FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真矢みき「使い続けてると、分かるのよね」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 05:28:34.82 ID:zFAewHRxO [1/56]

主婦「はぁ」

テレビ『だってだんだん肌がさ』

主婦「なんかこのCM腹立つのよね」

テレビ『やっぱり、あきらめない事が大切だと思うの』

主婦「あんたは、元から肌が綺麗なだけじゃない」

テレビ『あきらめないでっ』

主婦「しつこいっ」

ピッ

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 05:29:47.36 ID:zFAewHRxO

テレビ『使い続けてると、分かるのよね』

主婦「うわっ、またやってる」

テレビ『だってだんだん肌がさ』

主婦「このシワが、石鹸一つでなくなったら苦労しないわっ」

テレビ『やっぱり、あきらめない事が大切だと思うの』

主婦「もう容姿なんて、気にする年代じゃないのっ」

テレビ『あきらめないでっ』

主婦「うるさいっ!」

ピッ



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 05:31:48.20 ID:zFAewHRxO

テレビ『使い続けてると、分かるのよね』

主婦「………ッチ」

テレビ『だってだんだん肌がさ』

主婦「私はもう結婚して子供も大きくなったし」

テレビ『やっぱり、あきらめない事が大切だと思うの』

主婦「肌なんてどうでもいいのよ…!」

テレビ『あきらめないでっ』

主婦「そんなのは独身女だけの悩みなのっ!」

ピッ



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 05:32:39.76 ID:zFAewHRxO

テレビ『使い続けてると、分かるのよね』

主婦「はあああああああああぁ………」

テレビ『だってだんだん肌がさ』

主婦「……分かったわ!!!もう、私の負けよおぉぉぉ!!!」

テレビ『やっぱり、あきらめない事が大切だと思うの』

主婦「そう!まだ諦めたくないのぉぉぉぉぉ!!」

テレビ『あきらめないでっ』

主婦「あたしが間違ってたぁぁぁ!!電話しますぅぅぅ!!!」

ぴぽぱぽ



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 05:33:44.01 ID:zFAewHRxO
―都内某所


真矢みき「マネージャー、先月のお茶石鹸の売り上げは?」

マネ「はい、真矢さんのお陰で右肩上がりでございます」

真矢みき「そう、それだけ諦めてない女性が増えてると言う事ね」

マネ「は!その通りでございます、真矢さんの想いが国民に伝わった結果です」

真矢みき「……あれ?あなたちょっと肌がくすんでない?」

マネ「ええ、でも私は男なので肌はあまり気にしてな」

真矢みき「あきらめないでっ」

マネ「はっ!」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/14(土) 05:38:19.12 ID:zFAewHRxO

真矢みき「あの女性誌のお肌アンケート調査は、どうなっているの?」

マネ「そ、それはですね……先月よりあきらめてる派が10%に減りました」

真矢みき「そう、先月の20%から半分になったわね、あきらめてない派は?」

マネ「それが……あきらめてない派が50%……」

真矢みき「なんですって!?先月の60%から減ってるじゃない!!」

マネ「その代わりあきらめさせて派が40%……」

真矢みき「な、何なのよ?そのあきらめさせて派って!?」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/14(土) 05:39:32.33 ID:zFAewHRxO

マネ「それは……」

真矢みき「それって主婦があたしに反発してるって事じゃない!」

マネ「実はあのCMを良く思ってない主婦もいるみたいで……」

真矢みき「そ、そんなっ!…分かったわ!あたしに考えがある!」

マネ「それはどんな?」

真矢みき「もっとCM回数を増やすのよ!そしてもっとあきらめないで度を高くしなさい!」

マネ「あ、あれ以上あきらめないで度を高く…!?」

真矢みき「何か問題でもあるの!?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/14(土) 05:40:46.57 ID:zFAewHRxO

マネ「あれ以上あきらめない度を高くすると、商品自体の宣伝が……」

真矢みき「商品の宣伝なんてどうでもいいじゃない!あきらめない事自体が大切なんだからっ!」

マネ「しかし…」

真矢みき「最後にちょろっと通販の電話番号出せばいいのよ!」

マネ「じゃあ会社と掛け合ってみます…」

真矢みき「あそこの社長とは仲が良いから、首を横には降らないと思うわ!」

ぴぽぱぽ

マネ「あ、今受け付けが話し中みたいです」

真矢みき「あきらめないでっ!」

マネ「はっ!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 05:44:16.17 ID:zFAewHRxO
―数日後


テレビ『あきらめないで使い続けてると、分かるのよね』

テレビ『あきらめないで、だってだんだん肌がさ』

テレビ『やっぱりあきらめないで、あきらめない事が大切だと思うの』

テレビ『あきらめないでっ』


主婦「何このCM……」

主婦「あきらめないでばっかりじゃない……」

主婦「あれっ、なんだか立ちくらみが……」

子供「ママー大丈夫!?」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/14(土) 05:45:54.13 ID:zFAewHRxO
―一ヶ月後


テレビ『あきらめないでっ』

真矢みき「うんっ、このくらいあきらめないで度が高ければ大丈夫ね」

マネ「真矢さん……」

真矢みき「神妙な顔してどうしたのっ?」

マネ「実は真矢さんに、全国の主婦から投書が届いています……」

真矢みき「あら嬉しいわ、どんなのかしら……」

マネ「気を落とさないで下さい……」


「あなたにあきらめが肝心という言葉を贈るわ群馬59主婦」
「芸能人と一緒のリングに乗せないで下さい東京43主婦」
「あなたのせいで鬱気味になってしまいました神奈川36主婦」

真矢みき「こ、これは……!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/14(土) 05:47:16.35 ID:zFAewHRxO

マネ「実はまだこれだけではありません、事務所に段ボールでギッシリ…」

真矢みき「こ、この人達が中途半端なところで、あきらめてるからこうなるのよっ!」

マネ「わ、私もそう思います!」

真矢みき「しかも何!?あたしのせいで鬱になった!?鬱を乗り越えたその先に美肌が待ってるんじゃない!」

マネ「そうですよね!」

真矢みき「こういう人には直接言って聞かせるしかないわっ!」

マネ「まさかっ!?」

真矢みき「マネ!車を出して!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/14(土) 05:52:01.15 ID:zFAewHRxO
―横浜


主婦「あきらめさせて~……うう……」

夫「お前はあきらめていい!もう無理するな!」

子供「ママー、あきらめてー!」

主婦「肌をあきらめさせて~……うう……苦しい……」

夫「あのCMのせいで、妻はこんな事に……!」

ピンポーン

夫「誰だ!こんな時に!?」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/14(土) 05:53:15.84 ID:zFAewHRxO
ガチャ

夫「どちら様ですか?」

マネ「私は真矢みきのマネージャーでございます」

夫「なんだって!?あのCMの!?」

マネ「はい、今回奥さんがあきらめかけているという投書を頂きまして…」

夫「ほ、ほっといてくれ!帰ってくれ!」

バタン!

夫「!?ドアに足をねじ込むなっ!」

マネ「お願いしますっ!奥さんと話しをさせて下さい!」

真矢みき「マネ!あきらめないで!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/14(土) 05:54:34.13 ID:zFAewHRxO
グイッ!

夫「なんだこの馬鹿力は!」

マネ「実は私、中学高校、大学と柔道をやっていましてね…!」

夫「何っ!?どうりで…、でも俺もレスリングを中学からやってたんだ……!」

マネ「なんだって!?それは力で負ける訳にはいかないっ!」

夫「こっちのセリフだっ……!」

グググ……

真矢みき「どっちもあきらめないで!」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/14(土) 05:55:23.05 ID:zFAewHRxO
ガタン!


夫「うわぁー!」

マネ「あきらめなかったらドアが開きました!」

真矢みき「そうよ!あきらめなかったらどうにかなるのっ!」

マネ「さ、真矢さん!家の奥に!」


真矢みき「あきらめないでーーーー!」タタタタタタタタタタタタ


~~~~~~~~~


主婦「ああ……幻聴が聞こえる……」

子供「ママー!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/14(土) 05:57:59.84 ID:zFAewHRxO
ガチャ!


真矢みき「あきらめないでっ!」

主婦「ああ……今度は幻覚が……」

真矢みき「幻覚じゃないわ!実像よ!」

主婦「あたしもう駄目かも……」

がしっ

真矢みき「駄目じゃないっ!あきらめないでっ!」

子供「ママーをあきらめさせてよー!エーン!」

真矢みき「泣かないで!そしてあきらめないで!」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 05:59:34.09 ID:zFAewHRxO


「あきらめていいのよ~」


主婦「え?何この優しい声……」

真矢みき「だ、誰!?そんな事言うのは!」


「もうあきらめなさ~い」


主婦「あたし……あきらめていいの……?」

真矢みき「だ、駄目に決まってるじゃない!」

子供「わーい!ママあきらめれるよー!」

真矢みき「マネ!この声は一体どこから聞こえて来るの!?」

マネ「至急調べます!」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 06:01:09.20 ID:zFAewHRxO
―河原



ンチャンチャンチャンチャ♪

主婦「さあ、みんな、リズムに合わせてあきらめるのよ~♪」

ンチャンチャンチャンチャ♪

主婦「手を繋いで輪になって~♪」

ンチャンチャンチャンチャ♪

主婦「みんなであきらめれば怖くない~♪」

ンチャンチャンチャンチャ♪

主婦「肌なんてどうでもいいのよ~♪」

ンチャンチャンチャンチャ♪

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/14(土) 06:05:56.10 ID:zFAewHRxO

主婦「さあみんなであきらめて~♪」




真矢みき「ハアハア、な、なんなのこの人達は!?」

マネ「こ、これは、あきらめてる派の主婦の集会ですね!」

真矢みき「こんな集会開かれたら、たまったもんじゃないわ!」

マネ「あきらめてる主婦が増えだしたのも、この集会から発せられた念のせいかも知れません!」

真矢みき「こんな集会さっさと潰すのよ!あきらめてない派の主婦を集めなさいっ!」

マネ「はっ!」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/14(土) 06:07:49.99 ID:zFAewHRxO

主婦「ふう、これで今日も大分お肌をあきらめれたわね」

主婦「そうね、私達の声が一人でも多くの主婦に届けば嬉しいわ」

主婦「主婦に美しい肌なんて必要ないのよ」

主婦「いつか悪玉の真矢みきをやっつけれたらいいのにね」

主婦「いつかテレビ局に出迎えてやりましょう」


「その必要はないわっ!」


主婦「こ、この声は!?」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 06:08:41.18 ID:zFAewHRxO

真矢みき「あたしよっ!」

主婦「ま、真矢みき!!」

真矢みき「そう、あたしが真矢みきよ」

主婦「な、何しにやって来た!」

真矢みき「この集会を潰す為…そして……あなた達の肌をあきらめさせない為!!」

主婦「フフフ…」

真矢みき「な、何がおかしいの!?」

主婦「あなた一人でこの主婦達全員をあきらめさせる事ができるとでも…!?」


ズラッーーーーー

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/14(土) 06:11:49.08 ID:zFAewHRxO

真矢みき「あ、あきらめるか、あきらめないかは数じゃないわ!」

主婦「あらその不安そうな顔、もしかしてあなた……」

真矢みき「………」

主婦「あきらめかけてるんじゃないの……?」

真矢みき「そ、そんな訳ないでしょっ!」

主婦「なーらいいけど、フフフ…今ここには300人ものあきらめてる主婦がいるのよ?」


フフフ…フフフ…フフフ…フフフ…
フフフ…フフフ…フフフ…
フフフ…フフフ…フフフ…


真矢みき「ック…………!」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 06:15:02.87 ID:zFAewHRxO
睡魔で書くのあきらめて寝る

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 14:43:10.16 ID:zFAewHRxO
主婦「さあ、真矢みきをあきらめさせるわよっ!」

主婦「ええ!」

ジリジリ

真矢みき「わたしは袋のネズミのようね……」

主婦「今さら気付いたの?」

真矢みき「最初のつかみ掛かった3~4人をあきらめさせないのが限界……」

主婦「フフフ……」

真矢みき「でもね、その3~4人は一生肌をあきらめさせなくさせるわっ!」

主婦「ッ!!」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 14:50:24.40 ID:zFAewHRxO
 ざわ… ざわ…

主婦「クッ……!」

真矢みき「どうしたの?あきらめないのが恐いの?」

主婦「みんな、ひるまないでっ……!」

主婦「あたし、こわい!」

真矢みき(マネ…、援軍はまだなの?そろそろ時間稼ぎも限界…)

主婦達「あたし達に真矢みきをやらせてくれる??」

主婦「ママさんバレーの皆さん!!」

真矢みき「ママさんバレー……?」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 15:16:25.06 ID:zFAewHRxO

主婦達「あたし達の脚力があれば、真矢みきに指一本触れずにあきらめさせる事ができるわ!!」

主婦「た、頼もしいわ!」

真矢みき「指一本触れずに……?」

主婦「さあ、真矢みきを囲んで輪になって走るのよ!」

主婦達「おうー!」

タタタタタタタタタタタタタタタタ

ンチャンチャンチャンチャ♪
ンチャンチャンチャンチャ♪
ンチャチャンチャチャチャ♪

あきらめて~
あきらめて~
あきらめて~

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 15:21:57.96 ID:zFAewHRxO
ンチャチャチャンチャチャ♪

あきらめて~

真矢みき「イヤァァアアアアアアアアアアアア―――」

主婦「さああなたも♪」

主婦「このリズムに乗って♪」

主婦「あきらめるのよ♪」

真矢みき「アキラメナイデェェエエエエーーー!!」

ヨタヨタヨタヨタ…

真矢みき「主婦達との、きょ、距離が縮まらない……」

主婦「ホホホホホホ―――――」

ンチャチャチャンチャチャ♪

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 15:27:11.14 ID:zFAewHRxO
ンチャチャチャンチャチャ♪

主婦「あなたが動くとあたし達も動くの♪」

主婦「だからこの円の半径は変わらない♪」

主婦「あらあらなんで苦しむの♪」

主婦「あきらめたら助かるのに~♪」


真矢みき「うう……もう……こうなったら……」

ゴソゴソ

真矢みき「食らいなさい!お茶石鹸っ!」

ヒュン! ヒュン! ヒュン!
主婦達「!!」


ンチャチャチャ♪
ンチャチャチャ♪

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 15:39:37.36 ID:zFAewHRxO

 スカッ! スカッ! スカッ!

主婦「あなたが狙ってるのは♪」

主婦「一周遅れの残像よ♪」

真矢みき「な、なんです……って……お茶石鹸が無くなって力が出……ない……」

バタンッ!

主婦「さあ真矢みきが倒れたわ!」

主婦「一斉に飛び掛かってあきらめさせるのよっ!」

主婦「それっ!」

真矢みき「………」

グワッ!



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 15:46:15.09 ID:zFAewHRxO
ボカボコボカ

ズカドコ

ドン

主婦「ふう、これくらいあきらめさせれば十分ね」

主婦「案外あっけなかったわね」

主婦「あきらめた真矢みきの、ぶざまな顔を拝もうかしら」

ゴロンッ!

主婦「こ、これは!」

主婦「ま、真矢みきの服を着た人型のお茶石鹸!!」



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 15:54:03.97 ID:zFAewHRxO

主婦「ほ、本物はどこ!?」

真矢みき「上よっ!」


あ き ら め な い で !


主婦「うっ」

バタン
バタン
バタン
バタン

真矢みき「ふう、裸になってしまったわ、旦那には見せられないわね」

主婦達「おのれぇ~……!」

真矢みき「つ、次はあなた達の番……よ…」

カクッ

真矢みき「足に力入らないっ……!」


主婦「フフフ……今のであきらめないでを使い果たしたみたいね」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 15:59:11.62 ID:zFAewHRxO
ジリジリ……

主婦「フフフ…、あきらめないでを使い果たした真矢みきなんて、ただのおばさん」

主婦「さあ、じっくりあきらめさせてあげるわ」

主婦「まずどこから、あきらめさせてあげようかしら」

主婦「そうね、まず二度とお茶石鹸を持てないように腕からあきらめさせてあげましょう…」

がしっ

ボキィィイイイ―――!

真矢みき「うぎゃぁああああああー!!」

主婦「あらあら、いい声であきらめてくれるじゃない」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 16:06:31.56 ID:zFAewHRxO

真矢みき「ハアハア……」

主婦「今までの威勢の良さは、どこにいったの?」

真矢みき「す、好きにしなさい、でもあたしはあきらめないから……!」

がしっ

ボキィイイイ―――!!

真矢みき「ぎゃあああああああーーーーーー!!」

主婦「あらあら、もう両腕あきらめちゃったわね」


マネ「真矢さーーーん、遅くなりました!!」

真矢みき「ま、マネ!!」

主婦達「ッチ」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 16:13:40.33 ID:zFAewHRxO
タタタタタタタタッ

マネ「ま、真矢さん!?大丈夫ですか!?」

真矢みき「あ、あたしは大丈夫……」

マネ「う、腕が……、おかしな方向にあきらめてる…!!」

真矢みき「大丈夫よ、それより……、主婦達は集まった?」

マネ「ええ、それが……、50人しか集まりませんでした……」

あきらめてない主婦達「真矢みきさーーーーーん」

真矢みき「ああ……あきらめてない声が聞こえる……」

マネ「あきらめてない主婦はあきらめてないから、デートやショッピングで忙しくて……」

真矢みき「いいえ、50人も居れば大丈夫よ」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 16:19:57.33 ID:zFAewHRxO
てない主婦「ま、真矢みきさんがこんな事に!!」

てない主婦「真矢さん!!あきらめないで!!」

真矢みき「ええ……あたしはあきらめてないわよ……」

主婦達「ふん、何人いても同じ事よ」

てない主婦達「よ、よくも真矢みきさんを」


主婦達「さあ、数で押し切ってあきらめさせるわよっ!!」

てない主婦達「あいつらをまとめて、あきらめれなくさせるわよ!!」


ウオオオオ―――――――――………………………


真矢みき(みんな……あきらめてないで……)

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 16:27:18.10 ID:zFAewHRxO
ウオオオオ―――――――…………


てない主婦「あれ?あなたどこかで見た事ある顔!」

主婦「あなたはお隣りさんの……」

てない主婦「こんなところで出会うとはねっ」

主婦「通りであなた最近化粧も服も派手になったと思ったら……あきらめてなかったのね?」

てない主婦「いいじゃないっ!あきらめない事は大事な事よ!」

主婦「あきらめない事がどれだけ無力か思い知らせてあげる……」

てない主婦「正々堂々と勝負よ!」



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 16:33:02.97 ID:zFAewHRxO
ジリジリ…

主婦「………」

てない主婦(最初に動いたほうが負けね……)

主婦「今よ!」

てない主婦「えっ!?」

主婦「あきらめて!!」

ドンッ!

てない主婦「うっ!」

バタン!

主婦「ククク…」

てない主婦「あ、あなた……背中からあきらめさせるなんて……それでも主婦?」

主婦「ここは戦場よ?背中からあきらめさせられて文句言うなんて馬鹿よ」

てない主婦「無念……」



117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/14(土) 16:40:36.34 ID:zFAewHRxO
てない主婦「駄目……、数が多過ぎる……」

てない主婦「あきらめないで!あなた真矢さんのCMで何を学んだの!?」

てない主婦「でも…これじゃ…」

てない主婦「この全体のあきらめムードは一点から発せられてる……」

てない主婦「どういう事?」

てない主婦「あの奥にいる、寝てる主婦、あれがボスよ」


寝てる主婦「………………………………」


てない主婦「じゃあ、あいつを人質に説得すれば……」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/14(土) 16:46:15.80 ID:zFAewHRxO
てない主婦「あきらめてる主婦達!聞きなさい!」

主婦「え?」

てない主婦「こいつが……あなた達のボスよね?」

寝てる主婦「…………………」

主婦「ボ、ボス!!」

主婦「いつの間に!?」

てない主婦「このボス主婦がどうなってもいいのかしら?」

てない主婦「さあ、あなた達降参しなさい!!」

主婦「……………」

主婦「……………」

てない主婦「聞こえなかったの!?」

てない主婦「ボスがどうなってもいいの!?」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 16:50:18.03 ID:zFAewHRxO

てない主婦「ねえ!あなた達っ!」

てない主婦「やめな……無駄よ……」

てない主婦「え!?どうして!?」

てない主婦「こいつら……」


主婦達「………」


てない主婦「ボスの命さえもあきらめてるわっ!!!」

てない主婦「なんですって!?」

てない主婦「どうすればいいの……」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 16:57:21.40 ID:zFAewHRxO
主婦「これで分かった?あきらめる事が最強なのよ」

てない主婦「そんなはずは!そ、そんなはずは!」

主婦「それにあなたの仲間達はもうあきらて、あたし達に吸収されたわ」


元てない主婦達「………」


てない主婦「み、みんな!!」

主婦「もう残りはあなた達だけよ……」

主婦「さあ、あきらめなさい?楽になるから……」

てない主婦「くっ………!!」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 17:01:33.85 ID:zFAewHRxO

てない主婦達「……………」

主婦「そう、いい顔になってきたわ、さあ、こっちに来なさい……フフフ……」


真矢みき(み、みんな……)

真矢みき(もう駄目なの……?)

真矢みき(あたしが間違っていたの……?)

真矢みき(ねえ……神様……)


フォ フォ フォ フォ フォ フォ


真矢みき「こ、この声は……?」



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 17:10:02.52 ID:zFAewHRxO


安西先生「フォフォフォフォフォフォ」


主婦「あ、あれはもしかして!?」

主婦「駄目っ!みんな聞いちゃ駄目!」


安西先生「諦めたら、そこでお肌終了ですよ」


主婦「イヤアアアアアアアアアアアアアアアー!!!!!!!」

主婦「息子に借りてスラダン読むんじゃなかったー!!!!!!!!」

主婦「何この説得力ー!!!!!!!!!」

主婦「あきらめたくなくなっちゃうー!!!!!!!!!」


真矢みき(安西先生……来てくれたの……)

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 17:16:27.92 ID:zFAewHRxO
安西先生「諦 め た ら そ こ で お 肌 終 了 で す よ」


主婦「なんか全てを今にかけたくなっちゃうぅぅぅー!!!!!!」

主婦「諦めてる自分が馬鹿みたいいいー!!!!!!」

主婦「クレンジングがしたいです先生!!!!」

主婦「イヤアアアアアアアーーー」ビクンビクン


てない主婦「見て!主婦達がみるみるあきらめなくなってる!!」

てない主婦「この調子で行けば!!」



寝てる主婦(これは………………)

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 17:20:57.56 ID:zFAewHRxO
寝てる主婦(みんな馬鹿みたい……)

寝てる主婦(そもそも誰よあれ……)

寝てる主婦(あきらめるのが一番のはず……)

寝てる主婦(もしかしてあたしが間違ってたの………)

寝てる主婦(ねえ神様………)


 だもの だもの だもの だもの


寝てる主婦(この声は……?)

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 17:26:28.16 ID:zFAewHRxO

みつを「だもの だもの だもの」


てない主婦「あ、あれはもしかして!?」

てない主婦「み、みんな耳を塞いで!!」


みつを「お肌汚くたっていいじゃない、人間だもの」


てない主婦「あいだみつをー!!」

てない主婦「何この全てをどうでも良くさせる言葉ー!!」

てない主婦「お肌にこだわってる自分が滑稽ー!!」

てない主婦「ああ癒されるー!!」


寝てる主婦(みつをさん……)

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 17:34:33.48 ID:zFAewHRxO
みつを「お 肌 ガ サ ガ サ で い い じ ゃ な い 人 間 だ も の 」


てない主婦「なんか生きてるだけで良い気がしてきたー!!!」

てない主婦「お肌なんて二の次なのよー!!」

てない主婦「諦めたっていいじゃない人間だものー!!」


主婦「みつをさんの言葉でみんなが!」

主婦「あきらめはじめたわ!」


安西先生「フォフォフォフォフォ」




136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 17:40:22.42 ID:zFAewHRxO
安西先生「………」テクテク

みつを「………」テクテク


主婦達「あ!あの二人が近づいていく!!」

てない主婦達「一体どうなるの!?」


真矢みき「これは……頂上決戦よ……」

マネ「なんか……二人からすごい説得力を感じます!!」

真矢みき「ええ……あたしなんかとてもじゃないけど、あの中には入れないわ……」

マネ「ま、真矢さんでも!?」

真矢みき「あたしなんか2秒で説得されるでしょうね……」

マネ「ゴクリ……」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 17:50:53.20 ID:zFAewHRxO

バチ!バチ!バチ!バチ!

安西先生「………」ジー

バチ!バチ!バチ!バチ!

みつを「………」ジー

バチ!バチ!バチ!バチ!


真矢みき「うっ……すごい説得力……あなた、伏せてた方がいいわよ」

マネ「私は大丈夫……ですよ、一応真矢みきのマネージャーですよ?」

真矢みき「ふふ、そうだったわね」

マネ「少しは役に立たなくちゃ……」

真矢みき「えっ?」

マネ「見てて下さい真矢さん!」タタタタタタタタタタタタ

真矢みき「だ、ダメーーーー!!!!!!!」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 18:04:00.03 ID:zFAewHRxO
タタタタタタタタタタ

マネ「うおおおおおおおおおーーー!」

バチチチチチチチン!!

マネ「うわっ!!」


ズササササササ―――――――!!!


マネ「うっく!ぐはっ!」

真矢みき「だ、大丈夫!?」

マネ「せ、説得力だけで、吹き飛ばされてしまいました……ハアハア」

真矢みき「もう!馬鹿なんだから!」

マネ「すいません、何のお役にも立てなくて……」

真矢みき「いいの、あなたはここでゆっくり体をあきらめないで……」

マネ「は、はい……」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 18:18:01.46 ID:zFAewHRxO
バチ!バチ!バチ!バチ!

安西先生「………」

バチ!バチ!バチ!バチ!

みつを「………」

バチ!バチ!バチ!バチ!


主婦「さっきからあの二人睨みあってる……」

てない主婦「これから何が始まるの……」

主婦「どちらが先に動く……」

てない主婦「あ、安西先生が口を開いた!!」

安西先生「………」パカッ

主婦「みつをさんも開いた!!」

みつを「………」パカッ

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 18:25:30.53 ID:zFAewHRxO
安西先生「諦めたらそこ

みつを「チンコチンコ!チンコ!チンコ!」

安西先生「うっ、ゴホン、諦めたらそこで試

みつを「チンコ!チンコ!チンコ!チンコ!」


てない主婦「あ、安西先生の名言を、卑猥な言葉で説得力を掻き消してるわっ!!」

主婦「さ、さすがみつをさん!!」

てない主婦「なんて卑怯なの!!」


安西先生「あきらめたら

みつを「チンコ!チンコ!チンコ!チンコ!」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 18:34:02.94 ID:zFAewHRxO
みつを「………」パカッ

主婦「こ、今度はみつをさんがっ!!」

みつを「つまずいたっていいじゃ

安西先生「アワワワー!!聞こえなーーい!!アワワワーー!!」

みつを「んんっ、間違ってもいいじゃ

安西先生「アワワワーーー!何言ってるのか聞こえなーーーー!!アワワワー!!」


主婦「お、大声を張り上げながら、耳に指を出し入れしてる!」

てない主婦「安西先生やるわねっ!」

主婦「た、ただのガキねっ!!」


安西「アワワワー!!耳がグワングワンしてるだけ!聞こえなーい!!」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 18:39:30.31 ID:zFAewHRxO
みつを「チンコ!チンコ!チンコ!チンコ!チンチン!チンコ!」

安西先生「アワワワーー!耳グワングワン聞こえなーい!!」

みつを「チンチン!チンチン!チンコ!チンコ!チンチン!」

安西先生「聞こえないから意味なーい!はい!意味なーい!」


主婦「………」

てない主婦「………」


真矢みき「あの二人の説得力が……急激に落ちてる……!」

マネ「ただただ引いてます…」


主婦「あたしあの人についていけないわ……」

てない主婦「あたしも……」

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 18:45:43.17 ID:zFAewHRxO
真矢みき「なんだか戦ってるのが、アホらしくなってきたわ……」

マネ「そうですね……」


てない主婦「やっぱり真矢みきさんよ!!真矢みきさんについて行く!」

主婦「あたしも…真矢さんについて行こうかな!」


主婦達「真矢さん!真矢さん!あたし達にご教授を!」

真矢みき「もう……そのくらい自分で決めてよ……」

主婦達「えっ?」


真矢みき「諦めるか諦めないかぐらい、自分で決めて」

マネ(真矢さん……)

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 18:49:00.93 ID:zFAewHRxO
―数日後


テレビ『使い続けてると、分かるかも知れないわよね』

テレビ『だって自分で試さなきゃさ』

テレビ『やっぱり、使ってみて決める事が大切だと思うの』

テレビ『自分で決めてっ』


主婦「そうそう、コレコレ~」



~完~


167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/14(土) 21:34:16.97 ID:RkIRRwFu0
あきらめましょう / 華原朋美



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。