FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梓「唯先輩くっつかないでください」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:02:37.76 ID:kA7aCxdCO [1/47]
誰も書かないなら
スレタイと全く関係ないが書きためたの投下するよ?

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:07:09.50 ID:kA7aCxdCO [2/47]

2009年3月25日――
WBCは日本の優勝で幕を閉じた。
しかし、まだ最後の一戦があったのを知る日本人は数少ない――。

ロサンゼルスにて。

律「いやあ、昨日の試合すごかったなあ」

唯「うん! やっぱりイチローだよねえ」

梓「いえ、やっぱり岩隈投手の力があってこそ……」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:09:22.92 ID:kA7aCxdCO
桜高軽音部と数名は琴吹紬によってアメリカに招かれ、WBCの試合を現地で観戦した。皆、興奮は一夜経っても冷めず、宿泊先のホテルでも、昨夜などは徹夜をして試合のことを振り返っていた。

紬「ふふ、私も皆に楽しんでもらえて本当に嬉しいわ。本当に呼んでよかった」

憂「紬さん、ご招待ありがとうございます」

澪「野球って面白いんだな」

しかし、そこに思いもよらないニュースが飛び込む。



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:10:19.86 ID:kA7aCxdCO
唯「ええっ! 飛行機が!!」

律「嘘……だろ」

澪「……」

梓「そんな」

姫子「唯、どうしたの」

いちご「……大声出さないでよ。寝られないじゃない」

律「二人とも、寝てる場合じゃないぞ! 日本代表の飛行機が!」

姫子「ど、どうしたの」

憂「墜落したんです」

紬「……ちょっと、調べてみるわね」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:11:29.81 ID:kA7aCxdCO
そう、日本代表が乗る飛行機が墜落――。その場にいる全員が息を呑んだ。

紬「ええ。ええ。……なんだ、そう。わかったわ」

唯「ムギちゃん、どうだったの」

紬「大丈夫みたいよ。なんか乗る予定だったの飛行機じゃなくて、その前の飛行機が墜落したんだって」

澪「そうか……よかった」

律「変な汗かいた……」

紬「でも、皆、いいニュースもあるわよ」

梓「なんですか」

唯「あ、わかった。これからおいしいケーキが」

姫子「唯、食べ物は関係ないんじゃない?」

唯「えー」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:12:41.69 ID:kA7aCxdCO
憂「もう、お姉ちゃん」

紬「ふふ。食べ物もちょっと関係あるわよ」

律「何だよムギ、早く言えよー」

紬「なんとね、今、日本代表の人たちがこのホテルで記者会見してるんですって!」

澪「ほ、本当か!」

梓「今すぐ言ってみましょうよ」

唯「行こう行こう」

憂「お姉ちゃん、待って!」

そうして軽音部と他数名は、ホテルの記者会見場へと向かった。


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:13:50.22 ID:kA7aCxdCO
途中――。

唯「痛いっ!」

亀井「痛っ!」

憂「あ、ごめんなさい。急いでて」

亀井「……気をつけろよ」

澪「あれ、貴方は」

律「亀井選手だ。イチローに変わって出たけど、ちょっとしか打てなかった亀井選手だ」

梓「律先輩。一応、10割打者に失礼ですよ」

姫子「君もね……」

亀井「この野郎……いきなりぶつかってきてそりゃあねーんじゃねーの?」

紬「すいません、亀井さん」

亀井「!! その眉毛! 琴吹紬さんか?」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:15:25.17 ID:kA7aCxdCO
紬「父がお世話になっています」

亀井「まあ、あなたの知り合いなら許してあげるけどね」

唯「うー、ごめんなさい」

亀井「ちゃんと今度から前見て歩いてよ」

憂「本当に失礼しました」

唯「あ、早く行かないとケーキなくなっちゃう!」

澪「唯!」

亀井「……ったく。今日は本当についてねーな。昨日の優勝の後だってのに、こんな池沼に会うなんて」

憂「あ?」

姫子「まあ、まあ」

紬「……亀井さんはお一人で何を? 記者会見は?」

亀井「もう終わったよ。飛行機の件で、まだ数日こっちにいることになったけどね」

紬「……他の皆さんも?」

亀井「ああ、まだいるよ」

紬「……」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:17:58.79 ID:kA7aCxdCO
澪「どうした? ムギ」

律「なんだ、記者会見終わってんのか。じゃあどうする。もう日本に帰るか?」

梓「だから、飛行機の件で帰れないって今亀井さんが」

内川「どうした、亀井」

亀井「ああ。なんかこの娘たちが」

姫子「内川選手だ」

内川「おー、かわいい子達がなんでこんなところに」

唯「えへへ、かわいいだって」

憂「もう、お姉ちゃん」

紬「……あれ、内川選手?」

内川「ん? なんだい?」

紬「お行儀が悪いですよ」

内川「え?」

紬「そんな、食べながら歩いちゃったら」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:20:19.77 ID:kA7aCxdCO
内川「ん? 俺何も食べてないよ?」

紬「え? だってここに……」ナデナデ

内川「……」

律「ば、バカ、ムギ!!」

澪「それアゴ!」

紬「ああ、なんだー。フランスパンでも食べてるのかと……」

内川「……」

唯「たしかに、おっきいもんねえ」

憂「お姉ちゃん!」

内川「……池沼共が」

憂「あ?」

姫子「まあまあ」

紬「昨日の試合。見ました!」

内川「ああ……そう」

紬「何とか勝てましたね! ぎりぎりでしたね! 本当は15安打もしてたんだから楽勝だと思ってましたけど、下手な攻めでうまくいきませんでしたね」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:22:24.35 ID:kA7aCxdCO
梓「ム、ムギ先輩?」」

内川「……」

亀井「紬ちゃん……」

紬「何でしょう? だって本当の……ああ、亀井さんは出てませんでしたね」

亀井「……」ブチ

紬「あーあ、私たちがWBC日本代表だったら余裕で優勝してたのになあ」

亀井「……なら、勝負する?」

梓「え?」

内川「そうだな。時間もあるし、そんなに言うんなら三日後、ドジャースタジアムで勝負しようよ」

律「いや、そんなの適うわけ」

紬「ええ、いいですね。では三日後」

澪「おい、ムギ!」

唯「え、野球するの? やったー」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:23:14.68 ID:kA7aCxdCO
亀井「池沼」

憂「おい、仏の顔も三度までって知ってるか? ぼっこぼこにしてやるからな。負けたら泣いて詫びろよ」

姫子「まあまあ」

内川「オッケー。負けたら泣いて土下座な。逃げんなよ」

紬「ええ、もちろん。では三日後に」

律「…………マジ?」

そんなこんなで三日後日本代表対桜ヶ丘高校の試合が決定した。


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:25:48.78 ID:kA7aCxdCO
その日の昼

律「ムギ、どうすんだ! 日本代表にあんなこといって! 大体勝てるわけがないぞ!」

澪「そうだぞ! 今からでも謝りにいったほうがいい」

梓「です」

紬「ご、ごめんなさい。いい思い出ができると思って……」

唯「えー、なんで? 面白そうじゃん」

憂「終わったことより今は勝つことを考えましょう」

姫子「憂ちゃん、なんかキャラが」

律「それにメンバーがいちご入れても8人で、足りないじゃん!」

いちご「……ええ、私も出るの?」

澪「ごめんな、いちご」

いちご「やだ……って言いたいけど、まあ、別にいいかな」

紬「あ、足りない分は大丈夫。助っ人、監督も含めて呼んだから」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:26:53.84 ID:kA7aCxdCO

唯「えー?」

梓「誰ですか」

紬「アルバートさんと、マイクさん、あとからもう一人」

律「……誰?」

紬「さ、今から試合に向けて練習しましょう!」」

澪「っていうか、私、野球できないんだけど……」

梓「私は少し。でも、なんか、変な展開になってきましたね」

憂「まず、向こうの一番はイチローさんだから内角に……」

姫子「……ノリノリの人もいるけど」

唯「わーい、練習練習ー」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:31:18.13 ID:kA7aCxdCO
そして試合当日――。


憂「1番はイチローさん……まずは内角に決めて、次に」

唯「憂ー、試合始まるよー」

律「最初はぐだぐだしてたけど、もうここまで来たらやるしかないよな」

梓「不本意ですけどね。でも、楽しみではありますよね。私、ミートD パワーF 走力B 肩C 守備力B の気がしますし」

姫子「ど、どういうこと?」

いちご「……私、ライト?」

澪「なななな、なんで私が1番?」

ソーシア「ミオ、チカラヲヌキナサーイ。アナタナラダイジョウブデース」

プホ「ソウダゾ。アンナニレンシュウシタジャナイカ」

紬「お二人とも、助っ人ありがとうございます」


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:32:56.62 ID:kA7aCxdCO
ソーシア「ナニ、イチローノデータヲトルイイチャンスデース」

プホ「カッタライチローノケツヲイタダケルンダヨナ?」

紬「ふふ。さあ、いきましょう」

内川「おい、池沼」

憂「あ?」

姫子「まあまあ」

紬「なんでしょう?」

亀井「高校生と試合するんだから、ハンデをやるよ」

律「ハンデ?」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:36:23.48 ID:kA7aCxdCO
内川「ああ、最初に5点やるよ。つまり、始まった時点で5-0であんたらのリードってわけだ」

梓「馬鹿にしてますね」

亀井「当たり前だろ! 高校生だぜ? 最初は10点あげようと思ってたところだ。でもそっちにはメジャー最強打者がいるからな」

プホ「オマエダレダ?」

内川「しかしかわりといっちゃあ何だが」

いちご「……勝手に点をくれておいて代わりを要求するとか」

内川「10点差付いたらコールドにさせてもらう。俺たちも暇じゃないんでな」

紬「ええ、ええ。いいですよ。さ、試合を始めましょう。あ、でも、約束は忘れないでくださいね」

内川「ああ、あったりまえだろ。絶対に土下座して謝らせてやるからな」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:38:25.35 ID:kA7aCxdCO
ノリユキ「さあ、桜ヶ丘高校対日本代表、まもなく始まります。実況は私、安部が担当します。まもなく試合開始です。選手は準備してください」

唯「さあ、皆、がんばろー」

内川「俺たちもいこう!」

日本代表「……」

亀井「あれ? 俺ベンチ?」



スタメン・桜ヶ丘高校

1番 レフト 秋山 左投げ左打ち
2番 キャッチャー 平沢憂 右投げ左打ち
3番 ファースト プホルス 右投げ右打ち
4番 ショート 田井中 右投げ右打ち
5番 ピッチャー 平沢唯 右投げ両打ち
6番 センター 立花 右投げ左打ち
7番 サード 琴吹 右投げ右打ち
8番 ライト いちご 右投げ右打ち
9番 セカンド 中野 右投げ左打ち

監督 ソーシア

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:41:45.52 ID:kA7aCxdCO
日本代表

1番 ライト イチロー
2番 ショート 中島
3番 センター 青木
4番 キャッチャー 城島
5番 ファースト 小笠原
6番 レフト 内川
7番 セカンド 岩村
8番 ピッチャー 松坂
9番 サード 片岡

監督 原




プレイボール!

1回表 桜ヶ丘高校の攻撃


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:42:46.73 ID:kA7aCxdCO
アナウンス「1番、レフト 秋山」

澪「ううう、怖い」

城島「……(おいおい、何でこんなのと試合を。まあ、とりあえずストレート三つでいいか)」


ストライーク

ボール

ストライーク

審判「1ボール、2ストライク」

澪「こ、こんなの速すぎて打てるわけない」

ソーシア「ミオ!」

澪「え?」

ソーシア「(バントノカマエヲシテバットヲヒケ)」

澪「そ、そんなことしても意味がない気がするけど……」


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:45:28.87 ID:kA7aCxdCO
ストライーク、バッターアウト!


澪「うう、三振……」

憂「ドンマイ! 澪さん! まだ始まったばっかりですよ」

澪「憂ちゃん」

アナウンス「2番、キャッチャー 平沢憂」

憂「よろしくお願いします」ペコリ

城島「(ま、この子もストレート三つだな。というかプホルス以外に本気だしたくねえ)」


ボール

ストライク

ストライク

ボール

審判「2ボール、2ストライク」


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:46:24.07 ID:kA7aCxdCO
城島「(……微動だにしないなこの子、うつ気あるのか?)」


カキーン


ノリユキ「打ったー!! ワンバウンド、ツーバウンド、左中間真っ二つー!!」


憂「よし! やったよお姉ちゃん!」

唯「おー、すごい! すごい!」

梓「松坂選手から二塁打……」

律「よくできた妹だ」

姫子「よくできたどころじゃないよ……」

ソーシア「フム……コレデワンアウトニルイカ」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:49:28.03 ID:kA7aCxdCO
アナウンス「3番、ファースト プホルス」

プホ「イチローハオレノモノ」

城島「(あんな女子高生に打たれるとは……ち、まあいい。それよりプホルスだ。ホームランだけは避けないと)」

松坂「(プホルスには本気出すぞ。じゃないとこんな試合やってる意味がない)」

城島「(まずは内角低めのストライクからボールになるスライダーだな。守備は下がらせておこう)」

松坂「(……ストレートがいい気がするけど)」


ボール


城島「(振ってこないか)」

松坂「(次……カットボールを外角高めに、か)」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:51:28.10 ID:kA7aCxdCO
ボール


城島「(ち……ひとつ内角を入れておくか)」

松坂「(警戒しすぎだジョーさん……ストレートの内角高目、か)」


コツン


ノリユキ「バント!!」

城島「何!!」

松坂「ち!!」




46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:52:12.00 ID:kA7aCxdCO
セーフ


ノリユキ「オールセーフ! プホルス、ナイスバント!」

唯「やったー!」

梓「小技まで使えるんですね」

律「まさに最強だな」

紬「心強い味方ね」

ソーシア「ヨシ……ワンアウトイチサンルイカ」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:54:15.44 ID:kA7aCxdCO
アナウンス「4番、ショート 田井中」

律「いっくぜー」

城島「(まさかバントとは……しかしバントならなんで)」

松坂「(くそっ……4番か、っていっても高校生。どうでもいいから適当でいいか)」

城島「(4番……適当に、といいたいとこだが、それよりさっさと終わらせたいな。コールドもあるし。カットボールだけ投げて、引っ掛けさせてゲッツーでいいか)」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:55:30.80 ID:kA7aCxdCO
ストライーク

ボール

ボール

コツン


ノリユキ「スクイズー!!」

城島「なにい!!」

松坂「ジョーさん!」


セーフ


城島「くっ! 一塁は行かせない!」


アウト


ノリユキ「スクイズ成功!」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:57:33.18 ID:kA7aCxdCO
桜ヶ丘高校6-0日本代表

澪「やった! 1点とったぞ!!」

憂「やりましたね!」

律「ナイススクイズ私!」

梓「自分で褒めないでください……でも、律先輩、ナイスプレイでしたよ!」


2アウト 二塁 ランナー プホルス



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 14:59:07.12 ID:kA7aCxdCO
アナウンス「5番、ピッチャー 平沢唯」

唯「よし、りっちゃんに続きまする!」

城島「(……なんてこった。高校生の素人に1点取られるなんて)」

松坂「(マジかよ……皆の視線が痛い)」

日本代表「……」

城島「(……とにかく、とっとと終わらせよう。カットボールを1球投げて、あとはストレートだ。大輔、少し真面目にやるぞ)」

松坂「(……この子、なんか構えが)」

プホ「ユイ!」

唯「うん!」

城島「(……なんだ?)」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 15:00:42.08 ID:kA7aCxdCO
ボール

ボール

ストライク

ストライク


唯「(腰を落として、回転でパワーを……)」

城島「(はは、この子も微動だにしないじゃないか。ちょっと、内角のストレートで驚かせてやれ)」


カキーン!!

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 15:04:34.21 ID:kA7aCxdCO
ノリユキ「これはグレイトな一発だー!!」

城島「なんだとお!」

松坂「え?」

城島「切れろ、切れろお!」

唯「あ、打っちゃった」

城島「入るわけない! こんな、高校生に!」

プホ「ハイル。 ハイルンダナコレガ。ナンテッタッテ、ユイハ……テンサイダカラナ」

ノリユキ「入ったー、平沢! 2ランホームラーン!! 桜ヶ丘高校! 2点追加!!」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 15:05:19.23 ID:kA7aCxdCO
桜ヶ丘8-0日本代表


唯「わー、やったよお! みんなー」

律「よーし、ナイスバッティング!」

紬「唯ちゃん!」

憂「すごい、すごーい!」

澪「すごいっていうか……」

梓「なんで? って感じですね……」

プホ「フフ、オシエタカイガアッタナ」

姫子「教えたぐらいであんなに打てるものなの?」

いちご「……知らない」


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 15:07:03.17 ID:kA7aCxdCO
アナウンス「6番、センター 立花」

城島「(まさか……まさかまさかまさか)」

松坂「(え? あれ? 俺打たれた?)」

城島「(女子高生に! 打たれた! ホームランを!)」

松坂「(……マジで?)」

城島「(……)」

松坂「(ま、まあ本気じゃなかったからな)」

城島「(……ゆるさねえ……ダイスケ!)」

松坂「(本気で?……マジで? 女子高生相手に? ……やだなあ)」


ストライク

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 15:07:58.83 ID:kA7aCxdCO
ボール

ストライク

ストライク、バッターアウト


姫子「こ、こんなの打ったの唯は?」


アナウンス「7番、サード 琴吹」


ボール

ストライク

ストライク


ソーシア「ツムギ!」

紬「あら」


ボール

ボール

ストライク、バッターアウト チェンジ!

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 15:10:21.15 ID:kA7aCxdCO
紬「ごめんねー」

唯「バントするのかと思ったよ! ムギちゃん」

律「構えだけとはな。監督のサインか?」

紬「ええ」

澪「さ、守備だ。行こう」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 15:11:25.13 ID:kA7aCxdCO
1回裏 日本代表の攻撃


アナウンス「1番、ライト イチロー」

憂「(この人は打たせられない)」

唯「いっくよー」

憂「(まずは内角……低めに。いや……)」

唯「え? タイム!」

憂「ん?」

唯「憂! ちょっときて!」

憂「どうしたの、お姉ちゃん?」

唯「憂、すごいことが起こったよ」

憂「どうしたの?」

唯「あのね……」

憂「うん」

唯「イチローさん、もう一塁にいる」

憂「え」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 15:14:25.40 ID:kA7aCxdCO
プホ「ウホッ」

イチロー「イッキュウカワイスギル」

プホ「オレヨリカイ?」

イチロー「ミタダケデホボイキカケルンダゼ」

律「二人とも、ドンマイ! 相手はイチローさんだししょうがない!」

唯「うん! 次頑張るよ!」


アナウンス「2番、ショート 中島」

憂「(中島さんか……ここは内角低めにカーブを)」


ボール

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 15:15:24.90 ID:kA7aCxdCO
憂「(ううん、手を出してくれないな。次はストレートのボール球をを外角低めに)」


ボール


憂「(2ボールか……もう一球カーブで。逆にど真ん中に投げてみよう)」

唯「ういー、いくよー」


カキーン


ノリユキ「鋭い打球! ああっとサード取れなーい!」

唯「ああっ!」

中島「(サイドスロー、だからかな? なんか、打ちにくい)」

憂「(……)」

ノリユキ「イチロー、ホームイン! 日本代表、1点返しましたー!」

憂「え!?」


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 15:17:43.52 ID:kA7aCxdCO
唯「どうしたの?」

憂「お、お姉ちゃん。イチローさん、さっき1塁にいたよね?」

唯「うん」

憂「いつ、三塁まで行ってたの?」

唯「え? んー、なんかするっと」

律「あっという間だったぞ」

憂「(まったく気づかなかった)」


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 15:19:05.01 ID:kA7aCxdCO
桜ヶ丘高校8-1日本代表

0アウト ランナー1塁


アナウンス「3番、センター 青木」

憂「(青木さん……バントは、ない。と思う)」

唯「(えっと、ストレートを内角高めに。顔の近くに投げて、か……危なくないのかな?)」

憂「(ぶつけるぐらいでいいよ、お姉ちゃん)」


カキーン


ノリユキ「打ったー! ライト前ヒーット!! ランナーは三塁まで進みます!」

審判「ノーアウト、1、3塁」

青木「(あれ? 100キロぐらいしか出てないのに、なんか打ちづらいな)」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 15:20:11.46 ID:kA7aCxdCO
憂「あれを打つなんて」

アナウンス「4番、キャッチャー 城島」

憂「(だめだ……これ以上は)」

城島「(スタンドに放り込む)」

憂「タイム」

唯「憂、どうしたの?」

憂「お姉ちゃん、このままだとまた打たれちゃう」

律「だな、なんとかしないと」

紬「さすがに日本代表ね。ストレートとカーブだけが持ち球じゃ厳しいわ」

梓「むしろ、スタンドに放り込まれなかっただけましです」

プホ「オレハイチロートハナセタカラマンゾクダケドナ」

憂「…………お姉ちゃん、私、頑張って取るから」

唯「え?」

憂「だから……気にしないで、投げていいよ」


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 15:23:06.21 ID:kA7aCxdCO
唯「でも」

憂「大丈夫だよ、お姉ちゃん」

律「唯、どの道このままじゃ打たれちまうよ」

唯「うん……わかった」

審判「プレイ!」

城島「無駄だよ、俺に女子高生の球が打てないはずがない」

憂「女子高生だから打てない球だってありますよ」

城島「あんなに遅い球を打てないって? 冗談」

憂「(お姉ちゃん、ど真ん中でいいよ)」

唯「(うん)」ポイ

城島「棒球!」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 15:23:59.33 ID:kA7aCxdCO
カキン


ノリユキ「おっと、これは引っ掛けた」


アウト

アウト


ノリユキ「6-4-3のダブルプレー。しかし日本代表その間に1点返しました」

城島「なん、だと?」


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 15:26:07.65 ID:kA7aCxdCO
桜ヶ丘高校8-2日本代表

2アウト ランナーなし

唯「ごめんね憂ー、また1点取られちゃった」

律「ばか、唯。あれでいいんだぞ! ナイスピッチ」

憂「そうだよ。やったね、お姉ちゃん」

城島「ば、かな……あれは……ナックル。ウェイクフィールドじゃねえんだぞ。しかもサイドスローであんなに動くなんて」


アナウンス「5番、ファースト 小笠原」

憂「(ここからは打たせない。ナックルにストレートにカーブ、それにこの球速ならもうひとつ使える。これだけ選択肢があるなら打たれたら私の責任だ)」


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 15:28:17.56 ID:kA7aCxdCO
唯「(憂、ナックル取れるのかなー?)」

ソーシア「(イッキュウメハナックルヲナゲロ)」

憂「(そのつもりだよ)」


ストライク


憂「(次はストレートで大きめにはずす)」


ボール


憂「(最後に)」

小笠原「(ナックル、来るな)」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 15:31:07.70 ID:kA7aCxdCO
カキン


ノリユキ「ショート真正面!」

律「ほいっ」


アウト

チェンジ


憂「(スローボールでかわす、と。よし、思ったとおり。ナックル警戒してるね)」

唯「疲れたー、指痛ーい」


2回表 桜ヶ丘高校の攻撃

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/22(日) 15:34:29.64 ID:kA7aCxdCO
アナウンス「8番、ライト いちご」

いちご「……」

城島「(……一応、1球目ははずすか)」

松坂「(ええ、そんなことしなくても)」

城島「(ダイスケ! もう遊びは終わりだ!)」

松坂「いや、女子高生相手に……」


ボール


城島「(微動だにしないな……いや、さっき、それで痛い目にあったんだ。用心しよう)」


ボール

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 15:39:15.93 ID:kA7aCxdCO
ストライク

ボール

ストライク

ボール、フォア


松坂「(あ)」

城島「(くそ……警戒しすぎたか)」

いちご「(私守備しかできないんだけど……平沢さんと一緒にしないでほしい)」

ソーシア「……フフ」


アナウンス「9番、セカンド 中野」

梓「(ここは、やっぱり)」

ソーシア「(バントダ)」

城島「(バントだろうな。……よし)」


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 15:43:09.88 ID:kA7aCxdCO
松坂「(やりすぎじゃないか? ま、いいか)」ビュ

梓「きゃ!」


コツン


ノリユキ「バント! しかし打ち上げた! ランナー飛び出している!」


アウト

アウト


ノリユキ「ダブルプレー! 城島、ナイスプレイ!」

梓「うう、顔に当たるかと思ったです」

憂「今のは仕方ないよ、梓ちゃん」


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 15:44:27.92 ID:kA7aCxdCO
律「このチームのお荷物ザマスね!」

唯「そうザマス!」

紬「こらこら二人とも」

梓「うう」

律「嘘だよ、あれはしょうがないって」

唯「そうだよ、あずにゃん。次ぎ頑張ろー!」



84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 15:47:26.92 ID:kA7aCxdCO
アナウンス「1番、レフト 秋山」

それからは桜ヶ丘高校は一喜一憂しながら試合は進んでいった。
あの後、2回の表は澪で終了。しかし唯の活躍、憂の頭脳で奇跡的に零封のまま試合は進んでいくことに成功する。裏の日本代表の攻撃は、なんと三者凡退だった。
3回の表は、憂がセカンドゴロに終わるもプホルスは圧巻の3塁打。ここでも点が入るかと思われたが、律は三振。唯はセンターフライだったため、プホルスの打撃は報われなかった。
その裏は片岡がファーストゴロ、イチローが内野安打で出塁する。しかし中島がダブルプレーだった。
4回の表は姫子がサードゴロ。紬、いちごは三振だった。
変化があったのはその裏、青木がショートゴロでアウトになり、城島を迎えると――


カキーン!!


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 15:49:18.67 ID:kA7aCxdCO
ノリユキ「これは大きいー! レフト見送ったー! 日本代表、1点返しましたー」


桜ヶ丘高校8-3日本代表


城島「見たか!」

憂「(……ナックルが、打たれた)」

唯「ああー」

律「オッケー、一点ぐらいどってことないぞー」

紬「次頑張りましょう」

姫子「唯、ドンマイ」

いちご「帰りたい」





86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 15:50:46.19 ID:kA7aCxdCO
アナウンス「5番、ファースト 小笠原」

憂「(配球が読まれた? ううん、仮にそうだとしてもナックルが打たれるなんてこと)」

ソーシア「ウイ!」

憂「(もう一度ナックル、か)」


カキーン


唯「あ!」

ノリユキ「これは大きいー、入るか、入るかー? フェンス直撃ー! ランナーは2塁まで進みます!」

小笠原「(なるほど……言われたとおりだ)」

憂「(どういうこと……)」



87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 15:52:58.50 ID:kA7aCxdCO
ソーシア「……」

唯「うー」

梓「唯先輩、ファイトです!」


アナウンス「6番、レフト 内川」

内川「はは、土下座の準備でもしておくんだな」

憂「……」

内川「ビビッて声も出ないかい?」


ストライク


内川「ああっ!」

憂「前見たほうがいいですよ? それともあごで見えないんですか?」

内川「こ、この野郎……!」


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 15:53:54.49 ID:kA7aCxdCO
ボール


憂「(手を出さない……まるでナックルを待ってるみたい……)」

唯「(指が痛いなあ)」

憂「(スローボールを投げてナックルに見せかけてみる? ……うん、そうしてみようかな。監督、どうですか?)」

ソーシア「(……マア、イイダロウ。シカシゼッタイニストライクニスルナ)」

憂「(じゃあ外角に)」

唯「(あごの人、笑ってる気がするんだけど、憂、気づいてるのかなあ?)」ビュ


カキーン


憂「え!?」

ノリユキ「強烈な打球! そして打球は左中間へー!」

澪「あ、えっと、えと」

ノリユキ「ああっ! 秋山、ボールの処理に戸惑っている! 小笠原、ホームイン! 内川は3塁へ! 日本代表また1点返しましたー!」


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 15:57:14.24 ID:kA7aCxdCO
桜ヶ丘高校8-4日本代表

1アウト ランナー3塁


憂「(今、完全に読まれてた……打つ瞬間、足を開いて左中間を狙ってた……どういうこと)」

ソーシア「スローボールガクルコトスラヨンデイタトイウノカ」

唯「皆、ごめんね」

律「いや、それより」

紬「タイムを取りましょう。皆、マウンドに」

梓「しょうがないですよ、向こうは日本代表ですし。打たれるのは不思議じゃないです」

憂「うん……」

プホ「ユイ、モウナックルハヒカエロ」

憂「そう、ですね。カーブとストレート主体で」

律「さっきそれで打たれちゃっただろ!」




90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 15:58:14.40 ID:kA7aCxdCO
紬「でも、ナックルも打たれちゃうわ」

唯「どうせ打たれるなら、指が痛いからストレートとカーブ主体がいいな」

憂「(仕方ないな。こうなったらスローボールをナックルに見せかけて、でもさっきそれで打たれちゃったから……って、え?)」

唯「ふー」

憂「お、お姉ちゃん!」

唯「ほえ? どーしたの、憂」

憂「今なんて」

唯「え? ほえ? どーしたの憂」



91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 16:00:39.30 ID:kA7aCxdCO
憂「じゃ、じゃなくてその前!」

唯「えっと、指が痛いって」

憂「それだよ、お姉ちゃん!」

律「どういうことだ?」

紬「まさか」

憂「ええ。お姉ちゃん、ナックルを投げるとき指浅く握って投げてない?」

唯「うん。だって指痛いんだもん」

憂「やっぱり、最初のときとはそれが違うんだ」

梓「でも、ナックルになってるよ?」

憂「ここからは推測だけど……」

紬「握りが浅くなったから、揺れる方向が小さくなってどちらか一定の方向にしか変化しなくなった……?」

憂「そうです。おそらくですけど。どちらにしろ、握りのせいでナックルを読まれ、打たれると思った私はスローボールを投げてしまい、さらにその思考も読まれ……と、悪循環ですね」


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 16:02:10.18 ID:kA7aCxdCO
律「どーすんだ。って、澪!?」

澪「私も入れてくれよー!?」

律「いや、お前外野じゃん」

澪「でも、なんかさびしい」

梓「他の二人は?」

姫子「(唯、大丈夫かな)」

いちご「早く帰りたい」

紬「大丈夫そうね」

律「で、どうすんだ? どっちにしろナックルはもう使えないぞ」

憂「そう、ですね。お姉ちゃんには絶対無理をさせたくないですし」

唯「はいはい!」

梓「どうしたんです、唯先輩?」

唯「じゃあ、ゆっくり投げる!」

律「いや、お前もともとゆっくり投げるじゃん」

唯「だから、ゆっくり投げて指を休ませる!」


  戸建  マンション  賃貸  不動産


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 16:03:07.21 ID:kA7aCxdCO
梓「その間に逆転されちゃいますよ」

唯「大丈夫だよ! 遅く投げるから!」

澪「遅く……?」

審判「君たち、いつまで話し込むつもりだ」

澪「うわあ、す、すいません」

律「おらあ、澪! 走って戻れ!」

澪「律ー、覚えてろよー!」

紬「解散しましょう」

憂「そうですね」

唯「大丈夫だよ、憂。ゆっくり投げるから!」


ここでスレ落ち

コメント

No title

これけいおんでやる必要あったの?

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。