FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「さあ、地獄を楽しみな」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 05:25:45.43 ID:YdVdUDjcP [1/54]
唯「桜ケ丘高校の生徒諸君、我々は軽音部……放課後ティータイムである」

唯「学業という呪縛に囚われた哀れな君達を開放しに来た」

唯「我々には25本のガイアメモリと、音波兵器エクスギー太がある、いかなる武力の干渉も無意味だ」

唯「残る最後の一本のメモリを持って来た者には……ケーキ十個を与えよう」

唯「軽音部への入部も検討しよう」

唯「それでは生徒諸君、検討を期待する」

~~~

部室

和「放送室乗っ取って何やってるのあの子は」

憂「お姉ちゃん……」

梓「変な機械を拾ってから、先輩達はおかしくなっちゃったです」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 05:29:07.56 ID:YdVdUDjcP
和「大袈裟な冗談でしょ、誰も本気になんか……」

憂「あ! 校庭を見て下さい!」

~~~

純「ケーキ! ケーキ! 入部! 入部!」

姫子「何か解んないけど、授業は無くなってほしいな」

いちご「唯ちゃん達、面白い事してるねー」

~~~

和「あらら……」

梓「こ、このままじゃ」

憂「桜ケ丘はおしまいだ……」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 05:35:10.15 ID:YdVdUDjcP
放送室

唯「宣戦布告完了っと」

紬「お疲れ様、唯ちゃん」クネクネ

唯「ここからが本番だよ、きっと邪魔が入るはず」

律「つーかよ! 唯だけドライバー持っててずるいぞ!」

唯「拾ったんだからしょうがないよ」

澪「……」

唯「きっとロス太と私は引き合う運命だったんだよ~」

律「運命って……まぁ確かになんか引き合うものはあるけどさ」

唯「さて、じゃあちょっと行って来るね」

紬「どこに?」クネクネ

唯「邪魔者になりそうな人のとこ……あとは勧誘かな」

澪「ゲームスタート」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 05:42:06.43 ID:YdVdUDjcP
部室

憂「なんとかしないと……」

梓「どうやって?」

和「唯達が探してる最後の一本、それが逆転の鍵になるかもしれないわね」

梓「でも全校生徒相手じゃ数が違い過ぎますよ」

憂「なんとか話し合いで解決出来ないかな?」

梓「それも多分……無理かな」

ガチャ

さわ子「揃ってるわね」

梓「先生!」

さわ子「唯ちゃん達に対抗出来る切り札、あなた達なら適任よ」

和「そもそも先生とか警察……」

さわ子「無理無理、エターナルには勝てないわ」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 05:46:30.18 ID:YdVdUDjcP
梓「警察に無理だったら私達なんかに」

さわ子「大丈夫、これを使って」

和「ベルトと……ガイアメモリ?」

さわ子「そもそもガイアメモリって私の知り合いが開発した物なのよね」

さわ子「なんで学校にばら撒かれてるのかは知らないけど、知り合いを捕まえて同じ物を貰って来たわ」

さわ子「これを使って梓ちゃん達も戦うのよ!」

梓「……これで警察が戦えば良いんじゃないですか?」

さわ子「メモリとの相性の関係で、若者のが良いらしいのよ」

梓「ご都合主義な」

さわ子「こっちは梓ちゃんと憂ちゃん用で、こっちは和ちゃん用ね」

さわ子「唯ちゃん達の物に比べたら旧式だけど、大事なのは中身よ!」

憂「……」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 05:49:22.81 ID:YdVdUDjcP
憂「私、やります!」

梓「憂?」

憂「お姉ちゃんを止めるのは、私の役目だと思うから」

和「……そうね」

憂「私と相乗りして、梓ちゃん!」

梓「……解ったよ」

さわ子「決まりね!」

和「そうと決まったら、早速放送室に乗り込みましょう。卒業も近いのにアホやってる場合じゃないわ」

梓「はい!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 05:55:15.26 ID:YdVdUDjcP
廊下

和「にしても、唯達の目的は何なのかしら?」

梓「言った通りじゃないですか? 授業を潰したい」

和「そんな単純な……いや、唯らしいっちゃらしいわね」

憂(そうかなぁ、きっとお姉ちゃんには別の何か……)

姫子「和!」

和「あら姫子にいちご」

いちご「助けて……」

和「へ?」

姫子「唯ちゃんに渡されたメモリ……勝手に体に入って……」ウェザー!

いちご「ああ……」ナスカ

和「ひ、姫子! いちご!」

梓「やるしかないっぽいですね」

憂「うん!」サイクロン!

梓「いくよ、憂!」ジョーカー!

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 05:58:50.35 ID:YdVdUDjcP
梓憂「変身!」サイクロン! ジョーカー!

ダブル「おお!!」

ダブル『私の体倒れちゃってるよ~!!』

ダブル「うへぇ……頭の中で憂の声がする」

和「へぇ……私のはどうなるのかしら」アクセル!

和「やっぱり言わなきゃダメよね……変……身っ!!」

ダブル(ノリノリじゃないですか)

アクセル「真っ赤……」

ウェザー「……」

アクセル「姫子は私がやるから、いちごをお願い!」

ダブル「任されました!」

ナスカ「……」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 06:03:15.82 ID:YdVdUDjcP
ダブル「さぁ、いきますよ!」ダッ!

ナスカ「……」ヒョイ

パンチを放つも、左右の動きがチグハグで軽くかわされる。

ダブル「ちょ、ちょっと憂! 勝手に動かないでよ!」

ダブル『そんな事言われても……つい』

ダブル「体は私なんだから、私に任せて!」

ダブル『う、うん!』

ダブル「おりゃー!!」

ダブルの攻撃を飛んでよけるナスカ。空中からの攻撃に翻弄されるダブル。

ダブル「ず、ずるい!」

ダブル『ハーフチェンジだよ!』

ダブル「何それ?」

ダブル『これ!』トリガー!

ダブル「おお、銃が出た!」サイクロン! トリガー!

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 06:07:08.55 ID:YdVdUDjcP
ダブル「でも校内で撃ったら不味いんじゃ……」

ダブル『ならこうだ!』ルナ! トリガー!

ダブル『これでナスカだけを撃てるはずだよ!』

ダブル「うん!」

ナスカ「……!!」

ルナトリガーの銃撃により叩き落とされるナスカ。

ナスカ「超高速!!」

ダブル「逃がさない!!」トリガー! マキシマムドライブ!

ダブル「いっせーの……」

ダブル『で!!』

ダブル「トリガーフルバースト!!』

ナスカ「……!!」チュドーン

いちご「……」

ダブル「ふう」

ダブル『決まったね』


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 06:21:24.74 ID:YdVdUDjcP
アクセル「この剣……無駄に重いわね!」

ウェザー「!!」

アクセル「あ、痛かった? ごめんね」

アクセル「でも躊躇はしてられないの。振り切らせてもらうわ!!」エンジン!

アクセル「はっ!!」エレクトリック!

電撃を電撃で返すウェザー。
続いて竜巻でアクセルを吹き飛ばす。

アクセル「なるほど、天気を操るわけね」

ウェザー「……」

アクセル「余裕って顔ね」

アクセル(もっとスピードを……)

ブオーンブオーン!

アクセル「……そういう事か」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 06:25:04.94 ID:YdVdUDjcP
アクセル「よ、っと」ガシャン

アクセル「自分でバイクになるって変な気分ね」

ウェザー「!」

電撃や竜巻をかわし、ウェザーに接近するアクセル。
ウェザーの眼前でライダーに戻りメモリを掴む。

アクセル「いくよ!」アクセル! マキシマムドライブ!

アクセル「はぁっ!!」

ウェザー「……!」チュドーン!

姫子「あう……」

アクセル「絶望があなたの……ってこれじゃ不味いわね」

アクセル「ここからがあなたのスタートよ……なんてね」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 06:30:47.93 ID:YdVdUDjcP
ダブル「和先輩!」

アクセル「そっちも終わった?」

ダブル「はい! 凄いですねこれ!」

アクセル「そうね、唯達がハマるのもわかるわ」

ダブル『でもだからこそ、危険な気もします』

アクセル「ええ……使うべきでない人もいるでしょうね」

三人が話していると、拍手と共に人影が現れる。

唯「見せてもらったよ……なかなかやるね。可愛い妹の憂」

澪「……」

ダブル『お姉ちゃん!』

アクセル「澪……」

唯「でも……お姉ちゃんの邪魔をするなんて、お仕置きだよ」スチャ

ダブル「あれは……私達みたいなドライバー?」

唯「変身」エターナル!

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 06:34:40.77 ID:YdVdUDjcP
エターナル「仮面ライダー……エターナル」

ダブル「仮面ライダーは正義の味方の名前ですけど?」

エターナル「私は桜校生の正義の味方。間違っちゃないよ」

ダブル『私がやるよ梓ちゃん、一回変身を解いて』

ダブル「うん」

憂「おいで」

憂の声に応じて、どこからともなく恐竜の形をしたメモリが現れる。

エターナル「そっちはよろしくね、澪ちゃん」

澪「……」コクリ

アクセル「無口さが増してるわね、メモリの影響かしら?」

澪「ゲームスタート」トリガー!

アクセル「聞く耳無しっと」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 06:43:11.20 ID:YdVdUDjcP
憂梓「変身!」ファング! ジョーカー!

ダブルFJ「いくよ、お姉ちゃん!」

エターナル「いつでもいいよ」

ダブルFJ「なんで学校を壊そうとするの!?」

エターナル「授業が無くなれば皆嬉しいでしょ?」

ダブルFJ「だからってこんなの間違ってるよ! メモリなんていらない!」

エターナル「憂だって今使ってるじゃん」

ダブルFJ「これはお姉ちゃんを止めるために……!」

話しながら格闘する二人。互角に見えたが、性能差ゆえか次第にエターナルが押し始める。

ダブルFJ『強い……』

エターナル「私には勝てないよ……てい!!」

エターナルのパンチで吹き飛ぶダブル。衝撃で変身が解けてしまう。

梓「そんな……」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 06:49:21.11 ID:YdVdUDjcP
ピリリリリ

梓「こんな時に……もう! はいもしもし!?」

さわ子『エターナルが現れたわね……勝てるとしたらエクストリームだけよ!』

梓「何ですかそれ!?」

さわ子『今から鳥みたいな機械が行くから、それを使ってパワーアップしなさい!』

梓「最初から渡して下さいよ!」

さわ子『充電してたのよ!!』

梓「逆切れしないで下さい!」

エターナル「ふふふ……まぁ待ってあげるよ、何をしても無駄って教えてあげる」

~~~

トリガー「……」

トリガーの銃撃を防ぐアクセル。

アクセル「ああもう! 意識あるなら何か喋りなさいよ!」

トリガー「……」バンバン

アクセル「このっ……!」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 06:54:00.80 ID:YdVdUDjcP
エクストリーム「ピー!」

梓「これか……」

憂「やってみよう!」

梓「よし!」

梓憂「変身!」サイクロン! ジョーカー! エクストリーム!

ダブル「何これ……」

ダブル『私と梓ちゃんが、心も体も』

ダブルX「一つになる!!」

エターナル「……」

ダブルX『エターナルの全てを閲覧したよ』

ダブルX「よっし! 弱点とかは!?」

ダブルX『……だめ! エターナルには勝てない!』

ダブルX「へ?」

エターナル「だから言ったじゃん」エターナル! マキシマムドライブ!

ダブルX『あれを発動されたらおしまいだよ!!』

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 06:58:20.26 ID:YdVdUDjcP
エターナル「さよなら、旧式のメモリ達」

エターナルエッジから光が迸り、ダブルとアクセルを包んでいく。

梓「変身が……」

和「解けた!?」

憂「メモリが使えなくなってる……」

エターナル「私のメモリは、旧式のメモリを停止させる……永遠に」

梓「そんなの反則です!」

エターナル「どんなにパワーアップしても、この効果がある限り私には勝てない」

トリガー「……」

エターナル「邪魔者退治も終わったし……憂、おいで」

憂「や、やだ! 今のお姉ちゃんの言う事は聞けないよ!」

エターナル「……ふぅん」

音も無く憂に近づき、手刀で意識を落とす。
憂を抱えるエターナル。

梓「憂!!」

エターナル「じゃあね、あずにゃん」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 07:04:22.78 ID:YdVdUDjcP
和「消えちゃった……」

梓「憂……唯先輩……どうして……」

和「お終い、かしら」

梓「どうすれば……」

和「とりあえず部室に戻りましょう? あなた怪我してるじゃない」

梓「はい……」

~~~

憂「ここは……?」

律「屋上だよん」

紬「HTTジャケット、似合ってるわよ」

憂「……」

全身にコードを接続されている憂。コードの先にはギターに似た巨大な建造物があった。

唯「憂とエクスギー太を接続、メモリの力を最大に増幅して放つ」

唯「そうすれば学校どころか、日本なんてイチコロだよ」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 07:08:09.06 ID:YdVdUDjcP
憂「なんで……どうしてこんな事を!?」

唯「だーかーらー、授業が嫌だからだってば」

憂「嘘だ! お姉ちゃん、学校が大好きなくせに!」

唯「でも授業は嫌ーい」

澪「……」

律「うんうん」

紬「私は嫌いじゃないわ」クネクネ

唯「全ての生徒を授業から解放する……それが私の使命なんだよ」

憂「……」

唯「憂にはエクスギー太の制御プログラムになってもらうよ、憂は完璧だから大丈夫」

憂(梓ちゃん……お願い、お姉ちゃんを止めて!!)

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 07:14:03.45 ID:YdVdUDjcP
部室

梓「メモリは使えない、憂はさらわれる、もう……」

和「……ねえ、聞こえる?」

梓「え?」

唯『生徒諸君、エクスギー太の準備は整った。後は最後のメモリだけだ』

唯『それさえあれば、諸君らは授業から解放される』

唯『もっとも、学校自体が消し飛ぶかもしれないけどね』

和「唯……!」

梓「授業が嫌だから学校ごと消すって、間違ってますよ!」

和「そうは思ってない子も多くいるのでしょうね……未だにメモリ探しは続いてるわ」

その時、ドアが蹴り破られた。

純「そ、唯先輩達に賛同する方が利口だよ」

梓「純!」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 07:22:06.05 ID:YdVdUDjcP
純「泣きっ面を拝みに来てあげたよ」

梓「ふざけないでよ!」

純「ふざけてないよ……梓の代わりに、私が軽音部の後輩をやってあげる」ヒート!

ヒート「ふふ……良いでしょ? 唯先輩がくれたんだ」

梓「……」

和「絶体絶命、ね」

ヒート「ふっ!」

梓と和の首を掴んで持ち上げる。

ヒート「熱いでしょ? 降参するなら今の内よ?」

和「誰が……」

梓「するもんか!!」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 07:28:53.53 ID:YdVdUDjcP
ヒート「あっそ!」

二人を放り投げるヒート。

和「うう……」

梓「和先輩!」

ヒート「痛めつけないと解らないみたいだね!」

梓(どうしよう、どうすれば……)

ヒート「あーずーさー!」

梓「うわ!!」

ヒートのパンチが梓に届く寸前、何者かがその腕を掴んで止めた。

?「……」

ヒート「誰!? 邪魔しないでよ!!」

梓「ギー……太……?」

ヒート「はぁ!?」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 07:35:23.35 ID:YdVdUDjcP
梓(な、何言ってんだろ、私……ギー太はギターでしょ)

梓(でもこの人……まるで毎日会ってるような……不思議な感じ)

何かを指差す男。

梓「唯先輩のギターケース?」

ヒート「いい加減に離しなさいよ!!」

何者かに殴りかかろうとするヒートだが、すでにその男は消えていた。
まるで、最初からいなかったかのように。

ヒート「何だったの……? ま、いっか」

その隙をついて、梓は唯のギターケースを開けていた。

梓「これは……」

ヒート「ちょっと! 無視しないでよ!」

梓「やっぱりギー太だったんだね……解ってる、先輩は、私が止めるよ」

ヒート「何言ってるの?」

梓「どうやら切り札は、私にところに来たようだよ」

ロストドライバーを構える梓。

梓「変身!」ジョーカー!

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 07:42:47.05 ID:YdVdUDjcP
ジョーカー「仮面ライダー、ジョーカー!」

ヒート「梓のくせに……」

ジョーカー「いくよ、ファイヤーガール」

廊下に飛び出て戦う二人。

ジョーカー「はっ!」

ヒート「く!」

ジョーカー「憂がいない分、ジョーカーメモリの特性がダイレクトに使えるみたいだね」

ヒートの攻撃を捌いてはカウンターを当てていくジョーカー。

ジョーカー「たあっ!」

ヒート「梓ぁぁぁっ!!」

ジョーカー「これで決める!」ジョーカー! マキシマムドライブ!

ジョーカーの右足が紫色に光り輝く。

ヒート「マキシマム!?」

ジョーカー「ライダー……キック!!」

ヒート「うわあああああ!!」

58 名前:>>57ジョーカーくれ、受注生産まで我慢出来ない![] 投稿日:2010/08/16(月) 07:59:01.68 ID:YdVdUDjcP
一時間後

梓「行きますか」

和「ええ」

梓「先輩……大丈夫なんですか?」

和「知らなかった? 私は唯の事に関しては無敵なのよ」

梓「そうですか……」

拳を打ち合わせる梓と和。

和「夜までには終わらせましょう。下校時刻は守らないとね」

梓「さすが生徒会長」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 08:06:44.24 ID:YdVdUDjcP
階段前

生徒「メモリ持って来たよー!」ワラワラ

紬「全部全然違うじゃない! だめよこんなの!」

澪「……」

梓「盛り上がってますね」

紬「梓ちゃん! 仲間になりに来たの!? 歓迎しちゃう!!」クネクネ

梓「まさか」ジョーカー!

梓「変身!」

ジョーカー「力尽くで通らせてもらいます!」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 08:09:30.40 ID:YdVdUDjcP
紬「あら……残念ね」ルナ!

澪「ゲームスタート」トリガー!

和「梓ちゃん、あなたは上を目指して」

ジョーカー「そんな事!」

和「会長命令よ、逆らったら廃部」

ジョーカー「そんな力無いくせに……でも、お願いします!」ダッ!

和「生意気ねぇ」

ルナ「和ちゃんが相手をしてくれるの!? ゾクゾクしちゃう!!」クネクネ

トリガー「……」

和「ムギ……あんまり変わって無いわね」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 08:15:41.99 ID:YdVdUDjcP
屋上前

ジョーカー「着いた!」ガチャガチャ

ジョーカー「ああもう、鍵掛かってる! 殴り飛ばしちゃお」

律「おいおい、野蛮な子猫ちゃんだな」

ジョーカー「律先輩!」

律「ところで私のメモリを見てくれ、こいつをどう思う?」メタル!

メタル「ふしゅうぅぅぅ」

ジョーカー「すごく堅そうですね」

メタル「しばらく大人しくしてろ!」

ゴリラの様なポーズで威嚇するメタル。
対抗して同じポーズを取るジョーカー。

ジョーカー「お断りです!」

メタル「じゃあぶっ倒すしかないな!」

巨大な鉄棒を取りだすメタル。

ジョーカー「派手なスティックですね……マッチョドラマー」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 08:23:45.31 ID:YdVdUDjcP
メタル「おりゃーーー!!」

ジョーカー「なんの!!」

軽快な動きでメタルの攻撃をかわし続けるジョーカー。

メタル「チョコマカしやがって」

ジョーカー「やっぱり先輩は大雑把ですね」

メタル「腹立つーー!!」

ジョーカー「怒って余計に直線的になってますよ」

調子に乗ってメタルをからかうジョーカー。
が、ふいに気付く。背後に壁が迫っている事に。

ジョーカー「しまっ……」

メタル「もらったーー!!」

ジョーカー「あ……」

フルスイングされた鉄棒の一撃は、壁を砕いてジョーカーを弾き飛ばす。

ジョーカー「げほっ!!」

メタル「部長様の力をみたか!!」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 08:31:10.90 ID:YdVdUDjcP
ジョーカー「いたた……」

脇腹を押えて立ち上がるジョーカー。

ジョーカー(このダメージじゃ動きまわれない……一発に賭けるしかない!)

メタル「降参するか?」

ジョーカー「いいえ……勝負です!」ジョーカー! マキシマムドライブ!

メタル「良い度胸だ!!」

ジョーカー「はっ!」

ジャンプするジョーカーの右手が輝く。

ジョーカー「ライダーパンチ!!」

メタル「うりゃーーー!!」

両者のパンチが交差し、ジョーカーの拳がメタルの顔面にめり込む。

メタル「お前……自分だけ首捻ってよけたな……ずるいぞ」

ジョーカー「賢いって言ってください」

倒れるメタル。

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 08:50:41.71 ID:YdVdUDjcP
屋上

扉を破壊して姿を見せるジョーカー。

ジョーカー「助けに来たよ、憂」

憂「梓ちゃん!」

唯「あずにゃん、最後の一本を持って来てくれてありがとう」

ジョーカー「バカ言わないで下さい! ていうか何ですかこれは! 憂に何をしたんですか!!」

唯「するのはこれからだよー」

ジョーカー「ますますこのメモリは渡せませんね……!」

唯「奪うから良いよー」エターナル!

唯「変身」

エターナル「さ、楽しもうかあずにゃん」

ジョーカー「くっ!」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 08:57:29.30 ID:YdVdUDjcP
エターナル「新型を使っても、私との差は埋まらないよ」

ジョーカー「はぁ……はぁ……」

なすすべも無く圧倒されるジョーカー。

エターナル「せっかくだから何か使おうかな」

幾つものメモリを取りだすエターナル。

エターナル「えーと、クイーンも良いし、ユニコーンも良いなぁ」

ジョーカー(隙だらけ……今だ!)

ジョーカー「だーーー!!」

エターナル「……きーめた」ロケット! マキシマム!

ジョーカー「うぐっ!!」

エターナルエッジからロケットの形をした光弾が飛び出し、ジョーカーはそれを無防備に受けてしまう。

梓「あぐ……」

エターナル「AtoZ……全部揃ったね」

そう言って変身を解く唯。

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 09:03:32.83 ID:YdVdUDjcP
唯「仕上げだよ」ゾーン!

ゾーンのメモリをエクスギー太に差す唯。
ガイアウィスパーと共に、26のメモリが次々とエクスギー太に差し込まれていく。

~~~

和「な、何……?」

紬「唯ちゃんの世界が始まるのよ」クネクネ

澪「……」

~~~

憂「わああああ!!」

梓「憂!!」

エクスギー太が光り輝き、巨大なエネルギーの塊を作っていく。

唯「あはははは!! 良い気分だよ!! これでもう誰も卒業しなくて良いんだ!!」

梓「……え?」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 09:10:19.62 ID:YdVdUDjcP
唯「卒業なんて悲しみ、全部壊しちゃえば良い!!」

唯「学校が無くなれば、卒業しなくて良いんだよ!!」

梓「そんな無茶苦茶な……それが目的で?」

唯「そうだよ! ずっとずっと皆と一緒……軽音部だけじゃない、クラスの皆と一緒にいたいのに!!」

唯「卒業しなくちゃいけない! そんなの耐えられない!」

唯「だから……壊すんだ! 学校が無ければ、卒業も無い!!」

梓「支離滅裂ですよ……」

唯「だったら止めてみなよ……もう無理だけど」

憂「そんな事……無い!」

唯「憂?」

憂「そんな理由で……私達の学校を破壊させたりなんかしない!!」

唯「エクスギー太のプログラムに逆らってる……?」

憂「エターナルメモリの効果を壊せば、もう一度変身出来るはず!!」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 09:13:38.58 ID:YdVdUDjcP
唯「させない!」

梓「こっちの台詞です!!」

飛び出した唯を抱きかかえて止める梓。

唯「は、離して!」

梓「憂、早く!!」

憂「あああああああ!!」

煙を上げるエクスギー太。
やがてその動きが止まり、メモリが全て排出されてしまう。

唯「そんな……」

梓「憂!」

憂「だ、大丈夫だよ……頭クラクラするけど、エターナルメモリの効果も壊したしね」

唯「まだだよ!」

憂「お姉ちゃん……」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 09:17:13.03 ID:YdVdUDjcP
校内

紬「メモリが戻ってきた?」

澪「……」

紬「唯ちゃんに何かあったのかしら?」

和「……どうやら、あの二人がやってくれたみたいね」

紬「私、見てくるわ!」クネクネタッタッタ

澪「……ゲームスタート」トリガー!

和「決着をつけましょうか」アクセル!

和「梓ちゃんばっかり良いところ持っていって悔しいから、振り切らせてもらうわよ。変……身っ!!」

トリガー「……」

アクセル「ゲームセットまでのカウントは、私がしてあげるわ」トライアル!

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 09:24:53.25 ID:YdVdUDjcP
唯「こうなったら、今度は私が自分で撃つ!」エターナル!

唯「変身!」

憂「お姉ちゃん、もう止めて!」

エターナル「憂、私に逆らうの!?」

憂「お姉ちゃんは間違ってるよ! 卒業したら誰だって悲しいよ!」

憂「だからって、何かを壊して良い事にはならない!」

憂「先へ進む事を受け入れて! 止まらないで、お姉ちゃん!」

エターナル「うるさい! うるさいよ! 憂はまだ二年生だから解らないんだよ!」

憂「解るよ! 私だって、お姉ちゃんがいない学校なんて寂しいよ!」

憂「でも、それでも、私には梓ちゃんや純ちゃん……皆との時間がある!」

憂「他の皆だって、それぞれの時間があって、大切な学校なの!!」

憂「それを奪う事は、お姉ちゃんでも許さない!」

憂「私が……止める!!」

梓「それも違うでしょ……私達が、だよ」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 09:33:00.80 ID:YdVdUDjcP
憂「そうだね……いこう、梓ちゃん」

梓「うん」

エターナル「何なの……?」

梓「私達は先輩達の後輩で」

憂「お姉ちゃんの妹で」

梓「桜ケ丘高校の二年生、そして」

梓憂「仮面ライダー!!」サイクロン! ジョーカー!

梓憂「変身!!」

倒れる憂が、そっと梓の頭に手を乗せる。
それを見ながら変身する梓。

ダブル「さぁ、先輩の思い出を数えて下さい」

エターナル「そんなの……数えたくないよ!!」

ダブル「分からず屋!!」

エターナル「うわあーーー!!」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 09:39:24.49 ID:YdVdUDjcP
校内

アクセルT「いくわよ!」

マキシマムを起動し、トライアルメモリを放り投げるアクセル。

トリガー「……」

銃を乱射するが、到底当てられるスピードではない。

アクセルT「はあぁーーーーーー!!」

トリガー「……!!」

アクセルのキックが、数秒の間に何百発もトリガーに突き刺さる。

アクセルT「ゲームセット!」

止めに回し蹴りを放つアクセル。
同時に、落ちてきたトライアルメモリをキャッチする。

アクセルT「9・8秒……じゃあ私、行くね」

アクセルの背後で爆発が起こり、後には気絶した澪だけが残った。

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 09:45:12.63 ID:YdVdUDjcP
ダブル「おりゃーー!!」

エターナル「邪魔しないで!」

唯の動揺の影響か、互角の戦いを繰り広げるダブルとエターナル。

ダブル『いけるよ梓ちゃん!』

ダブル「うん!」

エターナル「調子に乗って!」

ダブル「マキシマムだ!」

ルナ「させないわ!」

ダブル「なっ!?」

ルナの触手がダブルを捕える。

ダブル「くそ!」

ルナ「ここは任せてー!!」

ダブルを抱えて校庭へ飛び降りるルナ。

ダブル「ちょっとーーーー!!」

エターナル「……お願い」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 09:50:26.82 ID:YdVdUDjcP
校庭

ダブル「何考えてるんですか!?」

ルナ「私は唯ちゃんに自由に生きて欲しいのよ」

ダブル『それが、他の人の幸せを壊す事になってもですか?』

ルナ「唯ちゃんが幸せなら良いわ」

ダブル「メモリの毒素……酷いもんだね」

ダブル『何にせよ、早く屋上に戻らなきゃ!』

ダブル「オッケー!」

その時、ダブルの足元に小さなメダルがぶつかった。
それを拾い上げるダブル。

ダブル「何これ?」

?「あ、それ私のなんだよ!!」

持ち主らしき、小柄な少女が近付く。
梓達より少し年齢の低そうな少女は、なぜかシスターの格好をしていた。

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 09:55:03.23 ID:YdVdUDjcP
ルナ「誰? 可愛い子ね、嫌いじゃないわ」クネクネ

ダブル「あなたの……? はい」

メダルを投げ渡すダブル。

?「わ、わ! ありがとうなんだよ!」

ダブル「何でも良いけど、危ないから逃げてて」

?「心配してくれてありがと。でも、逃げるのはこいつをやっつけてからなんだよ」

ダブル「へ?」

そう言って少女はベルトを取り出し、持っているメダルをはめていく。

?「変身!」

タカ! トラ! バッタ! タ・ト・バ! タトバ! タトバ♪

ダブル「変身した!?」

ダブル『上下三色……お姉ちゃん喜びそう』

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 10:02:13.61 ID:YdVdUDjcP
ルナ「あなたは何者?」

オーズ「オーズ、仮面ライダーオーズなんだよ」

ダブル「仮面ライダー……」

オーズ「ほらほら、ここは任せて、先に行って良いよ」

ダブル「……誰だか知らないけど、ありがとう!!」

オーズ「ライダーは助け合いなんだよ! 今度お腹いっぱい食べさせてくれたら嬉しいな!」

ルナ「おっしゃる通りだわ!」

触手を掻い潜り、突き進むダブル。

オーズ「君の相手は私なんだよ!」

オーズのキックが、ルナの体勢を崩す。

ルナ「可愛くて強いのね! 嫌いじゃないわ!」

その隙に呼び出したバイクで屋上へ向かうダブル。

ルナ「嫌いじゃないわー!!」

オーズ「さっさと決めて、夕飯までに帰るんだよ!」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 10:09:17.66 ID:YdVdUDjcP
オーズ「は! でやっ! せいやーー!!」

ルナ「うぐぐ……」

バッタの脚力を活かした攻撃でルナを追い詰めるオーズ。

オーズ「他のメダルの力は、また今度みせてあげるかも」

手にした剣、メタジャリバーにメダルを入れていく。

オーズ「はあぁぁ……でやーーー!!」

空間ごとルナを斬り裂き、やがて空間だけが元に戻っていく。

ルナ「唯ちゃーーーーん!!」

大爆発を起こすルナ。

オーズ「後は任せたんだよ、仮面ライダーダブル」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 10:19:45.64 ID:YdVdUDjcP
屋上

エターナル「エネルギーは溜まってるんだ、切り落とせば……」

ダブル「そうはさせない!」サイクロン! メタル!

ハードタービュラーから飛び降りると同時に、メタルシャフトで突きを放つ。

エターナル「しつこい!」

ダブル「悪かったですね!」ルナ! メタル!

エターナル「コロコロ変わらないでよ!」

ダブル「そういう能力なんです!」ルナ! ジョーカー!



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 10:23:54.62 ID:YdVdUDjcP
エターナル「この!」

ダブル「逃がさないですよ!」ルナ! トリガー!

エターナル「あぐっ!!」

ダブル「まだまだ!!」サイクロン! トリガー!

エターナル「接近戦で!」

ダブル「ほいさ!」ヒート! トリガー!

エターナル「うぐあ!」

ダブル「どりゃーー!!」ヒート! ジョーカー!

エターナル「この……あずにゃんと憂のくせに!」

エッジで切りつけるが、銀色の装甲に弾かれる。

ダブル「そんなナイフ、効きません!」ヒート! メタル!

ダブル『エクストリームで勝負だよ!』

エクストリームメモリを呼び出し、変身するダブル。

ダブルX「プリズムビッカー!!」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 10:29:21.63 ID:YdVdUDjcP
ダブルX「もうエターナルメモリは効かないですよ!」

エターナル「だったら!」ゾーン! マキシマムドライブ!

ゾーンの力で自身に残りのメモリを集めるエターナル。
全てのマキシマムを発動させ、緑の光に包まれる。

エターナル「メモリの数が違う……私の勝ちだ!!」

ダブルの足元を斬り裂く。
校舎が削れ、真っ逆さまに落ちていくダブル。

ダブルX「うわーーーー!!」

エターナル「あーはっはっは!!」

ダブルX「ここまでなの……?」

ダブルX『そんな……』

~~~

律「よぉ」

澪「……」

紬「目が覚めた?」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 10:32:16.16 ID:YdVdUDjcP
律「メモリ持ってる時は唯が正しい気がしてたけど」

澪「やっぱり、ダメだよな、こんなの」

紬「そうね……生きている限り、時間は進む物だもの」

和「まったく、迷惑掛けて」

律「すまぬ」

和「反省してるなら」

和の視線の先には落ち行くダブルが。

和「応援してあげたら?」

澪「そうだな……」

紬「そうね、もう唯ちゃんを止められるのは、あの二人だけだものね」

律「よっしゃー!!」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 10:38:12.70 ID:YdVdUDjcP
律「梓ーー!! 何とかしろーー!!」

澪「憂ちゃん! お願い!」

紬「二人ともー!! 頑張ってーー!!」

~~~

姫子「やっぱり私、学校壊してほしくない!」

いちご「授業だって、大事な思い出だもんね」

~~~

純「梓ーー!! 憂ーー!! 負けないでーー!! 後で謝るからーー!!」

さわ子「そうよ! 私の代から思い出が詰まってるのに、壊されてたまるもんですか!!」

~~~

和「……行きなさい!! そして唯の目を覚まして!!」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 10:43:05.09 ID:YdVdUDjcP
ダブルX「これは……声……皆の声が……」

ダブルX『私達に、力を!!』

エクストリームメモリの中心に声が風となって集まり、ダブルが黄金色に輝く。
その背には、マフラーの様な三対の羽根が生えていた。

ダブルGX「はっ!!」

飛び上がるダブル。

エターナル「本当に……しつこい!!」

マキシマムの力を全て光弾に変えて放つ。
巨大な光弾に、両足を揃えた飛び蹴りの姿勢で一直線に飛び込んでいくダブル。

ダブルGX「うおおおおお!!」

回転し、光弾を消し飛ばす。

エターナル「嘘!?」

ダブルGX「だーーー!!」

ダブルのキックが、エターナルに炸裂する。

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 10:48:47.78 ID:YdVdUDjcP
エターナル「こ、このままじゃ……」

ダブルGX『そう、卒業しなきゃいけなんだよ……』

エターナル「卒業するのは……久しぶりだな……ごめんね憂、あずにゃん……世話掛けてばっかり……」

ダブルGX「……てやーーー!!」

爆発し、砕け散るエターナルメモリと25本のメモリ達。
変身の解けた唯を抱え、校庭に降り立つダブル。
既にその姿は通常のエクストリームに戻っていた。

和「お疲れ様」

ダブルX「終わりましたよ」

少し削れた校舎を見上げるダブル。

ダブルX「すぐに、直るよね?」

ダブルX『大丈夫だよ……きっと』

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 10:55:33.34 ID:YdVdUDjcP
夜。グラウンドで花火に興じる唯達。

梓「良いんですか?」

さわ子「いーのいーの、あなた達は学校を守ったヒーローなんだから」

唯「そーそー」

和「あんたが言う?」

唯「う、ごめんなさい」

和「まったく」

律「ロケット! マキシマムドライブ!」

澪「人に向けるな!」

紬「あらあら」クネクネ

純「結果的にしばらく授業は潰れたね」

憂「どさくさに紛れて先生を倒した人がいたらしいね……」

律「へっくし!!」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/16(月) 11:00:25.78 ID:YdVdUDjcP
唯「皆楽しそうだね」

憂「お姉ちゃんはこんな日常を壊そうとしたんだよ? めっ!」

唯「ごめんなさい……」

憂「ま、メモリの影響って事で……今度だけは許しちゃう」

梓「私は……許しません」

唯「あ……」

梓「でもまぁ、今後の練習態度しだいでは、考えましょう」

唯「あ、あずにゃん!」

梓「抱きつかないで下さい! 暑い!」

唯「ふふ……二人とも、私よりよっぽど大人だね」

憂「そうだよー、お姉ちゃんも成長しないと置いてくよー」

唯「がーん」

梓「……やれやれ」

ボクノココロニヨワサハスミツイテタ~♪

おわり

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。