FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梓「さがふろ!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 01:04:41.12 ID:br1rCmiSO [2/29]
きんぐだむ!

さわ子「修士修了式、閉会!修了者の氏名発表を行います」

さわ子「教授会による厳正な成績審査の結果、今期の修士修了者を修士平沢唯に決定致しました」

さわ子「修士平沢唯、前へ」パチパチ

唯「ほえ~…」

さわ子「平沢さん、汝をマジックキングダムの術士に列する。術士としての義務を果たし、キングダムへの忠誠を全うせよ」

唯「頑張ります!!」キリッ

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 01:09:38.27 ID:br1rCmiSO
さわ子「慣例に従い、キングダムを離れリージョン界への外遊を許可する」

さわ子「修了者の第一の務めはリージョン界を巡り、術の素質を身に付け、より高度な術を鍛練することである。そのためならあらゆる手段を用いてよい」

さわ子「異例の事だが出発前に校長からのお言葉がある」

校長「平沢さん、あなたは選ばれし者です。」

校長「しかし、本来もっているべき力が妹に流れてしまっています。このままでは術士として完成する事はありません」

唯「ふんふん…」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 01:13:33.55 ID:br1rCmiSO
校長「貴方はその運命に従わなければなりせん」

校長「今日、別の会場で貴方の妹の平沢憂も同じように修了の日を迎えています」

校長「キングダムは二人の不完全な術士よりも完璧な一人の術士を求めています。それは貴方だと信じてますよ、唯」

唯「ハイ!!」キリッ

校長「行きなさい。素質を身に付け、術を高め、そして…」

憂を殺せ!

唯「ダーーーーン!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 01:18:19.59 ID:br1rCmiSO
どぅばん!

ドゥヴァンには秘術と印術への手掛かりがある。急げ!
憂の得た術をお前が身に付けることはできないぞ!!

唯「そんなこと言われても何が何だかわけわかめだよ~」

唯「それに憂を殺すなんてできるわけないよぉ~」

唯「とりあえず何でもいいから手掛かりを探さないと…」

唯「ん、建物発見!ここは何の術の施設なんだろ?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 01:27:43.10 ID:br1rCmiSO
術士「ルーンの誘いへようこそ。ご用件は?」

唯「印術の事を聞きにきました!」ビシッ

術士「印術とはルーンの力を身にまとう力です」

術士「高位のルーンを操るには印術の資質を身に付ける必要があります。また、ルーンの力と秘術の力は共存することができません」

唯「どっちかしか選べないのかぁ。また説明聞くのめんどうからこっちでいいよね」

術士「めんどうって…まあいいでしょう。資質を得るために、各地にある4つのルーンを訪ねなさい。保護のルーンはクーロンに、勝利のルーンはシュライクに、解放のルーンはディスペアに、そして活力のルーンはタンザーにあります」

唯「(でぃすぺあ?たんざー?そんなリージョン聞いたことないけど…うん!まぁなんとかなるよね!)」

術士「この4つの小石が、ルーンの石に変わったとき、あなたは資質を身に付けているでしょう。ではご武運を」

唯「よーし!やるぞぉ~!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 01:31:46.94 ID:br1rCmiSO
あいあーるぴーおー!

梓「先輩!今日はちゃんと働いてください!」

ヒューズ「やーなこった!そんなことよりあずにゃ~ん、乳揉ませてくれよ~。って…お前の乳、断崖絶壁じゃねーか!あ~あやっちまったよこれ。男のロマンと俺の息子をどうしてくれるんだよこれ」

梓「セクハラはやめてください!あとノリツッコミも面白くないですよ!」

サイレンス「…」

ヒューズ「いつもあずにゃんにセクハラ発言している事を、本当にすまないと思っている!」

梓「先輩いつも口だけじゃないですか!」ムカムカ

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 01:36:25.09 ID:br1rCmiSO
ヒューズ「そういやお前のペットのカメ、前の任務から戻ってこないけど何やってんだ?」

梓「トンちゃんはカメじゃなくてスッポンモドキです!あと話を変えないでください!」

ヒューズ「カメと大して変わりないだろうがァァァァ!って、んなこたぁどうでもいいんだよ。アイツの前の任務ってなんだったんだよ?」

梓「確かシュライクの生命科学研究所でオトリ捜査をするって言ってました」

ヒューズ「あぁ…多分捕まっちまったんだろうな。しかたねぇ…やることもねえしあのカメを助けに行くか」

梓「やることはたくさんあります!でもトンちゃんが捕まってたら…(ガクブル)私も行きます!サイレンスさん、留守お願いしますね」

サイレンス「…(留守番するとは言っていない)」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 01:44:26.69 ID:br1rCmiSO
しゅらいく!

ヒューズ「あずにゃんは元々シュライクに住んでいたんだったよな?」

梓「そうですよ。今は京に引っ越しちゃいましたけどね…って、今は勤務中ですよ!その呼び方はやめてください」

ヒューズ「そんな事言うんじゃねーよ。俺とお前の中じゃねーか。何、もしかして照れてるの?照れちゃってるのかな~?」

梓「からかうのはやめてください!もういいですよ…とりあえず早くトンちゃんを見つけましょう、あれは?」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 01:49:26.06 ID:br1rCmiSO
ヒューズ「おい…あれ、お前のとこのカメじゃないのか?デコ丸出しの奴に手懐けられてんぞ」

子供「済王陵の入口を知りたくない?」

律「済王陵?何だそれ?食えるのか?」

トンちゃん「キュキュー」

子供「済王陵っていうのは昔の偉い人のお墓だよ~。もしかしてお姉さんバカなの?バカだったりしちゃうの?」ププッ

律「バカとはなんだ!少しは年長者を敬えよ!」

子供「バカにバカって言って何が悪いんだよ!ん?」

??「それを知りたいのは俺達だ!」

律「ブラッククロス!!」

子供「きゃーっ!」

律「何てこった、ムカつくガキだけど助けなきゃだな!行くぞー!」

トンちゃん「キュキュー」

梓「トンちゃん!何か厄介な事になりましたね…って、先輩!?」

ヒューズ「グズグズしてんじゃねえ!行くぞ梓!」

梓「先輩…やっぱり先輩はズルいですよ」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 01:58:51.92 ID:br1rCmiSO
梓「済王陵に到着しましたね。先輩、どうしますか?」

ヒューズ「とりあえず様子見だ。本当にヤバいと感じたら突撃するぞ!」

梓「やる気があるように見せておいて先輩、膝が笑ってますよ?」

ヒューズ「バカ野郎!これは武者震いだよ!!」ガクガク

子供「ウェーン…」

モンスター「泣いてばかりで話にならん。何とかせんか!」

戦闘員「キー」

子供「何言ってるのか分かんないよぉ(泣)」

モンスター「ほれ、お菓子をあげるから」

梓「何か危ないおじさんみたいですね…」

ヒューズ「子供は犠牲になったのだ…」

梓「大いなるブラッククロスの犠牲にな…ってボケてる場合じゃないです!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 02:08:40.30 ID:br1rCmiSO
律「小さな子供を寄ってたかっていじめやがって、許せねぇ!!」

律「っと、お前はそこで待っててくれよな~」

トンちゃん「キュキュキュー」

律「アルカイザー、変身!!」

律「ここであったが100年目、ブラッククロス!覚悟しやがれ!」

モンスター「アルカイザー!!」

戦闘員「(100年?俺まだ25歳なんだけど)ヒソヒソ」

梓&ヒューズ「うっわー!恥ずかしい格好!!」

梓「何か変なのが出てきましたね…」

ヒューズ「しばらくは様子見だ。ヒーローのお手並み拝見といこうじゃないか」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 02:18:34.77 ID:br1rCmiSO
律「シャイニングキーック!!」

モンスター「ひでぶっ!」

梓「あっという間に倒しちゃいましたね。」

プルプルプル

律「キグナスからの呼び出しだ。トォウ!」

ヒューズ「アルカイザー?何者だ?まあ何だ、面白くなりそうじゃねーか!あずにゃん!」

梓「アルカイザー…調査する必要はありそうですね…ってトンちゃん!何でこんなところに!?」

トンちゃん「キュキュキュキュ!」

ヒューズ「とりあえず一件落着だな。戻ってドール達と七並べでもするかな」

梓「先輩…結局今日も何もしませんでしたね(私もだけど)」

トンちゃん「キュー!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 02:28:01.32 ID:br1rCmiSO
とりあえず冒頭は終了です

次はムギや澪も出す予定です

とりあえず睡眠をとるので、再開は12時くらいになればいいなと思っています

安価&支援ありがとうございました

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 07:36:19.32 ID:br1rCmiSO
おはようございます&保守ありがとうございます

昼から私用で区役所に行くことになったので今から投下してもよろしいでしょうか?

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 07:40:32.54 ID:br1rCmiSO
夢を…私は夢を見ている

艶のある、黒い、長髪の少女が見慣れた道路を横断している…

しかし、少女の前に一台の馬車が突っ込んできて…少女の視界は黒に染まった

キャーーーー!

澪「うわぁ!!…ハァ…ハァ…夢か…コワイマックラ」ブルブル

澪「ここはどこだ…服が破れて…えっ…これは血の痕!?」

澪「バタッ!」

??「何だこの人間は?また寝たのか?世話が焼けるな…起きろ!」

澪「ひゃっ!」

??「私の役目はお前の目覚めを主にお知らせすることだ」

澪「あっ…主…?」

??「何が起きたか、何も把握しておらん様だな」

??「ここはファシナトゥール。我らが主、魅惑の君の世界だ」

澪「おるろわ…消えた…」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 07:43:16.36 ID:br1rCmiSO
澪「私は…母さんに言われて…律の家まで届けものをして、帰り道で…」

澪「私、はねられた…?嘘?落ち着け私!いきなり馬車が…自動車が普及してる今に時代に馬車?まるで私が見てた夢…」ガクガク

澪「怖いけどここがどこだかわからないかぎり家に帰れない…気は進まないけど少し散策しよう」ブルブル

澪「何だこ…棺桶!?ウワーッ!!」ダダダダッ

澪「無が夢中で走ってきたけどここは…花畑?」

澪「こんな薄気味悪い場所に花畑なんて余計気味が…」

??「…」シャキーン

澪「ウッ…」グサッ

??「…血は紫か」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 07:47:31.33 ID:br1rCmiSO
澪「ううっ…私、刺され…傷がない?ひえーっ」ガタッ

澪「一体どうなってるんだ!?」

しばらくして!

澪「怖い…けどガマンして歩かないと…ミエナイキコエナイ…」ブルブル

そして!

澪「ここは…」

??「女、名は?」

澪「わっ…私は秋山澪…」ガクブル

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 07:51:24.55 ID:br1rCmiSO
??「秋山澪…普通の名前だな。しかし気が弱いな。あまりいいことだとは思えん」

澪「そっ…それであなたはいったい…」

??「魅惑の君」

??「無慈悲な王」

??「薔薇の守護者(以下略)」

澪「(えっ?ミュージカルか何かなのか?)」

モブA「魅惑の君、オルロワージュ様」

澪「妖魔…?(硬直)」ブクブクブク、バタッ

オルロワージュ「泡を吹いて失神しおったか…イルドゥン。この娘はお前に任すぞ。」

イルドゥン「ハッ」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 07:58:55.24 ID:br1rCmiSO
くーろん!

唯「クーロンに行くのが一番手っ取り早いと思ったから来てみたけど…」

唯「人が多すぎて誰にルーンの話を聞けばいいかわかんないや。エヘヘ」

唯「ん…あれはさわちゃん?」

さわ子「ゲンさ~ん!私はどうかと思うのよ!(酔)」

ゲン「何がだよ?聞いてやるから話してみろや」

さわ子「血を分け合った姉妹が殺し合いをするなんて…あれは鬼畜のやることよ!」

さわ子「いろいろ異議を唱えたらキングダムから追放されちゃったわよ!唯ちゃんも憂ちゃんもいい子なのに…完全に私の力不足だわ…(泣)」

ゲン「そんじゃあさわちゃんはこれからニートってわけだ!!(笑)」

さわ子「ゲンさんだって人の事言えないじゃないのぉ。しばらくヨークランドの実家に帰るぅ(泥酔)」

ゲン「今日は俺が酔い潰れるまで相手してやる!!飲め飲め!!」

ゲン「ところでさわちゃん、面白い話があるんだが…」

唯「見なかったことにしよう…」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 08:04:12.11 ID:br1rCmiSO
みっかご!すくらっぷ!

ゲン「遅くなっちまって悪かったな」

紬「うふふ、ゲンさんごきげんよう」

T-260S「お待ちしておりました、ゲン様」

ゲン「お前らも元気そうだな!じゃあこれからカバレロの事務所に殴り込みに行くぞ!」

紬「私、仲間と一緒に893の事務所に殴り込みに行くのが昔からの夢だったの~」

T-260S「お嬢様、ものすごい夢をお持ちなのですね」

ゲン「そうだそうだ、暇そうな俺の飲み仲間を連れてきてやったぞ!」

さわ子「どーもぉ」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 08:08:48.06 ID:br1rCmiSO
T-260S「それではさわ子様はキングダムで術士をしていらしたのですね」

さわ子「大した事じゃないのよ。私くらいの術士は周りにたくさんいたしね」

ゲン「ところがどっこい!今はニートなんだよなぁ」

さわ子「人の事言えないくせに…」

紬「うふふ…話をしてたらあっという間に着いてしまったわ~」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 08:18:28.59 ID:br1rCmiSO
じむしょ!

ゲン「たのもー!あんたがカバレロか?」

チンピラA「あぁ!?んだテメェは!?どっから入ってきたゴルァ!!」

ゲン「ボロに手出しすんのはやめてもらおうか」

チンピラB「あぁ考えといてやるよ(やめるとは言ってない)」

T-260S「ゲン様、話し合いに来たのではないのですか?」

ゲン「でもなぁ、お前の主人はやる気満々みたいだがな」

紬「それでどうなのかしら、カバレロさん?」

カバレロ「そこのメカ、うちの連中がやられたってのはお前か?」

T-260S「はい」

カバレロ「そうかそうか。では、ファクトリーまで来たらジャンクにしてやろう」スタスタ

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 08:29:16.48 ID:br1rCmiSO
ふぁくとりー!

さわ子「しかし紬ちゃん、あなたやるわねー。どこでそんな体術を?」

紬「合気道をたしなんでいるんですよー」

T-260S「皆様、雑談中失礼します、カバレロ様を確認しました」

さわ子「敵にまで様付けとは…ロボくんはずいぶん律儀なのね」

ゲン「手間かけさせやがって…もう年貢の納めどきだ!」

カバレロ「こうなったらヤケクソだァァァァ!野郎共!やっちまえ!!」

ガシーンガシーン

紬「ここがクライマックスみたいね…戦おう!みんな!必ず勝ちましょう!」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 08:35:57.11 ID:br1rCmiSO
さわ子「ハァ…ハァ…なかなか手ごわいわね」

チンピラ「オラオラオラ撃ちまくるぜぇコノヤロウ!!」

紬「くっ…!」

T-260S「!お嬢様、傷の手当てをいたします。安静にしてください」

紬「心配いらないわ…私は…こんなところで倒れるわけにはいかない…キュピーン」

紬「(私は…)まだ戦えるわ!スープレックス!!!」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 08:43:04.71 ID:br1rCmiSO
カバレロ「マズい!残り一体じゃないか野郎共!!もっと撃ちやがれ!!」

ゲン「ったく。大したお嬢様だ」

さわ子「年下の女の子に根性見せられて黙っているわけにはないわ!!ゲンさん、ロボくん、いくわよ!」

ゲン&さわ子&T-260S「うおぉぉぉぉ!!!!」

ゲン&さわ子&T-260S「天地ロケットプロージョン!!!!!」グォォォォォ!!

ロボット「セントウ…フノウ…」どかーん!!!!

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 10:50:56.60 ID:br1rCmiSO
えぴろーぐ!

一同「かんぱーい!!」

さわ子「今日は浴びるほど飲むわよー!!」

T-260S「では、私はこれで失礼します」

ゲン「何だ帰っちまうのかよ。つれねえなぁ」

T-260S「負傷したお嬢様の看護をしなければなりませんので。申し訳ありません」

ゲン「そうか…そうだな!さわちゃんの相手は俺がするからお前は主人のもとに行ってやれや」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 10:57:54.35 ID:br1rCmiSO
ゲン「あともう一つ聞きたかったんだけどよ」

T-260S「何でしょうか?」

ゲン「お前の名前のT-260Sの“S”ってなんなんだ?」

T-260S「“S”はサイトウを意味するのだそうです。お嬢様に…名付けていただきました」

ゲン「そうか。ご主人様をしっかり守ってやれよ!」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 11:19:21.65 ID:br1rCmiSO
これで一章は終了となります

とりあえず私用もありますし、ワンクッション置いて構想を練りたいと思います。

>>56
一人のシナリオになると極端に出番が短くなるキャラが一人出てきてしまいそうですが…
個人的には動かしやすい梓&ヒューズを中心にすえることで↑の現象を回避する方向を考えています

その辺りは皆さんの意見をお聞きしたいと思っています

保守していただいた方ありがとうございました

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。