FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「まだあわてるような時間じゃない」

1 名前:三浦茜の外見と名前だけ借り[] 投稿日:2010/07/20(火) 19:49:30.46 ID:lRg8B9pU0 [1/44]

皆さんこんにちわ!私の名前は平沢憂。中学2年生です!

今日は女子バスケ県大会の準決勝の応援に来ています

注目の選手はもちろん……

監督「おい!平沢は何処行った!?」

三浦茜「じ、自販機のアイスを買いに……」

監督「またか!!まったくアイツは……」

部員A「あ、帰ってきました!」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 19:50:22.42 ID:lRg8B9pU0 [2/44]
純「あ、憂!ほら唯先輩!」

憂「え?あ、ホントだ。おねーちゃーん!!」

会場の入り口からアイスの棒をくわえて、ポニーテールに結った髪を揺らしながらベンチに向かって走っているのは

私の姉で、女子バスケ部のエース、平沢唯。自慢のお姉ちゃんです!!

憂「おねぇーちゃーん!!頑張ってー!!」

唯「あ、憂!ピーース!!」

そう言ってお姉ちゃんは私にピースサインを送ってくれました。

えへへ、学内でも結構ファンが多いお姉ちゃんだけど、独り占めしてるみたいでなんだか嬉しいです。

実は私も髪をポニーテールにしていますが、これはお姉ちゃんに憧れて……本人には恥ずかしいから言えませんけど……///


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 19:51:04.01 ID:lRg8B9pU0
純「い~な~憂は、あんなカッコイイお姉ちゃんがいて……」

憂「そ、そうかなぁ?///家ではゴロゴロしてるんだけどね……」

純「でもそのギャップがカッコイイの!!」

そう、お姉ちゃんは普段はのんびりしてて、寝坊はするし、忘れ物多いし、勉強はしないし……ちょっと困ったお姉ちゃんです。

中学に入ってそんな自分を変えたくて、バスケ部に入ったらしいです。

(まぁバスケットボールを運動会の玉入れみたいなものだと思ってたみたいですけど……)

お姉ちゃん、好きになったコトに対する集中力は凄かったみたいで、どんどん上達していって今や県内ではちょっとした有名な選手になってしまいました。

この前、試合後に県外の女子バスケ名門校の人にスカウトされてました。お姉ちゃん、高校生になったら県外に行くのかな……そうなったら凄く寂しいです


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 19:52:00.88 ID:lRg8B9pU0
監督「よし、いいか!この第3Qでとにかく点差を縮める。どんどん平沢にボールを集めていけ!」

部員達「ハイ!」

唯「茜ちゃん」

茜「ん?なぁに唯?」

唯「どんどん打ってくから、ゴール下ヨロシク!!」フンス!

茜「……誰に言ってんのよ、まかせなさい!」

唯「えへへ~。リバウンドを制するものはゲームを制す!だね!!」

茜「ぷっ、何それ?」クスクス

唯「なっ!バスケ部のくせに桜木様のありがたいお言葉を知らないとは~!!」ブーブー


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 19:52:50.59 ID:lRg8B9pU0
~~~~~~~~~~

律「おーい澪~こっちこっち~」

澪「ちょっと待ってよ律~」

律「ほら、ここからだとよく見えるだろ」

澪「あ、ホントだ……おお~」

律「まったく、私はバスケとかあんま興味ないのに、澪が行きたがるから仕方なく来てやったんだぞぉ」

澪「う……だってこんな人多いの怖いんだもん……」シュン

律「で、いい歌詞が出来そうか?」

澪「お、おう、今度のは青春をテーマにだな……」


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 19:53:37.23 ID:lRg8B9pU0
~~~~~~~~~~

純「ひゃ~、やっぱ唯先輩凄いや、あんなにキツくディフェンスに当たられてるのにどんどんシュート決めちゃってるよ……」

憂「うん!……あ、でもこの前お姉ちゃんが言ってたけど、ゴール下に茜先輩が居るから安心してシュートが打てるんだって!」

純「へ~、いいなぁ……熱い友情って感じだね!」

憂「うん!あの二人、すっごく仲良しなんだよ!!」

紬「いいわぁ」ハァハァ

純「(う、なんか後ろからとても嫌なオーラが……)」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 19:54:25.16 ID:lRg8B9pU0
~~~~~~~~~~

ブー!!

-「タイムアウト!○○中学!」

唯「ゼェ、ゼェ」

茜「ハァ……ハァ」

監督「最終Q、残り5秒で1点差……」

監督「スクリーンプレイで平沢にシュートを打たせる。いつも練習でやってきたプレイだが、もう一度確認するぞ。まず平沢がスローインを~……」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 19:55:06.14 ID:lRg8B9pU0
~~~~~~~~~~

監督「よし、残り5秒、集中していくぞ!」

唯「ゼェ、ゼェ……オスっ!!」

茜「皆!絶対勝って決勝行くよ!!」

部員達「ハイ!!」

-1・2・3・集中!! ダンッ!

純「う~…緊張する~」

憂「……う、うん」ギュッ


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 19:55:49.68 ID:lRg8B9pU0
ブー!!

-「タイムアウト終了です!」

キュッ キュ

唯「ハァ……ハァ……」

唯「(集中っ)」フスー

キュ キュキュッ

茜「ッ!(唯!)」ダッ!

ヒュッ パシッ

唯「茜ちゃん!」ダッ

茜「唯!」シュッ

がしッ!

唯「ナイパーース!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 19:56:34.07 ID:lRg8B9pU0
-ザワッ!!

純「あ!」

憂「お姉ちゃん!!」

唯「ふっ!」シュッ!

律「おおっ」

澪「……!」ドキドキ

紬「……いった」ボソ


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 19:57:24.57 ID:lRg8B9pU0
~~~~~~~~~~

憂「おめでとう!お姉ちゃん!!」

唯「憂~!!」だきっ!

茜「おいおい、そんな汗まみれで抱きついてやるなよ」

純「(茜先輩……近くで見るとやっぱデカっ!)」ドキドキ

憂「えへへ、お姉ちゃんは頑張ったんだから良いんです!」

茜「はは、相変わらずだな憂ちゃんは……」

唯「憂~!さすが我が妹よ~」チュッチュ

茜「ごめんね憂ちゃん、これからミーティングあるからちょっと待っててね。行くよ唯」

唯「あ~い、それじゃね憂」

憂「うん!」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 19:58:41.54 ID:lRg8B9pU0
~~~~~~~~~~

駅前

茜「それじゃ、しっかり身体のケアをするんだぞ」

唯「え~帰ったらさっさと寝たいよぉ~」

茜「駄~目~だっ!まったくもう……憂ちゃん頼んだよ」

憂「は~い」ニコニコ

純「憂は唯先輩の専属マネージャーみたいだね」

唯「そ~そ~、私がここまで上手くなれたのも憂のおかげでございますよ~」

憂「そ、そんなことないよ!お姉ちゃんスッゴイ努力してたの知ってるもん!!私なんか何もしてない……」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 19:59:41.74 ID:lRg8B9pU0
茜「いやいや、唯ってば憂ちゃんが応援に来てくれた時、いつもの何倍もはりきってるんだよ?」

憂「えっ?///」

唯「も、もう!茜ちゃん言わないでよぉぉ」プンプン

茜「何照れてんのよwあ、もう電車来るわね。それじゃね、バイバ~イ」

純「あ、私も一緒に帰りま~すっ♪(これはお近づきになるチャンス!)」

憂「あ、お疲れ様でーす。純ちゃんもまたね~」

唯「ばいば~い」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:00:25.74 ID:lRg8B9pU0
~~~~~~~~~~

帰り道

憂「お姉ちゃん……高校はやっぱり県外に行っちゃうの?」

唯「う~ん……まだ分かんないや」

唯「あ!そんなことより家に帰ってアイスが食べたいなぁ~」

憂「う、うん。………あ、お姉ちゃんゴメン!アイス切らしてたんだった……」

唯「え~!しょんなぁ~~!!」

憂「ご、ゴメン……」

唯「うぅ……は!そういえばさっきの道にコンビニがあったハズ!!」

唯「ちょっと買ってくるね!」ダッ!

憂「あ!お姉ちゃん!?」

憂「もう、疲れてるハズなのに……」クスクス


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:01:08.04 ID:lRg8B9pU0
~~~~~~~~~~

憂「…………」

憂「お姉ちゃん……遅いなぁ」

憂「あ、どれにするか迷ってるのかも!」

憂「帰るの遅くなっても駄目だし、私も行ってみようっと」タッタッタッ


ザワザワ

憂「あれ?何だろうあの人だかり……」

-ヒソヒソ……女の子が……

-ヒソヒソ……信号無視の車が……


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:01:49.83 ID:lRg8B9pU0
~~~~~~~~~~

病院

監督「もうバスケが出来ないってどういうことですか!?」

医者「ハイ、普段通りの生活が出来るまでには回復するでしょう……しかし、バスケ等の激しい運動をすることはもう……」

監督「そんな……」


茜「憂ちゃん!!」

憂「あ、茜先輩!!……ウッ…うっ!」

茜「ゆ、唯は……」

憂「お姉ちゃん……もうっ!………バスケ……出来ないってぇっ……うぇっ…」

茜「………嘘」ドサッ

茜「一緒に……全国行こうって…ふっ…うっ!……約束したじゃない!」ドン!

憂「(私のせいだ……アイス……私が………お姉ちゃんアイス好きなの……知ってたのに……!!)」

憂「ゔぅっ!……ゔゔううゔぅ゙ぅぅ~~っ!!……」ボロボロ

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:03:42.03 ID:lRg8B9pU0
~~~~~~~~~~

皆さんこんにちわ~!私の名前は平沢唯。桜が丘高校のぴっちぴちの1年生です!

和「それを言うならピカピカのでしょ。いやそれもおかしいけど」

唯「和ちゃん!勝手に人のモノローグにつっこまないでよー!!」

和「はいはい……で、もうどの部活に入るのか決めたの?」

唯「え?えへへ~まだ決めてないや……」

和「もう!そんなじゃニートになっちゃうわよ!!」

唯「ガーン!」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:04:33.21 ID:lRg8B9pU0
和「…………ま、無理して入らなくてもいいわよ……」

唯「うん……ありがと和ちゃん」

唯「でも憂に頑張ってる所見せないと!憂、あの日から元気ないからさ……」

和「唯……アンタ大人になったわね」クス

唯「の、和ちゃん酷い!大人になったら大人になるんだよ!!」ふんす!

和「何言ってんのまだ子供でしょうが……あ、この部とかは?」

唯「どれどれ~?」

唯「えーと、よゐこ部?う~ん、なんか万歩計を背負って歩きそうでヤダ」

和「なんか具体的ね。それじゃこれとか、あ、こんなのもあるわよ-………」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:05:19.46 ID:lRg8B9pU0
~~~~~~~~~~

軽音楽部

唯「えと、1年3組の平沢唯です……よ、よろしくお願いしまふ!!」

律「よろしく~私、ドラムの田井中律。んでこっちが」

澪「ベースの秋山澪です。よろしく平沢さん(どっかで見たことあるような……)」

紬「キーボードの琴吹紬です、よろしくね」ニコニコ

唯「(あ、皆いい人そうで良かった~)」ホッ

律「それで、平沢さんは何が演奏できるの?」

唯「えっ?カスタネットとか……」

澪「…………」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:06:04.86 ID:lRg8B9pU0
紬「あ!それじゃあ好きなバンドとかミュージシャンとかは?」

唯「え~と……(や、やばい何か答えないとぉぉぉ)」

唯「こ、こーびーぶらいあんと?」

律「え?そんな奴いたっけか?」

唯「しゅ、しゅいません、いません……うう……やっぱり入部はやm」グスッ

澪「ま、まぁこれから練習してけば大丈夫だよ!!(や、やばい!)」

紬「うん、私もそう思うわ~。あ、そうだ!私たちの演奏を聴いて貰うのはどうかしら??」

律「お、いいねぇ~」

唯「演奏聞かせてくれるの!!」ワクワク!


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:06:47.66 ID:lRg8B9pU0
~~~~~~~~~~

澪「……それじゃぁ始めるぞ」

律「へへ、なんか緊張するなw」

澪「えと、この曲、作曲はムギがやってくれたんだ」

唯「わっスゴ~イ!」

紬「うふふ、なんだか恥ずかしいわ~」ニコニコ

澪「それで作詞は私が作りました」

律「平沢さん、背中痒くなったらごめんな~」ニヤニヤ

澪「なんだとー!!」ゴチン!

律「いってー!!」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:07:31.76 ID:lRg8B9pU0
澪「おほんっ!……えっと、これは少女達の青春をテーマにした曲なんだ」

唯「お~!」

澪「それじゃ聞いてくれ、『青春ストロベリー』!」

律「1・2・3・4!!」

ダンッ!
ジャジャジャーン!

澪「~///♪」

唯「(うわ、秋山さんの声綺麗!あ、でもちょっと照れ臭そう……それに田井中さんのドラムかっこいいし琴吹さんのキーボードは心地良い……)」

ジャカジャカダラララ~ン♪

唯「(でも………でも……これ……)」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:08:23.85 ID:lRg8B9pU0
ボロロ~ン♪

紬「……あら?」

紬「……ちょ!ちょっと律ちゃん澪ちゃん演奏ストーーっプ!!」

澪「ど、どうしたんだよムギ!?」

律「今からが良いところだったのにー!」

紬「ゆ、唯ちゃんが……」


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:09:06.49 ID:lRg8B9pU0
唯「ひぐっ……うっ!うぅぅぅ……ぐすっ……ぐすっ…」

律「うわわわわわ!ど、どうしたの平沢さん!?」アセアセ

澪「ご、ごめん!そんなに酷い演奏だった!?」アワアワ

唯「ち……ちがうよぉぉ………だってぇ……ぇううっ……ゔわあああああああん!」ボロボロ

紬「あらあらあらあら落ち着いてぇ~」オロオロ


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:09:54.49 ID:lRg8B9pU0
~~~~~~~~~~

澪「平沢さん、もう大丈夫?」

唯「うん、ごべんなざい。もうへいぎっ」ズビビビビビ

律「それにしても、あの時のヒーローがこんな所にいるなんてな~」

唯「私……もぅバスケ出来ないからっ……グスッ……バスケ部の無い高校選んで……」

紬「そうだったのね……」ナデナデ

唯「皆の演奏聞いてたら、色々思い出しちゃって……びっくりさせてごめんなさい……」

澪「こっちこそごめんなさい……辛いこと思い出させちゃったみたいで……」

唯「ううん!そんなことないよっ!!」ガタン!


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:10:36.37 ID:lRg8B9pU0
律「ど、どうしたのさ平沢さ~ん?急に立ち上がって……」

唯「私、軽音部に入部します!!」フンス!

紬「ほ、ほんとに?!」

唯「うん!」

唯「皆の演奏を聴いて、確かに昔のコト思い出して泣いちゃったけど……」

唯「でも、それは皆の演奏に勇気づけられて、寂しくて……でも嬉しくてっっ!!」

澪「平沢さん……」

唯「私もそんな演奏が出来るようになりたいです!よろしくお願いします!!」ペコシッ!


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:11:23.42 ID:lRg8B9pU0
律「澪…夢じゃないよな?」

澪「うん…」

紬「ふふっ……ようこそ軽音部へ!!」


……こうして、私は軽音部に入部することになりました!

唯「それじゃまずはランニングからだね!」

澪「そんなのは無いっ!!」

紬「私、夕日に向かって走るのが夢だったの~」

律「よし、二人で走ってこい」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:12:04.52 ID:lRg8B9pU0
平沢家

ガチャ

唯「ただいま~」

憂「あ、おかえりお姉ちゃん……」

憂はあの事故の日から、私が事故に遭ったのが自分の責任だと思いこんで元気がありません。全部私のせいなのにね。

ポニーテールもしなくなっちゃって、これじゃ見分けがつかないや。ハハ……

でも、今日からそれを変えるんだ!!



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:12:50.53 ID:lRg8B9pU0
唯「憂~」

憂「な~に?」トントントントン

唯「私、軽音楽部に入部したんだ~」

憂「……えっ!?」ガチャン

憂「……それはよかったねお姉ちゃん」

唯「うん!それでね……私の入部祝いに~」

唯「久しぶりに、あ、アイスが食べたいなっ!!」

憂「……!!」ビクッ!

憂「そ、そっか……それじゃ私買ってくる…」

唯「憂、一緒にいこっ!」ギュッ

憂「……うん」

唯「えへへ~」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:13:32.76 ID:lRg8B9pU0
~~~~~~~~~~

唯「こうやって二人で歩くのも久しぶりだね!」

憂「うん」

唯「他人から見たら双子と思われるかもねっ!」

憂「うん」

唯「きょ、今日の夜ご飯は何かな~?」

憂「うん」

唯「もう!憂ってばさっきから「うん」しか言ってないよ!!」

憂「あ、ご、ごめんなさい!」ビクッ

唯「憂……」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:14:23.10 ID:lRg8B9pU0
コンビニ

ウィーン

-「らっしぁーせぃー!!」

唯「アイス~アイス~」

憂「…………」ボー

唯「ど・れ・に・し・よ・う・か・な~」ワクワク

憂「…………」ボー

唯「憂!!憂がアイス選んでっ!!」ニコニコ

憂「……えっ!?」

憂「…………えと、それじゃこれ……」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:15:06.89 ID:lRg8B9pU0
-「ありがとあしたー!!」

唯「わーいストロベリーアイス!!」

憂「…………」ボー

唯「……ねぇ憂?なんでこのアイス選んでくれたの??」

憂「え?……それはお姉ちゃんが好きなアイスだから……」

唯「えへへ~///憂はお姉ちゃんのこと何でも知ってるもんね!」

唯「憂は優しいなぁ……私がこうやって元気なのも憂のおかげだよっ」

憂「……そんなことないよ」ボソ

唯「ううん、あの時は冗談に聞こえたかもしれないけど……」


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:15:48.33 ID:lRg8B9pU0
唯「私がバスケが上手くなったのも、辛いリハビリを乗り越えられたのも全部憂のおかげだよ」

憂「そんなことない!!」バッ!

憂「あの時、私がしっかりしていれば……!私が代わりに行ってれば……!!」

唯「憂……それは違うよ…」

憂「それにね……お姉ちゃんがバスケが出来なくなって、ちょっとホッとし自分もいたの」

唯「え?」

憂「お姉ちゃん、バスケ出来なくなったら県外の高校に行かなくて良いんじゃないかって……!」

憂「これでお姉ちゃんが遠く行かなくて済むって……!!」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:16:39.25 ID:lRg8B9pU0
憂「……最低だよね……ごめんね?お姉ちゃん」

唯「憂……なんでこんな私がバスケも、リハビリも頑張れたと思う?」

憂「……え?」

唯「それはね……憂が喜んでくれるから!!」

唯「どんなに辛い練習でも、どんなに泣きたい時があっても!」

唯「憂が喜んで、笑ってくれるから!!私はずーーーーっっと頑張ってこれたんだよ!!」

憂「…!」


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:17:26.43 ID:lRg8B9pU0
唯「ね?だからもう自分を責めないで……憂が笑ってくれないと……お姉ちゃん頑張れないや」グス

憂「……うぅぅっ……おねえちゃっ……ひぐっ…」ぼろぼろ

唯「憂……」ギュッ

憂「うわあぁぁぁぁぁん!!お姉ちゃぁぁぁぁん!!」

唯「よしよし……」ナデナデ

憂「……えぐっ……私っ……辛かったよぉっ!……」

憂「いつか「お前のせいだ」って言われるんじゃないかって……!!」

憂「ぇうっ…!うぅっ!!…そんなの…!!…お姉ちゃんから言われたらって……!!」

憂「大好きなお姉ちゃんから……!!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:18:26.41 ID:lRg8B9pU0
唯「うん…うん…!」グス

憂「うぅっ……心配かけてごめんね……」

唯「私も……」

憂「アイス、溶けちゃったね……」

唯「む!まだあわてるような時間じゃない!」フンス!

憂「フフっ、何それ?」クスクス

唯「え~仙道様のありがたい名言だよぉ~」ぶ~


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:19:09.73 ID:lRg8B9pU0
唯「あ、そうだ!」ガソゴソ

憂「なぁに?お姉ちゃん」

唯「これ!」バッ

憂「これって……お姉ちゃんが試合の時に髪を結うのに使ってた黄色いリボン?」

唯「そ!これをこうしてぇ……」ワサワサ

憂「きゃっ……お姉ちゃん?」

唯「ハイ!いっちょあがりっと!!やっぱり憂にはポニテが似合いますなぁ」フンス!

憂「お、お姉ちゃん///」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:24:17.94 ID:lRg8B9pU0
唯「これで昔みたいにお姉ちゃんのこと応援してくれる?」

憂「お姉ちゃん……グスッ……うん!!もちろんだよ!!!」

唯「えへへ!よーしがんばるぞー!!!」

唯「あの夕日に向かってダッシュだー!!」タッタッタッ


憂「……あ、お姉ちゃん!」

唯「なぁに~?」クルッ

憂「なんで私がポニーテールにしてたか……教えてあげるっ!」


~ お わ り ~


49 名前:エピローグ[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:02:21.73 ID:lRg8B9pU0
皆さんおはようございます!私の名前は鈴木純。中学3年生です!

今日は朝からなんだかとても幸せな気持ち!!

それは何でかというと……

憂「純ちゃん!純ちゃんってば!!」

純「ふぇいっ!?」

教師「おぅこのヤロ、俺の授業がツマンネのかこのヨロテメっ」

純「ひぇっ!!ススススイマセン!!」ガタッ!

クラスメイト「クスクス」

憂「もー」クスクス


50 名前:エピローグ[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:03:37.41 ID:lRg8B9pU0
シャーペンを持ちながらクスクスと可愛らしく笑ってるポニーテールの女の子は

私の親友の平沢憂。自慢の友達です!!

1年前くらいにちょっと悲しい出来事があって、ずっと落ち込んでたけど何だか元気を取り戻したみたいです

その証拠にポニーテールが復活してる!!う~んやっぱり憂にはポニテが似合いますなっ

きっとクラスの男子共もそう思ってるに違いない!!

誰が憂を元気にしてあげたんだろ?……ま、そんなのあの人しかいないけどね!

ハァ……ホントは私が元気にしてあげたかったんだけど……私の無力さにはガッカリだ……

そうだ、今度落ち込んでる時は音楽を使って励まそうかな……ジャズとかいいかも?


51 名前:エピローグ[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:04:38.57 ID:lRg8B9pU0
昼休み

憂「純ちゃんボーっとしちゃ駄目だよ。めっ!」グッ

純「ぐぐ……ずっとボーっとしてた憂には言われたくないもーん!」プイッ

憂「う……ごめん」グスッ

純「ほあっ!泣くなよ~ほら、私の頭の団子触らせてあげるから」ズイッ

憂「ププ゚ッ、そんなの誰が喜ぶの~?」クスクス

純「む、唯先輩は可愛いって言ってくれるもん!」


52 名前:エピローグ[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:06:41.44 ID:lRg8B9pU0
憂「お、お姉ちゃんは私のポニテも可愛いって言ってくれるよ!!」フンス!

純「私の方が可愛いって言ってくれる!!」

憂「わ、私なんか、昨日一緒にお風呂入った時に「憂の肌はスベスベじゃの~ゲヘヘ」って褒めてもらったもん!!」フンスフンス!

純「それは褒めてるというかセクハラなのでは……(ていうか一緒に風呂って!?)」

やれやれ、憂は以前よりもなんだか唯先輩のことが好きになっちゃったみたいです……

53 名前:エピローグ[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:07:57.36 ID:lRg8B9pU0
純「あれ?そういえばそのリボン、新しいの買ったんだ」

憂「あ、これ?えへへ~」

むむ、なんだこの幸せ一杯でもう溢れちゃうよぅ~!!な笑顔は!?

ま、大体分かるよ。親友だからね!!きっとその黄色いリボンは……


憂「お姉ちゃんから貰ったの!!」ニコニコ

やっぱりねっ!


~ お わ り ~


54 名前:エピローグ[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:09:51.33 ID:lRg8B9pU0
    {: / .. -――‐- ..              .. -――- ..
  . . ':´ : : : :_:_: : : : : : : : : :`丶、ヾー--‐: ´: : : : : : : : : : : : : `丶
/: : :/: : : : : : :`: : : : : : : : : :\\ ン'´ : : : : : :, : : : : : : : : : : : : : \ァ┬-
: : : /: : : :}: : : : : : : : \: : : : 、: : :ヽ/: : : : : : : //: :}: :ヽ : i: : : : ヽ : : \ヘ: :
: : /: : : :/: : i: : : : : : : : :\: : :ヽ: : :ヽ : : /: / ': : /: : : }:|i: : : : :!: : : : ヽム
: : : : : :∧: : | : : i: : \: : : ヽ: : : : : : :'; :/ /´  l: : ハ: : : : :l | : : : : : : : : : : V
: : : : :./ : ヽハ : ト、: : :ヾー-ヽ : }: .:.: :|/:/    l: / ` : : : :| l: : : : : :i : : : : : |
: : : : :にニニl ;ヘ:ヽ 丶 :_\   Vヽ: .:.:レ'    V   ヽ :// : : : : : |: : : : : :l
: : i: : :| : : : l/  ` \     ,ィ'"¨ }:.:.ノz=ミ、   ,ィ'ミヽ j/イ : : : : : /: : : : : :
: : l : : ' : : : l           :::::: ヾ:::ヽ::     しィハヾ l: : : : : ://: : .:.:/
: : :V ! ヽ: : : .  ,ィ''⌒`          }        ゝz'フノ/: / : : /´ : : .:.:./
: : : |人: : \:_ヽ.___::::::::   . -‐    ハ   ー- 、 :::::::/イ/ : /}.:.:.:.:.:.:.∧
: : : l :::::\: : : : : : : `丶、 {:::: ノ  /,人   、::;ノ   _. -"――く/ ̄`\
: : :.:l: / ̄¨''ー-  _ : : } `¨  /{´  \  `  /        7´    ヽ
: :.:.:.|'   _. -―- 、   ¨''=ニ_   ヽ  `ニ≧ァ'"      -―‐{       i
∧.:ノ/:::::::::::::::::::::::`:ー-  _ ¨''‐-ヽ  丶._ノ-一'      ヽ     |
  /:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄::`丶、__            人ノ   |
  .:::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄¨''ー ――- 、_ /  \__ノ
/:::::::::::!:::::::::::::::::::::::;ィ ''Tヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、_ ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::}Y' | |  }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::¨ ア}
::::::::::::::ヽ::::::::::ノ ノ ノ {  {:::::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/`
:::::::::::::::::::\:::ヽ ヽ ヽ \ ヾ´ー ¨ヾー- _::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::: 丶\     __      ヽ } `''  .__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::T'¨ (___)- 、_   }メr―┐  ¨''ー-   _:::::::::::::::::/ー-
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'^{、ヽ.___,/ └一'、        i    ̄¨''ー一'|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: {` ー―へ     \     ノ           |

百合もレズも無いですがありがとうございました。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。