FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「和ちゃんちゅー」和「はいはい後でね」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 22:01:44.50 ID:mQz1VPpH0 [1/34]
和「………ってちゅう!?」

和「何考えてるの!やめなさい!」メッ

唯「えっ…」

和「……え?」

唯「……………」グス

和「!」

唯「和ちゃんのバカ!」ダッ

和「唯!!」

和(…………なに…どういうこと…?)

和(まさか唯…私のこと…?)

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 22:05:05.74 ID:mQz1VPpH0
次の日

和(昨日のは…なんだったのかしら…?)

和(私が放課後、一人で生徒会室で残りの書類を片付けてたら突然唯がやってきて…)


唯『和ちゃーん…』そろそろ

和『唯?どうしたの?もう下校時間過ぎてるわよ。部活終わったんでしょう?』

唯『うん…そうなんだけど~…』モジモジ

和『?』

唯『えへへ~…』にこにこ モジモジ

和『ごめんね、私今日中にやらなくちゃいけない書類が残ってるの。だから…』

唯『他の人は?』

和『帰したわ。一人で十分だから』

唯『え~残ってやんなきゃいけないのに?』

和『生徒会長だもの。みんなよりかは働いて当然よ』

唯『ほえ~…キャリアウーマンみたいでかっこいいね!』

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 22:07:26.98 ID:mQz1VPpH0
和『そんなことないわ。曽我部先輩が会長のときだってこうやってくれたもの。私はそれを真似してるだけ』ペラッ

唯『んー…でもかっこいいよ!』

和『そう?ありがとう。というわけだから悪いけどまた明日ね』カキカキ

唯『………』モジモジ

和『……?どうかしたの?』

唯『ん~…えっとねぇ…』モジモジ

和『……………』

唯『えっとぉ~…』チラッ モジモジ

和『…30分ぐらいで終わると思うからそしたら一緒に帰ろうか』

唯『!うん!』

和『じゃあその辺で大人しく座ってなさい』カキカキ

唯『はぁ~い』にこにこ

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 22:09:54.83 ID:mQz1VPpH0
唯『ねぇねぇ和ちゃん!』

和『うん?』カキカキ

唯『ムギちゃんがね、和ちゃんに会いに行くって言ったらこれ二人で食べてってお菓子くれたの!』

和『そっか。じゃあ後で食べようか』ペラッ

唯『うん!』



唯『ねぇねぇ和ちゃん!』

和『んー?』ペラッ ペラッ

唯『今日ね、りっちゃんと澪ちゃんが同じシャーペン使ってたんだよ!それでね…』

和『うん、後でね』カキカキ

唯『うん!』

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 22:12:50.55 ID:mQz1VPpH0
唯『ねぇねぇ和ちゃん!』

和『うん』カキカキ

唯『憂がね、今日は肉じゃが作ってくれるんだよ!憂の肉じゃがおいしくてね…』

和『後でね』カキカキ

唯『うん!』



和(……そのあとも何回も話しかけてくるから全部適当に返事してたら突然ちゅうとか言い出したのよね…)

和(メールしても返事よこさないし…教室言ったら聞いてみないと…)

律「おっはよう!和~!」バシッ

和「っ…おはよう、律」

澪「朝から人を叩くな!」ゴチッ

律「いてっ!澪だって叩いてるじゃん!」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 22:16:13.30 ID:mQz1VPpH0
澪「おはよう和」

和「おはよう」

澪「宿題やってきた?」

和「うん」

律「え?無視?ひょっとしてイジメ?」

澪「最後の問題がちょっと分かんなくてさ…」

和「教室行ったら教えてあげる」

澪「助かるよ」

律「うう…」シュン

和「……冗談よ。こっちいらっしゃい」

律「わーい!!」ガバッ

澪「あっもう…甘やかさなくていいのに…」

律「澪と違って和は優しいんだよー」ベー

澪「調子に乗るな!」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 22:19:37.05 ID:mQz1VPpH0
律「…」ササッ

澪「こら!和を盾にするな!」

律「べー!」

澪「くっ…」ギリッ

律「ふふん♪」

和「こら」

律「!ご…ごめんなさい…」シュン

澪「和の言うことなら聞くのか」

律「そうだよん♪」

澪「バカ律!」

律「なんだとー!」

澪・律 ギャーギャー!

紬「おはよう和ちゃん」

和「おはよう、ムギ」

紬「あらあら朝から楽しそうね」ふふっ

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 22:23:09.09 ID:mQz1VPpH0
和「仲がよくて羨ましいわ」

紬「和ちゃんだって唯ちゃんと仲いいでしょ?」

和「………そうね」

紬「?」

律「おっムギおはよう」

紬「おはようりっちゃん」

澪「あ、おはよう」

紬「おはよう。二人とも朝から元気ね」ニコニコ

律「だって澪が…」
澪「だって律が…」

律「まねすんなー!」

澪「してない!」

和「はいはい、もう教室なんだから静かにしなさい」ガラッ

律・澪「…はーい」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 22:25:52.89 ID:mQz1VPpH0
唯「あ…」

和「唯…」

唯「……」フイッ

和「!」

律「おっ!唯おはよう!」

唯「…おはよ~りっちゃん」

和(目…逸らされた?)

和「…ねぇ、ゆ」

澪「和、宿題教えてよ」

和「え?あ、うん…」

唯「…………」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 22:29:12.16 ID:mQz1VPpH0
授業中

和(目を逸らされたんだとしたら……やっぱり昨日のことよね?)

和(唯…本気で私のこと…)

和(でっでも好きだとかも言われてないのにいきなりキスっておかしいわよね)

和(それ以前に私は唯をそういう対象として見たことない)

和(……どうしたらいいのかしら)

和(他の人からのならごめんなさいと一言断ればいいけど…)

和(…………唯にそういう対象として見れないって言ったらもう前みたいには戻れないのかしら…)

和(話もできないくて目すら合わせてもらえなくて…)

和(……………そんなの嫌だわ)

澪「和。のーどーか」

和「えっ…」

澪「どうしたのぼーっとして」

和「あ…ううん。ちょっと…(いけない…一時間目終わってたのね…)」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 22:31:51.27 ID:mQz1VPpH0
澪「?お昼にしようよ」

和「え!?お昼!?」

澪「う、うん」

和「うそ…」

澪「和それ一時間目の教科書じゃないか。……まさかずっとそうしてたのか?」

和「………そうみたいね」

澪「あーじゃあ休み時間声かければよかったな…何か考え込んでるから邪魔しないほうがいいかと思って…」

和「ううん。いいの…(お昼までずっと考え込んでたなんて…)」

澪「……何か悩み?」

和「……ううん。なんでもない」

澪「そう?」

和「うん。みんなの所行こうか」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 22:36:12.38 ID:mQz1VPpH0
律「おっやっときたな」もぐもぐ

澪「何で先食べてんだよ…」

律「遅いんだもん」ぱくっ

和「ごめんね」

律「ふふん!おかず一個で許してやろう!」

澪「いいから大人しく食べてろ」

律「はーい」もぐもぐ

和「………唯は?」

紬「今日は憂ちゃんと食べるんですって」

和「え……」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 22:38:31.81 ID:mQz1VPpH0
澪「珍しいな」

律「たまにはいいんじゃないか」もぐもぐ

澪「毎日家で一緒に食べてるだろ」

律「ありゃ」

紬「ふふっ」

澪「ったく」クスッ

律「へへへ」

和(…………唯)

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 22:41:35.34 ID:mQz1VPpH0
放課後 生徒会室

和(結局今日一日唯と話すどころか目が合ったのも朝の一回だけ…)

和(ちゃんと話がしたい…)

和(でも…でももし友達ですらいられなくなってしまった時のことを考えると………怖い)

和(……………唯って女の人が好きなのかしら?)

和(でも世の中には男女両方好きな人がいるって聞いたことあるわ)

和(私は…残念だけど女の人を好きになったことなんてないわ…)

和(………あれ?でも私男の人好きになったことあったっけ?)

和(……私そういえば恋とかってしたことない…)

和(中学に入ってから周りでそういう話する子が増えたけど…唯はそういう話振ってこなかったし…)

和(っていうか唯好きな男子とかいたのかしら?ふつうに男子とも仲良かったりしたわよね…?)

和(でも唯ってのんびりしてるからバカ男子に「平沢とろい」とか言われて泣いてたことあったわね…)

和(あのバカ、唯のこと泣かせて…)イライラ

和(男ってバカね本当)イライラ

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 22:45:55.61 ID:mQz1VPpH0
和(…まぁいいわ。あんな男のことで腹立てるのもバカらしいもの)

和(…ってことは唯もしかして好きな男子いなかったのかしら)

和(好きな女子はいたりしたのかしらね…)

和(………もしかしてずっと私のことを…?)

和(いやまさかそんな…)

和(でももしそうだったら…)

和「……………」きゅん

和(わ…悪い気はしないわね。誰かが自分のこと一途に想い続けてくれたなんて嬉しいわ。たとえそれが同性だって。うん)

和(あー…もうどうしたらいいのかしら…)

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 22:49:49.79 ID:mQz1VPpH0
コンコンッ

後輩「あっはい」

さわ子「ちょっといいかしら」ガチャ

後輩「はっはい!」

さわ子「真鍋さん、いる?」

和「?はい。どうしました?」

さわ子「○○先生がこの書類に目通しといてほしいって」ペラッ

和「分かりました。読んでおきます」

さわ子「お願いね。じゃあ」

後輩「さっさようなら」

さわ子「さようなら」ニコッ

バタン

後輩「……やっぱりさわ子先生ってきれいですよね!」

和「うん?そうね(本性はちょっとあれだけどね)」

後輩「憧れちゃうなぁ…生徒にも人気あるし、モテるんでしょうね!」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 22:52:40.07 ID:mQz1VPpH0
和「……………」

後輩「ね?会長!」

和「ごめん、ちょっと出てもいいかしら」

後輩「え?あ、はい」

和「10分ぐらいで戻ってくるからよろしくね」

後輩「分かりました」


廊下

和「先生っ!」

さわ子「あら、生徒会長が廊下走っちゃダメよ?」

和「あの…ちょっと相談が…」

さわ子「なにかしら?生徒会のこと?」

和「えぇっと…人のいないところで聞いてもらってもいいですか?」

さわ子「そうね…じゃあ準備室行きましょうか。そこなら人もいないわ」

和「はい」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 22:55:38.90 ID:mQz1VPpH0
準備室

さわ子「で、どうしたの?生徒からよく相談はされるけどあなたは数少ない私の本性を知ってる子じゃない。そんな子に相談されるのは初めてだわ」

和「はい、あの…れ、恋愛相談というか…」

さわ子「恋愛?………彼氏でもいるのかしら?」イラッ

和「いえ、あの…先生は友達に告白とかされたらどうしますか?(キスされそうになったらとは言えないわ…)」

さわ子「あら、誰かに告白されたの?」

和「えっと…」

さわ子「…その様子だと…されたのね。しかも相手は同性と見た」ビシッ

和「…っ!」

さわ子「図星のようね…ふふ…懐かしいわぁ…私も学生のときよくされたわ」

和「…そうなんですか?」

さわ子「えぇ。私がこの学校出身ってのは知ってるわよね?」

和「はい」

さわ子「まだ私が本当におしとやかだったときの話よ…先輩、後輩問わずによく告白されたわ…」

和「すごいですね」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 23:00:07.39 ID:mQz1VPpH0
さわ子「えぇ…自分で言うのもなんだけど私ってきれいだから同性ですら私の魅力には勝てなかったのね…」

和(うわぁ…)

さわ子「っていうかぶっちゃけちゃうと今でも生徒からされるわ」

和「ちょっ…そんなこと生徒に話さないでくださいよ」

さわ子「いいじゃない。人に言いふらしたりする性格じゃないでしょ?」

和「言いませんけど…」

さわ子「でも私同性の友達からは告白されたことないのよね」

和「そうなんですか?」

さわ子「えぇ。だからまぁなんとも言えないけど、あなたはどうしたいの?っていうか返事したの?」

和「返事はまだ…」

さわ子「ふぅん。友達のままでいたい?」

和「できれば…でももし断ったら友達でいられないんじゃないかと思って…」

さわ子「まぁそれはあり得るわね」

和「っ…」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 23:04:10.25 ID:mQz1VPpH0
さわ子「友達に告白するってきっとすごく勇気がいると思うの。ましてや同性でしょ?」

さわ子「引かれないかな、気持ち悪いって思われないかな…それでもこの気持ちを伝えたい。もし相手が自分を拒否して友だちでいられなくなっても…ってね」

和「………」

さわ子「友だちでいられなくなる覚悟、向こうはしてるはずよ」

和「……………」

さわ子「どう返事をするにしてもあなたも覚悟するべきよ」

和「……はい」

さわ子「まぁそんなに悲観的になることないわよ。相手からこれからも友だちでいてくれる?って聞かれるかもしれないし」

和「そ、そうですよね」

さわ子「気まずくて元に関係に戻るのは難しいと思うけど」

和「………」

さわ子「ふふっ…大いに悩みなさい!若いんだから!」

和「なんですかそれ…」

さわ子「ところで相手は誰かしら?」ワクワク

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 23:09:47.34 ID:mQz1VPpH0
和「あっ私戻らなきゃ」

さわ子「えー!ちゃんと相談に乗ってあげたじゃない!」ぷんぷん!

和「で、でも私だけの問題じゃないし…」

さわ子「うーん…まぁいいわ。大体の見当はついてるから」ニヤッ

和「っ…し、失礼します」

さわ子「はぁーい」ニヤニヤ

和「あ。…ありがとうございました。相談に乗ってくれて」

さわ子「いいのよ。あなたの焦ったりする顔なんて滅多にお目にかかれないもの」

和「…失礼します」ガチャ

さわ子「はーい」

バタン

さわ子(……唯ちゃんかしら?それとも澪ちゃん?)

さわ子(澪ちゃんに告白する勇気なんてあるのかしら?となると唯ちゃん?)

さわ子(どっちにしろ教室でいちゃついてたらいじめてやろー♪)

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 23:13:35.35 ID:mQz1VPpH0
和「……………」


さわ子『友だちでいられなくなる覚悟、向こうはしてるはずよ』

さわ子『どう返事をするにしてもあなたも覚悟するべきよ』


和(………返事をするからには覚悟を…)

和(唯を失う覚悟…?)

和(幼稚園から一緒だったのに失う?)

和(…………無理よ)

和(それだったら…それだったら私は…)

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 23:16:41.08 ID:mQz1VPpH0
軽音部

律「これうまっ!」モグモグ

紬「ふふっよかった」ニコニコ

梓「私このロールケーキテレビで見たことあります!今大人気なんですよね?」

澪「あぁそれ私も見たぞ。開店30分で売り切れるってやつだろ」

梓「そうです!ネットで買おうと思ったら半年も予約でいっぱいで…」

紬「そうなの?いただきものだからよく分からないけど…」

梓・澪(……うらやましい)

唯「………」ボー

律「ん?………いっただきー!」サッ

澪「こら律!」

律「ふふふ…平沢唯!このケーキを返してほしくば一発ギャグで私を笑わせてみろ!」

唯「………」ボー

律「………あれ?」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 23:21:08.98 ID:mQz1VPpH0
梓「唯先輩?」

唯「………」ボー

律「おいっ唯!」ユサユサ

唯「え……あ、なに?」

律「おいおいどうした?お腹でも痛いのか?」

唯「ふえ?ううん」

紬「ケーキお口に合わなかったかしら…」

唯「え?そ、そんなことないよ!おいしいよ!」

律「お前まだ一口も食べてないだろ」

唯「あう…」

梓「唯先輩なにか悩みでもあるんですか?」

唯「う、ううん。ないよ?」

律「ほんとかぁ?」ジー

唯「な、ないもん」プイッ

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 23:24:34.02 ID:mQz1VPpH0
澪「和といい唯といい思春期か?」

律「思春期でも読むの恥ずかしいような歌詞かいてるやつに言われたくないだろ」

澪「なっなにぃー!」カァッ

律・澪 ギャーギャー!

紬「唯ちゃん本当に大丈夫?具合悪いとかじゃない?」

唯「…うん平気だよ」

ガチャ

和「ごめん、ちょっといい?」

唯「!」ドキッ

律「おっどしたー?和」

澪「またお前書類出し忘れたのか…」ワナワナ

律「えぇっ!?」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 23:27:46.28 ID:mQz1VPpH0
和「あっ…違うの。律じゃなくて唯に…」チラッ

唯「……っ…」フィッ

梓(唯先輩…?)

和「………唯」

唯「……………」

律(え?なにこの空気?こいつらケンカでもしてるのか?)

紬(もしかして修羅場ってやつかしら…)

澪(思春期だから色々あるんだな)

和「……今日、部活終わったら生徒会室に来て。待ってるから」

唯「……………」

和「…待ってるからね」

和「………邪魔してごめんなさい。また明日ね」

律「あーうん…」

澪「また明日…」

唯(………和ちゃん…)

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 23:31:16.09 ID:mQz1VPpH0
約一時間後 生徒会室


和(唯来てくれるかしら…)

さわ子『どう返事をするにしてもあなたも覚悟するべきよ』

和(………覚悟は、できたわ)

和(あとは唯が来てくれるのを待つだけ…)

コンコンッ

和「!…はい」

唯「………」ガチャ…

和「……よかった来てくれて」

唯「うん…」

和「……………」

唯「……………」

和(唯…私…あなたを失うリスクを背負うぐらいなら…)

和(私は、あなたを受け入れるわ)

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 23:36:17.69 ID:mQz1VPpH0
和「唯…あのね」

唯「うん…」

和「その………いいよ」

唯「えっ…?」

和「キス…しても…いいよ」

唯「だって昨日…」

和「私…ちゃんと考えて決めたの。だから…」

唯「…いやじゃない?」

和「うん…唯なら、嫌じゃない」

唯「……和ちゃーん!」ガバッ

和「きゃっ」カァッ

唯「えへへー」スリスリ

和「もう…危ないでしょ?」

唯「だって…嫌われちゃったかと思ったんだもん…」ぎゅうっ…

和「私が唯を嫌いになるわけないでしょ?」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 23:39:25.07 ID:mQz1VPpH0
唯「えへへ…そっか!」ぎゅううう~

和「ふふっ…」なでなで

唯「じゃあ…ちゅーしていい?」

和「っ…う、うん」カァッ…

唯「和ちゃんちゅー」んー

ちゅっ

和「……」カァァァァァッ

和(あぁ…これでもう私は戻れない…)

和(でも…でもいいわ。私…唯とだったら…)

唯「これで私達本当の親友だね!」ニコッ




和「………………は?」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 23:41:47.18 ID:mQz1VPpH0
和「ちょちょちょっと待ちなさい唯!親友って…」

唯「え?私と和ちゃん」

和「」

唯「うん?」

和「だって唯今…!」

唯「うん!ちゅーしたからこれで本当の親友だよ!」ニコッ

和「」

和(ななななに!?どういうこと!?)

唯「でも私知らなかったよ…ちゅーしなくちゃ本当の親友じゃないんだって」

和「…は?」

唯「和ちゃん知ってた?」

和「ちょっと待ちなさい。それどこ情報よ」

唯「え?ムギちゃん」

和(………あいつか…!)ギリッ

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 23:45:00.00 ID:mQz1VPpH0
唯「ムギちゃん物知りだよねー私バカだから知らなかったよ」えへへ

和「!」ハッ

和「唯!」ガシッ

唯「ほぇ?」

和「……もしかして他の人にもしたの?」

唯「え?ううん。だって」

唯「これはたった一人の親友にしかしちゃいけないんだって」

和「……!」

唯「私軽音部のみんなも大好きだけどやっぱり和ちゃんが一番だもん!」にこー

和「………唯」ぎゅっ

唯「ふぇっ?」

和「私も唯が一番好きよ…」

唯「……えへへっありがとう!」ぎゅううう~!

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 23:49:09.72 ID:mQz1VPpH0
次の日

和「……どうして呼ばれたか、分かってるわよね?」

紬「あらあらなんのことかしら?」にこにこ

和「唯にあんなうそついてどうしたかったの?……まさかあなた唯とキスしたかったの?」

紬「…それはそれで否定できないけど答えはNOね」

和「じゃあなに?」

紬「……だって和ちゃん、不安だったでしょう?」

和「………え?」

紬「唯ちゃんがどんどん自分から離れていって」

和「………!」

紬「唯ちゃんは自分より軽音部のみんなのが大事なんじゃないかって」

和「…………」

紬「でも唯ちゃんは絶対にそんなこと思ってないわ」

紬「どちらが大事かなんて考えてない。でも…でも、もしも和ちゃんか軽音部のどちらか…ううん誰か一人を選ぶとしたら…」

紬「きっと無意識に和ちゃんのことが頭に浮かぶでしょうね」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 23:54:19.96 ID:mQz1VPpH0
和「…!」

紬「私それを和ちゃんに分かってもらいたかったの」

和「なんで…」

紬「だって唯ちゃんも和ちゃんも大切なお友達だもの」ニコッ

和「ムギ…」ジーン

紬「余計なお世話だったかもしれないけど…」

和「……ううん。そんなことない」

和「………ありがとう」

紬「…」ニコッ

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 23:58:42.52 ID:mQz1VPpH0
紬(……ふぅーなんとか誤魔化せたわね…)

紬(正直、唯ちゃんが誰とキスしようと私にとってはどんとこいだったのよね)

紬(私の中で最有力候補はりっちゃんと和ちゃんだったんだけど、唯ちゃんにとっては和ちゃんだったようね)

紬(いい画も撮れたし和ちゃんにとっても不安がなくなったみたいだし、万々歳ね!)

紬(それにこれから忙しくなるわよ…和ちゃんは完璧に唯ちゃんを意識してるわ…)

紬(唯ちゃんも私の話を信じて毎日とは言わずともキスしてくれてるわよね…元々スキンシップが好きな子だし…)

紬(これからどうなるのか楽しみね!)ワクワク

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/19(木) 00:04:21.36 ID:XfW+tXtV0 [1/2]
後日 学校


唯「和ちゃんちゅー」

和「…はいはい後でね」

唯「やだー!今がいい!」

和「ここ学校よ?」

唯「……だめ?」

和「………」

ちゅっ

唯「!…えへへー」にこにこ

和「…」カァッ

唯「和ちゃん大好き!」



お わ り

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/19(木) 00:07:26.71 ID:XfW+tXtV0 [2/2]
おわりです

みんな唯梓唯梓言ってるけど和ちゃんだって唯の幼馴染なんです

律澪みたいに注目してあげてください


読んでくれてありがとうございましたー

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/19(木) 00:06:07.12 ID:k77oMQ4/P
          . -――- . ..
        / : : : : : : : : : : : \
          /: :/ヽ:ト: : : : ::ヽ: : : : :ヽ
       .仁/   ヽ\ト、ヽ}: :|: : : : :.
       i:ハ{ `ヽ    / `!: :ト : : : :l  がんばったね
       | : }`●    ● |: :「 }: : : {
       | : {っ      ⊂|: 爪|: : : ト  乙だよ!>>1ちゃん!!
    r‐ぅ__ |i: :> _く ̄}_ .イ}/ヽイハ}/
  (⌒ 厂从{ V}/V:丁レ/:/ノ::::::V ′
  ` ´   rヘ,、ノ:/7:「⌒Y::::::: |
        ヽァ'::ヽ{::::::〉¨´:ヽ:/::|
         \__ノY:::ヽ:_ノ::: |

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。