FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「梓くーん」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 20:57:43.88 ID:w/zSD3y9O [1/33]
講堂!

梓「…軽音部のライブは…」
憂「あ、軽音部の新歓ライブを見に来たの?」

梓「あ、うん。確か…平沢さんだよね?」

憂「憂って呼んでよ、私も名前で呼ぶから」

梓「うん、憂、よろしくね」
梓(えーっと去年見たギターの先輩は……)

梓(いた!!卒業してなかったんだ!……やっぱりカッコイイなあ…)


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 20:59:48.01 ID:w/zSD3y9O [2/33]
部室!

紬「新歓ライブもなんとか済ませたけど…」

澪「誰も来ない…」

律「今年からウチは共学だからなー、怖い男が来るかも…!」

澪「お、脅かすな!」ゴチン

律「澪しゃん痛い…」

唯「いざとなったら憂を連れて来るよ!」フンス

律「よーし!じゃあ憂ちゃん拉致りに行くぞ唯隊い――ん?」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 21:01:28.42 ID:w/zSD3y9O
ガチャ

梓「あの、入部希望なんですけど…」


唯律澪紬「「「「…か、――」」」」ワナワナ

梓「?」

唯律澪紬「「「「――確保ー!」」」」

梓「ええええええっ!?」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 21:03:13.98 ID:w/zSD3y9O
律「――で、私がドラムで部長の田井中律だ!…えーと」

梓「あ、僕は中野梓です、パートはギターを少し」

紬(僕っ娘……)ハァハァ

澪「ムギ、落ち着け」

唯「じゃあ私と同じだね!よろしくね!」ダキッ

梓「え!?急に抱き着くなんて照れますよ//」

唯「ん…?なんかおかしい…お股の辺りが…?」ギュー

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 21:04:38.97 ID:w/zSD3y9O
梓「…あれ?言ってませんでしたか?僕は男です、ていうか制服で気付いて下さい」テレ

唯「え///」バッ

唯律澪紬「「「「えええええええええ!?」」」」

紬(ちっちゃくて)

澪(可愛い…)

律(どうみても女だろ…)

唯(……///)

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 21:07:58.82 ID:w/zSD3y9O
律「あー、わかった、じゃあ、明日からよろしく!」

梓「はい、では今日はこれで。お疲れ様でした」ニコ

ガチャバタン


澪「……あらゆる意味で予想外過ぎる新入部員だな…」

律「うむ……で――」

唯「……///」

律「いつまで照れてんだ唯!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 21:09:00.99 ID:w/zSD3y9O

澪「気持ちはわかるが初対面の人にいきなり抱き着く唯が悪いんだからな?」

唯「だ、だって……」

唯「お、お股が……///」

紬「詳しく聞かせて唯ちゃん!」●REC

唯「あ、あったかかった……////」

紬(はいごちそうさまー!)

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 21:10:59.81 ID:w/zSD3y9O
翌日!

憂「梓くん、軽音部入ったんだって?」

梓「うん、ギターの先輩がいきなり抱き着いて来てびっくりしたよ」

憂「…?聞き違いかな?私のお姉ちゃんが梓くんに…何?」ニッコリ

梓(何この威圧感!?返答次第じゃ命が危ない!?)

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 21:12:53.38 ID:w/zSD3y9O
梓「あ、憂のお姉ちゃんだったんだー、姉妹揃って可愛いねー…」ガタガタ

憂「ごまかすのは良くないよ梓くん?」

憂「まあ今回は特別に許すけど、お姉ちゃんに手を出したら……わかるよね?」ゴゴゴ

梓「はい肝に銘じておきます」ガタガタ

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 21:14:53.68 ID:w/zSD3y9O
放課後!

梓「こんにちはー」

律「お、来たか中野ー」

澪「よう、な、中野//」

紬「こんにちは中野くん」

唯「あ、あの……中野くん、昨日はいきなり抱き着いてごめんね?////」

梓「あはは、気にしてませんよ、むしろ嬉しかったですし。」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 21:17:41.64 ID:w/zSD3y9O
梓「それより皆さん、気軽にあずさ、って呼んでください、僕も下の名前で呼びますから」ニコ

唯「あ、梓、くん?///」

梓「はい、唯先輩」キラーン

唯「////」キュン

律(キラースマイル炸裂)

澪(あれは反則だろ…)

紬(可愛い男の子も良いわね…)

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 21:20:26.11 ID:w/zSD3y9O
律「まーあれだ。とりあえずお茶にしようぜー?新入部員を歓迎する意味で」

澪「全く…お茶はいつもしてるだろ?」

律「良いではないかー、新入部員歓迎ティータイムだぜ!」

唯「あ、梓くん隣座ろ?」モジモジ

梓「はい、唯先輩」

紬「あらあらまぁまぁ、じゃあ、お茶の準備してくるわね~」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 21:21:32.99 ID:w/zSD3y9O
紬「お待たせ~、はい、梓くん紅ty―きゃっ!?」コケッ
梓「危ない!」ガシッパシッ

梓「…ふぅ、大丈夫ですか?」

紬「ありがとう……大丈夫よ…梓くんは?///」

梓「あはは、少しこぼして手にかかっちゃいました…カップは無事ですけど」

唯「大変!すぐ冷やさなきゃ!」

梓「僕は大丈夫です。それより唯先輩こそ、紅茶かかったりしてませんか?」

唯「だ、大丈夫!」キュン

梓「良かったです、じゃあちょっと水で冷やしてきますね」ガチャバタン

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 21:22:41.35 ID:w/zSD3y9O
紬「あ、新しい紅茶入れなきゃ―――」

唯「待ってムギちゃん!」

唯「新しい紅茶は私がいれてあげたいです!」

紬「!!…わかったわ唯ちゃん!おいしい紅茶のいれ方を伝授するわ!」

唯「よろしくお願いします師匠!」

律澪(なにこれ)

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 21:24:14.82 ID:w/zSD3y9O
律「唯……部長として軽音部のために聞かせてもらうが……」

律「……惚れてんな?ええい隠すなバレバレだ!」

唯「うー、だって可愛いし、そのくせかっこいいし、爽やかだし、……もう言わせんな恥ずかしい////」

澪「乙女だな」

紬「唯梓か……それもいい…」

律「んじゃまぁ、乙女唯ちゃんの恋を全力サポートだな!」

唯「ありがとう律ちゃん!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 21:25:37.00 ID:w/zSD3y9O
ガチャ

梓「ただいま帰りましたー」
唯「お帰り梓くん!」

紬「さっきはごめんね?紅茶、唯ちゃんがいれなおしてくれたから」

梓「ありがとうございます、いただきます」ゴクリ

唯「ど、どう……?///」ドキドキ

梓「とっても美味しいです唯先輩!」ニコ

唯「よ、良かったぁ…」

律澪(ベタなやり取りだなぁ)

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 21:27:28.34 ID:w/zSD3y9O
澪「さぁ、お茶もこれぐらいにして、そろそろ練習するぞ!」

律「えー?今日は練習もういいよー」

唯「そうだよ澪ちゃん、梓くんともっとおしゃべりしたいし!」

紬「梓くんはどうしたいの?」

梓「えーと、練習、したいです!」

澪「梓ー、お前だけだよ私の味方は…」ウルウル

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 21:30:35.57 ID:w/zSD3y9O
律「仕方ねー、とりあえず唯、ギターのパート教えてやれ、あたしらは3人で合わせてるからさ」

唯「二人きりで練習だね!梓くん!///」

梓「はい!唯先輩!」

唯(ナイス律ちゃん!敬礼!)ビシ

律(感謝しろよ唯隊員!敬礼!)ビシ


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 21:32:26.48 ID:w/zSD3y9O
唯「えーと、まずここは、こんな感じ」ジャカジャーン

梓「うーん、こうですか?」ジャカジャーソ

唯「うーん、ちょっと違うかな…指借りるね、こうして、こうだよ///」スッ

梓「あ、なるほど、こうですね!」ジャカジャーン

唯「すごいすごい!梓くんは天才だよ!」ダキッ

梓「唯先輩のおかげです!」ギュー

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 21:35:59.96 ID:w/zSD3y9O
唯「て、ご、ゴメン!また抱き着いちゃって、ていうか梓くんも抱き返してる!?///」

梓「嫌じゃないって言ったじゃないですか?喜びを分かち合いましょう」ギュー

唯「///」

紬「何この子たまらん」ボタボタ

澪「ていうか、梓、異性に抱き着かれてるのに、落ち着きすぎじゃないか…?」

律「唯よりも恥じらいがないぞ……?しかし―――」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 21:37:36.23 ID:w/zSD3y9O
律「――おい、唯!梓!部内での不純異性交遊はいけないぜ?」

梓「不純じゃないですよ、欧米では挨拶です」ギュー

唯「あ、梓くんとりあえず、離れよ?ね?//」

梓「むぅ、残念です……」パッ

澪「…しかし梓は妙に女慣れしてないか?」

律「ウチの聡なんて澪が家に来ると猿みたいに…」

澪「その先は言うな」ゴチン

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 21:40:31.08 ID:w/zSD3y9O
紬「もしかして女の子目当てで共学になったばかりの桜高に来たとか…?」

梓「……え、えーとその、半分当たりで半分ハズレです」

唯「?」

梓「あー、男なのにおかしな話ですが、…男性恐怖症なんです。だから男の少ないここに来たんです。」

澪「私も男は苦手だが、どうして?」

梓「中学のころ、僕、見てのとおり体も小さいし、顔つきも女みたいだから、男子からからかわれたり、いたずらされたり……その――」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/09(月) 21:43:05.94 ID:w/zSD3y9O
律「梓、もういいよ、澪も変なこと聞くなよ?」

澪「悪い…嫌なこと思い出させたな」

梓「い、いいんです!それで落ち込んでた時に、女の子達が優しくしてくれて、その、スキンシップもいやらしくないし…」

紬(スキンシップ……うらやまけしからん)

唯「だ、だから慣れてるんだね!//」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/09(月) 21:45:00.02 ID:w/zSD3y9O
梓「でも、ここに来たいと思ったのはそれだけじゃなくて、去年の学校祭の皆さんの演奏を聴いて、とても素敵だな、と思って…」

梓「実際にこうやって皆さんとお話したり演奏出来るのが、すごく嬉しいです!」ニッコリ

唯律澪紬(なにこの可愛い後輩)キュン



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/09(月) 21:47:09.18 ID:w/zSD3y9O
平沢家!

唯「ねぇうい、梓くんって知ってる?」

憂「うん、同じクラスだよ、軽音部に入ったんだって?」

唯「うん、そうなんだぁ。男の子なのにすっごく可愛いの!」

憂「あはは、お姉ちゃん可愛いの好きだしね」

唯「うん!だから憂も好きだよ!」ダキッ

憂「もうお姉ちゃんったら///」

憂「……で、憂『も』ってどういうこと?」ゴゴゴゴ
唯「あ、え?どうして怒るの…?うい怖いよ…」

憂「別に怒ってないよ?お姉ちゃんは梓くんのこと、好きなの?」

唯「……///」コク

憂(梓ああああああ!!)バリーン!

唯「どうしたの!?服が破れ飛んだようい!?」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/09(月) 21:49:27.50 ID:w/zSD3y9O
翌日!

憂「梓くん?ちょっと話があるんだけど」ゴゴゴゴ

梓(超逃げたい)

梓「な、なに?憂」

憂「昨日お姉ちゃんになにかした?」ニッコリ

梓「べ、別に僕からは、昨日も先に抱き着いて来たのは唯先輩の方だし…」アセアセ
憂「『僕からは』?『先に』?どういう意味かな?梓くん」ニコォォ

梓「」

憂「私刑だね♪梓くん」バリーン!

梓「服が破れ飛んだっ!?」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/09(月) 21:50:42.61 ID:w/zSD3y9O
私刑後!
梓「」

梓「」

梓「」

梓「」

唯(可愛い…)ナデナデ

梓「」

梓「……ハッ!?憂の背中の鬼が哭いている!?」

唯「あ、梓くんおはよう!」
梓「!夢だったのか……おはようございます、…それと、ひざ枕ありがとうございます」

唯「えへへ、どういたしまして///」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/09(月) 21:52:20.86 ID:w/zSD3y9O
梓「あれ?ここは部室みたいですけど、他の皆さんは?」キョロキョロ

唯「先に帰ったよ、もう下校時間過ぎてるし、私たちも帰らなきゃ」スクッ

梓「もしかして僕が起きるまで待っててくれたんですか……?」

唯「気にしないでいいよ、こんなにちっちゃくて可愛い後輩くんを置いてかえれるわけないよ!」

梓「む、ありがとうございます…でもちっちゃいってのは聞き捨てならないです、発展途上なんです」ムス

唯「あはは、でも、おっきい梓くんなんて想像出来ないよ」ケラケラ


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/09(月) 21:58:25.56 ID:w/zSD3y9O
梓「むー、たくましいところを見せてやるです!」ヒョイ
唯「きゃっ!?お、お姫様抱っこ!?///」カァァッ

梓「ふふ、仕返しにこのまま家まで送ってやります」ニコ

唯(は、恥ずかしいよ……///)


唯「ひ、人に見られてるよ、誤解されるよ///」

梓「人に見られた方が仕返しになりますから、それに、誤解なんて望むとこです」テクテク


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/09(月) 21:59:50.90 ID:w/zSD3y9O
唯「で、でも重いでしょ?ギー太だって担いでるし///」

梓「全然軽いですよ、これから毎日でも送り迎えしましょうか?」テクテク

梓「唯先輩専用中野送迎タクシーです」テクテク

唯「も、もう!梓くんのばか!///」カァァッ

梓「唯先輩、顔真っ赤で可愛いですね?」ニコ

唯「もう知らない……///」

梓「あはは、意地悪過ぎましたね」テクテク

梓「……唯先輩、僕、本当は唯先輩に憧れて、桜高に受験したんです」テクテク

唯「え?」

梓「中学の頃、男子に嫌なこととかいっぱいされて、落ち込んでたときに、先輩方の演奏を聴いて、」

梓「もちろん皆さん素敵だったんですけど特に唯先輩がかっこよくて、楽しそうで、」

唯「///」

梓「入学して新歓ライブを見て、去年見た先輩方がみんな居て、嬉しかったです」ニコ

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/09(月) 22:02:05.11 ID:w/zSD3y9O
唯「わ、私も……」

唯「私も梓くんみたいな後輩が出来て、すごく嬉しいよ!」ギュッ

梓「ふふ、じゃあ相思相愛ですね!」ギュー

唯「!」

唯「わ、私のこと、好きなの……?」ガバッ

梓「……はい、大好きです////」

唯「あ、あぅ……////」

唯「うん、相思相愛…だね……///」ギュッ

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/09(月) 22:06:58.13 ID:w/zSD3y9O [32/33]
みなさんこんにちは!平沢唯です!
あのあと私はあずにゃんと付き合うことになりました!
あずにゃんというのは後輩の中野梓くんのことで、猫みたいでとっても可愛いです!
憂にもいろいろ言われたけど、なんとか二人で説得して、認めてもらいました!
……毎日お姫様抱っこの送り迎えは恥ずかしいけど…、とにかく今は幸せです!


おわり

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/09(月) 22:14:08.27 ID:w/zSD3y9O [33/33]
以上です

初SS投稿だったのでいろいろ拙い部分だらけだし、梓が男だし、規制解除の勢いで血迷った結果がこれですよ!

地の文無しって辛いですね…
とにかく支援してくださった方ありがとうございました

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。