FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大好きなあなた

412 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 22:49:47.74 ID:T7318wDO [28/30]

百物語の感想ありがとうございます。楽しんでもらっていたみたいでなりよりです

そして1レスですがふと通行止め書いてみました

413 名前:大好きなあなた[] 投稿日:2010/07/21(水) 22:52:53.52 ID:T7318wDO [29/30]
「まァ、いいンじゃねェの?」
「勝手にしやがれ」
「うるせェ、黙れ」

ねぇ知ってる? あなたがこの台詞を言うとき手を首に持って行くんだよ? 癖なんだね。邪険に扱って誤魔化してるつもりなんだろうけど、ミサカにはお見通しだよ? その下手な照れ隠し


「帰り道の信号に全部引っ掛かっちまってなァ。あァ、これが不幸ってンだな」
「あーァ、仕事クソだりィ。転職すっかなァ」
「怪我ァ? ンなもンねェよ。俺の能力を忘れたのか?」

仕事でなにかあった時のあなたはいつもこんな感じだよね。こういう時に口数が多くなるのも癖だよね? うん。あなたの気持ちはミサカに十分伝わってるよ。その優しい嘘にいっつも騙されてあげるから、気をつけてね


「花火ったら線香花火だろォが」
「虹を見てると紫外線も悪くねェと思うわ」
「夜景見たかったから寒い日にすンだな」

あなたって意外とロマンチストなところがあるよね。テンション上がっちゃうとそれが悪い方に出るの、ミサカは好きじゃないなぁ。あ、ロマンチストじゃなくてナルシストかも? こんなことあなたに言ったら怒られちゃうね


「オイ、俺のペースに合わせやがれ」
「絆創膏ならテーブルの上にあンぜ」
「待てコラ。好き勝手すンじゃねェ」

外を歩くとき、車道側はあなた。なにかあった時に必要なものはあなたがしっかり把握してる。あなたは常にミサカに予防線を張ってくれてる。あなたにとっては小さな気遣いかもしれないけど、ミサカにとってはそれが凄く大きいことなんだよ


「……俺のマジマジと見てっけど、顔になにか付いてンのかァ?」

「へっ? ううん、なんにも付いてないよ。ただ眺めてただけってミサカはミサカは行動を継続してみる」

「意味分かンねェ」

あ、また首に手を持ってった! やっぱりミサカはあなたのことが大好き! ってミサカはミサカは心の中で大胆告白してみる!

Tag : とあるSS総合スレ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。