FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッド「なにこのポケモン」キルリア「……」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 13:30:58.52 ID:XxHCk/hIO [2/54]
~草むら~

レッド「……」

キルリア「……」

レッド「……」

キルリア「……」

タッタッタッタ

オーキド「レッド!」

レッド「…………ん」

オーキド「ポケモンももたずに草むらに入ってはいかん」

レッド「ああ、そういえばそうだった」

オーキド「ポケモンを用意してある。着いてくるんじゃ」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 13:36:54.21 ID:XxHCk/hIO
~研究所~

オーキド「この3つの中から選ぶんじゃ」

グリーン「俺は大人だからな。お前に先に選ばせてやるぜ」

レッド「……」

オーキド「中々手に入らない珍しいポケモンじゃぞ」

レッド「……」(どうしようかな……)


ピーピー!! ピーピー!!


レッド「……ん?」

オーキド「なにやら外が騒がしいの」

レッド「ちょっと見てくる」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 13:39:49.79 ID:XxHCk/hIO
~草むら~

ポッポ「ピィ!」

ポッポ「ピィ!」

キルリア「……っ!」

レッド「うわっ……さっきのポケモンが襲われてる……」

ポッポ「ピィ!」

ポッポ「ピィ!」

レッド「ほらっ、パンだぞ」パッパッ

ポッポ「ピィ」

ポッポ「ピィ」

レッド「餌食べるポッポ可愛い……」

キルリア「…………?」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 13:42:47.37 ID:XxHCk/hIO
~研究所~

オーキド「おお、なんだったんじゃ一体」

レッド「別になにも、ただポッポたちが騒いでただけ」

グリーン「まぁ、そんなことだろ…………ん?」

オーキド「さぁレッド、早速じゃが選…………ん?」

レッド「…………なに」

グリーン「いや、お前の後ろになんかいるんだけど」

レッド「…………え」

グリーン「お前のズボンにくっついてるやつだよ」

レッド「…………っ!?」

キルリア「……」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 13:45:16.96 ID:XxHCk/hIO
キルリア「あ、あの……私、キルリアっていいます」

レッド「……」

キルリア「さ、さっき赤い人に助けてもらって」

グリーン「……」

キルリア「運命を感じました!」

オーキド「……」

キルリア「マスター!マスターに私の全てを捧げるよ!」

レッド「……」

キルリア「……あれ、どうかしたの?」

レッド「……」

グリーン「……」

オーキド「……」

レッド・グリーン・オーキド「しゃ、喋ったーっ!?」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 13:51:40.98 ID:XxHCk/hIO
グリーン「えっ!?なにっ!?ポケモンって喋るの!?」

オーキド「さぁ……」

グリーン「さぁって!じーさん世界的なポケモン博士だろ!」

オーキド「いや、図鑑とかの説明文適当に書いただけじゃしのう」

グリーン「ポケモン協会は馬鹿の集まりなのか!?」

キルリア「よろしくねマスター!」

レッド「……」

グリーン「くそっ、ここがこんな田舎じゃなければもっと情報だって……」

オーキド「グリーン、そしてレッドよ」

グリーン「なんだよ」

オーキド「わしからはなにも教えん。お前たちが旅をし、自分の目で見て、自分で経験してくるのじゃ」

グリーン「きれいにまとまってねぇぞじじい」

オーキド「さぁ、早く選び早く行くのじゃ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 13:59:22.73 ID:XxHCk/hIO
グリーン「おい!いいから早く説明しろ!」

オーキド「わし今からお昼寝の時間じゃから。それじおやすみ」

グリーン「おまっ!孫の旅立ちの日に寝るのか!?」

オーキド「……」

グリーン「む、無視しやがったあのじじい……」

レッド「えっ、ちょっと待って……俺強制的にこのポケモンなの」

キルリア「マスター!マスター!」

グリーン「そりゃそうだろ」

レッド「お、俺の意志は……」

グリーン「なんなんだよ一体この扱いは」

キルリア「マスター!マスター!」

レッド「……」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 14:01:56.21 ID:XxHCk/hIO
レッド「……」

グリーン「……」

レッド「……」

グリーン「……」

レッド「そ、それじゃ俺、先に行く……」

グリーン「あ、ああ……」

レッド「……」

グリーン「……」

レッド「お互い……」

グリーン「……頑張ろうな」

レッド「……」

グリーン「……」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 14:06:14.98 ID:XxHCk/hIO
~グリーンの家~

レッド「こんにちは」

ナナミ「レッド君……」


キルリア「マスター、ここどこ?」

レッド「今から旅に出るよ」

ナナミ「いつかはこの時が来ると思ってたけど……いざ来たら寂しいわね」

レッド「ナナミさん……」

キルリア「な、なにこの人!マスターのなんなの!?」

ナナミ「レッド君、頑張ってね。はい、これ」

レッド「…………?」

ナナミ「地図よ、これがあれば計画もたてやすいでしょ」

レッド「ナナミさん……」

ナナミ「いってらっしゃい、立派なポケモンマスターになるのよ」

レッド「うん、ありがとうナナミさん……それじゃ、いってくるよ」

ナナミ「いってらっしゃい」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 14:09:40.95 ID:XxHCk/hIO
~草むら~

レッド「……取り敢えずまずは近い街に行くか」

キルリア「なんて街なの?」

レッド「えっと……ナナミさんからもらった地図によると……」パラッ


【シンオウ地方:マップ】

レッド「……」

キルリア「……?」

レッド「……」

レッド「……」

レッド「……」

レッド「あの野郎!!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 14:31:28.80 ID:XxHCk/hIO
~グリーンの家~

グリーン「それじゃねーちゃん、俺行って来るから」

ナナミ「うん、いってらっしゃい」

グリーン「なんでお前らそんな俺に興味ないの」

ナナミ「地図机の上に置いといたから持っていきなさい」

グリーン「あ、ああ……ありがと」

ナナミ「気を付けてね」

グリーン「ああ、それじゃあな」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 14:33:26.82 ID:XxHCk/hIO
グリーン「さてと……まずは近い街から行くか」

グリーン「まずは地図を見て計画を立てないとな」

グリーン「計画が成功への第一歩だ」パラッ


【ホウエン地方:マップ】

グリーン「……」

グリーン「……」

グリーン「……」

グリーン「……」

グリーン「あの野郎!!」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 14:37:14.75 ID:XxHCk/hIO
レッド「で、お前はなにタイプのポケモンなの」

キルリア「いやぁ、マスターのえっち!」

レッド「……」

キルリア「マスターが私のこと知りたいっていうのは分かるよ」

レッド「……」

キルリア「だって!私だってマスターの全てを知りたいもの!」

レッド「……」

キルリア「マスターがどんな人だろうとも!私はマスターの全てを受け入れる!」

レッド「……」

キルリア「エスパータイプです」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 16:03:00.53 ID:XxHCk/hIO
~1番道路~

レッド「よし、取り敢えずこのまま真っ直ぐいけばトキワシティらしい」

キルリア「トキワシティ?」

虫取り少年「目が合ったら対戦!」

レッド「…………ん?」

キルリア「…………ん?」

虫取り少年「いけっ!キャタピー!」

レッド「……」

虫取り少年「キャタピー!糸をは…………」

レッド「……」

虫取り少年「……」

レッド「……」

虫取り少年「……」

レッド「……」

虫取り少年「ご、ごめんなさい……」ブルブル

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 16:08:40.65 ID:XxHCk/hIO
キルリア「マスター……また守ってくれた」ポッ

レッド「こぇー……最近のすぐ対戦を挑んでくる若者こぇー……」

キルリア「マスター!私も頑張るよ!」

レッド「対戦って普通あんなに簡単に挑んでくるものなのかな……」

キルリア「さぁ……」

レッド「ポケモンバトルってもっと正式な対戦のイメージが……」

キルリア「まぁ道を歩いていけば分かるよ!」

レッド「そうだな、取り敢えず進むか」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 16:13:51.46 ID:XxHCk/hIO
虫取り少年B「虫ポケモンの強さをみせてや……」

レッド「……」

虫取り少年B「ご、ごめんなさい……」ブルブル

虫取り少年C「今さっき捕まえばっかりのポケ……」

レッド「……」

虫取り少年C「し、失礼な態度を取ってしまいすいませんでした……」ブルブル

虫取り少年D「対戦しよーぜ!対……」

レッド「……」

虫取り少年D「…………」ブルブル

レッド「……」

レッド「……」

レッド「……」

レッド「なんだこの治安の悪さ……」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 16:17:51.68 ID:XxHCk/hIO
キルリア「マスター!マスター凄いよ!なにもしてないのに相手が逃げてくよ?」

レッド「ただ黙って見てるだけなのに……なんでだ」

キルリア「……」(言えない……マスターの黙ってる時の雰囲気がとてつもないなんて言えない……)

レッド「俺ポケモンバトルとかやったことないから経験しときたいな、ジム戦の前に」

キルリア「ジム戦なんて私がいれば余裕だよ!」

レッド「…………あ」

キルリア「あっ」

レッド「トキワシティ……」

キルリア「結構近かったね」

レッド「取り敢えずいろいろ買わないと……」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 16:25:33.28 ID:XxHCk/hIO
~トキワシティ~

老人「そこの君」

レッド「…………ん」

老人「君、ポケモントレーナーだね」

レッド「…………はい」

老人「ひぃっ」(な、なんじゃこの少年……なんか怖い……)

レッド「あの、なにか……」

老人「モンスターボールの使い方を教えさせてください」

レッド「は、はぁ……」

キルリア「おらぁっ!」ドスッ

老人「ぐふぅっ!」

レッド「うぉぉっ!?お前お年寄りの方になにしてんだ!?」

キルリア「みぞおちに頭突きを食らわせたよ!」

レッド「な、なんで!?」

キルリア「マスターのポケモンは私1人!マスターをたぶらかさないで!」ゲシッ ゲシッ

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 16:30:03.10 ID:XxHCk/hIO
キルリア「いやぁ、恐い恐い。まさかマスターをたぶらかす輩がこんなに早く出てくるなんて」

レッド「俺はお前が恐い……」

キルリア「マスターの為なら……私、命を賭して戦うよ」

レッド「ひょっとしてお前……凶悪ポケモンとかそんな感じか」

キルリア「なんのことだか分からない」

レッド「まぁいいや……取り敢えずジム行くか」

キルリア「初めてのポケモンバトルがジム戦だなんて……マスター格好良いっー!」

レッド「……」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 16:42:05.46 ID:XxHCk/hIO
~トキワジム~

レッド「やってない……」

キルリア「……」

レッド「仕方ない……また戻ってくるのは面倒だけど次のジム行くか」

キルリア「……」

レッド「行くぞ、キルリア……」

キルリア「……」

レッド「……?」

キルリア「……」

レッド「……どうかした?」

キルリア「あっ……ごめんなさいマスター……つい考え事を……」

レッド「いや、別にいいけど……」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 16:44:17.78 ID:XxHCk/hIO
キルリア「……」

レッド「次の街に行くには森を越えないといけないのか……やだな……虫とか……」

キルリア「はっ!!」

レッド「…………?」

キルリア「マスター!分かったよ!さっきのジムが閉まってた理由!」

レッド「……」

キルリア「きっとマスターの凄さに恐がって逃げたんだね!」

レッド「……」

キルリア「流石マスター!格好良いっー!」

レッド「虫よけスプレー……買わないと」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 16:57:53.12 ID:XxHCk/hIO
~トキワの森~

シュー

スピアー「グギャッ!」ドサッ

レッド「虫よけスプレー凄いな……」

プシュッー

ビードル「ギャッ!」

レッド「凄いな……科学の進歩」

プシュッー

バタフリー「グギャッ」ドサッ

キルリア「格好良いっー!マスター最強っー!」

レッド「虫よけスプレーもっと買っておけば良かった……」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 17:01:33.87 ID:XxHCk/hIO
スピアー「――――!」

キルリア「マスター!マスター!蜂の大群が!」

レッド「1、2、3、4……数えきれないな……」

キルリア「30匹ぐらいいるよ!?い、いざという時はマスターだけでも……絶対に……」

レッド「……大丈夫だ」

キルリア「……え」

レッド「……俺の後ろに」

キルリア「マスター……」ポッ

スピアー「――――!」

レッド「……」

レッド「……」

レッド「……」

レッド「……」

レッド「虫よけスプレー……さっきので切れてた……」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 17:13:31.22 ID:XxHCk/hIO
レッド「どうしよ……」

キルリア「マスター……?」

レッド「虫よけスプレー……切れちゃった」

キルリア「っ!?」

レッド「……」

キルリア「マスター」

レッド「……?」

キルリア「逃げて」

レッド「っ……」

キルリア「マスターだけは、絶対に助ける」

レッド「キルリア……」

キルリア「早く!今のうちに!」

レッド「……」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 17:19:14.79 ID:XxHCk/hIO
レッド「俺はまだ……新米トレーナーだから、偉そうなことは言えないけど」

キルリア「マスター……?」

レッド「自分のポケモンを見捨てることは……したくない」

キルリア「マス……ター……」

レッド「キルリア、お前は下がってろ」

キルリア「っ!?マスター!?まさか戦う気!?」

レッド「……ああ」

キルリア「マスター!だめっ!」

レッド「うぉぉぉおおおっ!!」

キルリア「マスター…………!!」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 17:24:10.67 ID:XxHCk/hIO
―――――
――――
―――
――


レッド「19枚……20枚……」

スピアー「……」

キルリア「マ、マスター?」

レッド「……なに」

キルリア「なにしてるの?」

レッド「……スピアーの羽もいでるんだ」

キルリア「マスター!」ダキッ

レッド「うわっ……なに、いきなり」

キルリア「マスターのばか!」

レッド「勝ったんだから……別に泣くことは」

キルリア「マスターなんでそんなに強いの」

レッド「強いっていうか……小さい時に良くグリーンと虫取りしてたから」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 17:27:45.88 ID:XxHCk/hIO
レッド「小さい時だったから……スピアーの羽をもいだりして遊んだりもしてたんだ」

キルリア「……」

レッド「……子どもは残酷だから」

キルリア「マスター、小さい時からそんな過酷な修行を……」

レッド「……修行?」

キルリア「マスター!マスターの思いは伝わったよ!」

レッド「……」

キルリア「私も!私も最強のマスターの!最強のポケモンになる!」

レッド「……?」

キルリア「マスター、私も頑張って……強くなるから!」

レッド「……」

レッド「……」

レッド「……」

レッド「……」

レッド「……」(さっきから何言ってんだろ……)

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 17:40:51.32 ID:XxHCk/hIO
~ニビシティ~

レッド「……今度こそジム」

キルリア「マスターに恐れをなして逃げないといいんだけど……」

レッド「えっと……岩タイプ」

キルリア「なんの話」

レッド「……次のジムのタイプ」

キルリア「岩って……」

レッド「……うん」

キルリア「あははっ!岩なんかに負けるわけないよ!だってあれでしょ?そこら辺に落ちてるあれでしょ?」

レッド「多分……」

キルリア「マスターの相手には物足りないね」

レッド「石みたいなのが出てくるのかな……」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 17:45:41.43 ID:XxHCk/hIO
~ニビジム~

キルリア「たのもー!」

トレーナー「挑戦者か、タケシさんと戦いたいのなら俺を倒しな」

レッド「……」(そういうシステムなのか……)

キルリア「ただのトレーナーのくせに生意気なっ!」

レッド「……」(なら、やるか……ポケモンバトル)

トレーナー「ご、ごめんなさい……」

レッド「…………?」

トレーナー「の、呪わないでください……」

レッド「呪い…………?」

トレーナー「ひ、ひぃっ!」タッタッタッタ

レッド「……なんだ、あれ」

キルリア「……」(言えない、無言のマスターは恐いだなんて……言えない)

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 17:55:16.40 ID:XxHCk/hIO
タケシ「君が挑戦者か」

レッド「ああ……」

タケシ「それじゃ、いくよ!いけっ!イワーク!」

イワーク「――――!」

レッド「……」

キルリア「……」

レッド「……」

キルリア「……」

レッド「……」

キルリア「マ、マスター……」

レッド「……」

キルリア「む、無理……あれ無理……」

レッド「な、なんであんなにでかいの……」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 18:01:07.93 ID:XxHCk/hIO
タケシ「イワーク!ストーンエッジ!」

キルリア「ひぃっ!」

レッド「キルリア!」ガバッ

キルリア「っ!?マスター!?」

レッド「ぐぅっ……」

キルリア「マスター!マスター!な、なんで庇ったの!」

レッド「……」

キルリア「マスター!返事!返事して!」

レッド「…………ちょっとお前、あいつの攻撃食らってみて」

キルリア「…………え」

レッド「……いいから」

キルリア「マスターの命令なら、どんなものでも聞くから別に構わないけど……」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 18:03:11.75 ID:XxHCk/hIO
イワーク「ガァッ!」

キルリア「くぅっ……!」

レッド「……」

キルリア「…………あれ」

レッド「……」

キルリア「痛くない」

レッド「……やっぱりか」

キルリア「全然痛くない」

レッド「なんかポッポにつっつかれた時ぐらいの痛さだな……」

キルリア「この見かけ倒しポケモンめ!」

レッド「」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 18:05:17.45 ID:XxHCk/hIO
キルリア「いや、違う……」

レッド「……?」

キルリア「あのポケモンが弱いんじゃない!」

レッド「……」

キルリア「私たちが強い!ただそれだけ!」

レッド「……」

キルリア「これが、マスターと私の愛の力!」

レッド「……」

キルリア「いやっ、恥ずかしい……マスター……えへへ……」

レッド「……」

レッド「……」

レッド「……」

レッド「……」

レッド「……」(1回病院連れてった方がいいかな……)

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 18:13:54.83 ID:XxHCk/hIO
タケシ「イワーク戻れ!いけっ!イシツブテ!」

レッド「っ……」

キルリア「な、なんか石が出てきた……」

レッド「キルリア、下がってろ」

キルリア「…………え」

レッド「……今俺は、決闘を申し込まれた」

キルリア「決闘……?」

レッド「ああ……」

タケシ「イシツブテ!ロックカット!」

イシツブテ「ガァッ!」

レッド「……」ガシッ

イシツブテ「ッ!?」

キルリア「石を掴んだ……?」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 18:19:39.65 ID:XxHCk/hIO
レッド「タケシ、イシツブテが1つしかないがルールは……?」

タケシ「いや、ルールもなにも普通のバトルなんだが」

レッド「なるほど……投げ合って先に倒れた方が負けか」

タケシ「えっと……取り敢えずイシツブテを放してくれな」

レッド「……ふっ!」


シュッ


タケシ「がぎゃっ!」グチャッ

ドサッ


タケシ「……」

レッド「……この程度か」

キルリア「凄い……石を的確に顔に投げつけた……………流石マスター!」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 18:25:27.64 ID:XxHCk/hIO
レッド「……勝った」

キルリア「流石マスター!」

タケシ「くっ……」

レッド「もう起き上がるか……」

タケシ「君は……マサラ出身か?」

レッド「そうだけど……」

タケシ「やっぱりか……君の前にやってきたマサラ出身のトレーナーにも同じことをやられたんだ」

レッド「グリーン……」

タケシ「イシツブテを出したら、凄い真面目な顔でいきなり投げ付けてきて……」

レッド「……グリーン、もうニビシティは出たのか」

タケシ「1つだけ言わせてくれ」

レッド「…………?」

タケシ「イシツブテは玉じゃない!」

レッド「……」(負け惜しみか……この程度のトレーナー、倒したうちには入らないか……)

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 18:52:13.24 ID:XxHCk/hIO
レッド「……バッジ」

タケシ「…………え」

レッド「バッジ……」

タケシ「あ、ああ……」

レッド「どうも……」

キルリア「初めてのポケモンバトルでバッジを手に入れるなんて……!
凄い!凄すぎるよマスター!」

レッド「……照れるな」

キルリア「マスター格好良いっー!」

タケシ「……」(早く行ってくれないかな……)

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 18:57:22.61 ID:XxHCk/hIO
~オツキミ山~

レッド「……」

キルリア「……」

レッド「洞窟……」

キルリア「ここ抜けないと次の街行けないの?」

レッド「……そう」

キルリア「真っ暗……」

レッド「ポケモンのフラッシュっていう技が……必要らしい」

キルリア「力になれなくて……ごめんなさい」

レッド「大丈夫……」

キルリア「マスター……」

レッド「懐中電灯があるから……」

キルリア「準備が良いとこも格好良いっー!流石マスター!」

レッド「……照れる」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 19:01:46.75 ID:XxHCk/hIO
~洞窟内部~

レッド「……」

キルリア「……」

レッド「懐中電灯1本じゃ……全然意味なかった……」

キルリア「い、いざという時は!マ、マスターのことは!私が守るから!安心!してね!」ギュッー

レッド「暗い……」

キルリア「ひぃっ……」

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 19:09:15.89 ID:XxHCk/hIO
キルリア「く、暗い……」

チュッ


キルリア「っ!?マ、マスター……!」

キルリア「んっ……マスター……首に……」

キルリア「マスターの歯が……刺さってる……」

キルリア「マスター……血吸っちゃだめ……んぅっ……」

キルリア「ぁぅ……うっ……マス……ター……」

レッド「……キルリア」

キルリア「マスター……」

レッド「……首にズバットが噛み付いてる」

キルリア「……………………え」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 19:20:00.06 ID:XxHCk/hIO
キルリア「乙女の純情をかえせっ!」ドスッ

ズバット「グギャッ!」

キルリア「私の体はてっぺんから爪先まで全部マスターのものなの!はけっ!吸った血全部はけっ!」ゲシッ ゲシッ

ズバット「……」

レッド「……」(凶悪ポケモン……)

キルリア「かえせっ!かえせっ!」ゲシッ ゲシッ

レッド「キルリア……」

キルリア「なにマスター」

レッド「……早く行く」

キルリア「う、うん……」

ズバット「……」

キルリア「ふんっ!」ドスッ

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 19:35:03.40 ID:XxHCk/hIO
理科系の男「こ、これは僕が見つけたんだ!両方とも僕のものだ!」

レッド「……」

理科系の男「この化石は渡さないぞ!」

レッド「……」

キルリア「マスターに向かってなんて態度を!」

理科系の男「ひぃっ!な、なんだよその目は!」

レッド「……」(普通に見てるだけなのに……)

理科系の男「ぜ、絶対に渡さないからな!」

レッド「いや……いらない」

理科系の男「……え」

レッド「いらない」

キルリア「そんなものいらないに決まってるでしょ!」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 19:47:09.23 ID:XxHCk/hIO
理科系の男「そ、それじゃ僕が貰うぞ!いいんだなっ!?」

レッド「……うん」

キルリア「失礼な奴だね全く」

「良くねぇよ」

グサッ

理科系の男「…………え」

ドサッ


レッド「っ……!」

キルリア「な、なに……?」

ロケット団「その化石は俺たちのものだ」

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 19:53:27.26 ID:XxHCk/hIO
レッド「……暗くてよかった」

キルリア「ねっ」

レッド「危うく目の前で人が死ぬ瞬間を見てしまうとこだった……」

キルリア「マスターにそんなもの見せたら見せたやつを地獄に落とすけどね!」

団員「お前らこいつの仲間か」

レッド「いや、全然」

団員「まぁいい、運が悪かったな。死んでくれ」

レッド「……恐いこの人」

キルリア「ふっー!ふっー!」

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 20:05:13.17 ID:XxHCk/hIO
団員「いけ!ラッタ!」

ラッタ「キュッー!」

キルリア「マスター!下がってて!」

レッド「……よいしょ」

ギュムッ

ラッタ「キュッ!」

キルリア「ね、ネズミを踏みつけた!?」

レッド「……いや、お恥ずかしながらネズミたまに家に出たから慣れてるんだよ」

キルリア「なるほど!流石マスター!」

レッド「……よし、いけ」

ラッタ「キュッー!」

団員「ラッタ!待て!どこいく!?」

キルリア「自分のポケモンに逃げられるなんてどうしようもないね」

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 20:09:16.99 ID:XxHCk/hIO
団員「くそっ!覚えとけよ!」

レッド「……なんだったんだあれ」

キルリア「さぁ……」

レッド「この化石……売れば高いかな」

キルリア「あ、頭良い!流石マスター!」

レッド「よし、それじゃ行くか……」

キルリア「うん!」

レッド「次はハナダジムか……」

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 23:04:19.49 ID:XxHCk/hIO
~ハナダジム~

キルリア「たのもー!」

レッド「……プール」

カスミ「ん?なに、挑戦者?」

レッド「女の子だ……」

キルリア「っ!?」

レッド「……ポケモンバトル」

キルリア「う、浮気!?まさかの浮気マスター!?」

レッド「水ポケモンかな……」

キルリア「マスター!マスター!」

カスミ「なにそのへんてこな生き物」

レッド「さぁ……」

キルリア「っ!?」

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 23:11:42.16 ID:XxHCk/hIO
カスミ「まぁいいわ、ようはバッジが欲しいんでしょ」

レッド「……そう」

カスミ「いきなさい!スターミー!」

スターミー「――――!」

レッド「……いけるか」

キルリア「もちろん!マスターの大事な初戦!勝利をプレゼントするよ!」

カスミ「……初戦?」

レッド「……俺、お前の技とか知らなかった」

キルリア「愛があれば大丈夫だよ!」

レッド「……そうなのか」

カスミ「えっ、ちょっと待って」

レッド「……?」

カスミ「もしかしてポケモンバトル初めて?」

レッド「……うん」

カスミ「っ!?」

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 23:25:38.80 ID:XxHCk/hIO
カスミ「ちょっと……」ガシッ

レッド「ぐぇっ……」

カスミ「なに、私のことばかにしてるの」

キルリア「マスター!マスター!首!首絞められてるよ!マスター!」

レッド「いや……分かってる……」

カスミ「どういうことか説明してもらえるかしら」ギチギチ

レッド「ご、ごめ……なさい……」

カスミ「なに、聞こえないわよ」ギチギチ

レッド「本当に……ず、ずいまぜん……」

キルリア「マスター!マスター!」

カスミ「全く、で、プールにいたトレーナーは?」

レッド「見てたら……逃げた……」

カスミ「ああ、確かにあんた、なんか呪ってきそうな感じよね」

レッド「……傷ついた」

キルリア「ふっー!ふっー!」

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 23:43:31.68 ID:XxHCk/hIO
キルリア「そこのヒトデ!かかってこい!」

カスミ「まぁいいわ。現実を見せてあげる」

レッド「……首に痣残った」

カスミ「スターミー!ハイドロポンプ!」

スターミー「――――!」

キルリア「っ!?」

レッド「あ……まずい」

キルリア「ぐへぇっ!」ドサァァァ

レッド「大丈夫かキルリア」

キルリア「だ、大丈……夫……」

カスミ「どうする、もう辛そうだけど」

レッド「……分かった、負けを認め」

「キュッー!」

レッド「……ん?」

ラッタ「キュッー!」

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 23:45:26.70 ID:XxHCk/hIO
レッド「あっ……オツキミ山のラッタ」

ラッタ「キュッー」

レッド「……一緒に戦ってくれるのか」

ラッタ「キュッ!」

レッド「そうか……」

カスミ「ラッタ……随分と舐められたものね。スターミー!ハイドロポンプ!」

レッド「ラッタ!ふいうち!」

ラッタ「キュッ!」

スターミー「グギャッ!?」

カスミ「なっ!?」

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 23:53:33.53 ID:XxHCk/hIO
レッド「ラッタ、ちょっと熱いが我慢してくれ」

ラッタ「キュッ」

キルリア「マスター、なにそれ」

レッド「ライターだ」シュッ

ラッタ「キュッ!」

カスミ「あのラッタ……ふいうち持ち……スターミー!あやしいひかり!」

スターミー「――――!」

レッド「ラッタ!からげんき!」

ラッタ「キュッ!」

スターミー「グギャッ!」

カスミ「なっ……!素人に読み負けた……いや、私があいつを舐めていただけ。力量を把握すればあんなやつ」

レッド「……ラッタ、いいぞ」

ラッタ「キュッー」

キルリア「えっ……ちょっ、待って……」

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 23:59:10.33 ID:XxHCk/hIO
カスミ「スターミー!」

レッド「またスターミーか……」

カスミ「スターミー!ハイドロポンプ!」

スターミー「――――!」

ラッタ「ギュッ……!」

レッド「早いな……あのヒトデ……ラッタ、とんぼ返り」

ラッタ「キュッ!」

スターミー「グギャッ!」

レッド「キルリア、いけるか」

キルリア「待ちわびたよ!」

カスミ「スターミー!ハイドロポンプ!」

キルリア「ひぁっー!」

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 00:04:11.86 ID:FtlsIbmMO [1/42]
レッド「……ラッタ」

ラッタ「キュッ」

レッド「……ラッタもそろそろ危ないな」

カスミ「スターミー、戻りなさい。ラプラス!」

ラプラス「キュッー」

レッド「ラッタ!起死回生!」

カスミ「なっ……!」

ラッタ「キュッ!」

ラプラス「ギュッ……!」

カスミ「まさかラプラスが一撃で……」

レッド「ラッタ、大丈夫か?」

ラッタ「キュッ」

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 00:08:36.10 ID:FtlsIbmMO [2/42]
カスミ「スターミー」

スターミー「――――!」

カスミ「お互い最後の1匹ね」

レッド「ああ……」

カスミ「やるじゃない、馬鹿にして悪かったわ」

レッド「……いや、ただラッタとピジョットに関しては知識があるだけだ」(マサラはコラッタとポッポしか出ないから……)

カスミ「あなたのラッタ……強いわね」(ノーマルタイプが好きなのかしら)

キルリア「……」

キルリア「……」

キルリア「……蚊帳の外だよ」

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 00:13:23.00 ID:FtlsIbmMO [3/42]
カスミ「……いいわ」

レッド「…………?」

カスミ「バッジ、あげる」

レッド「でも……まだ終わってない」

カスミ「初めてのポケモンバトルでここまでやるんだもの。バッジをあげないわけにはいかないわ」

レッド「……まぁ、くれるっていうなら」

カスミ「はい、バッジ」

レッド「……どうも」

ガシッ

レッド「…………?」

キルリア「こんなもの……!こんなもの!」

レッド「……キルリア、それバッジ」

キルリア「こうしてやる!」パクッ

レッド「うわぁぁぁっ!?何やってんだお前!?」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 00:30:03.35 ID:FtlsIbmMO [4/42]
キルリア「ぽっと出の奴においしいところを全部取られた恨み!晴らしてやる!」

カスミ「ほ、本当になんなのこのへんてこな生き物は……」

レッド「……ぺっ、しなさい、ぺって」

キルリア「私以外のポケモンがマスターにバッジを取るなんて許さない!」

カスミ「あっ、やっぱりポケモンなんだこれ」

レッド「……ラッタ可愛いのに」

キルリア「っ!?この浮気ものぉ!」

カスミ「……えっ、あんたたちってそういう関係だったの」

レッド「……全然違う、だからそんなにひかないで、傷つく」

カスミ「ま、まぁ……人の趣味はそれぞれだもんね」

レッド「ちょっ……」

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 00:39:45.79 ID:FtlsIbmMO [5/42]
カスミ「スターミー、催眠術」

スターミー「――――!」

キルリア「…………っ」

カスミ「ふぅ、取り敢えず落ち着」

キルリア「ってこんなので眠るわけないよ!私のマスターへの愛は催眠術程度じゃ揺るがないよ!」

カスミ「おお……なんという精神力……」

レッド「……キルリア」

キルリア「なに、マスター」

レッド「……口開けて」

キルリア「はい」カパッ

レッド「あったあった」ヒョイッ

224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 00:40:53.37 ID:FtlsIbmMO [6/42]
キルリア「しまっ……!ついマスターの命令に体が反応してしまった……」

レッド「それじゃ……ありがと」

カスミ「ええ、頑張ってね。きっとあなたならチャンピオンになれるわ」

レッド「……頑張るよ」

カスミ「私に勝ったんだから、他の奴に負けたら承知しないからね」

キルリア「……」

キルリア「……」

キルリア「……」(なにこの甘酸っぱい会話……)

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 01:01:43.97 ID:FtlsIbmMO [7/42]
~5番道路~

キルリア「あのネズミは?」

レッド「……帰っていった」

キルリア「まったくなんだったのあの泥棒ネズミ」

レッド「次はヤマブキシティに行くか……カントーの大都会……緊張する」

キルリア「大丈夫大丈夫、マスターのこと守ってあげるから」

レッド「エスパータイプのジムらしい」

キルリア「格の違いを見せつけてやらないとね!」

238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 01:05:54.97 ID:FtlsIbmMO [8/42]
~ヤマブキジム~

キルリア「たのもー!」

レッド「……人形がたくさん」

ナツメ「……」

キルリア「あなたがジムリーダー?」

レッド「……女の子」

キルリア「マスター……また浮気……」

ナツメ「……ジム戦、したいの?」

レッド「……うん」

ナツメ「…………そう」

キルリア「マスターは渡さない!格の違いを見せつけてあげるよ!」

ナツメ「…………負けたら、人形になってね」

レッド「……」ゾクッ

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 01:11:22.04 ID:FtlsIbmMO [9/42]
ナツメ「……フーディン」

フーディン「フー」

レッド「キルリア」

キルリア「了解!」

ナツメ「フーディン、スプーン曲げ」

フーディン「フー」

グニッ

レッド・キルリア「っ!?」

レッド「なっ……嘘……だろ」

キルリア「スプーンが……曲がった」

レッド「ゆ、夢……だよな……これ」

キルリア「スプーンが……曲がる……?嘘……そんなことって……」

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 01:17:16.04 ID:FtlsIbmMO [10/42]
ナツメ「……降参するなら、今のうち」

レッド「キルリア、逃げろ……」

キルリア「っ……マスター……」

レッド「早く……足止めすら出来るか分からない」

キルリア「いやっ、マスターと一緒にいる」

ナツメ「……フーディン、スプーン曲げ」

グニッ

レッド「う、嘘だろ……2本目だなんて……」ブルブル

キルリア「ぅぁ……ぁ……スプーンが……スプーンが……」ブルブル

レッド「キルリア、命令だ」

キルリア「っ……」

レッド「……逃げろ」

キルリア「そんなっ……いやっ、マスターの命令には逆らえないのに……」

レッド「……お前だけは……生きてくれ」

キルリア「いやぁ!」

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 01:25:04.39 ID:FtlsIbmMO [11/42]
レッド「……っ!」

ナツメ「フーディン、スプーン曲げ」

グニッ

レッド「その曲がったスプーン……貸せ」

ナツメ「……無駄な足掻きを」

レッド「……スプーン曲げ」

グニッ

ナツメ「……っ!そんな……曲がったスプーンを元に……!?」

レッド「……この程度か?」(ナナミさん……スプーン曲げの練習をさせられていたのはこの時のためだったんだね。
ありがとうナナミさん……スプーン曲げ筋を欠かさず鍛えといてよかった)

ナツメ「フーディン……!」

グニニッ

レッド「ス、スプーンを螺旋状に……!?
だが……スプーン曲げ」

グニニッ

ナツメ「ら、螺旋状のスプーンを元に……!?そ、そんな……」

251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 01:33:58.55 ID:FtlsIbmMO [12/42]
ナツメ「……フーディン、私がいくわ、戻りなさい」

レッド「……っ」

ナツメ「……スプーン曲げ」グニッ

レッド「ひっ……ぁ……スプーンが……スプーンが……」ブルブル

ナツメ「…………あなたの負け」

レッド「……スプーン曲げ」グニッ

ナツメ「ぅぁっ……ぁ……ス、スプーンが……元に……」ブルブル

レッド「……お、俺の勝ちだ」

ナツメ「……スプーン曲げ」グニッ

レッド「ひっ……!スプーンが……円に……」ブルブル


ナツメ「……わ、私の……勝ち」

レッド「……スプーン曲げ」

ナツメ「ひっ……!ス、スプーンが……元に……ぅぁ……ぁ……」

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 02:01:19.79 ID:FtlsIbmMO [13/42]
―――――
――――
―――
――


レッド「はぁ……はぁ……」

ナツメ「はぁ……はぁ……」

レッド「くそっ……もう……」

ナツメ「……スプーン……曲げ」グニッ

レッド「こ、ここに来てピカチュウの形にするなんて……」

ナツメ「私の……はぁ……はぁ……勝ち……ね」

レッド「スプーン……曲げ……!」グニッ

ナツメ「う……そ……そんな……元に……戻すなんて……」

レッド「うっ……もう……」ドサッ

ナツメ「くっ……もう……」ドサッ

267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 02:08:00.19 ID:FtlsIbmMO [14/42]
レッド「はぁ……はぁ……」

ナツメ「うっ……ん……」

レッド「もう……指1本すら……動かせない」

ナツメ「……あなた」

レッド「……?」

ナツメ「……名前は」

レッド「……マサラタウンの……レッド」

ナツメ「……そう」

レッド「……君は」

ナツメ「……ナツメ」

268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 02:14:14.72 ID:FtlsIbmMO [15/42]
ナツメ「……楽しかった」

レッド「……」

ナツメ「……ありがとう」

レッド「……そうか」

ナツメ「……今度は、負けない」

レッド「……俺はもう懲り懲りだ」

~窓の外~

キルリア「……」

キルリア「……」

キルリア「……」

キルリア「……」

キルリア「な、なにあの空気……」

キルリア「う、浮気!?」

378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 19:28:40.12 ID:FtlsIbmMO [16/42]
~タマムシシティ~

レッド「…………次はタマムシジム」

キルリア「うわっー、大都会だね」

レッド「……恐い」

キルリア「ぅぁっ」コテッ

レッド「……?」

キルリア「いたた……なんかにつまずいちゃっ……………ん?」

クチート「……」

レッド「……」

キルリア「な、なにこのへんてこな生き物は!?」

382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 19:31:03.73 ID:FtlsIbmMO [17/42]
レッド「…………ポケモン?」

クチート「くちっ……?」

キルリア「ひぃっ、目を覚ました……」

レッド「……」

クチート「くちー、くちー」スリスリ スリスリ

レッド「……?」

キルリア「っ!?な、なっ……!?マスターに頬擦りだと……!?」

クチート「くちー」

レッド「……?」

キルリア「わ、私でさえしたことないのに……!というかさせてもらえないのに!」

クチート「くちー……」

385 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 19:32:54.55 ID:FtlsIbmMO [18/42]
レッド「……ポケモンセンター……行って来る」

キルリア「……え」

レッド「……ここで待ってて」

キルリア「あっ、うん……」

レッド「……」テクテクテク

キルリア「行っちゃった……」

クチート「……」

キルリア「……」

クチート「……」

キルリア「……」

クチート「……」

386 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 19:34:36.41 ID:FtlsIbmMO [19/42]
キルリア「あの……大丈夫?」

クチート「……」

キルリア「どこか痛いの……?」スッ

ベチンッ!!

クチート「気安く触らないで」

キルリア「っ!?」

クチート「ふんっ……」

キルリア「……」

キルリア「……」

キルリア「……」

キルリア「……」

キルリア「……しゃ、喋ったー!?」

388 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 19:39:46.79 ID:FtlsIbmMO [20/42]
レッド「……」テクテクテク

キルリア「あっ!マスター!」

レッド「……なに」

キルリア「喋った!この生き物喋ったよ!」

クチート「くちっ?」

レッド「何言ってんだお前……ポケモンが喋るわけないだろ……」

キルリア「っ!?」

クチート「くちー、くちー」

レッド「傷薬……買ってきたから」

クチート「くちっ」

キルリア「マスター!マスター!その生き物喋る!喋るって!」

レッド「……寝呆けてるだろ、お前」

393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 19:44:30.15 ID:FtlsIbmMO [21/42]
クチート「くちー、くちー」スリスリ

レッド「良かった……元気になった……」

クチート「くちっ!」

レッド「取り敢えず……一緒にジムに行くか、ジムリーダーに預ければ問題ないだろ」

クチート「くちっ!」

レッド「……行くぞ、キルリア」テクテクテク

クチート「くちー」テクテク

キルリア「……っ!?」(ま、まさか……後ろからマスターを襲うつもり!?)

キルリア「……」(ふっ、マスターの後ろをとったつもりかは知らないけど……あなたは既に私に後ろをとられている!
マスターになにかしようとした時……それがお前の人生が終わる時だ)

395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 19:48:52.65 ID:FtlsIbmMO [22/42]
クチート「くちっ!」

ガブッ!!

キルリア「いたっー!?」

ガリガリ ガリガリ

キルリア「ちょっ!痛っ!マスター!マスター!」

ガリガリ ガリガリ

キルリア「今私!今私!後ろのお口に噛み付かれてる!噛み付かれてる!」

レッド「……」テクテク

キルリア「そ、そんな……無視!?なんで振り向いてくれないの」

クチート「……」(口の中に頭が入ってるんだから……聞こえるわけないでしょ。これだから頭の悪いポケモンは)

キルリア「いたたたたたたたっ!」

396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 19:53:55.10 ID:FtlsIbmMO [23/42]
~タマムシジム~

レッド「……たのもー」

キルリア「た、たのもー……」

レッド「……?」

キルリア「マ、マスター……」スッ

レッド「ちょっ……触らないでくれ」

キルリア「っ!?」

レッド「なんかお前……全身べたべたしてて気持ち悪い……」

キルリア「ちがっ!これは私じゃなくて!」

クチート「ベトベターは黙ってなさい」ボソッ

キルリア「っ!?マスター!マスター!聞いた!?ねぇ!聞いた!?」

アロマなお姉さん「へぇ、君マサラタウンから来たんだ。遠い所からわざわざありがとね」

レッド「……いえ、そんな」

キルリア「この浮気男ー!」ドスッ

レッド「ぐふぅっ……!?」

399 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 19:58:19.46 ID:FtlsIbmMO [24/42]
レッド「て、的確に鳩尾をついてきやがる……」

キルリア「マスターの女たらし!
でも……私はマスターの全てを受け入れる。だって!マスターの全てが好きだから!」

アロマなお姉さん「あらあら、大丈夫?」

レッド「はい……」

アロマなお姉さん「お腹見せて、冷やさないと」

レッド「だ、大丈夫です……」

アロマなお姉さん「いいから」

レッド「は、はい……」

キルリア「……」

クチート「全く相手にされてないじゃない」

キルリア「て、照れ隠し?だよ?」

400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 20:08:06.99 ID:FtlsIbmMO [25/42]
エリカ「あなたが挑戦者の方かしら」

レッド「……はい」

キルリア「ふっー!ふっー!」

レッド「あの……このポケモン……さっきそこで倒れて……ん?」

エリカ「スー……スー……」

レッド「……」

エリカ「スー……スー……スー……はっ」

レッド「……」

エリカ「ご、ごめんなさい、寝てしまっていました」

キルリア「マ、マスターとのお話し中に……なんという無礼……!!」

レッド「いえ……別に」

キルリア「命を持って償え!」

404 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 20:11:02.08 ID:FtlsIbmMO [26/42]
エリカ「早速ですが、始めましょう。いきなさい、モンジャラ」

モンジャラ「……」

キルリア「ぶっ飛ばす!」

レッド「下がってろ……」

キルリア「マスター……でも……」

レッド「俺にはナツメから教わった技がある……」

キルリア「またあの女……!」

レッド「いくぞ……」

エリカ「っ……!」(空気が変わった……!)

レッド「……スプーン曲げ!」


グニッ!!


エリカ「……っ!?」

406 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 20:12:14.80 ID:FtlsIbmMO [27/42]
エリカ「まぁ凄い!スプーンがピカチュウの形に曲がりましたわ!」

レッド「……」

エリカ「……?」

レッド「……」

エリカ「……」

レッド「……」

エリカ「……」

レッド「……」

エリカ「……」

レッド「……」

エリカ「……」

レッド「あれ……?」

408 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 20:16:44.13 ID:FtlsIbmMO [28/42]
エリカ「……?どうかしましたか?」

レッド「い、いえ……」

エリカ「素晴らしい手品を見せていただいたお礼です。モンジャラ、私たちも全力でいきますわよ」

モンジャラ「――――!」

レッド「……」(一体なにが……駄目だったんだ……)

キルリア「マスター格好良いー!」

クチート「うるさい、頭の悪い声出さないで」

キルリア「っ!?」

クチート「全く……」

410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 20:24:26.00 ID:FtlsIbmMO [29/42]
キルリア「私の出番だね!」

クチート「下がってなさい」

キルリア「なっ!?マスターのポケモンじゃないくせに!」

レッド「……?」

クチート「くちっ」

エリカ「あら、見たことがないポケモンですわね」

レッド「戦えるのか……?」

クチート「くちっ!」

エリカ「ならばまずは様子見ですわ。モンジャラ、毒の粉」

モンジャラ「――――!」

クチート「くちー」

エリカ「っ……!?毒が全く聞いていない!?」

411 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 20:27:33.19 ID:FtlsIbmMO [30/42]
レッド「クチート、身代わり」

クチート「くちっ」

ポンッ

エリカ「身代わり……?」

レッド「クチート、冷凍パンチ!」

クチート「くちっ!」ドスッ

モンジャラ「モギャッ!」

エリカ「モンジャラ……!」

キルリア「えっ、ちょっ、なんで普通に使いこなしてるのマスター……」

416 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 20:34:10.55 ID:FtlsIbmMO [31/42]
エリカ「いきなさい、ラフレシア」

ラフレシア「――――!」

レッド「…………あ」

エリカ「どうかしましたか?」

レッド「……キルリア、ちょっと来い」

キルリア「どうしたのマスター」

レッド「お前、花占いって知ってるか……?」

キルリア「花占い……?」

レッド「……なにか占いたいことあるか?」

キルリア「マスターがぁ……私のことどれだけ愛してるか!」

レッド「分かった……」

423 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 20:40:09.64 ID:FtlsIbmMO [32/42]
レッド「……1枚ずつ花びらを抜いてくんだ」

キルリア「へぇ……」

レッド「好き……」

ブチッ

ラフレシア「ギャッ!」

レッド「嫌い……」

ブチッ

ラフレシア「ギャッ!」

レッド「……死ね」

ブチッ

ラフレシア「ギャッ!」

レッド「好き」

ブチッ

ラフレシア「……」

431 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 20:43:25.01 ID:FtlsIbmMO [33/42]
レッド「最後の1枚……嫌い」

ブチッ

ラフレシア「……」

レッド「……結果は、俺はお前のことが嫌いだ」

キルリア「そ、そんな馬鹿な……」

エリカ「……」

エリカ「……」

エリカ「……」

エリカ「赤い……悪魔……ですわ……」ドサッ

レッド「……?」

キルリア「凄いよマスター!1匹倒しただけで相手を再起不能にするなんて!」

レッド「ありがとう……お疲れさま」

クチート「くちっ!」

キルリア「っ!?」

433 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 20:46:32.82 ID:FtlsIbmMO [34/42]
レッド「花占い……久しぶりにやったな……」

キルリア「そうなんだ」

レッド「ナナミさんが、今のと同じ花をよくお土産で持ってきてくれて……花占いを教えてもらった」

キルリア「優しい人なんだね」

レッド「懐かしい……」

キルリア「次会う時はポケモンチャンピオンだよ!」

レッド「ああ……そうだな」

436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 20:49:58.52 ID:FtlsIbmMO [35/42]
キルリア「けどマスター格好良かったね、花にまで死ねって。男らしかったよ!」

レッド「……違う」

キルリア「……?」

レッド「……俺のお前への好き度の占いの結果が、好き、嫌い、死ね(と思っている)の3つあったってことだ」

キルリア「ああ、なるほど!」

レッド「……だから6枚花びらがあったから嫌いという結果になった」

キルリア「3個のうち2つが否定的だなんて!」

438 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 20:55:41.89 ID:FtlsIbmMO [36/42]
レッド「間違えた……5枚だから嫌いって結果になっ…………あっ」

エリカ「うっ……」

キルリア「目が覚めたみたいだね」

エリカ「あなた……もしかしてマサラタウンの方ですか」

レッド「……うん」

エリカ「やはりそうでしたか。実は私の前に来たマサラタウン出身の殿方にも……同じことをされて」

レッド「グリーン……俺よりも先にバッジを手に入れたのか……」

エリカ「花占いをされてしまい……実は今のが花びらがついている最後のポケモンでした」

レッド「……ポケモン?」

エリカ「はい……女の子のように花びら占いを……」

レッド「……バッジ」

エリカ「…………え」

レッド「……バッジ、欲しい」

エリカ「あっ、はい……申し訳ありません」

451 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 22:59:36.43 ID:FtlsIbmMO [37/42]
レッド「バッジ……手に入れた」

キルリア「さすがだねマスター!」

クチート「くちっ!」

レッド「次はどこにしようかな……」

エリカ「土に埋めたら……生えてくるかしら……」ズーン

レッド「あの……」

エリカ「ひっ……な、なんですか……」

レッド「ありがとうございました……」

エリカ「は、はい……こちらこそ」

レッド「いくぞ……」

キルリア「あなたとならばどこへでも!」

クチート「くちっ!」

エリカ「恐かった……」

レッド「なにこのポケモン」キルリア「……」2
に続く

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。