FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

垣根「墨汁に襲われたんだよ」

1 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/04(金) 00:43:25.71 ID:C27/CIAO [1/35]

垣根「……」サー

垣根「……」ピタッ

垣根「……」スゥー

垣根「……」

垣根「……よし、出来た。我ながら惚れ惚れする出来映えだ」

垣根「『鉞』って字は心ときめく形をしてるよな」

垣根「……」

垣根「書道は面白いな。書いてる間は無心でいられる」スゥー

垣根「かれこれ三日間程ぶっ通しで書いてるんだよな」ピタッ

垣根「……」

垣根「しかし、墨汁を買い過ぎた。これじゃあ書いても書いても使い切らねえ」

2 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/04(金) 00:45:31.42 ID:C27/CIAO

垣根「……」

垣根「よーし、この墨汁をアイツ等におすそ分けしてやるか」ヨッコラショ

垣根「あー俺って何て優しいんだろ。俺より優しい奴なんて絶対いねぇよ」

垣根「あ、でもアイツ等学校か……」

垣根「……」

垣根「ま、別にいいか。何とかなるだろ」テクテク









垣根帝督が墨汁を使うようです







前スレ
垣根「喉が渇いたからだよ」
http://ex14.vip2ch.com/test/mread.cgi/news4gep/kako/1272990455
垣根「腹が減ってたから……か?」
http://ex14.vip2ch.com/test/mread.cgi/news4gep/kako/1274451554


わかりやすく言えば垣根は皆とお友達



3 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/04(金) 00:46:22.25 ID:C27/CIAO

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

上条「最近垣根の奴大人しいよなー」

土御門「風邪で暴れて以来忽然と物静かになったにゃー。いい加減『常識』って奴を身につけたんじゃないかにゃー」

青ピ「もし身につけていたら今までのハチャメチャっぷりは見れなくなるんかー。それはそれで寂しいもんや」

上条「いやいや、不幸なことが起きなくなるんだから最高だろ」

青ピ「師匠が常識人なんかになったらボクぁ……悲しいで……」

上条「……何だよ師匠って」

土御門「さーて、チャイムもなるしそろそろ戻るぜい」テクテク

上条「ああ」



5 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/04(金) 00:47:07.42 ID:C27/CIAO

上条(まぁ、確かに垣根が常識人になったらそれはそれでおかしなもんだよな)

上条(……)

コンコン

上条(いや、常識人になった方がいいよな)

コンコン

上条(今まで散々いたぶられて来たんだ。少しぐらい常識をつけて……)

コンコン

上条(……ん? 何だ? 誰かが窓を叩いて――)キョロキョロ


垣根「開けろ」ファサファサ


上条「」



6 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/04(金) 00:48:00.94 ID:C27/CIAO

上条(あー駄目だ。どうやら上条さんは頭がやられたらしいですねええはい)

コンコン

垣根「おい開けろよ」ファサファサ

上条(この幻想ぶち壊したいけど壊そうとしたら逆に壊されそうだなー)

コンコン

垣根「上条。お前開けろよ。聞こえてねえのか? 開けろって言ってんだよ」ファサファサ

上条(……。幻想だ幻想。お願いですから幻聴であって)

ガヤガヤ
コノマエキタヒトダ
ナンカトンデルヨ

垣根「もう誰でもいいから開けて」ファサファサ

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


8 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/04(金) 00:49:17.63 ID:C27/CIAO

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

垣根「いやーありがとう。ようやく入れた」ヨット

上条(やべぇ、もう幻想じゃない)

垣根「よー上条。久しぶりだな。いつぶりだ」テクテク

上条「よ、よう垣根。今日はどうしたんだ?」

垣根「いやー暇でよ。暇だから来たんだ」

上条「暇だから学校に来るっていうのもどうかと思うんだけど」

垣根「それより土御門と青髪はどこだ? アイツ等同じクラスの筈だろ?」キョロキョロ

上条「え? 席に着いて……ねぇじゃねえか!」

垣根「つーことは休みって訳じゃねぇのか」ブンブン

上条「休みじゃ……って垣根? その手に持っているのは……」

垣根「ん? あぁ、これか? これは墨汁だ」スッ

上条「ごめん垣根。もう何やらかすかわかった」



11 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/04(金) 00:50:26.81 ID:C27/CIAO

上条(アイツ等……危険を察知して逃げたんだな……俺も逃げればよかった……!)

垣根「アイツ等トイレか? トイレなら俺も行こうかな」

上条「さぁ……どこに行ったんだろうね……」

垣根「しょうがねぇ、しばらく待つか。青髪の席何処だ?」

上条「あそこ」

垣根「んじゃ勝手に座って待ってるか」テクテク

上条(……意外と俺には被害なさそうか……?)

垣根「アイツ等来なかったら上条俺の暇潰しに付き合えよ」ヨッコラショ

上条「探してきまーす!」タッタッタ



12 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/04(金) 00:51:21.09 ID:C27/CIAO

垣根「アイツ等いなくなっちまったよ」グデー

姫神「……」ジロー

垣根「……ん? 何だ長髪。何見てんだ?」グデー

姫神「……個性があるって。いいよね」

垣根「……はぁ? ……あぁ、そういやぁお前そんな感じの質問前してたな」グデー

姫神「覚えていたの?」

垣根「あぁ。薄いおかげでむしろ覚えやすかった」グデー

姫神「つまり。薄いのも個性?」

垣根「……俺は個性だと思うけど」グデー

姫神「……ありがとう」

垣根「ただ、そんな個性身につけるぐらいなら俺は自殺するけど」グデー

姫神「」

小萌「はーい皆席に着いてますかー」ガラガラ



14 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/04(金) 00:52:50.94 ID:C27/CIAO

垣根「あーあ、小萌先生来ちゃったよ」グデー

小萌「……垣根ちゃん? 何で垣根ちゃんがいるんですかー?」

垣根「暇潰しの為来ました」グデー

小萌「暇潰しでこの学校に来ないで下さいー! 一言連絡を下さいー!」

垣根「まぁまぁ、いいじゃないですか。ほら、早速授業始めましょうよ」グデー

小萌「それに上条ちゃん達の姿も見えないし……どこに行ったんですかー!」

垣根「上条なら土御門達を探しに行きましたよ」グデー

小萌「ううう……一体何があったんですかー……」

垣根「ほんと、何が……」

垣根「え……?」

小萌「?」



16 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/04(金) 00:54:04.88 ID:C27/CIAO

垣根(……おいおい……嘘だろ……?)プルプル

垣根(何で……何で今まで気付かなかった……?)プルプル

垣根(こんな所に……こんな所にもいるじゃねえか!)プルプル

小萌「? どうしました垣根ちゃん。何で小刻みに震えているんですかー?」

垣根(だ、駄目だ……抑えがきかねぇ……このままじゃ……!)プルプル

小萌「?」

垣根「……」プルプル

垣根「……無理だ」プルプル

小萌「? どうしましたかき――」

垣根「我慢なんて出来るかよ!」ガタン

小萌「」



17 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/04(金) 00:58:35.78 ID:C27/CIAO

垣根「先生……!」

小萌「は、はい? どうしました垣根ちゃん」

垣根「何で……何でですか……!」

小萌「え? な、何が――」

垣根「何で髪の毛がピンクなんですか!」

小萌「え?」

垣根「地毛ですか? 地毛なんですか? いやいや、駄目ですよそんな言い訳じゃあ。仮にも教師でしょ? 生徒に見せる姿には到底見えませんよ!」

小萌「あ――」

垣根「日本人何だからせめて茶髪でしょ! 何なんですか! だから土御門達は調子に乗って髪の毛があんなのなんですよ!」

小萌「いや――」

垣根「地毛でも染めれば済む話しじゃないですか! それとも校風が自由だからピンク何ですか? 自由でも限度があるでしょ! 染めればアイツ等も黒か茶色に染めて来ますよ!」

小萌「」



18 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/04(金) 00:59:28.67 ID:C27/CIAO

垣根「あー駄目だ。もう我慢の限界だ」

小萌「」

垣根「先生、感謝して下さい。丁度いいものを持ってきてたんですよ」ゴソゴソ

オイ、ヤバインジャナイカ?

垣根「墨汁です」ゴトン

コモエセンセイヲニガセ!
バリケード!

垣根「もし今日墨汁を持ってきてなかったら見過ごしていたでしょう。しかし運が良かったですね。これで一教師として恰好がつきますよ」ヨッコラショ

男「全力で止めろー! 命を懸けて小萌先生を守れー!」ガタン



19 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/04(金) 01:01:58.25 ID:C27/CIAO

垣根「……邪魔をするな。別にテメェ等に危害を加えるつもりはねえ」

男「ふ、ふざけるなー! 小萌先生に何しようとしてんだ!」

垣根「髪染めだ」

男「墨汁で髪染めとか馬鹿げてるだろ!」

垣根「今更言われても困る。これしか用意してねぇんだからよ」

男「と、とにかくあんたの思い通りにはさせねぇ!」

ソウダソウダー!
ヤラセルカー!

垣根「……」

垣根「……ムカついた」

垣根「……数がいなきゃ吠えられねえ奴らを見るとムカつくもんだな」スッ

垣根「ならテメェ等の意地、通してみろよ。俺は俺の意地を通すだけだ」テクテク

男「皆、全力で守るんだ!」

リョウカイ!


ガラガラ


上条「おら! 早く入れよ!」グイグイ

土御門「くそ、カミやん覚えてろよ」

青ピ「何か騒がしいなー」



20 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/04(金) 01:03:28.25 ID:C27/CIAO

男「上条達も加われ!」

上条「え? ……な、何の騒ぎ?」

垣根「よお、上条早かったな」ピタッ

土御門「……」

青ピ「……」

垣根「土御門に青髪、テメェ等も覚悟しとけ。先生を黒髪に染めたら次はテメェ等だ」

上条「は、はぁ? 何を……いや……手に持っている墨汁が……全てを語ってくれたよ……」

土御門「……ま、まさか小萌先生を……!」

青ピ「し、師匠! それはいくらなんでもやり過ぎや!」

垣根「え……? いや……だって先生がピンク色って駄目じゃねえか? 流石に常識的に考えて駄目だろ」

上条「今更常識何て言葉使うんじゃねえよ!」

垣根「……あーもううっせえなー。話し合って解決出来る訳でもねえんだからとっとと殺り合おうぜ?」



21 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/04(金) 01:06:10.38 ID:C27/CIAO

土御門「……カミやん……はなしてくれ。……安心しろ、逃げはしない。少しばかりキレちまったよ……」

青ピ「……どうやら師匠越えせなあかん時が来たようやな……」

上条「……」

上条「……わかった……」パッ

男「……よし、デルタフォースも加わった。これで俺達に死角はねぇぜ!」

小萌「み、皆……!」ウルウル

垣根「……」

垣根「……こんな三流学園ドラマを目の前で見せられても困るんだけど……まあいい」スッ

垣根「墨汁神拳、久しぶりに使うぜ」ユラァ

土御門「……気張れよ皆、こいつは恐ろしいほど強いぜ」

青ピ「本気でいきますでー!」



上条「いいぜ垣根、お前が何でも墨汁で染めようとするなら……」スッ

垣根「墨汁の文句は……」ユラァ



22 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/04(金) 01:08:19.62 ID:C27/CIAO








上条「まずはそのふざけた幻想をぶち壊す!」ダッ!

垣根「俺に言えー!」ダッ!






 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

23 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/04(金) 01:13:02.38 ID:C27/CIAO

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

一方「おいクソガキ、そンな走ンな。コケちまうぞ」カツ

打ち止め「大丈夫だよー! ってミサカはミサカは余裕でクルリと一回転してみたり」クルリ

一方「人様に迷惑かかンだろうがァ!」カツ

打ち止め「えー? でもあまり人いないから大丈夫だよ? ってミサカはミサカは首を傾げて言ってみたり」

一方「ンなことやってたら垣根みたくなンぞ」

打ち止め「うーん、何でその名前が出て来たのかがよくわからないってミサカはミサカはちんぷんかんぷんだったり」

垣根「すげぇちんぷんかんぷんだな」

一方「……ああああめンどくせェな。いつ来やがったンだよ三下ァ」

垣根「ついさっき」



24 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/04(金) 01:14:52.71 ID:C27/CIAO

打ち止め「あれー? 何でそんなに服が汚れてるの? ってミサカはミサカは誰かと戦ってきたかのような汚れ具合に質問してみる」

垣根「ん? あー確かに墨汁が少しばかり掛かっちまってるな」

一方「墨汁とか、またくだらねェ事してンのかよ」

垣根「くだらねぇとは酷い言い方じゃねぇか。先生は逃がしたがそれ以外は黒色に染め上げてやったんだから」

一方「それがくだらねェンだよ」

垣根「んなこと言うなよ。……ん? おい、あれなんだ? 宇宙人か?」スッ

一方「……宇宙人だァ?」クルリ

垣根「えい」シュ

一方「」ビチャ

打ち止め「わー」



25 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/04(金) 01:16:23.99 ID:C27/CIAO

垣根「うわうわうわ、ばっかじゃねぇの? こんな古くせぇ手に引っ掛かるなんてよ。拍子抜けもいいとこじゃねえか」

一方「」ダラー

打ち止め「わー白髪が立派な黒髪になったねってミサカはミサカは棒読みだけど褒めてみたり」

垣根「なんだよ……墨汁神拳使うまでもなかったか。せっかく究極秘奥義『墨汁天羅』使おうとしたのによ」

一方「」ダラー

打ち止め「逃げなくていいの? ってミサカはミサカは一応心配してみたり」

垣根「あ? あー……一応逃げとくか。じゃあな打ち止め。……あ、最近四天王の活動してねぇから適当に計画立てといてくれよ」タッタッタ

打ち止め「わかった! ってミサカはミサカはこれから待ち受ける悲劇にビクビクしながら考えてみる!」

一方「」ダラー


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


26 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/04(金) 01:17:50.04 ID:C27/CIAO

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

女「御坂さん、一緒にお昼でもいかがですか?」

御坂「え? あぁ、いいわよ」

女2「御坂さん、私もご一緒してよろしいでしょうか」

御坂「え、えぇ……一緒に――」

女3「なら私も!」

御坂「……」

ジャアワタクシモ
ワーワー

御坂「……」

御坂「やっぱ遠慮しとこうかな……」テクテク



29 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/04(金) 01:23:43.27 ID:C27/CIAO

御坂「はぁー、教室にいると直ぐこれなんだから……もう少し普通に接してくれないかなー」テクテク

黒子「お姉さま、ご機嫌麗しゅうございます」

御坂「あー黒子か」

黒子「私にご不満でも? ご要望がございましたらいくらでも――」

御坂「ないない、不満なんて無いから勝手に話を進めないでよ」

黒子「黒子はお姉様の為なら一肌も二肌でも――」ヌギヌギ

御坂「って何脱がしてんのよ!」パコーン

黒子「あいた」



31 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/04(金) 01:25:15.86 ID:C27/CIAO

ガヤガヤ

御坂「ん? 何か随分と騒がしいわね」

黒子「あらあら、何かあったんでしょうか」

トノガタガー!
ガヤガヤ

御坂「……殿方?」

黒子「殿方……? ま、まさか暴漢が侵入して……!?」

御坂「んなまさか……いや、でも……」

ショドウノキホンハシセイダ
コウデスカ?

御坂「とにかく黒子、行くわよ!」タッタッタ

黒子「了解ですの!」タッタッタ



32 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/04(金) 01:27:47.60 ID:C27/CIAO

垣根「流石お嬢様だ。筋はいいな。つうかお嬢様なら基礎ぐらい知ってるからこれぐらい朝飯前か」

女「いえ、垣根様に比べたら私などまだまだでございます」

垣根「そうか? なかなか嬉しいこといってくれんじゃねぇか」

オホメニアズカリコウエイデス!
ヨシ、ドンドンカケ


御坂「……」

黒子「……」

御坂「……黒子」

黒子「……どうしましたお姉様」

御坂「……私、ご飯食べてくる」テクテク

黒子「……私もお供いたしますわ」テクテク


垣根「ん? 第三位に黒子じゃねぇか。お前等も書道やるか? 墨ならいくらでもあるからやってけよ」


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


33 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/04(金) 01:30:42.28 ID:C27/CIAO

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

垣根「流石常盤台の学食だ。なかなかうめぇじゃねぇか」モグモグ

御坂「……」モグモグ

黒子「……」モグモグ

垣根「おいおい、食事ってのは黙って食うものなのか? 仲良く駄弁りながら楽しむもんじゃねえか?」モグモグ

御坂「……なんであんたがここにいるのよ」

垣根「暇つぶしだよ暇つぶし。許可は取ってねぇけどなんとかなるんじゃねぇか?」モグモグ

黒子「よーく見てくださいまし、周りから降り注がれる溢れんばかりの視線を」

ヒソヒソ
アノカタハダレデスカ?

垣根「しょうがねぇな、しりとりでもやるか」モグモグ

御坂(駄目だ、話が噛み合わない)




34 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/04(金) 01:32:27.03 ID:C27/CIAO

垣根「先に参ったって言ったほうが負けな。じゃあ俺から言うから。『みかん』」

御坂「」

黒子「」

垣根「おら、早く言えよ。『みかん』だ『みかん』。黒子お前だ」

黒子「……しりとりと言うのは最後に『ん』が付いたら負けではありませんの?」

垣根「俺のルールは参ったって言ったほうが負けなんだよ。『ん』が付いたら負けとかそんな常識言われても俺は困るんだよ」

御坂「あんた……どこまで馬鹿なの?」

垣根「なんで第三位に馬鹿って言われなきゃいけねぇの? 俺よりお前の方が馬鹿だろ」

御坂「な!」

垣根「おら、早く言えよ黒子。俺に参ったって言わせたらこれやるよ」スッ

黒子「? 何です……ほおおおおおおおおお! な、何故お姉様のくぁwwせdrftgy」

御坂「え? ちょ……きゃああああああああああああああ!」ビリビリ

垣根「ああ! 俺の携帯が!」




35 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/04(金) 01:34:50.21 ID:C27/CIAO

垣根「こ、このやろう! 死んどけボケ!」シュ

御坂「ぎゃああああ! 墨汁が制服にかかった!」ビチャ

垣根「お、俺の携帯をよくも……! 俺の携帯ぶっ壊したって上条に言いつけてやるからな! テメェが上条の事好きなことぐらい知ってんだよバァァカ! 嫌われろ!」

御坂「な……ななななななにを!」カァァ!

垣根「隙ありだボケ! 墨汁神拳究極秘奥義『墨汁天羅』」ビュァ

御坂「ひゃあああああああ! 何かわからないけど墨汁まみれになったああああああ!」ビッチャァァ!

キャァァアアボクジュウガアアア
ガヤガヤ

垣根「アハハハハ! 墨汁まみれになって犯されてろガキが! あばよ!」ファサファサ

コウシャガボクジュウマミレニ!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


37 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/04(金) 01:39:31.92 ID:C27/CIAO

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

垣根「あー携帯がぶっ壊れちまった」テクテク

垣根「これじゃあ誰とも連絡取れねぇじゃねえかよ畜生」テクテク

垣根「どうせ中のデータも無事じゃねぇだろうし……」テクテク

垣根「……」テクテク

垣根「……どうするかな」テクテク

垣根「……」

垣根「……こうなりゃ浜面の所に行って墨汁でもぶちまけて――」テクテク

一方「垣根くゥゥゥゥゥゥン! やァっと見付けたよォ!」シュバ

垣根「うおっ、びっくりした」

一方「さっきはよォくもやってくれたなァあああ!」

垣根「……は? 何かやったっけ俺」

一方「おいおいおい、いい加減な作りだなァ垣根くンの脳みそはよォ!」

垣根「褒めんなよ、照れるだろ」

一方「今の言葉を褒め言葉に受け取る垣根くンの脳みそをケーキみたく切り分けてあげよォかァ!?」



38 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/04(金) 01:47:26.53 ID:C27/CIAO

垣根「それは勘弁願いたい所だな。一度分割されたから二度は御免だ」

一方「わりィが強引にでも切り分けてあげるよォ。遠慮しなくていいからさァ!」

垣根「……何でか知らねぇがキレてんだなお前。カルシウム足りねぇんじゃねえの?」

一方「……お前との会話がこれ程不毛なものとは思わなかった。面倒だからとっとと実力行使に移るぜ三下ァ」

垣根「……またしても」

一方「ァあ?」

垣根「……またしても墨汁神拳を使う時が来たか……これもまた抗うことの出来ぬ運命か……」ユラァ

一方「なァァァァに自分の世界に入ってンだ三下ァ! よそ見してたら冷蔵庫になっちまうぞォ!?」

垣根「……墨汁神拳『懸腕の構え』」シャキ

一方「……は、ははははははは! おもしれェ、おもしれェなァ三下ァ! 人をおちょくる事に関しては天才だなァ!」

垣根「……墨汁の文句は……」

一方「ほざいてろ三下ァ!」ビュン



垣根「俺に言えー!」シュン



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


39 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/04(金) 01:50:48.28 ID:C27/CIAO

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

黒ピ「あああ、ボクのトレードマークの青髪がぁぁあああ」テクテク

土御門「今度から黒髪ピアスで決まりだにゃー」テクテク 

上条「何とか先生だけは逃がせたけど……ほんと不幸だよ」テクテク

土御門「アイツの暇潰しに巻き込まれるのはほとほと困るぜい。いつも俺達に被害がでるにゃー」

黒ピ「師匠越えは当分無理や……もう少し力溜めなあかんな」

上条「だから師匠って何だよ……」

シネ、イツカコロス!
ホザケサンシタァ!

土御門「……気のせいか? 垣根の声が聞こえるんだにゃー」

青ピ「ボクも聞こえるでー」



40 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/04(金) 01:53:40.66 ID:C27/CIAO

垣根「――ぷはぁ! てめごぼぼぼぼぼ」ビチャァァ

一方「テメェの墨汁を頭から浴びる気分はいかがですかァ? シャンプー、リンスの代わりぐらいにはなりますかァ?」ジャァァ

垣根「――ぶへぁ! いつかころぼぼぼぼぼ」ビチャァァ

一方「聞こえねェなァ。口開けて喋らなきゃ何言ってンのかわかンねえぞォ?」ジャァァ

シボボボボ
オラオラ


上条「……」

土御門「……」

黒ピ「……」



41 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/04(金) 01:54:56.36 ID:C27/CIAO

上条「垣根が埋められてるよ」

土御門「頭だけ出されてるにゃー」

黒ピ「そんでもって大量の墨汁を被ってるわー」

ブボボ!
マダマダアルカラアンシンシロ

上条「……」

土御門「……ゲーセンでも行くにゃー」

黒ピ「ボクは頭落としてから行くわ」

上条「そういえば土御門はよく落ちたな」テクテク

土御門「ん? あぁ、大して墨汁被ってた訳じゃないからにゃー。しっかり避けてたぜい」テクテク

黒ピ「ずる! ボクは何度も挑んでたのにー!」テクテク

アタマノデキガチガウンダニャー
クヤシー!



垣根「ぶぼぼぼぼぼぼ」ビチャァァ

一方「オラオラァ、もっと愉快に笑えやァ!」


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



42 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/04(金) 01:59:46.40 ID:C27/CIAO

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

絹旗「学校終わりに会うなんて超偶然ですね」テクテク

滝壺「そうだね」テクテク

絹旗「あ、暇ならファミレスにでも行ってデザートでも食べませんか? 超甘い物を食べたいんですよ」テクテク

滝壺「ごめんねきぬはた。今日ははまづらの為に料理を作る為に買い物しなきゃいけないんだ」テクテク

絹旗「あらら、超熱々カップルじゃないですか。熱すぎて近寄れませんね」テクテク

滝壺「熱々なんかじゃないよ。普通だよ」テクテク

絹旗「滝壺さんの普通は私達とは超違いますね」テクテク

コロス、イツカコロス

滝壺「……」ピタッ

絹旗「? どうしまたした滝壺さん?」ピタッ

オレノテデコロシテヤル

絹旗「ん? この声は……」



43 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/04(金) 02:05:26.47 ID:C27/CIAO

垣根「アイツが寝てる隙に墨汁垂れ流して真っ黒にしてやる」テクテク

滝壺「……」

絹旗「……」

垣根「アイツが寝てる隙に腹にペコちゃん書いてやる」テクテク

滝壺「……」

絹旗「……」

垣根「アイツが――あ? 何だ、滝壺に絹旗じゃねぇか」ピタッ

絹旗「……垣根……ですよね?」

垣根「ああ垣根だ。垣根帝督だ。それ以上でもそれ以下でもねぇ、正真正銘垣根帝督だ」

滝壺「頭真っ黒だよ?」

垣根「……そこにツッコムを入れるな。流せ、流してくれ。思い出すだけで腸わたが煮え繰り返る」

絹旗「な、何があったんですか?」

垣根「何って……」



44 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/04(金) 02:07:18.37 ID:C27/CIAO











垣根「墨汁に襲われたんだよ」


絹旗「はぁ?」









垣根帝督が墨汁を使うようです









68 名前:『第二十部』[saga] 投稿日:2010/06/06(日) 20:30:47.27 ID:82OxZUAO [1/36]

土御門「集まったな」

海原「久しぶりですね、このメンバーが揃うのも」

結標「眠いんだけど……」

一方「しょうもねェ用件で呼び出したンじゃねェだろォなァ」

土御門「安心しろ、くだらない用件なんかじゃない。少しばかり手伝って欲しいことがあるんでな。暇そうなお前等を呼び出した訳だ」

結標「面倒臭いわね」

土御門「そう言うな。なーに、簡単な仕事だ」










垣根帝督が色々手伝うようです










73 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/06(日) 20:40:50.99 ID:82OxZUAO [2/36]

土御門「置き去りを使って非人道的な実験を性懲りもなく繰り返す研究者達がいてな。軽くお灸を据えるとともに置き去りを保護する」

海原「置き去り、ですか」

土御門「ああ」

結標「……上の指示な訳?」

土御門「上……という訳ではない」

一方「ようはくだらねェ研究者殺して置き去りを安全な場所にでも保護しときゃあいいンだろ?」

土御門「一方通行は乗り気になったか」

一方「ンな訳ねェだろ。ただ最近ストレスが溜まってるからよ、たまには発散しなきゃ死ンじまいそうなンだよ」

土御門「……そのストレスの原因は垣根か?」

一方「大正解」

土御門「……そうか」

海原「?」

結標「?」



74 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/06(日) 20:43:30.99 ID:82OxZUAO [3/36]

土御門「で、海原と結標はどうする?」

海原「いいですよ」

結標「ま、別にいいわよ」

土御門「そいつは良かった。お前等が断っていたら垣根に頼む所だった」

結標「……その垣根って、垣根帝督の事?」

土御門「そうだ」

結標「は? だって垣根帝督は死んだんじゃ……」

土御門「……あぁ、お前は知らないのか……」

結標「え? 何? アイツ生きてるの?」

土御門「……生きてる……」

海原「それは初耳ですね」

土御門「……マジで初耳なの? アイツ結構色んな事やらかしてるんだぜい? むしろ知らないお前等がおかしいんだにゃー」

結標「ちょっと待って。取り合えず生きてるって事にしておくけど、何で垣根に頼もうとしたの? 仮にも敵同士だったでしょ?」

土御門「……いや……ほんと……アイツは……なぁ一方通行」

一方「俺にふるな」



75 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/06(日) 20:45:34.43 ID:82OxZUAO [4/36]

土御門「……とにかく時間が惜しい。話すのは後だ、今すぐ研究所に行くぞ」

結標「……何か濁されたけど、まあいいわ。公園のど真ん中で立ち話をするのも疲れたし」

海原「移動手段はあるんですか?」

土御門「ああ、直ぐそこに車を用意してある。おっと、釘を刺しておくが研究者は殺すな。軽く痛め付けるだけだ。いいな一方通行」テクテク

一方「ッチ、つまンねェなァ」テクテク

結標「助け出した置き去り達はどうするの?」テクテク

土御門「冥土返しに預ける。その後の事は冥土返しがなんとかする筈だ」テクテク

海原「つまり、冥土返しが依頼人ですか?」テクテク

土御門「さぁ、どうかにゃー」テクテク

一方「おい、あの車か?」テクテク

土御門「あぁ、あれだ」テクテク

結標「垣根の話は後で聞かせなさいよ」ガチャ

土御門「わかったわかった」




76 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/06(日) 20:47:12.80 ID:82OxZUAO [5/36]







垣根「あー寿司食い――おっと、やっと来たか。テメェ等早く乗れ」


土御門「」

一方「」

海原「」

結標「」




78 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/06(日) 20:50:15.84 ID:82OxZUAO [6/36]

土御門「な、なななななんで垣根がここに!?」

垣根「たまたま見かけたから。んなことより早く乗れよ」

結標「ほ、本当に生きていたのね」

垣根「生きてた? ……よくわからねえけど早く乗れよ」

一方「おいおいおい、何で運転席に座ってるンですかァ?」

垣根「俺が運転するんだよ。因みに免許はねぇ。だが必要なのは運転する技術だろ?」

海原「……と、とにかく皆さん乗りませんか?」

垣根「お前いいこと言ったな。お礼に第三位のマル秘画像をやりてぇ所だが生憎携帯がぶっ壊れてデータが消えちまったんだ。新しい携帯にしたから取り合えずアドレス交換しようぜ」スッ

海原「え? あ、はい……」スッ

垣根「そこのハレンチ女も携帯出せよ」

結標「ハレンチ女!?」

土御門(あぁ、コイツ等も今度から垣根に翻弄されるのか)



79 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/06(日) 20:54:21.06 ID:82OxZUAO [7/36]

垣根「んでお客さん、どこまで送っていけばいいんですか?」

土御門「お客さんって……いや、それより運転手はどうしたんだにゃー? いる筈なんだけど……」

垣根「無理矢理降ろした」

土御門「無理矢理って……いや、もういい、もう詮索はしないにゃー」

垣根「まあ、場所は聞いといたからわかる。準備はいいな?」

一方「無駄口叩く前にとっとと走り出せ」

垣根「うっせぇセロリが助手席ってのは気に喰わねぇがまあいい。んじゃ行くぞ」ブロロロ

土御門「……プランにはイレギュラーが付き物……か」

垣根「イレギュラーって俺の事か?」

土御門「死にたくないから否定しとくにゃー」



80 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/06(日) 20:58:18.33 ID:82OxZUAO [8/36]






垣根「あ、曲がり損ねた」


ドカーン!


土御門「ぎゃあ!」

一方「うお!」

海原「うわ!」

結標「きゃあ!」

垣根「俺だけ身を守る」ファサファサガード



82 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/06(日) 21:01:06.71 ID:82OxZUAO [9/36]

垣根「めんごめんご」ブロロロ

一方「て、テメェ運転代われ!」

垣根「スピード出してなくて良かったな」ブロロロ

土御門「た、頼むぜい?」

垣根「凹んじまったかな」ブロロロ

土御門「いや、あの程度の衝突じゃあ傷一つつかない筈だぜい」

垣根「なら遠慮しねぇ」ブロロロロロロ!

海原「ちょ……! スピード出しすぎですよ!」

結標「ま、またぶつかるって! ほら前見て前! 壁が――」



84 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/06(日) 21:03:36.00 ID:82OxZUAO [10/36]






垣根「ぶあっくしょい!」ブロロロロロロ!




ドカーン!


一方「ぐはァ!」

土御門「ぐおお!」

海原「があ!」

結標「きゃあああ!」

垣根「あーわり、くしゃみして前見てなかった」ファサファサガード

土御門「ちゃっかり能力使って難を逃れてんじゃねえよ!」


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



86 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/06(日) 21:09:38.23 ID:82OxZUAO [11/36]

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

垣根「あのさー、ションベンしたいんだけど」ブロロロ

土御門「我慢してほしいんだにゃー」

垣根「あー無理。我慢出来ねぇ、膀胱炎になりそう」ブロロロ

土御門「……ならそこのコンビニで用を済ませてくるんだにゃー」

垣根「わりぃな」ブロロロ

一方「突っ込むなよ」

垣根「突っ込まねぇよ」キー

結標「……女の子がいる前でそんな下品な話しないで欲しいんだけど」

垣根「……え? いや突っ込むって言うのはコンビニに車が突っ込むって意味で、別にチ×コをマ×コに突っ込むって意味じゃねえよ。何勘違いしてんだよ」

結標「ち、ちちち違うわよ! 私はと、トイレの事で――」

垣根「何だお前、トイレでセックスするタイプなのか?」ガチャ

結標「」

一方「早く行ってこいやァ!」

垣根「うっせーな、今行くよ」バタン



88 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/06(日) 21:13:22.40 ID:82OxZUAO [12/36]

一方「……」

土御門「あー疲れた、何でこんなに疲れてるんだにゃー」

海原「まだ何もしていませんよ」

土御門「……はぁ、これも垣根のお蔭か」

結標「ほんと……何なのアイツ……」

土御門「……あれが垣根帝督だ」

結標「あっそ……」

一方「……」

土御門「……」グデー

海原「……」

結標「……」



89 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/06(日) 21:15:32.59 ID:82OxZUAO [13/36]

一方「……」

土御門「……」

結標「……」

海原「……」

一方「……」

土御門「……」

結標「……遅いわね」

海原「そうですね」

一方「……」

土御門「しょうがない、アイツが来てから話すつもりだったが今から簡単な作戦を説明するぞ」

結標「作戦なんて必要かしら」

土御門「向こうには戦力は無くても厄介な手段をとってくる可能性があるからな」

一方「……おい」

土御門「あるとは思えないがAIM――何だ一方通行」

一方「アイツ立ち読みしてるぞ」

土御門「死ね!」


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



92 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 21:16:54.08 ID:82OxZUAO [14/36]
一旦やめる
続きは多分10時頃になる

103 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/06(日) 22:08:52.87 ID:82OxZUAO [15/36]

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

垣根「……」ブロロロ

土御門「――とまぁ作戦はこんなとこだ」

一方「結局は強引に助け出すンだろうが」

土御門「それを言ったらつまらないにゃー」

垣根「俺も何かしたほうがいいのか?」

土御門「垣根は大人しくしてるんだにゃー。垣根が混ざるとカオスになるぜい」

垣根「ち、つまんねぇな」ブロロロ

土御門「ま、着くまで適当に身体休めておけ。体力温存だ」

海原「わかりました」

一方「……」

結標「……」

土御門「ふあーあ」

海原「……」

垣根「……」ブロロロ



106 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/06(日) 22:14:44.77 ID:82OxZUAO [16/36]

垣根「……」ブロロロ

一方「前見て運転しろよ」

土御門「……」

垣根「わかってる」ブロロロ

海原「……」

結標「……」

一方「……」

土御門「……」

海原「……」

結標「……」

垣根「……んんー」ブロロロ




107 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/06(日) 22:17:39.94 ID:82OxZUAO [17/36]

垣根「……あーだからこんやだけはー君を抱いていたいー」ブロロロ

一方「……」

土御門「……」

海原「……」

結標「……」

垣根「あしーたがあるーさ明日がある、わかーい僕にーは夢がある」ブロロロ

一方「……」

土御門「……」

海原「……」

結標「……」

垣根「曖昧三センチそりゃぷにってことかいっちょ」ブロロロ

一方「……」

土御門「……」プルプル

海原「……ゴホッ」プルプル

結標「……」



110 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/06(日) 22:25:35.13 ID:82OxZUAO [18/36]

垣根「大人の階段のーぼーるー君はまだーシンデレラっさー」ブロロロ

一方「……」

土御門「……」プルプル

海原「……ふー」

結標「……」

垣根「でもそーんなんじゃだーめもうそーんなんじゃほーら心ーは進化ーすーるよもっともおっと♪」ブロロロ

一方「……」

土御門「……く」プルプル

海原「ゴホッゴホッ」プルプル

結標「……」プルプル

垣根「言葉にすれば消えちゃう関係なら♪言葉を消せばいいやって思ってた恐れてただけどあれ? なんかちがうかも……」ブロロロ

一方「……」

土御門「か……垣根、それ以上……喋るな」プルプル

海原「ぐうう……」プルプル

結標「や、やめてよ……」プルプル


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



114 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/06(日) 22:36:34.50 ID:82OxZUAO [19/36]

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

垣根「暇だから昨日あった出来事話してやるよ」ブロロロ

一方「……」

土御門「無視しろよ」ヒソヒソ

海原「わかりました」ヒソヒソ

結標「……」

垣根「実は昨日旧友と街中で出会ったんだよ。いやー久しぶり過ぎて興奮しちまったよ」ブロロロ

一方「……」

土御門「……」

海原「……」

結標「……」

垣根「ソイツ相変わらずジェニファージェニファーって連呼しててよ、いい加減ブラトニーに乗り換えろってつい言っちまったよ」ブロロロ

一方「……」

土御門「……」

海原「……」

結標「……」

垣根「そしたらソイツ何て言ったと思う? 『胸板よりも厚底ブーツを投げたい!』って言ったんだぜ? ほんとブラックジョーク過ぎて笑っちまったよ」ブロロロ

一方「……?」

土御門(……え?)

海原「?」

結標「?」



122 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/06(日) 22:51:43.94 ID:82OxZUAO [20/36]

垣根「んで、ここからがカオスでよ、偶然にもメリラスが逆立ちしている所にソイツが出会っちまったんだよ」ブロロロ

一方「……?」

土御門「??」

海原「??」

結標「??」

垣根「そしたら――っと、やべぇやべぇ。ここから先はR―18だった。今の話し忘れてくれ」ブロロロ

一方「……おい、そこまで話したなら最後まで話せよ」

垣根「え? いや、無理」ブロロロ

一方「はァ? ふざけンな。大体胸板だの厚底ブーツだの、意味わかンねェよ」

垣根「……簡単に言えばソイツは最後に川に流れて笑ってた。はい終わり」ブロロロ

一方「……」

土御門「……」

海原「……」

結標「……」

垣根「ららーん」ブロロロ


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

125 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/06(日) 22:59:09.23 ID:82OxZUAO [21/36]

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

垣根「わりぃけど少しばかり寄って行きたいとこあんだけどいいか?」ブロロロ

土御門「おい、こっちは時間が無いんだ。後にしてくれ」

垣根「いいだろ別に」ブロロロ

一方「やっぱ運転代われ」

垣根「代わらねぇよ」ブロロロ

海原「今は一刻も早く置き去り達を救うべきだと思うんですけど……」

垣根「思うだけじゃ結果は生まれねぇ。行動に移してこそ未来が切り開かれるんじゃねぇのか」ブロロロ

結標「いや、だからアンタが大人しく研究所に……」

垣根「テメェ等は大人しくしてろ。それがいやなら暴れる準備でもしてろや」ブロロロ

結標(ダメだコイツ)

垣根「まぁ先に研究所に連れていってやるか」ブロロロ

土御門「当然だ」



128 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/06(日) 23:05:34.97 ID:82OxZUAO [22/36]

一方「……」

土御門「……」

海原「……」

結標「……」

垣根「なーなー、誰か暇潰しにしりとりやろうぜ」ブロロロ

土御門「……俺はパスだ」

結標「私もパス」

一方「一人でやってろ」

海原「……よければお相手致しますよ」

垣根「流石海原だ。他の三人と違ってノリがいいな」ブロロロ

海原「いえいえ」

垣根「特別にお前から言っていいぞ。ルールは10秒以内に言わなければ負けだ」ブロロロ

海原「10秒ですか……?」

垣根「ああ、10秒だ。それと同じ単語も無しだ」

海原「……なるほど……ルールはこの『二つ』ですか?」

垣根「ああ」

海原「わかりました。それでは早速始めましょう」

土御門(……ああ、これは海原の勝ちだな)

結標(語尾が『ん』でもOKって事よね)



130 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/06(日) 23:11:12.51 ID:82OxZUAO [23/36]

海原「それでは……『パン』」

土御門(しょっぱなから来たか。決まりだにゃー)

垣根「想定の範囲内だ。『ンジャメナ』」

土御門(……それがあったか。忘れてたにゃー)

結標(確か地名……だっけ?)

海原「いやはや、やはりその言葉を使いましたか。想定の範囲内ですよ。『ナン』」

土御門(海原の奴、容赦無しか)

結標(……駄目ね、ンジャメナ以外思い付かないわ)

垣根「それも想定の範囲内だ。『ン・ダグバ・ゼバ』」

海原「……」

土御門「……」

結標「んだ……何て言ったの?」

垣根「『ン・ダグバ・ゼバ』って言ったんだよ。知らねぇのか? 仮面ライダーに出てくる怪人の名前だ」

土御門(知らねーよ)

海原「……ば……『晩(ばん)』」

垣根「『ン・パカ・マーチ』」

海原「……」



131 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/06(日) 23:14:33.36 ID:82OxZUAO [24/36]

海原「ち……『痴漢(ちかん)』」

垣根「『ンカタベイ』」

海原「い……い……『印(いん)』」

垣根「『んばば・ラブソング』」

海原「ぐ……ぐ? えーっと……『軍艦(ぐんかん)』」

垣根「『ンドゥール』」

海原「……る……『ルーン』」

垣根「『んちゃんちゃソング』」

海原「ぐ……また……ぐ……ぐ? ……『軍資金(ぐんしきん)』」

垣根「『ンジンガ・ンクワ』」

海原「『ワイン』」

垣根「『ンジンガ・ンベンバ』」

海原「ば……『番人(ばんにん)』」


土御門(か、垣根凄すぎだろ。何でそんなにスラスラ出るんだよ)

結標(次元が……違う……!)


垣根「悪いがお遊びはここまでだ。『ん・ん・ん・ん・ん』」

海原「」



135 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/06(日) 23:17:31.76 ID:82OxZUAO [25/36]

海原「な、何ですかその言葉は」

垣根「本の名前だ。それより早く言えよ、10秒経つぞ」ブロロロ

海原「え? ……ん……ん……駄目です……ありません」

垣根「そうか、なら俺の勝ちだ。まだまだだな」ブロロロ

海原「……まさか立場が逆転するとは思いませんでしたよ」

垣根「どうせ海原は語尾に『ん』が付く言葉を何度も言ってくると思ったからな。寧ろそうなるように仕掛けてたんだけどな」ブロロロ

海原「……仮に『ん』で終わらない単語を言っていたら貴方はどうしていましたか?」

垣根「逆に俺がお前に『ん』地獄を味あわせていたさ」ブロロロ

海原「……どちらにせよ勝てる見込みはありませんでしたか」

垣根「当たり前だ。……おっと、そろそろ着くぞ。準備しとけよ」ブロロロ


土御門(不覚にもかっこよく見えたけど所詮はしりとりだにゃー)


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



137 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/06(日) 23:19:46.51 ID:82OxZUAO [26/36]

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

土御門「よし、この辺りで待機していてくれ。これ以上行くと奴らにバレるかもしれないからな」

垣根「わかった」キー

結標「とっとと行って、とっとと終わらせるわよ」

垣根「テメェ等油断するなよ?」

一方「誰に物言ってンだァ? メルヘンちゃンよォ」

垣根「それだけ罵れるなら余裕か」

土御門「念押ししとくが絶対に入って来るなよ」

垣根「安心しろ。俺もそこまで常識がねぇ訳じゃねえからよ」

土御門「その言葉、一分後には忘れているだろ」

垣根「忘れねぇよ。おら、とっとと行ってこいよ」

海原「それでは、行ってまいります」テクテク

垣根「行ってこい行ってこい」シッシッ




138 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/06(日) 23:20:59.46 ID:82OxZUAO [27/36]

垣根「……行ったか」

垣根「……」

垣根「……」

垣根「……あー、暇だ」

垣根「……」

垣根「……」

垣根「……」

垣根「……外出るか」ガチャ

垣根「……」スタッ

垣根「……」

垣根「……」

垣根「……」

垣根「……」ボー

垣根「……」ボー

垣根「……あー喉渇いた」ボー



140 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/06(日) 23:24:03.31 ID:82OxZUAO [28/36]

垣根「……自販機ねぇかな」キョロキョロ

垣根「……」

垣根「……研究所の中に自販機あるかな」テクテク

垣根「小銭は……あるな」ジャラジャラ

垣根「あー喉渇いた」テクテク

男「……ん? き、君は誰だ?」

垣根「……何だお前」テクテク

男「ちょ……と、止まりなさい!」

垣根「喉渇いてんだよ。止めんな」テクテク

男「く……止まれと言っているのがわからないのか!」カチャ

垣根「……おいおい、いきなり急展開だな。拳銃なんざ構えて何のつもりだ? 撃つきか?」テクテク

男「……ッ!」パン!

垣根「……」ピタッ

男「……つ、次は当てるぞ……!」

垣根「……なに本当に撃ってんだよ。ムカつく野郎だな」



142 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 23:28:03.98 ID:82OxZUAO [29/36]

男「う、動くな! ほ、本当に当てるぞ!」カチャ

垣根「あーあ、そんなことしていいのか? 後戻りは出来ねぇぞ? テメェはこれから愉快に悶え苦しみながら絶望することになるぜ? それが嫌なら俺の視界から消えろ」


ン?ナンダナンダ?
ガヤガヤ

男「は、ははは! 見ろ! 中にいた奴らも今の銃声で気付いたぞ!?」

垣根「だから何だよ。俺はただジュースでも――」

男「こ、[ピーーー]よりも生かしたまま実験動物にするのもいいな。ははは、絶望するのはお前のようだな!」

垣根「……」

垣根「あのさ、改めて言うけど俺喉渇いてるだけなんだけど」

男「だからどうした! 今更逃げたくなっても遅いんだよ!」

垣根「……」ブチ

垣根「……今日は小銭があるから許してやろうとしたが無理みたいだな」



144 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/06(日) 23:30:08.15 ID:82OxZUAO [30/36]

垣根「……あームカついた。何だお前。小物のくせに悪党ぶってるのか? あーやだやだ、こんな大人にはなりたくねぇな」テクテク

男「う、動くなって言ってるだろ!」パン!

垣根「はい残念」ファサファサキーン

男「なっ……!」

垣根「別にこれ使わなくても防げるけど、喉渇いてるからとっとと終わらせてもらうぞ」

男「な、なんなんだお前は!」

垣根「悪党もどきに教える名前はねえ。とっとと絶望しろオラ」ファサファサビューン

男「ぎゃああああああ!」

ヒジョウジタイダ!
ガヤガヤ

垣根「……何かややこしい事になったな」テクテク

垣根「面倒だ、全員平等に絶望を与えてやるよ。ついでにコーラよこせ」ファサファサ














土御門「……よし、俺達も行くぞ」

海原「ほ、本当に入りましたね」

土御門「当たり前だ。アイツが人の言うことを聞く訳がないからな。裏から入るぞ。今なら余裕で入れる。殺してなきゃいいけど」コソコソ

一方「ッチ、つまンねェ仕事だ」コソコソ

結標(アイツ馬鹿なの?)コソコソ


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



148 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/06(日) 23:35:11.35 ID:82OxZUAO [31/36]

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

垣根「病院に向かえばいいんだよな」ブロロロ

土御門「そうだにゃー。大人しく向かうんだぜい?」

垣根「わかってるよ。俺を誰だと思ってんだ」ブロロロ

土御門(いや、お前だから不安なんだよ)

垣根「……それにしても、ガキ達ぐっすり眠ってるな」ブロロロ

海原「催眠薬でも投与されているんでしょう。これからまさに実験でもされる所だったんでしょうね」

子供達「zzZ」

垣根「十何人ぐらいいるかと思ってたんだけど、ニ人だけなんだな」ブロロロ

土御門「そんなにいたらもっと手配してるぜい」

垣根「それもそうだな」ブロロロ



150 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/06(日) 23:37:11.42 ID:82OxZUAO [32/36]

垣根「なあ、結標。いや、あわきん」ブロロロ

結標「あ、あわきん?」

垣根「お前、そこにいるガキ襲うなよ?」ブロロロ

結標「……はぁ? 何言ってんの?」

垣根「え? だってお前ショタコン何だろ? まさに狙い通りのガキが揃ってんじゃん」ブロロロ

結標「し、ショタコンじゃないわよ! 何でショタコンだと思ってんのよ!」

垣根「勘だよ勘。俺の第六感が耳元でお前はショタコンって囁いてんだよ」ブロロロ

結標「何その使えない第六感」ドキドキ

土御門(図星で顔真っ赤にしてるじゃねぇか)

垣根「セロリちゃんはセロリ通りロリコンだよな」ブロロロ

一方「ロリコンじゃねェよボケ。つまンねェ事ぬかしてねェで運転に集中しろ」

垣根「認めることも時には必要なんだぜ? 大人になれよ」ブロロロ

一方「垣根くン、後で屋上来いよ」

垣根「え? いや……俺お前の事友達だとは思ってるけど交際はちょっと……」ブロロロ

一方「どンな勘違いしてンだ三下ァ!」ブン

垣根「ぐおおおおお! 殴られたあ!」グラリ

土御門「どわ! 一方通行暴れるな!」グラグラ


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



151 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/06(日) 23:39:33.32 ID:82OxZUAO [33/36]

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

垣根「無事送り届けれたな」ブロロロ

土御門「これも垣根のお蔭だにゃー。垣根がいなかったらこれ程スムーズには進まなかったぜい」

海原「ありがとうございます。大分はかどりましたよ」

垣根「当たり前だ。俺を誰だと思ってやがる」ブロロロ

一方「万年第二位のメルヘンちゃンだろ?」

垣根「お前、後で屋上来いよ」ブロロロ

一方「はァ? 何でメルヘンちゃンの呼び出しに応じなきゃいけないンですかァ?」

垣根「……お前に殴られた頬が腫れてきた。打ち止めに言い付けてやるからな」ブロロロ

一方「ガキかお前は」



152 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/06(日) 23:41:25.43 ID:82OxZUAO [34/36]

垣根「おっと、着いたぞ」キー

結標「着いたって……え?」

垣根「ほらほら降りろ降りろ」ガチャ

海原「……あの……ここは……?」

垣根「おいおい海原。テメェの目は節穴か? ちゃんと寿司屋って書いてあるだろ」

土御門「……垣根の考えが未元物質過ぎてわからないにゃー」

垣根「寿司屋に来たら寿司食うに決まってんだろ」

一方「お前さっき寄りたい所があるって言ってたけどよォ、まさか寿司屋だったのかァ?」

垣根「大正解。我慢してたんだからな?」

土御門(置き去りを救う前に飯済まそうとしてたのかよ)

垣根「とっとと降りろよ。奢ってやるからさ」

土御門「なに!? それを早く言え!」ガチャ

結標「……奢りなら私も食べよっかな」スタッ

海原「……流れを無視する訳にもいきませんね」スタッ

一方「チッ、仕方がねェなァ」ガチャ

垣根「テメェ等現金だな」



153 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/06(日) 23:43:55.33 ID:82OxZUAO [35/36]









土御門「腹一杯食ってやるにゃー!」タッタッタ

垣根「なら俺は腹二杯食ってやるよ!」タッタッタ


一方「ガキかお前等」テクテク









垣根帝督が色々手伝うようです







234 名前:『第二十一部』[] 投稿日:2010/06/11(金) 19:53:53.54 ID:1oDckMAO [1/26]
出来たら今日これ投下する
出来なきゃ明日

固法「白井さん、見回りは?」

黒子「……私としたことがすっかり忘れてましたわ」

固法「……携帯で何見てたか知らないけど業務は怠らないように」

黒子「うう、黒子一生の不覚……! お姉様の寝顔画像を眺めていたらこれ程時間が過ぎていたとは……流石お姉様ですわ」

固法「あー訳わからない事言ってないで早く行きなさい」

黒子「それでは、行ってまいります」テクテク

ガチャ

佐天「こんにっちはー! いつも通り遊びに来ましたー!」テクテク

黒子「あらあら、佐天さん――」

垣根「こんにっちはー。初めて遊びに来た垣根帝督でーす」テクテク

黒子「」

固法「」







垣根帝督がジャッジメントとして活動するようです








244 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/11(金) 21:19:56.83 ID:1oDckMAO [2/26]

佐天「いやー、外歩いてたらちょうど垣根さんと出会っちゃいまして」

垣根「暇潰しになるかと思って来た訳だ」

黒子「それでは見回りに行ってまいります! 後はお任せしましたわ!」テクテク

垣根「見回り? へー、面白そうだな。俺も行くか」テクテク

黒子「ついて来なくて結構ですの!」テクテク

垣根「じゃあな佐天、またな。……おい待てよ」テクテク

佐天「はーい、また会いましょう」

固法「……今のは確か第二位、垣根帝督よね」

佐天「そうですよ。いやー、あの人すっごく面白いんですよ。話してみるとわかりますよ?」

固法「……へー、そうなんだ」


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


246 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/11(金) 21:30:29.96 ID:1oDckMAO [3/26]

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

垣根「おい、いつ事件起きんだよ」テクテク

黒子「そんなしょっちゅう事件何て起きませんの。犯罪都市じゃないんですから」テクテク

垣根「……犯罪都市ね……面白い言い方だ。俺的には犯罪都市で合ってると思うんだけどな」テクテク

黒子「何を言って――」テクテク

ピーピー!

黒子「……アラーム音? どこから」キョロキョロ

垣根「あの駐車場からじゃねえの?」

黒子「ということは……」タッタッタ

垣根「あ。おい、待てよ」タッタッタ



247 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/11(金) 21:35:31.35 ID:1oDckMAO [4/26]

ガサゴソ

黒子「……予想通り車上荒らしのようですわね」ジロー

垣根「のようだな」ジロー

黒子「人数は一人……いえ、車内にもう一人隠れているかもしれませんわね」ジロー

垣根「なるほど……んで、どうすんだ? 捕まえるのか?」

黒子「当たり前ですの。みすみす逃がす訳にはいきませんわ」

垣根「なら俺に任せとけ。10秒以内に終わらせてやる」テクテク

黒子「ちょ……!」



248 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/11(金) 21:41:53.78 ID:1oDckMAO [5/26]

男「金目の物は……」ガサゴソ

垣根「はいそこまでだ」テクテク

男「……!」ビクッ

垣根「白昼堂々とご苦労な事だ。そんなに金が欲しいのか?」テクテク

男「くっ……ジャッジメントか!?」

垣根「生憎と俺はジャッジメントじゃねえ。が、気持ちはジャッジメントの一員だ」テクテク

男「ジャッジメントじゃねぇならでしゃばるんじゃねぇよ!」

垣根「……うるせーな。とりあえず器物損壊、窃盗の罪でお前を殺す。後部座席にもう一人いるんだろ? 優秀なパートナーがそう言ってたんだけどよ。いるんなら出てこい。……いや、出て来なくていい。車ごと叩き潰したほうが楽だ」ファサファサ

男「ひいい!」ガクブル

黒子「す、ストップですの!」タッタッタ


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

249 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/11(金) 21:51:23.76 ID:1oDckMAO [6/26]

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

黒子「いきなり殺すだの何だのと……どんな短絡的な思考回路をしているんですの!?」テクテク

垣根「ばーか、冗談に決まってんだろ? 実際に殺す訳ねぇだろ」テクテク

垣根「結局お前が拘束したし、俺何もやってねえじゃねえか」

黒子「貴方はでしゃばらなくて結構ですの。大人しくお帰り下さい」

垣根「んな事言う――おい、頼みがある」ピタッ

黒子「? どうしました突然」ピタッ

垣根「ちょっと腕章貸せ。すぐ返すからよ」

黒子「何を言って――」

垣根「いいから貸せ」

黒子「……すぐに返して下さいまし。これがなければジャッジメントとしての威厳を示せなくなりますから」スッ

垣根「わかってる」タッタッタ



250 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/11(金) 21:59:32.23 ID:1oDckMAO [7/26]

一方「ッチ、買い物なンざ頼むンじゃねェよ。面倒くせェな」テクテク

??「止まれ、そこの白髪」

一方「……ァあ? 俺の事か? って垣根じゃねェか」クルリ

垣根「ジャッジメントだ」ビシッ

一方「……はァ? ジャッジメントって……」

垣根「猥褻物陳列の罪でテメェを拘束する。素直にお縄につきな」

一方「猥褻物って……何言ってンだ?」

垣根「テメェの顔は猥褻物に認定されてんだよ。街中歩く時はマスクつけて歩け」

一方「……喧嘩売ってンなら買うぜ?」

垣根「おっと、俺はジャッジメントだぜ? いいのか? ジャッジメントに暴力振ろうとしてよ」ビシッ

一方「……その為の腕章か三下ァ」ブチッ



252 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga saga] 投稿日:2010/06/11(金) 22:08:02.53 ID:1oDckMAO [8/26]

一方「それは本当に三下のか? ちげェなら今すぐぶち殺す」

垣根「俺のだ」

黒子「いいえ、それは私のでございます」テクテク

垣根「あ、こら」

一方「……そうだよなァ、三下のな訳ねェよなァ!」カチ

垣根「ッチ、バレたよ。黒子逃げんぞ。殺される」ファサファサ

黒子「え? まさか私も敵と見なされて?」

垣根「共犯共犯。とっとと逃げろ」ファサファサビューン

黒子「くっ……!」シュン

一方「逃げンなこら!」


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



254 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/11(金) 22:16:51.10 ID:1oDckMAO [9/26]

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

垣根「そこで俺は言ってやったのさ『島根を舐めるなよ? 鳥取』ってな」

佐天「うわー、意味がわからないです」

初春「話に脈絡が無さ過ぎですよ」

ワイワイ
ガヤガヤ


黒子「すっかり出入りするようになりましたわね」

固法「初春さんは何であんなに打ち解けてるの? 確か初めてここで出くわした時は凄く怯えてなかったっけ」

黒子「……あの花飾りをべた褒めされて心を許した、って佐天さんが言ってましたわ」

固法「どんだけ単純なのよ……」




255 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/11(金) 22:22:17.32 ID:1oDckMAO [10/26]

垣根「おい、見回りは俺に行かせてくんね? 巡回ルートは覚えたからよ」

固法「……はぁ、いくらなんでもそんな訳にはいかないですよ。そもそもここはたまり場じゃないんですから」

垣根「そんな事言うなよ。腕章腕章っと……」ガサゴソ

黒子「……いくら言っても無駄ですわ。この方は誰にも耳を傾けず、勝手に突っ走っては他人に迷惑を与え、満足したら去っていくという厄介極まりない方ですから」

垣根「ずいぶんと舐められた言われようだな……よし、装着完了。じゃあ行って来る」テクテク

佐天「面白そうだから私も行こっかなー」テクテク

垣根「部外者は引っ込んでろよ」ガチャ

佐天「垣根さんも部外者ですから」テクテク

ブカイシャジャネエヨ
イヤイヤ、アキラカニブガイシャジャナイデスカ

固法「……白井さん」

黒子「……放っておきましょう。飽きてすぐ帰ってきますわ」


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

256 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/11(金) 22:26:39.52 ID:1oDckMAO [11/26]

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

垣根「腹減ったからクレープでも食うか」テクテク

佐天「私の分は?」テクテク

垣根「お前、がめつい奴だな。ま、奢ってやるよ」

佐天「さっすが垣根さん、太っ腹ー!」

垣根「んで、何が食べたい――」

ドカアアアアン!

垣根「……おいおい、何の騒ぎだ?」

佐天「ビックリしたー……一体何が……」

イソゲオマエラ!
ワカッテル! 

垣根「……銀行から? ……あぁ、銀行強盗か。んで、何食べたいんだ?」

佐天「華麗にスルーですか!? 今まさにジャッジメントとして活躍する時じゃないんですか!?」

垣根「あ、そうだった。忘れてた」



257 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/11(金) 22:37:23.28 ID:1oDckMAO [12/26]

男「早く乗れ! アンチスキルが来るぞ!」

男2「ちょ、ちょっとまて……男3がまだ来ねぇ!」

男「何やってんだよアイツは!」

ガヤガヤ

男「……クソ、もう出るぞ!」

男3「待て待て! 俺を置いてくな!」タッタッタ

男2「早く乗れ! 何やって――ん? 何だそのガキは」

男3「一応人質は必要かと思ってな。気絶させて拉致ってきた」

男「はは、捕まったら罪が重くなるな。じゃあ出るぞ!」



258 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/11(金) 22:41:42.97 ID:1oDckMAO [13/26]

垣根「おっと、そんな簡単にいかせると思ってんのか? 強盗犯よ」スッ

男「ッチ、ジャッジメントか」

男2「関係ねぇ! 轢け! 轢いちまえ!」

垣根「おっといけね。これやるの忘れてた……ジャッジメントだ」ビシ

男「どかねぇと死んじまうぞ!」ブロロロロ

垣根「適用は強盗罪か? いや、誰か怪我でもしてたら強盗致傷罪か。おっと、ついでに誘拐罪もあるか。ま、何にせよ拘束させてもらうぞ」ファサファサ

男「く……!」ブロロロロ

垣根「おいおい、突っ込んでくるのか? 」ファサファサガード

男「ぐわぁ!」ドン

垣根「その程度じゃあ俺の能力を看破できねぇよ。ガキも乗ってんだ、あんまり暴れるなよ」テクテク




259 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/11(金) 22:43:59.09 ID:1oDckMAO [14/26]

垣根「手荒な真似はしねぇよ。とっととお縄につきな」

男2「く……そ!」ガチャタッタッタ

垣根「あ、逃げんなコラ。……ったく、逃げた奴以外は全員衝撃で気絶か。脆いもんだ」テクテク

垣根「ガキは大丈夫だろうな……今ので死んでたらどうすりゃあ――」

打ち止め「……うーん」グデー

垣根「……おいおい、そりゃあねぇだろ。まさかまさかの人質が打ち止めだよ。似てるとは思ったが本人だとは……」

打ち止め「……あれ? カキネがいるってミサカはミサカ意識が朦朧としてるけど何とか認識してみたり」

垣根「それだけ話せれば大丈夫そうだな」ヨット



260 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/11(金) 22:47:26.95 ID:1oDckMAO [15/26]

垣根「何でお前一人何だよ。一方通行はどうした?」

打ち止め「あの人が銀行に行くって言ってたからミサカも一緒に行こうとしたのに、勝手に一人で行ったから――」

垣根「あーなるほどね、大体わかった。打ち止めも急いで後を追い掛けて銀行に来たけど、アイツはとっくにいなかった。んで強盗に巻き込まれた……ってとこか」

打ち止め「うん、その通りってミサカはミサカは頷いてみる」

垣根「そりゃ災難な事だ」

ガヤガヤ

垣根「直にアンチスキルも来るだろうし、コイツラはほっといていいか」

男「」グデー

男3「」グデー

佐天「いやー、やっぱ凄いですね。何度見てもカッコイイですよその能力」タッタッタ

垣根「別に使わなくてもやれたけどな。……それより打ち止め、お前体調はどうだ? 本当に大丈夫か?」

打ち止め「何とも無いよってミサカはミサカは万全さをアピールしてみる」

垣根「そうか、それなら安心だ。降ろすぞ」スッ

垣根「……さーて、俺はジャッジメントととして仕事をこなすとしますか。お前等はここにいろ」テクテク


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

261 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/11(金) 22:53:12.83 ID:1oDckMAO [16/26]

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

男2「す、すいません。失敗しました」ハアハア

ボス「何だと? ……男と男3はどうした」

男2「それが……」

ボス「……なるほどな。言わなくても大体わかった。アイツ等この場所を吐かなければいいんだがな」

男50「誰にもつけられてないだろうな」

男2「だ、大丈夫だ。何度も確認したけどそんな気配は――」

バコオオオオオン!

ボス「!」

男2「な、なんだ!?」ビクッ

垣根「おーおー。沢山いるじゃねえか」テクテク

男29「……どうやらつけられてたらしいな」

垣根「テメェ等全員大人しくしろ。抵抗するなら容赦しねえ」テクテク



262 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/11(金) 22:54:20.99 ID:1oDckMAO [17/26]

垣根「ジャッジメントだ。大人しくお縄につけ」ビシッ

ボス「ジャッジメントか……だが一人だけのようだな」

垣根「一人だけどそれがなんだ?」

ボス「大した自信だな。これだけの数がいるのにも関わらず」

垣根「数で勝ってれば何とかなるとでも? 小物の考え方だな」

ボス「……いい度胸だ」スッ

垣根「……罪状は何にするか……いいや、お前等全員猥褻物陳列罪だ。存在が既に汚物だ」

男34「……」カチャ

垣根「鉄パイプなんざ構えて……とことん殺り合うつもりか」ファサファサ



263 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/11(金) 22:55:40.68 ID:1oDckMAO [18/26]

垣根「いいだろう。テメェ等に教えてやる」ファサファサ

垣根「俺の恐ろしいさ……いや、風紀委員《ジャッジメント》の恐ろしいさを」ファサファサ

垣根「二度と悪さをしないよう、身体の隅々まで叩き込んでやる」ファサファサ

ボス「殺れ!」

全員「「うおー!」」ドドドドド

垣根「いい覚悟だ」ファサファサ

垣根「ただ相手が悪かったな」ファサファサ

シネー!

垣根「とっととお縄についてろ屑共が!」ファサファサビューン


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



266 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/11(金) 22:59:00.07 ID:1oDckMAO [19/26]

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

黄泉川「んで、言いたい事は?」

垣根「何で俺が逮捕されなきゃならねぇの?」

黄泉川「暴れすぎて建物全壊。相手は全員重傷。で、他に何か言いたい事は?」

垣根「俺ジャッジメントだぜ?」

黄泉川「お前はジャッジメントじゃないじゃんよ」

垣根「ま、まってくれ。おい黒子! 俺ジャッジメントだよな!?」

黒子「はて、何の事でしょうか」

垣根「て、テメェ! このホクロが!」

黒子「ほ、ホクロ!?」

黄泉川「はい連行じゃん」グイ

垣根「覚えてろこのボケ!」テクテク

シャキットアルクジャン
ユルサネェカラナ!


黒子「……これにて、一件落着ですの」

佐天「垣根さんやり過ぎだよ」

打ち止め「うーん、更地になってるってミサカはミサカは目の前の景色の感想を言ってみる」


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


267 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/11(金) 23:00:45.69 ID:1oDckMAO [20/26]

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

黒子「これで何時もの日常に戻りましたわね」

固法「少し寂しい気もするけどね」カタカタ

佐天「あーつまんないー。垣根さんがいた時は楽しかったのにー」グデー

黒子「佐天さん? ここは楽しむ為に用意された娯楽施設ではありませんの」

佐天「ぶーぶー」グデー

初春「仕方が無いですよ佐天さん」カタカタ

佐天「宿題手伝って貰おうとしたのにー」グデー

初春「それぐらい自分の力でやらなきゃいけませんよ」カタカタ



268 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/11(金) 23:04:10.09 ID:1oDckMAO [21/26]

黒子「……」カタカタ

初春「……」カタカタ

固法「……」カタカタ

佐天「はー、しょうがない。一人でやりますか」

黒子「……初春。飲み物を」カタカタ

初春「……それぐらい自分で用意してくださいよ」カタカタ

固法「……」カタカタ

佐天「……うーん、わかんない」カキカキ

黒子「ったく、しょうがないですわね」ヨッコラショ

初春「何がしょうがないんですか」カタカタ

固法「……あった。このデータを……」カタカタ

佐天「あ、白井さん。私の分もお願いしまーす」

黒子「はいはい、わかり――」

ドガアアアアアアン!

垣根「殺しに来たぞテメェ等ァァァアアアア!」ファサファサ

黒子「」

固法「」

初春「」

佐天「」



270 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/11(金) 23:12:12.63 ID:1oDckMAO [22/26]

垣根「よくも俺を見捨ててくれたなァァアアア!」ファサファサ

黒子「ち、ちょ――」

垣根「こんな屈辱は久しぶりだよチクショウガァァァアアアア!」ファサファサ

初春「ヒ、ヒイイイイイイ! トラウマがぁぁああ! トラウマが蘇ってきましたぁぁああ!」

垣根「とりあえずここ潰してやるよォォオオオオ!」ファサファサドン

固法「きゃああああ!」

垣根「全部消えちまえヤァァアアア!」ファサファサビューン

佐天「避難避難ー!」タッタッタ

垣根「アッハッハッハッハ!」ファサファサドン



271 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/11(金) 23:16:37.85 ID:1oDckMAO [23/26]









垣根「俺はジャッジメントだァァアアアア!」ファサファサドン


黒子「ひぃいいい!」






垣根帝督がジャッジメントとして活動するようです







278 名前:『第二十二部』[saga sage] 投稿日:2010/06/11(金) 23:44:07.20 ID:1oDckMAO [24/26]

麦野「超がつく程めんどくさい仕事が入りましたー。はい拍手ー」

滝壺「……」パチパチ

絹旗「暗部は完全に崩壊したと超思ってましたー」パチパチ

フレンダ「ようやく私も表舞台に立った気がする訳よ」パチパチ

麦野「別に暗部として動く訳じゃないんだけどね」

絹旗「んで、どんな内容ですか?」

麦野「何か外の連中が侵入してきたらしいんだよねー。だからそいつ等の排除」

絹旗「超簡単な説明ありがとうございます」

麦野「直に車くるから」








垣根帝督が運転とかやったりするようです









282 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/11(金) 23:52:36.77 ID:1oDckMAO [25/26]

浜面「ふいー、やっと着いた」ブロロロ

麦野「タイミングバッチリね。そんじゃ、乗るわよ」テクテク

絹旗「……あれ? 車が二台ありますけど……どっちに乗ればいいんですか?」テクテク

麦野「あぁ、言ってなかったわね。今回は土御門の奴らも参加するから。浜面と一緒に来たあの車には多分土御門の奴らが乗ってる筈よ」テクテク

麦野「ぶっちゃけた話しこの仕事の依頼人は土御門だから」テクテク

滝壺「そうなんだ」ガチャ

絹旗「ん? じゃあ土御門達のみではこなせない仕事って事ですか? うわー、超めんどくさいじゃないですか」ヨッコラショ

フレンダ「ま、なんとかなるでしょ」ヨッコラショ

浜面「んじゃあ出すぞー」ブロロロ


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

283 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/11(金) 23:57:26.39 ID:1oDckMAO [26/26]

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

浜面「あー何で俺まで参加しなきゃいけないんだよ」ブロロロ

麦野「はいはい、下っ端君は大人しく運転してればいいのよ」

浜面「下っ端生活は解放されたんじゃねえのかよ」ブロロロ

フレンダ「結局、浜面は永遠に忠実な飼い犬な訳よ」

浜面「断固拒否する!」ブロロロ

滝壺「つちみかど達に顔出した方が良かったかな」

絹旗「いやいや、滝壺さん。寧ろ土御門達が顔を出さなきゃいけませんよ。窓はスモーク張りだからこっちは見えなくても向こうは超見えてた筈ですから」

麦野「浜面は土御門達と何か話した?」

浜面「いや、話してない。つーか土御門達が乗ってる何て知らねぇもん。運転してたらいつの間にか後ろについてきてたからよ」ブロロロ

麦野「ふーん。あっそ」


284 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/12(土) 00:02:18.11 ID:DmaAZYAO [1/38]

絹旗「……ん?」

滝壺「? どうしたの?」

絹旗「いえ……何か呼ばれた気がして……」

滝壺「……呼ばれた? 誰も呼んでないよ?」

絹旗「ですよねー。何か後ろから呼ばれたような気がして」クルリ

フレンダ「後ろ? 後ろって誰もいないけど」クルリ

滝壺「もしかしてつちみかど達が乗ってるあの車からかな」クルリ

絹旗「うーん、どうでしょうかね」ジロー

フレンダ「ライトが目に入ってよく見えないなー。あれ誰が運転してる訳?」ジロー

麦野「ただの下っ端じゃない? 浜面みたいな」

浜面「俺を例に出すな!」ブロロロ



285 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/12(土) 00:10:40.79 ID:DmaAZYAO [2/38]

絹旗「な、なんか超蛇行運転してるんですけどあの車」ジロー

フレンダ「危なっかしいなー。いつか事故るって」ジロー

麦野「何? もしかして挑発してるの? だったら浜面も――」クルリ

浜面「やんねぇよ! 何で俺まで危険な橋渡ろうとしなきゃいけねぇんだよ!」ブロロロ

麦野「危険じゃないってーの。少し左右に動かすだけだから」

浜面「少しって……あの車完全に対向車線はみ出てんじゃん。それをやれって言うなら俺に死ねって言ってるようなもんだぞ」ブロロロ

麦野「……確かにやり過ぎよね、あの車」ジロー



286 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/12(土) 00:15:02.04 ID:DmaAZYAO [3/38]


ドカーン!


絹旗「うわ、ガードレールに突っ込みましたよ」

フレンダ「おいおい何を……ん? 何か運転手の前に変なの出てない?」

滝壺「エアバックかな」

浜面「何突っ込んでんだよ……一旦止まるぞ」ブロロロ

麦野「……いえ、止まらなくていいわ。いちいち面倒見るのもいやだし、どうせ直ぐに追い付いてくるわよ」

浜面「はぁ? いいのかよ……ってホントだ。もう追い付いてきたよ」チラリ

絹旗「まるで事故なんか無かったかのような走りですね」

フレンダ「事故慣れでもしてる訳?」


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

288 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/12(土) 00:21:52.28 ID:DmaAZYAO [4/38]

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

麦野「おっけー。ここで止まって」

浜面「おう」キー

絹旗「……土御門達完全に消えましたね」

フレンダ「多分だけど……ファミレスに入っていかなかった?」

滝壺「入ってったね」

浜面「……本当に何やってんだよアイツ等」

麦野「ったく、意味わかんないわよ。私達に全部投げたの? まさかこの為に呼び出した訳じゃないでしょうね」

浜面「アイツ等はのんびり飯食う為に俺達を呼んだ……と?」

絹旗「それがほんとなら超ムカつくんですけど」

フレンダ「いやいや、流石に無いでしょ」



289 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/12(土) 00:26:56.28 ID:DmaAZYAO [5/38]

麦野「ふん、まあいいわ。後で問い詰めればいいだけだし。そんじゃ絹旗にフレンダ、とっとと行ってとっとと終わらせるわよ」ガチャ

絹旗「超了解です」ガチャ

フレンダ「はいはーい」

麦野「滝壺と浜面は大人しくお留守番ねー」テクテク

麦野「浜面一人残るのは寂しいでしょ? ありがたく思いなさいよ。それとあんまイチャイチャしてないでよ? ピンクな空間されたらたまんないからさ」テクテク

浜面「い、イチャイチャしねぇよ!」

絹旗「そんじゃ滝壺さん行ってきまーす」テクテク

フレンダ「浜面はどうでもいいや」テクテク

浜面「何がどうでもいいんだよ!」



292 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/12(土) 00:35:25.04 ID:DmaAZYAO [6/38]

浜面「ったく、フレンダの奴……」

滝壺「……ねえはまづら。つちみかど達に電話した方がいいかな」

浜面「電話? ……そうだな、一応連絡取ってみるか。マジで飯食ってたらぶん殴ってやる」ピッポッパ

浜面「……」プルルル

浜面「……」

《も、もしもし》ピ

浜面「あー土御門? お前今何処にいんだよ。先に目的地に着いちまったぞ」

《……にゃー、本当に申し訳ない。俺達もホント後少しで着くにゃー》

浜面「麦野達先に行っちまったから早く来いよ。俺と滝壺は車で待機してるんだけどさ」

《……そうか、先に潰しに行ったのか……なら俺達の出番は無さそうだな》

浜面「ん? 何だよ、楽な仕事なのか?」

《麦野達なら簡単に終わらす筈だにゃー》

浜面「何だ、てっきりマジでヤバい奴らが侵入してきたと思っちまったよ」

《数は多いが所詮は訓練された一般人、やろうと思えば絹旗一人でも……おい前見ろ前!》

《また事故るって! お願いだから安全運転してよ!》ガヤガヤ

《ああ、今人轢きそうになりましたよ!?》ガヤガヤ

《テメェいい加減にしろやァ! 三枚におろすぞ三下ァ!》ガヤガヤ

浜面「……も、もしもし?」

《すまん、一旦切るぞ。直に着――》ブツ

浜面「……」



293 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/12(土) 00:46:07.27 ID:DmaAZYAO [7/38]

滝壺「何て言ってた?」

浜面「……直に着くだってよ」プルルル

浜面「っと、電話が……あ? 土御門から?」プルルル

浜面「何だよ……ったく」ピ

浜面「もし――」

《今すぐそこから離れろ! 死ぬぞ!》

浜面「……はぁ? おい、何が――」

《急げ! とにかく車から離れろ!》

浜面「車から? わ、わかった。滝壺! 急いで車から降りろ! 何かヤバいらしい!」ガチャ

滝壺「わかった」ガチャ

《降りたか!? 降りたなら急いで離れろ!》

ブロロロロロロ!

浜面「滝壺こっちだ! 走れ!」タッタッタ

滝壺「うん」タッタッタ

浜面(おいおい、何があるんだ!? まさか車に何か仕掛けられてたのか!?)タッタッタ

滝壺(エンジン音が聞こえる)タッタッタ

《許せ浜面!》ブチ

浜面「許せって……はぁ?」タッタッタ

滝壺「はまづら。車が猛スピードで来てるよ」タッタッタ

ブロロロロロロ!

浜面「え? あ、本当だ。あれ土御門達の――」



294 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/12(土) 00:49:13.79 ID:DmaAZYAO [8/38]







ドガアアアアアアン!






垣根「着いたぜ」ファサファサガード

一方「テメェ殺す」カチ

結標「きゃああああ!」

海原「ぐはぁあああ!」

土御門「がぁぁぁあああ!」


浜面「く、車に突っ込んだあああああ!」

滝壺「」



295 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/12(土) 00:52:16.78 ID:DmaAZYAO [9/38]

垣根「一度でいいから車に突っ込んでみたかったんだよ」ガチャ

一方「死ね三下ァ!」ガバ

垣根「ぐわっ! は、はなせ……!」ジタバタ

一方「お前ホント一回死ンで転生してこいよ」グググ

垣根「し……死ぬ……」ジタバタ

土御門「や、やめろ一方通行……許してやれ……」グダー

一方「許したら調子乗ンぞコイツ」グググ

垣根「かは……!」ジタバタ

海原「顔が真っ青になってますよ!」

結標「ホントに死ぬって!」

浜面「車があああああ!」ガーン

滝壺「」


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


297 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/12(土) 00:57:37.20 ID:DmaAZYAO [10/38]
>>232
何かホントすいません

寝る
続きはまた夜にでもやる
おやすみなさい

347 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/12(土) 21:15:46.61 ID:DmaAZYAO [11/38]

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

麦野「帰ってきてみれば何の騒ぎだこりゃあ。お祭りでもあったの?」

絹旗「車が超大破してますね」

垣根「反省も後悔もしねぇ。なぜなら満足してるからだ」

一方「……」ゲシゲシ

垣根「蹴んな蹴んな。無言で蹴んな」

土御門「どうやら麦野達が完璧に仕事をこなしてくれたようだな」

結標「私達が来た意味無しね」

海原「仕方がありませんよ。運転手が垣根さんでしたから」

垣根「海原、どういう意味だ? 俺の運転が不服か? なかなか舐めたこと言うじゃ……痛い、蹴んなよ」



348 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2010/06/12(土) 21:23:29.71 ID:DmaAZYAO [12/38]

麦野「何で途中からいなくなってんのよ。迷惑極まりないったらありゃしないわよ」

土御門「すまないにゃー。垣根が『腹減った』って言ってファミレスにインしちまったんだにゃー」

垣根「でも食ってねぇぜ? コイツ等が早く行けって言うから速攻で駐車場から出たんだよ。ふざけんなよな」

浜面(お前がふざけんな)

土御門「しかし、保険を掛けといて正解だったぜい。垣根の予期せぬ行動で俺達が万が一でも向かえなかったらお前達に任せるつもりだったからな」

フレンダ「じゃあ私達は保険だと?」

土御門「その通りだにゃー」

麦野「はー……いい迷惑よ」

土御門「殺してはないだろうな」

麦野「言われた通り半殺しにしといたわよ。ま、死んだ方がマシな状態だけどね」

土御門「それならいい。生きて回収さえ出来ればな」



349 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/12(土) 21:26:40.65 ID:DmaAZYAO [13/38]

垣根「んで、どうすんだ?」

浜面「何が?」

垣根「いや帰りだよ、帰り。車一つは完全にぶっ壊れてるし、この人数は流石に俺達の車には乗れねぇぜ?」

浜面(お前がぶっ壊したんだろうが!)プルプル

土御門「……仕方がない、回収班を呼ぶついでに車の手配を――」スッ

垣根「あぁ、車は俺が手配してやるよ。少し待ってろ」ピッポッパ

フレンダ「嫌な予感しかしない訳なんだけど」

垣根「何だよ嫌な予感って」テクテクプルルル



350 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/12(土) 21:31:16.73 ID:DmaAZYAO [14/38]

絹旗「そもそも何で垣根がいるんですか?」

アーモシモシ? オレダ

土御門「……わからない、わからないんだにゃー」

ア? オレダヨ、シマネノカキネダヨ

絹旗「わからない?」

ソウダ、ワルイケドオトコヨンイルカ?

結標「いつの間にか運転手が垣根に入れ替わってたのよ」

オトコヨンカ? シキュウクルマヲツクッテクレ

絹旗「な、何ですかそのホラーは」

ニンズウハジュウニンダ。イソイデクレ

土御門「気付いた時は絶句した。意味がわからなかったからな」

ワカッテル、フリコンドクヨ

絹旗「常識が無いですね」

シャケノホウガイイカ? ダッテオマエクマ--

一方「常識がねェで済まそォとすンな」




男4「俺は熊じゃねぇぇええええ!」ガブリ

垣根「があああああああ! 噛み付かれたぁぁあああ!」ドテーン

浜面「!?」ビクッ


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

351 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/12(土) 21:33:44.35 ID:DmaAZYAO [15/38]
ちょっと外す
10時頃にまたくる

354 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/12(土) 22:10:12.15 ID:DmaAZYAO [16/38]

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

垣根「車用意したからとっとと乗れ」ダラダラ

絹旗「頭から超大量の血が流れてるんですけど」

垣根「気にすんな」ダラダラ

絹旗「超気になるんで拭きますよ」フキフキ

垣根「助かる」

麦野「……さっき何かいなかった?」ヒソヒソ

浜面「あぁ、何かいたな。その何かが垣根の頭に噛み付いてたな」ヒソヒソ

麦野「てかいつの間に車用意されてるの? さっきまで無かったわよね」ヒソヒソ

浜面「車ってよりもバスだけどな」ヒソヒソ

垣根「よし、麦野達から乗り込め」



357 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/12(土) 22:14:55.10 ID:DmaAZYAO [17/38]

麦野「わお、広いわね」テクテク

垣根「空調、トイレ付きで、座席も超低反発素材を使ってある。後ろはサロンスペースになってるから適当に遊んでろよ」

垣根「確かカラオケもある筈だから誰か歌えば?」ヨッコラショ

フレンダ「よーし、浜面歌ってみよーう」テクテク

浜面「お、俺? 歌いたくねえよ」テクテク

滝壺「広いね」テクテク

絹旗「あ、冷蔵庫あるじゃないですか。中は……おお! ジュースもちゃんと入ってるじゃないですか」ガチャ

土御門「まさかここまで立派な物を用意するとはな」テクテク

垣根「早く座れー」



359 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/12(土) 22:16:38.22 ID:DmaAZYAO [18/38]

垣根「はい発車しまーす」ブロロロロ

一方「おい、コーヒーねェのかよ」

垣根「知らねぇよ。冷蔵庫に入ってねぇなら無いんだろ」ブロロロロ

一方「使えねェ冷蔵庫だ」テクテク

垣根「走行中はあんま動くなよ。こけんぞ」ブロロロロ

土御門「ヘイ一方通行! いっちょ歌ってくれ!」

一方「テメェが歌え」ヨッコラショ

麦野「やっぱここは浜面からかなー」

浜面「俺にふんなよ……ま、そこまで言うなら歌ってやるよ」

フレンダ「別にそこまで言ってないから」

浜面「う、うっせ! 歌ってやるっつってんだからいいだろ!?」



361 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/12(土) 22:22:13.26 ID:DmaAZYAO [19/38]

垣根「……」ブロロロロ

アノーヒーカーワーシータ
ヘタクソー

垣根「……」ブロロロロ

アクセラレーターウタエー
オマエガウタエヨ

垣根「……」ブロロロロ

タキツボサンウタイマショウ
イイヨ

垣根「……」ブロロロロ


垣根(何だこの疎外感は)ブロロロロ



362 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/12(土) 22:26:29.44 ID:DmaAZYAO [20/38]

垣根「……」ブロロロロ

アッハハハ
ワイワイ

垣根(運転してるから仕方がねぇけどさ……)ブロロロロ

オモシレー
ガヤガヤ

垣根(……やべ、超つまんねぇ)ブロロロロ

シネバーカ
ウッセ!

垣根「……」ブロロロロ

サカサマニナッテー
アハハハハ

垣根「……」ブロロロロ



364 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/12(土) 22:31:47.92 ID:DmaAZYAO [21/38]







垣根「根性ドリフトォォオオオ!」キキー!


一方「ぐわァ!」ズテーン

絹旗「わあ!」グラグラ








367 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/12(土) 22:41:21.90 ID:DmaAZYAO [22/38]

浜面「な、なにすんだよ!」グラグラ

垣根「うっせバァカ! お前等だけ楽しんでんじゃねえよ!」ブロロロロロロロ!

フレンダ「さ、さっきより速くない?」グラグラ

垣根「最高速度は時速1000キロ。ただ今の速度は200キロ」ブロロロロロロロ!

土御門「ば、バスでそんなに出せんのかよ!」

垣根「このバスに常識は通用しねえんだよ。男4が作ったバス舐めんな」ブロロロロロロロ!

浜面「誰だよ男4て!」

垣根「昔吹き飛ばした男の爪団の奴だよ。アイツ何でも作れんだよ」ブロロロロロロロ!



369 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/12(土) 22:47:11.68 ID:DmaAZYAO [23/38]


垣根「ロケットボタン、ポチっとな」ポチ

ウイーン

麦野「な、何これ! 傾いて――」

ドドドドド

垣根「ロケットー」

浜面「空飛んでるううううう!」

海原「何ですかこの無駄な機能は!」

垣根「あっはっは。超おもしれぇ」

土御門「笑ってる場合かボケ!」



374 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/12(土) 22:52:08.70 ID:DmaAZYAO [24/38]

垣根「ロボットボタン、ポチっとな」ポチ

ウイーン

絹旗「こ、今度は何ですか……!」

ウイーン

浜面「うお! 何か出てきた!」

フレンダ「うわ! いきなりベルトが締められた!」ガシャン

グギギギギ

麦野「な、何――」ヒュン

土御門「麦――」ヒュン

浜面「な! バスの――」ヒュン

ゴゴゴゴゴ

垣根「あっはっは。超おもしれぇ」ウイーン

一方「て――」ヒュン



377 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/12(土) 22:57:49.86 ID:DmaAZYAO [25/38]
しばらくの間音声のみでお楽しみ下さい


《何だこの部屋はァ!》

《む、昔見たガンダムだかのコックピットみたいな所だな》

《にゃにが起きてるんだにゃー!》

《な、なにが……》

《はまづらどこにいるの?》

《今ひとつ理解出来ない訳よ》

《かーきねぇ! 何なんだよこれは!》

《こ、これは一体……!?》

《な、何なのよこれ!》

《巨大ロボットー》

ヒューン

《オイオイオイ! 落ちてンぞォ!?》

《垣根! この操縦桿みたいなの動かしたほうがいいのか!? 動かした方がいいんだろ!?》

《あーあー、テメェ等聞こえるか?》

《聞こえてるに決まってンだろ!》



379 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/12(土) 23:02:21.05 ID:DmaAZYAO [26/38]

《さっきも言ったがここは巨大ロボットの中だ。ちょっと待ってろ》ポチポチ

《早くしろ三下ァ!》

《お、俺昔からこういう奴に乗ってみたかったんだよ》ドキドキ

《……あーわかった。取り合えずテメェ等が今いる場所教えてやるよ》

《一方通行は頭部、土御門は胴体、海原は左腕下部、結標は左腕上部、麦野は右腕下部、フレンダは右腕上部、滝壺は左足下部、絹旗は左足上部、浜面は……股間だな》

《俺股間かよ!》

《左腕下部って何ですか!?》

《ようは手首の辺りだ》

《左足下部って脛?》

《そうなるな》



383 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/12(土) 23:06:15.92 ID:DmaAZYAO [27/38]

《取説読むから待ってろ》ペラペラ

《ンな悠長に待ってられっか!》

《説明書何てあんのかよ!》


《ねぇ、『飛行』って書いてあるボタンあるんだけど押した方がいいかな》

《あ、俺の所にもあるにゃー》

《超胡散臭いんでスルーしてたんですけど私の所にもありますよ》

《とっとと押すわよ!》ポチ

《むぎの押した?》

《……》

《……》

《オイ、何も変わらねェぞ。地面近づいてンぞ》

《何で飛ばないんだにゃー》

《……ん? その横にドクロマークのボタンあるけど……》

《浜面! ぜってェ押すンじゃねェぞ!》


385 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/12(土) 23:12:50.39 ID:DmaAZYAO [28/38]

《何でこンな事になってンだ三下ァ!》

《ボタンを押したからだよ》ペラペラ

《何で皆バラバラ何だにゃー!? 普通皆一緒にいるもんじゃないんかにゃー!?》

《んな事言われても俺は知らねえよ》ペラペラ

《垣根。今私たちがロボットの中にいるって事は無理矢理理解しました。それで今私がいるのは左足上部……太股らへんて事ですよね?》

《ああ》ペラペラ

《それで……これ操縦したらどこ動くんですか?》

《お前が動かしたら左足が動く》ペラペラ

《あ、やっぱそうなるんですね》

《よく考えれば動かすのだけで一苦労だな。うまく連携とんなきゃ歩けねぇもん》ペラペラ

《ぜってェ殺す》



386 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/12(土) 23:15:04.45 ID:DmaAZYAO [29/38]

《あのさ垣根》

《……何だ? まだ何かあるのか? 今集中してっから話し掛けんな》ペラペラ

《俺は……股間? にいるんだけど、お前は何処にいんだよ》

《……わかんね》ペラペラ

《わかんねって……右足だよな》

《ちげぇ》ペラペラ

《……ちげェ? ちょっと待て三下ァ。右足は誰が動かすンだァ?》

《知らね》ペラペラ

《……お前ホントに何処にいンだよ》



387 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/12(土) 23:22:16.08 ID:DmaAZYAO [30/38]

《……》ペラペラ

《垣根さん! まだですか!?》

《……覚えた》パタン

《早くしろボケ!》

《ボケって言うなロリコン。いいか? それぞれいる場所は違うけどボタンの位置から何までは全く同じだ》

《『飛行』って書かれてるボタンがあるだろ? それはだれか一人が押した所で何の意味もねえ。全員で押して初めて作動する》

《少しでもタイミングがズレれば作動しねぇから。とにかく全員が同時に押せば飛ぶ》

《何だその面倒な設定!》

《と、とにかく押しませんか?》

《早く押さなきゃ衝突する訳よ》

《OK、なら全員で『島根サイコー!』って叫んだら押せよ?》

《何だその掛け声!》

《『コ』って言った瞬間に押せよ?》

《言わねェよ!》

《四の五の言うな。そんじゃいくぞ……? せーの》



388 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/12(土) 23:24:26.01 ID:DmaAZYAO [31/38]



《島根サイコー!》

《しま……》ポチ

《……》ポチ

《……》ポチ

《……》ポチ

《……》ポチ

《……》ポチ

《……》ポチ

《……》ポチ

《……》ポチ



391 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/12(土) 23:28:49.33 ID:DmaAZYAO [32/38]

《ああああああああああテメェ等叫べよ! 腹の底から叫べよ! 何黙ってんだよバカ!》

《叫ぶ訳ねェだろ三下ァ!》

《中途半端に『しま』の部分まで叫んだ奴誰だよ! 最後まで叫べよ!》

《そんで成功してる訳?》

《成功してる訳ねぇだろバァァァァカ! 俺押してねぇもん!》

《何で押してねェンだよォ!》

《テメェ等が叫ばねぇからだよバァァァァカ!》

《また首締めンぞ三下ァ!》

《チャンスは後一回だ! 失敗すれば地面に激突だからな!? 言わなきゃ勝手に死んでろ!》

《言うぞ!? せーの》



393 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/12(土) 23:38:06.37 ID:DmaAZYAO [33/38]


《島根サイコー!》

《島根サイコー!》ポチ

《島根サイコー!》ポチ

《島根サイコー!》ポチ

《鳥取サイコー!》ポチ

《島根サイコー!》ポチ

《島根サイコー!》ポチ

《島根サイコー!》ポチ

《島根サイコー!》ポチ

《島根サイコー!》ポチ



398 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/12(土) 23:42:17.97 ID:DmaAZYAO [34/38]




《ダレダァァァアアアア! 鳥取って言った奴ダレダァァァアアアア!》

《オイ、俺も言ったンだから押したンだろォなァ》

《押してねぇよバァァァァカ!》

《もう地面が――!》



ドガアアアアアアン!



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

400 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/12(土) 23:52:12.71 ID:DmaAZYAO [35/38]

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

垣根「……」ブロロロロ

土御門「……」

浜面「zzZ」

海原「zzZ」

フレンダ「zzZ」

滝壺「zzZ」

麦野「zzZ」

絹旗「zzZ」

結標「zzZ」

一方「……」

垣根「起きてる奴いるー?」ブロロロロ

土御門「……にゃー」

一方「……ァあ?」

垣根「何だ、テメェ等二人だけか」ブロロロロ

一方「悪かったなァ、俺等だけでよォ」



401 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/06/12(土) 23:55:26.96 ID:DmaAZYAO [36/38]

垣根「……俺も眠くなってきたからさぁ、どっちか運転してくんねぇ?」フワーア

一方「嫌だって言ったらどォする?」

垣根「嫌だって言うなら殺戮ボタン押す」ブロロロロ

一方「幾つボタンあンだよ……」

土御門「仕方が無いにゃー。俺が運転してやるぜい」ヨッコラショ

垣根「悪いな……超ねみぃ……」ブロロロロ

一方「あれだけ騒げば眠くもなるわなァ。結局落ちた後三時間も操縦とかして遊ンだンだからよォ」

垣根「右足が動かねぇってのは想定外だったけどな」キー

土御門「安全運転で行くぜい」テクテク

垣根「……着いたら起こしてくれ……」ヨッコラショ



402 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/12(土) 23:57:02.96 ID:DmaAZYAO [37/38]



ポチ



垣根「あ、ドクロマークが書いてあるボタン押しちゃった」

土御門「」ピタッ

一方「」カチ







404 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/12(土) 23:59:09.04 ID:DmaAZYAO [38/38]

垣根「明日謝るから今日はここで解散な」ガララファサファサビューン

土御門「一人だけ逃げてんじゃねえよ!」

一方「テメェ戻ってこいやァ!」ガララヒュン

土御門「とか言いながら一方通行も逃げんなよ!」

ガタガタガタガタ

土御門「にゃー! 超揺れ始めたー!」




405 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/13(日) 00:04:01.05 ID:DHInKMAO [1/3]








垣根「なるべく遠くに……っと」ファサファサビューン

一方「……」ヒュン



オボエトロクソヤロウ!








垣根帝督が運転とかやったりするようです








412 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/13(日) 00:17:39.90 ID:DHInKMAO [2/3]
書き溜め終了
次の投下は未定
つーかどうせまた埋められるだろうね

コメント

No title

このシリーズ好きだw

No title

まさかの新作でオレ歓喜
垣根がいつもどおりでホントによかったぜw

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。