FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一方通行「……鈴科百合子です。宜しく」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/20(土) 02:39:53.77 ID:Q/Vpey0L0
――教室



土御門「小萌先生遅いにゃー」

上条「何かあったのか? ひょっとして事故とか……」

青ピ「かみやん! 縁起でも無いこというなや!」

上条「冗談だって……」



――ガラッ



小萌「すみません、遅くなりましたー」

青ピ「心配したで小萌てんてー!」

小萌「ふふっ心配する様なことは何も無いですよー」

上条「なんで遅くなったんですか?」

小萌「良い質問です上条ちゃん! 今日から皆と一緒にお勉強する仲間が一人増えるんですよー!」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/20(土) 02:40:34.86 ID:Q/Vpey0L0
土御門「転校生かにゃ!?」

小萌「そのとーり!」

『おおっ』

青ピ「で!? で!? どっち!?」

小萌「ふふふ、女の子ですよ!」

『おおおおおっ』『男子うるさーい』

青ピ「来たでぇ! ボクの時代が来たでぇ!」

土御門「皆でかみやんの毒牙から守らないとにゃー」クスクス

上条「またワケの分からない事を……ていうか皆騒ぎすぎだろ」

小萌「では! 鈴科ちゃん、入ってきて下さい!」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 02:41:16.13 ID:Q/Vpey0L0



――ガラッ



一方通行「失礼します」

上条「!?」

土御門「」

青ピ「おお!?」

『うおおおおお!!!!』『かわいー!』

小萌「自己紹介をどうぞです! 鈴科さん!」

一方通行「あ……はィ」

上条「(あく……せら……れーた!? え!? なんで!?)」

土御門「」

一方通行「……鈴科百合子です。宜しく」ペコッ

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/20(土) 02:41:58.02 ID:Q/Vpey0L0
上条「(何? え? 何!? どういう事!?)」

土御門「」

青ピ「アルビノ美少女きったあああああああああ!!」ガタンッ

吹寄「そこの貴様! 机の上に立つな!」

『よっしゃああああああああ!!!!!!』『よろしくねー!!』

一方通行「……!?(あの野郎ォがなんで居やがンだ!?)」

上条「(げっ……目が合った……)」

一方通行「……」ギロッ

上条「(スゲー睨んでる……怖ぇ……不幸だ……)」

小萌「席はーっと、上条ちゃんの隣に座ってくださいー」










上条「」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 03:01:35.77 ID:6eObDosi0
最近一方通行よりも鈴科で立つほうが増えてるような気が……
個人的には男の方が断然好きなんだけどな


青髪「よりにもよってカミやんの隣とか」

土御門「転校生を初日にして引き寄せるとか、さすがカミやんだにゃー(うわぁ…一方通行か)」

青髪「小萌先生、その選択は間違いやわ~」

小萌「どうしましたー?」

上条「青髪頑張れよ!頑張って席の移動を!!」

青髪「いえいえ何でもないですー(くっ、小萌先生に抗議など出来るかドアホ!)」

上条「お前しかいないんだ!!!」

青髪「小萌先生困らせるなんて…出来へん!!!」

小萌「どうかしましたかー?」

青髪「いいえ別にー!」

上条「(くッそぉぉぉぉぉおおおおお!!!)」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 03:07:31.29 ID:6eObDosi0
小萌「皆さん仲良くお願いしますね♪」

上条「(あれ?何だこの寒気)」

一方通行「・・・」

上条「(ごっつ睨まれてますよ)」

小萌「上条ちゃん!」

上条「はい、何でしょう!?」

小萌「隣の席ですし、教科書とか見せてあげてくださいね」

上条「は、はい…」

一方通行「よろしくね、上条君(クソッ、殺してェ…)」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 03:08:44.66 ID:6eObDosi0
>>23
何でだよ!
一方さんカッコイイじゃん!男じゃん!

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 03:15:27.67 ID:6eObDosi0
小萌「はい、ではそのまま1時間目に入りまーす」

上条「(くそぉ、俺の楽しい学園生活が一気に地獄に突入なんですよ!)」



上条「きょ、きょ、きょ教科書お貸ししますよ」

一方通行「…いちいち挙動不審になンな、三下(ボソッ)」

上条「は、はい」

一方通行「あ、ありがとう」←と同時に上条を蹴る

上条「(いちいち蹴らないで下さい)」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 03:18:06.82 ID:6eObDosi0
上条「っていうか、何でお前がここに居るんだよ!」←小声で会話

一方通行「知らねェよ、俺が聞きてェよ」←小声で会話

上条「本人が知らないとか本気ですか?」

一方通行「統括理事会の決定に従ったまでだ、俺が一番聞きてェよクソッたれが」

上条「そもそも、何なんだよその格好!」

一方通行「…………」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 03:20:11.68 ID:6eObDosi0
一方通行「悪ィかよ…」

上条「うん悪い(きっぱり)」

一方通行「………」

上条「あ、ワリィ」

一方通行「クソッたれ…」

上条「そうでしたか、実は女の子でしたかってパターンですか」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 03:24:13.33 ID:6eObDosi0
青髪「何やら転校生ともう打ち解けている雰囲気とかありえへんわ!」

土御門「さすがカミやん、女子相手に死角無し(一方通行だけど)」

青髪「ええなーええなー、もうフラグとか」

土御門「ここは友人として応援すべきかにゃー?」

小萌「??何だか騒がしいですねー?」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 03:25:28.86 ID:6eObDosi0
最初が「一方通行」になってたからそのまま進めたんだけど
「鈴科」に変えたほうがいい?

つーか、落ちるのヤだから書き続けてるけど、誰か続きをお願いしたし
俺今原作10巻読んでる途中

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 03:28:02.95 ID:6eObDosi0
青髪「せんせー、上条君が転校生ちゃんに必要以上に声かけてます!!!」

上条「え?ええ????」

小萌「上条ちゃん!転校生ちゃんに優しいのはいいですが、きちんと授業も受けてくださいねー!」

上条「ははは、き、きちんと受けてますよ、なぁ?(一方通行に同意を求める」

一方通行「………」

上条「ちょっと待ってくださいよ!そこは同意をする場所ですよー!!」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 03:32:16.31 ID:6eObDosi0
小萌「もう、上条ちゃん!」

上条「はーいわかってまーす(-----不幸だ…)」

小萌「まぁ、そこが上条ちゃんのいいところでもあるんですけどねー」

青髪「そこで小萌先生が何故赤くなるとか!?」

土御門「(面白くなってきたにゃー)」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 03:35:58.44 ID:6eObDosi0
上条「あーーーその、ごめんな」←懲りずに会話を続ける

一方通行「別にィ…」

上条「あまりにも驚いてて言葉にならないんだけどさ」

一方通行「しなきゃいいンじゃねー?」

上条「まぁ、そうなんですけどね」

一方通行「(クソっ、芳川のヤロウ……)」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 03:38:53.17 ID:6eObDosi0
--回想--

芳川「あなたそういえば学生よね」

一方通行「そういえばも何も見てわかンねェか?」

芳川「そうよね、学校に通ってるのが普通ですものね」

一方通行「何処の誰が今まで研究所尽くしにしてたか覚えてっか?」

芳川「そうね、今の学校に戻るって言うのも悪くないと思うけれども…
   せっかくだから何処かに転校してみない?」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 03:42:43.69 ID:6eObDosi0
一方通行「転校だァ?」

芳川「そう、転校」

一方通行「俺を受け入れれるような奇特な学校なんざあンのか?」

芳川「そうね…本来あるべき姿でならもしかしたらあるかもしれないわよ」

一方通行「本来の姿?」

芳川「そう
   君は『一方通行』として今まで生活していたわけで、それなり敵も多かったわけで
   だったらいっそのこと、『一方通行』ではなく生活していけばいいんじゃないかしら?」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 03:50:10.26 ID:6eObDosi0
芳川「仮によ仮に
   敵が多い『一方通行』だと能力に制限されている今じゃ生活だってそれなり大変になるでしょ
   だったら本当の性別、貴方が女として生活する分には
   もしかしたら誰にもわからないかもしれないわよ」

一方通行「いや、ばれるだろ普通」

芳川「そうね、じゃあ花飾りでも付けてみる?」

一方通行「そォーいうこと言ってンじゃねェ!!!」

芳川「誰も『プライドの高い一方通行』が女装しているなんて思わないでしょ?
   それにその姿が本当の貴方なんだから」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 03:52:37.68 ID:6eObDosi0
芳川「というわけで、こんなところにセーラー服が」

一方通行「テメェ、確信犯だな」

芳川「納得した?」

一方通行「してねェよ」

芳川「うーーん、困ったわねェ
   実はもう転入届も出来ちゃってるんだけどな
   大丈夫よ、上層部からの許可も下りたし、なんと黄泉川先生と同じ学校
   はいはい、建物は壊さないでねー」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 03:57:25.55 ID:6eObDosi0
--回想終了--

一方通行「思いっきりバレてンじゃねーかよ、アホ」

上条「アホ?せっかく教科書見せてやってんのにアホとか言っちゃうのかよ」

一方通行「るせェ三下、テメェに言ったわけじゃねーよ」

上条「はぁ、独り言ですか、そうでしたか」

一方通行「………」

上条「だから、蹴るなって」


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 03:58:26.68 ID:6eObDosi0
>>58
待て行くな、俺を置いていくな!
オチも物語の方向すらも無いんだぞ!!!

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 04:05:52.32 ID:6eObDosi0
一方通行「なァ、一つ答えろ」

上条「くぅ~同級生が上から目線なんですよ!!
   これが転校生の姿なんですかね!?」

一方通行「これがこの学校の『授業』ってやつか?」

上条「はぁ、そうですよ、何処をどう見たって授業だろ?
   それ以外に何に見えるってんだよ」

一方通行「(これが『普通』のレベルの学校なのか???この内容って何年前にやったんだ?)」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 04:11:48.32 ID:6eObDosi0
上条「どうした?やっぱやってる分野とか教科書とか違うのか?」

一方通行「寝ていいかァ?」

上条「は?」

一方通行「とっくに終わってンだよ、どこまで復習させる気だ?」

上条「レベル5ってのはやっぱり他のやつらも授業は前倒しなのか?」

一方通行「俺は俺しか知らねェから他は知らねェが俺にとっては復習だ」

上条「くっ、謎の転校生が優等生とか何なんですかそのステータス」

一方通行「欲しけりゃやるよ、そのステータス」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 04:19:18.21 ID:6eObDosi0
小萌「って上条ちゃん!」

上条「はい!!!!」

小萌「さっきから先生の話を聞いているんですか!?」

上条「は、はい…」

青髪「カミやん、楽しそうやな~」

土御門「授業中にも掴んだフラグを離さないんだにゃー」

上条「うううっやっぱり不幸だ…」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 04:23:32.82 ID:6eObDosi0
一方通行「チッ………」

上条「はぁ…」




一方通行「【続きは休み時間だ】」←上条さんの教科書に書き書き

上条「【了解】」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 04:25:16.44 ID:6eObDosi0
じゃあ、俺、原作の続き読むから
誰かにパスします

鈴科好きよよろしくな!

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 09:14:30.96 ID:6eObDosi0
ID:VGaEjg1t0の一方さんに恋をしました
どうしてくれよう
かっこいいーーー!!!

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 09:36:28.99 ID:6eObDosi0
くっ、数々の保守戦争だと…
一方さん関係の恒例だなもはや

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 09:51:55.44 ID:6eObDosi0
--そんなわけで休み時間--

青髪「カミやん、何や転校初日からお熱いねぇ~」

土御門「さっすがカミやんといったところかにゃー」

一方通行「(なっ、土御門だと!?)」

土御門「(知らない振り続けろ、一方通行)」

一方通行「(くッ……何処まで舐めてやがるこの学校)」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 09:53:14.64 ID:6eObDosi0
青髪「今年は転校生の当たり年だなー、わいにもいつかチャンスが来るかもしれんで~」

上条「一生無ぇよ、毎月転校生とかどんだけみんな引っ越し好きなんだよ」

青髪「くぅ…この強者のセリフ、胸に刺さるでぇ~」

土御門「まぁまぁ、それはともかく以後お見知りおきを…鈴科さんだっけ?」

一方通行「よ、よろしく(土御門テメェ……)」

土御門「ん?転校生ちゃんったら顔色が悪いみたいだにゃー?具合悪そうなんだぜい」

一方通行「(誰のせいだ誰の!)」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 09:54:11.08 ID:6eObDosi0
小萌「鈴科ちゃん大丈夫ですかー?」

一方通行「は?」

小萌「過去の内申書には『身体的に若干弱めで繊細な子』って書いてありました」

上条「ブーーーーーーーーーー!!!!!」

土御門「(笑いを堪えるので必死)」

一方通行「なっ何だそりゃ!?」←思わず化けの皮が外れた瞬間


119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 09:58:52.23 ID:6eObDosi0
小萌「そのせいで『授業は欠席しがち』だそうですねー今日は初日ですし、無理しないで下さいねー」

土御門「先生、何かあったら上条君が責任持って保健室に連れて行くから大丈夫だにゃー」

青髪「もれなく俺らも付いて行くんやで!」

小萌「付き添いの野郎は1人で十分なのです、3人も要りませんよ」

青髪「やはりフラグは全てカミやんだけ!?」

土御門「転校生ちゃんが更に顔色悪くなってますぜい、先生」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 10:04:11.64 ID:6eObDosi0
小萌「あぁ、本当なのです!!!上条ちゃん!」

上条「何です?」

小萌「鈴科ちゃんを保健室に連れて行ってください」

一方通行「!!!」

上条「え、俺ですか!?」

小萌「転校生ちゃんというのは、学校内のことが何も分からないんです!
   上条ちゃんは隣の席の縁として、責任持って連れて行ってください!」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 10:06:58.86 ID:6eObDosi0
上条「先生、こーいうのは女子同士のほうが…」

土御門「転校生の今一番心の距離の近いカミやんが最適だと思うんだにゃー」

上条「なんだよ土御門さっきから…」

一方通行「(おい、テメェさっきからどォーいうつもりだ)」

土御門「(いやいや別にィ~)」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 10:15:33.91 ID:6eObDosi0
青髪「とっ、隣の席の特権やとぉ~~~~!?」

土御門「つべこべ言わずに男だろカミやん、連れていったらいいんだにゃー」

一方通行「俺…じゃなくて…わた………いや、大丈夫だから」

土御門「カミやん、どーする?」

上条「うーーーーん、本人が大丈夫って言ってるしな」

小萌「でもほらやっぱり初日で不安だらけで倒れられたら困ります!
   上条ちゃん、保健室に連れて行って下さい!」


124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 10:18:59.55 ID:6eObDosi0
一方通行「いらねェって…」

小萌「駄目です、一度保健室の先生に診てもらって大丈夫そうだったら戻ってきてください
   じゃあ上条ちゃん後はよろしくお願いしますね」

上条「は、はい」

土御門「(笑いを堪えて必死)」

一方通行「(殺す殺す殺す殺す殺す殺す、芳川も土御門もぜってェ殺す)」

上条「鈴科さん顔色悪いけれども、その、元気そうなオーラが…」

一方通行「(こんな状況で具合も悪くなってくるっての…ちょっと考える時間よこせ三下ァ)」

上条「(そうですね…)じゃあ、俺、保健室まで連れて行くんで」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 10:20:59.00 ID:6eObDosi0
青髪「ええなぁ~初日の転校生ともう見つけあってて」

土御門「(見つめあってるだと!?くっくっく)」

小萌「はーい、じゃあ他の人たちは次の授業の準備してくださいねー」

青髪「保健室ええなぁ~、何か芽生えそうやないか?」

土御門「芽生えたら芽生えたでさすがカミやんってところだにゃ
   (カミやん、グッドラック!!!!」


128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 11:04:33.15 ID:6eObDosi0
上条「お前『薄幸の少女』ってキャラだったの?(笑いを堪えながら)」

一方通行「知るかそんなの…俺だって今知ったっての」

上条「「私」って言えないのな」

一方通行「言えるわけねェだろ
    極力バレねェようにとか思ってたけど、もォ時間の問題だな」

上条「で、表向きの口調も土壇場で統一されて無いし」

上条「いいんじゃねぇ?女だろうが中身そのままでも
   無理して取り繕う必要なんて無いんだし
   っと、保健室はここだ」

一方通行「………」


129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 11:06:22.07 ID:6eObDosi0
上条「すみませーん、クラスのヤツが具合悪みたいなんで…
   ってあれ?」

一方通行「誰も居ねェじゃねェか」

上条「おっかしぃなー」

一方通行「(ベッドがある…眠ィ)」フラフラ

上条「先生何処行ったんだ?ちょっと俺探してくるって何ベッドにダイブしてるんですか!」

一方通行「眠ィんだよ三下」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 11:08:28.26 ID:6eObDosi0
上条「その枕を握って離さないお姿、サボる気満々だなお前」

一方通行「サボりやすい用に『病弱』っぽい理由つけたんだろ、きっとな」

上条「お前の特性、見破られてんのな」

一方通行「あと、大してまともに通わねェとか」

上条「転校初日に何宣言しちゃってるんだよ!」

一方通行「単位足りなくなっても補習受けやすいようにとかか?
     多少の融通は聞くかもな」

上条「補習ならば上条さんも大得意だぞ」

一方通行「威張れンのかソレ?」

上条「うっうっうっ」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 11:12:58.52 ID:6eObDosi0
一方通行「馬鹿馬鹿しくて眠ィ、三下、俺はこのまま寝るからあとよろしくな」

上条「寝るのは構わないんですけど、靴くらい脱いでください」

一方通行「ン」

上条「は?」

一方通行「めんどくせェ」

上条「いやいや常識ですってばって何ですかそのバタバタと」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 11:16:51.07 ID:6eObDosi0
上条「子供じゃないだから自分で脱いで揃えて置いてくださいねー」

一方通行「なァ~んか引っかかる言い方だなァ」

上条「はいはい、勝手に怒っててくださいねー
   って、あんまりそう動くなよ、お前スカート短いんだから」

一方通行「あァ?見えたって面白ねェことなんざねェぞ」

上条「まぁ、そうなんですけども、ほら今のあなたは女子なわけで…」

一方通行「だからどォした?」

上条「いえ、そのですねー」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 11:20:00.25 ID:6eObDosi0
上条「(男としてこのチラチラさ加減、目に行かないわけが無い!
   気を反らせ、反らすんだ!!!)」

一方通行「………」

上条「ってこらこらスカートをたくし上げるな!!」

一方通行「ちゃっかり見てるじゃねェか三下」

上条「くぅ~~~、一方通行だとわかりながらも見てしまう、く、悔しい!!!」

一方通行「無駄に細ェだけで、出るトコ出てるわけじゃねェし見たって欲情しねぇだろ」

上条「わかりませんよー、この上条当麻
   もしかしたら変態さんかもしれませんし」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 11:23:59.00 ID:6eObDosi0
一方通行「………」

上条「その憐れむような目つきやめて下さい、勘弁してください!」

一方通行「くっだらねェ、あーーーーマジくっだらねぇーーー!!!」

上条「寝てていいぞー、先生探してくるから
   ただし、靴は脱げよ」

一方通行「わかったよ、うっせーな」

上条「よしよし」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 11:26:36.19 ID:6eObDosi0
上条「そんじゃま、おやすみ
   気が向いたら昼休みにでも起こしに来るから」

一方通行「いらねェ、寝かせろ」

上条「そんなこといてると吹寄に怒鳴られるぞ
   うちのクラスには怖い女子が居てな」

一方通行「知るか、とっとと出てけ」

上条「はいはい」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 11:29:26.42 ID:6eObDosi0
一方通行「(何なんですかこの展開)」

一方通行「(第七学区に詰め込みすぎだろ、何考えてやがンだ」

一方通行「(しかも同じ学校で同じクラスに知り合いが二人だと?)」

一方通行「(明日にでも転校してェとか言ったら次は何処になンだ?)」

一方通行「(まだ挨拶程度しかしてねェのに、下手な戦闘よりも疲れた…)」

一方通行「どォしようもねェし寝るか……」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 11:33:14.14 ID:6eObDosi0
もう本当にこの話は何処へ向かえば…orz

じゃあ俺、大覇星祭読み終わったから次イタリア旅行記読んでくる
原作読んでないのに核の辛いわ

本当に誰かにパスしたいにゃーよろしゅう!

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 11:35:33.71 ID:6eObDosi0
なななななななき、気のせいデスヨ気のせい!!!
きっと別人、そうさそうなんだ!

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 11:41:28.62 ID:6eObDosi0
何だよ何なんだよ俺ってば何人いるんだよ!!
一方さん関係が落ちていくのがいやで書いてみればこの様だよ全く

そんなわけで、保守戦争によりバトンタッチすることを祈る
オルソラ可愛いよオルソラ

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 17:59:04.12 ID:6eObDosi0
個人的にはコレ最強に笑った
ttp://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1266416362/

193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 20:08:32.70 ID:6eObDosi0
上条「はぁ…なんだろうこの緊張感
   校内で緊張するとかなんの罰ゲームですか!?」

上条「って、保健室の先生探してこなきゃな」




--In 職員室--

小萌「ふぅ」

黄泉川「そういえばそっちの転校生はどうじゃん?」

小萌「1時間目が終わった辺りから顔色が悪いので保健室に行ってもらいましたよ」

黄泉川「はぁ?保健室?」

小萌「黄泉川先生、きちんとあの子の体調管理してるんですか?
   顔が真っ青でしたよ
   いくら転校初日とはいえ、あんなに無茶をさせなくても!」


194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 20:09:44.14 ID:6eObDosi0
黄泉川「アイツはいつも顔が白いじゃん」

小萌「違います!そんなこと言ってるんじゃありません!」

黄泉川「失礼じゃん、そしてヤツの場合は単なるサボリ」

小萌「本当に顔色が悪かったんですよ!」

黄泉川「さぁ~て起こしに行って来ようかな」

小萌「わわわ~ストップストップなのです!!」

黄泉川「小萌先生は優しいじゃんねー」

小萌「そういう訳ではないですけど」

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 20:10:44.53 ID:6eObDosi0
黄泉川「保護者の私が『出席させろ』って言ってるのに」

小萌「でもでもでも、担任は私ですから!」

黄泉川「やっぱり私のクラスの方が良かったじゃんよー」

小萌「一緒に暮らしていて更に同じクラスとかありえません!」

黄泉川「あれ?小萌先生のトコの前の転校生は?」

小萌「姫神ちゃんは今は別に住んでるんですよ」

黄泉川「じゃあ、宿泊先を変えれば…」

小萌「駄目ですよー、もうクラス替えは無しなのです」

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 20:16:54.95 ID:6eObDosi0
上条「小萌先生、保健室に誰も居ないんですが」

黄泉川「噂をすれば…」

小萌「上条ちゃん!って保健室の先生ですか?」

上条「はい、誰も居なかったから探して歩いてたんですけど」

小萌「じゃあ、先生が探しておきますから、上条ちゃんは教室に戻ってください
   次の授業が始まっちゃいますよ!」

上条「はーい」

黄泉川「ちなみに鈴科は?」

上条「ベッドで寝てますよー」

黄泉川「へぇ~~~」

小萌「黄泉川先生!」

黄泉川「はいはい」

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 20:20:53.77 ID:6eObDosi0
--In 保健室--

一方通行「…寝込み襲うとは、そォいう趣味か?
     おい、授業はどうしたよ」

土御門「愚問だな」

一方通行「率直に言うと、俺も知らねェンだよ
     裏の情報ってのはテメェの方が専門だろ?」

土御門「…………」

一方通行「説明して欲しいのはこっちも同じだ
     昨日いきなり「転校」の話が舞い込ンで逃げるまもなく本日に至るわけだ
     仕事は今までどおり「一方通行」のままで行う、文句はねェな?」

土御門「仕方ないな、ただ常に二人揃って抜けるわけにはいかないな」

一方通行「時間くれェずらせば何とかなるだろ」

土御門「……面倒なことを…」

一方通行「そりゃお互い様だ」

土御門「それにしても、だ」

201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 20:22:31.25 ID:6eObDosi0
土御門「俺が知りたかったのは実は『性別』のことだったにゃー」

一方通行「そっちかよ!!!」

土御門「似合ってますぜい、鈴科さん プププ」

一方通行「……テメェ」

土御門「今更だにゃー、なんなら写真撮って海原や結標にも」

一方通行「殺すっ!」

土御門「せっかく似合ってるのに勿体無いにゃー」

一方通行「ンな事言われて嬉しいと思うキャラか俺は…」

土御門「おおぅ、スイッチ入れるなドアホ!」

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 20:29:05.39 ID:6eObDosi0
土御門「ここはあくまで学校だぜい!能力使用は禁止だにゃー
    というわけで『同級生』としてよろしくだにゃー」

一方通行「ふん」

土御門「そしてせっかくの転校生にこの土御門元春がプレゼントを用意したんだな
    どうせならもっと面白い方がいいと思ってメイド服を…」

一方通行「ただの同僚にメイド服着せるとかどンな神経してンだよ」

土御門「夢は世界中をメイドにすること、手始めに身近なヤツからGoだにゃー」

一方通行「あァそォ…」

土御門「そのキッツイ眼差し!」

一方通行「目つき悪ィのは今に始まったことじゃねェだろ」

土御門「『夢は見るものだ』って昔の日本の偉い人が言ってたんだにゃー」

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 20:43:24.23 ID:6eObDosi0
土御門「このメイド服、ねーちんとはまた違った意味でいいと思うんだけどにゃー」

土御門「ラインの細い貴方には是非コレを!
    派手さは抑えてシンプルにフリルと刺繍で清純派で売りながらも、
    容姿の華やかさを際立たせるために黒の布地がちょいと多め
    それにより一見地味に抑えているように見せかけて
    実はスカート丈が通常よりも短くしてあるので、
    かがんだ時には胸よりも足に視線を持っていってしまうという
    貧乳には超優れもの!!」
    
一方通行「………で、俺はそれにどんな反応すりゃいいんだ?」

土御門「アレ、『可愛いーそれ着てみたいー』とか無いかにゃー?」

一方通行「とっとと授業に戻りやがれ」

土御門「スルーされた…そして一度抜けた授業には戻れないのにゃー」

一方通行「ンじゃそれ持ってどっかに消えろ」

土御門「連れないお言葉で」

一方通行「期待も何もしてねェくせに」

土御門「期待してるならお応えするのが男だにゃー」

一方通行「帰ってくるな、近寄るなぁあ!!!」

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 20:57:35.38 ID:6eObDosi0
--なんだかんだと昼休み--





上条「早く購買にいかねーと…」

一方通行「………おい待てコラ」

上条「何でしょうって、うわああああああああ!」

一方通行「完全に忘れてただろ」

上条「は、はい」

一方通行「昼休み、起こしに来るって言ってたよな」

上条「そ、それはお前が「寝かせろ」って断ったから、そそそのですね」

一方通行「おかげで最悪の目覚めだった」

上条「それは『逆切れ』ですよー、もしもーし」


208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 21:02:50.79 ID:6eObDosi0
上条「俺が言うのも何ですが、もう少し規則正しい生活をだな」

一方通行「確かにテメェにだけは言われたくねェな」

上条「……え、自分で振っておいて何ででしょうか?」

一方通行「規則正しい生活しようが『補習』の常連なンだろ?」

上条「そそそそそそそれとこれとは話が別と言いますか、ですね」

一方通行「得られるのは『体力馬鹿』ってだけじゃねェか」

上条「悪いことじゃないだろ
   それに最近だとあの居候のおかげで頭の方(主に頭皮)も大分丈夫になってきたしな」

一方通行「居候と頭と何関係があるんだ?」

上条「色々あるんですよ(遠い目)………」

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 21:11:42.48 ID:6eObDosi0
上条「で、今更だけど何で最悪の目覚めだったんだ?」

一方通行「黄泉川に起こされた」

上条「黄泉川ってあぁ隣のクラスの担任の黄泉川先生か」

一方通行「怒鳴られるわ、ベッドから蹴り落とされるわ最悪だ」

上条「そりゃまた過激で」

一方通行「頭痛ェし、気分悪ィし、寝なおしてェ」

上条「お前の睡眠時間は1日一体何時間なわけ?」

一方通行「数えたことなんてねェよ、睡眠なんて寝たい時とるもンだろ?」

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 21:16:05.00 ID:6eObDosi0
上条「あ、やべぇ!!!」

一方通行「は?何が?」

上条「早くしないと売り切れちまう!
   ちなみにお前、昼は?」

一方通行「ねェよ、寝起きだし一食くらい抜いたところで…」

上条「それが身体に悪いって言ってんだよ
   午後は授業出るんだろ?ほら行くぞ」

一方通行「ちょっ……!!」

上条「購買までダーーーシュ!!!!」

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 21:18:46.04 ID:6eObDosi0
青髪「あれはカミやん」

土御門「隣に誰かいるみたいだにゃー」

青髪「おおお!!!転校生ちゃんと一緒やで
   ってもう手を繋いでおるなんて!!!!
   やはり『保健室』はフラグだったかぁぁああ!!!」

土御門「性格には『腕掴んでる』だにゃー」

青髪「初日にしてカミやんに完敗か」

土御門「カミやん相手じゃ、クラスの男子じゃ歯が立たないぜい」

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 21:20:44.37 ID:6eObDosi0
ごめん、SSネタ切れ
このお話本当にどうしようか、>>1よスマン

そして細かい間違い多いね、黄泉川は「月詠センセ」って呼ぶんでしたね失敬

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 21:48:26.56 ID:6eObDosi0
>>220
お前が書くべきじゃね?とかミサカはミサカは(ry

237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 23:09:39.43 ID:6eObDosi0
ここからラブコメ展開に発展するのね!ってミサカはミサカは(ry
俺が書いても日常をだらだら書き続けるだけだし
盛り上げれるヤツに渡したいところなんだが~


そして能力モードOFFの一方さんにいたずらしたい気持ちはとてもわかるぞ、うん


355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/22(月) 00:01:34.53 ID:a+dfYabD0
保守
もう誰も来ないのかなー?

360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/22(月) 01:24:45.43 ID:a+dfYabD0
どーもID:6eObDosi0です
誰も来ないしちょっとだけど続き書きます
投げ出しで本当に申し訳ない
ほんじゃいきます

362 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/22(月) 01:26:12.66 ID:a+dfYabD0
上条「やはり混んでますか
   だよなー、チャイムなってすぐだもんなー
   やっぱ売店行く時は休み時間だよなー」

一方通行「何だァ?この人だかり」

上条「戦争だよ戦争」

一方通行「戦争だァ?」

上条「そう!一つのパンを巡っての学生同士の戦いが今ここで開始される
   取り合い奪い合い、そして会計を済ませたものだけが勝利者となれる学校の売店」

一方通行「…テメェの言葉に酔ってるのは構わねぇが
    とっくに開始されてて、出遅れてるんじゃねェのか?」

上条「そうとも言う、というわけでお前はここで待ってろ
   上条さんはちょっくらあの戦地に行ってくるから」

364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/22(月) 01:27:29.46 ID:a+dfYabD0
一方通行「(待ってろって言われたけど、ここでどォしろと)」

一方通行「(……なんか目立ってンなァ、この頭だし仕方ねェけど)」

一方通行「(待つだけって何してろってンだよ)」

土御門「どうしたにゃー?」

一方通行「待ちぼうけ中だよ待ちぼうけ、あの野郎、誰待たせてるかわかってンのかァ?」

土御門「カミやん?」

一方通行「(指差す)」

土御門「なーるほど」

366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/22(月) 01:30:34.59 ID:a+dfYabD0
土御門「じゃあ、飲み物でも買いに行きますか、自販機はすぐそこだぜい」

一方通行「……めンどくせぇ」

土御門「1人寂しい転校生は親切な隣人が恋しいですかにゃー?」

一方通行「ンなわけねェだろ、ふざけンのも大概にしろ
      そンなに殺されてェのかテメェは」

土御門「まぁまぁ
     あっちのことはあっちに任せて、こっちはこっちで用事でも済ませましょうぜい
     こーいう時はカミやんの分も一緒に買うもんだにゃー」

一方通行「つったって、あの野郎に何買えばいいンだ?」

土御門「こーいうときは「お茶」でも買えばハズレは無いんだにゃー」

367 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/22(月) 01:33:51.80 ID:a+dfYabD0
上条「ワリィワリィってあれ?誰も居ませんね、はい」

上条「どーこ行ったんだ、アイツ」

土御門「カーーミやーーーん」

上条「おー土御門と一方…じゃなくて鈴科」

土御門「飲み物買ってきたんだにゃー、ほれ、カミやんの分も」

上条「おーサンキュウサンキュウ
   こっちは焼きそばパンとサンドイッチをゲットしてきたぜ
   ほら、こっちは鈴科にだ」

一方通行「……ンなの俺は頼ンでねェぞ」

上条「あれ?焼きそばパンの方が好みか?じゃあ、こっちだな
   両方ってのは無しだぞ、それじゃ上条さんが飢え死にだ」

一方通行「ンなこと言ってンじゃねェよ、あったま悪ィな三下!!!」

上条「あーもうどっちなんだよ!」

土御門「んんん~、二人して初日にしてもう喧嘩かにゃー?
    さすがカミやんお熱い事で~」

368 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/22(月) 01:39:07.24 ID:a+dfYabD0
一方通行「黙ってろ土御門(ギロッ)」

上条「何なんですか、この不穏な空気
   ……っていうかもしかしてお二人ってお知り合いってヤツですか?」

一方通行「知らねェよ、今日が初めて初対面だ初対面」

土御門「どうかにゃー?」

一方通行「そこは否定しろよ!」

上条「そっか知り合いか、土御門だし今更驚きもしないけどな」

一方通行「違うって言ってンだろ!」

上条「この世界広いようで狭いだよなー、ほんとさ」

一方通行「だから人の話を…」

上条「最初から土御門に絡んだ方が良かったんじゃないか?
   ほら俺だと色々気まずい… ゴスッ(←顔面にペットボトルを食らう音)」

371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/22(月) 01:48:34.20 ID:a+dfYabD0
土御門「ストラーーイク」

上条「…な、何故……」

一方通行「クソッ……教室戻る」





土御門「見事に至近距離の直球でしたにゃー、
    鈴科が持ってる缶コーヒーじゃ無いだけ良かったんじゃないかにゃー?
    なんという幸運!これも土御門様のおかげだぜい」

上条「っつーーー痛ぇーーー!何なんだよホント」

土御門「女心は難しいんだにゃー」

上条「お前ら待ってる間に何かあったのか?」

土御門「いや何も~、
    自販機案内しただけで何にもないし、何かあったのはついさっきだにゃー
    さぁ、カミやん!追いかけるんだ、そして仲直りイベントだにゃー!」

上条「いつにも増して楽しそうだなお前」

372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/22(月) 01:54:22.28 ID:a+dfYabD0
一方通行「(いきなりバレたじゃねェーかよクソメガネ!!!)」

一方通行「(あいつワザとだろ、絶対ェワザとだろ?
     さっきから何度も何度も…わかっててやってンだろ)」
    
一方通行「つーか今更だけどコレどォすんだよ…、まず教室帰るか
     保健室行ったらまた追い出されンな黄泉川に、クソッ」



 バン! ←教室の戸をイライラのため開ける際に足で勢いよく蹴った



一方通行「あっ……」



 ビクッ……し~~ん ←思わず沈黙のクラスメート

373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/22(月) 01:58:03.92 ID:a+dfYabD0
一方通行「(やべっやっちまった、
     って何だってこの俺がンなこと気ィつけなきゃいけねーンだよ、クソッ)」

上条「おい、待てって鈴科」


上条「あっ」←更にクラスの沈黙に気付く人



青髪「さすがやさすがやでカミやん~~初日から転校生ちゃんと痴話喧嘩なんて」

吹寄「上条、何をしたああああああ!!!!
   こんな時は十中八九貴様の責任だってことはわかってるんだから!」

上条「はいっ!ごめんなさいごめんなさいごめんなさい
   よくわかんないけど俺が一番悪いんですぅ!すみませんでしたぁ!」

一方通行「………(唖然)」

吹寄「上条が失礼をした、私からも謝ろう」

一方通行「そォかよ…(何だこの乳のでけェ女は)」

吹寄「この男の事で困ったことがあればいつでも言ってくれ」

上条「なんで俺限定なんですかぁあああ!」

吹寄「黙れ上条のくせに!!!」

375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/22(月) 02:02:13.05 ID:a+dfYabD0
上条「吹寄もう勘弁してくれ、本当に休み時間が残り少ないんですよー
   飯食わせてくださいよ~」

吹寄「まだ食べてなかった貴様」

上条「買ってきたばっかりなんだってば、ほら」

吹寄「あぁ、鈴科さんもまだみたいね」

上条「ほっ助かった」

吹寄「早めに糖分摂取しないと、残り時間の授業が頭に入らないわよ
   ただでさえバカなんだからこれ以上入らなくしてどうするの?」

上条「そうですねーわかったのでもう許してください(しくしく)」

378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/22(月) 02:07:22.00 ID:a+dfYabD0
上条「あーーようやく開放された」

一方通行「何だァありゃ」

上条「あいつは名前は吹寄」

一方通行「……おい、そンだけか?」

上条「クラスに居りゃおいおいわかるだろ
   それよりも何だよさっき、何怒ってたんだ?」

一方通行「テメェはアレか馬鹿ですかァ?って馬鹿だったな、
      あーあ俺の方が失言だったな」

上条「やっぱ機嫌悪いじゃないか」

一方通行「普通ここで蒸し返しますかァ、あァ?」

上条「どうでもいいけど、早く食べろよ時間ないぞ」

一方通行「チッ…」

上条「あぁ!!何お前空腹にコーヒーとか飲んでんだよ」

一方通行「好きにさせろ三下、いちいちうるせェぞ」

380 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/22(月) 02:14:32.13 ID:a+dfYabD0
上条「しかもそれブラックだろ?絶対身体に悪いって!」

一方通行「だからうるせェって言ってンだろ三下!日本語通じねェのかよテメェは!」

土御門「はいはいはいはい、鈴科さん?」

一方通行「あァ?テメェもとっととうせろ」

土御門「鈴科さんったら今まで猫被っちゃって
    もう口調が崩れてますぜい」

一方通行「あっ…」



青髪「キターーーーーーー!ツンデレ通り越してツンギレ!
   今までクラスに居なかったキャラ降臨やで!(クネクネクネクネ)」

上条「あぁ…まぁ…うん、ちょっと楽なったんじゃないかお前も
   これからは素のままの方が楽だって絶対」

一方通行「…帰りてェ、つーかも俺帰る」

上条「待て待て待て!帰るな!午後くらい出ろよお前!!!」


382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/22(月) 02:19:13.20 ID:a+dfYabD0
土御門「カミやんの不幸は周囲にも伝染するんだにゃー、新発見新発見」

上条「何もかもお前が仕組んでいるようにしか感じないぞ土御門」

土御門「いやいや何もしてませんぜい」

一方通行「ただでさえ胡散臭ぇテメェが、今日は吐き気がするくらい見たくねェな」

土御門「見たく無いだなんて、転校したばかりで緊張しているだろうと思って色々頑張ったのに酷いにゃー」

一方通行「それが余計なお世話だっていい加減気付けアホ」

土御門「きちんと気付いてるぜよ(キリッ!)」

一方通行「オーケーオーケー、やっぱ今すぐ殺されてェみてェだな」

上条「おいちょと待てええええ!!!
   その握った缶コーヒーはまだ中身が入ってるだろ、投げようとするな鈴科!
   それは周りの被害が計り知れないぞ!!!」

383 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/22(月) 02:29:04.38 ID:a+dfYabD0
上条「ま、まぁいいから飯食い終わろうぜ」

一方通行「チッ…!!!」

上条「はぁ、…不幸だ」

一方通行「(今日に限っては俺が言いてェとか思っちまった…クソッ)」

上条「ハムチーズサンド、美味いぞ、ほら食えって
   せっかくの上条さんの奢りをだなぁ」

一方通行「だったら金返す」

上条「こんなことしてやるのも初日だけなんだから、受け取っとけって
   ほら転校祝いとかで貰っとけ」

一方通行「やけに安い祝いだな」

上条「これでも戦場からの戦利品なんですけどね」

土御門「いらないんだったら俺が貰うぜい」

一方通行「テメェにやるくれェなら今すぐ食う」

土御門「(上条に向かってブイサイン!)」

上条「(土御門に向かってグゥ!)」

385 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/22(月) 02:36:47.44 ID:a+dfYabD0
上条「美味いかソレ」

一方通行「いちいちうるせェーな
     はいはい、とォっても美味しいですよーこれで満足か、あァ?
     ガキみてぇにいちいち報告の義務なんてねェだろ」

上条「くぅ~何なんですかこの態度!って思ったところで一方通行だしこんなもんか
   ちなみに上条さん的にはこの焼きそばパンが最強!
   今度気が向いたら食べてみろよ」

一方通行「気が向いたらだァ?
     俺が買いに行くわけ無ェンだから食わせたきゃテメェが用意しとけ」

上条「じゃあ、明日も売店行かないとな
   明日は昼休みじゃなくて休み時間にでも」

一方通行「何処までもお人よしなヤツ…馬鹿じゃねェの」

上条「はい?」

386 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/22(月) 02:41:13.49 ID:a+dfYabD0
小萌「はーい、皆さん席についてくださいねー」

上条「もうそんな時間かよー
   あっという間の昼休み過ぎて休んだ気がしねえええ!!!
   たった45分の間にイベントありすぎじゃね?」

小萌「上条ちゃんたちはまだ食べてたんですかー?」

上条「もう食べ終わったんで問題ないです」

小萌「じゃあ早く机の上を片付けてくださいねー
   もう教科書広げる時間なんですよ」



上条「はぁ…、まぁ食べ終わったし問題ないか」

上条「おーい教科書って、えっとあの聞こえてます?」

一方通行「……るせェ、聞こえてるよ三下ァ」

上条「も、もしかして眠いんですか?お前どんだけ寝るんだよ
   禁書目録の食欲にも驚くが、お前の睡眠よくも相当だな」

一方通行「(禁書目録?どっかで聞いたなァ)………zzz」

上条「いやいやいや何また寝ちゃってるんですか!!
   しかもこんな堂々と!!!」

388 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/22(月) 02:49:58.00 ID:a+dfYabD0
上条「(これって…やっぱ教科書で隠してやったほうがいいんだよな
    コイツのためにも、小萌先生のためにも)」

上条「(となると教科書を鈴科の方に多めに寄せて)」

上条「(でも俺も教科書見ないといけないし)」

上条「(これって…相当接近することになりますが起きた瞬間に瞬殺とかってなっちゃいますかね?)」



上条「なんだか隣は気持ち良さそうなんですよ!畜生!!!」


上条「はぁ…不幸だ」


389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/22(月) 02:51:46.78 ID:a+dfYabD0
よし、区切りがいいな
俺も寝る

海原の家にいって寝たいなコノヤロウ

541 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 10:43:37.17 ID:2U/45FgR0
上条「授業も大分進みましたが……何故こいつは当たらないのか…
   そして注意もされないのか」

上条「人の視界に反射かけてるんじゃないだろうなー
   そんなこと出来るのか?」

上条「俺が寝たら周囲からの通報ものだぞ、ったく」





小萌「はーい、じゃあ今日の授業はここまで
   皆さん気をつけて帰ってくださいねー」

上条「そして、何事もなかったかのように授業も終わってしまうんですよねー、このやろう」

上条「おーい鈴科さーん、もしもーし学校終わっちゃいましたよ」

一方通行「……ンァ?」

上条「あぁ起きた起きたって、何でまた寝るモードなんですか!
   もう帰っていいんですから、お家で寝てくださいよー」

542 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 10:44:19.58 ID:2U/45FgR0
土御門「転校生ちゃんはまだ就寝中かにゃ?」

上条「また寝やがりましたよコイツは」

青髪「転校初日に保健室、更に授業はサボるなんてやっぱ新しいキャラ発掘やな~」

上条「お前の許容範囲って際限ないのな」

上条「(青髪よ、相手はあの一方通行だぞ!?)」

土御門「(知らない方が幸せなことだってあるんだにゃー)」

青髪「前も言ったやろ、落下型ヒロインのみならず~」

上条「はいはい、わかったわかったから」

青髪「本日は許容範囲の新たなる一ページをめでたく付け足す日となったんやでぇ~」



一方通行「テメェら人の頭上でごちゃごちゃと…」

543 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 10:45:01.77 ID:2U/45FgR0
上条「おー起きた」

土御門「今何時かわかりますかにゃー?」

一方通行「知るか、時間くれェテメェで確認しやがれ」

土御門「鈴科さんお一人様起床完了だにゃー」

上条「午前中は保健室、午後は授業出ても寝て終わるとか、お前一体何しに学校来たんだ?」

一方通行「病弱設定つけられてンだ、別にいいだろォ
     設定どおりに振舞っただけだ」

上条「設定がなくてもあなたは絶対にそうしてましたよね?」

青髪「そないな設定で素性隠しやなんて、ますます魔法少女への道が開いてきたわ~」

一方通行「魔法少女だァ?」

青髪「転校生は魔法少女って決まってるんや」

土御門「じゃあ、魔法のスティックが必要だにゃー」

一方通行「こいつらの会話が全くわかンねェー説明しろ三下」

上条「俺もあんまりアニメとかわかんないしなぁ、困った」

姫神「魔法のスティックなら私持ってる(ビシッ!)」

545 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 10:45:55.43 ID:2U/45FgR0
一方通行「なァンかまた変なのが沸いてきたな」

上条「姫神」

一方通行「つーかそれ、魔法も何も俺には人を殴り殺せるような棒に見えンだが?」

姫神「ううん、魔法のステッキ
   ボタンを押すと電撃が走る」

一方通行「魔法もくそもねェぞそれ
      護身用か?立派な凶器じゃねェか、ンなもん振り回すな危ねェ」

姫神「また知り合い?」

上条「ははははは」

姫神「また助けたの?」

上条「ないないないないこいつに限って断じて無い」

姫神「ふぅ~ん」

546 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 10:46:42.44 ID:2U/45FgR0
青髪「転校生二人揃って魔法少女ええなぁ~、
   カラーも白と黒、それこそ休日朝の元祖プリ○ュアが可能
   もう1人転校生が増えることが今後の期待やで~~!!」

一方通行「マジこいつ何言ってンだ
     会話の上から下までさっぱりわかンねェぞ」

上条「異国の言葉だと思ってください」

姫神「あなたの分の魔法のスティックも必要?
   だったら私持ってくる」

上条「いやいや要らないから必要ないから用意しないでくださいねー
   つーか教室で決めポーズ取らなくてもいいですからねー姫神さん!」


547 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 10:47:25.13 ID:2U/45FgR0
上条「っといけね、そろそろ行かねぇと」

土御門「どうしたカミやん」

上条「今日は卵の特売日だから俺帰るわ」

土御門「じゃあ今日は解散だにゃー」

上条「お前らどうすんのー?」

青髪「用があるんでお先にどうぞ」

土御門「オレも寄るとこがあるんだにゃー」

姫神「私は小萌に呼ばれてる」

上条「そっか」


上条「お前は?」

一方通行「あァ?とっとと帰るに決まってンだろ
     俺はもう帰っていいンだな?いい加減帰るぞ、ったく」

上条「いやあの、鈴科さんを起こすために皆さん集まってくれたんですけどね
   いえなんでも無いです」

548 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 10:48:08.01 ID:2U/45FgR0
上条「さ~てとタイムセールタイムセール」

一方通行「主婦臭ェな三下」

上条「男子学生の1人暮らしなんてこんなもんだろ
   そうそう外食ばっかりしてられないっての
   ただでさえ上条家は色々と食費がかかるのに」

一方通行「居候だァ?何飼ってんだよ」

上条「飼うとかって…まぁ、猫を飼っていたりはするんだが」

一方通行「どンだけ食べる猫なんだよ、お前本当に飼い主か?
     逆にもう飼われてンじゃねーのか?」

上条「食べるのは猫じゃなくてですねーえっと」

上条「お、おおおおおおおー、この目の前のスーパーに用があるんですよ!
   じゃあそーいうことでまた明日」



結標「え?」←スーパーから出てきた人

一方通行「あ?」

549 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 10:49:18.22 ID:2U/45FgR0
結標「え、ちょっと何?あんた一方通行よね?
   そんな趣味があるわけ??」

一方通行「~~~~~…」

上条「お知り合いですか?じゃあ俺はスーパー行ってますのでお二人でごゆっくり」




一方通行「……テメェは何してやがンだ」

結標「何って買い物に決まってるじゃない、見て分からない?」

一方通行「テメェが料理だァ?また食えもしねェもん並べンじゃねェだろうな
     人に出すンならもォ少し練習してからにしろ
     アレじゃ本当に毒見だろ毒見、人を手料理で殺しましたァなんざ洒落にならねェぞ
     それとも何か、新たな殺害方法かァ?」

結標「女装趣味の変態がよく言うわよ
   その変態さに比べたら私の料理の腕が未熟なことくらい可愛いものじゃない
   それにこっちは頑張れば何とななるけれども、性癖って治るの?」

一方通行「……女装じゃネェよ」

結標「は?」

558 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 13:01:26.00 ID:2U/45FgR0
連続投下規制されてた

>>553
すまん、2巻と9巻・10巻読み直す

560 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 13:04:23.21 ID:2U/45FgR0
結標「女装じゃない?」

一方通行「認めたくねェがなァ」

結標「性転換手術でも受けたの?」

一方通行「ンなわけねェだろ」

結標「え?じゃあ何よその格好」

一方通行「(……笑われた方がまだやりやすいなァ、
     何でコイツはこんなに淡々としてンだよ)」

結標「普段どんな格好で歩こうがこっちは別に構わないけど
   これからもその格好で来るの?」

一方通行「行くわけねェだろ、何考えてやがンだ」

結標「それだけスカートも短いと動きやすいと思うんだけど」

一方通行「落ちつかねェての
     こんな姿で戦闘だなンざ、いつものどっかの誰か見てェに
     大事な時に演算ミスっちまうかも知れねェしよォ」

561 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 13:12:31.21 ID:2U/45FgR0
結標「でも好きでやってるんでしょ?」

一方通行「好きなわけねェだろ、勝手に決め付けンな」

結標「花まで付けちゃって可愛いじゃない」

一方通行「これは付けられたンだ、進んで付けるわけねェだろ」

結標「でも外してないし、貴方は気に入らなければ絶対やらないタイプでしょ?
   別に貴方がロリコンであろうと変態であろうと私には関係ないし
   いいんじゃない、好きなこと好きなようにしていれば」

一方通行「さらっと何付け足してんだよテメェ、
    そんな早く死にてェんならとっととその寿命を終わらせてやるぜ?」

結標「何こんな街中でやる気満々なのよ、馬鹿じゃないの?」

一方通行「周り巻き込むつもりはねェよ、死ぬのはテメェたった1人だからな」


結標・一方通行「……………」




上条「お前らまだ話し込んでたんだ?」

562 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 13:15:00.43 ID:2U/45FgR0
一方通行「テメェこそ何でそんなに早いンだよ」

上条「欲しかったの卵だけだし
   無駄なもの買えないんですよー経済的に
   色々見て回って無駄遣いするよりも、とっとと出たほうがいいんですよ」

結標「やけに家庭的ねこの人」

上条「俺は帰るぞ、後はお二人さんでごゆっくり」

一方通行「あ、おい!」

結標「早く追いかけないと置いてかれちゃうわよ」

一方通行「チッ」

結標「じゃあね、また今度」


565 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 13:20:39.81 ID:2U/45FgR0
上条「いいのか、話があったんじゃないのか?
   別に俺のことなんて気にしなくていいぞ」

一方通行「気にしてねェし、俺だって帰りてェンだよ」

上条「ふ~ん」

一方通行「ンだ?何なんですかァ?そのハンパな返事は」

上条「別にぃ」













美琴「ちょっとアンタ!!!」


566 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 13:25:55.58 ID:2U/45FgR0
上条「はい、今度は何ですか?って御坂じゃん」

一方通行「次から次へと…何なんだよったく
     (ってよりにもよってオリジナルかよ)」」

美琴「今日は一体どなたと歩いているんでしょうね!?
   本当に節操無いわね!」

上条「誰?とか言われましても…(チラリ)」

一方通行「(こっちに振ンな)」

美琴「ん、何処かで……」


567 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 13:29:01.28 ID:2U/45FgR0
美琴「その顔…ってあれ?」

御坂妹「一方通行ですね、とミサカは即答します」

上条「増えた!!」

美琴「おーアンタか
   そうね、そっかそっかこの顔何処かでって思ったけれども一方通行ね」

美琴「………」

一方通行「………」

上条「………」




御坂妹「………クスッ」

568 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 13:31:10.50 ID:2U/45FgR0
美琴「ええええええええええええーーーーーー!?」

上条「うるせーーぞ、通行人にご迷惑だ!」

美琴「待って待ってちょっと待って、え?一方通行、ちょっと冗談でしょ?」

御坂妹「お姉さま冗談ではありませんよ、とミサカは事実を告げます」

美琴「女だけじゃ飽き足らず、男にっていうかよりにもよって一方通行に
   コココココスプレさせてまで侍らせようとしてたわけ?
   どんだけ飢えてるのよ!そこまでしたいわけ?
   アンタってそーいう趣味だったの!?」

上条「何で俺をいきなり責め始めるんですか!
   普通に考えて質問相手間違えてませんか!?
   俺が問い詰められる理由とか全くわからないし理解不能なんですが!!!」

美琴「連れまわしてるのはアンタなんでしょ!?
   こんなに短いセーラーとか用意しちゃって!
   マニアックにも程があるわよ!!」

上条「ご冗談を!?誰がそんな趣味持ってんだよ!!!
   おい、お前のことなんだから弁解しろって
   って何1人で帰っちゃってるんですかぁぁぁぁあああ!!!」

572 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 13:40:36.46 ID:2U/45FgR0
一方通行「これ以上面倒に関わりたくねェンだよ」

上条「いやいや貴方自身のことですってば、待ってくださいよォ!
   って待て御坂落ち着け、な?
   こいつ本当は女だってだけだって」

美琴「そんなわけ無いじゃない!さすがに無理あるわよソレ」

上条「本当なんだってば(きっと)」

美琴「か、仮によ?仮に本当に女だったとして、しょ、証拠とかあるわけ?」

上条「証拠?し、知らねぇよ!!」

美琴「動揺しているところがますます怪しいわね!!!」




御坂妹「………あの失礼します」

一方通行「あァ?」



ムギュ

573 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 13:44:00.02 ID:2U/45FgR0
一方通行「なァにしてやがるんですかァ?」

御坂妹「AA」

一方通行「はァ?」

御坂妹「お姉さま、一方通行の胸のサイズはAAですとミサカは教えます」

一方通行「それがどォした?」

美琴「……勝った…」

一方通行「あァ?」

578 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 15:00:57.54 ID:2U/45FgR0
美琴「私勝った?」

一方通行「………」

美琴「一方通行、一応聞くけどあんたって私より年上よね?」

一方通行「それがどォした?」

美琴「年上に勝った…あれ?私初めて勝ったような気がする…」



一方通行「………くっだらねェ……」


美琴「ええ、ちょっとナニコレすっごい嬉しい」

上条「も、もしも~し」

579 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 15:10:40.29 ID:2U/45FgR0
美琴「ふふ~ん♪なら問題ないわ」←胸を張って

上条「あの…さっぱりわからないんですが…」

美琴「今の美琴さんはとても機嫌がいいの
   仕方が無いから今日のところはコレで勘弁してあげる♪」

上条「はぁ…」

美琴「あんた、きちんと送ってあげるのよ
   一方通行じゃ問題ないと思うけど、一応女の子の格好してるんだし
   変なヤツに絡まれたりでもしたら学園都市の崩壊なんだからね!」

上条「そりゃお前のことだろ」


581 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 15:22:13.31 ID:2U/45FgR0
美琴「じゃあね、それとまた変なのにひっかかるんじゃないわよ~♪」






御坂妹「帰って行きましたね、とミサカはお姉さまの後姿を見送ります」

上条「何なんだあいつ」

御坂妹「先ほどは騒ぎが大きくなるかと思い咄嗟に失礼なことをしました、とミサカは謝罪します」

一方通行「あァ?俺にか?」

御坂妹「はい」

一方通行「テメェに揉まれたくらいじゃ何とも思わねェけどよォ」

御坂妹「異性の前でその発言はどうかと思います、とミサカはチラリと隣を見ます」

上条「こいつ自身「女」ってのに慣れてないみたいだし、仕方ねえよ
   それにしても御坂妹、さんきゅーな
   おかげで戦闘にならずに済んだわ」

582 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 15:35:29.35 ID:2U/45FgR0
御坂妹「これくらい問題ありません、とミサカは首を横に振ります」

御坂妹「それよりも、一方通行の性別が女だと言うデータは私たちにはありませんでしたが
    とミサカは質問します」

一方通行「データ?どっちでもいいだろそンなの
     打ち止めから何か来てねェのか?」

御坂妹「特にまだ…」

一方通行「そんなにデータが気になるなら適当に好きなほうでも突っ込んどけ」

御坂妹「そうですか、とミサカはネットワークへの上書きをしてみます
    それではミサカももう行きます、とミサカは用事を思い出します」

上条「じゃあな、お前も気をつけろよ」

584 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 15:44:55.38 ID:2U/45FgR0
一方通行「今日は何だ?朝からずっと知り合いとのオンパレードじゃねェか
    どこかで何かのイベント何かあんのかァ?
    普段道端を歩いていたところでこんなに人となンざ会わせねぇぞ」

海原「まったくですね」

上条「また増えた!!!!って、あれ?お前」

海原「お久しぶりです、上条さん
   そして、おや?」

一方通行「………ワザとらしいんだよ
     気付いてンだろテメェ」

海原「はい、先ほどの御坂さんとのやり取りをあちらの方から見てましたから」

上条「あちらでって…」

一方通行「馬鹿、そこ突っ込むな」

海原「はい、あちらで(ニコニコ)
   今日も御坂さんはお元気なようで何よりです」

上条「あ、そーいうことね」

585 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 15:57:11.21 ID:2U/45FgR0
海原「それにしても」

一方通行「いやいいからこっちに話題振ってくンな」

海原「可愛らしいですよ、その格好とてもお似合いです
   これからもその姿で居ても構いませんよ
   華やかになるとかと」

一方通行「何真剣に目を見つけて喋ってくンだよ
    その胡散臭ェ顔を殴って欲しいのか?」

上条「お前らもまたまた知り合い?」

一方通行「またとか言うな!」

海原「いつもお世話になってます」

一方通行「気持ち悪ィな、保護者同士の会話みたいな口調で喋ンな」

海原「そして突然失礼ですが、お二人はどのようなご関係で?」

上条「関係?」

586 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 16:01:40.04 ID:2U/45FgR0
上条「関係って言ってもなぁ、ただの同級生だぞ」

海原「同級生ですか」

上条「あぁ、今日転校してきたんだよ
   で、今は帰り道」

海原「そうでしたか」

一方通行「何テメェ人のこと勝手に聞き出してンだよ」

海原「聞き出してませんよ
   聞かれたところで何か不都合がありますか?」

一方通行「テメェの存在自体が都合悪いンだよ」


587 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 16:11:22.95 ID:2U/45FgR0
一方通行「つーかお前またあれのストーカーしてたわけ?
     どンだけ暇なんだよ
     もっと有意義な過ごし方でも探したらどうだァ?」

海原「ストーカーなんて酷い言われ用ですね
   僕の場合は偶然です偶然
   偶然御坂さんを見かけ、そして偶然御坂さんが貴方方に絡んだだけで
   御坂さんに悪いことは何もしてませんよ」

上条「あんまり海原を責めるな、偶然だって言ってんだからさ」

海原「そうです、偶然ですよ偶然」

一方通行「連呼するな、何処の年寄りだよテメェ」

海原「いえいえ誤解を解こうと僕も必死なわけで」

上条「誤解だって言うんだからいいじゃねーか」

一方通行「やけにこいつの肩を持つんだな三下ァ」

海原「まぁ、僕と上条さんも一応『お知り合い』ですから」

上条「そうそうお知り合いお知り合い」

591 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 16:16:52.04 ID:2U/45FgR0
海原「それにしても…上条さんが女性と歩いているのを見て
   少し絞めてやろうと思いましたが、貴方でしたら問題ありませんね」

上条「は?しめる?」

海原「いえこちらの独り言です」


上条「あれ?何故か背筋が凍るような…気のせいか」




一方通行「(くっだらねェ嫉妬で殺意とか出すなアホ)」

海原「(持たぬ物の想いというのは
   持つ物にはわからぬものです…)」

一方通行「(詩人気取ってンな、吐き気する)」


592 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 16:26:56.47 ID:2U/45FgR0
一方通行「で、肝心のテメェの『想い人』はとっととあっちに行ったぞ
     追いかけなくていいのかァ?」

海原「追いかける?
   だから先程言ったとおり『偶然見かけた』んですよ?
   追いかけるだなんてそんな」




海原「そうですね、やっぱり心配ですし行ってきますね
   何かあったら大変ですし」←キリッ



上条「お前…犯罪に加担してどうすんだよ…」

一方通行「いいンじゃねェか、別に直接危害を加えるわけじゃ無ェんだしよォ
     っつーかテメェも海原の怪しさに気付いてたンじゃねェか!」

上条「スルースキルを身に付けたいんですよ上条さんも」

593 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 16:37:52.64 ID:2U/45FgR0
上条「ようやく静かになったな…」

一方通行「そォだな」

上条「……お前、意外に知り合い多いんだな」

一方通行「多いかどォかなんて知らねェし
     仮に百歩譲って知り合いだろうと仲良しこよしなわけじゃねェよ」

上条「そうなのか?随分楽しげに見えたんだけどなぁ」

一方通行「視覚機能がぶっ壊れてンじゃねェか?眼科行け眼科
     それとも脳の方がやられてンじゃねぇか?」

595 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 16:43:53.11 ID:2U/45FgR0
黄泉川「そこの2人!」

上条「はい?ってあれ」

一方通行「黄泉川じゃねぇか」

上条「隣のクラスの担任か」

黄泉川「現在はアンチスキルの仕事中じゃん」

一方通行「丁度いい、家まで乗せてけ
     このままじゃ木原クンが現れても可笑しくねェくらい次から次へと誰かしら現れやがる」

黄泉川「だからこっちは仕事中」

一方通行「仕事中だァ?大して何もしてねェだろ」

黄泉川「仕事中なのにヒマなわけ無いじゃん
日が落ちるのも早くなってきたし、早めに寮に戻るじゃん」

一方通行「乗せろって」

黄泉川「あんたには定期渡したはずじゃん」

596 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 17:01:33.75 ID:2U/45FgR0
一方通行「誰がいちいちバスなんかに乗ってられるかよ
     時間とか気にすンの面倒なンだよ
     テメェ今車だろ?」

上条「まぁまぁ、じゃあ俺たちもう帰りますんで」

黄泉川「寄り道すんなよ」

上条「はーい」

黄泉川「それと、鈴科は明日もきちんと登校するように」

一方通行「今日でマジうんざりだって、明日からは登校拒否だ登校拒否」

上条「そんなことしたら小萌先生からモーニングコールがもれなくくるぞ」

一方通行「電話線抜いて、携帯も電源下ろすか壊す」

黄泉川「じゃあ黄泉川先生が直々に朝起こすじゃんよー覚悟しておけ」

一方通行「テメェの車で登校するなら行ってもいいぜ」

黄泉川「黄泉川先生は起こすだけ
    学生は歩くなり走るなり頑張るじゃん」

597 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 17:17:40.83 ID:2U/45FgR0
黄泉川「っと、コールが入った
    じゃあ、寄り道せずに帰るじゃんよ」




上条「………もう何もないですよね?」

一方通行「マジ何なんだよ今日に限って」



禁書目録「とうま!」

上条「は、はい!って禁書目録?」

一方通行「次はお前の知り合いか?
俺はもう帰るぞ」

上条「あ、あぁ」

598 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 17:21:53.38 ID:2U/45FgR0
禁書目録「とうまったら帰るのが遅いんだよ!
     こっちは暇なんだよ、やることが無いんだよ、お腹空いたんだよ!」

禁書目録「ってそれ食べ物?」

上条「そのレジ袋には買ったばかりの卵が!
  待て待て禁書目録!
  それは生卵だ、殻付きだ!お願いだから壊さないで下さい!!!」





一方通行「(聞いたことある声だけど、まァいいか
     はァ、疲れちまったなァ)」

600 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 17:33:00.32 ID:2U/45FgR0
--ようやく自宅--


一方通行「………何でテメェが扉開けたら居ンだ?」

打ち止め「そこは『ただいまー』でしょって、ミサカはミサカは定番の挨拶を期待してみたり」

一方通行「うっせーな、こっちは疲れてンだ
     何、扉の前で待ってンだよ、お前はメイドか何かかァ?」

打ち止め「『ただいま』って!」

一方通行「あァ?」

打ち止め「『ただいま』って!!」

一方通行「………」

打ち止め「むー、素直じゃないんだから
     じゃあミサカは言うね『おっかえり~』」


バサっ

601 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 17:40:44.76 ID:2U/45FgR0
打ち止め「スカート捲りって一度してみたかったりってミサカはミサカは…
     って痛い!!!何で頬をつねるの!?」

一方通行「一度してみたい、じゃねェだろ」

打ち止め「だってだって、初春お姉ちゃんのお友達がァ~」

一方通行「くっだらねェこと覚えてきてンじゃねェよ」

芳川「あらお帰りなさい」

一方通行「テメェ、打ち止めにどんな教育してやがンだ?」

芳川「どんな教育って言っても…
   今までわたしよりもあなたの方が打ち止めと一緒に居たと思うんだけど
   あなたがそんな教育をしたんじゃないかしら?」

打ち止め「教育云々と語る前に、女子高生の下着の色が黒って言うのはちょっと頂けないかな~
     ってミサカはミサカは腕を組みながら唸ってみたり
     ってまたつねったぁ~~~!ミサカの頬って今きっと赤く腫れちゃってる」

一方通行「いちいち人の下着の色なんざ暴露しなくてもいいンだよ、クソガキ」

602 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 17:45:20.50 ID:2U/45FgR0
打ち止め「おかしいなぁ…、『胸を触っても問題なし』ってミサカは聞いたんだけど
     ってミサカはミサカはネットワークをもう一度覗いてみる
     触ってもいいのにスカート捲られるのと下着の色を話すのは駄目とかよくわからないなぁ
     ってミサ…ふぎゅぅぅ~~~引っ張らないで~」

芳川「あら、もうそんな大胆なイベントが?」

一方通行「触られたのは御坂妹だ、女かどうかチェックされただけだ」

芳川「そう」

一方通行「つーか芳川、なんだあの内申書」

打ち止め「え?何々?」

芳川「あぁアレ」

一方通行「おかげでこっちは大変だったンだ」

芳川「新しい自分探しに役立つかと思ったんだけれども
   ほら、過去を引きずるよりも、道は新しく作るべきじゃない?」

604 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 17:55:03.28 ID:2U/45FgR0
一方通行「自分探しだァ?何処のOLだよ、女子大生だよ
     探さなくても俺は俺なンだからよォ」

芳川「じゃあ『病弱』っていうのはどうしたの?」

一方通行「ンなのとっくに『偽装』だってバレた」

芳川「でも演じようとはしてくれたみたいね」

一方通行「それで思い出した
     何がコレ来てコレつければバレないだよ
     片手じゃ納まらない人数に一方通行だってバレまくったンだよ!」

芳川「有意義な1日だったようで何よりだわ」

一方通行「有意義もクソもあるか!」

芳川「一人一人にちゃんと説明した?
   『実は女でした』って」

一方通行「アホらしくてしてねェ」

芳川「そっちの方が問題だと思うけど」

606 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 18:27:14.79 ID:2U/45FgR0
一方通行「ってクソガキ、何ピッタリと引っ付いてんだよ」

打ち止め「えへへ~、あなたが楽しそうでミサカも嬉しいなぁ
      ってミサカはミサカは喜んでみたり」

一方通行「テメェのその密着感あわせて不愉快で仕方ない一日だった」

打ち止め「またまた~」

一方通行「あの学校、本当に統括理事会が許可したのか?」

芳川「したわよ、だからあなたが行けるんじゃない
   聞いている限りだと知り合いだらけで良かったと思うけれども」

一方通行「知り合いだらけで逆に居心地悪ィぞ」

607 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 18:32:19.16 ID:2U/45FgR0
芳川「そう?じゃあ転校する?
   次は何処がいいかしら、名門系の女子高にする?
   『病弱』設定の次は何にしようかしら…、『バイトをしながら家計を助ける少女』ってのも悪く無いわね」

打ち止め「じゃあミサカも一緒に通えるところ!ってミサカはミサカは主張してみる!」

芳川「あなたも一緒?そうなると附属とかエスカレーター式の所とか…
   『腹違いの年の離れた仲の良い姉妹』っていう設定で」

一方通行「話が通じるやつは居ねェのか…
     ンにしても最悪な一日だったな、クソッ」

芳川「何言ってるの?明日もあるでしょ?」

一方通行「黄泉川にも言ったが登校拒否だ登校拒否」

打ち止め「明日はきちんと『行って来ます』って言ってね
      ってミサカはミサカは今から頼んでみる」

一方通行「登校拒否だって言ってンだろクソガキ
     出ていかねェのに言う訳ねェだろ」

芳川「それとも『妹は養子』とかそんな内容で…」

一方通行「テメェらいい加減にしやがれ!!!」

608 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 18:33:10.71 ID:2U/45FgR0
-fin-  していい?

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。