FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さわ子「なんかもう唯ちゃんで良いや」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 19:35:49.82 ID:EM0epfwCP [1/19]
唯「ほえ?」

さわ子「彼氏出来ないし、出来てもすぐ別れちゃうし、いっそ唯ちゃんと付き合おうかしら」

唯「お断りします」

さわ子「おい」

唯「だって私にはギー太というフィアンセが」

さわ子「はいはい、解ったからさっさとその問題終わらせてね」

唯「はーい」

さわ子「唯ちゃんの補習が終わらないと、私も帰れないんだから」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 19:45:47.13 ID:EM0epfwCP [2/19]
唯「でもさー、さわちゃんは音楽の先生なんだから、他の教科の補習するのもおかしいよね」

さわ子「仕方無いのよ、担任だから」

唯「せっかく夏休みなのに」

さわ子「それ私の台詞」

唯「暑いー」

さわ子「もう、静かにやってよ」

唯「暑い暑い暑いー!」

さわ子「はいはい」

唯「アーイースー」

さわ子「終わったら買ってあげるから」

唯「わーい!」

さわ子「あれ?」

唯「ふんふーん♪」サラサラ

さわ子「唯ちゃん、意外とズルいわね」

唯「えへへ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 19:53:40.71 ID:EM0epfwCP
唯「ねー、さわちゃん」

さわ子「何ー?」

唯「さわちゃんはさー、高校生の頃頭良かったの?」

さわ子「まぁ平均以上には出来たわよ」

唯「えー!」

さわ子「何その反応」

唯「そんなのロックじゃないよ!」

さわ子「あのねぇ……ロック=ダメ人間みたいな認識はよしなさい」

唯「仲間だと思ってたのに……」

さわ子「て言うか、バカだったら先生になれないでしょ」

唯「あ、そっか」

さわ子「まぁバカな先生も大勢いるけどね」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 20:03:02.95 ID:EM0epfwCP
さわ子「セクハラとかね、何考えて生きてるのかしら」

唯「さわちゃんは言えないと思う」

さわ子「私は良いの、可愛がってるから」

唯「えー」

唯「そういえば、この間の水泳の授業で」

唯「体育の中島先生にすっごい見られた」

さわ子「あの人エロガッパだもんね……ハゲのくせに」

唯「ハゲてるからスケベなのか、スケベだからハゲてるのか」

さわ子「永遠の疑問ね」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 20:10:15.83 ID:EM0epfwCP
唯「数学終わったー」

さわ子「答え合わせするから貸しなさい」

唯「ほい」

さわ子「ふんふん……なんだ、やれば出来るじゃない」

唯「えっへん」

さわ子「逆に言えばやらなきゃ出来ない子なのよね」

唯「それは皆そうだよ」

さわ子「要領悪いって言ってるの、普段からこれくらい出来てれば補習なんかいらないのに」

唯「なかなかそうはいかず……」

さわ子「まぁ、だからこそ可愛い部分でもあるけど」

唯「ふい?」

さわ子「いいから、英語もやりなさい」

唯「はーい」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 20:37:32.43 ID:EM0epfwCP
唯「英語苦手」

さわ子「何が得意なのよ?」

唯「……ホームルーム」

さわ子「……」

唯「あ、あと音楽!」

さわ子「部活でやってる曲以外ダメダメじゃない」

唯「あう……」

さわ子「はぁ……軽音部は優等生揃いですねって言われてるのに」

唯「えへー」

さわ子「唯ちゃん以外はね」

唯「り、りっちゃんは?」

さわ子「あの子は普通には出来るもの」

唯「おぉ……裏切られた」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 20:52:01.30 ID:EM0epfwCP
唯「ねぇねぇ、何ヵ月くらい彼氏いないの?」

さわ子「……担任にそういう事訊くとはいい度胸ね」

唯「気になるんだもん」

さわ子「全く……裏表の無い子ね」

さわ子「…………三ヶ月」

唯「おぉー!」

さわ子「何の感嘆よそれ」

唯「私なんて未だに彼氏出来ないよー」

さわ子「唯ちゃんならその気になればすぐよ」

唯「そうかなー」

さわ子「大体、男なんてこうすれば……」

~~~~~

唯「さわちゃんの汚れ」

さわ子「女の武器って言って」ケラケラ

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 21:00:49.73 ID:EM0epfwCP
唯「私は結婚する人としかしないもん」

さわ子「失礼ね、私だって誰とでもするわけじゃないわよ」

唯「むー……」

さわ子「まぁ唯ちゃんもしてみれば解るわ、意外にたいした事無いわよ」

唯「しないもん」

さわ子「そう思ってた時期が私にもあったわ」ケラケラ

唯「……」

さわ子「なんなら教えてあげようか?」

唯「うえっ!?」

さわ子「冗談冗談、そんな逃げないでよー」

唯「目がマジだったよ……」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 21:14:30.47 ID:EM0epfwCP
さわ子「まぁ真面目な話、彼氏は学生の頃に作った方が良いわよ」

さわ子「社会人なんてもう出会い無いもの」

唯「作り方解んないし……て言うか女子高じゃん」

さわ子「やり方なんていくらでもあるわよ、例えば……」

唯「聞かなーい」

さわ子「あらあら、お子ちゃまの唯ちゃんには早い話だったかしら?」

唯「汚れた大人にはならないぜー」

さわ子「そういうのが子どもなの」

唯「ロックなのにー」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 21:35:42.15 ID:EM0epfwCP
唯「英語終了!」

さわ子「後は化学だけね」

唯「もう夕方だよ」

さわ子「誰かさんに1日潰されたわね」

唯「悪い人もいるんだね」

さわ子「あんたよ、あんた」ビシビシ

唯「いたーい!」

さわ子「早く終わらせてよね」

唯「アイアイサー」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 21:53:42.39 ID:EM0epfwCP
唯「それにしても暑いよ……溶ける……」

さわ子「そしたら冷凍庫で固めてあげる」

唯「酷い!」

さわ子「そんなに暑いならブラウスのボタン開けなさいよ」

唯「……えっち」

さわ子「……今更でしょ?」

唯「さわちゃんには裸も見られてるもんね」

さわ子「止めてその言い方」

唯「さわちゃんの裸も見てるもんねー」

さわ子「そんなの自慢にならないわよ」

唯「お腹の周りが……」

さわ子「……」グイー

唯「ごめんなひゃいー!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 21:59:57.63 ID:EM0epfwCP
唯「うう……体罰だぁ……」

さわ子「正しい教育です」

唯「ちぇっ」

さわ子「唯ちゃんも生意気になったわね」

唯「あ、スズメさんだ、可愛い!」

さわ子「前言撤回」

唯「うーん……」

さわ子「高校の化学なんて覚えるだけよ」

唯「かき氷はブルーハワイにすべきか、練乳が正しいのか……」

さわ子「……下らない事考えてないで早くやって」

唯「下らないとは失敬な!」

さわ子「そんなに怒るとこ?」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 22:09:45.50 ID:EM0epfwCP
唯「さわちゃーん」

さわ子「はーい」

唯「彼氏出来たら楽しい?」

さわ子「ん、まぁ、ね。色々面倒もあるけど」

唯「例えば?」

さわ子「えー……なんだかんだで男の都合に合わせなきゃいけないし」

さわ子「したくなくてもするし」

さわ子「彼氏いるからこそ一人になりたい時もあるし」

さわ子「……って、教え子に話す事じゃないわよね」

唯「えっと、酸化化合物が……」

さわ子「何なのこの子」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 22:40:17.87 ID:EM0epfwCP
唯「よーし終わったー!」

さわ子「良く出来ました」

唯「疲れたー」グデー

さわ子「自業自得ではあるけどね」

唯「さわちゃんって良い先生だよねー」

さわ子「急に何よ」

唯「わざわざ私のためだけに学校来てくれて良い先生だよ」

さわ子「……ありがと」

唯「えへへ」

さわ子「そもそも唯ちゃんが補習受けるような事態にならなければ私も来なくて良かったんだけど」

唯「それは言わないお約束」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 22:57:55.97 ID:EM0epfwCP
さわ子「うん、全問正解」

唯「やったー!」

さわ子「じゃあちょっと職員室行ってくるわね」

唯「ふーい」

~~~~~

さわ子「お待たせ……あら」

唯「お帰りー」ジャカジャカ

さわ子「ギター弾いてたの?」

唯「退屈だったもんで……」

さわ子「ま、アンプも付けてないし良いけど」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 23:03:25.59 ID:EM0epfwCP
さわ子「……」

唯「上手くなった?」ジャカジャカ

さわ子「まぁまぁね」

唯「ふえー」

さわ子「私が唯ちゃんくらいの頃はもっと上手かったわ」

唯「むぅ」

さわ子「……でも、唯ちゃんなら私よりもっと上手くなれるわ」

唯「そうかなー」

さわ子「ちゃんと練習すればね」クスクス

唯「頑張ろうっと」

さわ子「……ねぇ」

唯「ん?」

さわ子「唯ちゃんは私が育てたって、いつか言わせてね」

唯「私を育てたのは憂だよ」

さわ子「色んな意味で間違ってるわよ」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 23:10:40.60 ID:EM0epfwCP
さわ子「さて、帰りましょうか」

唯「……」

さわ子「なーに?まだお勉強したい?」

唯「それは嫌」

さわ子「なら帰るわよ」

唯「たまにはセッションしようよー」

さわ子「えぇ……」

唯「音楽室使ってる人もいないでしょ?」

さわ子「私のギター無いし」

唯「探せば出てくるよ」

さわ子「んな訳ないでしょ」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 23:26:36.34 ID:EM0epfwCP
音楽室

さわ子「……転がってるものね」ジャカジャカ

唯「こないだ掃除してたら見つけたんだー」

さわ子「メンテも何もしてないから酷い状態だけど」

唯「整いました」

さわ子「?」

唯「メンテしてないギターとかけて、すっぴんのさわちゃんと解きます、その心は……」

さわ子「……」ゲシゲシ

唯「痛い!」

さわ子「自分がすっぴんだからって調子に乗れるのも今の内だけよ」

唯「嫌な話……」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 23:57:27.22 ID:EM0epfwCP
唯「さっそく弾いてみよう!」

さわ子「一曲だけね」

唯「じゃあふわふわ時間で」

さわ子「はいはい」

唯「さわちゃんがボーカルね」

さわ子「はいはい……え?」

唯「いっくよー!」ジャカジャカ

さわ子「ちょ、ちょっと!」

唯「ほらほら」

さわ子「き、君を見てると、いつもハートどきどき」

さわ子(屈辱)

唯「いえーい!」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 00:52:58.09 ID:E+BTIyxdP [1/24]
~~~~

さわ子「……」

唯「さわちゃん可愛いかったよ」

さわ子「澪ちゃんしばく」

唯「えっ」

さわ子「それは冗談としても、もういい時間だから帰るわよ」

唯「はーい」

さわ子「ビール飲まなきゃ死んじゃう」

唯「アイス食べないと死んじゃう」

さわ子「急ぐわよ!」

唯「ラジャー!」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 01:03:59.26 ID:E+BTIyxdP [2/24]
コンビニ

店員「しゃせー」

さわ子「あぁ……涼しい……生き返る……」

唯「へっくしゅん!」

さわ子「唯ちゃん冷房に弱かったわね」

唯「汗かいてるから余計寒い~」

さわ子「女の子なんだからハンカチくらい持っときなさいよ」フキフキ

唯「どうもどうも~」

さわ子「世話の焼ける子ね」

唯「実はハンカチは持ってたり……」

さわ子「いるわよね、何故か自分のを使わない人」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 01:10:20.52 ID:E+BTIyxdP [3/24]
さわ子「これとこれと」

唯「お酒とおつまみばっかり」

さわ子「何か文句あんの?」

唯「モテないOLさんって感じ」

さわ子「アイス買ってあげないわよ」

唯「ごめんなさーい!」

さわ子「もう……早く取って来なさい」

唯「えへへ、これ」

さわ子「ガリガリ君……唯ちゃんにしては普通ね」

唯「夏はガリガリ君!スイカバーは素人!」

さわ子「そうなの?」

唯「だってガリガリ君は当たりが出るんだよ!」

さわ子「……あ、そう」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 01:17:43.75 ID:E+BTIyxdP [4/24]
店員「ありあしたー」

唯「ガーリガーリ君♪ガーリガーリ君♪ガーリガーリ君♪」

さわ子「ガリガリ君食べ歩きする女子高生なんて、世も末ね」プシュ

唯「いきなり缶ビール開ける人に言われたくない」

さわ子「んぐんぐんぐ……ぶはー!!」

さわ子「何かいった?」

唯「……別に」

さわ子「なんかもう夏はビール飲むために生きてるようなものよね」

唯「そんなに美味しいの?」

さわ子「飲んでみる?」

唯「……」ゴクリ

さわ子「ぷぷぷ、ダメに決まってるでしょ未成年ちゃん」

唯「むー!」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 01:24:41.60 ID:E+BTIyxdP [5/24]
唯「自分で言っといて!」

さわ子「悔しかったら早く大人になりなさい」グビグビ

唯「ふんだ!」ガリガリ

さわ子「あぁ……この幸せを知らないなんて可哀想」

唯「知らなくていいもん」ガリガリ

さわ子「強がる唯ちゃん可愛い」ナデナデ

唯「さわちゃん酔うの早いー」

さわ子「酔ってませーん」

唯「全くー……あ、当たった!」

さわ子「えっ、マジで!」

唯「うわーい!もう一本もらってこよう!」タタタ

さわ子「……ほんと子どもね」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 01:35:05.30 ID:E+BTIyxdP [6/24]
唯「二本目だからガリガリガリガリ君です」

さわ子「安直ねぇ」グビグビ

唯「さわちゃんだって二本目じゃん」

さわ子「ビールは水」

唯「嘘だぁ」

さわ子「ちゃんと空き缶はゴミ箱に捨ててるから良いの」

さわ子「それより、そんな冷たいの食べてて頭キーンてならないの?」

唯「それが良いんですよ奥さん」

さわ子「何それ嫌味?」

唯「舌青いー?」ベロン

さわ子「見せなくて良いから」

唯「ところで」

さわ子「ん?」

唯「二本目も当たったわけなんですが……」

さわ子「アリなのそれ……?」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 01:40:50.67 ID:E+BTIyxdP [7/24]
唯「店員さん、スゲーって言ってた」

さわ子「でしょうね、もう唯ちゃん一生分の運使ったんじゃない?」

唯「えぇ!?ガリガリ君なんかで!?」

さわ子「あ、そこは『なんか』程度なのね」

唯「お腹空いた」

さわ子「本能に忠実な子ね」

唯「こんな時、憂がコロッケでも持って来てくれたら……」

さわ子「あの子ならありそうね」

憂「あ、お姉ちゃーん!それに先生!」

唯「うーいー!」

さわ子「ほらね」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 01:53:04.30 ID:E+BTIyxdP [8/24]
平沢家

さわ子「何だかよく解らない内に呼ばれてるわけですが」

唯「まぁまぁ、皆でご飯食べた方が美味しいよ」

憂「どうせお父さんお母さんは旅行中ですし」

さわ子「特定の生徒を贔屓してるみたいで良くないんだけどねー」

唯「クリスマスとかに来てるから今更だよー」

さわ子「それもそうなんだけど」

憂「先生、ビール飲みます?お父さん買うのは良いけど、あんまり家にいないから余るんです」

さわ子「良いの?」

憂「はい」

さわ子「じゃあお言葉に甘えて……」

唯「買収」

さわ子「うるさいわね」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 02:12:09.77 ID:E+BTIyxdP [9/24]
さわ子「ほらほら酌しなさい」

唯「うぅ……」

さわ子「んぐんぐんぐ……ふふふ」

唯「?」

さわ子「教え子に注いでもらうのも良いものね」

唯「私は悪いよー」

さわ子「ったく、先生への日頃の感謝は無いわけ?」

唯「げへへ、成績の方をちょいちょいっとしていただけたら……」

さわ子「だーめ」

唯「ケチー」

さわ子「バカ言わないの」

憂「おつまみ出来ましたよー」

さわ子「ありがと憂ちゃん」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 02:25:41.53 ID:E+BTIyxdP [10/24]
さわ子「美味しい!」

憂「ありがとうございます」

さわ子「お酒飲まないのに、よくツボが解るわね」

憂「まぁなんとなく……」

さわ子「お姉ちゃんより優秀ね」ニヤニヤ

唯「むぅ」

憂「そんな事ありませんよ、お姉ちゃんはほんとは凄いんですから」

さわ子「解ってるわよ……ガリガリ君当てたりね」

唯「そうだよ!」

憂「ふふふ」

さわ子「冗談なんだけど」

唯「私もお腹空いたー!」

憂「もうちょっと待ってねー」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 02:34:38.57 ID:E+BTIyxdP [11/24]
憂「出来たよー」

唯「わぁい」

さわ子「ああ゛~……」

唯「こっちも出来上がったね」

さわ子「憂ちゃん……」

憂「は、はい?」

さわ子「私のお嫁になって……そして毎日ご飯作って……」

憂「え、遠慮します……」

さわ子「おーねーがーいー」ギュー

憂「ちょっと先生~!お姉ちゃんも止めてよ!」

唯「ハンバーグ美味しい!」

憂「お姉ちゃんー!」

さわ子「うんと言うまで離さないわよ」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 02:45:25.63 ID:E+BTIyxdP [12/24]
さわ子「憂ちゃん暖かい~」

憂「もー」

さわ子「人肌が恋しい日もあるのよ……」

憂「先生……」

さわ子「だからチューさせて」

憂「いや全然意味が解らないです」

さわ子「チュー、キス、接吻、口付け」

憂「言い方変えただけじゃないですか!」

さわ子「ね、ね?幸せにするから、ね?嫁に来なさい」

憂「うわー!」

唯「お、ハンバーグの中にチーズが」

ガン!

唯「んあ?」

憂「はぁはぁ……危なかった」


90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 02:53:28.16 ID:E+BTIyxdP [13/24]
さわ子「――」

唯「死んでる」

憂「生きてるよ」

唯「南無南無……」

憂「生きてるってば」

唯「憂、ちゃんと罪を認めなさい」

憂「生きてるって……生きてますよね?」ツンツン

さわ子「――」

憂「え、え?」

唯「あらら」

憂「ど、どうしようお姉ちゃん」

唯「うーん、仕方無い、山奥に埋めるしか……」

憂「もしくはコンクリートで固めて海に」

さわ子「こらこら」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 03:05:18.37 ID:E+BTIyxdP [14/24]
さわ子「可愛い顔して恐ろしい話し合いしてんじゃないわよ」

唯「さわちゃんが憂をいじめるから悪いんだよ」

憂「解ってるなら助けてよ……」

唯「いやほら、ハンバーグか憂かと言われたら」

憂「私がいないともうハンバーグ食べられないんだよ?」

唯「憂守る、超守る」

さわ子「あんた達、毎日楽しそうね」

唯「まぁねー」

憂「ねー」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 03:14:04.92 ID:E+BTIyxdP [15/24]
さわ子「バカやってないでそろそろ帰るわ」

唯「泊まってって良いのにー」

さわ子「そうもいかないの」

唯「んじゃあ酔っ払いのさわちゃんを送って行ってあげよう!」

さわ子「唯ちゃんに心配されるほどヤワじゃないわよ」

憂「あ、お姉ちゃん、ついでに牛乳買ってきて」

唯「了解ー」

さわ子「はぁ……」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 03:26:17.38 ID:E+BTIyxdP [16/24]
さわ子「ご馳走になって、悪いわね」

憂「いえいえ、また来てくださいね」

さわ子「えぇ、それじゃ」

唯「行ってきまーす」

憂「気を付けてねー」

~~~~~

唯「そういえばさわちゃんの家、行ったことない」

さわ子「来ないで良いわよ」

唯「えー、行ってみたい」

さわ子「人様に見せれるような部屋じゃないの」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 03:33:06.97 ID:E+BTIyxdP [17/24]
唯「なんでなんで?」

さわ子「そりゃまぁ散らかってたり……色々よ」

唯「気にしないのに」

さわ子「ていうか普通、先生の家なんて来たがらないでしょうに」

唯「さわちゃんちだから行きたいんだよー」

さわ子「はいはい、ありがとね」

唯「あ!」

さわ子「どうしたの?」

唯「まさか元彼さんとの思い出の品がいっぱい……」

さわ子「唯ちゃーん?長生きしたいなら黙っとこうね?」


98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 03:38:51.44 ID:E+BTIyxdP [18/24]
さわ子「ところで唯ちゃん」

唯「はい?」

さわ子「唯ちゃんは将来どうするの?」

唯「ゴロゴロ」

さわ子「……」

唯「わ、解んないよそんなの」

さわ子「解んない、か……そうね、そんなものかも」

唯「さわちゃんはさー、いつ先生になろうと思ったの?」

さわ子「とりあえず教員免許取って、とりあえず受かっちゃったからそのままズルズル」

唯「えー……流されてる」

さわ子「まぁだからこそ、あなた達には好きな道を見つけて欲しいのよ」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 03:45:30.90 ID:E+BTIyxdP [19/24]
唯「ふーん」

さわ子「ま、私がいくら言っても解らないでしょうけど」

唯「む」

さわ子「バカにしてる訳じゃないのよ、ただ……」

さわ子「こういうのは大人になって初めて解る事、唯ちゃんにはまだ解らなくて当たり前よ」

唯「なーんか大人も大変だね」

さわ子「すぐにこうなるわよ」

唯「あーあ、永遠に女子高生でいたい」

さわ子「大人は大人で楽しいけどね」

唯「お酒とか?」

さわ子「否定はしないわ」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 03:54:54.22 ID:E+BTIyxdP [20/24]
唯「私は飲む気しないなー」

さわ子「飲んでから考えても良いんじゃない?」

唯「なるほど……そうかも」

さわ子「飲めるようになったら、付き合ってね」

唯「えー」

さわ子「そこは嘘でも『はい!』って言いなさいよ」

唯「考えといてあげます」

さわ子「生意気」グイー

唯「ほっぺた引っ張らないでー!」

さわ子「もう駅ね、ここで良いわ……送ってくれてありがとね」

唯「どういたしまして」


101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 04:03:13.63 ID:E+BTIyxdP [21/24]
さわ子「じゃ、唯ちゃんも気を付けて帰るのよ」

唯「はーい」

さわ子「……牛乳頼まれてたの覚えてるわよね?」

唯「……もちろん」

さわ子「やれやれ……ちゃんと買っていくのよ」

唯「はーい」

さわ子「それじゃあね。明日の補習、遅刻しないでよ」

唯「了解ー!じゃあねー!」タタタ

さわ子「さて、帰ってもう一杯いきますか」

さわ子「……」

さわ子「結構マジで、一緒に飲める日を待ってるわよ」

さわ子「教え子と飲むの……面白そうだし」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/03(火) 04:21:49.31 ID:E+BTIyxdP [22/24]
翌日

唯「うー……遅刻遅刻」

唯「さわちゃん怒ってるかなぁ」

ガラリ

唯「お、遅れました……」

先生「遅いぞ平沢、たるんどるな」

唯「あ、あれスケベハゲ……じゃなくて中島先生?山中先生は?」

先生「山中先生は体調不良だそうだ」

唯(絶対二日酔いだ)

先生「だから今日は俺が勉強見てやるぞ、嬉しいだろ平沢!がはははは!」キラリーン

唯「あはは……やっぱり当分大人にならなくて良いや……」

寝る

コメント

No title

さわちゃんがいつ暴走するのかとヒヤヒヤした

和むなあ。

No title

あぁ・・・こういうのいいなあ。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。