FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「へぇー、中野さんっていうんだ」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 19:05:36.14 ID:NWnQlVL8O [1/32]
唯「よろしくね」

梓「はい!」

こんにちは、中野梓です。
ギターの人に憧れて軽音楽部に来ました!

律「パートはどこ?」

梓「えっと」

紬「誕生日は?」

律「血液型は?」

紬「好きなケーキは?」

澪「お前ら落ち着け」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 19:10:15.33 ID:NWnQlVL8O [2/32]
梓「ギターを少しやってるんです」

律「おお、唯と同じだな」

梓「はい!先輩のギターに憧れて来ました!よろしくお願いします、唯先輩!」

唯「あー、よろしく」

澪「私はベースの秋山澪。こいつはドラムの田井中律」

律「よろしくな!」

梓(唯先輩かぁ……)ジー

澪律(聞いちゃいねえな)

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 19:16:30.06 ID:NWnQlVL8O
紬「琴吹紬です。よろしくね。さっそくだけど、梓ちゃんのギター聞かせてほしいな」

梓「は、はい!まだ下手ですけど……」

ジャラァーン

紬律澪(う……うまい!)

梓「あ……ごめんなさい。聞き苦しかったですよね」

澪「……いや、うまいよ。普通にうまい!」

澪(唯よりもずっと!)

律「おい唯、どうすんだよ」

唯「へ?何が?」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 19:23:55.56 ID:NWnQlVL8O
律「何がって、お前、今の聞いてなかったのか?」

唯「あ、ごめん。聞きそびれちゃった」

紬「唯ちゃん、何してるの?」

唯「新入部員獲得作戦を練ってるんだよ!部員を最低でもあと三人は増やさないと!」フンス

律「おいおい、もういいんじゃないか?一人入ったんだし」

唯「ダメだよりっちゃん、そんな低い志じゃ!というわけで、私ちょっと勧誘に行ってくるよ」

梓「あ……」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 19:28:42.85 ID:NWnQlVL8O
澪「ごめんな、あいつけっこうマイペースな奴だから」

梓「いいえ、構いませんよ」

梓(きっとすごく真面目な人なんだろうなぁ)

紬「じゃあ、お茶にしましょうか」

梓(え?)

律「梓も座れよ」

梓(えー?)

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 19:36:59.12 ID:NWnQlVL8O
梓(いいのかな、こんなことしてて……でもこれおいしい)

紬「梓ちゃんは新歓ライブ見てくれたのよね?」

梓「はい!皆さんの演奏聞いて感動しました!……あの、唯先輩ってどんな人なんですか?」

律「そうだなー、すごく抜けた奴だよ」

澪「しょっちゅう遅刻や忘れ物するからなあ。だらしない奴だよ」

梓「なるほど……天才肌なんですね!」

律(美化されてる)

梓「もっと唯先輩のこと、聞かせていただけますか?」

澪(机から身を乗り出してる……)

紬(よっぽど唯ちゃんに憧れてるのね)

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 19:42:29.82 ID:NWnQlVL8O
ガチャ

唯「ただいまー」

紬「お帰りなさい。お茶をどうぞ」

唯「わあい!ムギちゃん大好き!」ムギュウ

紬「あらあら」

梓(あれ?真面目な人のはずじゃ……)

律「唯ー、梓がお前のこと知りたがってるぞ」

唯「梓?あずさって誰だっけ」

梓(目の前にいるのに!)ガーン

唯「……あぁ、中野さんのことかぁ。私の話なんか聞いても面白くないよ」

梓「そんなことないです!唯先輩のことたくさん知りたいです!」

唯「うぅー、めんどくさい……」

梓(めんどくさいって言われた!)ガビーン

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 19:48:48.57 ID:NWnQlVL8O
梓「あの、唯先輩のギター、もう一度聞かせていただけますか?」

唯「私の?」

梓「よければ教えていただきたいんですが……」

唯「ギターなら澪ちゃんが教えてくれるよ。私も何回もお世話になったし」

梓「澪先輩じゃダメです!」

澪「」ガィィーン

梓「唯先輩のギターがいいんです!私、先輩のギターに憧れてここに来たんですから」

唯「あー、今度ね今度。今日はもう疲れたから」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 19:49:40.82 ID:NWnQlVL8O
晩飯食ってきます

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 20:27:14.87 ID:NWnQlVL8O
律「じゃー、今日はこの辺で帰ろうか」

憂「お姉ちゃん、迎えに来たよ!」

唯「おー、憂!ありがとー!」ムニュウ

梓(また抱きついた……)

憂「帰りにアイス買おうね」

唯「わあい、憂大好き!」

憂「その代わり、帰ったらギター聞かせてね」

唯「任しとき!たんと弾いたるけんの!」

澪「どこの出身だよ、お前は」

梓(……私には弾いてくれなかったのに)

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 20:32:56.31 ID:NWnQlVL8O
翌日!

唯「じゃ、ちょっと行ってくるよ」

律「今日も勧誘か?熱心だねぇ」

梓(唯先輩のギター、どうしても聞きたいなぁ)

紬「今日はギターも一緒なのね」

唯「うん、やっぱり実際に弾いて聞かせるのが一番だからね」

梓「……あの、私も勧誘について行っていいですか?」

唯「ほえ?別にいいけど、面白くないよ?」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 20:39:29.95 ID:NWnQlVL8O
唯「♪~」スタスタ

梓(唯先輩、歩くの早いなあ……)

唯「でもどうしてついて来たの?お茶飲んでたらいいのに」

梓「あの、私、どうしても唯先輩のギターがまた聞きたかったんです」

唯「そっか。じゃあサクラでもやってくれる?」

梓「サクラ、ですか?」

唯「そう。弾き終わるたびに拍手したり、キャーすごーい、とか適当に言ってくれればいいの」

梓「は、はぁ……」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 20:47:10.07 ID:NWnQlVL8O
唯「中野さんも、同い年の部員がたくさんいた方がいいでしょ」

梓「あ、はい!」

梓(私を気遣ってくれてたんだ。優しいなぁ)

唯「じゃ、始めようか。ワン、ツー!」

ギャアアァアアン

梓(やっぱりうまいなぁ。尊敬しちゃう)

唯「♪軽音部で遊ぼう~楽しい軽音部~」

梓(歌もうまいし)

唯「♪軽音部で遊ぼう~憧れの軽音部~」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 20:51:31.27 ID:NWnQlVL8O
ジャ、ジャン!

梓「わー、すごいですすごいです!」パチパチ

唯「ありがとう。さて、そろそろ戻ろうか。中野さん、いい演技だったよ」

梓「演技じゃないです!本当にすごかったですよ!」キラキラ

唯「演劇部に入った方がよかったかもね」

梓「えっ……」ズキッ

梓(私はいらないってこと?……まさかね。誉めてくれただけだよね)

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 20:58:38.41 ID:NWnQlVL8O
ガチャンコ

律「おー、お帰り。どうだった?」

唯「ダメみたい。人気ないのかなー、軽音部」

紬「お疲れ様。今日はエクレアがあるのよ」

梓「……あの、無理しなくていいですよ。私のために」

唯「私のため?」

梓「私、先輩方と演奏できればそれで充分ですから」

唯「いや、中野さんがよくても、こっちが困るんだよ」

梓「え?」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 21:06:02.12 ID:NWnQlVL8O
唯「ほら、もし来年誰も入部しなくて、私達二年が卒業したら、中野さん一人になっちゃうでしょ?」

梓「そうなりますね」

唯「そうしたら部員不足で廃部になっちゃうの。せっかく私達の代で復活させたのに、台無しになっちゃうんだよ!」

澪「まあまあ唯。来年のことは来年考えよう」

唯「ダメだよ澪ちゃん!そんな浪人生みたいな志じゃ!」

澪「一番浪人しそうなお前に言われたくない!」

梓(そっか……私のためにやってるんじゃなかったんだ……)

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 21:13:45.52 ID:NWnQlVL8O
梓(……そうだよね。唯先輩は部活のみんなに気を配らないといけないんだから、当然だよね)

律「梓、どうかしたか?」

梓「あ、いえ、何も」

ガチャ

さわ子「私、ミルクティーね」スタスタ

梓「あ、先生」

さわ子「あら、あなたが新入部員?山中さわ子です。よろしくね」

梓「よろしくお願いします」

梓(きれいな先生だなあ)

さわ子(ネコミミとか似合いそうね)

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 21:19:36.05 ID:NWnQlVL8O
梓(あ、そうだ。昨日は唯先輩に聞かせるために練習してきたんだった)

ワイワイ ガヤガヤ

梓(じゃ、さっそく……)

ジャラァァン

律「お、演奏?」

澪「聞かせてもらおうかな」

ジャカジャカジャカジャカ

梓「……」チラッ

唯「ムギちゃ~ん。エクレアもっと~」

紬「もうダメよー」

梓「……」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 21:25:20.21 ID:NWnQlVL8O
ジャカジャカジャンケン

梓(……何で?)

唯「ムギちゃんのいけず~」

紬「ああん、ダメったらダメよ」

梓(どうして聞いてくれないんですか?)

唯「くすぐっちゃうよ~」コチョコチョ

紬「きゃー、助けて~」

梓(これでも一生懸命練習したんですよ?先輩に聞いてほしいから)

梓(ねえ……私のこと誉めて下さい。こっち向いて下さいよ)

唯「がおー、唯ちゃんドラゴンだぞー」

梓(ねえ……!)

さわ子「うるさーい!」

梓「えぇー!?」ガビョーン

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 21:33:57.63 ID:NWnQlVL8O
律「さ、さわちゃんのアホー!」

さわ子「……だって、静かにお茶したかったんだもん……」メソ

律「言い方ってもんがあるだろ!」

梓「……」

澪「ごめんね、あの先生ちょっと変なの」

梓「……」プルプル

澪「梓?」

梓「こんなんじゃダメですー!」ブチィィン

澪「うわー、キレた!」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 21:44:49.32 ID:NWnQlVL8O
梓「皆さんやる気が感じられないです!」

律「いや、新歓終わったばっかだし」

梓「そんなの関係ないです!」

梓(違う……)

梓「音楽室を私物化するのもよくないと思います!ティーセットは全部撤去すべきです!」

さわ子「それだけは勘弁して!」

梓(こんなことが言いたいんじゃないのに……)

澪「梓、とにかく落ち着いて……」

梓「これが落ち着いていられますか!」

梓(私は、私はただ……唯先輩に……)

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 21:48:10.35 ID:NWnQlVL8O
唯「……」

梓(唯先輩、あんなに冷めた目で私のこと見てる……軽蔑された)

澪「梓?」

梓「……すみません。失礼しました」ダッ

ガチャバタン

律「何だったんだ、ありゃあ?」

紬「女の子の日かしら?」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 21:56:27.53 ID:NWnQlVL8O
さらに翌日!

梓(はあ……)

梓(昨日迷惑かけちゃったし、音楽室行きづらいなあ……)

梓(どうしよう……)

ガチャ

律「おー、いらっしゃい!」

紬「待ってたわ!」

梓(あ、よかった……)

澪「さあ、入って入って」

さわ子「梓ちゃん、よね。昨日はごめんね」

梓(……唯先輩は、出迎えてくれないんだ……)

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 22:06:57.02 ID:NWnQlVL8O
梓「……昨日は取り乱して、すみませんでした」

澪「いやいや、梓の言うことは正しいよ。もっとやる気出していかないと」

梓「澪先輩、ありがとうございます」

澪「わかったな、お前ら!」

唯律「はーい」

澪「でもティータイムは残させてね」

梓「」ズルーッ

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 22:11:46.05 ID:NWnQlVL8O
唯「ケーキがもっとほしい」

唯「りっちゃん、ちょいとわけておくれ」

律「だ、ダメだぞ!これは私のだ!」

梓「あの、よければ私のを少し、」

唯「あ、いいよいいよ。ムギちゃんプリーズ」

紬「だーめ。一人ひとつよ」

梓(……私のは食べたくないってこと?)

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 22:17:48.24 ID:NWnQlVL8O
紬「梓ちゃんはいつからギター始めたの?」

梓「小四からです。親がジャズバンドやってたので、その影響で」

律「へー、サラブレッドじゃん」

梓「唯先輩がギター始めたきっかけって何ですか?」

唯「聞かないで下さい」

律「教えてやれよ」

唯「言いたくない。中野さんには特に言いたくない」

梓「そう……ですか。ごめんなさい」ショゲー

唯(軽音が軽い感じの音楽だと思ってたなんて言えない……)

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 22:25:50.37 ID:NWnQlVL8O
さわ子「そうそう。私、梓ちゃんにプレゼントがあるの」

梓「何ですか?」

さわ子「これよ!」パンパカプー

梓「……ネコミミ?」

さわ子「そう。つけて?」

梓「嫌ですよっ!恥ずかしいです!先輩方も恥ずかしいですよね?」

紬「え?」チョコン

梓(あれ?私がおかしいの?……あ、これをつけたら唯先輩が振り向いてくれるかも)

梓「……やっぱりちょっとつけてみます」ジャキッ オケーィ

さわ子「おー、似合ってるわね」

紬「梓ちゃん、すごく可愛いわ」

唯「……」

梓(見向きもしない……)

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 22:32:04.10 ID:NWnQlVL8O
「……梓、可愛いな」

「いじられる対象が移ったのは助かったけど、でも……」

律「この寂しい気持ちは何?」

澪「後ろで何を言ってるんだ」

唯「どしたの?」

律「澪が構ってくれないから寂しくて死にそうなんだってさ」

澪「私はウサギじゃない!」

唯「大丈夫だよ、私は澪ちゃんが大好きだからね~」ムニュ ポワワン

澪「こら、抱きつくな!梓が見てるだろ!」

梓(……優しいんだなぁ、唯先輩……)

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 22:36:32.76 ID:NWnQlVL8O
唯「澪ちゃんの髪大好き!やっぱり黒髪のストレートだよね~」

澪「こら、におい嗅ぐなよ」ドキドキ

梓(唯先輩は黒髪のストレートが好き……)

梓(日本人形みたいってからかわれるから解きたくないけど、いいか)ハラリ

紬「あら、梓ちゃん。どうして髪を解いたの?」

律「なんか日本人形みたいだな」

唯「澪ちゃ~ん」

澪「はーなーせー!」

梓「……っ」ジワ

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 22:43:12.55 ID:NWnQlVL8O
梓(私は唯先輩に憧れて入部した……でも)

梓(唯先輩にとって私はどうでもいい子なんだ……)

梓(……考えてみればこんなのストーカーと同じだよね)

梓(勝手な気持ちでつけまわして。先輩方にも迷惑だよね)

梓(もう……止めちゃおうかな)

梓「……グスッ」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/23(金) 22:50:01.51 ID:NWnQlVL8O
一週間後!

律「最近、梓が来ないよなぁ」

紬「どうしちゃったのかしらね」

澪「メールしても返信来ないし、心配だな」

唯「そうだね……。ごめんね、今日は先に帰るよ」

律「ありゃ、用事?」

唯「うん、今日はお外でご飯なんだ。お父さん達が久々に帰ってくるから。じゃあね」ガチャバタン

律「……のんきだなぁ、唯は」

302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 07:51:43.50 ID:mxb2tBEaO [10/42]
律「唯もいないし、私らも今日は帰ろうか」

紬「そうね」

ガチャ

澪「……あれ?あそこにいるの梓じゃないか?」

律「ありゃ、本当だ」

紬「梓ちゃーん」

梓「!」ビビクゥ!

303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 07:55:38.46 ID:mxb2tBEaO [11/42]
律「おい、どうして最近練習に来なかったんだよ」

澪「心配してたんだぞ。連絡もないし」

梓「あ……あの……」

紬「体の調子が悪かったのかしら?」

梓「あの……違うんです……」

澪「何かつらいことでもあったのか?私達でよければ相談に乗るから」

梓「……て下さい」

澪「え?」

梓「ほっといて下さい!」

306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 08:04:34.21 ID:mxb2tBEaO [12/42]
澪「そうはいかないよ。きっちり説明してもらわないと」

梓「離して下さい!もう、もう退部するんですから!」

紬「どうして?まさか、ティータイムが嫌だったの?」

律「それだけは勘弁してくれ、これからは一生懸命練習するから……」

梓「違います!そんなんじゃありません!最初から軽音なんか興味なかっただけです!離して!離してよぉ」ジタバタ

澪「梓、本当のことを離してくれ。私達はみんなお前力になりたいんだ」

紬「そうよ。みんな梓ちゃんのことが大好きなの」

梓「嘘ですっ!」

307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 08:05:43.00 ID:mxb2tBEaO [13/42]
×離して
○話して


変換ミスった

311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 08:17:19.56 ID:mxb2tBEaO [14/42]
紬「え?」

梓「そんなの嘘です!唯先輩は、唯先輩は私のことなんか……どうでもいいんです!」ジワ

澪「梓、お前何を」

梓「私、唯先輩に、憧れて、軽音、部に入ったのにっ……」

梓「唯先輩は……ちっとも、私のこと……見て、くれないん、だもん!ギ、ターも弾いて、くれない、しさ、避けてばかり……いるし……」ボロボロ

律「梓……」

梓「だから、だから……もう、もう辞めてやるんだもん!やめて、ゆい先輩のこと、い、いっぱいこまらせ、て、やるんだもん……!」

梓「唯先輩なんか、み、みおせんばいと、く、くっついてりゃ、いいんだ!ムギせんばいと、いぢゃいぢゃ、してりゃいいんだっ……う、うああああん、あああああああん!」

314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 08:28:10.99 ID:mxb2tBEaO [15/42]
梓「っく……ひっく……うぅ……」

紬「……梓ちゃん。それは違うわ。唯ちゃんは誰かをないがしろにするような子じゃないわ」

梓「うぞですっ!だって、だってギター、が、がんばって弾いた……のに、聞いてくれなかったもんっ!」

律「……あの時は、お茶飲んでたからなぁ」

梓「ね、ネコミミ、つけたのに……み、見てくれなかった、もん!は、は、恥ずかしいの、我慢して、つけたのに……」

澪「その時は私の方を見てたからね……」

梓「……もう、かんげいない、でしょう!離して、下さいよぉ!離して!はなせぇ!」ジタバタ

紬「落ち着いて梓ちゃん!そ、そうだ、戻ってお茶にしましょう!」

律澪(今からかよ!)

梓「うっ……うっ……ふうぅぅぅ……」ヒックヒック

318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 08:35:20.06 ID:mxb2tBEaO [16/42]
梓「……」ズズ

律(先生に見つからないといいなあ……)

澪(親に怒られるなあ……)

紬「落ち着いたかしら?」

梓「はい……すみません、また取り乱しちゃって」グスッ

紬「いえいえ、とんでもない」

梓「私……皆さんにご迷惑おかけしてばかりですね……」

澪「梓。誰もお前のことを迷惑だなんて思ってないよ」

律「そうだぜ、この程度で迷惑と思うほど私らは心が狭くないよ」

澪律(さすがにこの時間にお茶はないけどな)

319 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 08:47:24.30 ID:mxb2tBEaO [17/42]
梓「でも……私、こんな中途半端な志で入部して、皆さんに申し訳ないです……」

梓「きっとこれからも、もっともっとご迷惑をおかけしてしまうに違いないんです……」

律「梓、もう一度言うぞ。この程度で迷惑と思うほど私らは心が狭くないよ」

澪「そうだよ。だいたい唯なんか、いっつもトラブルばかりおこすからなぁ」

律「そうそう。合宿に遅刻しかけたり、学祭の本番前に喉を壊したり」

澪「こないだの新歓ライブもそうだよ。よりにもよって本番で歌詞忘れてさ。えらい目にあった」

梓(あの唯先輩がそんなミスを……信じられない)

律「それでも、私らはみんなあいつのことが好きなんだ。梓、お前も同じだよ」

梓「ありがとうございます。……でも、唯先輩はそう思ってくれないんです」

紬「それなんだけど、梓ちゃんは一回唯ちゃんに思ってることをはっきり伝えたの?」

梓「……いえ」

320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 08:53:39.18 ID:mxb2tBEaO [18/42]
紬「ダメよそれじゃ。梓ちゃん、遠まわしなやり方じゃ、伝わらない気持ちもあるのよ」

律「唯みたいな鈍感には、特に伝わりにくい気持ちだな」

梓「はい……わかりました」

澪「唯には私達がきちんと話をしておくから。梓も簡単に辞めるとか言うな」

梓「皆さん……ありがとうございます。……ごめんなさい……」ポロポロ

律「ほらほら、泣くのも禁止」

紬「もうこんな時間だわ。そろそろ帰りましょう」

梓「……はいっ!」

321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 08:57:30.06 ID:mxb2tBEaO [19/42]
そして翌日!

律「……というわけなんだよ」

唯「……」

紬「梓ちゃんはね、唯ちゃんに構ってほしかったのよ」

唯「……」

澪「急な話でごめん。でも梓も相当参ってたみたいでさ……唯?」

唯「……いやー、なんというか、すごく意外だったというか……」

324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 09:19:23.09 ID:mxb2tBEaO [20/42]
澪「意外って、お前なあ……」

律「入部した時から、さんざんお前に憧れてたって言ってただろ」

唯「あれ?そうだっけ?……そういえばそんなこと言ってた気がするなぁ」

律「もしかしてお前、梓のこと何にも知らないんじゃないのか?」

唯「そ、そんなことないよ!」

律「好きなケーキは?」

唯「え?えーと……」

律「つけてたネコミミの色は?」

唯「えっと、えっと……」

律「パンツの色は?」

唯「……でへへ」

律「ほらぁ~」

澪「私ですらわからないわ!」スパコン

325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 09:24:16.34 ID:mxb2tBEaO [21/42]
唯「でも、言われてみれば私、先輩なんだなぁ。唯先輩、かぁ……」

……

梓『唯先輩!焼きそばパンとコロッケロール買ってきました!』

梓『唯先輩、技を教えて下さい!』

梓『よぉーっし!やりましたよ、唯先輩!』

……

唯「でへへへ……」

律「何をニヤニヤしてんだよ」

唯「いやぁ、先輩ってのも悪くないなぁ~、なんて……」

律「おせーよ」

327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 09:35:10.75 ID:mxb2tBEaO [22/42]
律「まったく……。お前があんまり相手してやらないから、昨日は辞めるなんて言い出したんだぞ」

唯「へぇー。……ってえぇーっ!?中野さん、辞めちゃうの?」

紬「安心して。辞めるのは取り消しになったから。でも、すごく寂しがってたことに変わりないわ」

唯「……じゃあ、私はどうすればいいの?」

律「唯。以前澪が寂しそうにしてたら、お前澪のこと構ってやってたろ?」

澪「本当はちっとも寂しくなかったけど、あの時唯が構ってくれて嬉しかった。唯の優しさがすごく嬉しかった」

澪「その優しさを、梓にも分けてあげてほしいんだ」

唯「うん……でも、なんか意識したら顔が合わせづらいよ~」モジモジ

律(急に乙女ぶって恥じらうなよ)

澪「そこは私達がお膳立てしてやるから。頼むよ、唯」

唯「うん、わかったよ!」フンス

328 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 09:41:46.45 ID:mxb2tBEaO [23/42]
数日後!

梓「世界最大のギター博、ですか?」

澪「そう。梓はこういうの好きか?」

梓「そりゃ一度行ってみたいと思ってましたけど、でも……」

澪「どうかしたか?」

梓「唯先輩もいるんですよね?」

律「まあな」

梓「意識したら、妙に気恥ずかしいというか、照れくさいというか……」ソワソワ

律(ああああ、どいつもこいつも中学生みたいなことを~)イライラ

紬「りっちゃん、抑えて!」ヒソヒソ

330 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 09:47:23.98 ID:mxb2tBEaO [24/42]
唯「全長35メートルのギターに羽毛の生えたギターか……すごい!行きたい!行ってみたい!」

律「いいけど、一つ条件があります」

唯「なあに?」

律「梓との親睦を深めること。あと、中野さんは禁止!」

澪「梓のことを名前で読んでないの、唯だけだぞ」

律「そう。さわちゃんですら、梓ちゃんって呼んでるのに。先輩のお前がそんなよそよそしくてどうすんだよ」

唯「え?名字で呼んでるの私だけ?」

紬「そうよ」

澪「気づいてなかったのか?」

唯「うん」

律「お前なあ……」

334 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 10:00:28.28 ID:mxb2tBEaO [25/42]
当日!

澪「……唯と律がこない」

澪「あれだけ遅刻するなって言ったのに……」プルプル

梓「ま、まあまあ」

紬「あ、唯ちゃんが来たわ!」

唯「ごめーん、寝坊しちゃった」ゼエゼエ

澪「まったく……梓、わかったか?唯はこういう抜けた奴なんだよ」

梓「人間らしくて、いいんじゃないですか?」

澪(また美化した)

紬「あ、りっちゃんも来たわ」

律「す、すまん!用意に手間取った!」ヒィヒィ

梓「もう、何やってるんですか!電車に乗り遅れちゃいますよ!」プンスカー

澪「おいおい」

335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 10:07:31.22 ID:mxb2tBEaO [26/42]
紬「休日なのに、すごい混み具合ねえ」

梓(うー、少し苦しいかも……)

唯「ねえ、なかのさ、」

律「」ジロリ

唯「……梓ちゃん、こっちおいで」

梓「あ、はい」

梓(梓ちゃん、だって……。名前で読んでくれた)

唯「ここなら少し窮屈じゃないでしょ?」

梓「……はい」

唯「着くまで私が、梓ちゃんのこと守ってあげるからね」

梓「はい!」


数分後!

唯「酔った……」

澪「おいおい」

336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 10:12:18.58 ID:mxb2tBEaO [27/42]
唯「うぅ、気持ち悪い……」

律「唯って電車苦手だっけ?」

唯「新幹線や普通の電車は大丈夫。満員電車はダメ……」

澪「車は?」

唯「バス以外なら大丈夫……」

紬「お船は?」

唯「フェリーみたいな大きいのは平気。小さい白鳥さんのは無理……」

梓「難しいんですね、乗り物酔いって」

紬「さあ、元気出して行きましょう。もう会場は目の前よ!」

338 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 10:18:23.85 ID:mxb2tBEaO [28/42]
律「げぇっ、すごい人の数!」

澪「入場だけで時間かかりそうだな」

唯「喉乾いちゃったよ……」

梓「私お水持ってきました。飲んで下さい」

唯「あ、いいよいいよ」

梓「……」ショゲー

律「バカ、そこはもらってやれ」ヒソヒソ

唯「や、やっぱりもらおうかな」

梓「!」パァーッ

唯「やっぱりいいや」

梓「……」ショボー

唯(おもしろい)

343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 10:27:35.88 ID:mxb2tBEaO [29/42]
紬「どうにかこうにか会場に入れたけど……」

律「すごい人数だな」

澪「あーっ、律、律!見てみて、中央アジア産のレフティコーナーだってよ!」

律「はいはい、見に行こうな」

紬「私、こういうところでお土産買うの夢だったの~」スッ

唯「あっ……」

梓「……」

唯「二人きりになっちゃったね」

梓「……はい」

唯「二人で見てまわろうか」

梓「はいっ!」

347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 10:30:35.61 ID:mxb2tBEaO [30/42]
律「……うまいことやったな、澪」

澪「何のことだ?」

律「後でムギにもお礼言わなくちゃな」

澪「だから、何の?」

律「下手くそな演技だったぜ、澪ちゅわん」ニヨニヨ

澪「どーした律ー。見ないのかー?」

律「お、照れてる照れてる」

澪「照れてない!」バチコン

律「あたー♪」

351 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 10:39:07.71 ID:mxb2tBEaO [31/42]
唯「これが全長35メートルのギターか……」

梓「はい、これはアメリカのニューメキシコ産ですね」

唯「梓ちゃん、ギターの産地までわかるの?」

梓「あ、えっと、図鑑で読んだんです」

唯「へぇー。じゃあこれは?」

梓「同じアメリカのワイオミング産ですね」

唯「じゃあこっちは?」

梓「中国の北西部です」

唯「じゃあじゃあ、こっちは?」

梓「アルゼンチンのネウケン産と思われます」

唯「梓ちゃんすごい!物知り!」

梓「えへへ」

梓(……本当はパンフレットを読んだだけなんだけど)

353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 10:43:23.13 ID:mxb2tBEaO [32/42]
唯「あ……」

梓「どうしました?」

唯「このギター、うちの子に似てる」

梓「本当だ。ネックの太さや、いかにも重厚な感じがそっくりですね」

梓「もしかしたら、唯先輩のギターのご先祖様かもしれませんよ……先輩?」

唯「あ、いや、何でもない」

唯(……梓ちゃん、本当に私のことよく見てるんだなぁ。なのに私は……)

361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 10:48:25.34 ID:mxb2tBEaO [33/42]
梓「澪先輩達と連絡が取れませんね」

唯「先にお昼にしようか」

梓(先輩とお昼……。嬉しい)

唯「このレスポールバーガー、おいひぃ~」

梓「ケチャップが手についてますよ」

唯「うぅ、すいやせん」

梓「もー、ティッシュどこだっけ?」ゴソゴソ

梓「……あ」

唯「どうかした?」

梓「なんでこれがこんなところに……」

唯「何?」

梓「……ネコミミ」

364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 10:57:01.37 ID:mxb2tBEaO [34/42]
唯「つけてみて!」フンス

梓「えぇー、こんなところでですか?」

唯「前はちゃんと見れなかったから」

梓「うぅ……」ジャキッ オゥケィ!

唯「!?」

梓「……あの、外していいですか?」

唯「……」

梓「や、やっぱり変ですよね。似合いませんよね、」

唯「……可愛い」

梓「え?」

唯「可愛い!梓ちゃん可愛い!ごっつ可愛いで!」

梓「ええっ!?」

唯「軽音部へようこそー!」ズガァァァァァァン

梓「ここにきてー!?」

366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 11:01:21.19 ID:mxb2tBEaO [35/42]
唯「ニャーって言って!ニャーって言ってみて!」

梓「ゆ、唯先輩、声が大きいです!みんな見てますよ!」ヒソヒソ

唯「ニャー!ニャー!」

梓「……にゃあ」

唯「はぅあ!」ドキューン

梓「唯先輩、お気を確かに!」

梓(ああ、尊敬していた先輩のイメージが……)

唯「……あずにゃん」

梓「はい?」

唯「君は今からあずにゃんだ!決定!」

梓「ええーっ!?」ガビョーン

367 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 11:05:30.52 ID:mxb2tBEaO [36/42]
数時間後!

澪「……こりゃいったい」

律「何事?」

紬「想像以上の成果ね」ツヤツヤ

唯「あーずにゃーん」スリスリ

梓「もう、唯先輩。みんな見てますよ」テレテレ

368 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 11:08:54.80 ID:mxb2tBEaO [37/42]
律「じゃあ、今日は解散!」

唯「……あずにゃん」

梓「はい?」

唯「」ダキッ

梓「あ……」

唯「……今までごめんね。つらい思いさせちゃって」

梓「……いえ、全然、……平気です」グスッ

唯「泣いてるの?」

梓「泣いてません!」グシグシ

唯「これから、よろしくね」

梓「……はい!」

澪律紬(うんうん)

371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 11:15:20.13 ID:mxb2tBEaO [38/42]
数日後!

梓「もう、唯先輩!今日こそは真面目に練習しますよ!」

唯「ううー、あずにゃん厳しいっす……」

こんにちは、中野梓です。
あれから唯先輩とはすっかり打ち解けました。
先輩は私が想像していたほど真面目ではなかったけど、とっても優しい人でした。

梓「さあ、学祭まで厳しくやりますからね!」

唯「んああぁー!」

澪先輩、律先輩、ムギ先輩。ありがとう。
そして唯先輩、これからもよろしくお願いします!



終わり

373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 11:16:40.25 ID:mxb2tBEaO [39/42]
後は任せたぜ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。