FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁書「おなかすいた」青ピ「……なんや?」

501 名前:V1PにかわりましてGEPPERがお送りします [sage] 投稿日:2010/08/15(日) 20:26:18.39 ID:wJgQ2Cw0 [2/4]
青髪が人気だ。
ということで上条→青髪の奴の導入書いてみた。



この物語に、


かみじょうとうま
幻想殺しの少年は登場しない。



あるのは、悲劇と、惨劇と、絶望と――



――――――ホンの少しの、希望。


502 名前:禁書「おなかすいた」青ピ「……なんや?」[sage] 投稿日:2010/08/15(日) 20:27:20.58 ID:wJgQ2Cw0 [3/4]
「ん~、ベランダに落下型ヒロインでもやってこぉへんかな~」

とあるパン屋の一室で、一人の青い髪の男が、悶えていた。
女性ならともかく、背の高い男がくねくねと悶えているその姿は、正直キモチワルイ。

彼の名は、青髪ピアスこと、青髪 純明日(あおがみ ぴあす)。
渾名が名前をそのまま引用しているのは、彼の容姿が青い髪で、ピアスをしているから。ただ、それだけの話だろう。
そんな彼が通っているとある高校は、最低辺とも言える高校だ。最高でも、レベル2くらいしかいない。

だが、彼自身はこの学園都市の最高峰――レベル5、第六位だ。
何故彼が、レベル5の第六位がそんな最低辺の高校に通っているのか? それは彼の友だちが大いに関係しているのだが、それは後々話そう。

彼の有する能力は、[ピーーー]。
[ピーーー][ピーーー][ピーーー][ピーーー][ピーーー]、というのが大まかに彼の能力を説明することになるだろう。
だが、そんな[ピーーー]な能力で、何故第六位に甘んじているのかは、彼の能力の性質そのものにかかわってくる。
彼の能力、[ピーーー]は[ピーーー][ピーーー][ピーーー]という性質の為、[ピーーー][ピーーー][ピーーー]で、第六位となっているのだ。

今までは平和に、波風も立たない生活を送ってきた。超能力者とは思えない、いたって普通な生活だ。

  げんそう
その 生活 は、とある一つの出来事に殺されることになる。

ガタッ、と。窓の方から物音がする。強盗か? と怪しんだ彼は、手に能力である[ピーーー]を発生させる。
そしてその窓ガラスを――開けた。それが彼の転換点になるとは、毛ほども考えてはいなかった。

ベランダの欄干には、白い何かが引っ掛かっていた。
それはもぞもぞと蠢く。人のようだ。そして、顔を上げたその白いのは、こう口を開いた。

「おなかすいた」

「……なんや?」

503 名前:禁書「おなかすいた」青ピ「……なんや?」[sage] 投稿日:2010/08/15(日) 20:29:56.27 ID:wJgQ2Cw0 [4/4]
上琴大好きなので
御坂美琴→心理掌握になる

Tag : とあるSS総合スレ

コメント

No title

これじゃ第6位の能力がわからねぇだろ

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。