FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹「お兄ちゃーんチンポ舐めさせてー」3

妹「お兄ちゃーんチンポ舐めさせてー」

妹「お兄ちゃーんチンポ舐めさせてー」2

634 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 15:35:20.55 ID:tiVHXj1iO [3/42]
俺達が付き合い初めて約一ヶ月、俺達はついに

妹「こ、これがお兄ちゃんのチンポ・・・」

兄「ちょっ、ちょっと恥ずかしい・・・なw」

ここまで辿り着いた

初えっちまでに一ヶ月という期間が遅いと感じる奴も、早いと感じる奴もいるだろう

本来チキンな俺が普通の子と付き合っていたなら、こうなるのにもっと時間がかかったはずだ

しかし

妹「・・・(あぁ、お兄ちゃん可愛いよお兄ちゃん)」

兄「あ、あんまりジロジロ見ないでもらえます?」

妹「あぁん、ごめんねっ・・・ではペロペロしようと思いますがその前に!」

相手はこのド変態、あの手この手で俺とシようとしてくる・・・

一ヶ月という期間は我ながらよくもった方だと思う

635 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 15:41:13.53 ID:tiVHXj1iO [4/42]
兄「?」

妹「お兄チンポさん何気に初めましてだね、私はあの手この手で必死であなたをしゃぶろうとしてきたのです」

兄「おい」

妹「あなたを、あなた・・・あぁあ!!あなたを!!どれだけ夢見たことか!!」

兄「さっそく壊れた」

妹「この日の為だけに私は生きてきた!きゅうりでもバナナでも挙げ句ゴーヤでも練習した!!しゃぶり続けた!!」

兄「お前の事だから、もはや練習は間違ってるとは言わないが、ゴーヤは間違ってるぞ絶対に」

637 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 15:53:07.09 ID:tiVHXj1iO [5/42]
妹「あぁチンポさんチンポさん!私の、私だけのお兄チンポさん!!!」

兄「人はこれを狂気と言うんだろうか」

妹「もっももう、もう無理!!!もう我慢出来ねーわヘヘヘヘwww」

兄「なに!?今度はなに!?」

妹「その健やかなる時も~病める時も~喜びの時も~富める時も~貧しい時も~」

兄「人ってここまで壊れること出来るの?」

妹「これを敬い~これを慰め~これを助け~その命ある限り、兄のチンポさんをしゃぶり尽くすと誓いますか?」

638 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 15:58:36.62 ID:tiVHXj1iO [6/42]
妹「はい誓いますジュボジュボジュボチゥウウウ~~~ジュボジュボペロペロ」

兄「はぁん!!ちょっ!!童貞だからやばい!!もうイキそう!!てかお前上手ぇええ!!」

妹「へっ、はひっ?チュゥウウウ・・・ご、ごめん!いたかった!?」

兄「違う!気持ちいい!もうヤバイ!」

妹「ぁは!wありがとうゴーヤさんwチュ・・・wジュボジュボジュボジュボ」


兄「ゴーヤ関係ねぇ!ちょっ!!出そうストップストップ!!」

644 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 16:05:06.38 ID:tiVHXj1iO [7/42]
妹「らひれ?シコシコ、チュウチュウ、レロレロ、シコシコ、チュウチュウ」

兄「出したらだめ!ちょっマジやべ!!気い狂いそう!!wwちょっ!ダメダメ!!」

妹「チュウゥウゥゥウウウウ、ポンッ!なぁに?」

兄「はぅっ!・・・もうヤバイから、ハァハァもう十分濡れたから!・・・これ以上続けると最後までもたない」

645 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 16:06:30.58 ID:tiVHXj1iO [8/42]
妹「え?そんなに・・・そんなに私のペロペロよかった?」ジュワァ

兄「うん、こんな気持ちいい事あるなんて知らんかった」

妹「ぁあん・・・えっち・・・ペロペロ」ビショビショ

兄「舐めるなwだからもうさ・・・そろそろ」

妹「な・・・なに?」ドキドキ

646 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 16:10:39.07 ID:tiVHXj1iO [9/42]
兄「い、挿れるぞ・・・」ドキドキ

妹「う、うん」ドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキ


ピトッ


妹「はぁん、チンポ・・・夢にまで見たお兄ちゃんのチンポと私のマンコがごっつんこハロー・・・」ビショビショ

兄「お前、余裕すぎるのか全く余裕ないのかハッキリしてくんない?」

647 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 16:17:08.54 ID:tiVHXj1iO [10/42]
妹「あ、aa、あ、Please fuck my pussy hardly!!!!!!!!」

兄「・・・なんで急に英語なの?めちゃくちゃ発音いいし」

ニュル

妹「YES・・・YES!・・・YES!!!!」

兄「おいやめろ、洋モノノリやめろ」

妹「YES!」

兄「イエス!じゃねーよ!」

妹「No No No・・・YES!」

兄「今発音の良し悪し関係ねーがら!」

妹「Fuck me!!!!!!」パチンっ

兄「なんで一発自分のケツシバいたの!?もしかしてこのまま洋モノノリ続くの!?初めてなのに!?それいやだ!!」

648 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 16:21:15.33 ID:tiVHXj1iO [11/42]
兄「も、もういいや挿れよう・・・」

ヌリュッ

兄(あ、ヌルッヌルだから意外にすんなり先っぽ入った・・・このまま奥まで・・・)

兄「おい、大丈夫か?痛くないか?」

妹「わまやはやまはやらゅだかき〇㊦㌣↓♀∞♂×》♀」ビショビショビショビショ

兄「なんて?」

649 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 16:26:22.10 ID:tiVHXj1iO [12/42]
妹「ひいぁ・・・だ、た゛だだ大丈夫だよ、そのまま奥まで挿れて・・・・」ビクッビクッビクッビクッビクッ

兄「お、おう・・・やっと日本語喋ってくれたんだね」ドキドキドキドキドキドキドキドキ

ニュー・・・

兄(あ、入った、入った・・・全部入った、やべぇ気持ちいい・・・)

兄「おい、全部入ったぞ・・・」

妹「イっぐぅう゛うううううぅああああああ!!!!イっだぁああああぁ!?!」ビシャァー

兄「え」

妹「びゅなはゃだにはだ」ビクンビクンビクンビクン

兄「これヤバくない?」

651 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 16:29:56.02 ID:tiVHXj1iO [13/42]
妹「イ、イっしゃった・・・ご・・・ごへんなしゃい・・・」ビクンビクン

兄「お、おう・・・」

兄(女って挿れただけでイクもんなの・・・?)

兄(いや、イかねぇって普通!俺童貞だけどそれは分かる!)

妹「ふゃ・・・ひゃー・・・おにぃしゃん・・・きらいになりゃないれ」ビクンビクン

兄「いや、ならねーけど・・・」

妹「ふぁー・・・ヒュー」ビクン

兄(コレどうしたらいいの?多分童貞でなくてもわかんねーぞ)

653 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 16:33:30.94 ID:tiVHXj1iO [14/42]
兄「ちょっと・・・ヤバそうだからいったん抜くぞ・・・」

妹「あっ!!でゃめ!!!」

ガシッ!!!

兄「ちょっおま」(足でロックしてきやがっ)

妹「あ゛ぁあぁあいああ!!!また、イっだぁああ!自分でイラン事しだがら刺激でまだイっだぁああ!!!」ビシャァー

兄「なにコレ、妖怪イキ女?」

656 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 16:37:18.22 ID:tiVHXj1iO [15/42]
妹「ひゃー・・・にゃー・・・だゃめなの・・・」ビクンビクン

兄「え?」

妹「ちょっろれも・・・ひげきはれたら・・・またイクの・・・」ビクンビクン

妹「らから・・・ぬくのはらめ・・・それれまらイっしゃう」ビクンビクン

兄「・・・」

妹「もうこれいりょうは致死量かくし゛ちゅ・・・」

兄「・・・」

妹「死にらくない・・・おにいひゃんに・・・殺されらくない・・・」

兄「おい、死ぬなよ!!?大丈夫だ!!いいか、絶対動かねーから!!死ぬんじゃねーぞ!!」

妹「う・・・うれひぃ・・・」ビショビショビショビショ

兄「・・・」

兄「あれ、これセックスだよね?」

657 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 16:42:48.21 ID:tiVHXj1iO [16/42]
妹「きもひぃ・・・なぁにこれ・・・」ビショビショビショビショ

兄「い、意識が朦朧としてやがる・・・」

兄(でも、コイツの体・・・すげぇ綺麗だな・・・)

兄(ダメだダメだ!コイツをみたらダメだ!コイツを考えるのも禁止!!)

兄(じゃないと・・・俺も実は動いてないのに凄くヤバイ!童貞だから!)

妹「にいひゃん・・・あいひてる・・・」ビショビショビショビショ

兄(いらん事言うなぁああ!!こっちは童貞なんだぞぉおお!!)

666 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 17:48:06.22 ID:tiVHXj1iO [17/42]
さるさん絶対おかしいよねコレ
だんだん判定厳しくなっていってる気がするよね

一気に終わらす予定だったのにボケぇ!
お洒落なLIVE感を大事にしたいんじゃコラっ

じゃあまたさるさん食らうまで落としていきまーす

668 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 17:50:45.02 ID:tiVHXj1iO [18/42]
兄(この状況を打開するための唯一の方法それは!!)

妹「・・・おにいひゃん・・・?」

兄(俺の股間の44口径マグナムを、ビー銃にランクダウンさせる事!!)

兄(そして・・・コイツの膣内の摩擦が小さくなったところを一気に引き抜く!!)

兄(あ、コイツの膣内とか考えたからまた、一歩ヤバくなった)

兄(落ち着け落ち着け・・・そして・・・落ち着いたところで・・・)

兄(すかさずあの時のパンツ泥棒を思い浮かべる!!!!)

兄(あ、妹のパンツ持ってる・・・)

兄「うわぁああああ!!!」
妹「ひぃっ!!」

669 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 17:53:46.54 ID:tiVHXj1iO [19/42]
兄「フーッ!ハーッ!・・・」

妹「お・・・おにいひゃん?」

兄「ヤバかった・・・今のはヤバかった」ハァハァ

妹「お、おにいひゃん・・・」

兄「・・・」チラッ

妹「ら・・・らいじょーう・・・?」

兄(か、可愛い!!!!!)

ピクッ

妹「はぁああああああん!!!チンポピクつかせないでぇえええ!!!まだイっだぁあああ!!!!」ビシャァー

兄「ヤバイ俺ら今日で死ぬ」


672 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 17:57:56.98 ID:tiVHXj1iO [20/42]
妹「おにいひゃん恐い・・・殺す気ら・・・おにいひゃんわらしを殺す気ら・・・」ビクンビクンビクンビクン

兄「そ、そんな事するかよ・・・」

妹「・・・ふぇ?」ビクンビクン

兄「なぁ・・・」

妹「はひ・・」ビクンビクン

兄「俺は今からチンコ縮小させます、なぜならお前の命がかかってるから」

妹「はひ」ビショビショビショビショ

兄「その為に俺は今から今日会った、ワキがのオッサンを想像する」

兄「だけど、それだけじゃダメだ・・・お前の協力が必要だ」

妹「へ・・・?ひょうりょく?ひょうりょくふる・・・まら死にらくない」

674 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 18:01:50.34 ID:tiVHXj1iO [21/42]
兄「俺は今な、お前の声を聞くだけで正直チンコがヤバイ」

妹「あ゛ぁっ!!」

兄「え!?」

妹「ハァッハッ・・・あ、あぶらかっら・・・そんらエッチなころ言わらいれ・・・ホンろにもう死んしゃう」

兄「お、おおうスマン」

兄「でな、だから・・・お前はもう今から一切声出すな・・・いいな?」

妹「・・・ハァハァ・・・」プルプル

兄「大丈夫だ、俺を信じろ!」キリッ

妹「かっこイイイクぅうう゛うううっあぁああ!!!!」ビシャァー

兄「やっちまった!!やっちまった!!」

676 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 18:06:04.48 ID:tiVHXj1iO [22/42]
妹「リャー・・・ハャー・・・」ビクンビクン

兄「お、おい・・・大丈夫か・・・?」

妹「この・・この・・・殺人はん・・・チンポで殺人はん!」ビクンビクン

兄「ち、ちがう!今のはマジでちがう!」

妹「殺されるんら・・・わらし、おにいひゃんにチンポで刺し殺されるんら・・・」ビクンビクン

兄「もう喋るな!!頼むから!!」

妹「フャー・・・ヒュー・・・」ビショビショビショビショ

兄(瞑想瞑想・・・そしてあのオッサン!)

兄(よし、今度はいいぞ、このままだ、もはや俺にはイケない理由が二つある!)

兄(まず一つはコイツが死んじまう、これが一番重要だ)

兄(そしてもう一つは)

681 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 18:12:35.54 ID:tiVHXj1iO [23/42]
40分前

妹「いや!!絶対いや!!」

兄「ちょっと待て!!さすがにゴムは付けさせろ!じゃないとマジでヤバイッて!!」

妹「いやだ・・・いやだよ・・・やっと・・・やっとお兄ちゃんとえっち出来るのに・・・」

兄「いや、でもな?」

妹「私初めてなんだよ?・・・ずっと大好きだった人に・・・抱いてもらえるの夢みて大事にしてきたのに・・・」

兄「・・・」

妹「そんなライン生産の薄皮一枚に私の処女あげなきゃいけないの・・・?」ポロポロ

妹「お兄ちゃんに・・・そんなの無しで・・・グスッ・・・私の初めてをもらってほしい」ポロポロ

兄「・・・」

妹「・・・お願い・・・最初だけだからぁ・・・」ポタポタ

兄「これはもう負けた・・・」

妹「うっ、うぅ・・・」ポタポタ

兄「分かったよ、ただ、中に出すのだけは絶対にダメだからな?」

妹「う、うん!!」ポタポタ

683 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 18:16:54.81 ID:tiVHXj1iO [24/42]
で、今に至る

兄(それが今やどうだ・・・)

妹「・・・ピクッ・・・ピクッ」

兄(なにこの状況・・・とにかく中に出すわけにはいかないマジで)
兄(オッケー、オッサンいいよ・・・凄くいい、すごく醜い)
兄(よし、このまま・・・)

妹「・・・」ビショビショビショビショ

兄(よし!もうこれ以上ちっさくならない!!今だ!!)

妹「・・・プルプル」

兄「お、おい!今のうちに抜くぞ!!」

妹「・・・プルプル」コクっ

兄「・・・」

妹「・・・」

兄「いや、足外して?」

妹「え?・・・らめ・・・」

兄「終わった・・・確実に終わった」

686 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 18:23:15.54 ID:tiVHXj1iO [25/42]
兄「お前な!!死にたくないんだろ!?俺もヤバイんだよ!!出そうなんだよっ!!」

妹「死にらくないよぉ・・・おにいひゃんに中らしなんれされらら100回死んしゃう・・・

兄「だったら!」

妹「らめらよぉ・・・中に出さなきゃらめらよぉエヘヘ」

兄「・・・」

妹「あれ・・・?違いまひた・・・?」

兄「・・・」

兄(もう言葉で落とすしかない)

兄「なぁ・・・月並みかもしれんが、それでも俺はお前の事を世界で一番愛してる」

妹「トドメきだよぉぁ!!!言葉れトドメさひにきらよぉおお!!イぎぞう!!イぎぞう!!」ビクッビクッ

兄「違う!!落ち着け!!」

妹「ハァッハッ」

687 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 18:33:02.75 ID:tiVHXj1iO [26/42]
兄「俺は!本気で・・・お前を大切にしたいんだ・・・」
妹「・・・あっ」ジュン

兄「だから大切だから中にも出せないし、ましてや死なすわけにはいかない・・・」

兄「お前だけじゃない、俺も・・・もうお前なしなんて考えられないんだ」

妹「・・・」

兄「何があっても絶対にお前だけは守りたい」

妹「・・・」ウルウル

兄「だから、お前もホントに俺の事大切に思ってくれてるなら」

妹「・・・」 ウルウル

兄「俺のこの気持ちを守ってくれないか?」

妹「あっ・・・」ジワーッ

兄「・・・中に出すんじゃなく他のやり方でさ」

兄「お前に最後までしてもらいたいんだ・・・」

妹「・・・」ポタポタ

兄「清姫のことが大好きだから(ニコッ)」

妹「(ブワッ)お・・・おにいひゃん・・・わっ・・・わかりまひら・・・ごめんなひゃい」ポロポロポロポロ

689 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 18:37:44.15 ID:tiVHXj1iO [27/42]
兄(ふっ)

兄(ふふふ)

兄(ふはははははははは!!)

兄(出来た・・・)

兄(童貞にも言葉落とし出来た!!!!



兄(・・・あっ、そういやもう童貞じゃないんだ!だからか!)


イケメン潰しが初めて返り討ちにあった歴史的瞬間であった

690 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 18:41:15.92 ID:tiVHXj1iO [28/42]
妹「おにいひゃん・・・足、はずひたよ・・・?」

兄「ん、ゆっくり抜くぞ・・・」ドキドキ

妹「はぁい・・・」ビショビショビショビショ

兄「・・・」ドキドキ

妹「うっ!・・・あぁ」

兄「もう少しだ、我慢してくれ・・・」

妹「うん・・・あっあっ!」

兄(あと少しあと少し)

妹「あっ・・・死ぬ死ぬ・・・」


ポロン


兄「抜けたぁあああああああ!!!!」

692 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 18:44:28.07 ID:tiVHXj1iO [29/42]
兄「おい、やったぞ!やったぞ!抜けたぞ!!」

妹「あはぁ・・・わらし頑張っられひょ・・・?」

兄「うん!頑張った!偉い!偉いぞ!!」

なでなで

妹「あっ・・・エヘヘ・・・」

兄(つーかうわぁ、よく見たら、いやよく見ないでもベット終了のお知らせ)

妹「・・・おにいひゃん?」

兄(えっなんか血がついて!何コレ!!はっ!!いやいや落ち着け!コレはコイツの血だ!これだから童貞は)

兄「いや誰が童貞じゃ!!」

妹「ふぇっ!?・・・・」

兄「あ、あぁ、いやすまん・・・」

妹「おにいひゃん」

兄「・・・ん?」

妹「おにいひゃんチュウ」

兄「はいはいw」

693 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 18:49:25.74 ID:tiVHXj1iO [30/42]
妹がずっと夢みてきた事・・・

初めて二人は本当の意味で身体を重ね合わせた

決して初夜は成功だったとは言えない

しかし

妹が思い止まればまだ二人でイチャつける

そのためにはまだ死なすわけにはいかない!!

俺の想いがきっと妹に届く!!

その思いで妹に口づけをした兄の判断は



チュッ



妹「あるぁん」ビシャァービシャァー!!!!

逆効果だった


自分の愛液に染まった兄の愛情の篭った口づけが

妹の心を折った

699 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 19:08:54.55 ID:tiVHXj1iO [31/42]
ごめん!ちょいと出かけてきます!

703 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 19:38:57.07 ID:tiVHXj1iO [32/42]
兄「ーーーー!!!!!!!」

兄の咆哮は不吉な全てを含んでおり
その姿を確認した時には
兄の顔は涙で覆われていた

兄「うぉおおおおオお!!!」

妹「・・・」ビクッ

兄「息がある!!だが・・・チクショオ早くしないと妹が!!間に合わねぇ!!とても病院までは妹がもたねぇよ!!」

兄「・・・いや、大丈夫・・・!!俺が妹を救う!!」

兄「どうやって?決まってる・・・俺の精子を召し上がっていただく、それだけの事・・・!!」

兄(コイツの口に無理やりチンコ捩込ませ)

兄「さぁ俺の子種達よ!!隅々までゆきわたり妹を犯せ!!」

グリグリ、シコシコ、ピュッビュッ!!

兄「あっ!気持ちいい・・・じゃなくて!ちょっ!出過ぎ!!出過ぎ!!」

妹「うぐっごはっ!ゴホッ!ゲホッ!!」

兄「・・・いかがですかご気分は・・・?」

妹「えもいえぬ美味・・・極楽の空気を吸うがごとく・・・兄の精子臭がみるみる満ちていくのが分かる・・・まさに妖精の宴・・・」

704 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 19:40:26.66 ID:tiVHXj1iO [33/42]
兄「それは宜しゅう御座いました、存分にお召し上がりくださいませ、たっぷりと用意しております!!」

シコシコシコシコ!!ピュッビュッ!!

妹「たま、ゲホッゴホッ・・・たまらぬ・・・この味を知ってしまっゴハッ!!ちょ、ちょっと量多い」

兄「あ、すいません」

妹「この味を知ってしまってはもう・・・他の物は食えぬ・・・ではないか」


兄「はぁああぁうっ(ああ、妹・・・妹!!妹!!妹!!もうこれ以上私を!!歓びの天空へといざなうのはおやめ下さい!!もう!!おっおっおおおおおお)ビクンビクン」

シコシコシコシコシコシコシコシコビュッビュッビュッビュッビュッ

妹「まさ、ゴハッ!ゴホッゴホッ!ゲホッ!!・・・まさに、ゲホッゴホッ!!・・・まさに渾身の、ゴホッゴホッ!!ちょ喋らせて、このままでは本当に死ぬ」

兄「はっ」

妹「まさに渾身の一品と断ずるに疑いの余地は皆無、足りぬもっとだ・・・!!ありったけ出して参れ・・・」

兄「おおおおおお、ハイッ、我が妹!!!喜んで!!」

707 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 19:43:10.09 ID:tiVHXj1iO [34/42]
30分後

妹「で、結局私の意識が朦朧としてる間に、一ヶ月溜め続けた精子全部だしちゃった・・・と?」

兄「・・・うん」

妹「・・・」

兄「・・・すまん、お前を助けたい一心で」

妹「・・・私に最後までして欲しいんじゃなかったっけ?」

兄「で、でもお前に最後までしてもらったようなもんだし」

妹「・・・」

兄「うっ・・・」

妹「で・・・感想は?」

兄「え?」

妹「私の口にその臭チンポ捩込んでひねり出しまくった感想は?」

兄「さ・・・」
妹「・・・さ?」

兄「最高に気持ちよかったです・・・」

妹「あんっ(今の濡れた!!めっちゃ濡れた!)」

708 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 19:48:19.57 ID:tiVHXj1iO [35/42]
兄「・・・?」

妹「ま、まぁ今回は私の方が悪かったし・・・お兄ちゃんも私を助ける為にやってくれたんだもんね」

兄「うん・・・」

妹「w・・・ねぇ」

兄「ん?」

妹「私の顔面精子で覆い尽くされてるんだけど、臭いんだけど」

兄「ご、ごめん!!すぐに洗おう!!」

妹「ち、違う!!ちょっと待って!!違うの!!」

兄「え・・・?」

妹「これ全部保存しときたいんだけどいい?」

兄「え・・・何で?」

妹「そ、その、お兄ちゃんいない時とかに、オカズに・・・使いたい・・・かな・・・とか」

兄「・・・お前・・・俺には精子溜めてとか言っておいて」

妹「ごめんやっぱウソ」

710 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 19:53:41.74 ID:tiVHXj1iO [36/42]
兄「あぁ!あぁ!」
妹「え?」

兄「好きにしろよこの変態w・・・ったく(ニコッ)」

妹「あんっ」ビショビショビショビショ

兄「あ!またお前水分を大量に失って!!そ、そうだ!ポカリポカリ!!たまたま今朝散歩中に買ったのがある!!」

妹「ハァハァ・・・ごめんなさい」ゴクゴク

兄「ったく」

妹「ごめんお兄ちゃん」

兄「はいはい」
妹「そうじゃなくて・・・」

兄「ん?」

妹「今日からお兄ちゃんオナニーと私に優しく微笑みかけるのとイケメン顔でカッコイイ事言うの禁止」ゴクゴク

兄「お前は暴君か」

妹「私だって・・・そんなの凄くキツイけど、お兄ちゃんにそんな童貞から大きく逸脱した事されたら」

妹「死にます・・・」ゴクゴク

兄「ムカつくから今ポカリ飲むな、それと精子拭け」

712 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 19:59:56.97 ID:tiVHXj1iO [37/42]
兄「とにかく!言いたい事はいろいろあるけど、一番言いたいのは・・・」

妹「ん?」

兄「俺だけ他の人と童貞の捨て方違うの?」

妹「あのね・・・お兄ちゃん・・・」ゴクゴク

兄「な、なに?」

妹「童貞は捨てるものじゃない、捧げるものなの」

兄「いや、そんな言葉遊びいらねーから」

妹「まず、それを分かってない時点であなたは童貞なの」
妹、兄「心のね」

妹「っ!!」

兄「だろ?ww」
妹(何て出来る童貞なの!?)

兄「どーせ、んなくっだらねぇ事言うと思ったわwwwバーカwwww」

妹「あ!はい!今のその人を小バカにした感じ、間違いなくアナタ童貞+7ぁ!」

兄「いやお前無理して変な設定作んな」

妹「え」
兄「そして精子拭け」

713 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 20:04:15.04 ID:tiVHXj1iO [38/42]
兄「で、どうすりゃ俺は童貞捨てれるの?」

妹「うーん、まず心の底から互いを愛する者どうしが互いの合意の下、それをちゃんと捧げた物こそが本物の・・・」

兄「え、じゃあ俺童貞じゃないじゃん」

妹「えっ」

兄「お前という世界で一番愛する人に捧げたものなんだから」

妹「はっはぁっ、ちょっちょっ!!」
兄「なぁ、違う?ちゃんと大好きなお前も合意をくれた・・・嬉しかった」

妹「やめっ!くはっ、はっ、らめっ」
兄「それとも何?もしかして、お前はホントは心の底から俺を愛してなかったって事?」シュン

妹「やめで、く゛わっ、にゃあおー!ぎもぢいい゛」ビショビショビショビショ
兄「こんなにも俺は愛してるのに、この気持ちは俺の一人よがりだったのかよ!」

妹「童貞じゃなくなっだ!!童貞じゃなぐなっだ!!だっだ今アナタは童貞じゃなぐなっだぁ゛あ!!」ビショビショビショビショビショビショビショビショ

兄「そっかwよかったwははははははwwwww」

妹「ずごい、すごい・・・ごんなの、確実に童貞の所業じゃな゛ぃ・・・」

兄「ははははははははははwww」

妹「がくじつに非童貞を超えだ童貞・・・」

兄「wwははh・・・うん、いい加減予想はしてた・・・精子拭かないの?」

714 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 20:09:30.13 ID:tiVHXj1iO [39/42]
兄「はぁ・・・もうさ・・・疲れた」

妹「え?」

兄「もういい・・・」

妹「え?」

兄「・・・」

妹「え!?ちょっ何がっ!!!?え、嫌だよ!!!私お兄ちゃんと!!!絶対嫌だ!!!」


兄「何お前急に慌てふためいてんの?そんな童貞、非童貞みたいな、ただの飾りどうでもいいっつってんだよ」

妹「およ?」

兄「もう何回でもいい、お前の気が済むくらいヤるまで俺は童貞」

妹「あ」

兄「もうそれでいい・・・」

妹「あ゛おぉお゛おお!!フラれるどおも゛っだら一転じて、ごの人わだしを1万回犯ず気だぁああ!!」ビショビショビショビショ

兄「あ、俺一生童貞だ、もうそれでいいから精子拭けよ」

716 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 20:12:50.61 ID:tiVHXj1iO [40/42]
妹「お、お兄ちゃん・・・」ジワーッ

兄「んー?、んっ!?」

妹「うっ」ポロポロ

兄「え!?え!?」

妹「うわぁぁああああん」ポロポロ

兄「ちょっ!!まだ何もしてない!何もしてない!!お前の崩壊に起因する事まだ何もしてない!」

妹「うっ・・・うぅ・・・ヒック・・ふられると・・・グスッ」

兄「え?」

妹「フラれると思っだ!!ブバベブド!ブバベブドボモッダ!ボモッダぁ゛ぁ゛あ゛ぁ゛ぁああ゛!!う゛ぁああああ゛ぁぁあ゛!!!」

兄「後半デスメタル歌ったの?精子つけたまま」

717 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 20:14:02.50 ID:tiVHXj1iO [41/42]
妹「ごめ゛ーん!!」

兄「いやwまずふるって考えすらお」

妹「意地はってごべーーーん!!!」

兄「・・・」

妹「おれが悪がったァーーー!!!!今更みっともねぇんだけども!!!」

兄「・・・」

妹「おれ゛変態をやめるって言ったけど!!!あれ・・・!!!取り消すわ゛けにはいかねぇがなァー!!!」

兄「うん、そんな事言ってなかったし、出来るなら取り消すな」

妹「ダメ゛かな゛ァー!!!・・・頼むからよ、お前と一緒にいさせてくれぇ!!!」

兄「勿論そのつもりだけど、とりあえずふざけてるのかふざけてないのか教えて」

妹「もう一度・・・!!!おれのマンコに入れてくれ゛ェ!!!!」

兄「あ、コレふざけてるね、絶対ふざけてるね、精子付けたまんまの時点で既にふざけてるけどもね」

759 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 01:30:59.95 ID:zoqYvlDFO [2/24]
~10分後~

兄「お前のはやとちりヤバイって」

妹「ごめん好き」

兄「大体もう今更お前に何されようと俺からは絶対別れねぇよ」

妹「嬉しい好きっ」

兄「仮に別れる方法があるなら、それはお前から俺を振るしかねぇよ」

妹「そんな事絶対しない好きっ!」

兄「・・・俺も絶対別れたくねぇし」

妹「絶対そろそろ崩壊する好き」

兄「正直、俺お前にフラれたらおかしくなりそうな気がしてならない」

妹「私を独占して好きっ!!ベッドに括り付けて動けなくして好きぃいっ!!動けない私に口移しで食事を楽しませて好きぃいいっ!!!!」

兄「最悪語尾はそのまんまでいいから精子は拭け」

761 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 01:35:34.38 ID:zoqYvlDFO [3/24]
兄「お前今日一日で一生分壊れたんじゃね?」

妹「だって・・・お兄ちゃんかっこいいんだもん・・・」ゴクゴク

兄「・・・変態により一層磨きがかかってるよな」

妹「あ!そうだこのペットボトルに兄ちゃんのアホ汁溜めこもーっと♪(ニコニコ)」

兄「お前ホント可愛いよな、顔も声も身体も動きも・・・言ってる事がそれを全部おじゃんにするくらい最低だけど」


762 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 01:37:28.04 ID:zoqYvlDFO [4/24]
妹「よーし、空になったからこれに精液入れてかないとっ♪」

兄「・・・」

妹「・・・」さわさわ

兄「・・・」

妹「精液固まっとる・・・」

妹「指ですくいとれない・・・」

兄「・・・ずっと俺は忠告してきたぞ」

妹「あぁん!いやん、お兄ちゃんの精液が私の顔面から離れたがらないわぁん」ビクッビクッ

兄「ぎ、逆に喜んでやがる・・・」

妹「そこまでして私の顔面を犯していたいのねぇん」ビショビショビショビショ

兄「いや、そこまでしたのはお前だから」

763 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 01:39:59.53 ID:zoqYvlDFO [5/24]
兄「もう、諦めろ・・・散々放置したお前のミスだよ」

妹「・・・うん」

兄(めちゃくちゃヘコんではる・・・)

兄「その・・・またさ、次俺が出した時に保存したらいいじゃん、な?」

兄(ちょっと待て)



何俺普通に保存を薦めてるの






764 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 01:44:05.61 ID:zoqYvlDFO [6/24]
妹「そうだよね・・・お兄ちゃんありがとう(あ、口の周りの精子はナメ取れそう)」

兄「お、おう・・・保存するんだ・・・」

妹「当たり前でしょ、お兄ちゃんの精子に私の生死がかかってると思って」ペロペロ

兄「いや察するに生死はかかってないが、確かに精子はかかってる、それをさらに精子と生死で「かかる」という言葉で対立させる事
によって生み出される縦横無尽の絶妙かつ濃厚な無限のハーモニー、それは一見近寄り難い孤高の威光を放ってるかの様にも思える

突き詰めるならばつまりこうだ」


妹「・・・」ペロ


兄「ちょっと面白かった」

妹「お兄ちゃんの精子おいしぃいいい!!!wwwwwww」

兄「あ、ちょっとキレそう」

765 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 01:47:31.85 ID:zoqYvlDFO [7/24]
兄「お前もう精子洗い取るぞ!」

妹「え、ちょっと待って!」

兄「あ?」

妹「洗わないってば!!さっき言ったじゃん!!」

兄「おい!固まってない時の話だろ!?もう洗うしか方法ねーだろが!」

妹「ふっ」

兄「・・・あ?」

妹「そのままパリパリ放置って考えには君は至らないのかね?」

兄「至らねーわ、行くぞ!」

妹「いやん!ちょっ!ホントっ!ホントイヤだってば!」

兄「ちょ、はぁ!?放置してどうすんだよ!!お前のニオイがやばくなるだけだろ!」

妹「だからだよ」

兄「はぁ!?」

妹「お兄ちゃんの激クサ精子に覆われて日々を過ごしたい、私のスイートスメルな体にお兄ちゃんの激クサ精子のニオイをこびりつかせてほしい、そう、それが私の目標なの」

兄「お前その年で極まり過ぎだろ」

768 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 01:52:03.62 ID:zoqYvlDFO [8/24]
兄「なぁおい」

妹「え?」ペロペロ

兄「口の周りの精子舐めんな、それよりさ」

妹「うん・・・」

兄「俺、お前のニオイ好きなんだけど」

妹「え・・・?」

兄「お前何故かいいニオイなんだよな、ホント」

妹「あっ」

兄「お前のニオイ嗅いだだけで、ムラムラくるくらいホントいいニオイ」

妹「き・・・た、きた」プルプル

769 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 01:53:14.05 ID:zoqYvlDFO [9/24]
兄「でもこれからはわからねーな」

妹「え」ピタッ

兄「お前が無理矢理俺の精子のニオイこびりつかせると、これからはニオイでムラムラくる事もなくなるだろーな・・・って」

妹「行ってきまーす!!!!」ダッ!!

兄「あっ!おい・・」

シーン・・・

兄「ふ・・・」

兄「ふはははははw」

770 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 01:55:57.67 ID:zoqYvlDFO [10/24]
ガラッ

ガシャン

ジャー!!

妹「落ちて!!お願い落ちて!!」

妹「一度でいいからお兄ちゃんに無理矢理犯されたいの!!」

妹「お兄ちゃんに無理矢理中だし強制受精させられたいの!」

妹「お願い!!」

ジャー!!ジャー!!

妹「へ・・・へへへ」

妹「へへへへへ」

785 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 03:01:54.64 ID:zoqYvlDFO [11/24]
お願い落ちて!!

兄「あいつ声でけぇよwww丸聞こえだっつのwww」

無理矢理犯されたいの!!

兄「な、何て事言ってんだアイツ・・」

強制受精させられたいの!!

兄「ま、まぁ・・・アイツの思惑はどうであれ・・・うん」

兄「精子落とさせることは出来た・・・w」



兄「 計 画 通 り 」ニタァ


 計 画 通 り ー ! ! ! w w w 

兄「何だと!」クワッ!

787 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 03:06:00.98 ID:zoqYvlDFO [12/24]
20分後

妹「顔だけ洗うのもなんなので、もう全身洗ってみましたw」

兄「そう・・・」

妹(兄ちゃんのバカ汁がちょっとは入ってるはずだからマンコ洗ってないけど)

妹「おにぃいちゃーんwwwえへへwwごろにゃーんwww」

兄「ちょwなに甘えてんだよw」

妹「え?何って・・・ムラムラ・・・」

兄「何?ムラムラって」

妹「え・・・私のニオイ・・・」

兄「あ、あぁやっぱめちゃくちゃいいニオイだな」クンクン

妹「あぁん・・・きた・・・w」

788 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 03:06:51.61 ID:zoqYvlDFO [13/24]
兄「・・・」

妹「・・・」

妹「いや、ちょっと・・・何テレビ見てんの」

兄「え・・・ダメなの?」

妹「第二ラウンドは?」

兄「・・・」

妹「・・・え?」

兄「お前は遭難した山からやっとの思いで生還したのに、また間髪入れずに同じ山に突入するの?」

妹「私のエベレストにお兄ちゃんの股間のアルピニスト突撃させないの?」

兄「させない」

791 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 03:10:05.67 ID:zoqYvlDFO [14/24]
兄「もう、今日はゆっくりしようぜw疲れたわw」

妹「えー!もっともっとー!」

兄「お前挿れただけで、何回イったの?」

妹「む・・・」

兄「もっと耐性付けてから次登ろうぜおい、今日はマジで危なかったぞ」

妹「何で!?やろうよー!ねーやろうよー!」グイグイ

兄「ちょーもー!ww」

妹「らんまー!ってか!?wwぇえ?www私のチョモランマが欲しいってか?wwえぇ?wおぃwwどうなのよーwほれほれw」

兄「おー、コレはだいぶ勢いだけでいったな」

793 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 03:18:11.82 ID:zoqYvlDFO [15/24]
兄「じゃあこうしよう」

妹「え?」

兄「明日はお前の言うこと何でも聞いてやるよ、だから諦めろ・・・それでいいだろ?」

妹「なん・・・」

兄「?」

妹「・・・だと」

妹(何でも!?何でも!?何でもって事は明日丸一日24時間、兄が寝てる時、ご飯を食べてる時、テレビ見てる時)
妹(バレバレなのにこっそりYour file hostを見てる時、一人でカッコつけだした時)
妹(その全てをところ構わず時間お構いなしで、チンポをしゃぶり通す事が出来るという事か!?)
妹(い、いや待て!何でもだぞ!?明日は一日中何度も無理矢理私のマンコがジンジンするまで犯させる事も!!!??)
妹(そしてイヤがる私に執拗に強制・・・なか・・・だ・・・・して・・・無理矢理・・・じゅせ・・・させ・・られ)

妹「・・・」

兄「ど、どうした?急に固まって」

妹「・・・」ムクッ

兄「?」

妹「交渉成立ね、パパ」

兄「誰が誰のパパ?」

795 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 03:22:50.92 ID:zoqYvlDFO [16/24]
兄「まぁ何にするかはお前が考えといてくれよw」

妹(ヤバイもう想像しただけで、子宮が疼きだした!もしかしてこれが想像妊娠!?)

妹「し、仕方ないわね全くwwwあーめんどくさいww何にするか全然浮かばないわよwww」タラーッ


兄「おい、股間からおもっきりなんか垂れ出してるぞ」

妹「いやん!w見ないでよ!wパパのえっち!w」

兄「いやだから俺お前のパパじゃねーよw」

妹「いや・・・じゃなくて」

兄「え?誰の!?」

妹「・・・(ニコッ)」サスサス

兄「何で優しく微笑みながら自分のお腹撫でだしてんだ」

妹(明日が楽しみねw)ビショビショビショビショ



俺達の初めては凄かった編完

863 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 18:54:38.74 ID:zoqYvlDFO [19/24]
妹「あ!そうだ!」

兄「ん?」

妹「お兄ちゃーんチンポ舐めさせてー」

兄「またかよ!w」

妹「だってほら!まだいわゆるお掃除フェラという物をしてないじゃんか!」

兄「いや、それはもういいわw」

妹「なーんーでー!」ユサユサ

兄「ちょ!揺するな!」

兄(そういや、コイツ自分から変態みたいな事言ってくるばっかで、俺からは全くないよな・・・)

妹「?」

兄(意外に動揺してアタフタしたりして)

妹「え?」

兄(やってみるから)ニタァ

864 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 18:56:37.78 ID:zoqYvlDFO [20/24]
妹「な、なに?」アタフタ

兄「清姫~?wwww」

妹「は、はい」アタフタ

兄「マンコ舐めさせてーwww」

妹「ハイ喜んで!!」バッ!

ガバッ

兄「がっ!?!?」

妹「はぁあ゛あ゛ああああん゛゛!!!!!!こ゛れす゛ごい゛!!ごれすごい゛ぃいいい゛!!!!」ビショビショビショビショビショビショビショビショビショビショ

グイグイ

兄「もがっ!ふがっ!」

兄(は!?え!?いつ!?いつ顔面に跨がられた!?どうなった!?速過ぎね!?マジで何!?力強すぎ!!有り得ねえ!!神速!?カンムル!?)

妹「だっはあ゛ああああああん!!!!」ビショビショビショビショビショビショビショビショビショビショ

866 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 18:58:53.90 ID:zoqYvlDFO [21/24]
妹「はあぁああああああああああああああああああん!!!!!!」ビショビショビショビショビショビショビショビショ

兄「ふがっ!ふがっ!」

兄(馬鹿か俺は!コイツは確実に変態のエリート中のエリートだ!こうなるのは少し考えたらわかった事なのに!!)

妹「舐めた゛がっだの!?私のピンクまんこ゛ずっと゛舐めた゛がっだの!?叶ったんだね!!おめでとぉおおおお゛!!!!」ビショビショビショビショビショビショビショビショ

兄「おばえっ!ぐふっ!だっガフッ!」

ジタバタジタバタ

兄(ヤバイ!!ヤバイ!!ただでさえ息がもたなそうなのに!!そのうえマン汁大放出されたら溺死しちまう!!!!)

妹「あ゛あああ!!!す゛ごい゛!!すこ゛い゛!!お兄ちゃん゛が私のマンコに直接語りか゛げでるぅうう゛うう!!」

兄「ぐふっ!!ほがっ!!」

ジタバタジタバタ

兄(死ぬ!!死ぬ!!死ぬ!!)

妹「空気振動を介さずに゛ぃいいい!!私のマンゴが直接お兄ちゃんの゛さざやぎでブルブルヤッホーイ゛っ!!!!!」ビショビショビショビショビショビショビショビショビショビショ

867 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 19:01:46.90 ID:zoqYvlDFO [22/24]
兄(どうすればいい!?力強すぎて押しのけられない!!言葉は封じられた!!死にたくない!!死にたくない!!)

兄「な゛はになな゛かかぬ゛なな゛にち゛なは゛!!!!」

兄(尻を!!コイツの尻を持ち上げることが出来れば!!)ガシッ

ジタバタジタバタ

妹「イグよ゛!!!今イグよ!!すーく゛イグよ゛ぉおおおお゛!!!見てて゛ね!!?見てて゛ね!!?ご覧あそばせ゛ぇええええ!!!」ビショビショビショビショビショビショビショビショ


ブスッ


兄「あ」

兄(小指が肛門に刺さった)



妹「ありゃん」ビシャアビシャア

869 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/15(日) 19:08:45.40 ID:zoqYvlDFO [23/24]
兄「ゲホッゲホッ!・・・ハッハァッ!」

妹「・・・」ピクッピクッ

兄「や、やばかった・・・マジで・・・ハァハァ」チラ

妹「・・・」グター

兄「コイツ・・・肛門でもイクんかよ・・・変態過ぎるだろ・・・」

妹「・・・」グター

兄「お、おい」ユサユサ

妹「・・・へぁ?」

兄「だ、大丈夫か?」

妹「な、何があったの?」

兄「え・・・覚えてねーの?」

妹「お、お兄ちゃんに身体を求められて・・・あまりにも嬉しくて///」ビショビショ

兄「・・・」

妹「それから、恥じらいながらもお兄ちゃんの要望に応えてたら・・・」
妹「お兄ちゃんが興奮しすぎて私のお尻をめちゃくちゃに犯しだしたとこまではなんとか・・・覚えてる///」ビショビショ

兄「俺とお前は別の平行世界を生きてるの?」

904 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 06:50:34.00 ID:6GGmuyE6O [2/25]
妹「お兄ちゃん私のお尻気持ちよかった?///」

兄「挿れてねーわ」

妹「えー?もぉ!ウソはだめだよ?」

兄「いやウソじゃねーから!」

妹「だったらこのお尻のムズムズをどう説明するの?」

兄「お前がめちゃくちゃしやがるから抵抗したら小指がブスッと刺さったんだよボケ」

妹「小指が刺さるわけないじゃんかーwww」

兄「刺さったんだよそれが!つーかチンコの方が事故で刺さるの有り得ねぇから!」

妹「凄い!」

兄「は?」

妹「有り得ない事を現実にしちゃうなんて流石だね!」

兄「繰り返すが挿れてねーわ」

905 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 06:54:58.89 ID:6GGmuyE6O [3/25]
妹「はぁ・・・w私、お兄ちゃんにそんなに求められちゃうなんて幸せだなぁw」

兄「何で指入ったのは信じなくてチンコ入ったのは信じるの?」

妹「でも次からはちゃんと言ってね?wビックリしちゃったよw」

兄「よし、じゃあちゃんと言っとくが」

妹「なに?」

兄「マジで事故でチンコ入ったみたいに話してるけど、それならビックリどころじゃ済まねーから」

妹「略すと?」

兄「マジチンコビックリ」

妹「ん」

兄「意味不明だわ」ガツン

妹「あんっヒドイっ」ビクッビクッ

906 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 07:01:02.04 ID:6GGmuyE6O [4/25]
兄「で、ちゃんと理解した?」

妹「要するに指ならビックリ、チンポならビックリ以上って事だよね?」

兄「ま・・・う、うーん、まぁ、も、もうそれでいいわ、なんかもうそれでいい」

妹「あ!w」

兄「ん?」

妹「もう!wやっぱり挿れてるんじゃん!w」バチン

兄「いてぇ!何でだよ!挿れてねーっつの!」

妹「今度墓穴を掘ったのはあなたの方みたいねw」

兄「はあ?」

妹「よくよく考えたら私あの時確かにイった、うん、イった!つまりこれはビックリ以上」

兄「・・・」

妹「白状なさい!wあなたが挿れたのはチンポよ!w」

兄「あ、よくない、これよくないパターンだ」


907 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 07:04:25.09 ID:6GGmuyE6O [5/25]
妹「珍しい凡ミスね!wどう?w認める?ww」

兄「いや認めっ・・・」

兄(待て、逆に認めない事のメリットってなに?俺のプライドが守られるのみじゃね?)

兄(正直コイツの前でプライドとかで意地はるのはアホらしい)

妹「・・・え?」

兄(認める事のメリットはこの尋問からの解放・・・)

兄(これはもう決まりだろ・・・)

妹「・・・お兄ちゃん?どうしたの?」

兄「・・・あーはいはい、認めますよ」

妹「あ!wwやっぱり!wwwwこの変態!wwwwwwこのドスケベあほチンポ!!ww」ビショビショ

兄「・・・」

妹「隙を突いてお尻に差し込むなんてとんでもない変態童貞ね!wwwww」ビショビショ

兄「待て!やっぱやってない!俺やってないわ!」

908 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 07:07:56.24 ID:6GGmuyE6O [6/25]
妹「もぉっ、またそれー?」

兄「だってやってねーもん・・・つーか挿れてたとしてお前にとってそれ何の特があんの?」

妹「私はね・・・」

兄「あ?」

妹「自分の為なんか如何程も考えてはいないの」

兄「・・・」

妹「一つでも多くお兄ちゃんを理解してあげたい・・・それ私の気持ち」

兄「・・・」

妹「一つでも多くお兄ちゃんを理解してあげられたら、その分だけお兄ちゃんに尽くしてあげれる」

兄「・・・」

妹「ずっとそう考えてきたし、これからもそのつもり・・・もちろん今だってそう」

兄「・・・」

妹「まぁ今は空回りしてばっかりだけどねw」ハハッ

兄「き、清姫・・・」

兄「あ、違う、ちょっと感動したけどコレいつもの罠だ」

909 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 07:13:57.84 ID:6GGmuyE6O [7/25]
妹「罠なんて失礼ね!」

兄「本当の事だろが」

妹「もぉっ!違うよ!」

兄「どうせ、これで俺が認めたらそれに託つけてバンバンやらせるつもりだろ?」

妹「だなだはら、え?はてなはてな??ま、ままま全く意味がハテナよね」ダラダラ

兄「気付いてなかったら可哀相だから言っとくけど、お前ウソとんでもなく下手だからな」

910 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 07:14:59.35 ID:6GGmuyE6O [8/25]
妹「お、おおお兄ちゃんこそ、よくそんなウソ平気で言えるわね!」

兄「ウソじゃねーから平気で言えるんだわ」

妹「ウソね!そのしなしなチンポが何よりの証拠よ!」

兄「おい、俺本当の事言う時常にビンビンじゃなきゃいけないの?」

妹「ま、まぁそーね」

兄「捕まるわ」

913 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 07:18:23.00 ID:6GGmuyE6O [9/25]
兄「俺はやってない、お前が何て言おうとやってない、以上だコラ」

妹「そ、そんな言い方しなくてもいいじゃんかぁ」

兄「あーぁ」

妹「な、何よぉ!」

兄「俺がやってないって事をお前が理解してくれるならさ・・・」

妹「・・・」

兄「今日一緒に寝てやってもよかったんだけどなー」

妹「うん!wおにいたんがそんな事するわけないよね!wごろにゃーん!wwww」スリスリ

兄「お前扱い易いのか扱い難いのかハッキリしてくんない?」

958 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 19:52:04.71 ID:6GGmuyE6O [12/25]
ある日の放課後
ブゥウン、ブゥウン
清姫「あ、メールだ!お兄ちゃんかな!w」

クラスメイトA・B「・・・」

清姫「あwやっぱりwもう着いたってw」

クラスメイトA「アンタホント嬉しそうだねw」
クラスメイトB「まぁ自分でブラコン公言してるからねwこのアホはw」

清姫「うんwもうどうでもいい!w関係ない!w私はブラコンよ!w」

クラスメイトA・B「いてーなーコイツwwww」

~中略~

清姫「・・・」イライラ

クラスメイトA「あ、あ・・・初めまして!///清姫と同じクラスの鈴木です!///」

クラスメイト「わ、私は渡辺といいいます!///」

兄「あ、妹がお世話になってますw(ニコッ)」

鈴木・渡辺「は、ははははい!!////////」ドキドキ

清姫「!!」バチコーン!!!

兄「いてぇ!!何で!?」

960 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 19:53:51.77 ID:6GGmuyE6O [13/25]
清姫「じゃあ私達は行くねw(ニコニコ)」

鈴木・渡辺「ひっ!(な、なんだアレは!?この子の背後に悍ましい蛇が見える!!!)」

兄「・・・(頭いてー)」ジンジン

清姫「じゃあねw」

鈴木・渡辺「う、うううん!!」ビクビク

清姫「ほらw行くよw」グイグイ

兄「あ?・・・うん」ジンジン

鈴木・渡辺「・・・」ガタガタ

鈴木「あの子のマジ顔初めてみた・・・いつもふざけてるから逆に殺されるかと思った・・・」ガタガタ

渡辺「告られても断りまくってるから、ただ恋愛にビビってる可愛いウサギちゃんかと思ったら・・・」ガタガタ

鈴木「蛇だったね」ガタガタ

渡辺「ウチら噛まれないでよかったね」ガタガタ

でもまぁ

鈴木・渡辺「気持ちは分かる///」ドキドキ

961 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 19:55:41.02 ID:6GGmuyE6O [14/25]
(え!?あれ誰!?清姫さんの彼氏!?めっちゃイケメン!!)ヒソヒソ

清姫「・・・w」イライラ

兄「・・・」チラ

(違うでしょ!?今日懇談じゃん!お兄さんでしょ!?カッコイイなぁ)ヒソヒソ

清姫「・・ww」イライライライラ

兄(よくない、よくないよコレ)ビクビク

(え!?お兄さん!?凄い!!やっぱりお兄さんもカッコイイんだ!!)ヒソヒソ

清姫「www」イライライライライライラ

兄「・・・」ビクビクビクビク

(彼氏じゃないんだ!!すごーい!お兄さんなら紹介してもらおうかな!!)ヒソヒソ

清姫「wwwww」ピタッ

兄「え?」

清姫「ぬんっ!!」バッチコーン!!!

兄「ひぎっ!!!ほーら゛ぎた!!」 ジンジンジンジン

962 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 19:58:27.85 ID:6GGmuyE6O [15/25]
清姫「おにいちゃぁん・・・」ゆらぁゆらぁ

兄「な、なななに」ビクビク

清姫「きて」ガシッ

兄「!?」ビクッ

スタスタ

兄「ど、どこ行くんだよ!教室あっちだろ!?」

(え!?イケメン!?)ヒソヒソ
(な!!清姫さんがイケメンの手を引っ張ってる!?あ、もう学校辞めようかな)ボソボソ
(清姫さんが他の男と!?あ、もうダメだ、この学校に希望なくなった)ボソボソ
(カッコイイ!!)ヒソヒソ

清姫「・・・」

兄「おいおい!」

スタスタスタスタ

清姫「なぁおい」

兄「え、え!?」ビクビクビクビク

清姫「ケジメつけろ」

兄「は、はい!?」ビクビクビクビク

964 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 20:00:42.18 ID:6GGmuyE6O [16/25]
清姫「・・・」キョロキョロ

兄「・・・」

清姫「こっち」グイグイ

兄「え!?いやお前こっちは!!」ビクビク

清姫「・・・」

兄「女子トイレ・・・」ビクビク

清姫「あ゛ぁあああん!?」ギロリ

兄「ちょたぢゅ」ガタガタ

清姫「今誰も見て゛ね゛ーがら!早くこい゛や!!」グイグイ

兄「い、いやでも!!」ガタガタガタガタ

清姫「出来るの゛!?出来ねーの゛!?死にてーの゛!?」

兄「でき・・・」ボソボソ

清姫「きこ゛えねーな゛あ!!!」

兄「出来ます出来ます!!」ビクビク

清姫「よしこ゛い!!」

966 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 20:02:45.99 ID:6GGmuyE6O [17/25]
~女子トイレの個室~

清姫「ケジメ・・・」

兄「け、ケジメ?」

清姫「私の耳元でひたすらありったけの愛の言葉を囁け」

兄「え?」

妹「その後、チンポしゃぶってくださいって言え」

兄「えっそれ」

清姫「言え」

兄「は、はい!!」ビクビクビクビク

967 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 20:06:51.82 ID:6GGmuyE6O [18/25]
兄「き、清姫」ボソボソ

清姫「はっ、はぁっ」ビショビショ

兄「俺はお前以外の女なんて興味ないんだよ」ボソボソ

清姫「あっ!あんっ!私も!嬉しい!」ビショビショ

兄「だからあんま嫉妬すんなw愛してるよ、世界が終わっても愛してる」ボソボソ

清姫「はぁっ!!も、やばっ・・・」ビショビショ

兄「・・・チンポしゃぶってください・・・(これ台なしだろ)」ボソボソ

清姫「あぁ!!ぐっ!!・・・ハァハァ」ビショビショ

兄「・・・」

清姫「・・・フフ」

兄「え?」

清姫「は、早くチンポ出して///(ニコニコ)」

兄「いや、マジで?」

清姫「出せ」

兄「は・・・い」

969 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 20:09:16.65 ID:6GGmuyE6O [19/25]
ポロン

清姫「はぁんw・・・もぉwしょうがないなぁ・・・w」ビショビショ

兄「しょうがないってお前」

清姫「お兄ちゃん?」

兄「はひっ!」

清姫「他の女にこのチンポ触れさせるような事したら引きちぎるからね」

兄「し、しねーよ、んな事!!バカじゃね!?」

清姫「う、うん・・・ゴメンね・・・」

兄「・・・」

清姫「じゃあ・・・時間もないし早く済ませちゃおっかw」

パクっ

兄「あ・・・うん、!?んんんん・・・あぁあ」

ジュボジュボジュボジュボジュボジュボジュボジュボジュボジュボジュボジュボ

971 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 20:12:03.20 ID:6GGmuyE6O [20/25]
清姫「お兄ひゃん・・・シコシコペロペロ・・・我慢ひないでいいはらね・・・シコシコペロペロペロ」ビショビショ

兄「あ、あぁ、うん」

清姫「・・・ちゃんとわらひの口の中に全部だひてね、ジュボジュボジュボ」

兄「あ!!ヤベェ」

清姫「全部!全部らからね!ジュボジュボジュボ」ビショビショ

ジュボジュボジュボジュボジュボジュボジュボジュボジュボ

兄「あっ」

清姫「んっ」

ドクンドクンドクン

清姫「んっ・・・んん」ビショビショ

ドクンドクンドクン

清姫「ん・・・」ビショビショ

ドクン・・・

973 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 20:14:10.59 ID:6GGmuyE6O [21/25]
兄「お、おい清姫・・・もう全部出たぞ・・・?」

清姫「ん・・・」ビショビショ

兄「いや、もうくわえなくても・・・」

清姫「ん・・・チュル・・・チュウウ・・・ポンッ」ビショビショ

兄「・・・」

清姫「ゴクン・・・へへっwちゃんと綺麗にしたよw」

兄「あ、え、てかお前飲んだの!?」

清姫「あたり前じゃん!!w好きな人のなら飲み込めるんだよ!!w」

兄「そ、そうなんだ・・・」

清姫(たぶん)

清姫「ほ、ほらもう時間だよ!いこっ!w」

兄「おう・・・」

974 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 20:16:14.28 ID:6GGmuyE6O [22/25]
今日の懇談で分かった事

清姫は結構勉強も頑張ってる

学校では明るい人気者

まぁ一年の懇談なんてみんな似たり寄ったりの事しか言われてないんだろうけどな

結構いろんな事褒められたな

先生からそんなお前の話聞かされて、兄ちゃんは嬉しかったよ清姫

兄「じゃあ帰ろっかw」

清姫「うん!w」

スタスタ

嬉しいというより何より安心したのはさ・・・




お前、学校では変態じゃないんだね






976 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 20:19:08.19 ID:6GGmuyE6O [23/25]
清姫「あ!w」

兄「ん?」

佐藤・山田「□★●◇◆www」

清姫「佐藤さーん!山田くーん!w」オーイ!

佐藤「あ!w清姫さん!w」

山田「ひっ!(また潰しに来たの!?)」

清姫「今帰り?w」

佐藤「はいwそうですw清姫さんも?w」

清姫「うんwそうだよw」

佐藤「あ・・・えっとそちらは・・・?」

兄「・・・あぁコイツの兄ですwいつも妹がお世話になってますw」

妹「へへっw」ごろにゃーん

977 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 20:20:26.69 ID:6GGmuyE6O [24/25]
佐藤「あ、い、いえ!お世話なんてとんでもないです!(うわっすごっ・・・さすが清姫さんのお兄さん、凄いカッコイイ)」

山田(イ、イケメンすぎる!!しかし、そんな事より!こ、この化け物を飼い馴らしてるだと!?間違いない!この兄!ニコニコしてるけど悪魔だ!間違いない!)ガタガタ

山田「お、おい花・・・もう帰ろうぜ」ガタガタ

佐藤「あ、う、うん・・・どうしたの?太郎クン」

兄「・・・?」

山田「べw別に何でもないけどw」ガタガタ

清姫「・・・?」

山田(いやお前のハテナ顔はムカつくわ!!!お前が根源だっつの!!)

982 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 20:24:47.81 ID:6GGmuyE6O [25/25]
山田(ま、まぁでも何も挨拶しないのも失礼か・・・)

山田「あ、あの清姫さんには僕達が付き合う・・・そのキューピット(デーモン)的な事してもらったんですよw」

兄「あ、ああwそうなんだwお前やるじゃんw(何でこの子、ややふるえてるの?)」

清姫「へへへw」

山田「お世話になったのはこっちの方なんですwな、なぁ花?」

佐藤「うん!w」

兄「そっかそっかw」

山田「そうっすwこ、これからもよろしくね?w」

清姫「 う ん 、 こ ち ら こ そ ね w 」 ニ コ ォ

山田「・・・」ガタガタ

983 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 20:32:16.60 ID:zpT+YN0z0 [1/3]
兄・清姫・佐藤「?」

山田「じゃ、じゃあこれでww」ガクガク

佐藤「あ、太郎クン待ってよー!あ、すいません、で、では失礼します!」ペコッ

スタスタ


兄・清姫「?」

兄・清姫「・・・・」

兄「お前あの子に何かしたろ?」

清姫「ん?キューピット?」

兄「たぶんキューピットを前に人はあそこまでふるえない」

984 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 20:35:09.49 ID:zpT+YN0z0 [2/3]
以上です

ラスト1レスでさるさんとかコントみたいだね

では

コメント

No title

4も書いてください!
あと、清姫のセリフにウソップはいってますよね!?

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。