FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「おかずはごはん!!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 07:33:49.04 ID:uJ05etQIO [1/39]
律「…おい、唯なに言ってんだ…」

唯「なにってごはんオナニーだよ、りっちゃん!!」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 07:35:42.88 ID:uJ05etQIO [2/39]
梓「えっ唯先輩もごはんオナニー派なんですか?」

律「も!?」

唯「そうだよあずにゃん!憂が炊いてくれたごはんでグチョグチョするのが最高なんだよ!」

梓「憂の炊いたごはんかぁ、気持ち良さそうですね!」

唯「えへへ気持ちいいよ~」

律「…」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 07:41:19.24 ID:uJ05etQIO
律「お、おい…二人とも何言って…」

紬「わ、私も実はそうなの!」

唯「えっ!ムギちゃんも!」

梓「ムギ先輩はパン派だと思ってました」

律「そういう話か…?」

紬「私炊き立てのコシヒカリをグチョグチョするのが堪らないの~」

唯「流石ブルジョワは違うんだよ…」

梓「私なんていつもタイ米です…」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 07:44:57.14 ID:uJ05etQIO
澪「おい!お前ら!いい加減にしろ!」

唯「!」

紬「!」

梓「!」

律「み、澪…」






澪「炊き立てとか熱くて恐いだろ!冷ましてカリカリになったごはんが最高じゃないか!」

律「み、澪…」グス

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 07:51:53.96 ID:uJ05etQIO
唯「澪ちゃんは本当に怖がりさんだなぁ」

梓「澪先輩!熱くほてった体にアツアツのごはんを塗りたくるのが最高なんじゃないですか」

澪「ほ、本当か?火傷しないのか…?」

紬「澪ちゃん、大丈夫よ」

澪「そ、そうなのか…じゃあ今度やってみようかな…///」

唯「あ~もう澪ちゃん想像して股間がお粥みたいになってるんじゃないのかな~」ニヤニヤ

澪「そ、そんな事ないぞ!///」

紬「唯ちゃん上手い事言うわね」



律「上手くねえよ!」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 07:59:43.31 ID:uJ05etQIO
唯「で、実際みんなどんな感じでごはんをおかずにするのかな?」

梓「詳しくですか?」

唯「うん!」

澪「わ、私は恥ずかしいからみんなが言わないと話さないぞ!」

唯「じゃあみんなが話したら話してくれるんだね!」

澪「えっ…」

梓「澪先輩が話してくれるなら私…」

紬「ハイハイ!じゃあ私から話すわ!」

梓「うわっ!ムギ先輩積極性ありすぎです!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 08:19:11.58 ID:uJ05etQIO
紬「私はねごはんだけじゃなくてタクアンも使うんだけどね」

梓「ちょっと邪道ですね」

唯「そうなのあずにゃん?」

梓「ごはんオナニー、略称ゴハオナはごはんだけでやるのが王道なんです」

唯「憂はたまに玉子かけたりもしてたよ?」

梓「ヌルヌルは自分ので十分じゃないですか!」

澪「梓はそんなに濡れるのか…羨ましい…」

梓「えっあっ…/// その日の体調にもよりますけど…」

唯「あずにゃんのあそこはすぐホカホカなんだね!」

紬「話続けてもいいかしら…」ショボン

澪「あっ!ムギごめん!話続けて!」

律「…(続けてなくていーよ!)」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 08:26:32.73 ID:uJ05etQIO
紬「じゃあ話すわね」

唯「うん!」

紬「まずは設定なんだけど私は貧乏な娘って設定なの」

澪「そうくるか」

梓「普段と違う自分って感じだと興奮しますからね」

紬「そうなの!いろいろ設定考えたけど貧乏な娘って設定が一番クルのよ!」

律「…」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 08:34:31.01 ID:uJ05etQIO
紬「でね、私は貧乏な娘で私の家に借金取りの恐いオジサマがくるの」

澪「無理矢理ってパターンかな」

唯「あ、憂もたまに部屋から『ダメっ!止めてっ!』って聞こえてくるよ!」

梓「萌えるシチュですからね」

律「…」

紬「でね、借金取りの恐いオジサマが最初はお金を取りたてようとするのだけど
途中で私がお腹を空かせて居るのに気が付くの」

梓「なんだか方向が違いますね」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 08:40:48.04 ID:uJ05etQIO
紬「恐いオジサマはこう言うの

『お腹空かせていたのか…』

『ちょっと待ってろ』
って」

唯「ゴクリ…」

紬「で、急に出ていったオジサマを見てキョトーンとする私なんだけどしばらくしたら息を切らせて帰ってきたオジサマがこう言うの

『とりあえず今月は借金待ってやるからこれでも食ってろ』

って」

澪「良い…オジサマじゃないか…」グスン

梓「唯先輩子供みたいになかないでください…」

唯「グス…これは汗だよ…あずにゃん…」



律「(オナネタの話だよなこれ…)」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 08:51:31.54 ID:uJ05etQIO
紬「『えっでも…』
とうろたえる私にオジサマはこう言うの

『オレはどこで間違ってしまったんだろうな…』
って」

唯「オジサマ…グス」

梓「いい話ですね…」

澪「改心したんだなオジサマ!」グスン

紬「『オレはこれからはアンタみたいな娘を悲しませるような事はもうごめんだ…』

『やり直すのに遅いって事はないよな…』

そう言って封筒に入ったお金とごはんと沢庵を置いてオジサマは去っていくの」

澪「きっと…きっとオジサマはいい人生を歩けるよ!」

唯「そうだよね!澪ちゃん!」

律「…」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 08:59:33.10 ID:uJ05etQIO
紬「残された私とごはんと沢庵…」

梓「優しさが溢れるごはんですね」

澪「やっぱり人の優しさって素晴らしいな」


紬「そう!その優しさ溢れるごはんを股間になすりつけるの!!!」

唯「キタww!!!」

梓「やりやがったですww!!」

澪「オジサマww優しさごはんww」

紬「あぁ!たまんない!!人生をやり直す決意をしたごはんをふみにじる快感!!!」

唯「ムギちゃん鬼畜すぎww」

律「…」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 09:05:43.14 ID:uJ05etQIO
紬「あぁ!もうシチュ話してるだけで堪らないわ!!」ムハー

梓「ムギ先輩落ち着いて!!」

唯「いや~お金持ちの考える事はわかんないわ~w」

澪「どんなシチュだよなまったく…」

紬「え~でも踏みにじる快感っていうかそういうのが堪らないの~」

梓「まぁわからなくもないですが」

律「…(まったくわからねえよ!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 09:13:17.11 ID:uJ05etQIO
唯「じゃあムギちゃんの次はあずにゃんだね」

梓「わっ私ですか!?」

紬「梓ちゃんはギターも上手いしオナニーも上手そうよね」

梓「ギターとオナニーは関係ないです!」

唯「でもあずにゃんが話さないと澪ちゃんも話してくれないよ?」

梓「うぅ~」

梓「わかったです!話すです!」

澪「おぉ」

紬「それでこそ梓ちゃん!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 09:18:35.21 ID:uJ05etQIO
梓「え~ゴホン、私の場合ですね…」

唯「待ってました!あずにゃんのオナにゃん!」

梓「な、なんですかそれ!」

唯「あずにゃんのオナニーでにゃんにゃん話だからオナにゃんだよ」

梓「意味わかりません!」

唯「えぇ~そうかな~?」

澪「私もわからないぞ」

唯「う~」ショボン

律「(私はわかならいどころじゃない…)」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 09:23:09.96 ID:uJ05etQIO
梓「とりあえず続けてもいいですか?」

紬「どうぞ梓ちゃん」

梓「え~では私の場合ごはんの気持ちを想像するんです」

唯「ほう」

澪「擬人化って感じか?」

梓「擬人化とはちょっと違うんですけどね」

紬「どういう事かしら…?」

律「…」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 09:32:36.81 ID:uJ05etQIO
梓「ごはんって農家の方が育てるわけじゃないですか」

澪「あぁ」

梓「雨の日も風の日も農家の方々は作ったお米が全国の皆がおいしいごはんとして食べてくれると信じて作っているわけです」

紬「そうね」

梓「農家の人達が一生懸命僕たちを育ててくれる

僕たちは立派なお米になってごはんとして食卓へ並ぶんだ

お米達はそんな夢をみて育ちます」

唯「なんか絵本ぽいね」

澪「そうだな」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 09:38:29.10 ID:uJ05etQIO
梓「ぽかぽかぽか

春の日射しは気持ちいい

立派なお米になりたいな」

澪「なかなかいいな」

梓「サンサンサン

強い日射しに負けないぞ

僕らは食卓にならぶんだ」

紬「頑張ってお米さん!」

梓「リンリンリン

鈴虫さんが鳴いている

秋の収穫まだかなぁ」

唯「お米にゃん可愛いね!」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 09:44:32.34 ID:uJ05etQIO
梓「収穫だ収穫だ

どこの町へ行くのかな?

どこの家庭に行くのかな?」

澪「ワクワクするな」

梓「おいしいよ おいしいよ

農家のみんなが頑張った

僕はきっとおいしいよ」

唯「うん!きっとおいしいよ!」

梓「買われたよ 買われたよ

どこの家庭につくのかな?

やってきましたあずにゃんち」

紬「梓ちゃんに買われて良かったわね、お米ちゃん!」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 09:51:08.28 ID:uJ05etQIO
梓「ホカホカだ ホカホカだ

ようやくごはんになれたんだ

あずにゃん僕をめしあがれ」

唯「良かったね…お米にゃん…立派なごはんになれて…」

梓「おかしいな おかしいな

あずにゃんそこは下の口

僕をおかずにしないでよ」

律「…」


澪「やりやがったww」

唯「お米にゃんwwお米にゃんww」

紬「梓ちゃんwそれじゃオメコにゃんよww」


梓「ふぅ…だいたいこんな感じなんです」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 09:55:21.99 ID:uJ05etQIO
澪「いや~梓のオナニーは独創的だな」

唯「なんか不思議な感じだったね」

紬「とってもロマンチックだったわ」

律「…」

梓「ちょっと恥ずかしいです///」

唯「あずにゃん可愛い!」

梓「ちょっと唯先輩急に抱きつかないでください!」

唯「えぇ~あずにゃん可愛いんだもん~」

梓「もうっ///」

澪「ははは」

律「…は…はは」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 10:07:26.29 ID:uJ05etQIO
梓「で、唯先輩はどうなんですか?」

唯「私はみんなみたいにシチュに凝ったりはしないんだよね」

澪「そうなのか」

唯「うん、普通にごはんでクチュクチュする感じなんだ」

梓「凄い普通ですね」

紬「でもそのごはんって憂ちゃんが炊いたものなのよね」

唯「うん、そーだよ」

律「憂ちゃんもせっかく炊いたごはんそんな風に使われて大変だな(やっと普通に話せた!)」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 10:16:16.48 ID:uJ05etQIO
唯「憂は『ごはんでそんな事しちゃダメだよおねえちゃん!メッ!』っていつも怒るんだよ」

律「まぁ食べ物を粗末にしちゃだめだからな(ふぅやっぱり憂ちゃんはまともだな)」

梓「でもそれって憂にオナニー見つかったって事なんですか?」

唯「うん」

澪「うわっ辛いな」

唯「こっそりごはんを部屋に持ってってオナニー始めてるといつも良いところで憂に見つかるんだ」

紬「唯ちゃんもついてないわね~」

律「…(監視されてんだろ…それ)」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 10:22:13.44 ID:uJ05etQIO
唯「それで憂は『もう~おねえちゃんはごはん粗末にして!』
って言うの」

澪「ふーん」

唯「で『でもごはん捨てちゃうのもったいないなぁ』って続けて」

唯「『捨てちゃうのもったいないから私が食べてあげるっ』って言って結局私の股間のごはん全部たべちゃうんだぁ」

梓「憂はしっかり者ですからね」

澪「まったく出来た妹だ」

紬「うらやましいわ~」




律「…(憂ちゃんマジやべえ)」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 10:33:20.25 ID:uJ05etQIO
唯「でも私も食べてもらってばかりで悪いからクリちゃん添えてあげてるんだ。
憂も『おねえちゃんの豆ごはんとってもおいしいよっ』
って言ってくれるからちょっとうれしいかな」

紬「姉妹愛いいわあああ」

梓「豆ごはんと言うよりどっちかって言うとクリごはんじゃないですか?」

澪「あっそうだな」

唯「ほんとだ!あずにゃんは頭良いね!」


律「…どっちでもいい」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 10:44:15.91 ID:uJ05etQIO
唯「じゃあ次はりっちゃんだね!」

律「はぁ!?」

紬「りっちゃんがどんな豪快なごはんオナニーしてるか気になるわぁ」

律「…」

梓「私達も話たんだからききたいです、頭からぶっかけたりするんですか?」


律「ばっ…」


律「バカヤロウ!!」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 10:49:49.25 ID:uJ05etQIO
律「あ、明日は最後の文化祭ライブなんだぞ!おしゃべりは終りにして練習するぞ!練習!!」

唯「え~」

澪「そうだな!練習しなきゃな!」

紬「まだ話してない澪ちゃんまでズルイ!」

梓「でもそろそろ練習しないとですね」

律「だ、だろ?サッサと練習するぞ!」

唯「むぅ~りっちゃんと澪ちゃんの話は今度にするかぁ…」



律「…ホッ」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 10:55:13.32 ID:uJ05etQIO
――――――
―――

律「みんなが変な話するから全然寝れないや、外の空気吸ってくるか」ガチャ


律「夜の外の空気気持ちいいな…」

律「でも…ごはんでオナニーとか…」

律「…」

律「ないよな」



澪「寝れないのか、律」

律「うわっ!澪どうした!」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 10:59:35.32 ID:uJ05etQIO
澪「いや、寝れなくてさ」

律「…」

律「明日は最後の文化祭ライブだからな…」

律「明日はパーっと最高のライブにしようぜ!」

澪「…」

澪「それもあるんだけど…」

律「?」

澪「…」



澪「やっぱり律もホカホカ炊き立てごはんでしてるのか?///」

律「え?」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 11:04:01.54 ID:uJ05etQIO
澪「さっきのみんなの話聞いてたらさ私だけ冷めたごはんでしてるみたいだからさ!」

律「…」

澪「私おかしいのかな!?間違ってるのかな!?」

律「…」

澪「わ、私…」グス



律「…」

律「間違ってなんかないよ」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 11:07:37.26 ID:uJ05etQIO
澪「律…」

律「まぁオナニーなんてさ、人それぞれじゃん」

律「人の数だけやり方があっていいんじゃないかな」

律「だから間違ったやり方なんてもの自体存在しないんだよ」

澪「…」

澪「…冷めたごはん棒状にしたりしても?」

律「い、いいんじゃないかな!?」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 11:13:09.67 ID:uJ05etQIO
澪「炊かないで堅い米粒のまま乳首に擦りつけても…?」

律「い、いいんだって!」

澪「…」

澪「律…」

律「ん?」

澪「アリガトウ…」

律「いいって、いいって」

澪「なんか打ち明けたらスッキリしたよ、明日は最高のライブにしような!じゃあ先に戻ってるよ!!」タタタ





律「はああああああ…」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 11:18:54.77 ID:uJ05etQIO
――――――
―――
ジャーーン♪

キャアーホウカゴー


律「(今ので最後の曲か…みんなバッチリだったな)」

律「(なんか夢のようだ…)」



アンコール

アンコール アンコール

アンコール アンコール アンコール

ワアアアア


唯「もう一曲行くよ!みんな!」


律「え」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 11:23:17.86 ID:uJ05etQIO
澪「…」コクリ

梓「やりましょう!」

紬「うん!」

律「え?え?」


唯「いいよね!和ちゃん!」

和「まったく唯は…いいわよ!一曲だけよ!」

唯「ありがとう和ちゃん!」

ワアアアア ホウカゴー



唯「みんな!ほんとうの最後の曲はこの曲だよ!」

律「え?え?え?」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 11:36:49.94 ID:uJ05etQIO
>>70やっほ ごはんはおかずにしてからまた書く

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 11:50:19.39 ID:uJ05etQIO
唯「おかずはごはん!」

キャアー ホウカゴー キャアー

律「え?え?え?え?」

唯「りっちゃん!行くよ!わんつーすりーふぉー!」

律「ちくしょうこうなりゃヤケだ!」


唯「ごはんは エロいよ なんでもイクよ ヌレヌレ♪

炊き立て お粥に きりたんぽ グチュグチュ♪

炭水化物と 性感帯の
ゆめの コラボレーション♪

ジュンジュン クチュクチュ♪

ごはんは すごいよ 生で入るよ♪

むしろ ごはんが バイブだよ♪

女子高生なら やっぱり アナルにきりたんぽ♪

でも私 アナラーじゃないんです~♪
どないやねん!

アハハ ワタシモ- キリタンポー

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 11:55:27.24 ID:uJ05etQIO
いち、に、さん、し、ONANI! x2

ごはんは エロいよ ないとイケない♪

むしろ おかずが ごはんだよ♪

女子高生なら やっぱり きりたんぽイン ヴァギナ♪

私、前穴は貫通済み!
どないやねん!

いち、に、さん、し、ONANI!

いち、に、さん、し、ONANI!

イチニサンシ オナニー

イチニサンシ…


ワアアアア…

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 11:59:12.74 ID:uJ05etQIO
―――――
――
唯「大成功だったよね…」

澪「あぁ…」

紬「えぇ…」

梓「はい!」

律「…」










こっから先は汚せないんで勘弁してください!

コメント

No title

エロいわい

クッソわろたww

No title

こういう文章の書ける脳味噌がほしい

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。