FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新ジャンル「蝉」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 18:18:40.85 ID:G5mzPHdF0 [1/41]
 ミーンミーンミーンミー

俺「うーん」

俺「ふぅ。朝か」

俺「今日は水曜か」

俺「さて」

俺「ゴミでも出すか」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 18:22:24.49 ID:G5mzPHdF0 [2/41]
俺「ん?」

蝉「・・・・・」

俺「おやおや」

俺「これは可愛そうに」

俺「蝉が死んでいる」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 18:28:13.50 ID:G5mzPHdF0
俺「それも玄関の前で」

俺「・・・・」

俺「どけよう」

ス・・・

蝉「ギギギギィ!!!」

俺「うわああああああああ!!!!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 18:33:17.55 ID:G5mzPHdF0
 バタバタバタ


俺「はぁ・・・はぁ・・・」

俺「ぐ・・・今年もやられた・・・」

俺「くそ・・・・蝉まで俺を馬鹿にしやがる・・・」

リリリリン リリリリン

俺「!」

俺「まさか!」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 18:38:58.05 ID:G5mzPHdF0
ガチャ

俺「はい!もしもし!」

 「もしもし、○×株式会社の者ですが」

俺「は、はい!面接の結果ですよね?」

 「はい、その件で御電話させていただきました」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 18:40:02.83 ID:G5mzPHdF0
俺「結果は・・・ご、合格ですか!?」

 「それが・・・」

 「残念ながら・・・ウチの会社ではちょっと・・・」

俺「―――」

俺「そう・・・ですか・・・」

ガチャン

俺「はぁ」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 18:42:25.16 ID:G5mzPHdF0
翌朝

 ミーンミーンミーンミー

俺「うーん」

俺「ふぅ。朝か」

俺「今日は木曜か」

俺「さて」

俺「新聞新聞っと」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 18:44:03.74 ID:G5mzPHdF0
俺「ん?」

蝉「・・・・・」

俺「おやおや」

俺「これは可愛そうに」

俺「女の子が死んでいる」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 18:47:10.61 ID:G5mzPHdF0
俺「それも全裸で」

俺「・・・・」

俺「どけよう」

俺「・・・・・」

俺「・・・・・」

俺「う、うわあぁぁああああぁぁあああぁぁああぁぁぁあああ!!!!!!」




12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 18:52:57.77 ID:G5mzPHdF0
だぱぁっ

俺「(しまった・・・いろんな意味でのショックで鼻血が・・・!)」

隣人「コウチャーン、ガッコウオクレルワヨー」

俺「ま・・・まずい・・・」

俺「こんな状況を近所の人に見られたら・・・」

俺「俺は大変な変態殺人犯扱いされてしまうではないか!!!」

俺「それだけは絶対に阻止しなければ・・・!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 18:56:56.07 ID:G5mzPHdF0
俺「勢いで玄関に上げてみたものの・・・」

俺「これはどうすればいいんだ・・・・」

俺「とりあえず警察に」

女「んん・・・」

俺「!?」

俺「生きてる!?」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 19:00:44.69 ID:G5mzPHdF0
俺「い・・・生きてたのか・・・よかった!本当によかった!!」

女「・・・・」

俺「とはいえ大分衰弱してるな・・・」

俺「とりあえず鼻血まみれの体を拭かなければ」

女「うぅ・・・」ガタガタ

俺「・・・・」

俺「確か厨房の頃のジャージがあったハズ・・・」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 19:09:00.67 ID:G5mzPHdF0
女「・・・・」

女「・・・・?」

俺「よ、よぉ」

女「!」ビクッ

俺「!」ビクッ

女「・・・・」

俺「・・・・」

俺「い、一体どういう経緯であそこに?」

女「みん・・・」

女「みんみんみー!」

俺「!?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 19:13:15.00 ID:G5mzPHdF0
女「みんみー♪」

 ガバッ

俺「うをっ!?」

女「みー・・・」スリスリ

俺「み、みんみんみー?」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 19:18:38.41 ID:G5mzPHdF0
俺「なんなんだ一体・・・」

女「みぃ!」

スル・・・

俺「ちょ!!!ぬぬぬ脱ぐなし!!!」

俺「ってあれ!?」

俺「背中に・・・羽・・・だと・・・・?」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 19:25:16.41 ID:G5mzPHdF0
俺「ちょ、ちょっと触ってもいいか?」

女「みぃ!」

サラサラ

俺「す、すごい・・・本物っぽいぞ・・・」

女「みー」

俺「(引っ張ったら取れるのだろうか・・・)」

 グッ

女「み゛ィ!」ズキ-ン

俺「これは・・・」

俺「本物・・・だ・・・・!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 19:34:49.69 ID:G5mzPHdF0
女「みんみー・・・」プンプン

俺「わ、悪かった、そんな怒るなって」

俺「(あの羽の質感・・・あれは本物の質感だ)」

俺「ま、まさかお前妖精の類か何かなのか・・・?」

女「みんみー♪」

俺「すげぇ・・・ホントに居たんだ・・・・」

女「み・・・」クンクン

俺「ん?どうしたんだ?」

女「みんみ!」

 ダッ

俺「あ、おい!そっちの部屋は!」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 19:40:34.83 ID:G5mzPHdF0
女「み・・・みんみ・・・」ポカーン

俺「自分の部屋は掃除してないんだよ基本的に」

女「み」クンクン

女「!」

女「みんみー!」

男「何か探してんのか?」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 19:45:37.44 ID:G5mzPHdF0
女「みんみん」ガサゴソ

俺「俺のお前が探す様な物なんて俺の部屋には無いと思うぞ」

女「み!」

俺「お」

女「みんみんみぃ!」

俺「みつかったのか!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 19:52:02.51 ID:G5mzPHdF0
女「みーんみんみー!」

俺「こ・・・これは・・・・」

女「みんみぃ」

俺「ただの蝉の抜け殻じゃないか」

女「みっ!?・・・みんみぃ!」

俺「・・・え?」

女「みんみ!みんみ!みんみんみぃ!」

俺「まさか・・・」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 20:03:20.10 ID:G5mzPHdF0
3日前

友『なぁなぁ俺』

俺『なんだ?』

友『最近のVIPで蝉の幼虫を拉致して家で羽化させる事が流行ってんだけど』

俺『ほぅ』

友『お前もうやった?俺昨日やったんだがすげー綺麗だったぞw』

俺『面白そうだな、帰ったらやってみるか』

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 20:08:30.28 ID:G5mzPHdF0
俺「お前、あの時の蝉・・・か・・・?」

蝉「みんみんみー!!」パチパチパチ

俺「そ、そうだったのか!!言われてみれば仕草が蝉っぽい!!」

蝉「みんみぃ♪」ギュゥ

俺「よーしよし、健康そうで何よりだ」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 20:14:06.42 ID:G5mzPHdF0
俺「よし、お前が何者かは分かった」

蝉「み」

俺「しかし」

蝉「みみ」

俺「その体はどうしたんだ?」

蝉「みぃ?」

俺「分からないのか」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 20:21:54.11 ID:G5mzPHdF0
俺「でも、人の姿になったんだからもう蝉語を使う必要はないだろ」

蝉「みんみ!」

俺「ほら、”あ~”って言ってみろ」

蝉「み゛ぁ~」

俺「い~」

蝉「み~」

俺「あ~い~う~え~お」

蝉「み゛ゃ~み~み゛ゅ~め~み」

俺「・・・・・・」

蝉「♪」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 20:29:21.42 ID:G5mzPHdF0
俺「さてと・・・で、用は済んだか?」

蝉「み、みぃ?」

俺「その抜け殻をを取りに家に来た(?)んだろ?」

蝉「み、みぃ!!」ブンブン

俺「まさか・・・・家に住む気じゃないだろうな・・・・」

蝉「みんみんみ!!」コクンコクン

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 20:37:05.09 ID:G5mzPHdF0
俺「勘弁してくれ、ただでさえ仕事に就けなくて苦渋の生活を送ってるんだ」

蝉「みんみ!」

俺「駄目なものは駄目なんだ」

蝉「みんみぃ・・・」ウルウル

俺「そ・・・そんな顔しても駄目だぞ」

蝉「・・・・」

俺「ごめんな・・・」

蝉「・・・みぃ・・・・・」

 トボトボ・・・

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 20:44:43.73 ID:G5mzPHdF0
蝉「・・・・・」

  トボトボ・・・

俺「・・・許してくれ・・・蝉子(仮)よ・・・・」

『ここで気象情報です』

『明日からいよいよ本格的な梅雨が始まります』

『お出掛け、旅行を予定の方は一週間は待った方が良いと思われますよ』

俺「(梅雨・・・・)」

俺「(でも、行く所なんて俺以外の家にも沢山・・・)」

俺「(・・・・・)」

俺「(あるわけ・・・ない・・・か・・・)」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 20:52:42.95 ID:G5mzPHdF0
俺「お、おい!」

蝉「?」

俺「明日から梅雨が始まるそうだ」

蝉「みん・・・」

俺「雨宿り出来る所・・・他に無いんだろ?」

蝉「・・・・」コクン

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 20:53:35.83 ID:G5mzPHdF0
俺「・・・一週間だ」

蝉「―!」

俺「梅雨が明けるまではその・・・俺の家に居ていいぞ」

蝉「み・・・」

俺「わ、分かったか?”一週間”だぞ!いいな?」

蝉「みんみんみいぃぃぃ!」

 ガバッ

俺「ぐゎ!」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 21:09:22.13 ID:G5mzPHdF0
リリリリン リリリリン

蝉「み、みん!」

俺「いてて・・・ん、誰からだろ?」

 ガチャ

 リリリリン リリリリン

蝉「み、みん!」

俺「いてて・・・ん、誰からだろ?」

 ガチャ

 「も、もしもし、○×株式会社の者ですが!」

俺「ど、どうされました?」

 「大変申し訳ありません、こちらで手違いが御座いました」

俺「・・・と、いいますと・・・?」

 「おめでとうございます!俺様の面接参考結果は『合格』です!」

俺「――!」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 21:17:15.78 ID:G5mzPHdF0
俺「嘘・・・だろ・・・・?」

蝉「みん?」

 「近い内に会社案内の詳細が書かれた手紙を御送り致しますので、それまでしばしお待ちください」

俺「は・・・はい」

 ガチャン

 ツー ツー

俺「・・・・・・」

俺「や・・・・やった・・・・」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 21:31:46.80 ID:G5mzPHdF0
俺「やったぞ・・・やったぞ蝉!」

蝉「みんみ?」

俺「俺が会社の面接にとうとう合格したんだ!」

俺「ヤベェ・・・嬉しくて震えが止まらねぇ・・・」

蝉「みぃ?」

俺「いいか、働けばな、生きて行く為に必要なお金が貰えるんだ」

蝉「みん」

俺「それがいっぱいあれば、お前とずっと暮らせる事だって出来るんだ!」

蝉「!!!」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 21:32:37.58 ID:G5mzPHdF0
蝉「み、みんみー!!!」

俺「そうかそうか!お前も嬉しいか!」

蝉「みんみぃ!」

俺「よっしゃあああああやる気出てきたああああああ」

蝉「みいいいいいいいいん!!」

俺「なんとなく部屋を掃除するぜええええええ」

蝉「みんみんみー!」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 21:45:00.60 ID:G5mzPHdF0
 夜

俺「ハァ・・・ハァ・・・・」

蝉「み・・・みんみぃ・・・」

俺「ハァ・・・やっと終わった」

蝉「みぃ」

俺「動く事って・・・働く事って・・・こんなに汗かくんだなぁ・・・」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 21:45:47.35 ID:G5mzPHdF0
蝉「み・・・」

俺「すんげー暑いし・・・すんげー疲れるけど・・・」

蝉「・・・・」

俺「やった後の達成感・・・たまんねーわ・・・」

俺「なぁ? お前もそう思うだろ?」

蝉「・・・・zZ」

俺「・・・・・」

俺「(確か押入れに洗ってある布団があったハズ)」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 21:55:47.08 ID:G5mzPHdF0


蝉「ミンミンミー」

俺「うーん」

蝉「ミンミンミー!」

俺「う、うーん」

蝉「ミンミンミー!!」

俺「う、うう」

蝉「ミンミンミー!!!」

俺「うるせえええええええええええええええ!!!!!」

蝉「み、みんみ・・・」

俺「お、お前か・・・」

蝉「みぃみぃ」

俺「ん?手紙? ああ!会社案内の奴か!」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 22:08:46.00 ID:G5mzPHdF0
俺「ふむ、手紙の内容によれば今日の昼から本社で仕事内容の説明があるそうだ」

蝉「みんみー!」

俺「よし、そうと分かれば早速本社に突撃だ」

蝉「みー!」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 22:23:12.72 ID:G5mzPHdF0
○×株式会社

俺「つまり、コイツと一緒じゃ入れない、と?」

 「申し訳ありません、いくらお子様とは言え関係者以外は立ち入り禁止ですので」

俺「じゃあ話聞いてる間コイツはどうすればいいんですかね?」

 「説明会は30分程で終わりますので、それまで辛抱いただくしかないかと・・・」

蝉「みんみんみー?」

俺「仕方が無いな・・・・雨の中すまんが、少しの間外で待っててくれるか?」

蝉「みぃ・・・」

俺「いい子にしてたら帰りに買い物連れてってやる」

蝉「み、みん!」

俺「よーしいい子だ、じゃあ俺は行ってくるぜ」

蝉「みんみーん」ノシ


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 22:27:04.67 ID:G5mzPHdF0
 ザアアァァ

蝉「・・・・・」

蝉「・・・みーん♪」

蝉「みーん みーん みー♪」

?「アンタ・・・人間じゃないね?」

蝉「みん?」

?「ふふ・・・これは珍しいわね・・・」

蝉「みんみんみー?」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 18:03:45.22 ID:+Dh4HgRA0 [2/35]
猫「あら? 私の声が聞こえるって事はやっぱり人間じゃないわね」

蝉「みんみん?」

猫「貴方はだぁれって? 私は通りすがりの飢えた猫よ」

蝉「みんみー?」

猫「そうね・・・もう3日は何も食べてないかしら」

蝉「み・・・みんみん・・・」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 18:10:09.55 ID:+Dh4HgRA0 [3/35]
猫「アンタからとてもおいしそうなニオイがするわ」

蝉「みぃ?」

猫「このニオイ・・・もしかして蝉かしら?」

蝉「みんみん!」パチパチ

猫「フフ、でしょう? 私だって結構鼻がいいんだから」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 18:17:08.20 ID:+Dh4HgRA0 [4/35]
ぐぐー

猫「あ・・・・」

蝉「みぃ」

猫「・・・おなかが空いたわ」

蝉「みんみぃ・・・」

猫「・・・アンタ、蝉でしょ? 私が怖くないの?」

蝉「みんみん!」

猫「・・・そうよね、その体だったら流石の私でもとても食べられないわ」

蝉「みーん!」

猫「で、その体はどうしたの?」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 18:33:15.29 ID:+Dh4HgRA0 [5/35]
―――――

猫「へぇ・・・つまり、その人の事をずっと想っていたら」

蝉「みん」

猫「ある日急に体が光りはじめて、気が付いたらその体になっていたと言う訳ね?」

蝉「みんみん!」

猫「そして嬉しくなって、いつもの勢いでその人の玄関に激突して」

猫「気を失っていた所をその人に保護されたと言う訳ね」

蝉「みんみん♪」

猫「(・・・結構間抜けなのね・・・)」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 18:54:27.81 ID:+Dh4HgRA0 [6/35]
猫「人間にもいろんな種類の人間が要るから気を付けるのよ」

蝉「みぃ!」

猫「あの人は大丈夫だって? ふふ・・・分からないわよ」

猫「ここの人間は特にね、危ない奴が多いから気をつけておきなさい」

蝉「みんみぃ?」

猫「そうねぇ・・・ヤクザ・・・ってヤツなのかしら?」

猫「仲間から聞いたんだけど、ここの辺りの何処かにアジトがあるらしいわ」

猫「どんな風に危ないかは私も分からないけど・・・」

蝉「みぃ~・・・」

 ぐぅ~

猫「・・・・・・」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 18:59:02.03 ID:+Dh4HgRA0 [7/35]
猫「・・・・勿体無いわ」

蝉「?」

猫「貴方が普通の蝉だったら食べられたのに」

蝉「みんみん!」

猫「ふふふ、冗談よ」

俺「おーい、何やってんだ」

蝉「! みんみ!」

猫「どうやら来たようね」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 19:13:54.92 ID:+Dh4HgRA0 [8/35]
俺「なんだそいつは?」

猫「なーご」

俺「猫か・・・酷く痩せてるな」

猫「ゴロゴロ」スリスリ

蝉「みんみぃ」

俺「懐いてるな、猫と話でもしてたのか?」

蝉「みんみ!」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 19:22:42.85 ID:+Dh4HgRA0 [9/35]
俺「よし、話も終わったし、約束通り買い物に行こう」

蝉「みんみー!!」

俺「とりあえずお前の服を買ってやらないとな」

蝉「♪」

猫「なーお」

俺「ほれ、猫がお別れ言ってるぞ」

蝉「みぃ・・・」

蝉「みんみんみ!」

猫「なーお」

猫「ふふ・・・またね」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 19:35:13.66 ID:+Dh4HgRA0 [10/35]
―――――

俺「着いたぞ、ここがデパートって所だ」

蝉「みんみー!」

俺「どうだ?広いだろ?」

蝉「みぃ!」

俺「えと、服屋はあっちかな」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 19:40:36.38 ID:+Dh4HgRA0 [11/35]
 「ありがとうございましたー」

俺「よし、これなら思う存分外を歩けるな」

蝉「みんみー♪」

俺「後は今夜の晩飯の材料を・・・」

蝉「みんみ!」

 ダッ

俺「あっ・・・何処行くんだよ!」

 タッタッタッタッタ

俺「待てって!」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 19:54:10.56 ID:+Dh4HgRA0 [12/35]
俺「ここは・・・・」

蝉「みんみー♪」

俺「下着屋・・・・だと・・・?」

蝉「みんみん!」

俺「ちょ、ちょっとまて!」

蝉「?」

俺「ここは駄目だ!俺は入れない!」

蝉「みんみー」

 タッタッタ

俺「・・・入って行きやがった・・・」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 20:17:02.39 ID:+Dh4HgRA0 [13/35]
俺「うう・・・結局入っちまった」

 ジロジロ

俺「・・・客の目線が気になる・・・」

蝉「みぃ!」

俺「まぁ入っちまったもんはしょうがないか・・・」

俺「どれが欲しいんだ、持って来て見ろ」

蝉「みんみぃ!」

俺「・・・いや、これはお前には大き過ぎだろ」

蝉「みぃ?」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 20:25:25.87 ID:+Dh4HgRA0 [14/35]
 「ありがとうございましたー」

俺「ぐ・・・女子の下着ってこんな高かったのか・・・」

蝉「♪」

俺「今日は家にあるもので何か作るしかないな」

蝉「・・・?」クンクン

俺「お、いい臭いがするな」

蝉「みんみんみー」

俺「たいやきか、食べたいか?」

蝉「みぃ!」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 20:35:03.93 ID:+Dh4HgRA0 [15/35]
猫「はぁ・・・そろそろ何か食べないと本格的にマズいわ」

猫「ああ・・・あの子が普通の蝉だったら今頃・・・」

猫「・・・惜しいわ・・・・あら?」

猫「あんな所にお肉が!や、やったわ!」

 ダッ

 ピイイイィィィィィ

猫「あ・・・」

 ドォオン

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 20:45:36.63 ID:+Dh4HgRA0 [16/35]
 はぐはぐ

俺「美味いか?」

蝉「もんも!」

もしゃもしゃ

蝉「・・・・」

 『おなか空いたわ・・・』

蝉「・・・・みんみ!」

 ダッ

俺「ちょ!」

俺「今度は何処行く気だよ・・・」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 20:55:56.15 ID:+Dh4HgRA0 [17/35]
 タッタッタ

蝉「みぃ!」

猫「」ピクピク

蝉「み・・・」

 ドサドサ

DQN「あーあ!もぉーまじねーしぃ!」

DQN2「どうしたよwwwwwwww」

DQN「猫轢いちまったんだよ!クソが!」

DQN2「ドンマイwwwwwww」

DQN「くそ・・・俺の真紅のフェラーリが・・・」

DQN「汚ねー血で汚れちまったじゃねーか!」

 ガスン!

猫「が・・・」

蝉「―――!!」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 21:02:40.72 ID:+Dh4HgRA0 [18/35]
 ドサッ

猫「」ピクピク

蝉「・・・みぃ・・・」ポロポロ

DQN2「オイwwwww何も蹴り上げるこたぁねーだろwww」

DQN「っせーなぁ!俺の車を汚した見せしめだよ!」

蝉「う・・・うわああぁああぁあぁぁん・・・」

DQN「・・・あ?なんだこのガキ」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 21:09:49.99 ID:+Dh4HgRA0 [19/35]
蝉「ぁぁあぁん・・・うわあぁぁん・・・」ポロポロ

猫「」ピクピク

DQN2「ちょwwwwwコイツの泣き声やけに耳障りなんですけどwwww」

DQN「死んだ猫なんか抱きやがって・・・・」

DQN「気持ちワリーんだよこのガキがぁぁ!!!」

 ガバッ

蝉「―!」

俺「オイ」

俺「俺の子に何してんの?」

DQN「ハァアァァアァア?なんだテメェ!?」

俺「いや俺の子に何してんのって聞いてんの」

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 21:19:37.68 ID:+Dh4HgRA0 [21/35]
俺「オイ、何泣いてんだ」

蝉「みん・・・みん・・・」ポロポロ

猫「」ピクピク

俺「(コイツはさっきの・・・)」

DQN「おーおーおーおー! お前コイツの親かよ!」

DQN2「ぶwwwww親参上wwwwワロスwwww」

DQN「お前子供にちゃんと教育してんのぉ?なんとかしてよコイツ!」

俺「うちの子が何かしたんですか?」

蝉「・・・ヒック・・・ヒック・・・・」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 21:33:47.55 ID:+Dh4HgRA0 [22/35]
DQN「いやーマジでビビッたよ!その子が車道に猫放り投げてきた時にはさぁ」

DQN2「ちょwwwwwおまwwwwwww」

蝉「―!?」

俺「・・・はぁ?」

DQN「いやいや、俺は猫轢きたくなかったからさ!咄嗟の判断でブレーキ踏んだんだよ?」

DQN「でも車は急には止まれないって言うじゃん? 」

俺「・・・・」

DQN「そんな事よりさー・・・その猫の血で俺の高級車が汚れちゃったんだよね」

俺「・・・・」

DQN「子供の尻拭いをするのは親、ってよく言うじゃん?」

DQN「・・・車洗って来るから金払ってよ、8万円」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 21:45:23.94 ID:+Dh4HgRA0 [23/35]
俺「・・・・・・」

蝉「み・・・みぃ」フルフル

俺「俺の子はそんな事する子じゃないし、金も払いません」

DQN「は?何言っちゃってんの?自分の子がした事分かって言ってんの?」

俺「・・・嘘なんでしょ?バレバレですよ」

DQN「・・・なんだと?」

俺「猫を引いた挙句、その罪をこんな小さな子供に擦り付けて金まで巻き上げようとするなんて」

俺「ぶっちゃけアンタ生きてる価値ないですよ、最低のゴミ屑野郎ですね」

DQN2「ぶwwwwww」

DQN「・・・・・」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 21:53:34.88 ID:+Dh4HgRA0 [24/35]
DQN2「ゴミ屑野郎wwww言われちゃったなオイwww」

俺「・・・・・」

DQN「あーあ・・・折角金で解決させてやろうと思ったのに」

DQN「こりゃちょっと痛い目見てもらわなきゃ駄目みたいだな」

DQN2「オイwww早く謝っとけってwwwコイツタイマンマジ強えからwww」

俺「・・・・・・」

蝉「み・・みん・・・」ガタガタ

DQN「悪いのはオメーだからな?」

DQN「じゃ、死ね」

 ガスン

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 22:01:37.18 ID:+Dh4HgRA0 [25/35]
DQN2「うはwww決まったwwww」

DQN2「――――って、アレ?」

DQN「ぐ・・・・」

 ドサッ

蝉「―――!!」

俺「・・・・・ボクシング部レギュラーだった俺をなめるなよ」

DQN「うう・・・」

DQN2「う、嘘だろ・・・・一撃で・・・?」

DQN2「コイツ、強い・・・!」

俺「次はお前か?」

DQN2「う・・・うわあああああ!!」

俺「ふん」

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 22:15:06.19 ID:+Dh4HgRA0 [26/35]
蝉「うわぁあぁあぁあん!」

 ガバッ

俺「よしよし、怖かったな・・・」

蝉「みん・・みんみん・・・」ポロポロ

俺「俺なら大丈夫だ、あんなヤツ屁でもねぇ」

俺「それより・・・・」

猫「」

蝉「み・・・」

俺「残念だったな・・・」

蝉「・・・みぃっ!」

俺「な、何する気だ?」

蝉「―――!」

 カッ

俺「な・・・光って・・・・」

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 22:22:34.23 ID:+Dh4HgRA0 [27/35]
猫「・・・・・」

 ピクッ

俺「・・・・まさか・・・」

猫「・・・・なーご」

蝉「みぃ!」

俺「生き返った・・・だと・・・?」

蝉「みんみん!!みんみん!!」

猫「なーごろごろ」スリスリ

俺「お、お前がやったのか・・・?」

蝉「みんみん!」

俺「すげぇ・・・すげぇよおまえ・・・!」

蝉「みんみー!」

猫『アンタ・・・』

猫『借りが出来たわね・・・』

蝉「みんみんみー♪」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 22:38:51.17 ID:+Dh4HgRA0 [28/35]
俺「ふぅ、さっきは驚いたぞ」

蝉「みんみん♪」

俺「で、家の前に着いた訳だが」

俺「そいつはいつまで付いて来るんだ?」

猫「なーご」

蝉「み?」

俺「・・・飼うつもりじゃないだろうな?」

蝉「みんみん!」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 22:41:30.41 ID:+Dh4HgRA0 [29/35]
俺「蝉よ・・・すまん・・・俺のアパートはな・・・」

俺「ペット禁止なんだ・・・!」

蝉「・・・!」ガーン

俺「俺も入れてやりたいのは山々なんだが・・・」

俺「これだけはどうしようもできねぇ・・・すまん」

蝉「み・・・みん・・・」ガッカリ

俺「ま・・・まぁそいつも大分懐いてるみたいだし、また合いに来てくれるだろ」

猫『そうよ』

蝉「!」

猫『いつかきっと会いに来るわ』

蝉「みん!みんみ!」

俺「(やっぱり・・・何か話してるような気が・・・)」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 23:10:05.18 ID:+Dh4HgRA0 [30/35]
 夜

俺「おーし、夕飯出来たぞー」

蝉「・・・・・」ぽけー

俺「疲れてんのか・・・?」

蝉「みぃ・・・」

俺「今日は忙しかったからな」

蝉「・・・・・」

俺「なんか顔がぐったりしてるぞ、大丈夫か?」

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 23:12:50.56 ID:+Dh4HgRA0 [31/35]
蝉「みん・・・・」

俺「(熱は・・・・ちょっと熱いな)」

俺「・・・今日は早く寝ようか」

蝉「みん・・・」

俺「いただきまーす」

蝉「・・・・・」

俺「(・・・明日病院に・・・いや、駄目だ)」

俺「(こいつの背中を見られる訳には行かない)」

俺「(・・・明日熱冷まシートでも買ってくるか)」

蝉「・・・・・」

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 23:25:10.67 ID:+Dh4HgRA0 [32/35]
 朝

俺「ん・・・・ふあぁ・・・」

俺「やけに静かだな・・・・」ムクリ

蝉「ハァ・・・ハァ・・・」ガタガタ

俺「・・・蝉・・・?」

蝉「ハァ・・・ハァ・・・」ガタガタ

俺「お、おい・・・どうしたんだ」

蝉「ハァ・・・ハァ・・・」ガタガタ

俺「す・・・・凄い熱だ・・・!」

俺「お、おい、大丈夫かよ!」

蝉「・・・・・」ガタガタ

俺「ま、待ってろ!でかい布団と氷もって来てやる!」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 23:34:33.58 ID:+Dh4HgRA0 [33/35]
蝉「ハァ・・・ハァ・・・」

俺「後は何か栄養の有る物・・・」

俺「くそ・・・昨日食材買い忘れたから何もねぇ・・・」

俺「・・・せ、蝉!待ってろよ!すぐ戻るからな!!」

蝉「みん・・・・」

 ダッ

俺「なんだってんだ・・・昨日の昼はピンピンしてたのに・・・!」

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 23:48:45.08 ID:+Dh4HgRA0 [34/35]
蝉「み・・・みん・・・」フラフラ

 ガチャ

猫「あ、出てきた出てきた」

蝉「みんみ・・・」フラフラ

猫「ど、どうしたのよ・・・フラフラじゃない・・・!」

蝉「みんみぃ・・・」フラフラ

猫「?・・・あの人はもう行ったわよ?」

蝉「みんみ・・・」

猫「まさか・・・あの人の所へ行くつもり?」

蝉「み・・・」

?「兄貴、こっちッス!この部屋ッスよ、例のボクシング野郎の部屋!」

猫「!?」

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 23:58:51.50 ID:+Dh4HgRA0 [35/35]
猫「アイツ昨日の・・・!」

DQN「あ、こいつッス!こいつがヤツの娘です!」

DQN3「・・・・おい、親はどうした」

蝉「・・・み・・・」フラフラ

DQN2「俺達が来ること察してビビって逃げたんですかねwwwwww」

DQN3「しょうがねぇ、人質として連れてけ」

DQN2「ラジャーwwwwww」

 ガバッ

蝉「み・・・みん!」

猫「・・・・・」

猫「どどどどどうしよう・・・・」

猫「大変な事になったわ・・・・!」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 00:08:07.43 ID:TJJYdMG30 [1/8]
俺「ハァハァ・・・こんなに走ったの久々だぜ」

 ガチャ

俺「おい! 今おかゆ作ってやるからな・・・・って・・?」

俺「いない・・・!?」

 ヒラ

俺「・・・なんだこの紙・・・」

俺「昨日のヤツから・・・?人質ってまさか・・・・」

俺「・・・・勘弁しろよ・・・・今アイツ弱ってんだよ・・・・!」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 00:09:33.24 ID:TJJYdMG30 [2/8]
猫「なーご!」

俺「お前は昨日の・・・」

猫『気をつけなさい!アイツら絶対何か企んでるわ!』

猫「なーご、まーお、にゃーお!!」

俺「すまん!今はお前に構ってる暇は無い!」

 ダッ

猫『何で伝わらないのよおおおおおおお!!』

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 00:26:32.74 ID:TJJYdMG30 [3/8]
猫「ああ・・・私にもあの子みたいな体があれば・・・」

猫「神様!どうにかしてぇ!!」

―――――――

俺「ハァ・・・ハァ・・・」

俺「あの紙によるとこの辺のはず・・・・」

 スッ

俺「!」

DQN「後ろがガラ空きだぜええええええぇぇええぇ!!!」

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 00:36:06.82 ID:TJJYdMG30 [4/8]
俺「ふん!」

ドスン

DQN「ぐがぁ!」

 ドサッ

俺「甘いな」

DQN「ぐぐ・・・」

俺「俺の子を何処へやった?」

DQN「へへ・・・」

俺「・・・・?」

DQN「今度はそう簡単に・・・」

 スッ

俺「・・・スタンガンだと!?」

DQN「やられねーよおおおおお!!!」

 バチバチバチバチバチバチ

俺「うおあぁぁっ!!!―――――」

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 00:45:15.06 ID:TJJYdMG30 [5/8]
―――――――――――

俺「・・・・・ぐ」

俺「・・・・ここは一体・・・・?」

蝉「みん・・・みん・・・!」

俺「・・・蝉・・・!?蝉か!?」

蝉「みんみん・・・みん!」

組長「お、眼覚めたかい?」

俺「!?」

組長「話は聞いてるよ」

組長「家の若いのが随分世話になったらしいじゃん」

俺「お前がこいつらのボスか・・・!」

組長「うん、一応ね」

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 00:56:03.70 ID:TJJYdMG30 [6/8]
俺「くそ・・・アイツを返せ!!」

組長「うん、別に返してあげてもいいよ」

俺「・・・え・・・?」

組長「・・・ただね、家の組の面汚しされたままじゃ困るんだよね」

俺「・・・・・・」

組長「あのさ、ケジメって言葉知ってる?」

俺「・・・あ・・・・」

組長「・・・いいよ、脱がせちゃって」

DQN2「待ってましたーwwwww」

蝉「み、みぃ!!」

俺「や・・・やめろォ!!」

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 01:05:46.36 ID:TJJYdMG30 [7/8]
組長「・・・・は・・・・?」

組長「何なのその態度」

組長「それが人に物を頼むときの態度なの?」

俺「・・・く・・・」

組長「・・・・じゃあとりあえず・・・・靴舐めてよ」

俺「な・・・・・」

組長「どうしたの? 早く?」

俺「ぐ・・・・・」

組長「・・・早く」

俺「・・・・・・・」

 ピチャピチャ・・・


197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 11:56:49.85 ID:wlS1Xtij0 [2/60]
 ガツン!

俺「う・・・あ゛あ゛あ゛ぁ゛ぁ゛!!!」

蝉「!!!」

 ボタボタ

組長「ごめん、足が滑った」ニヤニヤ

俺「ぐ・・・ぐ」

俺「(・・・くそ・・・体さえ動けばこんなヤツ・・・!)」

蝉「みぃ!!みぃ!!みんみぃ!!」バタバタ

DQN2「コイツ日本語喋れないんですかねwwww」

蝉「みんみ!!みんみぃ!!」ジタバタ

DQN3「・・・さっきからミンミンミンミンうるせーんだよ!!」

 ビターン

蝉「うぁ゛あぁ!!」

俺「!!!」

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 12:07:04.81 ID:wlS1Xtij0 [3/60]
蝉「あ・・・あぅう・・・」ヒリヒリ

俺「て・・・」

蝉「う・・・うわぁあぁん・・・」ポロポロ

俺「てめええぇええぇえ!!!殴りやがったなあぁぁあああぁぁ!!!!」

DQN3「・・・・」

俺「ぜってーゆるさねぇ!!!おまえだけは俺がぶっ潰す!!!」

DQN3「やれるもんならやってみろよ」

 ドス!

俺「ぐふぁ!!」

組長「あはは、まだ元気なんだね!でもあまり粋がらない方がいいよ」

俺「あ・・・あ゛ぁ゛!?」

 チャキ

組長「こっちはチャカ持ってんだからね?」

俺「・・・・!」

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 12:16:49.75 ID:wlS1Xtij0 [4/60]
組長「ようやく自分の置かれてる立場が分かったみたいだね」

俺「・・・ぐ・・・・」ガタガタ

組長「アレ?震えてんの?」

俺「・・・ち・・・違う・・・!」ガタガタ

組長「じゃあさ、次は土下座してよ」

組長「”許してください、お願いします”って」

俺「・・・・・・・」

俺「・・・ゆ・・・して・・・」

組長「・・・聞こえねーよ」

俺「・・・許して・・ください・・・お願い・・・します・・・」

組長「・・・・」ニヤ

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 12:32:03.78 ID:wlS1Xtij0 [5/60]
組長「ふふ・・・」

俺「・・・・?」

組長「あっはっはっはっは!!!」

組長「許して欲しいの!?ねぇ!!」

組長「嫌だね」

俺「な・・・」

組長「君見てると腹立つんだよねー!」

組長「痛い目見てもらわないと気が済まないや!」

俺「・・・くそ・・・」

組長「よし、じゃあ早速・・・」

組長「やれ」

202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 12:51:39.46 ID:wlS1Xtij0 [6/60]
DQN「オラァァ!!!」

 バキン!

俺「う゛っ・・・」

DQN2「ヒャッハーwwwwwwwww」

 ドスン!

俺「ぐ、お゛ぁあ゛!!」

DQN3「・・・・」

バチバチバチバチ!

俺「あ゛ぁ゛あ゛ぁ゛あ゛!!!!」

俺「・・・あ・・・あ・・・」ピクピク

DQN「あー!スッキリしたぜ!よし、今日はこれくらいで・・・」

組長「・・・甘ぇよ」チャキ

バァァン!

俺「う、うあぁ゛あ゛あ゛!!足があ゛ぁ゛ぁ゛あ゛!!」

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 13:01:57.06 ID:wlS1Xtij0 [7/60]
蝉「み・・・み゛ぃ・・!」ポロポロ

俺「ぐ・・・くそ・・・いてぇ・・・いてぇよぉ・・・!!」ガタガタ

組長「・・・・・」

DQN「ちょ・・・組長!いくらなんでも少しやり過ぎじゃないですかね?」

DQN2「お、俺たちはちょっと憂さ晴らししたかっただけでこんな・・・」

組長「・・・はぁ?」

組長「だから甘いって言ってんの」

組長「もとはと言えばお前らがこんな弱いヤツに負けたからこうなったんだろうが」

DQN「う・・・・」

組長「・・・ホレ」

 チャキ

DQN「・・・・?」

組長「これ貸してやるから自分の頭撃てよ」

DQN「―――――え?」

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 13:14:35.88 ID:wlS1Xtij0 [8/60]
DQN「じょ・・・冗談ですよね・・・?」

組長「マジだよ。弱いヤツはうちの組には要らないから」

DQN「・・・・・」ガタガタ

DQN2「あ・・・ああ・・・」

組長「何してんの? 自分でやらないなら僕がやってあげようか?」

DQN「か・・・・」

DQN「勘弁してください・・・」ポロポロ

組長「どいつもこいつも根性の無いやつばっかりだね・・・」

 チャキ

DQN「ひ、ひぃっ!」

俺「・・・ま・・・待てよ」

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 13:35:55.91 ID:wlS1Xtij0 [10/60]
組長「・・・あ?」

DQN「・・・・!」

俺「いくら生きる価値のないゴミ野郎でも・・・殺すこたぁねーだろ・・・!」ハァハァ

DQN「―――!」

俺「・・・そいつだって・・・生きてるんだよ・・・」ハァハァ

組長「・・・はぁ・・・君って最高におめでたい奴だよね」

DQN「・・・・・」

組長「でも、そろそろ飽きたから死んでよ」

 チャキ・・・

俺「(・・・クソ・・・ここまで・・・か・・・)」



蝉「や・・・やめてぇ!!」



211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 13:54:24.63 ID:wlS1Xtij0 [11/60]
俺「・・・お、お前・・・」ハァハァ

蝉「もう・・・やめてよ・・・」ポロポロ

俺「・・・喋った・・・・」

蝉「ぼくなら・・・どうなっても・・・いいから・・・・」

組長「・・・ほぉ・・・・」ニヤ

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 14:24:13.07 ID:wlS1Xtij0 [12/60]
蝉「おれさん・・・」

俺「ど、どうした・・・?」

蝉「ぼくね、おれさんが・・・ずっとだいすきだったの・・・」ポロポロ

蝉「でも・・・ぼくがきたばっかりに・・・おれさんにいっぱいめいわくかけちゃったね・・・」ポロポロ

蝉「ぼくなんかこなければ・・・こんなことにならなかったのに・・・」ポロポロ

蝉「ごめんなさい・・・ごめんなさい・・・」ポロポロ

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 14:35:23.38 ID:wlS1Xtij0 [13/60]
俺「・・・そんな事言うなよ・・・!」ハァハァ

蝉「・・・・」ポロポロ

俺「仕事が無くて・・・1人で寂しくて死にそうだった俺を救ってくれたのは・・・」

俺「お前じゃねぇか・・・」

蝉「・・・うぅ・・・・」ポロポロ

俺「俺はお前が居るだけで幸せなんだよ・・・!」

蝉「ふ・・・ふえぇええぇん・・・」ポロポロ

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 14:43:40.12 ID:wlS1Xtij0 [14/60]
俺「絶対一緒に帰って、また一緒に飯食ったり風呂入ったりするんだ・・・」

蝉「・・・うん・・・」

蝉「ありがとう・・・おれさん」グスン

俺「・・・当たり前だろ・・・だって俺も・・・お前の事が・・・」




  バァン



組長「話がなげぇよ」

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 15:00:40.44 ID:wlS1Xtij0 [15/60]
俺「――――」

 ドサッ

蝉「・・・い・・・」

蝉「いやあぁあああぁああぁああぁああぁ!!!!」

俺「あぐ・・・あが・・・」ドクドク

蝉「いや!いやだよ!!おれさんしなないでよぉ!!」ポロポロ

組長「まだ死んでもないのにピーピー泣くなよ・・・」

蝉「ああぁあぁん!! おれさあぁぁん!!」ポロポロ

組長「・・・お嬢ちゃん、さっき自分はどうなってもいいって言ったよね?」

蝉「う・・・」

組長「こっちにおいで」

組長「おじさんとイイ事しようか」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 15:23:37.40 ID:wlS1Xtij0 [16/60]
蝉「や・・・やだ・・・!」ポロポロ

組長「ほら、早く」

 グイッ

蝉「やだよぉ・・・離してよぉ・・・」ポロポロ

 スルスル・・・

組長「・・・へぇ・・・」

蝉「み・・・見ないでよぉ・・・///」

組長「・・・見た目の割には結構良い身体してるじゃん」

 フニ・・・

蝉「や・・・///さ、さわらないで・・・・///」

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 15:38:25.09 ID:wlS1Xtij0 [17/60]
 チュ・・・

蝉「ん!・・・むぐぅ・・・」

チュパチュパ

蝉「・・・・・っぷはぁ!」

蝉「うぅ・・・だれか・・・だれか・・・」

DQN「・・・・・」

DQN2「・・・・・」

俺「やめ・・・」

俺「・・ろ・・・」

組長「・・・・あー」

組長「・・・まだ生きてたの?」

  パァン

 パァン パァン

蝉「・・・あ・・・」

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 15:43:59.51 ID:wlS1Xtij0 [18/60]
俺「」

蝉「・・・・・」

組長「よし、死んだね」

DQN「あ・・ああ・・・」ジョワー

蝉「・・・・・」ポロポロ

組長「あれ?泣き叫ばないの?」

蝉「・・・・・」ポロポロ

組長「ああ、もうそんな気力ないか」

組長「さて、じゃあ続きを――」

224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 15:55:19.82 ID:wlS1Xtij0 [19/60]
組長「アレ・・・?お嬢ちゃん、背中に付いてるコレ何?」

 グイグィ

蝉「・・・・」

組長「邪魔だから取っちゃおっと」

 ブチブチ!

蝉「――――っぅ゛ぁ゛!!」ズキーン

 ドクドク

組長「ちょ、なんか凄い血が・・・」

蝉「―――――っ」

 バタン

組長「あらら」


DQN3「ぎゃあああぁあああああぁああああ!!」

組長「・・・!?」

225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 16:03:33.01 ID:wlS1Xtij0 [20/60]
女「はぁ・・・やっぱり噂に聞いてた通りね、人間って・・・」コキコキ

DQN3「ぐがが・・・」ピクピク

組長「誰だ」チャキ

女「私? 私は通りすがりの飢えた・・・普通の女の子よ」

蝉「・・・・・!」

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 16:16:44.87 ID:wlS1Xtij0 [21/60]
DQN「・・・・・・」ポカーン

女「・・・お久しぶりね」

DQN「え・・・?」

女「・・・今回は見逃してあげるわ、だから早く消えなさい」

DQN「う・・・うぅ・・」

 ダッ

女「・・・貴方」

組長「あ?」

女「よくも私のお友達をイジめてくれたわね」

組長「だからなんなのさ」

女「今度は私が貴方を・・・イジめてあげるわ・・・」ペロリ

タッタッタッタッタ

DQN2「お、お前の知り合いか?」

DQN「・・・あ、あんな綺麗な人知らない・・・」

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 16:41:59.26 ID:wlS1Xtij0 [22/60]
蝉「ねこ・・・さん? ねこさんなの・・・?」

女「待ってなさい、すぐ助けるわ」

組長「・・・君、こいつらの仲間?」

女「まぁね」

組長「わざわざ一緒に死にに来たんだ」

女「アハハッ!まぁそんな所かしら?」

組長「・・・いい感じにムカつくね、君も」

女「そうかしら?」

 チャキ

蝉「―!」

蝉「あぶなぁい!!」

女「え?」

 パァン

女「――ぐぅ・・・!」

 バタッ

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 16:52:45.61 ID:wlS1Xtij0 [23/60]
女「」

蝉「そんな・・・」

組長「今日は死にたがりの人がやけに多いね」

組長「あーもう・・・そこらじゅう血まみれだよ・・・」

組長「どうすんのこれ・・・」

女「い・・・」

組長「!?」

蝉「!?」

女「あいたたた!いったーい!」

女「もぉー!なによそれぇー!」

組長「・・・・な・・・」

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 17:08:44.66 ID:wlS1Xtij0 [24/60]
蝉「ね、ねこさん!」

組長「う・・・うそだ・・・確かに頭に命中したハズ・・・」オロオロ

女「もぉ!すっごい痛かったじゃない!バカ!バカバカバカ!」

組長「な・・・なんで死なない・・・なんで死なないんだぁ!」

女「・・・なんで私が死なないか気になる?」

  ツカツカ

組長「く・・・くるな・・・来るなぁ・・・!」

 ツカツカ・・・ピタリ

女「・・・・猫の魂って何個あるか・・・知ってる?」

組長「あが・・・・」

女「ねこぱああああんち!!!!」

 ドグオォォオォン!!

組長「ぐぼえぇえぇええぇえぇええ!!!!」

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 17:15:31.50 ID:wlS1Xtij0 [25/60]
 ドシャ

組長「」ブクブクブク

蝉「すごい・・・ねこさん、つよい!」

女「当たり前よ」

蝉「・・・あ・・・」ヘタン

女「・・・力を使い過ぎたみたいね、少し休んでなさい」

蝉「で、でも・・・おれさんが・・・」

俺「」

女「大丈夫、私に任せなさい」

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 17:22:58.82 ID:wlS1Xtij0 [26/60]
女「・・・じゃあ失礼しまーす・・・」

 チュ…

蝉「あ!」

俺「」

女「・・・ふぅ」

俺「・・・スー・・・スー・・・」

蝉「な、なにをしたんですか?」

女「私の魂を1つあげたのよ・・・って、何よその顔は」

蝉「・・・え?」

女「もしかして・・・妬いちゃった・・・?」

蝉「ち、ちがうもん!」

女「アハハハ!」

237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 17:38:30.04 ID:wlS1Xtij0 [27/60]
女「ハハハ・・・ハハ・・・」

蝉「・・・ねこ・・・さん?」

女「・・・次は貴方の番ね」

蝉「・・・え?」

女「私の魂・・・全部受け取って頂戴」

蝉「ぜんぶ・・・?」

女「私のせいで大分力を使わせちゃったみたいだしね」

蝉「で・・・でも、そんなことしたらねこさんが!」

女「私は良いのよ・・・あの時・・・凄く嬉しかったんだから」

 ス…

蝉「だ・・・だめ・・・!ねこさぁん!」

女「ありがとうね」

女「・・・・さよなら」

 チュ



238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 17:44:43.93 ID:wlS1Xtij0 [28/60]
――――――――――
 朝

ミンミンミー

俺「うーん」

ミンミンミー

俺「う、うーん」

ミンミンミー

俺「う、うう」

ミンミンミー

俺「うるせえええええええええええええええ!!!!!」

俺「・・・って、あれ?」

男「・・・ここは病院だ、静かにしたまえ」

俺「病院・・・・?」

男「・・・ちょっと話を聞かせてもらえるかい? 自分はこういうものなんだが」

俺「警察・・・」

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 17:58:18.41 ID:wlS1Xtij0 [29/60]
刑事「昨日の事件についてはこちらで調査中だ」

刑事「その件については単なる傷害事件として扱われるだろう」

刑事「だがね、君からはもっと重要な事を話して貰いたいんだ」

俺「・・・なんですか」

刑事「・・・あの娘は・・・誰なんだい?」

俺「・・・・・!」

 ガバッ

俺「アイツは・・・アイツは何処なんですか!?」

 ズキーン

俺「ぐ!」

刑事「安静にしていたまえ、死ななかったとは言え重傷を負っているんだ」

俺「(・・・俺・・・死ななかったのか・・・)」

刑事「大丈夫だ・・・彼女はこちらで保護している、無事だよ」

俺「・・・・そうですか・・・」

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 18:11:28.21 ID:wlS1Xtij0 [30/60]
刑事「さて、では教えてもらおうか・・・あの娘が誰なのかを」

刑事「彼女は大変君の事を慕っている様子だったが?」

俺「・・・・・」

刑事「・・・どうした?」

俺「・・・お、俺の娘です」

刑事「・・・君に結婚履歴は無い様だが?」

俺「・・・養子なんですよ」

刑事「へぇ・・・何処で貰って来たのかね?」

俺「それは・・・・」

刑事「それとも、誘拐でもしてきたのかな?」

俺「そ、そんな事する訳無いじゃないですか!!」

刑事「・・・・・だろうね」

俺「・・・・?」

242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 18:21:28.56 ID:wlS1Xtij0 [31/60]
刑事「こちらでもあの娘についてのデータを集めようとはしたんだ」

刑事「しかし、市役所に訪ねてもあの子のデータは見つからなかった」

刑事「これは一体どういうことなんだね?」

俺「う・・・・」

刑事「・・・正直に答えてくれ」

刑事「・・・あの娘は・・・人間じゃないね?」

俺「な・・・なんでそれを・・・!」

刑事「・・・ここからは国家機密だ」

刑事「場所を変えよう」

247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 18:38:11.55 ID:wlS1Xtij0 [32/60]
――――――――

刑事「ふむ、そんな事が・・・」

俺「はい・・・とても信じられないような話ですけど・・・」

刑事「いや・・・このようなケースは初めてだが、彼女みたいな存在は決して珍しくはない」

俺「・・・というと?」

刑事「・・・君は、幽霊や妖怪、怪奇現象についてどう思うかね?」

俺「・・・・!」

刑事「・・・察しが付いた様だね」

刑事「そう、彼女はその類の一種なんだ」

刑事「そして・・・それらはこの世界に実体を持って確実に存在している」

俺「・・・・・・」

刑事「これが国家機密だ・・・外部にはくれぐれも内密にしてくれたまえ」

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 18:57:37.25 ID:wlS1Xtij0 [33/60]
俺「分かりました・・・・」

俺「・・・そろそろアイツに会わせてください」

刑事「・・・気の毒だが・・・」

刑事「君と彼女を一緒にする訳にはいかない」

俺「―――な・・・」

刑事「すまない・・・これは規則なんだ」

俺「ど・・・どういう事だよ!?」

刑事「申し訳ないが私からは何も言えない・・・」

刑事「有余は1日だ」

刑事「それまでに自分の中でケジメをつけなさい」

俺「そんな・・・」

250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 19:07:42.20 ID:wlS1Xtij0 [34/60]
―――――
刑事「こっちだ」

俺「・・・・・」

 ガチャ

蝉「あ!おれさんだ!」

俺「よ・・・よぉ・・・」

蝉「おれさん、けがだいじょうぶ?」

俺「お、お前は大丈夫なのか?」

蝉「ぼくはもうげんきだよ!」

蝉「あのね、おれさん、すごいんだよ!この―」

俺「帰るぞ」

蝉「あ・・・」

 スタスタ

蝉「ま、まってよぉ!」

刑事「・・・・・」

刑事「(・・・すまん・・・私にはどうしようも出来んのだ・・・)」

251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 19:17:03.74 ID:wlS1Xtij0 [35/60]
俺「・・・・・」

蝉「ちょっと・・・まってよおれさん!」

 スタスタ

蝉「なんでそんなにいそいでるの・・・あっ!」

 ステーン!

俺「!」ダッ

俺「大丈夫か!?」

蝉「う・・・えへへ・・・ころんじゃった・・・・」

俺「・・・気を付けろよ」

蝉「いてて・・・うん・・・」

俺「・・・・・・」

蝉「・・・なんかげんきないよ?・・・どうしたの・・・?」

俺「・・・・っなんでもない」

 スタスタ

蝉「あ・・・まってってば!」

254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 19:29:57.51 ID:wlS1Xtij0 [36/60]
 家

蝉「いただきまーす!」

俺「いただきます・・・」

蝉「おれさん、今日のごはんはなんていうごはんなの?」

俺「・・・どうだっていいだろ・・・」

蝉「えーおしえてよ!」

俺「・・・・・・」

蝉「ねぇねぇおしえてよぉー」

俺「・・・・・・」

蝉「ねぇってばー」

俺「うるさい!!!!」

蝉「!」ビクッ

俺「黙って食え!!」

蝉「・・・ご・・・ごめんなさい・・・」ションボリ

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 19:36:38.42 ID:wlS1Xtij0 [37/60]
蝉「お・・・おれさん・・・」

俺「・・・・・・」

蝉「ぼくといっしょにおふろはいらないの・・・・?」

俺「・・・この身体じゃ入れねぇよ・・・」

蝉「そう・・・・」

蝉「じゃあ・・・ぼくひとりではいってくるね・・・・」

俺「・・・・・・」

蝉「お、おれさん・・・」

俺「・・・・・・・」

蝉「・・・う・・・」ジワ

蝉「うわあぁあぁん・・・・」ポロポロ

俺「・・・・・!」

257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 19:49:21.48 ID:wlS1Xtij0 [38/60]
蝉「おれさん・・・おれさん・・・うわぁああぁん・・・」ポロポロ

俺「ど・・・どうしたんだよ・・・」

蝉「ぼくがわるいこだから・・・おれさんがおこっちゃったあぁあぁ・・・」ポロポロ

俺「ち・・・ちがうんだ・・・」

蝉「だって・・・だってぇ・・・」ポロポロ

俺「違う・・・俺は・・・俺は・・・」

俺「少し・・・疲れてるだけだ・・・」

俺「・・・別に怒ってなんかないよ」

蝉「・・・・ほんと・・・?」グスン

俺「ああ・・・だからもう泣くな・・・お前が泣くと・・・俺まで悲しくなるだろ・・・」

蝉「わ・・・わかったよ・・・!」グシグシ

俺「・・・ほら、背中流してやるから来い」

蝉「うん!」

259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 20:04:43.97 ID:wlS1Xtij0 [39/60]
ゴシゴシ

蝉「あのね、つまりね」

ゴシゴシ

蝉「でもぼくはこうだとおもうんだぁ!」

ゴシゴシ

蝉「だからね、ぼくがもっとおおきくなったらね」

蝉「おれさんのおよめさんになるんだ!」

俺「・・・・・・」

蝉「だからまっててね!ぼくがんばっておおきくなるから!」

俺「・・・う・・・」ポロポロ

蝉「・・・あれ?おれさんどうしたの・・・?」

俺「へへ、シャンプーが眼に入りやがったんだ・・・くそ・・・」ポロポロ

蝉「もー!おれさんはどじだなぁ!」

俺「そうだな・・・俺はとんでもないドジ野郎だよ・・・」ポロポロ

蝉「あははは!」

262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 20:17:23.16 ID:wlS1Xtij0 [40/60]
 夜

俺「・・・・・・」

蝉「・・・・・・」

蝉「・・・おれさん・・・」

俺「・・・どうした・・・?」

蝉「そっちのおふとんにいってもいい?」

俺「・・・ああ」

蝉「やったぁー!」

スタスタ モフモフ

蝉「エヘへ・・・ぎゅー!」

 ギュゥ…

俺「・・・・・」

蝉「・・・ぼく、おれさんにあえてほんとによかった・・・」

蝉「これからもずっと、ずうっといっしょにいようね!」

俺「・・・・・」

263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 20:24:28.84 ID:wlS1Xtij0 [41/60]
俺「・・・それは無理だ」

蝉「・・・・え?・・・」

俺「お前と一緒には居られない」

蝉「な・・・」

俺「明日の朝、国家機密の組織の奴がお前を迎えに来る」

蝉「なんで・・・?」

俺「・・・さぁ・・・何でだろうな」

蝉「・・・うそだ・・・うそだよね・・・?」

俺「・・・本当だ・・・」

蝉「あ・・・・」

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 20:34:01.40 ID:wlS1Xtij0 [42/60]
蝉「そ・・・そんな・・・」ジワ

俺「・・・・」

蝉「う・・・うそだもん! そんなのぜったいうそだもん!」ポロポロ

俺「・・・・・・」

蝉「おれさん・・・なんでそんないじわるいうの・・・?」ポロポロ

俺「・・・・・・」

蝉「・・・ぼくのことがきらいなの・・・?」ポロポロ

俺「・・・・・・」

俺「・・・どうだっていいよ・・・・」

蝉「――――!!」

蝉「う・・・・」

蝉「おれさんのばかぁ!!」

 ダッ

俺「あ・・・おい・・・!」

266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 20:48:35.99 ID:wlS1Xtij0 [43/60]
―――――――
ザアァァアァ

 ペタペタ

蝉「う・・・うぅ・・・」グスン

 『どうだっていいよ』

蝉「・・・おれさんは・・・ぼくのこのこときらいなんだ・・・・」

蝉「・・・・・」

蝉「ふ・・・」

蝉「ふえぇえぇ・・・」ポロポロ

DQN2「オーイwww」

蝉「・・・・!」

DQN「なにやってんだ」

蝉「・・・あ・・・」

269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 20:56:31.78 ID:wlS1Xtij0 [44/60]
ミーンミーンミーンミー

俺「・・・・・」

俺「朝か・・・」

俺「・・・・・」

俺「・・・アイツ・・・帰って来てないのか・・・」

俺「・・・探さなくちゃな・・・」

ピンポーン

俺「?」

俺「せ・・・蝉か!?」

273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 21:12:52.40 ID:wlS1Xtij0 [45/60]
俺「はい!」

 ガチャ

男「すみません」

俺「・・・・・」

男「私はこういうものですが・・・話は聞いていますね?」

俺「あ・・・はい・・・」

男「例の子を預かりに来ました」

274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 21:14:45.72 ID:wlS1Xtij0 [46/60]
俺「あ・・・いまアイツは・・・」

男「もう事情は聞きましたよ」

蝉「・・・・・」

俺「お前・・・・」

男「公園のブランコに居た所を保護しました」

男「・・・・もう思い残す事はないんですね・・・?」

俺「・・・・・・」

俺「・・・はい」

男「・・・・では・・・行きましょう」

蝉「・・・・・」

275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 21:25:19.17 ID:wlS1Xtij0 [47/60]
俺「・・・・じゃあな・・・」

蝉「・・・・・」

男「出発します、危ないから離れていて下さい」

 ブォンブォン…

 ブロロロロ…

俺「・・・・」

俺「・・・・・くそ・・・・」

俺「・・・行くなよ・・・行かないでくれよ!!」

 ダッ

俺「くそおぉおぉぉ!!」

 タッタッタッタッタッタッタ

男「―――おや」

蝉「・・・・・!」

277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 21:40:46.74 ID:wlS1Xtij0 [48/60]
 タッタッタッタッタッタッタ

俺「ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・」

蝉「・・・・おれさん・・・」

 タッタッタッタッタッタッタ

男「・・・あの身体でよく走れますね」

 タッタッタッタッタッタッタ

俺「ま・・・待ってくれ・・・!待ってくれ・・・!! ぐぁっ!?」

 ステーン

蝉「あ!!」

俺「ぐ・・・く・・・」

俺「まだ・・・大事な事・・・言ってねぇんだよ・・・」ギリ

蝉「と、とめてください!」

男「・・・残念ですが・・・こんな時に止まる程私はお人好しじゃありません」

男「もっとも・・・交通事故等が起きれば話は別ですけどね」

279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 21:49:59.71 ID:wlS1Xtij0 [49/60]

  ガシャアアアァアアァァアアァァン!!!


280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 21:51:19.37 ID:wlS1Xtij0 [50/60]
男「ぬわあああああああぁぁぁ!!!!!」

蝉「うわああぁぁあぁ!!!」

俺「―――!?」

 シュー…

DQN「あーあ!もぉーまじねーしぃ!」

DQN2「どうしたよwwwwwwww」

DQN「事故っちまったんだよ!クソが!」

DQN2「ドンマイwwwwwww」

DQN「くそ・・・俺の大事な大事な軽トラが・・・」

DQN2「ばwwwwおまえこれレンタカーじゃねぇかwwww」

DQN「うるせぇ!!」

俺「あ・・・あいつら・・・」

蝉「あいてて・・・・」

男「わ・・・私の車が・・・・」プルプル

DQN「オイ!運転手!何処見て走ってんだよ!!」

283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 22:00:09.65 ID:wlS1Xtij0 [51/60]
男「そっ・・・それは貴方の方でしゅおどgj!!!」

DQN「てめぇ・・・俺の軽トラスクラップにしやがって・・・・!」

DQN「倍額で弁償しやがれ!!!」

DQN2「ぶwwwwwwwwwwwww」

蝉「おれさん!!おれさん!!」

 タタタ

DQN「…お?あれは俺の宿敵で永遠のライバルであるボクサー野郎とその娘!」

DQN2「うはwwwwww超偶然wwwwwwwwww」

男「・・・? 彼を知っているのか!?」

DQN「っあたりめーよ!!オレァアイツとは色々因縁があるからなァ!!」

DQN2「”色々”なwwwwwwwwww」

285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 22:11:09.37 ID:wlS1Xtij0 [52/60]
男「・・・それより今・・・彼女は彼の娘・・・と言ったか・・・?」

DQN「おーよ!」

男「バカな・・・・資料にはそんな事・・・!」

DQN「つーかなんでオメーが車に乗せてたんだよ!?」

男「そっ、それは貴方には関係の無い話です!!」

DQN「おい・・・どーいうことだよボクサー野郎?」

DQN「そいつはお前の゛子供゛なんだよな!?」

俺「(コイツ・・・)」

俺「・・・・・・そうだ」

男「・・・!?」

俺「この娘は・・・正真正銘俺の子だ!!」

DQN「・・・・・」ニヤリ

男「な――――!?」

288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 22:22:23.08 ID:wlS1Xtij0 [53/60]
男「う、嘘を言うのもいい加減にしなさい!!」

俺「・・・なんで嘘って分かるんですか・・・?」

俺「この娘が俺の子じゃない証拠でもあるんですか?」

男「ぐ・・・・」

男「(・・・・・そうだ・・・!)」

男「(こっちには刑事さんから頂いた資料がある!!)」

男「(そこから決定的な証拠さえ見つけられれば・・・)」

男「(・・・・・これだ!!)」

男「・・・・フフ・・・」

俺「!?」

男「俺様、ちょっとその娘の背中をこちらに見せて頂けませんかね?」

俺「!!(しまった!!)」

289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 22:29:32.31 ID:wlS1Xtij0 [54/60]
男「どうしたんです・・・?急に顔色が悪くなりましたよ・・・?」ニヤニヤ

俺「(くそ・・・・コイツの背中には羽が・・・!)」

DQN「あ? 背中がなにかあるのか?」

DQN2「ちょっと見せてみろよwwwwww」

蝉「あわわわぅ」

俺「―――馬鹿!やめろ!!」

 ガバッ

男「(・・・これで本部に持ち帰れますね・・・)」

291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 22:40:20.91 ID:wlS1Xtij0 [55/60]
俺「・・・・あ・・・れ・・・?」

男「な・・・・・」

男「・・・ない・・・・だと・・・・・!?」

DQN「あぁ!?なにもねーじゃねーか!?」

蝉「・・・ぼ、ぼくのせなかがどうかしたのー?」

男「嘘だ・・・資料には書いてあるんだ・・・・嘘だ・・・!!」

DQN2「コイツワケわかんねーwwwwwww」

俺「(ど・・・どうなってるんだ・・・?)」

DQN「オラ、用が済んだらとっとと帰ってくれや」

DQN「俺はコイツと大事な話があるからよ!」

男「・・・ぐ・・・・」

男「お、覚えてなさい!!!」

292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 22:50:18.45 ID:wlS1Xtij0 [56/60]
――――――――

DQN「・・・フン、帰るぞ」

DQN2「ちょりっーすwwwwwwww」

俺「・・・お前ら・・・」

DQN「・・・これで借りは返したからな!」

 ブーン ブロロロ…

俺「・・・・・」

DQN「あ!」

DQN「それとあとひとつ!!」

DQN「ゴミ野郎は余計だバーカ!!!」

俺「・・・・・」

蝉「いがいとやさしいひとだったね」

俺「・・・どこがだよ・・・」クスクス

294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 22:56:33.06 ID:wlS1Xtij0 [57/60]
――――――――
 朝

 ミーンミーンミーンミー

俺「うーん」

俺「ふぅ。朝か」

俺「今日は水曜か」

俺「さて」

俺「ゴミでも出すか」

297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 23:00:41.53 ID:wlS1Xtij0 [58/60]
俺「 ふぅ・・・ 」

俺「ゴミの量も増えて運ぶのも一苦労だわ」

蝉「よーしよぉし」

俺「・・・お、何やってんだ?」

蝉「こねこさんとあそんでるんだー♪」

猫「みゃーご」

300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/05(木) 23:09:29.31 ID:wlS1Xtij0 [59/60]
俺「へぇー・・・可愛いな、名前は付けてやったのか?」

蝉「なまえはねー”トオリスガリノウエタネコ”だよ」

俺「なんだそりゃ・・・」

蝉「じぶんからおしえてくれたんだもんねー」

猫「なーお」

俺「名前といえば・・・そういえばお前に名前付けてなかったな」

蝉「あ、いわれてみれば!」

俺「うーん・・・そうだな・・・・じゃあこんな名前はどうだ?」

―END―

コメント

ベタだけど面白かった

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。