FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結標「もうやだこの仕事」一方通行「……はァ?」2

214 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/05(月) 00:31:03.37 ID:7qiZQ9Mo [1/5]
>>201が一言で纏めてくれたww
まあそんなとこです
当初は一方通行とどうのこうのと考えてたけどいざ書き始めると何か違う気がして
ギスギスした結標ではなく、日常を謳歌する結標とはどういう子だろうと思ってみたりして

んじゃ弁当パートいくよー

216 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/05(月) 00:41:25.85 ID:7qiZQ9Mo [2/5]
結標「ただいま」

月詠「ただいまじゃありませんっ! 一体どこをほっつき歩いてたんですかー!?」

結標「ごめんなさい。みんなと遊んでたらついつい」

月詠「携帯の電源まで切って。何やってたんですかまったく」

結標「あら? ……充電が切れてたわ」

月詠「結標ちゃんったらうっかりさんですねー。連絡できないと心配するんですからちゃんと充電しておいてくださいよ?」

結標「うわ、着信がこんなに……ごめんなさいね。うわ、メールもこんなに……」

217 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/05(月) 00:58:46.80 ID:7qiZQ9Mo [3/5]
【From】accelerator_01@msk.net
【Sub】念のため

弁当忘れんなよ

220 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/05(月) 01:31:57.96 ID:7qiZQ9Mo [4/5]
結標「アッー」

月詠「どうしましたー?」

結標「……冷蔵庫」

 ガチャ

結標「見事にビールとツマミしかないわね……」

月詠「何か馬鹿にしてません?」

結標「……この辺、24時間スーパーとかあったかしら」

月詠「どうしたんですか?」

結標「ええと……話せば長くなるのだけれど」

月詠「はい?」

結標「明日お弁当を作っていく事に」

月詠「……はい?」

230 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/05(月) 23:28:16.11 ID:7qiZQ9Mo [5/5]
月詠「はぁ。そんな事が」

結標「言い出したのは私だからいいんだけどね。しっかしすっかり忘れてたわ……」

月詠「早速打ち解けてくれているようで先生としては嬉しい限りですが、それでもちゃんと遅くならないように帰ってきてくださいね」

結標「分かってるわ。次からは気をつけるから、ね?」

月詠「もー、本当に分かってるんですかー?」

結標「はいはい。それより何作ろうかしらね」

月詠「先生はー、とりあえず卵焼きは定番だと思うのですよー」

結標「小萌にも作ってあげようか?」

月詠「職員室で開くのがちょっと恥ずかしいですね……」

232 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/06(火) 00:00:15.04 ID:Si299NIo [1/15]
結標「うーん……」

月詠「どうしました?」

結標「いえ……何を入れればいいのか迷ってて。嫌いなもの入れて残されたらやだし」

月詠「鈴科ちゃんですよね? ああ、確かに好き嫌いが激しそうです」

結標「適当に言っちゃっていいの。先生でしょあなた……」

月詠「教師の勘というやつですー」

結標「便利な言い訳ね、それ」

月詠「私の事はいいんですよ。というか、私に聞くよりもですね」

結標「う?」

月詠「本人に直接聞けばいいんじゃないですか?」

結標「」

234 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/06(火) 00:12:54.52 ID:Si299NIo [2/15]
結標「え、ちょっ、無理、マジ無理だから!」

月詠「えー。どうしてですかー? メールアドレス登録したんでしょう?」

結標「し……た、けど! あの時はみんなと交換しただけだし! アイツとは勢いだけだったし! あっちも乗り気じゃなかったし!」

月詠「でも今メール来たんですよね?」

結標「う……」

月詠「返信してもいいと思いますけど」

結標「うー……」

月詠「鈴科ちゃんの事、嫌いですか?」

結標「……そういう訳じゃないんだけれどね。ちょっと、色々あって」

月詠「はぁ、そうですか。……まあ詳しく詮索したりはしませんが、先生としては仲良くしてほしかったりもするんですよ」
月詠「せっかく同じクラスになったんですから。みんなで楽しくやってほしいというのが先生の願いだったりします」

結標「……うん、そうね」

236 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/06(火) 00:21:01.93 ID:Si299NIo [3/15]
結標「えーと……」





【For】 accelerator_01@msk.net
【Sub】 RE:念のため
------------------------------
忘れてないわよ
で?何が食べたいの?





結標「……ちょっと簡潔すぎるかしら」

結標「まあ別にいいわよね、うん。送信っと」

237 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/06(火) 00:29:34.42 ID:Si299NIo [4/15]
結標「あ、そういえばそもそもお弁当箱がないじゃない」

月詠「売ってますよ?」

結標「へ?」

月詠「急にそういう事考える子が結構いるみたいで。最近置いてるとこも増えてますよ?」

結標「そ、そうなの……」

月詠「男の子にお弁当作ってあげるのって、なんか憧れちゃいますよねー」

結標「そんなものかしら」

月詠「いいじゃないですかー。なんか、せーしゅんって感じでー」

結標「あなたはそういう経験あるの?」

月詠「わわ、私はないですよー!? というかこんな見た目なのでクラスメイトたちのいいおもちゃだったのです」

結標「あー……あなたも苦労してるのね……」

240 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/06(火) 00:57:12.70 ID:Si299NIo [5/15]
 ~♪

結標「って返信早っ!?」





【From】 accelerator_01@msk.net
【Sub】 RE:RE:念のため
------------------------------
なんでもいい
あんまり味濃いのは好かない
魚とか骨取ったりめんどくさいのは嫌
あと煮豆嫌い





結標「どこがなんでもいいだぁっ!?」

244 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/06(火) 03:36:18.01 ID:Si299NIo [6/15]
結標「うーん。なんかファミレスでもサラダとかばっかり食べてたような気がするし、お肉嫌いなのかしら」

月詠「でも栄養偏りますよねー」

結標「うーん……」





【For】 accelerator_01@msk.net
【Sub】 RE:RE:RE:念のため
------------------------------
お肉は?さっきファミレスで野菜ばっかり食べてたけど





結標「我ながら素っ気ないわね……」

月詠「絵文字とかは使わないんですか?」

結標「ちょ、ちょっとぉ!? 覗き込まないでよ!?」

月詠「あーあーそれじゃ届かないですよー」

246 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/06(火) 03:41:59.11 ID:Si299NIo [7/15]
結標「絵文字ねえ……どんなのがあるのかしら」

 ~♪

結標「ってまた早っ!?」



【From】 あくせられーた
【Sub】 RE:RE:RE:RE:念のため
------------------------------
嫌いじゃないけど濃い味は



結標「注文が多い……!」



【For】 あくせられーた
【Sub】 RE:RE:RE:RE:RE:念のため
------------------------------
じゃあ何ならいいの!(`Д´)

248 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/06(火) 03:48:42.77 ID:Si299NIo [8/15]
 ~♪





【For】 あくせられーた
【Sub】 RE:RE:RE:RE:RE:RE:念のため
------------------------------
任せる





結標「ふざけんなああああああっ!!」

月詠「ぴぃ!?」

251 名前:そうだったすまん。そしてコピペしてたらREに目がいって忘れた[saga] 投稿日:2010/07/06(火) 03:56:08.13 ID:Si299NIo [9/15]
【To】 あくせられーた
【Sub】 RE:RE:RE:RE:RE:RE:RE:念のため
------------------------------
じゃあ文句言わないでよね!ちゃんと残さず食べるのよ!



結標「ふふふ……少しくらい嫌いっぽいもの混ぜてもバチはあたらないわよね……?」

月詠「結標ちゃーん、顔が凄い事になってますよー。女の子なんですから笑顔笑顔ー」

結標「笑ってるわよ……!」

月詠「……そういえば笑顔って威嚇の意味がありましたねー」

結標「さーて、何にしようかしら……! あ、コレいいわね。アイツ白いし」

 ~♪

結標「う?」

252 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/06(火) 03:58:58.99 ID:Si299NIo [10/15]
【From】 あくせられーた
【Sub】 RE:RE:RE:RE:RE:RE:RE:RE:念のため
------------------------------
あとひじきも嫌い



結標「ちくしょおおお!!」

月詠「結標ちゃんー!? ここお店! お店の中ですからー!?」

254 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/06(火) 04:09:35.93 ID:Si299NIo [11/15]
【To】 あくせられーた
【Sub】 (無題)
------------------------------
うっさい死ね!



結標「白子とか入れてやろうかしら……!」

月詠「私は結構好きですけどねー」

結標「それお酒のアテとしてでしょ?」

月詠「日本酒にはやっぱり魚ですねー」

 ~♪

結標「だから早いって!」



【From】 あくせられーた
【Sub】 RE:
------------------------------
すまんなんか検閲された



結標「ああああああ! もぉおおおおお!!」

272 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/06(火) 21:37:10.58 ID:Si299NIo [13/15]
結標「……」

結標「……」

結標「……」

 ~♪

結標「うー……誰よこんな早くから……」





【From】 姫神
【Sub】 おはよう
------------------------------
起きてる?
お弁当作るならそろそろ始めないと





結標「……」

結標「……」

結標「……あ」

結標「やばっ、時間……ってうわあああ!?」

276 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/06(火) 21:56:37.02 ID:Si299NIo [14/15]
結標「小萌起きてー!」

月詠「むにゃむにゃ、もう飲めないのですよー」

結標「うわムカつく……って酒っ! 酒くさっ!」

月詠「あれー結標ちゃんー……どうしたんですかー……?」

結標「起きてー!」

月詠「うゆー。……まだ学校には余裕ありますけど。結標ちゃん今日はいつになく早起きですねー」

結標「こーもーえー!」

月詠「はーい。なんですかー結標ちゃんー」

結標「お弁当作るの手伝ってー!」

月詠「……結標ちゃんったら、仕方ないですねー」

結標「ありがとー! 大好きー!」

月詠「はいはい。とりあえず着替えましょうねー」

281 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/06(火) 23:08:41.09 ID:Si299NIo [15/15]
月詠「もー、今日は特別ですからねー? 他はどうか知りませんけどうちは運転手つきで登校とかダメですからね?」

結標「ごめん、ありがとっ。じゃあまた後でー!」

月詠「もー、調子がいいんですからー」

黄泉川「おはよーじゃん。お、あれが例の転入生じゃん?」

月詠「そうなのです。早速クラスに馴染んでくれたようなので一安心なのです」

黄泉川「ふーん? 前どっかで見たような……」

月詠「はい?」

黄泉川「いやいや、こっちの話じゃーん」

288 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/08(木) 01:30:32.62 ID:w5KiCPwo [1/7]
 ガラッ

結標「おはよー」

姫神「おはよう。結標さん」

吹寄「おはよう」

青髪「おっはーあわきん」

土御門「なぁ、それそろそろ古すぎやしねーかにゃー?」

結標「あれ、アイツらまだ来てないの?」

青髪「カミやんいつもギリギリだからねぇ」

291 名前:構わん[saga] 投稿日:2010/07/08(木) 02:47:01.32 ID:w5KiCPwo [2/7]
姫神「あ」

結標「どうしたの?」

吹寄「来たか……」



「だあーっ!! チャイムまであと18秒ー!」

「な、ン、で! 俺まで巻き込まれてンだよォ!?」

「それはこっちの話だよ! なんで朝起きたらオマエがいるんだよ!?」



青髪「鈴科も一緒?」

吹寄「みたいね。友達って言ってたし」

 ガラッ

一方「言ってねェ!」

吹寄「おはよう」

姫神「おはよう」

青髪「おはよーさん」

上条「はぁ……まにあったー。おはよー」

結標「おはよう……鈴科君?」

一方「……おは、よォ」

 キーンコーンカーンコーン

月詠「はーい皆さんおはようございまーす。ほらほら、出席を取りますよー席についてくださいー」

293 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/08(木) 03:17:27.23 ID:w5KiCPwo [3/7]
青髪「……さて。とうとうやってまいりました」

姫神「1レスしか経ってない気がするけど」

青髪「それは言わん約束や。そんな訳で」

上条「ひー↑るー↑やー↑すー↑みー↑でー↓すー↓……」

吹寄「ほら、さっさと購買行ってきなさい負け犬」

上条「財布が……」

 どさどさどさ

青髪「焼きたてじゃないのがちょい不満やけどなー」

 ガパッ

姫神「みんなで食べれるように。おにぎりとおかずを大量に」

土御門「んー? ちょっと多すぎないかにゃー?」

青髪「まー連帯責任って言うか?」

姫神「食料支援」

上条「オマエら……」

青髪「まあ、言うても一応これ売り物やし?」

姫神「材料費くらいは捻出してもらわないと」

上条「オマエら……!」

結標「何この安定感」

294 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/08(木) 03:55:41.59 ID:w5KiCPwo [4/7]
一方「結標」

結標「う」

一方「メシ」

吹寄「え? 何? あなたたちそういう関係だったの!?」

結標「ちちちちち違うわよっ!?」

一方「コイツが、負けた方がメシ作ってくるって言うからよォ」

青髪「なん……だと……そんなエロゲーみたいな展開! 許すまじ、許すまじ」

姫神「作ってきてあげようか?」

青髪「是非ともお願いしますっ!」

上条「お願いしますっ!!」

姫神「一食千円だけど。いい?」

上条「うわー無理だったー」

青髪「あ……足元見やがってぇえええお願いします!」

姫神「あ。上条君は別よ?」

上条「!?」

青髪「ひいきだー!?」

300 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/08(木) 22:37:45.76 ID:w5KiCPwo [6/7]
一方「アイツらは楽しそォでいいなァ……」

結標「そ、そうねー」

一方「……で?」

結標「ぐ……」

一方「まさか作ってきてねェとか言うンじゃねェだろォな」
一方「そもそもオマエから言い出したンだしよォ、そンな真似しねェよなァ?」

結標「ち、ちゃんと作ってきたわよ!」

一方「じゃァさっさと出せ腹減ってンだ」

結標「え、っと……」

一方「なンだよ」

結標「……笑わない?」

一方「はァ?」

結標「あ、やっぱりそうなのね! ケチョンケチョンにこき下ろして嘲笑おうとしてたのね!?」

一方「被害妄想うぜェ……」

301 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/08(木) 22:47:23.80 ID:w5KiCPwo [7/7]
一方「いいから黙って出せよ腹減ってるっつってンだろブチ殺すぞ」

結標「わ、分かったわよ……! ほら、いくらでも笑いなさい!」




 \バーン/




一方「……おい、こりゃァなンの真似だよ結標ェ」

結標「ま、まだ開いてすらいないのに……一方通行、恐ろしい子……!」

一方「いやまァ、なンつーかよォ……」

結標「な、何よ……!」

一方「――小せェンだよ弁当箱が! 食った内に入らねェだろこンな量!」

上条「あー」

青髪「あー」

土御門「にゃー」



310 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/09(金) 00:42:42.79 ID:rD0diFUo [1/3]
姫神「まあ。足りなかったらどうぞ」

一方「おォ、わりィな」

姫神「まだダメ」

一方「あァ?」

姫神「結標さんのを食べてからじゃないと」

一方「……」

吹寄「まあ、そうよね普通」

結標「べ、別に私のなんか食べなくても……!」

姫神「結標さん」

結標「ひっ」

吹寄「駄目。それは駄目」

姫神「どんなのを作ったのか。興味あるし」

結標「何この羞恥プレイ」

吹寄「さあ、今ここに曝け出すのよ……!」

結標「ぎゃあああああ」

312 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/09(金) 00:59:02.84 ID:rD0diFUo [2/3]
吹寄「…………!」

姫神「こ。これは……」

結標「いやあああああ」

吹寄「……なんていうか、凄く」

一方「えらくまともだなオイ」

吹寄「そんなに言うから一体どんなものかと思ったじゃない」

313 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/09(金) 01:04:35.96 ID:rD0diFUo [3/3]
上条「メインはハンバーグか? 野菜多めだな」

姫神「……ううん。違う」

上条「へ?」

姫神「食べれば。多分分かる」

一方「……まァ……食うけどよォ」

上条「? どうした? 早く食べろよ」

一方「そンな穴が開くほど見てンじゃねェ! 俺は動物園のパンダか何かか!」

上条「色彩的にはそんな感じだけどなー」

一方「散れギンバエどもっ! 食いづれェったらありゃしねェ!」

326 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/10(土) 02:05:41.35 ID:2y9svIso [2/7]
一方「……だからそンな見てンじゃねェよ。穴開くぞコラ」

結標「あ……ご、ごめんなさい」

一方「ンだよ、気持ちわりィ」

結標「だってほら……色々怖いじゃない」

一方「はァ? なンでオマエがビクビクしてンだよ」

結標「えぇ?」

一方「食う方が怖いっつーの……オマエ前キャンピングカーで料理してた事あったろ」

結標「いやあああ思い出させないでえええ!!」

一方「内臓で反射するのは久し振りすぎて慌てたぜェ……」

328 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/10(土) 02:37:00.72 ID:2y9svIso [3/7]
結標「ううう……耐えられない……」

一方「……オマエも食ったらいいだろ。自分の分はどォした」

結標「あるけど……」

一方「あるけど、なンだよ」

結標「同じお弁当食べるのって……恥ずかしいし……」

一方「…………」

 ガタ

結標「え?」

一方「なァおい」

上条「へ?」

一方「屋上、開いてるか」

上条「……この季節なら開いてるんじゃないのか? 寒いし」

一方「そォか。じゃァ行ってくる」

青髪「えー、一緒に食べへんのー?」

一方「うるせェンだよ。落ち着いて食えねェだろ。……まァ、ぶっ倒れても助けがこねェが」

結標「屋上でもどこでもさっさと行きなさいっ!!」

330 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/10(土) 02:57:17.52 ID:2y9svIso [4/7]
 ――ガチャン

一方「……確かに、誰もいねェなァ」

一方「まァ薄らさみィが……お天気な連中と一緒よりはマシか」

一方「はァ、めンどくせェめンどくせェ」

 カパッ

一方「……」

一方「見た目はマシになってる……か?」

一方「いや、まだ油断はできねェ」

一方「……」

一方「……」

一方「……いただきます、っと」

一方「あむ……」

一方「……」

一方「……食えンじゃねェか」

一方「ン? ンン……?」

一方「…………まァいいか」

一方「……っはーあァ」

一方「空が青いなァ……クソさみィ」

331 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/10(土) 03:09:27.95 ID:2y9svIso [5/7]
上条「おーい結標ー、一緒に食おうぜー?」

青髪「あかん、ありゃ弁当見せる気あらへんわ」

姫神「大丈夫。内容は把握してる」

土御門「おお?」

吹寄「先生、解説を」

姫神「了解。まずはメインのハンバーグ」

上条「あれなんなんだ? 何かあるような事言ってたけど」

姫神「――豆腐ハンバーグだった」

青髪「な、なんだってー!?」

姫神「ご飯も雑穀米だったし。わりと健康志向な内容だった」

吹寄「ガタッ」

青髪「あわきん逃げてー!?」

333 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/10(土) 03:59:37.70 ID:2y9svIso [6/7]
結標「え!? な、なによ!?」

上条「落ち着け吹寄、どうどうどう」

吹寄「私は暴れ馬か何かかっ!」

姫神「結標さんのお弁当について喋ってたら。健康という単語に反応してしまいました」

結標「へ?」

青髪「あわきん、吹寄の前で健康は禁句や」

結標「え? ええ?」

334 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/10(土) 04:23:54.71 ID:2y9svIso [7/7]
姫神「どうしてこのチョイスに?」

結標「え……だって彼……」

上条「アイツが?」

結標「偏食酷いし……」

青髪「そうなん?」

結標「お肉食べる時はお肉しか食べないし、野菜食べる時は野菜しか食べないし。付け合せとか考えないし」

上条「……」

土御門「……」

姫神「……結構。仲いいね」

結標「へ!?」

364 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/14(水) 22:00:08.44 ID:xJ2bg5Ao [1/3]
吹寄「もしかしてアレ? 付き合ってたりするの?」

姫神「……ああ。なるほど」

青髪「だわー!? そうなんあわきん!? やっぱり可愛い子は彼氏いるの確定なん!?」

土御門「それ暗にフリーの子全員敵に回す発言だにゃー」

結標「違う! 違うって!」

姫神「ムキになるところが怪しい」

結標「ない! それはないから!」

吹寄「本当にー?」

結標「ぜ・っ・た・い・に・ないからー!!」

366 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/14(水) 22:12:11.15 ID:xJ2bg5Ao [2/3]
結標「そもそもなんで私があんなのと付き合ってなきゃいけないの!? 何? これが恋愛至上主義ってやつなの?」

吹寄「……まあ、うちのクラスあんまりそういう浮いた話ないし」

姫神「あったとしても。約一名に集中してるし」

上条「そうなのか? 俺聞いたことないけど」

姫神「鈍感」

吹寄「朴念仁」

土御門「馬に蹴られて死んじまうがいいんだぜぃ」

上条「……ああ、土御門の事か」

青髪「そろそろ本気で吊るしていい気がしてきた」

368 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/14(水) 23:39:30.39 ID:xJ2bg5Ao [3/3]
青髪「え? あわきん彼氏おらへんの?」

結標「い、いないわよそんなの!」

吹寄「ま、またまたご冗談をー」

結標「何が冗談なのよ。別に彼氏とかいらないし。欲しくないし」

姫神「これが……強者の余裕……」

土御門「……まあ、いろいろがんばれぃ」

結標「そもそも私、恋愛とか、どーでもいいし」

上条「え? まじで? もったいないな」

結標「もったいないって何が?」

上条「だってほら、結標って美人だし」

結標「」

一同『(堂々と言い切ったー!?)』

370 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/15(木) 00:05:03.73 ID:cJkgcrco [1/20]
吹寄「ちょっと結標さん」

姫神「こっちに」

結標「え? な、なによいきなり」

吹寄「……あなた、まだ奴に慣れてないだろうから言っておくけど」

姫神「上条君。真顔でベタで王道で直球ど真ん中な臭い台詞を堂々と言い切るから」

結標「え? え? でも別に悪い気は……」

吹寄「そこが落とし穴なのよ……!」

姫神「今のなんか軽いジャブにもならない。平然と口説き文句みたいな事言ってくるから」

吹寄「しかも素で言ってくるから性質悪いのよ。分かる? 本人に、その気がないの」

結標「…………あー」

373 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/15(木) 00:22:19.59 ID:cJkgcrco [2/20]
結標「……もしかして」

吹寄「む?」

結標「それでころっといっちゃったクチ?」

吹寄「それはないけど」

結標「……ふむ、誤魔化してる訳じゃなさそう」

吹寄「でも、身近に見てるから……」

結標「え?」

吹寄「……」

結標「……」

姫神「……」

結標「なぜ目を逸らすのかしら」

姫神「黙秘権を行使」

376 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/15(木) 01:17:18.81 ID:cJkgcrco [3/20]
結標「ふーん……へーぇ?」

姫神「あまり。その辺には触れないで」

結標「あら、どうして?」

姫神「……色々空しくなるから」

結標「……大変なのね、あなたも」

上条「おーい、何こそこそ話してんだー? 飯食っちまおうぜー?」

吹寄「うるさい男子は入ってくるなっ!」

上条「不公平だー!?」

381 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/15(木) 01:37:43.39 ID:cJkgcrco [4/20]
吹寄「じゃあねー、また明日ー」

土御門「さーて、帰るかにゃー」

青髪「今日は新作の発売日だかんねー。予約取り起きしてもらってるとはいえ学校が憎い……!」

土御門「一学期中に休みすぎなんだにゃー。ここぞという時にストックしておくのがスマートだぜぃ?」

青髪「しかたなかったんや……チクショウ! なんでどこもかしこも同じ時にメーカー買いシナリオ買いパケ買いするんを重ねてくるんや!」

上条「オマエが毎日のように休んだせいで出席日数がもうないのは分かったからさっさと行けよ鬱陶しい」

青髪「うわーカミやんにまで蔑まれるような目で見られたー!? 誰か二次元入れる機械早く作ってーな、十億までなら頑張るさかい!」

結標「……結局ああいう芸風なのね、彼」

一方「いや……土御門も似たようなもンだから多少耐性付いてるとはいえなァ……」

姫神「気にしたら負け。そのうち適当にあしらえるようになるから」

一方「それはそれで嫌なンだが……」

382 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/15(木) 02:09:08.85 ID:cJkgcrco [5/20]
一方「あァそォだ、結標」

結標「? 何かしら」

一方「ほれ」

結標「…………全部食べてくれたんだ」

一方「どォせ残したら残したでグチャグチャうるせェだろォがよ」

結標「……そ、それで」

一方「あン?」

結標「どうだったかしら……」

一方「何がだよ」

結標「えと……味、とか……?」

一方「なンで疑問形なンだよ。……まァ、犬のクソよりはマシだったかァ?」

383 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/15(木) 02:12:08.41 ID:cJkgcrco [6/20]
結標「それ本気で比較してるなら張り倒すのだけど、いいかしら」

一方「食えなくはねェ。これでいいかよ」

結標「はい、よろしい」

一方「ケッ、上から目線がうぜェったらありゃしねェ」

結標「罰ゲームとはいえ作ったのは私よ?」

一方「あァそォかい」

結標「…………ふふっ」

一方「……結標」

結標「何?」

一方「――、ごちそォさン。悪くなかった」

384 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/15(木) 02:21:18.69 ID:cJkgcrco [7/20]
結標「……」

一方「なンだよその面は」

結標「……あなた」

一方「あァン?」

結標「何? 心境の変化? それとも風邪でも引いたの? あ、もしかして私の作ったお弁当に中って……!」

一方「少しくらい素直に受け取ったらどうなンだよォ!?」

結標「え? …………ええ?」

一方「……オマエ、ほンっとォにめンどくせェ女だなァ」

385 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/15(木) 03:06:10.69 ID:cJkgcrco [8/20]
結標「……ねえ」

一方「あァ?」

結標「……えと、」

一方「言いたい事があンならさっさと言え。鬱陶しい」

結標「……よかったら、その」

一方「あンだよ」

結標「…………明日も作ってきてあげよう……?」

一方「……はァ?」

結標「ほ、ほらあれよ、小萌が料理というか家事スキル上げろって最近うるさいし」

一方「つまり何か、俺を実験台にしようと。そォいう事か」

結標「そ、う……いう事にしておくと楽かしら……?」

388 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/15(木) 03:23:03.48 ID:cJkgcrco [9/20]
一方「まァ飯買ってくるのもめンどくせェしなァ……ンじゃ頼むわ」

結標「うん。じゃあ明日、また作ってくるわね」

一方「それじゃ帰っとすっかなァ……」

結標「……あ、ちょっと待って」

一方「だから一度に言えっての……はいはい、なンですかァ?」

結標「何か、リクエストある?」

一方「なンでもいい」

結標「……そ」

一方「……あァ、一つだけ」

結標「何かしら」

一方「量。増やせ。足りねェ」

結標「……ん。りょーかい」

389 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/15(木) 03:31:03.35 ID:cJkgcrco [10/20]
上条「さーて、そろそろ行かねーとスーパーの特売が……んじゃお疲れー」

結標「――あ、待って上条君」

上条「んー? どしたー?」

結標「上条君って料理する派?」

上条「家計という至極現実的な問題に日々相対しておりまして」

結標「じゃあ、一緒に買い物行かない? 私も明日のお弁当の材料買わないと」

上条「あれ? 罰ゲームだったんじゃ」

結標「続行する事になったわ」

上条「ああ、これからあの外道に搾取される日々か……大変だなオマエも」

結標「……なんか妙に哀れみの視線を向けられている気がするけど、気のせいって事にしておくわ」

391 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/15(木) 03:42:12.65 ID:cJkgcrco [11/20]
上条「うーし、んじゃ行くかー。いいか? 先に言っておくけどタイムセールは戦場だからな? あそこは気力体力時の運が相互に絡み合って……」

結標「あ、その前に」

上条「ん?」

結標「おーい、姫神さんー。一緒にどうかしらー?」

 どんがらがっしゃーん

上条「お、おい大丈夫か姫神!? 物凄い盛大にこけたけど!?」

姫神「だ。大丈夫……!」

上条「どっかぶつけてないか? 痣にでもなったら大変だろ」

姫神「平気。ちょっと。びっくりしただけだから」

上条「結標ー、いきなり大声出すなよー。びっくりするじゃんか」

結標「ごめんなさい、そんなに驚くとは思わなくて」

上条「んで、どうする? つってもただの飯の買い物だけど。あ、何か用事でも……」

姫神「い。行く! 大丈夫。暇だから!」

上条「お、おう……。……?」

393 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/15(木) 04:28:12.30 ID:cJkgcrco [12/20]
上条「んじゃさっさと行くかー。もたもたしてっと特売品逃すしなー」

結標「あら、別に私はセール品でなくてもいいのだけれど」

上条「ちくしょう、格差社会め……!」

姫神「……あ」

結標「何?」

姫神「結標さん。もしかして」

結標「☆(ゝω・)v」

姫神「…………」

上条「どうかしたか?」

姫神「ううん。なんでも。ほら。早く行こう?」

結標「姫神さん、お弁当のレパートリー多いみたいだし、よかったら教えてくれないかしら?」

姫神「うん。もちろん」

上条「でもそれは食材の値段と相談が前提だがな……!」

姫神「上条君。せせこましい」

上条「え? 何それ聞いたことない表現だけど」

結標「ニュアンスはなんとなく伝わるからいいじゃない。ねえ?」

394 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/15(木) 04:33:00.69 ID:cJkgcrco [13/20]
というわけで。姫神ルート書ける気がしないからせめて裏で

ちなみに当初は一方座標のつもりだったけど、途中からそうでもなくなったのぜ


つづけ

440 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/15(木) 22:34:46.40 ID:Zn6qsdUo
一通さん宅で料理を作ることに


442 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/15(木) 22:47:31.54 ID:cJkgcrco [17/20]
結標「……ねえ、ところで」

一方「なンだよ」

結標「あなたたちって料理できるの?」

海原「まあ、それなりには」

一方「なンで俺がしなきゃならねェ」

土御門「できた妹がいるから必要ない」

結標「予想通りすぎて面白くないわね」

海原「そういう結標さんは?」

結標「んー……最近はそれなりに、腕が上がってきたとは思うけど」

土御門「まあずーっと誰かさんに弁当作ってるからな」

海原「誰かって誰です?」

土御門「ん」

一方「さーて、仕事仕事ォっと。今日の俺は勤労精神に溢れてるぜェ」

444 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/15(木) 23:14:10.27 ID:cJkgcrco [18/20]
海原「(*^Д゜)」

土御門「海原、顔のパースが崩れてるぜ」

海原「( ゜Д゜)」

結標「あ、そっちなんだ」

海原「(゜Д゜)」

結標「こっち見んな」

海原「……結標さん」

結標「何よ気持ち悪い。いつもに増して気持ち悪い」

海原「あなたの日頃の認識については後ほどお話しするとして、一つ提案なんですが」

 がしっ

結標「ぴぃ!?」

海原「……どうせならそれ、上条当麻にしませんか?」

土御門「こいつまったく容赦がねえ」

446 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/15(木) 23:40:59.15 ID:cJkgcrco [19/20]
結標「土御門ー。妹って例の繚乱の?」

土御門「なんでオマエが知ってる」

結標「あなた前に自慢げに話してたじゃない……あそこ研修とか結構ハードなんでしょ? 来れない日とかどうしてるのよ」

土御門「まぁ作り置きとかな。なければ外食か弁当か惣菜かだな」

結標「……ふむ」

土御門「どうかしたのか?」

結標「いえね、一方通行はどうしてるのかなーって」

土御門「なん……だと……」

447 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/15(木) 23:56:43.70 ID:cJkgcrco [20/20]
海原「……結標さん」

結標「な、何よ」

海原「色々、大変だとは思いますが頑張ってください」

結標「え?」

土御門「まあ応援だけならしてやろう。手は多分貸さねーけど」

結標「ちょっと待って、あなたたち何を言っているの?」

海原「一方通行の所に押しかけ女房するんでしょう?」

結標「……へ?」

448 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/16(金) 00:05:38.62 ID:oxD4Rh.o [1/12]
土御門「まあ手料理ってこう、キュンと来るものあるしなー」

海原「自分も経験してみたいものですね」

結標「ちょっと、ちょっと待って」

土御門「んー?」

海原「どうかしましたか?」

結標「なんで、私が、一方通行のとこに、押しかけて、手料理振舞わなきゃならないのよ!?」

土御門「えっ」

海原「えっ」

結標「えっ」

海原「……そういう話じゃないんですか?」

結標「何それ怖い」

449 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/16(金) 00:17:51.39 ID:oxD4Rh.o [2/12]
結標「まったく……なんで私が一方通行にご飯作ってあげなきゃならないのよ……」

結標「まあ作るのは別にいいんだけどね……」

結標「うーん……料理結構面白いしなぁ」

結標「誰かに作るっていうのも悪くはないし」

結標「ただ……別に私は、そういうつもりじゃなくて……」

結標「…………、あ」

結標「もしかして……」

結標「一方通行も……そう思ってたり……しちゃうのかしら……?」



一方「俺がどうかしたかよ」

結標「ぴぃ!?」

452 名前:確かに日付変わったけどそれはどうなんだw[saga] 投稿日:2010/07/16(金) 00:30:34.43 ID:oxD4Rh.o [3/12]
結標「あああ、あなた何してるのよこんな所で!」

一方「仕事帰りに晩飯買いにスーパー寄っただけなンだが何か文句でもあンのかコラ」

結標「惣菜?」

一方「今日は揚げ物な気分だなァ。ここの肉屋は悪くねェ」

結標「……ちゃんと野菜もとりなさいよ、バランス悪い」

一方「違う売り場行くのがめンどくせェ」

結標「……あ」

一方「あン?」

結標「ねえ一方通行」

一方「なンだよ」

結標「作ってあげようか」

一方「は?」

結標「揚げ物、練習付き合ってよ」

453 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/16(金) 00:38:09.75 ID:oxD4Rh.o [4/12]
一方「……」

結標「何よその顔は」

一方「学校だけじゃ飽き足らず……オマエどれだけ俺の食生活を汚染すれば気が済むンだよ」

結標「汚染とは失敬な。そもそもあなたの食生活はまともだと言えるの?」

一方「食いたいもンを食うのが何か問題あるのかよォ。つーか栄養バランスなんていくらでも操作できンだよ」

結標「今あなたは世界の半分を敵に回した」

一方「…………」

結標「な、何よ」

一方「……体重、気になるのか?」

結標「オーケー分かったわ。殴る。反射禁止」

454 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/16(金) 00:42:42.21 ID:oxD4Rh.o [5/12]
一方「殴るのは止めはしねェが、いいのかよ」

結標「いいって?」

一方「一応人体生理学とかもやってるからな。新陳代謝促進とかなら、やれねェ事もないけど」

結標「お代は今日の晩ご飯でいいかしら」

一方「構わねェよ。罰ゲーム外の弁当分のツケにしとけ」

結標「あれは好きでやってる事だからいいの」

一方「おい、オマエさっき自分から作るとか言い出してなかったかァ?」

結標「だって実行前だもの」

一方「汚ねェ」

460 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/16(金) 01:36:52.59 ID:6fzkrrUo
一通さんとあわきんが偶然道で遭遇してそのまま夕飯の買い物
そのまま一方通行の家に行って料理を作ることになり炊飯器に絶句しつつも料理を作ったら結構褒められる
そして打ち止めに結婚しないの?って聞かれて慌てるあわきん


464 名前:つーかもう遭遇してるよね[saga] 投稿日:2010/07/16(金) 01:47:31.24 ID:oxD4Rh.o [8/12]
結標「へえ、結構いいとこに住んでるじゃない」

一方「どこでも似たようなもンだろ。学校近いからここにしただけだ」

結標「おっかねっもちー」

一方「オマエもグループの仕事して元々レベル4なンだから結構持ってンだろ……」

結標「未だに小萌のとこにいるわよ」

一方「月詠? なンだ、オマエまだ居座ってンのかよ」

結標「結構居心地よくてね。小萌、面倒見もいいしついつい甘えちゃって」

一方「今となっちゃ仮にも担任だろ。どっか身の振りでも考えた方がいいンじゃねェのか」

結標「そうねえ……でも、私が掃除しないとすぐ散らかるし」

一方「あのエセ幼女、飲酒喫煙だけじゃなく生活もずぼらかよ……」

結標「女性にあまり幻想見ないほうがいいわよ」

465 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/16(金) 01:56:08.90 ID:oxD4Rh.o [9/12]
一方「現実くらい知ってンよ。あれ、黄泉川って教師いンだろ」

結標「知り合い?」

一方「一時期世話になってた事があってな」

結標「ああ、どうりでしょっちゅうこそこそしてた訳だ」

一方「アイツよォ、常時ジャージなンだぜ」

結標「アイテムのあの子はどうなるのよ」

一方「さすがに年齢ってもンがあンだろォがよ。あの調子だと婚期逃すンじゃねェの?」

結標「あの人いくつなの」

一方「知らねェよ。警備員もやってるし、出会いとかあンのかねェ」

結標「職場婚とかになるのかしら。あ、元教え子とかはどうなの?」

一方「どこのフィクションだよ」

結標「実際結構多いらしいわよ? せっかくだし、どうかしら」

一方「あ?」

結標「立候補してみたら?」

一方「じょォだン」

467 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/16(金) 02:07:14.48 ID:oxD4Rh.o [10/12]
一方「…………」

結標「どうしたの? あ、まさかカギなくしたとか」

一方「…………」

 ――ピッ

結標「あら、持ってるんじゃない」

一方「めンどくせェ……」

結標「え?」



 ガチャ



打止「おかえりなさいー、ってミサカはミサカは玄関で正座して待ってたから脚が痺れてあばばば」

結標「」

469 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/16(金) 02:34:57.72 ID:oxD4Rh.o [11/12]
結標「一方通行……あなた、やっぱり」

一方「あァ、オマエの言おうとしてる事はなンとなく分かるから言わなくていい」

結標「幼女監禁調教だなんていくらなんでも……!?」

一方「なァ、頼むから一度殴らせてくれねェ? 能力使わないでおいてやるから」

結標「冗談よ。例の子でしょ? クローンの」

一方「よし分かった。殴る」

打止「こらー! 喧嘩は禁止ー! ってミサカはミサカはじたばたともがきながらも顔を上げてみた……り……」

結標「……」

打止「……」

結標「……こ、こんにちは」

打止「ええええ女連れええええ!? ってミサカはミサカはあまりの事に絶叫してみたりみなかったりきゃードア開いてる丸聞こえ恥ずかしいー!」

477 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/17(土) 00:25:58.10 ID:uJRQtI6o [1/8]
一方「うるせェクソガキ。自分の足で動くか蹴り飛ばされるか好きな方を選べ」

打止「女の子はもっと優しく扱うべきだって常々言っているんですけどそこのとこどうなんでしょう、ってミサカはミサカはいい加減うんざりしつつも提案してみる」

一方「言い直そうか。黙って歩くか蹴り飛ばされるか選べ」

打止「蹴られるのは御免だから自分の足で歩くけど、だからあなたはミサカに対する扱いが酷いって口にタコができつつある台詞を吐いてみたり」

結標「えらく斬新な表現ね」

打止「それで? このお姉さんはどちら様なんでしょう、ってミサカはミサカはいきなり核心を突いてみたり」

一方「クラスメイトだ」

打止「なん……だと……ってミサカはミサカは絶句してみたり……!?」

479 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/17(土) 00:28:00.40 ID:uJRQtI6o [2/8]
一方「今の回答の何に驚いたンだよオマエは」

打止「だって……だって……!」

一方「なンだよ」





打止「あなたに友達がいた事がびっくりです! ってミサカはミサカはあまりの事に慄いてみたり!」

一方「そォか、よし、とりあえず中入ろうな? それからじっくり話すとしよォじゃねェか」

結標「これ……私入っていいの……?」

480 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/17(土) 01:26:27.54 ID:uJRQtI6o [3/8]
一方「でェ? オマエ何しに出やがった」

打止「ひどっ。せっかくヨミカワからの差し入れ持ってきたのに」

一方「いらねェっつってンのによォ……」

打止「またそんな事言って。ちゃんと食べてるの? ってミサカはミサカは眉をひそめてみる」

一方「オマエもかよ……」

打止「うゆ? ってミサカはミサカは小首を傾げてみたり」

一方「コレ」

結標「……えーっと」

打止「…………え?」

一方「飯、作るンだとよ」

打止「」

482 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/17(土) 01:42:20.31 ID:uJRQtI6o [4/8]
打止「え? じゃあこの差し入れは? ってミサカはミサカはアイデンティティという名の口実を失いそうになって愕然としてみる……!」

一方「いや、食うけどよ」

結標「じゃあ私はまた今度にしましょうか」

一方「材料無駄になるだろ」

結標「あら。意外とエコロジカル」

一方「どォせコイツも帰る気なさそうだしな」

打止「一緒に食べて来いって言われました、ってミサカはミサカは帰ってもご飯が無いと背水の陣を敷いてみる」

結標「……じゃあ、せっかくだし作りますか」

打止「あ、手伝うよ、ってミサカはミサカは立候補してみたり!」

結標「あら、ありがとう。じゃあお願いしようかしら?」

打止「任せてー。最近ヨミカワに色々教えてもらってるから大丈夫、ってミサカはミサカは胸を張ってみたり」

483 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/17(土) 02:26:51.97 ID:uJRQtI6o [5/8]
結標「下ごしらえはこんなものかしらね」

一方「ところで何作ンだ?」

結標「からあげー」

打止「えー!? ってミサカはミサカは驚愕のあまり思わず声を上げてみる!?」

結標「どうしたの?」

打止「あ……揚げ物……? ってミサカはミサカは恐る恐る尋ねてみる」

結標「そうよ? あ、油は怖いかしら」

打止「そうじゃなくて……」

結標「?」



打止「炊飯器で揚げ物はさすがに難しいんじゃないかな、ってミサカはミサカは苦言してみたり」

結標「」

485 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/17(土) 02:47:16.52 ID:uJRQtI6o [6/8]
結標「なんでそこで炊飯器が出てくるの」

打止「え……?」

一方「打ち止め、念のために言っておくがよォ……炊飯器は普通、米を炊くためだけのもンだ」

結標「むしろそれ以外に使ったことないわよ。あ、パンとか焼けるんだっけ?」

打止「…………もしかして、ヨミカワって凄い特殊? ってミサカはミサカは震える声で尋ねてみたり」

一方「特殊というか、頭おかしいな。キッチンに炊飯器が肩並べて蒸気吹いてる図はどっちかってェと悪夢だろォ」

打止「」

結標「うわあ……まさか学園都市七不思議のひとつが実在するとは」

一方「はァ?」

結標「その悪夢的な絵」

一方「……打ち止め、今からでも遅くねェ。アイツに料理習うのだけはやめろ」

486 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/17(土) 02:49:23.68 ID:uJRQtI6o [7/8]
黄泉川「へっぷし」

芳川「あら、風邪?」

黄泉川「誰かが噂してるかもじゃん? モテる女は辛いじゃんー」

芳川「…………今日のメニューは?」

黄泉川「白身魚のクリーム煮じゃん」

芳川「よくあれでこんな手の込んだもの作れるわね……」

黄泉川「? スイッチ一つじゃん?」

芳川「もう何も言わないわ……」

504 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/18(日) 02:16:22.04 ID:ej2ZkToo [1/2]
結標「えーと、打ち止め、でいいのかしら」

打止「ミサカ二〇〇〇一号という表現の仕方もあるけどどうせなら固有名詞で呼んでほしいな、ってミサカはミサカは提言してみたり」

結標「了解。打ち止め、キャベツ水洗いしてもらえるかしら?」

打止「らじゃー、ってミサカはミサカは己の未熟さに嘆きつつ泣く泣く椅子とか持ち出してみたり」

結標「ああ、オリジナルと違ってこの子は可愛げがあっていいわぁ……」

一方「結標……オマエまさか、年下ならもうなンでも……」

結標「包丁で刺すの反射したらどうなるのかしら」

一方「やめとけ」

結標「冗談よ……あーそんなに丁寧に洗わなくても大丈夫よ」

打止「農薬とか大丈夫? ってミサカはミサカは疑問形で返しつつ葉の内側だからあんまり関係ないかとか思ってみたり」

結標「無農薬よー。ほら、最近できたって知らない? 農業都市。そこの試験品だって」

一方「大丈夫なのかそれ」

結標「検疫とかはしてるでしょ。そこらのスーパーで売ってるくらいなんだし」

一方「たまにとンでもねェもン売ってるけどな、そこらのスーパーで……」

542 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/23(金) 02:58:44.31 ID:5Gt9jbwo [1/4]
一方「……」

結標「お味はどうかしら」

一方「まァまァだな」

打止「そんなむっつり顔じゃ美味しく食べられないかも、ってミサカはミサカは和やかムードを要求してみたり」

一方「ほっとけ」

結標「ほら、そんなお肉ばっかりじゃなくてサラダも食べなさいよ」

一方「うるせェ。好きに食わせろ」

打止「それミサカが作ったんだよ! ってミサカはミサカは誇らしげに胸を張ってみる」

一方「千切ってぶち込ンだだけだろォが」

打止「ひどぉっ!? ってミサカはミサカは元も子もない事を言われて驚愕してみたり!?」

547 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/23(金) 04:13:22.35 ID:5Gt9jbwo [2/4]
結標「あなた少しは優しい言葉をかけられないの……」

一方「はァ? 何気持ち悪りィ事言ってンだよ」

結標「ごめん、聞いた私が馬鹿だったわ」

一方「それよかジロジロ見てンじゃねェよ。食う気が失せンだよ」

結標「あ」

一方「なンだよ」

結標「……忘れてたわ」

一方「何を」

結標「食べるのを」

一方「…………オマエ、頭大丈夫か? ボケてきてンじゃねェの?」

結標「誰が若年性痴呆症よ!?」

548 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/23(金) 04:25:09.94 ID:5Gt9jbwo [3/4]
結標「あら、初めてにしては上出来かしら」

打止「ムスジメって料理のセンスあるのかも、ってミサカはミサカは羨望の眼差しを向けてみたり」

結標「そうかしら? 結構楽しいから色々勉強はしてるけど、ほら、試すにもすぐ回数こなせるわけじゃないから」

一方「お陰で俺は実験台にされる毎日って訳だ」

打止「……まいにち?」

一方「弁当押し付けてきやがるンだよ」

打止「あー、なるほど。どうりで最近血色がいいと思った、ってミサカはミサカはようやく合点がいってみる」

一方「いらねェ世話焼きやがって……」

打止「ふーん……それで? ってミサカはミサカは前置きしてみる」

結標「え?」

打止「これってもしかして花嫁修業なのかな、ってミサカはミサカは期待を込めた視線で見つめてみたり」

結標「」

565 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/24(土) 11:05:13.60 ID:mA9O212o [1/5]
結標「あー……そう言えなくもないのかしら」

一方「嫁の貰い手があるのかよ」

結標「私これで結構モテるのよ?」

一方「……」

結標「……主に女の子に」

一方「ンな事だろォと思った」

打止「どうしてだろう。なんか凄い親近感を覚える、ってミサカはミサカは乾いた笑みを浮かべてみる」

結標「打ち止めはそういうのいないの?」

打止「?」

結標「好きな人とか」

一方「ハ、ガキ相手に何言ってンだよ」

打止「…………いるよ、ってミサカはミサカははにかんでみたり」

一方「ぶふゥッ!?」

567 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/24(土) 11:29:48.19 ID:mA9O212o [2/5]
結標「だ、そうよ?」

一方「オイコラ打ち止めそりゃどこの馬の骨だァ!?」

打止「えーっと……ってミサカはミサカは口篭らせてみる」

一方「いいからさっさと吐け。事と次第によっちゃァ……!」

結標「どうするの?」

一方「……!」

結標「過保護ねぇ……あとその顔こっちに向けないで。悪夢にうなされそうだから」

打止「……その人はね」

結標「うん?」

打止「いつも不機嫌で、無遠慮で、いつもミサカのこといじめるの、ってミサカは愚痴っぽく零してみたり」

一方「ちょっと殺してくる」

結標「……それで?」

打止「本当は不器用で、優しくするやり方が分からないだけ。それで、無愛想だけどたまに、凄くたまに笑うと可愛いの、ってミサカはミサカははにかんでみたり」

一方「…………」

結標「どうしたの? 行かないの?」

一方「……まァ、そンなに悪い奴じゃなさそうだから保留」

結標「……へぇ?」

一方「ただしコイツを泣かせたら殺す」

結標「……ほんと、あなたって過保護ねぇ」

打止「あ、あとね、無神経で気が利かなくて凄く鈍感」

一方「やっぱり殺してくる」

結標「……ああ、本当に」

一方「あン? なンだって?」

結標「いいえ、何も? ……くすくす」

569 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/24(土) 12:17:28.67 ID:mA9O212o [3/5]
結標「それじゃ、この子送ってくるわね」

一方「もォ遅いからな。警備員に補導されンなよ」

結標「その程度のヘマする訳ないじゃない……そもそも座標移動で一瞬よ」

打止「――ああ、ムスジメなんだね、ってミサカはミサカはようやく把握してみたり」

結標「何が?」

打止「この人がたまに言ってる空間移動能力者って、ってミサカはミサカは倒置法を活用して強調してみる」

一方「――さっさと帰ってクソして寝ろォ!」

 バタン!

結標「……レディに向かってあの発言はどうなのよ」

打止「まあ今に始まった事じゃないし、ってミサカはミサカはすでに半ば諦観していてみたり」

570 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/24(土) 12:43:03.31 ID:mA9O212o [4/5]
結標「それじゃ、行きましょうか」

打止「うん。……あ、ねえムスジメ。歩いて行かない? ってミサカはミサカは提案してみたり」

結標「え? うん、いいけど……どうしたの?」

打止「もう少しお話がしたいかも、ってミサカはミサカは要望を述べてみたり」

結標「私と喋っても面白い事ないわよ?」

打止「そんな事ないよ、ってミサカはミサカは断言してみる」

結標「それならいいけれど。うん、たまには夜の散歩っていうのも悪くないわね」

581 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/25(日) 02:43:13.70 ID:V7WTZH2o [1/8]
結標「さすがにこの時間ともなると学園都市も静かね」

打止「もうどこの寮も門限過ぎてるもん。出歩いてるのはフリョーだけ、ってミサカはミサカはばつが悪そうに言ってみる」

結標「悪い子ね、まったく」

打止「そう言うあなたこそ、ってミサカはミサカは既に予想されているであろう事を理解しつつもご希望通りの返しをしてみたり」

結標「ふふっ。まったく、見た目と言動がそぐわない子ねえ……小憎たらしいったらありゃしないわ」

打止「お気に召しませんか、ってミサカはミサカは肩をすくめてみる」

結標「いいええ。別に嫌いじゃないわよ、そういうの。邪気がないだけ可愛いわ、本当に」

打止「少なくとも共通の知人は邪気をばら撒いてるような人だよねえ、ってミサカはミサカは苦笑してみたり」

582 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/25(日) 02:54:10.86 ID:V7WTZH2o [2/8]
結標「――ああ、こういう感じも久し振りね」

打止「こういう? ……どういう? ってミサカはミサカは聞き返してみたり」

結標「もう大分前の話だけれどね……仲間内で火遊びしてた頃の話」

打止「火遊びとはまた物騒な表現だね、ってミサカはミサカはあなたの意外な一面を垣間見てしまってちょっとモヤモヤしてみる」

結標「ちょっと、ね。……その中でも私は年長で、リーダーみたいな事をやってたのよ」

打止「それで? ってミサカはミサカは先を促してみる」

結標「なんだかんだで結構慕われててね……そう、私にとっては弟や妹みたいな存在だったわ」

打止「……ミサカが、そう見えた? ってミサカはミサカは少し驚いてみる」

結標「昔の感傷に浸っちゃっただけよ。あなたを勝手に投影して、ね」

583 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/25(日) 03:10:12.51 ID:V7WTZH2o [3/8]
結標「ごめんなさいね、下らない話をして」

打止「……あのね、ミサカもね、」

結標「どうしたの?」

打止「あなたの事、お姉さんみたいに、思えてみたり、ってミサカはミサカははにかんでみたり」

結標「……光栄ね。でも」

打止「え?」

結標「あなたにはもういるじゃない。お姉さん」

打止「……お姉様は、ミサカのこと見てくれないもん、ってミサカはミサカはうつむいてみる」

結標「あ……」

打止「ミサカをミサカとして見てくれるのは、数えるほどしかいないから、ってミサカはミサカは自嘲してみる」

結標「……ごめんなさい」

打止「ううん。あなたが謝る事はないよ、ってミサカはミサカは諭してみる。嬉しかった、ってミサカはミサカは自分の感情を素直に吐露してみたり」

584 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/25(日) 03:51:51.26 ID:V7WTZH2o [4/8]
打止「だからね、ミサカとしてはあなたが本当にお姉さんになってくれても一向に構わないんだよ、ってミサカはミサカは笑って言ってみる」

結標「……え?」

打止「ああ、でもあの人を兄と呼んだら怒られそう、ってミサカはミサカはなんだかやるせない感じになってみる」

結標「……ちょっと待って」

打止「? なあに? ってミサカはミサカは妹っぽく可愛らしさを前面に押し出した仕草で首を傾げてみたり」

結標「それ鈴科……じゃなかった、一方通行が?」

打止「そうだよ? ってミサカはミサカは当然の事に頷いてみる」

結標「……姉で? 兄?」

打止「うん」

結標「……もしかして義姉?」

打止「うん、ってミサカはミサカはあれ? 何か話が噛み合ってない? って己に問いかけてみたり」

結標「」

586 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/25(日) 04:20:11.79 ID:V7WTZH2o [5/8]
結標「ないないないない! それは絶対にない!」

打止「え、でもさっき花嫁修業って、ってミサカはミサカは>>548あたりを思い返してみる」

結標「それは言葉のあやよ! 別にそういう意味で言ったんじゃないから!」

打止「そうだったんだ。なんだてっきり、ってミサカはミサカは苦笑してみたり」

結標「……それにあなた、アイツの事が」

打止「ああ――うん、好きだよ、ってミサカはミサカはあっけらかんと肯定してみる」

結標「だったらなんで平気な顔してそんな事が言えるのよ」

打止「うーん……ミサカは他の誰かを好きになった事がないから分からないけど、多分それはあなたが言ってるものとは違うと思う、ってミサカはミサカは考察してみる」

結標「どういう意味?」

打止「もう言ってるよ、ってミサカはミサカは頷いてみる」

結標「え……?」

打止「多分これは、そう、家族に対する愛みたいなものだから、ってミサカはミサカは自身なさげに言ってみる」

結標「家族……ああ、そう。うん。なるほどね」

打止「もしかしたら本当はそうじゃないかもしれないけど、とりあえず今のところはそういうものなんだ、ってミサカはミサカは自分に言い聞かせてみたり」

587 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/25(日) 04:31:30.50 ID:V7WTZH2o [6/8]
打止「だからミサカは、あなたがお姉さんになってくれるなら大歓迎だよ、ってミサカはミサカはあなたに微笑みかけてみる」

結標「あなた、今日初めて会った相手に向かってよくそんな事言えるわね」

打止「会ったのは初めてだけど、何度も聞いてるし、それに、」

結標「それに?」

打止「あの人が部屋に入れるくらいだもの、ってミサカはミサカは明確な判断基準を提示してみる」

結標「……それは買い被りすぎじゃないかしら。あなたも、一方通行も」

打止「そんな事はないよ。だって、今の今まで誰一人としてあの人が楽しそうに話してる人を見たことがないもの、ってミサカはミサカは目を細めてみる」

結標「そう見えた? 終始不機嫌そうだったように思えるけれど」

打止「ううん。楽しそうだったよ、ってミサカはミサカはきっぱりと言い切ってみたり」

結標「……だとしても、私からしてみればあなたと話している時の方が楽しそうに見えたけれど」

打止「そう見えたのだったら嬉しいな、ってミサカはミサカは薄く笑ってみる」

588 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/25(日) 04:43:27.72 ID:V7WTZH2o [7/8]
結標「――――」

結標「妹、か」

結標「あんなに思われて、本当に妬けちゃうわね」

結標「相思相愛のはずなのに……なんであの二人はあんなにも距離が遠いのかしら」

結標「御坂美琴も、よくもまああんな可愛い子を放っておけるわね」

結標「アイツも、もしかしたら男にでもうつつを抜かしているのかしら」

結標「……恋慕、好意、愛情」

結標「ああ、それこそ青春って感じだわ」

結標「ま、私には縁遠い話だけれど」

結標「でも、どうせならせめてあの二人くらいは――」

結標「幸せであってほしいと願うのは、感化されちゃったのかしら」

結標「いつから私ってばこんなに丸くなったのかしら」

 ―――、

結標「……うん……ええ、分かってるわ」

結標「大丈夫、私だけで十分よ。上手くやるわ」

 ――ピッ

結標「……こんなどうしようもなく最悪な仕事だけど、少しはあの子の幸せを守るためになるのだとしたら」

結標「ああ、それもいいかもしれないわね」

結標「――ほんと、最悪な仕事だわ」

605 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/26(月) 01:16:32.97 ID:eCntGEAO
一通さんが意識不明で入院してあわきんがすごく悲しむ

じゃなくて、一通さんがあわきんにトンデモ発言をしてあわきん顔真っ赤


616 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/26(月) 22:23:27.95 ID:CTcgmWQo [3/6]
結標「ねー。これどっちがいいかしら」

上条「こっちの方が色がいいな。なんだ、今日は魚か?」

結標「ここのところ高かったからね。ほんと、輸入物とはいえ安くなってよかったわ」

上条「輸入って……一応漁業都市って国内だぞ? というか小笠原は都内だぞ」

結標「この調子で北海道あたりに酪農都市とかできないかしら……!」

上条「ぜひともお願いしたいところです……!」

617 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/26(月) 22:38:21.33 ID:CTcgmWQo [4/6]
結標「そういえば今日姫神さんは?」

上条「なんか用事だってさ」

結標「珍しいわね」

上条「アイツも用事くらいあるさ。なんだかんだで十字教関係者だし……」

結標「そういう意味じゃないわよ。姫神さん、最近毎日この時間一緒にいるでしょ」

上条「買い物仲間ですから」

結標「ねえ上条君」

上条「なんだー? お、半額シールみっけ」

結標「姫神さんと付き合ってるの?」

上条「……はい!?」

619 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/26(月) 23:11:01.16 ID:CTcgmWQo [5/6]
結標「あら、違うの。なんだ面白くない」

上条「なんでそんな話になるんですかね!? つーか判定基準は面白みですかっ!」

結標「人生楽しんだ者勝ちよー」

上条「もう日々の不幸も嘆きを通り越して笑いが……ってそうじゃねえよ! なんで俺と姫神が……」

結標「だって毎日一緒に買い物してるんでしょう? この時間よく見かけるもの」

上条「覗き見かよ趣味悪いな!」

結標「失敬ね。お邪魔虫にならないように回避してただけよ」

上条「お邪魔虫って……だから別にそんなんじゃ」

結標「ああそうね。どっちかっていうと新婚夫婦って感じだったかしら」

上条「……結標、オマエ分かっててやってるだろ」

620 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/26(月) 23:44:54.38 ID:CTcgmWQo [6/6]
結標「そりゃそうよ。本当にそうだとしたら、別に隠さないだろうし。その必要もないもの」

上条「はいはいそーですねー。だから隠しませんよー別にそんな仲じゃないですー」

結標「せっかくだからこのまま付き合っちゃえば?」

上条「はぁ!? なんでそこでそうなるんですかねっつーか飛躍しすぎだろぉ!?」

結標「別に飛躍はしてないと思うけど。上条君は姫神さんの事嫌い?」

上条「なんで二元論なんだよ。それで言えば好きだよ。つーか嫌う理由とかねーし」

結標「ならいいじゃない」

上条「だからどうしてそうなるんだって。それとこれとは別だろ」

結標「お買い得よー。美人でお淑やかで料理もできるし頭もいいし」

623 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/27(火) 00:09:24.32 ID:/SMFzH6o [1/23]
上条「……結標」

結標「何かしら」

上条「オマエが何を思ってそんな事言ってるのかは知らねえ。でもな、姫神をモノ扱いするんじゃねえよ」

結標「別にそんなつもりは」

上条「テメェがそうでも誤解させたらそういう意味になんだよ。何がお買い得だ。第一アイツの気持ち無視してんじゃねえか」

結標「別に無視してるとは思わないけど」

上条「アイツが面と向かってオマエにそう言ったのかよ」

結標「……それは」

上条「だったらオマエがとやかく言う必要はねえよ。少なくとも俺は頼みもしないのにそんな風に言われたくないね」

630 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/27(火) 00:29:09.98 ID:/SMFzH6o [2/23]
結標「……分かった。悪かったわ」

上条「ああ」

結標「……」

上条「……」

結標「……」

上条「……」

結標「……ごめんなさいね?」

上条「いいっつってんだよ。しつけぇ」

結標「……」

上条「……まぁ、なんだ。俺も言い過ぎた。悪い」

結標「そんな事ないわよ。失言だったわ」

643 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/27(火) 01:40:24.38 ID:/SMFzH6o [3/23]
一方「あァ? なンだオマエら雁首揃えて。仲良くお買い物かァ?」

上条「げ……」

結標「――そうよ。なあに? 羨ましい? それとも嫉妬かしら?」

一方「はァ? 何寝言言ってンだよ。死ね」

上条「たまたま会っただけだよ。オマエこそなんだよ」

一方「俺だって飯食うに決まってンだろ。霞食ってるように見えンのかよ」

結標「あなたならありそうで困るわ」

一方「オマエはいつも誰に弁当作ってきてンだよ」

結標「付き合わせて悪いわね」

上条「……」

結標「どうしたの」

上条「オマエらさぁ」

一方「あァ?」

上条「付き合ってんの?」

結標「へ!?」

645 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/27(火) 02:18:24.24 ID:/SMFzH6o [4/23]
一方「はァ? なンで俺がこンなのと」

結標「そうよ、なんでこんなのと!」

一方「……ほォ、言うじゃねェか」

上条「なんだ、違うのか」

結標「違うわよ!」

一方「……」

上条「ん?」

一方「まァ、付き合ってるかっていうかよォ」

結標「え?」

一方「コイツはどっちかってェと……押し掛け女房だなァ」

結標「!?」

646 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/27(火) 02:33:27.97 ID:/SMFzH6o [5/23]
上条「なん……だと……」

結標「ちょっとあなた何言って……!」

一方「頼みもしねェのに弁当作ってくるわ、人の食生活にケチつけてくるわ、この間なンかマジで飯作りに部屋ァ押し掛けてくるわ」

上条「状況証拠だけならばっちりだな」

結標「ないから! ないって! なんでみんなそういう事にしたがるのよ!?」

上条「だってほら、オマエら一緒に転校してきたし」

結標「あ……」

一方「なァ結標、オマエもしかすっと」

結標「な、何よ」





一方「俺に気があンのかァ?」

649 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/27(火) 03:21:32.02 ID:/SMFzH6o [6/23]
結標「――――」

上条「え? …………え?」

一方「状況証拠はバッチリだろ」

上条「確かに」

一方「つーか弁当の罰ゲームもよォ、最初から負ける気だったンじゃねェの?」

上条「……別にオマエの弁当とか頼まれても食いたくねえしな」

一方「頼まれても食わせてやらねェよ」

上条「いらねえよ」

一方「……いや待て、この理論で行くとあのクソガキも……」

上条「ん?」

一方「なンでもねェよ!」

上条「なんだよ、気になるじゃねえか」

一方「なンでもねェっつってンだろォが! ブチ殺すぞ三下ァ!」

結標「――――」

上条「……どうした?」

結標「――――」

一方「……結標?」

結標「――――だ」

二人「「だ?」」

結標「だ、か、ら、絶対にそれはないからぁあああ!!」

650 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/27(火) 03:34:05.50 ID:/SMFzH6o [7/23]
結標「そういう気は! まったく! 全然! これっぽっちも! ないからぁあああ!!」

上条「……ええと結標、あのな」

一方「静かにしろようるせェな。他の客の迷惑になるだろォが」

結標「――! ――!!」

上条「でもこうも必死になって否定すると逆に怪しいな」

一方「……もしかしてマジなのか」

結標「な! い! っつってんだろぉおおお!」

一方「だからうるせェっつってんだろォがァ!」

651 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/27(火) 03:43:53.30 ID:/SMFzH6o [8/23]
結標「はぁ……疲れた……」

結標「珍しく上条君が一人だったから思わず声かけちゃったけど……」

結標「…………」

結標「あとでメール送ろ」

結標「それと、姫神さんにも」

結標「……、……」

結標「あの馬鹿、なんで……」

結標「……」

結標「……」

結標「……」

652 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/27(火) 03:49:03.46 ID:/SMFzH6o [9/23]
上条「ったく、結標の奴……」

上条「……言葉のあやだってのは分かってるさ」

上条「アイツも悪気があって言ったわけじゃない」

上条「でも……」

上条「姫神は……アイツはもう二度と、あんな目に遭う必要なんて……」

上条「……」

上条「姫神……」

上条「……、……」



上条「…………あれ?」

655 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/27(火) 04:04:42.78 ID:/SMFzH6o [10/23]
一方「まったく……ちィとからかっただけじゃねェか」

一方「あそこまでムキになって。マジで俺に気があンのかアイツ」

一方「……ま、そりゃねェよな」

一方「はァ……なンで飯買いに行っただけなのにイライラしなきゃなンねェンだよ」

一方「……」

一方「……」

一方「打ち止め……」

一方「……まさか、な」

657 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/27(火) 04:13:48.09 ID:/SMFzH6o [11/23]
【To】 姫神秋沙
【Sub】 (無題)
------------------------------
今大丈夫?





【From】 姫神秋沙
【Sub】 Re:
------------------------------
部屋でごろごろしてるけど
どうしたの?

658 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/27(火) 04:24:03.66 ID:/SMFzH6o [12/23]
姫神「堅揚げポテトおいしい」

姫神「この時間に食べるのは乙女の健康上よろしくないのだけど」

姫神「だがしかし。止まらない。悪いのは私。袋を開けた自分が悪い」

姫神「でも至福」

姫神「うちの寮。相部屋じゃないからついついだらけちゃう」

姫神「我ながらだらしない」

姫神「こんなとこ。上条君に見られたら」

姫神「……」

姫神「死ぬしかない」

659 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/27(火) 04:34:28.70 ID:/SMFzH6o [13/23]
 ヴーッ ヴーッ

姫神「む」

姫神「結標さん。一体なんだろう」





【From】 むすじめせんぱい
【Sub】 Re:Re:
------------------------------
ごめんなさい
答えにくかったら無視して










上条君のこと好き?





姫神「――――」

660 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/27(火) 04:44:35.69 ID:/SMFzH6o [14/23]
【From】 姫神秋沙
【Sub】 Re:Re:Re:
------------------------------
どうして?





【To】 姫神秋沙
【Sub】 Re:Re:Re:Re:
------------------------------
今日上条君と会ったの
話してるうちに怒らせちゃったんだけど

その時あなたの話で

665 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/27(火) 04:59:27.02 ID:/SMFzH6o [15/23]
姫神「…………」





【To】 むすじめせんぱい
【Sub】 Re:Re:Re:Re:Re:
------------------------------
上条君、なんて?





姫神「…………。……」

姫神「……送。信」

667 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/27(火) 05:28:32.30 ID:/SMFzH6o [16/23]
姫神「…………」

 ヴーッ

姫神「っ……」





【From】 むすじめせんぱい
【Sub】 Re:Re:Re:Re:Re:Re:
------------------------------
ごめんなさい
からかったつもりだったんだけど、あなたと付き合ってみたら?って
そうしたら、あなたの気持ちも考えろ、物扱いするな、って





姫神「――――」

姫神「――上条君」

姫神「ああ――もしかしたら」

姫神「上条君に私は――」

姫神「取り返しのつかないことをしてしまっているのかもしれない」

姫神「でも――」

姫神「私は。――」

668 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/27(火) 05:31:57.15 ID:/SMFzH6o [17/23]
【From】 姫神秋沙
【Sub】 Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:
------------------------------
そっか










うん。やっぱり私は上条君が好き

669 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/27(火) 05:45:20.66 ID:/SMFzH6o [18/23]
【From】 むすじめせんぱい
【Sub】 Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:
------------------------------
ありがとう。言いにくいことを聞いてごめんなさい





【To】 むすじめせんぱい
【Sub】 Re2:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:
------------------------------
ううん。大丈夫
他の人には内緒にしてね。はずかしいから





【From】 むすじめせんぱい
【Sub】 Re2:Re2:Re:Re:Re:Re:Re:Re:
------------------------------
言わないわよ。安心して(^^;





【To】 むすじめせんぱい
【Sub】 Re2:Re2:Re2:Re:Re:Re:Re:Re:
------------------------------
むすじめさんってもしかしてかみし|



姫神「…………」

670 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/27(火) 05:49:20.21 ID:/SMFzH6o [19/23]
 ~♪

結標「ん……」



【From】 姫神秋沙
【Sub】 Re2:Re2:Re2:Re2:Re:Re:Re:Re:
------------------------------
むすじめさん、もしかして何かあった?



結標「……そうね」

結標「あったといえばあったし、なかったといえばなかったのかしら」

671 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/27(火) 05:55:00.66 ID:/SMFzH6o [20/23]
姫神「…………」

 ヴーッ ヴ





【From】 むすじめせんぱい
【Sub】 Re2:Re2:Re2:Re2:Re2:Re:Re:Re:
------------------------------
心配しなくても大丈夫よ





【To】 むすじめせんぱい
【Sub】 Re2:Re2:Re2:Re2:Re2:Re2:Re:Re:
------------------------------
どういう意味?

672 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/27(火) 05:56:57.54 ID:/SMFzH6o [21/23]
【From】 むすじめせんぱい
【Sub】 Re2:Re2:Re2:Re2:Re2:Re2:Re2:Re:
------------------------------
迷惑じゃなければなんだけど

応援させて

673 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/27(火) 05:58:06.35 ID:/SMFzH6o [22/23]
姫神「……」

姫神「…………」

姫神「………………えっ?」

750 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/28(水) 18:25:37.59 ID:7pF2fiso [2/3]
結標「はぁいーもしもしー?」

姫神『ど。どういう意味』

結標「文字通りよ? そうね、手始めにデートするところから始めましょうか」

姫神『!?』

結標「あ、迷惑だったかしら」

姫神『そうじゃない。けど』

結標「けど?」

姫神『……上条君。私なんかより』

結標「そんな事言ってたら何も始まらないわよ」

姫神『そうだけど』

752 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/28(水) 19:13:27.29 ID:7pF2fiso [3/3]
結標「好きなんでしょ?」

姫神『……うん』

結標「でも今のままがいい?」

姫神『……それも。ある。……けど』

結標「けど?」

姫神『……』

結標「そういうつもりはない? 付き合ったりとか、そういう」

姫神『……ないとは言えない』

結標「なるほどね……」

姫神『……少し。考えさせて』

結標「ん。姫神さんが攻勢に出るつもりがあるなら教えて。その時は協力するわ」

姫神『うん』

結標「じゃあね」

姫神『――あ。結標さん』

結標「うん?」

姫神『ありがとう。また明日』

結標「……うん。おやすみ、また明日」

757 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/29(木) 00:55:51.46 ID:wM1x8VIo [1/6]
結標「……また明日……か」

月詠「どうしたのですかー?」

結標「ううん。なんでもないわ」

月詠「?」

結標「そろそろ寝ましょう、小萌。明日も学校よ」

月詠「ああああ、まだ飲み終わってないのですよー」

結標「……いつも思うけど、あなたって本当に外見と内実が合わないわね」

月詠「自覚はあるですよ……」

結標「お酒、美味しい?」

月詠「お酒は数少ない娯楽ですから」

結標「お酒はともかくタバコは体に悪いわよ」

月詠「分かってるのですよー。でも吸わないとやってられないのですよー……」

結標「ストレス多そうだものね。クラスの連中を見てよく分かったわ……」

月詠「教育と医療関係は喫煙率が他に比べて全然違うらしいですねー」

結標「教職も大変ね」

月詠「それでもこれが天職と思ってますから」

結標「――そうね。先生じゃないあなたなんて、考えられないかも」

759 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/29(木) 03:19:40.22 ID:wM1x8VIo [2/6]
 ガラッ

結標「おはよー」

青髪「おはーあわきんー。今日は結構ぎりぎりやねー」

結標「小萌に付き合ってたらね……」

青髪「へ?」

上条「あー、小萌先生んとこいるんだっけ」

結標「寮に入ってもいいんだけどね」

青髪「な、なんだってー!?」

上条「……あ、俺地雷踏んだ?」

土御門「珍しく爆発したのはカミやんじゃないけどにゃー」

774 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/29(木) 21:36:19.06 ID:wM1x8VIo [3/6]
姫神「……おはよう。結標さん」

結標「あ、おはよー。昨日はごめんね、遅い時間に」

姫神「ううん。全然大丈夫」

結標「そう。ならよかったわ」

姫神「……」

結標「……どうしたの?」

姫神「……あの」

結標「なあに?」

姫神「……ちょっと。こっちに」

結標「……、ん。分かったわ」

778 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/29(木) 22:18:33.27 ID:wM1x8VIo [4/6]
結標「それで、何かしら? ……って、見当はついてるんだけど」

姫神「うん。多分それで正解」

結標「やる気?」

姫神「い。いちおーどりょくというものをしてみようかと思う所存であります」

結標「努力だけじゃダメよ! 結果は勝ち取りに行くものよ!」

姫神「お。押忍」

結標「……ふふ」

姫神「どうしたの?」

結標「いいえ。ただ、ね」

姫神「ただ?」

結標「なんか、青春って感じだなーって」

姫神「――うん。そうかも」

779 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/29(木) 23:04:40.77 ID:wM1x8VIo [5/6]
青髪「あわきんー。僕らこれから遊びに行くけど一緒にどないー?」

結標「ごめんなさい、約束があるの」

青髪「男か、男かチクショー!?」

結標「残念ながら女の子よ」

青髪「ならよし!」

吹寄「いいんだ……」

青髪「姫神ちゃんー、どないー?」

姫神「ごめんなさい」

青髪「姫神ちゃんまで男やて……!?」

姫神「いや。結標さんと約束があるのが。私」

青髪「…………はっ!?」

吹寄「もうダメダメな気配がして堪らないけどどうした」

青髪「結標×姫神……全然ありだねっ!」

吹寄「言ってる意味が分からないがとりあえず死ねぇ!」

土御門「最近吹寄のセンサーのキレが増してきてるようで怖いぜぃ……」

780 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/29(木) 23:40:55.68 ID:wM1x8VIo [6/6]
青髪「しゃーないね、いつものようにむさ苦しい男だらけパーティで行きますか」

土御門「毎度の事すぎて涙が出てくるけど俺には義妹がいるから痛くも痒くもないんだけどにゃー」

青髪「リア充は爆発してしまえばええんや!」

上条「今日はどーするー? ゲーセン?」

青髪「せやねー。たまにはマクドとかでダラダラ駄弁ってもええねんけど」

上条「……無理してマクドとか言わなくてもいいんだぞ?」

青髪「むっ、無理なんかしてへんもん! ビッグマックとかマックシェイクとか商品名ついてても僕ぁ学園都市の中心でマクドと叫ぶかんね!」

土御門「必死すぎて逆に悲哀を誘うんだぜぃ……」

782 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/30(金) 00:33:37.97 ID:FuawkRYo [1/17]
吹寄「ちょっ、ちょっと貴様らぁ!?」

青髪「んー?」

吹寄「わ……私は暇だったりするわよ?」

青髪「………………ぇー」

吹寄「なぜそこで物凄く嫌そうな顔をするっ!?」

青髪「……だって、ねぇ?」

上条「いや、別にいいんじゃね?」

土御門「人数多い方が賑やかでいいしにゃー」

青髪「ひどっ!? 手のひら返しすぎやろ二人とも!?」

吹寄「でぇ? 私の何が気に入らないのかしらぁ?」

青髪「いやははは別になんでもないですよ吹寄さん? 僕たちはただ健全にファストフード店で他愛もない雑談をしようかなーとか言ってただけでして」

上条「口調崩れてるぞ」

吹寄「……さてはまた何か善からぬ事を企んで」

青髪「そそそんな事あらへんよ?」

787 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/30(金) 01:24:31.77 ID:FuawkRYo [2/17]
上条「っつってもいいのか?」

吹寄「何が?」

上条「男どもで空しく駄弁ってるだけだぞ?」

吹寄「……一つ、頼みがあるんだけど」

土御門「頼みぃ? 吹寄からとは珍しいにゃー」

青髪「どどどないなご用件でっしゃろ」

吹寄「……その」

上条「ん?」

吹寄「ビリヤード……教えて」

上条「……おう。任せとけ」

青髪「そういう事なら、おーい鈴科ー」

一方「あァ? なンだよ」

青髪「玉突き行かへんー?」

一方「……まァ付き合ってやらァ」

青髪「うっし。んじゃ行きますかねー」

788 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/30(金) 01:28:02.33 ID:FuawkRYo [3/17]
土御門「こないだの兄ちゃんたちいるかねぃ……」

吹寄「悪い人たちではなさそうだし、いいんじゃない?」

一方「よく見る顔なのか」

青髪「なんぼか見覚えはあんね。まあほとんどが大学生とかやからあんまり話はせーへんけど」

一方「ふゥン……」

吹寄「ま、変な連中に絡まれないようにだけ注意しましょ」

一方「……こンな事してンのがアイツにばれたらまたフリョーだーとか言われンだろォなァ」

吹寄「アイツ?」

一方「こっちの話だ。気にすンな」

吹寄「? まあいいけど。……?」

789 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/30(金) 01:38:31.41 ID:FuawkRYo [4/17]
結標「ふぅ……なんとかニアミスだけは避けれそうね」

姫神「どうかしたの?」

結標「んーん。他にも協力者がいるって話」

姫神「……吹寄さん?」

結標「ぴんぽーん。ま、なんの話をするかは言ってないから安心して頂戴」

姫神「……別に吹寄さんならいいけど」

結標「そう? 彼女も多少、彼に気があるようだけど」

姫神「対カミジョー属性最終兵器だから大丈夫」

結標「――ぷ。何それ、カミジョー属性って」

姫神「提唱者は青髪ピアス氏。彼によれば吹寄さんのガードは鉄壁らしい」

結標「私からはそうは見えなかったけどね……ま、用心に越した事はないわ」

姫神「用心って」

結標「だめよ姫神さん。恋は競争よ、戦争よ! 早い者勝ちの世界で敵に塩を送るなんてもっての外よ!」

姫神「む……なるほど。めもめも」

結標「メモは取らんでよろしい」

姫神「あい」

790 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/30(金) 01:57:30.06 ID:FuawkRYo [5/17]
結標「ま、とりあえず注文しましょ。オゴるわよ。好きなのどーぞ」

姫神「え。そんな」

結標「年上の言う事は素直に聞くものよ。誘ったの私だし。大丈夫、多少財布に余裕はあるから」

姫神「……じゃあ。お言葉に甘えて」

結標「ん。なんにしようかなー」

姫神「あ。すみません。これ。抹茶パフェで」

結標「私ケーキセットにしようかな。ティラミスとホット、コー、ヒー……で……」





海原「はい、かしこまりました。少々お待ちください」

結標「」

793 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/30(金) 02:08:19.96 ID:FuawkRYo [6/17]
結標「あああなた何やってるのよ!?」

海原「ははは、嫌ですね見れば分かるでしょう。アルバイトですよ」

結標「な! ん! で! こんなとこでアルバイトしてんのかって聞いてんのよぉおおお!!」

海原「お客様ー、店内でのトラブルはー」

結標「――! ――!!」

姫神「……お知り合い?」

結標「不本意ながらね!」

海原「初めまして、結標さんの恋人の海原です」

姫神「なん……だと……」

結標「何おかしな事口走ってるのよあなたはァァアア!!」

海原「嫌ですね場を和ませるための小粋なジョークですよ」

結標「いいからさっさと仕事しろおおお!!」

795 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/30(金) 02:18:45.89 ID:FuawkRYo [7/17]
海原「お待たせしましたー」

姫神「いただきます」

結標「どーぞ。ほら、あなたはさっさと仕事に……」

海原「失礼しますよ」

結標「……なんでナチュラルに隣に座ってるのかしら」

海原「いえね、ちょうど定時なもので」

結標「ああそう、お疲れ様。帰って寝ろ」

海原「いえいえ、ここで会ったも何かの縁ですし僭越ながら自分もご一緒させ」

結標「いらない! いらないからさっさと帰れ!」

海原「おっと、これは手厳しい」

姫神「多分言っても無駄。ちゃんとドリンク用意してるし」

海原「せめてこれを飲み終わるくらいまでは相手をしてくださいよ」

結標「こ……っの……!」

798 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/30(金) 02:24:11.37 ID:FuawkRYo [8/17]
次スレヒロインが内定してる時点で異論は全くないが最近フレンダが可愛く思えてきた

801 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/30(金) 02:59:32.48 ID:FuawkRYo [9/17]
結標「……」

海原「そんなむくれていてはせっかくの顔が台無しですよ」

結標「おべっかはいいわ」

海原「はぁ、本音ですが」

姫神「抹茶アイスうまうま」

結標「……」

海原「……いつもこんな感じで会話がないんですか?」

結標「まさか。どう考えてもお邪魔虫のせいよ」

海原「自分の事でしたらお気になさらず。ささ、どうぞどうぞ」

結標「そうね。それじゃあ……どうかんがえても無理があるわよ!」

姫神「ノリツッコミとは。結標さんも意外と」

海原「芸達者になりましたね」

結標「あああぁイライラするぅううう」

802 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/30(金) 03:18:24.02 ID:FuawkRYo [10/17]
姫神「……別に。いいけど」

結標「え?」

姫神「結標さんの友達なんでしょう? なら別に。話しても」

結標「友達って……」

海原「少なくとも自分はそうでありたいと思ってます」

結標「……。はぁ。ま、いっか」

姫神「ん」

結標「あなた、口は堅いでしょうね」

海原「ある程度の拷問までなら」

結標「ある程度以上は?」

海原「未経験なのでなんとも」

姫神「なぜ。ナチュラルにそんな単語が出るのかが不思議でならない」

803 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/30(金) 03:35:31.76 ID:FuawkRYo [11/17]
海原「はぁ……恋バナですか」

結標「何よ、文句あるの」

海原「いえ、自分その手の話はとんと疎いもので」

結標「どの口がそんな事をいうのかしら、お・に・い・ちゃ・ん?」

海原「だから彼女はですねぇ……!?」

姫神「ここにも妹萌えが。……世間の荒波は辛い。私も最近は巫女属性なくなったし」

結標「よく分からないけど、私は姫神さん可愛いと思うわよ?」

姫神「個性を尊重する時代。個性ないとやってられない。ふふ。上条君の周りは強すぎる人ばかり」

海原「ビクッ」

804 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/30(金) 03:44:06.42 ID:FuawkRYo [12/17]
姫神「? 海原君。どうかした?」

海原「い、いえ。なんでもないです……、…………今なんと」

姫神「だから。どうかした? って」

海原「いえ、その前です」

姫神「個性を」

海原「もう少し後!」

姫神「上条君の周りは。個性が強すぎる」

海原「…………」

結標「どうしたの」

海原「姫神さん!」

姫神「はい!?」

海原「是非とも! 是非とも協力させてください! お願いします!」

姫神「逆にその必死さが怖い」

805 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/30(金) 03:59:26.95 ID:FuawkRYo [13/17]
結標「協力って、何するのよ」

海原「……それは、ほら、自分変装とか得意ですから!」

結標「それが何かの役に立つの」

海原「|||OTL」

結標「まあ使えないのは放っとくとして。さて、どうしましょうね」

姫神「困った事にどうすればいいのかまったく分からない」

結標「そうねぇ……ある程度の関係は築いてるんだし、あとはイベントよね」

姫神「ふふ。大丈夫。二回くらいあった気がしたけど。上条君その程度日常イベントだもの」

結標「大変ねぇ……ってそうじゃなくてね」

姫神「あい?」

結標「恋愛イベントよ! こう、むず痒くなるような!」

姫神「」

806 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/30(金) 04:22:19.32 ID:FuawkRYo [14/17]
姫神「でも。そんなイベント。起きる気配とかないし」

結標「起きなければ起こせばいいのよ!」

海原「なるほど。一理ありますね」

姫神「…………それは。その。つまり」

結標「デートよ」

海原「おや、珍しく意見が一致しましたね」

姫神「……おーまいが」

結標「さってとー。どこに行くのがいいかしら」

海原「それよりも口実です。断られては元も子もありませんから」

結標「それもそうね。どうしよう?」

海原「押し付けがましくなく、かつ断り辛く、そして邪魔が入らない……ふむ、難しいですね」

結標「映画のチケット程度じゃ他の人を誘うって選択肢もあるしねぇ」

姫神「あれよあれよという間に。勝手に話がどんどんと」

807 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/30(金) 04:28:29.64 ID:FuawkRYo [15/17]
海原「いいものがありましたよ」

結標「何それ。……『学園都市デートスポット特集』?」

海原「ちょうどいいでしょう?」

結標「マジ似合わないんだけど。一体どこから出したのよ」

海原「…………スタッフの女の子に。借りました」

結標「そうよねえ。あなた、行く相手いないものねぇ。買っても無駄だものねえ」

海原「ほっといてくださいっ!」

姫神「海原君。結構モテそうなのに」

海原「自分には心に決めた女性がいますので」

姫神「また妹か……」

海原「違いますよ!?」

808 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/30(金) 04:43:44.78 ID:FuawkRYo [16/17]
結標「へー、水族館かー」

海原「いまひとつパンチが効きませんね……」

姫神「張本人が置いてけぼりな件について」

結標「姫神さんはどんなとこがいいの?」

姫神「……うー」

海原「では二択で。賑やかしいところと静かなところとどちらがいいですか?」

姫神「……静かな方で」

海原「なるほど。分かりました」

結標「単純に考えてこれで選択肢は半分まで絞れた訳ね……!」

海原「たまには自分もやりますよ。ええ、今まで出番どころかいたことすら忘れられてたでしょうから……!」

結標「ここぞとばかりに活躍しようって魂胆なのね……」

姫神「何かテーブルを挟んで温度差が激しい。あ。おねーさん。ダージリンを一つ」

809 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/30(金) 04:50:38.72 ID:FuawkRYo [17/17]
海原「……と、候補はこんなところでしょうか」

結標「いくつ?」

海原「3つですか。>>812-814ページ」

結標「そんな訳なんだけど、どうかしら?」

姫神「…………うん。なるほど。……」

海原「どれかいいと思うものはありましたか?」

姫神「……ええと」

812 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 05:21:14.12 ID:GpqbqvU0 [2/2]
美術館

813 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 05:26:54.52 ID:5bCD.I2o
神社

814 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 05:27:28.90 ID:bGpDZRU0
クラシック観賞会


828 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/31(土) 03:38:38.24 ID:FmHEhZIo [1/3]
上条「なー姫神ー。なんで俺なんだ?」

姫神「だって。結標さんも吹寄さんも都合が悪いって」

上条「土御門とか青髪ピアスじゃダメなのか?」

姫神「フォーマルだから前提で無理」

上条「ああ……なるほど」

829 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/31(土) 03:44:43.81 ID:FmHEhZIo [2/3]
結標「急だったのによくチケット取れたわね」

海原「多少のコネは使いましたがなんとか」

結標「コネとかあったんだ」

海原「自分にもいくらか知り合いはいますので」

結標「ふーん。まぁどうでもいいけど」

海原「……」

830 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/07/31(土) 03:56:34.89 ID:FmHEhZIo [3/3]
姫神「……上条君は」

上条「ん?」

姫神「迷惑だった?」

上条「いやそんなことはねーよ。ただ、他に行って面白い相手もいるだろうにと思っただけで」

姫神「ううん。上条君がいい」

上条「……へ?」

姫神「最初から。上条君を誘うつもりだった」

上条「え……姫神、それどういう……」

姫神「ほら。行こう。始まっちゃうよ」

上条「おい、ちょっと待てよー!?」

835 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/01(日) 02:01:12.33 ID:4NoiUUUo [1/6]
上条「えーと、会場はこっちか? コンサートホールなんて縁がないから道とか知らねーぞ」

姫神「大丈夫。ちゃんと調べたから」

上条「おー。頼りになるな」

姫神「そ。そんな事ない。これくらい普通」

上条「つか何やるんだ? 中身まったく知らないんだけど」

姫神「海外交流の一環とかで。理事会が招待した楽団の演奏会が」

上条「なるほどねー。……クラシックとか寝そうだな」

姫神「合唱もあるみたい。映画の曲もやるみたいだし。あまり退屈はしなさそう」

上条「良くも悪くも学生向きって事か」

姫神「……あのね上条君」

上条「んー?」

姫神「私も。実はクラシックとかよく分からない」

上条「ははっ。二人して寝こけるのだけはなんとか回避しないとな」

836 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/01(日) 02:36:57.69 ID:4NoiUUUo [2/6]
「う……こっちか……?」

「なんか。この辺似たような建物ばっかりで分かり辛い」

「名前も似たり寄ったりだしな。しかも一つ一つがでかいから歩き回るのだけでも一苦労だぜ……」

「えーと。第三国際文化ホールは……」

「これか? あー、第三国際交流センターだった」

「不便すぎる……なんでこういうとこだけアナログなの……!」

「まったくだ……!」

「――あのー」

「え。はい。なんでしょう」

「第三国際文化ホールってのはどっちなんでしょーか。この辺似たような建物ばかりでよく分かんねーんですが……」

「……おい待て、今なんか聞き覚えのある口調と声が」

「げ。なんかすげー不吉な声が聞こえちまった気がしますけど、これ幻聴ですよね幻聴だと言ってください言いやがれ」



「うわ……やっぱりテメェですか上条当麻」

「あのー……なんでイギリスにいるはずのあなた様が学園都市なんかにいるんでせうかアニェーゼさん?」

838 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 02:52:42.86 ID:4NoiUUUo [3/6]
上条「つーかなんだよその格好は。いつもの修道服もどきはどうした」

アニェーゼ「はぁ? 学園都市のど真ん中を修道服なんか着て歩けるはずがねーでしょーが」

上条「インデックス……やっぱり私服が必要か……」

姫神「上条君。知り合い?」

上条「ああ。必要悪の教会のシスター」

アニェーゼ「ちょっ、一般人相手に何言ってやがりますか!? ソイツは[禁則事項です]よ!?」

上条「大丈夫だって。コイツも多少関係者だし」

アニェーゼ「む……天草式ですか?」

上条「や。関係者だけどそのものじゃない……みたいな?」

アニェーゼ「あぁ、つまりテメェと同じような部類って訳ですか」

上条「そんなとこ」

姫神「似た者同士?」

上条「……不幸なところまで似なくてもいいからな?」

839 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/01(日) 03:13:40.65 ID:4NoiUUUo [4/6]
上条「んで? オマエ何してんだよ」

アニェーゼ「ああっそうでした! 第三国際文化ホールってどこですかねぇ!?」

上条「あぁ? 俺らもそこ探してんだけど……」

アニェーゼ「まったく使えねーですね。せめてこういう時くらい役に立ったらどうなんですか」

上条「うるせえですよ!?」

姫神「……あ。案内板あった」

上条「え、どこどこ!?」

姫神「これじゃない?」

上条「ぐあー、結構行き過ぎてんな……しゃーない、戻るか」

アニェーゼ「こっちのねーちゃんの方が断然有能じゃねーですか。電柱の方がまだ仕事するんじゃねーんですか?」

上条「俺だってやるときはやるんですぅ!」

840 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/01(日) 04:06:03.11 ID:4NoiUUUo [5/6]
アニェーゼ「はー、なんとか間に合いそうで一安心です」

上条「で?」

アニェーゼ「はい?」

上条「さっきから何度も聞いてるだろ? オマエこんなとこで何してんだよ」

アニェーゼ「はぁ、今日は必要悪の教会とは関係ねーですよ」

上条「観光?」

アニェーゼ「いえ、公務です」

上条「は?」

アニェーゼ「いえね、最大主教の馬鹿が何トチ狂ったのか『国際交流も大事なりけるわよ』とか言いやがりまして」

841 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/01(日) 04:40:20.34 ID:4NoiUUUo [6/6]
姫神「もしかして。これ。出るの?」

アニェーゼ「不本意ながらそのとーりですよチクショウ」

上条「え? 何、国際交流って相手もしかして英国教会なの?」

アニェーゼ「はぁ、シスター・ルチアとかシスター・アンジェレネもいますよ。つーかアニェーゼ部隊全員出動ですね」

上条「国際交流って戦争の事だっけ」

アニェーゼ「聖歌隊やんですよ。腐っても聖職者ですから」

上条「う、噂のゴリゴリなんちゃらって奴か……!?」

アニェーゼ「なんとなくグレゴリオ聖歌隊の事だと思っときますけど、ちげーよ馬鹿」

上条「物凄い直接的な表現で馬鹿にされたー!?」

姫神「さすがに。私もゴリゴリはどうかと思う」

上条「わーい、周りはみんな敵だらけー」

姫神「大丈夫。私はそんな上条君を応援してる」

852 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/02(月) 01:09:09.93 ID:F4JFb3go [1/12]
アンジェレネ「あー! シスター・アニェーゼ! いったいどこに行ってたんですか探しましたよー!!」

アニェーゼ「いやーすみませんねぇ。ちょっと道に迷ってました」

ルチア「……すみませんシスター・アニェーゼ。あなたの背後に何やら不吉な影が見えるのですが、呪いの品でも取り扱いましたか」

アニェーゼ「コイツ自体がそんなもんでしょう。私は犬に噛まれたと思って諦めましたが」

上条「なぁシスターさん、もう少し幸薄いっつーか皆無な上条さんに優しくしてもいいと思うんですがその辺いかがでしょう!?」

アニェーゼ「駄犬がなんか吠えてますけど気にしねー方向で」

アンジェレネ「ウィ」

ルチア「そちらの女性は?」

上条「俺のクラスメイトの姫神」

姫神「こんにちは」

アニェーゼ「ここまで案内してくれてんですよ。ほら、お礼」

アンジェレネ「迷ったのはシスター・アニェーゼですから私たちにはその必要はないと思うですが!?

853 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/02(月) 01:38:01.95 ID:F4JFb3go [2/12]
ルチア「はぁ、こちらは遠路はるばるやってきてなれない仕事を押し付けられたと思ったら、こちらは気楽に逢引ですか」

上条「ち、ちげーって! チケットもったいないからって消費要員だって!」

アニェーゼ「そーですよ。こんなウニ野郎に私たちの高尚な歌なんて一インチも理解できねーんですから」

上条「だからなんでみんな俺を海産物扱いしようとするんですかねえ!?」

姫神「……上条君。随分とお友達が多いようで」

アニェーゼ「友達ぃ? 勘弁してくださいよ、疫病神とお近付きになるなんて冗談にもほどがあんじゃねーですか」

上条「その自覚はあるけど直接本人に言うのはどうなんでしょうかねえ!?」

姫神「……ふーん」

854 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/02(月) 02:06:38.06 ID:F4JFb3go [3/12]
結標「何? 上条君ってば出演者の人と知り合いなの?」

海原「(;´Д`)」

結標「……」

海原「……」

結標「……よく調べてなかったわね、あなた」

海原「ビクッ」

結標「しかもやっぱり女の子ばっかりだし……」

海原「だ、大丈夫ですよほらみんな楽屋に行きましたし!」

結標「……」

海原「……すみません」

857 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/02(月) 02:28:30.62 ID:F4JFb3go [4/12]
結標「とりあえず追いかけましょう」

海原「そうですね」

結標「チケットは?」

海原「ここに。二人の三列後ろ、左に少しずれた席です」

結標「よく取れたわね……」

海原「これくらいしないと結標さんが褒めてくれそうにないので」

結標「はいはい、よくできました。それじゃ行くわよ……!」





一方「……何やってンだオマエら」

結標「」

海原「」

859 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/02(月) 02:38:58.26 ID:F4JFb3go [5/12]
結標「あ、あなたなんでここに……!」

一方「いちゃァ悪いか。チケット送りつけられたンだよ、クソ。来ねェと殺すとか言われたンだよ」

結標「誰に」

一方「……誰だっていいだろ。それよりオマエらだよ。何雁首揃えてンだ」

結標「わ、私もチケット貰って……!」

一方「ほォ……誰に」

結標「誰だっていいでしょ!」

一方「オマエは」

海原「結標さんに誘われました」

一方「(´゜Д゜`)」

861 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/02(月) 02:55:14.74 ID:F4JFb3go [6/12]
結標「ちょ、あなた何妙な事を口走って……!」

一方「……マジ?」

結標「う……そうよ! デートよ悪い!?」

一方「いや、別に悪くはねェけど……」

結標「けど何よ!?」

一方「……オマエ、男の趣味悪いな」

海原「……」

結標「ほっといて!?」

862 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/02(月) 03:06:51.45 ID:F4JFb3go [7/12]
一方「――さってと。じゃァな」

結標「え?」

一方「デートなンだろ? なら俺がいたら邪魔だろ」

結標「あ、一方通行が殊勝な事を言ってる……!?」

一方「今すぐ外に蹴り出してやろォかコラ」

海原「結標さん、ほら、行きましょう。そろそろ始まりますよ」

結標「え、ええ……それじゃ、またね一方通行」

一方「おー、さっさと行け」





一方「……」

一方「さて……楽屋はコッチかァ?」

864 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/02(月) 03:17:24.61 ID:F4JFb3go [8/12]
結標「よしよし、いい感じに確認できるわね」

海原「そろそろ始まりますね」

結標「あ、プログラム貰うの忘れた」

海原「まあ何をやるのか知らずに鑑賞するというのもいいでしょう」

結標「それもそっか。……二人でプログラム覗き込んでるのを見ると、なんかほほえましいわね」

海原「ふむ。いい雰囲気ですね」

結標「――あ」

海原「暗くなりましたね。開演ですか」



 ビー

865 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/02(月) 03:33:35.42 ID:F4JFb3go [9/12]
結標「……ふーん、学園都市側も出るのね」

海原「交流ですから。とはいえ前座的な意味もあるのでしょうが」

結標「知り合いが出てたりするかしら」

海原「どうでしょうね。……おや、管弦楽ですか」

結標「うーん。見る限り知り合いはいそうにないけど……」

海原「……いましたよ」

結標「え?」





『指揮を務めますのは 長点上機学園二年 垣根帝督君です』



結標「」

866 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/02(月) 03:50:51.82 ID:F4JFb3go [10/12]
垣根「……」ファサァ

垣根「……」スッ

垣根「……」アテンション オーケー? イェー ホーンズアップ

垣根「……」メンバーズ レディ?

垣根「ワン、トゥー、ワントゥースリー、!」クワッ



 ジャンジャカジャカジャカジャンジャカジャカジャカジャンジャカジャカジャカジャンジャカジャンジャン



結標「オケでエメラルドソードするんじゃないわよ!?」

海原「好きですねぇ……」

867 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/02(月) 04:00:11.62 ID:F4JFb3go [11/12]
上条「ぱねえ」

姫神「眠れる気がしない」

上条「むしろ寝かせる気がねえ」



一方「……はっちゃけすぎだろォ」



絹旗「ふぉーざーきーん!」

フレンダ「ふぉーざーらーん!」

麦野「ふぉーざーまーんてーん!」

滝壺「Zzz……」

浜面「なぜこの状況で寝れる」

869 名前:寝るわよ[saga] 投稿日:2010/08/02(月) 04:22:41.23 ID:F4JFb3go [12/12]
結標「しかしこの客席、ノリノリである」

海原「みんな悪ノリ好きですねえ」

結標「あなたはこういうの苦手そうね」

海原「得意ではないですねぇ」

結標「……はっ! みんな立ってると二人が見えないっ!?」

海原「大丈夫じゃないんですかね?」

結標「むぅ……」

海原「あ、終わりましたよ」

結標「…………」

海原「どうしたんです? 険しい顔して」

結標「……ねえ海原」

海原「なんでしょう?」

結標「……いないわ」

海原「……え?」

結標「二人がいないわよ!?」

877 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/03(火) 00:46:50.55 ID:YrDiEx6o [1/25]
上条「大丈夫か?」

姫神「うう。頭がガンガンする」

上条「そっか、あの手のは苦手か。ほら、水」

姫神「ありがとう……」

上条「うわー、こっちまで普通に聞こえてくるな」

姫神「……上条君」

上条「んー?」

姫神「ごめんね。始まったばかりなのに」

上条「いいっていいって。つか俺もあの空気にはついていけねーし」

姫神「でも。この後すぐ。さっきの知り合いの人たちの合唱が」

上条「んー……まあいいよ。アイツらとはたまに会うし。また機会があれば聞かせてもらうさ」

878 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/03(火) 01:11:50.26 ID:YrDiEx6o [2/25]
姫神「別に。上条君は席に戻ってくれても」

上条「ばーか」

姫神「ばっ……」

上条「オマエが誘ってくれたんだし、そもそも一人で見ててもつまんねーよ」

姫神「でも。知り合いが出るなら」

上条「だーかーらー。……」

姫神「……上条君?」

上条「……」

879 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/03(火) 01:15:14.39 ID:YrDiEx6o [3/25]
上条「――わり、ちょっとトイレ」

姫神「あ。うん」

上条「席戻れるか?」

姫神「もう少し。ここにいる」

上条「ん。んじゃちょっと、待っててくれ」

姫神「うん」

880 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/03(火) 01:24:58.64 ID:YrDiEx6o [4/25]
上条「はー」

上条「まさかアニェーゼたちが来てるとはなぁ。偶然にもほどがあるだろ」

上条「……」

上条「……だー、ちくしょー」

上条「別に俺は、アニェーゼたちが出るから来た訳じゃねーっつーの」

上条「俺は、……」

上条「……」

上条「はぁ……トイレ行ってくるか」



882 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/03(火) 02:00:03.36 ID:YrDiEx6o [5/25]
姫神「……はぁ」

姫神「上条君に。嫌な思いさせちゃったかな……」

姫神「……私。色々弱すぎる」

姫神「上条君。楽しみにしてたのに」

姫神「……でも」

姫神「これじゃあ。私だって」

姫神「……期待しちゃう」

姫神「いっそ。冷たくしてくれた方が楽なのに」

姫神「……でも」

姫神「上条君。優しくしてくれた」

姫神「心配して。ためらいもなく付き添ってくれて」

姫神「少し嬉しい」

姫神「……」

姫神「はぁ……」

姫神「本当に。私って。嫌な女」

883 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/03(火) 02:09:58.32 ID:YrDiEx6o [6/25]
結標「ええい! どこ行ったのよ二人とも!」

海原「落ち着いてください。その辺りにいるはずです」

結標「この人ごみの中からどうやって探せっていうのよ! みんなノリノリで立ち上がっちゃってるし! 一体どこのライブ会場よここは!」

海原「逆に考えてみてください。なぜ二人はいなくなったのか」

結標「まさか……何か事件が……!?」

海原「……職業病ですねぇ」

結標「何よ!」

海原「いえ、普通に考えてみてください。会場からいなくなる――抜け出す理由は?」

結標「……あ」

海原「トイレに行ったか、電話をかけに行ったか、もしくは気分が悪くなったか。そんなところでしょうね」

結標「って事は……ロビー!」

884 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/03(火) 02:21:47.76 ID:YrDiEx6o [7/25]
結標「……いたーっ!」

姫神「え。結標さん? 来てたの?」

結標「急にいなくなるから探したわよ。まったく」

姫神「ごめんなさい。ありがとう」

結標「いったいどうしたのよ」

姫神「ちょっと。酔っちゃったみたいで」

結標「ああ。大丈夫?」

姫神「うん。もう平気」

結標「……上条君は?」

姫神「トイレに」

結標「ちょうどいいわね」

姫神「何が?」

結標「少し作戦会議と行きましょう。……戻ってきた時に鉢合わせすると面倒だからこっちに」

姫神「う。うん」

886 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/03(火) 03:02:32.00 ID:YrDiEx6o [8/25]
結標「ごめんなさいね」

姫神「何が?」

海原「自分がよく調べてませんでした。まさか必要悪の教会のシスターたちが出るとは」

姫神「……ああ」

結標「まったく、なんでこんなマヌケなミスをするのかしら」

海原「面目ないです」

姫神「ううん。気にしないで」

結標「……そう?」

姫神「うん。……二人には悪いけど。本当のところ。どこでもよかったかもしれない」

結標「え?」

姫神「結局のところ。どこでも上条君は同じだったかも」

結標「……そっか」

姫神「うん。だから――」





一方「あァ? オマエら中にいたンじゃねェのかよ」

887 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/03(火) 03:36:27.71 ID:YrDiEx6o [9/25]
姫神「……鈴科君も来てたの?」

一方「よォ姫神。なンだ、オマエもいたのか」

結標「あなたこそ、どうしたのよ」

一方「垣根の野郎がこっちチラチラ見てくっから逃げてきた。うぜェったらありゃしねェ」

海原「仲がよろしいようで」

一方「冗談。ぞっとしねェな」

結標「垣根って、もしかしてあなたに気でもあるんじゃないの」

一方「勘弁してくれェ……」

結標「あら、その様子だと多少は覚えがあるみたいね」

一方「言うなっつってンだよォ!?」

888 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/03(火) 03:52:11.09 ID:YrDiEx6o [10/25]
姫神「――ふふっ」

一方「あァン? 何が可笑しいンだ」

姫神「だって。鈴科君ってば。学校と同じなんだもの」

一方「はァ?」

姫神「何か。隠してたでしょ」

一方「――バレてたか」

姫神「うん。でもね。鈴科君いつもと一緒だから安心した」

一方「……別にオマエが心配するよォな事はねェよ」

姫神「うん」

一方「あっさり信用するンだな」

姫神「隠し事はしてるけど。嘘は言ってないでしょう?」

一方「……姫神ィ」

姫神「何?」

一方「オマエ、精神感応系能力者じゃねェよなァ」

姫神「うん。違うよ」

一方「ハッ、そりゃ凄ェ」

889 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/03(火) 03:56:10.98 ID:YrDiEx6o [11/25]
「悪い悪い、お待たせ――」

「……」

「……」

「……」

「姫神……?」

890 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/03(火) 04:03:00.26 ID:YrDiEx6o [12/25]
一方「……ン、終わったな」

結標「そうね。騒々しいのが聞こえなくなったわ」

一方「それじゃァ戻るかねェ……」

海原「おや、戻るんですか?」

一方「垣根がいねェならな。たまにはゆっくりするのもいい」

結標「あら珍しい」

一方「……オマエやっぱり俺の事なンか変な風に誤解してンだろォ」

結標「いいええまさか」

一方「ならなンで目ェ逸らしやがる」

結標「どうしてかしらねぇ?」

891 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/03(火) 04:12:40.04 ID:YrDiEx6o [13/25]
一方「オマエらはどォすンだよ」

結標「ええっと……」

姫神「うん。私もそろそろ」

結標「戻りましょうか」

海原「そうですね」

姫神「あ。でももう少し」

一方「ン?」

姫神「そろそろ戻ってくるだろうから。待ってないと――きゃ!?」

一方「おいおいどォしたンだよ。何もないところで転ぶたァ器用だな」

姫神「う……まだふらふらしてるかも」

一方「大丈夫かァ? ほら」

姫神「あ……」

一方「なンだよ」

姫神「ううん。ありがとう」

一方「ハ、何言ってンだオマエ。いいからさっさと立てよ」

姫神「うん――」

892 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/03(火) 04:13:42.86 ID:YrDiEx6o [14/25]



「姫神ぃぃぃいいいいいい!!」




894 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/03(火) 04:35:18.58 ID:YrDiEx6o [15/25]
「あ――」

「あァ? なンだ、オマエも来てたのかよ」

「上条君、これはその、ええと……!」

「鈴科、結標、オマエらまさか――、――」

「……上条。君……?」

「――そうか、テメェらやっぱり」

「はァ?」



「姫神から離れろ、一方通行ぁぁああああっ!!」

895 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/03(火) 04:40:43.25 ID:YrDiEx6o [16/25]
残り100。終わるのかコレ

902 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/03(火) 16:32:15.21 ID:YrDiEx6o [17/25]
一方「――あー、やっぱ無理だわ」

上条「テメェら……姫神に何してやがる」

一方「俺にゃやっぱり安穏とした日常なンて送れねェよ」

上条「まさか最初から、これが狙いだったのか」

一方「そもそもが、だ。俺が仲良しこよしなンてクソッタレなオママゴトができるはずがねェ」

上条「一方通行、今すぐ、姫神から離れろ」

一方「――おい上条、オマエ、いつから俺に指図できるほど偉くなったンだよ、あァ?」

上条「姫神から離れろっつってんだよ一方通行ぁ!」

905 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/03(火) 17:04:28.94 ID:YrDiEx6o [18/25]
上条「オマエが姫神をどうにかしようってんなら……」

一方「なら、なンだよ」

上条「一方通行、テメェをブチ殺す」

一方「……へェ、そォかい」

 ぐいっ

姫神「あ――」

上条「テメェ……!」

一方「……」

姫神「鈴科。君……?」

一方「……悪ィ」

姫神「え……?」

 ――とん

906 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/03(火) 17:23:23.13 ID:YrDiEx6o [19/25]
上条「姫神っ!」

姫神「あ……上条君」

上条「大丈夫か!?」

姫神「う。うん。私は別に……」

一方「何必死になってンだよオマエ。バッカじゃねェの」

上条「テメェ……!」

一方「おい結標、海原」

結標「な、何よ」

一方「興が冷めた。帰る」

結標「え」

一方「邪魔したな」

結標「ちょっと、一方通行!?」

918 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/03(火) 18:00:55.33 ID:YrDiEx6o [20/25]
結標「あ……えっと」

上条「おい結標」

結標「う……あの、……」

姫神「上条君。待って」

上条「なんだよ」

姫神「違うの」

上条「何がだよ」

姫神「……結標さん。鈴科君をお願い。上条君には私から話すから」

結標「あ……うん。ごめんなさい」

姫神「ううん。謝るのは私。ごめんなさい。……ありがとう」

926 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/03(火) 20:24:27.29 ID:YrDiEx6o [21/25]
上条「姫神……大丈夫か」

姫神「うん。ちょっと。転んだだけだから」

上条「……え?」

姫神「ちょっとふらついて。それを鈴科君が」

上条「……もしかして」

姫神「うん。勘違い」

上条「…………」

姫神「上条君。私を心配してくれたのは嬉しいけど。でも」

上条「ああ……心配した。心配したさ。心配するに決まってんじゃねえか!」

姫神「上条君……」

上条「待ってるって、言ってたのに……いなくなれば心配するさ」

姫神「でも。それだけで」

上条「学園都市に! この学園都市に必要悪の教会の連中が来てんだぞ!」

姫神「――」

上条「その上、アイツらが……なんで、一緒にいるんだよ……っ!」

姫神「その。実はチケットを用意してくれたのが」

上条「なんで一方通行と、結標と、……っ!」

931 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/03(火) 22:04:02.04 ID:YrDiEx6o [22/25]
結標「ちょっと、待ってってば!」

一方「るせェ。ギャンギャン喚くな」

結標「上条君、何か勘違いしてるのよ! ちゃんと話せば……!」

一方「……」

結標「一方通行!」

一方「――それでどうなンだよ」

結標「え……」

一方「所詮俺はこっち側の存在だ。やっぱ性に合わねェンだよ」

結標「それは……」

一方「学生ゴッコがしたけりゃ勝手にやってろ。俺は降りる」

934 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/03(火) 23:07:38.64 ID:YrDiEx6o [23/25]
海原「すみません、一方通行」

一方「あァ? なンだよオマエまで」

海原「……多分、自分のせいですから」

一方「なンだよそれ」

海原「あなたたち二人だったら、彼もああは言わなかったでしょう」

一方「……」

海原「自分が。このタイミングで、姫神さんと、必要悪の教会の面々がいる場面で、自分が出てきたからこそ」

一方「……海原」

海原「はい」

一方「どォせ遅かれ早かれこうなンのは目に見えてたンだ」

海原「……」

一方「どうかなってたのが、元に戻っただけだ。ただそれだけだ」

結標「一方通行……」

一方「だから別にオマエが気負う必要はねェ」

935 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/03(火) 23:25:52.41 ID:YrDiEx6o [24/25]
姫神「上条君」

上条「……なんだ」

姫神「どうして。そこまで言えるの?」

上条「どうしてって……」

姫神「だって。私はただのクラスメイトでしょう。上条君がそこまで必死に――」

上条「ただのクラスメイトな訳があるか!」

姫神「っ――」

上条「……オマエ、自分がどれだけ、俺にとって大切か」

936 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/03(火) 23:41:21.60 ID:YrDiEx6o [25/25]
「――俺はもう、オマエをあんな目に遭わせたくない」

「一方通行、あなたは知らない――」

「――もう二度と、あんな事があってたまるか」

「上条当麻は、今まで何度も、魔術師や能力者に相対してきました――」

「――なあ姫神、オマエをさ」

「姫神秋沙。彼女だけは、二度も事件に巻き込まれています――」

「――オマエを、俺が」

「そして二度、彼の目の前で死にかけました。この意味が分かりますか、一方通行――」

「――この俺が、初めて、この手で助けられたんだよ」

「彼もまた、あなたと同じなのですよ――」


940 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/04(水) 00:16:12.12 ID:LGj0p1Mo [1/10]
一方「……なァ海原」

海原「なんでしょう」

一方「オマエは俺にそれを言って、どォすンだよ」

海原「……」

一方「だから、どォした。それが俺になンの関係があンだよ」

結標「一方通行……」

一方「ンなの俺が知るか」

結標「ねえ、一方通行」

一方「そもそも俺はオマエらとつるむのだって……」

結標「――鈴科!!」

942 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/04(水) 01:08:11.11 ID:LGj0p1Mo [2/10]
一方「……なァ結標。オマエもしかして、ケンカ売ってンのか」

結標「誤解を、解きましょう鈴科」

一方「何寝惚けた事言ってンだ。オマエ、俺の話聞いてなかったのか」

結標「お願い」

一方「――は、オマエがそンな下手に出ンのは珍しいなァ。なンだよ、アイツに惚れでもしたか」

結標「……そうね、そうかもね」

一方「ハッ、よかったじゃねェか。オマエ、完全に平和ボケしてンよ。そのクソみてェな面こっちに向けンな」

結標「ええ、それで結構よ。でもお願い」

一方「おい、いい加減しつけェ――」

結標「おねがい……」

一方「……結標」

結標「上条君も、姫神さんも、私の大切な友達なの」



結標「ええ、そう、あなたもよ――鈴科」

943 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/04(水) 02:43:17.64 ID:LGj0p1Mo [3/10]
一方「……オマエよォ、やっぱり一度病院行けよ。脳の」

結標「重々承知してるわ。でも……!」

一方「……はァ」

結標「ねえ、鈴科――」

一方「おい結標」

結標「な、に……?」

一方「晩飯。一週間」

結標「……あなた」

一方「必死すぎンだろォ、オマエ。ったく……こりゃァ俺もまたあのヤブ医者の世話になる事になンのか」

結標「……」

一方「ほら、何呆けてやがる。行くンだろォ、結標」

結標「――うん。行きましょう、鈴科」

945 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/04(水) 03:18:56.82 ID:LGj0p1Mo [4/10]
上条「最初は即死だった。二度目は瀕死だった」

姫神「でも。私は生きてる」

上条「ああ、生きてる。でも」

姫神「でも?」

上条「……三度目は、ない気がするんだ」

姫神「……」

上条「俺はもう……」

姫神「――ごめんなさい。ごめんなさい上条君」

上条「姫神――」

姫神「でも。ありがとう」

上条「あ――」

姫神「怖かった。のね」

上条「手が、震えて――」

946 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/04(水) 03:26:41.95 ID:LGj0p1Mo [5/10]
姫神「大丈夫。安心して」

 ぎゅ――

姫神「上条君。ねえ。上条君」

上条「――ああ」

姫神「信じて。私を助けてくれた。あなたの手を」

上条「震えが――」

姫神「大丈夫。あなたは私が何度死にそうな目に遭っても」

上条「止まった――」

姫神「必ず助けに来てくれる。信じて」

949 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/04(水) 03:57:02.39 ID:LGj0p1Mo [6/10]
上条「姫神――っ」

姫神「うん」

上条「絶対に、絶対に助ける! 何度でも! 何度でも!!」

姫神「うん」

上条「失ってたまるか……っ!」

姫神「……うん」

上条「……なあ姫神」

姫神「何?」

上条「俺、オマエに、言わなきゃいけない事が――」

姫神「待って」

上条「――」

姫神「それより先に。やる事があるでしょう」

950 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/04(水) 03:59:34.80 ID:LGj0p1Mo [7/10]
姫神「駄目だよ上条君。ちゃんと。しないと」

上条「――ああ。そうだ」

姫神「鈴科君と。結標さんと。それから海原君と」

上条「うん……そうだな」

姫神「ただのクラスメイトじゃ。ないでしょう」

上条「ああ」

姫神「じゃあなぁに?」

上条「……友達、かな。そう思ってくれればだけど」

姫神「うん。それじゃあ。友達とケンカした後は」

上条「仲直り、しないとな」

951 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/04(水) 04:08:55.25 ID:LGj0p1Mo [8/10]
一方「なァ結標」

結標「なーに」

一方「……さっきからずっと気になってンだけどよォ」

結標「んー?」

一方「なンでオマエ、そンなに楽しそうなンだ?」

結標「――んとね、そう、あれよ」

一方「アレ?」

結標「笑って、泣いて、間違って、誤解して、すれ違って、不貞腐れて」





結標「それって結局、青春ってヤツじゃないのかしら?」

952 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/04(水) 04:10:00.61 ID:LGj0p1Mo [9/10]
終了。サブタイ考えるのが面倒
疲れた。付き合ってくれてどうも。応援してくれた人ありがとう

979 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/08/04(水) 20:06:14.48 ID:LGj0p1Mo [10/10]
次スレいかんよ。このまま埋めるつもります

ま、あれなんだ、偽善じゃなくて独善を押し付ける上条さんもいいんじゃね?と思った次第
まああくまで主人公は結標(と、後半に限って姫神)だから今回はヒーローではなく一人の少年として立ち回ってもらいました

またそのうち言ってた通り前の続きとかをするつもりなんでそん時はよろしく

コメント

No title

あわきんに姫神中心と大変よろしかったです

No title

最高にベリーベリーにいいぃぃぃぃ!!!
グッドグッドグッドォォォォオオオオオ!

No title

最高にベリーベリーにいいぃぃぃぃ!!!
グッドグッドグッドォォォォオオオオオ!

No title

うん、作者の言う通り、上条さんがすげえうざい感じになってた。独善ってこうゆう事だったかな?

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。