FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新ジャンル「ヤンデレ」

ほのぼの
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 00:38:50.98 ID:o9JbxMeQ0 [1/69]
女「ごほっ、ごほっ」

男「ああっ、ごめんな、大丈夫か?」

女「ん、平気・・・っていうか、自分で食べれるっていってるでしょっ!」

男「はい、あーん」

女「ふぁ、あーん・・・」

女「むぐむぐむぐ」

男「早く元気になれよ」

女(ゼッタイやだ・・///)

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 00:50:47.14 ID:o9JbxMeQ0
女「むぐむぐむぐ」

女「ん・・」

女「もうっ!なんで毎日お粥ばっかりなのよ!」

男「しょうがないだろ。病院食なんだから」

男「消化にいいんだぞ?」

女「ふんっ!こんなドロドロしたもの大っ嫌い!」

女「今日は鮭だけ食べるわ!」

男「はあ・・じゃあ残り俺が食べていいか?」

女「ん、頼むわよ。全部食べなかったら看護婦さんに怒られるんだから」

男「まったく・・」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 00:56:11.17 ID:o9JbxMeQ0
男「もぐもぐ、はふはふ」

女「・・・・・・・」ジーーー

男「もぐもぐ、んぐ」

女「・・・・・・・」ジーーーーーーー

女「や、やっぱりお粥食べる・・お箸貸して///」

男「え?どうして・・?」

女「う、うるさいっ!気が変わったの!悪い!?」

男「いやいや、えらいぞ」ナデナデ

女「むぐむぐ///」


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 01:07:11.63 ID:o9JbxMeQ0
女「あっ、そろそろ看護婦さんくる」

女「熱測らなきゃ」

女「・・・・」ぐい(服をはだける)

男「ッ!!」

女「・・・・ん?」

女「何そっぽ向いて・・・・・あっ///」

女「み、みみ見たな!?///」

男「いやいやいやいや見てないっ!マジで!」

女「最低!変態!コロス!!歩けるようになったら真っ先にコロスっ!」

男「だから見てないって!」

女(う~~~~~っブラしてないのに///)

女(こ、今度お母さんにレースのやつ持ってきてもらおう///)

女「べ、別にあんたに見せるためじゃないんだからねっ!!」

男「は、はあ?」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 01:14:16.83 ID:o9JbxMeQ0
女「あ・・・・・ん」

女「ちょ・・・・ちょっと・・」

女「ん・・」ばさっ

男「お、おい、どうした?女?」

女「で、・・でてって・・」

男「な、ナースコールしたぞ!大丈夫か!すぐ看護婦さん来るからな!」

女「んっ・・・ううっ・・うっ・・」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 01:18:40.56 ID:o9JbxMeQ0
看護婦「女ちゃん、お注射しましょう」

看護婦「あの、すいませんが、部屋の外に・・」

男「あ、は、はいっ」

女「・・・・・・・・うっ・・・うう」

看護婦「ほら、女ちゃん?お布団取って?」

女「ん・・・・・・・」

女「お、男、いない?」

女「こ・・・こんな、ぐしゃぐしゃの、・・顔、見られたら・・・ううっ」

看護婦「大丈夫よ、いないわ、早くお注射しましょ?」

女「き、嫌われちゃう・・・んっ・・」

看護婦「もう・・純愛もここまでくると考えものね?」

女「ううっ・・」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 01:26:44.64 ID:o9JbxMeQ0
女「もう、大丈夫だから」

男「ああ・・・」

男「じゃあ、そろそろ、帰るな?」

女「うん・・」

女「もう来なくていいから!」

男「はいはい、わかったよ」

女「むう・・」

男「ああ、そうだ、駅前のケーキ、チョコレートとチーz・・」

女「チョコレートでお願いしますっ!」

男「オッケーw、楽しみにしとけよ、じゃあな」

女「うう・・///」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 01:42:28.06 ID:o9JbxMeQ0
看護婦「あら?」

女「・・・・ん」(口紅)

看護婦「ふふふ、どうしたの?今日は気合入ってるね」

女「べ、別に///」

女「そ、それより看護婦さん!このワンピースと、これ、どっちがいいと思います!?」

看護婦「ええ?」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 01:49:26.45 ID:o9JbxMeQ0
男「これでいいか?」

女「う、うん///」

女(デートが一階の自動販売機までなんて・・・もういや・・)

男「・・よし、今日のリハビリはこれくらいにするか」

女「り、リハビリって言うなっ!」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 03:00:55.77 ID:o9JbxMeQ0
男「髪伸びてきたな」

女「え?」

男「髪。また切ってやろうか?」

女「あ・・・・う、うん」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 03:08:41.12 ID:o9JbxMeQ0
女「・・・・」ドキドキ

男「・・お前、髪綺麗だよな」チョキチョキ

女「お、お世辞言っても何も出ないんだから///」

男「・・・・っ ・・・」チョキチョキ

女「・・・・・///」

男「もう、すっかり暑くなったな」

女「・・・・そ、そうね///」

男「やっぱり短い方がいいよな、涼しくて」

女「う?うん」

男「入院生活だと、髪長いと何かと邪魔だろうし」

女「・・・・・・・・」

男「髪の短い女の子って、なんか、こう、ときめくっていうか・・ボーイッシュでかわいくt・・」

女「・・どこ失敗したのか鏡で見せなさい今すぐ」

男「本当にすいませんでした」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 03:21:17.94 ID:o9JbxMeQ0
男「ほら・・前言ってた本」ドサッ

女「あ、さんきゅー」

男「それにしても、よく1週間で5冊も読めるな」

女「暇なのよ、何もやることないし」

男「それに、飽きないか?俺、歴史物しか持ってないから・・つまんないだろ」

女「うん、超つまんない」

男「うっ・・」

女「ま、仕方なくね。あんたのセンスが悪いのは昔からだし」

男「じゃあ、今度はお前の好きなの買ってくるよ。何がいい?」

女「えっ・・あっ・・・い、いや、あ!こ、これ!読みたかったのよねー!」

女「わ、私レキジョだからー!あはは!あ!この本とか超面白そう!」

男「??」

女(好きな人の好きな本だもん・・・何冊だって読みたいよ///)

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 03:29:20.38 ID:o9JbxMeQ0
女「ううーん」

看護婦「あ~、女ちゃん、まだ起きてるの?」

女「ん、寝れなくて・・」

看護婦「だめだよー、もう9時過ぎてるんだから」

看護婦「あ!それ、彼氏が持ってきてくれた本?」

女「か、かかかか彼氏じゃないですっ!!///」

看護婦「ふふふ~、照れんなって~」

看護婦「どこで知り合ったの?」

女「え、あ、ああ、あの、お、幼馴染で・・///」

看護婦「えーー!いいなーー!私もさあー、高校の時に・・」

・・・・

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 03:33:03.56 ID:o9JbxMeQ0
女「うとうと・・」

医者「女ちゃん、眠い?」

女「あ・・・ごめんなさい」

医者「薬の副作用だな・・もうろうとするのはしょうがないか・・」

看護婦(言えない・・!昨日深夜まで恋話してたなんて言えない・・!)

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 03:43:13.42 ID:o9JbxMeQ0
男「うぃっす、元気かー?」ガラガラ

女「ッッ!!!」

女「出てけ!!変態!エッチ!ばか!あほ!」

男「す、すすすまん」

女(体拭いてるのみられたぁ~・・///)

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 03:51:24.32 ID:o9JbxMeQ0
女「・・・・・」そわそわ

男「いやあ、今日は学校早く終わってさ・・」

女「の、ノックくらいしなさいよ・・///」

男「ごめんって」

女「・・・・」そわそわ

男「?・・・どした?体調悪いのか?」

女「あ、あの、汗くさくない?」

男「は?」

女「だ、だから、わ、私の・・体、汗くさくない?」

女「まだ、体拭き終わってないし・・昨日はお風呂の日じゃないし・・」

男「なんだそんな心配してたのか」

男「汗のにおいがしてたら、とっくに俺の●ンコが反応してるぜ!」

女「ち・・っ!!///」

女「く、くたばれクソ変態野郎おお!!」

男「い、いたいいたい!!ごめんごめん!!」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 03:56:54.45 ID:o9JbxMeQ0
女友「こんちはー」

女友「あ、男も来てたんだ」

男「おう」

女「ありがとう、わざわざ」

女友(邪魔して悪かったね)ヒソヒソ

女「な、何言ってんの!///」

男「??」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 04:05:58.92 ID:o9JbxMeQ0
男「っていうかいいのか?」

男「まだ体拭くの途中だろ?」

女「え・・いいよ、もう///」

女友「・・・!!」

女「あんたが変なこと言うから・・///」

女「もう・・、せっかく濡らしたのに・・」(タオルを)

女友「あ・・・あんたら・・・そ、そこまで・・」

男・女「?」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 04:07:05.34 ID:o9JbxMeQ0
すいません、ちょっと寝ます

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 04:12:48.89 ID:o9JbxMeQ0
じゃあもう少し

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 04:17:01.14 ID:o9JbxMeQ0
女友「女さ、大変だよね、入院生活」

女「別に平気よ。昔から体弱かったから、入院なんて慣れっこだし」

女「病院が別荘みたいなものよ!」

男(それ全然平気じゃないと思うが・・)

女友「それでもさ、初めは苦労したでしょ?色々」

女「うーん、まあ、そりゃね・・」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 04:19:42.81 ID:o9JbxMeQ0
・・・

女「あ、ちょっと、・・ずれてる・・もうちょっと右・・」

男「こうか?」

女「あっ・・・・出る・・・」

男「いいぞ・・出して・・」

女「んっ・・・」

プシャアアアアア・・

女「あっ・・・ダメ・・・見られてる・・」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 04:21:03.05 ID:o9JbxMeQ0
女友「見られてるのに、おしっこ止まらないよおおお」

女友「ってな具合に・・」

男。女「ねーよ」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 04:22:45.90 ID:o9JbxMeQ0
ごめんマジで寝るわ
なるべく朝早く起きて、もし残ってたらまた書きます


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 10:17:26.31 ID:o9JbxMeQ0
女「・・・・・・・」(検温中)

女母「本当に悪いわね。男君。昔から迷惑かけて」

男「いえいえ」

女母「遊び盛りなのにね。この子の相手ばっかりさせちゃって」

女「そいつが勝手に来るの」

女母「もうっ。女?」

女「ふんっ」

男「いや、お母さん、」

男「好きでやっていることですから」

女「す・・っ///」ボフッ

女「あ、ああ、あんた、よくもそんなこと・・!!///」

男「は?」

女母「あらあら」にやにや




54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 10:18:01.87 ID:o9JbxMeQ0
看護婦「ちょっと高いわね」

女「・・・///」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 10:22:51.47 ID:o9JbxMeQ0
女「男が来ない・・」

女「・・・・」

女「・・・・」ごろん

女(つまんないな・・・)

女(昔は、入院なんてなんでもなかったのに)

女(・・・・・・)

女(こんなに暇だったっけ・・)

女「もう、・・本読んじゃったよ?男・・」

女「・・・・・・・」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 10:28:33.71 ID:o9JbxMeQ0
男「おいっすー」

女「わっ」

女「わっとっ!で、でてって!今無理だから!」

男「ん?お、おお・・」

女(な、なんでいきなり来んのよっ!)

女(化粧してないし!髪整えてないし!)

看護婦「ねえ、外の彼氏、待たせてるの?」

女「あっ!ちょうどよかった!一生のお願いです!」

看護婦「え?」

女「髪手伝って!こんなんじゃ病人見たい・・」グス

看護婦「ふふふ・・おっけーw」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 10:35:59.76 ID:o9JbxMeQ0
女「で?なんで最近来なかったのよ?」

女「あ、い、いや、別に来なくていいんだけど、その・・」

男「修学旅行だよ。言ってなかったっけ?」

女「え・・」

女「聞いてない!」

男「そうか?」

女「むうー、・・お母さんも私に気使って、いっつもそういうの言わないし・・」

男「で、お土産」

女「え?なになに?八つ橋?」キラキラ

男「はい、お守り。早く良くなれよ」

女「・・・・あ、ありがとう」

女(・・・・これであんたからもらったお守りが10個を超えました)



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 10:38:02.09 ID:o9JbxMeQ0
男「まあ、お前の体がよくなったらさ」

男「一緒に京都行こう」

女「えっあっ・・」

女「う、うん///」

女(どうせお守りなら・・)

女(恋愛成就がよかったなあ・・///)

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 10:53:01.80 ID:o9JbxMeQ0
男「これが生徒会関係で」ガサゴソ

男「これが学校行事表な」ガサゴソ

女「・・・・・こんなの、関係ないから持ってこなくてもいいわよ」

男「ばか。明日退院出来るかもしれないだろ」

女「ふん・・・そんなことあるわけないじゃない・・」

男「わからないじゃないか!」

女(・・・・・昔から、男が私のプリント届けてくれるのよね・・)

女(家も近いし、幼馴染だからって・・・)

男「これが保健だよりで、これが巨乳痴女伝説、それと授業プリントと・・」ガサゴソ

女「ん?」

男「え?・・・あ」

女「はい没収-」

男「ちょっ、しまった、つ、つい!」

男「それ友達のなんだよ本当ですマジで返してひどいよお願い!」

女「却下します」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 10:57:26.40 ID:o9JbxMeQ0
女「・・・・むり・・・・」ドキドキドキ

女「ええ~・・・こ、こんな・・・」ドキドキドキ

女「で、でかい・・・」

女「わ、私なんか、・・・」

女「体温計が上手くはさめなくて困るくらいなのに・・」

看護婦「何を挟むって?」にやにや

女「ひゃああっ!!///」

女「にゃ、にゃんでもないですーっ!!」ばさっ

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 10:59:34.38 ID:o9JbxMeQ0
隣の病室のお姉さん「うーん」

隣「まあ、牛乳飲むと・・って話は聞くわねえ」

女「・・・」メモメモ

隣「私もお風呂の後に飲んで、マッサージしてたかな」

女「なるほど」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 11:01:46.66 ID:o9JbxMeQ0
女「飲ませてー!!いいから飲ませてー!!」

看護婦「牛乳の一気飲みなんて許せませんっ!」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 11:06:52.98 ID:o9JbxMeQ0
女「・・・・・・」

女「た・・・・たしか・・・」

女「こう・・・下から揉むように・・」

女「・・んっ」

女「・・ふう」

女「ちょ、ちょっとくすぐったいな・・」

男「お、新しいリハビリか。血行が良くなりそうだな」

女「はっ・・!?」

女「い、いつからいた!?」

女「リハビリじゃないっ!!おっぱいマッサージよ・・」

女「ってなに言わすのよー!!」
バコッ

男「ええええええ!?」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 11:14:44.00 ID:o9JbxMeQ0
男「ふんふん・・」

女「・・・・///」

男「ここのところ熱は出てないな」

男「ん、昨日はお散歩出来たんだな、えらいぞ」

女「・・・・///」

男「お、明日は薬の変更かあ」

女「・・・か、かってに入院記録見るな///」

男「え?なんで?」

女「わかんないけど、なんとなくよっ///」

女(丸裸にされてる気分・・///)

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 11:20:50.24 ID:o9JbxMeQ0
女「本当にありがとう、看護婦さん」

女「いつもわがままいってごめんなさい」

看護婦「いいっていいって」

看護婦「私も楽しいし♪」

女「・・・///」

看護婦「よーーっし、ちょっと大変だけど、頑張って!」

女「はいっ」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 11:28:39.53 ID:o9JbxMeQ0
男「あ・・・・」

女「・・///」(浴衣)

看護婦「どう?」

男「か・・・・・」

男「かわいい・・///」

女「あ、あう、な、何言ってんのよ・・、ばかぁ///」

看護婦「ん、それじゃ上に行きましょう」

看護婦「5階に良い隠れスポットがあるんだから!」

看護婦「ほら、男君が車いす押して」

男「はい」

看護婦(さりげなく、後ろに向かってうなじをアピールするのがポイントよ)ヒソヒソ

女「///」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 11:35:55.48 ID:o9JbxMeQ0
どーーーーん

女「わああ・・」

男「おおおー!すごいっ!」

女「ありがとう看護婦さん!」

看護婦「良く見えるでしょ」

男「・・・・綺麗だな」

女「えっ?・・あ、うん」

看護婦「ここの患者、もう退院しちゃったから」

看護婦「自由に見てていいわよ。私は病院回ってくるね」

男「あ、ありがとうございます」

女「ありがとう・・」

看護婦「しっかりね」ヒソヒソ

女「・・・///」コク

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 11:42:24.38 ID:o9JbxMeQ0
どーーん・・

男「・・・・」

女「・・・・」

女(な、なんで黙ってるの///)

どーーん・・・

男「・・・・」

女「・・・・」

男「女」

女「え?」



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 11:43:01.24 ID:o9JbxMeQ0

男「ここからでも綺麗だけど」

男「来年は、下から見ような」

女「ん・・・うん」

女「でも、私、背、低いから、見えないかも・・」

男「俺が抱っこしてやるよ。お前軽いから」

女「!」

女「・・そ、それじゃ・・まるで・・///」

女(カップルみたいじゃん・・///)

女「ばか・・///」


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 11:47:32.11 ID:o9JbxMeQ0
女「私は、病院だって、どこだって・・」

男「ん?」

女「お、男が、」

男「うん」

女「男が、と、隣にいれば、」

女「・・それだけで、幸せだよ?

どおおーーーーーん・・

男「・・え?何?今・・」

女「・・・///」

女「知らないっ、ばかっ」

男「なんだよ」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 11:51:18.89 ID:o9JbxMeQ0
どーーーん・・

男「・・・・・」

女「・・・・・」

男「寒いか?」

女「ううん、平気・・」

どーーーん・・





看護婦(・・・もう面会の時間は終わりだけど・・)

看護婦(今日は、許してやるか)

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 12:04:25.83 ID:o9JbxMeQ0
病室

女「ごほっ・・・ん・・」

男「ごめんな、疲れちゃったな」

女「ううん・・」

男「おやすみ・・」

女「・・・」

女「男」

男「ん?」

女「もう、来なくていいから・・」

男「はいはい」

男「おやすみ」

女「おやすみなさい・・」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 12:42:57.66 ID:o9JbxMeQ0
男「で、ここが・・・」

女「うん」

女「そういうことね」

看護婦「あら?お勉強?」

看護婦「男君、教えてあげてるのね?えらいわ」

男「あ、いやあ・・」

女「私がこのバカに宿題教えてるんです」

看護婦「ええーー?」

男「お前が頭良すぎるんだよっ!なんで自習だけでわかるの!」

女「あんたがバカなだけ」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 13:58:00.63 ID:o9JbxMeQ0
アルバム
看護婦「へー・・女ちゃん達の学校?」

女「この時はたまたま調子良くて・・」

看護婦「女ちゃん、テニス部だったの?」

女「あ、いや、私・・体弱いし、スポーツとか、出来ないから・・」

女「応援です」

看護婦「へ~」

看護婦「だ・れ・のー?」

女「が、がが学校のですっ!///」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 14:08:13.20 ID:o9JbxMeQ0
男「明日の大会で、ホームラン打ってやるからな・・元気になれよ」キリッ

女「あんたテニス部でしょバカ」

女「ま、テニスでもホームラン吹っ飛ばしてたけどw」

男「う、うるさいっ、昔よりはマシだっ!」

女「はいはい、いってらっしゃい」

男「おー」

女「あっ・・!あのっ」

男「ん?何だ?」



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 14:13:57.12 ID:o9JbxMeQ0
女「きょ、今日、熱中症の、・・ニュースばっかりやってたよ」

男「?」

女「ば、バカなあんたはニュースなんて見ないでしょうから、・・」

女「その・・」

男「まあ、お前はテレビ見ることくらいしか楽しみないもんなw」

女「なっ!?あ、あんたね!ふっざけんじゃ・・」

男「ありがとうな。心配してくれて」

男「俺まで倒れたら誰がお前の面倒見るんだよ。無理なんてしないって」ナデナデ

女「あ、あう、・・・うう、べ、べつに・・あんたなんか///」

看護婦「にやにや」コソコソ

女「~~~っ///」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 15:02:33.25 ID:o9JbxMeQ0
女「点滴が取れました」

男「おー!おめでとー!」パチパチ

女「なんでもできる気分!!」

男「おーー!」

女「腕相撲いっとく?」

男「望むところだっ!」

看護婦「やめなさい」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 15:09:42.22 ID:o9JbxMeQ0
看護婦「男君と話すと女ちゃんも元気になるのよ」

男「いやあ・・つい騒いでしまって」

看護婦「いいのいいの。あのくらいで」

看護婦「本当に最近調子良くて。男君のおかげ」

男「いやあ・・あいつが頑張ってるからですよ」

女「男ー!どこー!DSやるわよー!」

男「・・病院で叫ぶなってっ」

看護婦「ふふふ」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 15:19:37.46 ID:o9JbxMeQ0
女「うっ・・・ううんっ・・」

看護婦「もう・・無理しすぎよ」

女「はあっ・・・」

女「嬉しくて・・」

女「男・・・あのバカ・・私の調子が悪いと・・悲しい顔するんだもん」

女「今日、いっぱい、笑ってた・・えへへ」

看護婦「そうね。とっても楽しそうだったわね」

女「ふふっあいつ・・単純なんだから・・ううっ」

看護婦「早く元気にならないとね」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 18:56:08.42 ID:o9JbxMeQ0
ピリリリリ


男「あ・・」

男「女のお母さん」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 19:01:24.73 ID:o9JbxMeQ0
病院

男「・・・東京の?」

女母「うん・・」

女母「また、ちょっと、悪くなっちゃって」

男「あ、あ・・・お、俺が、無理させたから」

看護婦「ううん。男君が来てくれて、女ちゃん本当に良くなったわ」

女母「あの子が、急に、体調崩すのは、昔からだから」

看護婦「やっぱり、ここじゃ限界があって」

男「い、いつから?」

女母「今週中には荷物をまとめて・・」

男「・・・」



106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 19:06:25.94 ID:o9JbxMeQ0
女「・・・・・・」

男「女・・」

女「け・・・」

女「化粧・・・してないから・・・こないで・・」スー スー

男「・・・・」



108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 19:09:47.99 ID:o9JbxMeQ0
女「な・・なんて顔・・してんのよ、バカね」スー スー

女「私も、修学旅行、行きたいと思ってたのよね・・」

女「あんた・・ばっかり・・ずるいし」

男「女・・・・」

女「東京はイケメン、ばっかりって噂よ。男作っちゃおっかなあ・・」

男「一生大切にする。俺と結婚してくれ」


女「あ・・・」

女「あ・・・ああ」

男「ダメか」

女「う・・うう、ばか、ほんとに」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 19:14:07.61 ID:o9JbxMeQ0
女「うっ・・・うう」ポロポロ

女(小さいころから、・・わかってた)

女「どうせ・・・すぐ死んじゃうから・・」

女「期待なんかしないって・・・決めてたのに」

なんだよお前ずる休みじゃねーの?

女「なのに」

はい プリント 早く元気になれよ!

女「・・・・あ、ああ、あんたが」

おい!見てたか!今の試合!応援ありがとな

女「・・・うっ・・・うえっ・・」

男「・・・・・」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 19:18:39.93 ID:o9JbxMeQ0
女「お、男・・・うっ・・・あんたのせいで・・」

女「うっ・・・あたし・・あうっ・・」

男「・・・・・・」

女「しにたくないよお」ポロポロ

男「・・・・うん」ぎゅ

女「ひどいよお・・なんで、なんで」

女「もう来なくていいって、うっ・・言ったのに・・何度も・・」

男「・・・うん、ごめんな」

女「こんなに・・好きに・・させて・・ひどいよぅ・・」

女「ぅあああああん!」

男「・・・」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 19:24:44.78 ID:o9JbxMeQ0
男「おれも東京に行く」

男「ずっとお前と一緒にいる」

女「えっ・・」

男「こんな、ガラスみたいなお前を一人にできないって」ぎゅ

女「だめ!・・・だ、だめ!」ばたばた

男「お、おい・・」

女「やだ!そんなの!」

女「男は、・・こっちで頑張って・・」

女「お荷物なんて・・やだ・・・男・・」

男「・・・・・・」

女「や・・・約束してくれなきゃ・・い、今、今、しんでやるんだから・・」ぐっ

男「わ、わわかった、落ち着け!」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 19:30:38.51 ID:o9JbxMeQ0
男「その代り、お前も頑張るんだぞっ」ぎゅう

女「ん・・・」

男「は、花火・・見に行くって言っただろ?」

女「うん・・うっ」

男「くっ・・きょ、京都、とか、海、くそっ・・・」ゴシ

女「・・・・」

男「か、勝手に死んだら、一生っ、許さないからな」ぎゅう

女「うん・・・」

女「ありがとう・・・男」



118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 19:36:11.75 ID:o9JbxMeQ0
女「男・・・お願い・・」

男「な、なんだ?」

女「き、キスして」

男「!」

男「・・・いいのか?」

女「えへへ・・いいよ・・」

男「・・・・」
ちゅ

女「・・・・・」

女「良かった、生きてて。幸せ」ポロポロ

男「・・・う・・ば、バカだな縁起でもない・・・」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 19:42:26.34 ID:o9JbxMeQ0
男「俺、絶対頑張るよ」

男「それで、東京の大学行く」

女「うん・・・」

女「そのときは・・私が・・・東京案内、してあげるね」

男「・・ああ」

男「約束だからな・・忘れんなよ、絶対」

女「まっかせなさい・・えほっ・・ん・・・」

男「・・・・・・・・」

女「浮気・・しちゃやだよ?」

男「しねえよ」

男「お前は世界一良い女だからな」

女「・・・・えへへへ、男にほめられた、えへへっ」




121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 19:50:28.66 ID:o9JbxMeQ0


女母「それじゃあ、またね」

女ちゃん、またねー  またね! 元気でね!

男「て、手紙書くからなっ!」

女「・・・・」ひらひら(手振る)

男「・・・・・」


122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 19:51:41.05 ID:o9JbxMeQ0


女「看護婦さん・・」

看護婦「なあに?どうしたの?」

女「男が、・・・私のこと、世界で、一番、良い女だって・・結婚してくれるって・・」

看護婦「そう、そうなの・・まあ」

女「えへへ」

女「看護婦さんのおかげで、・・頑張れたよ」

看護婦「ううん、何もしてないよ、女ちゃん」

女「こ、これで、もう、私に、メロメロね・・・ふふっ・・うっ」

看護婦「そうね、うん」

看護婦「いっぱい元気になって、男君と幸せになるのよ?」

女「うん・・えへへ」

女「なんか照れるなあ」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 19:58:13.89 ID:o9JbxMeQ0
時は流れて

とある病院

医者「・・・・・・・」

医者「・・・これはひどいな」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 20:02:27.33 ID:o9JbxMeQ0
犬「ばうっ」

医者「少し運動させないといけませんね」

「あらあらメリーちゃん!ん~~、ダイエットしましょーねー」

医者「あははは、頑張りましょう」

看護婦「それじゃあ、お薬と健康ドッグフード出しときますね」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 20:09:13.47 ID:o9JbxMeQ0
医者「・・・・ふう」

看護婦「今日はこんなもんね」

看護婦「お疲れ様っ」ちゅ

医者「ん・・」

医者「悪いな。旅行から帰ってきたばっかりで」

看護婦「そんなのお互い様でしょっ」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 20:11:00.68 ID:o9JbxMeQ0
看護婦「お、」

看護婦「お、お風呂にする?ご、ご飯にする?」

医者「ん?」

看護婦「そ、そそそそれとも・・」

看護婦「わ、わわわ、わ・た・し?///」

医者「飯で」

看護婦「あ、あ、あんたねッ!少しは迷いなs・・!」

医者「嘘だよ。世界一の妻にそんなこと言われたらたまらないって」がばっ

看護婦「きゃんっ///」


おわり

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/27(火) 20:12:17.27 ID:o9JbxMeQ0 [69/69]
読んでくれた人、保守してくれた人、本当にありがとうございました

コメント

No title

ラストでホッとして感動した俺がいる

No title

イイハナシダナー

No title

イイハナシダナー

No title

イナバウアー

No title

イノキウワー

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。