FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

澪「お付き合いはお互い成人になってから!」3

878 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/31(土) 23:33:10.39 ID:RDh6w1/J0 [4/9]
唯「はぁ はぁ 」

澪「ふうっ」

唯「澪ちゃん…… 激しすぎ」

澪「唯も歓んでいた癖に」

唯「凄く良かったよ。澪ちゃん」

澪「そ、そっか」

唯「澪ちゃんってエッチの天才だね」

澪「微妙に嬉しくないぞ」

唯「だって、あんな指使いで責められたら誰でもおかしくなっちゃうよ」

澪「あのな、私は淫乱なんかじゃないぞ」

唯「説得力ゼロだね」

澪「…… だって」

879 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/31(土) 23:38:00.86 ID:RDh6w1/J0 [5/9]
唯「それにしても、澪ちゃんって本当に意志弱いね」

澪「うっ」

唯「さっきまで、澪ちゃん格好いいなあって思っていたのに」

澪「そ、それは」

唯「安心してね。律ちゃんには言わないし、みんなには普通の友達として振る舞うから」

澪「う…… うん。本当に頼むぞ」

唯「大丈夫だよ。わたし、澪ちゃんと繋がっているだけで幸せだよ」

澪「そ、そっか。じゃあ、もう一回…… しよ」

唯「澪ちゃん。お盛んすぎるね」

澪「し、しょうがないだろ」

唯「でも…… そんな駄目な澪ちゃん。大好きだよ」 

澪「唯の意地悪…… 」 チュ

唯「澪ちゃんの唇って柔らかい」 アムッ

882 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/31(土) 23:45:06.78 ID:RDh6w1/J0 [6/9]
澪「んっ」 (唯の唇だって柔らかいぞ、マシュマロみたいだ)

唯「あんっ」(うわっ、変な声出しちゃった)

澪「ゆ、唯…… 舌いれるから」

唯「んんっ」(わわっ、今日の澪ちゃん積極的だよ~)

澪「んはっ、んむうっ」(ゆ、唯の舌と絡んでる)

唯「くう…… んああっつ」(だめ、おまたの間がじんわりきちゃうよお)

澪「んんっ、ペロッ」(唯の犬歯つるつるだな)

唯「ふあっ、くわああ」(澪ちゃん、そんなとこ舐められたら、駄目だよ)

澪「んんっ、んはっ」(だ、駄目だ、とまらない。なんとかしないと)

唯「ふっ、んふっ、くうう」(澪ちゃんの舌が、喉の方まできてる~)

澪「ん…… ぷはああっ」

唯「ぷはっ ゼイゼイ」


883 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/31(土) 23:50:11.85 ID:RDh6w1/J0 [7/9]
澪「ご、ごめん。苦しかった?」

唯「澪ちゃんやりすぎだよ~ 息できないよ~」

澪「ホントにごめん」

唯「ううん。いいよ。澪ちゃん」ダキッ

澪「唯……」

唯「驚いただけ…… 澪ちゃんに激しくされるの好きだよ」

澪「唯って良いヤツだな」

唯「散々、いろいろヒドイこと言われたような気がするけれど」

澪「それは…… そうだけど」

唯「でも、そんな澪ちゃんも大好きだよ」ダキッ


884 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/31(土) 23:53:27.42 ID:RDh6w1/J0 [8/9]
澪「ねえ。唯…… 今、何時?」

唯「うーん。えっと、9時半だよ」

澪「うわっ、もうそんな時間なのか」

唯「もう帰っちゃうの?」

澪「うーん、私も帰りたくないけれど、でも」

唯「泊まっていきなよ。お家には電話すればいいじゃん」

澪「そ、そうだな」 ピポパ

澪「と言う訳で、今日は唯の家に泊まるから…… じゃあ」

唯「ありがとうね。澪ちゃん」

886 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/31(土) 23:59:53.73 ID:RDh6w1/J0 [9/9]
唯「澪ちゃんにやってもらいたいことがあるんだけれど」

澪「耳かき?」

唯「うん」

澪「そんなの、ひとりでできるだろ?」

唯「でも、澪ちゃんにしてほしいんだよ」

澪「うっ」

唯「お願い。澪ちゃん」ウルウル

澪「し、仕方ないな。一回だけだぞ」

唯「わあい」

澪(全く、しょうがないな…… 正座するか)

唯「やったあ、澪ちゃんのふとももだ♪」

澪「うわっ、急に倒れこむな」

唯「えへへ~」

887 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 00:03:39.09 ID:vyh9Ngxz0 [1/26]
澪(うわっ、唯の顔が近い)

唯(澪ちゃんってキレイだな、それに胸がすごく大きいよ)

澪「じゃあ、始めるぞ」

唯「お願いしまっす」シャキッ

コチョコチョ

唯「く、くすぐったいよ」 カタカタ

澪「こらっ、動くんじゃない」 ペシッ

唯「ごめんなさーい。でも、やっぱりくすぐったいよ」

澪「あぶないだろ。動くのならもうやらないぞ」

唯「うー 分かったよ。我慢するから」ギュ

コチョコチョ

澪(ふふっ、眉をひそめて我慢している唯もかわいいな)


888 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 00:06:50.16 ID:vyh9Ngxz0 [2/26]
澪「おっ、大きな塊発見」

唯「えっ、何?」

澪「ちょっとゴミとるから我慢しろよ」

コチョコチョ 

唯「うー むずむずするよう」(でも、怖いから動けない)

澪「もうちょっとだからな」

唯「う、うん」

ガサッ

澪「おっ、とれた」

唯「澪ちゃん、みせて~」




889 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 00:10:31.99 ID:vyh9Ngxz0 [3/26]
澪「ほらっ」

唯「うわあ、凄くおっきい」

澪「ちゃんと耳垢くらい掃除しろよ」

唯「し、失礼な。ちゃんとしてるよっ」

澪「じゃあ、これは」

唯「一人ではやりにくいんだって」

澪「はいはい。じゃあ続きやるぞ」

唯「うー 」ゴロン

コチョコチョ

澪「そろそろ終わりかな」

澪「おーい、終わりだぞ。ゆい?」

890 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 00:15:05.05 ID:vyh9Ngxz0 [4/26]
唯「すぅ…… 」

澪「こらっ、唯、寝るな、起きろ~」ユサユサ

唯「ん、んあっ」



唯「あれっ、私?」

澪「やれやれ、耳かき終わったぞ」

唯「ふわあ、ありがと。澪ちゃん凄く良かったよ」

澪「なんだか誤解を招きそうな言い方だな」

唯「あはは。そうだ。澪ちゃん、お礼に一つだけしてほしいコト言ってね。かなえてあげるから」

澪「ほんとうだな?」

唯「無茶な事は駄目だよ」

澪「わ、分かっているよ…… それじゃあ」

891 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 00:20:41.51 ID:vyh9Ngxz0 [5/26]
澪「あの、一緒にお風呂入ってくれないか?」

唯「お安い御用だよ」


唯「かぽーん」

澪「何言っているんだ」

唯「ししどおしだよ」

澪「鹿威し(ししおどし)のことか」

唯「そうそう、それ」

澪「ふう、まったく」

唯「あのね、澪ちゃん。ただ、一緒に入るだけでいいの?」

澪「うっ、あ、あのな、唯」

唯「何かな。澪ちゃん」

澪「背中…… 流してくれないか」


892 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 00:24:42.99 ID:vyh9Ngxz0 [6/26]
唯「う、うん」ポッ

澪「な、なんでここで顔を赤らめる」(いままで散々シテいたのに)

唯「だってね。澪ちゃんの背中綺麗すぎるんだもん。なめらかでつやつやで」

澪「は、恥ずかしいだろ///」

唯「それじゃあ洗うよ」

澪「わ、分かったって、オイ」

スリスリ

澪「な、なんで手で洗っているんだよ」

唯「だってスポンジだと、肌に傷がつきそうで」

澪「タワシじゃないぞっ」

唯「それに、澪ちゃんの肌に触るのが嬉しくて」

澪「ば、莫迦!」

893 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 00:28:35.70 ID:vyh9Ngxz0 [7/26]
スリスリ

澪「あ、ありがとうな、背中洗ってくれて」

唯「当然、前も洗うよね」

澪「や、やっぱりか」

唯「はあい。前を向いてくださいね。お客さん」

澪「あのなあ……」 クルッ

唯「やっぱり澪ちゃんて胸大きいね」 シミジミ

澪「こらっ、凝視するな!」

唯「私も、それくらい胸があったらなあ」シュン

澪「ゆ、唯くらいの小ぶりな胸もかわいいぞ」

唯「こぶりってヒドい」 ガーン

澪「ゴメンゴメン」

895 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 00:32:28.94 ID:vyh9Ngxz0 [8/26]
ピト

澪「あっ」(唯の指が膨らみにあたっている)

唯「澪ちゃんのおっぱいって柔らかいねえ」

フニフニ

澪「うっ////」

唯「でも、どうして、こんなに大きいのに……」

澪「な、なんだ、唯?」

唯「こんなに張りがあるのかなあ」

澪「高校生から垂れていたらその方が問題だぞ!」

唯「だって、澪ちゃんの胸って重力の法則とか無視ししてそうだし」

澪「恥ずかしいこと真顔でいうな!」


897 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 00:37:50.49 ID:vyh9Ngxz0 [9/26]
サワサワ

唯「ねえ。澪ちゃん」

澪「なに?」

唯「どうしたらそんなに胸が大きくなれるの?」

澪「そんなん知るか////」

唯「やっぱり、牛乳とかいっぱい飲むの?」

澪「そんなん迷信だ! それにだな。胸が大きくていいことなんかないぞ!」

唯「嘘だ!」

澪 (な、なんか急に迫力が!)

澪「あ、あのな。胸が大きいからって、中学の男子には変な視線でみられるし、肩はすごくこるし、

体育の時はすれるし…… 」

唯「そ、そうなんだ。でも貧乳は貧乳で悲哀があるよ」


898 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 00:43:27.71 ID:vyh9Ngxz0 [10/26]
澪「唯……」

ペタペタ

唯「憂から聞いたんだけれどね。風邪ひいた時、憂が入れ換わったことあったよね」

澪「そういえば、そんな事あったな」

唯「その時、さわちゃんが憂の変装を一発で見破ったんだよね」

澪「あーそうだ。私や律は全然分からなかったな」

唯「ねえ。澪ちゃん。妹の憂より胸が小さいってそんなに悲しいことないよ」

澪「ま、まあな。でも意外だな。唯がそんなコンプレックスもってたなんて」

唯「酷いよw いくら私だって悩みのひとつや二つはあるんだから」

澪「わ、分かったよ。ごめん」

唯「ここで謝ってしまうところが、澪ちゃんの『悪い』ところなんだけれどね」(苦笑)

905 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 04:45:10.77 ID:vyh9Ngxz0 [11/26]
バイさる規制だった。

続き!
――――

唯「澪ちゃんはね」

澪「な、なんだよ」

唯「とっても意地っ張りなのに、肝心なところで素直だから。女の子はコロって騙されるんだよ」

澪「ちょ、人を天然ジゴロみたいにいうな」

唯「だって、くやしいんだもん」

フニッ

澪「な、何が」

唯「澪ちゃんを忘れ…… ううん、澪ちゃんのおっぱいが大きすぎることがね」

澪「唯……」

唯「だからここはおしおきしないとね」

チュッ



907 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 04:52:15.16 ID:vyh9Ngxz0 [12/26]
澪「だ、駄目!」(ち、乳首なめられた)

唯「澪ちゃん。感じてる?」

チュバッ

澪「ひゃう」

クチュ、レロッ

澪「こ、こらっ、やめろっ唯」

唯「澪ちゃんって胸弱いんだw」

澪「ば、莫迦、そんなことされたら誰だって…… んくっ」

唯「澪ちゃんカワイイ♪」

クチュッ、クチュッ

澪(唯の舌の先っぽが、私の乳首をつついてる!)

唯「み、澪ちゃんのちくび大きくなってるよ」

チュバッ

澪「一々実況するなっ、そして舐めるなあ!」

909 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 04:58:36.47 ID:vyh9Ngxz0 [13/26]
唯「こんなに大きくして、こんなに固くなるなんて」

澪「そ、それは勝手にっ」

唯「澪ちゃんって悪い子だね」

コリッ

澪「きゃあ!」

澪(け、犬歯で噛まれたあ!)

唯「あはっ、澪ちゃんの悲鳴って、可愛いね。ぞくぞくしちゃう」

澪「うー 唯って…… Sなんだな」

唯「そうかな。そうすると澪ちゃんはM?」

澪「そうなの、かな」

唯「でもね。澪ちゃんがSでもMでも大好きだよ」

チュッ


910 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 05:02:14.77 ID:vyh9Ngxz0 [14/26]
カポーン

唯「そろそろ、下にいくよ♪」

澪「う、うん」ドキドキ

澪(唯の指が乳房より下におりて……)

澪(おへそを通って、もっと下に)

澪(私のおまたの近くの茂みに)

唯「澪ちゃんのアソコにとうちゃく~」

澪「電車じゃないぞ」

唯「ふふ。じゃあ、洗うね」

澪「や、やさしくしろよ!」

唯「もちろん」

911 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 05:08:13.75 ID:vyh9Ngxz0 [15/26]
クチュッ

澪(唯の指がっ、気持ち良すぎる)

唯「澪ちゃんのアソコ」

澪「な、なんだよ」

唯「わたし、ちゃんと洗っているのに、どんどんぬめぬめしたものが」

澪「////」 

唯「あふれてとまらないよ~」

澪「そんなこと言うなあ」(恥ずかしくて唯の顔がみれないっ)

唯「みおちゃんて面白いねえ」

澪「な、何が?」

唯「だって、アソコを晒しているのに両手で顔を隠してる♪」



912 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 05:13:20.96 ID:vyh9Ngxz0 [16/26]
澪「///// 」フルフルッ

唯「ごめんね。澪ちゃんからかっちゃって」

クチュッ、クチュン

澪「んんっ、くうん」

唯「澪ちゃんのお豆さんみっつけた」

澪「そ、そこは駄目だ!」

キュイッ

澪「あうっつ!」

唯「わっ、お豆さん、どんどん大きくふくらんでるよ」

クチュクチュ

澪「だめ、唯、だめええええっ」



914 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 05:17:27.24 ID:vyh9Ngxz0 [17/26]
唯「みおちゃん、とまらないよっ」

クチュ クチュン クチュ

澪「ふあっ、き、キモチよすぎる」

唯(澪ちゃんよがってる!)

澪「も、もういきそう」

唯「澪ちゃんっ、わたし、がんばるから」

唯(ざらざらしたところをこすってあげるよっ)

チュバッ、クチャッ

澪「も、もう、限界だっ」

唯「澪ちゃん。大好きっ」

澪「ゆ、ゆい。だめっ、らめええええっ」

915 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 05:22:20.49 ID:vyh9Ngxz0 [18/26]
澪「はあっ、はあっ」

唯「イッちゃった?」

澪「うん」 (また、唯にいかされた////)

唯「澪ちゃんのイキっぷり、凄く激しかったよ」

澪「唯の指づかい…… 上手すぎだよ」

唯「澪ちゃんがよがってくれるのが嬉しいんだよ」

澪「やっぱりドSだぁ」

唯「そうみたい」

チュッ

澪(唯のキス…… 優しいな)

……

唯「そろそろ、あがろっか。ゆでたこみたいになっちゃう」

澪「ああっ」

916 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 05:28:29.52 ID:vyh9Ngxz0 [19/26]
ウイイイイイン

唯「澪ちゃんの髪って、とっても綺麗だね」

澪「そ、そうか?」

唯「うん、すらっとまっすぐ伸びて、癖がなくて」

澪「そうはいうが、お手入れが大変なんだぞ。腰まで伸ばすと」

唯「そっかあ」

シャッ、シャッ

澪「シャンプーなんて一気になくなるし、夏はやたらに暑いしな」

唯「ふうん。そうなんだ」

澪「一度…… ばっさり切ってもいいか」

唯「駄目!」

澪「な、なんで駄目なんだよ」

唯「澪ちゃんは絶対切ったら駄目!」

澪「なぜ、そうムキにな? まあ切らないけどな」

唯「ぜったい、絶対、切ったらだめだからね」

917 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 05:35:53.66 ID:vyh9Ngxz0 [20/26]
唯「はい、おしまい」(ようやく乾いた!)

澪「ありがと。唯」(結びっ)

唯「ふああっ」

澪「もう12時近いな……」 (どんだけ風呂に入っていたんだか) 

唯「眠いはずだよう」

澪「そろそろ寝ようか」

唯「そうだね。ふああっ」


ベッドの中!

唯(澪ちゃんの足があたってるよう)

澪(唯のふとももが熱い)

モソモソッ

唯「私ね…… 」


918 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 05:40:29.09 ID:vyh9Ngxz0 [21/26]
澪「なんだ?」

唯「幸せだよ」

澪「そうなんだ」

唯「澪ちゃんが私の傍で寝てくれるなんて、しんじゃいそう」

澪「しぬな」

唯「それほど嬉しいってことだよ」

ニギリッ

唯「澪ちゃんの手ってあったかいね」

澪「唯の手は冷たいな。ひんやりしてるよ」

唯「私の方が、心はあったかいのかな」

澪「そうかもな」

唯「否定…… しないんだ」

澪「心当たりがありすぎてな」

唯「あはは」

919 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 05:43:54.82 ID:vyh9Ngxz0 [22/26]
澪「ごめんな……」

唯「どうしたの? 澪ちゃん」

澪「こんなに唯が想ってくれるのに、わたし、我儘なことばかり」

唯「澪ちゃん」

澪「私、唯が好きでいてくれることに甘えてばかりだった」

唯「ううん。いいんだよ澪ちゃん」

澪「ど、どうして」

唯「澪ちゃんはやっぱりみんなのアイドルなんだよ」

澪「唯……」

唯「澪ちゃんはね。いろんな子から好かれるけれど、無理に抑えなくていいと思うんだ」

澪「でも、唯が辛いだろ」

920 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 05:48:20.79 ID:vyh9Ngxz0 [23/26]
唯「確かに辛いよ。りっちゃんが澪ちゃんと親しくしているのを見るだけで、嫉妬しちゃう」

澪「だったら、どうして?」

唯「でもね。澪ちゃんが誰からも見向きをしなくなれば、それはそれで寂しいんだよ」

澪「もしかして…… 見せびらかしたい?」

唯「うーん。ちょっと違うかも」

澪「違う?」

唯「えっとね。私が好きなひとはこんなに輝いている宝石なんだって思いたい」

澪「私は宝石なんかじゃ」

唯「例えだよ。だから、澪ちゃんがりっちゃんや、ムギちゃんや、あずにゃんに好かれてるってことは」

澪「うん」

唯「悔しいのと同時に嬉しいんだよ」

923 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 06:58:30.05 ID:vyh9Ngxz0 [24/26]
澪「複雑なんだな」(唯がこんなことを考えていたなんて…… 意外だ)

唯「女心は複雑なんだよ」

澪「私だって女だけどな」

唯「だからね。澪ちゃんには自由にしてほしいんだ」

澪「それって、とっても私に都合が良すぎる話じゃないか」

唯「そうだね。でも、恋愛ばかりはどうしようもないよ」

澪「唯…… 」

唯「私が、いくらあがいて引きとめたってね。澪ちゃんのこころの中は変えることはできないんだ」

澪「それは…… そうだけれど」

唯「私に、できることはね。澪ちゃん」

チュッツ

唯「たぶん、こういうことだけなんだよ」

924 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 07:03:45.10 ID:vyh9Ngxz0 [25/26]
澪「んっ」

チュッ

唯「おやすみ…… 澪ちゃん」

澪「おやすみ。唯」



翌朝!


澪「お、起きろ、唯! もうこんな時間」

唯「うわー 遅刻だ」

澪「急げ!」

唯「澪ちゃん。さぼっちゃわない?」

澪「駄目だ!」 キッパリ

唯「わ、わかったよ~」


925 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 07:09:22.69 ID:vyh9Ngxz0 [26/26]
ガチャッ

澪「うわっ、眩しい」

唯「よく晴れているね」

澪「っとそんなことより、急がなきゃ…… 唯、ダッシュだ」 シュタッ

唯「えっと…… 手?」

澪「唯、なにしてる?」

唯「家の外でも手を握って…… 良いの?」

澪「何言ってるんだ。当たり前だろ」

唯「…… 」

澪「唯?」

唯「ありがとう。澪ちゃん」 ギュッ

澪「//// ほ、ほら行くぞ!」

唯「う、うん。行こう! 澪ちゃん!」

(おしまい)



コメント

唯がホントに悪女に見えたが面白かった

そして唯のテクニックは憂直伝と‥‥

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。