FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハルヒ「時代はミステリ小説よ!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 23:06:53.95 ID:wr/g51y10 [1/21]
キョン「お前が書いたのか」

ハルヒ「自信作よ!」

キョン「にしても台詞だけのうえに原稿用紙10枚ちょっとか。えらく短いな」

ハルヒ「なによ。読みやすくていいでしょ? とにかくものすっごい傑作なんだからね」

キョン「ふーん」

ハルヒ「難解! 超難解!」

キョン「マジか。そりゃすごいな。じゃあ俺がもし見事犯人を当てられたらなんか景品くれよ」

ハルヒ「あんたじゃ当てられないから無意味よ」

キョン「ひでえ」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 23:09:38.37 ID:wr/g51y10
古泉 「まあまあ。とりあえず読んでみませんか」

キョン「あ、いたのか古泉」

古泉 「え」

キョン「さ、朝比奈さんもどうぞ。じゃあみんなで読みましょう。お、長門もだぞ」

朝比奈「あ、ありがとうございますぅ」

長門「……楽しみ」

古泉「え?」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 23:11:36.44 ID:wr/g51y10
タイトル「SOS団の殺人」


キョン「そのまんまだな」


【登場人物】

涼宮ハルヒ SOS団団長にしてこの小説における探偵役を務める
キョン   SOS団 雑用係
長門有希  SOS団 団員
朝比奈みくるSOS団 団員兼マスコット
古泉一樹  SOS団 副団長

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 23:14:04.85 ID:wr/g51y10
朝比奈「おっきな別荘ですねえ」

キョン「さすがは古泉だな。なにがさすがなのかはよくわからんが」

ハルヒ「にしても遅いわね。先に来てるはずなんだけど」

長門「古泉一樹ならもう間もなく到着する」

ハルヒ「え、本当? 有希」

長門「本当。あれを見て」

ぶろろろろろん

キョン「おー。これまた高そうなスポーツカーが停まって……」

古泉「(バタン)どうもお見送りありがとうございます」

森「気をつけてね、古泉」

古泉「はい、ありがとうございます、森さん。では……」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 23:16:18.36 ID:wr/g51y10
ぶろろんぶろろん

古泉「皆さん、お待たせしました」

キョン「おい、古泉」

古泉「はい、なんでしょう」

キョン「一人だけ車でこの山道を登ってきやがって。この俺の重装備を見ろ」

古泉「相変わらず荷物持ちですか。よくお似合いですよ(ニコッ)」

キョン「相変わらずお前のエセスマイルを見ると殺したくなるな」

古泉「おっと、物騒ですね。では皆さん、私が先導しますのでどうぞ中へ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 23:18:10.58 ID:wr/g51y10
PM 0:00(正午)
-2F 各人の部屋-

キョン「さて、荷物も置いたし一眠り……」

ぽわわわわ~ん
※キョンの回想

ハルヒ「各人部屋に荷物を置いたら、五分後に広間に集合よ!」

がばっ!

キョン「まずい」

ガチャリ

古泉「おや、どうされました?」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 23:21:01.02 ID:wr/g51y10
キョン「おう古泉。まだ広間に行ってなかったのか」

古泉「いえ。貴方の到着が遅かったので、様子を伺うようにと涼宮さんが」

キョン「げ。もうみんな集まってたのか?」

古泉「いえ、あなたと、あと長門さんがまだですね」

キョン「長門か……ん?」

ハルヒ「あ、キョン! キョン!」

キョン「な、なんだ、ハルヒ。息切らせて」

ハルヒ「有希見なかった?」

キョン「長門か? 自分の部屋にいるんじゃないのか」

ハルヒ「それがいないのよね。どこにいったのかしら」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 23:23:33.76 ID:wr/g51y10
古泉「もしかしたら図書室かもしれませんね」

キョン「図書室? そんなもんまであるのか」

古泉「ええ。元々は伯父の書斎だったのですが、伯父は無類の本好きでしてね。世界各国の書籍を収集しておりまして、そのコレクションが部屋を覆うころにはいつしかそんな風に呼ばれるようになっていました」

ハルヒ「とりあえず見に行ってみようかしら。あ、二人はみくるちゃんと一緒にいててくれる?」

キョン「んー。わかった。気をつけてな」

ハルヒ「何に気をつけるのよ。じゃあねっ」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 23:25:49.06 ID:wr/g51y10
PM 0:10(正午)
-2F 書斎(図書室)-

ハルヒ「ここね。ドアノブに手をかけてっと……あら、開かないわ」

ハルヒ「有希? 有希?!(ドン! ドン!)」

ハルヒ「ふーん。いないのかしら。とにかく、部屋にでも行ってみましょう」

ハルヒ「にしても行動がいまだに掴めないコよねえ。……あれ? ここは……」

ハルヒ「トイレかしら?」

ハルヒ「~~。せっかくだから寄ってこっと」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 23:28:21.52 ID:wr/g51y10
PM 0:15
-2F トイレ-

(ドンッ!)

キョン「どわぁっ!」

ハルヒ「いたっ! …ってどこに目つけて歩いてんのよこのバカキョン!(バキィッ)」

キョン「ぐわあっ! 出会いがしらにいきなり殴るんじゃねえ!」

ハルヒ「まったく……って、なんであんたが女子トイレから出てくんのよ?!」

キョン「ば、馬鹿ハルヒよく見ろ。俺が出てきたのは隣の男用トイレだろ」

ハルヒ「え? あ。本当ね」

キョン「まったく、人をヘンタイみたいに(ブツブツ)」

ハルヒ「なんか言った?(ギロリ)」

キョン「なんでもねーよ!」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 23:30:55.58 ID:wr/g51y10
PM 0:20
-1F 広間-

キョン「ただいま……あれ? 朝比奈さん、古泉は?」

朝比奈「さっきトイレに行くっていってましたよ。会いませんでした?」

キョン「いえ。入れ違いになっちまったのかな?」

朝比奈「まあ、すぐに戻ってくると思いますよ」

キョン「そうですね。……朝比奈さん、大丈夫ですか?」

朝比奈「え? 何がですか?」

キョン「なんか朝から顔色が悪いようですけど」

朝比奈「あはは……。山登りで疲れちゃってるのかも」

キョン「確かにキツかったですからね。二人が戻ってくるまではゆっくりしましょう」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 23:33:14.72 ID:wr/g51y10
PM 0:20

ジャーーーー

ハルヒ「ふうっ」

ハルヒ「結構綺麗なトイレよね。ほとんど汚れてないし……あら?」

ハルヒ「なにかしら、この小窓……」

ハルヒ「換気のためかしら。ん~~」

がぽっ

ハルヒ「わっ! こ、格子が取れちゃった」

ハルヒ「……よいしょっと。ふう、なんだ、すぐ直るんじゃないの」

ハルヒ「……そういえばこの窓がある壁って、私達の部屋があるベランダに繋がってるわね」

ハルヒ「……キョン辺りが覗くかもしれないからみんなに注意しておかなきゃ」

ハルヒ「……」

キィ……

ハルヒ「あ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 23:35:38.12 ID:wr/g51y10
PM 0:25
-長門の部屋-

長門「……」

ドサリッ

長門「!」

長門「……っ!」

長門「くっ……っ!」

長門「~~……~~!!」

ぶすりッ……

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 23:39:47.23 ID:wr/g51y10
>>15
>>1でキョンが「台詞だけ」とゆーとります

PM 0:30
-1F 広間-

キョン「おっそいな、ハルヒのやつ」

古泉「そうですね、もう一時間ほど経っていますが……」

キョン「様子見に行くか?」

古泉「そうしましょう。……朝比奈さんはどうされますか?」

朝比奈「え、あ、ごめんなさい。すこし気分が悪くて……しばらくここで休ませてもらいますぅ……」

キョン「マジっすか! 無茶しちゃ駄目ですよ朝比奈さん!」

朝比奈「は、はい~」

古泉「ふむ。ではゆっくり休んでください。それに、このならどこの部屋から移動するにも通るから、様子も伺いやすいですしね」

キョン「しっかり休んでくださいね、朝比奈さん」

朝比奈「え、ええ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 23:42:39.88 ID:wr/g51y10
PM 0:30
-2F トイレ前-

ハルヒ「……」



PM 0:35
-長門の部屋前-

キョン「お、ハルヒ。何してんだ」

ハルヒ「あぁ、キョン。さっきこの部屋の前まで来たんだけど……」

キョン「長門はいたのか?」

ハルヒ「ううん。ドアが開かなくて」

古泉「ということは長門さんは中にいらっしゃるということですね」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 23:45:04.25 ID:wr/g51y10
ハルヒ「え? そうなの?」

古泉「ええ。だってまだ皆さんに部屋の鍵をお渡ししていないでしょう。だから、外からは鍵がかけられないはずです」

キョン「お前最初に配るべきことだろ、それは」

古泉「んふっ。ついうっかり」

キョン「とにかく長門は部屋にいるんだろ。(ドン! ドン!)おい、長門」

ハルヒ「駄目よ。ぜんぜん返事しないもの。物音ひとつしないし……本当に中にいるのかしら?」

キョン「……なんか嫌な予感がするな」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 23:47:26.43 ID:wr/g51y10
PM 0:45
-長門の部屋前-

古泉「この部屋の鍵をお持ちしました」

キョン「おう、よしこれで……っと」

カチャリ

キョン「おい、長……」

キョン「う……」

キョン「うわあああああああああああ!!!!!!!」


問題編 【了】

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 23:50:09.36 ID:wr/g51y10
-現在-
SOS団 部室

キョン「おい、これで終わりか」

ハルヒ「そうよ、なにか文句ある?」

キョン「ストーリーも何もあったもんじゃないな。ただ長門が殺されて終わったぞ」

長門「……不愉快」

ハルヒ「いいのよ! ミステリなんて要は人が死ねばいいの!」

キョン「物騒なこと言うな!」

ハルヒ「それとはい、これ」

キョン「ん、なんだこりゃ」

ハルヒ「そう! これこそがね」


ハルヒ「“読者への挑戦状”よ!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 23:52:48.51 ID:wr/g51y10
【読者への挑戦】

○問題 長門を殺した犯人は誰でしょう。フルネームでお答えください。
また犯人は単独犯であり、いかなる理由でも共犯者は存在しません。
これには本人にその意識がないにも関わらず結果的にアリバイ作りに加担させた・凶器を用意させたなども含みます。
加えて動機の有無は関係がありません。さらには、作中に名前が出ていない人物が犯人ということもありえません。

○この作品ではいかなる超常現象・超自然能力・非科学的現象などは起こっておりません。

○この作品における地の文(時間など)に虚偽の記述は一切ありません。また物語を単純化するため、
犯人を除くの登場人物の台詞すべてにもこのルールを当て嵌めております。

○朝比奈みくるが常駐していた『広間』は二階の廊下まで見渡すことができます。
たとえば誰かが長門の部屋の前まで来た場合、朝比奈みくるの視界に入ることを避けられません。
つまり、犯人が長門の部屋に入ったとするのならば、その際に朝比奈みくるの視界から逃れた方法も加えて明記してください。

以上の情報を踏まえた上でエレガントな回答が提出されることをお祈りしています。
それでは、検討を祈ります。

筆者 涼宮ハルヒ

22 名前:1 ◆8jGPiX5iN. [] 投稿日:2010/08/23(月) 23:54:04.88 ID:wr/g51y10 [20/21]
以上が問題編となり、次回から解決編となるので少し間をおきます。
解決編では俺の嫁が探偵役をつとめます。
ついでに日付が変わりそうなのでトリップもつけておきます。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。