FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憂「キス魔!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/29(木) 14:24:05.02 ID:yPvk3qeB0 [1/58]
憂「お姉ちゃん何見てるの?」

唯「あ、お風呂上がったんだ。これ映画だけどよくわかんないよー。それよりうい、アイス食べたい~」

憂「わかったよー今持ってくよ」

唯「アイス!あいす!」ゴロゴロ

憂(幸せだなあ)

憂「はい。どうぞ」スッ

唯「わーい!」ペロペロ

憂(お姉ちゃんおいしそうに食べるなあ…)

憂(きれいなくちびる…)ドクン

憂(!へっ?な、なにいまの…)

唯「ほら憂も食べなよ~」グイグイ

憂「う、うん…」

唯「おいしー」ペロペロ

憂(!)

憂(……キスしたい)

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 14:29:22.32 ID:yPvk3qeB0
憂(ってだめだめ!何考えてるの!)

唯「ほーら憂さんやー」

憂「あ、ありがと…」

唯「あーん」

憂(お姉ちゃんがなめたアイス…)

唯「どうしたの?」

憂「うっううん!あーん」パクッ

唯「おいしい?」

憂「うん!」

唯「よかったよかった」パクパク

憂(お姉ちゃんがわたしが食べたアイスを…)ドクン

憂「…」

憂「…キスしたい」

唯「へ?」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 14:34:06.24 ID:yPvk3qeB0
唯「憂いまなんて…んっ」

憂「お姉ちゃん…ふっ…んむぅ…」

憂(ああ…キスって気持ちいいなあ…)

唯「ん…う、ういっ!」ドン

憂「きゃっ!」ドタ

唯「あっ…ごめんね…その…びっくりして…」

憂「…あ…わたし…」

唯「憂…?」

憂「ご、ごめんなさい!ごめんなさい!」ダッ

唯「うい!」

バタン

憂(どうしようどうしよう…)

憂(わたし…なんてことを…)

憂(うっ…ごめんなさいおねえちゃん…)ポロポロ

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 14:40:03.29 ID:yPvk3qeB0
憂(お姉ちゃん…ごめんなさい…許して…)ポロポロ

ガチャ

唯「うい?入るよ…?」

憂「!」

憂(どうしよう…お姉ちゃんに会わす顔がないよ…)モゾ

唯「憂…?」

憂「…」

唯「さっきはびっくりしちゃった。憂…どうかしたの?」

憂「…ごめんなさい…」

唯「ううん。おこってないよ。でもなんでかなって」

憂「ごめんなさい…ごめんなさい…」

唯「憂…」

憂「お姉ちゃん…今は一人にして…」

唯「…うん。あんまり気にしなくていいからね」

唯「…じゃあね」ガチャ

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 14:44:39.84 ID:yPvk3qeB0
憂(うう…わたし最低だ…)グスッ

憂(…)

憂(もう…寝ちゃおう…)



ジリリリリリ

憂「…ん…朝…」

憂「お姉ちゃん…起こさなきゃ…」

憂(…昨日のこと…どう謝ろう…)

憂「…はあ」

ガチャ

唯「…zzz」グースカ

憂(お姉ちゃん…覚えてるよね…)

憂「…」

憂「お姉ちゃん…起きて」ユサユサ

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 14:49:51.62 ID:yPvk3qeB0
唯「ううん…むぅ…」ゴロン

唯「…ん…憂…えへへ、おはよー」

憂「うん…おはよう…」

憂「着替えて降りてきてね…」

唯「あっ…憂」

ガチャ

憂(謝れなかった…)

憂(…ううん!お姉ちゃん来たら謝ろう!)

唯「ういーごはんー!」ドタドタ

憂「!」

憂「おっ、お姉ちゃん!」ガタッ

唯「はえっ?」

憂「昨日はごめんなさい!わたし…」

唯「えへへーもうおこってないっていったでしょー」

唯「ご飯たべよーよ!」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 14:52:33.52 ID:yPvk3qeB0
憂「えっ?…う、うん…」

唯「おっ!今日はパンですかあー」

唯「いっただきまーす!」

憂「…」

唯「…憂」

憂「はいっ!?」

唯「いただきますは?」

憂「あ、うん…いただきます!」

唯「よし!」パクパク

憂(お姉ちゃん…気を使ってくれてるのかな…)

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/29(木) 14:54:55.75 ID:yPvk3qeB0


梓「おはよー憂」

憂「うん…おはよう」

梓「…憂?どうかした?」

憂「へっ?ううん!」

梓「?そう…?」

憂(昨日のわたしどうかしてたのかな…)

憂(ううん!もう忘れなきゃ!お姉ちゃんが気を使ってくれたんだし!)

憂「よし!」

梓「わっ!どうしたの?」

純「おっはよー」

憂「おはよう

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 14:55:52.79 ID:yPvk3qeB0
>>13 ミス



梓「おはよー憂」

憂「うん…おはよう」

梓「…憂?どうかした?」

憂「へっ?ううん!」

梓「?そう…?」

憂(昨日のわたしどうかしてたのかな…)

憂(ううん!もう忘れなきゃ!お姉ちゃんが気を使ってくれたんだし!)

憂「よし!」

梓「わっ!どうしたの?」

純「おっはよー」

憂「おはよう!」

純「わっ!な、なに?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 15:01:14.18 ID:yPvk3qeB0


梓「憂~ご飯一緒に食べよー」

憂「あ、うん」

純「こらわたしもでしょ!」

梓「ああごめん」

純「まったく」ブー

憂「じゃあ食べよっか」

「いただきまーす」

ワイワイ

梓「でさあ、そのとき先輩が…あっ!」ガタン

憂「わあっ!」ビシャ

純「あららーびちょびちょだあ」

梓「ご、ごめん憂!」

憂「うん…でも洗わなきゃシミになっちゃう」

梓「じゃあ洗いに行こう!ごめんね本当に…」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 15:07:10.04 ID:yPvk3qeB0


ジャー

憂「もうだいぶ落ちたから大丈夫だよ」

梓「よかった…ごめんね」

憂「もういいよ。気にしないで」

梓「うん…あ、ちょっとお茶なくなっちゃったから水飲んでくね」

憂「じゃあわたしも…」

梓「…」ゴクゴク

憂「…っふう」

憂(梓ちゃんよっぽど喉乾いてたのかな)

梓「…んっ…」ゴクゴク

憂(梓ちゃんのくち…きれい)

憂(!)

憂(わわ、わたしまた…)

梓「…っふー」キュッ

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 15:12:51.40 ID:yPvk3qeB0
梓「飲みすぎちゃった…憂?」

憂(梓ちゃんのくちびる…梓ちゃんの…)

梓「?」

憂(…もう…我慢出来ない)

梓「うい…んむっ」チュッ

憂「…はあ…梓…ちゃん…ちゅ…」

梓(!?)

憂「…んん…」

梓(わたし…憂とキスしてるの…?)

憂(ああ…やわらかい…)

梓「んむ…ちょ…ちょっと憂!」グイッ

憂「…あっ…」

梓「なななにしてんの!?」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 15:17:01.10 ID:yPvk3qeB0
憂「え…わたし…」

憂「あ…ご、ごめんね!」ダダッ

梓「ちょっと憂!」

憂(どうしよう…またやっちゃった…)

憂(わたし…どうしちゃったの…?)ポロポロ

憂(梓ちゃん…ごめんなさい…)ポロポロ

梓(憂…いっちゃった…)

梓(憂はどうしてあんなこと…)

梓(わたし…憂と…)ドキドキ

梓「…」

梓「…追いかけなきゃ」ダダッ

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 15:21:01.30 ID:yPvk3qeB0


梓「憂~どこいるのー!」

梓(電話もでないし…)

キーンコーンカーンコーン

梓「…あ…お昼休み終わっちゃった…」

梓(…憂ももどってきてるよね)

梓「…もどろう」

ガチャ

純「あっ!梓!憂は!?」

梓「え?きてないの?」

純「あんたしらないの?」

梓「うん…はぐれちゃって…」

純「はあ?学校で?」

梓「う、うん…」

純「…?あっ先生来た…」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 15:25:12.29 ID:yPvk3qeB0
「平沢さんは早退でーす」

梓(え?帰っちゃったの?)

純「おーい梓、なにがあったの?」

梓「えと…その…」

純「…まああとで聞くよ」



唯「えっ!憂帰ったの?」

梓「はい…午後から」

律「具合悪かったのか?」

梓「いえ…わたしもなにも聞いてないので…」

唯「…あずにゃん。憂、どこかおかしいところあった?」

澪「心当たりあるのか?」

唯「ううん…なんとなくだけど…」

梓「なにかしってるなら教えてください!」

唯「…実は…」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 15:29:06.75 ID:yPvk3qeB0
梓「!」

紬「…まあ」

澪「ななな…」

律「憂ちゃんがいきなりキス?」

唯「うん…」

梓(唯先輩にも…)

紬「梓ちゃん?どうかした?」

梓「あ…いえ…」

唯「あずにゃん?なにかあったら教えてほしいな…」

梓「…」

梓「…その…実はわたしも…」



澪「へえっ?」

紬「あら~…」

唯「あずにゃんも…?」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 15:33:48.09 ID:yPvk3qeB0
律「うーん憂ちゃんにしてはおかしいな…」

澪「憂ちゃんじゃなくてもおかしいだろ!」

唯「それでそのまま帰っちゃったの?」

梓「たぶん…」

唯「…」

唯「みんな、わたしもう帰るね」

澪「えっまだ部活が…」

唯「憂が…心配だから…」

梓「!…先輩、わたしも行っていいですか?」

唯「あずにゃん…うん、お願い」

律「じゃあわたしも行くよ、心配だし」

紬「じゃあみんなで行きましょー」

澪「…うん、そうだな。なにかあったら唯ひとりじゃ不安だし」

唯「あ!ひどいよ澪ちゃん!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 15:39:25.65 ID:yPvk3qeB0


「おじゃましまーす」

唯「ささ、どうぞなかへ」

紬「じゃあ…先に唯ちゃんが…」

唯「うん。見てくるね」

トントントン

澪「しかしまさか憂ちゃんがキスなんて…」カー

律「大胆だな」

澪「し、心配しろ!明らかにいつもと違うだろ!」

紬「もしかしたらもとからそうだったのかも…」

澪「な、なにをいってるんだムギ!」カー

梓「憂はいきなりあんなことしませんよ」

澪「そう…だよな…なにかあったのかなあ…」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 15:43:57.07 ID:yPvk3qeB0
ガチャ

唯「うい~いる~?」

憂「…ひっく…ぐす…」

唯「憂?」

憂「ひっ…お、お姉ちゃん…」

唯「憂、大丈夫?」

憂「あっう、うん!なんともないよ!」ゴシゴシ

唯「憂、今泣いてたでしょ」

憂「え?な、泣いてなんかないよ!」

唯「目が真っ赤だよ。ね、憂なにがあったの?」

憂「…べっ別に…」

唯「教えてよ憂。…ダメ?」

憂「…うっ…うわああああん」ダキッ

唯「わっ!」

憂「おねえちゃああん…わたし…わたし…」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 15:49:24.43 ID:yPvk3qeB0
唯「…よしよし。落ち着いてからでいいからね」ナデナデ

憂「うううっ…ぐすっ…」

ガチャ

梓「…憂?」

唯「あ…あずにゃん。ちょっとまっててね」

梓「はい」

憂「ううっ…あ…梓ちゃん…」

梓「憂、大丈夫?」

憂「ごめんね…今日わたし…」

梓「ううん。気にして無いよ」

唯「憂、もう大丈夫かな」

憂「…う、うん…」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 15:55:06.24 ID:yPvk3qeB0
唯「じゃあ…聞かせてくれる?」

憂「…うん」

梓「…」

憂「その…わたし…二人を見てる時…」

憂「なんだか急に胸がどきどきして…それで我慢できなくなって…」

唯「…うーん」

梓「まえは平気だったよね?」

憂「うん…昨日から急に…なんだか本当のわたしじゃないみたいで…」

唯「今は?大丈夫?」

憂「うん…平気」

唯「どうしちゃったんだろ…」

梓「まあとりあえず今は休みなよ。先輩たちも来てるから心配いらないし」

唯「あっ!それどういう意味ー!?」

憂「…うん」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 16:00:09.36 ID:yPvk3qeB0


律「よーしじゃあわたしが料理の腕をふるっちゃおうかなあ!」

梓「わたしたちがやりますよ」

律「ナニッ!?」

梓「それより先輩は憂になにが食べたいか聞いてきてくださいよ」

澪「わたしとムギは家のことやっておくから頼んだぞ」

律「…唯は?」

唯「わたしだって料理くらいできるよりっちゃん!」ドン

律「ほんとか~?」

唯「そうだよ!ほらはやく行ってきて!」グイグイ

律「わ、わかったよ…」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 16:06:42.58 ID:yPvk3qeB0
ガチャ

律「憂ちゃん?」

憂「…」スースー

律「…寝てるや。ごめんね」

憂「…ん…律さん…?」

律「あ、起こしちゃった。ごめんね」

憂「いえ…」

律「憂ちゃんなにか食べたいものある?」

憂「へ?いえそんなにしてもらわなくても…」

律「いーのいーの。はやく元気出してもらいたいから」

憂「あ、ありがとうございます…」

律「いえいえ、じゃあ何が食べたい?」

憂「あるもので結構です…」

律「あらら。そうかあ…じゃあ…」

律「…と、憂ちゃんちょっといい?」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 16:10:48.33 ID:yPvk3qeB0
憂「え?なんですか?」

律「いやちょっと聞きたいことがあってね…」

憂「はあ…なんですか?」

律「その…なんというか…」

憂「…?」

律「キスって…どうなのかなあって…」

憂「へ?」

律「だだだから!キスってどんな感触なの?」

憂「…」

律(うう…聞かなきゃよかったかな…)

憂「ふふっ…」

律「え?なに?」

憂「律さんって…結構かわいいですね」

律「な、なにをいってるの…」

憂「あ…ごめんなさい」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 16:16:23.17 ID:yPvk3qeB0
憂(律さんって…意外と女の子っぽいのかな)

憂(けっこう繊細そうだし…)

律「わ、わたしのかお何か付いてる?」ペタペタ

憂「いえ、なんでもないですよ」

律「そ、そう…それで…どうなの?」ジー

憂「えと…それは…」

律「うんうん」ズイッ

憂(うう~どうしよ…近いよお)

憂(律さん…結構整った顔してる…)

律「?」

憂(…)

憂(くちびるも…きれい)ドクン

憂(…)

憂(…キスしたい)

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 20:07:21.37 ID:yPvk3qeB0
憂「律…さん…」

律「へ?…うい…ちゃ…んっ!」チュッ

憂「ちゅっ……ちゅっ……」

律(…これが…キス……)

憂「んっ…ちゅ…」

律(すごい…すごい……)

憂「ああ…りつ…さん…ちゅっ…」

律「あっ…」

律(そんなに…やさしくされたら…おかしくなっちゃう…)

律「もっと…もっとして…むうっ…」

憂「ちゅっ…っはあん…」

律「もっと…もっとぉ…」

憂「うん…っはあ…んっ…」

律(だめ…あたまがおかしくなっちゃう…)

律(でも…まだ足りない…まだ…まだ…)

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 20:13:21.20 ID:yPvk3qeB0
ガチャ

唯「りっちゃんまだ…」

律「あああ…もっとお…」

唯「りっちゃん!?」

憂「…んはあっ…ちゅ…」

唯「ちょっとふたりとも!」グイッ

律「ああっ!」

唯「ああっじゃないよ!しっかりして!」ピシピシ

律「ああ…うふふ…」

唯「だめだ…」

梓「どうしましたー?」

唯「あ、あずにゃん…りっちゃんがごらんの有様に…」

律「もっと…まだ足りないのお…」グイグイ

憂「ん~お姉ちゃん離してえ」グイグイ

梓「…」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 20:19:05.00 ID:yPvk3qeB0
梓「と、とにかくふたりを離しましょう!」

唯「うん!りっちゃんをお願い!」

律「ああん…」

梓「ちょっと憂!はやく元にもどって!」

憂「えへへ……へ?」

憂「あれ…もしかしてわたしまた…」

梓「憂落ち着いて。心配しなくていいから」

憂「で、でも…律さんにわたしなんてこと…」

唯「りっちゃんはたぶん大丈夫だから大丈夫だよ!」

憂「…うう…わたし…」ウルウル

梓「わわわ!憂!平気だから泣かないでえ!」

憂「う…うん…」ゴシゴシ

唯「あとはりっちゃんを…」

律「うへへへへへ…」

梓「律先輩!」ビシッ

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 20:25:21.32 ID:yPvk3qeB0
律「ぶへっ!」

律「こら梓!なにすんだ!」プンスカ

唯「あっりっちゃん戻ったね~」

律「え?…あ…わたし…え…ほんとに?」

律「わわわたし…キスしてたの…憂ちゃんと…?」

梓「そうですよ。まったくしっかりしてくださいよ」

律(どどどうしよう…)ドキドキ

律「あわわわ…・うわあああ!」ダッ

唯「あ!りっちゃん!」ガシッ

律「はなせー!」ジタバタ

唯「どこ行くつもりなの!落ち着いて!」

律「はあ…はあ…うぅ…」

律「わたし…どうすれば…」

梓「まあとにかくみんなでリビングに行きましょう」

唯「…うん、そうだね」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 20:31:12.71 ID:yPvk3qeB0


澪「え?え?律がキス?憂ちゃんと?」

唯「うん…」

澪「わわわわわわ…」

憂「ご、ごめんなさい…」

律「いや、悪いのはわたしだよ…わかってたのに…」

律(でも…あの感触…)ポー

梓「うーん…みなさん憂のことについてわかったことありますか?」

紬「ええと…気のせいかもしれないけど、憂ちゃんとふたりきりのときにしかみんなキスしてないよ…ね?」

憂「あ…」

唯「おおっ!すごいよムギちゃん!」

梓「じゃあ…憂といるときは三人以上で…ってことですか」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 20:39:52.37 ID:yPvk3qeB0
憂「うう…ごめんなさい…」

律「えーと梓は大丈夫だよな。あの…ぴゅあちゃんだっけ?」

梓「純ですよ。どうやったらそんな覚え方できるんですか」

律「そうそう。その純ちゃんと三人でいればいいだろ」

梓「まあ…」

澪「わたしたちはそんなに気にしなくていいかな…そんなに会わないし」

紬「なんだかその言い方ひどいよ…」

澪「えっ?け、決して憂ちゃんと面識がないとかそういう意味で言ったんじゃなくて…」アタフタ

憂「いえ…気にしなくてください」

律「それよりは…唯だな」

唯「え?なんでー?」

紬「だっていつも家で一緒でしょ?」

唯「あ!そうだね!」

唯「でも…平気だよ!」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 20:45:52.60 ID:yPvk3qeB0
律「なんで?」

唯「憂のためならいくらでもキスしてあげるよ!」

梓「なっ…」

憂「お姉ちゃん…」

紬「なるほど…」

澪「なに納得してるんだ。…でもいつだってできるわけじゃないだろう」

唯「ん~そしたら…憂から離れればいいんでしょ?いままでもそれでもとにもどったんだし」

律「まあそうだな…じゃあこれでしばらく心配はいらなそうだな」

憂「あのっみなさん!」

澪「ん?」

憂「その…ありがとうございました!わたしなんかのために…」

紬「気にしないで。憂ちゃんのことならいつだって協力するよ!」

憂「あ、ありがとうございます…」

律「よーし。一件落着!」

梓「…そうですかね」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 20:51:49.24 ID:yPvk3qeB0
~翌日

梓「ういーおはよー!」

憂「あっ…おはよう…」

憂「…昨日はごめんね。迷惑かけて…」

梓「もーそれいいから!困ったときはお互い様でしょ!」

憂「うん…ありがと」

純「おいーっす!」

憂「あ…おはよう」

純「憂昨日どしたの?なにかあった?」

梓「なんにもないよ!ほらもうホームルーム始まるよ!」グイ

純「わわ!なによー!」

憂「…っふう」

憂(今日は大丈夫そうかな…)

「それじゃ始めるぞー」

「きりーつ…」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 20:57:52.68 ID:yPvk3qeB0
~放課後

憂(梓ちゃんのおかげでなんともなかった…よかった)

梓「憂ー」

憂「あ、今日はありがとね。平気だったよ」

梓「んーん。それよりもう帰るの?」

憂「うん。はやく帰ってご飯の準備しなきゃ」

梓「ふーん…」

「じゃあねー」

シーン

梓「あ…わたしたちだけだ…」

憂「!うそ!じゃ、じゃあわたしもう帰るね!」スッ

梓「…」

憂「じゃ、じゃあね。またあした…」

梓「…まって」ガシッ

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 21:03:43.72 ID:yPvk3qeB0
憂「あ、梓ちゃん?わたしといたら…」

梓「…」

梓(昨日の律先輩…あんなに気持よさそうに…)

憂「は、はなしてくれる?」

梓(わたしも…もう一度…)

憂「?…?」アセアセ

梓(昨日のキスは…いきなりであんまり覚えてない…)

梓「ねえ…憂」

憂「あ、梓ちゃん、わたしといたら…わたし、梓ちゃんに…」

梓「…いいよ」

憂「へっ?」

梓「憂と…してもいいよ」

憂「え?な、なにを言って…」

梓「もうそろそろ、限界でしょ?」

憂「!」ドキッ

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 21:11:34.77 ID:yPvk3qeB0
憂「そ、そんなことないよ!…だから…」

梓「憂は…いや?」

憂「そうじゃなくて…」

憂(梓ちゃん…どうしたの…?)

憂(はやくしないと…)

憂(…!)

憂(梓ちゃんのくちびる…)

憂(って何考えてるの!だめだよ!)フルフル

梓「あ…やっぱりもう限界でしょ?」

梓「…憂、わたしはいいよ」

憂「うっ!」

憂(どうしよう…もう…ダメ…)

憂(梓ちゃんのくちびる梓ちゃんのくちびる梓ちゃんのくちびる)

梓「憂…」

憂「!もうだめ!…んっ!」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 21:19:11.35 ID:yPvk3qeB0
梓「んっ!」

憂「はあっ…んん…はあ…」

梓(憂のくちびる…やわらかい…)

梓(これが…キス…)

梓「はあ…うい…ういもっと…」

憂「あ…梓ちゃん…んむぅ…っはあ…」

梓「はあ…ん…っぷは」

憂「あ…まだ…」

梓「ねえ憂…こんなのじゃ…満足できないでしょ?」

憂「え…はやく…」

梓「もっとすごいの、やろ」

憂「へっ?…なに…むっ」

梓「…ちゅぱ…」

梓(舌を…)ヌル

憂「!!」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 21:26:18.04 ID:yPvk3qeB0
憂(なにこれえ…すごいよお…)

梓「んちゅうっ…ぷは…んっ…」

梓(憂のくち…ふふ…)

憂「んあっ…もっと…お願いぃ…」

ガラッ

澪「梓ー…ってうわあ!な、なにしてるんだああ!」ヘタリ

紬「澪ちゃん!いた?」タタッ

澪「あ、あわわわ…あれ…」

紬「梓ちゃん!…まあ」

澪「き、キスしてるううう!」ビクビク

紬「澪ちゃんしっかり!」

律「おい!はやく止めろよ!」ダダ

梓「…んあっ…だめっ」

律「うるさい!落ち着け!」

律「…昨日のお返しだ!」ビシッ

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 21:31:34.47 ID:yPvk3qeB0
梓「ふぎゃっ」

律「目覚ましたかあ?」

梓「ああ…まだ…」

律「なにい~!」

唯「おーいどうだった~?」タタタ

律「あ、唯…収拾がつかないぞ!」

澪「きっきっきききっききす…」ガクガク

紬「澪ちゃん!」

唯「あずにゃん!しっかり!」

律「…そうだ憂ちゃんと離さなきゃ!」

唯「あ!忘れてた!あずにゃんこっち来て!」

梓「ああ…ういい……」

梓「…あ…あれ…?」

憂「あ、梓ちゃんごめんなさい!」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/29(木) 21:38:55.18 ID:yPvk3qeB0
梓「へ?憂…あ…わたしが…」

紬「…とりあえず部室に行きましょう」

澪「あわわ…」ブルブル



律「…で、なんであんなことになってたんだ?」

梓「…律先輩に怒られる筋合いはありませんよ」

律「むっ…う、うるさい!」

憂「ごめんなさい!わたしが早く変えればよかったのに…」

梓「う、憂は悪くないよ!わたしが引き止めたから…」

紬「どうして?ふたりはだめってわかってたでしょ?」

梓「それは…その…」

唯「

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 21:40:34.79 ID:yPvk3qeB0
>>72 ミス

梓「へ?憂…あ…わたしが…」

紬「…とりあえず部室に行きましょう」

澪「あわわ…」ブルブル



律「…で、なんであんなことになってたんだ?」

梓「…律先輩に怒られる筋合いはありませんよ」

律「むっ…う、うるさい!」

憂「ごめんなさい!わたしが早く変えればよかったのに…」

梓「う、憂は悪くないよ!わたしが引き止めたから…」

紬「どうして?ふたりはだめってわかってたでしょ?」

梓「それは…その…」

唯「なんで?」

梓「その‥憂と…してみたくて」

澪「ひゃあああ…」ガクガク

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 21:46:57.08 ID:yPvk3qeB0
律「…」

紬「なるほど…」

憂「えっ…えっ…?」

梓「や、やめてくださいよその目!」

律「でも…なあ?」

梓「律先輩のを見てそう思ったんですよ!」

律「うっ!」

澪「なななんだってえ!」

紬(憂ちゃんのキス…そんなにすごいのかな…)

唯「それで憂を引き止めたの?」

梓「うう…そうです…」

紬「それで…どうだったの?」

律「そんなこと聞いてどうする」

律「それよりまず憂ちゃんがショックを受けるんだ。なんとかやめないと」

憂「うう…すいません…」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 21:54:44.96 ID:yPvk3qeB0
律「梓。おまえはもっとしっかりしろ」

梓「先輩だって…」

律「わっわたしは最初だったから…」

律「でもおまえは二回目だ!」

梓「そんなんでいばらないでくださいよ…」

律「うるせーとにかく気をつけろ!」

梓「…はい」

梓(でも…あのキス…すごかったなあ)

梓(ってだめだダメだ!忘れなきゃ!)ブンブン

梓(でも…いや…)ブンブン

唯(あずにゃんどうしたのかな?)

唯「でも憂にひとりでいさせるのはかわいそうだよ」

紬「ううん…三人以上っていうのも難しい時もあるもんね…」

澪「うう…どうするんだよお…」

憂「みなさん…すいません…」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 22:02:32.31 ID:yPvk3qeB0
唯「とりあえずわたしはいいとして…」

律「いいとしていいのか…?」

唯「あとは…特に学校にいるときだねえ」

紬「うーん…代わりにキスできるようにうちでリアルなくちびるの模型作ろうか?」

澪「うわああ!やめてくれええ!」

紬「じゃあ模型じゃなくて本物でも…」

澪「あばばば…やめてええ」ガタガタブルブル

律「ムギ。さすがにそれはやめてくれ。気味が悪い」

紬「そう…?」ションボリ

梓「…」

梓「なんならわたしがいつでも…」

律「そうならないように話し合ってるんだろ」

唯「あ…もしかしてあずにゃん憂とキスしたいの?」

梓「そ、そうじゃありませんっ!でででも、わたしが犠牲になれは…」

憂「犠牲…」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 22:13:53.05 ID:yPvk3qeB0
梓「あっそうじゃないの!そうじゃなくて…」

憂「ごめんね…梓ちゃん…」ウルウル

梓「わわあっ!そうじゃなくて!」

梓「~!もう!憂とキスしたかったの!」

憂「へ?」

唯「やっぱり~?」

紬「なるほど…」

律「なに関心してんだ。おい梓、なに言ってる」

梓「もう!わたしはどうすればいいんですかあっ!」

澪「もうだめだ…おわりだああ!」

律「おまえらみんな落ち着け!」

律「梓のいったことは気にすんな!ただの正直な意見だ」

唯「うーんそうだねえ。とりあえず第一に未然に防ぐことを考えなきゃ!」

澪「ううう…どうすればいいんだ…」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 22:27:27.26 ID:yPvk3qeB0
律「まあとにかく憂ちゃんと一緒になったら自分でなんとかしろ!以上!」

梓「それでいいんですか…てかその言い方ひどいですね…」

律「ああごめん…悪い意味で言ったんじゃないんだ」

憂「いえ…わかってます…」

唯「でもそうするしかないねえ~。よし!決定!」

澪「…」

紬「わかった。ねえ憂ちゃん、今日一緒に帰らない?」

憂「えっ?」

律「おい!なにがわかっただ!帰るなら唯と三人だぞ」

紬「そう…」

唯「ごめんねムギちゃん。道端でキスするわけにもいかないし…」

紬「ううん。力になれるならうれしい」

梓「…みなさん。キスしちゃだめですよ」

律「そんなことはわかってるよ。嫉妬すんな」

梓「し、嫉妬なんてしてません!」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 22:35:52.12 ID:yPvk3qeB0
澪「…」

律「じゃあ帰るかー」

唯「そうだねーじゃ、みんなまた明日!」

梓「…唯先輩!家でもキスしちゃだめですよ!」

唯「ええーわかんないよー」

紬「そうだよ!」

梓「とっとにかくダメです!」

唯「うーん気をつけるよー」

唯「じゃあねー」

憂「みなさんさようなら」ガチャ

梓「…うう」

律「まあ元気だせ。気持ちはわかる」ポンポン

梓「…じゃあひとのこと言えないじゃないですか」

律「こっちはなんとか我慢してんだよお!おまえ二回もずるいぞ!」ポカポカ

梓「あ!ついに本音を!こっちは言われるがままだったのに!」ポカスカ

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 22:44:03.70 ID:yPvk3qeB0


唯「憂はとんだキス魔だよお~」

紬「うんうん。すこいよ!」

憂「や、やめてください」

紬「でも…憂ちゃんのキス、少しだけ興味あるの」

憂「…え?」

唯「うんうん、わかるよその気持ち。わたしだってまたしたいもん!」

憂「な、何言ってるの!」

唯「でもあずにゃんに止められちゃったからなあ…」

紬「唯ちゃん。こっそりやれば大丈夫かも」

唯「そうかな…ね、憂あとでしてもいい?」

憂「へ?だ…だめだよそんなこと!だめだよお!」ダダダッ

唯「あ!憂まって!」

紬「いっちゃった…」

唯「うん…」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 22:50:43.49 ID:yPvk3qeB0
>>87 紬「うんうん。すごいよ!」 に訂正



タタタ

憂(お姉ちゃん…あんなに恥ずかしいこと…)

憂(うう…だめだよそんなこと…)

「おーい!」

憂「!」クルッ

澪「おーい憂ちゃーん!」

憂「み、澪さん…どうしたんですか?」

澪「さっき憂ちゃんが走っていくのが見えたから何かあったのかと思って…」

憂「あ…いえ、心配いりません」

澪「そう…」

憂「あっあの、このままだと危ないので…帰りますね」

澪「…」

澪「…送ってくよ」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 22:59:56.25 ID:yPvk3qeB0
憂「え?だめです!そしたらわたしに…」

澪「平気だよ。そのときはなんとかするから」

澪「女の子が一人なんて危ないよ」

憂「う…じゃあ…お願いします…」

憂(家までもつかな…)

澪「あっ!ちょっと飲み物買っていっていい?憂ちゃんもなにか選んで」

憂「えっい、いいですそんな…」

澪「いいからいいから。えーとお財布は…」ゴソゴソ

憂(澪さん…やさしいな…)

憂(きれいだし…って危ないあぶない!)

憂「うう~えいっ」ベシ

澪「え?大丈夫?」

憂「はい!気合をいれただけです!」

澪「そ、そう…えと…お財布お財布…どこかな…」ゴソ

憂(でも…もう限界だよ…澪さん…)

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 23:08:59.90 ID:yPvk3qeB0
澪「うーん…」ガサゴソ

憂(もうっ…だめ…)

憂「み、澪さんっ!」

澪「!」

澪(よし!)

憂「わ、わたしもう帰りますっ!」

澪「え?」

憂「ごめんなさい!さようなら!」タタッ

澪「…だめだよ」ガシッ

憂「え?なにを…やっ、離してください!」

澪「…平気だから」

憂「平気じゃありませんっ!」

憂(どうしよ…もう無理…)

憂(ああ…澪さんのくちびる…)スッ

澪(!きた!)ドキドキ

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 23:18:02.43 ID:yPvk3qeB0
唯「おりゃああっストップすとっぷー!」ガシ

澪「!?」

紬「はあ…はあ…よかった追いついて…」

澪「な、なんでお前たち…」

唯「いやー憂が先いっちゃったから追いかけて来たんだよー」

憂「あ…ご、ごめんなさい澪さん!」

紬「なんとか未然に防げたから大丈夫!」

澪「え?…え?」

澪(な、なんでだよお!)

唯「ふーよかったあ」

澪「あ、ああ…」

澪(なんでもうちょっとだったのにいい!)

紬「じゃあそろそろ帰ろうか。澪ちゃんひとりで大丈夫?」

澪「あ、ああ…」

唯「そっか。じゃあ澪ちゃんまたねー」ブンブン

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 23:26:14.65 ID:yPvk3qeB0
憂「じゃあ…さようなら」スタスタ

澪「う、うん…」

澪「…」ポツン

澪(なんだもう…別にいいもん!)

澪(いいもん…)グスッ

澪「…うわあああんっ」ダダダッ



唯「ふう~無事に着いたね!あ、ムギちゃん上がってく?」

紬「ううん。お邪魔したら悪いから…」

憂「あの…ありがとうございました」

紬「いえー。気にしないでー。今度二人で帰ろうね」

唯「ムギちゃんそれはだめだよー」

紬「ふふふっ…じゃあまたね」

憂「さようなら」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 23:34:52.07 ID:yPvk3qeB0
ドタドタ

唯「ふうー一週間ぶりくらいに感じるよー」

憂「ごめんね、面倒かけて…」

唯「んーん。なんだかんだいって楽しかったし!」

憂「それはひどいよー」

唯「えへへー冗談だよー」

唯「それよりもまだ大丈夫?」

憂「うん…でもいつなるかわからないからもう部屋行くね。ご飯作るときはお姉ちゃん部屋いてくれる?」

唯「うん…」

唯(こっそりなら…バレないよね?ムギちゃんも言ってたし…)

唯「わかったよーよろしくねー」

憂「じゃあ着替えてくるね」スタスタ

唯「うん」

prrrrr

唯「ん?」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 23:40:28.21 ID:yPvk3qeB0
唯「もしもーし」

梓『唯先輩。キスしちゃダメですよ』

唯「わ、わかってるよー。あずにゃん心配性だなあ。あはは」

梓『…あやしい』

唯「だ、大丈夫だって~」

梓『…じゃあ唯先輩を信じます。信じますよ』

唯「うん!もちろんだよ!」

梓『では…さようなら』ガチャ

唯(あずにゃんめ~。そんなに念入りに言わなくてもいいのに!)

唯「むぅ~…」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 23:46:33.79 ID:yPvk3qeB0


梓『じゃあ…またあとで』ガチャ

唯「うん…じゃあね」

唯(…これでもう8回目だよ!しつこい!)

唯(憂とご飯食べられなかったし…)

唯(…強硬手段だ!)

トントントン

唯「うい~お風呂入れば~?」

憂「うん。お姉ちゃん入った?」

唯「ううんまだだよー。憂のあとでいいよー」

憂「そっか。じゃあすぐ入っちゃうね。ちょっと部屋に行っててくれる?」

唯「ほいさ~」バタン

憂「ありがとね。じゃあ入ってくるよ」

トントントン

唯「…」ニヤリ

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/30(金) 12:01:01.21 ID:eHT6Og8P0 [2/28]


憂(今日はみんなにいっぱい迷惑かけちゃったな)ヌギヌギ

憂(あとでなにかお返ししなきゃ!)

憂(…)ガラッ

憂「…頭洗おう」

憂「~」ワシャワシャ

唯(…)ソー

唯(よしよし。入ってる)

唯(さて…わたしも…)ヌギヌギ

唯(うふふふふ…)

憂「~」ゴシゴシ

唯(よ、よし…いよいよ突入だ…緊張するよ!)

ガラッ

唯「たのもー!」

憂「へ?…お、お姉ちゃん!?」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/30(金) 12:01:44.68 ID:eHT6Og8P0 [3/28]
唯「えへへ~ういー背中流してあげるよ~」

憂「えっな、何考えてるの!だめだよ二人でいちゃ!」

唯「へーきへーき。ほら、おとなしくしてて!」

憂「だ、だめ!わたしもう上がるからお姉ちゃん入っててね!」スッ

唯「あっ!ダメだよ憂ー」ガシ

憂「は、離してよ…お姉ちゃん…」

唯「わたしは平気だから。ほらほら」グイ

憂「うう…じゃあちょっとだけだよ…?」

唯「うんうん。わかってるよー」

憂(でも…どうしよ…そろそろきちゃうかも…)

唯「ふんふ~ん」ゴシゴシ

憂(!)

憂(だめ…もうだめだよ…お姉ちゃん…)

憂「わ、わたしもう上がるよ!」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/30(金) 12:03:05.98 ID:eHT6Og8P0 [4/28]
唯「…平気だって」ガシ

憂「やだ…だめだよお!」ジタバタ

唯「憂…わたしとは…いや?」

憂「そ、そうじゃなくて…」

憂(あ…お姉ちゃん…きれいな体…肌もきれい…)

憂「っ!だっだめだよお…」

唯「…憂。お願い…」

憂(ああ…もう…)

憂「お、お姉ちゃあん…」

唯「はい…いつでもいいよ…」

憂「あ…ん…ちゅぅ…」

唯「んんっ…っはあ…ん…」

唯(憂…すごい…こんなにやわらかい…)

憂「はあっ…!ちゅ…ああん…」

唯(憂…もっとしていいんだよ…もっとしてよ…)

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/30(金) 12:03:46.09 ID:eHT6Og8P0 [5/28]
唯「あ…憂…まだだよ…」ヌルッ

唯(憂のくちのなか…あったかい…)

憂「んん…!もっとお…」

唯「あっ…憂…たおれちゃ…」ガタン

憂「わあっ!」ビタン

唯「いつつ…」サスサス

憂「あ…お、お姉ちゃん…」

唯「う、憂。わたしがやったんだから憂は心配しなくて…」

憂「ご、ごめんなさい!ごめんなさい!」ダダダッ

唯「待って憂!」

ガラッ…タタタタ

唯(わたし…憂を傷つけちゃった…)

唯(…最低だ)

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/30(金) 12:04:26.17 ID:eHT6Og8P0 [6/28]


憂(うう…またやっちゃったよお…)グス

憂(わたし…お姉ちゃんに嫌われちゃったかな…)ウルウル

憂(やだよそんなの…やだよ…)ポロポロ

コンコン

憂「?」

ガチャ

唯「憂ー?」

憂「!」ゴソ

唯「憂…ごめんね。さっきのはわたしのせいだから…」

憂「…」モゾ

憂「わたしが…悪いんだよ」

唯「ううん。わたしね…憂とキスしたかったの」

憂「お姉ちゃん…気を使わなくても…」

唯「ほんとだよ。ごめんね、そのせいで憂を傷つけちゃった」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/30(金) 12:05:07.52 ID:eHT6Og8P0 [7/28]
憂「…嫌だったんじゃないよ」

唯「え?」

憂「わたしなんかとキスしたら…お姉ちゃんが嫌だと思って…」

憂「だからやめてって言ったの」

唯「憂…じゃあ…キスしてもいい?」

憂「…だめ」

唯「ええっ!?なんでさあ~」

憂「梓ちゃんと約束したでしょ?」

唯「…うう」

憂「……ありがとね。お姉ちゃん」

唯「…えへへ。憂、体まだ濡れてるでしょ?拭いてあげる」

憂「えっ?は、恥ずかしいからいいよお…」

唯「お姉ちゃんの言うことは黙って聞きなさい!」

憂「う~…また危なくなったら離れてね?」

唯「うん。わかってるよー」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 12:06:10.61 ID:eHT6Og8P0 [8/28]
おわり。またあとで。
保守してくれてる人ありがとう。

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/30(金) 21:18:22.68 ID:eHT6Og8P0 [9/28]
~翌日

憂「梓ちゃんおはよー」

梓「あっおはよう」

憂「えへへ」ニコニコ

梓「…」

梓「…ねえ憂、昨日唯先輩とキスした?」

憂「えっ?し、してないよお…」

梓「…ほんと?」

憂「う、うん…」

梓「…そう」

憂(う~梓ちゃん疑ってるよ~…)

梓「まあいいや。そういえば憂、先生が音楽準備室に忘れ物があったって言ってたよ」

憂「ほんと?じゃあちょっと取りに行ってくるね」

梓「…わたしも行くよ」

憂「え?」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/30(金) 21:23:28.09 ID:eHT6Og8P0 [10/28]
憂「だ、だめだよふたりだけじゃ…」

梓「いや…平気だよ」

憂「でも…あ、じゃあ純ちゃんも…」

梓「…わかった。じゃあ待ってるよ」

憂「?う、うん…?」



ガチャ

憂「え~と…どこだろ…」ガサガサ

憂「うーん……職員室に持っていかれちゃったのかな…?」

キイ…

憂「…ん?」

憂「なんだろ…きゃっ」ドン

憂「いたた…」

憂「あれ…どうしたの?」

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/30(金) 21:28:33.30 ID:eHT6Og8P0 [11/28]
憂「梓ちゃん…?」

梓「…ごめんね、忘れ物なんて嘘だよ」

憂「えっ?どうして…」

憂「ってふたりはまずいね。教室もどろっか」

梓「…ダメだよ」グッ

憂「ちょ、ちょっと梓ちゃん?」

梓「憂…嘘ついたでしょ」

憂「へっ?嘘なんて…」

梓「唯先輩と…したでしょ?」

憂「し、してないよ!」

梓「なんで嘘つくの?」

憂「だ、だから嘘なんて…むぐっ」

梓「もう…だめだからね…んん…ちゅう…」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/30(金) 21:33:29.81 ID:eHT6Og8P0 [12/28]
憂(あ…どうしよ…もう抵抗できないや…)

憂「んん…!っぷは…ん…あ…」

梓(もう…わたしだけしか…ダメだよ…)

梓「ん…ちゅ…ちゅっ…はあっ…」

ドタドタ

澪「こらああああ!」バーン

梓「へっ!?」

澪「梓ああっ!なにしてるううう!」グイッ

梓「みっ澪先輩!?なんでここに…」

憂「ああ……あ…れ…?」

澪「た、たまたまだ!それより梓!おまえ…」ワナワナ

梓「ご、ごめんなさいい…」ガクガク

澪「…まあいいよ。わたしは憂ちゃんに話があるから教室もどってて」

梓「へ?でも…」

澪「いいから」

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/30(金) 21:37:35.33 ID:eHT6Og8P0 [13/28]
梓「…はい」

梓(不安だ…)

澪「ほらはやく」ジロリ

梓「うっ…はい…」バタン

澪(よし…!)

憂「あ、あのすいませんでした…」

澪「ううん。気にしないで」

憂「その…ここじゃあれなので…」

澪「ううんすぐ終わるから…ちょっと渡したいものがあるんだ」

澪「えーと…」ゴソゴソ

憂(ま、また?は、はやくしないと…)

澪「ううんと…」ガサゴソ

憂(あ…またきちゃう…だめ…)

憂(澪さん…美人…くちびるも…きれい)スッ

澪(きた!)

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/30(金) 21:38:41.02 ID:eHT6Og8P0 [14/28]
律「おいいいいい!」ズザザー

澪「!?」

律「はあ…はあ…なあにやってんだあ澪~?」

憂「…はっ!」

澪「わ、わたしは憂ちゃんに話が…」

律「ああん?ふたりはだめだってわかってんだろ?何の話だ?梓は居ちゃだめなのか?どうなんだっ!」

澪「なんで梓のこと…」

梓「…わたしが呼びました」ヌヌ

澪「なっ…梓なんてことを…」

梓「律先輩がたまたま歩いてたので…」

澪(ま、またいいところで…?な、なんでなんだあああああ!!)

律「おまえおもいっきりキス狙ってたろ」

澪「な…そんなわけないだろ!」

律「うるせー!ほらこっちこい!あ、憂ちゃんは帰っていいよ、ごめんね」

律「…梓もくるんだぞ」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/30(金) 21:43:40.01 ID:eHT6Og8P0 [15/28]
梓「な、なんでですか!教えたのに!」

律「そのまえに…キス…してたよな…?」ギロ

梓「…!」ブルッ

梓「は、はいぃ…」

律「じゃあね憂ちゃん」スタスタ

澪「ひえええええ…」ズルズル

憂「…」

憂(…戻ろう)

「憂ちゃん!」

憂「?」キョロキョロ

紬「こっちこっち!」

憂「あ…どうしたんですか?」

紬「ね…ちょっといい?」

憂「え…でも…」

紬「お願い…」ウル

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/30(金) 21:47:46.79 ID:eHT6Og8P0 [16/28]
憂(!)

憂「じゃ、じゃあちょっとだけ…」

紬(やった!)

憂「…」

紬「…憂ちゃん」

憂「はい…?」

紬「誰とのキスが一番よかった?」

憂「えっ?え?な、何言ってるんですか!」

紬「なんだか気になっちゃって」

憂「そんなの…わかりませんよ…」

憂(…!あ…きちゃう…もう…)

紬「そう…?」

憂(紬さん…なんだか甘い匂い…髪も…目も…仕草も…くちびるも…きれい)

紬「憂ちゃん?」

紬(ふたりきり…これは…ついにわたしにもきたっ紬の時代っっ!)ドキドキ

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/30(金) 21:51:22.34 ID:eHT6Og8P0 [17/28]
憂「紬さん………ちゅ…」

紬「!!」ビリビリビリッ

紬(な、なにこれ…こんなに…すごい…頭が…)

憂「んっ…むぅ…ちゅっ…っはあ」

紬(とろけちゃいそう…)

紬「あん…憂…ちゃ…たくあ…」

バシーン

唯「おっとそこまでだっ!」ドン

憂「んん…まだですよぉ…ぷは…あ…」

唯「ちょっと憂!」グイッ

紬「ああんっ…」

唯「こら!ムギちゃん!」ペシ

紬「ああっ…」

唯「…」

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/30(金) 21:55:47.85 ID:eHT6Og8P0 [18/28]
ガチャ

律「唯~?ムギはいたか~?」

澪「うう…」ズルズル

唯「うん…いたけど…」チラ

紬「ああっ…っはあん…」ゲルッ…

梓「…」

律(うわっ…ってわたしもこんなんだったのか…)

律「つーかムギまで狙ってたのかよー」

唯「憂!大人気だよ!」

憂「えっ…よろこんでいいの……?」

唯「もちろんだよ!」

憂「そう…?」

澪「うっううう…うわああん!憂ちゃん!キスしてくれええ!」ジタバタ

律「うわっ!おい澪!」

澪「だってえ…わたしだけじゃないかあ…わたしだってキスしたい~!」グズグズ

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/30(金) 22:00:30.63 ID:eHT6Og8P0 [19/28]
律「ダメだ!憂ちゃんがかわいそうだろ!ほらもう行くぞ」

澪「やだあ!うわあああん!」ズルズル

律(くそ~…わたしだって我慢してるのに…)

憂「う…」

憂(どうしよう…でも…)

澪「憂ちゃああん…」グスッ

憂「うう…」

律「憂ちゃん聞かなくていいからね。おい澪!」

唯「うい~一回くらいしてあげれば~?」

憂「…へ?」

梓「だ、ダメですそんなの!」

唯「えーでも澪ちゃんならいいんじゃないのー?」

澪「唯…」

律「いやだめだろ」

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/30(金) 22:05:08.01 ID:eHT6Og8P0 [20/28]
紬「ふう…よいしょ。…じゃあ多数決にしよう!」

梓「なっ…だめです!」

唯「おーいいねーやろやろ!」

憂「え?え?」

律「おまえら…」

憂「あの…お姉ちゃん…?」

唯「憂は静かにしてて!」

憂「えっ…」

澪「よっし!多数決に決定だあッ!」

律「うわっなんか急に元気になった…」

唯「はーいじゃあ賛成の人ー!」ビシッ

澪「はい!はい!はい!」

律「…」

梓「…」

紬「はあ~い」

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/30(金) 22:09:59.84 ID:eHT6Og8P0 [21/28]
律「何っ!?」

梓「ムギ先輩!なんで…」

紬「だって澪ちゃんかわいそうでしょ?あんな濃厚な…」

梓「あっ!だめです忘れてください!」

紬「うふふ~…」ポワーン…ドロッ…

梓「…」

律「…くっ」

律「だめだああっ!こんなの認めないぞ!」

澪「律!参加したからには文句は言えないぞ!」

律「だめだめ!やり直しだ!」

唯「…なにを?」

律「それはだな…」

憂「…」ドキドキ

律「じゃんけんで勝った者が憂ちゃんとキスできるッ!」バァーン

唯「おおっ!」

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/30(金) 22:14:48.35 ID:eHT6Og8P0 [22/28]
憂「えっ?」

律「どうだ?」フフン

梓「だめです!わたしじゃんけん弱いですから!」

澪「わ、わたしのさっきの分は…」

紬「おもしろそう!」

唯「よーしやろうやろう!」

梓「ダメです!」

唯「あ~でも憂の意見も聞いたほうがいいかな」

憂「…!お姉ちゃん…」

澪「わたしは…?」

律「じゃあどうしようか…」

澪「…」

律「!」ピコーン

律「憂ちゃんに決めてもらおう!…好きな人を!」

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/30(金) 22:20:19.97 ID:eHT6Og8P0 [23/28]
憂「ええっ!?」

唯「それがいいね!民主的!」

律「それはちがう」

紬「どう!?憂ちゃん!」

憂「え…?え…」

梓「憂…待ってるよ…」

憂「ええっ!」

澪「憂ちゃん…」

憂(どどどうしよう…)

憂(…)

憂(お姉ちゃん…とはすっごく幸せな気持ちになったし…)

憂(梓ちゃんとは…すっごくき、きもちよかった…し…)

憂(律さんは…すっごくかわいらしかったし…)

憂(紬さんはすっごく…やわらかくていい匂いがしたし…)

憂(澪さんは………わからないけど、優しかったし…)

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/30(金) 22:27:40.26 ID:eHT6Og8P0 [24/28]
「憂!!」「憂ちゃん!!!」

憂「は、はひっ!」

「誰にするの!?」

憂「え…えと…」

憂(みんな…好きだけど…)

憂(でも…一緒にいて一番どきどきしたのは…)

憂(…)

憂(…はじめから…ひとりだけ)

憂「わたしは…」

――
――――

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/30(金) 22:30:43.82 ID:eHT6Og8P0 [25/28]
「憂!!」「憂ちゃん!!!」

憂「は、はひっ!」

「誰にするの!?」

憂「え…えと…」

憂(みんな…好きだけど…)

憂(でも…一緒にいて一番どきどきしたのは…)

憂(…)

憂(…はじめから…ひとりだけ)

憂「わたしは…」

――
――――

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/30(金) 22:31:25.16 ID:eHT6Og8P0 [26/28]
>>188 ミス

~1週間後

憂「…ふう」

憂(掃除遅れちゃった。もう待ってるかな)タタタ

憂(!いた!)

憂「おーい!」ブンブン

「…!」

憂「ごめんね、待った?」

「ううん、そんなことないよ。…それより…」

憂「ん?」

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/30(金) 22:33:40.55 ID:eHT6Og8P0 [27/28]
「今日他の誰かとキスした?」

憂「してないよー。だって…」

憂「キスしたいのは……もうひとりだけだもん…」

「……そっか…よかった」

憂「あれ?誰とは言ってないよ?」

「………そう。じゃあもうわたし帰るね」スタスタ

憂「わわわ!ご、ごめんね冗談だよ!」

「…」

憂「…ね」

「…ん?」

憂「誰もいないね」

「…うん」

憂「…じゃあ」

憂「…キスして…くれる?」


                          おしまい。

196 名前:>>193やめて言わないで…もう死にそう…殺してくれ[] 投稿日:2010/07/30(金) 22:35:26.79 ID:eHT6Og8P0 [28/28]
おわりです…
最後だから言いますが、保守、支援その他レスほんとに嬉しかったです。ありがとうございました。
それはともかく憂ちゃんかわいいね。
あとはご想像に…。

まあいいや。とにかく見てくれた方ほんとにありがとうございました。
では、さようなら。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。