FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一方通行「……三下、よろこぶかな……」 3

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/01(月) 10:24:22.81 ID:WwEvt3d10
>>219
会社から書けるはずがないじゃないですか!今晩自分のスレをたてる為の妄想でいっぱいいっぱいです

一方通行「…これ、ほとンど隠れてねーだろォ…」

黄泉川「あっははははは、結構似合うじゃんか」

芳川「私は悪くないと思うわよ?」

打ち止め「一方通行もこういうカワイイの履いたほうがいいとおもうってミサカはミサカはいってみたりー」

一方通行「でもよォ…こりゃ……なしだろォ///」

芳川「今時の子ならそれくらい普通よ」

黄泉川「そ、そうなのか!」

芳川「貴方は一年中ジャージだからねぇ…」

黄泉川「じゃ、ジャージのどこが悪いじゃん…」

打ち止め「一方通行は色白だからそういう下着似合うってミサカはミサカは本気で羨ましがってみたりー」

一方通行「そ、そっかァ?」

芳川「それに、上条くんだっけ?彼、女の子の友達多いみたいよ」

黄泉川「え?一方通行うちの学校の上条が好きなのかよ!」

一方通行「芳川!余計なこというンじゃねェ!!!」



240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/01(月) 10:29:40.22 ID:WwEvt3d10
黄泉川「まぁ、確かにアイツいっつも女の子に囲まれてるじゃんか」

一方通行「……チッ」

黄泉川「でも、それほど親密な関係のやつはいなそうだし」

一方通行「ほ、本当かァ!」

黄泉川「やーっぱりそうじゃんか」ニヤリッ

一方通行「テ、テメェハメやがったなァ!」

芳川「ほら、女の子がハメた、だの入れてだのいうもんじゃないわよ」

一方通行「2つ目のはいってねェぞォ…」

芳川「でも、貴方はそういう格好すれば立派な女の子なんだし…上条くんもころっと落ちるかもね」

一方通行「……」

芳川「意外とああいうこってそういうの好きだったりするのよ?」

一方通行「マジか…」

打ち止め「えーだったらミサカも履いてみたいってミサカはミサカはセクシーランジェリーを要求してみるー」

黄泉川「まだ、そんな小さい身体じゃ身につけられるサイズなんかないじゃんか」

一方通行「……三下、よろこぶかなぁ……」ニタァ

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/01(月) 10:31:55.44 ID:WwEvt3d10
…ふぅ、仕事に戻ります

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/01(月) 11:07:00.02 ID:WwEvt3d10
そんなに一通さんが上条さんと一生懸命誘惑するところがみたいんですか?
そんなはずはありませんよね…

245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/01(月) 11:08:55.91 ID:WwEvt3d10
上条さんとではなく、上条さんをです…

249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/01(月) 11:54:14.22 ID:WwEvt3d10
芳川「ムフフフ」

一方通行「な、なンだよォ!!」

黄泉川「そっか、そっか、一方通行もそういう年頃かー」

一方通行「そ、そンなンじゃ…」

芳川「だったら、その下着に見合う格好しないと駄目よね」

打ち止め「ミサカはミサカはこんなのがいいっていってみるー」

芳川「いいわねぇー」

一方通行「こ、こンなヒラヒラしたもんなんか着れるかよォ!!!」

黄泉川「そうか?似合ってるじゃん」

打ち止め「一方通行の肌の色だとミサカはこういう色がいいとおもうってミサカはミサカは自分の趣味を前面にだしてみたりするー」

一方通行「て、テメェら…///」

黄泉川「ほら、そうときまればさっさと着替えるじゃん」

ぐいぐいっ

一方通行「や、ヤメロォォォ!!」

芳川「上条くん、落としたいんでしょ?」

250 名前:飯[sage] 投稿日:2010/03/01(月) 11:57:56.64 ID:WwEvt3d10
一方通行「…ク」

黄泉川「ほらほら、健全が男子高校生相手にするにはやっぱり見た目じゃんか!」

芳川「貴方がいうの…それを…」

黄泉川「ん?」

芳川「ま、まぁいいわ…」

黄泉川「ほらほら!」

一方通行「じ、自分でき、着るからァァァ」

黄泉川「遠慮することないじゃんか、女同士なんだし…」

一方通行「め、目がこええンだよォォ!!」

黄泉川「はぁはぁ…」

一方通行「ヤメロォォォォォ!!!」

………

……



一方通行「///」

254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/01(月) 12:20:19.88 ID:WwEvt3d10
芳川「あら…」

打ち止め「わぁぁ」ぱぁぁ

黄泉川「へぇ~」

一方通行「な、なンだよォ…じっとみンじゃねェ…///」モジモジ

芳川「思った以上に…」

打ち止め「可愛い!ってミサカはミサカは」

黄泉川「似合ってるじゃん」

一方通行「///」

芳川「全体的に細くて、とくに腰のラインがキュっとしまってるのがいいわね」

打ち止め「可愛い!可愛い!」

一方通行「う、嘘じゃねぇーだろうなァ…」

芳川「自信持ちなさいって」

打ち止め「可愛い!可愛い!」

黄泉川「さて、準備はできたな…次は…」

pi

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/01(月) 12:27:33.75 ID:WwEvt3d10
prrrrrr

小萌「電話…?」

着信:黄泉川先生

小萌「黄泉川先生…?」

pi

小萌「もしもし、月詠ですが…」

-「小萌先生!!!」

小萌「ど、どうしたんですか?黄泉川先生」

-「小萌先生のクラスに上条っていましたよね?」

小萌「上条ちゃんなら確かにうちのクラスですけどぉ……まさか上条ちゃんが何かしましたか?」

-「いや、そういうわけないじゃん…」

小萌「それに今日は補習でさっきまで教室にいたのですよ?」

-「そっか!今おわったばかりなんですね!」

小萌「上条ちゃんに何か用なのですか?」

-「ちょっと、野暮用で」

256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/01(月) 12:32:15.47 ID:WwEvt3d10
小萌「私から上条ちゃんに伝えておきましょうかぁ?」

-「いえ、大丈夫です!それでは失礼しますじゃん」

プチッ

小萌「黄泉川先生…?」

………

黄泉川「というわけじゃんか」

一方通行「ど、どういうわけだよォ…」

黄泉川「上条はさっきまで学校にいた、そしてあいつのいる寮は……地図でいうとここだ」

一方通行「…それがどうしたァ」

黄泉川「つまり、上条当麻はこのルート付近にまだいる可能性が高い!」

芳川「なるほどね…」

一方通行「だからそれがなンだってンだよォォ!!」

芳川「貴方まだわからないの?」

一方通行「だからァさっきから聞いてンだろうがァァァ!!!」

打ち止め「そっか、待ち伏せするんだってミサカはミサカは理解してみたりー」

257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/01(月) 12:41:37.24 ID:WwEvt3d10
一方通行「待ち伏せだァ?あいつ拉致すりゃいいのかよ?」

芳川「はぁ…全くこの子は…」

一方通行「な、なンだよ…待ち伏せっていったらそういうことだろうがァァ!!!」

黄泉川「一方通行、お前そんな格好で誘拐でもするつもりなのか?」

一方通行「…」

黄泉川「私たちはそんなつもりでお前にそんな恰好させたつもりなんかじゃないじゃん」

一方通行「…だったら」

黄泉川「その格好を上条に見せたくないのか?」

一方通行「なっ…!?」

芳川「見せたいんでしょ?」

一方通行「その…///」モジモジ

黄泉川「だから、上条を待ち伏せして、その格好を見せにいくじゃんか?」

一方通行「そ、そんな事できるわけがァァ」

芳川「そうね、あと軽くお化粧したら……大抵の男ならいやがらないと思うわよ?」

一方通行「……化粧なンかしたことねェ…」

259 名前:1時頃鯖オチするのかな?[sage] 投稿日:2010/03/01(月) 12:46:41.57 ID:WwEvt3d10
芳川「私たちがしてあげるから」

打ち止め「ミサカもしてほしいってミサカはミサカは羨ましがってみるー」

黄泉川「子供はそのままでいいじゃん」

打ち止め「でもぉー」ぶぅー

芳川「ほら、そこに座って」

一方通行「お、おゥ…」

ストッ

芳川「いい?基本は自分の長所を伸ばすようにやるのよ?」

一方通行「長所だァ?」

芳川「そう、貴方の場合その色白の肌ね…」

一方通行「これが長所かよォ…」

芳川「知らないの?美白って言葉あるでしょ、文字通り白さは美しさの1つにあげられるのよ?」

一方通行「マジカ?」

芳川「本当よ、だから貴方はこれを生かすメイクをすべきなの」

一方通行「だけどォ…」

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/01(月) 12:50:49.13 ID:WwEvt3d10
芳川「だから私に任せなさいって」

一方通行「おゥ…」

芳川「化粧で長所を伸ばすって言ったけど…その言葉づかいは短所だから、自分で気をつけなさいよ」

一方通行「わかってンよォ…」

芳川「ほら!違うでしょ」

一方通行「わかりました…」

芳川「よろしい」

一方通行(いちいちめンどくせェ)

芳川「今面倒くさいとおもってたでしょ?」

一方通行「なっ!?」

芳川「そういうのも顔にでるんだぞぉ?」

一方通行「…チッ」

芳川「舌打ちもしない!」

一方通行「……」

芳川「じゃ、素材を生かしたナチュラルメイク、3分で仕上げるわ!」

262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/01(月) 12:55:06.65 ID:WwEvt3d10
芳川「できたわよ」

一方通行「これが…俺…」

芳川「私!」

一方通行「私なのか…」

黄泉川「どれどれ…」

打ち止め「一方通行どうなったの?」

芳川「自信作よ」

黄泉川「うぉおお」

打ち止め「わぁぁぁ」

一方通行「あンまりみないでくださいよ…て、てれるでしょ///」

黄泉川「言葉づかいも直すと……もう完璧そのあたりの女の子だな…」

芳川「そう?こんなカワイイ子、めったにいないわよ?」

打ち止め「わぁぁ…いいなぁ…」

一方通行「///」

芳川「ほら、時間ないわよ」

265 名前:戻ったかな?[] 投稿日:2010/03/01(月) 16:04:13.99 ID:WwEvt3d10
一方通行「出てきたのはいいけど…どうすりゃいいンだ…」

一方通行「おっと…言葉使い…」

一方通行「あー、出てきたのはいいのですけど、どうすればよろしいのでしょうか」

一方通行「これで…」

-「でもにゃー」

-「そうはいうけど、こもえせんせぇのあの怒った顔たまらないでー」

-「でにわざわざ宿題忘れてくる奴なんてお前くらいだろ…」

一方通行「ま、まさか…!?」

土御門「いや、意外といるかもしれないにゃー」

青髪「だろ?」

上条「いや、俺は同意してないから…」

一方通行(話が違うじゃねェーかァ!!!一人じゃないぞォ!)

土御門「まぁかみやんはデフォで居残り組だからにゃー…ん?」

上条「どうした、土御門」

土御門(今の子って……ははぁ~ん)

266 名前:でにわざわざ>でもわざわざ[] 投稿日:2010/03/01(月) 16:42:10.20 ID:WwEvt3d10
土御門「かみやん、青髪、ちょっとまっててにゃー」

上条「ん?」

青髪「なんや、土御門」

土御門「ゆ、り、こ、ちゃ~ん」

一方通行「…!?」ギクッ

土御門「紹介します、俺の友達の鈴科百合子ちゃんです」

上条「へぇ…お前にちゃんと俺ら以外の友達いたんだ」

青髪「土御門!裏切ったなぁ!!!!そんなかわいい女の子と知り合いやなんて!」

土御門「違う違う、そんなんじゃないって、なぁ~?」

一方通行「……て、テメェ…」

土御門「大方、かみやん絡みだろ?」ボソッ

一方通行「な、なンで、その事を…!?」

土御門「ばればれぜよ」

一方通行「///」

土御門「大丈夫、面白いから協力はするぜよ」

267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/01(月) 17:03:40.75 ID:WwEvt3d10
一方通行「ほ、本当だなァ?」

土御門「本当ぜよ…仲間位信じてくれてもいいとおもうかにゃー」

一方通行「…仲間だァ?……チッ」

土御門「それじゃ…行動で示すぜよ…」

土御門「おーい、かみやーん」

上条「あぁ?なんだ」

土御門「ここにいる、鈴科さんがかみやんに用があるっていってるにゃー」

一方通行「なっ!?」

青髪「なんやて!!!」

上条「俺にか?」

土御門「そうにゃー」

上条「でも、俺、その子と面識あったっけ?」

一方通行(気がついてないのか!?)

土御門「そんなこまけぇことはいいんだにゃー」

上条「でもなぁ…」

268 名前:エラーばっかり…今日はダメですね[] 投稿日:2010/03/01(月) 17:12:19.11 ID:WwEvt3d10
青髪「かみやん!」がしっ

上条「な、なんだよ!」

青髪「かみやんは、なんで内緒にこんな綺麗な子にフラグたたてんのや!」

一方通行(き、綺麗!?)

上条「お、俺もしらねぇよ!こんな可愛い子!」

一方通行(か、可愛いだとぉ!!!)

土御門「青髪、諦めるんだにゃー、お前には縁がなかったってことぜよ」

青髪「なんやねん!土御門までぇ!!!」

土御門「ほら、かみやんじゃしちゃいかんぜよ」

ずるずる

青髪「ま、まってぇぇ」

土御門「ほらほら、いくぜよ」

ずるずるずる

-「かみやんの、あほぉおお!」

ずるずるずる

269 名前:かみやんじゃしちゃ>かみやんじゃましちゃ 誤字脱字ばかり[] 投稿日:2010/03/01(月) 17:17:34.24 ID:WwEvt3d10
上条「おい、土御門!」

一方通行(ナイスだぞォ…)

上条「あはははは…」

一方通行(こ、これで二人きりだァァァ)

上条「あの…どこかでお会いしましたっけ?」

一方通行「その…」

一方通行(やっぱり気がついてねェなァ…)

上条「うーん、すみません、俺忘れっぽくて…」

一方通行「べ、別にいいンですよ…ちょっとした事であっただけですから」

上条「そ、そうですか?でも…」

一方通行「謝らなくてもいいですから…///」

一方通行(や、やべェ…緊張しすぎて……おかしくなりそうだ…)

上条「あの…立ち話もなんですから…そこでお茶でも…どうですか?」

一方通行「お茶…?」

上条「あ…別にやましいつもりで誘ってるわけじゃ……ナンパとかそういうんじゃないですよ、はい」アセアセ

270 名前:これが投下できたら、あとは帰ったらで[] 投稿日:2010/03/01(月) 17:25:56.88 ID:WwEvt3d10
一方通行「な、ナンパ…!?」

上条「だ、だからそういうつもりじゃ…」

一方通行「///」

上条「その…無理にとはいいませんので…あの…」

一方通行「…いいですわ」

上条「はい?」

一方通行「お茶しましょう…」

上条「そ、そうですか…はぁ、よかった…」

一方通行「どうかしましたか…?」

上条「いや、なんでも…」

上条(なんとか、話をきいて思い出す糸口を…)

一方通行(あれやこれやでいつのまにか…茶飲みに行くとか…これ…この格好のおかげかァ?)

上条(それにしても…)

一方通行「……」

上条(俺、こんな色白で細身の女の子なんか知り合いにいたかな…)

278 名前:こういう展開でどうでしょうか[] 投稿日:2010/03/02(火) 20:30:41.04 ID:0g89Lv/P0
-喫茶店-

店員「いらっしゃいませ、お客様お二人でしょうか?」

上条「はい」

一方通行「…」

店員「こちらのテーブルへどうぞ」

スタスタ、トスッ

上条「えーっと……」

一方通行「…」

上条(気まずいなぁ…)

一方通行(な、何はなしていいかわかンねーぞォ…)

上条「……」

一方通行「……」

店員「ご注文おきまりでしょうか?」

上条(た、助かった…)

上条「えーっと俺はホットで、鈴科さんは…?」

280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/02(火) 20:31:46.55 ID:0g89Lv/P0
一方通行「お、オレじゃなかった…私もホットで…」

店員「本日、カップルのお客様限定で、こちらのカップルカフェがお安くなっておりますが、いかがでしょうか?」

一方通行「か、カップル!?」

上条「あっ、俺達そういうんじゃないんで」

一方通行「!?」

店員「そうでしたか、失礼しました」ペコッ

一方通行(そ、そうだよなァ……)ズーン

上条「あっははは、鈴科さんごめんなさいね、オレとそういうふう見られていやでしょ…」アセアセ

一方通行「え?」

上条「ほら、オレみたいなさえない男と、鈴科さんのような綺麗な人がつりあうわけないですよねー」

一方通行(き、綺麗だとォ!?)

上条「あ、やっぱり困った顔してますね…」

一方通行(こ、こいつにまで……いわれるとは…・芳川に何かあとでかっていってやるかァァ…)

上条「……すみません」

一方通行「あっ、別にそういうわけじゃないんですよ……ちょっと考え事してたもので…」

281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/02(火) 20:32:40.26 ID:0g89Lv/P0
上条「そ、そうですか?」

一方通行「それに、上条さんだって…その、格好いいと思いますよ」

一方通行(おい、口が勝手に話し出すぞォ!これどうなってンだァァァ!?)

上条「ま、まじっすか…!?……そんなこと言われたのはじめただなぁぁ…」テレテレ

一方通行(なっ!?)

上条「鈴科さんみたいな綺麗な人にいわれると…その…てれちゃうな…」カァァ

一方通行(三下の照れた顔……可愛すぎるだろォォォォォォォ!?…も、持ち帰りてェェェ…)

上条「あっ…ごめんなさい、お世辞なのに間に受けちゃって!!」

一方通行「別にお世辞ってわけじゃないですよ…」

一方通行(まただ……また勝手に口が…!?)

-真相-

打ち止め「ミサカネットワークをつかって、一方通行の恋を(一方通行に干渉して)サポートするってミサカはミサカはいきごんでみたりー」

黄泉川「よーし、私もデート資料あつめるじゃん!」

芳川「女性らしい、話し方なら私に任せて」

黄泉川「よくいう……行き遅れに癖 芳川「あ、あなだってにたようなもんじゃないの!!!」

283 名前:あなだってってなんだよ・・・あなただって…の間違いです[] 投稿日:2010/03/02(火) 20:38:46.14 ID:0g89Lv/P0
上条「えっ?」

一方通行「///」

上条「///」

コトッ

店員「お待たせしました」

上条・一方通行「!!」ビクッ

店員「ホット二つですね、ごゆっくりどうぞー」

スタスタ

上条「……」

一方通行(せ、せっかく良い雰囲気だったのに邪魔しやがってェ!!!)

一方通行「上条さん、お砂糖はおいくついれますか?」

一方通行(さっきからなンだ、このオレらしくない会話は!!」

上条「あっ…1個……1つお願いします」

一方通行「はい、わかりました」ニコッ

上条「!?」ドキンッ

284 名前:一方通行さんが女らしく話せるように、ミサカネットワークからミサカ20001号によって操作されています[] 投稿日:2010/03/02(火) 20:43:45.78 ID:0g89Lv/P0
ポチャッ、くるくる、コトッ

一方通行「どうぞ」

上条「ど、どうも///」

カチャッ、スゥ

上条「あれ…?」

一方通行「はい?どうかしましたか?」

上条「鈴科さんってお砂糖いれないんですか?」

一方通行「あっ…」

上条「なんだか、男の人みたいですね」

-打ち止め「どうしよう!」

-黄泉川「そこはダイエットってごまかすじゃん!」

-芳川「そ、それがいいわね!」

一方通行「だ、ダイエット中なんですわ」

一方通行(なっ!?オレダイエットなんかしてねぇぞォ!!!)

上条「え…?へ、へぇ~…」

286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/02(火) 20:48:50.53 ID:0g89Lv/P0
一方通行「変…ですか?」

上条「いや、そういうつもりじゃ…ただ…」

一方通行「…?」

上条「そんなに細い身体なのに…ダイエット要るのかなって…」

-打ち止め「あっ…!?」

-黄泉川「そうじゃん!アイツ細いじゃんか!」

-芳川「脳みそ筋肉の意見に賛同したのが間違いだったわ」

-黄泉川「なんだとぉぉぉ!?」

-打ち止め「と、とりあえず…このドラマみたいに…!」

一方通行「女性は、男性の前では常に綺麗でいたいんですよ」ニコッ

一方通行(もう、完全のオレのキャラじゃねぇーぞォ!!)

上条「そ、そうなんですか」

一方通行「それに……日ごろダイエットしてるから…この体型を維持できてるんですよ…内緒ですけど」テレッ

上条「!?」ドキドキンッ

上条(や、やべぇ…)

291 名前:>>288 こまけぇことはいいんだよってミサカはミサカはスルーをうながしてみる[] 投稿日:2010/03/02(火) 20:56:27.45 ID:0g89Lv/P0
上条「そ、そうですよね、やっぱり女性はそうやって日々努力しているんですよね…」

上条(それに比べてうちのニートは…)

-とある学生寮の一室-

へくちっ

禁書「うー」

禁書「誰か私の事……うわさしてるのかな…」

-喫茶店-

一方通行「そんなたいそうなものでもないんですけど…」ニコッ

一方通行(もう会話はこの口に任せるしかねぇなァ…まぁオレが話すよかよさそうだし…)

上条「そういえるってのもすごいですね」

一方通行「ありがとうございます」ニコッ

上条「///」

上条(あぁ…オレこんな人と知り合いだったのかぁ…って…やっぱり思い出せないんだよな…)

一方通行「///」

上条(ど、どうすっかな……こんな当たり障りのない会話でつないでるけど…)

292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/02(火) 21:02:21.90 ID:0g89Lv/P0
上条(いずればれるし…聞くなら今か…!)

ゴクリッ

上条「そ、その…」

一方通行「はい?」

一方通行(な、なンだこの真剣な顔は……ま、まさかこれがうわさに聞く告白ってやつかァァァァァ!!)

上条「失礼なのは承知なのですが……」

一方通行「はい…どうぞ…」

-打ち止め「こ、これって!」

-黄泉川「キタ-!!」

-芳川「私も高校時代を思い出すわ!」

上条「その……鈴科さん…」

一方通行「…」ドキドキ

上条「……」

一方通行「……」ドキドキドキ

上条「俺って鈴科さんの事………」

293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/02(火) 21:08:25.65 ID:0g89Lv/P0
一方通行(や、やべぇ……心臓の鼓動が…デカクなりすぎだァァ)

-打ち止め「わくわく」

-黄泉川「どきどきするじゃん!」

-芳川「私も高校時代は毎週のように」クネクネ

上条「鈴科さんの事…どこであったか覚えてないんです!!」

一方通行「は?」

-打ち止め「い?」

-黄泉川「え?」

-芳川「でぇ~、クラスではさぁ…」クネクネ

上条「すみません!俺マジで覚えてなくて!」

上条「鈴科さんみたいな綺麗な人とあったら忘れないはずなんですけど…」

上条「マジで……俺の頭の中一生懸命捜索してみたんですけど…思い出せないんです!」

一方通行「゚Д゚」ポカーン

上条「鈴科さん…?あのー」

一方通行(……まぁ話ができすぎてるとおもったンだよ…)

294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/02(火) 21:13:11.72 ID:0g89Lv/P0
上条「ご、ごめんなさい」ガンッ

一方通行「え…」

上条「すいませんでした」ガンガンッ

一方通行「そ、そんな……そんなことしないでください!」

上条「で、でも俺には謝るしか…」ガンガンガンッ

一方通行「その…気にしてませんから、だから頭をそんなに…しないでください!!!」

店内「え?」

シーン

一方通行「あっ…///」

一方通行「す、すみません…」

上条「こちらこそ…///」

一方通行「そ、その…前にあったのって一度だけでしたし…その…今日は結構姿も違いますから…」

上条「でも一度あってるわけですよね!」

一方通行「ですから…」

一方通行(そもそも、格好が別人だからなァァ)

295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/02(火) 21:18:18.82 ID:0g89Lv/P0
上条「ホントすみません…」ペコッ

一方通行「そ、そんなにいうのでしたら…」

上条「……」

一方通行「今日、私と会ったことは忘れないでくださいね…」ニコッ

上条「も、もちろん!」

一方通行「でしたら、これで忘れてたことはチャラってことで…」

上条「…ありがとうございます」ガシッ

一方通行「そんな、お礼なんて、それに手…その…///」カァァ

上条「あっ!?」アワアワ

パッ

上条「すみません///」

一方通行「いえ…」

一方通行「それに…上条さん…」

上条「…はい?」

一方通行「さっきから謝ってばかりですね」クスクス

297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/02(火) 21:22:53.69 ID:0g89Lv/P0
一方通行(なるほど……こういう風に会話していけばいいンだな…)

上条「そ、そうですね…」

一方通行「そうですよ」クスクスクス

上条「あはっ、あははははっはは」

………

……



上条「あっ、やべぇ…こんな時間か」

一方通行「なにか用事でもあるのですか?」

上条「いや、ちょっとうちにいる居候、いやペットの餌の時間で…」

一方通行「へぇ~なにか飼っているんですか?」

上条「あっ、その…はい…」

-とある学生寮の一室-

へくちっ

禁書「うー…おなかすいた、おなかすいた、おなかすいたぁあ!!」

298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/02(火) 21:29:10.59 ID:0g89Lv/P0
一方通行「そ、そうなのですか…それじゃ遅くなったら可哀想ですね」

上条「すみません、こっちが誘っておいて…」





一方通行「いいですわ、私、上条さんのそういうところ好きなんですから!!」





上条「え…!?」

一方通行「あっ///」

一方通行(本心だけど、これ俺の口がねぇぞォォ…!!!!)

上条「その……一度しかあったことなかったんですよね…」

一方通行「あの…」

上条「正直、俺…いま何がなんだか…」

一方通行「えっと…なんというか…」

上条「で、でも一度しかあってない人にいわれると、ちょっと話ができすぎてて……ちょっと…」

299 名前:これ俺の口がねぇぞォォ>俺の口じゃねぇぞォォ[] 投稿日:2010/03/02(火) 21:36:40.67 ID:0g89Lv/P0
-打ち止め「わぁどうしよ、どうしよ!」

-黄泉川「おい、芳川、クネクネしてないで、その高校時代の経験とやらでなにか良い案だすじゃんか!」

-芳川「それでね、あの○○君がぁ」クネクネ

一方通行(ち、畜生…良い言葉がでてこねェ…もうさっきのような奇跡はおきねぇのかァ!?)

上条「なんというか…土御門の知り合いだったし……からかわれている様な…」

一方通行「そ、そンなンじゃ…」

上条「え…そのしゃべり方…」

一方通行「…チッ」

-「ちょ、ちょっと!アンタなにしてんのよ!!!」

上条「!?」

一方通行(いいセリフがでてこねェ!!!!)

-「…え?」

一方通行(い、一発逆転のすげェセリフなンかねぇのかァ!!!)

上条「み、御坂?」

御坂「あ、あんた……ま、まさかででででで、デートなんかしてたわけ…!?」ワナワナ

301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/02(火) 21:43:14.78 ID:0g89Lv/P0
上条「えっ?」チラッ

上条「こ、これはデートじゃなくてでな……立ち話もなんだからお茶しようって…」

御坂「そ、それもほとんどデートじゃないのよ!!」

上条「ち、違う、違うだろ!!!」

一方通行(くそォォ!なンで言葉がふってこねェ!)

上条「そ、それに御坂になんでそんなことで怒られなきゃいけないんだよ!」

御坂「!?」カチンッ

上条「御坂には関係ないだろ!俺が誰となにしようが!」

御坂「…そ、そう、確かに私には関係ないわよね」

上条「だろ?やっと判ってくれたか」

御坂「……」

上条「大体、お前はいつもなんで俺に勝負、勝負ってしつこいんだよ!」

御坂「……そ、そう…迷惑なんだぁ…」

上条「そりゃ迷惑だろ、毎回あんなことされてちゃ身体がもたねぇって…」

御坂「……」イライラ

302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/02(火) 21:47:30.61 ID:0g89Lv/P0
上条「だいたい、お前お嬢様なんだろ?だったらお嬢様らしくだな…」

御坂「うるさいわね!!!」ダンッ

上条「な、なんですかぁ!?」

御坂「いちいちいちいちいち…」

上条「な、なんでまたおこってらっしゃるのでせうか」

御坂「なんでですって!?あんたが…あんたが気に入らないからよ!」

上条「わ、わぁ…理不尽…」

御坂「もういいわ、とりあえず、昨日の続きね……私からいくわよ!!!」

上条「ま、まて今日は…俺一人じゃないんだから!!!」

御坂「あんたの知り合いでしょ?大丈夫手加減はするから!!」

上条「まてまて、まじでまて!」

御坂「問答無用!」バチバチバチバチ

一方通行「アァン?」

上条「鈴科さん!!危ない!!!」

一方通行「三下ァ?…超電磁砲だァ?…!」

306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/02(火) 21:54:59.32 ID:0g89Lv/P0
御坂「あんたなんか……いなくなっちゃぇぇえええ!」

どぉぉーん

ガバッ

上条「ち、畜生、全部ふせぎきれるかぁぁ!!!」

一方通行「こンな攻撃…たいしたことねェだろ…」

きゅ~ん

御坂「は、反射!?」

どぉぉ~ん

御坂「きゃぁぁぁあ!?」

キラ~ン(御坂美琴さんは遥か彼方へ飛ばされました)

上条「…鈴科さん……?今のって…」

一方通行「…チッ」

一方通行(女の振りもおしまいだなァ…)

上条「まさか……」

一方通行「ようやく気がついたのかよォ…三下ァァ?」

309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/02(火) 22:01:37.97 ID:0g89Lv/P0
上条「あ、一方通行なのか…!?」

一方通行「正解だァ」

上条「ま、まさか…お前が…お前が……」

一方通行「なンだァ?」

上条「お前が…こんな女装癖があっただなんて!!!」

一方通行「なっ!?」

上条「そうだよな、こんなに可愛い子が女の子なはずないよな……男にきまってるんだよ…うんうん」

一方通行「て、テメェ…」

上条「ってことは…なにか!俺は男の娘にときめいちゃったわけですか!!」

一方通行「愉快な事いってンじゃねェよォォォ!」

上条「一方通行、ちょっとまってくれ、俺は今人生最大の汚点をデリート中なんだ…」

一方通行「チ、チクショォォォォ」

上条「ちょっと静かにしてくれないか?」

一方通行「ちょっと、手ェかせ!」グイッ

上条「なんだよ!」

311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/02(火) 22:06:09.15 ID:0g89Lv/P0
もにゅん♪

上条「はぃぃ!?」

一方通行「お、俺は女だァ…///」

上条「そ、そんなばかな…」

一方通行「今のでわかっただろォ…///」

上条「上条さんはそんなくらいじゃだまされませんよ…どうせ、出来のいいあれを詰め込んでるんでしょう、はっは」

一方通行「て、テメェ!!」ギリッ

上条「図星のようだな!?」

一方通行「だ、だったら…」グイッ

上条「いてぇ!ひっぱんじゃねぇよ!もうからくりはばれたろ!」

一方通行「こっちはどうやって証明すンだよォ!」

グイッ

上条「お、俺は男のそんなところに手を突っ込む趣味はねぇぞぉぉぉお!!」

スカスカ

上条「あ…あれ…」

47 :ここから続きです…遅筆なので終わるのいつかな… [sage]:2010/03/02(火) 23:26:03.81 ID:SGY3YJAo
一方通行「ど、どうだァ…///」

上条「な…ない…」

スカスカ

一方通行「こ、これで判っただろ…」

上条「まさか、そこまでちっちゃいのか…!?」

一方通行「ま、まだいうか!!」

上条「きっとこの辺りに…」

ピトッ

一方通行「ぁ…」

上条「!?!?!?!?」

一方通行「て、テメェ…///」ピキピキ

上条「べ、別のが……!?」

一方通行「い、いつまで、手ェつっこンでンだよォォォォ!!」

上条「こ、これはだな……だまされてるとおもって…」

一方通行「いいからァァ…は、早く手を抜けェェェ!!///」カァァ
48 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/02(火) 23:28:16.99 ID:SGY3YJAo
上条「…ご、ごめん!!」

バッ

一方通行「はぁはぁはぁ…」

-打ち止め「び、びっくりしたってミサカはミサカは…」ドキドキ

-黄泉川「おい、それじゃわからないぞ、はっきり説明するじゃん」

-芳川「そうよ、しっかりねっとりじっくりみっちり話しなさい」

-打ち止め「でも…ミサカの知識じゃああいうのはぁ…ってミサカはミサカは、未体験ゾーンであることを主張してみるー」

-黄泉川「くぅー気になって仕方ないじゃん!」

-芳川「…どきどきしてきたわね」

一方通行「こ、これで俺が女だってことがァ……わかっただろォ?///」

上条「あっ…あぁ…///」

一方通行「テメェ!テメェまで顔赤くしてンじゃねェぞォ!!恥ずかしいのはこっちの方なンだからァ!!!!」

上条「し、仕方ねぇだろ!!あんなところ触ったのはじめてだったんだから!!!!」

一方通行「い、いうンじゃねェェェェェェェェ!!!!」カァァ

上条「ひ、ひぃぃい」ビクッ

50 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/02(火) 23:33:13.08 ID:SGY3YJAo
一方通行「はぁはぁはぁはぁ…」

上条「……」ビクビクッ

一方通行「はぁはぁはぁはぁ…ったく///」

上条「……」ビクビクッ

一方通行「オイ、三下ァ!いつまで震えてンだよォ!!」

上条「え……き、きれてるかと思って…」

一方通行「怒るにきまってンだろーがァァァ!!!///」

上条「ひぃぃぃ」

一方通行「だから、いちいちびびンじゃねェよォ…」

一方通行(…チッ、やっぱりこうかよォ…)

一方通行「…クソッ」

上条「…そ、その一方通行」

一方通行「アァ!?」ギロッ

上条「な、なんでだったらこの前あんな格好してたんだ」

一方通行「べ、別にどうだっていいだろォ…」

52 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/02(火) 23:38:05.49 ID:SGY3YJAo
上条「あんな格好してたら、誰だって男だっておもうだろ…」

一方通行「悪いかよォ!」

上条「わ、悪くはねーけど……たださ…だったらなんで…」

一方通行「アァ?」

上条「なんで今日はそんな格好してるんだ?」

一方通行「そ、それは…」

上条「あれか?やっぱり土御門と何かぐるになってなにかしようと企んでたのか?」

一方通行「…そのだなァ…」

上条「畜生…土御門のヤツ……今度は一方通行つかってまで…」

一方通行「ち、ちげェよォ…」

上条「違うって?」

一方通行「アイツは関係ないっていってンだよォ」

上条「だったら、なんで」

一方通行「こ、この格好はだなァ…」モジモジ

-打ち止め「これはチャンスかもってミサカはミサカは思ってる!」

55 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/02(火) 23:43:35.41 ID:SGY3YJAo
-黄泉川「おい、何かいいセリフ!」

-芳川「ここは直球勝負でしょう」

-打ち止め「それじゃ…」

一方通行「この格好は…その…」

-打ち止め「あれ?干渉できないよ!ってミサカはミサカは猛烈に焦ってみたり!」

一方通行「お、オレが三下…お前に……普通に興味があって……その…だなァ…」

上条「興味あるなしが…なんで…その格好に結びつくんだよ…」

一方通行「ァァァァァアア」

上条「なっ、なんだよ」ビクッ

一方通行「もうじれってェェエエエ」

-打ち止め「ミサカもじれったぁああああああい!!!」

一方通行「オレがお前のことが気になンだよォ!好きなンだよォ!!!」

上条「な、なんだって…」

一方通行「お前にぶちのめされてからお前のことばっかり頭に浮かぶンだよォ!!畜生!!!」

上条「え、えっと…それは…」

57 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/02(火) 23:49:08.32 ID:SGY3YJAo
-打ち止め「いま一方通行が!」

-黄泉川「おい、どうなったじゃん!」

-芳川「ほら!ちゃんと実況して!」

-打ち止め「えっと…一方通行が、いま好きって自分の口でいったんだよ!ってミサカはミサカは自分のことのように興奮してる!」

-黄泉川「な、なんだとぉお!?」

-芳川「キタワー」

一方通行「///」

上条「えっとそれは……友情とかそういう話でですか…?」

一方通行「ちげェ///」

上条「それじゃ……なんだろう…」

一方通行「テメェふざけてンのか!///」

上条「ひぃぃ」

一方通行「お、オレのこと嫌いならはっきりいいやがれぇ!!!」

上条「え……っと」

一方通行「そっちの方がこうやって誤魔化させるより、よっぽどすっきりするァ!!」
58 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/02(火) 23:53:01.80 ID:SGY3YJAo
上条「えーっとだな……ふざけてるわけじゃなくて…上条さんは…すごく頭の中が混乱してて…」

一方通行「ダァァァ、イライラする!」

上条「ま、まてはやまるな…」

一方通行「……チッ…いやだったら避けろ!」

上条「え?」

すぅー

上条「え?え?」

ちゅっ

上条「なっ!?」

一方通行「…」

スッ

一方通行「……まどろっこしいのは苦手なンだよォ…」

上条「えぇえええええ!?」

一方通行「で、でけえ声出すンじゃねェよ!」アセアセ

上条「だって今、ちゅっ、って?ちゅっって!!」
59 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/02(火) 23:58:11.63 ID:SGY3YJAo
一方通行「だから声デケェ!!!!」

上条「お、お前だって…」

一方通行「…ッ///」

上条「…その///」

一方通行「…チキショウ…なんでこんなヤツ好きになっちまったンだよォ…」

上条「その言い方は…ちょっと…傷つくような…」

一方通行「こっちのほうがよっぽど傷ついてンだよォォォ!!///」

上条「す、すみません…」

一方通行「…プッ」

上条「な、なんだよ///」

一方通行「カッカカッカカカッカカ」

上条「何かおかしいかよ!」

一方通行「いやな…ほンとお前、謝ってばっかりだとおもってなァ…」ニヤッ

上条「…あっ」

一方通行「まぁいい、とりあえず避けなかったってことは…そう解釈していいンだなァ?」

61 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/03(水) 00:03:10.77 ID:RpMsTBko
上条「そ、それは…」

一方通行「はっきりしろォ!」

上条「な、なんで主導権を女性に握られてるんでしょうか…」

一方通行「…テメェがはっきりしねェからだろうがァ!」

上条「……不幸だ」

一方通行「て、テメェ、オレの渾身の告白を…不幸だァァァ?」ギリッ

上条「そうじゃなくて!」

一方通行「じゃあなンだよォ…」

上条「一方通行、いや鈴科さんに惚れ掛けてたのに…」

一方通行「猫被ってて悪かったなァ!」

上条「そんな惚れた女の子から告白させて…その挙句…」

上条「……女の子にキスさせるまで追い詰めるとは…」

上条「男として最大の……恥をさらしたということで…不幸だ…」

一方通行「チッ、そういうことなら早く言え///」」

上条「……ってことで…ちょっと数分前に戻ってやり直ししていいか?」
62 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/03(水) 00:07:10.36 ID:RpMsTBko
一方通行「テメェ!やっぱりなかったことにしたいっていうのかよォ!」

上条「違う!」

一方通行「なっ…」

上条「…あー、ゴホンッ…」

一方通行「なンだよ…」

上条「鈴科さん…いや一方通行っていったほうがいいか?」

一方通行「好きにしろォ…」

上条「それじゃ、鈴科さん」

一方通行「オゥ…」

上条「わたくし、上条当麻は鈴科さんに惚れてしまいました…」

一方通行「…」

上条「俺と…つきあってください」

一方通行「…」

上条「…」

一方通行「はい」

64 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/03(水) 00:09:43.30 ID:RpMsTBko
上条「それと…」

すぅー

一方通行「お、おい!」

上条「これも…やり直しで」

ちゅっ

一方通行「!?」

上条「…」

一方通行「…」

っぱ

上条「…ふぅ」

一方通行「///」

上条「これで、勘弁してくれ」

一方通行「///」コクンッ

-打ち止め「ミサカ泣きそう」

-黄泉川「どうした!アイツ振られたのか!!!」

68 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/03(水) 00:14:11.70 ID:RpMsTBko
芳川「あの子が振られるとしたら私達は終りじゃ…」

打ち止め「ううん、違うってミサカはミサカはいう」

黄泉川「だったら…」

打ち止め「一方通行…いま凄く喜んでるよ…」

芳川「ということは…」

黄泉川「おい!」

打ち止め「うん、一方通行の告白成功したよ」

芳川「やったわ!」

黄泉川「よーし!今日はお祝いじゃん!」

打ち止め「えへへ……これで私にパパができるかなぁってミサカはミサカは未来への淡い希望を抱いてみるよ」

………

……



一方通行「そ、そのよ…そろそろ…はずかしいンだけど…離してくれねェか///」

上条「あっ…ごめん」
69 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/03(水) 00:18:34.86 ID:RpMsTBko
ばっ

一方通行「ったく、いつまで抱きしめてやがンだよォ…///」ブツブツ

上条「ちょっと、余韻に浸って…」

一方通行「余韻なンかどうでもいいだろォ!」

上条「だってよ…」

ちゅっ

一方通行「き、キスくらいなら、何度でもしてやるぞォ…///」

上条「す、鈴科…!?」

一方通行「た、ただし…!!」


シーン


一方通行「そ、それ以上のことはまだダメだかンなァ!!」

上条「そ、それ以上のことって!?///」

一方通行「ダメだかンな!///」カァァ

上条「…わ、わかった///」カァァ
70 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/03(水) 00:23:31.74 ID:RpMsTBko
一方通行「それよりも、お前ペットの餌…いいのかァ?」

上条「や、やばい!」

一方通行「…ったく」

上条「まぁ…今日くらいは…遅れてもいいか…」

一方通行「今度ォ、何かもっていってやるよ、犬か?猫か?」

上条「あっ…」

一方通行「まさか爬虫類とかかァ?」

上条「あははははっは」

一方通行「なにかっていやがンだよォ!」

上条「まぁ、犬みたいなやつ…」

一方通行「みたいなヤツだァ?はっきりしねぇ言い方だなァ…」

上条「ま、まぁいいじゃないか…」

一方通行「まぁうちにも……変なガキが1匹いるけどなァ…」

上条「お、お互い大変だな」

一方通行「…だなァ」

72 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/03(水) 00:27:54.44 ID:RpMsTBko
上条「ところでさ、鈴科」

一方通行「アァン?」

上条「鈴科っていいかたはやっぱいやか?」

一方通行「な、なれねェだけだよォ…」

上条「それじゃ…一方通行、その格好ってさ…お前の趣味か…」

一方通行「ち、ちげぇ!!」

上条「違うのか?」

一方通行「……ちげェよ…同居人に勝手に着せられてよォ…」

上条「へぇーその人いいセンスしてるな」

一方通行「へ?」

上条「お前の肌の白さにあわせたチョイスだろ?まぁ、ちょっとそのふりふりはすごいとおもうけど…」

一方通行「に、似あうかァ?」

上条「似合うと思うぞ」

一方通行「そ、そっか…」

一方通行(おい、打ち止め!芳川!GJ!!!)
73 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/03(水) 00:31:18.97 ID:RpMsTBko
上条「たださ…」

一方通行「や、やっぱり俺には似合わねぇところあンのか?」

上条「いや、似合ってるんだけど…」

一方通行「だったらなんだよ!」

上条「そのな…怒らないで聞いてくれるか?」

一方通行「怒るようなことなのかよォ!」

上条「…かもしれない」

一方通行「……」

上条「怒るならやめとくか…」

一方通行「言ってみろォ…怒らねェから…」

上条「本当だな?」

一方通行「く、くどいぞォ!」

上条「それじゃ…いうぞ…」

一方通行「オゥ…」

ゴクリッ

77 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/03(水) 00:38:17.58 ID:RpMsTBko
上条「服じゃなくてな」

一方通行「……」

上条「その下着…確かに似合ってるんだけどさ」

一方通行「なっ!?///」

上条「黒のレースは…ちょっと……お前が女とわかってから…思い出すだけで……リビドが…///」

一方通行「な、ななななななにを…!?///」

上条「正直、我慢するのがきついくらいドキドキでした///」カァァ

一方通行「くぁx3vfbghj98」プシュー

上条「それと…そのスカート短すぎて…座るときとか歩くとき…ほとんど丸見えだったぞ…」

一方通行「…」ふらぁ~

上条「おい、一方通行!」

パタッ

上条「一方通行!一方通行!しっかりしろ!!」

-打ち止め「なるほどなるほど…とミサカは未来のパパの趣味を確認してにんまりするー」ニコッ

-芳川「私のチョイスが完璧だったってわけね!」

-黄泉川「さすが年の功じゃんか!」

-芳川「あんたに言われたくないわよ!」


一方通行告白編はおしまいです

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。