「」キラーン


シュバッ!!


がぶっ!!


憂「おねえちゃ…」

憂「いたたたたた!!お姉ちゃん痛い!」

唯(うひゅー…♪ういのうで!ういのうで!おいしい!あいすみたい!)ガジガジ

憂「いたたた!いたい!いたきもちいい!」

唯「うびゅい~ たびゃいま~(うい~ただいま~)」

憂「いたっ…いたいってば!もう!お姉ちゃん!ソエ!!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 21:44:19.91 ID:eN1Mocvg0
ブンッ!


唯「あがっ」


ドテン


憂「お姉ちゃん!私の腕は晩御飯じゃないでしょ!」ヒリヒリ

唯「えへへへ~ごめんようい~」

憂「めっ!」

唯「ひっひぃっ!お許しくだせえっ!」プルプル

憂「…も~…。ほら。ごはんさめちゃうから食べよ?」

唯「ごはん~ごはん~♪」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 21:47:07.66 ID:eN1Mocvg0
憂(あ…お姉ちゃんの歯型ついちゃってる…)

憂「………。」


ペロッ


憂「おいし。」ボソッ

唯「どしたのうい?ごはんたべよ?」

憂「あっ…うん!」トトトト

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 21:52:08.94 ID:eN1Mocvg0
唯「……でね。最近、ムギちゃんの肌がつやつやしてる気がするんだよ。」モグモグ

憂「うーん?お姉ちゃんの気のせいじゃない?」

唯「んー…でもね。澪ちゃんもりっちゃんも同じこと言ってた。」モグモグ

憂「なんだろぉ。化粧水別なのに変えたとか…かな?」

唯「ムギちゃんに聞いてみても、特にいつもどおりで、変わった事はしてないんだってー」モグモグ

憂「…!あ!もしかして!」

唯「ん?」モグモグ

憂「紬さん…恋をしてるんじゃ…!」

唯「!?…どういうこと…!?」モグモグ

憂「昔から言うでしょ、『恋をすると女は綺麗になる』って!」

唯「う…うい…」モグモグ

憂「きっとそう……! かもしれないなーなんて」エヘヘ

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 21:58:02.71 ID:eN1Mocvg0
唯「むうー…でも女子高だしねぇ」モグモグ

憂「それでも、可能性が全く無いってこともないでしょ?」

唯「へ?どういうこと?だっておんなのこしか」モグモグ

憂「おねえちゃん…!世の中にはいろんな人がいるんだよ!そういうのもアリなんだよ!」

唯「………。」ゴクリ

憂(さっきからずっと見てたけど…やっと飲み込んだね、お姉ちゃん。)

憂「おねえちゃん。食べながらしゃべるのは、よくないよ。」

唯「あっ!えへへ~、きをつけます!」

憂「うちではいいけど、外でやっちゃダメだよ?」

唯(うちではいいんだあ~。)

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 22:02:55.52 ID:eN1Mocvg0
唯(ところでうい、ずっと口見てなかった?)

唯「うーん…あしたムギちゃんにそれとなくもごもごもご。」

唯「」モグモグモグ

憂「」ニコニコ

憂(黙って咀嚼するお姉ちゃんかわいい)

唯(なんかやっぱり口元に視線を感じるよ…)

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 22:08:10.84 ID:eN1Mocvg0
よくじつ!!!!!!!!11


ガヤガヤ

ガラッ


紬「みんな~おはよう~」ニコニコ

澪「ムギ、おはよう」

唯「むぎちゃんおはよ~」

律「おうムギー!」


唯律澪((今日もつやつやしてる……))


紬「あら?みんなどうしたの?私の顔に何かついてる?」ニコニコ


ヒュウウ

スイー


唯(…あっ!風でプリントが!むぎちゃんの顔に!)

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 22:12:40.76 ID:eN1Mocvg0
ペラン

…ツルッ
スイー

澪(くっつかずに…すべって飛んでいった?!)

紬「あらあら、プリントが」トタトタ


律「唯、今の見たか?」ボソボソ

唯「うん…!今のプリントの動き…」ボソボソ

澪「ムギのあの肌の滑らかさ…どう考えても」ボソボソ


唯澪律「普通じゃない」

唯(ムギちゃん…恋…してるのかなぁ)

澪「どっどうする…聞いてみるか」

唯「昨日気になって聞いてみたんだけど、
  『べっべべべつになにもししてててないわよ?』
  って言ってたからなぁ… やっぱり何もしてないのかも!」

律「お前それメッチャ怪しいじゃん…」

唯「そーなのかなぁ?別に何もおかしいとは思わなかったけど」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 22:17:13.83 ID:eN1Mocvg0
澪「おかしいだろ…常識的に考えて」

律「やっぱりもう少し、ムギの様子を伺う必要があるな」

澪「たしかに気にはなるけど…でもそんなに大したことでもないような」

唯「みおちゃん!むぎちゃんみたいなつやつやおはだになりたくないの!?」

澪「…っ!?」

唯「どうみても、今のむぎちゃんのお肌、今のさわちゃん先生の3倍はあるよ!」

律「な…なにがだ?」

唯「乙女度だよ!つやつやさだよ!輝きだよ!」

澪「で…でも…あんなになっちゃったら…逆に目立っちゃってはずかし」

唯「乙女は見られて綺麗になるんだよ!みおちゃん!」フンス

律「唯…急に力がこもってきやがったな…」

律「…わかった、じゃ、こうしよう。」


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/26(木) 22:24:35.32 ID:eN1Mocvg0
律「すでに一回、唯がムギに探りを入れて、とぼけられちゃってるから」

律「多分…私たちが行っても同じ結果になるだろ」

唯「……」ゴクリ

澪(なんか大事になってきたな…)

律「だから、みんなでムギを観察して、なにか…そうだな
  誰から見ても、これはおかしい!って思うことがあったら、
  それをその時、その瞬間にムギに問い詰めてみるんだ」

唯「つきつけるんだね!」

澪(……………そこだ!)

律「現場を見つかればきっと…ムギも言い逃れはできまい!」

律「そこで問い詰めたムギにあんなことやそんなことをぺろぺろ」

律「にゃははー!わたし天才!」

澪「調子にのるな!」ドリュッ

律「きょん!」 バタン

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 22:28:29.34 ID:eN1Mocvg0
澪「…ふう。とりあえず…そういう方針でムギを観察しようか…」

唯「みおちゃんやる気出てきたみたいだね♪」

澪「うん…もしかしたら新しい詩が出来そうかも!」

律「」グッタリ



紬「しゃらんらしゃらんら~♪」ツヤツヤ



唯澪律「…………。」ジーッ


唯(きっとムギちゃんは…私たちに隠れて何か美味しい物を食べてるんだ…)

澪(毛根の活性化にも繋がるかなー…)

律(おでこ以外をもっと輝かせれば釣り合いが取れるかも…!)


和「なんだかあの3人に不穏な空気を感じるわ…」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 22:34:43.39 ID:eN1Mocvg0
ほうかごぶしつ!!?!!


唯「結局なんにも起こらなかったねえ」ブスー

律「先生がチョークでも投げてくれればなー」

澪「そんな漫画みたいなこと、あるわけないだろ」

澪「まぁもう少し長い目でみ…て…ん?」


…トテトテトテ 


律「…!おい、ムギだ!」ボソボソ


ササッ

スッ ガラ


紬「おくれちゃってごめんなさい」

澪「あ、ムギ!…ってなんでそんなスキマから?」

律「どうして入ってこな…い……」

紬「うふふ~♪」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 22:39:53.15 ID:eN1Mocvg0

ガタン…ググ

ニョキ


唯澪律「!??!」


ガタガタガタッ

グググ…

ツルッ


ツルツル


ガラララァッ!! ガタァーーーーン!!


紬「おまたせぇ~♪」


唯澪律『顔の滑らかさでドアの隙間を一気にこじ開けて入ってきたー!!!!』

紬「わたし、前から顔でドアをこじ開けるのが夢だったの~♪」ツヤツヤ



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 22:44:22.55 ID:eN1Mocvg0
…………

……


律「…じゃあ教えてもらおうか。」

澪「もう言い逃れは出来ないな。」

唯「むぎちゃん…」

紬「あらあらあら。なんのことかしら?」

律「この状況でそれはないだろ!」

澪「むしろこっちに気付かせようとしてたじゃないか」

紬「……」ニコニコ

唯「ムギちゃん。よくみたら手も足もつやつやだぁ」

澪「なぁムギ、どうしたらそんなにつやつやな肌になれるんだ…?」

唯「お願いムギちゃん!このとおりでごぜえますう~」

紬「…仕方ないわね…」

律「!!」

紬「みんな、教える前に、お願いがあるの…」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 22:48:13.95 ID:eN1Mocvg0
紬「教える代わりに、澪ちゃん。」

澪「えっ?わたし…?」

紬「そうよ。とりあえず、澪ちゃんはりっちゃんにちゅーして。」

律「わかった。さあ!澪!おいで!」

澪「律…ん…ちゅ…」プルプル


スッ パシャッ スッ


澪「って違うだろおおおおおおお!!!!」ギュウウウウ

律「ゴホッ!?」

唯「ちあのーぜ!」

澪「ムギ!!こっちはまじめなんだ!!」

紬「あらあら、ごめんなさい♪」

紬(惜しかったわぁ~、でもいいコラ素材が撮れたわね♪)

唯(カメラのような音だけは聞こえたけど…手の動きが見えなかったよ…)

律「」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 22:51:48.00 ID:eN1Mocvg0
紬「わかったわ。澪ちゃん。…教える。でも…」キリッ

紬「これから言う話は、他の誰にも言わない、って約束してほしいの」

唯「うん!!!」

律「はやっ」

紬「唯ちゃん。もちろん…憂ちゃんにも言っちゃダメよ?」

唯「えっ…ういに言っちゃだめなの…」

紬「当然よ。」

唯「うう…」

唯(ういと二人で一緒に食べようと思ってたのに…)

律(唯のやつ…よだれが…絶対食べ物だと思ってるだろ)

紬「たぶん、話を聞いてもらえば、言っちゃいけない理由もわかってくれると思う。」


唯澪律「………。」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 22:55:40.54 ID:eN1Mocvg0
律「…ここはひとつ、ムギの話にのってみるか!」

澪「うん。そうだな。誰にも言わない。」

唯「わたし!我慢するよ!」フンス

紬「…うふふ。じゃあ、まずこれを見て。」


ガサゴソ

バサッ


唯「しんぶんし?」



『 私立梅が谷女子高等学校 修学旅行生の乗ったバスが失踪

  生徒40名 教員2名 運転手1名添乗員1名が行方不明に 』

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 22:59:25.82 ID:eN1Mocvg0
澪「…!」

律「あ、これ知ってる!確かまだ見つかってないんだよな?」

唯「こないだニュースでみたよー」

紬「最近結構話題になってるから、みんなも知ってると思うけど。」

澪「」ブルブル


紬「これの犯人、私なの~♪」ニコニコ


澪「…え?」

唯律「ええーーー?!!」


律「またまたー!ムギってば」

澪「そうだぞ!言っていい冗談と悪い冗談があるんだぞ!」

唯「むむむぎちゃん…?うそだよね?」アセアセ


紬「」ニコニコ

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 23:04:28.85 ID:eN1Mocvg0
ぽちっ


ガラガラガラガラ!

ガシャン!


澪「ひっ!」

唯「どどどどドアが勝手にしまったよ!!」


紬「この教室にはちょっとした仕掛けをさせてもらったわ♪」

紬「このリモコンのボタンで、完全に防音、防弾、窓もマジックミラーになるの。」

紬「外界とは完璧に遮断されるのよ~♪」


ダダッ ガチャガチャ


律「あ…あかないっ!」

澪「うそだろ…りつぅ~っ」

紬「うん!そのドアはもう、一度閉まったら私の指紋がないとあかないわよ~?うふふ」

唯「むぎ…ちゃん…?」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 23:08:34.36 ID:eN1Mocvg0
紬「これで、秘密は外部には絶対漏れないわ♪」

紬「ね?りっちゃん。ちょっとこっちに来て?」

律(む…むぎ…なんだこのプレッシャーは…)

紬「りっちゃん?」

律「」プルプル


ノロノロ…ガタン


紬「…じゃあ…話の続きをするね?」

唯「」プルプル

澪「」ガタガタ

律「」ブルッ

紬「この、行方不明になった人達。今私の家にいるの。
  ちょうど、今ひとつ…一人持ち歩いているから、みせてあげる~♪」


ガサゴソ


紬「今日みんなに見せようと思って、隠し持ってたの!」カパッ

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 23:10:54.18 ID:eN1Mocvg0
キー キー


紬「ほら♪みて~?」スッ


トン


唯澪律「!?!?!??!?!」


澪「…人形?!」ジーッ

律「うごいてる…ぞ」ジーッ

唯「すごーい!ちゃんと学生服着てる~かわいぃ~♪」ジーッ


女生徒「はあはぁはぁ…はっ」


紬「ねっ?とってもかわいいでしょ?」

女生徒「!!」


女生徒「こっ!この!金髪おばけ!アタシをどうする気だ!さっさとうちにかえせ!!」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 23:14:15.84 ID:eN1Mocvg0
律「しゃ…!しゃべった!!!」

澪「うーん……」バタン

唯「み、みおちゃん!」

紬「うふふ~♪澪ちゃんには刺激が強すぎたかしら~」

女生徒「この!無視すんな!アタシをもとにもどせよ!ばかぁ!」

紬「……。」ジロリ


スッ
ズオオオオ


女生徒「……ひっ!」

女生徒(影が…!大きい…!)

紬「あらあら。ずいぶんと…元気ねえ…?」

紬「今日は一日中、ずうーっとうるさくしてくれたわね?」

紬「あれだけ。今朝。静かにしててね。って言ったのに。」

女生徒「っ…!」ガタガタ

紬「おかげで今日は一日落ち着かなかったわぁ~♪」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 23:18:25.19 ID:eN1Mocvg0
女生徒「っく…!おまえが…お前が悪いんだろ!」

女生徒「アタシを変なところに閉じ込めて!何回も出せって言ったのに出さないから!」

女生徒「すっごく苦しかったんだからな!!!」

紬「ちゃんと空気穴は開けておいたわよ?」

女生徒「そういう問題じゃない!!もーー!!もういいよ!元にもどしてよ!」


唯(ムギちゃん…お人形さんと会話してるよぉ…)

律(澪が倒れるのも無理ないよなー…精巧に出来すぎてる…)

律「…でさぁムギ、この人形がどうしたんだ?」

紬「うふふ♪」

紬「私、お人形さんとほんとにお話するのが夢だったの~♪」

唯「むぎちゃんかわいい~♪」

律「なに?これがムギのお父さんの会社の新製品とか!」

紬「…うん!企業秘密だから…って、厳重に管理されてるの!」

紬「本当は持ち出したりしちゃダメなんだけど…」

紬「どうしてもみんなに見せたくなっちゃって♪」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 23:22:13.75 ID:eN1Mocvg0
女生徒(またこいつら…!アタシを無視して…!)

女生徒(今のうちに逃げてやる!!)


トトトト…

ぎゅっ!

女生徒「ぷわっ?!」

紬「」ニコニコ

女生徒「はなっ…」


ぎゅぎゅう


女生徒「げほっ」


ぎゅぎゅぎゅーーー


女生徒「」グググ

メキ…ピキ…

女生徒(いたたた痛い痛い!し…ぬ…!?)

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 23:26:17.89 ID:eN1Mocvg0
唯「む、むぎちゃん!お人形さんがかわいそうだよ~。離してあげて!」

律「ムギんちの技術すげー!今自分で歩いたぞ!?」

紬「うふふ。この娘はね、試作品UT-17no.07mikaっていうの。」ニギニギ

紬「可愛いでしょ~?今一番のお気に入りなの~♪」

唯「ムギちゃん、だめだよ~?お気に入りの娘をそんなに手荒に扱っちゃ!めっ!」

律(そっか…これだけのものだもんな。そりゃ情報の管理も厳重になるか。)

唯「でもムギちゃん、いきなり閉じ込めるんだもん。びっくりしちゃったよ。」

紬「ごめんなさいね?そとに持ち出すのなんてもってのほかなんだけど。」

紬「斉藤に頼んでこっそり部室を改造してもらって、それでやっと、」

紬「どうにかしてこっそり持ち出したの。」

律「結局許可はもらってないんかい!」

唯「けっきょきょきゅきゅか…」キュッ

紬「あらあら、唯ちゃんったら」ニコニコ

律「…?あっそうだ!それで、ムギの肌とこれがなんの関係があるんだよぉ」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 23:29:27.43 ID:eN1Mocvg0
唯「りっちゃん隊員!すっかり忘れていたであります!」

紬「ないわよ~♪」ニコニコ


澪「ないんかい!!!」

唯「あっ、澪ちゃん起きた」

澪「うーん…」ムクリ

唯「しましまだね♪」

澪「…!?」

澪「////////」

ババッ!

唯「隠さなくてもいいのにぃ~♪」

澪(およめにいけない)



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 23:29:58.08 ID:eN1Mocvg0
紬(両手がふさがってなければ…!!っ!っ!!!)ギュッッッ

女生徒「んーー!!んんーー!!」

律「ムギ、壊れる壊れる」

紬「…やだわ…わたしったら」パッ


女生徒「」グッタリ



……………
………

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 23:35:55.40 ID:eN1Mocvg0
律「…でさ、ムギんちの新製品の試作品なんだって!」

澪「すごいなー。これ…ほんとに生きてるみたいだ。」

女生徒「」ピクピク

唯「つんつん。すごい。やわらかいよ~♪」

澪「ん?ということは、さっきの新聞の話は?」

紬「ああ、あれは冗談よ~♪」

澪「……はぁ。」

紬「澪ちゃんをびっくりさせようと思って!」ニコニコ

澪「ムギぃ~~」

紬「ごめんなさい…私、やりすぎちゃったのね…」

澪「もう…いいよ。」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 23:39:14.03 ID:eN1Mocvg0
紬「怒ってない?」

澪「…怒ってないよ。」

紬「ほんとうに?」

澪「おこってないってば。」

紬「抱きしめてもよかですか?」

律「いいよ。」

紬「わぁ~♪」

澪「なんで律が返事するんだよ!!」ドキュン

律「ぐっ」ドサ

紬「あらあら。」


ガタン


唯「ムギちゃん!ごまかそうとしても無駄だよ!!」

87 名前:けんかはやめて~ ふたりをとめて~[] 投稿日:2010/08/26(木) 23:43:10.58 ID:eN1Mocvg0
律澪紬「!?」

唯「ムギちゃん!一体どんな美味しい物を食べて…!
  お肌がつやつやになったの!教えて!!」

律(あ…すっかり忘れてた)

澪(あれ?食べ物の話だったっけ?)

紬「あらあら。唯ちゃんには敵わないわね。じゃあ正直に話すね…?」

澪(食べ物で合ってた……だと!?)

律「やっと本題にたどり着いたな」

ガサゴソ
トン

唯「プリン!!」

紬「そう。これが秘密。」

紬「これは海外から取り寄せた、コラーゲンが異様に沢山入ってるプリンでね?」パカ

紬「これともう一つの食材…それも秘密なんだけど、それを摂取することで、
  みるみる赤ちゃんのような生まれたままの素肌に生まれ変わるの~♪」ニコニコ


澪「で…もうひとつの食材って?」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 23:49:20.44 ID:eN1Mocvg0
紬「………これよ。」スッ

女生徒「う…うーん…」プルプル

律「………へ?」

澪「この…お皿の上に乗ってるのって…」

唯「お人形さんも食べちゃうの?!」

律「いやいや、それはないだろー」

澪「そうだぞー唯あはははうふ」

紬「その通りよ~♪」

澪「はいーーー?!」

女生徒(いたた…うるさいなぁ…あれ?ここはどこ?)

紬「この新製品はね。さっきのプリンの製造元と協力して今現在開発中の、美容ロボットなの。」

唯「ん????」

律(はっ唯が)

澪「ムギ…もうすこし詳しく」

紬「実演したほうが早そうね♪」スッ


90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 23:53:35.32 ID:eN1Mocvg0
紬「この人形を、こうして、このプリンのカップの上にもってきまーす!」ヒョイ

女生徒「いたたた!腕持たないで!」

紬「中にいれま~す♪」ズブズブ

女生徒「ひゃぅ!足つめたっ…!ちょ…沈むからぁ!沈んじゃう!!」


ズブズブズブ


女生徒「冷たい!!さむい!!ちょっと!離して!出してよここから!」

紬「頭だけ出して…かんせい~♪」

女生徒(首から下が冷たい…!!!風邪ひいちゃうじゃない!)

女生徒「ちょっと!なにしてんのよ!出しなさいよ!このぉ!」ジタバタ

紬「……」ジー

紬「あとは、このロボット人形さんが。おなかの中を綺麗にしてくれるの。」

女生徒「もー!このぉ!ぬぐぐ………え?」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/26(木) 23:58:55.45 ID:eN1Mocvg0
律「へぇー!今話題の、腸内戦場ってやつ?」

唯「町内で戦闘しちゃだめだよぉ~」ガクガク

澪「唯。腸内洗浄だ。洗うほう」

紬「綺麗にしてくれたところでこのプリンの異様なまでのコラーゲンっぷりが、
  あますところなく体に吸収されるの。それでお肌がつやつやになるのよ~♪」

唯「お人形さんはどうなるの???」

澪(…//////)

律(……/////)

紬「大丈夫よ。唯ちゃん。」

紬「ちゃんと。お人形さんも吸収されるから。」

澪「え?」

紬「このロボットはね。特殊なバイオ技術で作られた有機ヒューマノイドで、
  試作品とは言え、ちゃんと体内洗浄プログラムをインストールされた固体なの。
  しかも、使われてるパーツは全部人体には無害で、なおかつ、
  ちゃんと胃で溶けて、栄養として吸収することができるのよ。」

唯律「ポカーン」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 00:02:59.93 ID:haU+9i+70 [1/54] ?2BP(0)
sssp://img.2ch.net/ico/2syobo_2.gif
唯「…はっ!すごいね!!!ムギちゃんちの技術!」キラキラ

律「ほへぇ~。科学は進化してるんだなー」

澪(ムギの家って楽器屋さんじゃなかったかな?)

紬「ありがとう」

澪「じゃあ、1体1体使い捨てってことなのか?」

女生徒「へくし!」

女生徒(こいつら…何の話してるの……??まさか…?)

紬「そうね。普通のタイプは今のところ6体使用済みだけど、」

紬「これも入れてあと34体あるからまだまだ使えるわよ。」ツンツン

紬「それに、ちょっと変わったタイプもあと4体あるし…」

律「……ってことはムギ!」

紬「うふふ。ちゃんとみんなの分あるわよ~♪」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 00:08:56.67 ID:haU+9i+70 [2/54]
唯「わぁい!ムギちゃんだいすき~!」ギュ

紬「くっはぁ!!」ブシォ

女生徒(視界が真っ赤に染まった!?)

律「ティッシュティッシュ…」



澪「じゃあさ…この娘…食べちゃう…の…か?」

唯「ちょっとかわいそうだね…」シュン

紬「うん、明日…あとで皆にあげるのは、またこれとは微妙に違う個体だけどね。」

律「じゃあこの人形は?」ツンツン

女生徒「こにゃろー!つっつくなーー!」

律「わっ」

紬「あらあら。活きがいいわね♪」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 00:13:32.63 ID:haU+9i+70 [3/54]
…ツン

紬「でもちょっと、静かにしてて…ね。」ズブブブ

女生徒「な…ぐひゅっ!やめ…ごぼ…ぷ」

女生徒「くるし」ギュッ


ツポン


プリン「………。」プルルンン

唯「見えなくなっちゃった」

紬「このままだと活きが悪くなっちゃうから…」スッ

紬「あーん」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 00:19:22.16 ID:haU+9i+70 [4/54]
女生徒(苦しい…!苦しい!あんにゃろー!今すぐ出てやる!)

女生徒(ふわっ!なんか!浮いてる!なななんだ)

クルッ

女生徒(うわあ!?上下が逆になっちゃったぞ…これはチャンスだ…!!)

女生徒(んぐぐぐぐ!!)

ヌポン!

女生徒「はー!はー!!はーはー!」

女生徒(苦しかった……って…あれ?)


紬「あーー…」


女生徒(なんだこの景色?)

女生徒(なにあの赤い穴?)

女生徒(ここどこ…?)


紬「…ーーん」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 00:21:09.25 ID:haU+9i+70 [5/54]
女生徒(……口?)

女生徒(さっきまでこいつら何の話してた…?)

女生徒(まさ…か)

女生徒「……!!逃げ」ヌルッ




プッチン


スポン!ヒュウウウ


女生徒「わあああああああああ!!!!!!」




ベチャッ

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 00:23:08.10 ID:haU+9i+70 [6/54]
女生徒「わぎゅっ」

紬「んっ…んぐんぐ」

女生徒「ひゅぐっ…ひゃああ!」

女生徒(ちくしょー!早く!早く脱出しないと…!)


レロ…レロ…


女生徒(舌が強すぎて…何も出来ない…!!うわああ)


グニッ


女生徒(負けるもんか…!絶対…出て…やるんだ…!)

女生徒(水泳部を甘く見ると痛い目を見るんだからな!)


99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 00:28:16.21 ID:haU+9i+70 [7/54]
グニュン グニュウウ


女生徒(アタシの華麗なバタフライを見せてやる!)


ゴポゴポゴポ


女生徒(ううううああああ!)ガボボボボ

女生徒(………あれ…なんだろ…体が…軽い)


紬「んぐ…ごくっ」コクッコクッ

女生徒「きゃ…」

女生徒(落ち…落ちるっ………!!!!!!!)

紬「…ごくっ…ごくっ…  ふう。」



女生徒(出てやる…外に…絶対…出てやるんだから…負ける…もんか…)コポコポ

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 00:32:23.84 ID:haU+9i+70 [8/54]
紬「オイシカッタワー!」ツヤツヤ

唯「」タラーッ

律「ムギはほんとにプリンを美味そうに食べるなー」

澪「なんかかわいそう…」

紬「みおちゃん♪私は今ただ、プリンを食べただけよ~?」

澪「そ…そうだなっ」


…プニ…プニ


紬(うふふ…お腹の中で動いてるわ♪)

紬(どんなにがんばっても…今までそこから無事に出てきた娘は居ないのに…)

紬(がんばりやさん♪うふふ)


グニッ ポコポコ


101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 00:37:58.89 ID:haU+9i+70 [9/54]
唯「」グゥゥゥ~

紬「あらあら♪」

唯「ムギちゃんの食べてるの見てたらお腹すいたよお…」シュン

紬「あ、もうこんな時間になってたのね!皆帰ろう?」

紬「ちゃんと、明日はみんなの分持ってきてあげるから♪」

唯「今食べたい…」タラー

律「ていうか今日は全然練習できなかったな…」

澪「今日 も だろ…」

律「でも…ムギの秘密がわかったからいいか♪」

澪「……ははっ …そうだな!」

紬「ふふっ ごめんね?秘密にしてて…」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 00:42:59.69 ID:haU+9i+70 [10/54]
澪「一応企業秘密なんだろ。ごめんな、ムギ。無理に聞き出して。」

澪(でもあの部室の入り方はないわ)

律「そうだぞー澪ー!ムギ嫌がってたじゃんかよー」

律(でもあのドアの開け方はないな)

澪「…!律が一番乗り気だっただろ!」ズギャ


グゥーッ


澪(//////)

唯「澪ちゃんもおなかすいたんだねぇ♪」

紬「あらあらあら♪」

紬(あのドアの開け方は失敗したかしら?)

紬(でも今の私なら銃弾でも弾き飛ばせそうね♪)

紬「じゃあロック解除するわね。」ピッ

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 00:45:57.04 ID:haU+9i+70 [11/54]
ガシャンガシャン

カチャン クッ


ガラガラガラ…




バターン!!


唯「あ…あずにゃん?!!?」

律澪「梓!!」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 00:50:37.38 ID:haU+9i+70 [12/54]
紬(わ…忘れてた…!!)

唯「あずにゃん!あずにゃん!」ユサユサ

梓「」

澪「ドアにもたれかかっ…」

律「…!おい澪…これ…」

澪「!!!」

澪「ドアに無数の引っかき傷が…!そうか梓…」

律「ああ…梓の奴…ドアをなんとか開けようとして…」

澪「力尽きて……」

紬「梓ちゃん…ごめんなさい……!」

梓「」

唯「!?!あれ!?あずにゃん…息して……」


澪律紬「!!!!」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 00:56:35.01 ID:haU+9i+70 [13/54]
ひらさわけ!1!!!!?!!!!?!


ジャー…カチャカチャ

唯「…ってことがあったんだよ~」

憂「え?!梓ちゃんはどうなったの!?」ガチャン

唯「あ…うん…」

憂「あ、うん、って?!え?!」

唯「ほら…ね?いいじゃん。」

憂「なんでぼかすの!!梓ちゃん生きてるの?!」

唯「あずにゃんはちゃんとみんなの心の中に生きてるよ。」

憂「コラアアアア!!!」

唯「だいじょうぶだよ~うい。あずにゃんは生命力が強いから、ちゃんと生きてるよぉ」

憂「お姉ちゃん…はぁ、びっくりさせないでよ…」

憂(なんか言い方がひっかかるけど)

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 01:01:05.88 ID:haU+9i+70 [14/54]
唯「でねでね!ムギちゃんの持ってきたおかし……が……」

唯(しまった。これはういにも言っちゃだめなんだったぁー)アセアセ

憂「おかしがどうしたの?おねえちゃん」

唯「………」タラタラタラタラ

唯(何も思いつかないよおおおおおお)

憂「おねえちゃん…?」

唯「あ、そうそう、澪ちゃんは今日もしましまなぱんつだったんだぁ~♪可愛かったよ~」

憂「ふーん、そ、そうなんだぁ。いいねぇ。」

唯(ごまかせた!!)

憂(無理にごまかすために友人の恥部を覆う布切れの話題を恥ずかしげもなく
  急に切り出すお姉ちゃん可愛い♪)

憂「明日は何色なんだろうね~♪」

唯「ね~♪」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 01:07:41.81 ID:haU+9i+70 [15/54]
琴吹家………


ギシッ


紬「ふふ♪すごかったわぁ……新記録!」

紬「今日の娘は…飲み込んでから1時間と6分も動いててくれた…」

紬「なんだかまだ、お腹の中で動いてくれてるみたい…ふふ」

紬「……。」フウ

紬「みんな…ごめんね…紬はいけない子です…んっ」クチュ

紬「はっ……あぁ…」ウルッ

紬「ダメだよね…なんでこんな事してるんだろう…」

紬「大切な…人の命なのにっ…うん…!」クチュクチュ

紬「なんでこんなに濡れるんだろう…」グスッ

紬「ねえ…?悪い紬を叱って…?そこの…運転手さん…」

運転手「?!」ギクッ

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/27(金) 01:11:55.56 ID:haU+9i+70 [16/54]
紬「ふふっ…ほらぁ…」トロ…

紬「みて?私の手、こんなにふやけちゃってるの…」ドロリ

運転手「ひっひいいい!!」ダダダダッ

ガシッ ヌチャッ

紬「逃げちゃ…だーめ……」

運転手「やめてくれ!こっ殺さないで!」ジタバタ

紬「…生きていられるかどうかは…あなたしだいよ…うふふ♪」

運転手(だめだ…!こいつは人食い女だ…!俺もあの娘達みたく殺されるんだ!!!)

紬「あなたはなかなか元気がよさそうだから、こっちに…ね?」ススス


…ピト クチュッ

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/27(金) 01:16:09.84 ID:haU+9i+70 [17/54]
運転手「ぷぁっ?!」ニチャ

紬「あっ…!!」プルプル

運転手(ここは…まさか…!こいつ……!!まさ…か…!)

紬「入れてあげる…ね♪」ニコッ

運転手「いやだっ!!!待って!やめてくれっやめてっくれ…」ニチャァァ

運転手「うわあああああ!ああ」クチ


ズニュウウウウウ


運転手「ガボ!ゴボゴボ!」ジタバタジタバタ

紬「!!動い…はっ…あああああ!!」ギュウウウ


メキョッ


運転手「!!!!」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 01:21:25.42 ID:haU+9i+70 [18/54]
運転手「……。」ピク  ピク

紬「っ…!っ……!はぁ…はぁはぁはぁ…」

紬「なに…?!気持ち…よすぎ…る…これ…はぁはぁ」クタリ

紬「小さい人間をここに入れたら……こんなに気持ちいいなんて…」ハァハァ

紬「…ふふ♪」

紬「明日…これもみんなに教えてあげなく…ちゃ♪」

ニュプ…ニチャッ ツゥー…

ブラン…ブラン…

運転手「」シーン

紬「力…入れすぎちゃった…ごめんなさいね…ふふ…」

紬「……あーん」

ポイ

パクン

紬「……んくっ」ゴクン

紬「ふふ…♪証拠隠滅♪」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 01:25:45.89 ID:haU+9i+70 [19/54]
紬「でも…いいのかしら…一日に2人もなんて…」

紬「……いいわよね…まだあんなに…いるんだし…ふふ」


女生徒達「……!!」

ガタガタ…

ヒックヒック…

キーキー

ザワザワ…


紬「おやすみなさぁい♪」


カチッ

シーン…


…シクシク…シクシク…

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 01:31:42.58 ID:haU+9i+70 [20/54]
翌日……


ガヤガヤ

トトトトト…ガラッ


梓「唯先輩!」

唯「あ、あずにゃん!おはよお~」ギュッ

梓「ふぎゅ」

梓「ちょ、やめてください!もう!朝から!」グググ

唯「夜ならいいのかなぁ?」ポッ

梓「オヤジみたいなこと言わないでください!」カァァ

梓「昨日の放課後、みなさんどこに行ってたんですか?!」

梓「私必死で探したのに…探したのに…」ウルッ

唯「あわわあずにゃん泣かないでえー」


ぎゅっ

梓(あ…)

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 01:36:05.62 ID:haU+9i+70 [21/54]
唯「ごめんね、あずにゃん。忘れてたわけじゃないんだよ?」

唯「大丈夫。あずにゃんの事、大好きだから。ね?」

梓「唯先輩…」グス

梓(こんな簡単なことで…わたしったら…)

梓「何が大丈夫なんですか…もう…」

律「おお!朝から熱いなー!二人とも!」

澪「見てて恥ずかしい…////」

梓「あわわわ」ササッ

唯「朝一番であずにゃん分が補給できたよぉ~」ニコニコ

梓「恥ずかしいからやめてください!///」

紬「あらあら。」ツヤツヤ

梓「まぶしっ」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 01:40:54.74 ID:haU+9i+70 [22/54]
梓「ムギ先輩!!まぶしすぎです!」

紬「ふふ、おはよう。梓ちゃん。」


唯澪律(昨日よりつやつやしてる…)


さわ子「ほーら、みんな。HR始めるわよ~?」

唯「あ、さわちゃん」

梓「す…すいませんっ」ピュー タタタ…

紬「ふふっ 梓ちゃんったら…」ツヤツヤ


さわ子「なんだかこの子まぶしいわね…」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 01:47:06.39 ID:haU+9i+70 [23/54]
放課後部室……


紬「というわけで、今日はみんなの分持ってきたの~♪」

唯「やったー!ムギちゃん!待ってたよぉ~!」

律「よっ!ムギ!大統領!」

澪「ムギ…ありがとう……」パァァァ

梓「なん…なんのことですか?」

唯「そういえばあずにゃんには言ってなかったね!」

紬「大丈夫よ♪梓ちゃんの分には、ちゃんと説明書きを入れておいたから!」

律「さすがムギ…気が利いてるなぁ」

梓「??」ポカーン

澪「一応、口でも説明しておいたほうがいいんじゃないか?最初びっくりするだろうし。」

紬「そうね♪梓ちゃん。ほら…これ」ガサゴソ


………

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 01:53:45.14 ID:haU+9i+70 [24/54]
紬「……というわけなのよ。」

梓「なんだか怖いです…」

梓「私、別に…そこまでつやつやにならなくても…」

律「まーたそんな事言って、見てみろよ。ムギを。」

梓「」チラッ

紬「ふふふ」ツヤツヤ

梓「……。」

唯「あ~ずにゃん!遠慮しなくてもいいんだよ~?」

澪「そうだぞ。梓。せっかくムギが持ってきてくれたんだから。」

律「明日来たら梓だけつやつやじゃなくっていいのかぁ~?」

梓「………。」ガタッ



119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 01:58:26.01 ID:haU+9i+70 [25/54]
梓「なんだか皆さんおかしいです!」

梓「…ごめんなさい。今日は帰ります!」タタタタ

ガラッ タタタタ…

唯紬澪律「ぽかーん」


紬(このまま帰すわけには…)コソコソ

ピポパ

紬「…斉藤…ちょっと今、学校の近くにいるわね?」ボソボソ


………

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 02:03:12.43 ID:haU+9i+70 [26/54]
トボ…トボ

梓(みんなおかしいよ…どうしてそこまでしてツヤツヤになりたいのかな…)

梓(確かにムギ先輩は…毎日…どんどん綺麗になってる気がするけど)

梓(なんだか妙に皆…ムギ先輩を褒め称えて…澪先輩まで…いつもの皆じゃない気がする)

梓(それにあの人形もおかしい。)

梓(たしかにムギ先輩の家はお金持ちで…すごいものを作っても違和感なさそうだけど)

梓(立って、歩いて、しゃべって、体内を洗浄してくれる人形なんて…)

梓(そんなの出来るわけないよ…)


ブロロロロ…

シンゴウガ アオニナリマシタ 
ピョン♪  ピョン♪ ピョン♪…


梓(何で皆信じちゃってるんだろう)

梓(…明日からどうしよう…)

梓(何にも思いつかないよー…)

121 名前:少し投稿時間に間が空きます、ごめんなさい[] 投稿日:2010/08/27(金) 02:09:07.14 ID:haU+9i+70 [27/54]
タタタタタッ

ドン!


梓「わっ」ドサッ

男「!!」

梓「ご…ごめんなさい」

男「」ボソボソ

梓「…?え?」

男「……」ササッ

タタタタタ…

梓「行っちゃった…いたた」パンパン

梓(今の人…なんだったんだろう…)

梓「……はぁ。」

トボ…トボ…

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 02:16:32.68 ID:haU+9i+70 [28/54]
中野家……


ガチャッ バタン


梓「はぁ、今日はなんか疲れちゃったよ。宿題でもしよう…」

ジイイイ

梓「あれ?」

ガサッ

梓「これ…ムギ先輩からもらった包み…」

梓「おかしいな…置いてきたと思ったけど」ガサガサ

梓(シール…?)

梓「UT-17no.12sanae…」

梓(えす…えー…さな…え?さなえ…?)

ガサガサ…

梓(なんで私、開けちゃってるんだろ)

梓(あ、プリン…)

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 02:24:26.50 ID:haU+9i+70 [29/54]
梓「」グウウウ

梓(おなかすいた…)

パカッ

梓(プリンだけなら…)

梓(うーん甘い匂い♪)

ハム

梓「…おいひい」

ガサッ

梓(!!!)

梓(なんか動いた!こっちの小さい箱…かな?)

ガサガサ

パカッ

人形「zzz…」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/27(金) 02:37:04.50 ID:haU+9i+70 [30/54]
梓(すごい…ほんとに精巧だ…かわいいなぁ///)

梓(胸が上下してる!呼吸してるんだ)

梓(おっぱい大きい…)

人形「うーん……」

梓「わっ!!」

梓(しゃべった!動いた!寝返りうった!!)

梓(まるで本当の人間みたい!!)

人形「…うーん?」パチ

梓「……。」パチクリ

人形「きょわああああああ!!」

梓「きゃああああ!」

ドタドタバタン

梓「はぁはぁはぁ…いきなりおっきい声だすんだもんなぁ」

梓(まだ心臓がどきどきしてる)ムクリ

人形「やー!!やだーー!こっちにこないでよぉ!」ブンブン

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/27(金) 02:44:58.24 ID:haU+9i+70 [31/54]
梓「」ジー

梓(かわいいなぁ)

人形「やめて!食べないで!殺さないで!!元に戻してよおお!」

梓(あれ?この泣き顔…どこかで…)

梓「…逃げてもいいよ」

人形「鬼!悪魔!ひとごろし!ごき……え?」

梓「食べたりなんてしないから。大丈夫だよ。」

梓(なんだか唯先輩の『大丈夫』がうつっちゃった)

梓(ん?今何言おうとしたの?)

梓「ほら、こわくないから。」

人形「っ!…ひっく。えう…!!」モジモジ

梓「どうしたの?」

人形「腰がぬけて立てない…」ウルウル

梓(……)キュン

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/27(金) 02:53:40.32 ID:haU+9i+70 [32/54]
梓(かわいいいい!)

梓「落ち着いて。何もしないから。ね?深呼吸して。」ニコ

人形「ほ…ほんと?」

梓「何もしないよ。ほんとに。ほら、真似して?」

すーー

はーーー

人形「……。」

スー

ハー

梓「ふふっ。できたね。」

人形「…うん。」

梓「落ち着いた?」

人形「…へへ。息、吸い込んじゃった。」グス

130 名前:なんか申し訳ないんですが、だんだんとほのぼのじゃなくなる予定です[sage] 投稿日:2010/08/27(金) 03:01:26.87 ID:haU+9i+70 [33/54]
梓「そうだね。吸い込んだね。」

人形「あなたの…息」

人形「あなたの吐いた息、すいこんじゃった」

梓(/////)カァァァ

人形「えへへ。プリンくさい!」ニコッ

梓「も…もう!へんなこと言わないでよ!」アタフタ

人形「ね。おねがい。もっと小さい声で話して?」

梓「あ!そっか、ごめんね。」

梓「…これくらいでいい?」ボソボソ

人形「うん!ありがとう。」ニコ

梓(かわいいなぁ…)

梓(…ん?でもこれって…)

梓「あなたって、本当に…その人形…なの?」

人形「ちがうもん!私には早苗っていう名前があるんだよ!」

梓(………。)

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/27(金) 03:10:05.43 ID:haU+9i+70 [34/54]
早苗「早苗は早苗だよ。人形じゃないよ。」

梓(やっぱりこれってどうみても…)

早苗「あなたはなんていう名前なの?巨人、って名前じゃないでしょ?」

早苗「だから私も、人形、とか、こびと、じゃない。」

早苗「早苗って名前があるんだよ」

梓(人間…だよ!)

早苗「おーい。聞いてるの?」

梓「あ、うん。私は、梓って言うんだよ。よろしくね。早苗ちゃん。」

早苗「よろしくね…って何をよろしくするんだかわからないけど」

早苗「よろしくね梓ちゃん!」

梓(ちっちゃくて良くわからないけど、すごい生き生きしてるもん)

梓(こんな人形とか…ロボットなんてありえない)

梓(じゃあどうやって…どういうことなの…)

………

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/27(金) 03:19:54.29 ID:haU+9i+70 [35/54]
早苗「梓ちゃんは高校生?」

梓「うん。今1年生だよ。早苗ちゃんは?」

梓(本当は、もっと聞きたい事があるんだけど。)

早苗「じゃあ私が先輩だ!私2年だもーん♪」

梓(これを聞いちゃったら)

梓(私もどうしていいか分からないし)

梓(早苗ちゃんもきっとどうしていいかわからない…)

早苗「早苗先輩だよ!梓ちゃん!えっへん!」

梓(早苗ちゃんはどこから来たの?とか)

梓(早苗ちゃんはなんでそんなに小さくなったの?とか…)

梓「早苗ちゃん…あの…」

早苗「あ!だめなんだよ!先輩なんだから!せ・ん・ぱ・い!」

梓(聞けない…)

梓(……?先輩?)

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/27(金) 03:26:31.86 ID:haU+9i+70 [36/54]
梓(早苗先輩?)

梓「早苗先輩!!!!?」

シーン……

早苗「梓ちゃん…分かってもらえたのはいいから。
   そんな大声で呼ばなくてもいいよぉ…うるさいよぉおお…」ジーン

梓「あっごめ…んなさい」アセアセ


梓「って…!私です!中野です!中野梓です!」

早苗「…え?」

梓「早苗…先輩…」

早苗「あずちゃんなの?」

梓「そうです!先輩!」

早苗「あの、あずちゃん…」

梓「はい…先輩…!」ウルッ

早苗「……なんでそんなに大きくなっちゃったの…?」

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/27(金) 03:39:18.11 ID:haU+9i+70 [37/54]
梓「早苗先輩が小さいんですよ…ていうかそれはこっちの台詞です!」

梓(なんでこんな…久しぶりに逢ったと思ったら…)

早苗「私も…なんでこんなに小さくなっちゃったのか…わかんない。」

早苗「修学旅行に行って…みんなと遊んで…バス乗ってて…」

早苗「いきなり真っ暗になって。気付いたら…知らないところにいたの。」

梓(そう…早苗先輩のクラスはみんないきなり行方不明になっちゃったんだ)

早苗「それでみんな慌ててたら…おっきい金色の山が近づいてきて、言ったの。」

梓(ずっと心配してて…でも…あきらめかけてた…)

早苗「『あなた達は。わたしのおやつなの~♪』って。」

梓(金色…山?…巨人…?)

早苗「それでみんなびっくりしちゃって。でも。」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/27(金) 03:47:58.71 ID:haU+9i+70 [38/54]
梓(おやつ…!食べ…食べ物…プリン…)

早苗「バスの回りに透明な壁があって…逃げられなくて」

早苗「のぞみちゃんも。まなちゃんも。みかちゃんも。運転手さんも。」フルフル

早苗「みんな…みんな連れて行かれちゃった…の…」ガタガタ

早苗「みん…みんな。最後には…食べないでって」

早苗「たべないでたべないでって」

早苗「それっきり帰ってこない…の…」ガタガタ

早苗「…なんで…なんで帰ってこないの?みんななんで?」

早苗「みんな、どこに連れて行かれるの???」ガタガタガタ

早苗「私…私もおっきな手につかまれて…」

早苗「私も…食べられちゃうの……??やだよ…」

早苗「いやああ!いや!食べないでよおお!!」ガタガタブルブル


137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/27(金) 03:52:04.69 ID:haU+9i+70 [39/54]
梓「早苗先輩!!」

梓(早苗先輩…おびえてる…あんなに明るい先輩が…おびえてる)

梓「早苗先輩落ち着いて!落ち着い…てください…!!」

梓(どうしよう…どうしたらいいの)

梓(私どうしたら…唯先輩…澪先輩…ムギせん…ぱ)

梓(ムギせんぱい…)

梓(金色)

梓(巨人…おやつ…プリン…)

梓「……。」サァァァ

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/27(金) 04:02:34.36 ID:haU+9i+70 [40/54]
 唯『ムギちゃんつやつや~♪』

 律『よっ!ムギ!大統領!』

 澪『毛根にも効くかなぁ』

 紬『うふふ♪』ツヤツヤ

梓「そうだ…食べてたんだ…」

梓「食べて…つやつや…」

梓「やっぱりロボットなんかじゃない…」

梓「ムギせんぱい…人を…食べてた…んだ…」

梓「」ハッ

 紬『というわけで、今日はみんなの分持ってきたの~♪』

 紬『持ってきたの』

 紬『みんなの分』


 紬『も っ て き た の ~ ♪』


梓「ひっ」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 04:07:53.79 ID:haU+9i+70 [41/54]
梓「」プルプル

梓「だっ…だめ…みんな…食べちゃだめ…」

梓(生きてる人間なんだよ)

梓(ロボットじゃないんだよ)


梓「食べちゃダメぇえええ!!!」ダッ

ガチャバタン!!ダダダダダダダ…


シーン……


早苗「食べないで…食べないで…」プルプルプル


…………

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 04:17:50.00 ID:haU+9i+70 [42/54]
ガチャ

憂「おかえり~♪おねえちゃん」

唯「うい~あいすっ」

憂「」クスッ

憂「ごはん食べてからぁ」

唯「えへへ…わかったようい~」

憂(ダメって言われるってうすうす分かっててもやっぱりついつい言っちゃって
  その儚い希望を打ち崩されてもなんだかまあしょうがないや。やっぱりね。みたいな
  あきらめつつもなんかいつもと変わらない安心感みたいなものを感じて
  はにかんでるお姉ちゃん可愛い♪)ニコニコ

憂「あれ?お姉ちゃん。その包み、どうしたの?」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 04:19:28.63 ID:haU+9i+70 [43/54]
唯「あ…これ…?これは、ムギちゃんがね、……!っ!」

唯「」パクパク

憂「?」

唯「ムギ…ちゃ…」

唯(そうだ!プリンだけなら!)

唯(プリンのことだけならムギちゃんに口止めされてないもんね!)

唯「ムギちゃんからプププリンもらったんだぁ!あとで一緒にたべようい!」

憂(一人分しかないのかな?)クス

憂(昨日からお姉ちゃんなんか変かも…でもそんなお姉ちゃんも可愛い♪)


…………

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 04:27:52.13 ID:haU+9i+70 [44/54]

澪「…ただいま」

バタン

澪「…ふぅ。」

澪「」ジー

ガサッ ガサガサッ

キー キー
ダシテ! タスケテ!

澪(暴れてる…!やっぱり怖いよ…!)

澪「ううう」プルプル

澪「怖くない怖くない怖くない怖くない」

ガサ…

澪「……。」

ガサガサガサ!!

澪「ひいいいいいい」ブルブルブル

澪(なんで…こんなの…持って来ちゃったんだ…!!)

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 04:35:57.57 ID:haU+9i+70 [45/54]
…………

ガチャ

聡「おかえりねえちゃん」

律「今帰ったぞぉー!」

律「」ニシシ

トトトト

聡「ちょっとこれ一緒に…」

聡「っていない」

ガチャ バタン

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 04:37:20.83 ID:haU+9i+70 [46/54]
律(これで明日から私もツヤツヤだぁー♪)

律(もしかして、もしかしたら胸だってムギみたく…!)

律「」ジーッ

シーン…

律(……?)

シクシク…

シクシク……

紙包「シクシクシクシクシクシク」

律「泣いてる…のか?」

律(ロボットって泣くのか…?)

………

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 04:47:58.61 ID:haU+9i+70 [47/54]
琴吹家 モニタールーム……


紬「うふふ♪」


スピーカー『ほんとにこれロボットなのか…?』

スピーカー『おねえちゃん♪ごはんできたよ~』

スピーカー『怖くない怖くない怖くない』


紬「想定の範囲内ね♪」

紬「あとは…斉藤…まかせたわよ?」


スピーカー『ちょ…あなた誰!?私…急いでるの…うっ!?』

スピーカー『………紬お嬢様。完了しました。』

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 04:50:11.89 ID:haU+9i+70 [48/54]
紬「斉藤♪おつかれさまぁ♪」

紬「あとはこの…ボタンを押せば……ふふっ」


ポチ


スピーカー『怖くな…あれ?怖くない』

スピーカー『おねえちゃん…ごはんの前に…ちょっとその包み…開けてみよっか』

スピーカー『ムギみたいなおっぱい…』

スピーカー『早苗せんぱ…い…すき…』


紬「うふふふふふふふふふ♪」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 04:58:24.84 ID:haU+9i+70 [49/54]
紬「これで皆ほんとに仲間になるの。私だけじゃない。皆で。」

紬「皆でいっしょに…だって同じけいおん部だもの」

紬「ね?あなたもそう思うでしょう…?」ペロリ

女生徒「っっ………!!」プルプルプル

紬「っあむ。」チュル

女生徒「ひっひっ…ひっ…」ガタガタガタ

紬「大丈夫よ…そんなにおびえなくても…」

紬「きっと…中でお友達に逢えるから♪」

女生徒「!!……!!!!」ガクン

紬「気絶しちゃった…もう…怖がらせすぎちゃったかしら。」

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 05:05:46.01 ID:haU+9i+70 [50/54]
紬「目を覚ましたら…お腹の中ってのも…ふふ」

スピーカー『早苗…せんぱい…おいしそぉ…』

スピーカー『ザザッ あず…ちゃん…?なに…するの?…きゃっ』

紬「あらあら。頃合ね♪」


唯「くちゅ…あむ」

憂「おねえちゃん…んちゅ…半分こしよっか…」

律「ぺろ…ちゅっ…ほら…あばれるなって…」

澪「おいしい…モゴ…ペロ…この子おいしいな…」


梓「早苗せんぱい…ひとつに…ちゅ…なりましょうかぁ」


紬「うふふ…うふふふ…うふふふ…」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 05:13:04.30 ID:haU+9i+70 [51/54]





    「いただきまーす……」






151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 05:14:05.56 ID:haU+9i+70 [52/54]
ザー…

「私立梅が谷女子高等学校失踪事件についてです

 事件から1ヶ月以上経つ現在でも 捜査は難航しており

 目撃証言もなく… なんの進展もない状態です

 当局では国際的な誘拐組織が絡んでいると見ており…」


ザー……

チュルッ ペチャ…ペチャ…

「~~!!~~!~!!」

「!!」

シーン…

ごくっ  … …  ……  
   
                おしまい

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/27(金) 05:22:56.13 ID:haU+9i+70 [53/54]
数少ない、支援してくださった方
見て下さった方々に
心からお礼申し上げます。

もしこのフェチに興味が出た方
何か要望がある方は書き残して頂けると幸せです。

ありがとうございました。おやすみなさい。

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/27(金) 09:58:27.98 ID:haU+9i+70 [54/54]
おかしい…けいおんキャラが片っ端から小人を飲み込む話を書きたかったのに…!
どうしてこうなった!ぐぬぬぬぬ

コメント

何か起こると思ったら終わった

No title

すいませんでした。
マジですいませんでした。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。