FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新ジャンル「幼女特区」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:09:39.40 ID:g7satuvG0 [1/31]
新人「・・・・どうも、これからお世話になります・・・」

男「こちらこそ、よろしく頼む」

新人「それで、この派遣風俗の部署で僕は何をやればいいんでしょう?」

男「聞いてないのか?」

新人「ええ・・・急に配属されて・・・」

男「簡単だよ。幼嬢の管理だ・・・平たく言えばな」

新人「よ・・・ようじょう・・ですか?」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:13:52.15 ID:g7satuvG0 [2/31]
男「とりあえずは調整のほうをやってもらうよ」

新人「はあ・・・・」

男「電話も使えない子もいるんでね、直接会いに行くことが必要なこともあるんだ」

新人「電話が使えない子・・・ですか」


男「・・・このリストの子に会いに行き、出勤予定を聞く、また、仕事になったら送迎してあげてくれ」

新人「はい・・・」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/21(土) 21:16:40.63 ID:g7satuvG0
ロリ「はい、それで、これが仕事用の車のキーです」

新人(童顔で巨乳・・・・たしかロリさんだっけな・・なんという合法ロリなんだ・・・)

ロリ「・・・・・?」

新人「・・・っあ、すいません」 

ロリ「いってらっしゃい」

新人「はい・・・・」

ガチャ――――――→退室

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/21(土) 21:22:30.06 ID:g7satuvG0
ブロロロロロロr

新人「幼嬢・・・・・合法的な児童ポルノか・・・・」

新人「経済特区の中での試行的な取組みのひとつだったのに・・・」

新人「まさか・・・・・他に類を見ない発展をみせるとはな・・・」

新人「人の生理的な欲望はロリコンだって偉い人もわからなかったんだろうな・・・」

新人「俺もわからないが・・・」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:26:30.71 ID:g7satuvG0
  ブロルルルン・・・・

新人「ついた・・・・か・・・」

新人「ここが『なめこちゃん5歳』の家か・・・」

ピンポーン

なめこ「はーい、誰ー」

新人「どうも、合法幼女株式会社の新人です」

なめこ「ああ・・・・しごとのはなし?」

新人「ええ、一週間の予定を教えてもらえますか?」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/21(土) 21:34:05.12 ID:g7satuvG0
新人(話に聞いていたが、実際にこの目で見てみると・・・・)

なめこ「・・・・」

新人(こんな小さい子に風俗の仕事をさせるなんて異常だ・・・つくづくおかしい、狂ってる・・・・・)

なめこ「・・・・」キョトン

新人(買う方も買う方だが・・・無理に働かされているかもしれないじゃないか、こんな小さい子が・・・)

新人(いや、だが、無理やり働かされてる、なんてことは成人した女性でも同じか・・・)

なめこ「とりあえず、はいって」

新人「いや、予定を聞かせてくれればいいので・・・」

なめこ「ええ~?」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:35:53.85 ID:g7satuvG0
新人「この後も回る所がありますので・・・」

なめこ「はいって、はいって・・・」ッタッタッタ

新人(・・・・糞っガキは聞きわけが無いから嫌いなんだ)

新人「おじゃまします」







新人「・・・・・・なんで服を脱いでる?」

なめこ「えっ・・・?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:39:42.66 ID:g7satuvG0
なめこ「・・・・・えと・・・なめこもよくわかんない・・・」

新人「じゃあ服を着るんだ」

なめこ「うん・・・」

新人(本当にただの未熟な子供だな・・・)

新人「予定をおしえてもらうよ、曜日はわかる?」

なめこ「よくわかんない」

新人「おk。じゃあこのカレンダーを見て話そう」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:45:17.75 ID:g7satuvG0





新人「――25日は?何か予定はある」

なめこ「この日はぷーるに行くよ」

新人「バツ・・・と」

なめこ「そのさきはわかんない」

新人「またくるよ・・・」カキカキ

なめこ「うん」

新人「これ・・・お菓子、よかったら」

新人(会社で幼嬢に配る用と言われてる物だ)

なめこ「ありがと」 ニコ

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:48:17.07 ID:g7satuvG0
ブロロロロロロr

新人「ありがと・・・か」

新人「・・・・・」

新人「なにやってるんだ 俺・・・・」

新人(子会社で勉強して来いって言われて・・・なんだよ・・こりゃ・・・)


ブルルン

ガチャン



ピンポーン

新人「合法幼女株式会社の新人です」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/21(土) 21:54:39.44 ID:g7satuvG0
新人(ここへは予定を聞く為に来たんじゃない・・・)

新人「ゆりあさんのおみまいにきました、これ、お見舞い品です」

ゆりあ3歳「・・・・?」

ゆりあの母「あらあら、それはどうもご丁寧に・・・少し風邪をこじらせちゃったみたいで・・・」

新人「はあ・・・・」

ゆりあの母「この前の仕事の時から風邪気味だったのだけど・・・」

新人「誠に申し訳ありません」

ゆりあの母「いえいえ、誤解させてしまったならすいません」

ゆりあの母「会社は性病検査も審査もやって下さるし、問題はないんですよ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:00:56.72 ID:g7satuvG0
新人「・・・・・後日、また連絡させていただいてよろしいですか・」

ゆりあの母「はい、お願いします」

新人(この母親、若くてそれなりに整った顔をしている・・・)

ゆりあの母「この子は身体が健康なら、いつでも働けますから」

新人(なんでこの人は自分で風俗で働かないで我が子を風俗で働かせているんだ)

ゆりあの母「ねえ、ゆりあ・・・」

ゆりお「・・・・」ゼイゼイ

新人(狂ってる、どう考えても・・・)

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:04:06.58 ID:g7satuvG0
ブロロロロロ

新人「なんで電話もできない子供が働いてるんだ・・・」

新人「次は送迎・・・」


ブルルン ガチャ



新人「ここか・・・少女の名はアングルネスちゃん・・・・変な名前だ・・・」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:07:23.29 ID:g7satuvG0
ピンポーン

新人「合法幼女か、」

ガチャ

アングルネス「・・・・・・送迎の運転手さん?」

新人(この子の雰囲気・・・・まるで幼女じゃない・・・・)

新人「・・・はい」

アングルネス「よろしく・・・」

新人(これで5歳か・・・)

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:11:23.89 ID:g7satuvG0
ブロロロロr

新人「・・・・・」

アングルネス「さっきから私の顔をチラチラ見てる・・・?」

新人「・・っいえ・・・何も・・・」

アングルネス「・・・・・・私としたいの?」ニコッ

新人「・・・・いや、別に・・・」 カァ~

新人(5歳の子供に相手に何やってるんだ、俺は・・・・)

アングルネス「フフフ・・・」

新人(相手は五歳だぞ・・・・なんで・・・)

新人(なんで――なぜ俺は―――――――勃起しているんだッッッッッッ!!!!!)

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:15:43.23 ID:g7satuvG0
――――――→合法幼女株式会社オフィスビル

上司「新人はここには向いてないんじゃないか」

男「そうですか・・・」

上司「あいつは風俗は必要悪だと頭でわかっても・・・」

上司「児童ポルノは狂気の飼養くらいにしかおもってないだろう・・・」

男「そうですかね・・」

男「あいつからは俺と同じ匂いがしたんで、本社社員から引きぬいてきたんです」

男「きっかけさえあれば、化けると思いますよ・・・」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/21(土) 22:18:26.94 ID:g7satuvG0
上司「目覚めるのを待つ、ということか?」

男「食わず嫌いな怪物、眠れる獅子ほど怖いものはないですからね」

上司「・・・・」

男「一応、彼女に頼んでおいたんです・・・・」

上司「・・・・私のアングルネスか?」

男「ええ、俺のアングルネスです」  バチバチ

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/21(土) 22:21:36.40 ID:g7satuvG0


ブロロロロッロロ

新人(気まずかったが、なんとか怒張ゲージも収まった・・・)

新人「・・・このホテルだよな、『ラブホテル一本釣り』・・・うん、ここですね」

新人「どうぞ、着きました」

アングルネス「はい、じゃあ行きましょうか?」

新人「・・・・・?」

アングルネス「車はそこに止めておいて頂戴・・・」 バタン

新人「待ってください・・・・ええと・・」

アングルネス「今日の私のお客は貴方―――新人さんって聞いてるのよ」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:25:37.86 ID:g7satuvG0
―――――――→ホテルの一室




新人「どうしてこうなった・・・・」

                                アングルネス「・・・・」 ジャーー

新人「俺はこれから、今シャワーを浴びている5歳の幼女とセックスするのか?」

新人「どうしてこうなったんだ・・・」

                                アングルネス「・・・・」ジャー

新人「・・・・・・本社命令とはいえ・・・・」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:31:10.15 ID:g7satuvG0
アングルネス「おまたせしたわね」

新人「・・・・・・」

アングルネス「じゃあ、まずは何からする?」

新人「・・・・いや、」

アングルネス「フェ○チオ?手?足?それとも私の○器鑑賞でもする?」

新人(バスタオル一枚の5歳の子、見た目にそぐわない言動が性欲の対象になってるだけだ・・・・) ムクムク


新人(精神を落ち着かせるんだ・・・素数を数えるだっけな・・・1・・2・・・3・・・)


アングルネス「ほら、どう?」 クパァ

新人(・・・4・・・・・・5・・・・・7・・・・・9・・・・駄目だ・・マズイっ・・)ムクムク

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:35:25.69 ID:g7satuvG0
新人(ババアの裸 ババアの裸 ババアの裸)ムク…ムク…

新人(だめだ・・・ナレーター「アクシズ進路変更できません・・・・)ムクムク

アングルネス「・・・・貴方は児童ポルノなんて物自体、狂ってると思ってるんでしょ?」スッ

新人「触るな・・・・・・」ビキビキビk

アングルネス「でも、ここは正直みたいね」 フゥ  チュッ

新人「・・・・」ビキビキビキ

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/21(土) 22:39:08.12 ID:g7satuvG0
アングルネス「・・・・しゃぶってあげる」 チュバァ

アングルネス「レル・・・レル・・・ルレウ・・・」 クプチュ

新人「・・・・うう」

新人(正直言って、気持ちいい)

新人(だが、別に幼女である必要はない)

新人「なんで君は 風俗で働く?」

アングルネス「さあ?」チュッパチュッパチュパ 

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:45:59.67 ID:g7satuvG0
アングルネス「私の命は後、一年なの、私エイズだから」






新人「・・・・・・・ッ!!」 シオシオ

アングルネス「嘘よ・・・・」 チュル シュッシュッシュ

新人「・・・・嘘?」 ムクムク

アングルネス「会社にはねられちゃうでしょ?もしも病気持ってたら・・・」シュッシュッシュッシュ

新人「そうだけど・・・」

アングルネス「理由づけする必要があるの?

        今、この時間のこの場所に私とあなたがいる。ということだけなのよ」 シュッシュッシュッシュ

新人(チンポをしごく手、なんて柔らかいんだ、なんて妙絶にうごくんだ・・・)

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/21(土) 22:51:00.57 ID:g7satuvG0
 ッシュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッシュ

新人(・・・・・・・あんなに早く、続けて動かして手が疲れないのだろうか・・・)

アングルネス「しゃぶりながらしごくわ・・・・」 れるれるれる

新人(口も柔らかい・・・風俗でしてもらったのと違う、・・・乳歯だからか!!)

ッシュッれるシュッシュッれるシュッシュッれるシュッシュッれるシュッシュれるッシュッシュ

新人(気持ちいい・・・5歳の幼女の柔らかい手で高速にシゴかれつつ)

新人(柔らかい口内を犯しながら、小さい舌でチロチロしてもらうのがこんなに気持ちいいなんて・・・)

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/21(土) 22:54:44.14 ID:g7satuvG0
アングルネス「グッポ・・グッポ・・グッポ・・・」

新人「あ・・・・・」

  ドピュル――――――――

新人「・・・・・・・」

アングルネス「・・・・ゴクン」

アングルネス「・・・・・・早いのね」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/21(土) 22:58:32.46 ID:g7satuvG0
新人「・・・・・・」シオシオ

アングルネス「・・・・・・・」 コロコロ

新人「・・・そんなに早いかな?」

アングルネス「・・・・トップクラスね」 クリクリ

新人「・・・・・・・・」 ムク…

アングルネス「・・・つぎが本番よ」

アングルネス「さあ―――――セックスしましょう」 ナデナデ

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/21(土) 23:06:39.09 ID:g7satuvG0
アングルネス「その前にほぐしてもらえるかしら?指で舌でもいいけど・・・」

新人「ほぐす・・・・・?」

アングルネス「私の性器はにわかには男の人の性器を受け入れられないの?」

アングルネス「見て・・・ぴったりとじてるでしょ?」 クパルァ




新人(俺は・・・・・あの穴に・・・・・)  ギンギン

新人「・・・・やりまくってるんだろ?ガバガバになっちゃうんじゃないのか・・・?」 ギンギン

アングルネス「大衆に揶揄された情報に真実はないのよ・・・知らなかったの?」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/21(土) 23:16:06.42 ID:g7satuvG0
新人「・・・・・君は本当に5歳なのか?」 ギンギン

アングルネス「どうでもいいことよ」

アングルネス「さあ、私のあそこをほぐして・・・その凶暴なモノを受け入れられるように・・・ね」

新人「・・・・・」 スッ

新人(これが5歳の○マンコか・・・・・左手で開き、右手の人差指を穴に・・・)

  クニィ・・・・

アングルネス「・・・・・・ん」

新人(・・・・・なんて綺麗な色なんだろう・・・なんて綺麗な色なんだろう・・・)

新人「君の○マンコの中、すごいあったかい・・・それに・・・・本当に吸いつくんだな」 ヌヌヌ

アングルネス「成人女性と比べてはだめ・・・比べてはだめなのよ・・・」
 

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/21(土) 23:24:06.11 ID:g7satuvG0

新人「・・・・上質なゴム・・・みたいだ、柔らかさと弾力とヌメヌメがある・・・」

新人(これは○マンコというよりオナホールに近いのかもな・・・)

新人「・・・・・」ヌッヌ

新人「・・・・・」ヌヌヌヌ

アングルネス「・・・気にいって・・・・・もらえたかしら?」

新人「中毒になって、この幼女特区に入り浸ってる人間の気持ちがわかる気がする・・・」

アングルネス「悟った気分になるのは、挿れてからにして・・・」

新人「このマンコに突っ込んだらどうなるんだろう」 ピトッ


アングルネス「やっぱり・・・ローションで棒を十分に濡らしてから挿れて、貴方の大きい・・・」

アングルネス「おまんこ裂けちゃう・・・」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/21(土) 23:49:33.91 ID:g7satuvG0

新人「たしかに 指一本でもきついのに・・・」 ギチィ

新人(このまんこには・・・俺のチンコ直径4.5cmはおおきすぎるのか?)

アングルネス「・・・」

新人「ローションは・・・・これか・・・・・」 

トロトロトロ

新人「俺のチンコに塗りこんでくれ」

新人「おれは君の○おまんこに塗りこむから、たくさん・・・・な」 ヌルヌル

アングルネス「いいわよ・・・」 ヌルヌル

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/21(土) 23:55:59.49 ID:g7satuvG0
新人(よし  時は来た―――――――

新人「挿れるよ・・・」 ムニムニ

アングルネス「きて・・・」

 グニィ ミチチチチ…

――――――ヌヌヌヌヌッ


新人「・・・挿いった・・・・」

アングルネス「・・・うん・・・・とっても大きい」

新人「うねうね動いてる・・・」

アングルネス「それは気のせいよ・・・エッチな漫画、ゲームじゃないんだから」

新人「気持ちよすぎて錯覚を起してるのか・・・」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 00:00:43.03 ID:lnIkBrlq0 [1/134]
新人「・・・・・・・・」 ヌヌヌヌ

アングルネス「・・・・・」 ヌヌヌヌ

新人「・・・・・・・」ヌヌヌヌ

アングルネス「・・・・・」ヌヌヌヌ

新人「・・・・・・・」ヌヌッヌヌッヌヌ

アングルネス「すこしづつ おまんこがやわらかくなってきたわ・・・」

新人(おまんこ、おまんこ、おまんこ、おまんこ、おまんこ!!) ヌヌッヌッヌヌッヌ

新人(気持ちいイィィィ~~)ヌルヌルヌッヌッヌtゥ

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 00:05:55.37 ID:lnIkBrlq0 [2/134]
新人(今、この瞬間なら断言できる!!)

新人(今まで使ったことのあるマンコなんか、今ここにあるおまんこに比べたらカスだ・・・)

新人「最高に気持ちいいぃィィ・・・よ、アングルネスちゃn・・・」 ヌッヌッヌッヌッ

アングルネス「そう・・・・・あっ・・・・あっ・・・・奥、突かないで・・・痛い・・・」

新人「ごめん、・・・・・思いっきり突きたい、・・・・ごめん」 ――――――パンッ

アングルネス「・・・・・アゥウウッッ!!」 ビクン

新人「頭がどうにかなってしまいそうだ・・・」

新人「このまんこ・・・どこまでチンコかわからない感覚が・・・・ああ・・・・」 パンッpっパン

新人「気持ちいい・・・・最高に・・・・・気持ち・・・・いい・・・」  パンッパンパpッパン

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 00:12:58.67 ID:lnIkBrlq0 [3/134]
新人(正上位で幼女とセックスしている・・・・)

アングルネス「・・・・あっ・・・・あっ・・・・・」  パチンパチンパチン

新人「出したばっかりだって言うのにもう出そうだ・・・」 パチンパチンパチン

アングルネス「・・・・まだ、だめ・・・」パチンパチンパチンパチン

新人「え?・・・・気持ちよくなりたいんです・・・」パチッパッチンパッチン

アングルネス「・・・もっとおまんこ擦って・・・」  パッチpッパチパチパチパチ

新人「あああああぁぁぁっぁぁマンコ気持ちいいいぃぃぃい」

新人(温かさと弾力・・・・まるで高性能なオナホールだ、いや、オナホールと言うものが最初から

  ------幼女のマンコを指向して作られたものなのかもしれない・・・) 


   ・・・ パチンパチンパチンパチン

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 00:18:37.68 ID:lnIkBrlq0 [4/134]
アングルネス「・・・んっ・・・んっ・・・・」 パチンパチンパチンパチン

新人「気持ちいい・・・脳がトロケルッていうけど・・・・」 パチンパチンパチンパチン

新人「シャレじゃないくらい気持ちいい・・・」  パチンパチンパチンパチン

新人「幼女が働く理由も、体裁も何もかもどうでもいい、

                 気持ちいい・・・・それだけでいい」 パチンパチンパチンパチン


新人「このマンコがあれば・・・・何も怖くない・・・気持ちいい・・・ずっとこのマンコで・・・・」パチンパチンパチンパチン

アングルネス「・・・・セックスしたい?」

新人「ああ・・・セックスしたい・・・まだ・・・まだ・・・・あっ―――――――

―――――-------------ドピュンドピュドピュドピュピュピュピュピャ――――――!!!!!

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 00:20:59.82 ID:lnIkBrlq0 [5/134]






            『幼女特区』  オープニング








51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 00:23:29.96 ID:lnIkBrlq0 [6/134]




男「・・・・初日、どうだった?」

新人「・・・・いや、・・・・なんといいますか・・・・」

男「どうした? ---人生観が変わった様な顔して」

新人「・・・・・お疲れさまでした」

男「御苦労さま」


新人「・・・・・・・」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 00:25:48.85 ID:lnIkBrlq0 [7/134]

ブロロロロロ

新人(アングルネスとのセックスは・・・・脳がとろけるような快楽だった・・・禁断の果実のように・・・)

新人(・・・・・・・・・・・・・)

ピロローーン

新人「携帯に・・・・」

新人「女か・・・・」

ピッ

新人「もしもし・・・」

女「やっほー、仕事終わった?」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 00:30:09.15 ID:lnIkBrlq0 [8/134]
新人「ああ、さっきおわったよ」

女「子会社に移動ってなにやってんの?」

新人「まあ、・・・・コンサルタントに近いな」

女「今日は会える?」

新人「すまない、今日は・・・疲れてるんだ・・・・・」

女「最近ずっとあえないじゃん・・・」

新人「週末までの辛抱だ・・・ホントに悪い・・・」

女「ううん、ゴメンね・・・・身体に気をつけてよね・・・・」

新人「ああ、わかってる」

女「今日さあ…・---------------

新人(女の言うことが俺の頭の中をすり抜けていく・・・・)

新人(俺は・・・・・アングルネスと次にいつセックスできるかしか考えてない、考えられない・・・)



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 00:32:31.20 ID:lnIkBrlq0 [9/134]



ブロロロロロ

新人「じゃあ、またな」

女「うん、じゃあね・・・」

ガチャ

新人「・・・・・」

新人「・・・・・」

新人「・・・・・」


ブロロロロrr

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 00:36:47.31 ID:lnIkBrlq0 [10/134]
次の日

新人(アングルネスは俺と寝るのは会社からの依頼だったといってた・・・)

男「おはよう」

新人(こいつは知ってるんだ・・・俺が幼女とセックスしたことを・・・)

新人「おはようございます」

男「今日は、純粋に調整仕事をやってもらうからね・・・」

新人「・・・・っ!・・・・・はい」

新人(そもそも、なんで俺にあんなことをさせたんだろう・・・)

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 00:38:41.45 ID:lnIkBrlq0 [11/134]
男「じゃあ、今日も送迎と日数調整たのむよ・・・」

新人「はい・・・・・」







ブロロロロロロ

新人「朝一でホテルに送迎か・・・・」

新人「・・・・・・まったく・・・」

新人「この国は大丈夫なのか・・・・」

ブロロロロr

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 00:41:52.26 ID:lnIkBrlq0 [12/134]
ピンポーン

新人「合法幼女株式会社です」

ひかり「・ごうほお・・・」

ひかり「?」

新人(頭が残念な子か・・・いや、これが普通の6歳児か・・・)

新人「おむかえだよ・・・迎えに来たよ、ホテルに行くよ」

ひかり「ああ~、ほてるね・・・わかった!」

新人(可愛いな、それにスパッツ履いてる・・・・スパッツの下・・・・・・・)ムクムク

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 00:44:08.50 ID:lnIkBrlq0 [13/134]


ブロロロロロロr

新人「料金は先払いらしいから・・・君はヤルだけでいいって」

ひかり「・・・えーと?」

新人「えっちなことだけでいいんだよ・・・」

ひかり「・・・・・・えっちなことだけでいいんだね」

新人「うん・・・・・」

ブロロロロロロロ

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 00:48:06.94 ID:lnIkBrlq0 [14/134]


ガチャ

新人「ここだよ・・・・・」

ひかり「はーり、ありがとおございましたあ!!」

新人「どういたしまして・・・」

新人「じゃあ、一緒に相手を確認して、と・・・」

ひかり「・・・・・・うん」

新人「部屋は202だったな・・・」


プルルルルルルルr

新人「・・・・・・クライアント用の携帯に!?」


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 00:51:42.38 ID:lnIkBrlq0 [15/134]
ピッ


新人「はい」

依頼人「○○だ。すまんが今日のひかりチャンのあいてはキャンセルさせていただくよ」

新人「え、はい、ひかりの相手はキャンセルですね・・わかりました」

依頼人「急な会合でね、ドタキャンして悪い・・・料金は前払いしてあるのを収めてくれ、それじゃあ」

ツーツー

新人「ひかりちゃん、今日の用事はなくなったよ」

ひかり「・・・・・・えっ」


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 00:57:56.10 ID:lnIkBrlq0 [16/134]

ひかり「・・・・じゃあ私、どうすればいい?」

新人(ひかりちゃんのお金は完全に前払いなんだよな・・・)

新人(もしも・・・・・今、俺が―――この子とセックスしても本社はわからないんだよな・・・)

新人(この子とのインターフェースも俺だし・・・)

新人(さて―――――どうするか?


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 01:06:02.93 ID:lnIkBrlq0 [17/134]



新人「・・・んっ・・・・・ええ」   ←電話がかかってきた振り

新人「・・・はい、ええ、わかりました・・・」

新人「ひかりちゃん・・・・・・」

新人「どうやらマズイことになってるみたいだ・・・」

ひかり「・・・そうなの?」

新人「ああ、料金が発生している以上マズイらしい」


新人「このままじゃ法律違反で、警察に逮捕されちゃうらしい・・・」

ひかり「えええええ、そうなのおぉ?」 ビクゥ

新人「でも、お兄さんとエッチすればいいみたいだ」

新人(アホなら・・・これでいけるだろ)

ひかり「・・・・・・・・・・・うん、わかった」 ニコォ

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 01:10:37.35 ID:lnIkBrlq0 [18/134]
新人(池沼が・・・・・・)ギンギン

 ギンギンギンギン

新人(まずい、チンコが幼女のマンコの感触を思い出しただけでギンギンに・・・・・)

ひかり「じゃあ予定通り、このホテルでやればいいの?」

新人(この後回る予定もあるが、もともとワーク自体の所要時間は融通が効く・・・)

新人(30分ほどなら抜けててもわからない筈ッッ!!)

新人「・・・・・行こうか」



――――――――――――→202号室


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 01:14:42.89 ID:lnIkBrlq0 [19/134]

ひかり「きゃっ・・・」ドサァ

新人「ごめんごめん・・・・おにいさんも時間が無いからさ・・・」

新人「シャワーもなしで行くよ・・・」

ひかり「うん・・・・おにいさんはいい匂いするからいいよぅ・・・」

新人「じゃあ――――――」


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 01:30:21.89 ID:lnIkBrlq0 [20/134]


新人(スパッツを上からなぞるのもプニプニしてて触り心地良さそうだ・・・だが時間が無い)

新人「スパッツを脱いでくれ」

ひかり「んしょ・・・」ヌギッリゥ

新人「ああ・・・・・・・」

新人(ああ、昨日ぶりの幼女まんこだ・・・・)

新人(しかし――――――マンコの下にあるこの・・・・・・綺麗な穴は・・・・・・・なんだ?)

新人(・・・・何のための穴なんだろう?)  ツン

ひかり「ひぅ・・・・・お兄ちゃん・・・そこ ウンチするところだよぅ・・・・」ビクゥ

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 01:37:32.42 ID:lnIkBrlq0 [21/134]
新人「肛門か・・・あれ、そういえばお尻の穴って・・・・売買対象だったよな・・・」グニ

ひかり「・ええ?・・・・ぬぅ・・・そこはさわられたことないよ・・・」

新人(売買対象なら問題ない、今までの客がサービス内容を行使してなかっただけだ・・・)

新人「ひかりちゃん、うつ伏せになって、お尻をこっちに向けるんだ。。。」

ひかり「・・・・・これでいい?」



新人「ああ・・・これはバックっていうんだよ・・覚えておけばいい・・・」グニグニ

ひかり「お兄ちゃん!!なんでひかりの・・・・・・ウンチする穴をいじってるの?」

新人「ひかりちゃん、ここはウンチする穴じゃないんだよ・・・」グニグニ

新人(ローションは・・・・・・これか・・・チン○にすりこんで・・・と) ヌリヌリ



ひかり「ひ・・・・!!!」ビゥクゥ

新人「ここはオチンチンを挿れる場所なんだよ―――――――ギチチチチtギチチチt===⇒ズヌゥ


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 01:43:18.19 ID:lnIkBrlq0 [22/134]
新人「アナルに入れるのは初めてだからマンコと比較するしかないが・・・・」

ひかり「痛っ・・・・お尻・・・痛いよぅ・・・・」 ギチギチ

新人「マンコに勝るとも劣らない・・・感触だ・・・・柔らかいしあったかい・・・入口の狭さも・・・・最高だ」

ひかり「・・・・・・・・ん・・・・・・」

新人「こんなに広がってるよ・・・ひかりちゃんの肛門・・・」ヌヌン

新人「あああああ・・・・・・・・・・・動かすよ・・・・・・・」ヌヌヌ

ひかり「だめぇ・・・・痛いの・・・・」

新人「だんだんほぐれてくるよ・・・」 ヌヌヌ

新人「気持ちいい・・・・気持ちいい・・・・・・・・」ヌヌヌヌ

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 01:49:04.58 ID:lnIkBrlq0 [23/134]
ひかり「痛い・・・よ・・・おまんこにして・・・・よ・・・・おしり・・・・・・・痛いよ・・・・・・」 ヌヌヌヌヌ

新人「あ?・・・だめに決まってんだろ!!!!!」ヌヌヌヌ

ひかり「ひぃ・・・・」ビクゥ

新人「ああ・・・・・ごめんね・・ごめんね・・・ひかりちゃんの『ケツマンコ』が気持ちよ過ぎてさ・・・」 ヌヌヌヌ

新人「なんか・・・・もうなにも考えられないかも・・・・」ヌヌヌヌヌヌ

ひかり「・・・んぅ・・・・んぅ・・・・・んぅ・・・・・・・」 ヌヌヌヌッゥtヌヌッヌ

新人「気持ちいいィィ~~あ~~なんだこれw?気持ちよすぎる・・・昨日のと同じか・・・いや、何もわからない・・・」 ヌッッンジュヌヌッヌ

新人「とにかく、気持ちいいィィ~」ズヌッズヌッズヌッ

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 01:56:23.11 ID:lnIkBrlq0 [24/134]

新人「もっと激しく動かすよ・・・」 ヌッンウウヌチヌチ

新人(マンコよりも中がゆったりしてる・・・ケツマンコは・・・) ヌニッヌチヌチヌチ

新人「マンコと違って・・・奥が無いから・・・・いいよなぁ・・・・」 ヌヌヌッッヌッヌ

新人「よっ!!!」
     ―――――――――ズヌブチュゥ

ひかり「ひぐぅ・・・・くるしいぃよぉ・・・」

新人「そりゃそうだよ・・・・こんなに大きいモンが全部ひかりちゃんに挿いってるんだよ?」ミチミチ

新人「おまんこじゃこうはいかないよ?」



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 02:00:37.40 ID:lnIkBrlq0 [25/134]
――――――パツンッッ

ひかり「ひぐぅ――!!」

――――――――――パチンッパチンッ!!

ひかり「うううんッッんつ・・・!!」

――――――――――――――パッチンパッチンッパッツンン!!

ひかり「ああぁっ・・・ああん・・・ああ・・っぅ・・・・うぅぅ・・・・」

ーーーーーーーーーーーーー――――――――パッツtパンパナppンpptンジュアj!!!

新人「気持ちいィィィ・・・・・・最高に気持ちいいよ・・・気持ちいい・・・・まさにアナルの時代だ・・・」

新人「気持ちイイイイイーーーーー!!!!!!」

パンッパンパッパンッパンンッパンpッパンpッパンッパンッパンッパンパンパンpッパン!!!!

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 02:02:36.11 ID:lnIkBrlq0 [26/134]
   |   |         ヽ  /       |
.    |   |           ヽ/       |
.     |   |                J   |
..   |   |                      |
    |  \               __    ト、
   ミ    \  ,.ミ'´ ̄ ̄``    `ヽ、| | パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン
((  ミ   ミ  \'         、    ヽ|          力
   ミ、  ミ    \           i.     ゙、           勹
   |   ミ、 ,'                lパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン
    L.___|_ l                l {    -─- 、
      |    l    -、         ヽ   ,. '´       ヽパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン
     |     !       ヽ         ヽ ,.'        ,、  ヽ
    ./´ ̄`V      ,ヽ、          ,' ,'  ; ,.  ,: , ハ :, , iパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン
    / 、  |      /  、`ー     ノ! ; : ; /_'/./_/  Li_l  !
   ./   i   |       /   ヽ   ヽ 〃 /  | ;:「 ____...    リjリパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン
   !.     !     /     ヽ   {{ / (`| il| __..   ` ̄lノ i 
   `ー‐ゝ、 '    /      ヽ___,.-‐'"⌒゙| !| °,,,  ,  ̄/,: ハパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン
       `ー--‐'     ,. -‐'"´     リi从_   、 '''ノ_:_ノ ヽ
   力          /"ー─------<二/  ´ヽ、-<r"/,ー、 丿
     勹      { 〈                )、 Y  `ゝ(_/_/./'
             } `ー----------─一--‐'´ ̄´


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 02:06:27.20 ID:lnIkBrlq0 [27/134]
新人「キモチイィイィィィィ・・・・・・・」パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン

新人(ああ・・・・・・きもちぃぃ・・・・本社に嘘ついてまでやる価値があるよ・・・)

パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン

新人(反則だ・・・この肛門、ケツ穴ェ・・・)

パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン

新人「キモチィィィィィイイイイイィィイ・・・・・うtぅ」

ひかり「あ・・・・・・あっあああああああっ」



ドプ―――ーーーーーーーーー

       ドピュうるるるるるん  どく  トクントク…… トク



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 02:10:40.95 ID:lnIkBrlq0 [28/134]
ひかり「・・・・・・終わったの?」

新人「・・・・・」…・トクン

新人「・・・・・うん 気持ちよかったよ・・・」  ズルゥ

新人「ありがとう」

ひかり「・・・けいさつにつかまりたくないもん」 コププゥゥ

ひかり「おにいちゃん?」

新人「あと十分、おまんこをよく見せて、いじらせてくんない?」

ひかり「・・・・はい、どうぞ」 クプルァ





84 名前:自分の妄想の世界に入りたくなってどうしようもなくて涙が出てきました[] 投稿日:2010/08/22(日) 02:15:46.20 ID:lnIkBrlq0 [29/134]





  ブロロロロr

新人(ひかりちゃんも送り届けたし、時間も問題なし)

新人「舌と指でマンコも十分堪能したしな・・・・・・・・」

新人「つぎはマンコに挿れたいな・・・」

ブロロロロr



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 02:19:28.36 ID:lnIkBrlq0 [30/134]
次の日

男「なんだか元気が無いな、実生活で消耗してるのかい?」

新人「そんなことはないですよ・・・・」



男「じゃあ、今日も頼む」

新人「はい」




ブロッロロロロロロ

新人「次の子は・・・・・」

新人「中学生!?」

新人「反児ポ法効果は幼女だけじゃないってことか・・・」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 02:23:40.09 ID:lnIkBrlq0 [31/134]
ブロロロロロ

新人「ここか」



ピンポーン

新人「合法幼女株式会社ですが・・・」


ガチャ

♀中学生「・・・・?」

新人(なんだ、ブスか・・・・・・・・・・)

新人「・・・・・・・・・・・・・・・」

しゃべる必要ないだろ・・・

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 07:56:54.03 ID:lnIkBrlq0 [33/134]
ブロロロロロr


新人「・・・・・じゃあ料金は先払いですから」

ブス「・・・・・」

新人「・・・・・・・・・・・」

ブス「・・・・・・・」

ブロロロロロ

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 08:05:52.42 ID:lnIkBrlq0 [34/134]

ブロロロロロ


新人(・・・・・・・)

ブス「・・・・・あの・・・・」

新人「・・・・はい?」

ブス「新しい人ですか・・・?」

新人「ええ・・・・・そうです」

新人(あっブスには自己紹介もしてなかったか・・・)

新人「どうも新人です、これからも・・・その・・・よろしくおねがいします」

ブス「・・・・・はい」モジモジ

ブロロロロッロ

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 08:22:41.17 ID:lnIkBrlq0 [35/134]
新人「・・・・・・・」

新人(ブスの癖に・・・・風俗が務まるのだろうか・・・・)

新人(児童ポルノが合法だからとはいえ・・・・これくらいなら・・・・普通に20歳以上とセックスしたほうがいいと思うが・・・)

ブス「・・・・」

新人(借金でもしてるのか・・・)

ブス「・・・・」

新人「・・・・・ここか」

ブルルン  

ガチャ

新人「じゃあ、一時間後に」

ブス「・・・・ありがとうございました」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 08:29:41.86 ID:lnIkBrlq0 [36/134]

一時間後

ブロオロロロロr

新人「・・・・・」

ブルン

新人「・・・・・あっ・・・・・!!」

ブス「・・・・・・・お願い・・・・します」

新人(腫れた瞼、切れた唇・・・・手も傷だらけじゃないかッ・・・・そういう・・・・役回りなのか・・・)

新人「・・・・・・・」

新人(・・・・・・・・・・・・)

ブロロロロロ

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 08:33:24.92 ID:lnIkBrlq0 [37/134]
ブロロロロ

ブス「・・・・」

新人「・・・・」

新人(気まずいな・・・・)

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 08:52:19.97 ID:lnIkBrlq0 [38/134]
新人「・・・気持ちよかった?」

ブス「・・・・えっ」

新人「・・・・その、・・・・仕事だよ・・・」

ブス「・・・・・いえ・・・・」

新人「・・・・・・」

ブス「・・・・・」 グスグス

新人(なんで泣いてるんだよ、このブス・・・)

ブス「・・・・・・」 グスグス

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 08:57:41.20 ID:lnIkBrlq0 [39/134]
ブス「・・・・・」グスグス

新人「・・・・」

ブス「・・・・・」グスグス

新人(なんなんだよ?こいつ・・・)

新人(あぁ・・・・確かにわかるかもしれない・・・・―――――これが)

ブス「・・・・・」 グスグス

新人(嗜虐心って奴かァァーッ?―――――このブスをメタメタにしてやりたくなってくるなァ・・・)

新人(・・・・・・・・) ムクムク

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 09:01:09.43 ID:lnIkBrlq0 [40/134]
新人「・・・・ねえ、・・・・」ムクムク

ブス「・・・・」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 09:33:12.87 ID:lnIkBrlq0 [41/134]
新人「・・・どうしてこんなこと続けるの?」

ブス「・・・・」グスグス

新人「・・・そんなに泣くくらい・・・」

ブス「・・・・・」グスグス

新人「・・・お金?」

ブス「・・・・ぅん、お父さんが借金してて・・・」

新人(貧者の娘が、金持ちの特殊なニーズにこたえる、多額の金を貰う・・・)

新人「ある意味では、高度な社会の再分配システムなのか・・」

ブス「・・・?」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 09:39:49.90 ID:lnIkBrlq0 [42/134]
新人「君は一人暮らしだったね・・・」

ブス「うん・・・」

新人「親は、家族は何人いるんだい?」

ブス「・・・お父さんだけ、お母さんはどっか行っちゃった・・・」

新人(父親も屑だが、母親も屑だな・・・)

新人(合法幼女株式会社の振込先をいじれば・・・)

新人「・・・君は、今のままでいいのかい?」

ブス「・・・・え?」

新人「そんな父親は、親じゃないと思うが、・・・」

ブス「・・・・?」

新人「君が書類の書き換えをやれば、父親の口座に振り込まれる金も君の物になる」

新人「仕事も選べるようになる」

新人(こんなブスでまともな仕事があるかどうかはわからないが、な)

新人(少なくとも傷だらけになることはないだろう・・・)

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 09:51:33.37 ID:lnIkBrlq0 [43/134]
ブス「わたし・・・その・・・」

新人「・・・・・・」

ブス「・・・・よくわからないから」


ブッルルルン

新人「じゃあ着いたので、ここで降りてください」

ブス「・・・はい、ありがとうございました」

バタン

ブロロロロr


新人「・・・・・」

新人「・・・・・」

ブロロロロ

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 09:59:35.76 ID:lnIkBrlq0 [44/134]

次の日


男「今日は採用の仕事を手伝ってもらうよ」

新人「・・・・新しい幼嬢でありますか?」

男「・・・厳密には・・・、まあ、いけばわかる・・・」

新人「?」

男「簡単だよ、商品になるかどうか調べてくれ。それだけでいい」

新人「と、いいますと・・・?」

男「すべて君に任せる・・・拙くても構わない、光るものがあるかどうかだけ調べてくれればいい」

新人「え?」

男「採用後のレクチャーもあるしな」

新人「処女だったら・・・」

男「ああ、今回に限っては気にしなくていい」

新人「・・・?」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 10:04:44.75 ID:lnIkBrlq0 [45/134]
ホテル

新人「さて・・、どんな子なんだ・・・・」

新人「・・・・・・・・・年齢は4歳か・・・・・・」

ガチャ

??「・・・・」

新人「・・・・・・・・・・」







新人「・・・・・・・・ちんちんがついている」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 10:14:22.89 ID:lnIkBrlq0 [46/134]
新人「・・・・・・・」

幼児「・・・・・」

新人(緊張しているのか?)

幼児「・・・・・あの」

新人「・・・・男の子となにをすればいいんだよ」

新人「そんな趣味はないぞ・・・」

幼児「・・・・・だめ?」

新人「なんでこんな・・・ああ、いや、そういうのは俺の仕事じゃない・・・」

新人(俺はこの子が風俗で働いて行ける素質があるかどうかをみるだけだ)

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 10:23:10.15 ID:lnIkBrlq0 [47/134]
新人(正直言ってこんなガキに欲情するような人間は人間じゃないと思うが)

新人(これも仕事だ・・・)

新人「口で、これを、なめてくれ・・・」

幼児「これ?」

新人「・・・ああ」

新人(正直言ってまったくチンピクしない・・・)

幼児「おちんちんをなめればいいの?」

新人(正直言って、)

幼児「れろ・・・・」

新人(・・・・・ゥtッッ!!)  ムクムク

新人「やれやれ・・・」 ムクムク

幼児「大きくなってる」

新人「どうしちまったんだ俺は・・・」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 10:45:47.02 ID:lnIkBrlq0 [48/134]
新人「気持ちいい」 れろれろれろ

新人「だが、相手は男の子・・・」 れろれろ

チュパチュパチュパ

新人「いや、目をつぶって、大海に身をゆだねるんだ・・・俺・・・」

チュパチュパチュパ カブラッ

新人「いてぇ!!」 シオッ

幼児「あっ・・・ごめんなさい・・・」

新人「慣れてないんだよな・・・こうゆうのは初めて?」

幼児「うん・・・・」

新人「アナルにバージンも糞もないか・・・」


新人「・・・・」

幼児「くちが、つかれた・・・」

新人(フェラも鍛えればいいとこまで逝きそうだ・・・)

新人(もう、採用でいいんじゃないのか・・・)

新人(しかし・・・・・・はじめて・・・か) ノミ ムクムク

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 10:49:25.54 ID:lnIkBrlq0 [49/134]
新人「おしりのあなに物を入れたことはある?」

幼児「・・・?」

新人(アナルマンコは処女か・・・・)


117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 10:58:24.52 ID:lnIkBrlq0 [50/134]

新人「ウビィィィイィイィビビビビイイィィイィィィィィビビビビビィィィ!!!!!!!!!」

幼児「・・・・」 ビクッ


新人「ああ、ごめんね・・・ちょっと・・・興奮しちゃったよ・・・」 ギンギン

新人「お尻の穴・・・大切にした方がいい」 ムニィ

幼児「そこ・・・うんちする穴だよ?」

新人「君のこれからの仕事は・・・・・『ここ』を使うことになるんだからな・・・」 ムニィ

幼児「・・・うわ!!」 ビクウ

新人「やわい肉だな・・・・なんてやわらかいんだ・・・」ムニムニムニ

新人「穴に出し入れしてこねくり回している間も、時々・・・・入口がキュッと引きつく」 ムニムニ

新人「これに俺の悪魔の剣を入れたらどうなってしまうんだ・・・」 ムニムニムニ

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 11:05:51.30 ID:lnIkBrlq0 [51/134]
新人「ローションは・・・どこだ」ムニムニムニ

新人「ローションが見当たらない!!ハァハァハァ・・・・」  ムニムニムニムニ

幼児「うぅぅうぅぅ・・・」

新人「ローションが無ければとても入らない!!!!ローションが無い ハアアハァハァハァハァッーハァー!!!!・・・・・」

プルル

ホテル『幼令あわび』受付「・・・はい、どう」
新人「ローションは何処だと聞いているッッ!!!」

ホテル受付「・・・」ビクッ

ホテル受付「ベッドの脇にですね・・・」





新人「これかッッッ!!ハァハァハァハァハァハァーハァッー!!!」 

ヌルヌルヌルヌル

新人「これで勝つるッッッッ!!!!!ウハハハハウアハハハハ!!!」 ムニニュ

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 11:11:43.76 ID:lnIkBrlq0 [52/134]
幼児「・・・わ・・」 ビクビク

新人「後ろを向いて、壁に手をつけ!!!ハァハァハァ早くしろォォーー手遅れになっても知らんぞォォォーー!!」

幼児「・・・」 ビクビク

新人「すまない・・むこうを向いて・・・・手を・・・・ついてもらえるかな・・・・」

幼児「・・・・」 オズオズ

新人(俺のチンコとこの子のアスホールはローションまみれだ・・・) シコニュコニュコニュコ

新人「よし・・・!!」

  ピトリ

幼児「・・・・ッッッッ!!!」

新人「息を吐け・・・・力を抜くんだ・・・・」 プチィ

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 11:17:46.00 ID:lnIkBrlq0 [53/134]
幼児「ひぃ・・・」 ギチギチ

新人「力を抜け・・・ちんちんを噛みちぎるぞ?お?」 ミチミミチ

幼児「痛いよ!!!いたーい!!」 ミチミチ

新人「痛いのは先が入る時だけだ・・・」

新人「それにいたいのは貴様が力を抜かないからだ、人の話を聞かないミジンコがァァ!!!」 ミチミtミミチミチ

幼児「いたいよーー!!いたーーいい」 ジタバタ

新人(うっぜぇぇぇぇl!!このガキィィ優しくしてりゃあ調子乗りやがって!!便器ノ分際でぇぇぇぇ!!!)

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 11:35:08.65 ID:lnIkBrlq0 [54/134]
新人(・・・・・・ハッ俺は・・・・一体・・・・)

新人「こんなに嫌がってる子に一体何を・・・」

幼児「・・・」グスン

新人「ごめんな、おにいさんちょっとおかしくなってたよ・・・」

新人「なかなおりに・・・お兄さんのおちんちんなめてくれないかな?」

幼児「うん・・・」 カプ

新人「・・・慎重にていねいに、なおかつねっとりとな・・・」  ヌヌルゥ

新人「これはフェラチオと言うんだ、覚えておくといい」

126 名前:来週は将棋トーナメントには森内俊之九段が登場[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 11:52:58.26 ID:lnIkBrlq0 [55/134]

新人「口の中・・・潤滑油がすくないのか・・・おもったほど すべりがよくない・・・

幼児「うううう・・」  チュッチュウッチュウ

新人「ローションを使おう・・・」

幼児「んぅ?」

新人「舐めても大丈夫だから・・・さあ口を開けてくれ」

幼児「くぱぁ・・」 トロトロトロ

新人「そのまま口をうごかしてくれ・・・」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 12:00:07.22 ID:lnIkBrlq0 [56/134]
新人「よし!!いいぞ・・・・お前はエースになれるぞ・・・」

幼児「rふぇるふぇるれるろろろろ・・・

新人(俺のいきり立ったチンコをローションまみれのドロドロの口でしごいてやがる・・・)

幼児「れじゅっふぇろふぇろふぇろ・・・

新人(なんだこいつ・・・・なんかッもう人間じゃあないな・・)

幼児「れdふぇふぇろろろげふぇれるれる・・・

新人(ガキは人間じゃない 動物だってよく言われてるけど、それは大きな『間違い』だったんだなあ・・・)

新人(子供は―――――――オナホールだ・・・チンコを突っ込む道具なんだ!!!)

新人(ああ。理解した・・・)

新人「あああ気持ちいいなあぁ・・・」



幼児「ぐっぽぐrふぃrふぃふゅるるれれ・・・」

新人「フェラチオ気持ちいいよ・・・もっと奥まで入れてもいいかな?」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 12:07:00.68 ID:lnIkBrlq0 [57/134]
新人「いや、道具に聞く必要はないのか・・・」

  ガッヌルポッ

幼児「ウブゥゥ・・・・」  ゴボボボ

新人(首を抑えて、無理やりねじ込む・・・・喉を・・・・犯す)  グムムムム

幼児「ウブゥゥゥゥ・・・」 

新人「気持ちいい!!!上を向け !!おい!! よしっ!!!」


   ↑グポッ↓  ↑グポッ↓ ↑グポッ↓ ↑グポッ↓ 

新人「なんだこの穴、チンコがどうにかなっちまいそうだ・・・・」

幼児「ぐぅぅぅうううぅぅうううう・・・」 グポグッポ 

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 12:12:51.46 ID:lnIkBrlq0 [58/134]
幼児「うぅぅぅ・・・・・・・・・」

新人「チンコが・・・・どこまでチンコかわからない感じだ・・・・・・」

↑グポッ↓  ↑グポッ↓ ↑グポッ↓ ↑グポッ↓ 

新人「うおおおおお・・・・・」

↑グポッッポッ↓  ↑グポッッポッ↓ ↑グポポポッ↓ ↑グポゥッポッ↓ 

新人「あっ・・・・・」

―――――――ビュビュビュゥゥッッッッッ!!!!

新人「・・・・・・ふう」 ズルゥ…

幼児「・・・・・・」 ヒクヒク

新人「あれ・・・・・・」

幼児「・・・・」ピクピク

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 12:22:07.68 ID:lnIkBrlq0 [59/134]






男「全て任せるとは言ったが・・・、命に別条はないとはいえ・・・」

新人「すいません・・・・」

男「一時的な呼吸困難だったらしい・・・」

新人「すいません・・・」

男(・・・・ホテルの映像を見たが・・・・こいつは・・・)

男「なあ・・・これからの事だが・・・」

新人「はい?」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 12:27:37.45 ID:lnIkBrlq0 [60/134]
男「仕事のことだ・・・」

新人「・・・?」

男「もしも君が望めばそちらをやってもらうことになる・・・」

新人「あらたまってなんですか?いったいなにが?」

男「同業者の『東インド幼女株式会社』の幼嬢を妊娠させる仕事だ」

新人「えっ?」




新人「えっ?」

新人「妊娠・・・・?」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 12:35:54.32 ID:lnIkBrlq0 [61/134]
男「そうだ・・・」

男「この強制排卵誘発剤を飲ませた後に中田氏することで、精子の生存期間中に排卵させ受精させる」

男「簡単だろ?」

新人「はい・・・やっぱり会社同士の潰しあいなんですか・・・?」

男「そうだ・・・競争は激しい」

新人「簡単な仕事なのにどうして、私がやるんですか・・・?」

新人「それこそ・・・健常な人間なら誰でも出来そうですよね・・・」

新人「セックスするだけでいいんですよね?」

男(それを簡単な仕事だと言える時点で――コイツは幼嬢をオナホと割り切ってる屑ッッ!)

男(―――――だからこそのこいつにしかできない仕事)

男「だから、君が望むなら・・・と言った」

男「どうする?」


141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 12:47:59.23 ID:lnIkBrlq0 [62/134]
新人(やるしかないだろ・・・・常識的に考えて)

新人(幼女と再びセックスできる、タダで、仕事として)

新人(・・・それに・・・妊娠させられる・・・・だと・・・ふざけてんのかぁ?)  ムクムク

新人「やります、やらせてください」

男「わかった、とりあえず精液をためるフェイズに移ってくれ」

新人「え?」

男「チャンスは少ない上、精液は無限じゃない、当たり前だろう?」

新人「漫画とかゲームみたいには・・・いかないですもんね」

男「一週間のオナ禁、というか射精は禁止だ」

新人「それまでは・・・・」

男「いつもどおりの仕事にきまってるだろ?」

新人「はい」

男「いいな・・・絶 対 に 抜 く な よ 」


――――――――――――絶対に、な

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 12:52:40.79 ID:lnIkBrlq0 [63/134]


3日後

   週末


女「どうしたの?」

新人「いやあ、仕事でだいぶたまっていてね・・・」

女「ストレス?」

新人「まあストレスもたまるよ・・・」

女「ふーん・・・」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 12:58:14.84 ID:lnIkBrlq0 [64/134]
新人(女のお尻が気になってしまう・・・)

女「あっこのテレビに出てる丸い吸血鬼・・・・・」

新人(・・・・が、勿論こいつとはセックスできない、抜くのは禁止されてる)

女「・・・あf・・fで・・fで・・で・・・・・」

新人(いや待てよ・・・、仮に抜きぬきが禁止されていなくても、こいつとのセックスではあれほどの・・・)

女「ちょっと?どうしたの?」

新人(―――――脳が変形するような快楽はないだろうな)

新人「ああ、ごめん。ビッグマックが200円なんだってね」

女「そうなのよ・・・それで・・・・・」

新人(退屈だ・・・・そもそも、なんでこいつは俺の家にいる?)



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 13:01:16.80 ID:lnIkBrlq0 [65/134]




女「えっちしないの?」

新人「ああ、ごめん・・・疲れててさ・・・まだ新しい仕事に慣れないもんで」

女「じゃあ・・・」

新人「悪いけど帰ってもらえるかな・・・」

女「なんか怒ってる・・・?どうしたの?」

新人「怒っちゃいないよ、ただ、疲れてるだけだよ」



新人「じゃあ、さよなら」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:14:12.34 ID:lnIkBrlq0 [67/134]
男「・・・・だしてないだろうな」

新人「はい・・・」

男「・・・夢精も大丈夫か?」

新人「夢精したことないんですよ 俺・・・あれって気持ちいいんですか?」

男「俺もわからないな・・・パンツは偉く汚れるらしいぞ・・・」

新人「そういえば俺の友達も母親にばれないように、夢精っちまったら洗うっていってましたよ・・・」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:19:23.98 ID:lnIkBrlq0 [68/134]
男「・・・・気まずいだろうからな・・・」

新人「そうでしょうね」

男「じゃあ今日も外回り頼むぞ」

新人「はい」



ブロロロロ

新人「さて・・・まずは何処に行くか」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 14:34:20.07 ID:lnIkBrlq0 [69/134]
ブロロロロr

新人「『ゆりあちゃん3歳』最近連絡が取れない・・・」

新人「回って見よう・・・」

ブロロロr



ブロロロロr

ガチャ



ピンポーン

新人「・・・・・」

ピンポーン

新人「・・・・・」


新人「いないのかな・・・」

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:39:27.98 ID:lnIkBrlq0 [70/134]
ガチャ ガタタ

ゆりあの母「・・・・・・」

新人(・・・チェーン?)

新人「あの・・・・・合法幼女株式会社です」

ゆりあの母「貴方・・・・・・・・・・一人?」

新人「ええ、連絡が取れなくなっていましたので」

ゆりあの母「はいって・・・」

新人(なんか・・・・怖いな・・・入るか?)

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 14:44:20.12 ID:lnIkBrlq0 [71/134]
新人(入るか・・・話を聞いてみないことにはなんともいえん)

新人「おじゃまさせていただきます」

ゆりあの母「どうぞ、今 チェーン外すわ・・・・」


ガチュアンン


キィ


新人「おじゃまします」

ゆりあの母「・・・・」バタン ガチャキィィキィキィ


新人(すぐに鍵とチェーンをかけてやがる・・・・なんなんだ、この女・・・)

新人(まあ 事情を聴くだけだ)

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:50:45.25 ID:lnIkBrlq0 [72/134]
新人「それで・・・・一体何があったっていうんです?」

ゆりあの母「困ってるのよ、借金取りが、ゆりあが死んじゃってから・・・」

新人「・・・・・・え?」

ゆりあの母「あの子、死んじゃったわよ、肺炎で」

新人「・・・・連絡はしなかったんですね」

ゆりあの母「それどころじゃないわよ!!!」

新人「・・・・・・・・」

ゆりあの母「あの子の風俗でもってた借金が回らなくて困ってんのよ!!」

ゆりあの母「なんでこの時期に死ぬのかしら・・・」

ゆりあの母「本当に困ったわ・・・」

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:56:40.77 ID:lnIkBrlq0 [73/134]
ゆりあの母「アアアアアア困った困ったわあああああ」

ゆりあの母「あ・・・・・・・・・・・・あなた、性病持ってないわよね」

新人「・・・いきなりなんですか?」
ゆりあの母「―――――性病を持ってないのかどうかを答えればいいのッォォお!!!!!!!!」



新人「・・・今のところは・・・大丈夫ですけど」 ビク

ゆりあの母「そう・・・・」

新人(よくわかんないが、やっぱりこの母親、マトモじゃアない・・・)

新人(帰りたい・・・変な人と関わりあいになりたくない・・・・)



新人「じゃあ、事務的な処理については後日、伺いますので」

ゆりあの母「待って」


産む機械の女「あたしを妊娠させてくれない?」

新人「――――――!!?」

新人(何を言い出してるんだ、この女は・・・)

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 15:03:33.61 ID:lnIkBrlq0 [74/134]
新人「いきなり・・・・何を・・・・?」

産む機械の女「・・・・そうよね、ごめんなさい、びっくりさせちゃったわね」

新人「・・・何言ってるんですか・・?」

産む機械の女「貴方に一方的に聞いておいて悪かったわ。私も性病は持ってないわ」

新人「・・・・・・・そうじゃなくて」

産む機械の女「そうよね・・・順序が違ったわね、
         生まれた子供が『商品』になる時までの養育費と私の借金の利子分の合計はすぐに計算してみるわ
         貴方毎月決まった額だけ出しておいてくれれば後は私が育てるわ。
         そこらへんの頭がぱあの女と違って私は育てるのも全て一人でできるの
         そもそも子育てに男なんて必要ないモノ、そこを勘違いしているから
         前提がおかしくて社会全体が変な方向に行くのよ」

新人「・・・・」

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 15:10:33.06 ID:lnIkBrlq0 [75/134]
産む機械の女「いや、そんなことはどうでもいいこだったわ、ごめんなさいね
          ただね、私はしっかりできるということをわかってほしかったのよ、お金さえあれば。
          今回のゆりあのことは失敗だったけど、それは私も人間よ、ミスするわ・・・
          調子悪そうなら、次は病院に連れて行ったりするし、ごはんをあげ忘れることもできるだけ少なくするわ
          それに・・・」

新人「少し落ち着いて・・」

産む機械の女「生まれる子供が男だった時を心配してるの?大丈夫
          合法幼女株式会社は男の子だって雇うって聞いたもの、なにしろ私は」



新人「・・もう・・・黙れよ・・・」

産む機械の女「・・・え?」

新人「・・・いやスイマセン、奥さん落ち着いてください。」

産む機械の女「そうね、お互いの利益の為ですもの。ちょっと興奮してしまったわ・・・」

産む機械の女「私も収入源がなくなってパニックになっていたのよ・・・」


167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 15:19:38.24 ID:lnIkBrlq0 [76/134]
産む機械の女「はあ・・・」

新人「あの・・・・・貴方自身が働くという選択肢はないんですか?」

産む機械の女「え?」

新人「死んでしまったゆりあちゃんのように、風俗なら・・・・貴方にも・・・」

産む機械の女「私が・・・・・・・風俗・・?」

新人「・・・・・・」






産む機械の女「なんでそうなるの?私が働く必要はないでしょ?」

産む機械の女「子供を産むまでの十カ月と育てる手間と引き換えに普通のサラリーマンと同じ年収が得られるなら」

産む機械の女「ばかばかしいじゃない」

新人(・・・・・・)

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 15:26:22.48 ID:lnIkBrlq0 [77/134]
産む機械の女「別におかしいことじゃないのよ、これは新しい命の伝わり方なのよ」

新人「・・・・なにを言っている、何の話だ?」

新人(だめだ、こいつは狂ってる・・・)

産む機械の女「子供が児童じゃなくなるまで親を養い、その子がまた親となり子供に養ってもらう」

産む機械の女「ここは世界の経済特区のなかでも異例の児童ポルノを肯定している街

                          幼女特区なのよ」

新人「・・・・・」

新人(こいつは間違っている・・・・と思う、だが、間違っている・・・のか?)

新人(ここは幼女特区だ、大なり小なりやっていることはコイツも俺も変わらない)

新人(俺は――俺も幼女を妊娠させようと精液タンクになってる屑じゃないか・・・)

新人(なにが違うんだ・・・)

産む機械の女「・・・・フフフ」

新人(見透かしているような顔しやがって狂人が・・・糞っ)

新人(それにオナ禁中でこいつの丸いオッパイとケツのラインも・・妊娠・・・・まずいぜ) ムク

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 15:34:16.60 ID:lnIkBrlq0 [78/134]
新人(あ~なんかどうでもよくなってきたぜ・・・)

新人(なんでオナ禁中にこう、セックスするチャンスがくるんだよ・・・)

新人(どうするかなあ・・・)

新人(やっちまっても、だれにもわからないことなんだよなあ・・・)

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 15:48:47.41 ID:lnIkBrlq0 [79/134]
新人「あの実はですね・・・・」

産む機械の女「・・・・・」

新人「精液をためなければいけないですよ あと二日なんですがね・・」

産む機械の女「ふーん、それで?」

新人「その後ならセックスしても構わないんですけど・・・・とりあえずそのお金の見積もりの方をお願いしますよ」





産む機械の女「月に十万でいいわ、もしも働けるようになったらその分も含めて返済していくわ」

新人「十万か・・・最終的には投資額の4倍を返してくれるんだよな・・・・」

新人(2~3年で三百万が一千万弱になるなら得だろ・・・そんな投資商品ないしな)

新人「もしもびょうきで今回の子みたいに死んだら、どうする?」



175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 15:55:32.74 ID:lnIkBrlq0 [80/134]

新人「きめとこう」







産む機械の女「・・・・・これでいいカシラ?・・・・」

新人「うむ、しかし十万って安いな、ここの家賃高そうだが、大丈夫なのか」

産む機械の女「何言ってるの?貴方の家にすむに決まってるでしょ」

新人「え・・・うちの家そんなに広くないぞ LDKだぞ」

産む機械の女「大丈夫・・・」

産む機械の女「貴方が射精して妊娠してたら そこに移るから」

産む機械の女「その間に今さっきの契約を書類にして、特区の弁護士に頼むわ」

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 16:01:14.99 ID:lnIkBrlq0 [81/134]



ブロロロロロロロ

新人「・・・・」

新人「・・・・・・」

新人「さて、ひかりの予定も聞いたし、次は、あのブスの送迎か」

ブロロロロr


ガチャ

ピンポーン

新人「どうも、合法幼女株式会社です」

ブス「・・・」


ブロロロロr

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 16:13:29.37 ID:lnIkBrlq0 [82/134]


ブロロロロ

新人「・・・・」

ブス「・・・・・・」

新人「・・・・・・・・・」


ブロロロロロロオ


新人「・・・・・・・」

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 16:21:16.87 ID:lnIkBrlq0 [83/134]
ブロロロロロ

新人「君ってさ、学校行ってないの?」

ブス「・・・・・・・うん」

新人「不登校って奴か・・・」

ブス「・・・・行きたくないし」

新人「・・・・そう」

ブス「・・・・・・・・・」

新人「・・・・・・」


ブロロロロロr

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 16:25:50.79 ID:lnIkBrlq0 [84/134]
ブロロロロロr

新人「・・・・・・・」

ブス「・・・・られるし」


新人「・・・・・・ん?」

ブス「いじめられる・・・・・・だけだし」

新人「・・・・・」

ブス「学校・・・・行っても・・・・・」  ポロポロ

新人(めんどくせえなあ・・・泣き始めちまったよ)

新人(ただでさえ、自分以外の意思で風俗やってるような女は精神的に不安定だっつうのに・・・)

ブス「・・・・・」グスグス

新人(これだから、中途半端な年齢の女は嫌いなんだ)

新人(どうするかなあ・・・)

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 16:41:45.24 ID:lnIkBrlq0 [85/134]
ブロロッロロロオッロロロ

新人(何も、自ら掴もうとせず・・・沈み続ける日常の中で、ただ・・・)

新人(・・・・涙を流しているだけで)

新人(・・・・・・誰も何も、助けてくれるわけないだろうに)

新人(幼女でもない癖に・・・)

ブス「・・・・うっううっ・・・」 グスグス

ブロロロロロロッロ

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 16:42:47.13 ID:lnIkBrlq0 [86/134]
ブロロッロロオロッロオ

新人「・・・・」

ブス「・・・・・・・」メソメソ



新人「着きましたよ、では一時間後にまた」


ガチャバタン

ブロロロオロオオロオr



187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 16:45:51.54 ID:lnIkBrlq0 [87/134]
ブロロロロ夫ろろ


新人「庇護してもらえるのは当然の権利でもなんでもないと、わかってないのか・・・」

新人「あんなだから 自分の父親に寄生されてるんだよ」

新人「生まれた時から・・・物心ついたときから風俗で働いていたら
    あんなに卑屈で自己主張が下手にも、ならなかっただろうに」

ブロロロロオロロロr




新人「次は、新しい子だな」

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 16:54:11.60 ID:lnIkBrlq0 [88/134]

ピンポーン

新人(でっかいマンションだな)

新人「おむかえにあがりました」


  ガチャ





        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:、:.:.:.:.:.:.:ヽ、
       /:.:.:.:./.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.、:.:.:.ヽ:.\
      /,:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:./:.:.!:.:.:.!:.:.:.l:.:.l:.ヽヽ:.:.:.:.:ヽ:.ヽ
.    //:.:.:.,':./:.:.:.:.:.:./:.:. /:.:.:.:|:.:.:.|:.:.|:.:.l:.:.!:.:.、:ヽ:.ト. ',
.    /」:|:.:.:.|:.|:.:.:.:.:,.イ:.:./|:.:.:.:,!:.:. /:.:.l:.:.:|:.:.|:.:.:!:.:.l:.:.! 1
   ノ'´|:.|:.:.:l:.:|:.-rーァx...」:_:.ノ!:.:.ハ:.A ォ-:!:.:.:.|:.:}:.:.| !
      |:.|:.:.:|:.l:|V|;ォf==レ ´ル'  /ィ-ヘ|:./:.:.,!:./|:./
     1l、:.l:.ハl:.:.|` {゚: ::|      {゚: ::ル',!:.:.ィ:/ ,リ
      ゙ ',:.トl、!:.:.|  ゙-┘   、 `ー' /:イ,シ /
.      ヽヽヽ:.l、     _ _    /:.:.!
        ` lハ:lヽ、       ,.-1:./
          ヽN |` ‐ 、__,. ィw  '/
           ,r'^,!       「ヽ、'´
        _,.-'  |       ヽl ヽ、.._
    _,. r ´     |   _...._  |   l. `ヽ.._
   r{. l. |        |-‐ ´ _...._` -|   |   l. ト、

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 16:58:04.48 ID:lnIkBrlq0 [89/134]

制服姿の少女「・・・・・・・・」

新人(綺麗な子・・・だな・・・・・これが・・・・・・)

新人(これが・・・・若さと器量を併せ持つ、限られた人間しか相手にしない高級娼婦か)


新人「車はこちらです、ホテルまでお送りします」

制服姿の少女「・・・・」 トコトコトコ

新人「・・・・」


新人(制服はデフォルトか・・・うーむ・・・)

ブロロロロロロ

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 17:01:12.25 ID:lnIkBrlq0 [90/134]
ブロロロロロr

新人(なんて綺麗な子なんだろう・・・まるで何処かの物語から抜け出してきたような・・・)

新人(三次元の世界に二次元の女神が現れたような・・・)

新人(そんな・・・次元の違う美しさを感じる)

制服姿の少女「・・・・・」

新人「・・・・・・・・」

ブロロロロロろ

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 17:03:08.09 ID:lnIkBrlq0 [91/134]
ブロロロロロロr

新人(送迎する時間以外の情報はないんだよな・・・)

193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 17:10:23.50 ID:lnIkBrlq0 [92/134]
新人「・・・君は」

新人「・・・君の名前は?」

制服姿の少女「・・・・ユキ・・・・」

新人「なんでこの仕事を?」

ユキ「・・・・・・・・・・」

新人(・・・・・・・)

新人「学校にはいかないのかい?」

ユキ「・・・・行ってる」


ブロロロロr

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 17:15:02.30 ID:lnIkBrlq0 [93/134]
新人(・・・・・話したくないのか)

ユキ「・・・・」

新人「・・・・・・」







新人「・・・・・ここです・・・・」

ユキ「・・・どうも」

新人「え~帰る時間には別の車がくるそうです」

ユキ「・・・・・・・・・与えられた選択肢からしか取得しないのなら」

新人「??」



195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 17:15:58.91 ID:lnIkBrlq0 [94/134]
ユキ「決められた物語の中から抜け出すことはできない、永遠に」

ガチャ  バタン




ブロロロロオr

新人「・・・・どういうことなんだ」

新人「ただの運転手に何を期待してるんだ」

新人「厨二ってやつか・・・」


ブロロロロロ

198 名前:宗教の勧誘がきやがったざけんじゃえねえババァはなしがなげえんだよ しかし幼女なら入っていた確実に[] 投稿日:2010/08/22(日) 17:40:26.37 ID:lnIkBrlq0 [95/134]

~極秘ミッション 当日


男「どうだ・・・」

新人「オナ禁が身体にいいっていうのは真っ赤な嘘だとわかりました」

男「そうか」

新人「じゃあ、いってきます」

男「排卵誘発剤は膣からでも吸収できる」

男「経口で一剤、膣の中にも入れてくれ、除放性の効果があるからな数日は性腺刺激ホルモンを分泌させる薬だ」

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 17:46:04.59 ID:lnIkBrlq0 [96/134]
新人「わかりました」

男「頼むぞ」

新人「ええ 足腰立たなくなるくらいにガンガンやってやりますよ」

男「いや、しっかり妊娠させてくれ」




ブロロロロ

新人「相手の子は・・・・5歳?マリアちゃんか
    いかにもステレオタイプな風俗嬢の名前だな・・・まあ風俗なんて仮名でやるものだからな」


200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 17:49:13.89 ID:lnIkBrlq0 [97/134]
新人「五歳なんて・・・・思いっきりホームランボールだな・・・」


ブロロロロオr

ガyチャ


新人「ここか・・・・」


ホテルの部屋

バタン

新人「まだきてないのか・・・」

新人「東インド幼女株式会社のエース・・まりあ5さい・・・・」

新人「やってやるぜ・・・マ○コのなかに金魚を入れたりローターを入れたりしてあそんでやるぜ・・フフフハハッハハ・・・・」


201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 17:57:29.51 ID:lnIkBrlq0 [98/134]
トゥウーーン


新人「きた・・・」

まりあ「・・・・・」

新人(金髪・・・・・青色の眼・・・・まじの外人か・・・)

新人「・・・でかせぎとかなの?」

まりあ「・・・・・オカネ、モウ モラッテル カラ ハジメヨ」

新人「・・・かたことなのか・・・」

まりあ「キャラ作りよ」 シラッ

新人(この感じ、アングルネスと同じ気配だ)

まりあ「おにいさんはどんなプレイがお好み、じかんをわけて両方やる?」

202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:05:36.55 ID:lnIkBrlq0 [99/134]
新人(金髪炉・・・・・しかも顔も可愛いだ・・・・さすがエースだ)

新人「普通に頼むよ」

まりあ「ああ、そう」

新人「というか、片言がいいって人いるのか?」

まりあ「さあ・・・守秘義務に抵触するようなことは答えないことにしてるの・・・悪いけど」

新人「・・・・」

まりあ「じゃあ貴方はお風呂に入りたかったら入ってきて、私は入ったほうがいい?」

まりあ「それとも一緒にはいる?」

新人(くそう、こいつに例の錠剤をのませるのはむずかしくないか・・・)

新人(マンコの中に入れるのはローターや金魚でごまかすとして・・・)

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:10:43.71 ID:lnIkBrlq0 [100/134]
新人「風呂だ・・・・い っ し ょ に は い ろ う 」

まりあ「・・・・・・・・」




   ガラララ


新人「せまいな」

まりあ「ひとりではいってくんない」

新人「だめだ」

まりあ「あら、そう・・・」



ヌギヌギヌギ ポッパツ ッポン


新人「・・・・・」ギンギン

まりあ「スゴイ元気ね・・・」

新人「ありがとう・・・」

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:18:12.23 ID:lnIkBrlq0 [101/134]
新人「ふむ・・・・」

まりあ「・・・・する?」  スッポーン

新人「いや、目的の遂行意識だけは人一倍あってね・・・」 ギンギン

まりあ「?」

新人「一緒に風呂に入るってことだよ」





まりあ「洗って欲しいとかないの?」

新人「普通に入りたかったんだ・・・」

新人「よく風呂でエッチしてる漫画やアニメが多いけど、俺は嫌いなんだ」

まりあ「せまい・・・」

新人「あれは行為を行う場所を変えるだけで行為自体の根本が変わると思ってる」

まりあ「・・・漫画やアニメって、それでよく抜いてるの・・・?」

新人「ああ、よくよく考えればわかることだったんだ」

新人「俺は漫画やアニメに、君たちみたいな美しさの・・・完全性みたいなものを透過してたんだってね」


206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:24:42.07 ID:lnIkBrlq0 [102/134]
新人「とにかく、変わらなければいけないモノ、
    変わっていることを表現しなければいけないモノは行為者の気持ちだと思うんだ」

まりあ「だれも性欲処理の方法論に、そんなこと考えてないわよ」

新人「そうかな・・・」

まりあ「誰だって、光あるうち光の中を歩いていきたいでしょ」

新人「エロでやる必要はないってことか・・・」

まりあ「・・・それに」

まりあ「私の美しさってのに完全性をみつけたんでしょ?」

新人「ああ、そうだよ」

まりあ「なら、それでいいじゃない」

新人「一時的なものでも・・・?」

まりあ「どうせ全ての人間は死ぬし・・・すべての物事は全て一時的なのよ」

新人「君は哲学的なんだな・・・・ほんとうに五歳なのかい?」

まりあ「・・・当たり前すぎることは聞かないで」

新人「ごめんね・・・」

新人(これがロリババァってやつか・・いや、違うかww・・)

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 18:27:43.72 ID:lnIkBrlq0 [103/134]
新人「さあ、あがろうか」

まりあ「・・・・ええ」

新人「日本語うまいな」

まりあ「・・・・・ありがとう」

新人(薬を飲ませるのはどうするか・・・)

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 18:37:21.92 ID:lnIkBrlq0 [104/134]
新人(・・・・・・・気付かず錠剤を内服させる・・・・・)

新人(のどフェラーリしかないな・・・)

新人(ん・・・・・・・しかし、射精したらオナ禁が無意味になってしまうな・・・)

新人(・・・・注意しないとな)

新人「のどでフェラさせてくれ」

まりあ「・・・・・わかった」

新人「だけど、・・・・俺が「逝きそう」って言ったらやめてね・・・」

まりあ「・・・・クプププ」

新人「・・・・中田氏したいだけだよ?」









まりあ「おまえ・・・・私を妊娠させに来たんだろ?」 ニヤニヤ

しにjのおn「――――っぅな?!」 ドキンドキドキドキ


212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:44:39.92 ID:lnIkBrlq0 [105/134]
新人「なにいってるんだよ・・・」ドキドキドキドキ

新人(ばれたら俺・・・どうなるんだろ) シオ

まりあ「萎れてるからすぐにわかるぞ・・・」  サワ

新人「・・・・・・」 ドッドッドッド…


まりあ「何人・・・お前みたいな手合いを相手にしてきたと思う?」 サワサワ

新人(そりゃそうかあ・・・) ドッド…

まりあ「『逝きそうって言ったら辞めて』なんて初めて言ったので笑ってしまったが・・・」 サワワ

新人(まあ、後の事はどうでもいいか・・・とにかく一週間分の性欲を発散させたい)  トクントクン

まりあ(・・・・・?・・・また大きくなってきてる・・・)

新人「・・・・うん、まあ、どうでもいいから早いとこフェラさせてくれ」 ギンギン

まりあ「・・・・・・」

新人「一週間オナ禁してきたんだよ・・・俺はサ・・・」

新人「―――――――セックスするチャンスは、あったっていうのに!!!」

まりあ「・・・・」 ビク


214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:53:43.60 ID:lnIkBrlq0 [106/134]
新人「喉フェラさせてくれ・・・」

まりあ「・・・・ああ、どうでもいいのか?」

新人「精液は全部飲みほしてもらうからね」 ギンギン

まりあ「・・・」チュパチュパ

新人「うああああ」 チュポンッ

新人(チンコが痛いくらい勃起してる・・・こんな状態で射精したらどうなってしまうんだ・・・)

新人「オナ禁していて、よかった・・・」

まりあ「・・・・・」チュパチュパ

まりあ「錠・・・剤・・・とか?」 チュッパpッパッパ

新人「ああ・・・・そうそう・・つか、早く喉マンコでセクロスさせてくれ・・・」 チュッパチャップルス

まりあ「・・・・・」 チィッパッパpチュ




まりあ「錠剤出して・・・」

新人「あ?・・・証拠にでもするのか・・・?」

まりあ「飲んであげるわよ」

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 18:59:23.49 ID:lnIkBrlq0 [107/134]
まりあ「私に注射をした奴もいた、薬を飲ませた奴もね・・・」

まりあ「でも私は妊娠しなかった、貴方は・・・」
新人「んなことはどうでもいいだよぉぉぉおお!!!この血便がァァァアア!!!」 ガシっ


まりあ「うぶぅ・・・」   グニュウゴボボ

新人「ふっぅふlっぅっふぅう・・・」  グポゴプオpゴ

まりあ「ぐぐふうぅぐぅぅ・・・」 

新人「幼女の頭を抱えて喉でチンコを強制的にしごく・・・
    絵的に存外にきもちいいはずなのにぃ、あまり気持ちいくない・・・」

まりあ「ぐぅ息・・glくううぅぅ・・」

新人「そうだ!!!!!・・・ローションが無いからだめなのかあぁぁぁぁあ!!!!!!!」 ヌルゥt

 ―― ヌポンッ

まりあ「ゴッホッゴホゴホゴhッホ・・・・殺す気?」





216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 19:05:59.33 ID:lnIkBrlq0 [108/134]
新人「ローション・・・ない・・・・ない・・・ここにもない・・・」

まりあ「マジに基地外の人?・・・・」

新人「ローションはどこだぁぁぁあ!!」

まりあ「貴方の荷物いじらせてもらうわよ。錠剤ってこれ?」  ヒョイ

新人「それだ!!それよりもローション持ってないのか?まりあは」

まりあ「ないわよ、飲み物は冷蔵庫にあるわよね・・・」

新人「フロントの電話するッッッ!!!」

まりあ「ごくん・・・・クピクピクピ・・・ふう・・・」

新人「もしもしッィィィ、ローションがァァ○×▽×●あsふぁさええww!!」




まりあ「さあ、貴方は私を妊娠させてくれるかしら・・・」



新人「ねーっつったらねえぇえんだよぉぉぉお!!それとも、てめえがローションになるのかぁぁあ!!」


219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:11:33.77 ID:lnIkBrlq0 [109/134]

新人「さて、見苦しいところを見せてしまったね・・・」

まりあ「ローションは手に入ったのかしら?」

新人「ああ、手に入ったよ・・・・」 ニギリ

新人「さあ、口を開けて」

まりあ「・・・・くぱああ」

新人「よし」トロトロトロトロ

まりあ「hすあふぁ」



新人「ちっ・・・なんだ?」

まりあ「さっき呼吸できなくて死にそうになったんだけど・・・大丈夫よね」

新人「ああ、大丈夫だよ、じゃあ喉に挿れるよ」

まりあ「おまんこにしなくていいの?わたし、薬も飲んだんだけどッッッ―――グポゥゥ


グププププウプ

新人「ああ、気持ちいいなあ・・・」  グプププ


220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:24:27.73 ID:lnIkBrlq0 [110/134]
新人「喉って気持ちいいなぁ・・・」

グぽグぽグぽグぽ

新人「金髪がツインテールだったら髪の毛で制動できるのになぁ・・・」

新人「なんで人間はのどでセックスするいきものじゃないんだろう」

グポグポッグッポッグポッグポグオpグポグポ

新人「・・・・・・マンコの方が気持ちいいからか・・・」

  -------ッポン

まりあ「  ゲホゲホ・・・・」

新人「まりあはどう思う?なんで喉で性交するのが一般的じゃないんだろう?」


まりあ「こっちは息はできないわ、頭が揺れまるわで、全然きもちよくない」

新人「なるほど・・・・息を止める練習と振動に強くなる特訓は、男さんに進言しておくよ」

まりあ「・・・・・カプゥ」  チュルパルパル

新人「でそうだから、急にフェラチオしないでくれ・・・」

新人「さて、ためにためた精液・・・どうやって出してやろうかな・・・」


221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 19:26:36.77 ID:lnIkBrlq0 [111/134]
新人「今ならどこにだしても妊娠させられそうな気がするよ」

まりあ「それは気のせいだ・・・・」

232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 20:48:50.86 ID:lnIkBrlq0 [113/134]
新人「おまんこいれてもいいか?」

まりあ「どうぞ・・・」

新人「ぜんぎなしでもいいのか?」

まりあ「自分でもわからないけど・・・触って見てよ・・・」

新人「・・・・」 ネタァァ

まりあ「なんかわからないけど・・・濡れてるんだ・・・・」

新人「ぷにぃぃぃ」 プニィ

まりあ(擬音を自分でしゃべる人は二人目だなあ・・・)

新人「よし、ぷにぃぷにぃぷにぃぃい!!!!」

まりあ「・・・・」

235 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 20:56:44.59 ID:lnIkBrlq0 [114/134]
まりあ「・・・・触るのが好きなのね」

新人「ああ・・・・大好きだ・・・俺にも一つ欲しいくらいだ・・・」 ムニゥムニゥムニニネタァ

新人「幼女のおまんこ・・・すごいな・・・こんなに愛液って・・・・」 ムニゥムニゥ ネバァ

まりあ「わたしも初めてだ・・・」

新人「・・・・・」 ムニィムニィニムゥンムニゥムニムニムニィ

新人「・・・・・・・」  クパァルァムニクパパァ

まりあ「・・・・本当に好きなのね」

新人「・・・・・」  ヌポッヌポヌッポヌッポ

まりあ「指を・・・穴にいれたり出したり、広げたり、潰したり、揉んだり、いろんな方向に・・・」


新人「・・・・・・」  グシ

まりあ「・・・・・泣いてるの?」

新人「・・・・・・・ああ、多分・・・・感動・・・してるんだろうな」  ポロポロ

まりあ「・・・・クスクス」

新人「・・・・・生きる意味がわかったんだよ」

237 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 21:07:46.21 ID:lnIkBrlq0 [115/134]
新人「・・・すこし前までわからなかった・・・」 ニュポニュポニュオ

まりあ「・・んぅ・・・・?」

新人「おまんこに似てる感触があるっていう、社会全般で言われる・・・・」  プニィィィィィィィィ

新人「マシュマロ、モチ、こんにゃく、ゴム、シリコン、・・・」  プルルングニグニ

新人「すべて、これを・・・この感触を・・・再現するために作られたんだ・・・・」 

まりあ「万物を感じるの?・・・・嬉しいわ・・・」  

新人「いや、これは・・・宇宙・・・そのものなのか?・・・・・」  

まりあ「フフフ・・・・いいえ、これは概念ではない

       貴方のそれを挿れるためだけの場所よ」  ソッ



新人「あっ」  クプププ

新人「お母さんっッltゥッッッ!!」


―――ーーーーーーーーーッッジュプルルルルrr

238 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 21:21:09.37 ID:lnIkBrlq0 [116/134]

ツププププ…・

新人「なんて・・・・・・・」

新人「・・・・・ぴったりなんだろう・・このおまンコは・・・・俺に・・・・ぴったりだ・・・」  (涙

まりあ「そう・・・・・・みたいね・・・・」

新人「・・・指で触るもんじゃなかったのか?おまんこは・・・・?」 ヌヌヌヌヌゥゥ

まりあ「おちんちんをいれて、うごかすものなのかも・・・ね・・・・・」  ヌヌヌヌヌゥゥゥ

新人「いや、指でさわるものだし・・・・チンコをしごくおまんこホールの役割も・・・・」ヌヌヌゥヌヌヌゥ




新人「ある筈だ!!!こんな気持ちいいモノがなんで!!!!」  ヌヌヌグゥゥゥゥ

まりあ「深い・・・・それ以上・・・奥にはいかないわぁ・・・・くるしぃ・・・」  グgゥgゥウウウゥグウググ  


まりあ「どちらも・・・・正解じゃ・・・・・駄目・・・・なの?」 なでなで

なでなで―――⇒新人「そうか・・・光の性質と同じか!!! 『波と粒子』の性質を併せ持つ者と一緒ォォォ!!

      物理を勉強していてよかったぁぁぁ!!!」

  ヌルルルゥゥゥウウ―――パチンッ     まりあ「あんっ・・・」

240 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 21:33:30.77 ID:lnIkBrlq0 [117/134]
まりあ「貴方って・・・あっ・時々っ・・・分裂してる・・あっ・・・・・みたいなァっ・・・・」

 ヌヌゥッッヌぶヌゥッッヌぬヌゥltッッッヌんnヌゥッッ――ヌヌゥッッ

新人「それは違うッッっだれっだって・・・・そうっなんだ・・・・多分・・・・」

――ッパンッッ!!!ヌンルゥヌヌッヌヌッ ヌヌヌッヌヌッヌヌンウヌヌヌ


まりあ「あんっぅぅうう・・・・・・・・・皆・・あっ・・・・分裂してぇぇるのっ?・・ハァハァ・・・・・・・」

新人「・・・それ以上の・・・・仮面で・・・・覆い・・・・かぶせて・・・いるだけで・・・」

ヌヌッヌヌッッッヌンヌンッッッアブズゥヌズアウズズグゥゥゥゥ

まりあ「あっぁあっぁ・・・・・でも・・・この性交はっァア・・・演技・・・・なしでっ・・気持ちいいっ・・・・・」



ぬんう縫うウウヌtッヌッヌッヌッヌtゥンンウンウンヌンノヌルヌrヌニィ

新人「・・・・・・フゥ・・・確かに・・・気持ちぃぃ・・・このセックスを・・・するために生きてきたんだ・・・・俺」 ボロボロ


ヌニュウウゥゥンッユウゥlヌウゥゥウゥニュヌルルヌウウルウウ!!!!!!!

まりあ「・・・私も・・・そうっ・・・なの・・・かしら・・・・そう・・・・なのね・・・・」

まりあ(本来動く筈のない子宮が、私の膣の上で動いている気がするもの・・・)


242 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 21:39:18.17 ID:lnIkBrlq0 [118/134]

新人「あぁぁあ・・もう・・・・・死んでも・・・・いいって思える・・・まりあ・・・・」

まりあ「・・だめ・・・よ・・まだ・・・死んではだめぇ・・・・」

新人「・・・ぬん・・・んぅん・・・・うぬう・・ハアァハァハァ・・・・・・・・」

ヌポヌポヌポヌポヌルポヌルオポブビィガッヌルヌルッポルヌルポガガッァッガッガ




まりあ「もっと・・・・激しく・・・・突いて・・・・・くれなくっちゃあ・・・・」

シオン人「るああぁぁああ・・・激しく・・・突くよ・・・誰が他にこんな気持ちいィィマンコをツカぁわさせるもんか」

まりあ「あたしの・・・・・おまんこが・・・もう二度・・・使えなくなってしまえる・・・・くらいに・・・ね?」



245 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 21:46:50.15 ID:lnIkBrlq0 [119/134]

ヌポゥゥゥ――――・・・

まりあ「・・・正常位が・・・・ハァハァ・・・・・一番いいと思うの・・・・」

新人「まりあの下にクッション・・・・・腰に・・・手を当てて・・・・突く・・・」

ヌチィィィヌヌヌゥヌゥ・・・ズンッずぬぬぅンッパンッ・・・・パンッ・・パン・・ッパン

ッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンpッパンッパンッパンッパンッパン

しんいじjん「あああああぁっぁでる・・・」

まりあ「ハァハァ・・・それは早すぎ・やしないかしら・・・・・・?・・」

パpンッパンパンッブブビィパンッパンッパンッパンッパンパンッパンパン
ッパンンpッパッパンッパッパパンッパppンパンブビィッパンッパン

246 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 21:53:54.30 ID:lnIkBrlq0 [120/134]
新イン「大丈夫・・・すぐに・・・・元に・・・戻すから」  ッパンッパンッパン

まりあ「・・・・・・約束・・・・よ・・・」 パンパンパンパン

しんじn「・・・・いっぱい射精して・・・君を・・・妊娠させるよ・・・」 ッパンッパンpッパン

まりあ「・・・・・・妊娠・・・させて・・・」 ッパンッパンッパンpッパン

新ッ人「きもちぃぃぃぃ・・・・・」 ッパンッパンッパンッパンッパンパナパン

mりあ「ああ・・・・あぅぅっ・・・うぅっ」 ビククビクン


―――――――どぴゅう!!!ドyピュルウドピュウウンrpルオdプpリュppリュppリュ!!!!


どくどく・・・どく・・・

まりあ「子宮に・・・染み込ませたいから・・・お尻を・・・・高く上げて・・・」

新人類「ああぁあぁああ・・・ドクンって音が空耳で聞こえるくらい出たよ・・・」 どくどく

248 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 22:01:32.00 ID:lnIkBrlq0 [121/134]

まりあ「・・ハァハァハァ・・・・・・」 

新人類「はあはあはあ・・・・一週間のオナ禁で一生分の精子を出した気になったよ」 シオシオシオ

まりあ「そんなに多く・・・・でたの?」 ハァハァハァ

まりあ「・・・・」くぱぁ

まりあ「・・・・ホントね・・開いたら・・・・溢れるのが見える・・・・・」

  コプゥ・・・



新人類「・・・・・・・」 ムクムクムクムクルルル ギン ギンギンギン


250 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 22:08:34.23 ID:lnIkBrlq0 [122/134]

ギンギンギンギンギンギインギンギンギンギンギンギラギン

新人類「もっとたくさん・・・せっくすしたい、まりあ・・・君と」

新人類「尿道に残った精液を新しい精液で流したい、流し入れたい・・・・君の、幼女の、膣房に・・・」

まりあ「・・・・」



新人類「・・・予定の時間はそろそろ終わるけど・・・・いいかな・・・?」

まりあ「・・・・当たり前のこといわないで、ここは幼女特区なのよ」

まりあ「キスして」 

新人類「・・・・」








ブロロロロロロ

251 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 22:22:34.07 ID:lnIkBrlq0 [123/134]
一週間後


男「・・・・」

男「あれから、なんか少し変わったな・・・君は・・・」

新人類「そうですかね・・・自分では変わった気なんてしないんですけど」

男「バイツァダストを覚えた後の吉良ヨシカゲ・・・・っていうか」

新人類「ジョジョの奇妙な冒険のネタはわからないんです、それじゃあ行ってきます」

男「・・・・ああ」

新人類「フンフンフーーン・・・」


ブロロロロロr

253 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 22:29:25.85 ID:lnIkBrlq0 [124/134]
ブロロロロッロ

新人類「・・・・ん、あの女は・・・」

ブルルン ギーーー

新人類「・・・・やあ、どうも」

産む機械の女「あ、あなた!!どうして何も連絡を」
新人類「一つだけ言っておく・・・」


新人類「・・・幼女は大人達のオナホールなんかじゃアない!!!!断じて!!!」

産む機械の女「・・・は?」

新人類「幼女は『俺のオナホール』であって、『他人』が利用するための幼ホール、オナ女ではないということだ」

産む機械の女「意味わかんない・・・、大体、もう書類も作ってあるのよ」

新人類「契約は射精してからだと言った、聞いた」

新人類「じゃあ、しっかり働いて借金返してください」

産む機械の女「待ちなさいよ!!ちょっとあんた!!!」


ブロロロロロッロ

254 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 22:36:01.00 ID:lnIkBrlq0 [125/134]
ブロロロロロ

新人類「産ませた幼女と俺がセックスしないで、なんで他人がセックスするんだ・・・?」

新人類「やっぱりあいつは狂ってる・・・」



新人類「いや、産ませた幼女は娘だから、近親相姦になる。駄目か・・・」

新人類「だが、どこまでがスキンシップでどこから近親相姦になるんだろう・・・」

新人類「近親相姦の定義は、その時代の国家や民族、地域や宗教でもかわった筈だ・・・」



新人類「線引きされてないから歪みが出るんだ」


新人類「形作れないなら、全て認めればいいのに、

                この幼女特区のように・・・・」


     ブロロロロロ

256 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 22:49:13.23 ID:lnIkBrlq0 [126/134]
ブロロロロロ

ガチャ

ピンポーン

新人類「やあ」

ブス「・・・・・・どうも」

新人類「・・・・・・・」

ブス「・・・・?」

新人類「今日も仕事、よろしくお願いします。さあ行こう・・・」

ブス「・・・・・」

バタン

ブロロロッロロロr

257 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 22:52:35.36 ID:lnIkBrlq0 [127/134]
新人類「今日もいい天気だねえ」

ブス「・・・・えと」

新人類「こんなに大きな粒の雨はなかなか見れないよ」

ブス「・・・」

新人類「冗談だよ・・・・冗談・・・」

ブロロロロロr

新人類(義務教育もろくにやっていない『ド低能』には高度すぎたかなぁ?)

259 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 22:58:57.92 ID:lnIkBrlq0 [128/134]
ブロロロオッロオ

新人類「いつもどんなプレイをやってるの?」

ブス「・・・・プレイ?」

新人類「君が、僕に送ってもらった後にホテルの部屋でやっている事さ」

ブス「・・・・」

新人類「あんな傷痕ができるのは、どうしてなんだい?」

ブス「・・・・・」

ブス「・・・私・・・・・・動物を殺してるんです」 グスグス





新人類(―――――これだから変態は困るッッッ!!!)

ブロロロロロr

262 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 23:08:45.06 ID:lnIkBrlq0 [129/134]

ブス「・・・・・ホテルで、動物を殺さなくちゃいけなくて・・・・」

新人類「・・・・・」

ブス「裸でやるんですけど」

ブス「その・・・ころした動物を食べなくちゃいけないんです・・・生で」

新人類「ふーん・・・」

ブス「吐くと殴られるんです、ルールを破ると殴られるんです・・・だけど・・・無理なルールばっかりで」

ブス「わたし・・・わたし・・・」

267 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 23:23:59.73 ID:lnIkBrlq0 [130/134]
新人類「なにがおいしかった?その時、どんな気分だった?」

ブス「・・・・え?・・・・味?」 キョトン

新人類「そうだよ味だよ味、喰ったんだろォ?何も感じなかったというのなら

   それこそ君の血肉になってしまった動物に――失礼じゃアないのかァッッ!!?」

ブス「え・・・・・え・・・?」

新人類「メンスではがれおちる経血をなめとって、飢えをしのいでるような
      朝鮮半島にいる人間よりは恵まれてると思わないかいィィ・・・・?」

ブス「・・・・メンス?」

新人類「ああ、ごめんごめん・・・」

新人類(・・・なんて反応が鈍くて、無知で、興味を抱かない人間だ・・・)

新人類(それでも精神的なオナホールになりうるのだから人間は偉大だよ・・・)

新人類(幼女特区が趣向の民主主義によって
    大々的な受け入れをしたはいいが、無法であるならそれはモラルの低下になる)

新人類(んぅ・・・・つまり、こいつが温床になるのか?)

新人類(いや、ニーズあり気か・・・・・まあ。どうでもいいか)

ブロロロロロr  ギニュアアン  ドゴン

268 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 23:28:04.05 ID:lnIkBrlq0 [131/134]
ブロロロロ

新人類「あっ今の声聞いた?」

新人類「ネコひいちゃった~♪ネコひいちゃった~♪」

ブス「・・・・ネコ」

新人類「引き返して歩道に墓を作ったほうがいいかなぁ?」

新人類「ぐちゃぐちゃのデミグラスだけど、イカの塩辛や納豆の方がグロテスクだと思うね」

新人類「普段食べているものと、客観的に、同列に評価すべきだ」

新人類「ネコってどんな味がするんだろう」

ブス「おぇぇぇえええ」

新人類「おいしくなかったのか・・・そうか・・・」

ブロロロr

269 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 23:34:32.44 ID:lnIkBrlq0 [132/134]
ブロロロオロオロ

新人類「服を変えないとね」

新人類「これからは君が吐く用の袋を用意しとくよ」

ブス「・・・・・」 グスン

新人類「ダイジョブだよ、僕は君が吐いても殴ったりしないさ、たとえ車をゲロまみれにされてもね」

ブス「・・・・・・」 プーン


新人類「とりあえずあそこの公園に行こう、服を捨てて、これをはおって、汚れを洗おう」

ブス「・・・・・・・・」

新人類「そして、そのあと服を買いにいこう」

ブス「・・・・・・・」

新人類「それとも 裸でいくかい?初めから裸ならどうなるのかな?

     そしたらホテルではさらに皮一枚くらい引ん剥かれちゃったりして・・・」

ブス「・・・・」 ブルブルガタガタ

新人類「冗談だよ」

ブロロロロロ

270 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 23:39:20.45 ID:lnIkBrlq0 [133/134]





ブロロロロ夫r

新人類「じゃあ、その新しい服は汚さないようにね」

新人類「また一時間後に来るから」

新人類「しっかり栄養つけるんだよ」

ブス「・・・・・オェエゥ゙」


ブロロオッロ


新人類「やれやれ、ゲロまみれの車で移動しなくちゃいけないなんて泣きたいのはこっちの方だ・・・」

新人類「さて、少し遅れてしまったな、急いで次に行かないとな」


273 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 23:51:17.30 ID:lnIkBrlq0 [134/134]
新人類「そういえば、新しい子がいたな」

ブロロロオロr

新人類「・・・・・・JC小学3年生9歳『きららちゃん』・・・・・・書類の確認と予定合わせか」

新人類「このゲロの臭いのせいで俺の初対面の印象が悪くなるのか・・・・参ったな」

新人類「ふぁブリーズしていこう・・・」




新人類「「除菌もできるしな」 シュッシュッ

ブロロロオロ

274 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[sage] 投稿日:2010/08/23(月) 00:05:47.14 ID:p5MZuPV40 [1/12]
ブロロ



きらら「・・・」

新人類「はい、わかりました・・・ありがとうございました、今度からは電話で予定を合わせますので」

きらら「うん・・・」

新人類「・・・・・」

新人類(・・・・9歳でこの胸か・・発育がいいんだなあ)

新人類(小学生なのに、はっきりとしたおっぱいがあるなあ・・・・)

新人類(おっぱいと言えば、成人女性の静脈のうき出たおっぱいはトラウマ物だよなあ)

新人類(コラかと思ってたらまじなんだもんなあ・・・)

新人類(おっぱい、おっぱい)

278 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 00:10:53.12 ID:p5MZuPV40 [2/12]
新人類「おっぱい大きいネ」 キラン

きらら「・・・・よくいわれる」

新人類「うらやましいよ、僕も欲しかったな、おっぱい」

きらら「え?」

新人類「よくいわれない?そのおっぱいがじぶんにあったらなあって」

きらら「はい・・・・それは・・・」

281 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[sage] 投稿日:2010/08/23(月) 00:20:40.34 ID:p5MZuPV40 [3/12]
新人類「おまんこはどうなの?自分でさわったことある?」

きらら「・・・・っさわったことは・・・・ないです」 ボソボソ

新人類「メンス・モア」

きらら「・・・・?」

新人類「・・・・ごめん、さっき思いついたギャグなんだ」

新人類「本当に触ったことないの?それなのに触られる仕事をしようとしてるんだ・・・」

きらら「・・・・・・」 ビクン

新人類「そりゃ、車を運転したことのないバスの運転手くらいやばいですね」

きらら「・・・・・」フルフル

新人類「路上に出て一番初めの交差点で、人を轢かないことを祈ってるよ」




新人類「じゃあ帰ります・・・」

きらら「まって・・・」 



283 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[sage] 投稿日:2010/08/23(月) 00:24:57.25 ID:p5MZuPV40 [4/12]
きらら「あの、わたしね・・・・・・おとうさんがね・・・」
新人類「待って!!君の個人的な話なんか僕は聞きたくない、聞く必要なんてないんだよ」

きらら「・・・・」

新人類「だけどさっき君はおまんこについて答えてくれたよね」

きらら「・・・・・」 カァァ

新人類「だから同じように一個だけ答えてあげるよ」

きらら「・・・・・一個って」

新人類「話は簡単に、簡潔に、シンプルに、四捨五入して、幼女のマンコのように美しく、頼むよ、

新人類「いやマンコはシンプルだが奥が深い、訂正する」



きらら「・・・・さっきの、しょるいのときと別人みたい」

新人類「うん、奥さんにもよく言われるんだ」

新人類「それで?」

284 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 00:31:56.48 ID:p5MZuPV40 [5/12]
きらら「おとうさん、わたしの本当のお父さんじゃないんだけど・・・」
新人類「よし、わかった 殺すんだね?」

新人類「僕にできることは今ここで君の話を聞かなかったことにするくらいだよ」

新人類「じゃあ、さよなら」

きらら「・・・・」

新人類「冗談だよ」

きらら「そのおとうさんがね・・・・わたしに」

新人類「何回おちんちんを入れ入れ?」

きらら「・・・うん、それでね」

新人類「わかった、君のその生理的な嫌悪、っで」

287 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[sage] 投稿日:2010/08/23(月) 00:37:01.06 ID:p5MZuPV40 [6/12]
新人類「ではその使いこまれたおまんこをみせてごらん」

きらら「・・・え」

新人類「もう書類にサインしたし後戻りはできないんだよ」

きらら「うん・・・」

新人類「だったら、これからのためにも、おまんこを見せ慣れておいた方がいい」

きらら「・・・・・それは?」

新人類「痛くない方法おしえてあげるからさ」

288 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[sage] 投稿日:2010/08/23(月) 00:42:19.72 ID:p5MZuPV40 [7/12]


きらら「・・・」ぬぎぬぎ

新人類(本物の馬鹿だなこいつは、どうせ、その義父にも甘えの延長でずるずるやっちまった口だろ)

きらら「・・・・」ぬぎぬぎ

新人類(しかし・・・・時間的な制約が大きい、後10分でここをでないと
     高級娼婦ユキ様のお迎えに遅れてしまう)

きらら「・・・・どう?」 くぱ 

292 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 00:51:12.02 ID:p5MZuPV40 [8/12]
新人類(急いで挿入だぁぁ)

新人類(エロゲやエロマンガにでてくるような典型的なバイト
     ああいう奴らが流れに任せて短絡的な殺人とかをして捕まってニュースになるんだ
     仕事をおろそかにする奴な奴は屑だ、生きてちゃいけない奴なんだ!!)

   ↑やりながら きららちゃんのお●ま○んこを、こねくりまわしています

きらら「・・・ねえ・・・・痛くない方法って?」 グニグニグニ

新人類「今、魔法かけてるから!!!」

新人類「あああ、おっぱいとかどうでもいい、
   あんなことしゃべってる間にさっさとおまんこグリグリしとくんだったぁぁぁ」  グニィグニィ

新人類(手でいくらやっても駄目だ、濡れない、砂漠のオアシスを掘り続けた海賊漫画の糞爺の気分だ)

新人類「口でやらないとだめだ!!!失礼!!!します!!!!」

残り→8分

293 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[sage] 投稿日:2010/08/23(月) 00:59:11.19 ID:p5MZuPV40 [9/12]

新人類「・・・・・・・・・」

新人類「なんだこのマンコは!!!おまんこの手入れの仕方がなってない!!洗い方は母親に習ってないのか!!」

きらら「・・・え?」

新人類「・・・え?じゃないんだよ!!」

新人類「おまんこは商売道具だろうが!!!
     てめぇのマンコにしゃぶりついてた汚ねぇぇ親父以外は気にするんだよ!!!」

きらら「・・・」ビク



新人類「マンカスをごちそうとするのは一部の老人と蝿だけだ!!
     覚えておけよぉぉぉぉおおマンカスがぁぁぁl!!」

新人類「今回はこのふぁブリーズで濡れたティッシュで応急処置をするが
     今日の夜、また来るからな、一緒にお風呂にはいって教えてやる!!!」

きらら「・・・・ふえ・・・」 オロオロ

新人類「返事はどうしたぁァァあ―ーッこの蛆虫がぁァァ―」

きらら「はい!!」

294 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[sage] 投稿日:2010/08/23(月) 01:02:04.32 ID:p5MZuPV40 [10/12]
【今、おまんこの掃除中だよ】

※注記

※ふぁブリーズについて
http://febreze.jp/faq/anzensei.html#a_Q2

Q誤って目に入ってしまったとしても大丈夫?

A通常、眼球への接触により有害な影響を及ぼすようなことは考えられませんが、
万が一目に入った場合には、念のため多量の水で目をすすぎ、十分に洗い流してください。


ふぁブリーズの類似商品のファブリーズの質問の一例を抜粋
粘膜への使用はやめておいたほうがいいとのこと

【今、おまんこの掃除中だよ】

296 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[] 投稿日:2010/08/23(月) 01:06:37.15 ID:p5MZuPV40 [11/12]
類人猿(ハァーーッハァーーッ・・・)

きらら「・・・こんなに汚れてたんだ」

シンジr縫い(しまった、清掃に集中してしまって時間が・・・)

―――後2分

新人類「なにぃぃぃぃぃいい

299 名前:以下、名無しにかわりまして幼女がお送りします[sage] 投稿日:2010/08/23(月) 01:13:12.08 ID:p5MZuPV40 [12/12]


新人類はユキの送迎に行きました

     第一部『炉裏を継ぐもの』完


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。