FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「ん?あずにゃん顔になんかできてるよ?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 20:43:43.27 ID:euy4Gr3N0 [1/17]
梓「あーこれですか。昨日からできてるんですよ」

律「にきびだなー、ちゃんと顔洗ってるのかー?」

梓「洗ってます!律先輩と一緒にしないでください!」

唯「早く治るといーねー、よし!早く治るようおまじないしてあげる!むちゅ~」

梓「ぎゃー!?何すんですか!?」どん!

唯「えへへ、にきび吸っちゃったw」

梓「あぁー!つぶれて出ちゃったじゃないですか~!!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 20:47:47.40 ID:euy4Gr3N0 [2/17]
唯「んぐ?口の中に何かうにょうにょしてるぅ」

律「梓のにきびの芯が唯の中で暴れ回っているのか!?」

梓「気持ち悪い事言わないでください!先輩!ハンカチです!出してください!」

唯「んぺー!!」どりゅ

もぞもぞ ぐねぐね

澪「ひぃぃ!?なんだこれ!?」

梓「何これ・・・」

唯「うわぁ!?ちっちゃいあずにゃんだ!ちっちゃいあずにゃんがのたうち回っている!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 20:50:51.87 ID:euy4Gr3N0
梓「なんなんですかこれ!?なんなんです!?」

紬「よく見ると可愛い!ケーキ食べるかな?」ひょい

梓「食べ物を与えないでください!!」

ミニにゃん「もぐもぐ」ほわわん

ズズズズズズ!

唯「あー!少し大きくなったよ!?ミニにゃん!」

梓「この生物は一体なんなんですか!?潰してイイですか!?」

律「いいわけないだろ!?お前の子だろ!?」

梓「ハゲちょっと黙れ!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 20:54:23.62 ID:euy4Gr3N0
澪「ひぃぃぃぃぃ」がくがくがくがく

梓「気持ち悪い生物、なんで私の形をしているんですかこれ!」

唯「気持ち悪くないよ~、ほら、ケーキ♪」

ミニ「タベテヤルデス」もぐもぐ

律「喋った!?声も梓そのものだぞ!?」

ズズズズズズ

紬「わー♪また大きくなった!」

ミニにゃん「唯センパイスキスキ!」

梓「!?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 20:57:58.47 ID:euy4Gr3N0
唯「えーミニにゃん私の事好きなの~////照れるな~////」

ミニにゃん「ケッコンシテクダサイ」

梓「ちょ!?こいつ黙れです!」

梓(唯先輩は私のものなのよ!?こんな生き物に取られてたまるかー!)

唯「かわいいミニにゃん!はいケーキにお茶だよー」

ズズズズズズズズズズズ

紬「ふわー!手のひらサイズになったわね!」

ミニにゃん「服、服着たい」

梓「な!?///こいつそういえば裸!!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 21:01:34.53 ID:euy4Gr3N0
唯「服かー!ちょっと待っててね!ミニにゃん!」

ミニにゃん「はいです」

がちゃ

さわ子「やっほー」

梓「!?ちょ!隠して!ミニにゃん隠してください!!」

さわ子「何それ人形?げ!?動いてる!?.....よく見ると.....梓ちゃん?」

ミニにゃん「さわ子先生こんにちは」

律「あいさつした!?」

さわ子「何これかわいい~!!」ぎゅう なでなで

梓「もう愛でている!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 21:06:35.03 ID:euy4Gr3N0
さわ子「話は聞かせてもらったわ。服が必要なのね」

唯「そうです!でも服が無くて....」

さわ子「うーん、今から作ってもねー」

紬「ねえ、ミニにゃんにもっと食べ物を与えて私たちぐらいの大きさにすればいいんじゃないかな!!」

梓「はあ!?何言ってるんですかムギ先輩!?」

唯「名案だね!!先生!私たちがミニにゃんをデカにゃんしてる間にコスプレ衣装を持ってきてください!」

さわ子「わかったわ!」たたたたた!

律「さあーミニにゃんを梓ぐらいまで大きくするぞー!」

澪「本当にやるのか・・・?」

律「おー、澪も復活か?」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 21:11:06.92 ID:euy4Gr3N0
唯「いよし!まずは大量の食べ物の用意だね!!」

紬「ケーキで残っているのはあと4個、まだ足りないわね」

律「甘いね君たち~!こんな事もあろうかとお菓子をこんなに持ってきてあるのだ~!」ずあ!

唯「律っちゃんすごーい!」

澪「ただ単に持ってきただけだろ!」

ミニにゃん「でもまだ足りないですね、もぐもぐ」ズズズズズ

律「てぇ!?言ってる間にもケーキ食べながら大きくなっていってる!?」

ミニにゃん「足らない分は水道水でいいですゴキュゴキュ」ズズズズズズズ

梓「まじでなんなんですかこの生物~!!!!」ゾゾ

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 21:14:15.76 ID:euy4Gr3N0
あずにゃん「大っきくなったです」

唯「わー!どこからどう見てもあずにゃんだー!!」

あずにゃん「はいです。まごう事なき私はあずにゃんです」

律「ふーむ、梓と並ぶと本当見分けがつかないな」

梓「くっつくな!」

あずにゃん「お姉様仲良くするです」

梓「誰がお姉様だ!!」

紬「つるつるね////」

梓「たくあんはどこ見てんですか!!!!」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 21:19:51.92 ID:euy4Gr3N0
さわ子「制服しかなかった」

律「あー。いいよいいよ!ほら!来てみろ梓!」

あずにゃん「私は梓ではないです。来てみるです」はきはき

紬「髪の毛もツインテールにしてと♪」

澪「ほら、リボン結んでやる」

唯「わー!あずにゃんそのものー!!」

あずにゃん「猫耳をつけます。これが私の完成形です」ギュピーン!

唯律紬「わー!!完成だー!」パチパチパチ

梓「何が完成ですか!にしてもほんと似てるな....」

澪「猫耳が無ければ見分けがつかない....」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 21:23:26.93 ID:euy4Gr3N0
あずにゃん「唯先輩結婚してください」

梓「!?」

律「!?」

澪「!?」

紬「!!!!!」

唯「えー!!////」

あずにゃん「この大きさになればもう問題ないです。結婚しましょう唯先輩」抱き

むちゅー

梓「こ!こらー!!!!何してんだー!!!!!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 21:26:22.94 ID:euy4Gr3N0
唯「ん.....ん.....ぬぐ!!......」

あずにゃん「ぷはぁ」

梓「唯先輩!?大丈夫ですか!?」

唯「結婚しよ♪あずにゃん♪」

梓「え」

紬「きたああああああああああああああああ!」

梓「それって・・・え////え///」

唯「あーずにゃーん!!」ぎゅううう

あずにゃん「唯先輩」ぎゅう

梓「!?」

律「そっち!?」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 21:32:27.51 ID:euy4Gr3N0
あずにゃん「律先輩と澪先輩と紬先輩は私と唯先輩の家のメイドになってください」

律「は?何を馬鹿な事言って...もがもが!!」

あずにゃん「........」ずりゅ

律「んぐ!!ごは!!ばっちいな!口に手入れるなー!!......あが....」

律「.......」

澪「お....おい律?」

律「メイドになります♪」

澪「!!?なんで!?」

紬「今....見た....その梓ちゃんが律ちゃんに口に何か入れたの!!」

あずにゃん「梓じゃないです。あずにゃんです!!」どりゅ

紬「もが!!もががが!!」

梓「先輩!!」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 21:37:32.17 ID:euy4Gr3N0
紬「が.........」

あずにゃん「よろしくですムギメイド」

紬「はい♪ご主人様♪」

律「ご主人様♪何かする事はございますか~♪」

あずにゃん「そうだなー。澪先輩を押さえて」

澪「ひぃ!?」

律「あいよ」ぐい

紬「がってんだ!」ぐい

澪「離せ!離せー!!!」

梓「何してんの!!?」

あずにゃん「さーて。澪先輩はメイドじゃなくて『変態メイド』にでもなってもらおうかな」

澪「いやだー!!!助けて梓ぁああ!!!!!」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 21:42:37.84 ID:euy4Gr3N0
梓「やめて!」

あずにゃん「どくです虫けら」

梓「虫けらはお前だ!!みんなを元に戻して!」どん!

あずにゃん「痛っ........たいなー」

梓「早く!戻して!!.........!?な!?なな!?」

唯「もー邪魔しちゃ駄目だよー!梓ちゃん♪」ぎゅううう

梓「な!?唯先輩!?」

あずにゃん「ありがとうです唯先輩、さて」

澪「ひい!?」

がぽ....ずにゅにゅ

梓「とっておきの変態メイドの誕生です」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 21:46:21.41 ID:euy4Gr3N0
梓「あぁ・・・先輩方が・・・」

律「ごしゅじんちゃまー♪」

紬「やっぱゆいあずですよねご主人様ー♪」

澪「はぁ////はぁ/////くにゅぅぅぅん!!!!」ビクンビクン

梓「あぁぁぁぁぁぁ」

唯「あずにゃん♪」むぎゅ!

あずにゃん「てんぱい♪」ぎゅうう

梓「みんなが....みんなが.....」

あずにゃん「!何泣いてるの?w」

梓「うぅぅ....なんなんだお前ぇ....なんなんだよー!」

あずにゃん「何ってあずにゃんだけど?」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 21:51:03.84 ID:euy4Gr3N0
あずにゃん「この際だから教えてあげる、正確に言うと私はあんたの欲望の固まりなの」

梓「へ?」

あずにゃん「だからあんたが望む事をあたしがやってるだけ」

梓「こ....こんな事望んでない!!」

あずにゃん「あんたが望んでなくてもあたしは望んでるから」

あずにゃん「あたしはあたしの為にやっただけ!!あははははははは!」

梓「皆を元に戻して.....」

あずにゃん「ふふふ。そろそろあんたを取り込んで完全体になるとしようか」

梓「!!!???」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 21:54:22.47 ID:euy4Gr3N0
梓「いや!!いや!!!」

あずにゃん「ふふふ、うふふふ」

梓「ちょ....唯先輩!離してください!!」

唯「えー、駄目だよー梓ちゃん」

梓「何言ってんですか!」

唯「あずにゃんの言う事聞かなきゃ駄目だよ?梓ちゃん?」

あずにゃん「そうだよー。あはははは」

梓「しが......」

あずにゃん「さあ私と一つになりなさい」ずずず

梓「私があずにゃんでしょ!!!!唯先輩!!!」

唯「!!!!!!!!」ぱ


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 21:57:49.99 ID:euy4Gr3N0
梓「!!うおおおおおお!!」

あずにゃん「ちょ!何手離してんですか唯先輩!!」

唯「だって、あずにゃんはあなたじゃないから・・・」

あずにゃん「く.........」

梓「うおおおおおお!!」ずどむ!!!

あずにゃん「ひゃあああ/////何してんのぉ!!?////」

梓「あんたは食べ物を吸収するたびに大きくなる!水道水をお尻の穴から入れ続けて限界まで大きくしてやる!覚悟して!!」

あずにゃん「ちょ......まじでやめろ」

梓「うおおおおおお!!!!!!!!」きゅきゅきゅきゅ

ぶしゅううううううううう

あずにゃん「ふああああああああああん////////////」ズズズズズズズズズ

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 22:02:30.37 ID:euy4Gr3N0
あずにゃん「おご!おごごごご!!」むくむくむくむく

梓「そのまま破裂しちゃえええええええ!!!!!」じゅおおおおおおおおおおおお

あずにゃん「ちきしょお!ちきしょおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!」

ぶばん!!!


ぶばんん!!!!!!!


ぶしゅあああああああん!!!!!!!

梓「きゃあああ!!」

ざああああああああ!!

ミニにゃん「うぅぅ」くねくね

梓「はぁはぁ.....破裂した....」

ミニにゃん「クソッタレデス!逃ゲテヤルデス!!ウワ!!」ずる

ぼしゃん!!

ミニにゃん「ココハ....水ノ中!?シメタデス!コレヲスッテマタオオキクナルデス!!」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 22:06:06.22 ID:euy4Gr3N0
トンちゃん「......」

ミニにゃん「ちょ....トンちゃん!?いやトンさん...」

すいー

トンちゃん「アー」

ミニにゃん「おい、餌じゃねえぞ、まじやめ」

トンちゃん「ぱく」

ミニにゃん「アッー!!!!!!!!」




梓「終わった.....みなさんは!?」

唯「うぅ....」

律「ごほ!ごほ!」

澪「うーん」

紬「キマシ....タワ....」

梓「みなさん!!」


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 22:10:43.13 ID:euy4Gr3N0
梓「みなさん!!大丈夫ですか!?」

唯「あずにゃん、何がどうしたの?わ!部室が水まみれ!?」

梓「よかった!正気に戻ったんですね!!唯先輩!」

律「おいおいなんで水浸しなんだー?」

梓「律先輩!!」

澪「わー!?なんだこれ!?水が!!部室がぁ!!」

梓「澪先輩!!」

紬「梓ちゃん何かあったの?」

梓「ムギ先輩....いえ!何もなかったですよ!」

梓(みんなが....みなさんが元に戻ってくれた!!)

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 22:16:36.24 ID:euy4Gr3N0
数日後

梓「先輩!ケーキ食べたら練習ですよ!」

唯「わかってるーもぐもぐ」

梓「・・・・・」

あの時のもう一人の私は何だったのだろう

ニキビからできたあの化け物は私に何を伝えたかったのか

今の私には理解できない

けど。二度とあんなものを作り出さないように

私は我慢しないようにしようと思う!!


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 22:18:25.52 ID:euy4Gr3N0
梓「.........」スチャ

唯「あずにゃん!むちゅー!」

律「梓様!なんなりとお申し付けくださいませ!」

紬「律澪もいいわー!ご主人様♪」

澪「しゅごい!しゅごぃ!!」ぷしゅあああああ

猫耳を付けると先輩達は私のモノになる

きっとあの化け物に植え付けられたモノが先輩達に残っていて

この姿を見るとまた発動してしまうのだろう

梓「ふははは!ふにゃあああああああん!!」

そして私はあずにゃんを我慢しなくなったのであった


終わり


コメント

No title

これ確かグロいブツブツの画像貼られてたな

No title

ヤッテヤルデス

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。