FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「おまかせ!」紬「あんしん!」梓「ツインエンジェル!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 10:04:15.71 ID:TXsvYNxx0 [1/73]
朝見て、書こうとしたらスレ落ちてた・・・

マイスロミッション90%達成の私が書いてみます。

仕事しながらだから遅くなりますが20時までには完結させたいと思います。

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 10:05:24.98 ID:TXsvYNxx0 [2/73]
唯「ムギちゃんはやくー!」

紬「はぁ・・・はぁ・・・唯ちゃんまって~」

唯「もう!遅刻しちゃうよ!」

紬「唯ちゃんが寝坊するから・・・」

唯「てへへ、それにしても昨日の事件は大変だったn・・・むぎゅうう」

紬「唯ちゃん、その事は外では言ってはいけないわ」

唯「そうだったね!私達二人だけの」

紬「秘密だから!」

唯「二人だけの秘密かぁ・・・むふふ///」

紬「唯ちゃん遅刻するわよ~!」タッタッタ

唯「あーんムギちゃんまってー!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 10:09:40.32 ID:TXsvYNxx0
教室!

さわ子「今日は転校生を紹介します」

唯「ムギちゃん、転校生だってー!」

紬「どんな人かしらね~」

さわ子「じゃあ中野さん、入って」

梓「中野梓です、宜しくお願いします」

さわ子「中野さんは聖ベルナルディ学院かr」

梓「紬おねえさまぁぁぁぁぁ」ダキッ

紬「梓ちゃん、お久しぶりね!」ナデナデ

唯「えっ」

梓「ギロッ」

唯「えっ」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 10:12:10.64 ID:TXsvYNxx0
梓「あんたが唯ね、紬お姉さまは私のお姉さまだからねっ!」

唯「えっえっ」

さわ子「では授業始めるわよー、席につきなさーい」

梓「はーい」

唯「む・・・ムギちゃんどういうこと?」

紬「梓ちゃんは私の親戚なの~」

唯「あ、そうなんだー」


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 10:12:54.47 ID:TXsvYNxx0
別クラス!

先生「みんなおはよう、今日は転校生を紹介するぞー」

和(今日はたしか他のクラスにも転校生が来ていたはずね)

律「よろしくお願いしまーす!」

澪「律の双子の妹の澪です、宜しく」

和(明るい子と対極的なもの静かな子ね)

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 10:15:29.86 ID:TXsvYNxx0
休憩時間!

紬「唯ちゃん・・・あの・・・」モジモジ

唯「どうしたの?ムギちゃん?」

紬「あの・・・その・・・お手洗いに・・・///」

唯「うん、いいよー!一緒にいこ!」ニコッ

紬「ありがとう~」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 10:16:19.22 ID:TXsvYNxx0
唯「じゃあムギちゃん、私向こう向いてるからね!」

紬「うん、って・・・一緒に入らなくても・・・恥ずかしい///」

唯「あ、それもそうだね」

紬「うん・・・///」

唯「じゃあ外で待ってるね!」

紬「ありがとう~」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 10:18:59.41 ID:TXsvYNxx0
唯「ガチャっと・・・あれ?梓ちゃん?」

梓「唯!紬お姉さまと何してたの?」

唯「何ってお手洗い付き合ってただけだよ~」

梓「もう・・・紬お姉さま私に言ってくれたら一緒に付いて行くのに・・・」

唯「梓ちゃんはムギちゃんのこと好きなんだね~!」

梓「うっ・・・そ、そうよ!何か悪い?///」

唯「ううん、私も一緒だもん!負けないよ!」

梓「!」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 10:21:29.16 ID:TXsvYNxx0
紬「お待たせ~、あら?梓ちゃん」

梓「紬お姉さま~!」

唯「梓ちゃんも待っててくれたんだよ~!授業始まるしみんなでいこ~!」

紬「ありがとう~梓ちゃん行きましょ~!」

梓「はいです!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 10:22:53.81 ID:TXsvYNxx0
澪「聞いた情報によるとあの唯、紬がツインエンジェル」

律「軽音部に入ってるみたいだな、よし私達もそこに入部して、接点を作ろう」

澪「わかった」

律「紬の方は任せた、唯は私が探りを入れる」

澪「うん」

律「澪・・・これが終わったら私達は二人で自由になれる」

澪「お姉ちゃん・・・」

律「戦いもここまでだ、澪頑張ろう」

澪「うん!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 10:28:31.36 ID:TXsvYNxx0
お昼休み!

唯「あーお腹減ったよぉ・・・」

紬「お昼にしましょうね」

唯「おかず交換しようよ!」

紬「はい、何にしましょう」

唯「はい!特製卵焼きだよ~!」

紬「じゃあ私は特製YuiAzu同人誌を~」

唯「えっ」

梓「えっ」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 10:32:27.44 ID:TXsvYNxx0
紬「あ・・・わ、私ったら・・・おかず違いだった・・・///」

唯「えっ、それもおかずになるの?」

紬「あ、いや・・・その・・・」

唯「教えて!ムギちゃん!」

紬「帰ったら・・・ね・・・?(恥ずかしくて死にそう///)」

唯「うん!楽しみにしてる!(照れてるムギちゃんかわいいな~)」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 10:35:17.48 ID:TXsvYNxx0
唯「梓ちゃんもお弁当のおかず交換しよ~!」

梓「むぅ・・・しょうがないわね、はい!」

唯「おぉ!こんにゃくだぁ~!いっただきまーす!」

紬「はい、梓ちゃん、私のもあげるよ」

梓「紬お姉さまありがとうございます!って・・・」

紬「へ?」

梓「白ご飯はおかずじゃありませんよっ!」

紬「あ、それもそうね///」

唯「ムギちゃんおっちょこちょいだなー」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 10:38:05.43 ID:TXsvYNxx0
さわ子「あの子達のお弁当豪華ね・・・」

さわ子「それに引き換え教師の私がカップラーメン三昧・・・とほほ」

さわ子「アルバイトでも始めようかしら・・・」


律「失礼しまーす、さわ子先生いますかー?」

さわ子「はーい」

律「さわ子先生軽音部の顧問でしたよね?入部希望なんですが」

さわ子「あら、今部員が少なくて困ってたのよね」

澪「私も・・・入部希望です」

さわ子「わかりましたっ!それでは今日の放課後、案内するから宜しくね!」

律「はい!お願いします!

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 10:40:39.35 ID:TXsvYNxx0

唯「ムギちゃん部活いこっ!」

紬「そうね~あ、梓ちゃんは部活決めてる?」

梓「まだこっちに来たばかりだから決めてないですが、紬お姉さまと同じ部活やるつもりです!」

唯「じゃあ私とも同じだね!」

梓「うっ・・・」

紬「じゃあ引越し落ち着いたら一緒に部活行こうね」

梓「はいです!それでは今日は先帰ります!」タッタッタ

さわ子「唯ちゃん、ムギちゃん」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 10:42:33.22 ID:TXsvYNxx0
さわ子「新入部員が二人来てくれたわよ」

唯「おおお!ほんとにー!?」

紬「やったね、唯ちゃん!」

唯「うん!」

さわ子「その前に、学院長が呼んでたわ、先にそっちにいってらっしゃい」

紬「おばあさまが・・・?」

唯「なんだろねー!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 10:47:17.58 ID:TXsvYNxx0
学院長「ごめんなさいね、急に呼び出して」

唯「いえ!」

紬「どうかされましたか?」

学院長「実はね、昨日学院の宝である、天使の涙を盗みに来ると言う脅迫があってね」

唯「天使の涙を!?」

学院長「何十年も守ってきた学院のシンボルだから不安で・・・」

紬「許せません!!」

学院長「二人ならツインエンジェルと知り合いみたいだから・・・お願いしてもらえるかしら?」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 10:48:20.89 ID:TXsvYNxx0
唯「はい!私達に任せてください!」

学院長「・・・私達?」

紬「唯ちゃん・・・!」

唯「・・・ってツインエンジェルさん達が言ってましたぁ!」

紬「そ、それでは部活行きます!失礼しましたっ!」バタン



学院長「・・・ふふ、血は争えないわね」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 10:50:39.28 ID:TXsvYNxx0
唯「ごめんね・・・ムギちゃん」

紬「冷や冷やしたわ・・・」

唯「でも天使の涙かぁ・・・今晩も大変そうだね・・・」

紬「唯ちゃん・・・笑って?私達二人なら大丈夫でしょ?」

唯「えへっ!そうだね!私達二人なら大丈夫だね!」ニコッ

紬「うんうん」ニコッ

唯「じゃあ新しい部員さんに会いに行こっ!」

紬「そうね!楽しみ!」


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 10:55:51.92 ID:TXsvYNxx0
唯紬「「こんにちは~!」」

さわ子「あら、お疲れ様、この二人が転校生の新入部員よ」

律「よろしく~!」

澪「よ、よろしく」

唯「よろしくねっ!」

紬「よろしくです~」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 10:59:22.54 ID:TXsvYNxx0
唯「りっちゃん、澪ちゃんか~!」

紬「お二人は何か楽器が出来るの?」

律「私はドラム、澪はベースが弾けるぜ!」

唯「おぉ!」

紬「これでバンドが出来るね!」

澪「じゃあ二人は・・・?」

唯「私がギターで、ムギちゃんはキーボードだよっ!」

律「じゃあ何か合わせてみようか!」

唯「うんっ!」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 11:01:22.65 ID:TXsvYNxx0
-----
---
-

唯「ふぅー!楽しかったー!」

律「うん!」

紬「もう下校時間ね~」

澪「そうだな・・・」

さわ子「じゃあ明日からは本格的に練習開始ね!バンド結成お祝いに今日はみんなでご飯でも行く?(部費でだけど・・・)」

唯「さわちゃん先生ごめんなさい、今日はちょっと用事が・・・」

紬「私も・・・」

律「先生ごめんなさい、私と澪もちょっと・・・」

澪「・・・」コク

さわ子「そっかー仕方ないわね、また今度ね」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 11:02:43.92 ID:TXsvYNxx0
唯「それじゃあ、りっちゃん澪ちゃん、また明日ねー!」

律「うん、また明日な」

紬「ごきげんよう~」

澪「さようなら」


唯「ムギちゃん・・・天使の涙を守ろう!」

紬「・・・うん!」


律「澪、天使の涙を奪えば私達は自由だ」

澪「うん」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 11:07:29.13 ID:TXsvYNxx0
夜中!

唯「よし、ムギちゃん変身ね!」

紬「うん!」


レッツゴーフィーバーターイム!ラブリエンジェー!


唯「よし!ムギちゃん行くよ!」

紬「唯ちゃん、変身中はブルーエンジェルって呼ぶ約束よ」

唯「あ、そうだったね・・・うっかり・・・って私の事も唯ちゃんって呼んだらダメだよ!」

紬「レッドエンジェル!行きましょう!」

唯「うん!」


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 11:08:59.25 ID:TXsvYNxx0



「それではたのんだぞ、ツインファントム」

律「任せて、お父様!」

澪「・・・」コクッ

律「お父様・・・一つだけいい?」

「なんだ?」

律「このミッションが終わったら・・・私達」

「もちろん、望み通りだ」

澪「・・・!」

律「ありがとう・・・頑張ります」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 11:11:45.61 ID:TXsvYNxx0
聖堂!

唯「ここに天使の涙が・・・」

紬「待ち伏せしておきましょう」



カタン



唯「!」

紬「来たわね」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 11:15:24.91 ID:TXsvYNxx0
律「これが天使の涙か・・・」

澪「ツインエンジェルは来なかったね」

律「うん・・・来なくて良かった、戦わなくて良かった」

澪「うん・・・」



紬「そこまでです!」

唯「愛と勇気と百発百中・・・ってあれ」

澪「!」

律「来てしまったか・・・」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 11:16:14.66 ID:TXsvYNxx0
唯「りっちゃん・・・澪ちゃん・・・だよね?」

律「唯・・・ムギ・・・」

紬「どうして・・・!」

澪「律、仕方無い」

律「澪・・・!」



澪「行くぞ!」

唯「えっ!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 11:19:02.12 ID:TXsvYNxx0
紬「エンジェルアローっ!」

澪「くっ!」

唯「ムギちゃん!」

紬「威嚇よ、安心して」

唯「りっちゃん、澪ちゃん、どうしてこんな事するの!」

律「お前達には関係無い!」

澪「どこを見ているっ!」ブンッ

唯「きゃっ!」ドンッ

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 11:20:21.07 ID:TXsvYNxx0
唯「うっ・・・」

紬「唯ちゃん!」

唯「澪ちゃん・・・りっちゃん・・・もっと・・・」

律「もっと・・・?」

唯「もっともっとたくさんお話しよ・・・?一緒に楽器弾こ?」

澪「・・・」

唯「・・・こんな事する理由、私達にも話してよ、一緒になんとかしようよ」

澪「いやぁぁぁぁぁ」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 11:21:01.52 ID:TXsvYNxx0
律「澪っ・・・!」

唯「ほんとはこんな事したくないんでしょ?さっきの攻撃でわかったの・・・」

澪「うっ・・・」グズッ

律「澪!」

澪「うっうっ・・・」

律「これ以上澪を悲しませるなぁ!」

紬「唯ちゃん危ない!」


ドーン!

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 11:21:43.09 ID:TXsvYNxx0
唯「・・・くっ・・・?あれ?天使の涙が」

紬「ヘリコプター!?」

律「・・・澪、終わったよ・・・」

澪「・・・」グズッ



「よし、聖堂を燃やせ」

ゴォォォォォォォォォ

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 11:22:30.76 ID:TXsvYNxx0
唯「せ・・・聖堂が・・・!」

紬「!」

律「くっ・・・火の回りが速い」

唯「とにかく脱出するよ!」

澪「・・・」

唯「エンジェルゥゥインパクトォォォ!」

※ただのキックです

ズドォォォン

紬「脱出よ!」

唯「りっちゃん、澪ちゃんも早くね!」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 11:23:30.43 ID:TXsvYNxx0
律「澪行くぞ・・・!」

澪「律・・・足が動かない・・・」

律「!!」

澪「律・・・先に・・・行って」

律「何言ってる!これが終われば自由だって・・・!」

澪「・・・律・・・おねえちゃん?」

律「どうした・・・澪?」

澪「あの二人にもっと早く会えてたら、私達変わってた・・・・かな?」

律「そうだな・・・」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 11:30:05.36 ID:TXsvYNxx0
律「ふぅ・・・お父様・・・私達がいるのを知ってて聖堂を・・・」

澪「・・・」

律「何してんだろうな、私達・・・笑えてくるぜ」

澪「律お姉ちゃん・・・これからも一緒だよ・・・」

律「澪・・・」



唯「ちょっとまったあああああああ!」

紬「エンジェルアローッ!」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 11:39:58.83 ID:TXsvYNxx0
唯「りっちゃん、澪ちゃん!」

紬「早く出ましょう!」

律「唯・・・ムギ・・・」

澪「・・・」

唯「こんなところじゃなんだから、さっき二人で話してた続き教えて?」ニコッ

澪「うわぁぁぁん」ダキッ

唯「みみみ澪ちゃん///」

紬「あらあらうふふ」

律「すまなかった・・・行こう!」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 11:45:30.84 ID:TXsvYNxx0
-
---
-----
回想!

小さい頃、私達の家は火事にあった。

原因は不明、その火事で父と母は亡くなり、私と澪は孤児院に行く事になった。

それから数年後。

ブラックトレーダーと名乗る男が孤児院にやってきた。

私達姉妹を引き取りたいと言う。

身寄りの無い私達に断る理由は何もなかった、それ以上に慕う人が出来る事が嬉しかった。

その男の事を私達はお父様と呼んだ。

お父様が喜ぶ事なら何でもしてあげたいと思った。


・・・初めは。


人を傷つけたり、物を奪ったり、たくさんした。

それでもお父様が喜んでくれるから・・・

私達はそれだけを考えていた。

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 11:48:24.97 ID:TXsvYNxx0
ある日澪が倒れた。

その日もとある場所から物を奪いに行く日だった。

しかしお父様は日をずらす事はしなかった。

私は一人で行くことにした。

しかし澪はお姉ちゃんを一人に出来ない、私も一人で居たくないと付いてきた。

この時思った。

澪が居れば、他には何もいらない。

二人でどこか遠くで、静かに暮らそう。

いつしかそう思うようになってきた。

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 11:49:09.91 ID:TXsvYNxx0
お父様と慕っていた男に想いを伝えた。

怒られると思った。それは私達二人とも覚悟していた。

しかし男は驚く事も無く、許可をしてくれた。

ただ、最後のミッションのクリアと引き換えだと一言言い放った。

私達は迷う事無く快諾した。

これでもう自由になれるんだ。

澪と二人で・・・どこか遠くで・・・。


-----
---
-

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 11:52:18.18 ID:TXsvYNxx0
唯「・・・そんな事があったんだ・・・」

律「理由はどうあれ、唯、ムギを傷つけた事には変わりない、すまなかった・・・」

唯「りっちゃん、澪ちゃん」

澪「・・・」

唯「話してくれてありがとう」ニコッ

律「・・・唯」

唯「ほらね、話したらすっきりするでしょ!私もムギちゃんも痛いの吹き飛んじゃったよ!」

紬「うふふ」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 11:56:32.41 ID:TXsvYNxx0
唯「辛い時は何でも話してね!もう友達なんだから!」

澪「・・・ゆ・・・い・・・」グズッ

紬「うん!元気だそっ!」

律「・・・ムギ」

澪「うぁぁぁぁぁん」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 11:57:27.88 ID:TXsvYNxx0
唯「よし、じゃあムギちゃん天使の涙を取り返しに行こうか!」フンス

紬「ええ!」

律「・・・場所わかるのか・・・?」

唯「・・・えっ」

紬「あ・・・」シュン

澪「・・・」クイッ

紬「ん?澪ちゃん?」

澪「私達も付いていく、決着をつけたい」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 11:58:15.07 ID:TXsvYNxx0
律「案内するぜ」

唯「え、いいの!」

律「うん、お父様・・・いや、ブラックトレーダーと決別したい」

紬「りっちゃん・・・」

澪「本当に自由になって・・・みんなで軽音をしたい・・・」

唯「澪ちゃん・・・」

澪「もっとみんなと・・・話したい・・・」

唯「そっか、んじゃ行こう!みんなで!」ニコッ

「「「「おー!」」」」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 12:03:43.85 ID:TXsvYNxx0
駄文失礼しました。

ここで一区切り付けまして、ちょっと書き溜めてからビル突入からラストまで書きます。

多分1,2時間程で戻ります。宜しければ保守お願いします~

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 13:58:40.45 ID:TXsvYNxx0
律「ここがブラックトレーダーのビルだ」

唯「ほええええええ、大きいねえ!」

澪「防犯ロボットなども常に動いているから安心は出来ない」

紬「気をつけて行かないとね」

律「とりあえず裏口から28階まで直行のエレベーターがあるから、そっちから行こう」

唯「はいっ!ありがとね、りっちゃん」


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 14:00:45.56 ID:TXsvYNxx0
律「降りてからはロボが居たりするから壊しつつ上に向かうよ」

紬「わかったわ」

澪「エレベーターは使えないから階段で向かう」

唯「階段・・・ちなみにここ何階まで・・・?」

澪「100階」

唯「」

律「途中エレベーターもあるから大丈夫だ」

唯「ほっ」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 14:02:31.02 ID:TXsvYNxx0
紬「エンジェルアローっ!」

ズドーン

律「消えてなくなりなさいっ!」

チュドーン

唯「ふえ~数が多いよぉ・・・」

澪「唯ちゃん危ないっ!」

唯「えっ!?」

紬「しまったまにあわないっ」



「ふっ」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 14:03:08.79 ID:TXsvYNxx0
ズドーン

唯「み、ミスティナイト様っ!」

和「大丈夫だったかい?」

紬「ありがとう」

和「ここは私に任せて君達は先に進みなさい」

律「よしっ行こう」

澪(今日学校で会った誰かに似てる)


タッタッタ


唯「ミスティナイト様かっこいいねぇ~好きになりそう///」

紬(和ちゃんってまだ気付いてないのね)

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 14:05:32.54 ID:TXsvYNxx0
60階!

唯「ふぅ・・・」

律「ちょっと厳しくなってきたな・・・」

澪「うん・・・」

紬「散開せずに、役割分担して進みましょう」

律「お、いいね」

紬「アタッカーの唯ちゃん、澪ちゃんは突っ込んで行って」

律「私とムギは後方支援か」

唯「よーし!がんばるよ!

澪「うん・・・!」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 14:08:19.71 ID:TXsvYNxx0
唯「エンジェルゥゥゥインパクトォォォォ!」

※ただのキックです

ドギャァァァァァァァァァン

「うわー」「ぐへー」「にげろー」

律「唯すごいな・・・」

紬(天ノ遣の力とは言え、あんなに威力が出るものなの・・・?)

律「ムギ危ないっ!」

ドカーン

紬「ありがとう、りっちゃん」

律「いえいえ~」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 14:13:13.80 ID:TXsvYNxx0
唯「むっ・・・」

澪「うっ・・・」

律「どうした?なんかいたのか?」

唯「なんかプヨプヨしてる敵が居て」

澪「剣が刺さらない」

紬「魔法で攻めましょう、りっちゃん」

律「そうだな」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 14:14:02.16 ID:TXsvYNxx0
5分後!

律「魔法も・・・通りにくい!」

紬「うん・・・」

唯「こいつ無視して先行こうか・・・!」

澪「でもどうやって・・・」

唯「私が引き付けるよ!」

紬「唯ちゃん・・・」

唯「大丈夫だよ!鬼ごっこには自信あるんだ~!」

律「唯・・・」

唯「りっちゃん、きっとすぐ行くから、ムギちゃんを宜しく!」ダッ

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 14:14:58.16 ID:TXsvYNxx0
紬「よし、じゃあ行きましょう!」

律「ムギ・・・いいのか?」

紬「唯ちゃんなら大丈夫、ツインエンジェルだもの」ニコッ

澪(これがツインエンジェルの強さか)

律「よし、行こう!唯待ってるよ!!」

唯「おー!」ニコッ

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 14:15:32.46 ID:TXsvYNxx0
0階!

律「この階にあるエレベーターで最上階まで行けるんだ」

紬「あと少しね」

澪「うん」

律「待ってろ・・・お父様・・・」

澪「・・・うん」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 14:16:11.18 ID:TXsvYNxx0
>>76訂正

80階!

律「この階にあるエレベーターで最上階まで行けるんだ」

紬「あと少しね」

澪「うん」

律「待ってろ・・・お父様・・・」

澪「・・・うん」


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 14:33:02.11 ID:TXsvYNxx0
60階!

唯「はぁ・・・はぁ・・・このプヨプヨほんとどうしよう・・・」

唯「エンジェルトルネードを突き抜けちゃうし・・・」

「だらしないわねっ!」

ドッカァァァァァン

唯「だ、誰!?」

「エンジェルボム!」

ドギャァァァン

唯「プヨプヨが散っていく!すごい!

「やっぱり紬お姉さまのパートナーには私がいないとダメね」


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 14:33:59.43 ID:TXsvYNxx0
最上階!

「おかえり、ツインファントム」

律「お父様・・・任務は達成しました、約束を・・・」

「そうだったな、ご苦労だった」

澪「・・・」

「しかし天使の涙を奪いに来たのだろ?」

律「・・・それは」

「じゃあ私の敵だと言うことだ」

澪「・・・!」

「私を倒して自由を得ろ、ラストミッションだ」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 14:34:53.86 ID:TXsvYNxx0
紬「くっ・・・すごい圧力」

「天ノ遣を継ぐ者か」

紬「あ・・・あなたはもしかして」

「前の天ノ遣の持ち主によって最近まで封印されていた・・・」

紬「おばあさまね・・・」

「この恨み、晴らさせてもらおう」

紬「・・・!」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 14:37:03.22 ID:TXsvYNxx0
「はぁぁぁっ!」ブォォン

紬「きゃっ・・・!」

「どうした、天ノ遣の力はそんなものじゃないだろう?」

律「澪!」

澪「・・・うん!」

律「いくよ、パワー送る!」

澪「うぅ・・・・・・!」バリバリ

律「・・・くっ!出来たっ」

澪「うぉぉ!」バリバリ

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 14:37:33.24 ID:TXsvYNxx0
澪「くらえ!!」

「くっ・・・!」バシッ

澪「ぐぐ・・・!」

「ふ・・・そんなものか・・・」

澪「うわっ!」バタッ

律「澪!」

紬「エンジェルアローッ!」ビュッ

「そんな力無い矢などきかん」バシッ

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 14:38:14.65 ID:TXsvYNxx0
「そんなもので私を倒そうとしてたのか・・・ガッカリだ」

紬「くっ・・・」

「もう終わりにしようか」




梓「エンジェルボムっ!」

唯「エンジェルトルネード!」

「うぉっ!」

紬「きゃっ!」

律「ボムがとんでくr」

澪「!!」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 14:39:22.24 ID:TXsvYNxx0
梓「ゆ、唯!トルネード一緒に打っちゃったらボムが散らばるでしょ!」

唯「てへへ~」

梓「これだから・・・」

唯「ごめんごめん」

紬「梓ちゃん!」

梓「紬お姉さま!お待たせしました!ホワイトエンジェル登場ですっ!」

「くっ・・・」


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 14:41:20.04 ID:TXsvYNxx0
律「お父様・・・今までありがとう・・・」

澪「違う形で会えていたら私達・・・」

「情けは無用だ、律、澪」

紬「りっちゃん・・・澪ちゃん・・・」

「全力でかかってこい!」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 14:44:39.67 ID:TXsvYNxx0
唯「りっちゃん、澪ちゃんのお父さん」

「お前が天ノ遣のパートナーか・・・前任者によく似ている」

唯「天使の涙は取り返させてもらいます!」

紬「あなたを倒す事が私達の願いではありません」

「ふ・・・いつの時代も天ノ遣を継ぐ者は甘いな・・・」

唯「そりゃそうだよ!」

紬「私達もお父様が居なくなったら寂しいから・・・」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 14:48:43.73 ID:TXsvYNxx0
唯「悪いお父さんだけ倒させてもらいます!」

紬「エンジェルアローッ!」

唯「エンジェルインパクトォォォォ!」

ドッカァァァァァァン!!

「う・・・うおぉぉぉぉぉぉぉぉ!」



唯「みっしょん!」

紬「かんりょう!」

唯紬「「大成功!!」」


92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 14:49:36.28 ID:TXsvYNxx0
-----
---
-
翌日!

紬「唯さん、遅刻しちゃいます!早く早く!」タッタッタ

唯「まだ・・・眠いよムギちゃん・・・」

梓「まぁ・・・あんまり寝れなかったからね・・・」

唯「お、前方にどこかで見たことある姉妹発見!!」

紬「りっちゃん!澪ちゃん!」

律「お、みんな!」

澪「遅刻しちゃう・・・」

唯「よし、競争だっ!」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 14:50:12.86 ID:TXsvYNxx0
放課後!

唯「ぐー・・・」ZZZ...

梓「爆睡ですね・・・」

紬「ほとんど寝れなかったから私も眠いわぁ・・・ふぁぁ」

律「おつかれさま!」ガチャ

澪「こんにちは」

紬「りっちゃん、澪ちゃん、昨日はお疲れ様!」

律「ありがとうな、ムギも梓も・・・唯も」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 14:52:18.32 ID:TXsvYNxx0
紬「お父様は・・・?」

律「うん、今回は逮捕されたけど、生きていて良かったよ」

澪「うん」

梓「戻ってきたらまた一緒に住めるじゃない!」

律「あぁ、そのつもりだ」

紬「今度は・・・」

律「もう大丈夫だ、お父様が出てきたら静かに暮らしていくよ」

澪「今度は私達がお父様を止める、安心して」

紬「うふふ、二人とも強くなったわ」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 14:53:14.20 ID:TXsvYNxx0
唯「・・・はっ!」ガバッ

律「唯、おはよう」

澪「おはよう」

唯「おおおお!りっちゃん澪ちゃん!」ダキッ

律「!!」

澪「唯///」

唯「えへへ~新しいお友達が出来て嬉しいよ///」

律「ありがとう」

澪「うん///」

唯「あ、そういえば・・・」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 14:53:49.62 ID:TXsvYNxx0
唯「ムギちゃん?」

紬「なぁに?」

唯「昨日のお昼の事なんだけど」

紬「?」

唯「一晩中戦ってたからあの本のおかずの意味聞きそびれちゃったなーって」

紬「!!」カアッ

梓「そんな締め方するのっ!?」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 14:55:58.01 ID:TXsvYNxx0
斉藤「紬お嬢様」シュタッ

紬「どうしたの?」

斉藤「二丁目交差点で引ったくりが」

紬「唯ちゃん!」

唯「ムギちゃん!」

紬「梓ちゃんも!」

梓「はいです!」



唯「おまかせ!」紬「あんしん!」梓「ツインエンジェル!」

終わり


101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 14:58:40.54 ID:TXsvYNxx0
仕事が忙しくて夜までかかるかも・・・って思ってたら忙しくならなかったので終わってしまったwww

単行本のストーリーに沿って書いてみました。
>>1は文才も糞も無いのでgdgdになってしまいましたが、読んで頂きありがとうございます。

ちなみにランプの魔人で答えてたら水無月遥出てきたwwwww
プリキュアに間違えられたけどwww

コメント

No title

とりあえず100%目指して精進なさい

No title

面白かった
>>1はけいおんもツインエンジェルもよくわかってらっしゃる

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。