FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「あずにゃんをムスタングで三時間殴り続けると死ぬ」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 18:58:05.71 ID:a10NPefCO [1/23]
唯「かな!?」

梓「……唯先輩、何を言ってるんですか」

澪「ギターで3時間も殴られたら、さすがに梓が死んじゃうな」

律「じゃあ何で3時間殴れば死なないんだろう」

紬「もっと柔らかいものがいいんじゃないかな」

律「バスドラムの皮の部分、意外と柔らかいぞ」

唯「そんなの重くて持ち上げられないよ~」

紬「私なら平気よ!」

澪「ムギは怪力だからな」

アハハハハ....

梓「……えっ、何ですか、この流れは?」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 19:09:24.52 ID:a10NPefCO [2/23]
律「そうと決まれば、ちょいとドラムセットをバラしちまうか」

唯「りっちゃん、手際がいいね~」

澪「こう見えて料理も上手いし、よくわかんないヤツだな、本当に」

律「うるさいやい、私だって女の子なんだぞ!」

唯「そんな話をしてる間に、バスドラムが取り外せたね」

紬「じゃあ私が……、よいしょ、っと」

澪「さすがムギだな、軽々と持ち上げた」

律「丁寧に扱ってくれよ、私の大事なバスドラムなんだからな」

紬「安心して、慎重に殴るから!」

唯「そうだよ、ムギちゃんをりっちゃんと一緒にしちゃダメだよ!」

律「何だと、唯!」

アハハハハ....

梓「……ちょっと待ってください!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 19:18:29.74 ID:a10NPefCO [3/23]
律「どうしたんだ、梓?」

梓「なんで私が殴られなくちゃいけないんですか!」

唯「あんまりカタい事を言わないでよ~、ちょっとした好奇心なんだから~」

梓「唯先輩の好奇心で殴られるのは嫌です!」

紬「私、梓ちゃんを楽器で殴るのが夢だったの~」

梓「ムギ先輩まで!?」

澪「そういう訳だ、梓。ちょっとだけ痛いかもしれないけど、我慢してくれ」

梓「……私、そんなの無理です!」ダッ

唯「あっ、あずにゃんが逃げた!」

律「逃がすな!」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 19:28:22.12 ID:a10NPefCO [4/23]
10分後

梓「うぅっ、捕まった……」

澪「まったく、手間を掛けさせるなよ」

紬「澪ちゃんの素早い前転で、何とか追い付いたわね」

澪「マラソン大会で覚えた技が、こんな形で活きてくるとはな」

唯「もう逃げ出さないように、あずにゃんを柱に縛り付けてみました!」

律「それにしても変な縛り方だな、ムギ?」

紬「これは亀甲縛りっていうの」

唯「きっこう?」

紬「亀の甲羅よ。ほら、縄がトンちゃんの背中みたいな形に見えるでしょ?」

律「おぉ、本当だ!」

唯「ムギちゃん、すごい!」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 19:37:32.53 ID:a10NPefCO [5/23]
梓「ほ、ほどけない……」ギシギシ

紬「あんまり動くと、余計に食い込むわよ?」

澪「身体をモジモジさせて悶える梓の姿を見ていたら、なんだか新しい歌詞が浮かんできそうだ!」

梓「本当だ、さっきよりキツくなってきた……」

唯「じゃあそろそろ、あずにゃんを殴ってみよう!」

紬「わかりました!」ズイッ

律「なあムギ。さっきも言ったけど、私のバスドラムなんだから丁寧に……」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 19:44:33.48 ID:a10NPefCO [6/23]
紬「えぇい!!」ドンッ

梓「あぎゃ!!」

澪「バスドラムの重低音だな、いい響きだ」

紬「そぉい!!」ドンッ

梓「んぐっ!!」

唯「あずにゃんの頭、石頭なんだね~」

紬「もうひとこえ~!!」ボスッ

梓「!?」

律「!?」

唯「あずにゃんの頭が……」

澪「皮を突き破った、だと……」

律「私のバスドラムがああああ!!!!」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 19:54:20.87 ID:a10NPefCO [7/23]
紬「うーん、ちょっと力が強すぎたのかしら」

唯「あずにゃんの頭も、思ったより堅かったみたい」

梓「痛たた……。ううっ、皆さん酷いです」

律「どうすんだよこれ高かったのにいいいい!!!!」

澪「実験は失敗だな、いろんな意味で」

唯「あずにゃんでバスドラムを3回殴り続けると死ぬ」

澪「ただし死ぬのは梓の方じゃなくて……」

律「私のバスドラムがああああ!!!!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 20:07:57.38 ID:a10NPefCO [8/23]
澪「さて、次は何で殴ってみようか」

梓「……えっ、まだ終わらないんですか?」

唯「やっぱりバスドラムってのが良くなかったんだよ!」

澪「案外すぐに壊れちゃうからな。もっと弾力性のある、餅みたいなものがいいんじゃないか」


紬「お餅はないけど、ティータイム用のシュークリームならあるわよ」

澪「……いや、もっと壊れやすいだろ」

唯「とりあえず、シュークリームをあずにゃんに投げてみようか」

ビュンッ

ベチャッ

梓「ひゃう!?」

唯「……中のクリームが弾けて、あずにゃんの顔がクリームまみれに!」

澪「……こ、これは」

紬「……」ゴクリ



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 20:19:30.40 ID:a10NPefCO
唯「よーし、次の実験はこれだね!」

ビュンビュン

ベチャベチャ

澪「今度は制服のリボンのところがクリームだらけ……」

紬「もう一つはスカートに当たって、白濁したクリームでベトベトに……」

ビュンビュン

ベチャベチャ

澪「髪の毛も真っ白だな、クリームのシャワーを浴びたみたいだ……」

紬「梓ちゃんの全身が白く染められていくわ……」

梓「うぅっ、唯先輩……。もう、やめてください……」

唯「あずにゃんにシュークリームを3時間投げ続けると死ぬ……、かな!?」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 20:26:33.29 ID:a10NPefCO
紬「えーと、唯ちゃん。ごめんなさい」

唯「どうしたの?」

紬「実はもうシュークリームがなくなっちゃったの」

唯「えぇ~!?」

澪「梓に10個も投げ付ければ、当然なくなるだろ」

唯「もっとたくさん投げたかったのに~」

紬「ごめんなさい。今度やる時には3時間分のシュークリームを用意するよう、斎藤に言っておくわ」

梓「私はもう二度と嫌です、やめてください!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 20:37:57.75 ID:a10NPefCO
澪「という訳で、今回も失敗だ」

紬「数に限りのあるものを使うと、3時間も続けるのは無理ね」

澪「……ところで唯は何をしてるんだ?」

唯「ほえ、あずにゃんペロペロだよ?」ペロペロ

梓「ひゃっ、やっ、やめてぇぇぇ///」

紬「なんという素敵な事を!」

唯「だって、クリームがもったいないんだもん」

澪「お前が投げたからだろ!」

梓「そうですよ、もう舐め取らないでください!」

澪「……いや、それはいい。綺麗に舐め取ってやれ」

紬「続けろ」

梓「澪先輩、ムギ先輩!?」

唯「わーい♪」ペロペロ

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 20:48:27.59 ID:a10NPefCO
律「新しいバスドラムを買う金なんて……」ブツブツ

澪「あっ、律の事をすっかり忘れてた」

紬「ごめんね、りっちゃん」

唯「りっちゃんも一緒に、あずにゃんペロペロしようよ」

律「今そんな気分じゃねーよ……」

唯「クリームまみれのあずにゃんをペロペロすれば、嫌な事なんて忘れちゃうよ!」

律「そんなもんかな……」

ペロッ

唯「どう?」

律「甘い……」

唯「私があずにゃんにシュークリームを投げたからね!」

律「ははっ、意味わからん。でも確かに、気分は良くなったかも」

唯「うんうん、りっちゃんにはその笑顔が一番だよ!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 20:57:32.29 ID:a10NPefCO
律「……ありがとな、唯」

唯「……りっちゃん、一緒にもっとあずにゃんペロペロしよ?」

律「あぁ、そうだな!」

ペロペロ

ペロペロ

梓「どうして律先輩までそうなっちゃうんですかー!?」ジタバタ

澪「何はともあれ、律の機嫌も治ったみたいだな」

紬「唯ちゃんとりっちゃん、二人の友情の架け橋になったのね、梓ちゃん」

澪(それはともかく、私も梓をペロペロしたい)

紬(私も梓ちゃんをペロペロしたいわ)

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 21:05:26.56 ID:a10NPefCO
澪「な、なあ、唯!」

唯「うん?」ペロリ

澪「そろそろ次の実験をしよう」

律「そういえば元々は、梓を殴る実験なんだっけ」ペロリ

紬「唯ちゃんもりっちゃんも、口の周りがクリームでベトベトね」ハァハァ

梓「ていうか、まだ続くんですか……」

澪「これまでの失敗を糧にして、次こそ成功させるんだ!」

梓「そもそも何をもって成功とするんですか……」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 21:15:45.36 ID:a10NPefCO
澪「まず、堅すぎるものはダメだ。梓が死ぬ」

唯「柔らかいものの方がいいって事だね!」

澪「次に、壊れやすいものはダメだ。使えなくなる」

律「私のバスドラム……」

澪「そして、殴ったり投げたりすると消えてなくなるものもダメだ。すぐ終わってしまう」

紬「3時間投げ続けるには、シュークリームがいくつ必要なのかな?」

澪「つまり柔らかく、壊れず、減らないもので梓を殴ればいい」

唯「……わかった!」

澪「おっ、唯。何かいいアイデアがあるのか?」

唯「おっぱいだよ!」

澪「はっ?」

唯「おっぱいで殴るんだよ、あずにゃんを!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 21:26:12.90 ID:a10NPefCO
梓「な、な、何を……///」

紬「確かにおっぱいは柔らかいし、壊れないし、減らないわ!」

澪「いいところに気付いたな、唯!」

紬「じゃあみんな、上半身裸になりましょう」

律「えっ、脱ぐの?」

澪「服の上からだと、そこまで柔らかくないしな」ヌギヌギ

紬「生おっぱいで梓ちゃんを殴り続けるのよ」ムギムギ

梓「うぅっ、皆さん何してるんですか……///」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 21:36:44.66 ID:a10NPefCO
律「……あー、私はいいや。澪とムギのおっぱいで殴ってやれよ」

澪「えっ、いいのか?」

唯「私も、さっきりっちゃんと二人であずにゃんペロペロしちゃったし」

紬「唯ちゃんも?」

澪「まあ、律と唯がそう言うなら」

紬「私たちで頑張りましょうか」

律(澪とムギがあの胸を見せた後に、こんな貧相なものを晒せないだろ……)

唯(二人とも、大きいし、乳首もピンク色で綺麗だし……)

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 21:47:30.15 ID:a10NPefCO
澪「という訳だ、いくぞ梓」プルン

紬「たった3時間だから我慢してね、梓ちゃん」プルプル

梓「ひぃっ、4つの巨大な物体が迫ってくる!!」

澪「まず私からだ、とりゃ!!」

ポヨ-ン

梓「あうぅ///」

紬「次は私よ、どっせい!!」

プヨ-ン

梓「はあっ///」

唯「……すごい事になってるね」

律「梓の表情がだんだん色っぽくなってきた」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 21:59:05.87 ID:a10NPefCO
一時間後

澪「それっ、それっ!!」ペチペチ

梓「わはぁー///」

紬「よいしょ、よいしょ!!」ペチペチ

梓「あへぇー///」

律「梓の表情が、いわゆるアヘ顔に……」

唯「あんなあずにゃん、見たくなかったよ……」

梓「ふにゃふにゃー///」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:10:47.43 ID:a10NPefCO
二時間後

澪「さすがに疲れたな」ハァハァ

紬「そうね、ずっと殴りっぱなしだから」ハァハァ

澪「交代で休憩を取ってはきたが、その間もう一人の負担が大きいからな」

紬「何かいい方法はないかしら?」

唯「休憩しながら、あずにゃんを殴り続ける方法があるよ!」

紬「どうするの?」

唯「せっかくおっぱいが2つ付いてるでしょ。片方を休ませながら、もう片方で殴ればいいよ」

澪「んーと、こうか?」ムニュ

律「なるほど、休ませる方のおっぱいは梓の顔の上に乗せるのか」

紬「こんな具合ね」ムギュ

唯「そうそう。その体勢なら、もう片方のおっぱいで頭を殴り続けられるよね」

梓「むー、んー///」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:21:57.08 ID:a10NPefCO
三時間後

澪「この体勢にしてから、ずいぶん楽になったな」ポヨンポヨン

紬「どちらか片方のおっぱいを、常に休憩させられるからね」プニョンプニョン

唯「……実はこの体勢、ひとつ難点があるね」

律「おっぱいに隠れて、梓の表情がよく見えない事か?」

唯「そう、あずにゃんのアヘ顔をもっと堪能したかったのに!」

律「キモいだけだろ、あんな顔。面白いけどな」

唯「りっちゃんは何もわかってないよ!」

澪「もうすぐ三時間になるな」ポヨンポヨン

紬「本当だ、いつの間にかこんな時間に」プニョンプニョン


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:32:39.71 ID:a10NPefCO
唯「あと30秒……、20秒……」

律「三時間が経ったぞ。お疲れ!」

澪「ふぅ、やっと終わったか」

紬「なんだかすっごく、やりきった感があるわ!」

律「いやー、二人ともよく頑張ったよ。絶え間なく梓を殴り続けてたもんな」

唯「あずにゃんも、お疲れ様~」

律「縛られたまま殴られ続けて、大変だったな。すぐに縄をほどいてやるぞ」

唯「……あれ、あずにゃん?」

律「どうしたんだ?」

唯「……あのね、りっちゃん」

律「うん」

唯「あずにゃんが、死んでる」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:44:36.15 ID:a10NPefCO
医者「死因は脳内出血ですね」

唯「脳内出血?」

医者「彼女は持病も無いし……。おそらく過度の興奮によって血圧が急上昇して、脳内の血管が破裂したのだと考えられます」

唯「そんな……」

医者「それにしても、死に至るほどの極度の興奮状態に陥るとは。一体何があったんです?」

唯(とても真相は話せないよ……)



唯「あずにゃんをおっぱいで三時間殴り続けると死ぬ」

終了

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。