FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

律「澪は、私のこと好き?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 01:06:10.05 ID:YUCgyGxJ0 [1/43]
澪「え?」

律「だーかーらー、澪は私のこと好きか?って聞いてるんだよ」

澪「・・・何それ、急に」

律「気になったから聞いてみた」

澪「そっか」

律「うん」

澪「・・・」

律「で?私のこと好き?」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 01:07:59.25 ID:YUCgyGxJ0 [2/43]
澪「・・・律は?」

律「ん?」

澪「聞く前に、そっちが答えてよ」

律「何を?」

澪「だ、だから・・・その・・・」

律「うん」

澪「り、律は私のこと、さ・・・」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 01:09:07.51 ID:YUCgyGxJ0
律「うん」

澪「す、好きなのか?」

律「澪」

澪「な、何?」

律「大好き」

澪「・・・そうか」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 01:10:06.87 ID:YUCgyGxJ0
律「あ、やっぱりごめん」

澪「え」

律「大好きじゃ足りないや、それじゃ言い表せない」

澪「そ、そっか」

律「澪はさ」

澪「何?」

律「思ってること顔に出やすいよな」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 01:11:38.39 ID:YUCgyGxJ0
澪「そう?」

律「そう」

澪「何で急に?」

律「さっき私が『やっぱりごめん』って言った時」

澪「・・・うん」

律「泣きそうだったぞ」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 01:12:54.58 ID:YUCgyGxJ0
澪「そんなこと・・・ないもん」

律「それに、『大好きじゃ足りない』って言った時も」

澪「うん」

律「すごく嬉しそうだった、安心しきってたよ」

澪「そんなこと、無いってば」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 01:13:59.98 ID:YUCgyGxJ0
律「そうなの?」

澪「そうだよ」

律「そっか、じゃあ澪は私が澪のこと大好きじゃなくてもいいんだ・・・」

澪「え?」

律「だって、そんなこと無いんだろ?何とも思わないんだろ?」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 01:15:19.86 ID:YUCgyGxJ0
澪「それは、その」

律「いいよ、無理しなくても」

澪「えっと」

律「私は澪のことこんなに好きなのに、澪は私のことどうでもいいんだ・・・」

澪「いや、何ていうか」

律「どうしよう、澪じゃなくて私が泣きそうになってきた」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 01:18:55.05 ID:YUCgyGxJ0
澪「・・・ごめん、嘘ついた」

律「え?」

澪「恥ずかしくて、嘘ついちゃった。ごめん」

律「どういうこと?」

澪「だ、だからさっきの話だよ」

律「さっきの話ってどれのこと?ちゃんと説明してくれなきゃわかんないよ」

澪「う・・・」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 01:20:33.49 ID:YUCgyGxJ0
律「ねえ、澪」

澪「だから、私がさ」

律「うん」

澪「泣きそうになってた、とか嬉しそうだった、とか」

律「うん」

澪「本当は、その通りだったんだけど」

律「うん」

澪「何か、恥ずかしかったからそんなこと無いって言っちゃった」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 01:22:09.72 ID:YUCgyGxJ0
律「そうだったんだ」

澪「・・・うん」

律「じゃあ、本当は私に大好きって言われて嬉しかったし、否定されたら悲しかったってことか?」

澪「・・・そうだよ」

律「澪、顔が赤いよ」

澪「うるさい」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 01:24:11.82 ID:YUCgyGxJ0
律「澪は、可愛いな」

澪「ふぇ!?」

律「びっくりした、急に大声あげるから」

澪「い、今何て・・・」

律「うん?澪は可愛いな、って言ったよ」

澪「あ、そう・・・なんだ」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 01:25:27.76 ID:YUCgyGxJ0
律「澪、もっと赤くなった。もう耳まで真っ赤だぞ?」

澪「うるさい」

律「あ、顔隠すなよー」

澪「嫌だ」

律「隠すなってー」

澪「嫌だってば」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 01:30:10.64 ID:YUCgyGxJ0
律「澪は、私に可愛いって言われるのが嫌だったのか?」

澪「嫌じゃ、ないよ」

律「本当に?」

澪「うん」

律「でも、言われたら顔上げられない?」

澪「うん、恥ずかしいもん・・・」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 01:31:10.86 ID:YUCgyGxJ0
律「そっか、じゃ今は言わない」

澪「・・・うん」

律「でもさ」

澪「何?」

律「今は言わないけど、また言ってもいい?」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 01:32:32.55 ID:YUCgyGxJ0
澪「・・・何で?」

律「澪が・・・あ、これ『今は言わない』って言っちゃったから言えないや」

澪「・・・二人の時なら」

律「え?」

澪「二人きりの時だったら、偶には言ってもいいよ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 01:34:35.08 ID:YUCgyGxJ0
律「そっか」

澪「うん」

律「じゃ、二人だけの秘密だな」

澪「・・・うん」

律「落ち着いた?」

澪「まだちょっと、無理」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 01:35:51.85 ID:YUCgyGxJ0
律「まだかよー」

澪「律が二人だけの秘密とか言うから・・・」ボソッ

律「ん?何か言った?」

澪「言ってない」

律「じゃ、私の気のせいか」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 01:38:34.57 ID:YUCgyGxJ0




律「それでさ、ちゃんと私が答えたんだから答えろよ」

澪「何?」

律「澪は、私のこと好き?」

澪「・・・うん」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 01:39:44.14 ID:YUCgyGxJ0
律「澪、ずるい」

澪「え?」

律「『うん』じゃなくて、ちゃんと『好き』かどうかで答えろよ」

澪「・・・大、好き」

律「え?」

澪「私も、律のこと大好き・・・」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 01:41:31.75 ID:YUCgyGxJ0
律「えへへへ、嬉しいな」

澪「律は、私に大好きって言われると嬉しいんだね」

律「当ったり前じゃん!それに澪だって嬉しいって言ってたじゃん!」

澪「うん、嬉しい・・・よ」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 01:43:22.27 ID:YUCgyGxJ0
律「じゃ、私達は両想いだな!」

澪「え?」

律「違うのか?」

澪「え?でも、両想いって言ったら、友達とかじゃなくて、その」

律「そういうつもりだけど?」

澪「え・・・?」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 01:46:54.47 ID:YUCgyGxJ0
律「私の言ってた『大好き』は、友達としてって意味じゃないよ」

律「そりゃ勿論、友達としても澪のことは好きだけどさ?」

律「でも、それ以上に一人の女の子として、澪のことが好きなんだ」

澪「本、当に・・・?」

律「うん、冗談でこんなこと言えないって」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 01:48:24.24 ID:YUCgyGxJ0
律「それに、澪だってそういうつもりで私のこと『大好き』って言ってくれたんじゃなかったのか?」

澪「・・・そう、だよ」

律「やっぱり、そうだよな。だからさ、澪」

澪「うん・・・」

律「私の恋人になってくれない?」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 01:50:06.47 ID:YUCgyGxJ0
澪「・・・私、さ」

律「うん」

澪「すごく、泣き虫だよ?」

律「知ってるよ。今までも、これからも、澪の涙は私が止めてあげたいんだ」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 01:53:49.03 ID:YUCgyGxJ0
澪「すぐ、律のこと叩いたりするし・・・」

律「うん、私だけにしかしないよな。痛いけど、これも澪の愛情表現なんだなーって思ってる」

澪「すごく、我侭で・・・また律のこと困らせるよ・・・?」

律「いいよ、澪にだったらいくら困らせられても」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 01:56:45.56 ID:YUCgyGxJ0
澪「それに、私達女の子同士なのに、いいの・・・?」

律「じゃあ澪は?嫌なのか?」

澪「嫌じゃ、ない・・・」

律「うん、私も嫌な訳ないよ」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 01:58:14.01 ID:YUCgyGxJ0
澪「本当に、私でいいの・・・?」

律「澪でいい、じゃないんだよ。澪がいいんだ。澪じゃなきゃ、駄目なんだ」

澪「う・・・うぅっ・・・うぇぇぇん」

澪「わ、私も・・・律のこと・・・ずっと好きだった・・」

律「うん、嬉しいよ」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 01:59:24.16 ID:YUCgyGxJ0
澪「でも、でも女の子同士だし・・・気持ちを伝えたら、気持ち悪がられるかもって思って・・・!」

澪「嫌われちゃうんじゃないかって思って・・・!律との関係が壊れるのが嫌で・・・!」

律「私もそういうこと、思ったよ」

澪「でも、一緒に居れば居る程律のことどんどん好きになって・・・苦しくって、怖くって・・・!」

律「うん、私もだよ」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 02:01:09.83 ID:YUCgyGxJ0
澪「だ、だから・・・嬉しいよぉぉぉ!大好きだよ律ぅぅぅぅ!」ダキッ

律「あはは、澪は甘えん坊だなー」

澪「うわぁぁぁぁぁん!律ぅぅぅぅぅ!」

律「よしよし」ナデナデ

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 02:03:32.13 ID:YUCgyGxJ0




律「落ち着いたか?」

澪「うん・・・ぐすっ・・・」

律「じゃ、そろそろ離れるか?」

澪「やだ」ギュッ

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 02:12:57.93 ID:YUCgyGxJ0
律「これからはいつでもこうしていいからなー、何たって私は澪の恋人だからな」

澪「・・・うん」

律「澪?どうした?」

澪「律だって、気持ちを伝えたら私達の関係が壊れるかもって、思ったんだよね?」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 02:16:53.28 ID:YUCgyGxJ0
律「うん、思ったよ」

澪「それでも、こうやって気持ちを伝えてくれたんだよね?」

律「うん、そうだな」

澪「やっぱり私、いつも律に頼ってばっかりだ・・・」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 02:24:07.08 ID:YUCgyGxJ0
律「いいんじゃないか?それで」

澪「え?」

律「私はさ、そういう恥ずかしがりで臆病なところも含めて澪のことが好きなんだよ」

澪「律・・・」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 02:31:29.66 ID:YUCgyGxJ0
律「だからさ、澪は私のこと頼っていいんだよ。澪に頼られなくなったら、私が寂しいしな」

澪「うん、ありがとう・・・」

律「今度こそ、涙も止まったし落ち着いたな」

澪「うん」

律「じゃ、晴れて恋人同士になったところで改めて澪に聞きたいことがあるんだけどさ」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 02:36:41.22 ID:YUCgyGxJ0
澪「何?」

律「澪は、私のこと好き?」

澪「・・・当たり前だろ。どれだけ好きって言っても足りないくらい、律のこと大好きだよ」

律「うん、私も澪のこと大好きだ。これからは恋人として、改めてよろしくな!」

fin

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 02:38:11.59 ID:YUCgyGxJ0
―――――――――――――――――――――――――

紬「よくやったわりっちゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!」ブシュゥゥゥ

唯「うわああああ!!?ムギちゃんの鼻血が噴水のように!?」

梓「相変わらずあの二人は甘々ですね、ていうか今迄も付き合ってると思ってましたよ」ザザー

唯「あずにゃんの口からは砂が滝のように!!?」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 02:43:14.81 ID:YUCgyGxJ0




梓「はいムギ先輩、止血完了です」ザー

紬「あらありがとう、梓ちゃん」ボタボタボタボタボタ

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 02:45:19.82 ID:YUCgyGxJ0
唯「あんまり止血の意味ないねーこれ」

紬「大丈夫!こんなこともあろうかと今日はレバー一杯食べたから!」ボタボタボタボタボタ

唯「そっかー、なら安心だね」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 02:48:02.16 ID:YUCgyGxJ0
梓「というか、本編に出番無いのに何で私達は終了後にこうして話をしているんですか?」ザー

唯「何かねー、ムギちゃんの鼻血とあずにゃんの砂を書かないと書いた気がしないから無理にでも書きたかったんだって!」

梓「ああ、何とも勝手な理由ですね」ザー

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 02:51:57.26 ID:YUCgyGxJ0
唯「何でも、今回は澪ちゃんを可愛く書いてあげたかったんだってー」

梓「私の発言はスルーですか」ザー

唯「前に書いたので澪ちゃんをちょっと自分勝手に書いたら澪ちゃんの悪口書かれたみたいでショックだったんだってさー」

紬「自分でそうしておいて何をやってるのかしらねー」ボタボタボタボタボタ

梓「本当ですよね」ザー

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 02:55:17.59 ID:YUCgyGxJ0 [42/43]
唯「まぁまぁ、何はともあれ、ね?」

紬「こんな遅くまで、お付き合い下さってありがとうございました」ボタボタボタボタボタ

梓「支援して下さった方々、どうもありがとうございます」ザー

唯「楽しかったよ!」

おわり

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/26(月) 02:58:25.44 ID:YUCgyGxJ0 [43/43]
これにて終了です。
地の文無しは始めてだったのですが、難しいですね。

改めて、お付き合い下さってありがとうございます。
そして支援して下さった方々、どうもありがとうございました。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。