FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹「お兄ちゃんを強姦する」

1 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 19:33:54.43 ID:eSbYXa4t0
妹「…おにっ…ちゃんっ…っ」クチュクチュ

妹「きもちっ…いいっようっ…」

妹「あっ…っ!クリちゃんきもちい!きもちーっ!」

妹「もっとっ!そこ、もっといじめてっ!!」

妹「んんーーーーーっ!!!」ビクッ

妹「あっ……ああっ…」ビクンビクン

妹「あふぅっ……」

妹「……」

妹「もぅ…自分の手じゃ我慢できないよう…おにぃちゃん…」

4 名前:ちぢれ[スレ立てると断線するorz] 投稿日:2009/11/22(日) 19:41:58.41 ID:eSbYXa4t0
妹「……はぁ」

妹「せつないよぅ…おにいちゃん…」

妹「……」

妹「おにいちゃん、もう高校生だし…」

妹「彼女とか……」

妹「……」

妹「やだ…ぜったいやだ!」

妹「お兄ちゃんを他の女の人に取られたくない!」

妹「それだけは絶対やだっ」

11 名前:ちぢれ[スレ立てると断線するorz] 投稿日:2009/11/22(日) 19:50:15.68 ID:eSbYXa4t0
妹「そうだ…」

妹「他の人にとられるぐらいなら」

妹「いっそ、私のものにしちゃえばいいんだよ…」

妹「お兄ちゃんだって…私のこと好きって、いっつも言ってくれてるし」

妹「きっと…喜んでくれる」

妹「ふふっ…」

妹「…あ」

妹「想像しただけで、また…あそこがうずいちゃう」

妹「はやくおにいちゃんのペニス…ほしいよぅ」


12 名前:ちぢれ[投下遅くてごめんね><] 投稿日:2009/11/22(日) 19:54:04.38 ID:eSbYXa4t0
妹「(今日からお父さんとお母さんは、一ヶ月も旅行でいなくなるし…)」

妹「(この間に、お兄ちゃんを私のものに…ふふっ)」

兄「おはよう、妹」

妹「…あ、おはようございます。朝はパンで大丈夫ですか?」

兄「うん。なんか、悪いね。母さん達いないからって、家事をほとんど任せて」

妹「家事は好きですし、兄さんの世話も苦じゃないです」

兄「そうなのか?俺に出来ることがあったら、なんでも言えよ?」

妹「…そうですね」

妹「まずは、遅刻しないように朝ごはん済ませちゃいましょうかっ♪」

兄「おぅ、任せろっ」

14 名前:ちぢれ[投下遅くてごめんね><] 投稿日:2009/11/22(日) 19:58:02.10 ID:eSbYXa4t0
妹「兄さん、今日のご予定は?」

兄「普通に6時間目までで、終わったらまっすぐ家に帰るかな」

兄「一緒に帰るか?」

妹「もちろん」

妹「…と、言いたいところですが、今日は買うものが色々あるので、先に帰っていてください」

兄「暇だし、買い物付き合うよ?」

妹「わーっ、うれしいですっ」

妹「…ですが、もうクラスの友達と行くことになってまして」

兄「そっか」

16 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 20:02:18.33 ID:eSbYXa4t0
>>13(^q^)

放課後

友「妹ちゃん、今日は駅前でケーキ食べて帰ろうよっ!」

妹「あーっ、ごめん。今日はちょっと行かなきゃいけないところがあって…」

妹「またこんど、いこ!?」

友「うーっ。まぁいいや。じゃーねーっ」

妹「……」

妹「(ふふっ)」

妹「(今こそ貯めに貯めたお年玉の威力を発揮するとき…っ!)」

18 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 20:08:22.24 ID:eSbYXa4t0
 夜・台所

妹「……♪」

兄「…おっ、いい匂いしてるな。今日のメニューは?」

妹「シチューですよ」

兄「いいね。シチューの鶏もも大好物」

妹「たっぷりいれましたよ。楽しみにしててくださいね」

兄「じゃあ、夕飯を楽しみにしつつ風呂にでも入るかな」

妹「そうしてください。もうお風呂入れておきましたから」

兄「さすが、俺の妹。んじゃ、先にお風呂いただくな」

妹「はーい」

20 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 20:13:41.50 ID:eSbYXa4t0
妹「んっ…今、おにいちゃんお風呂にはいってる…」

妹「これから私に何をされるのか知らないで、入ってる…」

 クチュ

妹「ぬれてる…」

妹「…お兄ちゃんのために、私の愛液も、たっぷりシチューに入れておくね」

妹「んっ…」クチュ

妹「あっ…あっ…どんどん溢れてきちゃうっ…」クチュ ピチュ

妹「シチューの色…セーシって、たぶん、こんな色……」

妹「あううっ…!」ビクッ

妹「ああああああっ」ビクビクッ

妹「潮っ吹いてる!…わたしシチューに潮ふかせてるっ!!」ガクガク

25 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 20:18:25.20 ID:eSbYXa4t0
兄「ふぅ…いい湯だった」

妹「今ちょうどできました。いつでも食べれますよ」

兄「おぉっ。うまそー!」

兄「見直したぞ、妹!」

妹「一言余計です!…もぅっ。」

兄「冗談だって。早速だべていいかな?」

妹「どうぞどうぞ」

兄「……」モグモグ

妹「(…食べてる…私の愛液入りシチュー…お兄ちゃんが食べてる…)」ゾクゾクッ

兄「……こりゃ」

兄「うめえええ!!!」

妹「(…ニヤソ)」

27 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 20:23:29.86 ID:eSbYXa4t0
兄「ふぅー。満腹満腹」

妹「お粗末さまです」

兄「いや、ほんとに美味しかったよ。びっくりした」

妹「誉めすぎです。…でも、ちょっとだけ、ご褒美…ほしいです」

妹「…なんて」

兄「頑張ってくれた妹に報いない兄は兄じゃないからな。なんでも言ってくれよ」

妹「兄さん…」

妹「では、このあと一緒に遊んで欲しいです」

兄「なんだそんなことか。ゲームでもするか?」

妹「そうですね…とりあえず私の部屋に行きましょうか」

29 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 20:27:23.51 ID:eSbYXa4t0
 妹の部屋

妹「お母さん達もいないことですし。たまにはゆっくりおしゃべりしませんか?」

兄「なんか悩み事でもあった?」

妹「まぁ…その…」

兄「図星?」

妹「兄さんにはお手上げです。…確かに、ちょっと悩んでます」

兄「なんでも聞くぜ?」

妹「…あの、ですね」

妹「恋…しちゃったみたいなんです」

兄「…恋。」

妹「はい」

兄「……そっか」

32 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 20:37:11.87 ID:eSbYXa4t0
妹「それで、経験豊富な兄さんに、ご意見を伺いたいと思いまして」

兄「……」

妹「…?」

兄「…い、いや。何でも聞けよ」

妹「…兄さんは」

兄「ん?」

妹「兄さんは……つ…つ…」

妹「……えと」

兄「?」

妹「付き合ってる方はいらっしゃるんですか!!?」

兄「っ…!?」」

34 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 20:41:13.58 ID:eSbYXa4t0
妹「……」ジッ

兄「…えっと」

妹「……」

兄「いるよ」

妹「…え」

兄「うん。いる」

妹「…そう、ですか」

兄「……」

妹「……」


36 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 20:43:08.41 ID:eSbYXa4t0
妹「…では、経験豊富な兄さんに、お尋ねします」

妹「私には好きな人がいます」

妹「私は、この恋をかなえるために、手段を選ぶべきでしょうか?」

兄「…どういう事?」

妹「事の成就の為には、手段を選ぶものなのでしょうか?」

妹「…たとえば、恋敵を蹴落としてでも欲しいものを手に入れて、いいものなのでしょうか?」

兄「…そうだな」

兄「それって…多分、正解ないよ」

兄「…でも、妹の中ではもう、決まってるんだろ?」

妹「……」

兄「好きにやってみなよ」

妹「…わかりました」

38 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 20:46:39.99 ID:eSbYXa4t0
兄「そっか…好きなひと、できたか」

妹「……」

兄「もぅ…中学生…」

兄「だも…んな…」

兄「その恋…か…な……うと…い…い」

兄「な……」

兄「……」

兄「……すー……すー」

妹「……」

妹「ごめんね…」

妹「ごめんね、お兄ちゃん」

妹「だいすきだよ…お兄ちゃん」

44 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 20:52:57.90 ID:eSbYXa4t0
妹「(手は縛った。足も…縛っておこう)」

妹「……んっ…!」

妹「(…けっこう、大変)」

妹「ふぅ…」

妹「すごいや…ほんとに寝ちゃった」

妹「睡眠薬…薬局に売ってあるようなのでも効果あるんだなぁ」

妹「きつく縛っても起きないし。すごいや」

妹「……」

妹「お兄ちゃんの寝顔…かわいい」

47 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 20:57:52.80 ID:eSbYXa4t0
妹「…おにいちゃんのおちんちん…見せてもらうね」

妹「……わ」

妹「これって、まだ勃ってないんだよね…?」

妹「なのに、こんなにおっきぃ…」

妹「でも、ちょっと可愛いかな」

妹「……勃つかな」シコシコ

妹「…やわらかくて、こすりにくい」

妹「どうしよ」

妹「…あ…エッチなにおいする」

妹「…舐めちゃおうかな」

48 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 21:03:42.48 ID:eSbYXa4t0
妹「…いただきます」ペロペロ

妹「(ふぁ…ちょっと、しょっぱくて…えっちな匂いが口に広がる…)」

妹「…ふぁ……んっ…んっ…」

妹「(ちょっと、固くなった…。先っぽ…くわえてみようかな…)」

妹「はむっ……んっ…んっ…あむ……んんっ」

妹「(やだ…どんどん固くなって…おっきく…)」

妹「(お兄ちゃん寝てるのに…勃起しちゃってる)」

妹「(私のフェラで、勃起しちゃってる…!)」

妹「んっ…んっんっ…んっ…んんっんっんっ」ジュポジュポ

妹「(すごい…私、すごい興奮してる…おまんこ…おまんこいじりたい…っ!)」

51 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 21:09:12.54 ID:eSbYXa4t0
妹「やだ…すごいびしょびしょ…」

妹「弄ってもないのに……んんっ!!」クチュ

妹「あっ…あああっ気持ちいいよっ、きもちいいよ!」

妹「おまんこくちゅくちゅするの!きもちいいよぅ!!」

妹「はぁっ!!…お、おにいちゃんもきもちよくなって!」

妹「おちんちんシコシコしながら口でするから!気持ちよくなって!!」

妹「はむっ…んっんんっ…んっんっんっんんっんんんっ!」シュッシュッ

妹「はぅっ…んっ…ふぁっ…おちんちんギンギン…」

妹「もっとするね…もっと私で気持ちよくなって…」

妹「んむ…っんんんっ…んむっ…」シュッシュッ

57 名前:ちぢれ[断線うぜえええええ] 投稿日:2009/11/22(日) 21:30:16.07 ID:eSbYXa4t0
妹「あむっ…あむっ…んんっんむぅーーっ!」シュッシュッ

妹「うぷっ…んふぁっ!…も、もぅらめっっ!!おまんこよすぎてらめっ!!」

妹「お兄ちゃん寝てるそばでイっちゃう!」

妹「寝てるお兄ちゃんの勃起ちんちん握りながらイッちゃう!」

妹「聞いて!お兄ちゃん!おまんこビチョビチョですごい音だよぅ!」

妹「お兄ちゃんのこと想って出てきたんだよぅ…!!」

妹「いやらしくてごめんっ!でもイッちゃう…っ!イッちゃうのぉ!」

妹「ふぁっ!ふああああっ!!!」

妹「おちんちんほしいよおぉおおおおっ!!!」

妹「イ゛グぅうううううううううううううううっつううっ!!!」ビクッ ビクビクッ

妹「あっ…ああああああ…おちんちん…おにいちゃんのおちん…ちん…」ビクンビクン



59 名前:ちぢれ[断線うぜえええええ] 投稿日:2009/11/22(日) 21:34:03.80 ID:eSbYXa4t0
妹「ふぁ……はぁ…はぁ…」

妹「きもひ…よかっらよぅ…」

妹「はぁ……はぁ…」

妹「…お兄ちゃんのおちんちん…まだ、出してないよね…」

妹「…流石に起きないと出ないかなぁ」

妹「……ギンギンに固くなって…なんか、苦しそう」

妹「じゃあ、お兄ちゃん起こして、楽にしてあげようかな」

妹「ふふっ…」


61 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 21:38:40.07 ID:eSbYXa4t0
妹「…お兄ちゃん、私のおまんこ…舐めてね」

妹「…あっ…お兄ちゃんの口が…私のおまんこに当たってる…」

妹「んっ…んぁっ!」

妹「わたしの汚いおまんこ…お兄ちゃんの口にこすり付けちゃってる…」

妹「びちょびちょのおまんこ…顔面騎乗…えっちだよぅ…あふぅ…」

妹「あっ…だめ、腰が動いちゃう…」

妹「やだ…このままじゃお兄ちゃん窒息しちゃうよぅ」

妹「ふぁっ…でも、きもちいいよぅ、きもちいいい!!」

妹「あふぅううっ!!!」ビクッ

妹「お兄ちゃんの鼻にクリちゃんあたるっ!!クリちゃんっ!あたってる!」

妹「私の敏感なクリちゃんっ!お兄ちゃんの鼻っ!鼻に…鼻にあたってるっ!あたっちゃってるっ!」


66 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 21:45:36.78 ID:eSbYXa4t0
妹「おにいちゃん…いまきっと、私のエッチな匂い、めいっぱい嗅いじゃってる…」

妹「エッチなおまんこの匂い…私の匂い…」

妹「お兄ちゃん…もっと嗅いで…ふぁああああんっ!クリちゃん気持ちいいよう!」

妹「あっ…おにいちゃんの可愛いお鼻エッチだよぅ」

妹「あっ…あああっ…だめだめだめっ!」

妹「お兄ちゃんのお顔がびちょびちょで…びちょびちょだから、すっごく気持ちよくて…」

妹「だめっ…また気持ちよくなっちゃう!」

妹「お兄ちゃん起こさなきゃなのにきもちよくなっちゃう!!」

妹「くるしい!?お兄ちゃん、苦しい!?」

妹「おまんこで息できなくて苦しいの?…私は気持ちいいよぅ!!きもちいいのぉ!」ビクッビクッ


68 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 21:51:15.65 ID:eSbYXa4t0
妹「もうイクね!またイクね!!」

妹「わたしのエッチなお汁、いっぱい飲んでねお兄ちゃん!」

妹「私すっごく気持ちいいよ、お兄ちゃんのお口とお鼻で、すっごく気持ちよくなってるよ!!」

妹「ああああだめだめだめええええぇっ!腰がガクガクしてるぅうう!!」

妹「すごいよ、こんな速さで腰動かしたことなんてないよお兄ちゃん!」

妹「ベットきしんじゃってるよ!おにいちゃんの顔に、わたしの体重全部かけて、いっぱい動いてるよ!」

妹「すごいよすごいよ!クリちゃんとおまんこのお口両方あたってきちいいよぅ!!」

妹「もうだめもうだめぇええっ!もう耐えられないっ!」

妹「あ゛…あ゛あ゛あ゛あ゛…あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛っ!!」

妹「イグイグイグぅぅうううッ!!」ビクッ

妹「んんんっーーーーっ!」ビクビクッ

73 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 21:56:19.57 ID:eSbYXa4t0
妹「あ゛っ……あぁ…っ」ビクンビクン

妹「んんっ…ふぁ…わたし…すごいよだれ……んんんんっ!!」

妹「ふぁっ…なんか、またきちゃ……ひあぁぁあああああっ!!」ビクビクビクッ

 プシャァアアア

妹「あ゛…あ゛あ゛っ……」ビクビク

妹「しお…おにいいちゃんのおくちにしお…」

妹「いっぱいのんで…わたしの潮…いっぱい、のんんでぇ…」ピクッピクッ

妹「ふあっ…ああああ…なにこれ…すごひ…こんなのしらなひ…」ビクビク

妹「んんっ…ん…はぁ…はぁ……」

兄「……ん」

兄「…んぐっ?」

74 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 21:59:46.55 ID:eSbYXa4t0
兄「…ぐふっ…むむぐ!?」

妹「あっ」

兄「ぐぼぼぼぶ!」

妹「きゃっ!?ほ、ほんとにおきちゃっ!?」

妹「あっ…そ、そのっ!い、いまどきますっ…きゃっ!?」ドサッ

兄「ぷはっ!」

兄「な…なんだ……ゆ、…ゆめ?」

兄「…あ、あれ」

兄「手が…足…も……」

妹「……ごめんなさい、兄さん」

兄「…妹…って!?お前……え!?…ゆめ…?」

77 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 22:04:34.13 ID:eSbYXa4t0
妹「…ゆめじゃ、ないです」

兄「…なら…いますぐ服、着るんだ」

妹「着ません」

兄「……くっ」

妹「こっち向いてください」

兄「…向けるはずないだろう」

妹「いいですよ」

妹「今から兄さんを、強姦します」

兄「…!?」

妹「嫌がっても無駄ですから」

兄「…やめるんだ」

妹「嫌です」

82 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 22:12:15.85 ID:eSbYXa4t0
兄「こんなことして…俺たちは兄妹なんだぞ?」

兄「許されるはずないだろう」

妹「そんなこと言う兄さんを…私は許しません」

兄「…妹」

妹「私のこと、好きですよね?」

兄「……妹、頼む」

妹「好きですよね?」

兄「……こんなことをしたい、好きとは違う!…兄妹として…」

妹「兄さんは…そうでしょうね」

妹「…でも、私は…私はちがうんです」

兄「……」


88 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 22:18:07.40 ID:eSbYXa4t0
妹「…」

妹「お兄ちゃん…んっ」

 チュッ

兄「……!?」

妹「…今から、私のはじめて…あげるからっ」

妹「私のファーストキスも…いま、あげたから…」

妹「私の想いに応えてよぅ…お兄ちゃん!」

兄「……やっぱり、だめだよ」

妹「……っ!?」

兄「ごめんな」

妹「…そう」

91 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 22:25:51.53 ID:eSbYXa4t0
妹「…じゃあ、しょうがないね」

妹「挿れるね」

兄「…っ!?ちょ、ま、待て!」

妹「お兄ちゃんのガチガチチンポ…私の処女マンコで鎮めてあげる…」

兄「やめろ!取り返しがつかなっ!?」

 ズプッ

妹「ふぁ…入ってきたぁ…」

兄「……っく……やめ…」

妹「おにいちゃんのおちんちん…私のおまんこ、ちょっとずつ押し広げてるよぅ…」

妹「ああああああっ…きもちいい…おにいちゃんのおちんちんきもちいいいっ!」


92 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 22:29:28.39 ID:eSbYXa4t0
兄「…やめてくれっ…ほんとにやめてくれ…頼む…たのむ妹」

妹「そんなの嘘だよ。だって、お兄ちゃんのおちんちん、私のおまんこに根元まで入りたがってるし」

妹「私の処女…欲しがってるよ」

兄「うそだ…ちがう…」

兄「俺の意思とは無関係だ…」

妹「しってるよ…」

妹「いままで、私を意識しないように、意識してたこと…」

兄「……っ!?」

妹「私も、お兄ちゃんを意識しないように、意識してたよ」

妹「でも…さっき、キスした瞬間からわたし…素直になることにしたんだよ」

妹「もう、戻れないよ。お兄ちゃん」

 ズププッ

妹「あああああっ!!入ってきたっ!お兄ちゃんのおちんちん私の奥までえええっ……!!」

95 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 22:38:14.94 ID:eSbYXa4t0
妹「あああっ…処女膜破って…私の子宮まで…っ…」ガクガク

妹「あ…あああ……」

妹「これだけで…ああっもう駄目イッちゃぁっっ!!入れただけでイクぅっううっ!!んんーーーっ!」ビクビクッ

兄「うっ…、し、しまる…っ!?」

妹「あ…ああああ…ちんちん…おにいちゃんのちんちん…わたしの中…奥…」ビクンビクン

兄「…ぐ…あ…」

 ビュル ビュルルッ

妹「ふぁっ熱っ!?」

妹「あついぃいっ!?ザ、ザーメンでてりゅ!私の子宮の奥にびゅるびゅるかかってりゅ!!」

兄「うっ…く…糞っ…」

妹「おにいちゃんのセーシ…!入れたらけれ出てりゅっ!!私のおまんこ…はぁっ!!」ビクビクッ

妹「あ……あああ…」ビクンビクン

98 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 22:44:58.07 ID:eSbYXa4t0
妹「…兄妹なのに…セックス…」

妹「…兄妹なのに…中だし…きもちいぃ…」

妹「きもちいいよぅ…おにいちゃん…あっ…だめ…」

妹「腰…うごいちゃうよ」ギシッギシッ

兄「くっ……」

妹「ふぁ…ねぇ、きもちいい?おにいちゃんは気持ちいい?」

妹「妹に中だし気持ちよかった?中だししても止めずに妹に腰振られてきもちいい?」

兄「……」

妹「私はきもちいぃいよぅ…!」

妹「すっごくきもちいいぃいよぉおお!!」


100 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 22:53:20.04 ID:eSbYXa4t0
兄「う゛ぅっ…くぞっ…くぞっ…」

妹「おにいちゃん、何で泣いてるの?今うれしいんだよね?気持ちよくてうれしいよね?うれし泣きだよね?」

妹「んっ…おにいちゃんのおちんちんが、そう、言ってるよっ…んはっぁ」

妹「一回出してもガチガチのままで…っ!もっともっと妹の子宮の奥にザーメン出したがってるよぅ!」

兄「くっ…うううっ…」

妹「はぁ…はぁっ…これ、騎乗位っていうんだょね!?ほら、お兄ちゃん目つぶってないでちゃんと見てよっ…」

妹「私のおまんこ…おちんちんにずぽずぽつっこんで、エッチな汁いっぱいばらまいてるよぅ!」

妹「お兄ちゃんのザーメンかき出しちゃってるよう!!」

妹「あああああきもちいいい、ザーメンまみれおまんこ…きもちいぃ…っ!」

妹「おにいちゃんおガチガチチンポが子宮ノックする度に、わたしイッてるよぉおおおっ!!」

103 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 22:59:02.02 ID:eSbYXa4t0
妹「兄妹でっ…こんなことしちゃだめなんだよねっ…」

兄「…そうだ…だから」

妹「今っ…いけないことしてるぅっ!しちゃいけないのにっ!おにいちゃんのおちんちん、私のおまんこに突っ込んじゃってる!」

兄「……くっ」

妹「あっ…んっんんっ!」

妹「いいよぅ…ちんちんいいよぅ…」

妹「おにいちゃん気持ちいいいよね…でも、もっと気持ちよくなって…そしたら私も、もっと気持ちよくなる…っ!!」ペロペロッ

兄「ぐぁっ…俺のち、乳首…舐める…ぬぁっ!」

妹「んっ…んっ…な、舐める…だけじゃない…ょ…んっ」

 クリッ

兄「ぐぁっ!」

妹「ふふっ…片方舐められて、片方つねられて…気持ちいかな…っああっまた固くなってきたよおちんちん!」

105 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 23:05:00.93 ID:eSbYXa4t0
妹「ふぁあああ…やだ…もうほんとに腰こわれちゃうよぅ…」

妹「おちんちん出し入れする度に、おまんこキュウキュウするよぅ…っんんっんんっ!」

兄「くっ…ぐっ」

妹「はぁっ…お兄ちゃん、気持ちよさそう…」ペロペロ

兄「ぐぁっ!」

妹「ふふっ…ほんとに乳首好きだね。乳首とおちんちん両方攻められて感じてるんだね…」

妹「うれしいよぅ…おにいちゃんが感じてくれて、わたしもっ…んっん…っ!」

兄「うっ…く…」

妹「お兄ちゃんも…腰、動かしていいんだよっ!」

妹「動かしたいんでしょ?」

兄「ちが…」

妹「動かしたら、もっと気持ちよくなれるよ…もっと…なって…」ペロペロ

兄「ぐぁっ」

107 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 23:12:52.38 ID:eSbYXa4t0
兄「い、いもうと…」

妹「なに…おにい…ちゃ…んっ!」

兄「…き、だ…」

兄「好きだ!大好きだっ!!」ギシギシッ

妹「ふあっ!!いきなり腰っ…らめっ!んっ…んんんっーーーっ!!」

兄「すげぇ…妹のマンコ…キツキツで…っ気持ちぃいいっ!!」

妹「んぁっ!んんっ!うんっ…あっ…おにいちゃんの…おちんちんもっ、ガチガチに固くってぇ!!」

妹「んなぁああっ、お兄ちゃんが腰ふるからっ!子宮に、ひびくぅうううっ!!」

兄「ぐぁ、締まるっ!!」

妹「あ゛ーーっ!あっあっあっあっあっ!」

兄「やべ…引く時の絡みつきがやべぇっ!!…妹のぐちょぐちょマンコっ気持ちよすぎっ!」

妹「んっふぁっ、ぎ、ぎもちいい、ぎもちいいよ…奥突かれて痙攣とまらにゃぃよぅ…っ!」ガクガク

114 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 23:20:14.78 ID:eSbYXa4t0
妹「処女なのにっ!お兄ちゃんなのにぃっ!おまんこ突かれて感じてるっ!んぁっ!」

兄「っく…また出る…また出るぞ…」

妹「出して!私の子宮の奥にっ!おにいちゃんの子種全部ほしい!全部私の中にだしてぇええっっ!」

兄「そ、そとにぃいっ!」

妹「だめっ!中がいぃい!熱いのいっぱいかけて!子宮をお兄ちゃんのザーメンでたぷんたぷんにしてっ!」

妹「んはっあっ…私を孕ませてええええっ!!」

兄「くぅ…っ、妹、締めす…ぎ…」

妹「わ、わたしもすごいのくりゅっ!でっかいのきちゃう!」

妹「すごひ!もっと、もっとそこ突いて!おにいちゃんのチンポでずぽずぽ突いてッ!」


119 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 23:28:45.25 ID:eSbYXa4t0
兄「ぐあっ!!」

妹「イクの!?お兄ちゃんイクの!?私のおまんこ気持ちよくてイッちゃう?」

妹「私もっ、もぅ…駄目っ!!だめだめだめだめっ!ほんとにくりゅ!すごいのくりゅ!」

妹「あ…あああ…あっあっあっああああ!!」

兄「ぐぁ…っなんだこれっ搾り取ら…っこ、腰とまんねぇえええっ!!」

妹「あああああお兄ちゃんチンポきもちいいいいい!!!」

妹「イぐぅううううぅううぅうううっ!!あ゛っ…んんっあああああっ!!」ビクビクッ

兄「ぐぁっすげ…ぐぁっで、出るぞ!妹の子宮に俺のザーメンぶち込むぞ!」

妹「ら、らしてっ!イってるキュンキュンマンコにおにいちゃんのザーメンぶちまけてぇ!!」

兄「くっ…ぐぁっ!!」ビュルッ

妹「んっーーっんんんんっ!!!」ビクッ

妹「ふぁっ…っ!熱っ!あついぃぃい!ザーメン子宮の奥にびちゃびちゃ当たってるぅうう!!」


>>117(^p^)

122 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 23:35:19.65 ID:eSbYXa4t0
兄「うぁっ…中がキュウキュウ動いてっ…くっ、ま、まだ出るっ!ぐぅっ!」

兄「妹に中出し…中出しするぞっ!!うっ…うううっ!」ビュッ ビュビュッ

妹「ふぁっ!まだでてるっ!!…おなかっおなかがザーメンでいっぱいっ!」

妹「おにいちゃんのセーシでいっぱいっぃいイイっいいよ…あああだめまだイクッイクぅううううっ!!」ビクビクビクビクッ

妹「んんんっ…んんっ!!!」ビクッ

妹「ふぁっ…ああっ…」ビクンビクン

妹「ちんぽで…ふた…されて…子宮にたまったザーメン…たぷたぷしてる…」

妹「んっ…んあぁっ!」ビクビクッ

妹「…兄妹なのに…中出し…あかちゃんできちゃうぅううう…」

125 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 23:40:53.59 ID:eSbYXa4t0
妹「ふぁ…おにいちゃん…だいすき…」

兄「……」

妹「お兄ちゃんも…大好きって…言ってくれたね」

兄「それは…」

妹「い っ て く れ た よ ね」

兄「……」

兄「…でも、やっぱり」

妹「…あのね、お兄ちゃん」

兄「……」

妹「この部屋にね、ビデオカメラ仕掛けてあるから」

兄「……っ!」

妹「…拒んだらどうなるか…分かるよね?」

兄「……」ゾクッ

128 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 23:45:57.01 ID:eSbYXa4t0
兄「…どうやって手に入れたんだよそんな高価なもの」

妹「お兄ちゃんの両手足を縛ってる拘束具も、ビデオカメラも…今日学校の帰りに買ってきたんだよ」

妹「…私の貯金…全財産をはたいてさ」

兄「……」

妹「それくらい、お兄ちゃんのこと大好きなんだよ」

妹「…私の愛。受け止めてくれるよね」

兄「……」

妹「…彼女と別れてくるよね」

兄「そんなっ!」

妹「…あっそ」

妹「じゃあ、撮ったビデオ、彼女さんにでも見せようか?なんならお母さんに見せてもいいや」

兄「……」ゾクゾクッ

130 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 23:49:21.55 ID:eSbYXa4t0
兄「…わかった」

兄「彼女と別れる」

妹「うれしい…」

妹「お兄ちゃん、大好きだよ…」

兄「……」

妹「……あ、お兄ちゃんのセーシ…溢れてきた」ドロッ

兄「…っ!」

妹「へへっ…エッチだね」

兄「……」

妹「…もう一回…する?」

133 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/22(日) 23:53:03.15 ID:eSbYXa4t0
こっから先は何にも考えてないです

140 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 00:01:53.82 ID:UwRHMtcb0
安価できるほど人が集まってるか分かりませんが
明日の夕方まで暇なので、ゆっくりやりますか

>>140-142

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/23(月) 00:03:24.56 ID:L9zLcqiV0
兄がドMに目覚め妹がドSに目覚める

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/23(月) 00:03:46.61 ID:L0NvswQpO
とりあえず彼女出現

145 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 00:04:45.20 ID:UwRHMtcb0
>>141-142
おk把握


147 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 00:08:36.91 ID:UwRHMtcb0
 校舎裏

女「……うん」

兄「…ごめん」

女「謝らないでよ」

兄「……」

女「…できれば、理由が知りたいな」

兄「…ごめん」

女「謝らないでってば」

兄「……」

女「そっか…私じゃだめだったかぁ…」


148 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 00:12:11.39 ID:UwRHMtcb0
兄「違う」

兄「俺がだめだったんだよ」

女「…なにそれ、意味わからないよ」

女「…私は今でも…たぶん、これからもずっと、兄くんの事好きだよ」

女「なのに、なんで…?」

兄「……」

女「ごめん…一人にさせて欲しい」

兄「……実は」

妹「あっ、兄さん。こんなところで何してるんですか?」

兄「…っ!」

女「(…兄くんの妹…?)」

152 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 00:16:18.13 ID:UwRHMtcb0
妹「ちょうどよかった。いっしょにお昼食べませんか?」

兄「…あ、あぁ」

女「……」

妹「では、行きましょうか」

兄「…いや、ちょっとだけまだ女さんと話させてくれ」

妹「……」ジロ

女「(…なんか、すごい見られてる)」

妹「…兄さん?」

兄「…い、いや。なんでもない。女さん…そういうことだから…ごめん」

女「……うん」

女「(挨拶もなかった…)」

159 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 00:30:35.78 ID:UwRHMtcb0
 校舎裏の裏

妹「ふふ…っ。おちんちん、すっごく固くなってるよ」シュッシュッ

兄「…っく」

妹「…どうして欲しい?」

兄「…舐めて…ほしい」

妹「だめ」

兄「…え」

妹「さっきの女と別れるとき、躊躇したでしょ」

兄「……」

妹「いいのかなぁ?実の妹のマンコにチンポ突っ込んで中だししちゃった挙句」

妹「焦らされて苛められてが大好きなドM君になっちゃったっていうのに…」

妹「いいのかなぁ?ねぇいいのかなぁ!?」シュッシュッシュッ

兄「よ、よくないですっ…」

162 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 00:35:52.40 ID:UwRHMtcb0
妹「だったら、どうして躊躇したのかなぁ?」シュッシュッシュ

兄「うっ…」

妹「言えないの?未練でもあんの?あの女がおにいちゃん苛めてくれるとでも思ってるの?」

妹「違うよねぇ?だったらすっぱり忘れてよ?」

兄「……うぅ」

妹「もう会わないでよ?」

兄「あ、会いません」

妹「ふーん」

兄「……」

妹「んじゃ、誠意見せてもらおうかな」

兄「誠意…?」

妹「後で犬になってもらうから」

兄「…犬」

165 名前:ドMになる過程描けばよかったorz[断線うぜー] 投稿日:2009/11/23(月) 00:48:23.98 ID:UwRHMtcb0
妹「…だから今は、おあずけ」

兄「そんな」

妹「トイレででも抜いてくれば?」

兄「……」

妹「抜いたら許さないけどね」

兄「…はい。我慢します」

妹「午後の授業終わったら、屋上に来てよ」

兄「はい…」

妹「ふふっ」

妹「おにいちゃん、可愛いよ」

兄「え…」

妹「じゃ、ね」

168 名前:ドMになる過程描けばよかったorz[断線うぜー] 投稿日:2009/11/23(月) 00:52:28.49 ID:UwRHMtcb0
 放課後・屋上


妹「来たね」

兄「……」

妹「じゃあ、早速犬になってもらおうかな」

妹「とりあえず、裸になりなって」

兄「えっ…?」

妹「犬って服着てないよね?」

兄「でも、誰かに見つかったら…」

妹「見つかったら見つかったでいいじゃん」

妹「裸で屋上にいた男って、罵られるんでしょ?ドMなら気持ちいよね?」

兄「……」ブルッ

妹「ふふっ…その顔、好きだよ」

妹「さ、脱いで」

169 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 00:57:38.52 ID:UwRHMtcb0
妹「…寒いでしょ?」

兄「……」

妹「でも、おちんちんはギンギンに張り詰めてるよ」

妹「ほんっと変態だね」

兄「…すいません」

妹「全然誠意のない謝り方だね」

兄「…露出して興奮してるド変態兄ですいません。申し訳ございません」

妹「いいけど」

妹「私も好きでおにいちゃんの相手してるわけじゃないからね」

兄「はい。感謝しております」

妹「…そうね。感謝の印にどこか舐めてもらおっかな」


173 名前:ドMになる過程描けばよかったorz[断線うぜー] 投稿日:2009/11/23(月) 01:02:22.73 ID:UwRHMtcb0
妹「足…じゃ芸無いからね」

妹「上履き舐めてよ」

兄「…えっ」

妹「特別に内側舐めていいよ。私の足の匂いが充満してるよ」

兄「は、はいっ!喜んで舐めさせていただきます」

妹「四つん這いになっていくんだよ」

兄「え?」

妹「ほら、ひろってきな」ポイッ

兄「あっ…うわばきっ!」

兄「ハッハッハッハッ」

妹「あははははっ!ホントの犬みたいに取りに行ってる!!情けなくないのぉ?」

174 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 01:08:06.02 ID:UwRHMtcb0
妹「あっははっ。ちゃんと口にくわえて持ってきてさ…っ。もう犬になっちゃえば?」

兄「ハッハッハッハッ」

妹「んじゃ、舐めていいよ?」

兄「クンカクンカクンカペロペロペロ」

妹「おいしい?」

兄「お、おいいしいっ…です!匂いも最高ですっ!」

妹「ふーん。ほんとだ。めちゃくちゃ勃起してる」

兄「ペロペロペロペロペロ」

妹「ちょっと仰向けになってよ」

兄「はいっ!」

妹「えいっ!」ゲシッ

兄「はうっぅうぅっ!」

妹「どう?おちんちん足で嬲られてる気持ちは。」


177 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 01:14:00.12 ID:UwRHMtcb0
兄「す、すごく、いいです。きもちいいです」

妹「ふーん」

妹「今おちんちんふんずけてる足は、さっきまでその上履きに入っていたねぇ」

兄「あっ…あふっ…ふっクンカクンカペロペペロ」

妹「あはははっ、おっきくなった、おっきくなった」

妹「ほんっとに変態さんだね!犬だから変態犬かぁ。いいよ、変態犬にご褒美あげようか」

妹「スカート、めくってあげる…」

兄「…ノーパン」

妹「ふふっ…変態兄苛めてたら、私も濡れてきちゃった」

兄「…い、挿れたい!」

妹「だめー」

兄「……」

妹「見てるだけー。おちんちんは私の足でがまーん」

兄「うっ…おまんこ…丸見え…ううぅうっ!)」

179 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 01:20:24.48 ID:UwRHMtcb0
妹「カリやわらかいねー。親指で押してあげるよ」

兄「うっ…」

妹「きもちいいんだ?」

兄「き、きもちいいですっ!」

妹「ふーん」

 チョロッ

兄「…え?」

妹「出すよー」

 ジョボボボボボ

兄「え?これっ…おしっこ!?」

妹「んっ…おにいちゃんに…変態犬に…おしっこかけてるっ!」

兄「うぅぷっ…んっ…んっうっ…」ゴクッゴクッ

妹「あぁっ…おしっこ…飲ませてるっ!私おにいちゃんにおしっこ飲ませてる!!」ゾクゾクッ

兄「ううっ…んっう」ゴクゴク

妹「ああっ…おにいちゃんおしっこまみれにしちゃったよぅ…すごい匂い…」

180 名前:明日の用事昼からになりやがった死ね[] 投稿日:2009/11/23(月) 01:26:26.31 ID:UwRHMtcb0
妹「ふふっ…おにいちゃんにマーキングしちゃったぁ」

妹「これでもう、おにいちゃんはわたしのものだから」

妹「ずっと、ずっと、わたしのものだから」

兄「う…は、はい…」

妹「じゃあ、特別に掃除させてあげる」

兄「あ、ありがとうございますっ!」ペロペロペロ

妹「ああぁっ!おにいちゃんが…おしっこまみれで全裸のおにいちゃんがっ!私のスカートの中でおまんこペロペロしてるよぅ!」

妹「おしっこ臭いびちょびちょおまんこ、ペロペロしてるよぅ!!」

妹「あ……あああっ…っ!!」

兄「ペロペロペロ」

183 名前:明日の用事昼からになりやがった死ね[] 投稿日:2009/11/23(月) 01:33:56.74 ID:UwRHMtcb0
妹「いいっ…そこ…気持ちいいよ…もっとクリちゃん舐めてぇ…」

兄「ペロペロペロ」

妹「はぁっ…すごいよ…ほんとに犬みたい…必死になって私のおまんこなめて」

妹「ああぁっ…おちんちんすっごくいきり立ってるよ。興奮してるんだね。妹に顔面騎乗されて、スカートの中でクンニして興奮してるんだね!」

妹「すっごい変態さん。でも、いいよぅ…あっ…ああっ」ビクビク

妹「…おちんちんっ苦しそうっ!!いいいよ、苛めてあげる!もっと首上げて!」

兄「んっ!?」

妹「…そ、そう。そうすれば、私の足がおちんちんにとどくから…っ!両足でこすってあげるね!」シュッシュッ

兄「んんっ!?」

妹「気持ちいいんだね!私の足で変態チンポしごかれて感じてるんだね!」

兄「んんーーーっ!」ペロペロペオッ

妹「いあっ!はげしっ!!!舐めすぎぃいいそれ舐めすぎ早過ぎぃいいイ!!」

184 名前:明日の用事昼からになりやがった死ね[] 投稿日:2009/11/23(月) 01:44:12.22 ID:UwRHMtcb0
妹「あっああああ」

妹「イクイクイクイクっ!」

妹「もっとクリちゃん舐めてぇっ!!ううん、吸ってぇえええっ!!」

兄「ジュルッルルルウッ」

妹「ふぁっい、い、イイッ!!」

妹「クリちゃんバキュームされてるっっ!い、イクッ気持ちよすぎてイッちゃうっぅ!」ビクッ

 ギュッ

兄「(ぐぁっ…チンコ嬲ってる足が…きつくっ…っ!)」

妹「ふぁっ…あっああああっあああっあああ!!!」ビクッビクッ

兄「ううぅぁっ…!お、俺もぉおっ!ぐぁっ足っ…妹の足でイクッっ!!」ビュッビュッ

妹「ふあっ!ザーメンかかってるっ!!私にかかってりゅぅっ!」

妹「あつぃっ…よぅうううっううううっ!!」ビクンビクンビクン

185 名前:明日の用事昼からになりやがった死ね[] 投稿日:2009/11/23(月) 01:51:05.11 ID:UwRHMtcb0
妹「ふぁ……足のうら…ザーメンだらけっ…んんっ…」

兄「……ぐぁ」

妹「ふぁ…きもち、よかった…」

妹「後片付け…頼むね…。なんか、腰ががくがくするぅ…」

兄「はい、わかりました」

妹「ちゃんと…家でこの後のつづきするからね」

兄「……」


 ~その頃~

女「…やっぱり、兄君とわかれるなんていやだよぅ」

女「兄君と他の女が付き合うとか…」

女「やだやだ絶対やだ!!」

女「…それなら、いっそ」

190 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 01:53:32.11 ID:UwRHMtcb0
寝ますね

俺もチンチンシュッシュしたいし


228 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 12:38:15.61 ID:UwRHMtcb0
こんばんは
ねぼうしたこれからようじ
よるかえる

女×男までやれたらいいね
んで妹×女もやりたいな

271 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 20:15:00.11 ID:UwRHMtcb0
>>267
(^q^)


277 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 20:29:36.73 ID:UwRHMtcb0
女「…どうしたらいいのかな」

女「……」

女「…ううん。手段選んでる場合じゃないよね」

女「だって…」

女「兄君がいないなんて…兄君が自分以外の誰かのものになっちゃうなんて…」

女「考えられない……やだ」

女「絶対やだ!!!」


 その頃・自宅

妹「挿れてほしい?」

兄「挿れて…ほしい、です」

妹「どうしよっかなー」

279 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 20:35:05.58 ID:UwRHMtcb0
妹「…挿れてさぁ…どうしたいの?」

兄「中出し…したいです…」

妹「ふぅーん。妹に中出ししたいんだぁ…」

兄「すいません変態でごめんなさい」

妹「なんでもする?中出しするためなら、なんでもする?」

兄「します」

妹「へぇー」

妹「じゃあ、私の好きにさせてもらうねー」

 ブインブインブイン

妹「これなーんだ?」

兄「……ば、ばいぶ…バイブです」

妹「おっきいねー。…これ…どうしよっか?」

281 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 20:40:16.91 ID:UwRHMtcb0
兄「え…?」

妹「あーん、して?」

兄「…え、は、はい」

兄「あーん」

 ズポッ

兄「むぐうっっ!」

妹「あはははっ。お兄ちゃんのお口にずっぽりバイブ入っちゃったぁ!」

妹「動かすよー」ジュッポジュッポブィンブインブイン

兄「うぐっむっぐっぐぇっえええっ」

妹「あはははっ。おもしろーい!」

妹「咽の奥に突っ込んむよーっ」ズポッ

兄「うぅむっうぅうううっ!?」

妹「振動さいだーい」ブインブインブインブインブインッ

兄「ぐぼぉおぉぉぼぼぼぼむぶぼほぉぉおええええ」


282 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 20:47:10.16 ID:UwRHMtcb0
妹「あはははっ、苦しそうな割にはチンコギンギンだねぇーおにいちゃん」

兄「むぐうぅうぅうぐごぉおお」

妹「咽の奥突かれて気持ちいいんだぁ?もしかしてフェラの才能もあるの?」

妹「…このバイブ、本物のチンポだと思ってみて?」

兄「…っぐ、ぐぼっ…ぐぼおっぉぉおおおおお」ビクビクッ

妹「すごーい。よがってるぅう」

妹「よかったねぇ、おにいちゃん。あの女さんがこんな姿のお兄ちゃんみたら、幻滅どころじゃないよ?」

兄「ぐぼぼぼぼおぉぉおっ…おんんぅっ!」ガクガク

妹「見られてるの想像しちゃって感じてるでしょ?」

妹「ドM変態犬に相応しい合あえぎかただねー」スポッ

兄「…ぷはっ…はぁ…はぁ…はぁ」

妹「バイブ抜かれて残念そうな顔してるけど、これからだよー?」

283 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 20:52:49.69 ID:UwRHMtcb0
妹「じゃあ、後ろ向いて、四つん這いになってー?」

兄「……」

妹「じゃあ、いくね?お兄ちゃんの唾液で濡れ濡れだから、へーきだよね?」

兄「…え?」

 ジュポッッ!

兄「ぐぁぁああああぁぁっっ!!」

妹「お兄ちゃんのケツマンコ処女、もらっちゃったぁ♪」

兄「ぐぁっ…ぐっ…」

妹「ちょっと勢いつきすぎかなぁ?痛い?」

兄「……」

妹「そっかぁ、痛いぐらいがちょうどいいよねー?」

妹「んじゃ、すいっちおーん」ブインブインブイン

兄「ぐぁっ……あああぁぁっ。…ぉおおおおお」

妹「…いい顔。いい顔だよ…ふふふふっ、可愛いよぅ」

287 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 20:57:46.69 ID:UwRHMtcb0
妹「…ねぇ、お兄ちゃん。妹にお兄ちゃんの汚いケツ穴にバイブねじ込まれて、気持ちいい?」

兄「あっ…あああっ…き、きもちっ…いいいですっっ」ガクガク

妹「幸せだね。こんなに苛めてくれる妹がいて」

兄「は、はぃ…っ。しあわせっ…ですっ!ぐぁぁぁっ!」

妹「可愛いよ…お兄ちゃん。大好き…。」

妹「お兄ちゃんには私しかいないんだからね…私しか、今のお兄ちゃんを許してくれる人なんていないよ」

妹「…どこにもいっちゃ、やだよ?」

兄「ぐぁっ…はぃぃぃっっ!どこにもっ…いきまっ…せん…」

妹「……」ニコッ

妹「じゃあ…挿れるね」

兄「あ…あああっ…」

妹「すごい…いままで見たことないぐらい、張り詰めてるよ。そんなにお尻いいんだぁ?」


293 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 21:08:52.60 ID:UwRHMtcb0
妹「…仰向けになって」

兄「うぅ…うううあぁっ」

妹「…今日は、背面騎乗にするね。おにいちゃんのえっちな顔見れないけど、お尻にささってるバイブはよく見えるよ?」

妹「おにいちゃんエッチだから…もう、私ぐちょぐちょっ……んっ入ってくるぅっ!」

兄「んっ…ぐぁぁぁ」

妹「ああああっ、お兄ちゃんのおちんちん!お尻にバイブ挿れられてビンビンのおちんちん!私の中に入ってくる!!!」

妹「ああああっふ、深いぃぃぃっ!!お、奥っ…ああああっっ」ガクガク

兄「絞まるっ…っうぁぁつっ!!」ギシギシギシ

妹「あっ、いやっ…いま動かされたらぁあああっ!」

兄「だめだ腰とまんねぇえええっ」

295 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 21:17:12.45 ID:UwRHMtcb0
妹「やっやあああっ!!だめだめだめ奥よすぎギンギンチンポ子宮の入り口叩いてるぅっっ!!」

妹「んぁあああっ、いっイクぅううっっ、もうイクイクイクイクぅっ!!」ビクビクッ

兄「ぬぁっ…っす、吸い出されええええうあぁぁああっ出す出すぞおおぉっ!!」ビュッビュッ

妹「ああぁっあついぃぃいいい!!」

妹「すごいっ!すごぃでてるぅううっ!!!子宮にザーメンかかってるっ!」

妹「ふぁあああああっっっつっ!!!」ビクンビクン

兄「ぬぁぁっ…きつっ…ぅうっ!」ビュビュッ

妹「あ゛っ…ま、まだ出てる…私のおまんこ…まっしろなせーえきに染められちゃってるぅ…」

妹「はぁ…ぁああっ…」ガクガク

297 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 21:22:44.81 ID:UwRHMtcb0
妹「…おにいちゃんのせーえき…いけないのに…兄妹なのにぃいぃ…」

兄「はぁっ…はぁっ…」

 ブインブインブイン

兄「んんっぐうぅ!?」

妹「あ…あっぁぁあ…お兄ちゃん、また固くぅぅう…」

兄「……くぅっ」

妹「…もしかして、お尻が…いいの?」

妹「これ、どうかな…」ジュポジュポ

兄「うぉっ……」

妹「あああぁっ…おにいちゃんのお尻に刺さってるバイブ、ケツ穴じゅぽじゅぽ出入りしてるよぅ」

妹「お兄ちゃん感じてるの?わかるよ…おちんちんすごぃ固いもん」

妹「腰うごくよ…」ギシッギシッジュポジュポ

兄「うぉあああっな、なんだこれぇえええっ!!」

298 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 21:32:50.30 ID:UwRHMtcb0
妹「…同時に攻められて気持ちいの?お尻きもちいいの?続けてなのにおちんちんきもちいいの?」ギッシギッシジュポジュポ

兄「あぁっ…きもちいぃっ…最高だぁっ…!」

妹「すごぃ…お兄ちゃんほんとの変態さんだよぅ!お尻でほんとに感じちゃってるよぅ!!」

妹「いいの?いいの?目覚めちゃってよかったの?ぁあああっ、おにいちゃんのチンポきもちぃいいっ!」

兄「いいぃっ!妹にならっ…何されてもっ!!」

妹「あはっ…ああっう、うれしいよぅ…おにいちゃん、感じてくれてうれしいよぅ」

妹「わたし、なんでもするよぅお兄ちゃんが変態でも喜んでくれるならなんでもするよぅ!」

妹「いっぱい腰動かして、いっぱいバイブ動かすからぁあああっお兄ちゃん気持ちよくなってえぇええっ!!」

兄「うあぁっ…妹のマンコ汁と俺のザーメンまみれでっ…しごかれてっ…うあああっ」

妹「もっと!もっと欲しいよぅお兄ちゃんのおちんぽミルク欲しいよう!私に種付けしてっ!」

妹「子宮の中もおまんこの中もっ…全部おにいちゃんのザーメンでうめつくしてぇっ!」

兄「ああぁっ…からみつきがハンパネェ…っ」

妹「うれしいからっ…お兄ちゃんに感じてもらえてうれしいからっ!!キュンキュンしちゃうの絞まっちゃうのぅぅううっ!」

300 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 21:47:06.82 ID:UwRHMtcb0
兄「だめだっ…もう出そうだっ!」

妹「イクの…?また出すの?」

妹「お尻とおちんちん両方責められてでちゃうの!?」

妹「私ももぅだめだよぅ…おちんぽみるくほしくてほしくてさっきからイキっぱなしだよぅ!」

妹「おまんこの入り口も膣も子宮も全部きもちいいよぅうう!!」

妹「おにいちゃんのせーしっ、せーしほしいいぃいっ!!」

兄「うぉおっ、し、しめすぎだぁあああっ奥突いた時のすぼまりがぁあぁつ」

妹「だめだめわたしイッちゃぅ!お兄ちゃんのケツ穴バイブ動かしてすごい興奮してるぅっ!!」

妹「あ、あああっ、おにいちゃんのおちんちんでいっちゃう!いけないのに兄妹なのにセックスしていっちゃう!!」

妹「もうだめだめだめだめぇえぇ、イクぅうううぅうっ!!」ビクッ

301 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 21:48:04.77 ID:UwRHMtcb0
妹「すごぃひぃいぃっ大きいのきちゃってりゅぅううっ!!」ビクビクビクッ

兄「ぐぁっ、中にっ中にだすぞ!妹の中に俺の精子全部叩き込むぞッ!」ビュルッ

妹「ひぃっやけどしちゃぅうぅうっ!」

兄「うぉぉおおっ」ビュッビュビュビュッ

妹「ま、また子宮に熱いセーシ浴びされてるぅぅっ!!ひぃいっ!また大きいのきちゃうぅうぅっ!!」

妹「あ゛…あ゛ぁあぁああああっんんんっ」ビクビクビクッ

妹「せーしいっぱぃいざーめんいっぱいぃいおまんこにいっぱいいぃい」ビクッガクガク

兄「あああっ…」ズポッ

妹「ひぁああっ、バイブ抜けちゃったぁ…きたないケツ汁いっぱいついてりゅぅぅううっ…」

兄「やべぇ…ぐぁああっ」ビュビュビュ

妹「ふぁ…また…セーシ…」

妹「もぅ…おなかいっぱいりゃょ…ぱんぱんりゃ…にんしんしちゃ…はらんじゃぅぅ…」ビクンビクン


302 名前:>>285さぁ?スレが落ちるまで?[] 投稿日:2009/11/23(月) 21:55:04.20 ID:UwRHMtcb0
妹「はぁ…っ…はぁつぅ…いいよ…よかったよぅ…おにぃちゃん」

兄「……」

妹「ずっと…私だけだよ…」

妹「私無しじゃ、おにいちゃんいきられないよ…」

妹「おしっこかけてくれる人も、ケツ穴ほじってくれる人も、私以外にはいないんだから…」

兄「…分かってる」

兄「妹以外の人なんていらないし…妹のためならどんなことでもする」

妹「えへへっ…」

妹「お兄ちゃん、大好きだよ…」

304 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 22:06:37.41 ID:UwRHMtcb0
 次の日 昇降口

妹「じゃあ、また放課後にね?」

兄「あぁ」

兄「……あれ?」

兄「下駄箱に…手紙…?」

兄「(…話があります。放課後に○○公園の障害者用トイレに来てください)」

兄「(来なかった場合、あなたやあなたの大切な人の身に、不幸が訪れると想ってください)」

兄「(もしかして…妹と学校でしてるのがばれたか…?)」

兄「(まずいな)」

305 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 22:13:20.73 ID:UwRHMtcb0
 昼休み・校舎裏の裏

兄「…今日、放課後先に帰ってもらっていいですか?」

妹「なんで…?」シュッシュ

兄「先生の資料整理を頼まれまして…。いつも世話になってる先生ですから、つい断れなく…」

 ギュッ

兄「ううぅっ、つ、つぶれます…っっ!」

妹「約束したじゃん。一緒に帰るって」

兄「すいま…せん」

妹「へぇ…私より、その先生の方が大事なんだぁ?」

兄「…ち、ちがいま」
 
 ギュゥッ

兄「ぐあああっっ!!」

妹「言い訳とか最低なんですけど」

307 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 22:20:38.57 ID:UwRHMtcb0
 放課後

兄「(ふぅ…一時はチンコが機能不全になるかとおもったけれど、なんとか許してもらえた)」

兄「(……さて、行くか)」


 ○○公園

兄「ここが…」

兄「夕方だが、全然人気がない…」

兄「しかも、障害者用トイレはあんな隅っこに…」

兄「誰も使わなさそうだな…」

兄「……」ゴクリ

兄「…行くか。行かないと、俺以外の誰かが傷つくかもしれない」

308 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 22:25:34.28 ID:UwRHMtcb0
兄「……」ガラッ

兄「おじゃまします…」

兄「…なんだ、以外と中は綺麗なんだな…」

兄「やっぱり、誰も使わないからかな」

兄「……誰もいない」

兄「隠れる場所もないからな…」

兄「待ってればいいのか?」

兄「うぅーむ」

兄「……」

 ガラッ

兄「!?」

友「こんにちは、おにーさん♪」

312 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 22:31:42.49 ID:UwRHMtcb0
兄「え……?」

友「…♪」

兄「あ、あの…どなたでしょうか…?」

友「妹ちゃんのクラスメイトの、友っていいますっ☆」

兄「そ、そうなんだ」

兄「いつも妹がお世話になってるね」

友「えへへー。お兄さん、けっこうイケメンだねぇ?」

兄「…え、えっと?」

友「どう?私みたいな女の子…好み?」

兄「あー、そ、その…下駄箱に手紙入れて呼び出したのって君?」


317 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 22:35:46.81 ID:UwRHMtcb0
友「そうそう、わたし♪」

兄「そ、そうなんだ」

兄「どうして呼び出したのかなぁ?」

友「えーっとねぇ」

友「用事があるのはねぇ、わたしじゃなくて、主にお姉ちゃんなんだ♪」

兄「…お姉ちゃん?」

 ガラッ

女「…兄君」

兄「…女…さん」

女「……」

兄「…ど、どうしてっ!?」

321 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 22:43:50.80 ID:UwRHMtcb0
女「……わたし…」

友「いいよ、お姉ちゃん。わたしが代わりに説明するから」

友「…おにーさん、お姉ちゃんのこと、振ったでしょ?」

兄「……」

友「お姉ちゃんねぇ、それからずっと悩んで悩んで、目が痛くなるまで泣いてさぁ」

友「すっごく、苦しい思いしてたんだよ?」

友「それなのに、おにーさんはのうのうと妹ちゃんとべたべたべたべたべたべたべたべたべたべた!」

友「自分がどれだけ無責任なことしたか分かってないよねぇー?」

兄「…べ、べたべたって…どういうことっ…なんだ?」

友「最近いつもおにーさんと妹ちゃん、一緒にいるよねぇ?」

友「それに、妹ちゃんと話してると、いっつもおにーさんの話題ばっかりになったし…」

友「二人って、どういう関係なわけ?」

兄「(学校で色々やっていた事がばれてた訳じゃないんだな…)」

324 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 22:49:30.07 ID:UwRHMtcb0
兄「べつに…普通に、仲のいい兄妹だ」

友「ふーん…」

友「なんか、妹ちゃんの方はそうじゃないみたいだけどねー」

兄「……」

女「…あの、兄くん」

兄「はい」

女「また…やり直せないですか?」

兄「……」

女「わたし…自分に悪いところがあったら、なおします」

女「今は無理でも、兄くんのために、がんばってなおしますから」

女「性格だって、勉強だって、…それに顔とか髪型とか服とか、兄くんの好みのタイプになるようにします」

女「だから…」

兄「……」

327 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 22:53:41.99 ID:UwRHMtcb0
兄「…ごめん、女さん」

兄「申し訳ないけど…」

友「なにいってるの!?お姉ちゃんがここまで言ってるんだよ?」

友「ただでさえ引き手あまたのお姉ちゃんが、おにーさんの為になんでもするって言ってるのにっ!」

女「友っ!やめて!!」

友「…あっ」

友「……ごめんなさい。お姉ちゃん」

兄「……」

女「せめて…せめて、理由くらい…。じゃないと…ほんとに…」

兄「ごめん…ごめんとしか、言えない」

女「そう…」

女「なら…仕方、ないよね」スッ

兄「……!?」

兄「(包丁……っ!?)」

332 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 22:59:13.24 ID:UwRHMtcb0
兄「えっと…そ、それは…?」

女「ごめんなさい…」

女「でも、こうするしか思いつかなくて」

友「お姉ちゃん…。んっ…いいよ、予定通りにやるよ」

女「うん。友、おねがい」

兄「…女さん、それをしまおう」

女「駄目です」

女「…わたしがこれをしまうのは、兄くんがわたしのものになった時です」

兄「…っ!?」

女「…おねがい。私と添い遂げるって誓って…?」

兄「…ごめん」

女「……っ!」

女「……もう、知らないから」

339 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 23:04:16.58 ID:UwRHMtcb0
 ダダダダダッ

兄「…えっ!?」

女「動かないでください」

兄「(…は、早かった)」

女「もう、いつでも兄くんの首筋に刃を立てることができますよ」

兄「……や、やめてくれ」

女「…怖い…ですか?」

女「ごめんなさい…でも、今、気持ちよくするから」

 ジーーーッ

兄「…えっ?」

女「片手でチャック下ろすのって難しいですね…。」

女「あっ…あ、兄くんの…お、おちん…ちん…」

345 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 23:12:24.34 ID:UwRHMtcb0
女「あれ…固い…ですよ?」

女「これって、興奮しなきゃ、固くならないんですよね…?」

男「……」

女「…友、兄くんを縛って」

友「…わかった」

男「(なんだかこの状況…デジャブ…)」

女「おとなしいですね。こんなに酷いことされてるのに、私を受け入れてくれないなんて…そんなに私の事がきらいなんでしょうね」

友「縛ったよ、お姉ちゃん」

女「手も足も縛って…動けないですか?」

男「残念ながら」

女「…逃げられませんね。友、包丁あずけるね」

友「…うん」

346 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 23:14:42.11 ID:UwRHMtcb0
げぇっ!!男になってるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

350 名前:>>348友って名前なんだよきっと[] 投稿日:2009/11/23(月) 23:24:24.45 ID:UwRHMtcb0
女「…兄くんの…おちん…ちん…」

女「…固い…」サスサス

兄「うっ…」

女「気持ちいいですか?すごくギチギチしてて…ちょっと、苦しそうですけど…」

兄「…っ」

女「ふふ、顔は気持ちよさそうですね」

女「じゃあ、ちょっと味見してみようかな」ペロッ

女「…はぅ…しょっぱい…」

女「これ…カウパーっていうんですよね…まだほとんど何もしてないのに、兄くんのおちんちん、すっごくえっちです」

女「ちょっともったいないけど、兄くんのエッチなお汁…全部舐めとっちゃいますね」ペロペロペロ

兄「…ぅうっ」

352 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 23:30:48.33 ID:UwRHMtcb0
女「んんっ…はぁ…ぁ…。兄くんのおちんちん…すっごくおいしいです…」ペロペロ

女「ふぁ…んっ…」

女「口に…いれちゃいますね…」チュプッ

兄「うぁ」

女「んっ…んんっ…んむ…ほぃ…ひぃいぃっ…」ジュポジュポ

兄「ぐっ…ぁああっ」

 ジーーー

友「ほら、もっとよくあえいでよ。せっかくお姉ちゃんがお前の薄汚いチンコ舐めてくれてるのに」

兄「…!?」

兄「…と、撮ってるのか!?」

友「そうだよ。最新型HDビデオカメラだよ?」

女「あむっ…んっ…んっ…んむぅっ…んっんんんっ」ジュポジュポ

兄「ぐ、ぐあっ!」

友「そうそう、その顔その顔。よく撮れてるよ~」

355 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 23:36:25.09 ID:UwRHMtcb0
女「んっんっんっんっんっんっ」ジュポジュポジュポジュポ

兄「ぅっ…ぅうぅっううぅっ」

女「んっんんっ……ぷはっ…」

女「あぅ…っ。兄くんのおちんちん…おっきいから…たいへんです」

女「きもちよくなってくれましたか?」

兄「……」

女「正直に言ってくださいよ」

女「…でも、私なんかの口でされて…きっと、嫌だったんでしょうね」

兄「いや…」

女「今更どうこう言わないでください」

女「…挿れますからね」

358 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 23:43:05.76 ID:UwRHMtcb0
兄「く…」

友「お姉ちゃん…わたし…」

女「…あ」

女「ごめんね、友…」

友「…こんな奴の惨めな姿撮るのとか、お姉ちゃんの為なら全然かまわないよ」

友「…でも、やっぱり」

友「お姉ちゃんをとられるのは嫌だよ…」

女「…私、ほんとに勝手だよね」

女「でも、…どうしても、兄くんと結ばれたいの。じゃないと、わたし…」

友「…いいよ、分かった」

友「お姉ちゃん、ショーツ脱いで」

友「私がお姉ちゃんの準備してあげるから」

360 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 23:49:08.09 ID:UwRHMtcb0
友「…壁に…手、ついて…。お尻、こっち向けて」

女「うん…」

友「もう…結構濡れてる」

女「…はずかしいよ。兄くんもいるんだよ」

友「いいよ。見せ付けてやろうよ…。多分興奮してるよ?」

兄「……」ムラムラ

友「ふふっ…舐めるね」ペロッ

女「はぅっ!!」

友「お姉ちゃん…好き…」ペロペロペロッ

女「あっ…いい…いいよぅ友ぅ…っ!!」

友「んっ…お汁いっぱい垂れてきた…。もっと気持ちよくなって…」ペロペロ

女「んんーーっ。そ、そこだめっ!…クリトリスっはぁっ!!」

友「皮剥いてあげるね…」

女「ひぅっ!!あっあっあっあああああっああっ!!」ビクビク

364 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/23(月) 23:56:05.98 ID:UwRHMtcb0
女「はぅううぅっ。きもちー。きもちぃいいよぅ友ぉぅう」ガクガク

友「…やだなぁ、お姉ちゃんのここに、あいつのチンポが入るなんて…」

女「ひぅっ…ひぃ…ごめんっ…ごめんねっ友っ…いいっ!!」

友「いいよ…お姉ちゃんのしたいことだもん…」チュゥウゥウ

女「ああああっっ!!だめっだめぇええっ…あああす、すっちゃやめ…クリトリス…すわれっ…」

友「もうちょっと…味合わせて…」

女「あああああクリトリスの中身出されてすいだされてるッ!!き、きもちぃっ、きもちっきもちーーっ!」

友「お姉ちゃん、イって…私の口でいって…んっ」チュゥゥペロペロッ

女「んぁっ!んぁぁんあんあぁっ!…吸われて舌で撫でられてるっ…クリトリス…あああああ゛っ!」ビクビクビクッ

女「んあ゛っ…あ…がっ…ん…」ガクガク

友「おねえひゃん…かわいい」

女「あ…あああ…」ビクンビクン


兄「……」ドキドキ

367 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 00:02:16.56 ID:YQpHbEjp0
女「あ…足、がくがく…」

友「…しっかり。チンポいれるんでしょ?」

女「…うん」

女「いれる…」

友「お姉ちゃん、すっごくびちょびちょだし。クリトリスでイッたばっかりだから、今ならきっとキツキツのズポズポだよ?」

女「はは…うん…。友、ありがとう」

女「おねえちゃん…兄くんのおちんちん…挿れるね」

友「うん…」

兄「……」ドキドキ

女「…おまたせ、兄くん。準備できたよ」

女「私のおまんこ…見える?いやらしいよね…恥ずかしいよ…」

女「でも、兄くんのおちんちん…欲しくって…欲しくって…たまらなくって、ずっと疼いてるの…」

女「ごめんね」

369 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 00:08:32.50 ID:YQpHbEjp0
女「ほんとは、こんな初めてはやだよ…」

女「でも…兄くんが私を受け入れてくれないから…別れてっていうから…」

女「兄くん…」

 チュ

兄「…!?」

女「大好き。んんんっはああああっ!!」ズポッ

兄「っく…」

女「あ、ああっ…ねんがんっのぉっ…兄くんのおちんちん…わたしのおまんこのなかっ…おしひろげてぇええっっ!!」

女「はああぁぁああ」

兄「あ…あ、うぁ…」

女「すごひ…すごいよぅ…兄くん…私のなかに入っちゃってるんだよ…すごいよね?すごいよねぇっ、んんっ!!」

兄「うぅ…」

女「…分かる?処女膜まで、もうおちんちんきてるよ…もうすぐ、破っちゃうよ…私の処女、兄くんにあげちゃうよ…」

372 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 00:14:40.91 ID:YQpHbEjp0
女「…わかる?これ…奇跡だよ!私、兄くんしか私の処女もらってくれる人いないっておもってたの!」

女「兄くんしか心から愛せる人は居ないし、兄くんだけが私の全てだったの!」

女「…そんな兄くんと、今、セックスしてる!私のおまんこのなかに、兄くんのおちんちんがはいってるんだよ!」

女「兄くんのからだの一部が、私の中に入ってきてるんだよ!」

女「…それで、処女膜を破る寸前…寸前なの」

女「すごいよね…これって、ほんとにすごいよね…」

女「地球上でいままでに起こった全ての事より、すごいよね…すごいよね」

女「わたしっ…うれしいょう…」

女「兄くんに処女あげられるの、すごくうれしいよぅ…」

女「もらってね…私の処女…兄くんのおちんちんで…一気に貫いてね…」

兄「……」

女「いくね…」

375 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 00:21:58.80 ID:YQpHbEjp0
 プチュ

女「いあああっっ!!」ガクガク

兄「うっ…あ…」

女「兄くんのおちんちんが…私の処女膜破って…一気に奥までぇえええ…」

女「すごぃ…すごいよ…兄くん…わたし、今兄くんに処女あげちゃったよ…」

女「ふぁっあああっ…うああああ…子宮の入り口ごりごりっごりごりしてます…おちんちんがごりごり…」

女「すごくっ…かたいよぅ…っ。だめぇ!わたし処女膜破れたばっかりなのに、感じちゃう!」

女「兄くんのおちんちんで、気持ちよくなっちゃってるよぅ!」

兄「うっ…お、女ぁっ…」

女「う、うれしいっ…もっと、もっと名前で呼んで…」

兄「ぐっ…」

女「…気持ちよくなったら呼んでくれる?私のおまんこで、もっと気持ちよくなってくれたら読んでくれるかなぁっ」

女「がんばる…っ、わたし、がんばって、腰つかうからっ…。兄くんきもちよくなって!」


377 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 00:27:07.18 ID:YQpHbEjp0
 ジュッポジュップジュッポ

女「…んあっっ…すごくいやらしい音がひびいてるねっ」

女「ここ…ほんとはトイレなのにっ!おしっことかうんちする汚い場所なのにっ、セックスしてるよ!」

女「あぁ…兄くんのガチガチチンポ気持ちよすぎてぇええおまんこの奥きもちよすぎてぇ腰とまらないですっ…」

兄「っ……ううっ…」

 シュッ

兄「!?」

友「これ、さっきの包丁。わかる?」ヒソヒソ

友「お姉ちゃんがあんなに腰振ってるのに、お前その態度なんなの?マグロのつもり?」

友「いいかげんにしないと、ちょっと痛い目見るよ?」

兄「……」コクコク


379 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 00:36:25.45 ID:YQpHbEjp0
兄「お、女…さんっううっ!」

女「あっ…あああ兄くんが…私の名前よんでくれてるっ…んんっ!」

兄「うぅっ…き、きもちいいぃ…女さん…」

女「んんっわたしきもちいよっ!兄くんもきもちよくなってくれてるよ!だからいっぱい気持ちよくなってるよ!」

女「兄くんのおちんちんが私の中に入ってるだけですごいのに、兄くんがっ…兄くんが私で気持ちよくなってくれてるぅうっんんっ!!」

兄「ぐぁっ…すごぃ…からみつく…女さんの中ネトネトしてるっ」

女「あぁああっだめだめっ…でも、もっと言って!いやらしい言葉もっと私にかけてほしいょう!」

友「…姉さん、ごめんなさい」

兄「…っん!?」

友「…ほら、私のおまんこ舐めて」

兄「……っ」ペロペロ

友「…んっ…姉さん、ご、ごめんなさい。やっぱり、私も…ぅ…。その代わり、姉さんのおっぱい…舐めてあげるから。んっ…」ペロペロ

女「ふぁっっっ!んんんっっっ!!だめそれよすぎっっ!!友ちゃんだめぇええっ!!」

383 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 00:46:56.60 ID:YQpHbEjp0
兄「…んっ…んむっ!」ペロペロ

友「ふふっ…どう?おまんこ目の前にして、おまんこにチンコ入れてる気分は」

友「んっ…そう、そこもっと舐めて…ああっ!んっいいよぉ……おにーさん、うまいよ」

女「あっふぁ…!だめだよ友ちゃん…それじゃ兄くんの顔見えないしっ…それにぃいっ!」

友「やだよぅ…ごほうび頂戴…」ペロペロ

女「あっあああっそれだめっだめだめっ!おっぱいおっぱいやだぁでもきもちいっきもちっ…きもちっ…おまんこおっぱいきもちいぃ!」

友「あっ…ふぁ…お姉ちゃん、可愛い…かわいいよぅ…」

女「あっあっあっ…妹と兄くん両方に責められてるッ!おっぱいとおまんこせめられてるっぅぅっ!」

女「わたしはじめてっなのにっ…ぃい!トイレで妹と兄くんに責められておまんこぐちょぐちょになるくらいぃっ感じてるっ!」

女「感じちゃってるよぅっ!!」

女「やあっっ…な、なんかすごいのきちゃう…なんか、おなかの奥から…頭っあたま変になっちゃうぅう!!」

友「お姉ちゃん…イって…私の前でおちんちんにズポズポされてイって…」

女「はずかしっ…でもっでもでも気持ちぃいっ気持ちいいよう友ちゃんっ!変だよあたま変になるくらい気持ちよくなっちゃうようぅう!!」

388 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 00:58:35.27 ID:YQpHbEjp0
女「だめだめだめすごいっくるくるきちゃうなんかきちゃうよぅっっ!」

女「うそっ…こんなの知らないっ…おちんちん奥にいっぱい当たってっ!当たるだびにぃつ!どんどんすごいの近づいてきてるっ!」

友「いいよっおねえちゃんイって!私もいくっ!姉さんと一緒にいくからっっ!!!」

女「うんっうんっうんっ友ちゃんイこっ、いっしょ…いっしょ…ああふぁああっ!」

女「ふぁっ、ふぁっふああああっくるくるおっぱいきもちいぃいっおちんちんきもちいっおまんこきもちいぃっ!」

女「あっあっあっあっあっあっあっあっあ゛っ…ああああああっんんんっ!!」ビクビクビクッ

兄「ぐぁっあああっ絞まるっ絞めつつ蠢いてぇっ!ぐぁっ!」ビュッ

女「あぅっひああぁっ!…か、かかってるっぅう!」ビクゥッ

女「いっちゃってる?兄くんいっちゃってるすごいすごいよ私大好きな兄くんの精液浴びながらイってるぅううっ兄くんとイッちゃってるぅっ!!」

兄「うがぁああああっんんんんっ」ペロペロジュルッジュルル

友「あぁっお姉ちゃん私もすごいのくるよぅ…きちゃぅううううっっ、お姉ちゃんイクの見ながら、私もイッちゃうぅっ!!」

友「んぁぁぁあっっイクイクイクもう駄目イッってるっ!!イッてるよぅうううぅっ!」ビクッビクビクッ


393 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 01:05:07.26 ID:YQpHbEjp0
 シャーーッ

兄「んぷっ…」

友「うあぁぁあ潮っ…私潮ふいてるぅぅううっ」ビクンビクン

兄「うあぁっ…んぷぅっつ」ビュッビュッ

女「あっ…ああああまだ出てるっ…兄くんの精液すごいでてるぅうううっ私の子宮兄くんの精液でいっぱいぃいいっ!!」

兄「ぐぁあああっんぷっう」ビュビュビュッ

女「はぁあああっ……すごい…おまんこの奥に精液いっぱい打ち付けられて…えぇええはあぁああああ…」ビクンビクン

友「お姉ちゃんきもちよさそ…」

女「すごいよ友…すごいよ兄くん…おまんこきもち…きもちーよぅ…」バタッ

兄「うっ…」

友「失神しちゃった…」

兄「え…」

友「じゃあ、次は私の番かな…」

兄「え」

394 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 01:13:25.12 ID:YQpHbEjp0
友「…あはは…さっきイッちゃったけどおちんちん欲しくて、おまんこすっごく疼いてるんだぁ」

友「お姉ちゃんにはすこし悪いけどね…。でも、おにーさん結構かっこいいし…いいよ、私の処女あげる」

友「…おにーさんも、もう居直って楽しんじゃってよ」

友「そしたら、私もたのしいからさ」

兄「……うぅ」

友「んっ…やっぱり潮吹いたから、びちょびちょ…」

友「へへっ…おにーさんものおちんちんも、お姉ちゃんの愛液と精液まみれでやらしーよ」

友「じゃあ…入れる…ね」

友「んあぁっ…おしひろげてくぅううっ!!おちんちんあついぃいいいっ!!!」

兄「ぐっ…すご…」

友「あ、ああああっ…おちんちん熱い…すごくあついぃい…」

友「ちょっと…こわいよ…。こんな熱くておっきいのにおまんこ貫かれたらどうなっちゃうかな…」

友「…いっそ…おにいさん。腰くらい動かせるでしょ?…ひとおもいに、突いて?」

友「私の処女膜…おにーさんの熱いおちんちんで貫いて…」

396 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 01:19:33.93 ID:YQpHbEjp0
兄「……ぇ」

友「遠慮しなくていいよ」

友「はやく、奥まで頂戴…。今の状態、中途半端でくるしいよ…」

兄「……」

兄「うぉおおおおおっ!!」ジュププッ

友「んあぁぁぁあぁぁあああっっ!!!」

兄「う、うあぁあっ…」

友「ふぁっ…すご…。これが、おちんちん…。これが、セックス…」

友「処女膜…おにーさんに…やぶられちゃった…。奥までおちんちん…おにーさんのおちんちん、届いてるよぅ…」

兄「うぁっ…あああっ…友ちゃんのマンコ、キツキツで…っくっ…」

友「いいよ、好きに動いてっ!私のおまんこかきまわしてぇっ!!」

兄「んっ、ぐ、うぉぉっ」ジュポッジュポッジュポッ

398 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 01:28:00.87 ID:YQpHbEjp0
友「あっはあぁっ…あっ…あああっ…」

友「おにぃっ、さんっ、すごいよ……おにーさんの腰の速さと、私の体重が合わさってっ、子宮の入り口っおちんちんがぶつかってるっ!!」

友「こんなの知らない…ぃ…こんなに気持ちいいの、私しらなかったよぅ…」

友「処女膜破れた痛さとか、ほんとどうでもいいくらい気持ちいいよ…気持ちいいのぅ…っ!!」

友「ああああ…お姉ちゃんの処女膜破ったちんぽとおなじちんぽで、私、犯されてる…おまんこほじられちゃってるぅううぅ!」

兄「んっ…ふっ…うあああ…きついぃっ」

友「ははっ…おにーさん…私のおまんこ、気持ちいいんだっ…んっ」

兄「ん、んっ…き、きもちいい、きもちいい」

友「うれしいよっ…わたしもっ、きもちいいよっ…!おちんちんで、おまんこ気持ちよくなっちゃってるよっ!!」

兄「くっ…ううううっ!」

友「んぁっっ!!頭にひびくよぅうう!!もっと、もっとそこ突いてぇええっ!!」

400 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 01:36:02.15 ID:YQpHbEjp0
友「ああああっ、そこほんと駄目かもっ私そこ弱いかもっ!!おちんちんがっおちんちんがすごい速さであたっちゃってぇええ!!」

兄「ぐぁっこ、腰とまらないぃっ!」

友「いいよ、おにーさんいってっ!わたしもイクッいくからぁぁっ!!」

兄「うっうううっで、出るっ!!」ビュッ

友「ひぅっ!しゅご、熱いの出しながらガンガンチンポ当たってっっううううっっ!!!」

兄「うぁああっぐぉっ!!」ビュビュッ

友「ひぅううううぅつうっっだめこれすごすぎいぃいいいっ!!イクイクイクイクイクイクぅぅぅぅううッ!」ビクッビクッ

兄「しまっしまるっうあっうああああっ吸われるッ」ビュビュビュビュッ

友「ああああっ出てるッまだ出てるっセーエキでてるぅううっ!おにーさんのセーエキで、私の子宮が、子宮がすごいよぅあついよぅううっ!!」

友「だめぇええっまたイクッ連続してイッちゃ……ひあぁあっああああああっっううぅつう!!」ビクビクビクッ

兄「ぐっ…うううっ」ビュッ…ビュビュ

友「あ…すご…すごいよ…おにーさんのセーエキで…おなか…おなかが熱い…子宮が熱い…」ガクガク

友「ふぁっ…らめぇ…これ、癖になりそ……」ビクンビクン

402 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 01:41:30.76 ID:YQpHbEjp0
友「…というわけで」

友「お姉ちゃんを裏切ったら、このビデオがどこに出るか保障はしないので」

友「そこんとこよろしく」

兄「……」

女「…ごめんなさい。兄くん」

兄「…大丈夫です」

友「そりゃそうよね。美少女二人と3Pできたんですもん。不満なほうがおかしいよ」

女「友ちゃん!」

友「う。じょ、冗談だよぅ…」

兄「今日のところは、ひとりに…させて、ください」

女「…うん」

女「じゃあ、また明日学校で」

友「じゃーね」

兄「……」

403 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 01:45:32.75 ID:YQpHbEjp0
妹「…遅かったね」

兄「……」

妹「先生となにやってたの?」

兄「資料の整理、です」

妹「すっごくいっぱい整理したんだね」

兄「……」

妹「いいよ、もう」

妹「おにいちゃんが、ちょっとくらい隠し事するのは、いいの」

妹「それは、仕方がないことだから」

妹「…でも、忘れないでね。覚えててね」

妹「お兄ちゃんは私のものだから」

妹「裏切ったら絶対に許さない」

妹「許さないからね」

407 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 01:50:23.18 ID:YQpHbEjp0
ふぅ。今日はこの辺で。
俺もチンチンシュッシュしたいお。

1・妹ルート
2・女ルート
3・友ルート
4・それ以外ルート

1~4の中から選んでね。1~4の中からだよ。
書いてなかったら下の安価ね。
個人的希望があったら添えてもらってもかまわないです(実現できるかどうかは別として)
では、おやすみなさい。


>>444

412 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 01:56:47.75 ID:YQpHbEjp0
あ、来れるのは多分明日の夜になりますです。
落ちるまでやるけど、落としたほうがいいならおとしちゃってくらせぇ。
皆さんにおまかせしやす。

チンチンシュッシュ気持ちいいおー^^

510 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 21:11:58.34 ID:YQpHbEjp0
(^q^)フヒヒ

515 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 21:25:16.81 ID:YQpHbEjp0
 妹が好きだ。
 女さんが好きだ。
 …友ちゃんの事も、魅力的だと思っている。

 でも、みんな、俺の本当の気持ちを、分かってくれない。

 誰かと恋人になれるか?
 誰も自分の価値観を押し付けるだけで、俺の価値観を汲もうとしてくれない。
 本当の気持ちを、考えてくれない。

男「…そんな人と、恋人になれるのかな」

男「セックス」

男「気持ちいい」

男「…でも、それだけだ」

男「女さんや妹に、明日にでも殺されるかもしれない」

男「それもいい」

男「…やっぱやだ」

男「どうすればいい?どうすれば、分かってくれる?」

男「どうすれば、俺の気持ちを相手に伝えられる?理解しあうことができる?」

男「………」

520 名前:>>512こんなスレで悪かった。ちんちんッシュッシュも悪くないよ。[] 投稿日:2009/11/24(火) 21:39:16.37 ID:YQpHbEjp0
男「盗んだ、バイクで、走り出す…」

男「行き先も、分からないまま」

男「自由になれた気がした」

男「…自由」

男「自由って、なーんだ?」

男「って…アホか」

男「男の一人旅は、リュック一つに収めるって、誰かが言ってたから、そうしたけど…」

男「正直不安だ」

男「バイクの免許ないし、盗んで無免運転する勇気もないし」

男「まぁ、お金くらいか。っても、たかが知れてるかもしれない。所詮、高校生の価値観だし…」

男「コツコツ貯めてきたお金…」

男「妹は、俺を手に入れる為に使った」

男「俺は…妹…お前のしがらみから、自由になる為に使うよ」

523 名前:男でやっちゃってたテヘリ[] 投稿日:2009/11/24(火) 21:46:46.61 ID:YQpHbEjp0
 田舎町 ○○公園 深夜

姉「うーさぶさぶ」

姉「もう冬だなー。こりゃいつ雪降ってもおかしくないなぁ」

姉「ふぅー…」

姉「息、真っ白……って」

姉「…あれ」

姉「あれあれっ?」

姉「あれ…人?」

姉「…それとも、でっかい人形?」

姉「……怖い」

姉「……でも、もし人だったらどうしよう。何かの病気だったらどうしよう。死んでたらどうしよう」

姉「……」

姉「も、もしもーっし?」

兄「……」

525 名前:>>524笑うツボおかしくね?^^[] 投稿日:2009/11/24(火) 21:55:18.12 ID:YQpHbEjp0
姉「……や、ややや。ややぁ…」

姉「こりゃ人だ…。」

姉「失礼します」

姉「…息、してる」

姉「体温は………熱っ!!」

姉「これ、結構熱あるっ」

姉「どうしよ、どうしよ…えーっと、えーっと」

姉「……」

姉「携帯忘れた」

姉「救急車よべんっ!!」

姉「……とりあえず、起こそう」


527 名前:>>524笑うツボおかしくね?^^[] 投稿日:2009/11/24(火) 22:04:42.40 ID:YQpHbEjp0
姉「あーっ!UFOだっ!UFO襲来っ!!ビームだ、ビーム攻撃だっずがががが」ビシッビシッビシッビシッビシッ

兄「う…ぐ…」

姉「ずががががががががががが」ビシッビシッビシッビシッビシッシッビシッ

兄「ぐぼっ…ぶふふうっ…うううう」

姉「おぉ、効果はバツグン」

兄「…むっ…う…あ、…れ…さ、さささ寒い…」ガチガチガチ

姉「起きよう。死んじゃうよ」

兄「…え……死……?ころ…され…る……」

兄「…ほう…ちょう…いも……と」

姉「…意識、はっきりしてないのか」

姉「よっ」

兄「うぅ…あ……し……し…」

姉「しっかり。すぐそこが家だから。肩持つから、一緒にあるくよ。…ほら、いち、に、いち、に」

兄「あ…ぐ………」

528 名前:>>524笑うツボおかしくね?^^[] 投稿日:2009/11/24(火) 22:11:14.65 ID:YQpHbEjp0
 次の日 朝 姉宅

兄「ん……」

兄「んんっ…?」

兄「え?あっ!?…ここはっ!?」

姉「おー、少年。目覚めたかい」

兄「……」

姉「…どった?目丸くして」

兄「えっと…」

兄「なにか、羽織ら…」

姉「いいよ減るもんじゃないし」

兄「えっと…」

兄「あー」

姉「飲み込めてないようだねぇ?」ニヤニヤ

530 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 22:15:20.88 ID:YQpHbEjp0
姉「昨日の夜、公園で倒れてた君を助けた」

姉「以上」

兄「……あー」

兄「えー。あ、ありがとう、ござい…ます」

兄「で、たいへん聞きにくいんですが…」

兄「………」

兄「俺…貴女になにか…しましたか?」

姉「……」

姉「ぷはっ」

兄「……えー」

姉「してないしてない」

兄「(じゃあ、なんで下着姿で俺と話してて平気なんだと)」

531 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 22:21:59.78 ID:YQpHbEjp0
兄「…えーっと、そのぉ」

姉「私の名前?」

兄「(…まぁ、それでいいか)」

兄「は、はい」

姉「私は、姉。姉ちゃんってみんな呼んでるから、姉ちゃんでいいよ」

兄「俺は、兄っていいます。姉ちゃん……さん?」

姉「姉ちゃんでいいってば」

兄「…で、でも何か抵抗があります」

姉「行儀がいいんだか、融通がきかないんだかだねぇ」

兄「うー、じゃ、じゃあ、お姉ちゃん、でどうでしょうか?」

姉「いいね」

532 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 22:26:52.32 ID:YQpHbEjp0
姉「ちなみにハタチだからね?これ重要。君は?」

兄「17です」

姉「どこに住んでるの?」

兄「それは…」

姉「言えない?」

兄「ちょっと」

姉「ははーん。やっぱり家出か」

兄「……」

兄「(通報されるかな…)」

姉「……ふぅーん」

姉「面白いことやってるじゃん」

兄「え」


535 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 22:35:27.41 ID:YQpHbEjp0
姉「見たところワルそうには見えないし」

姉「ずいぶん体が弱ってるみたいだし」

姉「風邪治すまでここにいなよ」

兄「……え、風邪?」

姉「ちょっとは熱、引いたかな」

兄「そういえば…なん…か…」

姉「ま、気にせずゆっくり寝てて」

姉「私はこれから仕事行くけど、お腹減ったらテーブルの上とか冷蔵庫の中とか、あるもの適当にあさっていいから」

姉「じゃねー♪」

兄「……」

兄「…今まで会ったことないタイプの女性だ」

537 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 22:47:18.91 ID:YQpHbEjp0
兄「あれからもう、一週間か」

兄「…みんな、心配してるのかな…」

兄「父さん母さん…旅行から戻ってきたかな」

兄「……」

兄「…結局これ、逃げたってことだよな…」

兄「俺…」

兄「俺、ほんと…」

兄「……」

 ギュゥウウゥ

兄「お腹鳴っちゃった」

兄「はらへった…」

538 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 22:53:31.62 ID:YQpHbEjp0
姉「ただいま」

兄「お姉ちゃん、お帰りなさい」

姉「…いやー、今日も働いた働いた」

兄「お疲れ様です」

姉「どう?体の調子は」

兄「まだ、ちょっとだるいですけど…だいぶ良くなったと思います」

姉「そかそか。よかった」

兄「…えっと、それで…ちょっと食べ物つまませてもらっちゃいました」

姉「うんうん。遠慮してくれなくてよかったよ」

姉「じゃあ、これから夕飯作るから、それまで寝てな?」

兄「…そ、そんな。悪いですよ。手伝います」

姉「風邪はなおりかけが肝心って、お母さん言ってたし。まー、そういうことにしとこうよ」

姉「別に寝てなくてもいいし、テレビでも見てて、ゆっくりしててよ。…ね?」

539 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 22:58:53.38 ID:YQpHbEjp0
姉「うし、できた」

兄「おいしそうですね…。お姉ちゃんすごいです」

姉「そして…っ。これだっ!!」ドンッ!

兄「これは…?」

兄「赤…霧……島…?」

姉「飲もうっ!」

兄「ええええっ!?」

姉「なんだ酒はいけないクチか」

兄「いや、そんな飲んだ事ないです」

姉「17にもなって?」

兄「まだ17ですよ…ってえええ?」

姉「えっ?」

兄「えっ?」

542 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 23:08:43.30 ID:YQpHbEjp0
兄「…お、おいしいっ…ですけどっ…でも、俺未成年でっ」

姉「酒に慣れてない割には結構いけるじゃん。ほら、もう一杯」

兄「も、もう飲めませんよっ…ぅううっ」

姉「ははは、いいじゃんいいじゃん。酒飲み相手いなくて、さびしかったんだよぅ」

姉「一宿一飯の恩を返すと思って、まぁ飲みんしゃい飲みんしゃい」

兄「うぐぐぐっ…」ゴクッゴクッ

姉「おぉっ!流し込んだっ!飲み方知らないって酷だねぇ」

兄「あ…あれへっ…うぅうっ」

姉「あははははは兄ちゃんおもろーっ!」

兄「にいちゃんってな、なんですかー」

姉「兄ちゃんは兄ちゃんだぁ」

兄「俺のっ…ことー?」

姉「そうそう。今度から兄ちゃんって呼ぶな。決定これ、けってーっ。あははは」

兄「ま、まぁいいです。なんとでも呼んでくださいぃっ!」

543 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 23:17:47.97 ID:YQpHbEjp0
兄「も、もとはといえばですねーっ!いもうとがっ…いもうとがいけないんですっ!」

兄「いもうとがおれに、あーんなことや、こーんなことをしなければ、ばんじうまくいってたのです!」

姉「兄妹ゲンカ?そんな酷かったのかい?」

兄「いもうとのせいだけじゃないですっ!」

兄「女さんがですねー。わざわざ話をぶりかえしてですねー」

兄「あーんなことや、こーんなことをしなければ…ばんじは言いすぎですけど…うまくいってたのです!」

兄「でも、おかげでにっちもさっちもいかなくなったのでーす」

姉「あらあら」

姉「要するに、モテたんだ」

兄「おれはもー、女性がわからない…っ!わからないいいいっ!」

姉「分からない、かぁ…」

兄「姉さん女の子でしょー?俺に女の子ってナンなのか教えてくださいよぉおー」

姉「結構きわどい発言するねぇ。酔った兄ちゃん、見ててなかなか面白いよ」

545 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 23:27:53.77 ID:YQpHbEjp0
兄「もー、教えてくれるんですカー。教えてくれないんですカー?」

姉「教えることなんてあるかなぁ…」

兄「おねがいしますー。そこをどうかぁー」

姉「そうだねぇ」

姉「…兄ちゃんは、私のこと…どう思う?」

兄「そーですねぇ…」

兄「見ず知らずの俺をぉ助けてくれたぁー、いい人ぉっ!」

姉「ちがうちがう」

姉「好みのタイプかって聞いてるの?」

兄「好みですかー?」

兄「えー?あーー?」

兄「70点!」

姉「結構高いね。びっくりだゎ。17才にとってのハタチって、年増だと思ってた」

546 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 23:34:43.22 ID:YQpHbEjp0
兄「そんなことないですよぉー。お姉ちゃん美人で綺麗ですよー」

姉「お世辞はいざって時にとっとくもんだよ?」

姉「…まぁ、それはいいとして」

姉「70点の私と、エッチなことできると思う?」

兄「余裕です!!」

姉「ありゃま、即答」

兄「いっいままでっ…まともなセックスをしたことない俺からしたら、即答も当然ですよぅもう!」

姉「なんじゃそりゃ」

兄「あははははっ」

姉「…じゃあさ。私と、お付き合いできる?」

兄「ふぇー?お突き合いぃ?」

姉「ちがうちがう」

兄「えー、どうでしょうー?また知り合ったばっかりだしねー」

553 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/24(火) 23:50:41.97 ID:YQpHbEjp0
兄「えー、うー、おぉーー?」

姉「あははっ、真剣に考えなくていいよ」

兄「えー、あー、うーーーっ」

姉「兄ちゃんはさ、女性関係で悩んでるみたいだけど…結局、どうしたいの?」

姉「人生の伴侶が欲しいの?」

姉「セックスフレンドが欲しいの?」

兄「あー」

兄「あのですねぇー」

兄「分かりあいたいのです」

兄「俺の気持ちを、相手に分かって欲しいのです!」

姉「70点!…うぅん。80点」

兄「えっ!?」

姉「…私から見た、兄ちゃんの点数」

558 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 00:04:12.07 ID:jl9sS4N40
兄「高いですねー。なんか、うれしいです」

姉「兄ちゃん見た目すごい好みだよ。」

姉「それに…付き合ってみたいし、セックスもしたい」

兄「えっ…あ、あの」

姉「昨日たまたま見つけて、私がこの家に連れてきたけど、見た目好みだったから、もしかしたら運命かもって思った」

姉「起きてみたら兄ちゃん面白くて。それに私の下着姿見て、顔真っ赤にして恥ずかしがって…可愛い子なんだなって思った。」

姉「ほんとは、警察にでも連れて行ったほうがいいんじゃないかって思ったけど、出会いをムゲにするようだったからやめた」

姉「帰ってみたら、律儀にご飯食べたこと報告してくれたり、洗い物しててくれたりして。…ちょっとときめいた」

姉「お酒はまだ弱いけど、素質あるなぁ、って。強くなってから一緒に飲んだら、もっとお互い面白くなるかもしれない」

姉「それに…すごく、悩んでて。家出しちゃうくらい悩んでて。私にできる事があるなら、力になりたいなって思う。」

姉「…やっぱり、どうなのかな。こんな、年上やなのかなって……どうなのかな…って」

兄「……」

姉「伝わった…?」

兄「え…」

560 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 00:12:59.16 ID:jl9sS4N40
姉「今の私の気持ち。知ってた?」

兄「……」ブルブル

姉「だよね」

姉「そりゃそうだ」

姉「でも、全部本当だよ」

兄「えっ…で、でも…」

姉「ちょっと、手借りるね」

兄「あっ…」

兄「(お姉ちゃんの胸…やわらかっ…)」

姉「…感じる?私の心臓」

兄「……」

姉「…すごい、ドキドキしてるでしょ…?」

姉「これ、答えだよ」

姉「本心を告白したときの、ホントのドキドキなんだよ」

566 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 00:24:20.41 ID:jl9sS4N40
姉「人って簡単に嘘つくよね」

姉「…でも、他人からは本当の事は分からない」

姉「本当の事を言っていても、それがウソかホントかも分からない」

姉「…だから、みんなお互いを信じられなくて、イザコザが生まれて。ギスギスして」

姉「でも、こうやって…お互いの距離が無くなれば無くなるほど」

姉「本当が分かるんだよ」

兄「……」

兄「…俺」

兄「…お姉ちゃんと、セックスがしたい」

姉「…!?」

姉「……ふふっ」

兄「…あ……う……」

姉「言葉に出すことは大事だよ。ありがとう」

姉「…だから、それが本当かどうか、確かめさせて。……ねっ?」

570 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 00:36:33.93 ID:jl9sS4N40
姉「聞こえるよ…兄ちゃんの、心臓の音」ペロペロ

兄「うぁ…うっ…ち、乳首舐めながら聞かないでっください…」

姉「なんで?舐められて喜んでる音するよ」

兄「っく…あ…、た、たしかに気持ちいいですっけどぉっ」

姉「じゃあ、いいよね…んっ…んっ」チュッチュウ

兄「うぅ…す、すわないでくださいぃぃっ!」

姉「それ嘘だぁー」

兄「うぅう…」

姉「さっきの、セックスしたいって、言ったときの顔すっごくよかったよぅ?」

姉「本気でセックスしたいって、顔に書いてあったよぅ?」

兄「うぅうぅううぅっ。今になってみてはずかしいぃい」

姉「いいこといいこと。そういうもんだって。兄ちゃん正直者だから、お姉ちゃんサービスしちゃう」レロレロ

兄「うぁっ…ち、乳首って…こんな感じるものだったんすか…っ!?」

姉「おねーさんがうまいだけー♪」

572 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 00:43:41.33 ID:jl9sS4N40
兄「…ぐぅ…っ…」

姉「そろそろ、下も舐めてあげるね」

兄「あっ、ま、待ってください」

姉「ん?」

兄「そ、その…俺、まともなセックスってしたことなくて」

兄「なんっつーか…まともなセックスがやりたいって…あああこれ意味不明だァぁっ!」

姉「…ほんっと兄ちゃんおもしろいねぇ」

姉「じゃあ、69しようよ」

姉「…二人で、お互いを愛し合おうよ」

兄「二人で…お互いを…」

姉「うん」

574 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 00:55:35.11 ID:jl9sS4N40
姉「…兄ちゃんが気持ちよくなったら、その気持ちよさを私に向けるの」

姉「私が気持ちよくなった分も、兄ちゃんに向けるから…」

兄「わ、わかりました」

姉「じゃあ、舐めるね…んっ」ペロッ

兄「うあっ…っく…、お、俺も」ペロッ

姉「あああっ…いいよぅっ…はぁ、はぁっ」ペロペロ

兄「そ、そんな亀頭ばかっかり舐めないでっ…ううぅうっ」ペロペロ

姉「やぁっ…んっ…んっんっ…んっ…はぁっ…おしひぃ…」

姉「兄ちゃんのおちんちん、おししいよぅ…んっんんっ」

兄「うぁっ…き、きもちいぃ…お姉ちゃん気持ちいぃ…。お姉ちゃんもっ、気持ちよくなって…っ!」

姉「ああぁっ!ああっああっんんっんんーーぅっ!す、すごぃぃっ!気持ちいいよっ、おまんこ舐められてっんんっ」

兄「うぁっ…熱いのに包まれっ…すごい、すごいですっ…」

姉「んっんっんっきもち、きもちいぃー。きもちーぃんっんっ」

兄「うぁっんっ…んっ…はぁっはぁっはぁっっ!」

575 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 01:07:41.42 ID:jl9sS4N40
兄「これっ…すご…すごい…っ…姉さんのフェラっ…すごっんんんっ」ペロペロ

姉「んぁっあああっ!き、きもちいぃ、きもちいいよぅうんんっ!兄ちゃんのクンニもすごぃっ」

姉「あっ…んんっお、おちんちん…おっき…おっきぃ…んっんっんっんんんっんっ」ジュプジュプ

兄「ぐぁっふぁあぁっっ…す、すいすっぎぃっ…ぐああっ」

姉「ふぁっ…ふぁっ…んっんっんっんっんぁっああっ…んふぁっ」

兄「すごぃですよ…お姉ちゃんのおまんこ、ぐちょぐちょで、すっごくいいやらしくってっ…もっと感じてっ!」

姉「ああああっ!おまんこに舌はいってくるぅううぅっ!!…き、きもち…きもちぃいいいんっんっんっんっんっんっんっ!!」

兄「んぁっ…んあああっ…はやすぎっはぁっ…はぁっはぁっ」

姉「ふぁっ…んんっ!!ぷはぁっ…舌…おまんこに出入り…きもちぃぃぃいいいっ!ふぁっ…」ガクガク

姉「すごぃぃっ!すごいよぅうううっ!だめもうおちんちんもっともっと気持ちよくなってぇええっ!!んんっんふっんんっぐんっんっ」ジュポジュポ

兄「……っ…はぁっ…」

578 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 01:16:41.42 ID:jl9sS4N40
姉「んんっんんっんんんっふぁっ…おっき…おちんちんおっきひぃ…」

兄「…クリトリス、剥きますね」チュプ

姉「んぉ…っ…や、やぁっだめっ…ああああっそこ弱いっ弱いのぉおおおっ!!」

姉「あっあっあっあっあああああっ!お、おちんちん、おちんちんもっとなめるぅっ!んんっんっんっんんんっんんっ」ジュプジュプ

兄「ぐぅっぁ…も、もっときもちよく…」ペロペロ

姉「ふぁっふあああっ…これすご…クリトリスペロペロすごぅっ…あああっ」

姉「あああっも、もうだめ!もう駄目もうだめぇええっ!」

姉「んひっ…ぃ…お、おちんちんっんんっ!おちんちんほしい!おまんこにほしいぃぃぃいいい」

兄「うあっ…お、俺も…お姉ちゃんのなかに…い、いれたいっ!」

姉「挿れてっ!兄ちゃんのガチガチチンポ、私のぐちょぐちょマンコに突っ込んでっ…!」

兄「挿れます…っ…お姉ちゃんの中で…鎮めてくださいぃっ!!」

582 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 01:25:22.86 ID:PHETb9lr0
兄「す、すごいぬるぬるしててっ…うぅ…っあああっ吸い込まれてくっ!!」ジュププッ

姉「ひぁあああっ熱い熱い熱いぃぃいぃいっ!!!」

姉「どんどん熱くて固いのが、私のおまんこっおまんこのなか入ってくるっ!!」

兄「うああああっ、お、奥までいれますっ!お姉ちゃんのおくまでぇっ!!」

姉「あっあああああああっ奥きたっ、きちゃったぁっ!!兄ちゃんのおちんちん、私の子宮の入り口に当たったぁっ!」

兄「お、奥…すごい、熱くうねってる…じっとしてるだけで、でちゃいそう…ですっ!」

姉「動いて動いてっ!激しく私の奥突いてぇ!!おまんこめちゃくちゃにしてっ!!」

兄「んっ…お姉ちゃんっ…お姉ちゃんっ…ぐああああっ、俺の動きに合わせてうねりがかわるっっ!!」

姉「ああああっ、うごいてる…すっごいぃいい!兄ちゃんのチンポ、私のなかでジュポジュポピストンしてるぅっ!」

姉「すごいすごぃいいいっ!きもちいい、きもちいいよぅ!兄ちゃんもっ、兄ちゃんも気持ちよくなってる?」

兄「気持ちいです。すっごく気持ちいいですっ!お姉ちゃんのなかすごくいいですっ!最高ですっ!」

姉「ゆきずりちんぽ…っ。ほんとは入るはずのなかった、チンポっ…。私、昨日会ったばっかりの男の人のチンポ、オマンコにくわえてるぅうっ!」ガクガク

585 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 01:35:16.71 ID:PHETb9lr0
兄「お姉ちゃん…幸せですっ…すっげえ俺…こんな風にセックスしたの初めてでっ!すげぇ…気持ちいいですっ!!」

姉「ほんとっ!?きもちいいっ!?私もきもちいいよぅ!兄ちゃんの気持ちいいの、私にちゃんとぶつかってるよぅっ!!」

兄「うれしいっ、うれいいですっ…もっと、もっと気持ちよくなってくださいっ!」

姉「すごいよっ…すごぃ…兄ちゃんのおちんちんすっごくガチガチでっ…!すっごく感じちゃうぅっ!」

姉「おまんこすっごい喜んでるよっ。兄ちゃんのおちんちん最高だって、頭にひびかせてるよぅっ!」

姉「ああああそこだめそこだめぇええええっっ!!そこ弱いのっ、その角度ついたらぁあっ!!!」

兄「あああっ!し、絞まるぅっ…」

兄「うああああこ、これ、気持ちよすぎて腰、止まらないっ…止まれないですっ!」

姉「しんじゃうしんじゃぅううぅっ!変になっちゃうよどうにかなっちゃうよぉっっ!!精子欲しくておかしくなっちゃうよぅっ!」

兄「こ、このままじゃ中にだしちゃいっ…ます…ああああっ腰止まらないきもちよすぎるっぅつ!!」

姉「いいよっ、いいよっ…中に出して!兄ちゃんの真っ白であっついザーメン、私のおまんこに全部ちょうだい!」

587 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 01:45:36.55 ID:PHETb9lr0
兄「ほ、ほんとに出す出すよ、お姉ちゃんの中に全部…ぅうああああああああっ!!」

姉「やっっ!!すご、激しい激しいぃいぃいいい激しすぎもう駄目イクイクイクイクッいっちゃうよぅううっ!」ガクガク

兄「出すっお姉ちゃんっ……全部、全部受け止めてぇっっっ!!!うああああっあぐああっ」ビュッビュ

姉「ひあぁっあちゅぃっ!おまんこにザーメンっ!ザーメンあちゅぃっぃいぃいいいぃクイクイクイクッ!!」

姉「イクゥウウウウウウッッッッ!!!」ビクッビクッビクッ

兄「ぐあっまだでるっ絞りとられっああああああっ」ガクガクガク ビュッビュッ

姉「あああっ、まだ出てるっ!子宮にまでとどいてるぅぅうっ!!!ひぁっあああああっあああっんんんん----っ!」ビクビクッ

姉「ふああああっ…中だし…ゆきずりちんぽに中だしぃぃぃい…きもちい…ちんぽみるくあつい…きもちー…」ビクンビクン

兄「絞まるっ…うあああっ……はぁっはぁ…」

姉「しゅごかったよぅ…兄ちゃんのおちんちんきもちよすぎ…なかだしぃ……いい……おまんこせーえきまみれ……」ビクンビクン


591 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 02:04:04.35 ID:PHETb9lr0
姉「……はぁ……はぁ…よかったよぅ…兄ちゃん」

兄「お姉ちゃん……」ギュッ

姉「…なによぅ、胸に抱きついて…。赤ちゃんみたい」

兄「俺…すっごく、情けない」

兄「情けないし、最低だよ…」

姉「…どうしたの、急に」

兄「……」

姉「ん?」

兄「俺…逃げてきたんです…。俺の気持ちを分かってくれない…考えてくれないって」

兄「…でも、間違ってた」

兄「分かったんです」

兄「はずかしいけど、お姉ちゃんとセックスして、ちょっと、分かったんです」


594 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 02:13:59.52 ID:PHETb9lr0
兄「あの娘たちは、すごく真剣に、俺に気持ちをぶつけてきてたんです」

兄「彼女達なりのやり方で、ちょっと不器用かもしれないけれど、俺のことを想う気持ちをぶつけてくれてたんです」

兄「なのに…俺は…俺は…」

兄「自分の正直な気持ちを言葉にすら出さなかった」

兄「自分の心に壁を作っていた」

兄「…だから、必死で伝えようとしてた彼女達の想いを、理解してあげることができなかった」

兄「……なんて」

兄「おれ、なんて、情けないんだろう…。逃げればいいと、思ってた…」

姉「…兄ちゃんは偉いよ。本当に逃げてる人は、振り返らないよ」

姉「ちゃんと、相手の心に報いようと思ってたんだよね?…それができなくて苦しくて、耐えられなくなったから」

姉「ちょっとだけ、遠回りしちゃっただけなんだよ」ナデナデ

兄「お姉ちゃん…ありがと…」

兄「俺…明日、帰ります…」

597 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 02:21:24.59 ID:PHETb9lr0
姉「…その娘たち、うらやましいな」

兄「…えっ」

姉「なんてね。兄ちゃんにそこまで真剣に想われる娘だもん…会ってみたいな…って」

兄「……」

姉「さびしくなるなぁ。せっかく晩酌の相手が見つかったと思ったのに」

兄「ごめんなさい」

姉「謝らないでよ」

兄「…はい」

姉「…ねぇ」

姉「もし、人がテレパシーを使えたら」

姉「想いがすれちがうこともなくなるのかな」

兄「……」

姉「なんてね。…今日は、このまま寝ちゃお。。一緒に寝よ…」

兄「…お姉ちゃん、あったかい…」

姉「兄ちゃんも…あった…かいよ…」

601 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 02:36:37.86 ID:PHETb9lr0
 朝・田舎町・駅

兄「わざわざ送ってもらっちゃって…ありがとうございます」

姉「いいよ。だって、兄ちゃんが道に迷って、またのたれ死んだらやだもん」

兄「いやまだ死んでませんから」

姉「……あはは。さよなら、だね。ほんとにゆきずりになっちゃった」

兄「また、あいに来ま」

姉「だーっめ。もう、私なんかのことは忘れていいの」

兄「…じゃあ」

兄「次は俺の家に来てください。…お姉ちゃんさえ、良ければ…ですけど」

姉「……あははっ…。か、ん、が、え、と、く。ねっ」

兄「待ってますね」

姉「私もね…ほんとは、毎日毎日この町のお年寄りの相手してて…。結構ね、疲れるんだ…これが」

兄「…お仕事…ですか。ほんとに、俺はお姉ちゃんのこと全然知らなかったんですね…」

姉「いいって事よ。お互い様でしょ?…若い子に飢えたら、遊びにいってやるよ!」

兄「はいっ!」

603 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 02:46:52.59 ID:PHETb9lr0
 「まもなく…一番線に…」

兄「あっ…」

姉「じゃ。そいうことで」

兄「いっぱい…色々…教えていただいて、ありがとうございました」

兄「一生、忘れません」

姉「ばいびー」

兄「……いっちゃった」

兄「…俺も、あんな大人になれるかな」


姉「…やっぱり、言葉を尽くしても、肌を重ねあっても」

姉「相手にわかってもらえない事もあるんだよ」

姉「たとえ、私たちがテレパスでも。さ」

604 名前:一気に臭くなってごめんね気に入らなかったら落として[] 投稿日:2009/11/25(水) 02:51:49.91 ID:PHETb9lr0
 自宅前

兄「帰ってきた。俺の生まれ故郷」

兄「俺の気持ち。伝えよう。考えてもらおう。分かってもらおう」

兄「…妹」

兄「まずは、君からだ」


兄「ただいま」

606 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 02:56:36.94 ID:PHETb9lr0
チンチンシュッシュして寝ます

ごめんねーすなーおじゃなくーて♪



668 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 20:32:29.31 ID:PHETb9lr0
 自宅・玄関

兄「ただいま」

兄「…父さん…母さん……」

兄「…妹……?」

兄「……」

兄「いないのかな…」

兄「……妹のお気に入りの靴だ」

兄「部屋か…」

672 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 20:36:43.10 ID:PHETb9lr0
 コンコン

兄「入るよ」

妹「え」

兄「…妹」

妹「えっ…えっ……えっ!!」

妹「おにぃ…ちゃん……っ!」

妹「おにいちゃんおにいちゃンおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃん!!!」

妹「うわぁああぁっぁぁぁああああああんん!!!」

妹「ばかっ!!ばかばかばかばかばかぁぁぁっっ!!」

妹「ぁああああぁぁあああ!!」

兄「…ごめん」ギュッ

妹「いっちゃやだいなくなっちゃやだおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃんっ!!」

兄「……」

674 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 20:45:18.10 ID:PHETb9lr0
妹「うっ…うぅうぅぅぅっ……ひどい…ひどいよ…」

妹「しんじゃ、…っ!死んじゃったかとっ…ぉおっ!」

兄「……」

妹「もぅずっと…ずっとずっと心配で…ずっと泣いて…学校なんか行けなくってっ!」

妹「どうしてっ!なんで!って…ずっとずっとずっとずっと!!ずっと待ってたんだからぁぁっ!!」

兄「ほんとに、ごめん」

兄「…もう、逃げない」

兄「逃げないから」

妹「いいの、いいっ…おにいちゃんが居ない事にくらべたらっ…いいのっ…全部、全部いいのっ」

妹「どうだっていいの…おにいちゃんが、居てくれれば…いいの…」

兄「…妹」

兄「……」

兄「…俺、女さんと、セックスしたんだ」

679 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 20:55:15.20 ID:PHETb9lr0
妹「……」

兄「ごめん」

兄「…ごめん」

妹「…やっぱり、…やっぱ、り…そう、だった…んだ」

兄「…?」

妹「おにいちゃんが、居なくなってから…女さんが友ちゃんと来たの…」

兄「……」

妹「おにいちゃんどうしてるのかって…」

妹「ほんと、…ほんと、嫌な奴。すっごくムカついた。最低だよ!あの女って奴!」

妹「なんなの?おにいちゃんを自分のものだとでも思ってるのかなぁあの人」

妹「おにいちゃんは…おにいちゃんはっ、わたしのものなのにっ!」

妹「友ちゃんがあいつの妹だなんて知ってたら!友達になんかなんなかった!!」

妹「ほんと………もう……嫌っ……嫌……いやぁ……」

妹「…なんで?どうして…どうしてあんな奴らに…わたしっ……いやぁああぁあっ!!」ガタガタガタ

兄「っ!妹…!?何があった!?」

683 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 21:03:40.69 ID:PHETb9lr0
 兄失踪2日目 校舎裏の裏

妹「ねぇ…用事って何かな…。わたし、ちょっと元気なくて」

友「いいからいいから」

妹「……」

友「用事があるのはねぇ、私のお姉ちゃんの方なんだよねっ」

妹「お姉ちゃん、居るんだ」

友「あれぇー、言ってなかったけ」

妹「……」

友「おっ、来た来た」

女「……」

妹「え…」

妹「女……」

女「こんにちは」

妹「……」チッ

685 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 21:14:03.99 ID:PHETb9lr0
女「兄くん…どうしたのかな?昨日も今日も、学校に来てないみたいなのよね」

妹「気安く兄くんとか呼ばないで」

女「……なんでかな」

女「わたし、兄くんの彼女だよ?」

妹「…は?」

妹「とっくの昔に別れたでしょ?頭大丈夫?」

友「おぉー、妹ちゃん怖いよ。ちょっと抑えて、抑えて」

妹「うるさいっ!!調子乗んな黙れ!」

女「…また、よりをもどしたんですよ」

女「妹さんは知らないかもしれないけど」

妹「嘘っ!!嘘嘘嘘嘘っ!!」

女「…何を言っても信じないでしょ、あなた」

妹「信じるもんかっ!おにいちゃんは…おにいちゃんはぁっ!!」

女「…あなたに分かってもらおうと思ったら、いくら時間あっても足りないわね」


687 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 21:22:04.33 ID:PHETb9lr0
女「…兄くんが今どうしてるのか心配なのよ。今日の用件はそれだけ」

妹「お前なんかに言うか!」

女「…ほんと」

女「かわいそう」

妹「…何?」

女「どうして妹に生まれてきちゃったのかしらね」

妹「ころす」

友「すとーっぷ」グイッ

妹「は、はなせっ!このっこの裏切り者っ!!死ねっ死ね死ね死ねっ!!」

友「親友に向かって死ねはないでしょ」

妹「誰がっだれがぁぁぁっ!」

女「…どう手を尽くしても、兄くんの行方が分からないんです」

女「知ってるとしたら、あなた。…教えていただけないとなると…」

688 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 21:31:14.73 ID:PHETb9lr0
女「これを、入れさせてもらいます」スッ

妹「……な、なに、それ」

友「あはは。ちょっと地面に伏せてもらおうかな」

 どすっ

妹「きゃっ」

女「以外としおらしい声出すんですねぇ」

友「おーけー。もう妹ちゃん動けないよ」

妹「な、なにっ!!なんなのよ!っく!やめなさいぃいっ!!」

女「…兄君の居場所。教えてください。さもないと、この下剤を…」

妹「げざっ……」

女「ウンチまみれになって、おうちに帰っていただくことになりますね」ニコッ

女「…あ、あと記念撮影もしておきましょうか」ジーーーーッ

妹「(ビデオ…カメラ……)」

696 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 21:38:19.79 ID:PHETb9lr0
妹「こ、こんなことしてっ!こんなことしてぇぇっ!!」

女「なんとでも言ってください」

女「兄くんの為なら、鬼にでも悪魔にでもなります」

妹「おにいちゃんはぁっ!お兄ちゃんは私のことが大好きなんだっ!」

妹「お兄ちゃんは私のものなんだからっ!私がこんな目にあって喜ぶはずないんだから!!」

女「兄くんは私のものです」

妹「違う違う違う違う!!私のものだぁ!!!」

妹「だってだってだって!!」

女「目的の為に、手段は選ばない」

女「…それが、愛する人の為ならなおさら」

妹「……っ!?」

女「…さ、教えてください。私もほんとはこんなことしたくないんです」

699 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 21:48:14.49 ID:PHETb9lr0
妹「…か、風邪で寝込んでるっ!」

女「あなたの家に居ないから、聞いてるんですけど」

妹「えっ…なにそれ…どういう」

女「……」ビシッ

妹「…ひっ!?」

女「嘘ついた罰です。ちゃんと、正直に言ってくださいね」

妹「……」

妹「…言わない」

妹「絶対に言わない」

妹「お兄ちゃん言ってた。女さんには飽き飽きだって。もう会いたくないってさ!」

女「……」ビシッ

妹「っ!」

女「……」ビシッビシッビシッビシッ

妹「しっ…つこくっ…っ!…って…きもち…っっ!!わるいっ……っってぇっ!ひぎっ…っ!」

女「……」ビシッビシッビシッビシッ


702 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 21:56:10.90 ID:PHETb9lr0
妹「……う……ぁ」ガタガタ

友「…お姉ちゃん、ちょっとやりすぎちゃったんじゃないかな」

女「兄くんは…わたしの…」

女「……」ピラッ

女「ガキくさいパンツ」グイッ

妹「…やぁっ!?何やって!」

友「あららー。丸見えだね」

女「汚いケツ」

女「…とりあえず、一つ目」

女「…肛門にねじこんであげる」

妹「いや…っいやぁあああっ!!!」

706 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 22:02:30.43 ID:PHETb9lr0
妹「はいらないっ!!はいらないぃいっ!!」

友「大丈夫だよー。下剤くらい入るって。おちんちんだってはいるんだよー?」

女「……」ズズッ

妹「ひぃっ!お、おしりぃいぃっ!お尻のあなっ!!ひろが……いやっいやああっ!!」

妹「あ……あ……あああ…」

友「けっこうすんなり入ったじゃん。もしかしてお尻の才能あるんじゃない?」

妹「あ……ああ…いや…おに…ちゃん」

女「もう一本」

妹「やだやめてっ!もうやだぁああっ!!」

友「だめだって。おとなしくしてなよ」

妹「いやあああああああああああああっ!!」

710 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 22:11:36.10 ID:PHETb9lr0
妹「おに……おに…ちゃ…」ガクガク

友「結局何本入れたの?」

女「12本」

友「こりゃうんちもらすのも時間の問題だねー、妹ちゃん」

妹「はは…あははは」

友「…頭いかれちゃったかな」

妹「ふふっ。ああははははははっ!」

妹「いいこと教えてあげる!」

妹「お兄ちゃんってね、すっごいドMなの!知ってた?苛められて感じちゃうんだよ!」

妹「おしっこかけられて興奮するし、アナルにバイブ入れられて感じてるし!」

妹「だから私が苛めてあげないとだめなの!お兄ちゃんは私だけを必要としてて!!」

友「ぷっ……」

女「…ふっ…ふふふふふ」

妹「だ、だから…だから……………………………」

714 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 22:22:20.36 ID:PHETb9lr0
女「…その話、本当だったらいいわね」

友「そんな妄想狂だったなんて、知らなかったよ妹ちゃん」

妹「…うっ……うううっ……」

女「兄くんを、変態よばわりした挙句…シスコンだとか…」

女「悪あがきもいいとこね」

女「…ほんっと、今ここに兄くんを呼んで、ウンチまみれになっていくあなたを見せてあげたいわ」

妹「……ひっ」

女「ほーら、はじまった」

妹「いやあああっ、トイレっ!!トイレ行かせてっ!!!」

友「だめだよ、妹ちゃん。じごーじとく、だって」

妹「おなかっ…くるしっくるしくるしくるしぃいいっ!!やあああお尻くるしいいいいっ!!!」

女「……この映像、業者に売れますかね」

友「こんなの好きな人いるのかなぁ」

妹「あ、ぃぅっ……でちゃ、でちゃうっ……やだやだもらしちゃうやだあああうんちやだぁあああっ!!!」

718 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 22:31:52.68 ID:PHETb9lr0
妹「……んんんっ……いぎっ…ぎぎぎっ…」

友「おーっ、肛門すごい痙攣してる」

妹「あ゛っ…あ゛あ゛ぁっ…がっ…ひぎっ…ぃいっ!!」

妹「だめもぅむりぃいいっ!!」ブビビビビビビビボボッ

妹「うあぁあああもらしてるうひいいいいいぃぃいぃもらしちゃってるうんちぃいいいっやだやだあああ!!!!」

友「うはー。びちぐそ大量~♪」

妹「ひっっぃいいいいいっ!!うんちっうんちうんちとまんないぃいい!」ブビビビビビビッ

妹「やぁあっ!!かかっちゃってる!!おしりにっ!!足にっ!!熱いうんちかかっかっちゃってる!!}

妹「やだきたないきたないぃいいっ!!とまってとまってうんちとまってぇええっ!!」

妹「むりっ…!!むりぃいいい肛門しまらないぃいっ!!とまんないぃいいいっ!!」

妹「ぜ、ぜんぶでちゃ…おなかのなかのものっ…ぜんぶでちゃっ!!!」

妹「とまってっ…あああっ、やだああうんちぃいいいぃいいい!!!」

妹「うんっちいぃいいっ…っ……はあぁぁぁあああっっ」ビクンビクン

721 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 22:39:56.17 ID:PHETb9lr0
妹「あ……あ……うんち………もらし…うんち…」シャァアアアア

友「うぁ…おしっこまでだしてるよ」

女「…臭」

女「…大サービスで、パンツはかせてあげるね」

妹「…ふひいぃっ」ガクガク

女「あは」

友「うあー、これから友達やってけるかなぁ。さすがにキモイよ妹ちゃん」

妹「おま…んこ…おまんこうんちまみれ……や…やぁ…」ガタガタ

女「さ、帰りましょ」

友「そうだね」

女「…こんな人に兄くんの事を聞いたのが間違いでした」

友「じゃあね、妹ちゃん」

妹「おに………ちゃ……………」

726 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 22:50:32.01 ID:PHETb9lr0
 妹の部屋

兄「…どうしたっていうんだ」

妹「…な、なんでもない。なんでもないの…。ほんと、なんでもないから!」ガタガタ

兄「……」

妹「ねぇ…お兄ちゃん」

妹「さっきの話……ほんとなの?」

妹「あいつと…女とセックスしたの?」

兄「した」

妹「……」ブルブル

妹「なんで…なんで……おにいちゃんまで…わたし…わたし…あ…なんで…」ブツブツ

兄「…ごめん」

兄「でも、聞いて欲しい」

兄「真剣に…真剣に、本当の気持ちを言うから…」

兄「お願いします」

731 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 22:57:37.28 ID:PHETb9lr0
妹「聞きたくない!!聞きたくない!!何にも聞きたくなないぃいっ!!」

兄「頼むっ!!」

妹「うるさいいいっ!!」ゲシッ

兄「ぐあっ」

妹「おにいちゃんなんて大っ嫌い!!あんな…あんな女と…あんな女とぉおっ!!」

妹「許さない…許さないよ…」

妹「おにいちゃんは私だけのものなんだからっ!!裏切った…お兄ちゃんは裏切った!!」

妹「許さないっ!!!」

兄「聞いてくれ!!俺は、妹のことが大好きだけどっ!!」

妹「なによっ!!!だけどなんなのよっ!!」

妹「知ってるんだから!!お兄ちゃんがいなくなったのも、そうやって今更真剣に話そうとか言い出すのも!

妹「全部…全部女のせいっ!!!」

732 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 23:05:29.24 ID:PHETb9lr0
兄「……妹、それは違っ」

妹「いいよ、あんな女の肩持つお兄ちゃんの言葉なんか、聞きたくない」

妹「ききたく……ない……」

兄「…妹」

妹「……」

妹「…もぅ、わたし…この世界いらない」

妹「この人生、いらないよ」

妹「いらないよ…兄さん」

男「…っ!?」

妹「さよなら。兄さん」タッタッタッタ

男「い、妹っ、まてっ!!」ダッ

男「っく…!!」

男「おねがいだっ…まってくれ、まってくれっ!!」

738 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 23:16:35.81 ID:PHETb9lr0
 夜。○○公園

友「……はぁ……寒い」

友「コンビニまでこの公園通ると近いから、いつも通るけど…暗いし…人通りないし…怖いんだよね」

友「それにしても、おにーさん、どこ行ったんでしょうねぇ」

友「…不慮の事故…遭難……事件に巻き込まれたとか…あとは、拉致……はないか」

友「万が一の事があったときの、お姉ちゃんの反応…見たくないなぁ…」

友「それに……私の、処女あげた人だし………」

友「……」

友「はぁ……」

友「妹ちゃんに、やりすぎちゃったな……学校来なくなっちゃったし……」

友「お姉ちゃん…おにーさん……妹ちゃん……」

友「わたし……」

妹「動かないで」

友「え」

妹「包丁。見えるかなぁ?いつでもあなたの首…掻っ切れるね」

743 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 23:23:20.96 ID:PHETb9lr0
友「い、いいいい…いも」

妹「だまろっか?」

友「んっ……」

妹「この前はお世話になったね、友」

妹「すっごく感謝してるよ」

妹「おかげで、全部吹っ切れた」

妹「あきらめついたよ」

妹「ありがとね」

友「……」ガタガタ

妹「…怖い?」

友「……」コクコク

妹「大丈夫。痛いのって、一瞬だと思う」

妹「…これから生きていく苦しみに比べたら、きっと……………ね?」

友「ひっ……」

749 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 23:33:16.94 ID:PHETb9lr0
 女宅 

女「…兄くん兄くん兄くん兄くん兄くん兄くん兄くん」

女「どうか…どうか兄くん……兄くん…戻ってきて…」

女「兄くん……せつない…すごく、せつないんです……兄くん……」

女「兄くんのためならどんなことでもする…どんなことでもした…」

女「…でも、兄くんは私を置いてどこかへ…」

女「…今、無事なの…?」

女「それとも、私が嫌だったの…?」

女「私の愛…感じてもらえなかったの……?」

 ブーッブーッブーッ

女「…友からメール?」

女「…○○公園まで迎えに来て」

女「どうしたのかしら…」

752 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 23:43:05.79 ID:PHETb9lr0
女母「こんな遅くにどこいくの?」

女「ちょっと○○公園まで妹を迎えに行ってきます」

女母「気をつけるのよ」

女「はい」

女「……」


 ○○公園

女「……友…どこかしら」

女「しかし……相変わらず薄気味悪い公園ね」

 ブーッブーッ

女「メール……友からね。呼び出しておいていないなんて…」

女「障害者用のトイレに来て……」

女「兄くんとはじめてした場所……」

女「友……」

756 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/25(水) 23:52:32.47 ID:PHETb9lr0
女「……ここね」

 ガラッ

女「え」

妹「こんばんは。女さん」

友「おねっ…む…むぐ…ぐぐっ」

女「友!!」

妹「友ちゃんには、便器に縛り付けて下剤を入れてウンチまみれになってもらっています」

女「…なんてこと」

妹「女さんと友ちゃんが、私にしたことですよ?」

女「……それはあなたがっ!!!」

妹「あ、騒いだり動いたりしたら、この包丁が友ちゃんの首に刺さっちゃいますから」

女「……くっ」

760 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 00:01:28.40 ID:QJpF8ewm0
女「……」

妹「いいですね。以外と素直なんですね」

妹「ひとつ、いいことを教えてあげます」

妹「兄さんは死にました」

女「……っ!?」

友「…!?」

女「…う、……うそ!!!」

妹「うるさい」スッ

友「…ひっ」

妹「ガタガタいわないでください。さっき私が殺したんです」

妹「ずっと行方不明だったし、もう覚悟できてたでしょ?」

女「み、見つかってもいない兄くんをどうやって殺したって言うのよっ…冗談にもっ…ほどがっ」

妹「声、震えてますよ?」

女「……え…あ……」

妹「帰ってきたから、殺したんです」

765 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 00:12:34.91 ID:Ol0z+a8w0
女「……しんじない…しんじない」

女「そんなはず…そんな…」

妹「まぁ、信じてもらえなくてもいいんですが」

妹「よく聞いてくださいね。大事なところです」

妹「兄さんを私が殺したのは、あなたたちのせいです」

妹「あなたたちが、私に兄さんを殺させたんです」

妹「つまり、あなたたちが、兄さんを殺したんです」

女「……なに、なにそれ…あなた、だ、だいじょう…ぶ?頭…おかしくなって」

妹「……」テクテクテク

女「ち、ちかよらないでっ」

妹「動かないで」スッ

女「…ヒッ」

妹「これで、いつでもあなたを殺せます」

女「……うそよね……兄くん…無事…ぶじよね…嘘って…うそって言って…いいなさいよ……」

妹「兄さんのカタキ」

770 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 00:22:49.02 ID:Ol0z+a8w0
女「あっ…あぁっ!こ、この包丁…まるで新品みたいにっき、きれいっ」

女「あなたがいってることがほんとならっ…血っ…ついてるはずっ」

妹「これは兄さんを殺した包丁とは別の包丁です」

女「じゃ、じゃあっ、あなたの服っ。か、返り血がな、ないわ」

妹「着替えてきました」

女「あ、あにくんはっ!あにくんをどこに…っ!!}

妹「台所で倒れてますよ」

妹「あなたにかぶれた兄さんが、私を洗脳しようとしてきたので、心臓に包丁を突き立てました」

女「……っ」

友「……」

女「あ、あっ…ああああっ!!」ダッ

妹「逃げないでください」ゲシッ

女「ひぃっ!」ドサッ

772 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 00:32:17.38 ID:Ol0z+a8w0
女「……でも、まだ生きてるかもしれない…生きて…」

女「はやく、はやくいかなきゃ」

妹「無駄ですよ」

女「……」

妹「死後何時間経ったと思ってるんですか…。まぁ、何よりあなたをここから出しませんけど」

妹「……ふふ」

妹「…わたし、分かったんです」

妹「兄さんの居ない世界が、どんなにむなしいかを」

妹「兄さんが、他の誰かのものになってしまう世界の、むなしさを」

女「……」

妹「あなたも、兄さんが好きなら分かるでしょう!!」

妹「私は兄さんが好きだった!!!!」

妹「大好きだった!!!!!!」

妹「だから……あなたも…兄さんも……この世界すべて……」

妹「だいきらい」

777 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 00:42:11.47 ID:Ol0z+a8w0
女「…あ……うぅ……ぅ……」

妹「あなたも泣くんですね」

女「だって……わたしも…好き…すきなの…兄くんが……」

妹「……」

女「うん……分かる…わかるよ……あなたのきもち、わかるよ…」

女「でも…わかんない!…わかんないの!!」

女「気持ちがわかってもわかんない!!」

女「許せないっ!!!!!」

女「許せない……」

妹「……お互いがお互いを許せない」

妹「不毛…」

妹「あはは」


779 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 00:49:28.81 ID:Ol0z+a8w0
妹「むかし、偉い哲学者が言ったそうです」

妹「不寛容は、不毛しか産まない」

妹「不寛容さえなければ、人はお互いに幸せで居られると」

女「……」

妹「…そういう世界なら、私は……」

女「……あに…くん……」

妹「そろそろ…さよならしましょう」

妹「…このせかいに」

妹「おにいちゃんに、許してもらおう?」

女「……あにくん……ごめんね……」

妹「……」

妹「……じゃあ、」

781 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 00:59:29.27 ID:Ol0z+a8w0
 ガラッ

兄「妹っ!!!」

妹「…ね」シュッ

兄「っ!!!!」バシッ カランカラーン

妹「あっ」

妹「あ………あぁ……」

女「……あっ…あああ……あに……く……」

妹「あ…………あぁっ………なんで…なんで……」

兄「はぁっ……はぁっ……」

兄「…妹」

妹「…にいさっ…に、にい…っ!……わ、わたしっわたしいいっ!!」

兄「俺は皆好きだ!!!!!」

妹「っ!!」

女「!?」

友「……っ?」

794 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 01:15:27.96 ID:Ol0z+a8w0
兄「もう逃げないし、嘘はつかない。本心で話す…だから、聞いて欲しい」

妹「……」

女「…兄くん…いきて……」

友「…ふがっ…ふがふが」

兄「……あ、あれ友ちゃん…うあ!なにこれすご!!」

友「みにゃいえーーっ!!」

兄「い、いますぐ、ほ、ほどく…まず掃除もしよう!」

妹「なんでよ!!!!」

兄「……っ」

妹「……私以外の人に…なんで…なんでやさしくするの?」

妹「なんで私以外の人を好きとか言うの!!!!」

兄「…俺は、妹だけの俺じゃないんだ」

妹「……」

800 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 01:24:51.68 ID:Ol0z+a8w0
 10分後

友「なんとか綺麗に…ありがとう…ございます…おにーさん…」

兄「うん」

妹「…ヒック…っ…ヒッ…ううぅっ…」

女「兄くん…生きてた……なんで……?」

兄「え?俺死んでた事になってたの?」

女「えっ」

妹「…全部……あんたを絶望させるための嘘だよ…嘘だったんだよ…」

妹「でも、こんなことになるなら…ほんとに」

兄「殺しておけばよかったか?」

妹「……」


802 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 01:31:29.47 ID:Ol0z+a8w0
女「でも、どうしてここが…」

兄「妹が家から出て行って、色々探し回ってたんだけどな。女さんの家に伺ったら女さん○○公園に行ったって言うから」

兄「もしかしたら…ってね」

妹「……あはは」

妹「……なんにもうまくいかないなぁ」

妹「あのね、兄さん」

妹「…何を言っても無駄だよ」

妹「もう、兄さんはわたしのものじゃないんだから…もう、無駄だよ」

兄「…あのな」

兄「俺、君らに教えられたんだ」

兄「人の、愛し方を」

809 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 01:41:27.17 ID:Ol0z+a8w0
妹「…なにそれ」

兄「俺のこと、すっごく想ってくれて。その想いをおもいっきりぶつけてくれていた」

兄「前は、それがすごく辛かった」

兄「なんて自分勝手なんだろうって。なんで、俺の事を考えてくれないんだろうって。」

兄「…君らのことを、許せなかったんだ」

妹「……」

女「……」

兄「…でも、分かったんだ」

兄「許せないのは、君らのせいじゃない」

兄「俺のせいなんだって」

兄「妹と、女さんが、想ってくれてるってことを、分かろうとしなかった俺のせいなんだって」

810 名前:一応このストーリー安価なんだけど[] 投稿日:2009/11/26(木) 01:47:21.92 ID:Ol0z+a8w0
おまえらこのままハーレムにしてセクロスすんのと
兄に死んでもらってうわあするのと

どっちがいいんだよ

どうでもいいけど

818 名前:聞いてみただけ(^q^)[断線しやがった] 投稿日:2009/11/26(木) 01:58:22.28 ID:Ol0z+a8w0
兄「…だから、その想いに、俺も応えたいって思えるようになった」

兄「君らが想ってくれているように、俺も、これから君らを想う」

妹「……えっ」

女「……それって…」

友「……」ゴクリ

兄「俺がどれだけ真剣か……分かって欲しい」

妹「えっ…お、おに…んんっ」

兄「んっ…妹……かわいい」

女「なっ!や、やめてんんっっ!?」

兄「んっ…女さん……きれいです」

女「ふぁっ……」

821 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 02:04:50.83 ID:Ol0z+a8w0
兄「友ちゃんも…」

友「おにーさ…んっん…」

兄「んっ……友ちゃん、素敵だよ」

友「…あぅ」

妹「やだっ!やだ私だけ見て!」

兄「俺は、みんなを見るてよ」

兄「だから…妹もみてるから…」チュプッ

妹「やっ、ああっ…っ!」

兄「濡れてるね」

女「や…っ。私のも触って…兄くん…兄くん…」

兄「うん」チュプッ

女「き、キスだけで濡れちゃいましたぁ…ぅ…あ……ああっ…兄くんの…ゆびぃいい」

825 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 02:12:38.08 ID:Ol0z+a8w0
女「あっ…あああっ……ゆびっ…私のおまんこのなかでうごいてますっ…ああっ!!」

妹「あっふぁっ…やああぁ…っ!もっと…もっと私の中をかき回して!!私だけかきまわしてほしい!!」

兄「…ごめんな。でも、俺は皆を想いたいんだよ」

兄「俺も妹に強姦されて辛かったんだ。妹もちょっとくらい辛くても我慢して」

妹「いやぁぁあっっ!!あああっそ、そんなこといわれてもぅうっ!!うひぃっ!!おまんこいいっいいよぉおお!!」

女「いいよぅ…さびしかったよぅ…兄くんいなくなって…ずっと、ずっとまってたのぉ…ゆび、ゆびきもちいぃい!!」

友「おねえちゃん…かわいい」ペロペロ

女「いやあぁっ!!乳首…乳首きもちーっ!!!おまんことちくび…あああっ!!!」

兄「うわっ…女さんすごい絞まってるのわかります…。もっと激しく動かしますね」

女「あああっ、いまそんな激しくされたらっ……っひぃいいっ!!きもちいいっ!!きもちいいです!!!」

妹「やぁっ!!わたしっ、わたしももっと!!!」

兄「……うん」

妹「ひゃうううっっ!!すごっ、いいいぃい!!すごいとこあたっちゃってるぅうっ!!」

826 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 02:18:47.63 ID:Ol0z+a8w0
兄「友ちゃんどうしようかな。指もう一本ほしいなぁ」

女「友はっ…わたしがぁっ…はぅ」チュプッ

友「えっ…お姉ちゃん…ひぁあああっ!!!」

友「おねえちゃんの…お姉ちゃんのゆび、わたしのおまんこにはいっって…かきまわしてるぅううっ!!」

兄「友ちゃん…いやらしいよ」ペロペロ

友「やぁっ…あああっ……さっきのおねえちゃんみたいにおまんことちくびっ…ちくびおにーさんになめられてるうぅううぅっ!!!」

女「…私も」ペロペロ」

友「ひぁっひああっ!!両方の乳首舐められてっ…きもちっ、きもちいいいっ!!きもちいいですっ!!おまんこも乳首もすっごくきもちい!!」

妹「すご…友ちゃんすごい……わたしも…ねぇ、わたしの乳首も舐めて!!」

兄「…いいよ」ペロペロ

妹「ふぁぁああああっ!!!」

妹「なにこれっ!!!おまんこと乳首っ!!!ひあああぁああっつ!!!!」

827 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 02:27:17.13 ID:Ol0z+a8w0
妹「……しゅご…ぃいい…きもちいいぃ……らめ…らめぇ…」

女「…兄くんも、きもちよくなって…」ペロペロ

兄「ち、乳首……女さんっ、うまいです…っ」

妹「わたしも舐めりゅっ…おにいちゃんのちくびっ…ちくび…」ペロペロ

兄「ううぅっ……すご、ぃ…くぅう…」クチュクチュクチュ

女「ひぁっ…ゆびうごかしすぎですぅうっ!!」

妹「ゆびっしゅごいっ……いいとこあたって…おまんこかきまわしてるぅうっ!!!」

兄「俺が気持ちよくなった分…気持ちよくなって…」

妹「うんっ、きもちいいっきもちいよおにーちゃんっ!おにーちゃんも気持ちよくなって!!」

女「きもちいいぃっ、わたしもきもちいいからっ、頑張って乳首なめるっ…なめるねっんんっ!!」

友「……そのすきに」パクッ

兄「うぁっ…」

友「おにーはんのおちんちん…おっひぃ……っんんっんぅんっ」

兄「ううっ…友ちゃんの口っ…熱っっ…っ!!」

829 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 02:33:52.43 ID:Ol0z+a8w0
友「…はぁ…がちがちちんぽ…んっんっ…おにーさんの…んんっんっんっ」ジュポジュポ

兄「くぅうっ…乳首とチンポ両方責められてぅっ…ううう」

女「ふあっっ…ふああっ…もう欲しい!欲しいよぅ!もう兄くんのおちんちん欲しくなっちゃったよぅ!!」

妹「わたしもほしい!指じゃもう…もうむりいぃいっ!!」

兄「ははは、こまったなぁ」

友「んはっ……えへへ…いただきます」

兄「と、友ちゃん…!?」

友「んっ…くっふぁあああああっ!!!」

友「おにーさんのおちんちん入ってくるぅううううッ!!」

兄「友ちゃん…友ちゃんの中熱い…熱くて…すごくうねって…うううぅっ!!」

友「あああっあああ…すごっ…おっき…おっきぃおっきいよぉおおっ!!奥っ!奥までガチガチチンポはいってくるよぅううっ!!」

831 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 02:41:57.22 ID:Ol0z+a8w0
友「あああっ、こんなのすごすぎっ…ああああっいいいい、いいよっ!!」

友「ふあっ…奥…子宮までおちんちんとどいてる…すごぃ…きもちい…」

兄「う、動かすよ…」

友「ふぁっ…っ!!奥っ!ノックされてるっ!!わたし子宮ノックされてるよぅっ!!」

妹「友ちゃん…んんっ」ペロペロ

友「あぁっ…妹ちゃん…んんっ…んっ…。」

友「ごめん…ひどいことして、ごめん…ごめんね…んんっ」

妹「わたしもっ…私もおおぉおっ…ああっ!!だめっっおにいちゃん指つよすぎぃぃっ!!」

兄「と、友ちゃんの中よすぎてっ…腰も…指も…っ勝手に…っ!!」

女「ふぁっ…あああっそんなにかきまわされたらぁっっ!!だめですわたしっ!!指でいっちゃいますうぅうっ!!」

友「わ、わたしもっ…おにーさんのおちんちんよすぎてもうもたないぃぃいっ!!」

女「い、いっしょにっ…いっしょにいこっ…友っ…友っ」

友「お、おねーちゃん…ふぁああっ。だめぇえええチンポおっきくなってるぅうっ!!子宮口えぐってるぅううぅっ!!良すぎる良すぎるよぅうっ!!」

832 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 02:52:37.90 ID:Ol0z+a8w0
兄「うああっ…友ちゃん…友ちゃんしまっ…しめすぎぃっ!」

友「だってだってきもちいいんだもん!おまんこ気持ちよくって!!キュンキュンしまっちゃうぅうっ!」

女「あああぁっだめだめだめだめっ!!いくいくいくいっちゃいます!!!わたし兄くんの指でおまんこ突かれていっちゃっっっっんんーーっ!!」ビクビクッ

友「あああっお姉ちゃん行イッてるっ…いってるううううぅうっひあああっもう限界っおっきいのくるっきちゃっきちゃいますぅうっ!!」

友「らめらめらめぇっ…っひあああっっ!!!子宮っ子宮におちんちんがぁあっあ、あああっあああっ!!」ビクッビクビlクッ

兄「さっきより、さらにしまって……あああっ俺も、だ、出すっ!友ちゃんの中に全部だすっ!!!うあぁっっ!!」ビュッビュッ

友「し、子宮口えぐってるおちんちんがっおちんちんがぁああっ!!熱いの熱いおちんぽみるく子宮にあびせてるぅぅうっ!!!」

友「ふあああぁぁぁああっっしゅご、しゅごぃいいいいっきもちいぃいいっっ!!」ガクガク

妹「ああっ…友ちゃん……かわいいいぃ…イッてる友ちゃん……んんぁああっ!!!」ビクビクッ

女「あああ…っ。友っ…友と一緒にイッた…イッちゃった……」

友「あぁぁぁああっ……すごぃ……こんなしゅごいの…わたし、しらないぃいぃ……」ビクンビクン

834 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 02:56:38.43 ID:Ol0z+a8w0
残り明日書くわ
3時くらいに来るから許して

正直自分でも何がなんだか^^

888 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 18:11:06.78 ID:D3QikySZ0
友「おにーさん…おにーさん…すき…すきぃ……」

兄「俺も…俺も友ちゃんが、好きだ…」

友「うれしいですっ…すきっ!…すきすきすきぃぃぃ」

妹「私も好き!友ちゃんなんかよりおにーちゃんすき!」

兄「うん…妹…も…大好きだっ…」ペロッ

妹「ひぁっっ!!…い、いったばかりで…び、びんかんだからっあぁっ!!」

女「……友、つぎ…わたしでも、いいよね?」

友「うん…。おにーさんのおちんちん…やっぱりすごいよ」

妹「あっずるっ!」

兄「…妹のおまんこ、舐めたいな」

妹「えっ……そ、そんなことおにーちゃんに言われたら…」

妹「だめって…いえない」

女「い、いれます……ひさしぶりの…兄くんの、おちんちん…」

女「ふぁっ……友のえっちなお汁と、兄くんのセーシで…すっごくえっち……」

890 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 18:22:47.38 ID:D3QikySZ0
女「あっ……がっ……が…………んんんっ!」ビクッビクビクッ

兄「女さんの奥……中身、す、吸い取られるみたいにっ…うねってぇっ!!」

妹「……舐めて…おまんこ…なめてほし……」

兄「んっ……んっ…んはぁっ……」ペロペロ

妹「ひあぁっ!!おにいちゃんの舌っ…舌がぁっ!……わたしのおまんこ這ってるぅぅっ!!」

妹「舌っ…ねっちょりしてるっ…ぐちょぐちょまんこ舐められちゃってるぅっ!!」

兄「んんっ…妹の…しょっぱくて…おいしっ…」

妹「いやぁっいわないでっ…あぅっ…あうううっっ!!」

女「はぅううっ……う、ごくね…兄くん…私のおまんこできもちよくなって……はぅうっ!!」ジュポジュポ

兄「うぅっ…!!女さんそれやばいっ!!…ひ、引っこ抜かれるっ!で、でも気持ちいいっ!」

女「はぁっはあぁっ、うれしっうれしいっ…いっぱい気持ちよくなって…私でいっぱい気持ちよくなってくださいぃいいっ!!」


893 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 18:32:25.92 ID:D3QikySZ0
友「みんな…きもちよさそ……」

友「じゃあ、私は」ペロペロ

兄「うあ、友ちゃんっ!!乳首舐めるの卑怯っっ!!」

友「んっ…んむっ……舐めるだけじゃないですよぅ」コリコリ

兄「両方の乳首責めるとかっ…気持ちよすぎだっ…」

妹「んはっ…だ、だまってしゃぶってよぅ……おにーちゃん…もっと…もっとはげしくしてほしいの…」

兄「だぁっーーっ」ペロペロペロペロ

妹「はぁああああっああああんっ!」

妹「クリちゃん激しくなめちゃらめえええっ!!きもちっっっ!きもちよすぎておかしくなっちゃうううぅぅうっっ!!」

兄「んっ……んっこれで…どうだぁっっ!!」ペロペロペロ モミモミ

妹「胸っ…そんな乱暴にしないでぇぇっ…やあああっエッチ…クリちゃん責められながらおっぱいもみもみエッチだよぉっぅっ!!」

兄「だめだっ…腰がっ……んむっ!!」

女「やだっ…ふあぁぁあっ!!そんなっ急に突き上げられたらわたしっっ!!わたしいぃぃいっ!!!」

894 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 18:40:24.17 ID:D3QikySZ0
女「腰とまんなくなっちゃったっ!!!おちんちんきもちよすぎて止まらないですぅうっ!!」

兄「おれもっ…俺もですっ…」

女「うれしっ…うれしいいいいっ!!また兄くんのチンポおまんこにくわえてるっ!!」

女「わたしうれしいですっ!!すっごく…うれしすぎて腰とまらないしおまんこもイキっぱなしでぇぇっ!」

兄「さっきから…締めっぱなしでっ……二発目なのにっ…おれっ、おれっ……」

女「はぁああっ!出して出して出して!!おねがいぃいぃい」

女「私のおまんこ、兄くんにセーシだしてもらうためだけにあるからぁああっ!!!」

女「出してほしいのぉおっ!!出してっっておまんこがキンキンさけんでるのぉおぉっ!!」

妹「女さんっ…えっち…すっごくえっちです……でも、きれい…あむっ」ペロペロ

女「ち、乳首なめっ……ひぁああっっ!!!妹ちゃんに…ちくび…なめられてるっ…き、きもちっ…きもちぃいいいっい!」

友「おねえちゃんすごぃ……あうううぅっ!」

兄「友ちゃんもっ…きもちよく…」

友「ゆ、指…おにーさんのゆびぃいいいっ!!わたしのおまんこっかきまわしてっ…いきなりっ、つよすぎっ…つよすぎぃっでもいいっ!!」


895 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 18:51:28.94 ID:D3QikySZ0
女「もうだめですっ…兄くん兄くん兄くんっ!乳首とおまんこ両方責められておっきいのきちゃいますっ!!」

兄「おれもっ…またでるっ……今度は女さんの中に…っ!」

女「だしてくださいっ!うれしい!!兄くんのセーシっ!!子種っ!!ほしいぃいっ!子宮にだしてっ!!ぶっかけてぇっ!!」

妹「女さんやらしっ……ひあああっ…あああああっおにいちゃんそれいいぃいぃい」ガクガク

女「い、妹ちゃ……あああわたしもっわたしいくっ!!兄くんちんぽでイクっ!!兄くん兄くん兄くんすきっだいすきぃいいぃいっ!!」ビクッビクッ

兄「あっ…あああっ、出るっ…女さんの子宮の一番奥に出すッ!!」ビュッビュッ

女「ひあっ!!熱っ…でてるっ…子宮に出てるのわかるぅっ!!」

兄「ぐああっっ!!」ビュビュビュッ

女「ひああああっ!!だめだめだめ熱いっ熱いですっ!!兄くんのセーシいっぱいぃ、いっぱいぃいい」ビクンビクン

兄「友ちゃんもっ……」

友「えっ…ああっ…そ、そこ弱くてわたしぃいいいいいっっちゃっ!!だめそれすぐイッちゃうぅうっ!!}

友「あああぁっ…指っおまんこに指…いいいぃいっんんんんっーーーーっっ!!」ビクッビクッ

女「ふあぁっ…しゅごっ…おまんこっ…子宮いっぱい…セーシいっぱい……」

女「妹ちゃん…友……兄くん…すきぃ……」

女「みんな、しゅきぃいい……」


896 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 18:53:19.74 ID:D3QikySZ0
ふぅ……



なにこれ意味とかあんの?(^q^)

902 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 19:01:25.61 ID:D3QikySZ0
女「はぅ…っ………兄くん……」バタッ

兄「ぐあっ!も、もげるっ!!」

友「あー。また失神しちゃた」

妹「…大丈夫…なの?」

友「大丈夫だよ。…ふふっ、姉さんかわいいぃ」

兄「(今回は…もげるかとおもった…。倒れ方一歩間違うと……マンコ、おそるべし)」

友「さ、次は妹ちゃんの番だよ」

妹「…う、うん」

兄「…まだ出るかな」

妹「出なかったら」

妹「……殺しちゃうかも」

兄「…………え」

友「い、妹ちゃんこわ…」

903 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 19:07:43.82 ID:D3QikySZ0
妹「だって…皆好きなら……責任とってもらわないと」

妹「皆を満足させる責任」

兄「……」ゴクリ

妹「入れるね」

兄「んっ……」

妹「おにーちゃん……さびしかったよ……恋しかったよ……」

妹「また、こうやって繋がれてうれしぃ……よっ……んんっっ!!!」

妹「はぁああああ………おにいちゃんのおちんちん……友ちゃんと女ちゃんのおまんこ汁とザーメンだらけのおちんちん…」

妹「きもちぃぃい……よぉ……」ビクンビクン

兄「うあっ……」ビュッ

妹「ひあぁっっ!あ、あちゅぃぃいいいっ!!」

兄「ごめっ……すこし、でちゃった……」

妹「いぃっ……よ……きもち、よかった……。でも、さっきのは、杞憂だったね。このまま、まだいける?」

兄「あぁ。もちろん……動くよ」

妹「うれしっ……んっ…わたしのおまんこ…めちゃくちゃに…して…?」

905 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 19:21:52.36 ID:D3QikySZ0
兄「うあっ……うああぁぁっ!!」

妹「うれしっ…うれしいいぃいっ!!もっと、もっと激しく突いて!!おまんこの奥突いてっ!!」

兄「妹の中すごぃっ!!熱くてうねってしごいてくるっ!!入り口から奥の奥までキツキツでグチョグチョだっ!」

妹「ほんとっ!うれしっ…うれしいよぉっ!!お兄ちゃんのおちんちんも固くて熱くておまんこズンズンって当たってきもちいいぃっ!!」

妹「おにいちゃんっ…すきっ…だいすきっ!!おにいちゃんおおちんちんがぶつかる度に、おまんこすっごく喜んでるっ!!」

友「はわ……おふたりすごいぃ……」

友「……また、興奮してきちゃった……あぅ……じゃあ、お姉ちゃん……」

友「寝てるけど……いいよね……おっぱいなめるね。はむっ…んむっ…あむっ」ペロペロ


907 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 19:26:46.95 ID:D3QikySZ0
妹「あっあっあっあっああああーーーっ!!すごいっ!!もうイクッ何度目かわからないけどいくぅぅぅっ!!」ビクッ

兄「うあぁっあああっっ!!!」ビュビッ

妹「は、はぁああああああぁ……」ビクンビクンッ

妹「またでてりゅっ!!!熱いセーエキでてるっううっ!!!」

妹「おまんこも子宮ももぅ真っ白だよぉおぉたぷたぷだよぉおおっ!!!」

兄「まだだっ……」ジュポジュポ

妹「すごっ…すごぃいいっ!!固いぃぃぃっ!!!おまんこセーエキまみれなのにおちんぽかたいっかたいいぃっ!!」

兄「すごいよ…妹の愛液と俺のザーメンまざって、すっげえエロい」

妹「いわないでっいわないでっ……あああぁぁあっっ!!」

友「はぁっ……お姉ちゃん……わたしっ…おまんこなめてほしっ……おまんこ、私もなめるからぁっ!!」ペロペロ

女「……」

友「あああっ、お姉ちゃんのお口におまんこあたって……んんっんんんっ!!!」

908 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 19:32:19.02 ID:D3QikySZ0
友「起きてッ……おきてっ……お姉ちゃん…わたしのおまんこでおきてっ…」スリスリ

女「んっ…んむ……」

友「はぁああっおきたぁぁっ…。おまんこなめてっ!!お姉ちゃん舐めてっ!!あむっ…んっんむっ!」ペロペロ

女「あああぁっ…えっ…ふあああっ!!やっ…なにっ…あああっ!あぅううっんむぅ!!んむぅぅっ!!!」ペロペロ

友「すごっ…お姉ちゃんのおまんこおいしいぃっっ!!!お姉ちゃんの舌きもちいぃいいっ!!」

女「…友…友のおまんこなのっ…あむぅ…おいしいっ!!おいしぃっ…ああああっ気持ちいいよ友っともっ!!」

妹「いやらしいっいやらしいよ…友ちゃんと女さんっ!!」

兄「俺らも十分いやらしいよっ…んむっ」チュッ

妹「あんっ……んむぅっ…あはぁっ……あむっ…んんぅうっぅっ」

兄「ぷはっ……腰つきっすごくえろい……」

妹「だって…だってお兄ちゃんのおちんちんおっきくて…奥ゴリゴリするとぉおおぉおおぉっ!!」


910 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 19:39:13.08 ID:D3QikySZ0
兄「妹の奥っ……動かさなくてもっ、イッちゃえるくらいうねっててっ!!しごいてくるっ!!」

妹「ああぁっ、エッチでごめんなさい……わたしのおまんこエッチでごめんなさぃいっ」

妹「でもっ、おにいちゃんのおちんちんが大好きでっ大好きでだいすきなのっ!!」

兄「俺のチンポもっ…俺もっ…妹のおまんこ大好きだっ!!うおっぉっ」ジュプジュプ

妹「いあぁっ!!はげしっ!おっきっ!!」

妹「あああぁああああこれしゅごいっ!!子宮の中、おちんちんはいってきてるっ!!」

妹「いま子宮口でおにいちゃんのおちんちん包んでるっ!!私の子宮口でおにいちゃんのおちんちんしごいてるっぅうっ!!」

兄「またいくっ……気持ちよすぎるっ……妹の子宮っ…子宮に直接精子っ…っ!!」

妹「いいよっ!!来てっ!きてきてっ!!!大好きなおにいちゃんの大好きなセーシ、私の子宮に直接頂戴っ!!」

妹「熱いセーシでもっと私の子宮を満たしてっっ!!!」


913 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 19:48:57.13 ID:D3QikySZ0
兄「ああぁっ妹っ妹っ!大好きな妹っ!!妹にだすっ!妹の中にだすぅっ出すぞッ!!」

兄「うあぁっ、い、いくっっ!!!」ビュッビュビュ

妹「はあぁぁああっっ!!!子宮がああぁぁっ!!よろこんでるっ子宮すごいぃい熱い精子まみれっ!!」

妹「こんなの気持ちよすぎるうぅうっッ!!もうだめ私もすごいのきちゃうっ!!子宮喜んできちゃうぅっあああああああんんんーーっ!!」ビクッビクッビクッ

兄「が……はぁっ…とまらないっっ……っ!!」ビュビュビュビュビュッ!

妹「イッてるっ!!!私おにいちゃんのザーメン子宮に浴びながらイッてるっ!!きもちいいぃっ!!!きもちいいよぉおおぉ!!」

妹「おまんんこの奥熱くて熱くてしゅごぃいっ!もう無理っ……わたしもぅっ…あああ変になっちゃっ…おかしくなっちゃ…っ!」

妹「お腹たぷたぷ…破裂しちゃっ……おなか…ザーメンでいっぱいぃぃいぃ……あああぁぁあああああ……」ビクンッビクンッ

兄「くあっ……おまんこっ…震えて……っまだ出るっ」ビュッビュビュ

妹「も、もうはいんないぃぃぃぃっセーシもうむりぃいぃ……でもっ…きもちいぃいいいいっ……」ビクンッビクンッ

917 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 19:56:40.16 ID:D3QikySZ0
兄「ふぅ……」

友「おにーさん、お掃除、してあげるね」

女「…おちんちん、私たちのお口で綺麗にします…」

兄「えっ」

友「はぁっ……おちんちん…ザーメンまみれ…おにーさんのザーメンっはむっ…あむっ…んっ」ペロペロ

女「あぁっ、私もザーメンっ…ザーメンいっぱいほしいぃ。兄くんのザーメンっ!!」ペロペロ

兄「…ふ、ふたりともっ…くっ」

友「妹ちゃんの愛液とザーメンのシェイクおいしぃ…あむっぅう…はぅう」

女「もっと…もっとほしぃ……あむっ…あむっんっんっんっんっ」ジュポジュポ

友「あぁっ…ねーさんずるいぃいっ…私もっんむっ…あんむっ」ジュポジュポ

兄「ダブルフェラき、気持ちよすぎるぅっ!…またイクッ!!」ビュビュビュッ

友「ふあっ…ザーメン…ザーメンおしいいっ!!あむぅっ…」ゴクゴク

女「兄くんのちんぽ汁すきぃ……んっんっんっぅ……」ゴクゴク

919 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 19:57:22.65 ID:D3QikySZ0
兄「ぐぁっ……はぁっ……も、もう抜くぞ……」ドロッ

妹「しゅご……わたしのおまんこ……まっしろ……あぁっ……」

兄「ふぅ……」

友「おにーさん、お掃除、してあげるね」

女「…おちんちん、私たちのお口で綺麗にします…」

兄「えっ」

友「はぁっ……おちんちん…ザーメンまみれ…おにーさんのザーメンっはむっ…あむっ…んっ」ペロペロ

女「あぁっ、私もザーメンっ…ザーメンいっぱいほしいぃ。兄くんのザーメンっ!!」ペロペロ

兄「…ふ、ふたりともっ…くっ」

友「妹ちゃんの愛液とザーメンのシェイクおいしぃ…あむっぅう…はぅう」

女「もっと…もっとほしぃ……あむっ…あむっんっんっんっんっ」ジュポジュポ

友「あぁっ…ねーさんずるいぃいっ…私もっんむっ…あんむっ」ジュポジュポ

兄「ダブルフェラき、気持ちよすぎるぅっ!…またイクッ!!」ビュビュビュッ

友「ふあっ…ザーメン…ザーメンおしいいっ!!あむぅっ…」ゴクゴク

女「兄くんのちんぽ汁すきぃ……んっんっんっぅ……」ゴクゴク

920 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 20:01:36.86 ID:D3QikySZ0
 いち ねん ご

姉「ふぅ……結構遠かったけど、やっとついた」

姉「家を建てたので、ぜひ来てください…って言うから来たけど」

姉「元気にしてるといいねぇ」

 ピンポーン

姉「こんにちはー。はるばる遠くからやってきた、お姉ちゃんですよー♪」


921 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 20:03:55.89 ID:D3QikySZ0
兄「いらっしゃい!」

姉「立派な家だねぇ。お父さんとお母さんは?ご挨拶しなきゃ」

兄「え?いませんよ」

姉「えっ?」

兄「父と母は実家です」

姉「えっ?」

兄「あぁ!…ここ、僕の家ですから」

姉「」

925 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 20:07:50.09 ID:D3QikySZ0
妹「おにいちゃん、来たー?」

兄「うん。紹介するよ。俺の命の恩人で、心の師でもあるお姉ちゃん!」

妹「はじめまして。妹ですっ」

姉「…は、はじめまして。姉です」

兄「で、これが俺の妹であり、自慢の妻です!」

姉「えっ」

女「あ、いらっしゃいましたか」

友「こんにちはー」

兄「…あぁ、みんな紹介するよ。こちらがお姉ちゃんで」

姉「は、はじめまして…」

兄「妻の女さんと、同じく妻の友ちゃんです!」

姉「え」

929 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 20:11:22.55 ID:D3QikySZ0
姉「……あのぉ」

姉「みなさん、お腹が少し膨らんでいるようですが……もしや」

妹「///」

女「///」

友「///」

姉「………」

兄「いやぁ、俺、幸せもんです。あの時お姉ちゃんが色々してくださったお陰です」

姉「(わたしは……)」

姉「(いいことをしたのか……?)」

933 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 20:15:43.32 ID:D3QikySZ0
姉「…で、ついでに質問いいすか」

姉「この家…どうしたんですか?あなた、まだ18…」

兄「女さんの家を継ぐ事を条件に、まぁ色々とありまして」

女「私のお父さんもお母さんも、兄くんを見たとたん人目ぼれしちゃいまして♪」

兄「そういうことです」

姉「……」

姉「……そ、そうですか」

姉「それはそれは……幸せ…ですね」

兄「そりゃもう!」

935 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 20:17:48.06 ID:D3QikySZ0
兄「幸せ…だよな?」

妹「幸せだよ」

女「幸せです」

友「幸せだね」

姉「………」

姉「(すっごいにこやか)」

姉「(…なんか、うらやましいなぁ)」


939 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 20:24:55.37 ID:D3QikySZ0
兄「なんなら、お姉ちゃんも一緒に住みますか?」

姉「えっ?」

兄「別にいいよな?」

妹「…お兄ちゃんが、いいなら」

女「兄くんが決めたなら」

友「おにーさんにお任せです」

兄「だそうです」

姉「……」

姉「…やったぁ兄ちゃん大好き☆」


 …17年後
 世界の頂点に立った兄であるが
 4人の子供達によってその命を絶たれ
 世界が四帝時代への幕を開けることになるのは、また別の話である

940 名前:ちぢれ[] 投稿日:2009/11/26(木) 20:25:38.46 ID:D3QikySZ0
お    わ    り


コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。