FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純「梓ってさあ、憂のお姉さんと付き合ってんの?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 21:27:01.50 ID:yw6U+9JRO [1/4]
ほうかご!

純「梓ってさあ、憂のお姉さんと付き合ってんの?」

梓「何?唐突に」

純「だってよく抱き着かれてるし。梓も梓でいっつも唯先輩唯先輩って言ってるし」

梓「なんでそれで付き合ってることになるかなー?だいたいあれはただのスキンシップ!」

純「前なんか匂いかがれてたし。流石にスキンシップにしてはちょっとね…」

梓「いいじゃない、別に減るわけじゃないんだし」

「あーずにゃーーーんっ!!」

梓「あ、唯先輩だっ!」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 21:30:12.29 ID:yw6U+9JRO
唯「あずにゃーん」ダキッ

梓「にゃあっ!もう、部室で会えるのにわざわざこっちに来なくても…」

純(うわ、嬉しそう)

唯「あずにゃんあずにゃん」スンスン

梓「今日は汗かいてますから恥ずかしいですってば!」

純「はは、なんか前より激しいね…」

唯「あずにゃーん」

梓「唯先輩ったら…」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 21:34:32.76 ID:yw6U+9JRO
ほうかご!

純「やっぱり付き合ってるでしょ?」

梓「だからそんな関係じゃないから」

梓「そりゃあ多少は仲良いし?唯先輩も特に私にはスキンシップ、激しいけど。でもやっぱりそういうのじゃないよ」

純「仲良しねえ…?」

梓「そう仲良し。だいたい唯先輩と私は女同士なんだから有り得ないよ」

「あーずにゃーーーんっ!!」

梓「あ、唯先輩だっ!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 21:50:21.54 ID:yw6U+9JRO [4/4]
唯「あずにゃーん」ムチュー

梓「ふむぅっ…ん。唯先輩!急にキスはびっくりするからやめてって言ったじゃないですか!」

純「教室で堂々とっ!」

唯「あずにゃんあずにゃん」ペロペロ

梓「もう、舐めたって味なんかしませんよ?」

純「お、お熱いねー…?」

唯「あずにゃーん」

梓「くすぐったいですってばー!」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 21:53:58.61 ID:yw6U+9JRO
ほうかご!

純「ねえ梓、私そういうのに理解ある方だから、別に隠さなくてもいいからね?」

梓「純もしつこいね、違うってば」

純「こないだキスしてたじゃん。キスとかただの友達じゃしないから」

梓「海外の人だって挨拶にキスぐらいするでしょ?唯先輩の親ってよく海外行くらしいし」

純「(親は関係ないんじゃ…)うーん、じゃあ、首筋舐められてたのは?」

梓「ほら、唯先輩って犬っぽいところあるでしょ?…あっ!」

「あーずにゃーーーんっ!!」

梓「やっぱり唯先輩だっ!」

純(梓も十分犬っぽいし)

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 21:58:32.14 ID:yw6U+9JRO
唯「あずにゃーん」チュッチュッ

梓「んっ…ちゅっ。唯先輩、今日は部活休みなんじゃあ?」

純「挨拶…ねえ?」

唯「あずにゃんあずにゃん」サワサワ

梓「唯先輩、メール見てなかったんですか?って、ちょっ!スカートめくれますから!ダメです!」

純「ずいぶんいやらしいハグになってきたね…」

唯「あずにゃーん」

梓「ダメです、さわりっこはおあずけです!」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 22:04:11.32 ID:yw6U+9JRO
ほうかご!

純「なんで認めないの?どこまで行ってるの?」

梓「あんまり人をそういう目で見てると友達無くすよ」

純「そういう目で見ないほうが変だってレベルになってることを自覚して、梓」

梓「まあ確かに最近スキンシップが激しいことは認めるけどさ…」

梓「でも唯先輩は純と違って純粋だから、やっぱりそういう関係とは違うよ」

純「唯先輩は知らないけど、あんたのその信仰じみた純粋さはすごいよ」

「あーずにゃーーーんっ!!」

梓「あ、唯先輩だっ!」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 22:11:35.97 ID:yw6U+9JRO
唯「あずにゃーん」ムチュウウウ

梓「んぅっ…ぴちゃっ…ちゅうっ…んっ、じゅる…んぁ……っはぁ…あ、汚れちゃいましたね。今拭きます」

純「挨拶にそんなエロいディープキスする国知らないんだけど」

唯「あずにゃんあずにゃん」クニクニ

梓「あんっ!きょ、今日は換えの下着持ってきてないからダメですって、やっ!」

純(純粋な人はこんなことしない!)

唯「あずにゃーん」

梓「今度唯先輩の家泊まりに行きますからっ!だからあっ、…くぅんっ!」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 22:17:29.94 ID:yw6U+9JRO
ほうかご!

純「…今更付き合ってるかなんて聞かないけどさ。週末に何があったの?」

梓「……」

純「なんであんたは朝からずっとネコミミと首輪つけてるの?」

梓「にゃー」

純「なんで人間語喋らないの!?一日中それだからみんなドン引きしてるよ!?」

梓「…にゃあ」

純「「なんで?」みたいな顔しないで!どんなプレイか知らないけど、こんな所でも律儀に猫しなくても」

「あーずにゃーーーんっ!!」

梓「ぅなーぉ!」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 22:25:31.58 ID:yw6U+9JRO
唯「あずにゃーん」プチプチ

梓「にゃーん、にゃあ…」

純「ペットに服は要りませんってか!?」

唯「あずにゃんあずにゃん」チュプチュプ

梓「にゃっ、やあっ、にゃっ…あっ!」

純「うう、梓がどんどん汚されていく…」

唯「あずにゃーん」

梓「にあっ!にゃ…あっ、あっあんっ、あぁんっ!!」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 22:33:08.61 ID:yw6U+9JRO
ほうかご!

純「ねえ梓、あんた唯先輩に騙されてるよ」

梓「なんでそんなこと言うのっ!?見損なったよ純!」

純「梓はここ最近私以外に話し掛けられなくなった事実について、深く考えるべきだと思う」

梓「それと唯先輩に何の関係があるの?よくわからないんだけど」

純「…改めて聞くけど、二人は」

「あーずにゃーーーんっ!!」

梓「あ、唯先輩が呼んでる…行かなきゃ…」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 22:40:55.27 ID:yw6U+9JRO
唯「あずにゃーん」

梓「また脱ぐんですか?もう、先輩のスキンシップって変ですよ」スルッ

純「梓、正気に戻って!!」

唯「あずにゃんあずにゃん」

梓「嫌ですよ自分でなんて!変な声出ちゃうし…。…うう、わかりましたよお……んっ、んんっ」

純(唯先輩は何もしていないのに、梓…)

唯「あずにゃーん」

梓「んっ、んっんっんっ……くぅぅぅん!満足、っはぁ、ですかぁ…唯先輩ぃ…」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 22:47:29.74 ID:yw6U+9JRO
ほうかご!

純「…梓、何書いてるの?」

梓「さあ?ただ名前書いてハンコ押したらいいみたい。ホント唯先輩のスキンシップって変わってるよね」

純「何々……うわ。まあ、正当な効力はない辺りスキンシップなのかもね」

純「あれ?その薬指の指輪、前はつけてなかったよね?」

梓「えへへ、唯先輩がくれたんだ。軽音部の絆の証に二人でつけようって」

純「…つけてるの二人だけなのに?」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 22:52:28.08 ID:yw6U+9JRO
純「ところで梓、こないだ聞きそびれたんだけど、梓と唯先輩は付き合ってないんだよね?」

梓「だから付き合ってないって何度も言ってるでしょ?どう見たらそう思えるのさ」

純「仲良しの先輩後輩ってレベル超えてるからね。そんな書類書くぐらいだし」

梓「それって前も言ってた団結してる、ってこと…?そう言われると悪い気はしないね」

純「…もうそれでいいや」

梓「変なの。……?」

純「あ、唯先輩は来ないよ。今日は休みって憂が言ってたから」

梓「…そう、なん…だ……」

純「そんなこの世の終わりみたいな顔しなくても…」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 22:58:32.47 ID:yw6U+9JRO
純「休みついでに変な質問。恋人でなきゃ出来ないことって、何だろうね?ぶりっ子な答えはいいからね」

梓「何、急に。…そりゃ、デートしたり、キスしたり、二人で同じものを身につけたり、…エッチしたり。色々だよ」

純「よろしい。で、梓は唯先輩とはキスしたことあるよね?」

梓「あるけど…スキンシップ、だよ」

純「エッチだって何回もここでしたよね?」

梓「……うん」

純「二人でお揃いの指輪はめてるよね。今婚姻届書いていたよね」

梓「うん………あっ!?」

梓「ど、どうしよう」

純「やっと気づいたか…。梓は気づかないうちに恋人に、というか嫁にされてたんだよ」

梓「どうしよう純!私、唯先輩のこと好きかも知れない!」

純「今頃!?」


終わり

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 23:00:42.54 ID:yw6U+9JRO
PC規制で腹が立ったのでむしゃくしゃして思いつきで書いた。

早く唯と梓は結婚するべき。
それまで俺が唯と梓を結婚させ続ける。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。