FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「けんとう!!!!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/29(木) 21:30:10.69 ID:PH8+hhav0 [1/16]
唯「それでね、バッてやったら、ワッてなってー」

唯「相手がこうガッてこう来るんだよっ!?」

和「うんうん」

唯「だからバシバシってするとね!?」

唯「バターンってなって、やっつけたんだよっ!!!」キャッキャ

和「へー、さすが唯ね」

唯「憂もね『お姉ちゃんすごい』って言ってたしー」

唯「アイスが二個もらえたんだよっ!?」キャッキャ

和「そうなんだ、じゃあ私生徒会行くね」

唯「うん、それじゃあ和ちゃん、また教えてあげるねっ」

和「ええ、ありがとう」



和『唯、最近とっても楽しそう』

和『ボクシング……か』

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/29(木) 21:40:51.94 ID:PH8+hhav0
律のジム!

ト「それじゃあ、今日から攻撃の特訓だよ!」

律「待ってましたぁ!!!」

律「一体どんな必殺技なの?コークスクリュー?デンプシーロール!?」

ト「いやー、それがね」

律「うん!」

ト「必殺技って言っても、パンチの種類じゃないんだよ」

ト「律ちゃんには、コンビネーションパンチを練習してもらおうと思ってるんだ」

律「えーっ、コンビネーションなんてもう練習してるじゃん」

律「なんか特別なパンチ教えてよーっ」

ト「そんなこと言われてもなー」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/29(木) 21:50:59.66 ID:PH8+hhav0
会長「バカモンっ、わがまま言うなっ!!!」

律「だってー、必殺技なんだろ?」

会長「確かに癖のある得意パンチを武器に」

会長「チャンピオンまで登りつめた選手は何人もおる!」

会長「だがな、お前はまだ、どの技術も未熟っ!」

会長「特別なことは求めず、着本的な事を磨いていくだけでいいんじゃっ!!!」

律「えーっ、せっかく楽しみにしてたのにーっ、もうやる気なくなったっ」プイッ

会長『この小娘っ、最近調子に乗りおってっ』イラッ

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/29(木) 22:00:58.71 ID:PH8+hhav0
ト「まあまあ、なにも僕らは適当に言っている訳じゃないんだ」

ト「律ちゃんの連打には光るものがあるんだよ」

律「えっ?光るものおっ!?」

ト「そうだよ!律ちゃんのコンビネーションは、あらゆる相手を倒す可能性が秘められているんだっ!」

ト「先ずはそれを磨かない手は無いよっ!!!」

律「へへっ、まあね、しょうがないなー」

会長『こやつ、小娘の手なずけ方を心得とるな…』

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/29(木) 22:10:54.43 ID:PH8+hhav0
会長「ご託はもういいわいっ、さあ小娘っ!」

会長「そこのサンドバックに、何でもよいぞっ、コンビネーションを叩き込むんじゃっ!!!」

律「えっと…」

律「こんな感じ?」パパパパンッ

会長「ふむ…」

ト「今度はボディへのパンチも組み込んで打ってみてっ!」

律「じゃあ、こうかな?」パトッ゙ドパンッ

会長「ほう、良いではないか」

ト「それをもっと速く打てるかい?」

律「」パドドパッ

会長「!?」

会長「確かに、この前まで素人だったとは思えんな」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/29(木) 22:20:57.43 ID:PH8+hhav0
ト「いいよ律ちゃん!」

律「えへっ、私の連打そんなにいい?」

会長「まあ、他の動きに比べかなり秀でておる…」

ト「そうでしょ?きっとこれは律ちゃんがドラムをやってたからですよ!」

会長「そういえば、そんなこと言っとったな…」

ト「僕も律ちゃんに会ってから知ったんですが」

ト「ドラムとボクシングには共通点が多いんですよっ!」

ト「リズム感と力を抜いて叩く動き!」

ト「それが律ちゃんのコンビネーションパンチの土台を造ってるんですっ!!!」

会長「なるほど、素早い連打には、筋力よりリズムと脱力が必要じゃ」

ト「それに加えて体力!」

会長「体力だとっ?」

会長「流石に楽器で体力はつかんだろう」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/29(木) 22:31:36.47 ID:PH8+hhav0
律「ドラムはけっこうきついんだぞっ!」

会長「だがなぁ、スポーツや格闘技に比べるとのう…」

ト「僕もはじめはそう思いました」

ト「でも考えても見てくださいっ」

ト「ドラマーは、あんな素早い全身運動を一曲五分間は続けるんですよ?」

ト「さらにステージとなると、それを連続で何回も繰り返す」

ト「しかも音楽ですから、手を抜いてテンポを変えることは許されません」

ト「実際プロのドラマーは、走り込みなどで体を鍛えてたりするそうなんですよっ」

会長「確かに、小娘は激しいわしのシゴキや」

会長「素人では一ラウンドも体力が続かん、スパーリングもこなせておる」

会長「今まで真剣にスポーツをしたことが無い者には、どだい無理な話じゃ」

ト「そうでしょう?律ちゃんはスポーツ選手なみの体力をドラムで身につけているんですっ!」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 22:41:09.59 ID:PH8+hhav0
律「トレーナーさん、無理ですよ、会長に音楽の話なんて分かりっこありませんからー」

会長「なんだとっ!?こう見えてもわしはカラオケが得意なんじゃ」

律「どうせスナックでおだてられて、カモられてんじゃないのー?」

会長「貴様っ、わしの歌を聞いたことも無いくせにっ」

会長「よし分かったっ!今度わしの行きつけの店で聞かせてやるわいっ!!!」

律「やっぱりスナックじゃん、本当に自信があるなら今歌ってみてよーっ!」

会長「い、今か?ここでかっ!!?ぐっ、恥かしいのう…」ドキドキ

ト「ちょっと、今は練習しましょうよ…」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/29(木) 22:50:56.08 ID:PH8+hhav0
唯のジム!

和「こんにちはー」

唯「あっ、和ちゃん!来てくれたんだっ!?」

憂「こんばんは和ちゃん、今日はどうしたのー?」

和「せっかく近所なんだから、ちょっと様子を見に来たのよ」

和「ふふっ、本当に二人がボクシングしてるなんてね」

唯「そうだっ、和ちゃんも一緒にやろうよっ!」

唯「ボクシングって、とっても面白いよっ」

和「でも…私、生徒会あるし」

唯「えー、いいじゃんっ!和ちゃーん」

爺「おや、誰か来たのかい?」

和「こんばんは」

爺「おお、和ちゃんか、よく来てくれたね」

和「……」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/29(木) 23:01:08.32 ID:PH8+hhav0
和「私が以前ここに来た時のこと、覚えています?」

爺「!?」

爺「……」

爺「そうか…そうだったね」

爺「今考えると、あの時私は間違っていた」

爺「すまなかったよ」

和「いえ、もういいんです、昔の事ですし」

唯「えっ?和ちゃん、このジムに来たことあったの!?」

和「ええ、中学生の時、ちょっとのぞきにね」

爺「……」

爺「和ちゃん、どうか今日はゆっくりしていきなさい」

爺「それに、もしよければ和ちゃんも一緒に…」

唯「和ちゃんも私達とボクシングしようよっ!」

憂「そうだよ!そうしよう、和ちゃんっ!!!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/29(木) 23:12:44.80 ID:PH8+hhav0
和「二人ともありがとう、でも今は忙しいし遠慮しとくわ…」

和「でも、その分二人の練習を見させてっ」

爺「そうか、それじゃあ二人共、マススパーをしてみておくれ」

憂「和ちゃん、マススパーって言うのは、相手に当てないスパーリングなんだよ!」

和「うん」

憂「それでね、スパーリングって言うのはね…」

和「練習試合みたいなものでしょ?」

和「憂、気を遣って教えてくれてありがとう」

憂「えへへ」

唯「じゃあ、やろうよ憂っ」

憂「うん!いくよーお姉ちゃん!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/29(木) 23:21:02.60 ID:PH8+hhav0
唯「」シュシュ

憂「」ササッ シュッ

唯「」スッ パパッ

爺「どうだい和ちゃん、二人はとっても上手いんだよ」

和「ほんと!びっくりしましたっ」

和「二人とも、まるで何年もやってるみたい」

爺「私も二人の成長ぶりには驚いているんだよ」

和「特に憂の足の運び!状態を反らしてのパンチにも隙が無いわ」

爺「!?」

和「でも、あまりに攻め込まな過ぎ」

和「相手が仕掛けてくるのを避けて、隙を狙うのもいいけど」

和「あんなにテクニックがあるのに、なんで攻め込まないのかしら」

爺「……」

和「まるで、何か警戒してるような…」

爺「帰るんだっ!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/29(木) 23:31:17.85 ID:PH8+hhav0
和「え?」

爺「君は帰りなさい和ちゃんっ!」

和「私は、ただ…」

爺「帰れっ!!!」

唯憂「!!!?」

唯「急にどうしたの師匠っ!?」

爺「大した事じゃ無いんだ、ただちょっと、和ちゃんには帰ってもらうだけなんだ」

和「」

憂「えっ?、せっかく来てくれたのに、何で…」

和「二人とも気にしないで、じゃあこれで失礼するわね」

唯「そんなぁ…」

爺「和ちゃん、君には当分ここへ来ないでもらいたい」

憂「そんな、お爺ちゃんひどいっ!」

唯「なんでなの師匠っ!?普段は私達とおんなじ様に」

唯「和ちゃんにも優しいのにっ!!!?」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/29(木) 23:40:57.36 ID:PH8+hhav0
和「きっとこれでいいのよ、じゃあね唯、試合に向けてがんばってね!」

唯「あっ、和ちゃん!」

憂「お爺ちゃん、なんであんなこと言ったんですか!?」

爺「ごめんよ二人とも」

爺「でもね、おそらく和ちゃんは……」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/29(木) 23:51:31.50 ID:PH8+hhav0
律のジム!

律「」パパババンッ

ト「よーし、いいよ律ちゃん!」

ト「それじゃあ、足を使って、サンドバックの周りを回りながらやってみようか!」

律「えーっ、でも、動きながら連打なんて無理ですよー」

ト「確かに動きながらじゃバランスが崩れて、パンチの連打は難しいね」

ト「だからこそ、足を止める時間を短く、一瞬の間に連打し終わるんだ」

律「うぁっ、サンドバックが揺れて狙いにくいよー」

会長「当たり前じゃ、リングの上で動き回る相手は、サンドバック程度ではないぞっ!!!」

会長「相手の側面に回りこみ連打っ、そして相手が打ち返そうとする頃には、お主は手の届かぬ距離」

会長「鍛えた足で逃げ回るだけでなく、ヒットアンドアウェイを身につけるのじゃっ!?」

律「簡単に言うなよー」ババババシッ

会長「どうした!?足が止まっておるぞっ!サンドバックを揺らしたら、その背後に回りこんでおくつもりで動くんじゃ!!!」

律「うへっ、そんなドラゴンボールじゃないんだぞっ!?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 00:02:06.95 ID:WvVLKk0F0 [1/25]
会長「よしっ、もういいぞ、一端休憩じゃ」

律「疲れたー、パンチの練習だから、走り込みより楽だと思ったけど」

律「これじゃ、寺へ走りに行くのと変らないよーっ」

ト「素早く移動するのも、パンチを連打するのも、体力をつかうらね」

律「こんなの4ラウンドも続けられないよー」

会長「バカモンっ!相手がおる状態、しかもパンチをもらいながらでは」

会長「この倍以上疲れると思えっ!」

会長「この動きを8ラウンド以上続けられるようにするんじゃっ!!!」

律「そんなーっ」

会長「だが誉めてやる部分もある」

律「?」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 00:10:57.93 ID:WvVLKk0F0 [2/25]
会長「お前のコンビネーションはかなり多彩じゃっ」

会長「どんな選手も疲れてくると、コンビネーションがワンパターンになってくるものじゃが…」

ト「そうだよ、そこをかわされたり、カウンターで狙われたりするんだけど」

ト「律ちゃんのコンビネーションは、次から次へといろんなパンチを繰り出すね!」

律「パンチの種類なんて、ストレート、フック、アッパーの三種類だろ?」

律「顔と腹の打ち分け考えても、たった6種類」

律「ドラムを叩く場所は6個じゃきかないよ」

会長「貴様、パンチを簡単に考えすぎじゃ」

ト「だけど、動きをシンプルにとらえるのも、上達のコツですよ」

律「アクセントに、ダウン・アップストローク、オープン・クローズのリム、それにゴー…」

会長「何をいっとるんじゃ?」

律「ドラムはただ同じように叩くわけじゃないんだ、パンチでもそうだろ?」

会長「ふむ」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 00:22:16.78 ID:WvVLKk0F0 [3/25]
律「別にさ、簡単に考えてるわけじゃないよ」

律「けど、即興で叩くフィルインだと思ったら」

律「コンビネーションなんて、どれだけでもバリエーション増やせるよー」

会長「専門用語を使うでないっ、お前の言っとること、さっぱり分からんぞ」

律「つまりさ、ドラムを演奏してると思えば、パンチの種類やリズムに変化をつけるのなんて簡単だよっ」

ト「律ちゃんにとって、パンチを打つ事は、ドラムを演奏している感覚なのか…」

会長「なんだか知らんが、ボクシングを簡単にみとると、後で痛い目にあうわいっ!!!」

会長『だが、こやつの連打が上手いのも事実、しばらくこの調子でやらせてみるか…』

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/30(金) 00:30:48.52 ID:WvVLKk0F0 [4/25]
律「でもさー、ちょっと考えたんだけど」

ト「なんだい?」

律「コンビネーションって右と左、交互の連打じゃん?右右とか左左とかはダメなの?」

ト「ダメじゃないよ、ジャブから左パンチにつなげるのはもちろんだけど」

ト「例えば、ボディーへの左フックで相手の右ガードを下げさせ」

ト「その隙に今度は顔面への左フックを決めるっ」

ト「インファイトではよく使われるコンビネーションだね」

律「おっ、いいじゃん、それ!」

会長「じゃがな小娘、今回の作戦は、あくまでヒットアンドアウェイが基本」

会長「同じ手で連打すると体のバランスが崩れやすいんじゃ」

会長「フットワークに支障が出る、それに、第一素早く連打しにくい」

律「そうかなぁー?」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 00:40:54.69 ID:WvVLKk0F0 [5/25]
会長「ワンツー三連発と右ストレート三連発」

会長「パンチの数は倍違っても、打つ早さはそう変わらんじゃろ」

律「むしろ右だけの方が遅くなりそうだね」

会長「逆の手のパンチを打つ事で、体のバランスが保てるのじゃ」

会長「パンチやフットワークにおいて、バランスは重要!」

会長「同じ手での連打など、フェイントで使うくらいに止めるんじゃ!」

律『確かに速さとバランスは重要だな、でも…』

律『逆に言うと、速くてバランスを崩さなければいいってことだよな…』

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 00:51:09.58 ID:WvVLKk0F0 [6/25]
和『またお爺ちゃんに追い返されちゃった…』

和『ボクシング……か』

和『もうここへは来ないつもりだったけど…』

和「こんにちはー」

先「あっ、和じゃないか!」

和「ご無沙汰してます先輩」

先「ついにリングに復帰か?」

和「いえ、そんなつもりは無いんですけど…」

先「まあいいや、会長に会っていけよっ、きっと喜ぶよ」

和「はは…、元気にしてるかな?」

先「かいちょーっ!和が会いに来ましたよっ!」

会長「なんじゃとぉ!!!?」

律「へっ?和?」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 01:00:18.92 ID:WvVLKk0F0 [7/25]
会長「和ちゃん、久しぶりじゃ!すっかりお姉さんになって、見違えたわいっ」

和「会長はお変わりなく、お元気そうですね」

会長「いやー、そうかのう?うれしいのうっ!」

律「和っ!?どうしたんだよこんな所に来てっ!」

和「律、がんばってるみたいね」

会長「なに!?おぬしら知り合いなのか?」

和「そうなんです、今日は律に会いに来たんですよ」

律「知り合いもなにも同じ学校、同じクラスの友達だぞっ」

会長「同じ学校だって!?」
ト「同じ学校だって!?」
先「同じ学校だって!?」

律「そこで驚くなよ」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 01:11:21.01 ID:WvVLKk0F0 [8/25]
律「ところで和、なんでみんなのこと知ってるんだ?」

和「私は昔ここでお世話になってたの」

律「なんだってーっ!!!」

会長「昔じゃないわいっ!今も和ちゃんはこのジムの一員じゃいっ!」

和「名前だけだけどね」

律「じゃあ、女が四人のこのジムで、私と先輩、その他二名の内の一人って…」

先「そう、和のことよっ」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 01:21:20.55 ID:WvVLKk0F0 [9/25]
律「まさか…和がボクシングしてたなんて…」

先「和は強いのよーっ、今の律ちゃんならやっつけちゃうかも」

律「マジかよーっ!?」

和「ブランクがあるから、まともに動けないですよ」

会長「なにはともあれ、よう来てくれたっ!」

会長「お茶をだすぞっ!会長室に上がりなさいっ」

律「ちょっと、私の練習は!?」

会長「ん?じゃあ、そこら辺適当に走ってこい」

律「何その適当さ加減、今はパンチの練習だろっ!?」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 01:30:59.01 ID:WvVLKk0F0 [10/25]
律「くそーっ、なんなんだ、私と和との扱いの違いっ!?」

先「会長は和ちゃん大好きだから」

律「え?それって危なくない!?」

先「変な意味じゃなくて、和ちゃんがここへ来たのはまだ中学生だったし」

先「会長が孫みたいに可愛がってたのよ」

先「それに和ちゃん、頑張り屋さんだし、そういう子会長好きだから」

律「どうせ私は怠け者ですよー」

先「律ちゃんもがんばってるけど、もっと素直に会長の言うこと聞いたら」

先「和ちゃんと同じように可愛がってくれるんじゃない?」

律「それはそれで気持ち悪いな…」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 01:41:21.78 ID:WvVLKk0F0 [11/25]
ト「おーい律ちゃん、会長いなくても練習続けるよー」

律「はーい!」

先「今は何してるの?」

律「フットワークとコンビネーションの連携です」

ト「けっこう形になってきてるんだよ」

先「ふーん」

先「じゃあ、私も協力するよ!」

ト「本当かい?ちょうどリングの上で、人を相手に練習させようと思ってたんだっ」

律「やったー、ありがとうございますっ」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 01:54:54.27 ID:WvVLKk0F0 [12/25]
会長「和ちゃん、どうかの?またこのジムで練習してくれんかの?」

和「でも、やっぱり…」

会長「プロの事か?」

和「ええ、それがあります」

会長「確かに和ちゃんの視力ではプロは無理じゃ、だが、アマチュアなら試合も出来る」

和「でもそれじゃダメなんです!」

会長「何故そこまでプロにこだわるんじゃ?」

和「」

和「会長、私がここに来た時…」

会長「たしか、あ奴に連れられてじゃったな…」

和「当時私は悩んでました」

和「家でも学校でもいい子じゃないといけない」

和「姉弟にも友達にも頼られ、でも嫌だと言う勇気の無い私には」

和「反抗期すら許されなかった…」

和「そんな時に先輩と出会ったんです」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 02:03:37.26 ID:WvVLKk0F0 [13/25]
和「ここの人はみんなプロを目指していますよね」

会長「そうじゃ、小娘などはどう考えとるか知らんが」

会長「ここはプロジム、本気の者以外おらん」

和「だったら私はいられません」

会長「……」

和「ここのみんなは必死に生きています」

和「お勉強して、人よりお金儲けして安定した暮らしを目指す」

和「そんなことじゃなくて」

和「一瞬の輝きを目指してるんです」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 02:10:53.72 ID:WvVLKk0F0 [14/25]
会長「確かに、ボクシングだけでは、日本チャンピオンでも食ってはいけん」

会長「さらに、自分の寿命を縮め、程度はあるが、後遺症も覚悟せねばならん」

会長「現役も6年がいいところじゃろう」

会長「世界チャンプになって成り上がりというのもあるが」

会長「実際は金以外の何かを求めなければ、やれんことじゃ…」

和「だから私は中途半端は嫌なんです」

和「プロになれないのなら」

和「ボクシング以外で、命を削るほど真剣に向き合えるものを探します!」

和「そうでないと皆さんに失礼です!」

会長「真面目な和ちゃんらしい考えじゃ」

会長「だがな、和ちゃん」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 02:22:10.78 ID:WvVLKk0F0 [15/25]
会長「お主は、何故またこのジムを尋ねたのじゃ?」

和「それは…律に会いに…」

会長「嘘をつくでない!」

和「……」

会長「昔和ちゃんがここへ来た時と同じように」

会長「今も何か悩みを抱えておるんじゃろ?」

和「……」

会長「ボクシング以外をがんばると、和ちゃんは頭で出した答えをすでに持っておる」

会長「しかしな、人生には頭で出した答えでは解決できない問題があるのじゃ」

会長「そしてわし等はその問題に立ち向かう方法を知っておる」

和「それって…?」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 02:30:55.66 ID:WvVLKk0F0 [16/25]
会長「その答えはリングにあり、拳が教えてくれる」

会長「和ちゃん、お主はもう一度ボクシングをするべきじゃ!」

会長「かつてボクシングが和ちゃんを救ってくれたと言うのなら」

会長「今一度ボクシングを信じて見んか?」

和「でも、私…」

会長「」

会長「では、こうしよう…」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 02:41:04.85 ID:WvVLKk0F0 [17/25]
律「このっ」シュシュッ

先「」ササッ

律『だめだ、全然当たんないよー』

先「どうしたの?もう終わり?」

律「まだまだっ!」シュシュシュシュッ

先「」ススッ

ト「律ちゃん!攻撃に移るときに一瞬隙が出来るんだ!その間に逃げられちゃう!」

ト「移動しながら連打に移る気持ちで動くんだっ!」

律『既にそのつもりでやってるんだけど』シュシュッ

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 02:51:06.63 ID:WvVLKk0F0 [18/25]
会長「貴様っ!何をやっとるんじゃ!」

律「当たんないもんは仕方ないだろっ!?」

会長「違うわいっ!小娘の方では無いっ!!!」

先「えっ?私ですか!?」

会長「隙があるのに、何故打ち込まん!?」

会長「小娘がそんな闘いになれてしまっては、次の試合勝てる見込みなど無いぞっ!!!」

会長「相手に打たれる隙をつくったが最後だと、体で教えるんじゃっ!」

会長「軽くでも良いっ、手を出せっ!!」

先「それもそうですね、危機感が無いままの練習ならっ」

先「私が手伝う意味が無い!」

律「いいですよっ!来てください先輩っ」

律「私、絶対に隙をつくりませんからっ!」

会長「よく言った小娘っ!練習の成果を見せてみろっ」

律『いくぞーっ!!!』シュシュシュ

先『そこっ!』シャッ

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 03:01:05.55 ID:WvVLKk0F0 [19/25]
律「うへー」ピヨピヨ

和「律、だいじょうぶ?」

先「ごめんごめん、軽く打ったんだけど、タイミングがバッチリ合っちゃって…」

会長「言った先からもらうとは…情けない」

ト「いくら律ちゃんのスジがいいからって、世界ランカーと撃ち合わせるのは早いですよー」

会長「そこでな、和ゃんにスパーリング相手をお願いした」

ト「えっ!?和ちゃん、戻ってきてくれるのかい!?」

和「そういう訳じゃ…」

会長「律の試合までの練習相手として、ワシがお願いしたんじゃ」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/30(金) 03:11:37.97 ID:WvVLKk0F0 [20/25]
律「本当か和!?でも、ブランクがあるんじゃ?」

和「実は、ロードワークとシャドーくらいは続けてたの」

和「しばらく練習して、感覚が戻ったらいけると思うわ」

ト「和ちゃんは二年以上もボクシング経験があるんだ」

ト「テクニックは律ちゃんより上だよ」

律「相手にとって不足なしってことか」

律「それに、毎回先輩にボコボコにされちゃ敵わないしね」

先「そんなんでどうするのっ?試合前には私にも通用する動きに仕上げなきゃ!」

律「えーっ、流石にそれはー」

ト「実際、平沢選手に対抗するには、プロレベルの動きが必要になってくるはずだよ」

和「これからは私も協力するわ、一緒にがんばりましょうっ!!!」

律「ありがとう和」

律「でも…」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 03:21:01.17 ID:WvVLKk0F0 [21/25]
律「和は唯の親友だろ!?」

律「敵になるような事していいのかっ!?」

和「……」

和「だったら、律も同じじゃない?」

和「敵同士という厳しさは必要だけど」

和「それは私達の友情を壊すものでは無いわっ!」

律「和…」

和「それにね、私はきっと」

和「私も唯と…」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/30(金) 03:26:46.41 ID:WvVLKk0F0 [22/25]
唯のジム!

唯「師匠、昔和ちゃんと何かあったの?」

爺「うん…」

爺「話しておいた方がいいね…」

爺「実は、和ちゃんが中学生の頃」

爺「ボクシングをやらせてくれと、ココへやって来たんだ」

憂「えっ?和ちゃんが!?」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 03:32:52.00 ID:WvVLKk0F0 [23/25]
爺「でも私は断ってしまった」

爺「女性のボクシングはまだ歴史が浅い」

爺「それに、ボクシングは危険なスポーツだ」

爺「私自身、唯ちゃんたちに教えるまでは、女性のボクシングに否定的だった」

爺「しかも和ちゃんは小さい頃から知っている、当時中学生の女の子」

爺「危ないからとお願いを断ったんだ…」

唯「……」

憂「でもなんで、急に和ちゃんを帰らせたんですか!?」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 03:40:31.48 ID:WvVLKk0F0 [24/25]
爺「和ちゃんが君らを見ている様子で分かった」

爺「おそらく和ちゃんはボクシングをしている」

唯憂「!!!?」

爺「そして、このあたりで、女性がボクシングを出来るジムと言ったら…」

憂「律さんのジムだけってことですね…」

爺「そうなんだ」

爺「唯ちゃんの情報を、みすみす相手のジムに渡したくなかったんだよ…」

唯『まさか、和ちゃんがボクシングをしてたなんて…!?』

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 03:56:34.23 ID:WvVLKk0F0 [25/25]
次回予告

いよいよ律の必殺技習得が始まった

ドラマーならではのリズム感を生かしたその技とは?

そして唯の必殺技「カスタネットパンチ」(うんたんパンチ)

その絶対攻略不可能な恐怖の全貌が明らかになる

男子プロまで簡単に倒す、規格外な唯の実力

脅威の天才に、律は勝つことが出来るのだろうか?

お互い負けられない理由を持ちながらも、親友同士の拳は熱く交わり火花を散らす

闘いを通して、二人の少女は何を見るのか?


そして、前回の予告の内用に入れなかった為、予告はそのまま

せっかく久しぶりに書いたのに、話し全然進まないってどういうことなんだ!?

俺は何故ココで和ちゃんを出した?出さなくて良かったんじゃないのか?

もういい加減早いうちに完結させます!         ご期待ください


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。