FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さんま「それホンマでっかTVちゃう! ホンマでっかBLや!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:42:44.75 ID:AcZT4O9i0 [1/33]
そこのアナタ……

同じ性別の人にドキドキしたことはありませんか?

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:45:02.86 ID:AcZT4O9i0 [2/33]
2010年7月19日放送分 ホンマでっか!?TV収録

今僕らは芸能人のお悩みの相談をうけている

そんな今の僕には、ちょっと気になる事がある

門倉(チラッ)

尾木ママ(ニコッ)

門倉(サッ)

どうしてこの僕、門倉の隣に尾木ママこと尾木先生が座っているのか

僕の隣は女性と相場が決まっているはずなのに

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:46:14.71 ID:AcZT4O9i0
おかしい。これはどう考えてもおかしい

スタッフさんが席順を失敗しちゃったのだろうか

いや、それにしても誰か一人は間違えに気付くはず

となると、席順はこれで確定ということになる

何で? どうしてこういう席順なんだろう

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:47:53.62 ID:AcZT4O9i0
落ち着け門倉

ここは『尾木先生が僕の隣に座っている事が間違い』なのを前提に考えを進めちゃだめだ

『尾木先生が僕の隣に座っていることは正しい』ことを前提に考えるんだ

きっと何か理由がある。理由もなく僕の隣に尾木先生が座るはずがない

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:49:45.60 ID:AcZT4O9i0
門倉(……ジーッ)

尾木「?」

さんま「どうしたんや門倉。さっきから尾木ママの顔ばっか見てるけど」

門倉「ななな、何でもないですよ」

尾木「僕の顔に何かついていたりする?」

門倉「いいえ、ついていません」

さんま「何やねん! 番組はテンポテンポ!」

怪しまれてしまった!

それとなく探りを入れないとまずいぞ

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:54:24.27 ID:AcZT4O9i0
尾木先生について考察を進めよう

尾木先生と言えばちょっとオネエ言葉なのが特徴

だからさんまさんからは「尾木ママ」と呼ばれている

……オネエ言葉?

まさかそれだけでスタッフさんは尾木先生を女性だと判断したとか?

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:56:53.26 ID:AcZT4O9i0
ないないない

ホンマでっか!?TVのスタッフさんがそんな考え方するなんて、ない

じゃあ、何だろう

……そうだ、ここは逆に考えるんだ

『僕の隣に座るのは女性だと相場が決まっている』

これを言い換えるとどうなる?

『僕の隣には男性は座らないと相場が決まっている』

そういうことだ

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:58:17.81 ID:AcZT4O9i0
ということは

『尾木先生は男性ではない』という仮説が成り立つ

いや、おかしい

尾木先生は男性のはずだ、少なくとも女性ではない……

女性では、ない? ということはちょっと待て

そういや性別って本当に男性と女性の二種類しかないのだろうか?

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 20:59:41.49 ID:AcZT4O9i0
そうだ、その時点でおかしいんだ

既存の常識にとらわれて考えを固めたのが間違いだったんだ!

そう、尾木先生は女性じゃない

そして本人は男性だと公言しているけど実は男性でもない

実は尾木先生は第三の性別『尾木ママ』なのかも知れない

これならすべて説明がつく!

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:01:21.33 ID:AcZT4O9i0
つまり導き出された結論はこうだ

『僕の隣には男性は座らないと相場が決まっている』

ゆえに

『第三の性別「尾木ママ」の尾木先生が座っている』

パーフェクトだ

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:03:06.51 ID:AcZT4O9i0
尾木「あ、もうだめ。こんな失敗ばかり!」

コッツン

さんま「ママ可愛い~!」

ダンダン

そうだ、尾木先生の年齢ほどの普通の男性がこんなにかわいいはずがない

ふつうの男性があんなしぐさやったところで……はぁ

これも性別:尾木ママゆえか。恐ろしい

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:06:17.82 ID:AcZT4O9i0
とんとん

尾木「門倉先生、門倉先生ってば!」

門倉「ななななななんですか!?」

尾木「さっきからさんまさんが呼んでいますよ!」

さんま「門倉、お前さっきから全然喋らんな。何してんの?」

門倉「すいません考え事していました」

さんま「何やそれ!?」

東野「ちゃんとお悩み相談にのってくださーい!」

まずいまずい

今は尾木先生よりも番組のことだ

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:09:10.17 ID:AcZT4O9i0
収録終了後

澤口「今日も失敗してしまった……」

門倉「僕もです、全然駄目でした」

門倉(尾木先生のことが気になって何もできなかったし)

尾木「私も全然駄目だった」

門倉「えっ、尾木先生がですか!?」

尾木「だって話が途中で空中分解しちゃって全然うまく伝えられなかったんだもの」

門倉「そ、そんなことないですよ!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:10:28.55 ID:AcZT4O9i0
>>16
昨日のホンマでっか!?TVの芸能人の悩み相談コーナーで

門倉の隣は女性が座るという決まりがあるものだと思っていたから

昨日の放送で尾木ママが座っていたのがかなり引っ掛かった。それだけ

つまり見切り発車

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:13:37.74 ID:AcZT4O9i0
門倉「あれでお話ができていないんだとしたら僕はもっと駄目ですよ」

門倉「DVをDVDと言い間違えたり」

門倉「お話も暗くしちゃったりしたし……」

尾木「大丈夫、いい間違いは誰にでもあるから!」

ポンッ

門倉「わっ」

尾木「ね?」

どうしようどうしようまだ尾木先生のことが気になっている

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:16:44.14 ID:AcZT4O9i0
さんま「それにしても今日の尾木ママ、かわいかったな~!」

さんま「あんた「コツン」って!」

尾木「やだ、あれは」

門倉(コクコク)

澤口「男性があの仕草というのは脳科学的にはちょっと……」

門倉(澤口先生、尾木先生は男性じゃなくて尾木ママです!)

門倉(とは言えない)

池田「まぁまぁ澤口。大事なのは性別じゃない」

池田「その人に似合うかどうかだぜ? な!」

門倉(こくこくこくこく)

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:20:01.96 ID:AcZT4O9i0
テレンス「門倉先生がさっきからずいぶんとうなずいているけど、どしたの?」

門倉「そ、そうですか!?」

さんま「門倉、お前も俺みたいに「尾木ママかわいい」とか思うてんのか!」

門倉(ドキッ)

門倉「そ、そんなわけないじゃないですか!」

門倉「かわいくなんかないです! 全然!」

澤口「……顔が赤い」

門倉「これは、ただ、ちょっとお酒を飲みすぎただけです!」

さんま「よっぱらいが収録に来ていたんかい!? あかんやろそれ!?」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:21:27.41 ID:AcZT4O9i0
小杉「さっきから門倉先生何かおかしいですよ!?」

吉田「このホンマでっか!?TVの反省会で」

吉田「何や「尾木ママかわいい」とさんまさんが言った途端」

吉田「様子がおかしくなって挙句の果てに酔っ払いカミングアウトする」

吉田「そういや収録の時にも何やボーっとしていたりして様子がおかしかった」

吉田「そんな今日の門倉先生はどうかしてるぜ!」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:24:12.05 ID:AcZT4O9i0
門倉「とにかく尾木先生はかわいくなんかないです!」

門倉「失礼します!」

ダッ

さんま「お、おい、待て門倉どないしたんや!」

バッターン


門倉(どうしよう、心にもないことを言っちゃった……!)

門倉(どうして僕はこんなにも思っている事をちゃんと伝えられないんだろう!)

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:26:30.04 ID:AcZT4O9i0
さんま「言ってもうた……」

テレンス「門倉先生の飛び出す速度は人間を超えていた……!」

さんま「何やねん、あいつ」

小杉「それにしても、あそこまではっきりと言うことないですよね!?」

吉田「ちょっとひどすぎるんとちゃいますの?」

吉田「尾木ママがかわいそうすぎますよ!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:29:24.22 ID:AcZT4O9i0
尾木「僕のことはいいの」

小杉「でも!」

尾木「さんまさんが僕のことかわいいって言ってくれたのは嬉しいけど」

尾木「考えてみれば男が、このトシでオネエ言葉なんて使っているのはおかしいよね」

尾木「門倉先生の考えは何も間違っていないわ」

さんま「ママ優しい!」

吉田「あかん、尾木ママグッとくる!」

小杉「浮気、アカン!」

ホンマでっ会の皆様「えっ」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:30:51.53 ID:AcZT4O9i0
さんま「浮気て……吉田、お前恋人おったんか!?」

吉田「え、え、えええまぁ」

小杉「そうなんですよ! こいつ恋人いるんですよ!」

さんま「そうやったんや」

さんま「そりゃ尾木ママにときめいてる場合ちゃうなぁ!」

尾木「ごめんね吉田君!」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:32:01.83 ID:AcZT4O9i0
吉田「あー、ドキッとしたぁ」

小杉「ヘタに個人情報流したらあかんで、ホンマ」

吉田「浮気、アカンとか言うて流したのはお前の方やろ!」

小杉「何やとぉ!?」

ガッシ

ボッカ

さんま「解散ーっ!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:35:19.12 ID:AcZT4O9i0
尾木「あーあ、どうしよう……」

澤口「尾木先生?」

尾木「いやね、門倉君と何だか顔を合わせにくくて」

尾木「次の収録であったらどう声をかければいいのかわからないの」

澤口「いつもどおりでいいんじゃないですか?」

尾木「でも……やっぱり僕って門倉君に嫌われちゃったんじゃないかなって思って」

池田「それはないですよ! 嫌うならもっと早い段階で嫌っているでしょーが」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:38:06.51 ID:AcZT4O9i0
尾木「そうかなぁ」

澤口「きっとそうですよ」

尾木「……これを機に、オネエ言葉を直そうかとも思ったけど」

澤口「無理でしょうね。そう簡単には直らない」

池田「ま、すべては次に会えばわかる!」

池田「俺たちも手伝うから元気出しましょうよ、ね!」

尾木「……はい」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:39:31.30 ID:AcZT4O9i0
数週間後

門倉(あああついに収録日が来てしまった)

門倉(尾木先生になんていえばいいんだろう)

門倉(あんなこと言っちゃったから何だか顔を合わせづらいなあぁ)

門倉(どうしようどうしようどうしよう)

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:41:02.49 ID:AcZT4O9i0
門倉(どうしよう、ドキドキしている)

門倉(あの後もずっと尾木先生のことが気になっていたからなぁ)

門倉(この気持ちは何だろう!?)

門倉(この調子で尾木先生にあったらどうしよう……!)

尾木「門倉君♪」

門倉「わーっ!?」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:42:34.86 ID:AcZT4O9i0
尾木「おはよう。びっくりした?」

門倉「そ、そりゃあ後ろからいきなり声をかけられたらびっくりしますよ!」

門倉「なんてことをするんですか!」

尾木「ご、ごめんなさい……」

門倉「あっ」

門倉(まただ、また言葉を間違えた……)

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:46:00.45 ID:AcZT4O9i0
門倉(どうしてこうも僕は駄目なんだ!)

門倉「あ、あの、その……」

尾木「この前のことは、大丈夫だからね。門倉君は何も間違っていない」

尾木「考えてみれば男が、このトシでオネエ言葉なんて使っているのはおかしいよね」

尾木「直せないのは申し訳ないけど……」

門倉(そうじゃないんです、直さなくていいんです、おかしくもないんです)

門倉(ただ、僕が勝手に気になっていて……!)

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:47:32.28 ID:AcZT4O9i0
尾木「じゃ、収録頑張りましょ!」

門倉「待っ……!」

尾木「どうしたの?」

門倉「な、何でもないです」

尾木「そう」

ダッ

門倉(結局、何も言えなかった……尾木先生は優しすぎる)

門倉(それに比べて僕は!)

ガサッ

門倉「ん?」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:49:06.68 ID:AcZT4O9i0
門倉「物音がした?」

門倉「あれ、こんなところにダンボールが……ここからしたような気がする」

門倉「開けてみよう」

パカッ

門倉「わーっ!?」

テレンス「いやー、バレちゃいましたか! 油断してしまいました!」

門倉「何でテレンスさんがここに!?」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:50:50.52 ID:AcZT4O9i0
テレンス「すいません盗み聞きするようなマネをして」

テレンス「僕も尾木先生と門倉先生のことが気になって気になって」

テレンス「ちゃんと仲直りできるかどうか見守ろうと」

門倉「そのためにこんなことを……!」

テレンス「YES!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/20(火) 21:52:57.06 ID:AcZT4O9i0 [33/33]
門倉「僕のことはほっといてください! テレンスさんには関係ないでしょ!?」

テレンス「いーや、同じホンマでっか!? 仲間なので関係があります」

テレンス「みんなで仲良くしたいんですよ!」

テレンス「……門倉先生」

テレンス「素直に尾木先生にごめんなさいと言っておいたほうがいいですよ」

門倉「どうしてそんなことを言うんですか」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 21:55:35.82 ID:AcZT4O9i0
テレンス「あの後尾木先生が僕を含む色んな先生方に相談してきたからです」

テレンス「門倉先生に嫌われたんじゃないかとか、オネエ言葉は直すべきかとか」

テレンス「どうすれば仲直りできるんだろうとか」

門倉「尾木先生が……?」

テレンス「だから、門倉先生もそろそろ許してやってくださいよ」

テレンス「仲直りしてまた皆でホンマでっか!?TV を盛り上げましょう!」

テレンス「じゃ!」

カサカサカサカサ

門倉「行っちゃった……」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 21:58:34.26 ID:AcZT4O9i0
門倉(尾木先生がそんなことをしていたなんて)

門倉(悪いのは僕なのに!)

門倉(僕が変なこと考えて、ちゃんと気持ちを伝えられなくて)

門倉(誤解させたりしたから……)

門倉(このままだと、何も上手く行かない)

門倉(……よし!)


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:01:00.39 ID:AcZT4O9i0
収録スタジオ

さんま「はい、ママ!」

尾木「その教育法についてですが――」

門倉(また尾木先生の隣だ……ドキドキが止まらない……)

門倉(でも、でも、ちゃんと言わなきゃならないんだ!)

尾木「というわけなのよね♪」

さんま「ママ可愛い!」

門倉(今だっ!)

チチチチチチチチチチチチチーン

さんま「門倉、押しすぎや!」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:03:08.79 ID:AcZT4O9i0
門倉「大事な話なのでたくさん押しました!」

さんま「何やねん」

門倉「尾木先生のことです」

尾木「何なに?」

門倉「尾木先生……」

門倉「好きです!」

ホンマでっ会の皆様「えっ」

さんま「……ホンマでっかーっ!?」

小杉「出たホンマでっかマン!」

門倉(言葉選びを間違えたああああああ!)


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:05:46.87 ID:AcZT4O9i0
さんま「それホンマでっかTVちゃう! ホンマでっかBLや!」

マツコ「そりゃあ、私は応援するけどね!」

尾木「門倉先生……?」

門倉「ち、違うんです、これは、その!」

吉田「門倉先生……同性愛者やったんですか!?」

門倉「違います! 同性愛者じゃないです!」

門倉「尾木先生は「尾木ママ」だから男性じゃないです!」

吉田「何やそれ! 要は尾木先生のこと好きなんかい!」

門倉(また間違えちゃった……!)

小杉「どういうことやこれー!?」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:10:35.78 ID:AcZT4O9i0
池田「まぁ、過ちは誰にでもあるさ……俺もそうだったし……」

小杉「あの池田先生がむっちゃ遠い目してるー!」

武田「ちょっとトウモロコシのヒゲの本数を数えてくる」

吉田「何ちゅう現実逃避しているんですか!?」

テレンス「僕は「尾木先生に謝って」と門倉先生にアトバイスしたつもりなんですが」

テレンス「まさか告白してしまうとは……恋のキューピットになってしまいました」

門倉「だからそうじゃないんですってば!」

門倉(僕は尾木先生のことが嫌いじゃないです)

門倉(あの時はひどいことを言ってゴメンなさい)

門倉(そう言おうとしたのに……!)


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:12:43.29 ID:AcZT4O9i0
澤口「それはおかしい」

澤口「あの時門倉先生は「尾木先生はかわいくなんかない」とか言っていて」

さんま「ちゃうねん澤口先生」

さんま「好きな人に対してはそれをさとられまいとつい反対のことを言ってまうもんやで?」

澤口「そうなんですか。まさか門倉先生が……」

澤口(チラッ)

門倉「そんな冷たい目で見ないでください……」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:16:18.23 ID:AcZT4O9i0
門倉「うぅ……」

小杉「門倉先生何ちゅうカミングアウトを……」

吉田「どうかしすぎでしょ!?」

マツコ「どうかしすぎ!? 同性愛をなめないで頂戴!」

マツコ「そりゃあ現代社会では敬遠されている節はあるけど」

マツコ「同性愛自体は何もおかしくないわよ!」

マツコ「あんた達には理解できないでしょうけど」

マツコ「だからこの人たちの言うことなんか気にしないで頑張って門倉先生!」

門倉「そういうフォローはいらないですってば……!」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:17:55.56 ID:AcZT4O9i0
さんま「俺、どういう顔したらええかわからへん……」

門倉「もう……わかりました」

門倉「僕がどうしてこうなったかすべてお話しします」

小杉「何や何や!?」

マツコ「ぜひ聞かせて頂戴!」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:20:37.02 ID:AcZT4O9i0
門倉「すべての始まりは2010年7月19日放送分の収録でした」

門倉「その時芸能人のお悩み相談をするコーナーがありましたよね?」

さんま「あったなぁ」

門倉「その時僕の隣に尾木先生がいたんです」

門倉「僕の両隣はいつも女性が座っているからびっくりして」

小杉「あー、そういやそうやったな」

門倉「それが、何でだろうって思って……」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:22:42.26 ID:AcZT4O9i0
門倉「いっぱい考えた末に導き出された結論が」

門倉「尾木先生は「尾木ママ」という第三の性別なんだ、だったんです」

さんま「は?」

吉田「第三の性別?」

門倉「男でも女でもない……尾木ママ」

門倉「だから尾木先生は僕の隣に座ることができたんだ、そう考えました」

門倉「だって僕の隣に男性が座れるはずがないんですから」

尾木「……」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:26:01.26 ID:AcZT4O9i0
小杉「たっはー……」

門倉「尾木先生は男性じゃない」

門倉「そう考え始めたら尾木先生のことが気になって、ドキドキしてきて」

門倉「優しいし、こんな僕のことまで気にかけてくれて」

門倉「ひどいこと言ったのは僕の方なのに気にして……」

さんま「そうやったんや。辛かったやろうなー」

門倉「だから……」


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:28:45.81 ID:AcZT4O9i0
門倉(全部話しちゃった……)

門倉(でも、これでいいんだ。全部僕が蒔いた種だし)

門倉(これで尾木先生に嫌われるようなことになっても僕のせいだ)

門倉(そう、これで……)

尾木「……ありがとう」

門倉「え?」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:30:43.39 ID:AcZT4O9i0
尾木「本当に勇気を出して言ってくれて、ありがとう」

尾木「門倉先生に嫌われていなかたってことがわかってよかった」

尾木「だから私、安心しちゃった」

門倉「尾木先生」

尾木「けど、私にドキドキしているのは勘違いだと思うの」

門倉「そんなことは……!」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:33:00.84 ID:AcZT4O9i0
尾木「だってあなたも、私も、きっと普通の男の子なんだもの」

尾木「確かに私はこんなオネエ言葉だけど」

尾木「私には普通に家族がいる。妻と子供たちで幸せに暮らしている」

尾木「門倉先生だって、きっと、普通にかわいい女の子が大好きな人だと思う」

尾木「今はちょっとパニックになっているだけ」

尾木「だから、私のことは違うと思う」

門倉「でも……」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:34:24.29 ID:AcZT4O9i0
チーン

さんま「澤口先生?」

澤口「さっきから聞いていれば……門倉先生の勘違いがひどくて」

澤口「私、腹立たしくなってきました」

小杉「澤口先生がむっちゃ怒ってる……!」

門倉「僕のどこが勘違いしているって言うんですか?」

澤口「何から何まで勘違いです!」


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:37:08.29 ID:AcZT4O9i0
澤口「まず門倉先生の隣は女性が座ると相場が決まっている」

澤口「これも勘違いです。門倉先生が勝手にそう思っているだけでしょう?」

門倉「い、いつもそうだから……」

澤口「それは恐らくたまたまです」

澤口「誰かがそういうものだとはっきり言ったんですか?」

門倉「そういえば……言っていません」

澤口「じゃあ、勘違いで間違いありません」

さんま「勘違い~♪」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:39:32.11 ID:AcZT4O9i0
澤口「次に尾木先生は第三の性別尾木ママである」

澤口「これもまた勘違いです。性別は男性と女性しかありません」

澤口「性別は男性と女性の区別だと辞書にも書いてあります」

澤口「そもそも根拠となるものですら勘違いなんですから」

澤口「第三の性別なんて絶対にありえません」

池田「ロジカルな論破だなぁ、おい!」

池田「本当に澤口は容赦ねぇや!」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:41:42.03 ID:AcZT4O9i0
澤口「だから門倉先生が尾木先生にドキドキしているのもすべて勘違いなんです」

さんま「お前勘違いしすぎや!」

門倉「そうなのかな……」

澤口「そうです」

尾木「そういうことよ」

マツコ「何だぁ!」

門倉「そっか、勘違いなんだ……そうですよね……」

門倉「考えてみれば僕、おかしいですよね!」

澤口「納得していただけましたか?」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:44:09.96 ID:AcZT4O9i0
門倉「納得しました!」

門倉「尾木先生……」

門倉「尾木先生に酷い事言ったり、勘違いで変なことを言ったりして」

門倉「色々と、本当にごめんなさい!」

尾木「いいのいいの、気にしてないから!」

テレンス「素晴らしい!」

さんま「仲直りできてよかったなぁ!」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:45:12.93 ID:AcZT4O9i0
さんま「あー、それにしてもびっくりしたわ」

小杉「ナンボほどドキドキさせんねん!」

吉田「危うくホンマでっか!? 恋愛やったでぇ!?」

さんま「さ、このことは忘れて収録始めよ!」

チーン


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:46:35.91 ID:AcZT4O9i0
収録終了後

門倉(全部勘違いだったのか……)

門倉(勘違いで、こんなにドキドキできるのかな)

門倉(ということはやっぱり……)

門倉(いや、やめておこう。これ以上考えてまた変な事をしたら大変だ)

門倉(これは勘違い、勘違い、勘違い――)


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:49:03.53 ID:AcZT4O9i0
尾木「澤口先生、フォローありがとうございました」

尾木「将来有望な若者が変な方向に行ったらだめですものね」

澤口「僕は……ただ、皆でホンマでっか!?なことを言い合いたいだけです」

澤口「断じて尾木先生あるいは門倉先生のためではありません」

澤口「そこは誤解のないようにお願いします」

尾木「はいはい!」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:50:03.90 ID:AcZT4O9i0
吉田「今日の収録はほんま、びっくりでしたね!」

小杉「あんな勘違いってするもんなんやな!」

さんま「まったく、尾木ママは俺の嫁やっちゅーねん、なぁ?」

小杉「え?」

吉田「はい?」

さんま「あ……俺も勘違いしてるんかも……」


勘違い~♪


おしまい


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:50:37.42 ID:AcZT4O9i0
弁明

昨日のホンマでっか!?TVの芸能人の悩み相談コーナーで
門倉の隣は女性が座るという決まりがあるものだと思っていたから
逆に昨日の放送で尾木ママが座っていたのがかなり引っ掛かりました
どうしてこうなったと散々考えた挙句導き出された結論が
逆に考えれば門倉の隣は男性は座らないのが相場
要するに『尾木ママは第三の性別』でした
それを元にこの話を書くに至りました
要するに見切り発車です

要するに
本当にどうも、すいませんでした


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。