FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千秋「おい、朝だ起きろ」梓「えっ…」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 19:24:16.41 ID:aSShFRds0 [2/5]
梓「・・・(朝起きると私は知らないトコにいた)」

千秋「どうしたバカ野郎」

梓「ばっ、バカ野郎とはなんですか!」

千秋「早く用意しろ遅刻するぞ」

梓「えっ!?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 19:37:28.89 ID:aSShFRds0
春香「夏奈~、早く用意しなさーい」

梓「あっ、分かりました…(夏奈って私の事かな…)」

千秋「どうした夏奈、いつもと様子が違うが…」

梓「き、気のせいです!(どうしたら…)」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 19:52:28.19 ID:aSShFRds0
~場所は変わって中学校~

ケイコ「おはよう、夏奈」

梓「あっ、おはようございます」(この人夏奈って人の友達かな)

ケイコ「かっ、夏奈が敬語!?」

藤岡「あ、南!おはよう」

梓「!?」(誰だろう…彼氏さんかな?…)

藤岡「?」

梓「おはよう!」ニコッ(ここは彼女らしくしよう!)

藤岡「え!?」(みっ、南が俺にスマイル!?)


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 20:05:53.49 ID:VTKLlTvi0 [1/12]
夏奈「・・・Zzz・・」

夏奈「・・むにゃ・・ハッ・・(・・・授業中か・・居眠りしてたんだっけ・・・)」

夏奈「(・・・・・!?な、なんだこの教室!?い、いつもの教室じゃないぞ!??)」キョロキョロ

憂「(梓ちゃんが居眠りするなんて珍しいな。キョロキョロしてどうしたんだろう?)」


・・・・・


先生「じゃあ今日はここまでな。次回は小テストだからよく復習しておくように」

夏奈「(いったいどうなって・・・・ってか一体ここはどこだ・・・・・・・?)」


~昼休み~

純「よっ!憂、梓!お昼一緒に食べよっ!」

憂「うん!いいよ~」

夏奈「へ?あ、梓!?ってか、おっ、お前ら誰だッ!一体ここはどこだ!?」

憂純「えっ!?」



無理だった

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 21:02:12.52 ID:VTKLlTvi0 [2/12]
梓「?」(この反応…彼氏さんじゃなかったのかな…?)

藤岡「(今日の南はなんかいつもと雰囲気が違うな…でもこんな南もかわいいよ!)」

リコ「(藤岡君…またカナのほうをじっと見てる…)」


梓「あっ、そうだ…私の…私の席はどこですか…?」

ケイコ「えっ?ちょっとカナ、自分の席も忘れたの?カナの席はそこだけど…。大丈夫?何か悪いものでも食べたんじゃ…」

梓「い、いや、その、大丈夫です。ありがとうございます…(本当に困ったな…とりあえず学校が終わるまではなんとかやりすごそう…)」


~放課後~


梓「(やっと学校が終わった…これからどうしよう…)」

梓「(今頃唯先輩たちは部活をしているかな…)」

梓「(ここでこうしていても仕方ないし、取り合えずあのうちに戻ろうかな…)」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 21:19:09.49 ID:VTKLlTvi0 [3/12]
~帰宅途中~

梓「(学校でみんなにいろいろ聞いた話をまとめると、私はどうやら南夏奈ちゃんという人に間違われていて)」

梓「(…というか高校生が中学校に居たら普通気づくよね!?そりゃ、私は身長も無いし、胸も…はぁ…)」ペタペタ

梓「(ま、まぁそれよりも…。そして高校生の春香さんと小学生の千秋ちゃんの3人で暮らしている、と…。)」

梓「(春香さんっていうのはあの胸が大きくて、優しそうな人だよね。なんだかムギ先輩に雰囲気が似てるような…同じ高校生とは思えないです)」

梓「(千秋ちゃんは私を…いや夏奈ちゃんをバカ野郎呼ばわりしてきた子か…夏奈ちゃんとは仲が悪かったのかな…?)」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 21:39:24.93 ID:VTKLlTvi0 [4/12]
梓「(というか姉妹でも気づかないなんて、夏奈ちゃんと私はよほど似ているんでしょうか…。)」

梓「(とにかく、その夏奈ちゃんって子を見つけて、私も桜ケ丘に帰らないと…)」


~みなみけ!~


梓「あの~…お邪魔し…あっ…た、ただいまです…」

千秋「おーおかえりカナ…お前どうしたんだ?やっぱり朝からおかしいぞ?」

梓「そ、そうですk…そうかな…?私はいたって普通…」

千秋「バカがさらにバカになったというよりは、なんか賢くなったような…お前に限ってそんなわけないか」

梓「そっ、そうだよ!わ、私、手を洗ってきま…くるね!(夏奈ちゃんのキャラがよくわからないです…)」

千秋「…?」


誰か乗っ取って書いてくれよ…

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 22:01:00.31 ID:VTKLlTvi0 [5/12]

千秋「そうだ、春香姉さまは今日遅くなるって言ってたから」

梓「あっ、そうなんだ…」

千秋「だから、私たちで夕飯を作らなければいけない」

梓「はぁ」

千秋「しかし!前のようにお前に得体のしれないモノを作られても困るんだ」

梓「?…はぁ」

千秋「だからお前は余計なことをしないで私の言うとおりにするだけでいい。」

千秋「工夫なんて素人がするもんじゃないんだよ。私たちは素人らしく、素人っぽいカレーを作ろうじゃないか。にんじんは入れないで。」

梓「わかりました。お手伝いしますよ(にんじん?)」

千秋「(本当にどうしたんだ…今日のカナは素直すぎる…)」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 22:15:06.29 ID:VTKLlTvi0 [6/12]
千秋「お前はじゃがいもの皮むいてくれ。私は肉と玉ねぎを切るから」

梓「わかりました。…包丁はここかな…っと」

千秋「!お前は包丁なんか使わなくていいんだ。そこにピーラーがあるからそれを使え。バカに刃物を持たすとロクなことにならないから」

梓「…はい」


・・・・・


千秋「皮むき終わったか?」

梓「はい」

千秋「じゃあ鍋を用意して、そこに油をひいといてくれ。まだ火はつけなくていいからな!」

梓「はい…あ、あの…」

千秋「なんだ?」

梓「そこのにんじんの皮はむかなくてもいいのかな…?」

千秋「…いい」

梓「…?でもカレーならにんじんを入れるんじゃ…」

千秋「お前は私の言うとおりにすればいいと言っただろう?」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 22:26:49.76 ID:VTKLlTvi0 [7/12]
梓「…もしかして、にんじん嫌い?」

千秋「…さて、材料もそろったし、火をつけて炒めよう。」

梓「(なんか生意気っぽいこと言ってるけど、にんじんが嫌いだなんてかわいいところもあるんだな)」

梓「…だめだよ!ちゃんとにんじんも食べないと。大きくなれないよ?」

千秋「う、うるさいよ!にんじんなんて…!!」

梓「お姉ちゃんの言うことは聞くものだよ?きっと春香さんも千秋ちゃんがにんじんを食べてくれると喜ぶと思うなぁ」

千秋「…うう…わかったよ…」

梓「ふふ…えらいえらい」ナデナデ

千秋「(今日のカナには何故か逆らえない…)」

梓「(お姉ちゃんっていいかも…)」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 22:39:49.01 ID:VTKLlTvi0 [8/12]
梓「じゃがいももにんじんも切り終わったから、炒めようか」

千秋「…うん」

梓「私が炒めようか?」

千秋「…大丈夫か?」

梓「大丈夫だよ炒めるくらい。唯先輩じゃあるまいし…」

千秋「?そうか…」


ジュー


梓「千秋ちゃん、お水をカップで計って鍋に入れてくれる?」

千秋「あ、ああ、わかった…」

千秋「入れるよ」

梓「うん。ありがとう」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 22:48:17.59 ID:VTKLlTvi0 [9/12]
・・・・・


千秋「(結局途中から完全にカナのペースで進んだけど…)」

梓「そろそろいいかな?市販のルーだけど一応味見ておこうか」

梓「…うん、こんなもんかな。普通のカレーだね。どう?千秋ちゃん」

千秋「いいと思う…(カナが普通の食べ物を作った…だと…)」

梓「じゃあそろそろお腹もすいてきたし、食べようか?」

千秋「うん…あっ、そうだ、サラダも作れって春香姉さまが言ってたっけ…レタスとトマトで」

梓「そうなんだ。じゃあさっと作って、食べよう」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 22:58:43.62 ID:VTKLlTvi0 [10/12]
・・・・・

梓「これで全部そろったね。じゃあいただきま…」


ピンポーン


千秋「あ、誰かきた」

梓「私が出るね。」


内田&吉野&マコちゃん「こんばんはー!!」


梓「!?こんばんは?」

千秋「なんだ、内田と吉野、それにマコちゃんか。」

吉野「マコちゃんとはそこでばったり会ってね」

千秋「今ちょうど夕飯を食べようとしていたところなんだ。狙ってきたのか?ん?カレーを食いに来たのか内田」

内田「い、いやそういうわけじゃ…」

梓「(みんな千秋ちゃんのお友達かな…?)」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 23:23:54.40 ID:VTKLlTvi0 [11/12]
・・・・・


梓「じゃあみんなも夕飯食べていくといいよ。いっぱい作ったし」

吉野「ありがとうーカナちゃん!今日のカナちゃんはなんだかいつもと違うね!」

梓「ゆ、唯先輩!?」

吉野「えっ?」

梓「あっ…すみま・・ごめんね。…さ、座って座って!(唯先輩の声に似てる…唯先輩…)」

内田「カナちゃんどうしたんだろう?」

マコちゃん「変なものでも食べたんじゃない?カナのことだし」

千秋「今日の朝からこうなんだよ…なんか変なんだ」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 23:44:52.13 ID:VTKLlTvi0 [12/12]
・・・・・・


「「いただきまーす!」」

梓「どうぞ召し上がれ。普通のカレーとサラダだけどね。」

千秋「いや…市販のルーとは言えお前が途中からほとんど1人でやったのに食べられるものになるとは思わなかったよ…」

梓「あはは…(夏奈ちゃんて一体どんな料理作ったんだろ…)」

内田「うん!おいしいよカナちゃん!」

吉野「カナちゃんって料理できたんだね~。だいすき!コトコト煮込んだカレー!」

梓「(スパイスふたさじ経験しちゃえ?)千秋ちゃんが手伝ってくれたおかげだよ」

マコちゃん「春香さんのには全然敵わないけどな!」

千秋「それは当たり前だ」

梓「むむむ…言ったねー?」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 00:10:50.48 ID:yuAqgc5z0 [1/16]
吉野「カナちゃん」

梓「な、なに?(声に体が反応してしまう…)」

吉野「さっきはどうしたの?…なんとか先輩って…」

梓「あっ、あれ?あ、あれは、その、あの、な、なんでもないですよ!!」

梓「たまたま、そう、たまたま叫びたくなっただけですから…!」

吉野「ふーん?今どうして敬語になったの?」

梓「えっ、いやっ、その、声に反応…じゃなくて、わ、私がとるにたらない人間だから!です…」

吉野「どうしてカナちゃんは汗かいてるの?」

梓「そ、それは夏の太陽が私をせ、攻めたてるから!です…」

吉野「もう夜だよ?」

梓「そ、そうだっ、カレー!カレーです!ちょっと辛かったね!女の子は甘いのが好きですよね…!」

吉野「うふふ。なんだかマコちゃんと同じこと言ってるね、今日のカナちゃん。似たものどうし?」

マコちゃん「ゴホッゲホ」

梓「あ、あはは…(ど、どういうことだろう…というかこの子…なんか黒い…黒い唯先輩…?)」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 00:43:47.09 ID:yuAqgc5z0 [2/16]
・・・・・


「「ごちそうさまでした~!」」

梓「お粗末さまでした。よかったらお風呂も入って行ってね。その間に私はお皿を洗っているから」

千秋「お前…」

梓「あー…ほら、普段やってないからね、春香さんも居ないし、たまには、ね。千秋ちゃんはみんなとお風呂に入ってきなよ。」

千秋「お皿、割らないように気をつけろよ…」

梓「はーい(きっとこの家のことはほとんど春香さんがやってるんだろうな。憂のように…)」


~お風呂~

千秋「夕飯を作るだけじゃなくて、皿洗いまでやるなんて…」

千秋「どうちゃったんだよカナ…」

内田「普段のカナちゃんはやらなそうだよね~。でも、悪いことじゃないんだし、いいんじゃない?」

千秋「そうなんだけど…張り合いが無いって言うか…私らのことも春香さんとか千秋ちゃんなんて呼ぶし…」

吉野「まるで 別 人 だよね~」ニコッ

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 01:03:29.49 ID:yuAqgc5z0 [3/16]
千秋「ああ…」

内田「でも、ああいうお姉ちゃんも良くない?ハルカちゃんとはまた違ってさ!」

内田「もちろん今までの面白いカナちゃんも好きだけどね!チアキが羨ましいな~」

千秋「そう…かな…」

吉野「心配しなくても大丈夫だよ~チアキ。だってカナちゃんはカナちゃんだから」

千秋「…」

内田「そういえばマコちゃんは一緒に入らないのかな?」

吉野「誘ったんだけど後でいいって。恥ずかしいのかな?さっき凄くあわててたよ。女 同 士 なのにね~」ニコッ

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 01:15:43.49 ID:yuAqgc5z0 [4/16]
~リビング~

梓「ふう…お皿洗いも終わったし、あとはお風呂に入って春香さんを待つだけだね。」

梓「(あれ?…えっと…マコちゃんだっけ…千秋ちゃんたちと一緒にお風呂入らなかったのかな?)」

梓「あの…マコちゃん?千秋ちゃんたちとお風呂入らないの?」

マコちゃん「はぁ?何言ってんだよカナ!」

梓「えっ?ああ、そっか、4人じゃさすがにせまいもんね。じゃあ後で私と入る?」

マコちゃん「!?」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 01:18:37.31 ID:yuAqgc5z0 [5/16]
>>97
忘れてた…すまん。修正


千秋「ああ…」

内田「でも、ああいうお姉ちゃんも良くない?ハルカちゃんとはまた違ってさ!」

内田「もちろん今までの面白いカナちゃんも好きだけどね!チアキが羨ましいな~」

千秋「そう…かな…」

吉野「心配しなくても大丈夫だよ~チアキ。だってカナちゃんはカナちゃんだから」

千秋「…」


千秋「…そういえばマコちゃんは一緒に入らないのかな」

内田「!」

吉野「誘ったんだけど後でいいって。恥ずかしいのかな?さっき凄くあわててたよ。女 同 士 なのにね~」ニコッ

内田「そっ、そうだよね~…!」

千秋「ふ~ん…」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 01:40:17.67 ID:yuAqgc5z0 [6/16]
マコちゃん「ちょ、ちょっと待てよ!カナは知ってるだろ!?俺はおt」

梓「?」


ガラッ


吉野「ふぁ~いいお湯だったね~」

内田「うん!気持ちよかった~久しぶりにみんなで入って楽しかったし!」

千秋「マコちゃんも一緒に入ればよかったのにな」

吉野「そうだよ~」

内田「…」

梓「あ、マコちゃんは私と入るよ。4人じゃせまいと思って遠慮してくれたみたい」

内田「ええっ!??」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 01:49:04.29 ID:yuAqgc5z0 [7/16]
マコちゃん「…」

吉野「どうしたの内田、そんなに驚いて?」

内田「い、いや!なんでもないよ!うん」

内田「マコトくん!これはどういうこと!?」ヒソヒソ

マコちゃん「俺にもわからないよ!なんかカナが突然言い出したんだ…」ヒソヒソ

千秋「?ていうか少しくらいせまくても気にしなかったのに」

梓「まぁ、じゃあ次は私たちが入ってくるね。さ、行こう?マコちゃん。背中流してあげる」

マコちゃん「い、いや、だから!いいって!いいって!うちに帰ってから入るから!(内田助けて!)」

梓「遠慮しなくてもいいんだよ?」

内田「…カナちゃんどうしたの?本当にマコトくんと入るの?」ヒソヒソ

梓「えっ?マコ…ちゃん?と入るよ?」

内田「…」ガーン

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 02:10:36.52 ID:yuAqgc5z0 [8/16]
梓「さ、行こう」ズルズル

マコちゃん「あ゛~!カーナー…!!」ズルズル

吉野「もしかして胸が無いのを気にしてるとか~?」

内田「…」

千秋「お困りか?胸のことでお困りか?牛乳あるぞー」

吉野「いただくね」

内田「…」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 02:20:05.90 ID:yuAqgc5z0 [9/16]
~脱衣所~


マコちゃん「ちょ、何脱いでんだよ!うわッ…オ、オレの初めては春香さんと決めて…」

梓「え?脱がないと入れないよ…。ほらマコちゃんも脱がないと」ヌギヌギ

マコちゃん「カ、カナ!オレをからかうのもいい加減にしてくれよ!!」

梓「?からかってなんかいないよ。じゃあ私先に入ってるからね」ガラガラ

マコちゃん「あぁっ!!…ごめん!オレが悪かった!!許して!許してよカナ!!」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 02:47:50.50 ID:yuAqgc5z0 [10/16]
梓「どうしたの、早くおいでよ?」

マコちゃん「…」

マコちゃん「…オレのこの隠しきれない大和撫…いや大和魂…!そして据え膳食わぬは男の恥…!」

マコちゃん「相手がハルカさんだったら迷わず飛び込んでいくのに…」

マコちゃん「…カナは一体何を考えているんだ…」

マコちゃん「もうどうにでもなれ…」ガラガラ

梓「あ、きたきた。」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 03:33:26.28 ID:yuAqgc5z0 [11/16]
マコちゃん「(もうすでに体の一部は大変なことになってるけど…)」

マコちゃん「(コレを見られたらいくら今日のカナでも怒るにきまってるよ…体は正直だな…)」

マコちゃん「(なんとか隠して…っと…)」

・・・・・・

梓「じゃあ背中流してあげる」

マコちゃん「よろしくお願いします…。」

梓「かゆいところはない?」ゴシゴシ

マコちゃん「うん…なあカナ…今日は一体どうしたんだ?いつもなら絶対こんなことしないだろ?」

梓「えっ!?(夏奈ちゃんはこんなことしない子なのか…)いや…たまには、いいかなって…」

マコちゃん「…恥ずかしくないの?」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 03:36:05.07 ID:yuAqgc5z0 [12/16]
梓「全くと言えばウソになるけどそれほど…だって女同士だし…」

マコちゃん「いや、だから、ここでもまだその設定なの!?」

梓「え?あ、流すよ。」ザァー



マコちゃん「あっ、前は自分でやるから!さすがに!」

梓「そう、じゃあ後は髪を洗ってあげるね。」

マコちゃん「あ、ああ…」

・・・・・・

梓「じゃあ次は私が洗うからマコちゃんは湯船にでも浸かっててね」

梓「…」ゴシゴシ

マコちゃん「…カナ、背中流してやろうか」

梓「えっ、いいの?」

マコちゃん「さっきのおかえしだよ。」

梓「ありがとう」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 03:47:53.26 ID:yuAqgc5z0 [13/16]
・・・・・・

マコちゃん「(…カナの肌きれいだな…女の子はみんなこうなのかな…ハルカさんも…)」ゴシゴシ

マコちゃん「(さっきから見ちゃいけないとは思いつつも見えちゃうけど、カナの胸はやっぱりハルカさんよりはかなり小さいよな…)」

梓「んっ…もう…マコちゃんったら、どこ触ってるの」

マコちゃん「ハッ!?ご、ごめん!ごめんなさい!(無意識のうちに触ってしまっていた…!)」

梓「べ、別にそんなに謝らなくてもいいけど…」

マコちゃん「(怒らない!?カナ…)」

マコちゃん「(…でもこの大きさは、これはこれでイイというか…ってなに考えてんだ俺…)」

マコちゃん「…流すね」

梓「うん」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 03:51:34.88 ID:yuAqgc5z0 [14/16]
・・・・・・

マコちゃん「…髪さらさらだね。」

梓「そう?ありがとう。でもこれだけ長いと手入れも大変なんだよね」

マコちゃん「(やっぱり…今日のカナ…いつもはうるさいだけなのに…ちょっとかわいい…)」

・・・・・・

梓「なんでそんな浴槽のスミで縮こまってるの…もっとこっちにおいでよ」

マコちゃん「いや別に…」

梓「そういえば、さっきからちょっと思ってたんだけど、マコちゃんって、男の子みたいなかっこいい体してるよね。何かスポーツやってるの?」

マコちゃん「いやサッカーだけど…というか男だし俺」

梓「そっか~サッカーやってるんだ。珍しいね女の子なのに。」



梓「え?」

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 20:26:41.47 ID:QFio4Bba0 [3/6]
梓「そういえば、さっきからちょっと思ってたんだけど、マコちゃんって、男の子みたいなかっこいい体してるよね。何かスポーツやってるの?」

マコちゃん「いやべつに…というか男だしオレ…」

梓「そっかぁ」





梓「え?」

梓「い、いまな、なんて…」

マコちゃん「だから、オレが男なのはカナも知ってるだろ…?」

マコちゃん「というかカナが女装させたんじゃないか!」



梓「…」

梓「…」カァァ

梓「あ、あの、わわわタシ、サ、サキニ、アg、アガリマスネ」ザバァ

マコちゃん「…?あ、ああ…」

梓「…」フラフラ

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 20:36:43.48 ID:QFio4Bba0 [4/6]
梓「(な、何動揺してるんだろう私…相手は私よりずっと年下じゃない…)」フラ

梓「(で、でもさっきまでずっと女の子だと思ってたのに…びっくりです…一体なぜ…)」フラフラ

梓「…っ!」ツルッ


ステーン! ゴッ!


梓「あっ…いったぁ…ぃ…」

マコちゃん「おい!カナ大丈夫か!?今すごい音したぞ…!」

梓「!イエ、ア、アノ、大丈夫デスカラ…」ズキズキ

マコちゃん「ほら、オレの手につかまれよ」

梓「ア……スミマセ…」ニギッ

マコちゃん「ぉぅぁ!!!???や!や!!!カナさん!そこは大変まずいです!!そこは手じゃないです!!」

251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 20:52:37.48 ID:QFio4Bba0 [5/6]
梓「…?……!!!!!!????あっ…!!」パッ

マコちゃん「はぁ…はぁ…」

梓「ゴッ、ゴメンナサィ!!」ムクリ ダッ ガラガラ

マコちゃん「……」

マコちゃん「(今日のカナ…やっぱり変だ…)」



梓「(さわってしまった…お、男の子の…い、いや、その、に、にぎってしまった…ですね…)」

256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 21:40:48.42 ID:QFio4Bba0 [6/6]
・・・・・・

リビング


内田「か、カナちゃん!大丈夫!?顔が真っ赤だけど…」

梓「わ、私、もう、お嫁に行けないかもです…」ボソッ

マコちゃん「…」

吉野「どうしたの?」

千秋「…!やっとバカ野郎らしくバカなこと言い始めたか?」

内田「…あっ!…マコt…マコちゃんが何かしたの!?」

マコちゃん「バッ…バカ言うな!な、何もなかったよ!!」

梓「あ、あのっ、み、みんな知ってたの!?そ、その…マコちゃんがおとk・・」

マコちゃん「へ…!?」

内田「あーあーあー!!」

千秋「なんだ、うるさいよ内田!」

279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 01:09:09.10 ID:TJMZR7gH0 [1/4]
梓「…?あ、あの…」

内田「あ、あ、もうこんな時間だよみんな!帰らないと!お母さんたち心配しちゃうし!!」

内田「(いまここでバレるのはよくない気がする!なんとなく!今日はカナちゃん変だし!)」

梓「…」

吉野「あ、もうこんな時間なんだね」

内田「うん!うん!ほらマコちゃんも帰るよ!!」

マコちゃん「あ、ああ!ちょっと…!引っ張んなよ!!」

千秋「ちょっとお前落ちつけよ…」

285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 01:58:06.27 ID:TJMZR7gH0 [2/4]
玄関


内田「お、おじゃましましたー!!!!」

千秋「おー気をつけろよ」

マコちゃん「おっじゃまし…おっ、おい!だから引っ張るなって…!」ズルズル

吉野「ごちそうさまでした~カレーおいしかったよ、ふふ。あ、そうだ、あず」

梓「!?」

吉野「あずきバーもおいしかったよ♪」ニコッ

千秋「ああ、お風呂の後にみんなで食べたんだよ。」

梓「…」

吉野「じゃあねカナちゃん、チアキ、また今度ね」

梓「…き、気をつけてね」

千秋「またこいよー」

梓「…」

千秋「あ、マコちゃんにあずきバー渡すの忘れてた」

梓「…」

413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 00:54:08.20 ID:PewNjmmcO [2/62]
千秋「じゃあ食べるかあずきバー」

梓「あっ、私はいいからチアキちゃんが食べて」

千秋「!」

千秋(いつもならがっつくはずなのに)

梓「私はちょっと宿題しているね」

千秋「!!」

千秋(いつもはやらないくせに)

梓(中学の勉強って久しぶりだなー)

千秋(今日のこいつ何なんだよ…)

417 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 01:03:14.48 ID:PewNjmmcO [3/62]
梓(懐かしいなー、この問題)カキカキ

千秋(今日のカナは明らかにおかしい…どこかに連れ去られて改造手術でもされたんじゃないだろうか)ペロペロ

春香「ただいまー」

千秋「あっ、ハルカ姉さまお帰りなさいませ」

春香「うん、ただいま」

梓(ハルカ姉さま…)

梓(そっか、この家ではそう呼ぶんだ)

梓「お帰りなさい、ハルカ姉さま」

春香「うん、ただいま」

春香「……」

春香「!」

422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 01:12:11.40 ID:PewNjmmcO [4/62]
春香「カ、カナ!ちょっと大丈夫?熱は!?」

梓「えっ…大丈夫ですけど…」

春香「チアキ…」

千秋「ずっとこんな感じなんです」

春香「ど、どうしたのカナ?冗談よね?」

梓(あれ?何か間違えた?)

梓「あの…えっと~…」

梓「そう…です」

春香「もう、驚かさないでよね。ビックリしちゃった」

春香(あれ?敬語?)

梓(カナちゃんってどういうキャラなんだろう…)

426 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 01:23:14.63 ID:PewNjmmcO [5/62]
千秋「ハルカ姉さま、ご夕飯を」

春香「あっ…そうね。お腹すいたし食べようかな」

梓(それにしてもハルカさんって美人だな~)

梓(料理上手いし、スタイルも良いし…これで本当に同い年なのだろうか)

春香「美味しそうなカレーね」

千秋「カナと二人で作りました」

春香「カナと…これを?」

千秋「はい」

春香「作り過ぎたりしなかった?」

千秋「はい、適量です」

春香「……」モグモグ

春香「!!」

春香(普通にカレーだ)

427 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 01:37:56.48 ID:PewNjmmcO [6/62]
春香「カナ…料理の勉強でもしたの?」

梓「あっ、美味しかったですか?」

春香「美味しかったです…ですか!?」

千秋「カナ!もういい!もういいだろ!!」

千秋「これ以上私たちを苦しめて何が楽しい!!」

梓「え…えっ?」

梓(あれ…不味かった?)


梓「ご、ごめんなさいっ!」

春香「なんでカナが謝るのよ~!!」

千秋「バカ野郎!このバカ野郎っ!!」

梓「えぇっ!?」

436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 01:51:21.77 ID:PewNjmmcO [7/62]
翌日


春香「はぁ…」

マキ「どうしたのハルカ?元気ないねー」

春香「うん…カナがさぁ…」

アツコ「カナちゃんが?」

春香「なんかおかしいのよぉ…」

マキ「いつもなんかちょっとおかしいじゃん」

春香「違うの…次元が違うの…」

マキ「なに、どういうこと?」

アツコ「?」

438 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 01:58:46.59 ID:PewNjmmcO [8/62]
マキ「まぁいいや。なんか面白そうだし今日様子見に行くよ」

春香「うん…お願い…」

マキ「そんなことよりさ、ハルカ。今度桜ヶ丘の学祭行こうよ」

春香「桜ヶ丘?」

マキ「うん、なんかすごい女子高生バンドがいるらしいよ。聴きに行こうよ」

春香「すごいバンド?」

マキ「すごくてかわいいらしいよ」

春香「へぇ~…」








保坂「……」

445 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 02:06:42.24 ID:PewNjmmcO [9/62]
速水「どうしたの保坂?相変わらずストーカー?」

保坂「ストーカーではない。ナイトだ」

保坂「俺は南ハルカを守る騎士だ」

速水「あんたは立派ストーカーだよ」

保坂「南ハルカが桜ヶ丘へ行くらしい」

速水「桜ヶ丘?そういえば練習試合で何回か行ったことがあるわね…」

保坂「……」

速水「…なに考えてるの?」

保坂「桜ヶ丘を偵察しに行く」

速水「は?」

457 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 02:18:18.38 ID:PewNjmmcO [10/62]
速水「なんで?」

保坂「決まっているだろ。南ハルカが学祭へ行くなら俺がエスコートしなければいけないわけだ」

保坂「エスコートするには開催地へのルート、時間、校内設備を全て把握しなければいけないわけだ」

保坂「完璧なエスコートをするにはそれだけの苦労がかかる」

保坂「しかしその苦労を乗り越えてこその愛だ」

保坂「いや、苦労ですら愛に変わる」

保坂「やがて学祭が終わるころには俺と南ハルカは…」

速水「あーはいはい。もういいわよ」

速水「いってらっしゃい」

保坂「うむ、今日のバレー部は悪いが任せたぞ」

保坂「俺はどうしても桜ヶ丘に行かなければならないからな」

速水「はいはーい」

速水(桜ヶ丘が女子高ってことは黙っておこっと…面白そうだし)

465 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 02:29:00.68 ID:PewNjmmcO [11/62]
内田「ねぇチアキ、あれからカナちゃんどう?」

千秋「あれからずっと謎の生物のままだ」

内田「そっかぁ…どうしちゃったんだろう」

吉野「おかしいよねー」

冬馬「なんだ?カナがどうした?」

千秋「おぉトウマ。お前今日うちに来るだろう?」

冬馬「うん、呼ばれなくても行くよ」

千秋「なら今日は覚悟しておけよ」

冬馬「?」

471 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 02:38:31.67 ID:PewNjmmcO [12/62]
キーンコーンカーンコーン


梓「ふぅ、授業が終わった」

梓(中学の勉強って今やると案外たいしたことないんだね)

藤岡「み、南…」

梓「あっ…えっと」

梓「藤岡君…?」

藤岡(君…)

梓「なに?」

藤岡「あっ、いや…その」

藤岡「最近の南ってなんか雰囲気変わったよね」

476 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 02:49:48.91 ID:PewNjmmcO [13/62]
梓「え?」

藤岡「あっ、別に悪いことじゃないんだ!すごく良いと思うよ!うん」

梓「はぁ…」

藤岡「……」

藤岡(なんだろう…やっぱりちょっとおかしいよな…)

藤岡(そういえばさっきアキラが…)

・・・・・・・・

藤岡「昨日から南の様子がおかしいんだ」

アキラ「おかしい?」

藤岡「なんか…女の子っぽいっていうか」

アキラ「恋ですかね?」

藤岡「!」

477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 02:53:15.35 ID:PewNjmmcO [14/62]
アキラ「もしかしてもう誰かと付き合ってたり」

藤岡「!!」

アキラ「ってカナさんにそんなことありえませんよね。あははは!」

藤岡「……」

アキラ「あははは……あの…藤岡さん?」

・・・・・・・・


藤岡「……」

梓「えっと…大丈夫?」

梓(なんか顔が青ざめてるんだけど…)

藤岡「……」

藤岡(確かめなきゃ…南がなぜ変わったのかを…!)

479 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 03:02:48.22 ID:PewNjmmcO [15/62]
藤岡「み、南!!」

梓「は、はい!」

藤岡「今日南の家に行ってもいいかな!?」

梓「えっ」

藤岡(これでダメなら南はもう…)

梓(い、家に来るの?男の子が…?)

梓(ていうことはやっぱり…付き合ってるのかな?)

梓(じゃあ…オーケーするべきなんだよね)

梓「う、うん…いいよ」

藤岡「本当!?」

藤岡(やった!まだチャンスはあるかもしれない!!)

リコ(カ、カナのやつまた藤岡君と仲良く…!)キーッ

ケイコ「リコ…制服ひっぱらないで…」

486 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 03:09:25.30 ID:PewNjmmcO [16/62]
放課後


梓「はぁ…ようやく学校が終わった」

梓「なんだか知らない人を演じるのは疲れるなぁ」

梓「……」

梓「そうだ。私がここにいるってことはカナちゃんって子が向こうにいる可能性もあるんだよね」

梓「大丈夫かな…先輩たちに変なことされてなきゃいいけど…」

梓「心配だ…」

藤岡「南、帰ろう」

梓「あっ…うん」

梓(とりあえず今は自分のことで精一杯だよ…なんとかしないと)

487 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 03:20:25.37 ID:PewNjmmcO [17/62]
桜ヶ丘高校


保坂「ふっ…ここが今度学祭が開かれるという桜ヶ丘か」

保坂「なるほど、なかなか…」

保坂「それでこそ下見のしがいがあるとものだ」

保坂「…そうか、ここで俺と南ハルカは……」

保坂「待っていろ南ハルカ!必ずこの学校を網羅し、完璧なエスコートをしてやる!!」

保坂「楽しみにしていろ、南ハルカ!!」

保坂「あはは!あはは!あはははは!!」









エリ「えっ…なにアレ。不審者じゃない?」

アカネ「ちょっと先生呼んでくる」

539 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 14:12:42.94 ID:PewNjmmcO [19/62]
南家


千秋「いいか、何があっても驚くなよ。驚いたら向こうの思うつぼだ」

冬馬「いや分かったけどさ…何があったのかさっぱり分かんないよ」

内田「結局分かってないじゃん」

千秋「おそらくカナは…良い子のふりして私たちを苦しめようとしているんだ。そうに違いない」

冬馬「良い子じゃなんか都合の悪いことがあるのか?」

千秋「気持ち悪いだろ」

冬馬「まぁ…確かに」

梓「ただいまー」

吉野「あっ、帰ってきたよ」

543 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 14:20:55.68 ID:PewNjmmcO [20/62]
千秋「おう、お帰り」

千秋(平常心だ。いいな?)

内田(う、うん…)

冬馬「よーカナ」

梓「あれ…あっ、どうも」

梓(友達かな…男の子?)

千秋「藤岡も来たのか。まぁ座れ」

藤岡「うん」

千秋「……」ヒョコッ

梓(あれ…藤岡君の上にチアキちゃんが座るんだ)

梓(でも私と付き合ってるって設定のはずなんだけど…いいのかな?)

546 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 14:34:26.19 ID:PewNjmmcO [21/62]
冬馬「カナ、今日はおとなしいな」

梓「え…」

千秋「おい!そういう事は触れるなと言っただろ!」ヒソヒソ

冬馬「だって気になるんだもん」

千秋「そんな事するからあいつが調子乗るんだよ!自然体でいいんだよ!」

冬馬「うるさいなー、気になるんだからしょうがないだろ」

梓「あ…あの、二人ともケンカは…」

千秋「うるさい!誰のせいでこうなったと思ってる!!」

梓「ひゃっ!?ご、ごめんなさい!」

冬馬「!」

冬馬(カナが謝った…)

547 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 14:42:17.59 ID:PewNjmmcO [22/62]
冬馬「お、驚いたぞ」

千秋「驚くなと言っただろう」

冬馬「驚かずにはいられねえよ」

吉野「カナちゃん、これあげる」

梓「これは…?」

吉野「猫耳だよ。今日のカナちゃんには似合うと思って」

梓「え?」

吉野「あげる」ニコニコ

梓「あ、ありがとう…」

梓(本当に何なのこの子…)

藤岡(カ、カナに猫耳…)ゴクリ

550 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 14:56:26.16 ID:PewNjmmcO [23/62]
ワイワイガヤガヤ

梓(それにしてもこの家って結構にぎやかだなぁ…)

梓(軽音部みたい)

千秋「内田、何度も言うが王子様なんてものは存在しないぞ」
内田「信じるぐらいはいいじゃん!」

梓(この内田ちゃんって子は可愛いなぁ。小学生はこうじゃないとね)

内田「ねーカナちゃーん。チアキがいじめてくるー」

梓「ダメだよチアキちゃん。いじめたらかわいそうだよ」

内田「え」

梓「王子様って素敵だよね。信じることは悪くないんじゃないかな」

内田「……」

千秋「……」

吉野「……」

冬馬「……」

藤岡「……」

梓(あ、あれ?良いお姉さんっぽい感じでやったんだけど…)

553 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 15:04:32.82 ID:PewNjmmcO [24/62]
シーン…

梓(なんで…さっきまで賑やかだったのに…)

梓(私が悪い?)

梓「……」

梓(そういえばカナちゃんはムードメーカー的存在って聞いたような…)

梓(ならここは私が流れを変えないと!)

梓(でもどうすれば……そうだ!)

梓(さっきもらった猫耳をつけて…)ゴソゴソ

梓「にゃー♪」

千秋「ケンカ売ってるのかお前はぁ!!」バシッ

梓「に゛ゃっ!?」

556 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 15:16:21.69 ID:PewNjmmcO [25/62]
冬馬「怖っ!?怖いよカナ!!」

内田「ごめんなさい許して!もうやめてぇ!!」

藤岡「カ、カナ…」

藤岡(可愛かった)

梓「えっと…あの…」オロオロ

春香「ただいまー…ってどうしたの?」

千秋「ハルカ姉さま!カナのやつがまた!」

春香「カナ!もういい加減やめなさいっ!!」

梓(な、なにを…?)

梓(猫耳?)

561 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 15:29:19.54 ID:PewNjmmcO [26/62]
桜ヶ丘高校


和「ふぅ…仕事はこれで一段落」

和「あっ、学祭の資料を軽音部に渡しておかないと…」

さわ子「はぁ……」

和「あれ…先生?どうしたんですか?」

さわ子「真鍋さん…助けて…」

和「え?」

さわ子「私じゃ無理なのよぉ…」

563 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 15:35:23.04 ID:PewNjmmcO [27/62]
和「ど、どうしたんですか!?」

さわ子「あそこ…あの教室に…」

和「え…?」

さわ子「真鍋さん…お願いだからなんとかして」

和(…何があるのかしら?)

和(よく分からないけど、生徒会長だし確かめないと)

和「……」

ガチャッ

保坂「……」ヌギヌギ

和「……」

保坂「来たか」

和「着てください」

567 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 15:54:04.67 ID:PewNjmmcO [28/62]
保坂「せっかく来てもらったのにすまないが、俺にはやることがある」

保坂「愛しの女性のために校内を探索しなければいけないのだ」

保坂「約8割は見回った。だがまだ足りない」

保坂「そう、隅からすみまで網羅しないと完璧なエスコートはできないからだ!」

保坂「例えば女子トイレ。南ハルカがいつでも行けるように高校全てのトイレをチェックしなければいけない」

保坂「更衣室。学祭というのは何が起こるか分からない」

保坂「南ハルカの服がもし濡れるようなことがあれば、俺はそこへ案内できるようにしなければいけない」

保坂「まだまだチェックするべき所はたくさんある。それなのに俺自身なにもかもが甘すぎる!」

保坂「ゆえに全てを回りきることができなかった!」

保坂「この甘さに打ち勝つにはどうすればいい!どうすればいいんだ!?」

和「服を着てください」

573 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 16:14:10.56 ID:PewNjmmcO [29/62]
南家


春香「カナ…一体どうしちゃったの?」

春香「なにか悪いことしたなら謝るから」

梓「いやぁ…そのぅ…」

梓(もう本当のこと言おうかな…でも今さらって感じもするし…)

マキ「おーっす。部活終わったから来たよー」

アツコ「おじゃまします」

梓(あっ、また新しい人が来た…)

マキ「カナちゃん今日は変なんだって?どうしたのよー」

梓「えっとぉ…」

578 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 16:23:39.28 ID:PewNjmmcO [30/62]
梓(この人…ハルカさんの友達かな?)

マキ「おっ!?」

千秋「どうした?」

マキ「今日のカナちゃんは親近感がわく…何でだろう」

梓(よかった。同じぐらいの身長の人が同い年にいて)

アツコ「あれ?あの…」

内田「それより聞いてよ、今日のカナちゃん本当におかしいんだって」

マキ「そんなおかしいの?」

冬馬「見てみろ」ドンッ

梓「きゃっ!?い、いきなり何するの!」

冬馬「な?」

マキ「あらま」

アツコ「あの~…」

586 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 16:35:18.09 ID:PewNjmmcO [31/62]
春香「なにアツコ?」

アツコ「その…」

マキ「どうしたのよカナちゃん!今日はいつもより女の子らしいじゃん!」バンバン

梓「いたっ!いたっ!」

吉野「さっきなんか猫耳つけたんだよね?もう一度やって欲しいなー」

梓「えっ…」

マキ「猫耳?なにそれ?」

吉野「ほら、これつけてにゃーって」

梓「…にゃ、にゃー」

マキ「あはははは!!な、なにそのギャグ!!」

梓(これやってそんなリアクションされたの初めてだ……なんか悲しい)

藤岡(可愛い…けどなんかおかしい…けどやっぱり可愛い…)

春香「カナ!お願いだから昔のカナにもどって!!」

春香「もう今のあなたは見ていられないわ!!」

梓「え~…」

588 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 16:43:51.62 ID:PewNjmmcO [32/62]
アツコ「ね、ねぇ…」

千秋「どうしたアツコ」

アツコ「だから…」

マキ「ははーん、分かった」

内田「なにが?」

マキ「カナちゃん…あんた恋してるね?」

梓「え?」

藤岡「!」

マキ「隠さなくっていいって。恋愛は人を変えるものなんだからさ」

千秋「またろくな経験談もない恋愛教室が始まるのか」

589 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 16:51:23.15 ID:PewNjmmcO [33/62]
春香「そうだったの…?」

内田「カ、カナちゃんが恋!?」

梓「えぇっ!?ちょ、ちょっと…」

梓(私藤岡くんと付き合ってるんじゃないの?)

藤岡「……」

千秋「おいどうした藤岡、顔色が悪いぞ」

冬馬「それよりお腹が減ったんだけど」

千秋「お前はマイペースだな」

冬馬「だって恋愛話は興味ないし」

591 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 17:03:56.27 ID:PewNjmmcO [34/62]
アツコ「あの…その子って…」

マキ「ねー実際はどうなのよー。誰か好きな人でもできたの?」

梓「いや…だから…」

梓(このままじゃ何かまずい。変な誤解を与えないようにはっきり言わないと…!)

梓「わ、私……付き合ってる人がいますから!」

マキ「えっ、マジ?」

春香「うそっ!?」

内田「カナちゃんが…」

梓(カナちゃんのためにもここはちゃんと言わないと……だよね藤岡君?)

藤岡「……」

梓「藤岡君?」

藤岡「あの…オレ急用思い出しました」

595 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 17:11:01.07 ID:PewNjmmcO [35/62]
梓「え?」

千秋「お、おい藤岡…」

藤岡「ごめんね、家の用事があるんだ。急がないと」

梓「そうなの…?それじゃあ仕方ないね」

梓(せっかく誤解を解いたのに…)

藤岡「じゃあこれで失礼します」

春香「あっ…気をつけてね」

藤岡「はい。それじゃ南…さようなら」

梓「うん。ばいばい」

藤岡「……」ダダダッ

冬馬「走ってったな。そんな急いでるのか」

600 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 17:21:23.01 ID:PewNjmmcO [36/62]
マキ「……」

春香「ちょっとマキ!どうするのよこれ!」ヒソヒソ

マキ「だ、だっててっきり藤岡君のことが好きだと…」ヒソヒソ

梓「?」

アツコ「あの…この子ひょっとしてカナちゃんじゃ…」

冬馬「なー、それよりお腹すいたよー」

春香「そうね!とりあえずご飯にしましょうか!!」

春香「マキ、手伝って!」

マキ「え~…」

春香「いいから!」

アツコ「この子カナちゃんじゃない…」

春香「アツコもお願い」

アツコ「あ…うん」

608 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 17:32:57.45 ID:PewNjmmcO [37/62]
春香「それにしても驚きだわ…カナに恋人がいただなんて」

マキ「まぁあの年頃ならおかしくないよ」

アツコ「あのね二人とも…」

マキ「なに?」

アツコ「あの子…カナちゃんとは別人じゃないかな」

春香「え?」

アツコ「だって全然違うし…」

春香「あはは!何言ってるのよアツコ。どう見てもカナじゃない」

アツコ「で、でも…」

マキ「そうだよー。アツコまでおかしくなっちゃダメだって」

アツコ「……」ホロリ

千秋「ハルカ姉さま、私も手伝います」

春香「あら、ありがとう」

613 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 17:45:27.90 ID:PewNjmmcO [38/62]
保坂「ふぅ…ようやく解放されたか」

保坂「なるほど、なかなか警備はしっかりしているようだな」

保坂「これなら学祭も安全……ん?」



唯「ふん、ふ~ん♪」



保坂(あれは…桜ヶ丘の生徒か)

616 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 17:51:39.01 ID:PewNjmmcO [39/62]
保坂(はたして桜ヶ丘の校風は全生徒に行き届いているのだろうか…)

保坂(どれ、オレが確かめてやろう)

保坂(もしろくでもない生徒なら学祭は危険かもしれないからな)

保坂「……」ジーッ

唯「~♪」

保坂(ん?なにを歌っているんだ?)

唯「ごはんはすごいよ何でも合うよ~♪」

保坂「!」

保坂(こ、この歌は…!)

619 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 18:00:27.69 ID:PewNjmmcO [40/62]
唯「ラーメンうどんお好み焼き♪炭水化物と炭水化物の夢のコラボレーション♪」

保坂(なるほど…そういうことか)

保坂「すべては愛のターメリック♪」

唯「!」

保坂「ハラハラハラペーニョ♪」

唯「あ、あなたは…」

保坂「こうして会うのは初めてだな…ごはんの妖精よ。オレはカレーの妖精だ」

唯「カレーの妖精!?」

保坂「さぁ、ともに歌いながら帰ろうではないか」

唯「は、はい!」

保坂「すべては愛のターメリック♪」

唯「ごはんはすごいよ何でも会うよ♪」

636 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 18:15:16.98 ID:PewNjmmcO [41/62]
南家


マキ「じゃあ私たちはもう帰るね」

内田「カナちゃん、また明日ね」

梓「うん、さようなら」

ガチャッ、バタン

春香「さて、食器洗っちゃいましょうか」

千秋「はい」

梓「なら私も…」

春香「あぁ、カナは先にお風呂入ってていいわよ」

梓「あっ、はい。分かりました」

梓「じゃあ行ってきますね」

春香「……」

千秋「ハルカ姉さま、もう慣れましたか?」

春香「まだ無理かも…」

639 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 18:29:32.40 ID:PewNjmmcO [42/62]
ジャージャー

千秋「ハルカ姉さま…」

春香「なに?」

千秋「カナは…ずっとあのままなんでしょうか?」

春香「んー…そうねぇ」

春香「確かに今のままじゃちょっと気持ち悪いかもしれないけど……あの子が前向きに変わろうとしてるなら応援してあげなきゃ」

千秋「……」

春香「チアキは今のカナが嫌いなの?」

千秋「よく分からないです。好きとか嫌いとか」

千秋「ただ……ちょっと…」

春香「カナが遠くに行っちゃうみたいで寂しい?」

千秋「……」

春香「…カナがお風呂から上がったらみんなでアイスでも食べましょうか」

千秋「はい…」

641 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 18:44:06.19 ID:PewNjmmcO [43/62]
梓「ふぅ…疲れた」

梓「もうカナちゃんを演じるのは無理だよ~…」

梓「……」

梓「ずっとこのままなのかな」

梓「先輩たち私がいなくなって心配してないかな…」

梓「軽音部…」

梓「……」

梓「やっぱり、本当のこと言わないとお互いに良くないよ」

梓「今までタイミングがなくて言えなかったけど…あとで絶対に言おう!」

梓「私は中野梓だーっ!」

千秋「おいうるさいぞ。風呂も静かに入れないのか」

梓「きゃっ!?ご、ごめんなさい」

千秋「上がったらリビングに来いよ」

梓「は、はい…」

梓(小学生相手にヘコヘコしてる私って…)

646 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 18:59:26.91 ID:PewNjmmcO [44/62]
春香「明日は休みだし、三人でどこか遊びに行きましょうか」

千秋「賛成です」

梓「あっ…お風呂上がりました」

春香「あっカナ。アイスあるわよ」

梓「ありがとうございます」

千秋「……」

春香「明日三人でどこか遊びに行こうって話してたんだけど、カナはどこに行きたい?」

梓「あの…その前にですね…」

春香「なに?」

梓「それが…」

梓(言え!言うんだ私!!)

梓「………あれ?」

春香「カナ?」

梓(ここにあったアイスがない…)

千秋「……」モグモグ

648 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 19:11:41.77 ID:PewNjmmcO [45/62]
梓「あっ…」

春香「チアキ、カナの分食べちゃダメでしょ!?」

千秋「…どうしたカナ、悔しくないのか?」

梓「え?」

千秋「お前の大好きなアイスが私に食べられてるんだぞ、悔しくないのか?悔しかったら奪い返してみろ」

梓「いいよ、チアキちゃんが食べて」

春香「カ、カナ…」

千秋「……どうやら本気らしいな」

梓「チアキちゃん?」

千秋「もういい、私は何も言わないよ。お前の好きなように生きろ」

千秋「私だってお前の人生の邪魔はしたくない。カナがまともに生きようとしてるなら手も口も出さない」

千秋「お前が自分を変えようと頑張ってるなら…グズッ…応…援…」ポロポロ

春香「チアキ…」

梓(えっ…これどういう状況…)

654 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 19:22:14.34 ID:PewNjmmcO [46/62]
春香「泣いちゃだめよチアキ。笑って新しいカナを受け入れてあげましょう」

梓「あ、あの…」

千秋「正直お前のことは……グズッ…一年中いつもバカ野郎だと思ってたよ…」

千秋「ヒック…けど…お前みたいなバカ野郎でも…ウゥ…変わるもんなんだな…」

梓(ほめてるの?)

千秋「頑張れよカナ…ウグッ…ヒッグ……頑張れよ…」

梓「あ…うん」

梓(ていうかなんで泣かれてるの…)

春香「よし!私も頑張ろう!」

春香「このままじゃカナに置いてけぼりにされるかもしれないしね」

梓「はぁ…」

梓(この人たちは何を言っているんだろう…)

659 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 19:37:55.30 ID:PewNjmmcO [47/62]
梓「あ、あのですね…なにか話違いをしてると思うんですけど…」

千秋「カナ、悪かったよ。アイスは返す。ついでに私のも食べてくれ」

梓「えっ」

春香「私のもあげるわ。食べて」

梓「あの…ちょっと…」

千秋「さぁ、新しい門出の祝いに食べろ。さぁ!」

梓「だから…」

春香「遠慮しないで、食べてカナ」

梓「だからぁ…」

千秋「どうした、食べなさいよ早く。溶けちゃうよ早く」

千秋「お前のアイスがドロドロになっちゃうよ早く」

梓「だから違うんですーーーっ!!」

660 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 19:46:42.59 ID:PewNjmmcO [48/62]
・・・・・・・・


春香「えっ…カナとは別人なの?」

梓「はい」

千秋「本名は中野梓っていうのか」

梓「はい。騙していてすいませんでした」

梓「なかなか言えるタイミングがなくて…」

春香「で、でもなんで入れ替わってたの?」

梓「それがよく分からなくて…」

千秋「おい!なら本物のカナはどこにいるんだよ!!」

梓「たぶん元々私がいたところにいる……かもしれません」

664 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 19:56:33.64 ID:PewNjmmcO [49/62]
春香「…なら明日行きましょうか。梓ちゃんの元いた場所に」

梓「す、すいません。みなさんまで…」

春香「いいのよ。気づかなかった私たちも悪いんだし」

春香「それよりも同い年なんだって?びっくりしちゃった」

梓「ははっ…ですよね」

春香「明日は部活の先輩たちに会えるといいわね」

梓「はい!ありがとうございます!」

春香「ふふっ、同い年なんだから敬語じゃなくていいのに」

梓「あ…あ、ありがとう///」

千秋「おい」

梓「え?」

千秋「私の涙を返せバカ野郎っ!!」バシッ

梓「に゛ゃっ!?」

670 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 20:06:01.96 ID:PewNjmmcO [50/62]
藤岡「……」

藤岡(どうしよう…カナに彼氏がいただなんて…)

藤岡(もう生きていけない…死のう)

保坂「カレーとごはんは最適かもしれないが、最愛ではない」

藤岡「え?」

保坂「やはり俺には南ハルカしかいないな…」

保坂「しかし平沢家のカレーは美味かった…あの愛ある味を見習いたいものだ」

藤岡「……」

藤岡(カレーとごはんは最適かもしれないが…最愛ではない)

藤岡(なんて深くて重い言葉なんだろう…)

藤岡「……」

藤岡(オレ…もうちょっと頑張ってみようかな)

677 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 20:16:49.36 ID:PewNjmmcO [51/62]
翌日


憂「お姉ちゃん?お姉ちゃんなら律さんの家に行ったよ」

梓「そうなんだ…」

憂「梓ちゃんはお泊まりしてるんじゃなかったっけ?」

梓「えっ」

憂「あれ?」

梓「あ…まぁいいや、ありがとう憂」

憂「うん」

梓「会えてよかった」

憂「?」

679 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 20:21:24.82 ID:PewNjmmcO [52/62]
梓「カナちゃんは律先輩のところにいるみたい」

千秋「律先輩?」

梓「部活の先輩だよ」

春香「あの子…迷惑かけてなきゃいいけど…」

梓「着いた。ここ」

千秋「一軒家か…生意気な」

ピンポーン

律「あっ、はーい」

律「誰ですかー?」

ガチャッ

梓「あ…」

律「あっ…」

683 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 20:24:55.48 ID:PewNjmmcO [53/62]
梓「……」

律「えっ…梓?」

梓「は、はい」

春香「あの~…」

律「えっ…だれ?」

千秋「すいません、ここにバカ野郎は来てませんか?」

律「バカ野郎?」

夏奈「あーっ!?チアキ!!ハルカ!!」

春香「か、夏奈!こんな所にいたの!?」

千秋「ようやく見つけたぞこの大バカ野郎!!」バシッ

夏奈「いたいよ!!」

686 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 20:29:49.81 ID:PewNjmmcO [54/62]
春香「うちの妹がご迷惑をかけて申し訳ありません」

澪「あっ、そんな…迷惑とかは」

千秋「土下座しろ!今すぐ土下座しろ!!」

千秋「世界中の人々に『私は大バカ野郎です』って謝れ!!」

夏奈「うるさい!今さら迎えに来るなんて遅すぎるぞ!!」

唯(本当に仲悪いんだ…)

春香「カナ、ちゃんと謝りなさい」

夏奈「ちぇっ…」

梓「あ、あの…お互い様だし別に」

687 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 20:32:29.06 ID:PewNjmmcO [55/62]
律「それにしても…本当にそっくりだな」

梓「え?」

夏奈「ん?」

春香「ほんと、私も分からなかったわ」

梓「……」ジーッ

夏奈「……」ジーッ

紬「そっくりね~」

梓「全然似てないですよ!!」
夏奈「全然似てないよ!!」

691 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 20:37:08.36 ID:PewNjmmcO [56/62]
唯「あれっ、どっちがどっち?」

律「おいまた分かんなくなったぞ」

千秋「バカ野郎の顔をしてる方がカナです」

夏奈「お前はもうちょっと目を開けて人を見ろ!!」

千秋「なんだこのバカ野郎は」

梓「先輩!見て分からないんですか!?」

紬「えっと~…」

千秋「まて、よく見れば胸の大きさがほとんど同じだ」

唯「本当だ!余計分からなくなった!!」

夏奈「お前は話をややこしくするなーっ!!」

千秋「なんだこのバカ野郎は」

696 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 20:45:49.55 ID:PewNjmmcO [57/62]
梓「もう!本当に分からないんですか!?」

梓「ひどいですよ…」

唯「まって」

澪「唯?」

唯「あずにゃん…」ダキッ

梓「にゃっ!い、いきなり何を!?///」

唯「うん…この抱き心地は間違いなくあずにゃんだよ!」

律「よしっ!唯か言うなら間違いないな!」

梓「なんですかそれ…」

697 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 20:57:37.19 ID:PewNjmmcO [58/62]
澪「まぁ無事でなによりだよ、梓」

梓「……グズッ」

紬「梓ちゃん?」

梓「先輩~っ!」ギュッ

唯「あ、あずにゃんどうしたの?」

梓「ずっと会いたかったんです!ずっと会いたかったんですよぉ!!」ポロポロ

律「おいおい大袈裟だな。泣くことはないだろ」

紬「ふふっ、梓ちゃんったら」

澪「ごめんな、梓」

唯「よしよし、いー子いー子」

梓「うぇ~んっ!!」

703 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 21:05:46.87 ID:PewNjmmcO [59/62]
翌日

梓「久しぶりに部活…楽しみだな~」

純「あーずさ、早く軽音部に行こうよ」

憂「遅れちゃうよ」

梓「え…二人とも何言ってるの?」

純「は?何って…今日から私と憂も軽音部じゃん」

梓「え…えぇーっ!?」

憂「楽しみだな~、お姉ちゃんと部活」

梓(な、何がどうなって…)

純「ほら、早く行こう」

梓「純……うんっ!」

梓(…ま、いっか)


706 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 21:12:18.37 ID:PewNjmmcO [60/62]
梓「こんにちはー!」

紬「久しぶりの部活かよっ!」

梓「…ムギ先輩なんですかそれ」

紬「うふふ、ツッコミよ~」

梓「ツッコミだったんですか…」

梓「なんで今ツッコんだんですか」

唯「憂、純ちゃん、いらっしゃ~い」

憂「お姉ちゃーん♪」

律「よく来たなお前たち!」

純「これからよろしくお願いします」

澪「よし、ならさっそく…」

唯「ケーキだー!」

澪「練習だ!!」

709 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 21:20:46.18 ID:PewNjmmcO [61/62]
唯「うぇ~…」

澪「もうすぐ学祭なんだぞ」

憂「お姉ちゃん、頑張って♪」

唯「憂……よし、私頑張るよ!」

律「憂ちゃんが入ると楽になるなー」

紬「うふふ」

純「私…ここでやっていけるかいきなり不安になってきた」

梓「大丈夫だって。慣れちゃえば平気だよ」

梓「それに私と憂もいるから」
純「梓…なんかたくましくなった?」

梓「そう?ま、色々大変だったから精神的に成長したのかな」
純「えーなにそれ?」

梓「う~ん…今度話してあげるよ」



おわり

773 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/19(木) 00:49:52.60 ID:vFVhW1MlO [1/16]
おまけ※過度な期待はしないでください



夏奈「さて、今日軽音部の面々をうちに呼んだのは他でもない」

唯「なにをするんですか?」

夏奈「反省会だ!」

梓「反省会?」

夏奈「学祭ライブの反省会に決まってるだろ!!」

千秋(うちでやるなよ)

春香「とりあえずお茶持ってくるわね」

律「あっ、どうもすいませ~ん」

紬「私も手伝うわ」

778 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/19(木) 00:58:40.48 ID:vFVhW1MlO [2/16]
夏奈「とりあえずあれだな、見に行ったけど全体的にグダグダだったな」

澪「あぁ…それは否定できない」

梓「唯先輩のせいですよ」

唯「えへへ、すいません」

夏奈「人のせいにするなよっ!!」

梓「!」

夏奈「これは誰かが責められる問題じゃない、バンド全体の責任だよ」

夏奈「まったく、元メンバーとして恥ずかしい」

律「元メンバーって二日間飲み食いしてただけだろ」

春香「お茶持ってきました」

紬「お菓子もあるわよ~」

780 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/19(木) 01:03:43.04 ID:vFVhW1MlO [3/16]
唯「わ~いお菓子~」

千秋「箱入りのお菓子…高級だ」

千秋「高級ですごいやつだ」

春香「すいません、わざわざ」

紬「いえいえ、梓ちゃんもお世話になったことだし」

梓「うぅ…」

千秋「どうした夏奈、食わないのか?」

夏奈「やめておけ千秋…それは悪魔のお菓子だ」

781 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/19(木) 01:07:17.15 ID:vFVhW1MlO [4/16]
紬「え?」

千秋「何言ってるんだお前、失礼だろ」

夏奈「信じないならいいさ、私は食べないからな」

唯「美味しいのにもったいない」

春香「珍しいわね、夏奈が食べないなんて」

律「…もしかして、ダイエット中?」

夏奈「!」ピクッ

782 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/19(木) 01:10:50.56 ID:vFVhW1MlO [5/16]
律「まぁ二日間あれだけ飲み食いしてりゃ太るよな」

夏奈「そうだよ!お前たちの素敵なティータイムのおかげで素敵な体重になっちゃったよ!!」

夏奈「謝れ中野ォ!!」

梓「な、なんで私が!?」

夏奈「そもそもお前と頭ぶつけなかったらこうならずにすんだんだよ!!」

千秋「人のせいにするなよ」

785 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/19(木) 01:20:14.42 ID:vFVhW1MlO [6/16]
春香「ライブ楽しかったですよ」

紬「ありがとう」

春香「チアキとカナも大はしゃぎして、一日中HTTのTシャツ着てましたから」

夏奈「ハ、ハルカ!それは言うな!!」

律「なんだよー、満足してくれたんじゃん」ニヤニヤ

千秋「……」グイグイ

澪「え?なに?」

千秋「サイン、ノートに」

澪「あ、あぁ!いいよ」

唯「よかったね澪ちゃん」

千秋(将来このバンドが売れるようなことがあればオークションで高値でさばこう)

786 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/19(木) 01:28:37.61 ID:vFVhW1MlO [7/16]
夏奈「こっちはお前と出会って最悪だったよ」

夏奈「あちこちに変な誤解が広がって」

梓「そ、それならこっちだって!」

律「まぁいいじゃねえか、全部解いたんだろ?」

律(聡はまだ女装癖があるけど)

紬「ケンカするほど仲が良いのかよっ!」

唯「ムギちゃん今日もツッコミがさえるね~」

紬「うふふ」

澪(ツッコミなのか…?)

793 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/19(木) 01:35:17.46 ID:vFVhW1MlO [8/16]
唯「でも夏奈ちゃんには感謝してるよ~、おかげで憂と純ちゃんが入部してくれたんだもん」

夏奈「だろー?」

唯「えへへ」

千秋「おい吉野二号」

唯「はい!」

千秋「声がややこしいんだよお前は。なんとかしろ」

唯「な、なんとかしろと言われましても…」

律「そんな似てるのか?その吉野って子と」

春香「すっごい似てます」

796 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/19(木) 01:43:39.96 ID:vFVhW1MlO [9/16]
夏奈「気にするな吉野二号。お前の溢れんばかりのバカオーラがチアキを刺激してるだけだから」

唯「よかったぁ」

梓「先輩、全然よくないですよ」

春香「梓は先輩たちのことが好きなのね」

梓「べ、別にほっとけないだけだし!」

春香「ふふっ、強がっちゃって」

梓「もう!そういうのやめてよハルカ」


律「あの二人の会話してる姿ってすっごい違和感あるよな」

澪「あぁ、すっごい分かる」

797 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/19(木) 01:50:00.78 ID:vFVhW1MlO [10/16]
夏奈「吉野呼んできました」

吉野「どうも」

律「うわっ!?超似てる!!」

澪「本当だ…」

梓(この声で何度びくびくさせられたか…)

唯「吉野ちゃんはじめまして。私は平沢唯っていうんだよ」

吉野「はじめまして唯ちゃん。よろしくね」

唯「えへへ」

吉野「えへへ」

夏奈「おぉぅ…なんか息があってる」

千秋「奇妙な光景だなぁ」

801 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/19(木) 02:01:12.36 ID:vFVhW1MlO [11/16]
吉野「あっ、澪さん。後ろに…」

澪「え?」

吉野「なんでもありません。気のせいでした」

澪「え?え??」

吉野「あっ、澪さん。肩に手が…」

澪「えぇっ!?」

吉野「気のせいでした」

千秋「そういえば天然着色料の中には虫を磨り潰して作ったやつがあって…」

澪「うわあぁぁぁあっ!!」

律(ここの小学生は澪を怖がらせるのが上手だなぁ)

802 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/19(木) 02:10:13.97 ID:vFVhW1MlO [12/16]
唯「ねぇ澪ちゃん」

吉野「ねぇ澪さん」

唯「遊ぼうよ」

吉野「遊ぼうよ」

澪「ゆ、唯が二人…」

唯「ねぇ澪ちゃんったらー」

吉野「ねぇ澪さんったらー」

澪「うわっ!?うわーーーっ!!」

夏奈「かっこうの獲物にされちゃってるねぇ、澪ちゃん」

千秋「弱者はイジられる。それがここの掟だ」

805 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/19(木) 02:19:39.18 ID:vFVhW1MlO [13/16]
紬「ここも賑やかでいいわね~」

春香「まぁ賑やかだけが取り柄ですから」

梓「ふ、二人が並ぶとすごいオーラが!」

夏香「くそぅお前たち!半分くらい胸よこせ!!」

春香「ちょ、ちょっと何言ってるのカナ!!」

紬「うふふ」

唯「でも私はみんなに会えて良かったよ~」

夏香「な、なにを言うんだいきなり」

807 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/19(木) 02:23:37.97 ID:vFVhW1MlO [14/16]
唯「え?そう思っただけだよ?」

夏奈「お前は相変わらず分からないやつだねぇ」

梓「そういう人なの」

唯「えへへ」

夏奈「ま、私もお前たちと会えて良かったと思うぞ!」

千秋「お前が言うと薄っぺらく聞こえるなぁ」

夏奈「なんだとーっ!!」

唯「あはは」

春香「ふふっ。いいな~、私もバンドやってみたいかも」

808 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/19(木) 02:29:15.02 ID:vFVhW1MlO [15/16]
保坂「ナツキ、バンドをやらないか?」

ナツキ「バンドっすか。どうしたんスか急に」

保坂「なぜだかやらなければいけない気がするんだ」

ナツキ「はぁ……でも俺リコーダーしか演奏できないっスよ」

保坂「かまわん。やるぞ」

ナツキ「俺と保坂先輩だけっスか?」

保坂「そうだ」

ナツキ「……あっ、そうだ。俺リコーダーも演奏できませんでした」

保坂「そうか…。今の『あっ、そうだ』はなんだ?」

ナツキ「なんでもないっス」



おわり

コメント

No title

良かった
もう思い残すことは何もない

保坂は今日も平常運行

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。