FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男「あれ?お前…」猫「…」4

777 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 11:09:36.54 ID:AlMCFb8W0 [29/127]
【日曜二人】

僕「・・・」

男「・・・」

僕(どうしてこうなった・・・)

男(なんだこの状況)

778 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 11:12:56.87 ID:AlMCFb8W0 [30/127]
男「あの・・・大丈夫?」

僕「・・・大丈夫じゃないよ」

男「ですよねー・・・」

僕「・・・あの」

男「なに?」

僕「・・・大丈夫?」

男「・・・じゃないな」

僕「だよね・・・」

780 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 11:16:35.50 ID:AlMCFb8W0 [31/127]
男「もうちょい詰めようか」

僕「ちょっ、これ以上は無理だよ」

男「でももうすぐ」

「次はー○○駅、○○駅です」

僕「・・・」

男「・・・ね?」

781 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 11:27:16.59 ID:AlMCFb8W0 [32/127]
僕「まさか、こんなに電車が込むなんて思わないよ」

男「今日はコミケがあるらしいから、人が多いんだろうね」

僕「・・・僕の友達も言ってたな、そんなこと」

男「・・・おっと、人が入ってきた」

僕「わ、きついよ・・・」

男「ごめんごめん、あとちょっとだから我慢してね」

僕「・・・うん」

783 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 11:35:03.30 ID:AlMCFb8W0 [33/127]
男「・・・ちょっとごめん」ぎゅ

僕「ちょ・・・!なにやって・・・」

男「いやこうしてた方がもうちょっと詰めれるかなって」

僕(うわぁあぁ男さんが僕、僕を抱きしめてるぅ!!)

男「まいったねホント」(あれ、いいにおいがするなこの子)

僕「・・・」

784 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 11:38:35.94 ID:AlMCFb8W0 [34/127]

男「ついたぁ!」

僕「・・・」

男「ん、どうしたの?」

僕「・・・いや」

男「あぁ、さっきのは悪かったよ」

僕「・・・」

男「いやだったよね、ごめん」

僕「ちがっ・・・!・・・なんでもない」

男「?」

787 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 11:44:21.12 ID:AlMCFb8W0 [35/127]
男「じゃ、俺はあそこのバイクショップに用があるから」

男「またね」

僕「あ、えっと・・・うん」

僕「また・・・ね」

男「・・・一緒に来る?」

僕「!・・・なんで?」

男「いやなんか、寂しそうって言うかなんていうか」

790 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 12:01:10.64 ID:AlMCFb8W0 [36/127]
男「よくわかんないけど、一緒に連れてったほうが良いような気がしたから」

僕「・・・いいの?」

男「まあ、君の予定にもよるけどさ」

僕「・・・じゃあ、着いてくよ」

男「よし、それなら行こう・・・?」

僕「どうしたの?」

男「いんや、なんでもない」(誰かこっちを見てた・・・?)

792 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 12:16:24.55 ID:AlMCFb8W0 [37/127]
  

男「さぁ、とりあえずバイク整備に必要なものは買ったし」

僕「これからどうしようか」

男「そういえば、君は今日どこに行こうとしてたの?」

僕「僕はショッピングモールで服を新調しようかと思って」

男「じゃあ、そこに行こう」

僕「え、や!別にいいよ服なんて今度でも!」(どうしよう、女性物の服を見に来てみたなんて言えない・・・)

793 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 12:21:37.72 ID:AlMCFb8W0 [38/127]
男「なんで?服買いにここまで来たんだから、買っていきなよ」

僕「いいよいいよ、今あるのきてればいいし!」

男「えー、どんな服選んでるのか見たかったんだけどなー」

僕(それを見られたらまずいんだよ・・・)

795 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 12:25:26.81 ID:AlMCFb8W0 [39/127]
男「じゃあどこ行こうか」

僕「フゥ・・・そうだねぇ、この近くに大きな図書館があったから、そこに行かない?」

男「本が好きなの?」

僕「ん?割と」

男「じゃ、そこ行こうか」

796 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 12:28:38.87 ID:AlMCFb8W0 [40/127]
男「でかい・・・」

僕「ほんとだね・・・まぁ中に入ろうよ」

男「そだね」

 
僕「広い・・・」

男「ほんとだね・・・」

797 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 12:31:44.41 ID:AlMCFb8W0 [41/127]
僕「じゃ、僕はあっちを見てくるよ」

男「あぁ、またあとで」

男「・・・さてと、これからどうするかね」

男「っていってもここは図書館なんだから本を読まないとな」

男「・・・猫の本でも探そう」

799 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 12:37:25.28 ID:AlMCFb8W0 [42/127]
男「猫、猫・・・お、あった」パサッ

男「・・・」ペラッ

男「えー・・・猫は、草を食べて胃の中のものを・・・」

男「これはやめよ」パラッ

男「・・・三毛猫の約99%は雌の猫です」

男「そうなんだ」ペラッ

男「・・・昔の話では10年以上生きた猫は化け猫になると言われてきました」

男「・・・まさか」

800 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 12:41:45.31 ID:AlMCFb8W0 [43/127]
男「やめよ、なんかこれ以上見ちゃいけない気がする」パタン

男「・・・あの子のとこにいくか」


男「おーい、何読んでるの?」

僕「え・・・あぁ、なんでもないよ、ただの哲学書」パタン

男「哲学書って・・・よくそんな難しい本読めるね」

僕「あはは、こういうのが好きなだけだよ」

僕「そろそろいこうか」

801 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 12:47:07.41 ID:AlMCFb8W0 [44/127]
男「行くって、どこに行くんだ?」

僕「んー、わかんない」

男「はは、なんだよそれ」

僕「そうだ、君の相棒君にあげるプレゼントを買いに行こう」

男「プレゼント?」

803 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 12:53:24.72 ID:AlMCFb8W0 [45/127]
僕「そう、なにか身につけるものとかさ」

男「あー、そういやそんなの買ってあげてなかったなぁ」

僕「やっぱりね、じゃあペットショップに行こう」

男「はいよ、この近くなら・・・さっき言ってたショッピングモールの中かな」

僕「・・・まぁ、とりあえずいこうか」

808 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 13:45:26.97 ID:AlMCFb8W0 [47/127]
男「ここもまたでっかいなぁ」

僕「そうだね、ペットショップはあっちみたいだね」



男「おぉ、動物がいっぱい」

僕「わ、イグアナとかもいるよ」

男「さてなにがいいか・・・」

「お客様、何をお探しですか?」

男「あ、家の猫になにか買っていこうと思いまして」

809 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 13:51:33.72 ID:AlMCFb8W0 [48/127]
「それでしたら、首輪なんていかがですか?」

男「首輪か・・・そういえばアイツつけてないな」

男「それってどこにありますか?」

「首輪コーナーはあちらになります」

男「ありがとう」

「ごゆっくりどうぞー」


男「うーんどれがいいか・・・」

男「ねぇ、どんな首輪・・・ってあれ?」

811 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 13:56:09.12 ID:AlMCFb8W0 [49/127]
僕「ほら、おいで」

「わんっ!」

僕「ふふ、可愛いなぁ」

「わふっわふっ!」ぺろ

僕「や、こら、舐めるなよ」

「くぅー」

僕「よしよし、いいこいいこ」なで

男「よしよし、いいこいいこ」なで

僕「わっ!」

男「なにやってるの・・・」

僕「あ、あはは・・・つい」

814 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 14:01:44.82 ID:AlMCFb8W0 [50/127]
男「ねぇ、こっちの首輪とこっちの首輪だったらどっちがいいかな」

僕「それを僕に聞くのかい?自分の相棒君にあげるんだから自分で決めないと」

男「うーん・・・じゃあ、これかな」

僕「うん、僕もそっちがいいと思ってたよ」

男「なんだよそれー」

僕「あはは」

816 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 14:11:07.58 ID:AlMCFb8W0 [51/127]
「ありがとうございましたー」

男「さて、そろそろ帰ろうか」

僕「もうやることは済んだしね」

男「あ、その前に俺ちょっとお手洗い」

僕「そう、じゃあ僕はここで待ってるよ」


?「おいあれ・・・」

?「あぁ、間違いねぇ・・・」


819 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 14:16:56.27 ID:AlMCFb8W0 [52/127]
男「ふぅ・・・お待たせ、ってあれ?」

男「あの子どこいった?帰ったとか?」

「あの・・・あなたさっきの子のお友達よね?」

男「さっきの子って、ここに座ってた子のこと?」

「そう、さっき怖い顔した2人組みに連れて行かれてたわよ・・・?」

男「・・・」

男「なんと面倒くさい・・・」


820 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 14:24:20.12 ID:AlMCFb8W0 [53/127]
?1「てめぇこの間のなめた女だろうが」

?2「てめえの連れのせいで俺たちゃこんな目にあったんだぞこらぁ!」

僕「顔がひどすぎて誰かわからないですけど・・・」

?1「んだとゴラァァ!!」

?2「好きでこんな顔してねえよ!!どいつもこいつもぉ!!」

僕(本当にだれなんだろう・この人たち・・)

823 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 14:33:34.13 ID:AlMCFb8W0 [54/127]
?1「なぁ、お前が責任とれよ」

?2「ちょっと腰が痛いだけですむからよぉ」

僕「・・・嫌だね、君たちみたいなやつらは見てるだけで虫唾が走る」

?1「はっ!強がってられるのも今のうちだぞ!」

?2「ヒィヒィいいながら頭さげても許さないぜぇ!」

男「まぁ最後に頭下げるのはこいつらだけどなぁ!」

僕「え」

?1「え」

?2「え」

男「え?」

824 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 14:39:43.82 ID:AlMCFb8W0 [55/127]
?1「おい誰だてめぇ!」

?2「どっから沸いてきやがった!」

男「あ、どうも男といいます」

僕「男さん・・・」

?1「なんかようでもあんのか?あぁ」

男「いえ、連れを返して貰おうかと思って」

?2「はぁ?今俺たち大事なお話ちゅうなの、わかったらさっさと消えろやじじぃ」

男「黙れ顔面タイラント」

828 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 15:04:07.10 ID:AlMCFb8W0 [56/127]
T1「もうやめろぉぉお!!」

T2「勝手に変な名前つけるなぁぁ!!!」

男「あのさ、もういってもいいかな」

T1「・・・めだ」

T1「お前は殺さないと、だめだぁぁ!!」ダッ

T2「相棒ぉぉ!!」

男「さあ!君はお逃げなすって!」

僕「え、でも!」

男「俺も逃げるにきまってるじゃん!」ダッ

僕「あ、待ってよ!」ダッ

831 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 15:33:31.94 ID:AlMCFb8W0 [57/127]
T1「うぁあぁぁ待てこらぁぁ!!」

T2「ぜったいにゆるさんぞぉぉ!!」

男「やばいやばいリアルバイオハザ○ドだ!」

僕「・・・はっ・・・これから・・・ど、するの!?」

男「んー逃げの一手に尽くすかな」

僕「ぼ、く・・・も・・・無理!」

834 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 15:40:04.41 ID:AlMCFb8W0 [58/127]
男「うわ、やばいな」

僕「は・・・っは・・・」

男「ええい!こうなったら!」ガッ

T1「まてやごらぁあぁ!!」

男「必殺!昔あったド○キーの樽転がしてくるゲームのやつ!」ブォン

ガッ

T1「うふぉ!!」ドサァ

男「すごい・・・!」

835 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 15:43:37.67 ID:AlMCFb8W0 [59/127]
男「よし今のうちだ!」ダッ

僕「・・・はっ・・・うん・・・!」ダッ

T1「」

T2「相棒!?チッキショウゆるさねえぇ!!!」ダッ

男「・・・っ!まだきてる!」

僕「はっ・・・は・・・」


838 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 15:48:16.58 ID:AlMCFb8W0 [60/127]
男「がんばって!あと少しだ!」

僕「なにが・・・で、すか・・・!・・・くっ・・・!」

男「これはまずい・・・どうする俺・・・!」

男「・・・まてよ」


T2「どこいったぁ!!隠れてんのはわかってんだぞぉ!!」

「こっちだよー!」

839 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 15:51:48.68 ID:AlMCFb8W0 [61/127]
T2「ここかぁ!!見つけたぞてめぇ!」

男「見つかっちゃったね」

T2「なに余裕こいて笑ってんだてめぇ!」

男「まぁ、余裕ですしね」

T2「このやろおぉぉ!!」ダッ

ベチャ

男「動くなっ!!」

T2「!?」

841 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 15:54:32.75 ID:AlMCFb8W0 [62/127]
男「お前、今なにか踏まなかったか?」

T2「あぁ?それがどうした!」

男「足元、よく見てみなよ」

T2「あ?・・・なんだこれ、水・・・ちがう、オイル?」

男「そのオイルはどこまで伸びてる?」

T2「お前の足元・・・!」

842 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 15:57:50.83 ID:AlMCFb8W0 [63/127]
男「そう!お前と俺は今、オイルの上にたっているのさ!」

男「そして・・・これが何かわかるよね?」シュボ

T2「ライター・・・!」

男「そうだ、つまりお前が動けば俺も、お前も火達磨ってわけ」

T2「しょ、正気じゃねぇのかあんた!」

男「正気だよ、正気に死のゲームを楽しんでるんだ」

845 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 16:02:51.55 ID:AlMCFb8W0 [64/127]
T2「や、やめろ・・・!」

男「助かるチャンスを上げようか・・・?」

T2「チャン、ス・・・?」

男「そう、君がそこで額をこすりつけるほど土下座して謝れば」

男「命は助かる」

T2「わ、わかった!やる!やるよ!」

848 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 16:08:42.47 ID:AlMCFb8W0 [65/127]
T2「ほ、ほんとうにスイマセンでしたぁ!」ガバッ

男「うん、許してあげよう・・・て言いたいんだけどさ」

男「どうして、その右手はポケットの方に行こうとしてるの?」

T2「!」

男「・・・ナイフ、かな・・・それで俺を刺そうと?」

T2「ちっ、ちが・・・!」

男「君には失望したよ、せっかく助かるチャンスを棒に振ったんだから」シュボ

T2「た、助けて・・・死にたくない・・・死にたくないっ・・・!」

男「大丈夫だよ」

男「俺も一緒に死んでやるから」パッ

T2「ああぁあああぁ!!!!」

850 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 16:11:29.72 ID:AlMCFb8W0 [66/127]
ジュッ

T2「」

男「・・・ふぅ」

男「おーい、もう出てきていいよ」

僕「・・・」

男「悪いね、こんな三流芝居につきあわせて」

僕「いえ、でもまさかこんなにもうまくいくなんて」

男「うん、俺もびっくりだ」

851 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 16:16:36.50 ID:AlMCFb8W0 [67/127]
男「しっかしホント用意が大変だったよ」

男「ちょうど人がいないとこ探したり、大人の店でローション大量に買ってきてぶちまく作業とか」

僕「・・・もうあんなところには行きたくないね」

男「いや・・・パイオツな姉ちゃんのビデオがあった」

僕「もうっ!やめてよ!」

男「はは、冗談だよ」

853 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 16:22:33.44 ID:AlMCFb8W0 [68/127]
男「さて、誰かが来る前にとんずらと行きますか」

僕「・・・あの、足が疲れて」

男「あれ?立てなくなったの?しょうがない」

男「どっこいしょっと」ひょい

僕「わっ!」

男「あれ?結構軽いね、ちゃんとご飯食べてる?」

僕「あの、これ恥ずかしいから降ろして・・・」

男「だめ」

僕「・・・」


855 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 16:28:25.44 ID:AlMCFb8W0 [69/127]
男「さぁ帰ろう」

僕「・・・あの」

男「降ろさないよ?」

僕「そうじゃなくて・・・助けてくれてありがとう」

男「ああ、いいよ別に、お礼が言われたくてやったわけじゃないし」

僕「・・・じゃあ、どうして僕を助けたの」

男「んー?んー、なんでだろ・・・」

856 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 16:31:13.06 ID:AlMCFb8W0 [70/127]
>>854 どうした

僕「・・・」

男「聞きたい?」

僕「・・・聞きたい」

男「ほんとに聞きたい?」

僕「ほんとに聞きたい」

男「・・・じゃ、教えてあげよう」

男「君が好きだから」

858 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 16:33:51.18 ID:AlMCFb8W0 [71/127]
ちょっとまってて

861 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 17:02:15.28 ID:AlMCFb8W0 [72/127]
僕「え、なっ・・・?」

男「前にさ、お祭りあったじゃん」

男「その時に、次は期待してるっていったよね」

僕「・・・うん」

男「あのときの質問、ちゃんと答えるよ」

男「今は、君のこと女の子として見てる」


863 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 17:07:08.29 ID:AlMCFb8W0 [73/127]
ごめんね忌々しい糞ザルがきちゃった、テヘッ

僕「・・・」

男「ずっと言えなかったけど、本当は最初にあった時から気になってたんだ」

男「男なのか女なのかわからない、謎の多い子」

男「最初はそんな風に思ってた」

866 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 17:19:11.27 ID:AlMCFb8W0 [74/127]
男「次にあったのは、またあの海だったね」

男「最後に言った遠まわしな質問でさ、君は答えを返さず帰っていった」

男「その時さ、また会いたいって、あって今度こそは聞いてやるって思ったんだ」

僕「・・・あれはあなたが悪いよ、あんな遠まわしに言ったんだし・・・」

男「それは悪かったって思ってる」

868 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 17:48:13.51 ID:AlMCFb8W0 [75/127]
男「で、お祭りの時は驚いた」

僕「・・・僕が浴衣を着てたんだよね」

男「そう、だって男か女か聞いてないのにあんなネタバレありかって」

男「でも、すごく似合ってたし可愛かった」

僕「・・・」

男「最後の質問の時、また君は何も言わなかった」

僕「・・・ごめんなさい」

男「いいよもう、気にしてない」

872 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 18:33:14.07 ID:AlMCFb8W0 [76/127]
これ考えるのきっつい・・・

男「それでその後、君の質問にわからないけど、可愛いと思うって答えたときさ」

男「君が驚いたのと、すごく嬉しそうなのと、恥ずかしそうなのをあわせた顔してるの見てね」

男「あぁ、この子はこんな顔をするんだって思ったんだ」

僕「僕、そんな顔してたのか・・・」

男「それで「次は期待してる」って言った君の笑顔を見てさ」

男「もう背中がぞわぁってなったんだ、ああこれは惚れたなって思った」


874 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 18:40:53.84 ID:AlMCFb8W0 [77/127]
まだだ、まだ終わらんよ!

男「だから、君が好きだ」

僕「・・・」

男「悪いね、そんな理由で」

僕「・・・」

僕「・・・僕もね」

僕「僕も、初めて会ったときから、あなたのこと気になってたんだ」

878 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 18:50:42.40 ID:AlMCFb8W0 [79/127]
僕「僕の嘘、初めて見抜いた人だったんだ」

僕「どんな人も話だけ聞いて泣いたり笑ったりしてたけど」

僕「あなたは僕のこと、ちゃんと見てくれてた」

僕「どんな人よりも変で、自分の信じる考えのある人」

僕「それが初めて見たあなたの印象」

879 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 18:56:35.86 ID:AlMCFb8W0 [80/127]
僕「次に会った時のあなたの印象は、甲斐性なし・・・かな」

男「うぐぇっ・・・」

僕「ふふ、なんでこんな遠まわしな質問するんだって思ったんだ」

僕「あの時は、ちゃんと聞いてくれればよかったんだよ」

男「・・・ほんとすまんかった」

僕「いいよ、それから次はお祭りの時」

880 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 19:03:35.81 ID:AlMCFb8W0 [81/127]
僕「その時のあなたはとても面白い人だった」

僕「僕の話を聞いて、あんなこと答える人なんてあなたぐらいしかいないよ」

僕「だけど、そのおかげで気持ちが楽になった」

僕「こんなに自分の事を思ってくれる人がいるんだなって」

僕「とても嬉しかったんだ」

882 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 19:12:37.46 ID:AlMCFb8W0 [82/127]
まだやれる・・・!

僕「ね、知ってた?異性に可愛いなんて言われたの、あれが初めてだなんだよ」

男「そうなの?」

僕「うん、だからとても恥ずかしくて嬉しかった」

僕「こんな僕に可愛いなんて言ってくれる」

僕「そんなあなたがすごくかっこよくみえた」

883 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 19:16:59.99 ID:AlMCFb8W0 [83/127]
僕「だからさっきあなたが助けにきてくれたとき、もうどうしようもないくらい嬉しくて」

僕「ずっと・・・どきどきしてるんだ」

男「・・・」

僕「でも、さっきのやりかたはちょっと汚いと思うよ」

男「ですよねー」

884 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 19:19:35.32 ID:AlMCFb8W0 [84/127]
僕「・・・ねぇ」

男「何?」

僕「・・・僕はさ、もう"私"にはなれないけど」

僕「こんな僕でも・・・あなたを好きでいていい・・・かな?」

888 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 19:39:40.57 ID:AlMCFb8W0 [85/127]
落ち着けみんな素数を数えるんだ!

男「・・・もう無理!限界!」ギュッ

僕「わっ!ちょっ!」

男「結婚してください!」

僕「えぇ!?」

男「子供は2人で!男の子と女の子を一人ずつ!」

僕「あのっ!まっ、てっ!」


891 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 19:45:29.43 ID:AlMCFb8W0 [86/127]
男「え?あ、ごめん」

僕「・・・えっと、結婚とか子供とかはちょっと早すぎるよ」

男「そうだね」

僕「・・・でも、いつかそうなったらいいなって思う」

男「それって・・・」

僕「さっきのはプロポーズ、だよね」

894 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 19:52:15.16 ID:AlMCFb8W0 [87/127]
さぁ、血を吐けおまえらぁ!

僕「これから先も、僕を見守ってくれると誓いますか?」

男「ああ、誓います」

僕「じゃあ、誓いのキス・・・してよ」

男「え?いいの?」

僕「あなただから・・・男さんだからいいんだよ」

僕「だから・・・ね?」

男「・・・わかったよ、僕ちゃん」

僕「ン・・・」

男「・・・」

897 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 20:02:26.47 ID:AlMCFb8W0 [88/127]
起つなwww

僕「・・・ふふ、初めてのキス、だな」

男「そうだね、実は俺も初めて」

僕「そうなの?だったらすごくうれしいな」ぎゅっ

男「うん俺もすごく嬉しい」ぎゅっ

僕「さて・・・そろそろ帰ろうか」

男「もう?もうちょっとこのままでも」

僕「ダメだよ、君の相棒君が待ってるし」

男「あ、そうだった」


899 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 20:08:18.46 ID:AlMCFb8W0 [89/127]
僕「そういえば、僕らが出会えたのもあの子のおかげなんだね」

男「そういえば、そうだね」

僕「ふふ、あの子には感謝しないといけないな」

男「よし、じゃあ急いで帰ろうか!」

僕「また走るのはやだなぁ・・・」

男「じゃあまたおんぶして行こうか」

僕「それはもっとやだよ」


900 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 20:14:01.08 ID:AlMCFb8W0 [90/127]
男「なら、まぁ歩いていこうか」

僕「そうだね、なるべく急いで歩こう」

男「はは、急いで歩くってなんか変だな」

僕「あはは、そうだね」

男「よし、じゃ、家に向かってしゅっぱーつ」

僕「おー」

901 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 20:15:28.17 ID:AlMCFb8W0 [91/127]
おわり おわり
異議は受け付けない




908 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 20:28:33.54 ID:AlMCFb8W0 [94/127]
【明日の先】

男「今まで色々あったけど・・・こんなに自分の人生が変わったのは」

男「やっぱり、お前のおかげだな」

男「・・・」

男「お前が俺のバイクの上に乗ってたときは驚いたよ」

男「なんでこいつこんなとこにいるんだって」


910 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 20:35:21.73 ID:AlMCFb8W0 [95/127]
男「バイクが好きな猫なんてお前ぐらいしかいないだろうな」

男「それからお前が家に住み始めて、俺の生活は充実しだしたよ」

男「お前といろんな所へ行って、いろんなことをしたな」

男「母さんとも仲直りできたのもお前のおかげだし」

男「それに、お前のおかげで僕ちゃんとも出会えた」

912 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 20:38:37.82 ID:AlMCFb8W0 [96/127]
男「お前がいなきゃ、俺はこのまま一生をしがない小説作家としてすごしてたと思う」

男「お前がいたから、今の俺があるんだ」

男「お前に出会えて本当によかった」

男「ありがとう・・・」

男「・・・ていったって、お前返事なんか返さないもんな」

913 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 20:40:39.22 ID:AlMCFb8W0 [97/127]
男「・・・いや・・・もう、返せないのか」

男「お前・・・もうここにはいないんだもんな」

男「・・・お前が死んで、もう二年か・・・」

919 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 20:51:32.79 ID:AlMCFb8W0 [98/127]
男「二年って、結構早いのな」

男「お前が死んでも、みんな普通に過ごしてるよ」

男「・・・でも、みんなお前の事を覚えてる」

男「お前がいた事を、ちゃんと覚えてる」

924 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 20:56:04.02 ID:AlMCFb8W0 [99/127]
男「だから心配しないでここでねむっ」

バシィ

男「うわ!いってぇ!」

男「あ、お前聞いてたのかよ!」

男「おいそんな睨むなって、悪かったから」

男「ってもうこんな時間か、早くしないと友の結婚式に遅れるぞ!」


926 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 20:58:42.53 ID:AlMCFb8W0 [100/127]
男「急げ急げ!あと20分でつかねえと!」

男「よし、乗ったな」

男「じゃあ、行こうか相棒」

猫「・・・」

男「友の結婚式会場に向かって、しゅっぱーつ!」

猫「・・・」ごろごろ

928 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 20:59:34.70 ID:AlMCFb8W0 [101/127]
終わった・・・全部終わったんだ・・・!
みんなぁぁ!!やったぞぉぉぉ!!!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。