FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫「発情期きちゃった」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 00:45:30.56 ID:BBXHfbPp0 [1/45]
男「お手伝いします?」

猫「うっさい魚でもとってこい」

男「・・・・・・」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 00:47:57.89 ID:BBXHfbPp0 [2/45]
男「・・・いってきまーす」

バタン!

兎「男~、発情期きちゃった」

男「お手伝いs
猫「魚取って来い」



兎「あ、あたし人参ね」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 00:50:39.77 ID:BBXHfbPp0 [3/45]
男「川へ移動中である」

猿「あ、男よ、丁度いい。実は発情期g」
男「何取ってきます?」



猿「ばなな」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 00:52:40.61 ID:BBXHfbPp0
ばしゃん!

男「いっぴきめー」




男「・・・・・・動物がモノを言う世界なのに魚は普通なんだな・・・」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 00:55:40.86 ID:BBXHfbPp0
男「>>5・・・なん・・・だと?」

男「猫があぶない!」



バタン!
男「猫!!大丈夫か!?」

猫「・・・・・・」
兎「・・・・・・」


男「それは甘くてクリーミーで、こんな百合が拝める私はきっと特別な存在なのだt」
猫「魚の餌にしてやろうか」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 00:58:45.62 ID:BBXHfbPp0
犬「男ー、なにしてんの?」

男「わたしは男ではない。釣り餌なのだ」

犬「あたらしいあそび?わたしもやるー」

男「よしまずは服を脱ぐんだ」

猫「ミンチにしないと餌にはならなかったわね」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 01:02:02.17 ID:BBXHfbPp0
猿「男君、わたしのばななはまだかね」

男「お前の種族が変なことをすると聞いたからこんなことになっているのだ」

猿「わたしは猫なんぞに興味ないよ。そんなことよりばななだ。ないのならキミのでもいい」

男「ちょっ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 01:04:48.80 ID:BBXHfbPp0
男「猫よ、この縄をほどいてくれないか」

猫「魚をつかまえたらほどく」

男「貞操の危機なのだ」

猫「あんたのばななをとって餌にすればいいんじゃない?」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 01:07:51.90 ID:BBXHfbPp0
男「なんとかお許しをいただけた」

男「偶然飛び上がってきた魚を口でキャッチできたお陰だ」

男「だんだん俺も人間離れしていくな・・・」




猫「か、かんせつきっす・・・・」

男「どうした?いやなのか」

猫「つぎはさめがたべたいなー」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 01:11:47.47 ID:BBXHfbPp0
兎「・・・・私のにんじんは?」

男「しまった失念していた」

兎「ないのなら男のにんじんでいいよ」

男「失敬な。俺のは人参ではないぞ。いうなれば茄子だ」

兎「茄子きらーい」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 01:15:13.40 ID:BBXHfbPp0
男「食わず嫌いはよくないぞ」

兎「そうかもね」

チュ・・・カチャカチャ・・・




犬「なにしてんのー?」

男「これから茄子でも取りにいこうという話をしていたんだ」

兎「ちぇ」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 01:19:25.54 ID:BBXHfbPp0
犬「じゃあ野菜の森にいく?」

男「そうだな」

兎「ついでに人参もとってこよ」

犬「猫さんも呼ぶ?」

男「いや、あいつは俺ひとりでいけっていう」

猫「よんだ?」

男「!?」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 01:21:04.17 ID:BBXHfbPp0
猫「だってあぶないから」

男「俺がついてるから大丈夫だぞ」

猫「あんたがいるからだいじょばない」

犬「だいじょば?」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 01:24:37.45 ID:BBXHfbPp0
兎「にんじんみっけー」

犬「なすみっけー」

猫「いちごみっけー」

男「相変わらず季節感のない森だな」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 01:27:19.09 ID:BBXHfbPp0
男「お、これは・・・」


男「おーい、猫ー、こっちこーい」

猫「なによ」

男「ほれ」

猫「これは・・・またたび・・・」

男「ほれほれほれ」

猫「まら・・まららひ・・・」



男「俺の茄子が・・・大根に」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 01:29:38.94 ID:BBXHfbPp0
兎「・・・・・・・」

猫「・・・・・・・」

兎「男は?」

猫「大根うめてきた」

犬「ぬかないの?」

猫「ぬかせないよ?」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 01:33:19.39 ID:BBXHfbPp0
男「大根どころか首までうめられたわけだが」

男「どうしよう」

ガサガサッ

男「だ、だれじゃい!!!」

熊「落ち着け、俺だ」

男「熊か。おどろかせやがって」

熊「こっちの台詞だろう・・・大概」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 01:35:08.19 ID:BBXHfbPp0
熊「その様子を鑑みるに、猫嬢だな?」

男「ぉぅ ぃぇす」

熊「流石の変態紳士だな」

男「なんだろう・・・お前に言われると・・・すごく・・・むかつきます」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 01:36:42.72 ID:BBXHfbPp0
熊「よっこらせっ」クス

男「いまよっこらせっくすっていわなかった?」

熊「いってない」

男「いったよね」

熊「いったね」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 01:39:57.19 ID:BBXHfbPp0
男「なにはともあれありがとう」

熊「なに、困ったときはお互い様だ。とうわけでちょっと手伝ってほしいことがあるんだが」

男「なんだ」

熊「実はだな、兎嬢のことなんだが」

男「恋愛関係なら自分でどうにかしろよ」

熊「いや、ぱんつがほしいんだ」



熊「ちょ・・・そんな目でみるな」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 01:43:57.39 ID:BBXHfbPp0
男「兎ーちょっといいかー」

兎「なにー?」

男「おまえのぱんつをくれ」

兎「え」

男「おまえのぱんつじゃなきゃだめなんだ!」

兎「男がいうなら・・・べつにぱんつだけじゃなくて・・・・なんだって・・・あげれる・・・けど・・・・」



兎「あれ?男がいない」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 01:45:57.71 ID:BBXHfbPp0
男「お父さんお母さん、僕は今、海にいます」

猫「さめってこの辺にでるとおもう?」

男「しらないしちょっと話をきいてください」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 01:49:28.61 ID:BBXHfbPp0
カクカクシカジカシカクイムーブ

男「だからな、全部熊の変態がわるいんだよ」

猫「・・・・・・ぱんつなんてぬの」

男「そうd・・・・いや・・・ここは同意しかねるっ」



男「ちょ・・・そんな目でみるな」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 01:53:44.21 ID:BBXHfbPp0
男「とりあえず猫が新品の下着を買ってくれたことで解決をみたのだが」

男「後日兎がくれたぱんつ・・・しかも2枚・・・・」

男「はいてかぶるしかあるまい・・・漢として」

スーハースーハースンスンフッヒョウ!!
がちゃ

猫「・・・・・・・」

漢「・・・・・・・」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 01:56:56.85 ID:BBXHfbPp0
猫「・・・・・・!!!!」

男「まってくれ!これはちがうんだ!!」

猫「・・・・・・・・」
ジワッ

男「う、うさぎも買ってくれたんだよ!そんでうちにおいてあったんだ!」

猫「・・・・・それ、あたしの」

男「え?」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 02:01:04.04 ID:BBXHfbPp0
猫「したのはちがうけど・・・・う、うえの・・・は」
カアアアアアアア

男「まじか・・・直接渡されたわけじゃないからてっきり2枚とも兎のだと・・・」


漢「そういわれてみると猫の匂いがっ!!!!!」
ドゴォ!!

猫「・・・っ」
ダッシュ!

男「ねこぱんちってレベルじゃねぇ・・・あれは神砂嵐・・・」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 02:05:50.57 ID:BBXHfbPp0
象「けんかでできるけがじゃないねぇこれ」

男「俺もそう思います」

象「とりあえずあて木したところはうごかさないでね。お風呂もだめだから」

男「ありがとうございます。あの、一つ聞いていいですか」

象「なんだい」


男「なんで猫みたいなけむくじゃらも服着てんですかね」

象「頭の検査もやっとく?」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 02:07:57.69 ID:BBXHfbPp0
男「まぁ季節関係なく野菜が生ってる世界だしなぁ」

男「気にする方が野暮か」

男「しかし俺もなんで動物相手に発情してんだ・・・」

熊「それはキミも動物だからだよ」

漢「師匠・・・」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 02:14:40.39 ID:BBXHfbPp0
熊「きみのいた世界では多種族との恋愛はなかったのかい」

男「どうぶつ相手は相当の変態あつかいですよ」

熊「おかしなものだ。同じどうぶつであるのにどこに差異があるのか」

男「まぁ俺の世界じゃ俺の種族いがいは言葉を話さないからね・・・」




熊「つまり俺たち的に言うと魚と・・・・へ、へんたいだーーーー!」

男「・・・・」
イラッ☆

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 02:18:22.09 ID:BBXHfbPp0
猫「・・・・・」
カチャカチャ

ズズズッ

ピチャ・・・

猫「くち、あけて」

男「・・・」
ゴクリ

パクッ
男「あついっ」

猫「あ・・・ごめん」

男「スープはふーふーして」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 02:20:34.47 ID:BBXHfbPp0
猫「・・・もんくがおおい」

男「しかたないだろ、手がつかえないんだから」

猫「あきた」

男「ちょっ」

ばたん

兎「男!あたしがやったげる!」

男「・・・・・・・」

兎「・・・・・・・」

男「あきたんじゃなかったのか」

猫「なにが」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 02:26:07.35 ID:BBXHfbPp0
犬「きょうはわたしが男とうばん!」

男「おじゃまします」

犬母「あら男君いらっしゃい」

犬父「ひさしぶり、元気だった・・・ようじゃないみたいだね」

男「おかげさまで」

犬「きょうはね、お母さんとスパゲティつくったんだよ!」

犬母「男君がくるっておおはしゃぎでね」

犬「お、おかあさん・・・」

男「なにこのかわいいいきもの」


犬「ちょ・・・ギプスでなでられると・・・けなみが・・・」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 02:30:45.29 ID:BBXHfbPp0
兎「きょうはあたしが男当番ね」

男「おじゃまします・・・あれ、めしは?」

兎「んふふ」

男「え?え?」

兎「両手がつかえないといろいろたまっちゃうでしょ」

男「これなんてエロゲ・・・いや、AVか」

猫「そうね、あにまるびでお」

男「猫さん!!!!!!」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 02:34:11.58 ID:BBXHfbPp0
男「ちょ・・・かんべんしてくださいまじで・・・」

兎「あたしが悪かったからさー、かんべんしてあげてよ」

猫「・・・・・・・」

男「これ以上折られるとさすがに・・・」

兎「ね、男もはんせいしてるから」

猫「なによ」


猫「そんなに兎がいいならもうかえってこなくていいから!!」
バタン!タッタッタ・・・

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 02:36:30.62 ID:BBXHfbPp0
兎「だってさ。どうする?」

男「反省してねぇこいつぜったい反省してねぇ」

兎「あたしはうちに男がいてもぜんぜんいいよ。むしろいてほしいよ」

男「・・・・・・・・・・・」



漢「いや、やっぱいくわ」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 02:37:57.51 ID:BBXHfbPp0
男「おーい、おれだー」

男「あけてくれー」





男「あけてくりゃれー」






男「・・・・・あけてくれー」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 02:43:15.83 ID:BBXHfbPp0
男「・・・・・・猫」

男「ありがとうな、うちゅうせんが不時着していくあてのない俺を」

男「わけがわかんなくなっちゃった俺を」

男「そばにおいてくれて」

男「感謝してる」




男「・・・・・・それだけ、いいたかった」

男「じゃな」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 02:48:31.83 ID:BBXHfbPp0
バタン! タッタッタッタ ドン!
男「いてぇ!!!」

猫「いかないで・・・・」

男「あー」

猫「・・・・・・・」
グスッ

男「いかねーよ。いくあてもねーよ」

猫「じゃあ、ッ、どこに、ッ、いこ、ッ、うと、ック、してた、ヒック、の?」

男「・・・・・・ションベン」

チーン
男「あ、おまえひとのふくで鼻かむなこら!」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 02:50:40.84 ID:BBXHfbPp0
男「・・・なんだかんだでこの星に来てから1年か・・・・」
ガサガサ

男「えーっと、たしかこのへんに」
がさがさ

がさ
男「あった」


男「不時着したうちゅうせん」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 02:53:13.95 ID:BBXHfbPp0
男「どれどれ・・・・・」

機械「おいっす久しぶり男ちゃん」

男「やっぱり、自己修復完了してるな」

機械「あたぼーよ科学の粋でできた結晶だぜ俺様ってば」

男「あいかわらずうぜぇ」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 02:57:16.16 ID:BBXHfbPp0
機械「で、どうするよ?いつ出発する?何時?何分?何十秒?」

男「・・・・・・・・・・」

機械「おれっちってばいつでもおっけーよ?あとは男ちゃんしだい」

男「いや、出発はなしだ」




機械「え”」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 03:02:08.83 ID:BBXHfbPp0
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
男「あのやろう俺がかえる気がないってわかったとたんに勝手に飛び立ちやがった」

ガサガサ
猫「男ーーーーーーーーーーー!!!!!!!」

男「猫だ。隠れるか」

猫「そんな・・・・男・・・・どこにもいかないって・・・いったのに」

猫「うそつきーーーーーーーーーーーー!!!!!!!」

男「だれがうそつきだって?」

猫「え”」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 03:06:19.39 ID:BBXHfbPp0
象「こんどは渾楔颯でもくらったの?」

男「そんなところです」

猫「・・・・・・」
ツーン




男「こんどはふーふーしてな」

猫「・・・・・・」
コクリ

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 03:06:51.91 ID:BBXHfbPp0 [44/45]
おわりじゃ

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/25(日) 03:38:21.02 ID:BBXHfbPp0 [45/45]
猫

コメント

No title

俺をこんなにときめかせてどうするつもりだ

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。