FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一方通行「……三下よろこぶかな……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 14:33:17.41 ID:tbm8wEeL0
百合子「初めて作ったけど三下喜ぶかな……」
姫神「大丈夫……心を込めて貴方が作ったんですもの……絶対喜ぶわ」

ということで俺たちの百合子萌えは始まったばかりだ!

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 15:09:36.15 ID:X19tVPu/0
一方「三下喜ぶかな…」

姫神「きっと喜ぶ。その腹巻」

一方「ぼ、帽子の…つもりだったンだが…」

姫神「、。」


一方「三下喜ぶかな…」

姫神「きっと喜ぶ。そのチョコクッキー」

一方「え、チョコなンか入ってねェんだが…」

姫神「、。」


一方「三下喜ぶかな…」

姫神「きっと喜ぶ。その…えーと」

一方「一応バナナケーキなンだが…」

姫神「あ、やっぱりバナナケーキであってた。うん。それは絶対に大丈夫」

一方「、。」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 16:48:53.41 ID:wX9OxaFl0
姫神「見た目は悪いけど。味はチョコだから大丈夫」

一方通行「そーかァ…(三下、喜ンでくれるといいなァ)」ニタァ

姫神「その。笑い方。とてもこわい…」

一方通行「ナニィ?」

姫神「そんな顔。してたら。逃げられるよ」

一方通行「………気をつける…」

姫神「ラッピングは。任せて」

テキパキ

一方通行「オイ、なにで包ンでるンだよォ?」

姫神「え?貴方の下着」

一方通行「て、テメェ…ふざけてンのかァ」

姫神「チョコは。下着に包んで。渡すのが流行り」

一方通行「マジかァ?」

姫神「マジ。本気と書いてマジと読むくらい。マジ」

一方通行「チッ…なら、仕方ねーなァ…///」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 16:51:32.94 ID:fTC1dweQO
百合子関連のスレってけっこうあるけど、メイドネタって意外と少ないよな
つっちーと関わりが深いにも関わらず
誰かつっちーにゲキミニメイド服を着せられてパンツ見える事を気にして
しおらしい動きをせざるを得ない百合子の話を俺は読みたい

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 16:59:35.44 ID:jhi7nn+b0
>>15
!?

家に帰ったらそのネタで1つ妄想創作しよう…

つまり

土御門(兄)が舞夏(妹)に対して、そっち方面のメイドプレイを要求して、受け入れてもらえず喧嘩

『わざわざ』入手したメイド服(舞夏用)を任務と称して騙し百合子に着せる

面白がって百合子にメイド的潜入工作(偽)をさせて、その店に上条さんと土御門と青髪がきて

ばれないように、みえないようにしおらしくもじもじしながら任務(偽)をこなすんですね

上条さんは鈍感なので気がつかず、土御門はにやにやしながら嫌がらせし、青髪はハァハァ通報レベルの事を

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 19:36:17.41 ID:sy8ilQHQP
まさか立て直したとは…
ID:jhi7nn+b0です、自宅は規制されてるんでP2ですが
自分でたてようかなとおもってた矢先に…

12 名前:人のスレに書くのは久しぶりなので[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 19:53:05.10 ID:sy8ilQHQP
土御門「舞夏ぁぁぁぁ」

舞夏「兄貴、そんなにがっつくんじゃないぞー」

土御門「舞夏、舞夏、舞夏…」ハァハァ

舞夏「大丈夫だぞ、私は逃げないよ///」

土御門「舞夏、舞夏、舞夏」クンカクンカ

舞夏「兄貴…あっ、はぁぁぁ~ん」

………

……



フキフキ

舞夏「次はどういうプレイするんだー?」

土御門「それはだにゃー」キラーンッ

バッ

舞夏「メイド服…?」

土御門「そう!メイド服だにゃー」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 19:55:00.99 ID:sy8ilQHQP
舞夏「でもこれ……某都市の間違ったメイド服…いや、メイドですらないメイドもどき服だぞー?」

土御門「…頼む!舞夏にこれを着て色んな意味で御奉仕して欲しいんだにゃー!」拝み

舞夏「私がこういうの嫌いってしってていってるのかー?」

土御門「ま、舞夏のこれを身に着けた姿がみたいんだにゃ!」

舞夏「で、でもー」

土御門「…」プチッ

舞夏「私はこういうのはやっぱりいやだぞー」

土御門「こうなったら力づくでも…」ガバッ

舞夏「や、やめろよ!」

土御門「舞夏、舞夏、舞夏ぁぁぁ」ハァハァハァ

舞夏「やめろっていってんだよ!」ゴチンッ

土御門「キュー」バタンッ

舞夏「こんなことする兄貴なんか嫌いだー!」

ダッタタタタタ

土御門「……」ピクピク

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 20:06:18.75 ID:sy8ilQHQP
土御門「…ちくしょぉおぉぉぉお」

土御門「せっかく、着て汗をかいたらエッチな気分になっちゃう魔術のこめられた、メイド服を仕入れたって言うのににゃー!」

土御門「メイドさんにあんなことや、こんなことをしてもらって…あふん♪なプレイがしたかったぜよ…」

土御門「しかも舞夏が寝てる隙に採寸して…ぴったりサイズに仕上げたせいか…」

土御門「だまされやすそうなねーちんで、この欲求不満を解消するわけにもいかにゃいのに…」

土御門「…はぁ…不幸だにゃ…」

土御門「せめて……舞夏でなくても誰か着れるやついないかにゃー」

土御門「……結標はサイズ的にダメだし…」

土御門「小萌先生には大きすぎるにゃー」

土御門「禁書目録には……あれをかじられそうだし…」

土御門「……はぁ俺って実は舞夏以外…まともな女性の知り合いいない…ぜよ…」

土御門「…まてよ」

土御門「……」

土御門「あいつならいけるかにゃ…」ニヤリッ

pipi.prrrrrrrr

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 20:15:11.25 ID:sy8ilQHQP
prrrrrrrr

一方通行「なンだァ…」

着信:猫助

一方通行「…仕事か」

pi

一方通行「もしもし…」

-土御門「一方通行、暇かにゃー?」

一方通行「忙しくはねェ…」

-土御門「仕事なんだが…」

一方通行「内容は…」

-土御門「ここでは話すことができない…だから…」

一方通行「わかった、場所を指定しろォ」

-土御門「先に断っておかないといけないことがある」

一方通行「なンだよォ」

-土御門「任務を聞いたらキャンセルは出来ないぞ?それを了承してもらわないといけないにゃ」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 20:21:24.25 ID:sy8ilQHQP
一方通行「ヘッ……脅かしてくれるじゃねェーかァ、いいぜェ」

-土御門「判ったにゃ、とりあえず渡す装備があるんで、この場所に来て欲しいぜよ」

pikapika

メール着信あり:猫助

一方通行「ここかァ…」

-土御門「○○時に」

ツーツーツー

一方通行「……久しぶりに面白そうだなァ、オイ!」

………

……



一方通行「オイ、お前だけかよォ?」

土御門「あぁ、この任務はお前にしか出来ないぜよ」

一方通行「…さっきの確認といい、わくわくすンじゃねかァ…」ニタァ

土御門「任務の内容はこうだ……ある組織の施設を偵察」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 20:26:21.77 ID:sy8ilQHQP
一方通行「それだけかァ?」

土御門「それだけだにゃー?」

一方通行「そンな任務になんで確認がいるンだァ?」

土御門「…フッ」

一方通行「何、笑ってやがンだよォ?」

土御門「わからないかにゃー?それだけ危険な……重要な任務っていうことだにゃ…」

一方通行「危険……重要…」ニタァ

土御門「楽しそうぜよ…」

一方通行「最近つまンねぇ仕事ばっかりだったかンなァ……」

土御門「それじゃこの誓約書に…サインを」

一方通行「オイ、俺が信用できねーのかァ?」ギロッ

土御門「クライアントからの命令だにゃ」

一方通行「…チッ」サラサラッ

一方通行「これでいいかァ?」

土御門「おっけだにゃ…それじゃこれを…」ガサッ

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 20:32:12.88 ID:sy8ilQHQP
一方通行「なンだァ?」

土御門「潜入するための装備だにゃ」

一方通行「ほぅ…」ガサッ

土御門「……」ゴクリッ

一方通行「……」プルプル

土御門「どうしたのかにゃ?」

一方通行「テメェ!ふざけてンのかァ!」ガシッ

土御門「おい、どうしたにゃー」

一方通行「潜入するための装備だァ?ふざけンな!これどうみてもおンなもンじゃねーかァ!!」

土御門「それが必要な場所ぜよ?」

一方通行「こンなの任務じゃねェ!」

土御門「まさか、学園都市最強の一方通行ともあろうものが約束を反故にして、尻尾巻いて逃げるんじゃないよな?」

一方通行「ふざけンな!」

土御門「まぁ、お前がそういうなら仕方ないぜよ……上には…『一方通行の力をもってもできませんでした』と報告するだけだしにゃー」

一方通行「…ッ」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 20:45:12.73 ID:sy8ilQHQP
土御門「まぁ、この誓約書はお前にとってはただの紙切れみたいなもんみたいだけどな…」

土御門「はぁ…次からうちに仕事まわってこないかもにゃー」

一方通行「……クソッ」

土御門(もう一押しにゃ…)ニヤッ

土御門「そーだ、いっそのこと打ち止め引き込んで、打ち止めに頼む方がはやいかにゃー?」

一方通行「テ、テメェなにいってやがる…!?」

土御門「だって…これ断ったら……うち終わりだぜい?」

一方通行「だからって!」

土御門「お前がやれないんじゃ……廃業かするか、他これを着て任務をこなせるヤツを捕まえてくるか、2つに一つだにゃー」

一方通行「あのガキは関係ねぇだろォ!」

土御門「だってにゃー」ニヤニヤ

一方通行「……ったよォ」

土御門「ん?」

一方通行「わかったよォ……俺がやンよォ…これでいいだろォォ」

土御門(……計画通り)ニヤリッ

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 20:48:53.74 ID:sy8ilQHQP
土御門「これを着て偵察任務だぞ?」

一方通行「アァ」

土御門「途中でやっぱり無理でしたはなしだぞ?」

一方通行「わかってンよォ」

土御門「くどいようだが…」

一方通行「しつけーぞォッ」

土御門「わかった……」

一方通行「…ったく…貧乏くじ引いちまったぜェ…どっかの三下と一緒じゃねーかァ」

土御門「とりあえず、その服着れるかためしに着てみてくれ」

一方通行「…ここでかァ?」

土御門「いま確認して、ダメなら調整微調整はここでしないといけないしにゃ」

一方通行「…オイ、テメェ…後ろむいてろォ」

土御門「…今更恥ずかしがるなよ…百合子ちゃん♪」

一方通行「殺されてェーのかァ?///」ギロッ

土御門(おっと、ここで機嫌を損ねるわけにはいかにゃいにゃー)クルッ

27 名前:ちょっと再起動してきます[] 投稿日:2010/02/27(土) 20:50:16.71 ID:sy8ilQHQP
土御門「早く着替えるぜよ!」

一方通行「こ、こっちみンじゃねーぞォ!」

土御門「見ないにゃー」

土御門(今はまだ…)ニヤリッ

シュルシュル…パサッ

ガサガサ

一方通行「…ぬ、布がすくねェぞォ…」

土御門「仕方ないにゃー」

一方通行「この靴下なげーンだけどォ…」

土御門「仕方ないにゃー」

一方通行「こ、これみえねェか?」

土御門「仕方ないにゃー」

一方通行「テメェはそれしかいえねーのかァ!」

土御門「仕方ないにゃー」

一方通行「………」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:00:08.71 ID:sy8ilQHQP
一方通行「オイ、着たぞォ?」

土御門「ぐふふ」クルリッ

一方通行「な、なンか…すーすー、すンだけどォ…」

!?

土御門「ぐはぁぁぁぁ!!」

一方通行「ど、どうした、敵襲かァ?」

土御門「はぁはぁはぁ…」

土御門(そ、想像以上だ……舞夏用に作らせたメイド服(偽)だから……サイズが若干厳しくて…)

一方通行「だ、大丈夫かァ!?」

土御門(細身で貧乳の体型に……ぴったりだ…と……?)

土御門「ぶはぁああああ」

………

……



一方通行「いきなり鼻血だして倒れるンじゃねぇよォ…」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:07:33.14 ID:sy8ilQHQP
土御門「だ、大丈夫だ…」

一方通行「…チッ」

土御門「明日はそれをきて…この場所に…」

一方通行「この場所?街中じゃねーかァ!」

土御門「そこの組織の施設があるんだ…」

一方通行「本当だろうなァ?」

土御門「本当だ(嘘だ)」

一方通行「チッ…引き受けた以上は仕方ねェーなァ、決行は何時だ」

土御門「明日の朝10時から…午後6時まで…」

一方通行「ふざけンな!そンな明るい時間に偵察任務だとォ?」

土御門「その時間が重要なんだにゃー、それとも…またいったことを反故にするつもりかにゃー?」ニヤニヤ

一方通行「…ッ」

土御門「それじゃ次はこれを一読しておいてほしいにゃー」

一方通行「なンだァ?」

土御門☆元春のHow to メイド!だにゃ~

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:12:23.36 ID:sy8ilQHQP
一方通行「……」プルプル

土御門「俺が丹精込めてつくった、今回の任務の手引書だにゃー」

一方通行「テメェ!」ガシッ

土御門「おい、勘違いしてもらってはこまるぜよ?」

一方通行「何がだァ!」グイッ

土御門「俺の趣味とかと勘違いしてないかにゃー?(趣味だけど)」

一方通行「違うっていうのかよォ?」ギリッ

土御門「はぁ…一方通行ともあろうものが察しが悪すぎだにゃー」

一方通行「アァン?」

土御門「その格好…わからないきゃにゃ?」

一方通行「ひらひらして…スカートが短くて……パンツも…ちいせーしィ…」

土御門「それは巷ではメイド服というにゃー?」

一方通行「メイドだとォ?」

土御門「そして今回の偵察任務で潜入する場所は…表向きはメイドカフェ…だが…」

一方通行「裏は……ある組織の施設と…?」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:18:05.21 ID:sy8ilQHQP
土御門「そういうことだにゃ!だから…それが必要になるんだにゃー」

一方通行「……」ペラッ

土御門「それじゃ任務のために練習するぜよ、序章1節」

一方通行「序章1節…挨拶は……元気良く『お帰りなさいませ、ご主人様』とお客様一人一人に顔をみていうこと」

土御門「はい、やってみるぜよ!」

一方通行「……」

土御門「……天下の一方通行でも出来なかったと……連絡しないとにゃー…」

ゴクリッ

一方通行「お帰りなさいませ、ご主人サマー」

一方通行「い、いったぞォ///」

土御門「はぁ~、ダメダメ!なってない、もっと心から!もう一度!」

一方通行「お、お帰りなさいませご主人様ァ」

土御門「はい、語尾に独特の発音を混ぜない!」

一方通行「…ッ」

土御門のメイド特訓は朝まで続いた…

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:23:25.18 ID:sy8ilQHQP
一方通行「はぁはぁはぁ…」

土御門「か、完璧だにゃー!」

一方通行「俺にか、掛かればこんなもンですわ、ご主人様ァ…」

土御門「もうこんな時間だにゃぁ…」

一方通行「す、少し帰ってねンぞォ…おい、着替えるからあっち向いてろォ」

グイッ

一方通行「ア?」

グイグイッ

一方通行「脱げねェ…」

グイグイグイッ

一方通行「くォォォォ…」

一方通行「はぁはぁはぁ…どうなってンだァ?」

土御門「あーそれ…一度きたら、『男しか』脱がせられない不思議な呪いがかかってるから」しれっ

一方通行「なっ…」

土御門「いってなかったかにゃ?」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:30:52.90 ID:sy8ilQHQP
一方通行「き、きいてねーぞォ!!!」

土御門「まぁいいだろ…ほら脱がせてやるからこっちこい」

一方通行「ふ、ふざけンなァァァァァァ!!!」

土御門「ふざけてないぞ、ほら脱ぎたいんだろ?」

一方通行「男なら脱がせられるンだろ!?だったら俺にだって…!?」

土御門「百合子ちゃん……いい加減現実をみるんだにゃ^」ニタァ

一方通行「て、テメェ近寄るンじゃねェ!」

土御門「はぁはぁはぁ…」

一方通行「…クソッ」

ピューン…

土御門「チッ…逃げられたか…やはり汗をかかせないと……えっちな気分にはならないか…」

土御門「だが、男しか脱がせられないのろいは本物のようだ…これなら…」

土御門「これなら……なんとか汗をかかせれば……百合子ちゃんがあんなことや…こんなことを…」

土御門「やはり、脱がせたり襲ったりするよりも…あちらから…ぐふっ…ぐふふふふふ」

「ふはははっははっははははははっは」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:38:23.02 ID:sy8ilQHQP
一方通行「クソッ…なンてもンを着させやがる…」」

一方通行「……こンな事ならバックレテやればよかったぜェ…」

一方通行「……男しか脱がせられないか…」

一方通行「男っていうと…」

一方通行「三下…アイツしか『まともな』知り合いいねェぞォ…///」

一方通行「///」

一方通行「無理にきまってンだろォ…」

一方通行「任務終わったら、何とか……」

………

……



ガチャッ

一方通行「アァ…ねみーぞォ…」

黄泉川「こんな朝っぱらに誰じゃんか…?」

芳川「え……その格好…なに…」

41 名前:こんなのでいいんだろうか[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:45:47.19 ID:sy8ilQHQP
一方通行「…ア」

トテトテ

打ち止め「一方通行がかえってきたのかなーってミサカはミサカは走って迎えにいってみたり!」

打ち止め「!?」

一方通行「!?」

黄泉側「!?」

芳川「ぎゃはははははは、似合いすぎ、似合いすぎよ」

一方通行「ま、まてこれには深いわけがァ…」

黄泉川「ま、まぁ、人それぞれじゃん…ぷっ…くっははっははっはははっは」

打ち止め「ミサカは、見かけじゃ判断しないよってミサカはミサカは…クスッ…クスクスクスクスクス」

一方通行「…///」

バタンッ

一方通行「チクショウ///」

-「ぎゃはははっはは、いまのみた?百合子ちゃんよ!百合子ちゃん!」

-「やっぱりそういうことだったじゃん!私達の裸みて反応しないわけじゃんか!」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:54:48.99 ID:sy8ilQHQP
テクテク

一方通行「畜生、この格好のせいで部屋で一睡もできなかったぞォ…」

「おい、見ろよ、メイドさんが歩いてるぞ!」「すげぇ、色白美人!」「ど、どこの店の子かな!俺指名しちゃうぞ!」

一方通行「チッ」

ダタタッタタ

………

……



一方通行「指定された場所はここだな…さっさとこんな任務終わらせて…」

-「あなたが。今日来るという。新人の鈴科百合子さん?」

一方通行「土御門のヤツ…」

-「違うのですか?」

一方通行「チッ…」

一方通行「そ、その…鈴科百合子です…今日はよろしくお願いします…」

-「私は。姫神秋沙。秋沙ちゃんって呼んでね。今日貴方に簡単なレクチャーを頼まれています」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 22:00:54.27 ID:sy8ilQHQP
姫神「とりあえず。中にはいって」

一方通行「失礼します」

姫神「店長。今日ヘルプで入ってくれる鈴科さんがきましたよー」

-「待っていましたと、ミサカは歓迎の言葉をかけます」

一方通行「!?」

御坂妹「あれ?どこかでお会いしましたかとミサカは記憶をミサカネットワークから検索しています」

一方通行「は、はじめてお会いしたとおもいます」

一方通行(なんでコイツがここにいンだよォ…)

御坂妹「そうでしたか、ミサカはてっきり…」

一方通行「そうですよ、はじめてですよ」

姫神「紹介が。遅れました。この人がオーナーの」

御坂妹「ミサカですとミサカは挨拶します」

姫神「そして。こちらが同じ先週から新人の」

禁書「インデックスなんだよ!一週間でも先輩なんだからちゃんとそのあたりは注意して欲しいかも!」

姫神「そして。私が当店売れっ子ナンバーワンの。秋沙ちゃん」キュピッ

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 22:08:30.11 ID:sy8ilQHQP
開店前のミーティング

御坂妹「っというわけで、今日は鈴科さんがきてくれてますとミサカははしょりながら説明します」

御坂妹「ではいつものように、ご主人様を迎える挨拶からとミサカは当たり前のようにいいます」

御坂妹「お帰りなさいませ、(上条当麻と書いて)ご主人様!」

禁書「お帰りなさいませ、(上条当麻と書いて)ご主人様!」

姫神「お帰りなさいませ、(上条当麻と書いて)ご主人様!」

一方通行「……」

御坂妹「ミサカのあとに続けてください、鈴科さんとミサカは注意します」

御坂妹「お帰りなさいませ、(上条当麻と書いて)ご主人様!」

一方通行「お帰りなさいませ、(三下と書いて)ご主人様!」

御坂妹「okですとミサカが合格とつたえます、では次の挨拶です」

一方通行「…なンだこの店は…」

………

……



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 22:14:51.80 ID:sy8ilQHQP
御坂妹「はぁはぁはぁ…鈴科さん…貴方は何者ですかとミサカは貴方のすばらしさに驚きを隠せません」

一方通行「はぁ…なにものといわれましても…」

禁書「完璧すぎるんだよ!」

姫神「このままじゃ。私のナンバーワンの座が奪われそう…」

一方通行「べ、別にみなさンのまねしてるだけですから」

一方通行(アイツの指導のおかげか…?)

御坂妹「一日だけのヘルプには惜しい人材ですと、ミサカは遠まわしにスカウトしてみます」

一方通行「すみません、それだけは…」

御坂妹「チッ…残念ですとミサカは悔しさのあまりしたうちします」

姫神「ずっといられると。私のポジションが…」

禁書「クールビューティじゃなかった、店長そろそろ時間なんだよ?」

御坂妹「さぁ開店です、皆さん準備してください、とミサカは開店前の確認をします」

一方通行「…」ゴクリッ

禁書「お客様…いやご主人様がきたんだよ!」

姫神「三名です」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 22:20:58.42 ID:sy8ilQHQP
-「ここぜよ、ここ」

-「へぇーここまではまってるとは」

-「この店はこの近辺では最高だにゃー」

-「そか、そりゃ楽しみだやね」

-「お、俺はやっぱりこういうところは…」

-「ここまで来て帰るとか、なしやで」

-「そうそう、今日は俺がおごるから楽しんでいってほしいにゃー」

一方通行(この声は…まさか…)

ガチャッ

「お帰りなさいませ、ご主人様」

-「ここが土御門行きつけの…」

土御門「いい店だにゃー、青髪も気に入ると思うぜよ」

青髪「ボカぁ、どんなジャンルも愛せるんだよ~」

上条「///」キョロキョロ

土御門「かみやん、どうした?きょろきょろして」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 22:26:25.09 ID:sy8ilQHQP
上条「ちょ、ちょっとこういうところはじめてで…///」

青髪「かみやん、男は度胸やでぇ~」

土御門「大丈夫、このとって食われたりはしないぜよ!」

「いらっしゃいませ、ご主人様?こちらははじめてでしょうか?」

土御門「んにゃ、俺ははじめてじゃないぜよ?こっちははじめてだけど…」

青髪「ぼかぁは初体験でぇ~っす」

上条「そ、その…」

禁書「あれ…とーま?」

上条「え?」

御坂妹「上条当麻…」

姫神「当麻くん」

一方通行「三下ァ…」

上条「ん?三下?」

一方通行(や、やべェ、今は任務中だった…しかし土御門のやつ…なんでここに…)

土御門「それじゃ俺は…この子、指名しようかにゃー」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 22:32:06.04 ID:sy8ilQHQP
御坂妹「流石、土御門様、御目が高いとミサカは白々しくご主人様をほめます」

禁書「その子はゆりこさんっていって今日からはいった新人なんだよー?」

土御門「へぇ~そうなんだぁ…こりゃラッキーだったかにゃー?」チラッ

上条「それよりも、お前らなんでこんなところに」

姫神「小萌に借金を返すために」

禁書「あいさがたのしいよっていったから」

御坂妹「趣味ですとミサカは答えます」

上条「……」

禁書「で、とーまは誰を指名するのかな!私がお勧めなんだよ!」

姫神「私が。当店のナンバーワンです」

御坂妹「はじめてのご主人様には、店長のミサカが相手すべきとミサカは店長特権を発動させます」

青髪「わいの相手はぁ?」

禁書「…」

姫神「…」

御坂妹「…」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 22:36:58.72 ID:sy8ilQHQP
土御門「とりあえず、どこか座らせて欲しいにゃー」

………

……



上条「とりあえず…今日は御坂妹で…」

御坂妹「やはりミサカを選びましたね」

姫神「そんな…」

禁書「とーま…」

青髪「そんならわいは姫やんを指名するで!」

姫神「……」

青髪「なんや!ぼくのことはむしか!」

姫神「よろしくお願いします、ご主人様」棒

青髪「……」

土御門「百合子さん、今日はよろしくね」

一方通行「ご主人様よろしくおねがいしますわ」ピキピキ

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 22:43:13.16 ID:sy8ilQHQP
土御門「それじゃ、これとこれとこれを…」

一方通行「わかりました、ご主人様、少々お待ちください」

一方通行「オイ、テメェこれはどういうことだァ」ボソッ

土御門「何を言ってるんだ?これは一方通行をサポートするためにここに来てるぜよ?」ボソッ

一方通行「客としてだったら俺もこんな格好しないでも良かっただろうがァァ!」ボソッ

土御門「馬鹿だにゃー?客側の視点と店員側の視点の両方をクライアントが欲しがってるんだにゃー」ボソボソ

一方通行「だからって!!」

上条「!?」

一方通行「あ…」

上条「あれ?百合子さんって土御門と知り合いかなにかなの?さっきから二人で話してるけど…」

土御門「いや、はじめてあったぜよ?」ニヤッ

一方通行「は、はじめてですわ」

上条「それにしちゃ……すげぇ仲いいような…」

一方通行「そンなはずねぇだろォ!」

上条「え?」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 22:49:09.02 ID:sy8ilQHQP
一方通行「そ、そんなはずありませんわよ、上条様…」ニコッ

上条「…?」

土御門「ぷっ…」

一方通行「…このッ」キッ

御坂妹「それよりも、ご主人様、何をお召し上がりになりますか?とミサカは注文を催促します」

上条「あ、あぁ…えーっと」

御坂妹「ミサカは店長スペシャルをお勧めします」

上条「店長スペシャル?メニューにはないけど?」

御坂妹「裏メニューですご主人様とミサカは今思いついたことを隠しながらお勧めします」

上条「……」

御坂妹「お勧めですよ!とミサカは動揺を抑えつつ畳み掛けます」

上条「んじゃそれで…」

青髪「それじゃぼかぁ…」

姫神「水ですね。わかりましたご主人様」

青髪「え?まだ頼んで…」

67 名前:北風と太陽かな…[] 投稿日:2010/02/27(土) 22:55:41.73 ID:sy8ilQHQP
土御門(さて、あとはどうやって汗をかかせるかだけど…)

どんっ!

一方通行「お待たせしましたご主人様」

土御門「もう少し丁寧においてほしいにゃー」

一方通行「申し訳ありません、私新人ですもので」ニコッ

土御門「…それじゃ食べさせてくれるかな?」

一方通行「調子にのンじゃねェよ猫助」ボソッ

土御門「おいおい、今任務中だろ?」

一方通行「…ッ」

土御門「なら…」

一方通行「…チッ…ふぅふぅ…はいあ~ん」

土御門「あぁ~ん」

パクッ

一方通行「いかがでしょうか?ご主人様?」

土御門「おいしいにゃー」にんまり

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 23:03:21.03 ID:sy8ilQHQP
土御門「そうそう、そこの激辛熱々タンタン麺は百合子さんへのプレゼントだから」ニコッ

一方通行「オォ、わりぃなァ腹へってたンだよ…」

ズルズルッ

土御門「(あっさりひっかかかりやがった…)

ズルズルッッ

一方通行「うめェ…」

土御門「あれ…」

ズルズルッ

土御門「どうして…」

一方通行「っぷはぁ」

土御門「それ、辛いよな?熱いよな?」

一方通行「アァ、熱くて辛くてうまかったぜェ?」

土御門「それなのになんで汗1つかかないにゃー?」

一方通行「しらねぇよ、そもそも辛いものくって汗なンかでねぇだろォ?」

土御門「…なんてこった……」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 23:10:40.39 ID:sy8ilQHQP
土御門(辛いもの作戦はだめ……こいつは多少の運動でも汗をかくほどの基礎代謝が高くないし…)

土御門(どうしたら…)

一方通行「どうした?何かあったかァ」

土御門「な、なんでもないにゃー」

御坂妹「ミサカスペシャルです、ご主人様」

一方通行「お、おい…」

上条「御坂妹、こ、これはなんですか?///」

御坂妹「ミサカスペシャルですよとミサカはごく自然に答えます」

上条「ど、どこがスペシャルなんでせうか?///」

御坂妹「ミサカの身体を器にみたててに生クリームを盛ってそこにフルーツを…」

上条「なっ///」

御坂妹「スプーンを使わずに、口で舐めるように食べていただけるとミサカは嬉しいと答えます」

上条「な、舐めるように…///」

一方通行「ふ、ふざけンな……」タラァ

土御門「!?」

71 名前:あれ、他のキャラのエロも書くのか…[] 投稿日:2010/02/27(土) 23:17:49.25 ID:sy8ilQHQP
土御門(動揺するとさすがに汗がでるのか!それなら…)

土御門「かみやん、ぱくっといくにゃー」

上条「おい!///」

一方通行「や、やめろ…!」

土御門「店長さんこまってるぜよ」

御坂妹「ミサカは放置プレイされていますか?///」

一方通行(三下やめてくれ!やめろ!)

上条「えぇい!」

ペロンッ

御坂妹「ひゃぁう」ビクンッ

上条「ご、ごめん!」

御坂妹「や、やめないでください…とミサカは頬を赤らめながらこたえます///」

一方通行「…や、やめろォォ…………」アセアセ

土御門「…」ニヤリッ

一方通行「!?」ドクンッ

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 23:25:12.84 ID:sy8ilQHQP
一方通行「なンだ……はぁはぁ…なンだか身体がァ…」

土御門「チッ」

土御門(まだ、発汗がたりないか……でも確実に効果がでてるぞ…)

御坂妹「///」ビクンッ

一方通行「や、やめろ…ハァハァ」

土御門「も、もうすこし!」

禁書「店長はずるいんだよ!」

上条「インデックス!?」

禁書「わ、私の禁書スペシャルもたべてほしいんだよ!」

上条「お、お前なんて格好を…」

禁書「わ、私のここに……ジャムを塗りたくってそこにアイスを乗せてあるんだよ!美味しいから私ごとたべてもいいんだよ!」

一方通行「おい、三下、そんなのより俺を…!」アセアセ

上条「ほ、本気か…///」

禁書「私のここが冷たくてつらいから早く食べてくれるとうれしいな///」

一方通行「くぉおお」ドクンッ

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 23:28:25.23 ID:sy8ilQHQP
上条「いくぞ…」

禁書「///」コクンッ

ペロッ

禁書「///」ビクンッ

ペロペロッ

禁書「ぁ…ぁ…ぁ…」ビクビクッ

ペロペロペロ

禁書「と、とーま……もうアイスないよ…」

ペロペロペロッ

禁書「だ、だめだよ…私のそこ舐めちゃ…」

ジュルジュルジュル

禁書「ひゃうっ!」ビクッ

一方通行「はぁはぁはぁ…」

土御門「ど、どうだ!」ドキドキ

一方通行「三下ァァァァ、舐めるなら俺の舐めろやァ!!!!」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 23:33:57.71 ID:sy8ilQHQP
!?

一方通行「……はっ///」

土御門「はぁはぁ…」

上条「えっと……百合子さん、何を…」

青髪「かみやん、またフラグかいな…」

一方通行「ご、ごめんなさい、なんでもありません///」

一方通行(な、なんだこれは……変なこといっちまったぞォ…)

土御門(お、惜しい……もうちょっとで…)

上条「と、とりあえず…こんな変なスペシャルはやめような…」

御坂妹「そ、そうですね…」

禁書「う…んそうだね…」

上条「ほらお前達服きて…、それと姫神!」

姫神「!?」ビクッ

上条「身体に蜂蜜塗るな」

姫神「…秋沙スペシャル…」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 23:40:39.56 ID:sy8ilQHQP
土御門(悔しいけど百合子はかみやんフラグたってるから、かみやんに何かしてもらわないとだめだにゃ)

土御門(とりあえず……邪魔者は排除しておくかにゃ…)

土御門「店長」

御坂妹「なんでしょうか、ご主人様」

土御門「ここ、例の場所あったよにゃ?」

御坂妹「…ありますよとミサカは不敵な笑みを浮かべます」

土御門「そっか…」

上条「なんだ?例の場所って…」

土御門「まぁ、こっちの話だ……青髪」

青髪「なんや?」

土御門「別料金払うと、個室で密着サービスってvip会員のみのサービスあるんだけど…」ボソボソッ

青髪「!?」

土御門「俺vip会員だし…よかったらいってみるかにゃ?」

青髪「うんうん!もつべきものは親友やな!」

土御門「そうときまれば…店長……青髪を例の特別サービスで」

79 名前:あれなんかおかしくなってきたぞ[] 投稿日:2010/02/27(土) 23:45:46.59 ID:sy8ilQHQP
御坂妹「わかりました…」ニタァ

土御門「青髪、がんばるにゃ!」

青髪「まかせとき!先に男になってるで!」

姫神「え?え?まさか…」

御坂妹「秋沙さん、青髪ご主人様を特別サービス室へご案内してくださいと、ミサカは指示をだします」

姫神「で、でもそこいくと。当麻くんと…」

御坂妹「貴方のご主人様は青髪様ですとミサカは冷たく言い放ちます」

青髪「ほな、いこか、姫やん」ニコッ

ずるずるずる

姫神「やだ。いきたくない。やだ…」ブルブル

青髪「わいと仲良くしよか」

ずるずるずる

姫神「やだ。やだ。やだ!」

ずるずるずる

バタンッ

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 23:49:51.83 ID:sy8ilQHQP
-「ひめやん、はぁはぁ、ひめやん、はぁはぁ、ひめやん」

-「やだ。そんなとこさわっちゃ!」

-「ここがええんかの!ここがええんかの!」

-「やだぁぁぁぁ。脱がせないでぇええ」

-「いやもいやもすきのうちってね」

-「そんなところ舐めちゃ。だめぇぇええ」

-「はぁぁはぁ、ええで…ええで……ひめやん最高やで…」

-「はじめては当麻くん。って決めてたのにぃいぃぃぃ」

-「ええか?いくで?」

-「やだやだやだやだ」

-「いたい。いたいいたい」

-「きもちええで、最高やで…」

-「やめて。やめて。やめて!」

-「はぁはぁはぁ、もう我慢できないで…うっ…」

-「イやぁぁぁぁぁああああああああああ」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/27(土) 23:57:14.44 ID:sy8ilQHQP
上条「おい、今悲鳴みたいなものが…」

土御門「気のせいぜよ、ここは健全がメイドカフェだにゃー」

御坂妹「はい、健全ですよとミサカは自信を持ってお答えします」

上条「どうみても…普通じゃないだろ…」

禁書「気になるんだったら、とーまも特別サービス室へ私と入ってみるといいんだよ?」

御坂妹「ダメです、ミサカが案内します、ミサカのご主人様です」

禁書「うー…」

一方通行「オイ、土御門…」

土御門「なんだ、百合子ちゃん」

一方通行「それはやめろ…で今のなンだ?」

土御門「一緒にいってみるかにゃ?」

一方通行「絶対お断りだァ!」

土御門「つれないにゃー」

土御門(これで青髪は消えた…あとはかみやんにはめをはずしてもらえば…)

ガチャンッ

86 名前:どうしてこうなった[] 投稿日:2010/02/28(日) 00:03:29.15 ID:hg53Tz6JP
上条「いけねぇ」

御坂妹「大丈夫ですか、ご主人様」

上条「わ、わりいぃ、コップ落として割っちまった」

御坂妹「大丈夫です、それくらい、ご主人様こそ大丈夫ですか?」

上条「あぁ、ズボンが少し飲み物かかったくらいだ…」

御坂妹「禁書さん、掃除してくださいとミサカ店長命令をします」

禁書「わかったんだよ!」

御坂妹「ミサカは…上条様のおズボンを……」

フキフキ

上条「なっ!?」

一方通行「なにぃぃぃ」

ふきふき

上条「み、御坂妹、ど、どこになにをしてるんですか///」アセアセ

御坂妹「ナニのところをふきふきしてるんですとミサカは単刀直入に答えます」

禁書「ず、ずるいんだよ!私だってとーまのそこふきふきしたいんだよ!」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/28(日) 00:07:47.24 ID:hg53Tz6JP
一方通行「はぁはぁはぁ…」

一方通行「また…身体が熱く…」

一方通行「お、オレに拭かせろォォォ!!!」

一方通行(また、口が勝手に…畜生)

上条「え!?」

御坂妹「!?」

禁書「!?」

一方通行「あ…なんでもありません…」

上条「び、びっくりした…」

御坂妹「……」

ふきふき

上条「だ、だから…」

御坂妹「いけない、パンツにまでしみこんでますね」

ジィィ

上条「や、やめて///」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/28(日) 00:13:09.04 ID:hg53Tz6JP
御坂妹「パンツもびしょびしょですね…これは脱がせて乾かさないと…」

ズルッ

上条「いや~ん///」

ボロ~ん

一方通行「!?」

禁書「!?」

御坂妹「///」

土御門「うげぇ…」

上条「///」シクシク

御坂妹「さぁ…ふきふきしましょうね、ご主人様とミサカは欲望をさらけだしつつ、冷静に上条当麻様のあれを懇切丁寧にふきふきします」

禁書「わ、私だって!」

一方通行「///」カァァ

御坂妹「邪魔しないでください、店長命令ですとミサカは」

禁書「私だってとーまのこれ綺麗にしてあげたいんだよ!」

御坂妹「それなら…」パクッ

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/28(日) 00:16:52.76 ID:hg53Tz6JP
上条「ひゃふ」

御坂妹「ふぃさははくひできれひにしまふ」

チュパチュパ

禁書「わ、私だって!」

ペロペロ

一方通行「はぁはぁはぁ…」ドクンッ

土御門「ちゃ、チャンスにゃ!」

一方通行「はぁはぁはぁ…」ドクンドクン

土御門「百合子ちゃん…」

一方通行「土御門…」とろ~ん

土御門「オレにもかみやんみたいなことしてくれないかにゃ?」キリッ

一方通行「はぁはぁ…三下、みたいなこと…」

上条「ぁぁ、あふん」

ぺろぺろ

ちゅぱちゅぱ

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/28(日) 00:24:00.50 ID:hg53Tz6JP
一方通行「…」ゴクンッ

土御門「してるくれるかにゃ?」

一方通行「……///」コクンッ

じぃぃ

ボロンッ

御坂妹「ぷっ…ちっちゃ」

土御門「なっ!?」

禁書「ほんとだー、とーまの半分もないんだよ…」

上条「土御門……男は大きさじゃないぞ…」イケメン

土御門「…」ガーン

土御門「かみやんなんかに同情されるとは」

上条「土御門?」

土御門「舞夏は、舞夏は…」

土御門「これで満足してくれるんだぁああああああい」

ダタタッタタタッタ、バタン

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/28(日) 00:34:07.24 ID:hg53Tz6JP
御坂妹「それにくらべて、ご主人様のは…」

禁書「とても…立派なんだよ…」

一方通行「///」ポッ

上条「よ、よせよ…てれるだろ…///」

御坂妹「こうなったらどちらか一人選んでくれとはいいませんとミサカはもはや悟りました」

禁書「とーま?私のはじめてもらってくれると嬉しいんだよ?」ニコッ

一方通行「三下ァァァ…オレの初めても貰えェェ」

上条「その口調…一方通行か!?」

一方通行「今まで気が付いてなかったンかよォ…」

上条「色白の綺麗な子としか…っていうかお前女だったのかよ…」

一方通行「わりぃーかよォ…それよか…我慢できねーんだよ…だから…早く…早く…」プルプル

上条「わ、わるくはないけど…おい、一方通行どうした…」

御坂妹「ふぅ…ミサカを含めて3人のはじめて…もらっていただきますよとミサカは…上条当麻の体力に期待します」

禁書「誰が一番かな?」

一方通行「三下ァァァ、オレのテクを見せてやンよォ!!!!ベクトル変換をこっちに使うとどうなるか見せてやンぞ!」

100 名前:あれ恥ずかしがる様子がかけてない…[] 投稿日:2010/02/28(日) 00:40:27.76 ID:hg53Tz6JP
上条「うぉぉぉ、吸い込まれるようだ…」

一方通行「ど、どうだァ?」

上条「これは……もうもちそうにないぞ…」

一方通行「だろォ?」ニタァ

上条「い、イクゥ」

一方通行「中でいいぞォ///」

上条「一方通行、で、出るウ」

一方通行「ァァァァ」

上条「ウッ…」

どぷっ

(一発で命中するように、ベクトルで誘導しておくかァ…)

上条「はぁはぁはぁ」

一方通行「どうだった…最高だろォ?」

上条「一回で、全部絞りつくされるかと…」

一方通行「何度でもやってやるよ///」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/28(日) 00:45:45.37 ID:hg53Tz6JP
禁書とミサカは飛ばしていいような感じですかね

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/28(日) 00:53:49.19 ID:hg53Tz6JP
一方通行2回戦目

上条「一方通行…一度だけでいいから、その絶対領域にはさまれて出したいんだ…」

一方通行「絶対領域だァ?」

上条「そのニーソと…スカートの間の…太ももに挟んで…その…」

一方通行「お、お前がそれがいいっていうなら…///」

上条「頼む」

一方通行「好きにしろォ…///」

上条「わかった」

にゅりゅゅ

一方通行「はぅぁ」ビクッ

上条「これは……またすぐ果てそうだ…」

にゅるんにゅるん

一方通行「はぁはぁはぁぁ」

上条「……くぉぉぉぉ」

ビュルッ

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/28(日) 01:11:30.22 ID:hg53Tz6JP
上条「ふんふんふんッ」

禁書「あん、あん」

御坂妹「はぁん、はぁん」

一方通行「はぁ、はぁ、はぁう」

上条「ふんふんふんふんふんふんふんっ」

禁書「あんあんあんッ!」

御坂妹「ひゃん、ひゃん、ひゃん!」

一方通行「三下ァァァ…もっとだァ、もっとォォォ」

上条「お前ら、オレが…一度に三人ともイかせてやるからなぁぁ!!!」

禁書「とーま…とーま…とーまぁぁぁぁ」

御坂妹「ミサカは…ミサカは…ミサカはミサカは…もぅ…」

一方通行「最後はオレの中で出せよォォォ!?」

禁書「とーま、私の中にも出して欲しいんだよ…?」

御坂妹「ミサカに最高の最大の快感を…ミサカネットワークで他の妹達にも…フィードバックさせて…」

上条「これでどうだぁぁぁぁぁぁ」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/28(日) 01:17:58.60 ID:hg53Tz6JP
上条「いいかお前ら、一人しか、一人にしか一度に出せないなんて幻想…」

上条「オレのコイツが…ぶち壊してやるよぉぉぉぉ!」

上条「いけぇぇえええええ」

ジュプジュポジュプッ

禁書「トーまとーまとーまとーまぁああああ」

御坂妹「ミサカはミサカは、ミサミサミサミサミサカはぁぁぁあ」

一方通行「お前の…それ…最高だぞォ……」

どぷっ

禁書「あぁぁぁあああああ」

御坂妹「…ッ」パリパリパリッ

一方通行「三下ァァァァァァァ」

………

……



上条「はぁはぁはぁ…」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/28(日) 01:28:33.42 ID:hg53Tz6JP
一方通行「はぁはぁはぁ…なンでお前はずっとオレたちの服を脱がさないンだァ?」

上条「メイドが脱いだらその時点でメイドじゃないだろ…」

禁書(確かに…)

御坂妹(でも…今それを求めるときなのかミサカは悩みます)

一方通行「そっかァ、てっきり、オレの貧相な身体に今日もなくて脱がせないのかと思ったぞォ…」ニコッ

上条「そんなことないだろ…」

ガバッ

一方通行「なっ///」

上条「ほらお前の身体、こんなに綺麗で…」

シュルシュル

一方通行「や、やめろ///」

上条「魅力的だぞ…」

ズルッ

一方通行「///」

一方通行「…あれ…!?」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/28(日) 01:33:01.26 ID:hg53Tz6JP
上条「…」

ビィィン

上条「一方通行…もういっかい、いいか…??

一方通行(なンでオレこいつとこンなことを…)

※メイド服脱がされました、エロイ気分になる効果なくなりました

上条「いくぞ…」

ヌプッ

一方通行「ま、まて、まて!!」

ズプズプッ

一方通行「くぅぅぅ…」

上条「一方通行、一方通行」

一方通行「ま、待ちやがれってェ…///」

上条「一方通行の中最高だ…まだはじめたばかりなのに…もう…」

一方通行「ふ、ふざけるなァァァァ、て、テメェなにオレの中にきたねぇもンつっこんでんだよ///」

上条「一方通行、一方通行、一方通行!」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/28(日) 01:39:07.30 ID:hg53Tz6JP
ヌプヌプッ

一方通行「さ、三下の癖に…ィィ」

上条「はぁはぁはぁ」

ジュプジュプッ

一方通行「オレをこンな気持ちにさせるなンてェ…」

じゅぷぷぷぷ

一方通行「い、い…い、いっくぅうぅぅう」

ビクッ

上条「お、れ…もぉ…」

きゅぅう

一方通行「――――ッ」

びゅくっ…びゅっ、ぴゅ…びゅ…

一方通行「はぁはぁはぁ」

上条「はぁはぁはぁ」

一方通行「三下ァァァ…テメェ……出しすぎだろうがァ…////」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/28(日) 01:44:43.22 ID:hg53Tz6JP
禁書「私にも…」

御坂妹「ミサカにも…」

禁書「いっぱい」

御坂妹「出して欲しい」

禁書「んだよ!」

上条「二人とも…立たなくなるまで相手してやる!」

………

……



数ヵ月後

一方通行「……三下よろこぶかな…嫌がったり…はしないやつだとおもうンだがァ…」

一方通行「…大丈夫だよな……よしいうぞ…」

上条「おーい、一方通行」

一方通行「なンだ、あいつらもいつのかァ」

禁書「いちゃわるいのかな!」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/28(日) 01:49:44.41 ID:hg53Tz6JP
御坂妹「ミサカは今日上条当麻に伝えることがあります」

禁書「私も大事なことを伝えるんだよ!」

一方通行「まてまて、オレのが一番大事な事だァ」

上条「わかったわかった、みんなの話きくから…な?お前達はオレの大事な彼女達なんだぞ?」

一方通行「///」

御坂妹「他の妹達も顔赤くしてるとミサカは伝えます///」

禁書「とーま男らしくなったね///」

上条「それで話って?」








一方通行「お前の子供が出来たァ(ベクトル操作で100%命中にしたンだけどなァ)///」

御坂妹「ミサカも上条当麻の子供を授かりました///」

禁書「私もとーまの赤ちゃんがおなかにいるんだよ///」

姫神「私は。青髪くんの…」             おしまい

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。