FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹「マジキモいんですけど」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/22(月) 17:33:46.72 ID:Ps8cBYy+0
兄「お前・・・それは・・・」

妹「プレイヤーの中にAV入れっぱなしとかありえないわ」

兄「お、親父じゃないかな?」

妹「しらばっくれる気?」

兄「い、いやぁ。身に覚えがないなぁと」

妹「そう。じゃあ、今晩お父さんにこれ返しておくね☆」

兄「お、おう。よろしく!」

兄(うおぉぉ!!俺の至高の一本がぁ!!!)

兄(っていうか、妹のやつマジで親父に手渡す気か?)

兄(いや、ありえん。ここはチャンスを待つか。)

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/22(月) 17:39:16.85 ID:Ps8cBYy+0
夕御飯にて

兄(妹よ、いつこの俺に隙を見せる?)

兄(風呂のときにこっそり探索といくか)

兄(いや、こいつは眠りが深いから寝るときまで待つか)

兄(いや、危険因子を長時間放置は神経に悪い)

兄(くそー!とりあえず考える時間はあるはずだ!ゆっくり飯でも食うか。)

妹「あ、お父さん。はいこれ」

父「?」

ガサゴソ

父「・・・」ニヤリ

兄(NOOOOOOOOOOOOOOOOO!!!!!!!)

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/22(月) 17:44:38.35 ID:Ps8cBYy+0
兄(うっうそだ!あいつ本当に渡すとは!)

兄(言い訳を・・・上手い言い訳を早く考えるんだ!)

父「兄よ。」

兄「はいっっっ!」ビクッ

父「後で話がある。」

兄「それはどんなご用件でせう?」

父「ここで言ってもいいのか?」ニヤリ

兄「いやっ!後でお願いします!」

妹 ニヤリ

兄(こいつらニヤニヤしすぎだろ!)

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/22(月) 17:49:44.17 ID:Ps8cBYy+0
兄「お前なぁ・・・」

妹「なに?」

兄「空気よめよぉ」

妹「何の事?」

兄「いや、まぁいいや。」

妹「巨乳女子校生たっぷり4時間のこと?」

兄「お前・・・。女の子が卑猥な単語口にするな」

妹「はーい!あ、お説教頑張ってねぇ!」

兄「はぁ・・・。誰のせいだ誰の」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/22(月) 17:52:45.53 ID:Ps8cBYy+0
コンコン

父「入れ」

ガチャ

兄「あのー、お話というのは・・・」

父「・・・」

兄「・・・」

兄(何だこの空気!?たかがAV一本でこの空気?)

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/22(月) 17:57:31.45 ID:Ps8cBYy+0
父「お前には言っておかなければならないことがある」

兄「はいっ!」

父「来月から転勤になった」

兄「すいません!リビングで見てすいません!」

父「?」

兄「?・・・え?」

父「いや、だから来月から転勤になった。」

兄「え?そんな話?」

父「そんな話とはなんだ。転勤は大事だろう」

兄「あ、そうですよね。すいません。」

兄(あれ?AVは?)

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/22(月) 18:05:04.22 ID:Ps8cBYy+0
父「海外の長期的な転勤でな、お前たちには日本に残ってもらうことになる」

兄「はぁ」

父「まぁ、二ヶ月に一回ほどは帰ってくる余裕があるらしいから心配するな。」

兄「はぁ」

父「妹には時期をみて言うことにする。」

父「あれは一昨年に母を無くしてからふさぎ込みがちだからな」

兄「うん」

父「まぁ、特に問題は無いと思うがお前は何かあるか?」

兄「いや、特に・・・」

父「そうか。じゃあ、話はこれで終わりだ。」

兄「わかった。」

兄(転勤か・・・。ちょっと寂しいかも。)

兄(何だかんだ言ってもこの二年間は親父に支えられてきたからなぁ)

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/22(月) 18:09:51.38 ID:Ps8cBYy+0
兄(あれ?そういえばAVは?)

兄(まぁ、何だかんだ言って渡せるわけないよなぁ)

父「あぁそれと」

兄「?」

父「お前は巨乳好きなんだな」スッ

兄「NOOOOOOO!!!!!!!!!」

父「そうあわてるな。俺もお前ぐr・・・」

バタン タッタッタッタ

父「逃げたか。」

父「にしても・・・性癖も遺伝なのか?」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/22(月) 18:15:33.00 ID:Ps8cBYy+0
兄 グスッ

妹「何泣いてんの?」

兄「ばか」スンスン

妹「たかがAVばれたくらいでヘコみすぎだろwww」

兄「お前!親に性癖の片鱗をみられた子供気持ちを考えろ!」

妹「・・・うわ。考えたら最悪の気分になった。」

兄「そうだろそうだろ。俺は親父に巨乳好きとして認識されたんだ!」

兄「彼女を紹介するときも、『なるほどな』みたいな目で見られるんだ!」

兄「うわー」

妹「あー、重症だ。」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/22(月) 18:23:04.20 ID:Ps8cBYy+0
翌朝

兄 [壁]_・。)チラッ

妹「あ、兄。おはよう」

父「おはよう」

兄「お、おは、おはようございます!」ゴン

兄「!!! っつーーー」

妹「何馬鹿なことしてんの?」

父「痛がってないで早く飯を食え」

兄「は!はひぃ!」

兄 モグモグ ソワソワ

父・妹 チラ

兄 チラ

父・妹 モグモグ

兄 ? モグモグ ソワソワ

父・妹 ニヤリ

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/22(月) 18:28:49.73 ID:Ps8cBYy+0
妹「いってきまーす」

父「いってきます」

兄「いってらっしゃい!」

兄「ふぃ~。何か緊張したぁ~。」

兄「今日は授業も休講だし、ゆっくり気分転換するか!」

兄「というわけで、早速昨日返してもらったあれで一発ww」ゴソゴソ

妹「兄ー!忘れ物しt・・・・」

兄「えっ・・・・・・」

妹「・・・・」

兄「・・・・」

妹 ニヤリ

兄「イヤーーー!」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 13:50:24.09 ID:0uK6Ji5WQ
妹「まったく…懲りないなあ、お兄ちゃんは」


兄「…面目ない…っ」


妹「没収ート!」 ガチャ…ヒョイッ


兄「あああ~…お代官様ぁ~それだけは勘弁してけろォォ!」


妹「…(プイッ)」 スタスタ…バタン!


兄「…はわぁぁ…俺の…俺のパラダイスタイムぅぅぅ…」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 13:53:28.35 ID:0uK6Ji5WQ
とまあ、こんな感じで良ければ書きますけども…

遅筆ですが…(つд`)

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 14:06:59.51 ID:0uK6Ji5WQ
―――――学校


妹「…きょにゅう…」 (自分の胸をペタペタ、サワサワ…)


妹「やっぱ男ってきょにゅうがイイのかなあ…」


妹「…お兄ちゃんのばか…っ」


妹友「ん~?何独り言言ってんの?」


妹「…っ!な、何でもないってば」


妹友「ははぁん…また愛しのお兄様、かな?」


妹「なっ…何がっ!?」




113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 14:21:25.53 ID:0uK6Ji5WQ
妹友「小学生くらいまではず~っとお兄ちゃん、お兄ちゃん、ってベッタリだったもんねえ…妹は」 ニヤニヤ


妹「ふんっ…今はもう何でもないもん。ガサツだしエロいし…サイテーだもん」


妹友「ほほ~う、言いましたな」


妹「なっ…何だその目つきは」


妹友「性格はともかく…結構かっこいいもんな~、妹のお兄ちゃん」


妹「…そうかぁ~?」 ピクッ

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 14:41:50.37 ID:0uK6Ji5WQ
妹友「高校の時は隠れた逸材って評判だったよね~、女子の間では」
妹「…そうだったっけ?」 ピクッ…ピクッ…

妹友「…こないだ彼氏と別れたばっかだしなあ~…いっちょ狙ってみっか?」
妹「あ…あたしに訊くなっ!」

妹友「冗談だべさ~、可愛いなあ妹ってば」 クスクス
妹「…この…やろうっ」



118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 15:01:12.95 ID:0uK6Ji5WQ
―――――夕方


妹「ただいまぁ~」

兄「…スンッ…スンッ…」

妹「まぁだスネてんのかよ!w」

兄「…グスッ…俺の…虹色バケーションタイム…スンッ…スンッ…」

妹「ワケわからんし~。…ねえ、お兄ちゃん」

兄「…何でございましょう?」

妹「かっ…彼女とか作らないの?」

兄「…生憎と当店では扱っておりません…」

妹「…(逸材…ねぇ…)」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 15:23:36.60 ID:0uK6Ji5WQ
妹「…付き合って」

兄「はぃ?」

妹「映画」

兄「…いいけど、何だよ急に」

妹「チケット…2枚あるから」

兄「へえ~、俺と見に行くために?」

妹「ばっかじゃないの?貰ったの!」

兄「ふ~ん…」

妹「土曜日の昼からだから」

兄「…は~い…」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 15:34:22.88 ID:0uK6Ji5WQ
―――――妹部屋

妹「……」

妹「…お兄ちゃんとデート…」

妹「…何着てこうかな…ふふっ」 (枕をギュッ)


―――――兄部屋

兄「……」

兄「…妹め…何を企んでやがる…」

兄「まさか公衆の面前で俺を辱めるつもりか…?」

兄「いかん…ポジティブな想像ができん…!」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 15:46:11.71 ID:0uK6Ji5WQ
すいません、ちと所用で席を外します

他の書き手さんがいなければ18時ぐらいから再開予定です

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 18:02:10.13 ID:0uK6Ji5WQ
落ちてなかった~保守してくれた方ありがとうです


いまから続き書きますんで

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 18:11:50.76 ID:0uK6Ji5WQ
―――――土曜日

ガチャッ…!(兄部屋のドアが開く)

妹「お兄ちゃん!まだ寝てるの!」

兄「…zzz…へぁっ!?」 ガバッ

妹「…って…」 (視線が股間に)

兄「…(視線を辿る)…っっいやぁぁぁ~!」

妹「あたしの台詞だ!」

兄「みっ、見ないでぇぇぇ~!」



136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 18:26:01.70 ID:0uK6Ji5WQ
妹「…ほらぁ…さっさと顔を洗う!」

兄「…グスッ…エグッ…」 パシャ…パシャ…ゴシゴシ…

兄「い…妹に視姦されるなんて…」

妹「してねーっつの!」

妹(…ビックリしたぁ…あんなに前膨らませて…)

妹(トランクス履いてなかったら…) カァァ…//

兄「…ん…?どした、顔真っ赤にして」

妹「……るっさい!」 ゴキッ!

兄「げふっ!…アカンって…ゴホッ…鳩尾はアカンって…」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 18:42:18.90 ID:0uK6Ji5WQ
妹「お兄ちゃんおまたせ~。じゃあ行こっか」

兄「…お、おう!」

兄(短い…スカート短いよ妹…) ゴクリ

妹「…(じぃ~っ)…」

兄「…はっ…!」

妹「…スケベ」 ボソッ

兄「なっ…!足なんて見てねーよ…!」

妹(ふふっ…かかったな。現役JKの生太もも、とくと拝みなさいっ!)

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 18:52:41.13 ID:0uK6Ji5WQ
―――――駅前までの道のり


妹「……♪……♪」

兄(ご、ご機嫌だな…いつに無く)

妹「…で、その友達がさあ…」

兄(しかし…可愛くなったな…気が付かないうちに)

妹「…そしたらぁ~、先生がね~…」

兄(つーかパンツ見えちゃうだろ…今時のJKどもには恥じらいって言葉が無いのか?)

妹「…ねぇ~聞いてる?お兄ちゃん」

兄「…ぅわらば!…き、聞いてますとも!ハイ!」

妹「…(じぃ~っ)…」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 19:02:02.94 ID:0uK6Ji5WQ
兄(…スカートに視線が行ってたのバレたか…?)

妹「…赤、だよ…」

兄「…何っ…」

妹「だから…赤」

兄「いっ…いけませんっ!まだそんなはしたない色、お前には早い!」

妹「…このバカ!信号だよ、信号!」

兄「…な…あ…キャァァァ~!穴があったら突っ込みたい!///」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 19:27:59.57 ID:0uK6Ji5WQ
―――――駅前


兄「…そういえば、何観るのか聞いてないんですが」

妹「ん~とね…ほら、CMでやってるでしょ、ジャパニーズ・ホラーの…」

兄「ああ~、『煉獄Ⅱ』?」

妹「うん…それそれ♪」

兄「俺…Ⅰを観たけど、エグいぞ?」

妹「…えっ…」

兄(こいつ怖い話が苦手なクセに…)

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 19:38:46.01 ID:0uK6Ji5WQ
―――――映画館内

…ギギィ…!

『だめ…だめっ…もう…』
…ギギャーッ!!

『ま…まだ追って来やがる…ああ…あああぁぁぁ~!!!』

妹「…ひっ…はひっ…」

…グシャッ…!

妹「……!!」 ギュッ…

兄(…ん…はは、手を握ってくるなんて…まだ子供だな…)

兄(…手、繋ぐの久しぶりだな)

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 19:57:41.35 ID:0uK6Ji5WQ
―――――映画館前

妹「………」 ギクシャク、ギクシャク…

兄「…そんな無理して観る必要あったか?」

妹「…みっ…観たいって言ってたの、お兄ちゃんじゃんか!」 プルプル…ガクガク…

兄「え…貰ったチケットだろ?」

妹「もうっ…バカ!」

兄(ええ~…腑に落ちねぇ~…)

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 20:09:58.30 ID:0uK6Ji5WQ
―――――公園のベンチ

兄「…少しは落ち着いたか」

妹「うん…」

兄「…お!…ちょっと待ってろよ、妹」 スタスタ…

妹「お兄ちゃん?どこへ…」

…タッタッタッ…

兄「…クレープ買ってきたぞぉ」

妹「……!」

兄「ほら、お前が好きなストロベリークランチ」

妹「…っ…お、覚えてたんだ…」

兄「当たり前じゃないか、さあ食おうぜ」

妹「…うん♪」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 20:20:18.54 ID:0uK6Ji5WQ
―――――公園前商店街


妹友「ふんふ~ん♪今日のあたしのダルシムはキレがあったね~」 スタスタ…

妹友「…おや?あれは…妹?…し、しかも男付き!?」

妹友「…ってか愛しのお兄様じゃん、アレ…なにこの急展開!」

妹友「にひひっ…いいネタ仕入れちゃった」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 20:25:07.89 ID:0uK6Ji5WQ
ダメだ、腹へった…メシ&風呂行ってきますノシ

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 21:10:47.12 ID:0uK6Ji5WQ
ただいま。支援・保守してくれる人々に感謝です

えーと、自分は姉弟の人ではないですよ。あと>>1の人でもないです

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 21:17:31.60 ID:0uK6Ji5WQ
―――――学校


妹友「うふふぅ~ん…」

妹「……?」

妹友「にへらぁ~…」

妹「…キショいんですけど」

妹友「ええ~…あたしにも分け与えたまへよぉ~」

妹「何をだ、何を」

妹友「幸せってやつをだよ、チミ」

妹「起きたまま寝言を言う特技があったのか」

妹友「ヒント。…公園…お兄様…クレープ…」

妹「ぶふぅ~!!ちょっ…お前っ…!なんで知ってる!?」

妹友「このアホ毛がピピッと反応してだな」 クリッ

妹「き…貴様ァ…言うなよ?誰にも言うなよ?」

妹友「竜平なら言うぞ、その構文だと」



165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 21:31:11.51 ID:0uK6Ji5WQ
妹友「夕暮れの公園…ベンチで見つめ合う2人…あの後はどうなった?イクとこまでイッたか?」

妹「オッサンかお前は!」

妹友「だってなあ…あの雰囲気はもう…なあ?うへへ…」

妹「だ…誰にも言わないで…お…お願いしましゅ…」

妹友「フハハハ…!さーて詳しく話してもらおうか!」

妹「…という顛末でして…」

妹友「くはぁ~…何そのラブラブ街道一直線…」

妹「そんなんじゃねーって!」

妹友「うわ~…素直じゃね~…可愛くね~…」

妹「わ…悪かったな!」

妹友「というワケで…いってみよ~!お兄様のハートわし掴み作戦!」

妹「何!?何だそれ!?ネーミングからしてチープだな」

妹友「黙らっしゃい!お兄様の目をあんたに釘付けにするのだよ!」

妹「マジか!そんな事できんのか!」

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 21:41:56.89 ID:0uK6Ji5WQ
―――――帰宅

妹「…ただいま~」

兄「おう、お帰り」

妹「つ…疲れたなぁ~。お兄ちゃん、先にお風呂使うからね」

兄「ど…どーぞ」

妹「の…覗いたら…ダメだぞぉ?」

兄「そんな事したら…命がいくつあっても足りん」

妹「…ハナシガチガウジャネーカヨ…」 ボソッ

兄「…え…何か言ったか?」

妹「何でもねーよ!バカ!」

兄(何なんだ…何なんだよぉ…)



170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 21:52:28.64 ID:0uK6Ji5WQ
―――――浴室

妹「……」 チャポン…

妹「…来ねー…」 チャプ…チャプ…

妹「全っっ然!覗きに来ねー!」

妹「…やっぱりきょにゅうか?そうなのか?」

…むにゅっ…

妹「む…無理やり寄せてもこんだけか…」

妹「…よ、よしっ…作戦第2段階で挽回するぞ…」 ザバッ…!

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 22:06:48.83 ID:0uK6Ji5WQ
―――――居間


妹「…ふぅ…気持ちよかった」

兄「…(ドキッ)…」

妹(た…タオル1枚って…思ってたより恥ずかしい…)

兄「…か…風邪引くぞ?」 ドギマギ…

妹「いいでしょ、ちょっとくらいー。つーかこっち見るな!」

兄「みっ…見てねーし!」

妹(…おお…照れておる、照れておる…今度のは良いぞ、妹友よ…)

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 22:18:36.98 ID:0uK6Ji5WQ
妹「ん~アイス、アイス…」 (冷蔵庫ガサゴソ)

兄「…(チラッ)…(チラッ)…」 ソワソワ

兄(見えそうでっ…見えないっ…このチラリズムっ…)

妹(…み…見てるのかな…お兄ちゃん…) ドキドキ…

兄(くっ…もう少し…角度が…)

妹(そろそろかな…せーのっ…!)

妹「お兄ちゃん!どこ見てんの!」

兄「……っ!」 ズルッ…ドテッ!

兄(ヤ・バ・イ・コ・ロ・サ・レ・ル…) ブルブルガタガタ…

妹「もう…エッチなんだから…」

兄「…!?」

妹(こんな感じか?レクチャー通りだが…)

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 22:34:14.22 ID:0uK6Ji5WQ

―――――翌日、学校


妹友「ほいほーい。首尾はいかがであったかね?」

妹「死ぬほど恥ずかしかったぞ…」

妹友「はっ。あんなの序の口だぞ?若造めが」

妹「…マジか…幕内は遠いな」

妹友「でも効果は目に見えてただろう?」

妹「まあ…確かに目は引きつけてたっぽいな」

妹友「じゃあ…ググッとレベル上げようぜ」

妹「だ…大丈夫なんだろうな?」

妹友「何が?」

妹「その…やりすぎると…襲われたりとか…」

妹友「…(ゴクリ)…」

妹「生唾を飲むな!」

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/24(水) 22:43:00.02 ID:0uK6Ji5WQ

妹友「も…妄想しちゃった…」 ジュルッ…

妹「う、うわぁぁ~ストップ!妄想ストップ!」

妹友「さ、さて…次の作戦だが…」 ヒソヒソヒソ…

妹「……///」

妹友「作戦成功を祈るぞ、大尉」

妹「…お前…本当に味方だろうな?」

妹友「幼稚園からの付き合いじゃないかぁ~妹!あたしを信じろ!」

妹「…はぁ…」

243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/25(木) 15:27:37.38 ID:J1u0G3wcQ
―――――帰宅

妹「お兄ちゃんはバイトでいない…」

妹「よし…今のうちに」

妹「お兄ちゃんの部屋に侵入…成功」

妹「散らかってるなあ…ホントだらしないんだから」

妹「…(キュピーン!)…見慣れない百科事典…怪しいっ…!」

…ガサゴソ…パラッ

妹「ぬおっ…!中身はきょにゅうアイドル写真集…お前は夜神月かっ!」

妹「まったく性懲りもなく…いや、今は任務遂行に専念せねば」

妹「妹友から借りてきたコレを……よっ、と…これで良し」

妹「しかし…あいつなんでこんなモノ持ってるんだ?」



245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/25(木) 15:38:37.40 ID:J1u0G3wcQ

―――――夜、兄部屋

兄「ふぅ…疲れた疲れた。さーて…」

兄「癒しタイム、癒しタイム~っと…」

…ガサゴソ

兄「…あっ、アレッ!?」

兄「…『スーパー妹塾RX』…??…はて…」

兄「…俺の確かな目で厳選した『ザ・乳神』はどこ行った?」

…ペラッ

兄「お…おお…際どいっ…まったくけしからんっ…!」

兄「…この子、妹に似てやがるっ…ああ…そんな足開いちゃダメぇぇぇ!」



247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/25(木) 15:53:49.89 ID:J1u0G3wcQ
エラー食らった…


―――――妹部屋

妹「お兄ちゃん…今頃…」 モヤモヤ…

妹「…ハァ…ハァ…」

妹「…っ!いかんいかん、妄想ストップ!」

妹「しかしこんなんで本当に効果あんのかな…」

妹「そろそろ…かな…頃合いを見計らわないとエラい事になるぞ」

妹「…よし…いざ、出陣っ…!」



248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/25(木) 16:03:58.70 ID:J1u0G3wcQ
―――――兄部屋

妹「お兄ちゃん、いる?」 ガチャッ…

兄「…の、ノックぐらいしてくれ!」

妹「なんだよ、見られたくない事でもしてたか?」 ニヤリッ

兄「そっ…そんな事ありませぬよ」

兄(あっ…アブなかったぁ…)

兄「つーか…なんでまだ制服着てんだよ」

妹「色々忙しくて面倒だったからな。気にするな」



250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/25(木) 16:10:28.47 ID:J1u0G3wcQ

兄(ヤバい…さっきの子の姿が頭に残ってて…)

妹「それより、ちょっと宿題見てよ」 スッ… 

兄「お…おう…」

兄(近いっ…近いよ妹…っ)

妹「ふうん…なるほど…さすが現役大学生、やるな」

兄「ふふん…見直したか」

兄(…あの本…まさかこいつが…)

兄「んなワケねーよなぁ…」

妹「え?」

兄「いや、な…何でもねーって」 ワタワタ 



251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/25(木) 16:20:37.76 ID:J1u0G3wcQ


妹(ん~イマイチ反応が薄いなあ…)

妹「ここもわかんない…」 グイッ…! 

兄(うおっ…肘が…胸にっ…)

妹「どうした?」

兄「あ…当たってます…」

妹「…やっ…もう…バカ!」

兄(みっ…鳩尾はやめて…!あと人中とかもやめて…!)

妹「…あんまり無いでしょ」

兄「…えっ…?」

妹「胸…」 グイッ 

兄「…あ、ああ…」

兄(妹さん…何してはるんですか…)


252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/25(木) 16:30:15.74 ID:J1u0G3wcQ


妹「やっぱり…おっきいのがいいのか?」

兄「…へっ!?」

妹「…『ザ・乳神』…」 ボソッ 

兄「きっ…キィヤァァァァ!」

妹「あれも没収ートだから」

兄「そんなご無体なぁぁぁぁ~!つーか俺のプライバシィィィィ!」

妹「ふーんだ。スケベ!」 プイッ 

…スタスタ…ガチャッ…バタン! 

兄「えぐっ…えぐっ…シドイ…シドすぎるぅ…俺が一体なにをしたと…」

兄「…って…あれ…?」

兄「じゃあ『スーパー妹塾RX』も…あいつが?」

兄「あいつに一体なにが起きているんだ…」

254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/25(木) 16:37:09.69 ID:J1u0G3wcQ
すいません、時間が無くて…また後で来ます


こんな駄文に付き合ってくれてる人たちに感謝ですヽ(´ー`)ノ

268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/25(木) 19:59:47.28 ID:J1u0G3wcQ
すんません、遅くなりました

少しだけ書き溜めてきたので投下しますですよ

269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/25(木) 20:04:00.65 ID:J1u0G3wcQ
―――――翌日、学校

妹「…はあ…」

妹友「どうなんだね、お兄様の様子は?」

妹「…むぅ…あたしになんか興味が無いんじゃないかと」

妹友「…ちゃんとあたしの言った通りに任務遂行したんだろうな?オイ?」

妹「…7…いや6割ぐらい…」

妹友「かぁ~っ!やる気あんのか貴様ァ!それでも軍人か!」

妹「あれ以上やったら変態だっつの!」

男子A「おっ、なんだなんだ…誰が変態だって?」

妹&妹友「聞いてんじゃねェェェェ~!」 ゴキャッ

男子A「…アフッ…く…くビわだメだ…ろ…ゴホッ…ママン…先に逝くよママン…」

270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/25(木) 20:13:46.04 ID:J1u0G3wcQ


妹友「とにかくだ!貴様のチキンっぷりには飽き飽きだ!」

妹「エラい言われようだな」

妹友「お兄様妹萌え改造計画の成就を願い、さらなる任務を与える」

妹「まだエスカレートするのか…」

妹友「今までのは誘導作戦だったが、今回はよりアグレッシヴな直接攻撃だ」

妹「…ゴクリ」



273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/25(木) 20:22:50.44 ID:J1u0G3wcQ

―――――帰宅、夜

妹「…ごちそうさま。あたし洗い物するから先にお風呂入ってよ、お兄ちゃん」

兄「…んを!?…あ、ハイです…」

兄(珍しいこともあるものだ…)

スタスタ…カチャ…バタムッ…! 

妹「…ゴクリ…ッ」

妹「あ…焦るな慌てるな。本作戦はタイミングが命だ」

妹「…くっ…この緊張感…今までに味わった事の無い種類のものだぜっ…」



275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/25(木) 20:32:15.20 ID:J1u0G3wcQ

―――――浴室 

兄「…没収ートされたブツはいつ戻ってくるのか…」
キュッ… チャポン…ッ… 

ガタン…ッ! 

兄「ん…何か音がしたような?」

妹「…おっ…お兄ちゃん?」

兄(え…妹…?)

妹「あ…あたしも入るから」

兄(…なっ…なにィィィィ!?)



278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/25(木) 20:41:44.47 ID:J1u0G3wcQ

…ガラッ…! 

兄「のォォォォ~っ!」

妹「……っ///」

兄「え…なっ…すっ…スクール水着ぃぃぃ!?」

妹(はっ…恥ずかしすぎるっ…!洒落にならんっ…!)

兄「…(フリーズ中)…」



279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/25(木) 20:48:02.32 ID:J1u0G3wcQ

妹「えーと…その…一緒に入ろ?」

兄「…(再起動中)…」 ウィィ…カタカタカタ…

妹「きっ…今日はお父さんも遅くなるって言ってたし…」

兄「…ちょっ…お前っ…何言って…」

妹「たまには…こういうのもいいだろ?」

兄「…わっ…」

妹「…?」

兄「…悪くないっ…!」

妹(…キ…キ…キタ━━━━!!!)



282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/25(木) 20:56:26.11 ID:J1u0G3wcQ

妹(こ…ここは押しの一手あるのみ!)

妹「お…お邪魔しまーす」 ジャブ…ンッ! 

兄「せっ…せめー!」

妹「……」 

兄「……」 

妹「…何か話せ」

兄(ぬぅっ…この状況で何を話せと)



283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/25(木) 21:02:31.55 ID:J1u0G3wcQ

妹「…ずっと一緒に入ってたじゃん…小学校までは」

兄「…そっ…ソウデシタネ…」 グイッ… 

妹「…ふふん…何いっしょーけんめーに隠してんの?」 ニタァ… 

兄「こっ…これはですね!あの…何と申し上げましょうか…」

妹「まさか…妹のあたしに欲情とかしてるんじゃねーだろうな?」 ニヤリッ… 

兄「め…滅相もございませんっ…!」

兄(欲情するなというほうが無理だぁぁぁ!)

妹「ほーら、見せてごらん…」 ニヤニヤ… 

兄「AV男優かお前は!」



284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/25(木) 21:09:10.07 ID:J1u0G3wcQ

妹「さては…自信ねーんだな…」 ボソッ 

兄「なぬぅぅぅ!お前だって胸ペッタンのクセにぃぃぃぃ…!」

妹「(グサッ!)…オゥフッ!」

妹「…貴様…言うてはならんことを…」 ゴゴゴゴゴゴ… 

兄「はっ…はわぁぁぁ~…妹の小宇宙が何倍にも膨れ上がってゆく…!」

妹「…(ブチッ)……揉め」

兄「……へっ……!?」



285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/25(木) 21:15:27.60 ID:J1u0G3wcQ

妹「…揉んで育てろ」

兄「えええええ!!」

妹「…ほらっ…」 (クルッと後ろ向きに) チャポン…ッ!

兄(なななナニコレナニコレ…!)

妹「や…優しく、だぞ」

兄「は…はいぃ…っ!」

兄(アハハ…もうどーにでもなあれ♪)



287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/25(木) 21:22:13.52 ID:J1u0G3wcQ

兄(脇の下から…腕を回して…) ドクン…ドクン… 

妹「……」 トクッ…トクッ…トクッ… 

…ムニッ… 

妹「…ひゃ…ぁっ…!」 ピクンッ…

兄(…おおっ…膨らみは小さいが…やわらけー…)

妹「…はヒッ…ちょっ…待っ…」

…むにぃ…むきゅ…っ…

妹「……!!///」

兄(こっ…これはっ…なんともっ…)



293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/25(木) 21:30:25.15 ID:J1u0G3wcQ

妹「…だめっ…」 ピクンッ…ヒクッ… 

兄(はふ…はふ…)

妹「だめぇ~!」 ザバッ…!

兄「うわっ…ぷ!」

ドタドタ…ガラッ…バタンッ!

妹(ハァ…ハァ…や…ヤバかった…色々と…)

妹(ど…どうしてこうなったっ…?)

367 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/26(金) 16:20:14.63 ID:seCJyB/PQ
―――――翌日、学校


妹友「…(タラァ~)…」

妹「…てな感じだったんだが…」

妹友「…(トロォ~)…」

妹「って…オイ妹友!ヨダレ!ヨダレ!」

妹友「…んはっ…!…じゅるっ…!」

妹「まったく…」

妹友「…いやぁ~…朝っぱらから子宮の疼く話を聞かされて、つい…うへへ」

妹「お前…前世は典型的なオッサンだろ」



368 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/26(金) 16:25:59.77 ID:seCJyB/PQ


妹友「ふーむ…あたしが課したのはスク水アタックまでだったのにな」

妹「……」

妹友「それをぺってぃんぐまで持って行くとは…成長したな」

妹「ぺ…ぺってぃんぐとか言うな!」 カァァ…ッ

妹友「…だが、ちと問題がある」

妹「何だよ」

妹友「初チューイベントをすっ飛ばしてるだろ」

妹「…!…むうっ…」



370 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/26(金) 16:32:05.95 ID:seCJyB/PQ


妹友「手っ取り早くあたしが奪ってあげてもいいが」

妹「なっ…お前のは冗談に聞こえねぇ!」

妹友「…(にへらっ)…♪」

妹「ひぃぃ!?」

妹友「い…イカン、またトリップしかけた…ジュルッ」

妹「このやろうっ…貴様のせいで恥ずかしい目に遭ってるというのに」

妹友「まあまあ…過程はともかくだ」

妹友「お兄様も目覚めつつあるようだし、結果オーライじゃあないかね」

妹「……」



371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/26(金) 16:37:53.17 ID:seCJyB/PQ

妹友「あのお兄様の手が…妹の柔肌を這い回ったわけだからな…ジュルッ…」

妹「…みっ…水着越しだぞ、あくまでも!というか妄想ストップ!」

妹友「うへへ…いいなあ…あたしにもお兄ちゃんがいたらなあ…」

妹友「…そうだ!明日は祝日だし…お泊まりに行ってやろう」

妹「何っ…!?」

妹友「露骨に嫌な顔するなよ…」

妹「…まあいいけど…余計な事したらヌッ殺すからな」

妹友「よーし決まり♪…うへへ…」

妹(…絶対なにか企んでやがるっ…)



374 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/26(金) 16:42:57.97 ID:seCJyB/PQ


―――――帰宅

妹「ただいまあ~」

兄「おっ…お帰り」

兄(うーむ気まずい…朝は顔を合わせずに済んだが…)

妹友「こんちわ~」

兄「…っと…ああ、いらっしゃい」

妹友「久しぶりですね~、センパイ♪」

兄「え…あっ!妹友ちゃんかあ~」

妹友「ええ~、忘れてたんですかぁ~?」



378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/26(金) 16:48:12.96 ID:seCJyB/PQ

兄「ゴメンゴメン…いや、雰囲気が全然変わったからさぁ」

妹友「え~、どんな風にですかぁ?」

兄「ん~…グッと大人っぽくなったと言うか…」

兄「綺麗になったねえ」

妹友「やだも~センパイったら♪」

妹「…(ジト~)…」

妹友「センパイもスッゴく大人っぽくなりましたねぇ~」

兄「…そ、そう?」

妹「…(イラッ)…」



381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/26(金) 16:54:29.71 ID:seCJyB/PQ


妹友「今日はお泊まりさせてもらいますんで、よろしくね~センパイ♪」

兄「そっか、ゆっくりしてってよ。後で夕食ご馳走するからおいで」

妹友「センパイの手料理なんですか!?楽しみ~!」

兄「そんな期待しないでくれ」

妹「…オイ…先に部屋に行ってるぞ、妹友」 スタスタ… 

妹友「あ~ん、待ってよぉ~」 トテテ…

兄(なんか…すげー機嫌悪かったな、妹の奴…)

兄(しっかし可愛くなっちゃったな~妹友ちゃん…) デレッ

382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/26(金) 17:00:16.17 ID:seCJyB/PQ


―――――妹部屋

妹「…オイ貴様」

妹友「ん、何かね」

妹「学校とはずいぶん態度が違うじゃねーか」

妹友「だってぇ~」 クネクネ 

妹「腰を動かすな、腰を!」

妹友「久々の男成分補給なんだもん~」 クネクネ

妹「まったく…何しに来たんだ」



384 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/26(金) 17:07:15.71 ID:seCJyB/PQ


妹友「進捗状況を把握したかったのだよ、君ら2人のさ」

妹「どーだかな」

妹友「9割方はお兄様目当てだ」

妹「……」 ジャキッ…! 

妹友「…冗談です…そのカイザーナックルはしまって下さい…」 ((ガクガクブルブル…))

妹「お兄ちゃんに手を出したかったら、あたしの屍を踏み越えてゆけ」

妹友「わかったわかった…」

妹友(こいつ…想像より遥かに重症だな)




ゴメン、呼び出しくらった。行ってくる…

386 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/26(金) 17:17:20.78 ID:seCJyB/PQ
あふん…残業確定です…後で来るつもりだけど遅くなると思います…ゴメン(つд`)

416 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/26(金) 22:57:46.51 ID:seCJyB/PQ
遅くなってスマンです…ようやく帰宅

少ししたら書き溜めた分投下しますね。ちょっとしか無いけど…(>_<)

417 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/26(金) 23:04:22.83 ID:seCJyB/PQ

―――――夕食

兄「今日は煮込みハンバーグに、春雨サラダでございます~」

妹友「センパイすごーい…!」

妹(いつもはサラダなんて付けないクセにっ…) ムカッ… 

妹友「ぬうっ…デミグラスソースの濃厚さと…このハンバーグのジューシーさときたら…」

妹「…モグッ…モグッ…ガツガツ…」

妹友「あたし…こういう風に料理上手なヒトのお嫁さんになりたいなぁ♪」

妹「……ぶフゥーッ!?」



418 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/26(金) 23:10:24.43 ID:seCJyB/PQ

兄「妹友ちゃんなら歓迎だなあ」 デレッ 

妹「……」 ギロッ…!

妹友(ひ…ひぃぃ…羅刹…まさに羅刹の眼光…っ)

妹「…お兄ちゃん」

兄「は、はいぃっ!?」

妹「DVD借りてきたから、食べ終わったら3人で一緒に見よ」

兄「ははーっ、かしこまりました」

妹友(よく躾られてるなあ…)



424 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/26(金) 23:17:36.44 ID:seCJyB/PQ

―――――DVD鑑賞

妹「…よいしょっと」

兄「……」

妹「ふう…」

兄「あの…なんでわざわざ俺の足の間に座るのさ」

妹「黙って映画見ろ」

兄「…は…はいですっ…」
妹友「ぶぅ~ぶぅ~!いいな、いいな~!」

妹「あたしの席だ。やらんぞ」



427 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/26(金) 23:24:07.61 ID:seCJyB/PQ

妹友「いいも~ん…じゃあ…」 (コテッ…と兄の肩に頭を乗せる) 

兄(…くう~っ…我が人生に悔い無し…っ!)

妹「おっ…ベッドシーン」

兄(…ま…まずい…我が子がギア・セカンドに…)

兄(今はヤバい…おとなしくしなさいっ…!)

妹友「外人さんてなんであんなおっぱい大きいんだろー…」

兄(ヤバいって!早く場面変われって!)



429 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/26(金) 23:29:17.45 ID:seCJyB/PQ

妹「お兄ちゃんはきょにゅうマニアだもんな」

兄「あぅ~!なんて事を!」

妹友「え~そうなんですかぁ?」 ニヤリッ 

妹「こないだもさあ…百科事典にわむっ…もがもがっ…!」

兄「やめてぇ~やめてぇ~!」 (妹の口を塞いでる)

妹友「…(にへらっ)…」 グイッ…! 

兄(…っ…なぜそこで胸を押し付けてくるんですか?)

妹友「…まあまあおっきい方でしょ?センパイ…//」



432 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/26(金) 23:35:45.71 ID:seCJyB/PQ

妹「…貴様っ…何をしている!そこへなおれ!たたっ斬ってくれるわ!」

妹友「いいじゃんちょっとくらい~…」 グニュ…ムニュ… 

兄「…お…おお…」

妹「えいやっ!」 ガスッ…!(足の甲に手刀が突き刺さる)

兄「ぴぎゃぁぁっ!」

妹「妹友…き~さ~まぁ~」 ユラリッ… 

妹友「あばばば…ちょっとしたジョーク!茶目っ気!」



435 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/26(金) 23:42:29.56 ID:seCJyB/PQ

―――――夜更け・妹部屋 
 
妹友「…(チラッ)…」

妹「すぅ~…ふが~…ピュルル…」

妹友「…よーく寝ておる…うへへっ……」 ゴソリ…

妹友「…欲望に正直なあたしをゆるせ、妹…」 キイ…パタンッ…

妹友「ん~と…ここかな、センパイの部屋は…」

妹友「…(聞き耳)…よし…寝てるっぽい」

妹友「作戦開始…ニイタカヤマノボレッ…!」

444 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 00:31:31.24 ID:jUdzkl6xQ
―――――兄部屋

兄「ふぐぅ…ふぐぅ…zzz」
ガチャ… トテトテ… パタムッ…

妹友「…ターゲット発見…」

妹友「…センパイ…」 ゴソッ…(毛布に潜り込む) 

妹友「…センパイ…センパイ…」 ツンツン…!



448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 00:39:29.11 ID:jUdzkl6xQ

兄「…ふにゃ…?」

妹友「…えへへ…」

兄「…ココハドコデスカ…」

妹友「もう…寝ぼけないで下さいよぅっ…」 ぎゅっ…(抱)

兄「ちょ…!えええ~!?」
妹友「…妹に聞こえちゃう…よ?」

兄「…っ…!」



450 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 00:48:41.23 ID:jUdzkl6xQ

妹友「さっきの…続き、したくなっちゃった」 グイッ…ムニュ//

兄(ふおぉぉぉ~!?)

兄(うぉぉぉ…この感触…ノーブラ!?

妹友「ここ…センパイの…好きにしていいんですよ?」

兄(…まっ…マジですかぁ~!!)

兄(こっ…これは…いわゆる『据え膳』ってやつなのでわ…)



453 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 00:56:50.29 ID:jUdzkl6xQ

兄「で…では、お言葉に甘えまして…」

…ムニ…ッ

妹友「…っ…はぁ…//」

もミッ…もミッ…

妹友「ん…(ピクッ)…ふっ…」

兄「妹友ちゃんの…すっげえ柔らかいっ…」

妹友「…っはぁ…はぁ…あの…センパイ…」

兄「……ん?」

妹友「直接…触って…」

兄(ぬふぅぅぅぅ…!)



457 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 01:04:42.97 ID:jUdzkl6xQ

妹友「ほら…」 (Tシャツの中に兄の手を…) グイッ…!

兄「…う…ぁ…」 (ふにゅっ)

妹友「…んぁんっ…//」

兄(…うわ…先っぽ…固くなってる…)

…きゅっ… (指でつまむ)

妹友「…ひっ…!」

妹友「…はぁ…ぁ…センパイっ…(涙目)」 フルフル…

兄(ヤバい…もう…理性がっ…)

…ギィッ…!

妹「妹友━━━━━!!!」 ゴゴゴゴゴゴ…!

兄&妹友「めっかったー!!」



459 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 01:12:21.16 ID:jUdzkl6xQ

―――――深夜・妹部屋

兄&妹友「えぐっ…えぐっ…」

妹「…さあ言ってみろ。お前らが正座させられてるのは何故だ?」

兄&妹友「スンマセンでした…ほんまスンマセンでした…」

妹「聞こえねーなあ」

妹友「発情して妹さまのお兄様にヘンな事してスンマセンでしたぁ~!」

兄「なんか調子ブッこいて乳揉みかましてスンマセンでしたぁ~!」

妹「…朝まで正座な」

兄&妹友「いやぁぁぁ~!」



460 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 01:19:58.32 ID:jUdzkl6xQ
アカン…そろそろ限界…

一応ラストまでプロット出来てます、なんとかまとめたいですね…また書き溜めてきます


518 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 15:44:52.44 ID:jUdzkl6xQ
すいません、お待たせしました…


ラストまで一気に投下いたします

521 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 15:47:36.69 ID:jUdzkl6xQ
―――――そんなこんなで、数日後
 
父「…明日から香港に赴任だ。2人共、留守は任せるぞ」

兄「おう…体には気を付けてくれよ、親父」

妹「……」

父「なに、たった半年だ。心配するな」

妹「……」

兄「なんだよ、妹…お前もなんか言う事ねーのか?」
妹「…(プイッ)…」 ガタッ…スタスタ…バタン!


524 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 15:52:08.68 ID:jUdzkl6xQ

父「ふーむ…アレも難しい年頃だなあ…」

兄「いや…世間一般の尺度であいつを計るべきじゃねー」

父「…何だ、また何かあったのか?」

兄「ギクッ…ま、まあ色々とねっ(焦)」

父「ふふん…お前も懲りない奴だな」 ニヤリッ

兄(くっ…見透かされてる…)



526 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 15:55:01.84 ID:jUdzkl6xQ

―――――妹部屋

妹「……」

妹「…うっかりしてた…」

妹「お兄ちゃんと…半年も2人っきり…」

妹「…(にへらっ)…」

妹「…ちゃーんす…!」



528 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 15:58:38.75 ID:jUdzkl6xQ

―――――翌日、学校

 
妹友「…(ダラァ~)…」

妹「というわけでだな…2人きりに…」

妹友「…(トロォ~リ)…」

妹「オイッ…妹友!ヨダレ!ヨダレ!」

妹友「…はっ…!」 ジュルルッ…! 

妹「まーた向こうの世界に行ってたな」

妹友「…だ、だって…いまどきそんなエロ漫画みたいな設定…」 ハァハァ… 

妹「設定とか言うな!あと妄想ストップ!」



529 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 16:02:05.32 ID:jUdzkl6xQ

妹友「しかし…大ちゃんすじゃねーか、妹…」

妹「うむ…」

妹友「だが、勝負は今夜だぞ」

妹「…?」

妹友「わかってないな…時間をかけてはダメだ」

妹友「お兄様がこの特殊な状況に慣れてしまわないうちに何とかしねーと」

妹「そ…そんなもんか?」

妹友「2人っきり、というのを意識させないとな」

妹「ふむ…」

妹友「おぬしにいま適当に考えた作戦を授けてしんぜよう」

妹「…まあどんなんか言ってみ」


531 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 16:05:41.16 ID:jUdzkl6xQ

―――――帰宅、夜

兄「ふぃ~、ただいま~」

妹「おかえり、お兄ちゃん」

兄「お…おう。すぐに夕食の支度するからな」

妹「…その必要は無い」

兄「へ!?」

妹「作った…シチュー」

兄「……!」 ((ガタガタブルブル…))

妹「…どうした?早く手を洗って来い」

兄「は…はぃいっ…」

兄(え…エラいことになった…)



532 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 16:08:45.99 ID:jUdzkl6xQ

―――――食事

兄「……」 ガクガク… 

妹「早く食べろ。冷めるだろうが」

兄「…なんかドス黒いんですけど…」 ビクビク… 

妹「あたしの料理が食えない、と?」

兄「…っ…」 ビクンッ

兄(ええぃっ…ままよ…!) ハグッ…!

…チュドーン!!

兄(は…破壊力満点…)

妹「……お、美味しい…?」

兄「…っく…う…うまい……デス」

妹「……♪」



533 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 16:12:54.33 ID:jUdzkl6xQ

―――――食後、居間

兄「……」

妹「……♪」

兄「…だから何だってわざわざ俺の足の間に…?」

妹「…気に入ったからだ」

兄「…はぁ…」

妹「嫌か…?」

兄「…いや…まあいいけどさ」

妹「だったらノープロブレムだ」

兄(…よく分からん奴だ、まったく…) 



534 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 16:16:47.34 ID:jUdzkl6xQ

妹「…ん」 グイッ…(兄の両手を胸にあてがう) 

兄「…んお…!?」

妹「育てろ」

兄「…ま…まだ諦めてなかったんスか…」

妹「当たり前だ。さあ揉め」

兄(…もはや抗う術もなく…)



536 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 16:20:13.74 ID:jUdzkl6xQ

…むきゅ…

妹「…んっ…」

…むニッ…むニッ…

妹「…んんっ…(ヒクンッ)…」

兄(むう…なんか…幸せかも…)

…ぐニッ…ぐニッ…

妹「…っは…はヒッ…お兄ちゃ…」

兄「は…はいぃ!?」



542 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 16:23:37.70 ID:jUdzkl6xQ

妹「…(グイッ)…///」 (Tシャツを捲り上げる)

兄(~っ…!?)

妹「ブラ…外して」

兄「ちょ…そんな…マジですかっ…//」

妹「…(コクンッ)…」

兄(ど…どうやんだ、これ…) ドキドキ…

…プチッ…しゅる…!

兄(おおっ…外れたっ)

妹「…(カァァッ)…見ちゃダメだからな…」

兄「は…はいですっ…」



543 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 16:27:07.46 ID:jUdzkl6xQ

妹「よし…揉め」 ドクン…ドクンッ…

兄「し…失礼しまスっ…」
…もにゅ…

妹「んゃ…(ビクンッ)…//」

兄(ん~…なんか…可愛い…)

…もミッ…もミッ…

妹「…んっ…はヒ…はヒッ…//」 ビク…ヒクンッ…

兄(んん…先っぽ…立ってきてる)



546 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 16:32:03.22 ID:jUdzkl6xQ

兄(イジメちゃおっかな…)

妹「…ハァ…んく…っ…お兄ちゃ…ん…(涙目)」

…くにっ…(乳首をつまむ)

妹「…ふみぃっ!?」 ビビクンッ…!

兄(ん~…たまらん…)

…グニュ…コリッ…! 

妹「…ちょっ…あヒッ…!」 ヒクンッ…ヒクンッ… 

兄「…っ…(ピタッ)…」

妹「…っあ…え…?」 ハァ…ハァ… 


549 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 16:36:18.82 ID:jUdzkl6xQ

兄「やっぱ…今日はこのへんにしとこ」

妹「…っ…お兄ちゃん…」

兄「なーんか…最近、無理してないか?お前…」

妹「……」

兄「甘えたいならいつでも相手するから…さ」

兄「しばらく2人っきりで過ごすんだけど…何も不安がらなくていいぞ」

妹「……うん……」



550 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 16:39:36.49 ID:jUdzkl6xQ

―――――数分後

妹「…すぅ~っ…ぐぴぃ~っ…」

兄「…寝ちまいやがった…」

兄「…世話のかかるヤツだなぁ」

…グイッ…!

兄「おっ…重っ…」

…トテトテ…

ガチャ…トテトテ… ドサッ…!

兄「…おやすみ」 バタン…



552 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 16:43:09.44 ID:jUdzkl6xQ

―――――翌朝

 
妹「…遅刻っ!遅刻っ!」 アタフタ…

兄「おい…髪ぐらいちゃんととかしてけよ」

妹「…おっ…お兄ちゃんがちゃんと目覚ましかけといてくれればっ…!」

兄「そこまで気が回らんかった」

妹「もぅ~!バカッ!」

兄「…うぉホンッ…えーと…」

兄「また帰ってきたら…揉んでやるから許せ♪」

妹「……」 ギロッ…!

兄「…あ…あわわわ…っ…調子のってスンマセン…!」



553 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 16:46:37.30 ID:jUdzkl6xQ

妹「…(上目遣い)…」 ジイッ… 

兄(……?)

妹「マジキモいんですけど」

兄「ええ~っ!?」

妹「ふふっ…」 チュッ…//

兄「…!!!!!!…」

妹「えへへ…行ってきまあす♪」

兄「……(゚Д゚)ポカーン……」

ガチャ…バタンッ…!

妹「………」

妹「よっし…任務完了!」 (ガッツポーズ)

妹「…ん~…いい天気♪」

タッタッタッタッタッ…


(完)

564 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 16:51:16.35 ID:jUdzkl6xQ
終了でございます…

保守・支援してくれた方々、本当に本当にありがとうでしたっ!

遅筆な自分としては、なかなか貴重な経験でした…とにかく疲れたっス

566 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 16:56:09.22 ID:jUdzkl6xQ
いや~本番はねえ…マジでどうしようか迷いましたが(笑)

586 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:23:28.85 ID:toY8j4hv0
妹「お兄ちゃんとキスしちゃった・・・へへ。」

妹友「っん(妹とキス)・・・やった間接キスゲット。」

妹「あっ、だめ、返して・・・んっ、れろ、ぴちゃ。」

妹友「あぁ、べろ入れちゃダメぇ。」

みたいな感じで、俺らで続き書いてこうぜ。

589 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:40:35.24 ID:toY8j4hv0
>>588こ、これで最後なんだからね。もう眠いんだからね。

妹「じゃあ、やめるわ。なんか納豆臭いし。」

妹友「そ、そんなー。」

妹友「私が本当に好きなのは・・・・・」

妹「ん?なんか言った?」

妹友「妹の唾液が臭いって言ったの!」

妹「何だと!貴様の納豆唾液のほうが臭いぞ。」

妹友「何!?私のアワビが臭いだと?どうしてそれを知っている?」

妹「あーあ、朝から気分わりー。」

621 名前:>>586>>589を書いたものです[] 投稿日:2010/02/28(日) 09:40:12.52 ID:hEmPZOkl0
妹「お兄ちゃん待ってよー。」ぎゅっ

兄(せ、背中に何かコリコリしたものが。)

妹友「うわっ、積極的ー。」

妹「さっきのは、その、お兄ちゃんのためっていうか、あの・・・」

兄「妹、ちょっと来てくれ。」

妹友「私も。」

兄「ごめん。ちょっと妹友ちゃんは外れててくれ。」



622 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/28(日) 09:53:51.93 ID:hEmPZOkl0
妹「ちょっと急にどうしたの?」

兄「妹よ。お前は何か勘違いしてないか?」

妹「か、勘違いって?」

兄「確かに俺はおっぱいは大きいほうが好きだ。」

兄「だが、小さいのも嫌いではない。」

妹「ホ、ホント!?」

兄「さらに、妹属性では貧乳のほうが好ましい。」

634 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/28(日) 14:24:49.22 ID:hEmPZOkl0
妹「じゃあ、お兄ちゃんって私を抱きたい?」

兄「うーん・・・」

妹「ねえ?どうなの?」

兄「だめだな。お前とはやっぱりできない。」

妹「私の胸で興奮してたじゃん。どうして!?」

兄「お前との関係を今のままにしておきたいんだ。」

妹「・・・・・」

635 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/28(日) 14:30:05.46 ID:hEmPZOkl0
~1時間後~

妹友「おじゃましましたー。」

兄「またいつでもおいでよ。」

妹「・・・・・・・・・・・・」

~晩ごはん~

兄「はあー。今日もお前の料理うまかった。」

兄「ごちそうさまでした。」

妹「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

兄(あーあ、やべえさっきの事で完全に拗ねてる。)

兄「じゃ、じゃあ、俺お風呂はいってくる。」

636 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/28(日) 14:36:31.33 ID:hEmPZOkl0
兄(どうしようかな、抱くという選択肢はないとして。)

~兄の部屋~

兄(まあ、寝りゃ直るだろ。)

兄(という事で、今日は貧乳でも見てみるか。ハァハァ)

ガチャ

兄「ど、どうしたんだ!?」

妹「ふふ、お兄ちゃんのおちんちん。」

兄(やばい、妹の目が。しかも丸裸じゃねえか。下もどろどろ。)

639 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/28(日) 16:01:43.82 ID:hEmPZOkl0
妹「ふはっ、えい♪」

兄「えっ?」(妹に押し倒された)

妹「うーんと、くんくんなんか臭い。」

兄「や、やめて。恥ずかしい//」

妹「ここがお兄ちゃんの前立腺・・・・・んっ、ぺろ・・・・ぐっ」

兄「くはっ、うっ、で、でる。」

651 名前:>>639です[] 投稿日:2010/02/28(日) 19:24:12.62 ID:hEmPZOkl0
妹「お兄ちゃんの精液・・・じゅる、ごくっ。」

兄「なあ、どうしたんだよ。」

妹「もう一回おちんちんおっきくしてね♪」

兄「おい!度が過ぎるぞ!」

妹「んもっ、はむ、ぺろ、れろ。」

兄「うっ、だめ、いったばかりなのに。」

妹「よいしょ、んっ、はぁ、ぐうっ・・・お兄ちゃんのおっきくて入らないよ。」

兄「くっ、締め付けが強くて、ひだひだ。」

654 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/28(日) 21:06:06.13 ID:hEmPZOkl0
兄「そんな腰を動かすな。」

妹「気持ちいいな♪」

兄「だ、だめだ、でる、抜くぞ。」

妹「ふふ、ダメだよ抜いちゃ。」がしっ

兄「お、おい!やめろ。妊娠するぞ!」

妹「うるさいお口はふさいじゃう。ちゅっ、んむ、ぷは。」

兄「うわあああああああ。」どぴゅ、ぴゅ

妹「んっ、中にお兄ちゃんがいっぱいー。」

~1ヶ月後~

妹「お兄ちゃん名前はどうする?」

兄「最悪だ。うっ、胃が痛い。」

655 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/28(日) 21:08:24.66 ID:hEmPZOkl0
妹「長い名前だね。」

兄「違ーう。」

妹「何が違うの?お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん。」

兄(あれ?何かおかしいぞ。)

妹「だらしないよ、お兄ちゃん。いつまで寝てるの?」

兄「ん?あ?寝てる?・・・・・夢か!」

妹「夢って、どんな夢?」

兄「な、何でもありません。」


656 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/28(日) 21:15:04.89 ID:hEmPZOkl0
妹「どうして敬語?ていうか、早くそれかたずけたら?」

兄(しまった。抜こうとしていながら寝ちまったのか。)

妹「ねえ、昨日はごめんね。あたし考えたんだけど、やっぱ今のままでいいよね。」

兄「ああ、そうだな。俺もデリカシーのない事いって悪っかったな。」

妹「うん。一緒に朝ごはん食べよ♪」

~完~

これが気に入らなかったら、誰か続き書いて下さい。私はもう寝るんだからね。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。