FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「すとーかー?」

4 名前:少し手間取った……[] 投稿日:2010/07/24(土) 21:37:43.19 ID:tHMgOaMEO [3/50]
梓「はい。最近誰かに見られてるみたいなんです」

律「気のせいなんじゃないか」

梓「そんなことありません!絶対付けられてます……」

梓「いつ襲われるのか思うと、不安で不安で……」ガクガク

唯「大丈夫だよ、あずにゃん。ほら落ち着いて」ダキッ

梓「唯先輩……私、怖いです」ギュッ

唯「よしよし」ナデナデ

紬「……」ウットリ

律「う~ん、気にしすぎだと思うけどなぁ」

澪「本当だったらどうするんだ?襲われてからじゃ遅いだろ」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 21:39:10.36 ID:tHMgOaMEO
律「まぁ……確かに。でもそんなことするような奴いるか?」

澪「そんなのわからんだろ。何か身に覚えは無いのか?」

律「例えば、誰かの怨みを買ったとか」

梓「そんなことしません!」

澪「梓がそんなことするわけないだろ!この場合は、う~ん……告白を断ったとか」

唯「え~っ!?あずにゃん告白されたの!?」

梓「そっ、そんなわけないじゃないですか」カアァァ

唯「なんだぁ、びっくりした」

紬「じゃあファンクラブの子が見てたとか」


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 21:41:12.47 ID:tHMgOaMEO
梓「澪先輩じゃないんですから」

梓「と、とにかく。本当に何も身に覚えはないです」

梓「それなのにここ二週間ほど前から後を付けられてるみたいなんです」

澪「う~ん……原因不明かぁ」

梓「警察に相談してもまともに取り合ってくれませんし……今から家に帰るのが怖いです」

紬「あ。だったらしばらくの間、みんなで送って行かない?私、集団下校って夢だったの~」

唯「おおっさすがムギちゃん」

澪「ムギ。この場合、集団下校って言わないぞ……」

唯「一緒に帰ろっ!あずにゃん」ダキッ

梓「ちょ、くっつかないで下さいよ、唯先輩」


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 21:47:26.24 ID:tHMgOaMEO
帰り道――



澪「でさ~それが臭くってさぁ~」

律「あぁ、分かる分かる。臭いよな」

紬「へぇ~、そうなの?」

唯「あずにゃんの家ってこっちだっけ?」

梓「はい」





???「……」ジー





澪「そしたら律の奴が……」

律「だ~っ、それ以上言うな!!」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 21:49:20.54 ID:tHMgOaMEO
紬「あらあらあらあらあらあらあら」

唯「おぉ、八回……」

梓「唯先輩?」

唯「あ、そうだ。手繋ごっか、あずにゃん」

梓「えっ!?い、いや。そのっ」アセアセ

唯「イヤ?」

梓「嫌ってわけではないんですが、え~っと……」

唯「う~ん………………えいっ」ニギッ

梓「あっ」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 21:51:20.62 ID:tHMgOaMEO
唯「あずにゃんの手暖かいねぇ~」

梓「ゆ、唯先輩こそ……」カアァァ





???「……」ギリッ





梓「――っ!」ゾクッ

梓「!!」バッ

唯「ん?どうしたの」

梓「何でも、ありません……」(気のせい?)


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 21:53:00.03 ID:tHMgOaMEO
梓「あ。私の家、あそこなんでここでいいです。今日はありがとうございました」

澪「うん?そうだな。ここまで来れば大丈夫だろ」

律「やっぱ何も無かったな。きっと気のせいだったんだよ」

紬「あら?電気付いてないけど、お家の人はいないの?」

梓「本当ですね。ちょっと分からないですけど、多分仕事が長引いてるんだと思います」

紬「そうなの。一人で大丈夫?」

澪「何ならご両親が帰ってくるまで一緒にいるか?」

唯「おぉ、それもいいね!」

梓「いえ、そこまでしてもらわなくて大丈夫です。もう遅いですし、先輩達も早く帰った方がいい
です」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 21:54:54.47 ID:tHMgOaMEO
澪「そう?少なくとも私は別に構わないけど」

律「私もね。家に帰っても暇だし」

唯「私も大丈夫だよ。憂に連絡すれば」

紬「私も少しだけなら……」

梓「いえ、そんな気を使わないでください。お父さん達もすぐ帰ってきますから」

澪「遠慮しなくていいのに。まあ、無理に居てもあれだし、帰ろっか」

律「そうだな。じゃ、また明日」

紬「じゃあ、おやすみなさい」

唯「じゃ~ね~、あずにゃん」

梓「はい、また明日」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 21:56:01.49 ID:tHMgOaMEO
梓「……」テクテクテク

梓「……」ガチャ バタン





???「……」ジーッ

???「……」テクテクテク





梓「ただいま~。……誰も居ないけど」





梓「着替えよ」ヌギヌギ

梓「あれ、この服こっちに仕舞ってたっけ?」

梓「……」

梓「……」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 21:58:17.57 ID:tHMgOaMEO
梓「き、気にし過ぎだよね。うん」

梓「これにしよ」

梓「ふぅ、今日は先輩達のお陰で安心してかえ――ん?置き手紙?」

『あずさへ
 今日はお父さんと出掛けてきます
 帰りは明け方頃になると思います
 晩御飯は冷蔵庫に入っているので、温めて食べてください
                        母より』

梓「えっ――」

梓「……」

梓「……」

梓「き、今日は独り……」ドキドキ


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:00:36.46 ID:tHMgOaMEO
梓「い、一応戸締まりしとこ」ガチャ ガチャ
梓「あ……チェーンロックはまずいよね」ドキドキドキ
梓「き、今日は早く寝ようかな」ドキドキドキドキ

電子レンジ「チーン」

梓「いただきま~す」

梓「……」モグモグ

梓「……」モグモグ

梓「……」ピッピッピッ(←テレビの音量上げている)



ピーンポーン



梓「うひゃい!?」ビクッ

梓「は、は~い」タッタッタッ

梓(覗き窓で確認してっと……あれ?憂ちゃん?)


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:02:45.47 ID:tHMgOaMEO
梓「ど、どうしたの?こんな時間に」ガチャ ガチャ ガチャ

憂「こんばんは。お姉ちゃんから聞いたんだけど、今日ご両親帰って来ないんだって?」

梓「う、うん」

憂「余り物で良かったらと思って、おかず持ってきたんだ。ほら」

梓「わぁ~、ありがとう。でも、お母さんが用意してくれてたから、大丈夫なんだ」

憂「そう……なんだ」シュン

梓(き、気まずい……)

梓「よ、良かったら少し上がってく?」

憂「いいの?」パアッ

梓「うん。上がって上がって」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:04:53.89 ID:tHMgOaMEO
憂「じゃあお邪魔します」

梓「うん。今、お茶の用意するね」タッタッタッ

憂「あ、お構いなく」

憂「……」

憂「……」ガチャ  ガチャ  シャーッ

憂「……」テクテクテク

憂「あっ、丁度食べてる最中だったんだね。ごめんね、邪魔しちゃって」

梓「ううん、気にしなくていいよ。はい、どうぞ」コト

憂「ありがとう。いただきます」

梓「あれ?どうしたの、その手袋」

憂「え、これ?最近乾燥肌でね。お薬塗ってるの」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:06:34.53 ID:tHMgOaMEO
梓「ええ!?大丈夫なの?」

憂「うん、平気だよ。それより梓ちゃんはチョコレート好き?」

梓「うん?好きだよ」

憂「じゃあアーモンドチョコレートは?」

梓「好きだけど?」

憂「ならアーモンドは?」

梓「う~ん……嫌いじゃないかな」

憂「じゃあ後でアーモンドを食べさせてあげる」

梓「?う、うん……」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:07:44.30 ID:tHMgOaMEO
憂「本当にアーモンドの匂いがするんだよ~」ニコッ

梓「???」(アーモンドだからアーモンドの匂いがするのは当たり前じゃないのかな)

憂「ところで、梓ちゃんはお姉ちゃんのことどう思ってるの?」

梓「へ?唯先輩のこと?(なんか話が強引だなぁ)」

憂「私はお姉ちゃんのこと、大好きなんだ」

梓「う、うん?」

憂「かわいい所、忘れっぽい所、どこか憎めない所、天使みたいに笑う所、人懐っこい所、だらし
ない所、すぐ抱きついてくる所、天然な所、苺が好きな所」

梓「は、はぁ……」

憂「ほわほわとしてる所、温かい所、あいす~ってねだる所、天真爛漫な所、う~い~って甘えて
くる所、ギー太を弾いてる所、ご飯をおいしそうに頬張る所」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:09:39.18 ID:tHMgOaMEO
梓「う、憂ちゃん?」

憂「ぜーんぶ含めて、大好きなんだ!」

梓「へ、へぇ~。そんなに唯先輩のこと想ってたんだ……」

憂「うん。だから、心配で仕方ないんだよね」

梓「何が?」

憂「お姉ちゃんに悪い菌が寄ってこないか」ジーッ

梓「わ、悪い菌?(な、なんか見られてる!?)」ジリッ

憂「梓ちゃん、最近お姉ちゃんと仲良すぎじゃない?」ジーッ

梓「な、なんか怖いよ?憂、どうしたの?」

憂「二週間前」ジーッ


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:10:49.90 ID:tHMgOaMEO
梓「――!?」

憂「梓はお姉ちゃんに十三回触れました。うち、五回は抱き付いてました」ジリッ

梓「あ、あれは唯先輩から……(まさか、)」

憂「一週間前、十四回触れてた。うち、五回は抱きつき、そのうち一回は離れて下さいって言わな
かった」ジリッ ジリッ

梓「ね、ねぇ。なんでこっちに来るの?(私が感じてた視線って、)」ジリッ

憂「三日前は十九回も触れた。それに、間接キスをした」ジリジリジリッ

梓「か、間接……///ちょっとケーキを一口もらっただけだよ?」ジリッ

憂「今日は手を繋いで帰った」ジーッ


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:13:34.05 ID:tHMgOaMEO
梓「ちょっと、落ち着いて。ね?」ペタ

梓(ウソ、もう壁際!?)

憂「別にさぁ、触るくらいいいんだよ?」ジーッ

憂「でも、さっき言ったよね?私のお姉ちゃんにバイ菌ついちゃったらさぁ……」ジーッ

憂「どうするつもりかなぁ!?」ギロッ

梓「ひっ」

憂「ねぇ?ねぇ?ねぇ?ねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇえねぇ
ねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇ
ねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇ
ねぇねぇねぇねぇねぇねぇ!?」

梓「ご、ごめん!!つ、次から気を付けるから!!」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:14:25.93 ID:tHMgOaMEO
憂「うん。わかった」ニコッ

梓(ふぅ……)

憂「でも」

梓「――っ!」ビクッ

憂「今までやってきたことに対するお仕置きは必要だよね?」ガサゴソ

梓「う、憂?何をする――!?」シューッ

梓「な、なにし……た…………の………………」バタン

憂「……」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:15:09.59 ID:tHMgOaMEO
夜道――



唯「ん~……」

律「どうしたんだ?」

唯「あずにゃん、大丈夫かなって」

澪「本人が大丈夫っているから大丈夫なんじゃないか?」

唯「う~ん」

紬「心配なら、やっぱり様子見に行く?」

唯「うん!やっぱりあずにゃんのお父さん達が帰ってくるまで家にいるよ」

澪「じゃあ戻るか」

唯「あ!澪ちゃん達は先に帰ってなよ。もう遅いし」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:18:11.74 ID:tHMgOaMEO
律「え?でも……」

唯「まぁまぁ。私あずにゃんの家から近い方だし、ここは私に任せてよ」

澪「そうだな。じゃあ梓のこと頼むよ」

紬(二人きり……キマシタワー)

唯「任せなさい」フンス

律「唯に任せると別のトラブルが起きそうだけどな」

唯「なんだとー!」プンプン

紬「じゃあまた明日ね~」ダッ

律「足はやっ」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:21:11.64 ID:tHMgOaMEO
中野家――



梓「う……ん?」

憂「あ、おはよ、梓ちゃん」

梓「憂ちゃん?ここは――っ!!」ハッ

梓「え?何これ」ギリギリ

憂「何って、ロープだよ。あと、今梓ちゃんが大の字で寝てる所は梓ちゃんのベッドの上」

梓「って私はだか!?」

憂「うん。邪魔だから脱がしちゃった」

梓「脱がしちゃったじゃないよ!ねぇ、これ外して。でないと怒るよ?」

憂「あはっ。何言ってるの?」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:24:04.11 ID:tHMgOaMEO
憂「怒ってるのは私なんだけど!!」ズイッ

梓「ひっ」

憂「言ったよね?これはお仕置きだって」キュッポン

梓「な、なにをする気なの?その瓶はなに?」ガクガク

憂「ん?エタノールだよ」

梓「エタ、ノール?(消毒液に使う奴かな)」

憂「梓ちゃん、これからはお姉ちゃんに触れる時はきちんと消毒してよね。こんな風に」バシャ

梓「ひゃっ!冷たっ」ヒヤヒヤヒヤ

憂「返事は!?」バシャ

梓「ひゃん。や、止めて」ヒヤヒヤヒヤ


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:26:03.32 ID:tHMgOaMEO
憂「返事!!」バシャ

梓「わ、わかりました!だからもうやめて!!」ヒヤヒヤヒヤ

憂「うん。やっとわかってくれたんだね」ニコッ

梓(ベ、ベッドが冷たい。熱が奪われていく)キンキンキン

憂「これからは気を付けてね?」

梓「は、はひ……(うう……さ、寒い)」ガチガチガチ

憂「どうしたの?梓ちゃん」

梓「ね、ねぇ……も、もういいでしょ?」ブルブルブル

梓「これ解いて。ふ、服を着させて。お願い……」ガチガチガチ


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:28:58.03 ID:tHMgOaMEO
憂「寒いんだね」サワサワ

梓「ひゃん」ビクッ

憂「でもだ~め」

梓「え?」ガチガチガチ

憂「今のは教育。お仕置きはこれから」キュッキュッキュッ

梓「い、いや……何をする気?」ブルブルブル

憂「痛いこと」キュッキュッキュッ

梓「ひっ――お、お願い許して!」ブルブルブル

憂「それはできないよ。でも、痛いのが嫌な梓ちゃんの為にこれを用意しました」キュッポン

梓「な、なんなのそれ?」

憂「クロロホルム」キュポン


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:30:12.60 ID:tHMgOaMEO
梓「――っ!!」

憂「さ、嗅いで」ズイ

梓「イヤッ!!」

憂「なんで?ほら、嗅ぎなよ」スーッ

梓「イヤッ、止めて!」

憂「あ」ツルッ バシャッ

梓「ひゃっ、冷たっ」ヒヤヒヤヒヤ

憂「あ~あ、手に零しちゃったじゃん」

梓(助かった……眠らされたら何されるかわからないよ)ヒヤヒヤヒヤ

憂「う~ん全部零れちゃったかな」ヒョイ


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:33:26.97 ID:tHMgOaMEO
梓(でも、これからどうしよう)ヒリヒリヒリ

憂「あ~空っぽだ」

梓(あれ?なんか手が……)ヒリヒリヒリ

憂「まっ、いいや。まだあるし」ガサゴソガサゴソ

梓(痛いっ!?)ジンジンジン

憂「あったあった。ん?どうしたのかな?梓ちゃん」ニイィッ

梓「痛っ、痛い!」ジンジンジン

憂「ああっ、また手が滑ってクロロホルムがお腹の上に」バシャ

梓「え?」ジンジンジンジン


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:34:59.18 ID:tHMgOaMEO
梓「痛い!痛い痛い痛い!!!!痛い痛い痛い痛いイタイ痛い痛い痛いいたい痛いいたいいたい痛
い痛い!!」ギジッギシッ

憂「あれ~?どうしたの?」ニヤニヤ

憂「なんか知らないけど、痛がってるから早く寝させなくちゃね」

憂「直接顔にかけてあげるよ」バシャッ

梓「――っ!!??ああぁぁぁぁぁっぁあぁっぁぁぁぁぁっぁぁぁぁっぁあぁっぁぁぁっぁぁあぁ
っぁぁぁっぁぁぁ!!!!!!」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:37:18.58 ID:tHMgOaMEO
玄関前――



唯「あずにゃーん、やっぱり来ちゃっ――」ガチャ

唯「あれ?鍵がかかってる」ガチャガチャ

唯「う~ん、電気は付いてるみたいだけど……」ピンポーン

唯「……返事がない。どうしようかな」

「ああぁぁぁぁぁっぁあぁっぁぁぁぁぁっぁぁぁぁっぁあぁっぁぁぁっぁぁあぁっぁぁぁっぁぁ
ぁ!!!!!!」

唯「ふおっ!?」ビクッ


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:39:42.56 ID:tHMgOaMEO
唯「びくっりした~。い、今の悲鳴、だよね?」

唯「……ハッ」

唯「あずにゃん!!」

唯「ねぇあずにゃん!?どうしたの!?」ドンドン

唯「何かあったの!?ねぇ、返事してよ!!」ドンドンドン

唯「ダメだ……」

唯「仕方ないよね、緊急事態だもんね」ヒョイ

唯「ごめん、窓ガラス割るよ!!」ガンッ ピシッ パリン

唯「よし、これで鍵を開けられる」ガチャ


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:41:36.48 ID:tHMgOaMEO
梓「痛い痛いいたい痛い!!目が痛い、目が!!目がいたい痛い」ギシギシギシ

憂「そんなに暴れたら手首に青痣できちゃうよ?」

梓「目があああぁぁっぁぁっぁぁぁぁ―――!!」ギリギリギリ

憂「安心して。クロロホルムはまだあるから。次は眠れるといいね」キュポン

梓「止めてヤメテ、痛い痛い死ぬ痛いイタイ痛い目が死ぬ、いやだいやだいやだ痛い」ジタバタ

憂「次は梓ちゃんの大事な所に流し込んでみよっか」ニコッ

梓「いやあぁぁぁっぁぁぁぁぁっぁぁぁぁぁっぁぁっぁぁぁぁぁぁっぁ!!!!」

唯「あずにゃん!!」バタン

憂「お、ねえ……ちゃん?」


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:44:41.99 ID:tHMgOaMEO
梓「はぁはぁはぁ……うぅ……」

唯「え?なにこれ……」

憂「なんでおねえちゃんが、ここに……え?え???」

梓「ゆ、い……せん、ぱぁい……?」

唯「憂、これは何?」

憂「え?あ、いや……」

唯「なんであずにゃんが裸で縛りつけられてるのって訊いてるの」

憂「えと、お仕置きを――」

唯「お仕置きって、なに?何したの?」

憂「最近梓ちゃんがお姉ちゃんにべたべたしてたから……」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:46:32.33 ID:tHMgOaMEO
唯「は?」ビキ

憂「ひっ!」ビクッ

唯「そんなことでこんなひどいことしたの」

憂「お、お姉ちゃんの為を思っ――」

パァン!!

憂「――っ!!」ジンジン

唯「そんなこと頼んでない!!あずにゃんに何したか分かってるの!?」

唯「こんなひどいことして、最低だよ!!」

唯「憂なんか大っ嫌い!!!!」

憂「――っ!あ……ああ……」ガク

唯「大丈夫?あずにゃん。今解いてあげるね」

梓「ゆいせんぱい……」


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:49:52.96 ID:tHMgOaMEO
唯「無理して目を開けなくていいよ。早くお医者さんに行こう?」ナデナデ

憂「あ、ああ……あぁあ……」

唯「う~ん!!ダメだ。結び目が硬いよ。ハサミを持ってきた方がいいかな?」

憂「ああ―……ああは、あははは……あははは、あはははあははは……」ユラリ

梓(こんなに近いのに唯先輩の顔、よく見えないなぁ……)

憂「……」ユラリ

梓(っ!!)


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:53:48.57 ID:tHMgOaMEO
梓「ゆいせんぱいうしろ!」

唯「え?」



ガンッ!!



唯「あぐっ!?」ドサ

唯「……うぅ?」

憂「あはははははははは、あはっあはははぁ……あはははははははははははは、あーっははははは
ははは」

唯「うい――」

憂「あはははははははっはははははっははははっははは」プシュー

唯「はら?」クラ バタン

梓「ゆいせんぱい?」

唯「zzz」スヤスヤ


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:55:35.56 ID:tHMgOaMEO
梓「ゆいせんぱい、なにがあったんですか?」

憂「こんなの、お姉ちゃんじゃない……」

憂「こんなの、こんなの……私のお姉ちゃんじゃない」

憂「お姉ちゃんは私のことが大切で大好きで愛しいんだ。私だけのお姉ちゃんなんだ」

憂「そんなお姉ちゃんがあんなこと言うはずがない」

憂「そうだよ、悪い菌に侵されちゃってるだけだよ。うん、そうに違いない」

憂「帰ったらお姉ちゃんに入った菌を取り除かなくちゃ」


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 22:58:57.46 ID:tHMgOaMEO
憂「でも……」ギロッ

梓「ひっ」ビクッ

憂「その前にこの病原菌を始末しないと」

梓「い、いや……う、うそだよね?」

憂「本当はお仕置きだけにしようと思ったけど……思ったよりもお姉ちゃんに悪影響があったみた
い」ガサゴソ

梓「うそでしょ、ねぇうい。やめてよ」

憂「梓ちゃん、アーモンドあげる」キュポン

梓(何!?あの白い粉)



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 23:00:36.47 ID:tHMgOaMEO
憂「ほら、あーん」

梓「いや!!!!」

梓(何か分からないけど絶対やばい)

憂「口を閉じてちゃダメだよ。ほら、あ~ん」グイッ

梓「ん~ん~!!!!」

梓(いや、止めて!!誰か……唯先輩!!!!)

唯「ZZZ」スヤスヤ

憂「もう、じゃあいいよ。口押さえるよ?」バッ

梓「んんー」(助かった)


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 23:02:06.74 ID:tHMgOaMEO
憂「よ~く味わってね」パラパラ

梓「んー!!」(嘘!?上唇の上に落としてる)

梓「ん゛!?んん~!!!!んぶほぉ、んぐふぅごほごほ!!」ジタバタ

梓(粉が鼻の中に――!!)

憂「ほら、鼻に詰めてあげる」グイグイ

梓「んご!!?げふ、ん゛がっ」

梓(なに?鼻があつい――っ!!??)

梓「あぐ!!gじぇおjげあわk;jgくぉp;あsjkgヴぁqふぁんgd」

梓(苦しい!!なに???何なの???体か熱い熱い熱いあついあついあついあついあついあつい――)


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 23:04:29.22 ID:tHMgOaMEO
梓「あがが……げはっ!!あがごえっせえぉじfjjfなおじゃああjなあああ――――――――
―――――――!!!!」

憂「さ。帰ろっか、お姉ちゃん」

唯「zzz」

憂「よいっしょっと」

梓「があそじゃえがあおええrjgfなそでわぉsgふぁあじょg;んふぁおあばえお!!」ブクブクブク

憂「じゃあね。………………次はあなただから」ガチャ バタン






梓「」ピクピクピク


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 23:06:38.80 ID:tHMgOaMEO
唯「……ん」パチ

唯「ここは?――っ!?」

唯(あれ?体に力が出ない!?)

唯(うまく声も出ないし……何があったんだっけ?)

唯(点滴が繋がってるってことは倒れたのかな?でもこの天井は私の部屋っぽいし……)

唯(え~っと、確かあずにゃんのことが心配でお家に戻って……)

唯(!!そうだよ!!そこで憂があずにゃんにひどいことをしてたんだよ!!!!)

唯(そして途中で気を失ったのかな?)


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 23:08:30.14 ID:tHMgOaMEO
憂「あ、お姉ちゃん起きた?」ガチャ

唯「憂!!私になにしたの!?あずにゃんは!!?」

憂「梓ちゃん……?誰のこと?」キョトン

唯「憂!!」キッ

憂「そんなことより、お姉ちゃん」テクテクテク

唯「な、なに!?(な、なんか怖いよぉ……)」ビクッ

憂「お姉ちゃんは悪い菌に犯されちゃってるの」

憂「だから、今からその悪い菌を殺すお薬をあげるね」プス

唯「ひっ!!待って!何をする気なの!?(注射器が赤黒い!?)」


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 23:10:53.67 ID:tHMgOaMEO
憂「さっき言ったでしょ。少し強いお薬だから、点滴に注入してゆっくり落とすの」チュー

唯「止めて!!なんか怖い!!」

憂「うん。これでよしっと」

唯「!?」ドクン

唯(え?何これ……か、体が熱い)

唯「うぐっ……あ、ああ……」

唯(頭が焼ける!!薬がどんどん入ってくる!!痛い、熱い!!!!)

唯「ねぇ!!これ抜いて!!おかしくなる!!!!ねぇ――」

唯(あれ?このひとだれだっけ?)


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 23:12:08.98 ID:tHMgOaMEO
憂「じゃあまた後でね、お姉ちゃん」

唯(ああ、そうだわたしのいもうとだ。ところでわたしはだれ?)

唯「ううぅ……あ、あたまがとける。あう……」

唯「そそうだ。ゆ、ゆいだよ……やばい、ぼーっとしてきた」

唯(おもいだせない。なにかたいせつなことをがあったような。わたしのともだち?)

唯(ともだち、だれだっけ?)

唯「あ、ああ……あー」

唯(わたしのともだち、かぞく、たいせつなものはなんだっけ?……ところで)







唯(わたしはだれ?)


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 23:13:10.99 ID:tHMgOaMEO
唯「あ――――――――――――――――――――――――――――――――――――」

憂「こんにちはつむ――」

バタン


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 23:14:02.02 ID:tHMgOaMEO
憂「おねえちゃ~ん、目が覚めた」

唯「あ~」ボーッ

憂「うん、おはよ」ニコッ

唯「あ~」ボーッ

憂「あなたはね、平沢唯。私のお姉ちゃんだよ」

唯「あ~い~?」ボーッ

憂「そして私が平沢憂」

唯「う~い~」ボーッ

憂「うんうん。少しずつ日本語の勉強しようね」

唯「あ~い~」ボーッ



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 23:16:39.77 ID:tHMgOaMEO
憂「これからはずっと私が守ってあげるから安心してね」

唯「あ~あ~!」ボーッ

憂「じゃあご飯にしよっか。今日はお肉がたくさん手に入ったから、ハンバーグだよ」

唯「あ~」ボーッ

憂「きっといい肉だと思うからおいしいよ?」

唯「あう、あう」ジタバタ

憂「ふふ、そんなに焦らなくていいよ」

憂「はい、あ~ん」





51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:03:37.44 ID:GYT/cKBM0
誰かクロロホルムとアーモンド粉末試したことある奴実際どうなのかおしえてくれ


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 23:26:19.75 ID:tHMgOaMEO [50/50]
ふぅ、すっきりした
読んでくれてありがとう

>>51クロホに催眠作用はない。皮膚に細胞に毛細血管に浸透して痛いだけ
アーモンド(臭のアレ)はあんなんか知らん。コナンでも見てくれ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。